この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

殆ど雨らしい雨が降っていない日照りの中での移植は、育ってくれるか心配だ。特に最初に移植した不耕起の2畝(うね)はしおれかけたのが幾つか見られる。

稲の様子です。無事、花が咲きました。去年より早い開花となりました。暑かったからでしょうか。結果的に、追肥のタイミングがギリギリとなってしまっておりました。

記録的というよりは、歴史的な少雨かと。しかし、それでもサツマイモは強い。ツルの茂りはさすがに抑えられていますが、茎が驚くほど太くなってきました!

朝から野菜収穫。雨が降らないので、野菜にも散水しております。今年から本気でアスパラに挑戦中です。来年まで温存して、美味しいアスパラを作りたいと思います!

8月1日から収穫を開始しました。収穫したレモングラスは、その日の内に洗って裁断し、乾燥させ新鮮な香りに満ちたハーブティーに加工します。

No3の田は殆どが出穂したような様子に見える。しかし、上の2段のモチ米は、ちょっとだけの出穂だ。モチ米はうるち米より1週間から10日ほど稲刈りも遅いらしい。

とりあえず田んぼの第一声です ひとめぼれは、穂が出そろってまして富山から連れて来た雨のおかげでどの田んぼにも充分に水が入ってました

里芋の草取りがいまだに終わらず。草取りして藁を敷いたところは元気よく育ってます。里芋の根元の土に丸いマシュマロみたいなキノコがたくさんあったそうだ。

ラッキョウ定植始まっています。 毎日少しづつ植えつけて、約一反ぐらいは植えつけました。ジミーな作業ですが、まだまだ植え付けが続きます!

ここ最近、雨不足だったので、野菜農家にとっては、恵みの雨でした。 さて、あらけ農園のアイガモ稲ですが、写真の通り、待望の出穂を迎えることができました。

畦草払いの場所は、川のそばの畑。ここで育っているのは、主にお豆さんと雑穀さん。小豆さん矢印 細長い莢、見つけられるかな?

この極暑が続いたせいか、田んぼでは13日には出穂があり、昨日はかなりの数見られた。見過ごしただけでもっと早かったかもしれない…。

ひとめぼれの穂が出ました ひとめぼれは感温性の強い品種と言うことでこの暑さで、例年より早く穂が出るかと思っていましたが比較的、例年通りの出穂でした

夏バテ気味だった夏野菜たちも少し元気を取り戻してきました。成長が遅れていたオクラやエンサイ、ツルムラサキ、モロヘイヤなどまもなく収穫できそうです。

農薬・肥料・ジベレリン処理(ホルモン剤)・除草剤 不使用です。ぶどうの木を植えて5年目。収穫3年目を迎えました。もと水田でのぶどう作り。

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ハウス内は、40度超えのサウナ!お陰様で、ハウスから外へ出ると、外気が涼しく感じます(~_~;)一日に二回は、水やりのためにハウス内に入りますんで、慣れて来ました。

育苗ハウスでは、キャベツ・ブロッコリー・ハクサイのポットでの育苗をやっています。ところが、この猛暑、育苗ハウスは朝8時の時点で、温度計は振り切れる有様です。

この前黒トマトとフルーツトマトの写真をUPしました。そして1週間後見たら、黒トマトは熟しすぎて、腐っていました。1週間前がちょうど食べごろでした。

暑い中、畑ではもう秋・冬野菜の準備です。キャベツとブロッコリーの種蒔きをしました。種は育苗のセルに一粒ずつ蒔きます。土は専用の種蒔き培土をつかいます。

大根畑も 水浸しで二、三日は入れそうにありません。不織布を被せようと思ってましたが、突っ込んだ足が抜けなくて前に進みませんので断念しました(;_;)

この秋冬向けの初めての人参を播いた。 例年、7月中に一度播き、8月上旬、下旬と播いていくのだけれど、今年はじっと我慢で今日まで来た。

ハウス内もちょっぴり気温が下がりました。ここ数日の水やりは、延長ホースを付けまして池から ポンプで 溝へ水を流し込む方法にしました。

乾燥に強い大豆ですがさすがに水不足で小さいのは枯れつつあるので畝間に水を流してやりました。こう雨が降らないとなると限界近しです。

さて、昨日から本格的に秋植えのトウモロコシ用の畑作りを開始しました!!元々はエダマメが植わっていたスペースで土が硬いッヽ(`Д´)ノ

みかんの木の葉はよれよれになっているしもう限界!、充分な水はやれないけど、軽トラにタンクを積んで散水しなきゃしょうがないかなと思っていた矢先の雨でした。

農業やってつくづく大変だと思っていたのが、畑の畝作り。耕すのも大変ですが、これは小さな管理機でもできますが、問題は畝を作ること。

最近は、秋作の大根畝作りを急ピッチで作業してます。 スイカ畑の一本道を右に草刈りと管理機でロデオしながら、開墾しました。

秋ナスに備えてナスの切り戻しも終わったので、ほとんどヨトウ虫のため絶滅寸前であったヒユナとクウシンサイも切り戻しました。

黒、白、赤などの粒の?トウモロコシです。食べてみますと粉っぽかったです。全体的に未熟果が多くて、トウモロコシって難かしいんだなあと思いました。

最近は、ハウス内の作業が中心になってます。昨夜の雨で、湿度200%?のチョ〜蒸し暑い一日でした。よりによってこんな日に、ハウス内で秋作の畝立て作業をやってます

慣行栽培は、もう刈る時期ですが無農薬栽培は今からが登熟。田植えから10週間。穂が出揃いました。しっかりしてきましたよ〜。

茄子畑の茄子くんたちもいつもは黄色っぽいのですが、青々として嬉しんでしょうね(^ム^)お野菜さんたちの元気な姿に、こちらまで嬉しくなってきます(^^♪

今年の人参畑ではモグラやほかの獣が旺盛で、芽が出ても枯れたり、ほじられたりでまばらになっています。1、2週間たっても抜けているところを播き直しました。

午前中は、ポンプで水遣りと収穫を終えて、出荷して来ました。午後からは、昨日畝立てしました圃場の畝の整地作業です。 明日からの満月の播種に備えました。

加工食品作りもライフワークなのでこれがまた手間がかかるのですが市販のものでは納得いかないので手間ひまかけて作っています。梅ももちろん自然栽培のものです。

すでに適期を終えているズッキーニですが、遅れて植え付けた苗はこの炎天下でも順調に育っています。雨がほとんど降らないので、毎日の水やりが大変です。

スイカが地球儀にされたので、あちこち畑の野菜を見回りました。すると、しっかりとシカクマメの葉にヨトウムシ(夜盗虫)がタマゴを産み付けているではありませんか。

天気が続くので野菜畑乾いているので、アスパラガス、ふとネギ、ニンジンなどに灌水。 堆肥の切り返し。水田の水いれなどをしました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

JA勝英から高原有機という肥料を買った これは管内の奈義地区の畜産センターで作られています 牛糞 豚糞 おがくずが原料で作られています

今後は自然農法企画の苗が手に入らなくなってしまいましたので、急きょ自分で苗を作ることにしました。極早生は8月末の播種なので、雨が降る前に蒔きました。

ワイルドトマト。今年も収穫が始まっています。とっても甘くて濃いトマト。房ごと収穫するので、見た目にもとてもかわいいトマトです。

スペースが出来たので、ちょっと先行して、種を蒔きました。直蒔きです。どちらも少しづつです。F1のは1週間以内に用意して蒔こうと思います。

人参は芽が出始めてきましたので、常に灌水しないといけない状況です!! 北海道東北は大雨らしいですが、やがてあの大雨が9月上旬にやってくることでしょう。

うちで自給していないものの2つのうち1つがしょうが 2年続けて失敗したから、今年からは自給用にしか作らないと決め、2kgのたね生姜を買い、作っています。

刈り取った雑草を鋤き込みますが、鋤きこんだ後から作付けまでには最低2週間ほど経過させたほうが良いです。(乾燥がきついので草の分解が始まるまで時間がかかる?)

秋のスイートコーンの露地用の分を種まき 大体50m2条分になります。あとのインゲンもだけど、この時季の定植となると、とにかく水管理が大変です。

サツマイモ、最後の草取りを行っています! 3畝あり、左右の畝は草取り終了。 真ん中の畝の写真後方はこれから草取りを行うところ。

川の水をせき止めている板を外したり、農業用水路内に数か所 板で水をせき止め、さらに水路の水を外に放出(小川へ)するための板を外す作業。

左がトマトで右がピーマンです。トマトは半分に割って、種をだして、数日ボウルにおいて発酵させて、洗って、ざるにあげて、乾燥させます。

最近の主な作業は、秋冬野菜を育てる畑の準備です! 春夏野菜を育てていた畑で準備中です。こちらは、カボチャを育てていた畑。

今日は人参を25m分、大根を15m分蒔きました。人参は火曜日に35m分蒔きます。大根も15m分くらい。その後は蒔くための畑の準備を。

8月3日に落花生の獣害についてアップしました ヌートリアかアナグマらしいので防鳥ネットを被せました 狙いは的中 それ以後の被害は全くなくなりました

自然農、不耕起、無施肥、無農薬、無除草というとかなり草ボーボーの中で野菜が育つ画をよく見ますが、その草ボーボーの域を超えていたかもしれません。

秋冬採り用のキャベツ ブロッコリー カリフラワーの苗を作っています 種子は200穴のプラグトレーに蒔きます 年中で最も暑い時期なので発芽させるのが難しい

野菜の生育の様子です! 夏野菜は最盛期を超え、秋冬野菜は苗が育ってきました。ハクサイ 秋に収穫予定。サラダ・漬物などでも食べやすい品種。

レタス栽培のため左側を耕運中!! 後2回ぐらいは耕運します。この作業は丁寧なほど良いです。(細土は仕上げのみ)

よし! っと口でだけ言って今日から水撒きを最優先でやることにしました。地這いきゅうりを25本、スティックセニョールを1/3、植えました。

16時から灌水しましたが、すでに砂漠状態orzまだ発芽してないので干からびることはなかったのですが、前回播種は水没、今回は異常高温乾燥!!

イチゴ苗の手入れ、ランナー採りが終了しました な、長かった…今季はなんだかんだで歴代一位の苗数です。ゆっくりですが、いちごの森のハウスの作業を再開。

南瓜を3段階に分けて植えています  これは最終の南瓜です7月10日蒔き 25日定植です 開花予定は8月20日頃になると思います

雨が続いて圃場が耕せませんorz人参作りは正確な畝作りと正確な播種等、何工程も完璧にしないと収量は上がりませんので、この雨は厄介!!

播種直後のイノシシの被害はあまり聞いたことがないということで、確証がないため。 今回の被害は、播種した筋を歩いてほとんどの大豆を食べたような感じになっている。

田植え後2週間程度、訳有りで水が入らず、今年は雑草が かなり生えている部分もあります。 水が入らない事には、抑草対策も効果無し。

ようやく猛暑は去って秋の空気へ!!でもちょっと早すぎる気がする?こうなると主力のオクラは収量が激減orzナスは絶好調?モロヘイヤ終了?

秋トウモロコシは、育苗土の加湿により、種が発芽するまでにカビてしまい、何度か土の調整をして、9割方の発芽状態まで持って行くことが出来た。

トマトを中心に、色々な夏野菜を収穫しています。四葉キュウリは、いぼいぼのキュウリ。ゼリー質の部分がほとんどなく、ポリポリとした食感です。

自家用にアスパラを植えていますが少しは販売できる量を作ってみたいと苗をつくりました 品種はタキイの「シャワー」という品種です 

サトイモの昨日の姿です 品種は「東京ドダレ」です畝間1.2m株間50cmと広く植えています 10アール当たり1660株になります

8月末から霜まで今年はこれを頑張るぞ!って意気込みの地這いきゅうり味はいいし、収量も細く長い、これからの風の害にも強い、とはいえ管理がちょっと面倒。

ゲリラ豪雨級の雨なのでたちが悪いです!!こうなると収穫期のメロンは割れまくって収量は激減orz毎日美味しい自然栽培メロンを食べる羽目になっています。

暑くて乾いた日が続いているせいか、エンサイ(空芯菜)が虫食いだらけにorzというよりは茂りすぎて虫が代わりに間引いている感じに見えます。

例年ですと8月下旬に開花する黒大豆が紫色の花を咲かせ始めました 二つの理由が考えられます 一つは今年の異常な高温続きです

7月下旬蒔きの人参を放棄して、昨日播種しなおしました。で、今日は猛暑なので砂漠状態!!ジョウロ灌水はとても無理(倒れる)

【更新剪定後のナス】枝葉が大きく伸びてきた。これだけの大きさになれば根切り後、新たな根が生じてしっかり根付いているため、追肥と土寄せをおこなう。

どれも一応頑張っているけど、その中でも上手に作りたいなあ ってのがやはりあります。ネギと落花生もその中の一つです。なんでかって言うと、好きだから。

トマトの収穫が最終段階に入ってきた。いろいろなトマトである意味でおもしろかった。成長段階にもいろいろとあって反省もふまえながら来年度につなげていきたい。

少しずつですが、トマトの収穫が始まっています。トマトにもそれぞれ旬があります。どの時期のトマトもそれぞれ味わい深いですが、味が乗ってくるいい時期があります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

無農薬有機肥料栽培のササニシキが田植後13週間経ちました。もうあまり変化はありません。稲の姿としては、少しずつ稲穂が垂れて来るだけの変化です。

今年も稲の花が咲き始めました。 農林48号は18日頃から出穂始めました。出揃った姿は生命力を感じます。農林22号は25日出穂始まりました。

畑の播種準備、エンドウの後草が伸びていたところを刈払い乾燥していた土に水をやり種を播くところを鍬で削って草をとりキュウリを播く準備

17日に刈り取ったコシヒカリの乾燥が終了した。毎日気温が35度を越える猛暑が続いているので籾の乾燥は通風乾燥のみで行った。

今年こそは初収穫をと意気込んでいたネクタリンなのですが...とりあえずまぁネクタリンの様子です。春から夏にかけてまた一段と木が生長しました。

さて、実はどんどん熟れてきていて、摘んでも摘んでもまだまだあります。というか、もっと遅い筈の品種が熟れてきてて、むしろ熟れるの早過ぎる!!

先日、除草作業をした無農薬の田んぼの様子です。田植えから7週間目に入ってます。ニコニコ草の様子を見ると。。。中央から手間が手で雑草除去した場所。

近隣と歩調を合わせながらの米作りでは大切なことですが畦に枯れ草が積んであると草刈機が使えないための移動作業です。

にんじんは芽出しも順調にでき、その後も定期的に水を与えていたので、これだけ大きくなりました。あとは順調に大きくなってくれるのを待つのみ。

雨降り前に、ピクルス用に播種した地這いキュウリの種 10日前、20株ほど発芽させましたが、マサキ代表が、追加で播種してくれました。

こんばんは。オクラの調子が今一つになってきた。今年はポしゃルのが早いような気がする。 相当に上まで実と花が来ている。葉っぱもないしね〜〜〜

事実、雑草を生やして、資材資源としています。 で、所謂自然栽培、といわれる栽培を3年もやってみまして、土の状態はどうなったんだろうな?

土寄せ&中耕の様子で〜す 大豆 分かりますか〜?さすがにこれはマズイと慌てて中耕&土寄せ! 綺麗になったな〜と思いきや 株元の草には全く効果無し・・・(泣)

今年2回目の稲診断。『こばたけのお米』ずいぶん育ってきました。あきたこまち、イセヒカリは穂が出始めたので合鴨を上げました。

播種時期が、おくれているといっても、慣行栽培の適期?その適期が自然栽培に当てはまるかと、言いましたら、試してみないと分からない

長ネギは美味しいけど、植え替えが本当に大変。あぁ、イヤだ。暑いのに、耕すなんて。って逃げていたけど、さすがにもう逃げられないってんで頑張って穴を掘りました。

8月7日に始まったイノシシ被害、この2週間近く、続いていましたが今回の侵入路はやっとすべて遮断できたようで昨日になってようやくおさまったっぽい。

田植えから12週間、ササニシキがビワ色に色づいて来ました!一時はどうなる事かと思いましたが、それなりの収穫が見込めそうです。^^

キャベツ初秋第3陣目を定植したものの、植え付け直前まで雑草だらけにしていたことが災いしてものの見事にネキリムシで壊滅(T_T)

予定どおり午前10時過ぎから稲刈りを行いました。午後から乾燥機に入れて現在温度をかけずに通風乾燥中ですが、気温が35度もあるので通風だけで十分乾燥しますね。

太陽が顔をのぞかせる頃, 花はまだつぼんだまま。蟻が各つぼみの切り口に集中している。回診みたいなもんかな。一体何を吹き込んでいるのやら。

カラーピーマンの色づきが良くなってきました☆毎年、一番暑いころからドンドンと色づき始める。 色は付き始めましたが、全体的にピーマン系の調子はあまり良くない。。。

今後は乾燥に強い野菜を中心に作るなど工夫が必要だろうな。  そこで乾燥に強い野菜と弱い野菜の違い  なんといっても強いのはトマト。  大玉トマトは「世界一」。

例年なら当地で5月連休の田植えで、稲刈りは8月下旬ころですとなりますが、今年は10日くらい早いのではないかと思います。稲の色も「真っ黄色」になってきましたね。

野菜も人も ほっと一息  朝方,雨が上がったので,農園の様子を見に出かけた。今日は水のタンク無し!  ずらし蒔きのキュウリが元気になっている。

こぼれ種から生えたきゅうりが収穫できた!!昨夏種が落ちてから、雨が降ったり雪が降ったり日照りが続いたりしているのに、ここまで育つっていうのが本当に不思議。

これだけの雨が短時間で降ると、道路の所々には ↓ ご覧のように畑からの流亡土が堆積する時があります。じつはこれは畑の土作りには大敵

本日は白豆栽培の途中経過です。7月4日に種を蒔いたので約3週間目になります。だいぶ大きくなったので圃場一面が、緑色に見えるようになってきました。

昨日からの雨で、ささげがたたきつけられてえらいことになっていたので、夕方に莢を1つ1つ切り離して収穫してやりました。

意図せずに始まったスイカ栽培ですが、あれから何とか順調にきていました。とりあえずスイカの様子です。蔓がどんどん伸びていきまして再び実がなりました。

まずは刈払機で芋づるをカットします。(私が唯一使う農機具です^^)使う理由はマムシがいるからです。で、こちらに記載している手順 で手早くこの状態に^^

ジャガイモの植え付け箇所を決めた。  一箇所は,小豆の後地。  小豆は,去年ほど虫も来ず,まずまずの収穫だった。収穫を終えた後は一面の草原状態。

暑さに負けず旺盛に茂っていますが、全く莢を付けてくれません(-_-;)休耕田なので水分量が多いせいか、肥料分が多いせいなのか。。。

無肥料・無農薬栽培のササニシキも田植えから11週間経ちました。すっかり稲穂も垂れてきまして、ビワ色に色づき始めています。

左1畝分が4/30に定植したサツマイモ金時芋 で、    右1畝分が6/17に前述の苗からとった増殖苗を定植 した分です。こられを収穫することにしました!

キャベツは去年と比べると,12日遅れ。ただし,去年は防虫が完全でなく,蒔くたびに虫にやられ,再々蒔きが8/28だったので,それと比べると,1週間以上早い。

太陽熱消毒のためのマルチ張り。昨日までやってました。草ぼうぼうでした。何しろ3カ月放置。思ったより時間かかりましたね

種まきの時期なので、播きました 昨日はブロッコリー・カリフラワー・キャベツを苗床に播種。 今日は人参・キュウリ(地這い)を播き、葱の定植もしました

私は葡萄の剪定。マメコガネムシに食べられ、かなり裸になったぶどう。その後マメコガネムシの数が減ったのか?持ち直してきました。

今までどおり放置しておくわけにもいかないので、昨年約6000坪の敷地に菜種を蒔きました。草まみれの放棄地になっていたところの草を刈り野焼きをして。

淡路島の伝統ある種を、伝承していきたい!!"( ̄∨ ̄ /)"去年は、形よし、味よし、見た目で直感よし!な、実がなかなか出来てなく、取り次いだ種の量が少なかった

自然栽培のササニシキも長い稲穂を垂れはじめました。収穫量は昨年よりも確実に少ないけど、それも気にしていません。

とりあえず金時と烏山ニンジンを3万粒蒔きました。ニンジンは芽だしがすべてなので、芽が出るまでは水が欠かせません。

秋冬野菜の苗、まぁまぁ、生育しています。白菜です。今年はポットで苗を育ています。今まで72セルトレイ(狭いスペースでたくさん作ることができる)でした。

やたらと元気な様子のツルムラサキ☆力強くツルを這わせてジャングルを形成しています!っていうか、もう少し間引いておいても良かったかも(^-^;

さて、梅雨までは順調に生育していた金時ささげ、梅雨が開けると写真のようなカメムシが大量発生!そのせいか実が入らず茶色く枯れる房が多数出てしまいました(T^T)

ビニールハウスの上の風車も全く回らずジリジリと焼けるような感じがありました。そんな暑さの中、朝の出荷の後、畑に出て、おじーちゃんと2人でナスの剪定をやりました。

野菜の場合、地力の問題とか根圏の問題とか保肥・保水力の問題もあるので、畑とプランターを比較すれば畑の方がよく育つ場合が多いです。

とうもろこし、失敗。皮をむいたら、食べるとこなかった。歯抜けすぎにも程がある。しかも、粒がぺっちゃり。理由はわかってる。種は、去年かおととしの。土は、無肥料。

今年は「奈川ササゲ」という在来種の「ササゲ」を栽培しています。赤飯に使われている豆の多くがこの「ササゲ」という豆のようですね。

今年の四葉胡瓜はちょっと変!子づるがわんさか生えて来ます。そして、ネットを無視して横に横に伸びております。^^;

連日の猛暑の中、毎日草刈りをしております。やっと野菜ゾーンの草刈りが完了しました。通路部分に生えてきた雑草をすべて刈りました。

私が考えるとうもろこしの優れているところは、土の中に残っている過剰な肥料分を吸収し、最後にこの残渣を埋め込むことによって、土壌改良となります。

雨上がりをねらって草木灰を振りかけた。「草木灰を振りかけた」その結果は? 灰を振りかけたのはピーマンとナス。ピーマンにはホオズキカメムシの子どもがウジャウジャ。

きのう、きょう2日がかりでアズキの種まきをしました。ウネの準備に2週間ぐらいかかって何とか間に合いました 450g(3合)を3〜4粒ずつ、300か所余り

自家製堆肥で育てている里芋が大きくなって来ました。大きくなったと言っても、草丈は低く、たかが知れています。

畑にはまだニンジンが残っています。お盆すぎまでトウ立ちもしないでしっかり残ってくれているとはなんとすばらしいっ!!あと1畝半というところでしょうか。

最盛期のバジルも気持ちよさそうに雨つゆためてます♪夏野菜が育っていた畑もカラカラに干からびていたので これでいくらか復活してくれるといいのですが。

おかげで作物が息も絶え絶えなんですがそれよりも深刻な事態に陥っています。先週の7日、山の三段畑へ獣に入られて以来、毎日イノシシが荒らしにやってきています。

秋冬野菜の苗も、だんだん育ってきています。箕面のおとうふ畑。今月の草刈り作業が終わりました。毎日見れない畑なので行った時の成長ぶりに、びっくりしています。

これは、季節はずれにもかかわらず、7月末に種まきした、地這いキュウリ 先週、やっと発芽してくれて、3枚目4枚目も、つぎつぎ出てきました

この実が出来ている株の枯れ方は尋常ではありません。身の回りの茎はすこし青みがあり、生きているように感じますが、株全体で見れば息絶え絶え、半死半生そんな感じ。

6月末に収穫した小麦とライ麦。量が少ないので唐箕は出さず、扇風機で風選。扇風機の前に上からぱらぱら〜っと落とすと、軽い殻や茎や未熟粒は飛んでいきます。

今年第2陣目のにんじん種蒔きの備忘録です。 左は1週間前の7/29に種蒔きしたタキイ種苗にんじん向陽二号 です。ちょうどこの日、発芽し初めでしたo(^-^)o

黒胡麻の花が咲いてきました。きれいな色をしています。今年は適期に種まきができたので去年よりもたくさん採れそうです。

こぼれ種が、自然に発芽した苦瓜!!順調にイキイキ!グングン!成長しております〜最近は、一日=2cmほど成長しております☆

画像左奥、キャベツ跡地を天地返しして4/29にコンパニオンプランツとして種蒔きした岩〇ねぎ  を定植!足らず分はにしやんさんに頂いた苗を植えました^^

籾ガラの一時保管場所であるハウスの一角を整理してました。籾ガラはほぼ1ヶ月くらいで畑の近くにある別のハウスに一部を移して残りは田んぼに撒いてしまいます。

週末に草取りをした無農薬栽培のイセヒカリの様子です。田植えから約8週間。先日の草取りの反省から田車で処理した場所をね手で草取りしました。

廃菌床と竹粉を混ぜこみ、草マルチをして最近枝豆をまいたところも、けっこう菌核が見られまして蔓延させないために、敷いていた草を取り去ることに。

植え付けを急がねばならないインゲンの定植をしたいと思います。午前中は車の調子が悪かったので街の車屋さんまで行ってて午後から植付作業を行いました。

今日、総延長1000メートルに及ぶ畦の草刈り作業を行った。日ざしは強いのに乾燥した風が強かったので気持ちよかったです。

寒冷沙をかけてないものも、虫に食われず元気( ☆∀☆)背も高くなって天井つかえてしまったことだし、途中で切り採り、脇芽がのびたらまたいただくことにします(^^)v

黒豆は水やりしなくてもまだ元気です 黒豆の小さい紫の花が咲いていました。小さすぎて見落としそうですが今年は見れました。

草と一緒に過ごすオクラ。 背丈はかなり小さめでちょっと心配な感じもしますが、 適度に草の処理をしてあげながら育てています。

透明マルチンぐすることでマルチの中の温度が高温になりその熱を利用して草の種、虫、雑菌などを死滅させ農薬などに頼らなくても無農薬栽培が出来ます。

暑さが続いています。午後も3時過ぎでないと畑作業ができません。と言うよりも「控えている」わけです。今の時季、草刈りと散水、そして秋の準備です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

定植して雄花が出るまで超順調だったトウモロコシの「モチットコーン」。これから受粉という時に茎を虫にやられ、次々に枯れていく。

1,2号畑はほとんど手付かずになり、草がボォ〜ボォ〜になってます。さて、その1号畑に生えている落花生。 草取りをしたら、一株抜けたので落花生の名前の由来を説明。

オクラの下の葉かきを14時頃からせっせと始めたら、全部終わった頃には17時半だった…。なんかすごい面積ある?どんだけ出荷するのー!

ニンニクについて。 一昨年までは「遠州極早生」というこの地方の品種を栽培していましたが、 今では「平戸早生」という鱗片数が8〜10片のものを栽培しています。

種と言えば種屋さんで購入するものだと思っている方が多いと思いますが、ぼくはその年に自分が育てた野菜の実から種をとり、 来年に生命をつなげていきます。

用意するもの。防鳥ネット、鴨ネット、ポール、シノ竹など。先ずは田んぼの両脇にネットの端を通す紐を張ります。そこにネットの両端を通し、人力で引っ張り、広げます。

ゴーヤがゆっくりながらもツルを伸ばしてくれています。毎年、種蒔いてきましたが、今夏が最も元気が良いです。その隣で栽培している大玉トマトのポンテローザです。

草刈りをしてたら雑草の合間にスーパー元気そうなウリ科のツルを発見。こういうのが一番悔しいです。自分で汗して仕立てた苗のものよりこぼれ種の方が生育が良いなんて。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

いのししにやられた!!熟したものは完食して種だけを残し、まだ未熟なものは、つぎつぎとかじりやがりました。地面に近いかぼちゃは、ほぼ全滅。

とりあえずミニ白菜だけでも蒔いて置かねば!! 今年は、128穴セルで蒔いてみました。 (昨年は少なめの生産だから25穴セルの2粒蒔き) セルが見えない???

かぼちゃとゴーヤのハウスはジャングルみたいです。雨が降らなくなって9日目。ハウスの中は毎日50度にはなっていると思うので、さすがにしおれ始めた!!(焦!)

ミニログ裏の畑で サツマイモを植えた畝間から生えたかぼちゃ 昨年作った、白い坊ちゃんだろうけれど これが 良い感じに生っている!!

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

大根が発芽して、20日間あまりの様子です。大雨が続いたりして、大根菜が育っています。3年前から畝を作るのを止めました。

今 自家採種というかこぼれタネの大根が発芽していました。お盆前の雨で発芽したものと思います。夜からまた雨が降るので、大根には恵の雨になると思います。

梅雨も上がって、大根の種も出来ているので今日は、もう1枚の大根の畑を耕しました。1/3耕したところです。ここは草も少ないので、そのまますきこんでいます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

畑では食用ほおずきの花が沢山咲いています うつむいて咲く花なので下にもぐりこんでパチリですかわいい色合いですね〜(*^-^)

ズッキーニゴールドラッシュ(アタリヤ)ですがつるが伸びない、と種袋には書いてあったけどつるが伸びました なんと270センチ超え

雨に喜ぶ皆々様!葉っぱもピンと立ち上がって気持ちよさそうです 張り切りすぎて割れてしまったトマトさんもいましたがマイクロトマトさんには今にも落ちそうな水滴

もうすっかり穂も出ちゃったしね 今年はこれが精一杯でした!ひとつの株に5本から8本程度の穂が出ています 穂一本に50粒くらい?

普通の緑ズッキーニのはずがずいぶん日に焼けて黒くなっていました カボチャの仲間なのだからしばらく放置されていても食べられるでしょう!!

パプリカの色づき具合がやっぱりどうしても気になって・・・本日咲いた花にシルシをつけて今後の成長の過程を追ってみたいと思います

JAの指導で今年のコシヒカリは、一週間ほど早く刈り取り時期になるとの通達が・・・。じぇじぇじぇーっ!

先日種降ろしした人参たちですがやっぱり、籾殻のところは発芽率がかなり良いので今年の残りの種降ろしはすべて籾殻のお世話になることにいたしました

完全にクラッシュ専門請負人、昨日はトマト畑を滅す。日照りに日照ったあげくのゲリラ豪雨、畑のコンディションも予定進行もめちゃくちゃ。

稲は順調に育っています。 今年は、高温続きで水管理にとても神経を使います。ここ一週間は、日中に田んぼの水を掛け流し状態にする予定。 

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

8月26日の午後より、25年産新米の稲刈りを開始しました!刈り取り一番手は、早生(わせ)のもち米「わたぼうし」。早生(わせ)のもち米「わたぼうし」

節子ママが座り込んで、先日収穫した新玉ねぎを稲ワラで編み込んでいました。玉ねぎの葉っぱの部分は切り落とさずに活かして、稲ワラで丁寧に編み込んでいきます。

元に戻ると期待した、センター分けになった大豆ちゃん。 ちょぴっとは戻ったけど一向にシャッキリする気配がないので、土寄せをする事に。

ひっそりと栽培しているアロニアの木。真夏を迎え、アロニアの実が完熟しました!アロニアさっそくカゴを手に、完熟したアロニアの実を収穫しました。

慣行栽培(普通栽培)の水稲は7月29日から出穂開花が始まっている。自然栽培の水稲はまだまだ出穂の気配なし。何を思ったかイネをど真ん中からハサミでカットしてみた。

現場組からは7月いっぱいで穂肥まきを終えたと聞いていたのですが、実は8月に入ってもう一回、穂肥まきをしました。

すっかり大きくなって可愛らしさも微塵に感じなくなったカモ達。 穂が付いたので、田んぼに出禁になり、ちょっと寂しそう・・・?

慣行栽培(普通栽培)の水稲に遅れること10日目で出穂がはじまった。右側が移植後66日目の自然栽培水稲。左の慣行栽培はほぼ出穂が完了している。

自然栽培2年目の圃場で減収が予想されるのだが、稲穂の数や密度の具合は昨年と同じかそれ以上に見える。収穫量の大幅減少は無さそうで一安心。

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

超早場米「五百川」を20a作付しました。この五百川という品種は、コシヒカリの突然変異で、十年前に福島県中通り地方で発見された、八月下旬に収穫できる超早場米です。

二本松農園では、8月21日、早場米「五百川」の稲刈りを行いました。前日の雨もあがり、午後には晴れ間ものぞく中での作業でした。

本日は倉庫にてもみすり作業をしております。もみすりとは、もみからもみ殻を取り除いて玄米に仕上げる工程のことを言います。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

水稲の出穂が揃いました。この稲は「ひとめぼれ」です。6日位で出揃いました。これから浪費をさせないように管理します。

昨日の試運転で籾摺り機が籾詰まりして、今朝一番で修理して貰いました。  長く使わない為、虫が巣を作って風をさえにって、玄米の流れを妨げたのが原因でした。

左が絆・右がササニシキです。  絆は出穂期で4割位出穂しています。  ササニシキは10日程早く出穂していますので、穂首を下げつつあります。

出穂始まりました。  出穂時にイネに活力が有ると穂首が捻じれ状になります。  幼穂が大きく健康な状態の時に出産と同じに難産になる為のようです。 

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

籾になるものがパカっと割れて、雄しべが中から出てくる。その下に雌しべもあって、受粉します。そして、1ヶ月くらいかけて、お米になっていくというわけです。

秘伝豆というのは、晩生(遅くまいて遅く収穫する)の枝豆です。6月30日の「田んぼでお米づくり体験 第2回 草の本気(まじ)どり」のとき、一緒に種まきしました

発酵しているお米の様子です。こうじ発酵は、成功すると、甘酒のような、ちょっと甘いかおりが漂います。そんな匂いがしているので、おそらく成功したと思います。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

まずニンジン。ついに発芽しました!この調子で頑張ってもらいたいです。トマトも定植しました。全体作業で出たあまり苗を貰いました。何かおかしいと思いませんか?

キャベツの種を取った。キャベツの花を自分の畑で見るのは初めてだったが、うまく実になってよかった。採種は初めての体験なので、ドキドキします。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

草にまみれた人参はげんきですかー!!!なんとか、大丈夫。草取り開始です。 草にまみれて跡形もなくなくなってしまったものもありました・・・パッと見、わかりませんね

掘り上げた芋を手で一つ一つ拾います  あんなに少なかった芋がこんなに増えました ほんとうによかったです(^^) 出来たことに実はちょっとびっくりしています

両サイドは、トマトさんたち。 そして、真ん中に植えたこれ。勢いがすごくてサイドにあるトマトの収穫が困難になりました誘引もしない。脇芽もとらないと、こうなる。

大変な干ばつとうとう暗渠から水を入れることに・・・作物を作るのには本当は自然の力の方がいいので雨を待っていたのですがさすがに・・・

「とにかくできる所から収穫していこう」 とうことでまずはじゃが芋の枕掘り なんとか掘り終え、「さあ次は玉ねぎ なんとか入れそうだね」と・・・

生にんにくの販売時期が近づき、にんにくのためし掘りをしてがっかり(>_<)予想はしていましたが、思ったとおりの小さなにんにく…

北海道・森町名産のみやこかぼちゃ。ホクホクの高粉質と高い糖度が自慢の、おいしいかぼちゃです。みなさんのお手元に届くのは、丸くて色合いが美しい、『秀品』合格者。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

15日夜の豪雨で湿っている最終チャンスを逃さないため、18日松本一本ねぎの2回目の植え替えをジャガイモ跡地にする。

はじめの2年間は作物を育てず、堆肥と緑肥作物によって自然に耕してもらい、土を団粒化してもらうことで、 養分持ちが良く水持ちと水はけが良い畑に改良していました。

ズッキーニ第一弾畑の収穫が終盤になり、第三弾の収穫が始まりました。第二弾も採りつつ、これからは第三弾がメインになります。バトンタッチがうまくいきました。

24日、かなりの量の雨が降り、畑はしっかり水分補給できたようだ。ともない17日にまいたニンジンの芽がずいぶん大きくなってきた。

今回扱ったテーマは、 夏野菜の復活のコツ、秋野菜の種まき、植え付けのコツでしたが、季節の移ろいをイメージしながら野菜のお世話できるかが大切だと伝えたつもりです。

今年のミニトマトはここまで好調です。大した病気にもならず4品種ともよく生長しています。この暑い時期はガの幼虫がトマトに登り食べられてしまうものもあります。

今季最後のズッキーニの定植。芽だしだけした小さな苗を畑へ持っていくのですが、連日のこの暑さ。小さな苗にとってはまさに灼熱地獄です。

雨も週に1日位の割合で降るので何とか水分は足りている感じだ。8月4日、キタアカリの残りとダンシャクとメークイーンは枯れたものだけを少し掘る。

出荷が始まったトウモロコシ実が少し小さめのトウモロコシ。やっぱり追肥のタイミングって大切です。ずらし撒きしていますが一番いいタイミングだったのが3回目。

さて、今日はイモな一日でした。まずは草に埋もれかけていたサトイモを救出。 自分の住んでいる地区はサトイモを育ててる人はほとんどいない。

1回目から2回目へのズッキーニ畑の引き継ぎはうまくいったのですが、2回目から3回目が失敗してしまいました。原因は直播した種の発芽がそろわなかったこと。

ナスであれば、ナスの樹の中から病気もなく、育ちもよく、健康な樹を選び、自家採種する樹を選び、その中から実にピンクの毛糸で印をつけたりしました。

夏本番の暑さが戻ってきたようだが、雨と朝夕の涼しさのおかげで、なかなか花が咲かなかったインゲンにやっとさやが付き始めた。ゴーヤもやっと開花だ。

自然菜園では、タマネギが大きくなる肥沃で、育てやすいところはいいのですが、そうでない場合玉張りが小さくなることがよくあります。

月日の経つの早いもので、 先月指先ほどの成り立てのミニとうがんも握りこぶし程度にまでに、トウモロコシにからみつきながら生長していました。

コンパニオンプランツと混植した場合と、そうでない場合を比較実験し、 検証しながらコンパニオンプランツの実際の効果や野菜の育ち方への影響を観察しております。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

先日からお伝えしています今年初めてトマトを作付けした畑の様子です。樹勢が強く、尻腐れが発生しています。尻腐れはカルシウムの不足により起こる生理現象。

さて、樹勢が強くて管理にて手こずっているトマトの続きです。畑は自然栽培3年目(その前数十年休耕)、トマトは今年が初めてです。

さて、時間ができたのでトマトの養分の流れについてです。自然栽培では肥料は一切使いませんが、決して無栄養栽培という事ではありません(よく誤解があります)。

昨日から農薬・化学肥料不使用栽培のとうもろこしの出荷が始まりました。まだ出始めなので数も少量。ピークはお盆過ぎの8月20日頃〜9月中旬です。

大きくなったら、頂部を止めて、しいなを少なくするとありましたが、今年はしないことにしました。頂部を止めると脇芽がたくさん出て、そこがしいなになるからです。

かぼちゃは小さくてもしっかり種が入っているので、可食部が薄くなっておいしくありません。おおきいかぼちゃのそれは3cm以上もあり、ホッコリおいしく食べられます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

永塚丘上圃場・・・2度ほど緑肥:ソルゴーを播種したけれど・・・スズメだろうか???鳥らしきものに芽が出た直後にすべて引き抜かれた状態に

今日は強引に長ネギを植えてみたり、トラクターをかけてみたり・・・明日の明け方も雨のよう・・・今度は中々作業が進まない状態に・・・

カボチャの定植をしました。伊勢原にもやっと雨が降ったのですが、苗を植えようと土を掘ると5cmくらいしか湿ってなく中の方はカラカラでした。

7年ちょっと使ってきた畑は間もなく終わりになります。毎日少しずつ片づけてきましたが、歩道側に設置していたネットとゴーヤーを取り去ると様子が一変しました。

マクワウリの残り全部を収穫して終わりにしました。 収穫は7月19日の初収穫を紹介しただけですが、最後の約60個を含めて今年は130個くらいを収穫できました。

イチゴの苗とりをしました。 暑い日が続いて野菜たちもぐったりしています。子苗が根づいたのと、畑の片付けを進めなくてはならない為に、親株から切り離したものです。

小麦の唐箕掛け・・・先日製粉所に今年の小麦をもちこみ乾麺に・・・出来上がったと言うことで明日とりに行くことに・・・同時に小麦の「製粉をたのむことに・・・

この暑さの中あちこち草をとらねば・・・大豆類は厄介な状態に・・・人参とネギは「ここでなんとか踏ん張らねば・・・昨日からトマトやピーマンの灌水も・・・

先日播きそびれてしまったトウモロコシの2回目の種まきを条間60僉ΑΑδ模は80僂4条分の播き溝を三角穂で右側には前回7月31日に播種したトウモロコシが同じく4条分

8月に播く人参がとても出来が良い・・・ここのところの雨で畑にも湿り気が・・・明日は少し雨も降るようで・・・やっぱりここは人参でしょう・・・

白菜は極早生と早生の種まきは終えている・・・今回は中生の黄楽70白菜:49穴の連結ポット3枚と32粒・・・中晩生の黄ごころ85:49穴の連結ポット2枚と17粒

暑さが厳しくなり、雨も降らず・・・他の作業が忙しく、トマトはただ収穫するだけの状態に・・・水不足、養分不足、高温障害も・・・

今日の午前中は昨日に「引き続き小麦の唐箕掛け・・・ほぼ9割がた完成!これで明日の夜小麦を低温貯蔵庫に保管が・・・

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

定植は、4/10、4/18、4/23、5/10の4回に分けて行いました。しかし、収穫を行えたのは、後半の2回分のみでした。前半2回分は、定植直後に寒さにやられました。

そろそろ稲が出穂しているのではないかと思い、野山北公園の学習田に行ってきました。 思った通り、出穂していました。私は、稲を見るのが好きです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

田んぼがきれいな季節になった。 耕起田んぼのコシヒカリ(↓)の穂がすっかり出そろい、稔りの秋がもうすぐだ。 すずめ除けに糸を張った。

夏野菜は無事収穫できております。茄子やピーマンもすくすくと実をつけてくれていると同じく、畑の雑草たちもぐんぐん勢いよく伸びちゃってます(苦笑)

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

酷暑の中、隣に植えてあるダイコンの葉は焼け枯れてたのに、ニンジンはこの高温に耐えれるとは驚きました。8月は耐えてもらうしかなさそうです。

ワタクシはこの芽が出てくれるときが一番うれしいです。なんせ蒔いても蒔いても芽が出ないという、冬の時代をカンボジアで散々味わいましたから。

さてさて種取り、私たちが食べているあのキュウリは実は未熟果。育ち切っていない若い子なので、種取りしても発芽しませぬ。

教訓そのイチ。真夏に堆肥作りはしないほうがいい。だいいたいが、夏野菜を栽培していたら夏に堆肥作りをしている暇なんかないのですが。

第4圃場のナス畝で栽培していたインゲンがようやく実を付けてきました。こうなるまでナスにはずいぶんと我慢してもらったので、株間を開放すべく全撤収。

お盆休み中のスイカの収穫まとめと糖度の結果です。まずは8月10日に収穫した黒部スイカ。結実後約50日経過しており、相当期待してたのに...

今年は暑いからきっとちょっと播種が遅いほうがいいのではと勝手に思っている農家一年生。秋冬野菜の播種はね。ムズイんすよ。

花を咲かせたのが6月中旬で開花後30日ぐらいが収穫適期のはずなのに、全く膨らんできません。既に開花後2ヶ月経過して株自体が枯れ始めてきたところです。

地面を覆ってしまうことを「マルチ」と言います。地面に光が当たらなくなり、雑草が生えにくくなるのですね。黒いビニールがダーッと畑を覆っているのがそうですね。

結局7月上旬の暴風と雌花開花が重なり、ほぼ受粉せずに終わりました。それ以前に生育不足が多すぎて、ここの畑でコーンを作るのが馬鹿らしくなった。

今秋はダイコンを3品種育てる予定で、その第1弾として作型ギリギリの献夏青首を第3圃場に種まきしました。ここは秋春秋と間髪入れずの3連作目。

四葉の生育がハッキリ言って悪いです。成長した株でも実付きが悪く、変形果しか出来ません。双葉定植した四葉たち

乾いておりますね、畑が。雨が降らん。ので、林農園さんでは井戸から水をくみ上げ、スプリンクラーが回ってサトイモさんを潤しております。

穂が出ることを出穂といいます。デホではなくてシュッスイと呼びます。ちなみに水稲はスイトウ、陸稲はオカボと読みます。ようやくもち米が出穂しました。

今日は種取に挑戦!!ワタクシ、自分とこでやるのは初めてでございます。種を取られるのは、トマト殿!品種は「アロイトマト」。固定種の世界ではとても有名ですね。

こちらは7月21日に人参の種を蒔いた畝です。この時タキイの時なし五寸と野口種苗研究所で購入した黒田五寸の種を蒔きました。

今年の人参は7月25日、31日、4日と三回に分けての播種です。表土が固まり発芽できなかったり、種が流されることがあるので、この時期のゲリラ豪雨は要注意です。

今日は最初に蒔いた大豆の中耕、2回目。(左が中耕後)作物の生育途中で、作物の列と列のあいだの畝を軽く耕して(削って)、土を作物の株元へ寄せてあげます。

こちらは発酵油粕を入れてから草勢もよく、毎週コンスタントに収穫が続いています。株間に植えたツルなしインゲンが巨大化してきたため風通しが悪いです。

第4圃場の黒部スイカは一斉に結実したため5個が収穫適期(結実から42日ほど)になりました。まずは糖度と熟しているかのチェックで2個収穫してきました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ハクサイの種を播きました 品種は昨年に引き続き「黄ごころ75」と新たに買った「極意」です 「黄ごころ75」は名前の通り播種後約75日で収穫できます。

キャベツ・ブロッコリーを畑に定植しました 前日に雨が降って、畑も湿っていたので絶好の定植日和です!!まずは畝立て。

レタスの種は小さくて、発芽する力が弱い作物ですあせるしかもレタスの発芽適温は15℃〜20℃で、25℃以上の高温では発芽しにくくなります。

ラビットアイ系は7月に入って収穫時期をむかえます。一番栽培しやすいのはラビットアイブルーベリーで、日本でも多く栽培されています。

ここ1週間、雨が全く降りませんうっ・・・畑のピーマンも泣いています 水やりって重労働ですよね 雨さえ降ってればやらなくていい仕事だと思うと余計に疲れます

セルトレイで栽培中のキャベツ・ブロッコリーの苗。ちょっと徒長して風で倒れてしまいました そこで、3号ポットに植え替えをしました

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

トマト担当の自分は今年のトマトを振り返りたいと思います(笑。まだ出荷は終わっていませんが)。こちら、2番手の中玉トマト。はったりなしの、今現在の様子。

これだけ日差しが強いと、もう収穫している時点ですでに調理済みトマトになってしまっているのではないかと、そんな事をボーっと考えたりしています。

7月末に蒔いたキャベツとブロッコリーの種の苗が育ってきたので畑に定植しています。やや徒長してしまいましたが、まあいい苗です。

まずは畑の観察。種から育てたキュウリがようやく蔓を伸ばし始めている様子や、日照りに生き残った里芋の小さな葉やサツマイモの蔓をかろうじて見つけました。

畑の土がブルーベリーの生育にあまり適していないようなので、ハイブッシュ系の補植用苗は接ぎ木苗を使うようにしています。

人参は7月から3回蒔いているのですが、1、2回目は天候不順の時期で無事に芽が出たのですが、3回目は猛暑で乾燥した時期に入ってしまいました。

マチルダとはジャガイモの品種です。ヨーロッパ原産で北海道でも作られています。病気になりにくいのが特徴で晩生のジャガイモです。

今夏は雨よけハウスのおかげで、すくすく穏やかに育っています。(それでも台風が来たら収量も終了→撤去、トマトよりハウスを守るのが優先です)

人参もまき始めましたよ 発芽もしてきました〜種をまいて、遮光ネットをかけたのですが、曇りがちだったので大丈夫だったかな?と思いつつも、かけておいて良かった!

新しいカイガラムシの幼虫がブルーベリーの葉にたくさん発生しました。小さな幼虫はこれから木の幹,枝に移動しそうなので駆除しなければなりません。

今年は遅霜の被害に遭い品種によってはほとんど実をつけない樹もあるなか、8月に入りラビットアイ系の晩成種が最盛期になりました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今年の2月にこの自家製の床土を使用して作物の苗を育てるつもりでいたが、床土に種を播いてみても、ほとんど発芽してくれなかった。

ズッキーニの株の生長がイマイチでどうしたかと思っていたのですが、一番有望な大きい株の実ができていました。あれっ!?黄色いズッキーニだった。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40