この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

日々ラッキョウ畑で草取りが続いています。その草取りも今週中に終わる予定。週末に土寄せをして、 来週は再びラッキョウの植え付けを五畝ほどして今期植え付け終了予定。

台風26号の雨の心配もあり、昨日、2か所の田んぼの脱穀をやった。朝、8時45分ハーベスター(脱穀機)を軽トラに積みうちを出た。

カモミールを播種し、育苗を始めました。極小の種をセルトレイの各穴に丁寧にばらまき、薄く覆土し、種が流れないようにやさしく水やりを行いました。

小さな葉っぱ類の苗には、不織布を掛けておいたがそんな強い風はなかった。今が盛りの秋野菜の苗だが、こちらが播いた種よりもこぼれ種での苗の勢いがすごい。

熊本では(?)サツマイモをからいもと呼んでいます これは「紅はるか」という品種で掘ってすぐでも美味しいのですが、年明け頃まで貯蔵すると甘みがすごく増します

果樹園の様子です。ご覧の通り有機栽培の圃場です。 台風を考慮して植えたパパイヤ。防風垣根が影響して?生育がばらついてますね。

さて、自然栽培のトマトに関して、今回の生育は前作に比べてはるかに順調です。慣行栽培に比べればそのスピードは少し遅く感じられますが…

ガリクソンで溝を掘る作業をしていたのですが、約1mのところで水が湧いてきました。この畑は、プラソイラーで割れていると思っていましたが、割れてなかった

この日は、「天草育組」共同取組のニンニク定植作業です。まずは、耕耘とニンニク種分けに分かれての作業です。

明日からは植え終わったイチゴ苗ひとつひとつを巡回してヨトウ(イチゴにとって害虫さん)を手でとる「テデトール」作戦をしていきます。

アイガモ田の脱穀作業を無事終えることができました。当日も、稲刈りの時と同じく、すぐ近くに住んでいる義兄、義弟をはじめ姉、妹も手伝ってくれました。

収穫量(選別後)と出荷量がほぼ同じでした。ギリギリ…!もう少し多い収穫を見込んでいたのですけど、真ん中の畑の誤算が響きましたね…。

根元のところをバッタがかじって葉っぱがバラバラにぃ〜。。別の段に、はつか大根蒔いたら、芽が出る前に何者かが食べ、、芽が出たやつも食べられ。。

軽トラに稲刈り機、その他諸々を積み込み田んぼへ向かった。スズメおどし用のテープを巻き取り、四隅を手刈しNo3の田んぼの周囲のマクラにバインダーを走らせる。

今年は、夏場の異常高温の影響か稲の成熟速度がこれまでになく速く、我が農園のアイガモ田も写真の通り、いつのまにか収穫時期を迎えてしまいました。

先日、立野の収穫を終えて一関から久木野及び立野圃場と順次に行った収穫作業の一区切りとなりました。昨年を大きく上回る収量を得て一安心です。

出荷したのは長茄子のジャパニーズ・ピクリング 米ナスのローザビアンカ 畑で収穫にするときに見惚れてしまうほどどちらも綺麗な色をしています。

播種から4日目で最初の芽を出し、1週間が過ぎ、ほぼすべてのトレイで発芽を確認しました。これがセルトレイ一杯に出揃ってくれたことは大きな感動です。

先週金曜に 被害を受けて、見るも無残な姿になった梅園の春日ぼうぶらさん。FBに載せたところ、どうもカラスの仕業らしいと判明

じゃがいもの検品(芽かき)、ミニ田んぼの手刈り稲刈り、ネギの除草土寄せ、もみ運び、ほうれん草や水菜などの種まき、などの作業を淡々と行っています。

野菜の定植が一段落ついたところでやっと溝掘りに着手しました。まずは山の段々畑。いちばん上の端っこを、試しに掘ってみた。

今日は、大好きな春のお野菜さん、のらぼう菜さんの種蒔きをしましたよ のらぼう菜さんは、江戸東京野菜で、東京はあきる野市あたりで育てられているお野菜。

モチ米の穂の先は赤味がかっている。葉も濃い緑で全体で見てもご飯で食べるウルチ米より黒っぽく見えるので田んぼでも見分けやすい。

今年は田んぼのヒノヒカリ・赤米・紫黒米の穂が出る時期に台風が到来しました。台風シーズンに次々と発生して接近してきましたので気が気ではありませんでした。

最近全く雨が降らず枯渇気味です。しか〜し冬野菜を植えつけなくては生育障害やまともに成長しないのではと???気は焦るばかり・・・

主に自給が目的です。でも、イタリアの玉ねぎさんは、イタリアンのシェフさんに喜ばれたので、野菜栽培1年生の私ですが、無謀にも挑戦することにしましたσ(^_^;)

ブロッコリーやカリフラワーなど、冬野菜の定植を始めました。でも、8月終わりから9月の頭まで続いた雨と虫にやられて、苗がボロボロです。

種降ろしなんかは本当はもっとチャッチャカとやりたいのですが一番時間がかかるのが宿根草の根を取り除くことです。

土曜日に雨で台風も近づいているので、昨日の続きを刈る。 風があるので10時頃から刈った。 結構、倒れてきた。かろうじて穂が浮いている南側。

ひとめぼれの収穫が終わったところで次はヒノヒカリ 適期が10月8日なのでそろそろ田圃の水を落とします

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ホーレンソウやコマツナなどの種を蒔きまくっています。今日はタマネギ、赤タマネギ、小かぶ、レタスなどの種を蒔きました。

粉砕機を修理して頂いたのですが、残念なことにエンジンが焼き付いて修理するか最悪の場合、エンジンを新しく買い換えないといけなくなりそうです。

ヨトウムシに全滅させられた山南農園でうなだれていても仕方がないので、台風の大雨の被害が無いかと心配しながら妻のドーリさんと、佐川農園に行きました。

相変わらず、電動は20分しか持ちませんが、今日はエンジンの刈払い機も途中で止まりまして故障したために電動と変わらない位でした。明日、修理してもらいます。

家の隣の自然栽培畑で栽培している大豆。土の中がどういう状況になっているのかどうにもわからなくなり、どう対処したものか思案しているこの頃なんです。

セット玉葱というのは、春に播いた玉葱が小さく結球したのをいったん掘り上げて干しておき、その「ミニミニ玉葱」みたいなのを8月頃に植え、12月頃に収穫するもの。

虫たちがいつまでたっても落ち着かない状況が続きます。農業仲間に聞いても虫が異常発生して大変だそうです。ハウス内のミニ白菜、ご覧の通り・・・

まだ芽がでたばかりのホーレンソウなどの露地野菜が、相当のダメージを受けることが予想されたので、山南農園の育苗ハウスに急きょ種を蒔きまくりました。

本格的にチップ作り再開しました。快調です。途中、太い枝を誤って放り込みまして、エンジンが白煙を吐くトラブルがありましたが、何とかイッパイ作れました。

見事に全滅させられたハクサイ。この秋には命をかけて大事に育てていたのに悔しい思いもあるが、あまりにもの出来事に、思わず笑ってしまいます。

今期一番の玉葱、まずは極早生を2列植え付け。苗は自分で立てられず種苗店で購入。畑を縮小・集中しているのと、初秋の猛暑などなどで手が回らず、悔しいけれど。

虫、捕獲作戦が功を奏したのか?白菜が再生してきてます(^<^)葉がレース状でしたが、芯が残っていましたので、そのままにして虫を駆除してますとご覧のよう

クリも終わって、イノシシも一息ついたと思われ、暑さも峠を越えて仕事もやりやすくなってきました。あらゆる野菜の種を蒔き、野菜の新芽が畑を覆うようになってきました。

さて、昨日のレシピの結果どうなってたでしょうか? 居ない(・о・)虫イネオカシイ・・・(゚o゚;;全部で10箇所のトラップを仕掛けていたのにゲットしたのは、これだけ

気温も下がってきたので、「憩いの森」からシイタケの榾木を降ろしてきて、水槽に浸けました。浸水は一昼夜です。水槽からあげたら発生ハウスに取り込んで並べます。

昨日から本格的に始めました 枝豆さんの収穫です。草村にしてた割に、実が多く入ってて、普段は辛口の親戚の伯父さんも褒めてくれました(^。^)

一時は台風の風・大雨で壊滅状態だったオクラが、ここに来て復活し、どんどん花を咲かせています。倒れたのが刺激になって良かったのかびっくりするほどの復活ぶりです。

草刈のおじさんがイッパイ剪定枝・刈草を持って来てくれましたが、濡れてます。チッパーの中で詰まってしまったらいけないので、乾くまで待つ事にしてます。

赤大根くんの不織布を外しました。 これで、日光をイッパイ浴びて、右肩上がりな成長曲線を描くでしょう!虫喰いも多少あるでしょうが・・・

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

蒔き遅れた玉ねぎも発芽している。玉ねぎの苗雨も降ると言うので、徐々に雑草の目立ち始めた白ネギ圃場を耕運し、ボカシ肥を散布し、土寄せをした。

朝の無風の状況下じゃないとハウスの天ビが晴れませんので、震えながら張りかえました。今年はPOフィルムにしました。こちらのほうが軽くてよさそうです。

我が家のはじめての稲刈りをしました。約1ヶ月、水を切って干してきた田んぼが昨日までの雨でひたひたに水が溜まってしまいました。

このワケギは黒マルチをして9月26日に植えました 露地植えよりかなり生育が進んでいます 一か月も経たないのに出荷出来るほどの大きさに育っています

下仁田ネギがどんなものかわからなかったので初めて作ってみました。 通常は土寄せして白い部分を長くしますが、面倒なのでやってません。

台風がさらに勢力をましてきましたねorz山口は遠いですが巨大すぎるので勢力圏内に入ってしまうみたいです。サニーレタスの収穫を始めたので被害がなければよいが?

10月の三大作業の一つ、エンドウ・ソラマメの種蒔き、に向けて畑の準備中! 畑は、トウガンを栽培していた場所です。トウガン残渣と雑草を細かく粉砕。

今は白小豆の収穫中。小粒で、収量も少ない白小豆ですが、毎年少しずつ大きな粒を選んで種にしてきました。昔に比べると、少しずつ大きな粒になっています。

3年連続で大根を育てている畑。この畑は大根と相性がよいようで、年々よい大根ができるようになってきました。

お日様が出てから子供が起きるまでの間の30分 下田の畑に様子見してきました。小松菜は虫に食われながらも勢いよく育ってます。その奥は、ほうれんそう。

これは200穴のプラグトレーに蒔いた春菊の苗です 春菊は「大葉春菊」が人気なのですが寒さに弱いので当地では作りにくく耐寒性のある「中葉春菊」を作っています

だいぶ大根が茂ってきました。 間引きが面倒なので1穴1粒蒔きしてます。 発芽率は85%ぐらいかな?大根は1月、2月がメイン収穫なのでマルチ栽培してます。

小麦の用意、そばの除草、玉ねぎの苗の間引き、にんじんの除草、紫芋を掘る、をしたかな? 明日は途中の小麦とそばを終わらせないといけません。

本日、サニーレタスと大根の畝間に真冬穫りの小松菜と水菜を播種してみました。 冬の強風から葉を守るにはどうするかを考えると畝間となる

トウモロコシに肥料を吸わせて一か月以上透明マルチを敷き、太陽熱消毒と、土づくりをしてきた。透明マルチをはがしたが、未分解の草が多くあった。

玉レタスの昨日の様子です 品種はタキイ種苗の「シスコ」です 昨年は遅く植えた上に早い寒波に襲われました  すると出荷出来るようなレタスは全く収穫不能でした

一昨日より稲刈りを始めました 台風24号で午後から雨の予報 昨日は急いでハザ架けをしました 束の中に水が入らないようにビニールの帽子を被せました

今年の9月はずっと30度超えてましたので、ちょっと野菜の生育は遅れ気味ですが、作付けを早くしてますので、まあ例年通りかな?

どうなる事かと思われたコンニャクイモ作り 何とか出来た様子である。しれっと、オカラのボカシ肥料を使い、農薬は良くわからず使用せず。

今年はじめて作っています。自給用はなにぶん時間をかけていないで、適当に作ります。どんな感じかよくみて、その作物を最低限の力でほどほど作れるように考えます。

レタスがとうたち続出しましたので、出荷に追われてしまいましたが、ここへきて気温がガクッと下がりましたので、生育は落ち着きしばらく出荷量は下がりそうです。

美しいニンジン葉が地上にふわふわとよい香りをふりまいています。地中には可愛いニンジンが育っています。今日の作業は成長を促すための間引きです。

だいぶ大きくなっていた極早生玉ねぎの定植をしました。8月末に種まきしたので、もうちょっとかと思っていたら、大きくなっていたので、急遽することにしました。

黒大豆は猛暑の中で育った 特に開花時の夜温が高いと着果が悪くなる 猛暑好天が続くと水分不足になり大きなダメージを与える  そこで度々ポンプで畝間灌水を行った

そろそろ、秋冬野菜の収穫が始まります。大根は、だいぶんに根が太ってきました。今年春、こぼれタネから立派に成長した大根からとった種で育てました。

最後に下仁田ネギの種まきです。写真のは去年播種して、2回植え替えたもの。ちょっと水はけがイマイチなところに植えてしまい、一部失敗。

水色の空と稲の穂が 美しい秋を奏であっているようです。古代米の黒米は 神々しくもありますが、どこか楽しげなリズムで風に揺れています。

この白菜は9月14日に植えました 定植後16日でこんなに大きく育ちました品種はタキイの「黄ごころ65」です それにしても生育スピードが速い

5日前にワケギを植えた  こんなに芽が出ないうちに植えようと思っていたが遅くなってしまった 昨日 植えているワケギの芽を引っ張ってみた

10月から小松菜、水菜、高菜、ビタミン菜等の軟弱野菜の作付けを開始しますが、ちょうど良い雨になりました。今年こそはと春キャベツも作付け予定!!

これは9月16日に蒔いた極早生種タキイの「マッハ」です 蒔く畝(ベッド)に板で筋を作り蒔いた後は種蒔き培土で覆土して生えてくるまで菰を掛けました

台風の大雨の影響で圃場はびちゃびちゃorzでも、今週の出荷分(2ケース)を掘らないといけないので昼にイモ掘りしましたが、何とも掘りずらい!!

夕方に撮影しましたが、すでに砂漠状態orz最近の猛暑によって焼け石に水状態になってます。何とも言えないですね!! 無事発芽するんだろうか?

台風は思ったより強風を吹かせました。 ところどころに被害がありました。これくらいで済んで良かったです。何本か折れました。とうもろこし。

つくね芋の葉が黄色くなってきた そこで昨日 3株試し掘りしてみた 例年 小さい芋しか取れなかった この芋は乾燥に弱い そこで今年は水が十分やれる圃場を選んだ

今年は猛暑と夏野菜の収穫に追われてイチゴランナーの手入れが後回しになり子苗の数が少なかった それで例年より2週間遅れてランナーを拾った

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

朝、ベランダに置いてある6個のとうがんの内1個が腐っていたので、他の生ゴミと一緒に畝間に埋める。キャベツ、ブロッコリー、はつかだいこん、白菜の虫とり。

畑は雨でズルズル・・・人参の間引きと草引きも人参ともども抜けてしまいそうで怖いです。と言う事で、レタスの植え付けをすることにしました。

昨年までは百井でやっていた米づくり。今年も田植えまではやったのですが、夏の野菜の忙しい時期になかなか百井へ上がれず、手をかけられませんでした。

種は撒いているし、撒いた以上、当然、野菜の命が育っているわけでして、それを放置することは容易ではなく、今日は久々に農場の様子を見に行くことが出来ました。

種が落ちて、生えてきて。の、野良ばいケツメイシ(エビス草)。収穫シーズンを迎えました−。6月に発芽して→☆8月下旬はまだヤング。→☆今現在。10月中旬。

収穫した後地には、畝に竹粉をまぜてから、ポットで種から育てていた早生白菜や富士早生キャベツなんかを定植しておきました(^_^)その上には寒冷沙をべたがけ。

この連休はね。ほとんど田んぼを耕してました。稲刈り後すぐに耕起すれば楽なんですが。。。諸事情で遅れました。だからね切った株からまた稲が生えて。。。

塞いだのでこの2日間は入っていないようです。でもうちの下の農地の方が、今朝、うちとの境界の柵を撤去してしまったので慌ててそのあたりに仮設柵を設けました。

先月の講座でみんなで蒔いたブロッコリーやカリフラワーの苗が早く植えてくれとばかりにポットやセルトレイからはみ出しています。

今年は、お米が「こしひかり」「キヌヒカリ」。もち米が「十五夜」。他、赤米、黒米 となっていますが、全て豊作ですね。

3年程前に買ったレタスの種がまだ余っています。気温も高いので4〜5日で芽が出るかも?9月に蒔いたときは2日で発芽(発根)しました。

落花生の苗。…これ、そろそろ収穫時期かなあ。根菜類の収穫目安は『葉っぱが枯れた頃』っていうけれど落花生は、それでは遅すぎる気が。

オクラの種採りしました。・エメラルドx1・レディフィンガーx3今年のオクラは豊作だったんだけど、なんだかなァ。思っていたより、 不作でした。

残りのサトイモエビ芋 を掘った後、サトイモ跡地の2本の畝を3本に分割して畝間には土づくりのための畝間施肥。畝整備後、極早生たまねぎ用の黒マルチ設置!

春キャベツの種を2種類,野口種苗で購入した  土がよくないのか発芽はするが,育ちが悪い。長く置いていると,すき間があるためか,次第に虫に食べられてしまう。

でもきょう見たら第2弾が半分しおれ倒れていました・・・ アブラムシとコナジラミがべっとりです。 も〜どうにもならんと思って全部撤収!

夏野菜はあきらめるとしても,やっと実がつきだしたハヤトウリは,何とかして護りたい。しかし,よい策が浮かばない。ネットをかけても逆に芽を折ってしまうかも。

ほうれん草が続々発芽してきました。今年は点蒔きと条播きの2種類の蒔き方をしています。間引きがめんどいので今までは1ヶ所一粒蒔き。

間引きしなければならない野菜が沢山です。ルッコラと小かぶはビッシリワサワサに生えています。昨日「間引こうか?」と思いましたが、今日は久しぶりのまとまった雨。

植えた野菜の苗はなかなか大きくならないが,周りの草はすぐに大きくなる。  草生栽培とはいえ,少し目を離すと…  キャベツが草に埋もれている

2日ぶりに畑に行ったら…ガーン!久々の獣害!!落花生が〜3分の1くらい食い散らかされているぅ。まだ収穫には早いのに…食べた後はこんなん。

アズキの葉っぱが黄色くなってきました。4日前に見たときはまだ収穫には早かったんですが。。 今日、午後見に行くと。。赤らんで採りごろのサヤがいっぱい

イセヒカリは背が低いし倒れにくいな〜。台風が来ても大丈夫かも。合鴨投入前にはだいぶ生えていたコナギもすっかり消えています。

いよいよ、ニンジンも収穫です。・大きいものx2本・小さいものx3本になっています。 大きいものは小さいものより1週間遅れて種まきをしたのです。

茄子くんがイッパイ、花咲かせてくれました(´∀`*) 白菜くんも青々として、喜んでいるようです(´▽`)露地の方が、小さいですが虫喰い少ないです。

レストランさんが好きそうな、お洒落で可愛らしいベビーリーフを最近は少しずつ作るようにしてまして、ようやく発芽してきて嬉しくて写真撮っちゃいました

四季成りイチゴ跡地です。剣先スコップ(ショベル)での天地返しと備中鍬で耕うんだけしています。急遽種蒔きとなったので特段の準備はしていません。

先週定植した白菜の苗は全滅しました。キャベツの苗は食害に会いながらもここまで成長したのに、白菜は跡形もありません。ショックです。

5月に収穫した晩生玉葱についていた小さなタマネギを植えました。世間ではセットタマネギとかホームタマネギとか言われているタマネギっぽい。

イチゴの苗床のイチゴがよく枯れます。いくつか考えられる原因として1.病気(タンソ病などの)2.水不足3.ドウガネブイブイ等のコガネムシ類の幼虫による根の食害です。

台風で枝が損傷してしまったピーマンの仲間甘トウガラシ もう無理かと思っていたのですが、ここに来て結構実付いてきました☆

定植直前の苗床の様子です。 9/9に種蒔きしたタキイ種苗極早生たまねぎマッハ  の苗床です。7/29・7/30から太陽熱消毒処理を開始 したので、約40日間処理しました。

気がつけば、空芯菜も花が咲く季節に。もうこりゃ収穫終了だなって。 全部刈り取りました。今年の空芯菜は、去年に比べて株数を半減ほどにした。

カブの葉は美味しいようで虫が好んで食べてくれます(^-^;以前は不織布をかぶせて栽培しておりましたが最近はやめてます。 虫の様子を観察中♪

発芽したニンニクは成長すると、、、いずれ、ニンニクの芽が伸びてきますそう!ブタ肉なんかと一緒に炒めて、美味しい!あのニンニクの芽です!

今日は落花生の掘り起こしました。まず、鳥除けにしてあったネットの撤去です。掘り出してみます。なんか少し小ぶりな気がしますが、まずまずですか。

本日は白菜の防除を行いました。去年まではセット動噴というものを使って、ホースを引っ張りつつ防除していましたが今年から乗用の防除機を用いて行います。

みんなで集まって・・・ポットに土を入れています。まずはそら豆の種まきです。春に採っておいたそら豆。今年は自家採取の種でも挑戦してみます。

人参です。いつもは草を取るだけだけど今回は少し草の根も取りました。ナスの足元には日本ほうれん草。ちょっとタネが古いけどタネの生命力に任せようと思います。

私が購入している酪農家さんはきっちり管理された中でよく切り返しもされているので匂いはもちろん、堆肥の状態もいい完熟の牛糞堆肥です。

ナスももう終わりです。シシトウ・ピーマンも皮が固くなってきています。次の台風で確実にダメになるでしょう。 撤去しました。くくってあった紐は、すべて麻ひもです。

先週の終わり仮植えしていたイチゴ。 葉数が増えてきたので定植を済ませました^^ 残暑が厳しかったせいかランナーを伸ばしている株もありましたがカットしました。

草に囲まれながら、雑草にも負けずに、日光をもとめて大きく成長している今年この圃場で一番頑張っている『一年目の新三浦だいこん』です 

これ以上の雨は不要です。後はお天気がほしいところです。そういう天気のせいか、丹波大納言の小豆がダメです。(ノ_-。) 例年より1か月以上も早く、枯れてきています。

豆などの支柱に。写真はシカクマメ。2メートルの竹を、上30センチ程のところで針金で縛る。下から、針金の位置まで、竹を割る。

背比べに熱心なスイスチャード。うむ, 君たちはきっともっと伸びる。『十で神童 十五で才子 二十過ぎれば鍋の神』を合唱中のミズナ。

9/23に種蒔きしたタキイ種苗中晩生たまねぎネオアース です。7/29・7/30に開始したたまねぎの苗床の太陽熱消毒処理 をしたので草も生えていません。

種まき↓雨が降る↓強い雨だと、雨に打たれて、種が土から出てきてしまう。を、ふせぐために…。もらいもののスダレをかぶせてみた。これで、土の中の種が守られる−。

現在のブルーベリー圃場の様子。ちょっと葉の色に鮮やかさがなくなってきました。もうそろそろ品種によっては紅葉が近づいてます。

昨年種採りをして、今年ついに栽培を本格的に始動させた京都旭の稲刈り。これが京都旭栽培田(タンダ40a)ええ具合に頭を垂れています

キャベツとブロッコリーの虫取りをする。芯のあたりに小さな虫がついている。ほうれんそうが発芽していた。雨が降るかもしれないので新聞紙は外さずそのままにしておく。

春いちばん は今月末から来月の初めが植え付け時期です。 まだ細めですがあと2〜3週間のうちに太くなってくれるかな。

結局昨日外した9/23に種蒔きしたタキイ種苗中晩生たまねぎネオアース に掛けていた強い雨対策のネットを再度設置。判断ミスで無駄な時間でした。

今は10株ほどを栽培しております。竹林のままにしておくか伐採するかで悩んでいた範囲を伐採する決断をしまして、その範囲を果樹用にすることにしました。

今年も黒豆のエダマメができました。苗を深植えにしてからは、土寄せもせず、放任で育ちました。一度だけ刈払い機でガーッと草を刈ったのみ。

スイカも収穫することにしました。前回に2つなっていた実のうち1つをカラスにやられてしまいましたが、その後も次々に花が咲きましてたくさん実がなりました。

今年は3種類大豆を作っています。○白大豆 ナカセンナリ 小粒○青大豆 秘伝 大粒○丹波黒大豆 大粒この順に種まきをしました。

今日は曇り空で朝からとても涼しく、快適に作業ができました。少しづつですが、着実に進んでいます!先日播種した大根です。潅水しなかったのですが、発芽しています。

コシヒカリは収穫完了し出荷待ちの状態です。たぶち農場では特裁米コシヒカリは9月1日から無農薬については9月20日から出荷開始をしています。

4/23ズッキーニは緑の固定種15株と黄色のオーラム19株を農園に定植した。初収穫は,6/1で緑3本。  収穫は順調にスタートしたが,早々と明けた梅雨に苦戦。

本日はコンバインに乗ってみたいというオグリさんとお友達がいらしていたのですがヒエが多いとコンバインが詰まりやすいということで早速ヒエ刈り!!

育苗ポット、育苗トレーにかかわらず、僕が土を詰めるのと、研修生が土を詰めるのでは、その後の発芽率や生育に差が出てくる事がしばしばです。

満月の播種から雨が降らない時にはやっぱり潅水 潅水チューブで全面に水をまくと草も一斉に発芽するので播いたところにピーポイントで潅水

予定通りサツマイモ掘りの1日でした^^画像右奥、9/17に種蒔きしたタキイ種苗大根千都(総太り系では第4陣目) を間引きと土寄せ!

去年たくさんなった柿も今年は一休み。どこから数えても,十数個程しか見あたらない。 その少ない柿をカラス(推定)がつついている。すでに数個の被害が出ている。

ブートジョロキアが続々色づいてきています。今年は発芽率がかなり悪く、4株しか苗を植えつけ出来ませんでした。しかし、自家用には充分過ぎるくらいの収穫があります。

露地播きで、きれいに残りました。カブ、小松菜、大根など。虫取りもしました。この黒いのがカブラハバチの幼虫。繁殖することもありましたが、今年は少なかったです。

米の収穫も終了し、最近は麦播種の準備作業を行ってます その麦播種の準備の部分で新しい機械を購入しました スガノのサブソイラです

落花生11株全部掘る。バケツの水につけて洗い乾かしておく。グリーンワールド 落花生を植えてあった5、6番畝に堆肥、元肥を入れて整備する。

黄色い蕾を付けているのはトマトたち 初夏から実を付けはじめ、一番暑い夏の頃には少し休憩しますが、 秋になるとまた実を成らせはじめるトマト。

9月後半〜10月前半の寡雨による土壌の水分不足であらゆる野菜の発芽に苦労してますが、取り分け苦労しているのは初挑戦のマーシュという葉野菜。

順調に、成長していた、一年目の新三浦だいこん だったのですが、この圃場の約80%の、だいこんが、ハイマダラノメイガの幼虫、ダイコンシンクイムシに食害うけました

本来ならこの時期、寒いくらいでもおかしくないんですが・・・・・半そででも暑い日がここしばらく続いていて畑もエライコトになってます。そう虫の大発生です。

過去に来た台風でもウッチー式の防虫ネット&畝間の除草(防草)シートは飛んだことがないので大丈夫だと思います^^特段の対策なし。

通称”ダイコンハムシ”と”ナノクロムシ”の2種類の虫が,この時期,9月に蒔いたアブラナ科の野菜の葉を食べまくっている。

玉ねぎの種まき。ここで苗を作り、11月下旬に植えつけ。そして来年6月に収穫です。去年はあまり上手くできなかったので、今年はリベンジです。

トマトとラッカセイ収穫後の畑に早速ニンニク植え付けてます☆植え付ける種ニンニクはこれ! 今年の春に収穫したニンニク。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

入っても大丈夫そうな畑で出来ることをやっています。大きくなって来たブロッコリーが防虫ネットにぶつかって折れてしまうので防虫ネットを外しました。

9月のはじめに植えたレッドムーン。発芽し始めました。ジャガイモは春植、初夏収穫の作型が一般的ですが、秋に植える作型もあります。いわゆる秋ジャガ。

多めの雨が降った程度にすみました。このゆっくりの台風のおかげで延期にしていた稲刈り。今朝からいい天気だったので、刈り取ることにしました。

朝晩が冷えるようになりました。こうなると野菜の成長もゆっくりになります。熱帯の野菜のサツマイモは霜に当たると痛むので、それまでに掘ってしまわなければなりません。

さて、今日はニンニクを定植しました。うちのニンニクは暖地系の「平戸早生ニンニク」です。カラスと強風のおかげで、マルチ張りを3回もさせていただきました(汗)

朝晩の冷え込み?により、 夏野菜の収穫も、 種類によっては、そろそろ終わりごろになってきました。そうなると、にわかに込み合ってくるのが、 縁台の上。

たくさん穫れていたピーマンですが、 気温が下がってきたこともあってか、生育が遅くなり、収量が減ってしまいました。もう終わりに近いですねぇ〜

初夏に収穫していたズッキーニ。真夏に入ると株も疲れて枯れてしまいます。今年は夏にタネを播いて秋に収穫する作型に挑戦しました。

本来は果肉の色が赤くなるほど熟させて、 「トマトフルーツピーマン」っていう名前になるんですけど、 無農薬で栽培すると赤くなる前に虫さんの餌食になります(涙)。

ジャガイモは収穫してから3ヶ月がが経つのでだんだん芽が出てきました。 芽が出るとどんどんシワシワになってしまうので芽欠きの必要があります。

昨日の予報では今日は雨であったが、降っていない。サリークイーンの稲刈をしました。 サリークイーンは香り米、インディカ米と日本晴れを合わせた日本の長粒米です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

麦をまく時期は10月下旬から11月だったけれど、この数年、11月の頭に急に冷え込んで、芽が出た所で何度も凍って、ダメになることが増えていました。

サツマイモを収穫中ですが 来年度用の種芋も今の時期に選んでおかなきゃ〜〜! 種芋には、200g〜300gサイズが良いとかでしたよね。

雨も上がって、ようやく芋掘り再開  安納芋6箱 これで安納芋は掘り終りました。 このあと、紅はるか1箱掘ったけれど 手持ちの箱が7箱だったので此処までで止め

『むかご』を収穫しちゃいました。 むかごは、山芋のつるが垂れ下がると出来ちゃいます。 山では 蔓だけで伸びるのは不可能で 大概、何かしらにしがみついていますよね

今日は葉っぱの日で、新月から日が浅く、ギリギリ今日まで、種まき適期。白菜と、キャベツの種を撒いたけれど種まきには自信が無い、、。

今年も玉葱は2箇所に分けての栽培  自宅裏でも作るのですが、精々1000本  玉葱ばかり大量に作るわけには行かない

朝一の作業で、先日種蒔きしました、いっすん(一寸)そら豆の残り種をポットに蒔きました。すでに蒔きました種は、今朝の見廻りでは種の皮が割れてきました。

畑の準備の一環で、もみ殻を頂きに行ってきました。営濃さんが毎年、地区内営納事業所近くの畑筋にもみ殻を置いて貰え、どなたでも自由に持ち帰れる事が出来ます。

手持ちの水中ポンプ、 下の谷川から25mmのでは気が遠くなるから 40mmので揚げてみました。 イメージ 1ポンプの能力・・・ちょっと無理があるかな??

東采園では来年の春に、スイカを作る場所に成る所ですが、5月にスイカの苗植付けするまで全体が空いてしまいますので一部場所を有効利用目的で玉葱を作ります。

玉葱苗 先日雨を貰って元気になってきましたね。 それでも・・・ 超極早生(春いちばん)=左手前 赤玉(赤玉の極み)=春いちばんの次 などは、かなり出来が悪い!

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

町内の畜産農家から出た牛糞とJAのライスセンターから出たもみ殻とそして一部には町内の家庭からの生ゴミを混ぜて発酵させた堆肥を田んぼや畑に入れて、作物を作ります。

稲刈りをして乾燥したら玄米になるのは、みなさんご存知のことだと思います。その途中、乾燥機から出た籾を籾摺りして、玄米ともみ殻に分けるのもまたご存知だと思います。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

さてさて本日は キャベツの最終定植 お花の種おろし そしていつもの虫関係 のお仕事してました 

暑さで白菜が育っております 葉っぱの枚数も増えてきましたね〜色は相変わらず薄いです 雑草と比べてもちょっと薄すぎる気がするのですが大丈夫かな?

たまねぎの苗さん何本かかじられていたけど大体無事な様子 ちょっと黄色くなり始めているけど大丈夫なのかな?肥料切れ?

人参!!がついに大きくなってくれました〜種おろしから約3ヶ月近く・・・草取り、水遣り、虫取り、間引き、補い今度こそはちゃんとした人参を育てたくってがんばった

どうなっていることやら 今年は試し4個だけ埋めてみましたしょうがは大好きなので来年はもっと増やそう!!おそるおそる掘ってみました

手前のほうが昨日収穫したエゴマ 無肥料ですが大きく育ちました ばらまきでも発芽するよ〜と言われていましたが結局ばら撒き畝は発芽せず

合計3箇所で間引きを行い本日の収穫〜★黄色人参はもう色が黄色っぽいです そして黄色よりも五寸人参のほうが根っこの成長は良かったようです

ニンジンさんたちの足元・・・そろそろ最終間引きですか?最終間引きは握りこぶしが入るくらいの間隔に・・・まだかな?黄色人参は今このくらい!

茄子やネギ。トマトなんかも栽培していた畝をいったんきれいにした後は、ここにニンニクと玉ねぎを作付けします。 今月はその準備をしています。

本日はすっきり晴れて気持よい一日でした 空気が冷たく感じ、もうすっかり秋が深まっていますね 本日はやっとやっと!!たまねぎの定植しました 苗はだいぶいい感じ

キャベツ類に関しては反省点がいっぱいです まず、種おろし時期が遅かった 日の当て方が悪かったのと水遣りのタイミングが悪くってかなり徒長した

さて、種おろししてからほぼ放任状態の隣の畑の菜っ葉類本日は虫取りをかねて間引きしてみました勝手に間引かれそう、と判断いたしまして様子見決定★ 

さて、我が家では次なる農作業をしなくてはいけません。まずは、大量に出た籾殻の処理。ほとんどは、土作りのために田んぼへ播いていきます。

写真2013/8/23 一旦茂っている夏草を10〜20Cm程の丈に鎌で刈って、種の蒔き条の幅15〜30Cmの草を根を残し地ぎわで刈って蒔き床を整え、種を蒔いていきす。

耕さず、肥料農薬を持込まず、草や虫を敵とせず、自然の営みに沿った10月中旬の黒河の自然農畑の様子です。  左は加賀青カブ、右は源助大根です。  

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

青梗菜(チンゲンサイ)、収穫してみました!無農薬・無施肥です。※無農薬については、科学的にしろ、自然素材にしろ、人為的農薬散布は、まったくしておりません。

新米の調整が終わって、雑穀の刈り取りが終わって、豆の刈り取りに入りました。晩秋を思わせる冷たい天気から一転、今日は汗ばむほどの好天。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨夜から今日の午前にかけて雨が降り続き、また脱穀できませんでした。10月いっぱいで終わる予定でしたが、終わりそうにありません(笑)。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

我が家でも少しづつ収穫を進めて参りましたが現在じゃが芋が残っている状態です 出来る時にせっせせっせと地道に掘り上げています

こんな芋拾い専用の籠にてひとつづつ拾います いっぱいになると結構重たい・・・私だけ?拾った芋はパックに入れ、いっぱいになったら運びます 

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

毎日のようにしていた稲刈りが終わりました!なかなか骨のある作業でした。 じゃ〜ん、はぜかけ無事終了〜。あとはじっくり乾燥させからモミを取り(脱穀)します。

元々田んぼだったところを緑肥作物をブレンドして1年半育ててから、 畝立てして、通路に緑肥mixを播いたので、ようやく自然菜園らしくなってきました。

雨が全くなかったのに、ダイコンさんはニョキニョキ良く育っていました。 真上からのきれいなロゼット型、きれいです。

野菜の栽培だけでなく、自給できる農園づくりに関しても力を入れているため、ソバを始め、五穀、雑穀の栽培、調整なども体験学習できるように心がけております。

ほったらかしのカボチャフィールドの草刈りをして休作地をつくる。合わせて草ボウボウだったライ麦跡地を整理してこちらも草を伏せて休作地に。

バランスが取れて野菜が育つ畑でなければ、質の良い堆肥を用いて、いったん土にテコ入れし、肥沃な土壌になるきっかけをつくって畑にしてから取り組み始めるのが無難です。

今年もとうとうやって来た初霜の朝。さすがにまだマイナス気温ではないが、温度計は1度と2度の間だ。27日に定植した第1弾タマネギも霜に震えているようだ。

今日はサツマイモを掘ってきました〜。もっさり広がるサツマイモの葉。 それの中をかき分けて掘ると・・・おー出た出た! きれいな色だなー。

先月の台風からちょうど1か月の16日、またも台風がやって来た。とにかく、やっと雨が降ったのだ。少々秋らしくなって水分を得た畑ではズッキーニが最後の成長期。

9月26日に定植した赤ちゃんキャベツもなかなか大きくならず、白菜、カブ、大根もカラカラ大地でがんばっているのを見かね、昨日たっぷり灌水。

先日、不耕起田んぼの稲刈りは大勢の方の協力もあり、無事に終了。しかし、まだ稲刈りは終わっちゃいない!そう、大きな田んぼの稲刈りはまさに今続行中。

自然農では、自然の営みを活かして次々耕さない菜園に生命をつなげていきます。 今回も、終わりかけた夏野菜のトマトの根元にキャベツを植えていきました。

信州蕎麦といわれるように、標高が高く、お米や小麦が育たない厳しい風土でもよく育つソバは、長野県ではソールフードの一つであり、貴重な自給作物でした。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日は5日ぶりに晴れて、ミツバチさん達が受粉を再開しました。写真1.久しぶりの晴れで、イチゴさん達も嬉しいのか葉もピカピカ輝いていました。

今年のミツバチさん達は、18日にいちご狩りハウスに放育しました。18日から20日まで、ず〜と曇りや雨で巣箱からミツバチさん達が出てきませんでした。

章姫にも出蕾がチラホラ見られました。 夜温も下がり、半夜冷短日処理の苗にも出蕾が見れたので、明日の朝から炭酸ガスをいちご狩りハウスに入れることにしました。

さて、イチゴさん達は、半夜冷短日処理の秋を感じて花芽分化を起こしてくれるか不明です。 答えは、10月20日〜30日の間に出蕾が見られるかどうかです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

6月末に種を播いたニンジンが大きくなってきました。子供が「おっきいねー」と言ってくれます。今年は新黒田五寸というニンジンとひとみ五寸という品種です。

今年は薩摩芋・ゴボウ・こんにゃくを・・・こんにゃくは夏に除草をしたところ枯れたなくなってしまった ゴボウは根切りの被害もありほとんど育っていない養分不足!

9月21日に播種した葉物 スギナだらけに せっかく芽を出した葉物も虫にすっかり食べつくされたものも 例年なら虫にやられることはないけれど・・・今年は・・・

野菜たちは、涼しくなりすくすくと育ち始めました。今が食べごろ リーキ(西洋ねぎ) 臭みがなく 熱を通すと柔らかくなります。

去年沖縄の知人から送ってもらったパッションフルーツの苗・・・ハウスで越冬させハウスに定植・・・当初は全然生育せず・・・夏過ぎから急に元気に・・・

急遽配達終了後稲刈りをすることに・・・台風の影響で雨が降ることも予想されていたが・・・雨はなんとかなりそう?

耕運機に培土器を取り付けて畝立て・・・最後に鍬で畝を整えて・・・左側には緑肥・・・中央は三陸つぼみな&ベビーリーフかな

大豆の畑を見にきました。大豆は枝豆としても食べられます。ニンジンが少しづつ大きくなっています。明日から葉野菜が出荷できそうです。小松菜、カラシナ。

雨の中収穫、明日の出荷の準備・・・朝方はラベルや袋の準備・・・お昼前から人参・九条ネギの収穫・・・午後は引き続き葉物類の収穫

キャベツとレタスの苗がかなり植え遅れ状態に・・・台風がここのところ立て続けに・・・植えそびれてしまった・・・また来るけれど植えてしまおう

葉物野菜の本当の旬は秋と冬です。この時期、私のところでは不耕起栽培で何の苦労もなく、とてもよく発芽して、無肥料に近い状態で、とても健康な葉物野菜が育ちます。

明日の出荷の準備をしながらの農作業・・・人参も間引きながら葉人参として出荷中・・・間引き遅れ気味・・・左側の一部が生育不良かな?苦土欠?

ビニールハウス温室の中に、6月上旬に植え付けしたマスクメロンがそろそろ収穫時期になりました。ビニールは半分側面を剥がしてありますので、ほとんど外気温並です。

右側の8月28日に播種したベカナと味見菜は現在出荷中・・・味見菜は今日で最後かな・・・ベカナはミン曜日が最後か・・・

キャベツ類の定植もあと1/3・・・午前中植えつけの準備をして午後から定植 出荷の準備もあるので今日は途中まで すでに植えつけたものは虫取りもまめにせねば

自然耕塾も今回で11回目となり、2月から学びと実習を重ねて迎えた稲刈りにはみなさん感慨深いものがあったと思います。4時間半かけて稲刈りとはざかけを無事完了しました。

豆類をポットに播きました。そら豆10.5CMポット使用で135ポット、スナップエンドウ7CMポット使用で120ポット、絹さやエンドウ7CMポット使用で40ポットです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

小笠原では日本本土との気候の違いから、作物のシーズンが大きく異なります。サツマイモや陸稲は年中できるし、桑の実は年2回実るし、トマトも島では冬野菜なのです。

せたがや自然農園、いつも気になる台風の後。 毎度、台風の後は畑の野菜達は大丈夫だろうか気になって足を運ぶ。 今回は、雨台風と言われていたが、風もまた凄かった。

修行を終えてから水菜を栽培したのは初めてです。京みぞれを使いました。シンクイムシの被害が多かったです。小松菜、かぶよりも断然に多かったです。

ウッチーさんからジャガイモの種を頂きました!早速、タネ植えしようかと思いましたが、ゆっこりさんのアドバイスで暑すぎる内は避ける方が良いとのこと。

軸の細いものを収穫してしまいました。品種はひとみ、播種は9月19日でした。軽い為、通常に比べて20-25kg程収量が少なくなりました。

繁殖力が旺盛で種でも根っこでも増殖するようです。農薬を使えば除去出来るのでしょうが、それはご法度なのでバーナーで処理できないものかと考えています。

8月26日に播種したかぶは、同21日に播種したものより、キスジノミハムシの被害が少ないです。中かぶにならない内に収穫出来ています。

9/10(木)、先週に引き続き、サツマイモの草取りとツル返し、ニンニクの植え付け(175粒)、エシャロットの植え付け(約200粒)など行いました。

芋掘りと枝豆収穫を行った。芋の成育状況は場所によって様々だ。乾燥気味の所は成育不良、水分過多の所は腐れたものも出る、丁度良いのは1/3程だ。

3年連続で小麦を播種しました。そして、3年目にして初めて10月半ばに播種することが出来ました!あとは来年春先の鳥対策です&#8252;

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

裸麦【イチバンボシ】という麦を蒔いてきました。コンバインで稲刈りした後なので、土に細かい藁が覆いかぶさっていたので、トラクターで浅めに耕うんしました。

諸事情があって田植えできなかったイセヒカリって品種の米の稲刈りが出来ましたー!畑に完全ほったらかしでもこれだけ穂が実るんですねー(^^)

なんとかカブや大根などの種まきを済ませ、10月です。10月はニンニクの植え付け、スナップ豌豆や麦を作付けする畑の準備が主な作業になりそうです。

今日茎ブロッコリーと子持タカナの定植を済ませました。茎ブロッコリーはよく知られているスティックセニョールです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

二年前に自然薯の種芋を買って、畑に植えました。そろそろ収穫できるかなと掘り出しました。自然薯は力を入れて引っ張ると簡単に折れてしまいます。

秋冬主力の野菜、小松菜やこかぶ、水菜などの葉もの達。いろはでは、出来るだけおいしいものを食べていただくために2〜3週間ごとに種蒔きをしています。

緑嶺 過去最高の出来かもしれぬ。9月末でこれだけ葉が大きくなったのは初めてかも。まーそれぐらい良いコンディションなので、期待大です。

さて今週は小麦を空いている畝に蒔きました。小麦は最後まで育てるものもありますが、どちらかというと緑肥として育てています。

いよいよ大詰めの丹波黒豆は、両畑で差が出てきて、当初の生育からするとどんでん返しの状況です。第2圃場の豆は最高の状態になってきました。

ついにハクサイ(無双)で軟腐病を発生させてしまい、9株撤去しました。これだけの被害は5年やってきたけど過去最悪です。

この時期植え付けるのは キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、白菜、レタス類がメインで昨年から、芽キャベツやスティックセニョール、コールラビも始めました。

そろそろイモの様子が気になって試し掘りしてみた。7月の雑草対策を行ってからはイモツルがぐんぐん伸びて、今では土が見えないくらいになりました。

今年は9月に入ってから雨の日が続たせいでせっかく乾かしておいた田んぼの地面がぬかってしまい延期に次ぐ延期で9月14日になってしまいました。

急激な環境変化を避けるため、雑草を残しながら、毎週少しづつ種をおろしています。今のところ目立った食害は見られず、いい結果となっています。

台風到来前、季節はずれの夏日で、サンチュが薹立ちしてしまいました。こうなると、苦くて食べられません。残念。

冬は種が蒔けません。種には発芽適温というのがあり、冬は寒すぎて野菜の種を蒔いても芽が出ないのです(ちょっとやってみたい気もしますが)。

収穫時期まであと少しのサトイモの様子です。3つの畑で育ててきましたが、サトイモは肥料有りじゃないと大きくならないですね。

2つの畑で栽培中の丹波黒の莢が膨らんできました。あと2ヶ月ほどで収穫期を迎えますが、今が最も重要な時期となります。

第2圃場では、3年前に栽培した短根のサラダむすめが自生し始めています。1株だけ越冬して花を咲かせました。ごうぼうの花 見た目はアザミそっくりです。

今のところ18箇所に2粒まきをしていて36株中3株に紫ダイコンが見つかっています。どうやら白と紫ダイコンを掛け合わせているようですね。

行く度にいろいろと驚くことがあります。その中でもツルなしインゲンは、種まき以来手間をかけず完全に放置していて、こうやって実ってくれてありがたい。

そう、花が落ちると書いて落花生。ラッカセイですね。初めて育てた時はびっくりしましたが、その名の通りに実をつけます。

来春のために育苗土を作りました。いつもは8月頃に行うのですが、今回は遅れていまいました。材料:田んぼの土と山土(落ち葉の下の腐葉土と赤土)。

実験の経過をお知らせします。こちらは、9月14日に自家採種した葉物野菜の種を蒔いた畝です。虫にかじられながらもここまで育っています。

唯一残っている第2圃場のタヒチは、肥大がゆっくり進んでひょっとしたらなんて思っていますがどうなるでしょうか!!ゆっくり肥大化中

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

コマツナはずっとすじ播きで作ってましたが、クワの幅で溝を作ってそこにばら播きって方も結構いるみたい。

ダイコンはなんとか虫にやられずに育っています青首大根 10日程前の、間引き前のダイコン。1回間引いて3本にしたんですが、間引くとあっという間に大きくなります

ネギの土寄せもかれこれ3回目に突入です 土寄せは生長点が埋まらないように気をつけて行います ようやく寄せた土も山になって、寄せてる感じが出てきました 

普通に売られている種の多くは一代雑種(F1種)というものです 植物の場合、固定品種を2つ掛け合わせると、優れた特徴を受けつぎ、丈夫で収量も多くなる傾向があります

路地の播種をしました。遅いけれど紅甘味の株間にクオーターキャロット。ターサイとターサイの株間にルッコラとパーマグリーン。小松菜Kスペシャル。

8月末〜9月初めに刈り終えた稲の株元からは、再び青々とした稲の葉が出て、穂を実らせています。お米の力がまだ田んぼの中に残っていて、自力で穂をつけたのでしょう。

キャベツ、ブロッコリーは相変わらず害虫被害が後を絶ちません 今回はコナガ。アブラナ科では大きな被害を出します

カブも去年の余り種ですが、2種類播きました この種は農薬処理をしていないものですが、種苗店で売られている種の多くは殺菌剤処理がされています。

ダイコンの種を播いてから1週間。揃い良く発芽しました 9215のマルチで穴1つおきに播いたので、飛び飛びなのは発芽していないわけではありません

今秋のキャベツは、ブロッコリーと同様に今までで一番良い生育状況です。やっぱり肥料の力は絶大なのか??アオムシの発生もほとんど無く、極めて順調です。

6月1日に播いたニンジンを収穫しました(・∀・)生育日数120日以上経ってます 水遣りを頑張ったおかげでなかなかの出来でした

小潮に向かう中潮の日は、いまひとつ播種する気になれませんが、秋は「待った無し」らしいのです。今日は正月菜とミニハクサイを播種しました。

野菜の害虫と言えば、アブラムシと言うほど何にでもつきます キャベツにも大発生している株が でもイモムシ系に比べると、アブラムシかぁってなんか安心したりして。

今日播種したもの、幸誉、青誉、ミニコン22、紅かぶ30x30で捲き、その株間にあかね法連草。(つい隙間がもったいないと思ってしまうんですね。)

さて野菜でも常識外をやってのける福田流。ブルーベリーにおいてももちろん本領発揮です。さる9月17日、「接ぎ木してみますか」といただいたサミットの穂木。

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

畑の方は、草の勢いもさすがに弱まって、あちこち中耕や大根の間引きなどをして回る毎日です。秋の一なでが結構欠かせません。

10月上旬の採蜜で今年の採蜜は終了と思っていましたが、セイタカアワダチソウの蜜を集めていないのか、巣箱がいつものように臭くなっていないので採蜜してしまいました。

気候も涼しくなったので日本ミツバチ巣箱の底板を交換してあげました。底板は通気性を良くした夏バージョンの金網付きから金網なしの底板に交換です。

今年の3月畑に植えたオリーブが1粒のみ実を付け色付いています。樹はまだ180儖未旅發気任垢、開花から結実、そして成熟と楽しみに観察してきた1粒です。

3枚ある田んぼのうち真ん中は比較的に乾いていたので刈り取りが進んだのですが、上と下の田んぼが乾かず、刈るどころの状態では無くなってしまいます。

今回の採蜜群は、4月の分蜂群なので採蜜はまだ早いかと迷いましたが、巣板が重箱の上から4段目半ばまで成長していたので、最上段を1段切り取りました。

今日は、ブルーレイとコリンズの生育不良樹を接ぎ木苗で補植です。2品種で9本の補植ですが、土壌改良などの下ごしらえからなので2日掛かりです。

今日は植え替えのため事前に下ごしらえしておいたところに新しい苗を植えました。苗は自作の接木苗、スパルタン10本、チャンドラー4本です。

順調に収穫が始まったブロッコリー。昨年は12月に入ってすぐきつい冷え込みがあって、早々終了となってしまいましたが、今年はどうなるか

出来上がっている堆肥の山からスコップ(現場にある)で持参の袋に入れていきます。それを車に積んで重量を量り、その差重分のお金を清算するというやり方です。

収穫の秋、落花生・干し芋用サツマイモ・ショウガを収穫しました 葉っぱに、少し黄ばみが出てきたので、引き抜き逆さにして干しました

今日は楽しい稲刈りです。田んぼの会では作業をいちいち楽しむことも大切な目的のひとつですから、手作業の多い「おだがけ」を行います。

まだ種蒔きも残っていますが、苗の植え付けなど作業ピークは過ぎ、少し落ち着いてきた時期です。ネギも、ちょっと傾いたくらいで折れるまではいかず。

ナスとオクラの種とり用の実をとりました。今回はナスが10種類、オクラが2種類です。ナスは日本の在来種をはじめ東南アジア、南アジア、ヨーロッパの在来種。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

9月の玉葱と、蕪、大根の時期は逃せないので畝の土作り、形成と共に忙しかったです。秋蒔きは、かなり絞り込んだつもりですが、どうでしょうか?少ないかなぁ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40