この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

現在、森農園では梅の作業の真っ最中 梅がずいぶん色づいてきました  実は、森農園の梅はここからが本番 完熟した梅を塩漬けしていきます

そして畑仕事、主に草刈。空芯菜やかぼちゃ、まくわ瓜にインゲンを救出。今年も始まってますトマト祭り。大玉、中玉、ミニトマト。夏ですね!

6月22日のお米の様子です。今のとこ、順調に育っています。でも、この田んぼじゃない場所ではイノシシが突っ走ったあとがありました。ここも穂が出始めたら要注意です!

土曜日はサツマイモのウネ立てをした後、空模様が〜!ウネが崩れないよう、雷にビビリながらマルチはりまで終わらせました。ずぶ濡れ・・・

ここ沖縄でも梅雨が明けました。観測史上最も早い梅雨明け宣言。少し水不足も心配ですが、これからは暑くなるので畑仕事も大変になります。

船の出発一時間前まで畑で、ナス、ピーマン、アシタバ、オクラ、ハンダマ等を植付けました。残りは母に作業をまかせることととなります。

数少ないかぼちゃを出してみることにしました 9割は腐って捨てたかな 高温多湿の厳しい環境の中で、生き残った貴重なえびす様

なすの手入れ作業をはじめましたが 勝手がわからす『暗中模索』です つきすぎた花も 少し落とさなくてはいけないらしいですが どれを落としていいかわからす 手付かず…

春先から巨峰の観察をしてもらい、成長の過程や、生産されるまでの作業を体験し、子供達も色々感じた事でしょう。

今年から単棟ハウスで栽培している大玉トマトの『ルネッサンストマト』。ちょこちょこ出来始めてます。ルネッサンストマトは形がちょっと変わってます。

本日も、カボスの摘果と田植えでした。今日は、ちょっと早起きしました。太陽が昇る前、AM5時くらいに起きてカボスの摘果をしました。

イチゴの苗づくりの季節に入りました。私たちは「挿し苗」というやり方をしています。これは、親株から小苗を切り離した状態でポットに植えていくやり方です。

久々に晴れたので、さっそく畑へ。今年はとても雨が多いので、なかなか夏野菜が育たない。雨で喜んでいるのはナスとキュウリぐらいかな。

この前から、トウモロコシに異変が!何者かがトウモロコシを狙ったようです。目撃者はいないけど、カラスかもしれない、と、ネットを張ることにしました。

汗をかきながらやってる作業と言えば、葉かき。一畝でコンテナ3つ分。梅雨で取れなかった分山積みです。とったあとはスッキリ。収穫もしやすくなりました。

コンバインで収穫するのではなく、トラクターが麦の畑を作業している様子には、どうも違和感があります。正確には、違和感と言うより残念無念なんでしょう。

1班は古賀さんと田植え、2班は女子中心にニラの出荷、3班は来週田植え予定の舟木さんの田んぼに肥料散布をしてから、古賀農園でイチゴの苗取り作業をします。

本日の作業はキャベツの収穫作業でした、雨のため畑ではダンボールの箱詰め作業が出来ませんので、いったん畑からキャベツをトラックで持ち帰り倉庫で箱詰めをします。

みんな初日から、砂浴びをしたり止り木にとまったり、日光浴をしたり、羽を大きく広げて羽ばたいたりと思い思いの行動をして楽しそうです!

今が最も甘い晩柑さん知名度が低い晩柑さん私たち農家の間では夏場の農作業の喉の乾きを止めてくれるヒーロー晩柑レンジャイが大好きです

今日で2番茶揉みは最後になりました。生葉を、蒸機に100キログラム入れて粗揉から揉捻から中揉を出たお茶です。この時は、すでに20キログラムになっています。

昨日はアミノ酸系の葉面散布をして、光合成の活性化を促しておきました。今のところ葉巻虫やコナカイガラムシの発生は極わずかです。

天候や畑の状態といった心配事もどこかに吹き飛び無事、赤しその植え替えが終わりました苗の本数は約15000本、移植機を使いました

本日26日、田植え中です。棚田二枚のウルチと一枚のモチ。自家用です。今年は苗の準備から畦塗り等、全て旦那初担当。

両親は抑制トマトの接ぎ木をしてました。今、収穫してるトマトは3000本くらい接ぎ木をしたのですが、抑制は1200本くらいで少ないです。

5月上旬〜中旬の話です。冬じゅう放置し放題だったグリーンピースとスナップエンドウ。スナップエンドウは見事にすべて枯れてしまいました・・・・

パッションフルーツは 大きな被害を受けましたが マンゴーは順調 被害を受けなかったマンゴーは すこぶる順調 どんどん実が大きくなっていきます・・・

農場では、パンをエサに混ぜて食べさせております。単純な飼料だけよりもかなり嗜好性が上がり、発育も順調、どころか予定より大きなくなり過ぎて出荷体重オーバー気味。

昨日、金煌マンゴー、スターフルーツ、ホワイトサポテの取り木作業をしました。カッターで丁寧に樹皮を剥いでからミズゴケで包んでやります。

作業内容は、出荷(ジャガイモ(メークイン)・ニンジン・タマネギ・キュウリ)、ピーマン・アマナガの紐の結び直し、ナスのマルチの周りの草刈。

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

栗木谷オリーブ畑の見回りへ…。雨が降り…一回り大きくなったような気がするルッカ種。木の根元には、いっぱいの花びらがおちている。

工房の畑にあるやじろべえのようなもの。おじいちゃん特製の「もぐらおどし」です。そしてマゴはというと、夏野菜出荷に向けてポスターを作成しました。

以前から構想にあった竹ぼうきを使った、 「竹ぼうき除草器」を作ることにしました。下は完成画像。 こうやって、田んぼの中を歩いて回ります。

6月27日(月)、予定どおり久万高原トマトの出荷が始まりました。初日は49ケース、翌日は200ケースの出荷があったそうです。

自分が思っていたよりも色や形が悪い気が 色は本来もっと鮮やかな感じの紅色のはずですが、日に焼けた赤色ですし、形も細長いのや、変に偏った形のものもありました。

ここ4日間は、生姜に、わら(稲の株を天日干しした物)を田んぼ全面に広げていました(後日写真掲載予定)。ピーマンの続きです。

農家レストランをしていますが、昔ながらの農家で、フルーツトマトの栽培にも力を入れています フルーツトマトの定植の第二弾を2日間かけてしました

久しぶりの畑です。父が栗坊の垣を作ってくれていました。杏の木に竹を渡して、空中栽培できるようになっています。一体、いつの間に!ありがとう、父さん。

梅雨の晴れ間は貴重なので、黒点病にペンコゼウとダニのカネマイトで防除をやってきました。少しでも涼しいほうがよいので朝早めに園地に向かいます。

畑にシャワーを浴びに行って来ました。 な〜んて。。。天恵緑汁などを散布してきたのです。 農薬まくのと違ってとっても爽やかで気持ち良かったですよ♪

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

田んぼにばかり出ていたら 妻がスモモが赤くなっている と言う。栗の木の側の大木のスモモ 赤くなっている・・・早速1個採って試食 甘酸っぱく旨くなっている。

1回目の草刈りをしました。イネ科の雑草が一面を覆って、これはこれで綺麗なので刈ってしまうのは惜しいような気がするのですが、そばの為にはやむをえません。

巨大ぶどうのネヘレスコール、今年も生育中です去年たくさん実をつけすぎたのか、花の数が少ないです。

条(苗の筋)がわかるようになってきました。点播という通常の植え方と同じようになるまき方で植えてあります。形になってきているのはしっかりと確認できます。

今日からイチゴの作業は一人なんで、今朝は5時から収穫。毎日少しだけ収穫して、ケーキ屋さんや直売所に出荷。あと1週間の予定です。

一株にこんな沢山入っていました。黒マルチをかけていたんですがこんな沢山できたのは初めてです。種イモは男爵1キロ、キタアカリ1キロです。 

昨日半分運び出した鶏糞の残りを鶏舎に広げていきます。あっと言う間にきれいに広げ終わり、作業は終了。これで来週にはひよこが移動できちゃいます。

今日は、ピオーネの房候補を絞り込む作業。1スパンに22以内に絞り込みます。いわば、果房のオーディション!←何なの

少量ですが先に植えておいたピーマン「ピー太郎」の実がなりました とうがらしのように細長くて小さいですが、これくらいの大きさで収穫時のようです。

今年我が実家の畑に新しくお目見えしたブルーベリーの木。こちらは主に母がお世話をしています。今のところいいかんじに育っている!

農園では、輪作を積極的に取り入れています!このうち、作物を栽培せずに土作りを行う田畑(休耕)を一定の割合で設けています。

6月21日梅雨の中休みに麦刈をしました。久々にコンバインに乗ったので楽しかったです。ただ、麦?草刈り?という感じのほ場が多くて苦労しました。

小学校1年生の子どもとその親、担任の先生とが一緒にさつま芋の苗を100本 植えにやって来ました。観光協会が管理している非農地を利用して学級PTA活動です

ブドウ畑の様子ですが、こんな感じになってます。大きくなったでしょ。今度は、つぶを大体1房に35個くらいを目安に間引いて、形を作っていきます。

久々に私は栗山へいってきました。今回は草刈りです。この雨の中ですから草はぐんぐん伸びています。休憩をほとんど取らずにひたすら草刈り!草刈り!

今朝 収穫しているとこのように逆立ちしたのが3本あり そのうちの1本です 上に向いて咲いた花がそのまま大きくなりました それも 真っ直ぐに伸びています

先週の土曜日(18日)で、今年の田植えを無事終えることが出来ました。写真1-2は、2日目のワイワイがやがやの苗取りと、古代米の田植えの様子です。

今日は午後から日差しが強かったです 湿気もすごかったです 畑に別々に植えてあったゴーヤとトウモロコシを 近づけました。どれがなにやら分からない写真です

これは無肥料、無農薬で育てたニンジンです!土の地力を高めていれば無肥料でもこんなに立派なニンジンができます☆虫の被害も病気も無し!!

2回目のジベレリン処理の時期が来ました。ジベレリン処理はぶどうの種を抜き、粒を肥大させます。 1粒が直径3cm位になります。

今年のゆうき農園児島宇野津の玉ねぎは、来年の初夏に実る種を育てる玉ねぎにします。 今回、草を一部だけですが抜いてみて、サイズとか畑の状態を確認しました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今年の黒豆田は35アール、枝豆の需要が増え畑での黒豆枝豆屋さんが楽しみです 心配していた雨も降らずにいよいよ畑へ移植です

前回、植えた野菜も大きく育っていて「芽かき」「土寄せ」「肥料入れ」など・・・みんな初めての作業だったので、ワクワク 野菜づくりしてるって感じがしてきました。

昨年 種とりしたズッキーニ  今年も昨年同様 6月〜10月までロングランできるでしょうか 今年一番目 黄色いズッキーニ

今年の味噌部の種まきが完了しました。3回目の種まきは残念ながら雨で来ていただけなくなりましたが代わりにしっかり播いておきましたよ。

今直売所へ出荷しているのはリーフレタスの3種ミックスがメインです。おいしく野菜を作るなら自分の好きな野菜を作るのがなによりのコツだそうです。

支柱を立てる作業からはじめました。トマトの枝は、今出てきている脇芽を全部取ってから支柱にくくります。ミニトマトは2本立てにするため、1番下の脇芽を残します。

滋賀県大津市仰木、里山たんぼ。6月上旬から始めた田植え、もう一息で(この場所は)完了。田植えが終わったたんぼには稲の敵、ヒエも登場していました。

現在、畑の所々で、うどんこ病という、葉の表面が、白くうどん粉を噴いたようになる病気が出ています。効果の見られる、重曹水・酢水を散布しようかと考えています。

朝、タダシくんが田んぼへ行くとイタチがうちのかわいい合鴨ヒナを口にくわえて走り去るのを目撃。。。7羽死亡。1羽重症。

今日の野菜の無人販売所は昨日収穫したジャガイモを出してみました。男爵もメークインも100円ですが売れるかな?(*^_^*) 今日はほかにお花を出してみました。

更に暑いハウスの中で並べて干してました。玉ねぎ。ニンニクもしかりですがどんだけ〜!! な数です。保存の為 日に当てたり 吊るして影干ししたり・・・

倉庫の前にはみっちゃんやKYさんが植えた補植用の黒大豆があるが元気に芽が出ている。見ているととてもかわいく見えてくるのである。

梅、収穫しました。みかん畑の隅っこに数本 梅の木を植えています。 ほとんどが自家消費用です。 豊作の時には お裾分けしますが・・・ 今年は不作でした

今年の梅雨入りは早かったので、黄金色に染まる小麦を尻目に見ながら、内心焦っていました  水気がある状態で収穫すると腐りやすく、また機械の故障にも繋がるからです

ジャガイモが収穫できました 新ジャガ と言うかな 品種としては、メークィンです 収穫高としては、満足かな 味も 良いですね 

愛知県には本長なすと天狗ナスと言う地ナスがあるが、味・香り・実用性の面で当園では『愛知本長ナス』を栽培している。

昨年に続き、ミディトマトのアイコを作っています。フルーティーでおいしい。今年は新たに黄色のアイコを育てています。

作り直した育苗雨よけハウスでイチゴの子株とりのためのランナーポット受けを開始しました。昨年は子株のランナーを切った8月初旬に苗がたんそ病になり全滅しました。

小さい苗?これは 実験で1ヘクタール分だけ直播した田んぼのうちの一枚 なんとっ! 種まき中に種がなくなってしまったのだ

脇芽フィオレンティーノは、芋畑南面へ!トマトは強い光線、低湿&風通しを好むとか。ここは日当たり抜群(朝日から昼までの半日だけど)砂地なので乾燥バッチリです♪

収穫していたタマネギの整理をしました。サルの件があるので、いつもは外に吊るすのですが納屋にかけました。今年は数が多いので、中だけでは無理かもしれません。

23日、ジャガイモの収穫・収納を済ませる。写真はニプロのポテトディガー。管理機にセットして、このように掘っていきます。

マスクメロンはキュウリと同じ「ウリ科」に属します。キュウリの葉っぱとかってみたことありますか?見てみると、結構とげとげしたものがついているんですよ

メロンとスイカに雨よけのカバーを掛けました。周りには、藁をひきましたよ。奥は、スイカです。(毎回混雑していますね)メロンの方が良く育っています。

前回の除草から一週間たち、二回目の除草に入ります。草は気がつけばすぐに芽を出してきます。稲も少し巻き込みながらも除草作業を終えました。

種をまくタイミングはいつも難しいものです。発芽は揃っていた丹波黒ですが、その後はヒヤヒヤでした。曇天続きで日照不足の中なかなか葉が大きくなりにくい状態でした。

予定を変更して3月に植えたジャガイモを収穫してきました。種芋を4kgほど植えたのが、こんなにもなりました。思った以上に豊作でした。

梅雨の合間を狙って、じゃがいもの収穫を始めました。まぁ、掘るだけなんですけど・・・、これがまた大変なんです。しんどいんです、体勢も悪いし。

桃の収穫時期は品種によって違いますが我が農園では、ちよ姫・日川白鳳・白鳳・よし姫・愛知白桃・6月下旬〜8月の第一週までの一ヶ月半(50日)続きます。

先週の6月22日、トマトの支柱を立てました。トマトが生長した時に台風等で強風が吹くと、いつも支柱が傾いてしまうので、今年は風に強い「三角形」にしました。

全部で100坩幣紊△辰討癲∩れるくらい無傷で大きさも色もそろうものは20圓發△蠅泙擦鵝しかも選別にめちゃくちゃ時間かかります。

6月末でこの暑さ…こちら和歌山でも一気に夏全開モードに突入先日、6月24日に青梅(南高梅)の収穫が終了しました例年に比べて一週間ほど遅くなりましたね。

相変わらずエンドレスなミニトマトの収穫に精を出す喜美スタッフのみんな。そろそろ手が回らなくなってきたぞ〜と思った矢先、愉快な仲間が手伝いに来てくれました

カボチャは畝によっては大きくなったのもあれば、なかなか大きくならないものもあります。この違いは何か。上は育ちの遅いカボチャ、下のは育ちが早いカボチャ。

いよいよ梅の実が熟して落ちだしてきました。これからは雨の日も風の日も毎日梅畑を這い回って梅の実を拾い集め、梅干に漬け込んでいきます。

丸ズッキーニがひとつなりました。これから少しづつ実ってきそうです。丸が美味しいと聞いたのが最近で…あ〜そうだったんだ。

農薬を使わずに、とうもろこしを作るのは、とても難しい、と感じたのが、3年前。 難点は、カラス対策とアワノメイガという虫の対策。

今日は午前中にぶどうの2回目の肥大処理をしました。現在房の大きさは10cmから12cmぐらいで、見た目もぶどうらしくなってきました。

ルッコラが青虫に食べつくされてしまってほぼ全滅状態まできているので、朝一で虫退治開始。もう青虫を飼育してるんじゃないかってくらい大量発生です。

小梅の収穫は完全に終わりました。雨が多いために病気がきて最後は実がパックリ割れてしまいました。最後は竹の棒でたたいて落としました。

『タマゴボール』入荷しています。面白い名前でしょ♪ これは流通名です。本当は『スピランテス・オレラシア』といいます。和名は『オランダ千日』といいます。

トマトの樹勢が落ちてきたようなので追肥をしようと思う。Dr.小祝がいつも言っているとおりミネラル先行でして行こうと思う。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

久しぶりに晴れたので早朝よりジャンガーを掘りました。とりあえず、出来のいいところからということで、3連作、自家採種のニシユタカをがっつり収穫。

ここ由比では田中という品種が主力の品種で写真真ん中です。果汁たっぷりでジューシー。ウチの生産量の8割を占める主力品種です。

虫にひどくやられて重傷だったyasu家のナスたちでしたが 若葉が次々と開いてナスが完全復活 きれいな葉っぱですが 葉の色が薄くて葉脈が目立つのが気になります

久しぶりにおじーちゃんの畑の様子を見に行ってきました。 落花生の追肥をしているおじーちゃんです。 トマトにカラス除けのネットをかけたようです。

午後にハウスでアイコのタネを播種♪第三ハウスで育てる予定です!!ハウスの中はサウナ状態・・・・・(; ;)おまけに蚊もたくさんいるからもう大変!

籾摺りしました。こんな時期に籾摺りなんて多分うちぐらい。籾貯蔵してるので籾摺りしたて、精米したてのお米をお届けできるんです。

昨日はにんにく・遠州極早生、壱岐早生、福地ホワイト六片の収穫をしました収穫の目安は葉が3~5割黄変したころ、また試し掘りしてりん茎の尻部がほぼ平行になったころ

6月3日に一番茶終了。今年も水出し茶用のお茶が最後でした。青みをだすために、こんな傾斜に直掛け被覆。掛けるのも外すのも一苦労です。

家の横の畑を覘くと、ブルーベリーの実が良い色に 地にも少し落ちていました。早く収穫しないと蟻んこ達に食べられてしまう 今年はたくさん実が付いています。

リンゴの摘果=雨でもなんとかできる。桃の袋かけ=雨だとかなりきつい。なので、貴重な晴れ間である今日は、桃園にやってきたのであります。

このところの雨続きで畑のコンディションはあまりよくないが、サトイモの追肥と畝上げをした。追肥は発酵鶏糞と化成肥料(8-14-10)を施した。

今年も大粒のブラックベリーが採れはじめました。生果でつまむとジューシー、大地のエネルギーが詰まっているのを感じます。アンチエイジングに効果的と言われています。

梅雨時期の貴重な晴れ間。ここ数週間で一気に生長したイネ。いよいよ青年期に突入でしょうか。この時期は、週間天気予報と田畑のToDoリストとのにらめっこ。

今年は10万本くらいの苗をつくります。実際に植えるのは8万2千本の予定です。イチゴ栽培のもっとも重要な苗つくりです。毎日少しずつすすんでます。

皮が赤いジャガイモ アンデスレッドが収穫シーズンをむかえました。青土で育ったアンデスレッドは、蒸かすと『栗ジャガ』甘味がありホクホクしています。

ブルーベーリーが採れだしました。 今年から初めて収穫することができました。木はまだまだ小さいです。 毎日少しずつ色付いて、収穫が楽しみです。

刈払機で農地を一周廻ってきて気が付いた事がある。効率的では無いので、化学的防除を取り入れる事にした。除草剤の投入である。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

最後に定植したトマトたち。もう老化苗、徒長もいいとこだったので、なかなかうまく活着して育ってくれませんでした。それが、ようやく・・・育ってきました。

ようやくここ1週間くらい前から暑い日が続くようになって定植後に一向に大きくならなかったナスやキュウリ、オクラもぐっと大きくなってきてくれて一安心です。

昨年より試験的に緑肥を栽培しています。「露地畑」 草とニンニクとライムギが生えております「フレールモア」 今回使った機械はこれ・・・フレールモア(頂き物)

そろそろ夏の豆ラッシュが始まりそーですインゲン・サクサク王子・黄色・ムラサキササゲ四角豆・なた豆はまだかかるかな・・・

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

暑い日が続いています。雨がほしい!そんな声が畑や田んぼや また人からも聞こえます。田んぼに引っ越した苗たちも 気温とともにぐんぐん生長しています。

農園たやでは三日まえさつま芋を植えました、さつま芋の種類植えたのはオレンジさつま芋と紫さつま芋です。さつま芋を植え方は植えやすいです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ほっさんの田んぼ。農薬は極力控えております。いうなれば減農薬栽培。で、圃場に使う農薬をしないとこういう雑草がいっぱい出てきます。

田んぼの溝切りしてます!ちょっと遅めです。溝切りは、田んぼに水を入れる時スカッと行き渡り田んぼから水を抜く時スカッと抜けるという機能的にするための作業です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日は本命の貯蔵用のタマネギ「ネオアース」「アトン」の収穫。職場(畑)復帰した嫁さんは、手始めにタマネギを束ねるお仕事をしてもらいました。

まずは第二弾の枝豆の「越後美人」を定植しました。さすが美人だけあってスラりとモデルみたいに育ってしまいました。(笑 苗の出来が悪く41本だけ植えました。

渡辺さんから作業の説明がありました。芽かきの際には,欠いた芽をたばこの葉の上に落とすと,ヤニが雨に流れて腐る原因になるので注意が必要とのこと。

収穫を行ってきたブロッコリー。ようやく収穫が終わりまして、後は茎や葉っぱが残るのみとなりました。これは決してゴミでは無く、有機物として土づくりの礎となります。

いよいよ「梅」の季節になりました。梅の入荷です。早速梅のへた採り。細かい仕事が大好きで大のお得意の愛結ちゃん。お手伝いです。

さつま芋の定植 発酵堆肥を撒布して、トラクターで肥料を鋤きこむ。鍬で畝を作りマルチシートを敷き、等間隔で穴を開けてさつま芋の苗を定植する。

稲の方は、夏至も過ぎ、梅雨入りしたので益々絶好調のようです。昨日の26日に9葉目が終わり、10葉目に入っています。6日間で葉っぱが1枚増えていましたよ

7月3日(日)のジャガイモ掘り体験イベントの同日、さつまいもの苗を定植し、秋収穫する「さつまいもオーナー」を募集しています。その準備です。

蝶ちょうが飛んできて卵を産まないようキャベツとブロッコリーにネットをかけて防除。 青虫の被害は無かったが、ナメクジ君は徘徊していた。

昨日から大雨と暴風が吹き荒れました。今、とうもろこしは受粉をしたり、実を作っていたりと大切な時期を迎えています。なので、昨日の風は大きなダメージを与えました。

若葉ちゃんに小豆を作らせるだけではつまらないので、若葉ちゃんよりは知識のある青葉くんに作物を作ってもらい、どちらが上手くいくのか競う事にしました。

一巡目の草刈りも本番となり、日々畔刈機と刈り払い機のセットでスタッフは草と格闘しています。このほか、トラクターにセットするリーチモアも登場します。

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

茄。追肥除草をかねて、中耕後、ぬかを敷き詰めました。梅雨明け後の乾燥を防ぐ為です。でも。6/20までの乾燥に、かなり、参っているようです。

今日は、今シーズンのさくらんぼ初収穫でした福島市のさくらんぼは2回の検査で基準値を下回り、出荷できることになったのです

25日(土)JR福島駅構内にある市物産協会前で県外から訪れた人達を対象に桃の試食、PRが行われました。私のハウスで収穫した桃100個を提供させていただきました。

晴れ間を利用して、ゴーヤの苗を入植しました。 今年は、200本の播種をしたのですが、なぜか発芽率が悪く、170本しか芽が出なかったので入植は約150本になりました。

水田で稲作栽培をしていますが、もし除草剤がなかったらどうなるでしょうか 写真は、除草剤を使用したのに、何らかの理由で効果がありませんでした。

今回のきゅうりは7回目の発送となりました。食べ物は毎日消費され、毎日必要とされる物資です。被災地の生活が安定するまで、続けてきゅうりを発送できればと思います。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

洪水警報が発令される位の雨量となってます。枝豆畑が心配で、パトロールしてきました。ある程度高い位置にある畑なので、排水口へ水の流れも良いです。

田植えからこっちずーと田んぼに水をため続けていましたが今日一気に水を落としました。これから2週間ほど中干しです。

ひげ農園の野菜は元気に育ってます。波田の長芋を植えた畑に植えてある豆も、こんなに育ちました 他にも、色々な野菜が育ってます。違う畑に、ナスとかを植えました。

小林農場のぶどうは硝酸・亜硝酸の吸収を極力少ない状態で生産できるよう、ケイ酸とアルミナの複合体を作り上げた土作りにこだわる、小林宝治農法を用いています。

ガールズのお米は4/25に播種されたわけですが…今ではもう、田んぼという新天地で成長をしております!最近は天気も良く、田んぼに青い空が映ってとても綺麗な景色!

ハウスにトマトの様子を見に行ってきました だいぶ実がついてくれていました こうなると赤くなるのが待ちどおしい〜 きゅうりを見たら、だいぶ大きくなっていました

今日も雨。いったいいつまで降り続けるのか。さくらんぼは、水分が多すぎると、味がぼやけて、甘みが拡散しちゃう 園主が、今日はとても頭を悩ませていた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

5月9日に撒いた直播もはっきりと稲筋が見えてきました。こちらは移植栽培の写真です。まだまだ15cmぐらいですが、しっかり伸びてきています。

またまたやってまいりました。やまのぶ新入社員研修!!第1グループには田んぼの手押しの除草機を押してもらいました。雨でもやります。イチゴの親株管理もやりました。

午前中は耕起をする。 耕起(こうき)、その名の通り畑を耕して、起こすこと。 今日は嫁さんの父さん母さんに、耕運機をお願いしている。 耕起する前には石灰をまく。

今日は、非常にヘヴィーな一日でした。_ノフ○ グッタリ明日、群馬県からサクランボ狩りに来る団体様の持ち帰り用サクランボの収穫だったからです。

5月23日から田植えを始めて26日までの4日間と5月30日の日と計五日間で全部終了しました。田んぼの水加減を注意深く見守り、田植えが最適に行えるように準備をしました。

今日は、朝6:00に集合して、ダイズの播種作業を行いました。昨日作った播種床にもう一度ロータリをかけ、ロータリをかけたところに播種機を使って播種を行いました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

これに別ルートで入手した「輪菊」500本!みんなのおかげで半日で作業は終了!植えてみれば「2000本」は凄い数字。「え!?こんなにあるの?」というくらい。

ジューンベリーです。6月(ジューン)になったので、そろそろ収穫時期です。この写真のように色が濃くなったら食べられます。すでに野鳥のヒヨドリが食べに来ていました。

今日は、名取市高柳地区の花農家4軒、塩害の被害に会ったハウス等の除塩の様子を見に行ってきました。  ハウスの土は、岩のように硬くなり、無残な状態でした。

晴天だった昨日撮影してきた野菜の様子をご紹介します。まずは私の中で注目度No.1の枝豆から 結構おがってきてますねー(※「おがる」=育つ。成長する)

6/17撮影(ひとめぼれ) ものすごい勢いで成長しています!!あと1週間もしたらもっと凄い事に!?15cm条間の稲初体験だけに未知の領域に突入ですね

里芋(taro giapponese)の畝間の雑草対策や根の保護などのため、枯れ草を掻き集めて、敷き詰めました。 先日やった大草刈り。刈った草をほったらかしにして、干草状に。

講習会当日は,会員9名,丸森町農業創造センター担当者が出席し,ぶどうの房づくり技術を中心に,現地ほ場での摘房・整房等の実技指導を交えながら講習を行いました。

6月2日に田植えした「日本晴れ」凄く元気に育っています。仲間の思い入れの成果だと思います。 茎が広がり、満遍なく太陽光線を受けようと、この姿が理想の姿です。  

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

オクラの今年初出荷を迎えてしまった私です。これからは、毎朝やってくる集荷車にあわせて、朝か夜に近くの出荷場へオクラを持っていくのが日課です。

稲の茎の数が増えることを「分けつ」といいます。根から新しい茎が生えてきます。田植えの時は小さい株でも、「分けつ」して大きな株になります。

この他 夏蒔にんじんの哺場を作る私の教科書によると 堆肥(有機肥料)は前年までに入れるか 直前は入れてはならない。燐酸化理のみ入れる。

ハウス内の作業は快適です。それで、2回目のわき芽挿しトマトの定植をしました。だいたいわき芽挿しをしてから、20日程度で定植できるくらいになります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ジョナゴールドの袋かけが一段落しました。すごいでしょ約4日で約3万のりんごに手作業でかけるんですよ、もはや職人ですな(^^)

今日は神奈川のおばあちゃんが来て、初めてりんごの作業を手伝ってくれました(*^^*)今は摘果作業をしていますが、あまりのりんごの数に驚いていました。

メロンの株はわさっと ボリュームたっぷりによく成長していってますよ〜 早く結実した実は大きくなってきてますが、まだ小さい赤ちゃんメロンもポコポコいます

事務所前の畑に生徒さんたち専用の畑が出来ました!軍手と長くつ、帽子で準備万端の生徒さんたち今日体験したのは長いも(種イモ・ムカゴ)植えとゴボウの種植え。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

定植した白いトウモロコシ『ピュアホワイト』の苗。今朝雨上がりの畑を見に行ってみると・・・カラスにイタズラされて根元から折られているものを発見 

今日はトマトの芽かき トマトは栄養生長(体つくり)と生殖生長(実つまり種つくり)を同時に行います。トマトは繁殖力が旺盛で油断すると栄養生長に傾き気味です。

ブルトーザーによる転圧と土を除礫で土の団粒が壊れました。そのため土は固く固まり作物を作るための土をいかに蘇生するかの講習会でした。

雨続きだった日々も終わり昨日から畑作業ができるようになりました。防除に草取りに芋の培土にとやることは目白押しです。そんな今日。雨の予報なので朝早くから作業です。

十勝は、植物の生育促進月間のような気候 野菜達もグングン伸びています 体験用の畑で、十勝らしい作付けである輪作を感じて頂けるよう、津島さんが工夫して下さいました

今日は!外は暑い中、上士幌町農業技術研究センターなる施設で味噌作り♪もちろん大豆は村上農場産。音更大袖大豆です。

今日あたりから稲は次のステージ進もうとしています。分けつ開始!ですが、除草剤散布しています。草を退治した後程よい水にしてスクスク育てる環境にしてやるからさー。

昨日、知り合いの野菜農家さんにトマトの苗と交換でネギの苗もらっちゃいました そして、早速今日この苗を植えたんですがこの苗なんとも便利なんです!

本州に比べると とっても過ごしやすく快適です 野菜たちもすくすく育ち、今食べ頃は、コールラヒ でも、スーパーにも売っていなくて馴染みのない野菜ですね

豆のホー除草が始まっています。アルバイトを雇い人海戦術でこなしていきます。畦1本1本、順番に豆の株の根本の雑草を「ホー」でそぎ抜いていく作業です。

今日、種から育てたアスパラの苗を畑へ定植しました ですが今年は収穫できません。来年も少しの収穫、再来年から本格的に採れるという、ちょっと気の長い話です。

田植えが終わってすぐにまずは草刈をはじめました。 今年はあまり気温が高くないくせに草が元気で気づいたら伸び放題になってました(笑)そのわりに苗は元気ないっていう。

仕事の方は今日も小豆の野良イモ切り 風が当たらない畑なので、冬のあいだ雪が飛ばなくて凍結あまり入っていないらしく、野良イモが出てます

北海道では6月20日までが種播きのタイムリミットと言われているそうです。生育日数が約3カ月が多く、9月20日以降は、生育が止まると聞きました。

始めて草を放り込まれた若鶏はそれを食いものとは認識してなくて、超ビックリして遠巻きに見ております。草を放り込む度に「わあああああっ」「どどどどどどどっ」

毎日眺めてたロマネスコ。収穫適期と判断して摘み取った、1個だけいったい種まきから何日たったろう?大きな地上部にたったこれ1個、専作農家は採算合うんだろうか?

露地栽培の準備もはじまっています。まず畝に肥料を撒いて耕運機で耕します。その後、畝をビニールシートで覆っていきます。

写真はトマトのアイコです。初めまして 色づきはじめました。なんか嬉しいんですよね〜。トマトか赤くなるって当たり前のことなんですけれど、、、

伸びる、伸びる、草が伸びる。ニワトリ用の草刈りはもちろんのこと、野菜畑も草刈り。ズッキーニ畑ニンニク畑ブルーベリー畑さすがに鶏もこんなに草は喰えない。

ここのところ登場回数が少なくなっていたスイートコーンのピュアホワイト。着実に生長して大きくなっていますよ。6月初めには雄花が咲いて花粉が飛び、受粉も終了。

バブルガムエンドが種付けできる状態に。ここまでチチカステナンゴを種付けすること5回も受胎ならず。気分一新、ロースタッドのアジュディミツオーを種付けして来ました。

9月収穫の人参の播種指定日が今日。このところ夕立が降って天候が落ち着かなかったので予定通りに作業が進まず、プランターもパラソイラーも後に倒れてしまいました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

6月の半ば、牛たちが食べる牧草の収穫が始まったようです。 草を集めてかたまりにする機械がこちら。 綺麗に刈り取られている草を、見事に集めていきます。

さあさあ、きょうはいよいよ小麦の刈り取りをW氏にお手伝いいただき、開始いたしました。小麦もいい感じで熟してきたようです。

葉が倒れ始めたので、昨日少し玉ねぎを収穫。晴れの日を選んで倒れたものを収穫していきます。収穫した半分は切玉で早期に出荷し、残り半分は吊り玉保存します。

見事に鶏舎手前の日影に集まる信濃地鶏。奥は日差しを浴びてかなり暑そうだ。今日から日除けシートを全面に設置に取り掛かります。

アスパラガスがピーク(?)を迎えたようです。3日で1回収穫のローテーションだったのですが、今日は1つの棟で朝、夕方と2回収穫のところも出てきました。

ジャガイモだとまず株元を人力で除草し、その後に通路を管理機という機械で耕しながら除草し、同時に土をジャガイモの株元に寄せていきます。

中生種のりんごと桃の仕上げ摘果がやっと終わりました。山沿いのふじ1反も今日あら摘果が終わったので,あとはつがる1反とふじが3反を残すのみです。

スティックセニョールの収獲が始まった。「スティックセニョール」とは「茎ブロッコリー」のこと。サカタのタネの茎ブロッコリーの名称である。

近隣の方のお米が同じ銘柄と水を使っているのに味が違う 田んぼで気付いたことは土壌の状態です。自分の田んぼには少ない生き物が近隣の方の田んぼにはいるんです。

堆肥の積みあげを行いました。高さ2mくらいの大きい堆肥の山になりました。作物の苗を育てる上で、良質な堆肥は不可欠です。

ブルーベリーの下草刈り。おじさんの所には50本余りにブルーベリーの木があります。今年は、ブルーベリーも実がたくさんついているようです。

去年の秋植えたメイポールに実がついたので、摘果しました。こんなに小さいのに、割ってみると、こんなに赤い色で、かじってみるとすーーーっぱい。9月が楽しみです。

昨日、とある知人と話していたら大石早生も「摘果はしたほうがいい」と、言われ急遽摘果することにしました。摘果と言ってもそんなに難しいものではありません。

嫁のお父さん、お母さんの助けを借りて、アスパラの植え付け(2250株)が終了しました。やっと一息がつけます。

田植えが終わり 苗の様子です。不耕起の田んぼにはマツバイという芝に似た雑草がはえ、その間に苗が植わっているという無農薬ならでは?の風景が見られました。

ウォシュタも果実が脹らんできました。花も咲いています。今年はどの位の収穫ができるか楽しみです。この農園日記をご覧で、ブルーベリー狩りに来た人は、試食OKです。

研修農家でりんごの摘果でした。摘果は樹に半身を入れながらだったり、枝の中の空いた空間に体を潜らせたりと、かなり樹に密接した作業になります。

最近のわたくしにかせられた使命それは柿  秋に加工し市田柿と呼ばれる渋柿その木の整枝!なんのこっちゃって感じですが・・

雨が降ったり晴れたりの開田高原です。だいぶ暖かくなってきました。最低気温も15、6度くらい。いつのまにかブルーベリーも順調に育ってきました。

今日もレタスの出荷を行いました。今日は暑かったですね。こんな日に限ってレタスの出荷が大忙し。時間いっぱいまで切ってました。

梅雨の真っ只中、ぐずついたお天気が続きますが、りんごちゃん、順調に大きくなってます。フジの実も、こんなに大きくなりました もう、3センチぐらいになってます

梅雨のこの時期、雨の日は草刈とハウスでの作業となります。昨日も畑の土がぬかっており、草刈を3時間ほど行いました。

雨が続くようになってきた。定植したナスやキュウリは元気がでてきたが、雑草も一気に伸び出した。ニンニクは草に覆われる前に早く収穫しなければ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

この時期の草の伸びは本当にすごい。あっという間に野菜が草の海に飲まれてしまう。今は毎日の作業の半分は草刈。今日は他に長ネギを定植した。

我が家のお庭にある 「ビニールハウス」  半分は育苗用で使っていますが半分は畑として使い始めました。 これは藁が置いてあるだけ?! パプリカを定植しました。

ジベレリン処理(2回目)を行ないました ジベレリン処理(1回目)から10日前後を目安に行うことで果粒肥大効果があります

選抜された房はジベレリン処理をすると日々粒がふくらみ、さらに取捨選択。 摘房のあとは摘粒。 こんなふうに 1房1房、1粒1粒。はさみでパチパチ・・・

早生桃のクィーンエンドがおいしそうに色づき始めました。去年は2個でしたが、今年は木も生長して10個位ついています。8月の桃に比べると実は小さめですね。

昨日は庭にある1本の梅の木から梅を収穫しました。今年は大収穫でなんと63キロもとれました!!50キロは梅干しに、13キロは梅ジュースにすることにしました。

いよいよ今週末から一番始めの"ちよひめ"という品種の収穫が始まります。今日は町の目合わせ(収穫する基準の桃を確認する会合)に行ってきました。

今年もお陰さまで田植えを迎えることができました。苗床で稲と雑草の見極め方を教わりました コシヒカリから田植えスタートです!午後からは各自の区画で田植えをしました

育っていく雑草を無視は出来ないから雨が止むと畑に出て草取り作業にせいを出す。根を張った雑草と悪戦苦闘していると首筋のあたりに誰かの視線を感じた。

35羽をまずは狭い範囲で慣らします。これで餌で戻るように仕込んでできるようになったら全体に放します。

畑でぶどうの袋掛けのお手伝いをしました。品種名はヒムロットシードレス。このヒムロットシードレスは無摘粒で、今日掛けた袋の一辺を破いた状態で出荷されます。

朝作りは、川中島白桃の袋かけ。おふくろ、私、神さんの3人で出動して、2本終了。朝飯後は、昨日で傘かけが終わった巨峰・ピオーネの摘粒をはじめました。

さくらんぼ佐藤錦の初出荷が始まりました。まだ出始めということで、徐々に出荷出来るものを選別しながらって感じですけど、、、とりあえずは開始です☆

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

この春からスタートした鬼柳圃場・・・先ずは土作りの第1歩として緑肥クロタラリアを播いてみている 1ヶ月を過ぎたがどうだろう・・試しに植えてみたカボチャ?

イチゴの収穫が終わったので、来年用の苗作りを始めました。イチゴはランナー(匍匐枝)を伸ばしてその先に新しい芽を作ります。

無農薬に越したことは無いが、横浜の気候で、週一回のサラリーマン農業では、この時期ほとんど収穫は期待できない。これは6年間農作業に関わった者としての実感だ。

なすの整枝と、わき芽の収穫などについて疑問があったので、神奈川県農業アカデミーの先生に電話をしました。基本の主枝3本を伸ばす。その下のわき芽はすべて欠く。

栽培中なんです。欲しい人も限られているので、ひっそりと並んでいます。当農場で栽培しているキュウリの中で、一番栽培に難儀している種類です。

単独で内検を行いました。まずは人工分蜂に成功した4群。産卵が行われていることが蛹蓋で確認できました。元気な女王蜂が忙しく歩き回っていました。

試験栽培として定植いたしましたスーパースイートコーンのその後ですが、今年は花芽が低い位置に付いているような感じも受けますが、比較的順調のように思えます。

ハウス内で育苗していた黒豆が部分的に十分発芽したので畝に植えつけた。「部分的に」と書いたが、よく観察するとハウスの手前側がよく育っていて、奥の方は遅れている。

本日の収穫きゅうり8本 なす8本 ピーマン7本ちょっと忙しくて2週間ぶりに畑に行ったら、なんと、大変なことに・・・・きゅうりが巨大化してしまいました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

キュウリができた。 立派だ。さあ、今日出荷しようと思ったら、まだらしい。なぜ? こんなに立派なのに。出来始めは美味くないらしい。

日野ガールスカウトのみなさんがお手伝いにきてくれました。今日は麦刈りの予定でしたが前日の雨のため延期し、モロヘイヤの定植その他畑作業を一緒に行いました。

ビニールハウスの中に生え茂っていた雑草をむしって。このハウスの中でウチでは新しいことを始めマス。思えば新しいコト初めてはいるものの、ナンヤカンヤ失敗が多い。

畑で小松菜を収穫していると、鈴木牧場のSさんがトラックでやってきました。田んぼを耕運した耕運機のかご車輪に泥が付いて困っているこのこと。

ズッキーニです 今年は私が収穫担当になりました。ズッキーニは受粉をしなくてはなりませんが、重要な受粉の作業は祖父にお願いし、私が収穫の管理を。

きゅうり うどん粉病、べと病、斑点病等きゅうりは病気のオンパレード。もう沢山収穫しましたでしょう。人生にたとえると、もうきゅうりは40代から50代。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ぶどうも暑すぎると良くないので、風通しがいいようにビニールの端を開けました。ぶどう棚の上のビニールを開けると、すごい熱気サウナみたいに息苦しい・・・

また雨続きの日々が続く前に、玉ねぎの収穫を行ないました。玉ねぎの収穫日は、収穫してすぐ乾燥しやすい今日のような日がベストです。

先週、今シーズンの干し芋の芋の苗を植えました。使っている道具は芋の苗を植えるための道具。『サスケ』です。昨年のうちに2つ購入しておきました。

厄介なりんごのもん派病の治療薬を根元に潅注しました。病気の木はりんごをならさないようにしたり、少なめにして負担を少なくしてやります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今年のかぼちゃです つるも伸びてきて 畝間の緑肥もきれいに出てきて 一面緑のじゅうたんになりました 畝間を刈って その上にかぼちゃが乗るようにしてあげます

コップン カップ。 ポム チュー パクチー カップ。タイ料理やアジア料理に利用頻度高い、パクチー(コリアンダー、香菜)を間引きして収穫しました。

麦を刈り、水曜木曜の2日でスイカの畝を立てました。麦刈り跡に残ったワラが天然のマルチ資材となり、スイカに好都合な生育環境になると考えたからです。

体験農園は21日夕方の激しい夕立でトウモロコシがほとんど倒伏してしまいました。1本2本なら起き上がってくるのを待つのでもよいのですが、全部となるとそうもいきません。

6/10よりジャガイモを収穫。ヘアリーベッチにジャガイモが覆われてしまい、ジャガイモの光合成が阻害されたため収量が減った。

一月の初めに種をまいたセロリとレタスから始まった春夏物も、二回目のきゅうりが畑に出て行ったことでようやく終わりの気配に。

先月植えつけたホドイモが、なかなか芽が揃いません。地面が結構冷え込んでいるため、地温を稼ぐため、浅く植えるか、マルチを使うのが、有効でしたね。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ゴボウの種まきをしました。品種は大浦ごぼうで、播種間隔は5センチ、2、3粒まき。ということは、適度に密なので、中細から中太サイズねらいです。

そんな温室で、私のピーマン畑が、いや、パプリカ畑が・・・ね!委託生産の残り苗をそのまま捨てないでおきました。ほら、3寸ポットのまま。

トマトの防鳥ネットを張った。他の畑の人によると、青いトマトときゅうりがすでにカラス?にやられてしまったので、改めてネットを張ったとのこと。

毎朝畑に行ってますが最近ほとんど水やりしてませんこの時期は雨が降ったり止んだりでそんなに手間はかかりません雑草もけっこう生え始めてきました

ブドウは初めてなので、この先もちゃんと育つのかわかりませんが、今のところ順調で今から収穫の事をかんがえてドキドキしています。

トキタ種苗に見学に行った時に、アンケートに答えてきたら、後日わわさいの種が送られてきたので、栽培してみました

田んぼに植えた 赤米のその後です。大分、大きく成長しました。うるち米には負けますけれど・・・画像中央やや右側の一列が赤米、左側がうるち米(キヌヒカリ)です。

池田農園 玉ねぎ大収穫日でした(;^_^A玉ねぎの葉?が倒れてきたら収穫合図です。収穫して、束ねて吊るして干して…結構な大仕事です(;^_^A

今日は研修です。今日はランナー受けをします。親株から出てきているランナーを土入れをしたポットに留めて受けていく作業です。

農園の端にコンニャクが植えられており、全部で15個だそうです。10個はもう芽が出てきています。残りももうすぐ芽が出てくることでしょう。

土が乾いてきたので、農園のジャガイモを収穫してみました。まだ、土に湿り気が残っていていい状態ではなかったのですが、収穫しました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

木の里農園のとんがりキャベツは肉厚でやわらかくて生食に最高。おすすめは、即席甘酢漬け!

今年は肥料が少なかったからか?寒い日が多かったからか?苗の生長が良くなかったものの田んぼでの生長を期待して、植えてしまいました!去年より7cmも小さめ…

我が家の草だらけの畑へ。トマトハウスでは大玉一段目がとれ始めました。毎年なかなかうまく作れず、お客様にはヤキモキさせてしまっている大玉。

にんにくを畑から全て抜き取り、収穫が完了しました。ハウスに並べて数日間乾燥させた後、風通しの良い日陰に置いて保存をします。

イモ掘り機の試運転をかねて、ジャガイモの試し掘りを!無事に掘れるか(実は)かなり心配だったけど、ちゃんと傷もつかずにイモがゴロゴロと出てきて、やったぜ!と。

以前は野焼きしていたのですが、環境にも悪いし燃えた灰が、機械のラジィエターに詰まることが多いため、砕いた茎葉をすき込んで播種床を造ってます

梅雨時の貴重な晴天なので遅れている作業を片づけなくてはなりません。写真左側で夏人参の収穫が始まりましたが、その横で秋冬人参の準備です。

昨日(6/21)は,カブトムシが100匹以上取れたので,また幼稚園に届けました。このように毎朝虫取りをするのは,ブルーベリーに害を与えるからです。

やまびこ農場ではジャガイモ掘りが始まりました。梅雨の合間の晴れの日は大変暑く、きつい作業になっています。今年は男爵という種類のジャガイモを作りました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

スイカの受粉を以前やったけれど、どういうわけか実がなくなってました失敗か???まあ、夏までまだまだ元気に育つと思うので、気長に見守ります。

こんな感じで、支柱を立てました。支柱に紐を巻いて、伸びても大丈夫なようにしました。ちなみに、じゃがいもも収穫しました。でも後2/3も残ってるんですよね。

ハバネロ・ジョロキアが気になったのか、種と苗を提供してくれたギュウ農会員のオサムさんとサチコさんが、草取りに来てくれました!

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40