この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今回は、小松菜、ほうれんそう、蕪、つるなしスナックえんどうの種まきでした。皆さん手慣れたもので、スム−ズに作業を行っていき、短時間で終了しました。

苗が折れていたら取り替える、ビニール・マルチが飛んでいたらやり直すと、最後に美味しい野菜が口に入ればいい訳ですから、諦めずに頑張りましょう。

マルチを包丁で切って穴を開け、水を入れた後に農薬を入れる。苗から良いものを選んで畑に置く。作業が早い班は良い苗が入手できる。何だかビジネスの世界に似ている。

カテゴリ:農業再生|テーマ:市民参加型農園(市民農園/体験農園/農家民宿)|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

有機農業の農園などで作業を体験したい方と、受け入れ農家さんなど(ホスト)が双方に登録しておきます。WWOOFERさんは、一日6時間働くことで、いろんな体験をできます。

ムツウサに埋もれていたのをバナナの周りだけきれいにした、主人が。 一度枯れたと思っていたチビバナナも小さいながらも元気いっぱい。

1週間遅れましたが田植えでした。まず1日目堰の補修をしました。田植えの準備も同時進行です。水位が上がるまでポンプで入水開始です。

本日12日、みやざき完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初セリが行われました!ずらっと並んだマンゴー真っ赤に熟しておいしそう

苗ハウスで育てていた苗を畑へ 親子で仲良く苗植え で植えたのはこれ 「ししとう」と「おくら」らしい 別の場所には とうもろこしらしきものが植えてありました

鹿児島大学農学部附属農場唐湊果樹園のブルーベリーの花も開花しています。晩生の品種も咲きはじめ現在ハウス内は花でいっぱいです。

カネコ種苗の黄色のズッキーニ(イエローボート)です。当初は、タキイ種苗のオーラムだけの予定だったのですが、100粒入りの袋が手に入りませんでした。

復興なのかと言えば実は、今年、陸前高田市で被災し、国東市に移農してきた「村田 光貴くん」が唯一、被災地から持ち出せた貴重なニンニクだから・・・・

大豆を作っていた所と、その他の雑穀を作っていた所では、その後に作付けした麦の成長に影響があると書いたと思います。 大豆を作っていた所の方の成長が良いのです。

今日は種もみの消毒をしました。 あらかじめ、ネットに入れておきます。 バスタブみたいな容器に、60℃のお湯に10分 普通はこの作業は農薬を使います。

見なかったことにとは、今年の早生の玉葱 催促のお電話はたくさんあるのですが、今年は絶不調 まぁこんな年もある 今のところ晩生は順調です。晩生に期待しましょう。

種まきは5月20日頃を予定してますが本番はまだまだ先ですが今年も育苗試験を行います 趣旨は播種量の確認もありますが村田さんへの育苗の研修という事もあります

フロリダのマイアミで育成された「アンダーソン」マンゴーです。交配親は不明ですが,その形状からインド系の血を引くと考えられています。

梅の木を見上げると、小さな実がついてました。クワ、マルベリーにも新芽や実のような物が。愛菜塾にはハトがやって来てるので、枝豆は苗にしてから植えることにしました。

昨年より新たに開拓新植している葡萄園にたくさんはえているノビル。仕事ついでにたくさん採取しました。ねぎ焼きのように焼いてみると、かなりの力強い味。

今年のタケノコは裏年なのであまり収獲は見込めません 咋年は豊作でしたがね・・・・まだ朝夕は寒いくらいなのでタケノコもあまり出てません

4月も中旬に入り、天芯農場のトマトも本格的な収穫期に入りました。また、バジルもすくすく成長し、先日初収穫をしました

写真は乾燥が終わった直後の乾燥機内の様子。昨日乾燥したしいたけはたっぷり雨水を含んだもの。そのようなしいたけを雨子と読んでいますが、とにかく厄介なものなのです。

畑につくと・・・な、なんと、じゃがいもが何者かによって齧られていました! それでもしっかり芽が出てますね〜間引きをして土をかぶせます。 頑張れ〜!

今回は里芋、しょうがの植え付けといんげんの種まきをしました。14日(土)午前の儀徳農園は小雨模様での開始でしたが作業が終わる頃には雨も上がってよかったです!

昨年末から天候不良による日照不足が原因か?!遅れていると言いつつ、マンゴーの蕾が出ず花が無い。花が出なけりゃ実も出ない。と言うマンゴー園が何処もかしこも。

ピーマンのハウスはA棟とB棟二つあって交互に作業しています。A棟は2メートル級のジャングルですがB棟は あっという間に身長並ばれていました

本格的にジャガイモの収穫をスタートしました。琉球大学の英語のクラスの先生と有志が、沖縄から沖永良部島まで来て、ジャガイモ収穫を手伝ってくれました。

気温が20℃からあったようです!苗を、育成していましたのでそろそろ植え時かなと思い定植しました。今日は、ブロッコリーの苗3トレーを畑にを定植しました。

この日は、朝から注文分の野菜の発送準備を済ませ、田植え作業をしました。午前中で、2枚の田んぼを終わらせ、午後から3枚目の田んぼへ・・・。

すっかりトウだちしてしまった部分のほうれん草はヤギが美味しく頂いています。何回にも分けて播種したので、食べごろの所もあるんですけどね。

最近20℃を超える日が続き、採れる椎茸が増えてきました。今日は昨日収穫して保冷庫に入れておいた分とあわせて乾燥しています。毎日これくらいあるといいんですけど・・・

このような蕾(蕾の前の段階)が団子状になっているのもあります。この蕾は葉っぱを伴っていません。(直花と言う)花は咲きますが、殆どは落ちて実になるのは僅かです。

さてお茶の前のメインイベント、サラタマの収穫は超極早生の収穫をほぼ完了しました。これからサラタマでも中間の品種の収穫時期に入ります。

ゆっくりですが、日に日に果実が大きくなっていくのがわかりますヨ。中にはこの段階ですでにもう"個性的"な形になっているモノもあります。

最近、たまねぎを収穫していました。2月末〜3月 極早生(ごくわせ)4月 早生(わせ)5月 中生(ちゅうせい)6月 晩生(ばんせい)と、いろんな品種があります。

山鹿市鹿北町にある岳間製茶さんの依頼で被せ茶を使用したアイスの試作を行いました。店内にはお茶のほかに地域の農産物やレストランも整備されています。

一つのタネイモから生き生きした芽がいっぱい。見た目元気そうでそのまま伸ばしだい気になりますが、そのまま放置しておくと小さなジャガイモばかりに。

欠株補充用のパパイヤの苗です。秋植えしたパパイヤは、相当な数をイノシシや長雨にやられ、残ったのが100本程度。何本かはまたイノシシにやられてしまいました。

念願の、ね、念願の田植えスタートです。曲がらないようにマイカー線で目印をつけて今日はアタリを確かめました。本日で田んぼ開墾からちょうど半年だった!ミラクルだ。

早いもので、8月収穫の「七夕コシヒカリ」の田植えが終りました。 午前中だけであっという間に終ったので田植えの画像を撮り損ねてしまいました

竹をアーチのように、刺したら網をかけました♪♪そうです♪あの竹は、網をはるための、支柱です(*^o^*)これを、お店で買うと、一本、100円はします

先日、やっっっとショウガを植える為の準備をしました!段ボールに入ったショウガをサンテナに移し替えるってだけなんですが・・・これけっこう難しいんです!

この茂木と云う品種、茂木は美味しいが栽培期間が長く、収穫のタイミングが難しいということで、今ではみんな長崎早生と云う品種に変わってしまっているのです。

メークインの種芋を植え付けて10日あまり・・・やっと芽が出て来ました 芽が下向きになる様に植え付けてたんで、少々時間がかかりましたが、出て来て一安心です

芝刈り機とか草刈り機とかチェーンソーとかあります。しかもバッテリーが共通なのでミニ耕うん機以外のものを買えばバッテリーが二つに!

そうか病の防除。デラン1000倍、尿素、Mg,各1000倍、液糖700倍、ニューバイオスプリング10000倍。今日の園地は11月に入り出荷する早生。

今年も田んぼを起こす前に堆肥の散布が待っていた。約二時間ほどで150aの田んぼを散布終了!このほかに我が家の堆肥は焼酎カスの発酵中の堆肥が熟成中!

ハウス内をだいぶ耕せたのでいよいよ緑肥の播種です。 使うのはこれ、ライ太郎。以前城間の畑にも使った超極早生の緑肥です。これをハウス内に均等に撒いていきます。

先月の後半に種撒きした、ほうれん草が少しずつ大きくなってきています。野口種苗から取り寄せた在来品種のほうれん草です。三粒づつ種撒きしました。

極早生玉ねぎがそろそろ収穫できそうです!(桜も満開!)極早生は苗が上手く育たなかったので、ほんの少ししか作っておりません。お客さん、早い者勝ちですよっ!

我が家のマンゴーはというと、一時期はほぼ全滅か!?と見えたものの、様子を観察していたらまあなんとか及第点にはのってくるのではという状態になってきました。

午後からは久しぶりにカラッと晴れたが南風のためハウス内は最高でも30℃。 30c/s刈ったが15時半過ぎには終了。マルチ返しの後苗床4の草取りをしてもらう。

そうか病の防除を行いました。マスク&合羽の完全防御で農薬散布を行います。暖かくなるにつれ、虫や菌が活発になってくると防除の回数も徐々に増えていきます。

腹接ぎしたリンゴですが丸一年かかってようやく動き始めました。フジにはパインアップルという品種を、津軽には秋映を継ぎました。うまくいってるのは枝も伸びてますが

剪定のスタートです。このみかんは今年はあまり強く剪定はしなくていいのでサクサク進んでいきます。でも、やはり支柱の紐がとれているので 結んでいきます。

昨年の台風でアボカドがやられてしまいました。アボカドはもういいか、と諦めていたのですが、色々考えた末、これが最後の挑戦と決めて買いました。

やっと時間を見つけてイチゴの定植を済ませました。遅いじゃないか?と思われるでしょうが、こいつは夏に収穫可能な品種なんです。

へんなイチゴが増えます!!笑手入れ行き届かなくなるとね花が葉っぱのかげに隠れてしまってハチさんによる受粉がうまくいかず…へんなのが増えちゃうワケです

ますます気温が高くなってきますのでそれに比例して白菜もどんどん大きくなります。この前の爆弾低気圧でかなりいじめられましたので、昨日液体肥料を葉面散布しました。

今朝は、さといも(赤)を植え付け終了。白10列(50m/列)、赤12列(37m/列)で終えました。うまくできたら秋は大忙しです

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

トウモロコシの種蒔きをしました  明日は雨の予報なので、種蒔きにはジャストタイミングっす  去年は苗を育てて畑に移植したんですけど、強風に煽られて傾く始末

ヘイオーツはえん麦の一種なんやけど、いろんな機能を持つマルチプレイヤーなんや。線虫や様々な病気を抑止し、もちろん緑肥として粗大有機物の供給にもなる。

今日はしっとり雨なので、トンネルを全開にしています。このところ曇りや雨が多いので、苗土の水分は乾き気味にしています。

出荷の日の恵みさんたちをご覧ください。  まずは「たけのこ」。本格的にはじまりました。代表的な春の恵み。ちょっと手間がかかるけどおいしいです!

今日はとても爽やかな畑仕事日和でした。予定していた圃場A(幅1.5メートル、長さ10メートルの畝が6つ)の耕運も済んでほっと一息ついています。

今回の農作業は草引き、トマト、ナス苗の植え付け、鳴門金時サツマイモの苗植えです。ついで先週畝を作りトマトやナスを植えた畝にとりかかる。

去年、師匠のA氏より藁は乾燥や雑草から木を守ってくれるしその下には多くの微生物が発生し土を活性化してくれる万能選手と教えてもらいました

美味しく、安全なお米つくりの為に温湯消毒に行ってきました。消毒と言っても薬剤を使用するわけでは有りません。60度のお湯で殺菌するのです。

朝から茶畑の見回りをしてきました。 まず「宙」の採れる小倉山の畑、今日は草取りをしながらかや肥えを広げて敷き詰める作業をしてもらっています。

今年2回目の草刈です。前回はヘアリーベッチ中心の刈り取りでしたが、今回はライ麦主体の刈り取りです。カリ取り高は前回と同様に6cm程度のちょっと高刈り。

昨年の不作を一気に挽回するような、大大大豊作! Myタケノコ・スポットはあっちもこっちも、どこもかしこも、いたるところ…、とんでもないことになってます。

やる気に満ち溢れているのだけれど、頻繁に雨が降るせいで、この時期にやらなければならない「生姜を植える作業」が、どうにも思うように進まない。

1番茶の手摘みが沢渡地区で始まりました(*^▽^*)僕の茶畑はまだ芽が伸びてないこともあるし最近雨が続いたせいでゼンマイが成長しすぎて大変なことになってます

サザンハイブッシュ系のミスティーの様子をレポートします。受粉もほぼ終わり少しづつ果実が肥大し始めています。収穫は昨年と同じ時期の6月第1週ぐらいになりそうです。

まだ、風は強いですが晴れて良い天気になりました  この春真っ盛りの天気では、れんこんの成長も盛んです。あっという間にビニールにつくぐらいに伸びています。

杭は、ハウスで使っていた鉄のパイプを再利用しているので、太い杭と、細い杭が混ざってしまいますが、オリーブの苗が植わると気にならなくなってしまいます。

4月分の田植え。約4町歩。すべてコシヒカリ。収穫はお盆頃かな。4月14日と15日の午前中に終了。PZ73のデビューです。37株で植えたため。苗が余る。

雨の日は当然、作業ができるわけがありません!なので、そんな日は倉庫での作業になります。今は、残りの清見タンゴールの処理です。

冬の間、産卵を休んでいた鶏も一斉に生み出しました。同じようにエサをヤっても玉子の数が増えるのだから喜ぶべきですが、あんまり嬉しくないです・・・。

少し目が伸びた位が一番効果があります。今回の防除は、ICボルドーという薬剤の散布です。ボルドーは殺菌剤で、散布するとボルドーの銅イオンが効果を発揮します。

畑も春仕様になり、元気いっぱいです。下の写真) 今出荷中です、ー大根  12月植えの農園自慢の春大根です「春らんまん」ですほうれん草 旬は短いですね〜

今日は来シーズンはとても収穫ができない今年の春に植えた紅まどんなの園地で整地の作業です。先日運んできた土を根元のまわりにばらまきます。

インカのヒトミを掘ってたよ。まだ小さいですがジャガコいました!!収穫はまだまだ先ですが美味しく頂きました!!感触は栗のような、少しねばっとしてるような。

植えつけ直後は腫れものを触るように慎重に水管理をしたいのに思い通りにはいかないものです。特に疎埴で植えているので 田んぼ全体としては見る影もなし

今日は一宮白桃と川中島白桃の受粉作業をしました 棒の先の毛ばたきに、花粉をつけて、桃の花にチョンチョンと花粉をつける作業です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

予報は暴風雨 作業の中止の隣り回しの連絡は無い 作業は予定どおりに・・・重装備で出掛けた 班編成 猪柵補強などの班。先ずは 猪が破った柵の補修と補強。

人数いれば風があってもビニール張る方法はありますが、1人で張る最も重要な事は無風の時に張る。いつ風が止むか、ビニール張りの時期になったら観察します。

可能な物は胚軸を切断して鉢上げしている。やってみた感想は、本葉が2枚出て、3枚目がでかけるくらいのタイミングで行うのが良いかと思う。

里芋の植え付けを行いました。去年初めてうまく収穫できたので、2匹目のドジョウ狙いで今年は2種類。『白芽大和』と『赤芽大吉』です。

農作業疲れが出始めました。体を休めながらも、色彩選別機に働いてもらって、お米を選別します。本日選別した良品のお米を真空包装をし、検品棚に並べました。

夏大根の種が発芽しました。気がつかないうちに、こぼれ種から成長していたルッコラの花が咲きました。とても生命力溢れた株なので、種とりをしようと思います。

今日の周防大島での作業は大根の間引き&収穫です〜今、大根が高いっ☆1本300円くらいで売られているところもあります!も、儲け時です

また今年も来ました・・・・ミツバチの巣箱 ブルーベリーにミツバチ ブルーベリーの受粉を確実にするために、毎年業者さんから巣箱をレンタルしています。

「ルバーブ」という野菜です。茎を砂糖と一緒に煮込み、ジャムにしたりします。そのルバーブが大輪の(笑)花を咲かせました。

二人で陽気に明るくマルチ張りしました。「マルチ」とは、土の植えにかぶせるビニール資材のことで、地温の確保、雑草の抑制などを目的として張るものです。

稲の種まきでした。種まき機を使って地域の皆で種をまきます。苗箱にヤシ殻などで作った育苗マットを入れて、種まき機にセットします。子供たちも手伝ってくれました。

19日からは実習もスタートしました。最初の実習はシイタケの植菌作業です。2年生が伐採・玉切りした原木にシイタケ菌(オガ菌)を植菌していきます。

マンゴーは花粉が少なく、受粉成功率がとても低い果実です。未授精果(無核)がミニマンゴーになったりもします。ミツバチちゃんに頑張ってもらうしかありません!!

手前はブロッコリー(品種ハイツ)後方はキャベツ(初秋)です200穴のプラグトレーに一粒づつ蒔き(ハウス内で)本葉2枚の時6cmのポリポットの鉢に植えました

最近は桃の芽間引き作業をしていました。不慣れな仕事も、時間と共に段々と慣れてきています。桃の作業も一段落して、次は柿の芽間引き作業に入ろうとしています。

写真は、あぜぬり作業と温湯消毒をしているところです。あぜぬりは、少し晴天が続き土の水分量が良くなったので始めました。見違えるぼど、綺麗になります。

トマトの苗は、55属未砲發覆蟆峅蠅付いています。※ 委凋病や青枯れ病などを防ぐ菌がニラの根にあり、一緒に植えることにより効果があると言われています。

今日は畑の堆肥撒きと苗代を作りをしました〜昨日代かきした苗代に朝一で周りに溝を掘って ある程度均してもう一度水入れをして、畑の堆肥撒きに、、、

この1〜2週間で、「風のえんがわ農園」のライ麦・大麦がグングン伸びて、穂も出てきました。今や、かくれんぼができるぐらい成長しています!!

瀬戸ジャイアンツのフルージングが始まりました。  フルージングとは気候が暖かくなって、発芽の直前に木全体に水がまり、樹液が滴り落ちることです。 

重要な作業として「摘果」がありますが、これは実の数を制限する作業です。怠ると全体的に小さい実ばかりがついてしまい、収穫からパック詰めまで大変手間がかかります。

今日も3人で7時からイチゴを収穫し、パック詰め終了は10時すぎ。風ぐるま市場は休みなので、昼休みの時間に近所回りを販売して回り、昼ごはんは1時前から。

本日はジャガイモ植え。今年は初めて「さやあかね」という品種を植えます。美味しく病気にも強く無農薬栽培向いているとか。早くも収穫が楽しみです。

里芋を植えてみた。幅30cm、深さ20cmぐらいの穴を掘りそこにちょこんと種芋を置き、全部埋めてしまうのではなく、最初は1/3ぐらい?埋めるのだとか。

4月に入ると、いきなりエンジン全開、春モードで農作業が目白押しです。米作り農家の少しゆっくりできる時間は、1月2月だけ。(うちだけかもしれませんが…)

農業用水の放水が始まりました!田んぼに利用する水です。用水路の草刈りや掃除をしながら上から下に水を流していきます。落ち葉や土を取り除きながら水を流していきます。

なんだか大げさなネーミングだな〜などと思っていたのですが、まさかここまでリアルなネーミングだったとはっ><(爆弾低気圧により破れた1番西側の天井ビニル)

今年も春がやってきました去年まで実をならせなかったんですが今年は実を付けさそうと思います

午前:9時頃からセット荷造り。11時頃に一部を仕上げて薫が市街配達と宅配便センター、スーパー直売コーナー出荷。僕は追加の収穫に行って、残りのセットの荷作り。

雨上がりの晴れた日は分蜂の確率が高まります。園主の「今日は分蜂する!」という言葉を信じて朝から楽しみにしていました。

お知り合いの種苗屋さんからキャベツとブロッコリーの苗は要らないかといわれ、格安で購入。すでに定植適期は過ぎかけな気もするんですが、非常に立派な苗。

ホップはビール造りには欠かせません 苦味と香りを与えてにごりを抑える働きをします「吉備土手下麦酒」さんのご依頼でホップの生産に入りました。

急遽、、トマトの定植場所を変更しました。上記写真がトマトの新しい定植場所です。全長、27.7m。緩やかな傾斜地です。

始まりました。タマネギ収穫が始まりました。これから6月ぐらいまで玉ネギ収穫の日々です。去年初めて体験して腰痛やらヘキ痛やらでヘロヘロでしたね

せっせとブドウの雨避けビニール張りをしていたんですが、ようやく終了しました。今年は嫁さんに手伝ってもらったので随分楽に作業を終えることができました。

集落のNさんが今年も一番にシロをかかれました。また田植えの時期がやって来ました。昨日は田んぼの周りの草刈りを丸一日してみえました。

第一印象は緑色が薄い苗です。双葉も黄色いのもちらほらある 今回の苗は少し期待外れです。葉色が回復すれば気にならないけど、明日の日照に期待します。

インゲンはようやくネットに達し、絡まりながら伸びていき始めました。インゲンはここから何もしないので、一安心です。

ようやくブドウ園の簡易被覆ビニール張りが完了しました。ビニール張る前に撮影。マイカー線がたなびいてますね。まだまだ成園は小さいのであっという間に終了。

パイプハウスにスイートコーンを植えてもさして儲かりませんが、売り先はあるので、新人スタッフの研修も兼ねて、管理をしてもらおうかなと考えてます。

今日は朝から雨でしたが、昼前に上がりました。文旦の剪定をしました。他のかんきつもそうなんですが、今年は思いきって剪定してしまい、来年の成り具合がちょっと心配

ブドウの防除作業をしました、少し風がありましたが陽が落ちてくると風も落ちてきました農薬はベンレートT、石灰硫黄合剤です、殺虫、殺菌効果が抜群です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

梨が開花しました。これは愛宕梨です。一昨年に6本植えた果樹の中では最も丈が高いです。届いた時からとてもつやがあっていかにも状態が良さそうでした。

上に覆っていたワラを取り除くとライ麦の芽を確認した。種をおろしてから9日目(もっと早いかも知れない)だった。この勢いの良さだと成長はかなり速いような気がする。

ハウス内では大量のバナナの苗木がすくすく成長しています。子苗たちが棚に並ぶ順番を待っている状態です。今年は育苗スペースを増やし売り切れの状態を回避します。

予報通り、絶好の日和であった。朝飯の後すぐに、第5圃場の大田へ向かった。農機出入り口付近が低くなっていたので、土を盛り入れた。

午前中のみしか農作業ができない一日と考えていたため、何の作業をしようか?と考え、今日はポット植えブルーベリーに液肥の葉面散布&施肥。

ジャガイモとサニーレタスの植え付け作業です。種イモの切り口に付ける消毒用の草木灰が手に入らなかったので炭ともみ殻クンタンを代用しました。

茶苗を植えました。3というのは今年3か所目の畑だからです。3つ目の写真は茶の苗が小さい感じがするかもしれませんが実際に小さい苗を植えています。

トンネルのビニールが、全部飛んで、堤防にもビニールが張り付いてます もう、誰のものかもわかりません 一昨日までは、一面真っ白の畑だったのに。

注文していた夏野菜の苗が思っていたより早く届きました。迷いましたが、天気予報では明日から暖かくなるようなので、一足早く植え付けることにしました。

苗屋さんに行ったらもう夏野菜の苗が売っていました。店員さんにご指導を受けきゅうりの苗を三種類買いました。透明マルチシートをビニールハウスみたいにかけました。

アスパラガスは2年目です。この2年目に取らずに我慢すると、来年以降4,5年たくさん収穫できるらしいです。今この元気なアスパラガスの収穫を我慢するのも農業です。

農園はお休みですが、スタッフが揃いました。スタッフのための畑研修です。今日は畝作り。久しぶりに鍬(くわ)を持ちましたよ。わたしも下手なりに上達しました。

今日収穫を行っていたら農協より連絡が入り…麦の圃場が大変な事になっているとの事(TωT)何が起きているかと言うと…麦に水が入れられている…(゚Д゚)

ついこないだ葉かきしたばっかやのに・・・。やっぱり苗が疲れてるのかなぁ。なので今日は朝から夕方まで葉かきと摘花。同時進行でアデリンを潅注しましょう。

昨日のミニトマトに続いて今日はメロンの様子をご紹介したいと思います こないだの下葉切りから大きく成長しました!腰のあたりまであります 立派です 

今年のじゃがいもオーナーさんの第1回目の作業を行いました。第1回は種芋の定植。たくさんの方に来て頂けましたので、畑はとってもにぎやかに!

農薬は有機栽培でも使えるものとして指定されているのですが強アルカリなので、目に入ったり皮膚に触れないように気を付けながら作業しないといけないので大変です

エンドウは大きくなったね せっかくネットが張ってあるんだから、もっと上に伸びてくれたらいいのに  さてこの双葉は何でしょう?

一昨年「百姓塾」で作った椎茸の原木を保管させてもらっています。塾長から「椎茸出来てるぞー」と連絡をもらい収穫に来ました。

里芋は親の上に子供が出来るので土寄せをしないといけない。耕す事になるのは避けたいので、穴を掘って芋の切り口を下にして少し土に埋めた。

我が家の経営の柱梅は今年不作が判明したので急きょ野菜栽培の品目を増やしました。早速インゲン、ニンジン、枝豆などを植え付けと播種

またまた、10数年間、眠っていた土地に突撃!やんちゃくれが相棒となるけど『真心』込めて使わせて貰うさかい、よろしゅう頼むわ〜!

友人に「種芋が余ったから、いらない?」と分けてもらったのでじゃがいも(メークイン)の植え付け準備をしました。袋は3kg入りだけど、分けてもらったのは約半分。

今日のお仕事は柿の剪定をしました。芽もだいぶ大きくなったこの時期に剪定は初めてです。この時期は果樹が芽吹きます。木は花の開花にたくさんの養分を消費します。

鳥インフルエンザ防止の為に自粛していた鴨の放飼ですが4月に入ったので事実上解禁になりました。そこで昨年末から温めていた農法である鳥耕をいよいよ始めます。

乾しいたけにする場合、日和子といって、晴れた日の乾いた椎茸を収穫することが基本です。乾燥したときの品質と歩留まりがよく、燃料も少なくて済むからです。

イカれた散髪屋から預かった蜜蜂の巣箱を設置した。延命寺さんからいただいた、金柑か蜜柑かわからない柑橘類の苗も定植しました。

雨の中、どんどん勢いよく新芽が出てきました☆ホントに次々と新芽が飛び出してきます!昨年ようやく株が安定して、今年はさらに勢いづきそうなラズベリー♪

今週トマトの苗が到着し、ハウスへ植える前の状態です。ビニールハウスの方は、土をならしているので苗を植える状態でいます。今年は300本の注文です。

今日は2本吊りの最後を作業中に、気付きました。今頃、 1段目から2段目へ、花が遅いのは気温のせいとばかり思い込んでいました。

ここは、昨年の秋から冬にかけて、露地で小松菜を作っていたところです。だけど、アブラムシの発生がものすごくて、収穫はせずに、全部引っこ抜いて処分したのでした。

さつまいもを収穫してから、何にもしてないから。 さつまいものツルがたくさんあるので、燃やしてしまおうと思ってたけど、まだ乾いてなかったので燃えず。

一号畑で夏野菜を植える準備をしました。左から小松菜、菜花、チンゲン菜ですが・・・花だけではまったく見分けはつかず、ただの黄色いお花畑です^^; 

元気になってきたけど赤い実が少ないのはこの白い粉にやられたからです。うどんこ病やね。うちは無農薬でやっているのと硫黄もたかないからうどんこ対策がない状態です。

マルチを貼ったピーマン畑。分解マルチにするか、銀マルチにするか直前まで悩みましたが、分解マルチに結局しました。ここに明日来る苗を定植していきます。

ボカシ肥料を仕込みます。なたね油粕に米糠を入れ水分調整を行って放置します。さっそく温度が上がってきてます。この温度をキープしつつ発酵させたいと思います。

野菜の収穫時って微妙に難しいですよねー。何回何を作っても悩みっぱなし。ワインの熟成、飲み頃と同じ感じ?どんどん上がって行って「どこか」で下がり出す。

昨日から夏野菜の植え付け開始です。とりあえず、トマト、ズッキーニです。あと秋の定番野菜里芋と今年初挑戦のきくいもです。

真黒ナスという品種。今まだ5センチほど。定植まで3〜4週間あるのでまーまー順調といったところでしょうか。↓ はキュウリ。種まきをして10日ほど。

雨の予報でしたので、たっぷりと堆肥マルチをして、かぶ、小松菜、水菜、わさび菜を植えました♪耕しても、耕さなくても、大事なことの一つ、土を裸にしない事。

2112年の海老芋栽培が始まりました まずはポットへの植え付けです。このポットの中で定植までの約1ヶ月間育苗します。

土曜日に急ぎで3畝ほど作りましたが、正直今日まで待てばよかったと思いました。土の乾き具合、耕うん後の土の塊のサイズともに今日のほうが段違いで良かったです。

「茶苗の植林体験」を行いました。前日の雨、に引き続き、当日も昼から雨が降ってきてしまいました。そんな中でも、みなさん一生懸命、植林してくださいました

主人がミニ耕耘機を初始動させました  小さいながらも 主人が好きに使える畑を忠徳じぃじから譲ってもらったのです ご近所さんも見守る中 畑を掘り起こしています

苗を作るには、まず、発芽させる必要があります。種籾です。(温湯消毒後に乾燥させたものです)栄養を含んだ土(培養土)です。土を苗箱に入れるものです。

今日はレンタルハウスの種蒔きをしました この種蒔きで園芸年度(秋からの夏)の作は最終です この種で育ったエメラルドメロンの収穫は8月10日頃です

最近雨が多く 晴れが続かないので イチゴハウスを中々耕せませんでした。しかし 今日は前回の雨から4日目で 思ったが吉日で 耕運を決行しました。

開墾中の6連畑には、草刈り後の枯れた雑草が無数に転がっている。これらをどうするかと言えば、昔から枯れた雑草と言えば「焚き火」と相場が決まっている。

トウモロコシの種を植えて1週間経ってどうなったか見に行った。発芽率80%らしいが、今のところ0%である。雨で種がむき出しになっているところもあった。

ナスやトマトやピーマンはナス科なので、子葉のときは見わけがつかないです。かぼちゃとズッキーニも似てますね。今、育苗中の苗立ちです。

苗の引き取り日です JAへ10時頃 もらいに行って タワー二本を2台の軽トラで 結構、背が高くふらふらするし 尻からトラックがあおってくるし 走行は気を使います

土曜日に「名古屋リビング新聞社」さんの畑取材がありました。 1家族の収穫体験のレポート形式の取材でした。 堆肥を見せて、臭くない意味と堆肥の役割の説明を終え。

今年はハヤトウリを増やそうと,去年我が家で採れた白い実と購入した緑の実を保存していた。3月下旬頃見たとき,芽が出始めていたので,まだ大丈夫かなと見てみると…。

農業教室の苗の様子です。参加者の皆さんが鉢上げした野菜の苗は順調に育っています。急に気温が上がって水やりなど管理に気を使いますが、毎日の成長が楽しみです。

種まき機で苗箱に蒔いている風景、コンベヤで流れる苗箱を見ていると工場の流れ作業はこんな感じなのかなあと思います。

今日は朝から収穫&発送。ありがたいことに、しいたけセットのご注文もたくさんいただきました。やはり原木の味わいは根強い人気です。どんどん発送します。

タマネギの苗もとても大きくなりました。カラスが抜いてしまった苗はやっぱり枯れてしまいました。早生の葉付きたまねぎは5月頃からお届けできます。

第8果房が開花し始めるころ、長頭部を管理しやすいように、先端を横に誘引します。無理すると、ポキッといってしまいます。定植直後の苗も誘引。

昨年、炭そ病が大流行していたので今年は防除をしっかり管理。手散布で、しっかりホーマイコート50倍78歳の父に助けられ、50歳満男も頑張りましたお疲れ様!です。

キャベツの追肥&土寄せしてレタスの収穫☆(このレタス無農薬です)最近は天気が悪くて困っちゃう。なかなか、畑のロータリができなくて次のステップに進めない(笑)

キウイの居接ぎです。同じような形です。台木も同じ。接いである品種も同じです。台木1本に2品種接いであります。

春の嵐の後の天白農園の状況です。A区画のマルチは無事、B区画のマルチはご覧の通りです。A区画でジャガイモを植え付けた野良サポーター被覆のマルチは完璧です。

「タキイ種苗」さんの『えびす』です 「つるなし」タイプは「つるあり」タイプより収量が劣るような気がしたので今年は「つるあり」タイプの『えびす』で勝負

春の恵みの雨…の言葉どおり、きのうの雨がジャガイモの芽だしを手伝ってくれたようです。今朝、小さな芽がポコポコと飛び出してました こちらは早生の玉ねぎ。

朝からカボチャの定植してました(^^)v一本一本手作業で地道に。実家へ嫁を預けた後はレタス&ブロッコリー畑へ行きました。曇りだったので被覆資材を剥ぎ取ってきました。

今週末は毎月お世話になってます『三重オーガニックマーケット』です。“ふぁんきー七栗ヘイク”も非常に野菜が寂しいですが出品致します!!

エダマメの種を蒔きます。去年の栽培で、手応えがよかったので今年は、はりきって増産する予定です。種はこんな感じ。青いのは殺菌剤の色です。

昨年の稲刈り終了後に耕起しておいた圃場に荒代を掻いています。田植えまでに残った稲株やわらをしっかりと腐食させなければいけません。

甘夏みかんの収穫も開始しました。母も元気に収穫してくれています。今年は春先が寒くて品質がどうかと心配しましたが、例年通りのおいしさでした。

おっさんが育てている玉ねぎさんは早生品種です!!七宝早生7号という比較的希少な品種です!!この品種の特徴は水にさらさなくてもおいしいオニオンスライスができる!!

下手したらハウスごと吹っ飛んでエライことになる可能性も   何とか無事に?ビニールだけ破れて、枠組みは曲がってへんかったようで不幸中の幸いでした

今朝も1時間くらい、草取りしました。取ったのは、写真に写ってない手前の部分。手前のほうはまばらにしか生えてませんでしたから、1本ずつ手で引っこ抜いて。

だんだんと暖かくなって…みかんの新芽も大きく(少しですが(^^;)なってます。今日の仕事は…剪定でした。午前中は極早生みかんの剪定。午後からは清見オレンジの剪定です。

昨年のバターナッツさまの育苗はトンネルのビニールが薄すぎて霜降りてカッチンカッチンに凍って失敗(+o+)幸い 発芽前に凍ったから種は生きててセーフ!

山の芋の掘り上げ、100%OK 里芋は20%にダウン、なかなか難しい。これから、種芋として10分間の消毒。50gずつ小分けして移植の予定 丹波篠山の特産を・・・

今日はサトイモの植え付けをしました。耕起をする事で、微生物層の破壊や小動物(カエル・ミミズ等)の巻き込み等が生じます。

今日も引き続きプレートを借りているんで、ハウス内の整地の続きを。シートを敷いてプレートを掻けるとスムーズにいきました。8割がたやったんですが、ここで問題が。

リーフレタスも大きくなってきています レタスはキク科の野菜で、タンポポとかと同じ科に属します 病害虫の温床になりますので、積極的にとっていきましょう

幻の御米・究極のエコ米・イクヒカリの苗だし今年も元氣にかわいい芽を出してくれてほっとしました。催芽、発芽といいますが、まずは地中で根を伸ばし芽が出ます。

3/9播種のコスレタスを定植した。ハンドプランター使用。コスレタスは、立性の為、株間は20cmらしいが、ちょっと大株を作ってみたいので25cmくらいにしてみた。

籾殻を満載して田んぼに運びラッパを伏せたようなかっこうの煙突の中で焚付けの藁を燃やし、いいぐらいに熱を持ったところに軽トラの籾殻をかけて山にします。

4/6にヒナを入荷しました。ここ2年は4月下旬にしていたのですが、昨年の雛の成績が悪かったこともあり、少し早い目にしました。

わが家の苗は45日苗ですから、あと20日間は育苗を続けます。20日苗は温度をかけて生長を促してヒョロヒョロとした「もやし苗」でとても柔らかいです。

来週末、米の種まき一回目があります!それに向けての作業『温湯消毒』63度のお湯に7分間つけこむことで殺菌します。一回でも農薬を使うことを減らす作業なんです!

トマト  予定数の半分から→全て確保。ナス   予定数の30%から→90%は確保。ピーマン まだ予定数の20%位しか発芽してない。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

畑を山の環境に近づけるために、有機物を畑に投入します。そして、山の木々が葉を落とし、堆積した葉を菌や微生物が分解してくれる状態に近づけていきます。

今度はイチゴの仕事です。息子のイチゴハウス、時々手伝っています。去年ハウスを建て、初めてのイチゴ栽培に挑戦しています。

枝豆の定植が始まりました。霜の影響で遅れましたがなんとかスタートです。移植機を使い苗を一本一本マルチの上にさしていきます。

今年のタネ芋は、ベニアズマを主体に、 安納芋、べにはるか、紫のバープルスイートロード、 予備として少しだけベニオトメ。  日暮れぎりぎりにトンネル完成。

「赤いの全然ないぢゃん!いつになったら赤いトマトあるの!!!」って言われてしまい心が痛みます。定休日で天気がよければ今日の写真のように一気に赤くなります!

注目してあった本年度(来年)用のイチゴの苗が業者さんより送られてきました品種は【章姫】今栽培している【紅ほっぺ】をやめて前に栽培していた品種に戻します

トマトハウスにオンシツコナジラミが発生した。というか冬の間は暖房費を節約していたので発生も少なかったのだが、啓蟄も春分も過ぎてどっと増えた。

ハウスで育苗しているナス『くろわし』がやっと発芽しましたね。なかなか発芽しないので心配です。昨年までは結構順調に発芽していたのですが、寒いからでしょうか。

今朝、当店の前の茶園の様子をデジカメで撮影をしてきました。先週も同じところで撮ったのですが、少しではありますが新芽は大きくなっています。

昨年十一月に、播いたそら豆が花盛りです。5月半ばに、収穫の予定です。今から、温かくなってくるとアブラムシが出てきます。

今年の米作りがスタートしました。去年よりも2週間ほど早めて種籾を水に浸し、発芽を促進しています。今年は「冷めてもおいしい」と言われる低アミロース米に挑戦!

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

移虫(いちゅう)というのは、女王蜂をつくるための作業です。王台という巣房に産みつけられた虫は女王蜂になります。

昼過ぎから風が強くなり夕方5時ころとんでもない風が吹き荒れた。トマトの苗床ハウスが心配で、何度も見に行きましたが、お陰さまでなんとか風に耐えることができました。

種の浸水などの準備をして種蒔きをしました。天気が荒れるとの事で迷ったのですが今日にしました。まずは夏野菜のナス、トマト、ピーマンなどとレタス類も播きました。

モミ殻をフレコンに入れましたよ。せっせとwww10本でタイムアップ 明日は30本入れないと...プラスコップ大活躍!でも、チクチクとくしゃみが大変なのだ

昨日から作業はしていたのですが、近所の有機農家仲間でお米の種まきをしました。今年はコシヒカリとイセヒカリを栽培します〜発芽率チェックがてら人参除草。

これは去年の夏に張った透明マルチです  秋蒔きの時のようにうまくいくかはわかりませんが、マルチの下は太陽熱除草された状態で、これをはがしてニンジンを蒔きます

何週間もほしっぱなしのマルチ、これまた今年は強風の日が何度かあり、ひどい有様です・・・。片付けるぞ!まずは、たぐなってまたぬれてしまったマルチを広げて干す。

トウモロコシの植付を強行(?)しました。 透明マルチを使い 2条千鳥(P30、W45)で穴を開け 棒で深さ10cmの植え穴を掘り セル苗を落とし込みました。

須賀前の畑、438平方メートルのうち400平方メートルをうちで作付けし、ヤーコンが110屐▲哀薀献ラス40屐∋弔蠅野菜で250屬箸い辰燭箸海蹐任后

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ミニパイプハウスのビニールが飛びそうになったり、色々な物が飛んだ1日でした。そんな中、インターンに来てくれている女性陣に夏野菜の杭作りをしてもらいました。

グリーンマルチ・防草シートのおかげで!この辺の農家さんより1時間ほど早く換気作業をせなあきません。開けるのも早いが閉めるのも早いですが・・・。

今まで一度も自分で栽培したジャガイモ、サツマイモを食べたことが無い小生ですが、電気柵の効果に期待して男爵(左側)とキタアカリ(右側)を定植してみました(笑)

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

種まきが始まりました。種をこのように鳩胸のような状態にして撒きます。芽が長いと機械で播種するときに芽を傷めるので鳩胸状態にします。30℃前後の温湯で発芽させます。

強風が吹き荒れ、気温も20°c以上になりました。のびのびになっていた胡瓜の定植作業を行いました。ハウスの中では半袖でちょうど良い気温で、約半分を終了しました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

晴れ間はビニールハウスを空け、曇ってくるとビニールハウスを閉めなければ、適温を維持できない。毎度の事ながら、開けたり閉めたりしなければならない。

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

種をまきました。前日に、種籾をつけている水の温度を23〜25度くらいにして、はと胸状態にしておきました。泡があがってきて、発芽するときの、いい香り。

ミキサー付きの肥料散布機で、ひじょーーーに重宝してます。1枚の田んぼに2種類以上の肥料をまくので、これがあると、一度に出来るんです

今日は田んぼ作業の合間にジャガイモ植えです。等間隔になるよう測って種いもを置いていきます。切り口が下になるように。その上に土をかぶせて畝を作ります。

今年のすじまき(播種)は、先週21日に終了しました。とはいえ最後の苗出しがまだ残っていますし、今後育苗管理も行なっていきます。

育苗を同時に田植えに向けた準備も着々と進んでいます 田んぼの畦塗り 家は畦塗り機が無い為2〜3年に一度、近所の先輩農家さんから田んぼの畦を塗って貰ってます

今日は予定日より前倒しで農協に苗を出荷することになり、大量の苗をせっせとコンテナに詰め、農協・自宅間をトラックで8往復ぐらいして、ようやく出荷が終わりました。

田んぼも肥料を撒いたり、あぜ塗り作業も、田んぼ全部のあぜを塗ろうということで連日、トラクターは休み無しで進みます。

昨日はいい天気で、やっとジャガイモの植え付けをしました。サポーターがあっという間に堆肥散布までして 今日みたいな強風じゃなくて本当に良かったです。

本日も新潟いい天気でございます 今日は、午前中に3回目の播種、そして午後からは耕運部隊・肥料散布部隊の2チームに別れて作業しました。

ちょっとした晴れ間に強い日差しが差し込んでハウス内が40℃近くまでになって、苗が瀕死の状態になったり。今日は気温が高くて風が強いという、ハウス泣かせの天気。

お客様の需要を探る為に、生食できるものを中心に色んなハーブを栽培してみました。その中で、個人的に一番好きなハーブです。(サラダ食材として)

ハウスの巨峰も、ぶどうの房となる花房も可愛く顔をのぞかせます。まだまだ赤ちゃんですが…。時期になると、25cm 位になり開花します。

ネギ予定地での溝掘り作業の一コマ。私は田んぼを畑として使って(転作田)野菜を育てております。田んぼで野菜栽培をする際にネックになるのが「水」です。

4月21日土曜日、コシヒカリの種まきをしました。種は合計120kg、播いた箱数は約1200枚です。我が家分が約1000枚=5ha分 親戚分が約200枚=1ha分です。

今年も手作の肥料作りを始めました 毎回ですが、発酵させながらの作業なので臭いがあります まだまだ最初の段階なので良いのですが、これからが・・・

昨日、育苗シートを剥ごうかなとも思っていたんだけど、今朝は冷え込みそうだとの予報から待ちました。そしたら・・・急激に伸びた!!

乾燥が終了した鉄コーティング種子です。良い仕上がりです。昨年までは毎日マスクで武装し、発熱や酸化ムラを無くすために、霧吹きによる加水や攪拌を行なっていました。

植え物苗もあと メロン スイカ 茄子 ネギ のみその後はエダマメの播種が続くだけで作業も管理中心です と 言いたいところですが イチゴ苗ハウスが出来ていません

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ハウスの中で大根の収穫をして出荷の作業をしていました。立派な大根に育ったね!!店で売っている価格は、300円ですが、私達は、150円で売ります。

数日前に購入した苦土石灰を毎日風が強いため撒くのをためらっていたのですが、今日、、思いきって撒くことにしました。後で苦労するので今年は早めに作業をしています。

放射能汚染されていない桃の苗を新植した場合は、どうなるのでしょうか?と言うわけで・・・、放射性セシウムNDを目指して、苗を新植しました。

タイトルの通り、アスパラを撤去しました。昨日のblogでお伝えしたとおり、ベットの外枠はもう外されているので、今日はアスパラの片付けです。

非常に効率悪いし、精度も落ちるので大人数で流れ作業でシステム化して行います。あさひや農場の土。まだ表土が凍る畑から採取してきました。

さくらんぼ「佐藤錦」の摘蕾作業が始まりました さくらんぼは、一箇所に5〜7つくらい花芽があってさらに1つの花芽に4つくらい花を咲かせます

風評は怖いもので、除染作業が終わったからと言って本当に以前のように観光のお客様が来てくれるのかなど心配事はつきません。

ジャガイモ植えをしました。今年は去年より遅めです。去年は 震災後に、避難していた栃木県から帰ってきて、翌日にはもうジャガイモ植えだった記憶があります。

最近はようやく水が濁るようになってきましたので、毎日水を取り替えています。種もみに温度が加わって芽が動き出すと、水が濁ってくるのです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

冬期の除雪で壊れたビニールハウスの修繕をしているが飽きてきた。周囲が雪では冷蔵庫のように冷たい風で作業もままならぬが、最近はめっきり暖かくなり作業が捗り助かる。

種もみを蒔いた苗箱が入っているのが育苗器(いくびょうき)です。この中に300枚ほどの苗箱が入っています。4月22日は朝から曇り空でなかなか気温が上がりませんでした。

今日は、育苗機(出芽機)を組み立て、種もみの芽出しを開始しました。例のごとく、作業小屋の2階から育苗機セットを降ろします。で、サクッと組み立てます。

この時期にあまり摘蕾したことなかったんですが、桃を二三年前から大量に増やしていってるので、春先の作業は毎年忙しくなってきている五十嵐家。

風があると屋根のビニールがかけられないので、一時中断して風がやむのをまってといった具合で、2棟のハウスのビニールかけが丸一日かかってしまいました。

さて、ぶどう達も春を感じ、動き出しております。切った枝から根から吸い上げた水分が吹き出し、静かにしてるとポツポツと地面に落ちるのが聞こえます。

トマトの定植準備中です。4月の初めに定植する予定でしたが思わぬ大風害、また資材が届いていないなど若干遅れている状況です。

やっと雪が融けたサクランボ畑。今日の作業も、サクランボの剪定枝(せんていえだ)集め。風のない穏やかな春の一日。仕事はかどりました〜

ここ最近は晴れてて、無事ハウスもビニール張り終えましたーо(ж>▽<)y ☆日曜日は農メンの妹さんにも手伝ってもらって楽しかったよー♪

現在タックルファームでは紅花栽培の準備をすすめています!今年初挑戦なんです!実は・・。耕作放棄地を使わせていただいており、雑草や石がゴロゴロ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

出勤前の午前4時から、露地プールへの入水作業をしてました!まずはホットンカバーと有孔ポリを全部剥がしました↓ おぉ!曇りで気温も低めだったのに芽が出てる!

ハウス内の温度管理が難しくなります。種まき後〜10日目くらいまでは 25〜28℃くらい 10〜15日くらいまでは 20〜25℃ 15〜25日くらいまでは 15〜20℃

昨日より播種を開始しました。こんな感じで土入れ、灌水、播種、覆土まで一気に行います。最後は、軽トラックに積み込みハウスに並べます。

りんごも残りわずかとなりました・・。 加工用に寄せてあるのも、「りんごチップす」にはあと1回分、「りんごのピクルス」用のはまだもうちょっと余裕があるかな。

今年、3種類目のいちご苗を購入しました。今回は四季成りイチゴの夏姫見切り品!!98円でした(^^)こんな小さな苗ですが 蕾が付いてます。

4月8日に塩水選をしました。去年の秋に種採りをした、あきたこまちの種籾の選別です。今年は比重1.13〜1.14くらいで塩水選をしました。

昨日は育苗箱に使う土を作りました。原料は焼却した土、シリカ、有機肥料(リン、窒素、カリ)、炭です。これらをローリングする機械に入れて混ぜます。

今年も、ほうれん草の1回目の播種がだいぶ遅くなりました。サカタのトリトン 、春蒔きの品種です。約40日後に収穫となる予定です。

19日に播いたネギの種は今こんな感じになってます。土を掘り返して、一粒見本として来ていただきましたwもちろん写真とったあとは土の中に戻しました。

作業内容は単純で、床土の入った育苗箱を播種機に置き、施肥、灌水、播種、覆土を機械にやってもらった後、軽トラに積んでビニールハウスに移すだけ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日から1ヶ月高校の農場で臨時に働くことになりました。早速、農業実習のお手伝いで、かぼちゃの種撒きをしました。午後からは、きゅうり苗の接木作業をしました。

稲は確実に成長していて、みるみるうちに大きくなっていきます。 古代米の苗も、すっかり大人顔負けの色付きよう1週間でこんなにも変わるのですね!!

一昨日の晩から、昨日までものすごい強風に見舞われました。朝の段階でハウスが5棟やられて、まぁ仕方ないかぁと思ってたら、その後も強風が続き被害がどんどん拡大。

袋に種いも入ってます  そしてトラクターに乗りながら撒いていきます♪実はこの作業、今年が初めてです いつもの年は、こんなにジャガイモ作らないので手で撒いてました

繁さんちとは、もう私がちっちゃい頃から共同で種まきをしている。親父同士が仲がいいのもあるし、キノコ栽培など仕事でも情報交換し合ってきた、ご近所以上の繋がり。

ハウスのビニルをかけるには 最高の無風ですが。りょーさんは、ハウスのビニルをかけず。今年最初の播種!!!今年最初の品種は宮城の自慢!“ひとめぼれ”

今年は、「懐の体温で発芽させる」ことに挑戦しています。ふと思いついたこの考え。でも、電気や電熱線などが手に入らなかった昔の農家は、こうやってたみたいですよ。

昨日の暴風で、去年建てたばかりの2号ハウスのパイプが抜けて全壊しました。1号ハウスはビニールが飛ばされました。 

管理機(ミニ耕うん機)です。土曜日は雨の予報でしたが、「雨が降る前に、畑うなってしまえ」とばあちゃんから指令が飛んできたので、9:30から畑に向かいました。

田圃の藁集め出来なかった分にボカシ肥料を散布して、トラクターで耕しました。もっと早くやるべきなのですが、晴れの日が続かず、今日は柔らかいのですが作業しました。 

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日はようやく暖かく、まさに春の陽気になりました。それで、ようやく今日お米作りの最初の作業である、種もみの「塩水選と温湯消毒」をやりました。

人参がまだ畑に残っていたので掘り出しました。冬の間に、雪の下で大きくなっていて良い大きさの人参が採れました。たくさん採れたので産直と民宿に出荷してきました。

栃木の民間稲作研究所さんから送ってもらったコシヒカリ すでに塩水選はしてもらってある じっくりともみを見るのは初めて 伝染性病害虫防除のために温湯処理をします

昨日は今年の最高気温だったとか....。でもやっと15℃足らずでしたが。そんな中、いよいよ今年も始動すべく、散布機械の試運転をしました。

最大瞬間風速31mとのこと。おそらく就農以来最大の値です。作業用のハウスのビニール 換気扇のシャッターその他、サイドビニール裂け、扉破損等々ですかね。

新しく着目している果樹を県内数箇所の園地に植え、 生育状況を調査しているそうです。 その一箇所にふじむら農園の園地を提供致しました。

この時期になれば辺りの田んぼにはトラクターが出没し畦塗りしている風景がみられる。しかし、田んぼはまだご覧の雪、そして土は凍って乾いた土になっていない。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

条件としては寒く日照不足の日が続いており大変ですが、自作のまきストーブで温水をハウスの中に巡回しており、なおかつ2重のビニールで覆って保温に努めています。

久しぶりに現在ハウスに所狭しと植わっている野菜たちをお伝えします。春菊 この形と色、とても可愛いです  こちらミニ赤大根 AYAに見初められ初参戦です。

雪を融かすため 土や炭を雪の上に散布します(撒きます)!! 小川原湖農園では、炭を撒きました!! 足元にご注目!! 黄緑色の蛍光色のモノは… 「カンジキ」です。

畑に行ってみると、アブナイな〜、と思っていた大枝がバッサリ落ちてました  これが、落ちちゃった大枝 ちょっと分かり辛いですが、結構な収穫が見込めた枝でした

暖かい日差しが届き、色んな植物がどんどん成長しています まずは水稲 土が見えなくなってきました。外が暖かいのは良いですが、ハウスの中はサウナのようです

今は、ウチの主力品種のひとつ『紅玉』の剪定してますが、至る所の枝がこんな感じに↓この枝はすべての芽が“野ウサギ”に食べられてしまいました

乗用の人が乗りながら作業するタイプの機械もあるのですが、今回は手押しの機械を使って耕しました。大きい機械はぶどう棚の下に入れないので、力が弱かったりします。

外はまだ雪が残り春が待ち遠しいですが、今日は、お米の種もみの消毒をしました。まず、種もみを網に入れ消毒液の入った樽に一晩付けておきます。

いまだに山間部の園地にはまだ雪が残っていますが急ピッチで剪定作業を進めています。雪による枝折れや欠損被害が多く有ります。

今季初枝切りに行きました。やられてますね、ネズミ被害・・・。ぐるっと皮を一周されると、根からの養分が行かず、枯れてしまいます。

りんごの品質や収量等に大きく影響する、この“剪定”という作業ですが、難しい。雪解けも進み、気は焦るものの一枝、一芽を大事に大事に、と心がけながらの作業。

春の作業も遅れ気味です。昨日、ようやく水稲の種子を温湯消毒しました。60℃のお湯に10分間浸けることによって、殺菌効果を狙い、病気を予防します。

被覆シートをチラッとめくってみると・・・出てます。ちらほらと、チョコンと可愛いのが出てきてました。が、まばらです でも、いいんです。想定内ですから

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

キャベツの育苗、ニラの収穫も残っているし、ニラのハウスの後片付け、長いもの播種準備、水稲の播種準備などなど圃場以外にもやることだらけです。

屋根をかけるためには、ハウスの裾のワイヤーが出るまできれいに雪をどけなくちゃいけません。機械で中と外の除雪をしたあとは、スコップを使って雪を削っていきます。

上の写真はパイプを挿す穴を見つける作業です。最初は中々上手くいかなかった長男ですが、あっと言う間に 一発で掘り当てることが出来ていました。

田んぼの準備を始めるのですが今年はさっぱり雪がとけませんよ!!田んぼの輪郭がうっすらと・・取り合えず育苗用のビニールハウスにビニールをかけて、育苗の準備です。

今朝の小麦畑の様子。先日の融雪剤散布のお陰もあり、昨年秋に蒔いた小麦が雪の間から顔を出し始めました。ビートの育苗ハウスでは、今年も順調に芽を出してくれました。

今日は、ハウスの修復作業続行です。残っていたビニール素材を覇がし、骨組みを再確認して作業を進めます。 育苗ハウスの中では・・・ トマトの双葉に異変が・・・。

りんご品種「ブラムリーズシードリング」の剪定を始めました。今年は積雪が固くて融雪がなかなか進まず、この圃場は約1メートルの積雪があります。

種イモを貯蔵庫から出しました。そして車庫に並べて浴光催芽といって、光をあてて芽が出やすい状態にしておきます。 我が家は今年もでんぷん用ジャガイモのみ出荷です。

本日、種が入荷となりました。いつもの年だと水温を12度に設定して、10日間くらい水に浸けておくのですが、水温を少し落として管理しております。

地面はどろどろ長靴が放せません。 種芋の芽だしするハウスも1メ−トルくらい去年からの積雪があり除雪しましたが、気温上がらず、ビニルもまだ張ってません。

ツルが50cmほど伸びました。6節まで成長しましたね。この“生命力”というか、のびのびしたメロンの姿からつたわりますか?毎朝、「おはよう」。

明日の朝、ビニールハウスのビニールをかけようと思いましてすぐに作業できるように準備をしてきました。準備だけでも5,6時間かかるんだよ〜(~_~;)

収穫シーズン!!L, 2Lサイズがチラホラとフライング萌芽し始めました!!例年、下佐幌の方が少しだけあったかいので、アスパラも上清水より1週間ほど早く萌芽します。

ビートも元気!と言いたいところですけど、除草剤を4日前にかけたのでちょっと黒くなってます。今日の午前中は徒長防止剤を散布しました。

メロン(キングメルティ)が発芽しました。このメロン、生産者としては作り難いし、販売者からすると、すぐ黄色くなり、棚持ちがわるいため、今はあまり流通していません。

アスパラの出荷が始まりました。春の訪れとともに、注文もちらほら頂いてます。旬の野菜。お客さんに楽しみにしてもらえてるのは嬉しいこと。

今日はハウス芋を蒔きました。発根マルチ用の種芋使ったので、六月には収穫になります。とうや男爵きたあかりをまきました。

いちご畑の様子・・・とりあず、雪はすっかり融けいちごの顔が出てきました。でも最近の天気の悪さいちごがとても寒そうです。早くおふとんをかけてあげたいんだけど。

果樹園では剪定作業真っ最中 今作業している山沿いのりんご畑は多い所でいまだ積雪150cmオーバー春はまだ遠いです。増毛でも鹿がよく目撃されるようになりました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

古代米は他の種類の籾と混ざらないように稲穂の状態で一年間保管しておいたものを使います。今年は初めて、稲穂のまま、催芽させました。

ハウス栽培のアスパラもある程度数が取れるようになってきたので、出荷することにしました奥の5,6棟目中心ですが、2棟目もずいぶん萌芽してきました。

アスパラの収穫は、朝・夕と1日2回 伸びすぎてしまうと、アスパラのさきっぽがひらいたりしてしまうので、2回収穫にいっています

リンゴ・モモ・梨を栽培している。一つの花の中に「雄花・雌花」があるが、モモを除き、「雄花の花粉」が同じ花の中の「雌花」に付いても「受精」が行なわれない。

塾長の田んぼの見学です〜しっかり水が入っています。直列、70gで播種します、手前が種、奥が土です〜ハウス内でこのように積み上げてシートをかけます

おとといの様子です。 今年4年目の田んぼに積んであったわらを散らしてきました。 13年目田んぼの方は昨年の内に散らして耕してあります。

まだこんなに小っちゃいけど……引っ越し先の準備も始めないとね。肥料をまいて……トラクタでロータリーをかけて……ベッドを作って……灌水チューブを配置して……

今年はなかなか形も良く、大きめのものを見つけることができました。色々と種類を試したいと毎年考えているものの、今年もメークインと男爵です。

髭を取るのは、種まきには邪魔になるので取りますが、直播は特に直播機に引っ掛たり、条ごとの量を均等にする時に邪魔になるので絶対取らなければなりません。

ビートも葉っぱが大きくなってきています。子葉が蜂の巣ポットに収まらないほど大きく開いていました。ハウスの中の暖かい所と寒い所で育ち具合が結構違います。

4月にはいってすぐに、土蔵にストックしてあった我がコシヒカリ合計30袋[15俵]が、都会の米屋さん2軒のもとに出て行った。

ぶどうハウス。隠甘鐫罍甘錣この爆弾低気圧により爆破?!状態です。近所の人の応援・JAの方の応援など、総勢14,5人の手を借りなければならない状態でした

できたばかりの鶏小屋はねじれ、上にあがり、倉庫の前においてあったりんごを入れるコンテナは100メートル以上あちこちに飛んでいて朝から集めてまわりました。

種芋の細くなっている先端から芽と根が出る。パイプの開放部をその根の真下に来るように位置を決めておく。開放部にぶつかった根はパイプに沿って伸び新芋になる。

育苗ハウスの方は、ずっと占領していたキャベツやレタス・ブロッコリーなどはほぼ畑に植えてしまい、代わって夏野菜のポットが並び始めました(写真はパセリ)。

ブロッコリーが大きくなる前に花を咲かせようとしている。つまりボトニングという現象。成長過程で低温を感知し衰えたところに春の陽気となり花を咲かせようとした訳だ。

この時期の恒例作業がネズミ対策。ワイ化の根は美味しいらしく、ネズミに食べられます。毎年この時期からの重要な作業になりつつあります。

3年前から耕作している田んぼのU字溝 昨年の地震でまた継ぎ目にヒビが入り、脇にある畑に水が入ってしまいせっかくの野菜が水浸しになってしまったりしておりました。

ブドウ栽培は樹が目覚める前に終わらせる作業も済み、種枝をブドウ棚に留める棚付け作業に入りました。テープナーという器具を使って、棚に種枝を留めていきます。

ブルーベリーの花芽です。 品種によっては少〜し開き始めました。 この花芽一つからたくさんの花が咲きます。赤実ハスカップです。

何とか3月中に剪定が終了し、畑の剪定枝と剥いた皮を回収しました。今年は木の生長も安定期に入って来たので、剪定枝の量も比較的少なかったです。

寒さに弱い品種のブルーベリーを、温室の中で育てています。 自家用ですが、外の物より、一か月以上早く食べることができ、楽しみです。

雨よけハウス(屋根だけビニールをかけた小さいハウス。保温はしていない。)でも、アスパラの芽が所々で見えてきました。春はすぐそこまで来ているようです。

心配していた茄子が、やっと発芽しました。トマトもポツポツと芽が出てきました。今年は寒さのためかかなり発芽に手間取っているように感じられます。

ようやく春らしい日が出てきたので新しい苗木を植える時期になりました。まずおおまかな場所を決めて植え穴を掘ります。掘った穴に肥料を撒きます。

葡萄の枝おろし。葡萄は敏感な植物で、剪定で切りすぎると実がうまくなりません。なので、切りたい枝も切らずに、棚から枝を下ろし少しずつ弱らしていきます。

古い皮には病気やカイガラムシなどの害虫の卵がくっついていることが多いので、第一回の防除の前に薬がかかりやすいように削ってやるといいのです。

今までは剪定だけしていればよかったのに,枝の後片付けや,肥料まき,苗木の植え付けと少しずつ春の仕事も増えていきます。

作業の半分くらい終わった頃に、突然SSのエンジンがストップしてしまいました。途中インパネの水温計の針が ”H” を指していたので嫌な予感がしていたのですが。

我が農家の春一番の収穫?。。。 ネギ苗の季節がやってきました。 一昨年から本格的に始め3年目になりました。今季は調子に乗って昨年の2倍の作付をしました。

今日はアスパラガスを78株植え付けしました。既存のアスパラ畝と合わせて100株くらいになったかな。ここの畑では最終的に350株まで増やす予定です。

強風で飛んでしまったハウスのビニール、とりあえず修復。「農家レストランたぬき」の文字はそのうちに・・・ そして種まき 夏もの野菜の種まきです。

運搬車くんを迎え入れぶどう畑内を自由自在に移動できるようになったので同時に「高圧洗浄機」くんを迎え入れ、我が家も皮むき作業を、機械化することができました。

今日はマルチ張りを行いました。畑は乾きませんでしたが、昨日よりはマシ。限界ギリギリでの作業となりました。なんとか1週間の定植分だけは作業出来ました。

ビニールハウスの中の野菜の苗が成長してきた。エンドウは露地に定植した。キャベツ、レタスをそろそろ定植したい。畑に緑が少し少し増える。春を実感する。

ニンニクは玉ねぎと植え付け時期が同じで、収穫時期も殆ど変わらないので、同じ畑に作付したほうが管理作業が楽なのでいつもそうしています。

今年は露地アスパラの新規畑に移動着手を予定している。アスパラ苗の確保からスタートだが、播種は自前で行い、さらに鉢上げし育苗して大きくなった苗を新しい畑に植える。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

培土を入れておいた育苗箱90枚を用意し、催芽したコシヒカリの種もみを播きます。米農家ならこの作業はオール機械化が当り前ですが、我が家は全部手作業です。

昨日、今日と、授粉用の桃の花を取って、花粉を集める作業をしました。採取した品種は、みさか白鳳と白鳳で全部でコンテナ6箱20kgくらいになりました。

じゃがいもの種いもを植えました。男爵とキタアカリ、6対4の割合です。均一に溝を掘り、堆肥と肥料をまいて、等間隔に種イモを置いていきます。

芽吹きというより、展葉間近?葉っぱの重なりが見える、育成中の畑。 剪定を今頃やっている地域もあれば、芽吹き以上の進み具合もある今日この頃。

スモモは自家受粉できるものがほとんどなく、他家受粉が必要だそう。受粉作業が必須となります。そのかわり、桃でやる摘雷や摘花作業はありません。

今年初挑戦したレタス 全部で1300株ほど定植しました サニーとリーフは約500株 結球レタスが800株 サニーとリーフ、今日でほとんどの収穫が終了です!

今週は当農場で田んぼを作っている地域の堰さらいがありました。堰(せき)とは田んぼまで水を引く水路のことで、この辺りでは‘せぎ’と呼びます。

最近では、もっとも遅い満開日となりました。ここから、平均気温積算、糖度、収穫期の気温上昇に気をつけて、収穫適期を見極めて、今年も美味しい果実を収穫します!

今週頭から花粉を作る為の蕾取りの作業が始まりました。花粉の多い品種の蕾を取りその蕾から花粉を作ります。桃は品種によって花粉がないものが存在します

あっという間に、もう落花生を蒔く時期になってしまいました。ヽ(*'0'*)ツ昨年の乾燥させた落花生を殻から出して、良さそうな粒を選別〜

出穂してはいましたが、うちのところ(手前の1/3)は黄緑色のまま。追肥は遅かったので、間に合わなかったようです。収量は、おそらく畑の小麦の半分もないでしょう。

ここのところ雨も多く、作物もどんどん芽をだします。芽を出すのが作物だけならいいのですがやっかいな雑草もどんどん伸びてくるので大変です。

レタスが食べ時です。今年はどうも例年になく寒かったらしく、レタスを始め春の葉物の生育が非常に遅くてなかなか辛いです。5月からの出荷には間に合うかと思いますが

畝の間隔を決めて、この日のために作っておいた腐葉土を大量に施し、ヨウリンやら、牛糞やら、化成肥料やらを、それぞれ作柄別に分量を変えて施します。

トマトとピーマン、パプリカ、そしてナスの種を蒔きました。トマトやピーマンの類いは、もう少し気温が上がらないと発芽しないと思うので、トンネルを被せました

先日開墾した畑ですが、昨年まで草ボーボーだったので、草取りの手間を省くため全面マルチングをしました!使用したマルチは昨年使ったマルチを使い回しです(笑)

野菜の収穫してその後に腰に来る仕事です。 肥料を散布です。 この2箇所に!!でも、今日の午後は風が強くなってきたので、堆肥の散布が出来なくて化成のみの散布です。

いよいよ畑仕事も忙しくなってきました。レタス、キャベツを植えたり種を播いたりジャガイモを植えたりハウス内で苗のお世話をしたり。もう少ししたら稲の種籾も播く。

ベリーAが萌芽し始めました ぽつぽつと赤みを帯びた芽が、あちこちで色をつけていきます 品種によっては黄緑色の芽だったりして、その違いが面白かったりして

種イモ(男爵)70キロをまず切りました。芽が2〜4個になるように切ります。発芽してから芽欠きする手間を省くためです。

さくらんぼの花が満開になり、受粉作業も最盛期となりました。香夏錦、紅秀峰、高砂の受粉作業が終盤に入り、いよいよ、ご存じ佐藤錦の受粉がスタート致します。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

エンドウ豆 ズッキーニが少しずつではあるが収穫が始まってきた キャベツやレタスもあともう少し 葉物がとれ出すと少し落ち着くとこではあるがどんな様子だろうか

我が農園の苺も気温の上昇に伴い大きく成長してきました。黒マルチが地温を更に上昇させてくれているのです。白い可憐な花がたくさん咲き出しました。

昨日は雨降りの前にと、サトイモを植え付けました  写真の様に、穴を掘ってはイモを植えの繰り返し、仕上げに土をのせていきます

小麦です。だいぶ大きくなりました!!青々と力強くて、見ていると嬉しくなります(≧▽≦)!!収穫は6月中旬の予定です。 こちらはタマネギです。

施工途中ハウスの裾の部分を掘って行くと、現場の前作で栽培されていた収穫忘れのニンジンが次々に出てきました。ピーターラビットが咥えているようなサイズのニンジン。

春キャベツの出荷が始まりました。安定的に荷がないせいか、まだ高値です。作り手としても、ここ最近の天候には悩まされます。

左の写真は「ジャガイモ畑」です。 今年は、仲間とその家族全員で十分に楽しめるだけの収穫を期待して、種芋を15キロぐらい植えました。 とらぬ狸の皮算用?

もう駄目だと半ば諦め気味だったミニセロリ。これは今年初めてのトライということと、種蒔きした日は強風で種が飛んでいってしまったのではないかと心配しました。

雨で、作物 の植え付け、葉物野菜の種まきが進みません。かろうじて昨日、育苗したキャベツ苗、挿し芽をとるためのトマトの植え付け、ルッコラの種まきをしました。

概ね50cmほどのピッチで、深植にならないよう表土5cm程度になるよう高さを調整しながら、ちょっと土を寄せかぶせしながら固定してゆく。

4月になったので、ヤマトイモを植え付けました。種イモにするのは去年むかごから育てた種イモです。全部で35株植え付けました。

今年も早いものでお米作りが始まります。昨年まで、苗の土は有機栽培用を買っていました。苗の土代は9万円かかってました。

今収穫できるものは、キャベツ、白菜、これは初めてのこと。まだ党だ地をしないものがある。カブ、大根、菜花、小松菜、じゃがいもに、ニンジン、プチベール。

約3時間じっくりと畑を堪能しました。まずはキャベツ苗3株の定植です。これはHCで購入したものです。(時間を買いました)場所は先週レタス苗を定植した畝です。

午後から雨だって。種まきと植え付けのチャンス。午前中が勝負だ!早起きしてタネショウガを買ってきた。袋を開けてみてビックリ。意外とでかいぞ。

4月25日、みかん園に行ってきました。関心は、中切りしたお茶の木はどうなっているか。それと、みかんの木の発芽の進展状態について、です。

毎年恒例の踏み床温床によるサツマイモ苗作りが行われました。祖母が芋を手早く並べていきます。私は仕上げの土をかけただけ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

タマネギがずいぶん大きくなってきました。が、あちこち空いているところがあります。寒さにやられてしまったんですね。収穫まであと2か月。

次郎丸(ホウレンソウ)が収穫のピークを迎えました。今までで、1番イイ感じに育っています。自家採種したタネから育てたことによる結果だとしたら本当に嬉しいです。

春の嵐が過ぎた後、気温が下がった時でも確実にブルーベリーのつぼみは大きくなっていきます。暖かい春の陽射しの中、ブルーべりーの花が開きます。

すっかり畑も賑やかになってきました。日々、夏の収穫に向けて励んでおります。 こちらは里芋でございます。昨年、種芋として地中で眠らせておいたものを発掘。

先日、葉が枯れた島ニンニクがあったので試し掘りをしてみました。すると、小さいながらも立派なニンニクがなっていました♪これはとても嬉しいです☆

先日、ジャガイモやらタマネギやらの種や苗を植えました。黒いビニールマルチの場所にジャガイモが植わってます ジャガイモの隣のタマネギ

プチヴェールもこの時期になると、やや、春っぽい変化が起こります。巻きが弱くなるとというか、大きくなるって感じですね。

今年も色々な計画を準備中です。まずはイチゴからスタート。菜園管理人のナリタくんと銀輪参謀タケハラさんがイチゴ苗を選別してプランターに植え替えてくれました。

今年の踏み床温床。ハウスの中とはいえ、毎日氷点下近くまで下がっているのでこの温床がなかったら苗たちはみな寒さに耐えられなかったのではないかと思います。

サニーレタスも早めに種蒔きをしたので、結構大きくなってきました。来週以降ボツボツ植え替えできるかも知れません。出来ればマルチをしたところが良いでしょう。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

久留米長なすです。自家採取一年目、昨年同様元気よく順調です。トマト・メニーナです。交配種ですが、種は自然農法センターで購入しました。

昨日から、ハウス横の水はけが悪いので、暗渠づくりをしています。 もともと、水はけが悪い場所で、今の時期は、雪解け水があり、さらに水位が上がっていました。

少しづつ収穫を始めたところですが、 来シーズン用の苗の親株を植えました  うちは、このナイアガラ育苗ハウスと土耕と イチゴの苗作りは2種類の方法で行います。

かなり遅れましたが、春キュウリの定植が終わりました。 ふ〜。 畝に定間隔で鉢を並べていき、 ヨーイ、ドン!!の掛け声で一斉に土の中へ入っていくキュウリ達。

ここ数日の暖かさで花芽がどんどん動いています。ここ数日は改植作業中。トラクターのバケットが大活躍なのですがアームの部分が折れてしまい使い物になりません。

第5の空いているスペースに長ねぎを播種しました。今までは5月頭に播種していたんですが年明けすぐの収穫だとイマイチ太りが足りてなく細物が多い傾向でした  

ここ幾日か風もなく急に暖かくなりました。ほうれん草、小松菜、油菜が急成長。食べきれなくなってきました。里芋の植え付けをしました。種芋選びから。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ちょっと前に成長をお伝えしたブロッコリー。そろそろ移植のお時間です。移植直前のブロッコリー 本葉が2枚くらいになったら移植時期らしいです。

草の生育を野菜も見習って欲しいぐらいに生育が早いです って事で除草作業が動き出しました 草を一つ一つ手で抜いていきます 間違って人参抜かないように慎重に

最近はひたすらネギ苗の定植です。お米の種まきが始まっちゃったから、早く育苗ハウス空けなきゃいけないっていう 天気や準備の関係もあるので焦っている今日この頃です。

ブロッコリーもキャベツと同様に一部が再起不能になっていたので追加で定植しました。ちょっと出遅れた感じになってしまい、夏にずれ込まないか心配です。

その前にネギに追肥を!ということで、去年つくったぼかし肥投入。あ、培土機忘れたと思いながらネギローターで土寄せ。分けつは2〜4本くらい。5月に収穫予定です。

年間130種類ほど栽培する中の一つ「行者ニンニク」。ほんの少しだけ栽培しています。根っこを残しておくと、翌年も収穫できますので、お届けするのは葉っぱだけ。

寒さ続く3月28日。ジャガイモの種まきを行った。種芋が少し芽を出したところ。今年は、寒いせいか草も、花も、野菜たちも動きが悪いようで…

葉は平べったく、土の中で生育しています。土の中なので、生長具合は葉や茎の太さで判断することになりますが、今のところ良い生育をしているようです。

イチゴの収穫シーズンがピークに突入です。日に60〜80パックぐらいコンスタントにとれています。3月よりも4月は出荷数を伸ばせるように

畑ではBox再開を目指して野菜たちが生育中です!手前の濃い緑色のが小松菜、奥の黄緑色のがべかなです。その奥にもわさび菜やこかぶなどが育っています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ジャガイモのマルチが風でめくれていたが、ジャガイモも芽を出したので、1−2本の芽を残し余分の芽は取り除く。その後、第一回目の土寄せを実施した。

大麦も順調に大きくなってきました♪オガクズ、米ヌカ、平飼い鶏糞を完熟せ、有機堆肥を作り蒔きました☆早くて4〜5年後にウイスキーとして生まれ変わります♪

ようやく本格的な春の陽気になった4月8日(日)3号田んぼの傾斜をレザーレベル(レザー光線で水平を測定できる機材)で測りました。

今日は稲の苗を育てる苗床を作りました。苗床は、田んぼの近くの畑。こちらも数年間耕作していなかったところです。まずは、表面の草と土を平鍬ではがします。

今日は、プレ・かんちゃんファームにじゃがいもを植えました。「北あかり」「十勝こがね」の他、フランス生まれの赤皮じゃがいも「シェリー」の種いもを用意しました。

今出回っている苗の多くはF1種という、一代交配種がほとんどだと聞きます。これは、生産者や販売店に有利なものなのです。

最近になってようやくニンニクが伸びだしました。今年の出来はどうなるかなあ〜!播種の際、種が大きいとやはり生育が良いようです。

別畝に植え付けた白菜 まきまきなんてせず…寒冷紗もたげるほど成長してたので取りますたよー ほんとはこっちの畝だけ縛らずに放置してつぼみを楽しむつもりですた

夜間の冷え込みは格別でした。通常は3月後半には夜間の覆いを1枚にしていましたが、今年は4月に入っても2枚かぶせストーブで加温しました。苗の出来は順調です。

食用ホオズキ(スイートパール)の苗が到着。今年度は試験栽培のため、導入本数は1ロット(48本)と少なめです。4項目について、最低検証します。

ハウスの中での作業がメイン。トマトの植える準備。除草シート張り、マルチに穴あけ、支柱差し。後は植えるだけです。スイートコーンの種まき。7月の海の日頃に収穫予定。

元々建っていたハウスもこのハウスも2間半 小さいので今年の秋には建て替えようと言っていた矢先向きを変えて3軒(5.4m幅)のタイプの在庫を確保しました

イチゴの荷物発送、悩ましい問題です。出荷団体からの運送もそうですが、個人での集荷発送についても。イチゴはデリケートで振動は果皮が擦れて痛み、クレームの原因。

実家でもゴールデンウイークの種まき向け、苗箱の準備が始まりました。箱に土を入れる作業、これをやって置かないと種籾を蒔けませんからね〜(笑)

4月4日には、まだちっちゃな芽だったたらの芽たち今日はちょうど良い感じに育ってくれていたので、収穫させていただきました。明日、直売所に出荷いたしますよ〜♪

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

種播く、畑を用意、植える、を繰り返しの春ハウスの中はおすなおすなの満杯状態です。ちっちゃいのから大きいのまで。明日も植えます、キャベツ、ブロッコリー。

3月19日に野菜の種を撒きましたが、寒い日があったためになかなか芽が出てきませんでしたが、やっと2週間経って出てきました。こんな風に、この畑に蒔きましたよ。

こちらはニンニク。初夏に収穫になります!人間にスタミナをくれる健康野菜のニンニクですが、ニンニク自体は病気に弱い困ったチャン。有機ニンニクは貴重です!

ベルノで並べて 殺菌剤のダコニールを撒きました 最近は育苗時期の気温が高くなるので シルバーラブからピアレスに変更しました 2葉まで水なして使えます

苗を育てて畑に出して、霜で死なせてしまったではもったいないし。安全策を取るとズッキーニや枝豆は収穫時期がだいぶ遅れるし、作業も一時期に集中するしなぁ・・・・。

とにかくアブラナ科の植物が花を咲かせようとトウがたちはじめたのを収穫すれば何でも菜花です。(カキナ、ツボミ菜ともいう)

昨日も嵐だったので、朝方復旧作業をした後はひたすらハウス仕事を延々と。1・温床2回目踏み込み 午前中に終わったので昼からすかさずスピードポッターでポット並べ。

農場では新しく作付が始まってますよ。ハウスの中にミニキャベツを定植。なかなかいい感じです。こっちは別のハウスに定植した枝豆です。

週間天気予報見たら、気温が落ちついてたので、今日から枝豆(おつな姫)の定植をはじめます!今年もメインはおつな姫で次に湯上がり娘、ゆかた娘を少しまきます。

春一番で種まきした葉物が芽を出して育ってきました。それからセルトレーに蒔いてハウスで育てていた長ネギのですが、畑に置いておいたのが育ってきました。

ところで、ブルーベリーの接ぎ木を3月16日に約30本試みましたが、なかなか接ぎ穂の芽が動き出しません。元々接ぎ木の成功率が悪いので結果が出るまで心配です。

昨日の午後に強風に備えてビニールトンネルの紐をきつく締めておいたのも空しく、隣の麦畑まで吹っ飛んでいました・・・。ああ、やっぱり。とガックリする夫。

もともと小さな苗を11月に植え、今年のような厳しい寒波にあたり、春の気温上昇がすこぶる鈍い。たまねぎが育たない3大要素に見事はまってしまっています。

寒さに弱い野菜は、天気予報とにらめっこしながら、一枚余分に厚手の被覆資材をかけたり・はがしたりと、あっちこち余計に畑を飛び回る毎日…。

はやばやと完成した梨棚です。3月8日から開始して28日以前には完成していたわけですから、40aを20日くらいで仕上げたことになります。それも防鳥網用棚も一緒にです。

今年もコシヒカリと飼料稲の種まきが始まりました。今日はとりあえずコシヒカリの種まきの速報です。Mさんのうちでは例年通り苗のトレー1枚あたり135gの設定だそうです。

本日は、温床で育てたトマト苗の鉢上げの日でした。苗をくんくん嗅ぐと、もう青々とした若いトマトの匂い。ビニールハウスの外では白梅の匂い。

干し芋に使っていたハウスにホコリよけとして播いてあった麦が大きくなってまいりました。ここはそのうちトマトが植わるので、麦さんたちは出穂を前に青刈りです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

暴風になるとの予報がありました。先週土曜日にも強い風が吹き、畑にあるトンネル栽培用のトンネル等が飛ばされる被害があり、今回補強をすることにしました。

今日は暖かい1日でした。やっと春を感じられるようになってきました。今まで寒い日が続きましたが、ハウスの中でかぼちゃの苗は順調に育っています。

はつか大根!種まきして20日から30日で収穫できます。今年は寒いって事でもう少しかかるのかな?先日の全体農作業会(3/18)に種をまいたので今日で12日目になります。

畑に定植した苗の上には、不織布をかぶせて防寒しています。不織布とは、織らずに繊維を結合させて造られたシートで、使い捨てカイロなどの素材としても利用されています。

以前、にんにくの播種を遅らせると実が大きくなる、という話をし実験しています、と報告しましたが、その近況をお知らせします。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40