この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ナスの畝づくりです。畝づくりといっても、ちょいと畝をクワで作って、その上にマルチシートと呼ばれるシートを地面に張り付けるだけの作業ではありません。

この時期になるとオークファームの野菜たちも「寒いよ〜」って嘆き始めるんですよ。本当に!そんなときは「不織布」の登場。みなさんはご存知ですか?

自宅で種から育てたスナップエンドウを畑に植えた。苗が徒長してしまった話をしたら「やさいの時間」で夜は家の中に入れて毛布を被せるようにしていたよと言われた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:市民参加型農園(市民農園/体験農園/農家民宿)|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

国吉武光さんの人参の収穫応援にいってきました! 国吉さんの畑は糸満市喜屋武にあります。糸満市は生産量県内1位で美味しい人参が取れることで有名な産地です。

兼業農家にとって、超絶な勢いの農繁期です。。日向夏の収穫(それを終わらせて剪定、伐採・・・そして授粉、草刈・・・)に早期水稲の準備・・・

先日、コーヒーを収獲し精製を始めました。今は、パーチメントの乾燥中です。4〜5月の開花から約10か月!雨にも負けず、風にも負けず・・・よくがんばってくれました。

今年の椎茸は周期的に来る暖かい雨のためパッと開いてしまいます。これから収穫期になると楽しみにしていた708号も一昨日の雨で薄く開いてしまいました。

昨日はセルトレイからポットにトマト、ナス、ズッキーニの苗を鉢上げしました。うちの農園で毎年恒例のグリーンゼブラ(アメリカのトマト)ももちろんつくってます。

ツタンカーメンのえんどう豆の花さやは紫、豆はグリーンピースと同じように緑色^^でもでも、豆ごはんにするとはじめは普通の豆ごはん〜

朝から、とほほでした。ほうれん草の収穫がてら、畑の様子を見にいったら、部分的にではありますが見事に水没していました。排水の溝が、いつのまにか埋まっていました。

3月に入ってから自然薯の植え付けの準備です まずは植え付け用の穴掘りからです。写真のように約40センチの深さで1本あたり30センチの長さで掘ります

この頃は、というとレタス、キャベツ&人参の収穫しながら合間にマルチをはいだり片づけしてます リーフレタスの収穫風景 通路の草がどこもわさわさしてきました

今日は、久しぶりに晴れました!早速、遅れていたじゃがいもを植えました じゃがいも50mを3列 品種 男爵 メークイン 赤系の3種類を植えました。

いろんな品種がありますが、今回は早物でさえみどりの苗を殖え3−4年すると茶摘みができますがそれまでは1日1日丹精を込めて育てていきます。

早速コマ打ちにトライ!です。今日使用したのは「290(にくまる)」という名前のシイタケ駒です。シイタケが発生する最初の年と、次の年の収量が多い品種だそうですよ。

インゲンの収穫の時にこの通路を立ったりしゃがんだりしてカニ歩きして進んでいく。そのしゃがんだときに後ろの葉っぱをおしりでポキリと折ってしまうことはしばしばある。

お茶農家はいよいよ始動の季節になりましたが、この雨で作業は捗らず…。天気を見ながらまずは施肥。今回は魚粉を施肥します。

一週間前も、麦の生育状況をUpしたのですが たった一週間でまたさらに青々しくなりました。あと、2ヵ月半ほどで刈取り。 

白ネギ作りの傍ら、自給自足のため野菜作りを始めています、、、これが、結構楽しいですね。芽がでてくると愛らしさに頬が緩みます。

今年デビュー予定の品種「香駿」の春整枝をしました まだ、防霜ファンが設置してないので、今頃の春整枝です 

麦、踏みました 例年ならローラーで踏んでいましたがどうも踏むのが弱い毎年、タイヤが通った所で歴然と成長の差が出るならば今年はタイヤで踏みましょ

そら豆の花が満開です。この花ひとつひとつにそら豆が出来ると思うとワクワクです。茹でて、アミで焼いて焦げ目をつけて塩だけで食べる。もちろん ビールです。

一年経ってようやくシイタケが生え始めました。 このホダ木、近所のSさんから森林組合のシイタケ用のを分けてもらい、このように伏せ込んだのが昨年の3月13日でした。

やはり恵みの雨でしょうか? 作物達も一気に成長するでしょう。やはり自然のお陰です。私達の麦も成長してきました。 もう麦踏み出来ないくらいになってきました。

水郷柳川やまだ農園の説明会を行いました!午前中は柳川で午後は鳥栖市儀徳で行いました。 去年は38品種を作りましたが今年はなんと40種の野菜を育てる予定です

杉の木の下の畑を畝立てした。田んぼの苗床の準備と同じ様に、最後に米ぬかをふりまいてその上に表土を乾かさないようにワラを並べて被せておいた。

これから野菜畑にする為、開墾していきます。先日、上杉さんと共にミカンの木を切ったので今度は、切り株を掘り起こす作業です。

ニンジンとゴボウの種まきをしました。 時期的には少し早いと思いますが、早めにまいてみる事にしました。去年は少し遅くまいて、思うように出来ませんでした。

気がつくとこんな気温にもなるよ! まーさすがにこれは異常だけれど。この頃はまだルネッサンスの苗の双葉がようやく開いてきた頃なので、この気温は危険。

今年は、順調に収穫できることを願ってます。ハウスでは、マンゴーの花が咲き始めてます。蜂も天気が良くないと仕事してくれません。マンゴーの木です。花が咲く前です。

隣接する自然農法(耕さず、一切の肥料農薬を用いず、草や虫を敵としない)の畑を見に行くと、巻かなかった白菜の残党がいよいよトウ立ちの前のようでした。

収穫・パック詰めのわずかな合間に、イチゴのケアをつづけてた結果、病気や害虫が発生する事無く、12月末以降、化学農薬不使用でやってこれております。

畑へGo〜!父ちゃんがんばっています!おおっ、山積みの肥料がほとんどなくなっています!嫁も参戦。計った肥料を軽トラックに載せて一列置きにおろしていきます。

天芯農場のスナップエンドウは、もちろん有機栽培です 寒さで凍ってしまった冬を乗り越え、パリッと美味しい実がたわわに実っています。

途中までで放置してた、玉ねぎの草取り 雨降る前にと急いで行いました。・・・まぁ〜あんまり生えてなかったので・・・なんとか雨が降りだす前に完了

昨日収獲した豆の乾燥が始まりました。夏?と思うほどの太陽、乾燥初日としては最高の天気となりました。ヌメリもだいぶ乾燥してくれたようです。

荷台の後ろにあるハネが回って凄い勢いで堆肥がばらまかれるという代物。これがあると、今まで2人掛かりで1日かかった所が、1人で数時間で終わってしまいます。

気温が上昇するにつれサラダタマネギもずんずん太ってくる季節。長雨による病気も心配。新茶の前にサラタマ収穫の農繁期を迎えなければならないのだ!!

私の一番大好きな柑橘「せとか」夏の暑いとき1つ1つ丁寧に袋に入れて樹木に成らしたまま越冬させて3月半ばに収穫すると最もおいしく食べれるのです。

昨年植えたぶどうと今年新植したぶどうの株元に黒いマルチビニールを張り詰めていきます。しとしと雨なので、マルチはりには雨が適度な重石となっていい感じ。

レモンの苗木を植栽しました。小雨の降る中の作業は足場が悪く、手強い作業でした。何かの縁でナチュレにやって来た苗木達一本、一本心を込めて植栽させてもらいました。

雪にも負けず、そろそろ終りのダイコン、まだまだ元気なブロッコリ、玉ねぎもどうにか復活、で、いいかんじです。そして、先週はじゃがいも植え付け。

少しずつ春を感じるようになった農場では、「塩トマト」の収穫がピークを迎えています。塩トマトのハウスは、昭和中期まで百数十年、塩を生成していた所(塩田)あります。

種まきから三日が過ぎた今日・・・ルネッサンスの芽が出ました!ここから日差しの下で育てることでしっかりした双葉が開くとこなんですが、まだまだ天候不良は続くようで。

仕事ひとつひとつは楽でも、種類が多くてけっこうハードに動きまわりました 無管理で栽培しているプランターいちごも、ほったらかしなのに、美味いです。

いっぱい農作業が出来ました。ピーマン、そうめん南京、スィートコーンの植付け準備で畝立てと耕しをしました。畑周り、お店周りの草取り。

暖かくなったせいかパッションからわき芽が出て来ました。 これをほっておくと栄養がそちらに取られて主枝の生長が遅くなってしまいます。

苺のへたって食べるのに不必要なのに一枚でも欠けてたら規格外…なんでやろ(-_-;)たまに二つが一緒になったやつがあるんですが、割ってみたら…

今年も、福岡県手もみ茶葉を1年間育てています。白いラブシートを2枚掛け廻りは、冷たい風が入ってこないようにビニールを張ります。

気持ちよく畑を借りることにしました。そこで早速畑が増えた分のさつまいもの苗を確保しなければいけませんので、急きょ苗作りの作業の開始です。

食用にと、残していた白ネギですが、次の定植のため畑を養生するため致しかた無く、ネギ掘りし僅かですが近隣の市場へ出荷してきましたよ。 

雨女のリベンジ!今日は雲のち快晴〜!収穫日和でした。でもジャガイモは日光に当たると緑色になるので、雲がベスト!とにかく拾いまくりました!頑張った!

家に持って帰ると仕分け  特大 大 中 中の小 小  並べてる途中の一枚です 小はバラバラに置きます 並べたいんだけど体力がなくて

しかし、人参ジュースを必要としておられる方々に安心・安全な人参をお出しできるように本日、少しだけですが種を播いてみました。

色々とありまして第三圃場はなくなりました。第四圃場が第三圃場となりました。今日は第三圃場の耕起と土の状態をチェックしました。表土は13,5度でした。

スナップエンドウが 気になっていたので、7日の日に 鉢(3寸)に まきまして、落ち着いてから 定植します。トマトは なんとか 芽が出始めているみたいです。

どうにか椎茸を採りこなしていました。品質もまずまず、今年はいい椎茸が採れると喜んでいました。ところが4日の夜の暖かい雨で状況は一変してしまいました。(汗)

吉川農園では次の春白菜の準備がすでに始まっています。この苗は2月の上旬に種まきしたものです、後1週間ほどで畑に定植できそうです。

違う場所にある別のハウスでございますが、まあなんと言うか 赤い実がほとんどありません、ちょうど2番目の花が散って、実に成りかけでございます

麦畑の麦踏ジョギングもいっぱいしなければいけないのに 今年は1回きりで終わっています 麦は踏めば踏むほどたくましく元気になるんですよね

畑には、春がやってきているようです  心配だった玉葱さんも がっちり しっかり 大きくなってきました この感じだと、6月には、大きな玉が出来そうです

結構な雨ですよ・・・・バジルの栽培準備をしなきゃいけないんですけどこれじゃあ暫く無理ですね^^;今回バジル畑に椎茸の菌床を入れるようにしました^^

2/17播種の苗床.やっと子葉が抜けてきた。今年は温度が低めなのでとにかく成長がゆっくりだ。 小松菜もちょっと足踏み。

先 日 マンゴーから出ていた 小さなぽちっとしたやつ・・やっぱりやっぱり つぼみでした 去年に比べ 今年は花芽が付くのが早いみたい それもたっくさん

朝から畑に出て、先日買ってきた野菜の苗を植え付けました野菜に加え、楽しみが増えるようにと買ってきた苗がこちら 〜イチゴの苗です

マンゴーはというと、一つのハウスは摘果終了で、もう一つはやっと花が終わったくらいです。結実状況も期待できないと書いてましたが、案の定あまりよくない感じです。

いつもなら”きたあかり”と”だんしゃく”を植えていた春のジャガイモなんだが、今年は”きたあかり”が手に入らなかった。

ヘアリーベッチの種を撒くため畔を管理機でかじるわけには、行かないので、岡戸式不耕起播種機で播種してみた。割と想像通り上手く播種できたと思う。

いつもの、甘藷の苗床も苗の芽の出が遅いようです。これまでの2月、3月の気温が低く、そしてこの雨でお日様もささづ、地温があがらないのが影響しているみたいです。

本日もカボスの選定でした。こういう柑橘類は毎年同じように剪定していたら4年に一度は隔年結果(2年おきに実がなる)をおこすとのこと。

今日は朝から雨の中、幾分早めながら、JAから届いた甘みの大幅アップしたスィートコーンの種をセルトレイに種まき。天候が回復すれば一挙に進むのだがなぁ〜・・・

この日は、1日みかんの苗木の植え付け作業です。いろんな場所を掘ってみて気づいた事・・・山の開墾って大変だろうな・・・とつくづく思いました。

田んぼや畑に麦を植えているのだが、まわりに生えている草との区別がわからない。穂が出てきたらわかるのだろうが、初めて見る茎や葉なので麦だろうとは思うのだが…。

野菜作りの方は育苗ハウスでのキャベツやレタス、白菜の芽が出てきました。初夏に収穫するジャガイモも植え付けが終わり、ニンジンの種もまきました。

出荷後に嫁が泉4の妻面の草を取ってくれた。ハウス内の気温が急に上がったのであわてて内カーテンを開けたところ草が驚くほど大きくなっていた。

昨日に引き続き、マンゴーの花が咲き始めるころに肥料を投入する花肥をあげました。アーウィンマンゴーはまだまだ遅れているので、キーツマンゴーのほうへ。

畑の耕うんへ。午後、レタスを植えつける。でも30本くらい。寒さで、今年の発芽もよくなかった。畝の残りには、ほうれん草を播種した。その後、ネギ畑へ。

それいゆ農園では22本のマンゴーを育てていますが18本だけはビニールハウス2棟分使い1棟に対して9本ずつ育てています。

午前中剪定。午後、尾崎、不知火、はるみにICボルドー散布。昨年かいよう病に一部感染。ネーブルは寒にあたり落葉や枯れこみが激しいので、今年は散布を控える。

また少し寒くなってきて天気も良くないので、ミツバチに餌やりをしました 花粉の代用のビール酵母もたいらげています 内検するたびに蜂の数が増えています

予約分の農薬が届きました。昨今、減農薬が主流ですが、僕らも散布したくてしてるわけではなく、必要最小限に抑えてます。

写真は親株の様子ですね。まだまだ小さな状態ですが、いまからぐんぐんと成長していきます。 株は太くなり、ランナーという触手が沢山生えてきます。

新しい土地を経営可能な葉野菜生産の畑に変えるには、最低2年ほど必要な事がわかりました。 寒い時期はどんなんでもできるのですが、温かくなると、ダメです。

急に寒くなり雨もどっさりと降りました。これで落ち着くかな〜なんて期待 比較的暖かくなるであろう&例年通りの時期と言うわけでレンコンの種入れを開始いたしました。

先日、農の達人が見えられた時、植え穴の土を見てあまりのひどさに悲鳴を挙げていました。15cmも掘るとセメントのような土が出てきます。

今日は、朝から、じゃがいもを植え付けました。今日は、一日かけて、一気に予定数、45m×6列を終わらせました。種を並べて、上から施肥、そして土をかぶせる。

刻一刻と……近づいてます し、し、し、新茶にこの作業をすると、実感します これは、お茶の芽が早く出るように専用のシートを被せてます まだ、終わってないですけど

昨年の11月から始めたシカ、イノシシの防護柵約1000mの設置作業がほぼ終わりました。が、これで安心というわけでなくやっと基本ができました程度です。

3ヶ月前に定植した玉葱は寒い冬を今乗り越えようとしています。少しずつ少しずつ葉が伸びています。まだまだ土がたくさん見えていますね。

作業内容は、温床やり直し、種まき。ナス科が発芽しないので、温床に栄養を付け加え、再挑戦した。ついでにサニーレタスの発芽率も悪いので、あと1枚播きなおした。

昨日はかなり強い風が吹いていて、晴れ間が見えても寒い一日でした。 3ヶ所ある畑を順に見に行った後、自然農法専用畑にミニ人参と春まき大根の種を蒔いて来ました。

午後からは、予定していた反田ネクタリンの肥料散布を行いました。初めて粒状アヅミンを使いましたが、埃が凄まじい!Σ(×_×;)!粒状の意味ないし…

温度が必要なスイートコーンですが、すくすくと育っています。発芽はそんなに良くなかったのですが、補植用にポットにも育ててたので穴が空かずにすみました。

昨日の残りのじゃがいも畑畝立を午前中で終わらせ、ちょっと早めに昼食を済ませた後、午後からはマルチ張りに取り掛かりました!!

改植用の河内晩柑の苗が配布。雨もあるという事で、植え付けを始める。1年生の苗だが1本植えつけるのに時間がかかる。来週は残りの改植用の苗、捕植用の苗が届く予定。

春野菜の作付準備!ビニールハウスNO1に散布 1、堆肥、有機石灰、EM菌 ミニハウスに、ラディシュとミズナを作付 肥料は、堆肥と石灰のみで今回作付する。

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

不知火とネーブルの収穫をしていました。最近ずっと雨が多いので、天気の良い日を狙って収穫しました。まずは不知火の畑へ不知火は「デコポン」の名前の方が有名ですね。

今日は一昨日の稲の苗箱を稲専用の苗床へ据え付け作業をしました 作業場に置いてあった苗箱をトラックに積み込みます トラックから一輪車に乗せ替え、苗床まで運びます

先週、雨上がりの日に石灰を撒きました。柑橘収穫後、土壌改良の為に毎年行う作業です!酸性が強くなると作物に良くないそうです。

トタンで屋根を拵えようか、ビニールで安く仕上げるか、いろいろ考えましたが、実際に屋根を拵えるほどはスペースがないので簡易のトンネルにすることにしました。

弟がはるばる沢渡まで手伝いに来てくれてました。今日は何をしてたかというと化粧ならしです茶園の表面の所々にピコッて出ている葉っぱを刈り揃える作業です。

四四八個(一四×三二穴)の区切られた播種穴がある育苗箱(大きさ三〇×六〇cm)で育苗する方式で、一穴に一〜三粒まきします。

「いちご畑」で、葉かき。灰色かび病対策の荒療治の続きです。が、捗りません。葉っぱが茂り過ぎで手間取るのもあるけど、今日は予想外のことが多く...。

農薬や化学肥料を使わず、露地栽培にこだわって作ってきたホウレンソウです。ここのところの暖かさと雨で、大器晩成とでもいいましょうか、ぐんぐん伸びてまいりました。

昨年よりも仕事がかなり遅れております。なんで遅れているかというと、温州みかんが豊作で収穫を1月中旬まで行っていたことが一番大きいと思います。

オリーブの樹 1本ずつ全体を見ながら…。昨年 実がなって葉っぱがついていない枝を間引き剪定していき、中の方にある枯れ枝も剪っていきます。

ここに来て大玉が落果し始めました!色々原因はあると思いますが、雨量が多かったのもその一つかと…。そうそう!黒点病も多くなってます

就農1年目は、休耕地をお借りして「はれひめ」「中生みかん」を合計375本植えました。今年は225本植えるのですが品種は「紅まどんな」「西南のひかり」という2品種です。

畑に菜の花が姿を見せ始めた。これはチンゲン菜で、まだ「花」にはなっていないけれど、この写真を撮ったあと摘んで帰った。今晩のおかずになる予定。

苗土はこちらの有機園芸培土を使いました。昨年は5月にすべて畑に直播にしました。なぜ苗立てが必要なのかがそれではっきりしたので、今年から苗立てをします。

病害虫防除を行いました。今回はブドウの晩腐病・黒とう病の予防に「ベンレート水和剤」を、カイガラムシ類・ハダニ類の防除に「石灰硫黄合剤」を混用して使用しました。

午前中の行程は圃場での記念撮影、椎茸の原木切り、ジャガイモの植え付け、水菜、サニーレタスの収穫、玉ねぎの除草皆、いい笑顔で記念撮影を終えました。

ブルーベリー施肥1日目。1樹当り200g(約320?)、肥料を与えました。1日目は体力的に5時間作業するので精一杯でした。808本中624本(77%)終了。

有機比率の高い肥料は、微生物に分解されてからじゃないと効果が出ないので、化成肥料と比べて、2週間とか1カ月とか、効果がでるまで時間がかかるそうです。

種まきをしようと昨夜水に浸けていた種もみを お風呂の残り湯に浸かって貰いました。今朝 確認した時点では まだ発芽の兆しなし でも予定通り 種まきに進みます

今シーズンはブルーベリー狩りのモニターツアーを計画しています。あまり広くはないのですが、少しでも快適にブルーベリー狩りを楽しんでもらいたく準備をしています。

毎朝、出荷場では農家から運び込まれたメロンの検査をしてます 最近は14軒の農家が持ち回りで1日2軒の生産者が出てきて農協職員と一緒に外観などの検査をします

「いちご畑」で、葉かき、花出し。なんですが、相変わらず捗りません。なんといっても、春休み真っ只中ですからぁ。『いちご狩り』は、今日も大盛況。さすがは春休みっ。

ホットキャップというものを初めて使ってみた。キャップの中はズッキーニ。72穴のセルトレイで育苗したものを120cm間隔で植え付け、ホットキャップを被せた。

種いもにする、さといもを掘り出してより分けて埋めもどしました。今年は、種イモの腐りも少なく、きれいに芽が出てきておりました。

今日は朝から春肥を農家さんに配布するお手伝いに行ってきました。20キロの重さの肥え袋をたくさん運んで腕が腰が骨が曲がりそうです^^

栗木谷オリーブ畑で定植の準備…!オリーブの苗を配った後は、管理機で耕耘すると、土はふかふかです。石を取り除き…、いよいよ定植の準備は完了しました。

久々の晴天で、お客様のご要望の大根・人参を収穫し、雨を受けて太ったブロッコリーを収穫したり、いただいた菜の花を植えたりしました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

普段は任せている野菜ハウスにデータロガを回収に出かけると えっ?・・・情け無い ここまで野菜が生長しても気づかない!!

牛蒡の播種とボカシを作りました。材料は油粕・米糠・骨粉・貝化石粉・海藻粉末・過燐酸石灰・EM希釈液材料を丁寧に混ぜてEM希釈液を入れ40%位の水分量に調整をする。

マンゴーハウスの、温度を上げ始めて約一カ月。芽が動いて来ました。過去にブログで紹介した花芽は、花がとても確認しづらかったのですが今回はバッチリです!

牛窓ハート農園の様子です。 菜の花は、トウが立っています これはキャベツの苗 こちらは・・・・ブロッコリーの苗?まだ目が出ていません。

シイタケの原木を切ってから二か月が経った そこで昨日は植菌をした シイタケ菌は枯れた木に繁殖するので切りたての木に植えてはいけません 

久しぶりの春らしい一日 例年より1週間程遅くなったがジャガイモを植えた。減反の田んぼを畑にしている そこを夫婦で鍬で耕し 溝を引いて植えた。

育苗作業と平行しながらハウス内の準備をします。ご近所の稲作農家さんより籾殻をもらいます。最近では籾殻袋1袋3分以内で詰めれるようになりました。

午後は予定を変更して、草刈り、肥料(ミネラル)散布と、排水路の整備をします。私は、小型のモアで畦の草刈りです。嫁さんと母親の二人で、肥料を田に散布します。

例年になく厳寒がつづきましたね ココ・ファームは 今お店へキャベツの出荷をしながら4月から作付を始める 野菜たちのため畑の準備を始めています

今朝も7時半から3人でイチゴの収穫をしましたが、収量減で9時過ぎにはパック詰め終了。当日のお客さんが3名あり、地元の直売所への出荷はわずかになってしまいました。

今年も新しく葡萄を植える予定なので土作りを始めました。土作りとは葡萄を植える場所の土に有機物や肥料を入れ、土を柔らかくして葡萄を植える準備をする事です。

とうとう梨本番です♪梨の季節?ではないですが、たにがみ農園にとってこれから出荷本番です。11月に収穫し、大事に大事にあたためてきた「王秋梨」です。

去年の9月に植え付けた白菜。植え付けが遅かったせいか、結球せず収穫できませんでした。その白菜が・・・中心部が盛り上がってきて、菜の花がつきました。

二日ほど前に、大きめな種芋は半分に切り、切った部分を乾かしていました。一昨年前までは灰を付けて植えていましたが、昨年から切った部分を乾かしています。

まず最初は収穫です!はつか大根,大根,ほうれん草を収穫しました♪矢口も必死に収穫していたため写真がないのですが,矢口ははっきり言ってヘロヘロでした(笑)

園主はブドウの若木の移植を行いました。 深く根付いてる箇所だけユンボを使い根を傷つけないために大半は手で丁寧に掘り起します。

緑肥のタネ(ナタネ、クローバー、レンゲ)を蒔いていますが、まだどこにあるのか分からないくらい小さいです。今年は、この3枚に稲を作付する予定です!

昨日土曜日はジャガイモの植付をしました。 たくさんタネイモを買ったので、植えつける畑の準備に 予想以上に時間がかかりました。

休耕田の土筆が、いっせいに、まるで湧き出るかのように頭を出していた。ジャガイモを15kg植え付けた後、裏の祇園坊柿の横辺りを、ミニ耕運機「こまめ」で耕してみた。

やっとジャガイモの植え付けが終わりました。今年は作業をしようと思うたびに週末にかけて雨模様でなかなか作業が進まず、約半月遅れで植え付け作業が済みました。

3/6, 3:00pm, 曇り 玄米の計量と袋詰めをしました。また、昨日、目視で確認して玄米の良品と不良品のサンプルを保存しました。これを限度見本として使用します。

当ファームの苺たちも朝方には葉露をたくさん出して、ぐんぐん春の樹になるとともに、2番花の成長に勢いが出てきました><

暖かくなり苗作りの準備をしています。今日は、苗を並べるところの代かきをしました。これから少しの間、天気が続くことを祈っています。乾いてくれないと困ります。

いよいよ私達も春の作付準備が忙しくなってきました ココ・ファームでお借りした畑は「お米・麦」を作っていた田んぼでしたのでなかなか水が抜けてくれません

本日、苺農家の大先輩が来園されて色々お話を伺ったのですが「ワシが苺始めてからここまで悪い気象条件は初めての経験だ」との事。

今日は朝から雨模様な天気でしたが、昼前頃からお父さんと田んぼへ行って来ました 今日の作業は土の移動でした 田んぼってなかなか全面が平らじゃないんですよね〜

本日の出荷は、野生のせり、フキノトウ、原木椎茸、とうがらしです。なかなか暖かくならないので、椎茸の成長は予想よりもゆっくりですが、大きくなってきました。

今日も思ったような収穫量はありませんでした。おまけに,木は立派にできているので,ついている実はしっかりと太っていて,「でぶりんイチゴ」ばっかりなのです。

いもをウネに並べて、土を少しかけて、もみがらをたっぷりのせて、くん炭もたっぷりのせて、ビニールマルチをかぶせます。温度計を土に挿して、2ヶ月くらい管理します。

昨日今日と明日の3日間2回目のネギの種まきです。播種器を予約して借りているので休み返上で種まきです。残り95箱期間内に予定枚数を蒔くことができそうです。

春野菜を植える準備をするようになります。キャベツもブロッコリーも定植を待つばかりになっていますが、遅霜の心配があります。様子を見て定植したいと思います。

昨日は苗木の植え付けです。4月に近付き、ぶどうの芽が膨らみ始めました。 先日届いた苗木は雨の日で植え付けを中止していたんですが、植え付けられて良かったです。

念願のミカン苗を植樹。 ミカン2種類のほかに、ネーブルとビワの苗も植える。 どの果樹もいえることらしいが、2品種以上植えると実付と甘さが格段によくなるそうで。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

葉っぱも花も例年よりも遅れています。それでも毎日のように、柔らかな緑鮮やかな花芽、蕾がたくさん顔を出し、これから種を残す、そんなエネルギーに満ちています。

育苗ハウス内の一画に窒素肥料の「なたね油粕」を撒いて軽く耕してたっぷり灌水して「ネギ」のプラグトレイを直置き肥料は 酸の少ない「なたね油粕」にしました

冬野菜や夏のピーマンの片づけをしています。先週はかつお菜を片づけました。かつお菜はゴーヤの畝に苗を植えて育てました。それで、支柱などが残っています。

昨日まででだいたいメドが付いたイチジクの新しい圃場。私は便宜上「E地区」と呼んでいますが、このE地区まだ完成していませんが苗木を定植できる状態までになりました。

酒米の種まきをします。播種機の左から順に、苗箱を置く役一人(おばあちゃん)。床土、覆土、種籾の補充役二人(僕、父)、パレットに積む役二人。

今年は、我が家のお気に入り「インカのめざめ」の種イモが手に入らなかったので、仕方なく後継種(?) の「インカのひとみ」を作付けることに。

カラシナにしても空豆にしても生育が悪くまだまだちっちゃいです。 昨年の秋(10.7)に蒔いたカラシナが16センチぐらいになりました。。

ジャガイモの植え付けです。ジャガイモは保存がきくので有り難い物です。しかも様々な献立に利用できます。今日は荒れ放題の畑の整備からです。

無音の早春祭は農地にて, 春への雨を喜んでは伸びまくっています。スリムなつくしんぼたちが迎え見守る中,『イチジク挿し木かい』が無事終了しました。

うまく脱げずに倒れ込んだタマネギ。春が来るからと, 脱・ババシャツ! 脱・ももひき!見てるこっちまで力が入ります。幼子よふんばれ。

雨上がりから三日目で ハウスの親苗を植える場所を耕しに行きました。しばらく使われてなかったのか、雑草が生い茂り 土は固いです。

成長ぶりには目を見張るものがあります。日に日に暖かくなるにつれていっきに大きくなります。ひと冬越した「わけぎ」は今が旬の野菜です。

もう一組は竹林の電柵張り。他の人からは、もうすでにいのししが入っているので、今頃電柵をしても遅すぎる、と言われたが、果たしてどうであろうか。

あっという間に3月です・・・早いです。そうなると、ボチボチしていられないのです。ぶどうの芽たちが出始める前に、ハウスのビニールをはってしまわねばなりません。

大地の調味料ステビアの種取りが終わった後です。堆く積まれた乾燥ステビアを、押し切り機で、細かく裁断していきます(‘o‘)ノ

フィリッジファームの開園です。今回はナチュラリズム農園の一部をお貸しジャガイモ植え付け体験をしました  社員のみなさんそしてご家族、お子さんの参加です

今は収穫出荷もありませんので堆肥をせっせと散布して来るべき大豊作時代に向けて畑と苗の準備中です。園主31歳とほぼ同じ歳の イカしたトラさんもフル稼働〜。

新しく借りた畑でネギの周年栽培を計画しているので、今種まきした苗ができあがるまでは毎月ねぎの苗を買って夏からネギを出荷できるように準備することにしました。

家から農園までの2分。雨がパラパラ降ってきた。朝の日課のビニールハウスの裾上げと、ポット苗の水やり、農園の巡回・観察を済ませる。

ミニニンジンの種まきもしております☆好評いただいているミニニンジン(^v^)可愛い姿が人気です♪葉っぱを一旦どけて土を出します。こちらも耕しておりません。

2012年の冬収穫のイチゴの育苗をスタートしました 去年よりも随分小さいウイルスフリー苗 これからしっかりそだててランナー一杯だしてもらいましょう

大和クリーム西瓜の種をビニールポットに播種しました。幸い数十個は培土を詰めたポットがあったので、なんとか大和クリーム西瓜は用意できました。

苗をハウスに移動して管理することにしました。杉山君が日照不足で徒長しているかも・・・と心配していたので芽が出ている苗は全部ハウスに移動しました。

集落の人たちが「もうジャガイモ植えたよー」とのことで、のーにん農園も続けとばかりにジャガイモを作付けしました。3月中旬くらいに植えるのが普通でしょうか。

お水取りも終わったようだし。。。もう寒くならないのかな?畑作業を久しぶりにやってみます。まずキタアカリ3キロを植えました。大根が大きくならなかった場所へ♪

3月17日の農作業は14:00〜15:00まで馬糞堆肥の運び込みを行いました。予定では前回同様馬糞堆肥を畑に鋤き込み作業を行う予定でしたが生憎の雨

今日は、風はあるものの太陽が顔を見せてまずまずの天気でした。畑作業は、朝から、「じゃがいも・北あかり」の定植をおこないました。

今年は寒くて雨が続き、今日、やっとじゃがいもを植えました。例年より2週間ほど遅れています。植えた品種は「北あかり」と「アンデスレド」です。

畑を半分休ませて・・秋作と作り分けるとか・・工夫しないといけない。ゴモクをかたずけて耕運を開始、耕運機のエンジンは快調。耕せ、タガヤセ!、何度も往復して耕す。

この春は、定番の「とうや」、「北あかり」は勿論ですが、十勝こがね・インカのめざめ、フランス産やスエーデン産のちょっと珍しい品種も導入しました

ネギも暖かいこの時期一気に成長するのです 中学生が一気に身長伸びるように…いやその何十倍の速さでギューンと苗だってギューンです

朝一番は、“梅おこわ”と“塩麹”の出荷作業であった。取って返して、ひとりブドウ園へ繰り出した。風がきつかったが、願ってもない陽ざしが差し込んだ。

スクランブル!!!SOS!!!ASAP!!!早くネギ定植したいのです ホント、もう苗植えないとヤバいのです 1月末に植える予定の苗が、まだ植えれないのです!!!

晴天が続き 畑の土も乾きやっとトラクターで耕す事ができました 今日は朝から ニンジンの種まきです  溝きり機を使って種を蒔く畝を作ります

友人自家製の馬ふん堆肥。材料は、馬ふん+馬の尿+お米のもみ殻。肥料不足だった畝(うね)に、まずは馬ふん堆肥をぱらぱら〜〜。ついでに米ぬかもぱらぱら〜〜。

奈良県産の、あすかルビーです 真っ赤に熟していますぅぅぅぅ〜苺のおいしい食べ方は、ヘタが付いていたほうからガブッ!

エンドウマメの種蒔きをする事にします。スナップエンドウ。その名も、グルメ。名前負けしないうまいマメができますように…今回は春蒔きで挑戦です。

午後から作業を始め、3時間ほどで写真の様に、植え付けと不織布によるトンネル掛けを無事に済ませる事が出来ました。

播種機にも、色々と種類があって、有名な「ごんべえ」さんとか、「クリーンシーダー」とかあったんだけど、多品目で使うには、これがオススメらしいです。

冬はビニールハウスの中で出荷作業をしていました。日が出るとぬくぬくと暖かく、しかも明るくて作業がしやすかったのですが、そろそろ作業小屋へ引越しです。

今日は今週の予定通りのキャベツの箱詰めと月曜日出荷分の収穫です 運搬車で圃場からキャベツを出していた所なんですが今までにない位盛ってみました

定植作業はいたって簡単で、ペーパーポットを小分けして、あらかじめマルチに穴を開けておいた所に、ハンド移植器を使い土の中にポットを埋め込んで行きます。

ついでにポット植えのブルーベリー畑を見てもらいました。頑張ってポットに木材チップを敷き詰めたので、「どんなもんですか!?」ということで。

畑の野菜たちにとっては適度な水分補給でいい感じなのでしょうね・・さて、早生(わせ)玉ねぎがいい感じで生長しています。

殆どの野菜を採ってしまいましたが水菜も大きく育った小松菜も、スティックブロッコリーも青梗菜も全部片付けてしまいました  お陰で今回は青菜がたくさんもらえました

教科書には載ってない方法で挿し木に挑戦!要領は農大の先生に教えられたミカンの方法で。これを見た小豆島のオリーブ栽培農家の方は鼻で笑ってるんだろうな〜・・。

彼岸に入った。春の種まきピークになる。種まき適期。今週中にネギ・ゴボウを蒔く。収穫は秋〜冬にかけて。このコンビはいくら量があってもいいからな〜。

BBNKエース(・ω・)bこれを10a辺り25キロ程度散布します♪(*^ ・^)ノ⌒☆化成肥料ってなんか…似たような名前ばっかりですよね…元肥で使ったのがBB667?

播種が始まりました。うちの農園は、果菜類の播種が遅いです。今日、なすとピーマンとトマトの播種をしました。今年はハウスがあるので、風を気にせずできます。

ハウスの組立作業ができました。自称A棟、ようやく曲管の差込み作業が完了しました↓こうなっていると、なんとなく形が出来てしまっている感じがしますが、序の口。

残念ながら春にと作った白菜はとう立ちが始まったので、巻いていませんが販売します。そもそもこの時期に巻かせるのは難しいのだろうか よくわかんないなあ

ジャガイモもようやく植え終わりました。今回はゴロゴロ植えで栽培しています。福井県の自然農法家の三上式ジャガイモのゴロゴロ植えを参考させて頂きました。

フェイジョアの取り木にチャレンジ!枝の樹皮を環状に剥ぎ取りミズゴケを巻いて発根するのを待ちます。どうなることか失敗に終わっても大きな損も出ません。

老木の甘夏を収穫することにしました。それではこれが甘夏の様子です。何か凄く変な絵ですよね。果実が枝の上に並んでいるなんて...

今は白菜、野沢菜、正月菜、などなどいろんな葉物の菜花を収穫!そして庭では、トマト、ナス、ピーマン、食用ホオズキ、レタスなどの育苗をしてます〜。

スモモの剪定が終了しました。剪定前 徒長枝が伸び放題です。剪定後 徒長枝を棚に括りつけながら、余分な枝を剪定していきます。

しおれながらも日差しに耐えるミニトマトたちです 水が足りないときはもちろん、季節の変わり目や雨上がりの日照りなど急激な環境変化でしおれてしまうんですね〜

ハウス横と、ハウス下  茶色に見えるんは完熟堆肥のサンウッド発酵堆肥というやつで、    サラサラとした良い感じの堆肥です

去年は青枯病でなす・トマト・ピーマンが不調だったので今年は自分で接木を作ろうと初挑戦 でも・・・なんだか接ぎ木できる状況じゃないみたい

農産物を上手にジュースにして下さる加工場があると聞きお邪魔しました。約8kの冷凍ブルーベリーを持って行って約70本 のブルーベリー。・ジュースが出来上がりました。

壁面の苗を抜いちゃいました。ここは寒くて葉水とかが乾かず、いつも苗やイチゴが濡れておりました。そのせいで灰カビが出やすくなっていました。

思いもしない日和が続くもんだ。ハウスのビニール被覆を張り替えておいて正解だった。加工部長は、あくせくとハウス内で苗の植え付けに励んでいた。

人参がきれいに生え揃ってる隙間に、何か茶色いものが見えると思いますが…枯れた草です ロロックスという草を枯らす薬を撒きました。

温室ではマスクメロンとミニトマトの苗を植え付ける準備のために、最後の収穫を迎えたトマトの木を片づけたり次の苗を作るために鉢に土を入れる作業をしています

3月になり春めいた陽気な天気で仕事がしやすいですが(-_-;)1週間前に植えたトマトが30本程枯れはじめました(-_-#)

直に畑に播くダイコンとかニンジン、ゴボウといった根菜類や葉物なども露地畑の準備が出来次第、順次、播いていく予定である。

で草ぼうぼうになりかけとりあえず、草刈りからスタート 午後から、ビニール張り 腰を張ってから天井張りかけたら雹(ひょう)がふってきた なんでなん

朝からポンカンとデコポンの2年生苗を5本ずつ植えつけました。昨日と違う畑に植え付けたこともあり、少し手間取ったのでお昼が遅くなってしまいました。

稲武地区でブルーベリーファームを経営されているまいにちブルーベリー さんを見学してきました。同じ日に僕を含め、3組の新規就農の方々が見学に来ていました。

外は風が強くて寒いけど、ハウスの中は、真夏みたい。夏野菜のナスや、ピーマン、トマト達が順調に育ってきたので、大きいポットに植え替えてあげました。

第2畑で大根の収穫です。孫と一緒に畑へ出かけて小ぶりでは有りますが本日3本収穫しました。 残りは十数本はまだイマイチ小さくて収穫まではもう少し先になります。

本日はジャガイモの作付の準備として、苦土石灰、発酵鶏糞、菜種油かす、そして粗塩を散布。そして耕うん機で畑へのすき込みと畝立てです。

今日は朝からいよいよ、万願寺とうがらしの畝たて作業。始めに畝のスジに、おまじないのようですが、少しだけ炭をふりかけました。

大根の収穫をさらっと終えて後は洗いしたら出荷準備も完了♪この辺のスピードは研修でお世話になった農家さんの成果が一番発揮されてます!

麦踏みだけはしておこうと圃場のある亀岡へと向かいました 以前麦踏みに来た時に施した肥料が効いているようで、ちょうどいい色の緑色になっていました

気にかかっていたキャベツの苗を定植しました。去年の10月21日に種を蒔きました。苗床でどんどん大きくなるのを見ていましたが、なかなか定植ができませんでした。

カブの種まきしております☆ 一旦、畝の上に被せていた葉っぱを横にどけます。耕しておりませんがなかなか良い状態☆ほのかに甘い発酵臭がします。

畑作業では“種降ろし”のタイミング待ち。土が温かくなるのを待っているのです。土に手を当てて…感覚です。温かくなったら“種降ろし”開始。種子も生命あるもの。

畑に行ってみました。ウネの雪はほとんど融けていました やっと作業ができます  大きくならないなーとあきらめていた大根を抜きました。

今日のお仕事はお薬を散布しました。薬は種類によって内容量が様々。さらに散布する農作物によって、防除したい病気や害虫によって希釈倍数がことなってきます。

「厳しい寒さ,枯れる苗(野菜の株),草が伸びる」で無理矢理の”3K”というより,「まだ冬,また枯れた,もう伸びる」の”3M”が合うかな。

「はれひめ」の定植作業をしました^^!   今シーズン初苗植えでした!やっぱり!新しい品種を植えるときは!気持ち良いです^^

扇風機で陰干し乾燥していた種籾の乾燥具合をチェックしてました。今回使うすじ撒きの播種機は初めて使う機種なのでヤンマーのMさんがやってきてくれた

ちょっと見ない間に(毎日の見回りが基本!だけど私はできない・・・)玉ねぎの畦は草がいっぱい! 他の畑ではマルチっていって黒いビニールで覆っていますよね。

週間天気予報によると丹波もそろそろ暖かくなるようなので、春の準備をする。草を徹底的にひいた。種が熟してそうな奴は外に持ち出した。

今日は一部の圃場で麦の追肥をしました。追肥というよりつなぎ肥程度の少量散布です。早播きをした圃場は葉色がすでに落ちています。

今年の冬は例年になく寒い冬でしたのでブルーベリーの生育もスロースタートではないかな?このまま行けば、開花も遅れるのでブルーベリーファームおかざきのオープンは?

はっぴー農産のお米作り最初の仕事はお米の種籾の消毒から始まります。どんな作物でも言える事ですが、種子には病気の菌が着いています。

この時期の雨は毎年のことなのですが春の畑の準備が遅れてしまいます。ぐちゃぐちゃ、水浸しの畑を見ながらため息のスタッフです。

4日はジャガイモの植え付け、午後から雨の予報でしたが植えつけました。我が家の分男爵とキタアカリを50個づつ植え付け。   

植えたものはズッキーニ、フルーツトマト、あとは目玉商品としてアーティチョークというもの。アーティチョークは名前は聞いた事はあったけれど、はてどう調理しましょう?

伸び放題になっていたいちじくの剪定作業をしました 本当は1月2月が良かったけど、なかなか出来なかったのです いちじくは落葉樹と言って、冬場に葉が落ちる木です

17日(土)の農業教室で種を蒔いた野菜6種のうち3種が芽を出しました。どのグループもほぼ同じような様子です。   左から2列づつ、キャベツ、枝豆、キュウリ

今日はショックな一日からはじまりした。昨日から様子が変だなあ〜と思っていた、まだ発芽して間もないトマトの苗の先がしんなりしていました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

トウを頂く野菜が絶好調です 紅苔菜が良く採れます 紫が綺麗だけど、茹でると緑になります チンゲン菜のトウが大きくなりました 白菜のトウも見え始めた

最近、あたたかくなってきてうれしいですけど花粉も飛び始めて泣きたいです。。。はい♪ももちゃん農園ではハウスの外の野菜もだんだん大きくなってきました。

ひかり農園では、冬の間はおやすみしていた種まきが始まりました。とても楽しい作業です♪こちらは、名前につながりを感じます。ピーマンの「京ひかり」です。

人参の種を播くことにしました。トラクターでマルチを張り9515の黒マルチ(幅95センチ穴の間隔15cmの5列穴)玉ねぎ用のが残っていたのでこれを使って。

突然晴れて気温がぐんぐん上がった。昨日は最高気温12℃だったハウスは昼過ぎには30℃を超えている。トマトは待ってましたとばかりに紅くなっている。

5年目になる幼木畑(約80a)。乗用型摘採機に台切り用の刃を付けて剪枝作業です。樹を低くして思ったコトは、今年の摘採の見送りを早めに決めて良かったなぁ、と。

この寒さの中で、今回は初夏どりブロッコリーの苗作りが、32日目になりますが、あと2週間で定植をしなければと思っています。

溝を切り、先日切った種芋を並べていく。しかし西根さんの講座で教わった通りのやり方とはいえ、ホントに小さな種芋にあらためて心配になる。

今年は、来週くらいに、準備したサトイモ畑に植え付ける予定。条間120センチで、株間50〜60cm、小芋も取りたいから30cmも。

今Seasonのトマトについては、台木の導入で接ぎ木栽培を改めて、実生栽培にしてもいいのですが、なかなか切り替え判断が悩んでいますね。

かねてから、河口園の茶畑で行われていた茶畑改造計画の、第一部が終了しました!!少しでも良いお茶が育つように、日当り改善をしました。

採種のために母本を畑の一番下隅へ移植した「天王寺かぶ」に春のトウ立ちが始まったため、他種との交雑を防ぐ隔離幕を拵えました。

ホウレンソウが続いてブログの更新ネタに困っていましたがおとといから枝豆の準備が始まりました。写真は育苗ポットの土入れ作業この穴一つ一つに播種をしていきます。

菜種梅雨で畑も洗濯もできないな、などと待つうちに桜の季節になってしまいます。雨がやんだすきに、春じゃが(デジマ)植え付けのためエン麦を刈り倒しました。

収穫体験です。1株1株丁寧にカマで土の中の根っこを切ります。土の上の部分を切るとほうれん草の葉っぱがバラバラ事件になってしまうので慎重に(^^;

厳しい寒さで葉が枯れて成長が止まったタマネギでしたが 重傷 3月になると遅れを取り戻すかのように成長 緑が濃くてタマネギの葉が太くなりました

昨日はジャガイモの浴光催芽をしました、植え付けは2週間後くらいです 今の畑では過去4回栽培しましたが、ジャガイモには向いていない土だと思いました

本日午後、南区の畑に堆肥が届きました!2トンで15000円。完熟しています。雨上がりの納品だったので堆肥を運んできたトラックがハマって立ち往生(汗)

冷え込みのせいで葉が傷んだブロッコリーでしたが  最近雨が多いのと日差しが強くなったおかげで、蕾が少しずつ生長  定植して4ヶ月目でようやく収穫にこぎつけました 

今日は1人で収穫作業 収穫したトマトはいい〜色づきツヤツヤこれからドンドン赤くなって収穫作業は忙しくなりそうです。

支度して、かつらぎの はっさく畑へ。 午前中、12時まで 剪定。4本終了しました。 これで、合計42本終了。残り65本です。まだまだ先は長い〜

これは野菜の種を蒔く機械で(機械と言ってもアナログですが)種を入れて押すだけで、溝きり、種まき、培土、鎮圧をしてくれるという優れもの。

本日は堆肥をまきました。今週も堆肥をまきます。カボスはすべてやってしまったので、今週は・・・はるみの畑へそれからポンカンの畑にも堆肥をまきました。

みかんはオフシーズンですが...お手入れが必要なんです。今日は剪定をしました。私は実際にやるのは初めてで、レクチャーを受けながら。

アスパラガスが芽を出し始めました。アスパラガスは多年生の野菜で、冬の間は地下茎だけになって眠っています。着実に育ってはいるようです。

土・日曜にたくさん出したいと思えば、午前に1時間、午後に2時間ずつ収穫時間を増やして16時くらいから選別開始である。金・土曜はほぼ一日中収穫で夜は袋詰めである。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨年苗屋さんで見つけて衝動買いしてしまった畑ワサビですが 家の前の用水で1年経過し なんとか生きながらえて居ます。

親方が畑にいました。草取りしてました。秋に植えたタマネギが育ってきた!食べれるようになるのもあとすこし!

今年は本業が忙しいから、米・茄子・蕎麦以外は作らないつもりでしたが、母の「ジャガイモぐらい作ってよ」という言葉に折れて、本日種芋植え付け。

今年の作業に着手。11月に種蒔きした1畝約10メートルのエンドウが、ここのところの暖かさで随分生長しています。 今日3月4日、まずは垣根作り。

小生にネットを張ったらどうだと言う。そんな面倒なこと出来んと答えると、おふくろは、効果が期待できそうもない鳥脅しのテープを張ってくるという。好きにせえです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

「温度かけすぎた?過保護にしすぎた?」ほうれんそう。定植までの間は気合をいれて生育してもらいます。トンネルで過保護に育ったほうれんそうをトンネルからだします。

ミディトマトの圃場準備開始です。から2日かかってようやく1棟完了です。1畝するのに2日?マルチ横に防草シートを設置して雑草を防ぎます。

先週のインドネシアの研修生来たばかりです。今日は新しい研修生に農園田谷の畑を説明しました.農園田谷の畑はハウスと田んぼとテガイチの畑です。

椎茸ですが、雪の降る寒い最中にドンドン出現するのですね(@_@;)一部ナメコを植えた筈が椎茸だったりしていますが(笑)、椎茸は全数次から次へと産まれて来ます

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

トラクターに取り付けた畦(あぜ)塗り機。 田んぼの畦塗りをしています。 張った水が無くなりやすい田んぼは、 これで水持ちが良くなります。

寒風の吹く中、種子の水交換は応えます。水温は地下水なので約15℃、でも、気温が低く風が強いので、15℃の水が暖かく感じる。

春は一年の肥料や、除草剤などの資材を購入する時期なので出費も多い時期です。なので、この時期の出費を抑えるためのちょっとした工夫もしてます。

麦に肥料をまきました。 麦田の状態を見て回ったのですが、 一枚だけ離れたところにある麦田の鳥害がひどい。 白鳥に麦の葉が食いちぎられています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

両方とも名無し君の2番花ですが越後姫と比較すると水分が少ないので重量がありません。だいたい10%ほどは軽いかな。

3月20日。 種もみのヒゲをとりました。 もみペットに、6分かけて オレンジ色のテミにうつして、 中華なべのように振って、ヒゲを飛ばす。

温湯種子消毒を開始しました!病気や虫の発生を抑制するために、お湯に浸して種籾を消毒します。農薬は使わず、安全な方法で消毒するのが弊社のやり方です。

作業ハウスにて温床で発芽させ、その後トンネルからだして光と常温に慣らしたあとは、少し離れた育苗ハウスへネギ苗達を移動させます。

午後から、今年のハウス張りが始まりました。小雨の中の初日でしたが、百戦錬磨のハウス職人にかかれば、朝飯前さぁ?次から次へと、一棟ずつ張っていきます。

トマト定植 なす苗セル上げ パプリカ播種。なす苗が入ってきました。今年は少し早め&増量。どうなることかしら、と思っていたら、カラーピーマン播くの忘れていました。

春のジャガイモ掘りをしてきました 春の…?と思いの方もいるかもしれませんがこのじゃがいもは昨年8月24日に植えた ニシユタカという品種です

うちは、テープナーという結束機を使って、葡萄の枝の誘引しています。多少値段も高いですが、専用の光分解テープで、ひと枝ひと枝、果樹棚に結束していきます。

2月6日に種まきした神楽なんばんの苗を間引きしました。16度前後の低温のミニハウスで育てたため、発芽と発育が良くありません。

今後グーンと生育が伸びる事を考えて少し早採りで始めました。露地で育てているのでこの寒さや時折吹き荒れる強風で少し葉っぱが傷んでしまっております。

なにせ自分で管理できるだろうとおもえる果樹面積をかなり超えてしまっているような気がしているもので、今日は思い切った間伐をしました

3月8日より、24年産米の米作りの春作業を、本格的に開始しました!弊社の米作りは、種籾(たねもみ)の準備から始まります。まず、種籾を脱芒(だつぼう)します。

まず近頃単品で出荷しはじめた”サンチュ”について”サンチュ”は韓国名で、日本名では”包菜(つつみな)とか”かかきちしゃ”とよばれるレタスの仲間。

6日に播いたトマト台木「Bバリア」が発芽しました。去年からこれに接ぐようになってようやくまともなトマトが収穫できました。

どうにか“雪マーク”も消えたので本日、種子消毒開始しました。種籾が全部で150kgですから標準的な蒔き方なら720箱蒔けますが、可能な限り箱数は少なくしたい!

トマトの旬は夏と思われがちですが、じつは朝と夜の寒暖の差を巧みに利用した春先のハウス栽培のとよさかトマトこそがおいしさの真髄!

朝一で酪農組合へ牛ふん堆肥をもらいに行く。軽トラックに山盛りてんこ盛りにしてもらったのを、一輪車でひたすら往復して撒き撒き。

親戚に手伝ってもらい、5000本を超えるナスの接ぎ木作業をおこないました。さすがに数が多くて終わりきらなかったので、明日は家族だけで仕上げをする予定です。

苗箱に詰める床土のブレンド作業が始まりました ブレンドする内容物はコレ↓1袋20kgの焼土を7袋 くん炭を一斗缶にギュウギュウ詰めで3つ すくすく肥料を1.9kg

裏の畑の秋に植えた青菜を掘り出しました。雪は約2メートルありました。途中の雪の層は、固く引き締まっていて、機械でなければ掘り出せませんでした。

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

本日も順調に収穫・出荷を行うT.Farming。今日は、小松菜の方の状況をお伝えします。本日撮影してきた写真です。小松菜は、残すところ、このくらいです。

今日は千葉大学で研修。高軒高ハウスハイワイヤーのオランダ式栽培で、反あたり収量が50トンのトマトを目標という。

今回の作業で全体の7割の蕾を取ってしまいます 摘蕾と言うくらいですから花が咲くまでに終わらせる期間限定の仕事になります

今日もアスパラのハウスの状況です。まず。昨日外したシートを畳んでいきます...そして!昨日もお伝えした通り、もう片方のシートも外しました!

2011「有機栽培講座 フォローアップ編」に参加しました。高品質、多収穫を生み出す土の状態を確認し、ほうれん草、きゅうりの栽培の管理技術を教えていただいた。

日曜日は、除染作業が休みなので、桃の剪定をします。昨日などは、降雪で予定していた除染作業が中止になったので、合羽を着て剪定をしていました。

冬に種まきした苗たちです。奥にそら豆やスナップえんどうの苗が見えます。手前のワサワサしているのはほうれん草ですね。

長ネギ、レタス類、キャベツ類の種をまきました。昨年は3月13日に先行きの見えない不安の中で種をまきました。今年は気持ちをあらたにしての種蒔き。

今日も残りわずかな剪定作業と高圧洗浄での除染作業の2班に分かれて作業継続中です。最後の桃の剪定もあと2〜3日で終了できそうです。

高冷地(海抜900m前後)で畑作をやっている方より玉ねぎ苗の育苗を毎年受託しています。積雪の期間(12月〜4月)が長いため、秋蒔きでは越冬できないそうです。

ぶどう「種無し巨峰」の、そ皮削り作業を開始しました 越冬害虫や病原菌を退治するのが目的ですが今年はもう一つ、原発放射能風評被害対策にもなっています

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日は予定通りに塩水選です。良い種を選別する作業になります。まずは塩水で浮かんだ種を取り除きます。沈んだ良い種を水で洗います。井戸水を使ってます。

農道も除雪が入り、今年初のスモモさんの畑です。多少はヒドイだろうと思っていましたが予想以上に…写真でパッと見はそうひどい状況でもないように見えるのですが。

まもなくトマトの定植を行います!現在、定植に向け毎日奮闘してます。美味しいトマトが出来るようにと想いを込め、1つ1つの作業を丁寧に行います。定植まであと5日。

ラ・フランスの園地の剪定が終わりました。次は、隣接しているラ・フランスの園地の剪定を・・・と思ったのですが、明日からは、桃の剪定をしたいと考えています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

そしてある程度乾いたら、今年はサブソイラをクボタに借りて更なる乾田化 入ってる暗渠をバッチリ効くようにして、乾いたらロータリー耕

ほうれん草の収穫が続いています。後はこれくらい。殆ど終わりです。暖かくなってきたので、伸びも早いです。こんな感じ。いい色だ!

小さいハウスにビニールを張りました。小さいハウスを 親床ハウス または ばあちゃんのハウス とよび そのハウスでは野菜の苗を育ててます。

なかなか進まないので次の土曜日にはまとめて植え替えできればと思っているのですが…今日はサザンのサミットの植え替えです。 去年春先にいただいたものです。

ハウスの管理をします。新しい温度計を設置し、厳重に温度管理をします。その日の最低・最高気温を確認出来る優れものです。設定した気温になると、アラームが鳴ります。

今回試したのは種まきセットです♪播種4点セット。中身は展開板・ポットシーダー・展開串・ブラシです。これでチェーンポットの種まきが簡単に出来ます

今日から、また、サクランボの剪定です。十尺の脚立を使って収穫しなければいけない高さの木を、六〜七尺の脚立で収穫できるくらいまで、思い切って低くしました。

息子は張り切って雪割り開始。 今割っている所から水路までは2m以上あるのだが、 スコップでちゃんとそこまで 雪を投げれるのにはちょっと驚いた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今年はローゼルを作る事にして、一昨日に種をまきました。ローゼルはハイビスカスの仲間で、ハーブティーで使われているハイビスカスはローゼルです。

25〜27日に菜っ葉をハウスに定植しました。23日はマルチの片付け、24日は管理機で耕運した後、ハウス2棟分をホースで1日中水やりをしました。

ビニールハウスの野菜の引越しをしました。そろそろコメの種まきが始まる時期なので、野菜を引っ越す必要があるためです。

トマトの苗は300本準備しています。そして、ビニールハウス内の準備です。1枚目の写真は、トラクターで土を起したあとに苗を植える中心に、チューブを張ります。

ようやく、栗駒山からの風が吹くようになり春がすぐそこまで来ています!この西風が吹くと一気に田んぼが乾きます。もう少しもう少しと待っている訳ですが・・・

検査米は検査資格のある人がサンプル検査を行い、等級や産地、年産、品種を農産物検査した玄米のことです。未検査米は、その検査を行っていない玄米です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

私に桃栽培技術は、ございません!一から勉強!農業改良普及センターからのご紹介で、剪定講習会に参加させて頂きました!

この下にネギが横向きで埋まっています。もう、春を感じて、青い葉を成長させようと、立ち上がってきました。 今日はこのくらい掘りあげました。

この春には200本を越すリンゴの苗木を新たに植える予定です。品種的には、岩手で生まれた品種を中心に植えて行こうと思っています。

昨日で『ジョナゴールド』を終え、今日から北側の園地へ移動。東の列の『ふじ』は3/4ほど剪定を終えていたので、残りを剪定した後、『さんさ』の剪定へ。

なるべく早く雪を溶かしたいと思って田んぼに、もみ殻クンタンを撒きました。クンタンは去年作っておいたものです。車は入れないから、撒いて歩きました。

菜っ葉の収穫終了後、苗の管理したり、種苗メーカーのカタログ見たり、住宅展示場みたり、といった感じでしたが、明日からはトマトの畑作り開始です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

「寒締め(雪室)大根・白菜」 まずは、なんといっても 雪かき 下の写真のように スコップを使う場合 四角いブロック状に切り出して 一気に持ち上げてと効率的です。

今日、いよいよ畑に今年始めて足を踏み入れました。普段は脚立に乗って作業している枝が、雪上に立って丁度腰〜胸辺りの作業しやすい高さにあるではありませんか!

冬の大切な作業の一つ。それはボカシ肥料作り。この時期になるべく多くのボカシ肥料を作ります。原料の中心は米ぬかと近所のお豆腐屋さんから仕入れている

野菜苗ですが、モロヘイヤ以外は順調です。モロヘイヤ、適温温度が、25度から30度。寒さにかなり弱い。本日、またモロヘイヤを播種しました。

野菜苗もどんどん芽を出し大きくなってきています。そして、どんどん種を植えています。いつものことですが、野菜苗の温度管理は、とても大切です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

3月に入り育苗ハウスの除雪やビニールかけなど徐々に作業が本格化して参りました。気温が低い日が多いので、ここ3年くらいの中では一番多く雪が残っているように思います。

【今日の作業】 作物:ニラ 作業:収穫作業、選別作業 収穫したニラは、この箱に5つ。これを日々、規定の長さまで伸びたニラを刈ります。

いよいよ本格的に畑の作業が始まりました! まずは玉ねぎの苗作り!8〜10日の3日間播種、マット伏せ、水やりetcとにかくハウス内で苗作り開始で〜す♪

やっとブロッコリーを定植。今日植えたのは250株くらいかな?。たくさんプロッコリーできちゃうね、「もぎとり」に来園した方にもブロッコリー収穫楽しんでもらえそう

今のところ、葉っぱがある花(有葉花)が多くあります。放っておいても蕾が膨らんできますが、生育が遅れ気味なので、少しでも早まるように、葉っぱを切っています。

今日は、ペーパーポットをセットする作業を紹介します。私はこの作業を二日間担当させてもらいました!はじめに、突起版に詰まった土をブラシや箸でこそげて落とします。

このまま春を迎えると雪がしまってきてその力でハウスが潰されてしまいます。そこで 少しずつ掘り出していきます。活躍するのはトラクターに付けた除雪機です。

トマト苗用の土を作りポットに詰める作業をしました。我が家では、毎年この苗用の土(床土と呼んでいます)がイマイチです。

昨日からビートの種まきが始まりました みんなが乗って来たケートラ、ホンダ率高過ぎ(笑)昨日と今日で約9町分のポットを作りました

今年初のミニトマト苗の移植をしました。この苗は我が家で播種したものではなく、某種メーカーから取り寄せたものです。

研修目的はニンジン収穫の栽培テクニック 昨年、私たちのニンジンは大失敗(T_T)それで、他ではどうやっているのだろうと学びに来たのです

おお〜生命の神秘!!芽吹いてきましたよ〜!今日でだいたい8割強。通常、播種した個体の9割が畑で使える計算をするのですが、9割5分以上は確実によい子に育ちます

助っ人の娘が帰ってきたのでビート苗作りを明日から始めようかな〜と本日午後から試運転をしてみました。機械も動いてくれたので、明日からは順調にイケそうです

『にら』です。緑色の新芽がたくさん出てきました 早く大きくなぁ〜れ 山本農産今年度いちばん最初に食べる事ができる野菜は『にら』かもしれません

鉢広げ段階での根が伸びてる様子。白ポットだと、こうやって根が見えるから、なんとなく安心する。先日発刊された現代農業にも色々書いたが、根は要!!

きのうはハウスの土が乾いたので、土を耕して黒マルチを張り スイートコンの種まき準備 左側には玉ネギの種を蒔いたんだよね

今日は促成トマト(2月〜3月初旬鉢上げ)の生育調査に行ってきました。たくさんの農家さんの圃場を堂々と見学出来るわけですから、いい勉強にもなります。

我が家にとってはいよいよ本格的な仕事始めの月です。昨年の11月中旬には畑での仕事は完了して、そこからは長い農閑期だった訳です。

月末になって、ようやくボカシの散布を開始できました。去年の秋に仕込んでおいた堆肥、切り崩してみるとまだ醗酵が続いていて、触ると温かいです。

ちょっと早いけど、草が出てしまうので坊主知らずの土寄せをしました。4月末から収穫出来ればいいです。隣の春扇は定植の時に殺虫剤を忘れて、結構やられちゃいました。

ビニールハウスの中の雪も融け中の凍結もなくなったので昨年の茎をかたずけ、秋に通路に入れた堆肥を畝にあげたところ 次に、肥料を散布します

凍ったホースごとパキパキと割れてしまいました〜暖かい日中の内に散水を終わらせなければ、苗の地温が下がってしまうので、とりあえず散水チューブで散水開始〜

ビートセンターも4日目になりました。今日はとうちゃんが休みになっていたので、ビートポットの設置の方へ様子見がてら、写真を撮ってきてくれました〜

育苗ハウスの中ではメロンが発芽しています。外作業に夢中になっていると育苗ハウスの状態を忘れそうで気を付けていなければなりません。

ビートに水やりを行いました。自動灌水機なので行ったり来たりと勝手に動いてくれます。一冊7リットルが目標です。770冊ですから5,000リットル以上灌水して終了

最大の山場、堆肥散布です。実に7tもの堆肥をアスパラの畝に散布します。トラクタでガサーっとすくって...ハウスの中に畝も畝間も関係なく均等にのせてゆきます。

玉ねぎの種まきをしていました。こんな感じで種を撒きますが 1マスが小さく目が疲れます・・・アップにするとこんな感じ。

今日もなんだか寒い日でした、、、そんななか今日は秋に土に埋めた大根を掘り起こしました。雪が60センチくらいは積もっているでしょうか。雪を掘っていきます。

スノーモービルに、何やらかわいげのある噴霧器をけん引します。大きな器の中に融雪材を一度に40kgいれてスタートです。

いよいよ始まりました〜 ハウスの除雪 ・・・まずはイチゴのハウスからです  ハウスは全部で15棟有ります 天気次第ですが全部のハウスを終わらせるには ん〜!

写真は散水機の調整をする親方です。水平に、真っ直ぐに、左右対称の長さに、します。チェックポイントはたくさんあります。

収穫は2か月ぶり。今年初めての収穫日 久々で少し緊張〜(笑)で、収穫してみたら私の想定とは違って採れる数が少ないです。少しだけですけど、嬉しかったなぁ〜!!

さて。今日で我が家を含め3軒の農家さんのビートの播種が終了しました。約22.5ha分のビートです。 ビートたちはビニールシートの下でお休みです。

ビートの育苗用の土です 買った土なのですが、出所が牧草畑をめくった土らしいので大王(エゾノギシギシ)の種が沢山入ってます…

農家さんの中には冬期間、家の中に鉢植えっていうレベル以上にがっつり苗作りしてる人も多いんじゃないでしょうか?

指導農家Hさんが新しく借りた畑の一部を、管理することになりました。いろいろな品種のミニトマトを雨よけ栽培したり、保存できる野菜や豆を作ってみようと思います

このハウス、30mしかない、我が家では短いハウスです。 (他のトマトを作っているハウスは、85mもあるんですよ。)このハウスに、ビニールをかけました。

3月に入りビートを入れるハウスをちょっとづつ準備してます。今年は雪が融けないのと、寒さが厳しいのでハウスの裾を2重にしてみました。

約32tの育苗用土と覆土500kgの準備が出来ました。 Laぱすとさんから質問もあったので、ビート育苗から移植にかけて私が考えているポイントを載せておきます。

朝からタマネギの本格播種作業。夫婦での作業は、お試し播種の時と同様、順調に作業は進んだ。少ない栽培面積にもかかわらず、5品種と多くの種類を栽培している。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日はルバーブの種蒔きを行いました。自宅前にあるビニールハウスは約6坪、昨日ビニールを張り種まき用の土を購入してきたので今日はルバーブの種蒔きをしました。

第二農場はこんな感じです。 寒冷紗の中の連中も春先はちょと期待です。秋に実らなかった遅蒔きのキャベツ、ブロッコリーの横芽がどう転ぶか。

稲・加工トマト・野菜などハウスで種を蒔いて育てます。 冬の間は雪の重みでハウスが壊れる(破ける)のを避けるため、一旦ビニールを外します。

いよいよ、畝立ての時期がやってきた。春が来た!って感じ。 まずは畝が曲がらないようにヒモを張る。 このヒモの両サイド40センチくらいの所に肥料をまく。

開発中の籾殻灰と米ぬかだけを使った稲の育苗用培土は屋外で作っています。過湿は禁物。ですから、雪や雨など水分が入らぬよう、コンパネで蓋をしてあります。

3月2日から芽出しをしていたピーマンがやっと芽を切ったので、温床にまきました。全部の種が一斉に発芽してくれればいいのですが、半分くらいは未発芽の状態でした。

本日、だんな様は巨峰の剪定作業、終盤を迎えました。ここの巨峰畑は、傾斜地で棚が低いため何度も腰痛に悩まされながらも根気よく剪定し続けました。お疲れ様です。

本日は雪が降る中のファーム実習でした。縦の辺と横の辺の平行を取ったり、ビニールハウスのアーチを均等な高さにしてビニールを被せて留めていきます。

肥料搬入に続き、今日は種籾が届いた。昔は自家種を使うことが一般的だったが、最近は販売上のこともあり、一応正規圃場産の認定種を購入している。

畑に行くとりんごの木の周りにはしっかりともみがらやきのこの菌床の炭素資材がまかれてあります。冬の寒い中、しっかりと手をかけてくれていたのがわかります。

新兵器をようやく設置できました。ただの小型ビニールハウスなのですが。 寒冷紗はいつも使っているのですが、ビニールハウスはどんなものかと今回試しに!

田んぼの肥料蒔き&種蒔きの予定が控えています 本日は種蒔き準備 およそ1400枚の苗箱を作ります 苗箱には土は使用せずマットを使います

畑の方では、知り合いの農家さんからちっこいユンボを借りてきて、排水の改善をしています。こんな作業ができるのも畑に野菜のない今の時期だけです。

粉剤の薬を撒き、トラクターで鋤き込むと、しばらくするとガス化する、そのガスでセンチュウを死滅へと追い込むわけだが、何匹か何百匹かが逃れて、また増え続ける。

今月は、八ヶ岳山麓の育苗がはじまります。大産地ですから育苗も大量で、育苗に失敗すると、定植、収穫までの計画が大きく乱れます。

私たちにとってはちょうどいい大きさのハウスで、これがあれば米の育苗、秋冬の葉野菜にも余裕を持って仕事ができる、ということで頂くことに。

今年の農業研修は、昨年のように里親さんについて一緒にやるのではなく、自分たちで実際に栽培して、出荷までやるという実践的なものになります

昨日は昼の晴れ間を縫って、3月に入ってから行う平行整枝の剪定に取り掛かりました。平行整枝では棚の上でHの文字を描くように幹を伸ばします。

最近は毎日ぶどうの剪定をしています。ぶどうの木の使わない部分を切ったり誘引したりしています。この剪定作業。性に合ってるというか楽しくて新しい自分との出会いです。

妻はアスパラの刈り残した部分を抜く作業をしてもらいました。ビーバーなどで刈る場合、地面から10cm位離して刈り取ります。

第9農園のジャージー・デュークの剪定。朝方どしゃ降りが10時頃には雨が上がりブルーベリー剪定が出来ました。最高気温も18度。今年一番の暖かさ。

リンゴの新わい化栽培で「祝」植えました!この祝、青リンゴで7月下旬から8月上旬に収穫できリンゴのトップバッターとも言える存在

昨秋に掘り上げた「M9台木」に「ふじ」と「シナノスイート」を接ぎました。2年間育苗圃場で育成して、大苗として植えつける予定です。

アスパラの選別機を作業場の隅から引っ張り出してきて、そうじをしました。人からもらったものなので年代物の選別機ですが、年々きれいになってきています。

朝は収穫・・・半結球レタスが70玉ほどを袋詰め、カブを90株ほど洗い、くくりと葉タマネギ。気が付けばハウスは30℃を突破・・・慌ててサイドを開けて温度調整。

叔父からキャベツの苗を作ってくれないかと頼まれたので、これを機に自分も今年は直売所にキャベツを出してみようかと思って、キャベツの種まきをおこないました。

つがる の古木と、定植5年目位の成木の剪定が終わりました。写真は成木の畑。昨日降った雪がまだ少し残っています。

この時期はあさひや農場の無加温ハウスは苗を育てるにはまだまだ寒すぎるし、何よりも他の農家の苗を見たり話を聞くのが貴重な時間であるからというのがあります。

三月に入って、野菜の種まき最盛期になりました。もう、一部芽が出てきましたよ。といっても、まだビニールハウスの中でのお話しです。

無限とも思われた巨峰の粗剪定が終わったので、次の畑に移動しました。この畑のブドウはワインになるブドウです。師匠が今年から借りて作ることになった畑です。

雪があるうちに、米ぬかを散布します。いつ散布してもいいのですが、土に水分のあるときが、良く溶けて効率的です。機械で撒くので楽なんですが、油分がすごいです。

晴れ。剪定日和。第9農園のスパルタン剪定。この品種は剪定が楽な品種。余計な枝が出ないのでハサミを入れる数が少なく済みます。

ハウス内の冷床(無加温)育苗だから、夜間は0度くらいまでは下がっているが、地温はそこまでは下がらないので、キャベツはそのくらいで十分に発芽する。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

八ヶ岳がくっきり見える畑の一部を「倶楽部の畑」という位置付けにしながら、お客さま〜倶楽部レストラン〜農家とのつながりを楽しむ企画。

昨年11月18日に播いた南部小麦。今年は失敗みたいです。がら〜ん。小麦は生えずに草がうっすら生えて来てしまいました。(>_<)今年はいつもより沢山播いたのに〜。

初期のトマト苗の育苗をするための踏込み温床作りに取り掛かりました。 落ち葉をたくさん集めてきます。当農場のある地域は山の中ですので、落ち葉を集めるのは簡単。

ハウスの中の野菜たちもだいぶ大きくなってきています。今年は寒すぎて、苗の成長が去年よりもゆっくりです。定植時期も去年より遅くなってしまいそうです。

お隣りのおじいちゃんからタラの木を分けてもらい、庭に植えました。繁殖力が強いので庭を多い尽くしてしまわないか少し不安もありましたが、場所を吟味して植えました。

ジャガイモの種を蒔きました 種を半分に切り、切り口には灰をつけます その種をこんな感じでまきました 種と種の間には、堆肥と肥料がたっぷりです

昨日、ジャガイモを蒔きましたよ。例年通り、「きたあかり」10Kg、「メイクイン」5Kg、「男爵」5Kgです。ただし、今年は、種芋を四つに切って蒔きました。

作物の食べごろになるとやってくるイノシシ・・最近ではシカも来ているようです。作物や根を守るために、防除柵を作りました。

追肥は作業がたいへんなので4日に分けてしています。今日が3日目。最初の追肥をしたところもまだ変化はありません。がんばってよ!

ゴルビー3年生移植のお話あり、本日実行。 地域の畑、気まぐれに?巨峰外品種が巨峰群と一緒に植わっている状況、時々あり、それだけ品種の移り変わりが激しいのかも。

育苗ハウスをそろそろ空けないといけない季節になってきました。来月にはトマトの苗も届くし。レタスの苗がここ最近の急激な暖かさで育ってきたので、本日植えました。

大きな育苗ハウスは、来週からトマト専用の育苗ハウスになります。今のところはその他野菜の育苗ハウス→→野菜たちの定植後はトマト“アイコ”のハウスがこれ。

葉物野菜の種蒔き応援を頼みました。まだまだ朝晩は冷え込み、畑には霜も降りているので、種蒔きの作業は午後から開始です。

今日は、ぶどうの剪定が終わった枝を棚に伏せる作業をおこないました  このように枝が上にのびているような枝は、強風にあうと折れてしまったりします。

暖かくなってきてから伸びた葉なのでとても柔らかくて、お年寄りにありがたがれている小松菜。私も食べたら、ビックリでした。柔らかくて小松菜ではないようでした。

新たにお借りしたスモモ畑を剪定しました すでに蕾は膨らんできてはいますが、開花するまでは剪定してもセーフということで一日で終わらせました

3月13日に播種したトマトが20日頃から発芽し始めました。今年は温床の温度が低めで、なおかつ均一でないので、発芽の揃いが良くないです。

さくらんぼの蕾ちゃん達を霜にやられない様に準備をしています。毎年の事ですが・・この時期、怖いのは霜の被害です。

去年の秋ごろ種をまいた青梗菜(ちんげんさい)収穫せず、そのままにしておくとこんな↑菜の花みたいな花を咲かせました。

今季一回目の大切な消毒をしました。枯れ木に防除みたいなのですが、この時期の陽気とのタイミングって結構難しい…と思っています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日はジャガイモの植え付けだ。新川崎のシマチューホームズで買ったという大きな男爵芋を、慎重に芽を見極めながら2つに切って、切断面を石灰で消毒している

種芋は通販で今年も購入しました。まずは『インカのめざめ』。名アンデスの「栗じゃが」とも呼ばれ、ナッツや栗に似た独特の風味が特徴。

ほうれん草の種を、一昼夜水につけて置いたもの。先ほどつけておいた18番の畝の半分の4条の播き筋に10cmおきに2粒〜3粒を押し込む。間引きの労を惜しんでのことだ。

枝なら諦めもつく、主枝でもなんとか我慢する、でも幹だけは…。必至の思いで、その先の雪に埋まっている枝全てを、枝の周りの雪を掻きだすことで雪中から救出。

2月末より苗作りをしています。200穴のセルトレーに種を蒔きました。何の種を蒔いたかというと、↓コレです。サニーレタス。この画像は昨秋栽培した当農場のものです。

写真は撮り忘れてしまいましたが、今日の作業はレタスの苗の植え付けと、ジャガイモの残りの植え付けをしました。収穫は水菜とブロッコリーです。

2月1日に播種したピーマン「京ひかり」を10.5cmポットに鉢上げしました。水管理に失敗して、5、6本枯れてしまいましたが、元気に育っています。

絶好の定植びよりです 定植の時に気をつけないといけないのが地温(土の温度)です メロンの場合、地温が15℃以下になると根の伸びが止まってしまいます

収穫した大根を洗っている現場です。雨の中で収穫されたことを物語るようにトラックに積まれた収穫直後の大根は泥まみれです。

一列溝をほり→堆肥を入れ、ジャガイモを置き埋めていきます。 作付された感のある畑に惚れ惚れしてしまいますが!!もっと面積が残る予定が?一品種だけ植えられません

今日は午後から晴れてきたのでジャガイモの第2弾の植え付けの行いました。畑の様子ですが、まずは大きく育った水菜の収穫です。

今日は雨前の作業てんこ盛り サツマイモを伏せこみ、 ぼかし肥料が完成ふるいにかけ、次のぼかしを仕込みました  その後葉物類の播種、除草、もちろん苗の手入れも

昨年は左側はサツマイモ・・・右側はジャガイモ・・・ともに緑肥との混作・・・でもその緑肥は 種をこぼすまで放置状態 今年は少し心を入れ替えなければ

トマトの実に光が当たりやすいように葉っぱを切ってあります 光が当たることによりトマトは美味しくなりますし、通気性が良くなるので病気の予防にもなります

今日はイチゴの最後のマルチ掛けをしました。イチゴの畝は3列あって、真ん中が2月中旬、右側が3月初旬、で今日は左側の畝にマルチを掛けました。

今年もなんくる農園の担当はピーマンとミニトマト・・・ピーマンはすでに播種済み・・・発芽はまだだけどミニトマトをまいておこう

本日の三浦半島はご覧の通り… 雪となりました。日中の気温は2℃でした。先日、写真を写しましたカボチャが育つトンネルもこんな具合です。そして、畑の方もご覧の通り。

今日はクマさんファームの育苗ハウスのお留守番をしています。ハウスの中が暑すぎず寒すぎずになるようにハウスのビニールを開けたり閉めたり。

桃太郎の一段目の花が開花しました。 例年より少し遅れています。夜間の寒さが少し和らいできたので、ハウス内のビニールトンネルを外そうか迷うところです。

レタスとサンチュのタネが発芽した。前回、蒔く前に水に漬けたり冷蔵庫に入れたりする方法を紹介したが、何もしなくてもちゃんと発芽した。

お天気があまり良くなくて直播きが出来ず困ってしまう。で仕方がないから、育病用の種蒔きをしているのです。今日は、コリンキーとズッキーニの2種類の種蒔きをしました。

3月7日(水)、みかんの木へ元肥を施肥しきりました。当みかん園は、成木は25本くらいですが、小木が20本くらいあります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

最近やっとニンジンとゴボウの間引きができました。まだ小さいものですが、抜くととてもいい香りがします。思わず畑で生でかじっても美味しいのです♪

春はアンデスレッドだけの予定でしたが、去年の春ジャガで栽培した男爵が「私も植えて〜」と言ってきたので植えることにしました。

「春菊(しゅんぎく)」の収穫をはじめました。現在高さは30センチほどで、食べ頃に入ったといえるでしょう。 なんとも収穫中もいい香りがしてきます。

長ねぎの一斉発芽がはじまりましたよ。タイマーでもあるかのように10000本が同時なのです。種をまいてから約2週間、雪が降るなどの気温低下のためか、少々遅れました。

自家採種とは、自分が栽培したものの中から良いものを選び、種ができるまで育てて種を取ることです。江戸野菜は、昔からこのような方法で種が受け継がれてきた伝統種です。

生ごみを菌と混ぜて発酵させ、堆肥にさせ、土を元気にさせる生ゴミ堆肥づくりを予定していたのですが、前日、前々日に降った雨で土が濡れてしまったので断念。

Hさんたっての希望でカブの種まきをしました。カブの発芽適温は20〜25℃(最低温度6〜8℃)なので、種まき時期が早すぎる気もするのですが・・・。

ビニールハウスでお仕事です。 「キャベツ」や「ブロッコリー」、「レタス」の種まきをしました。もう、先日まいた「なす」や「ピーマン」は、発芽していました。

「風、つよっ!」の中、農園に堆肥を入れて、耕運しました。農園の何人かにお手伝いいただき、今年も堆肥「Mix 堆肥」を散布しました。

じゃがいもの植えつけがやっとできました。年中組の皆さんは元気に畑仕事をしてくれました。夏休みのお泊まり保育で食べるカレーライスの中にはいる予定です。

ここ最近のエスカリオンの様子は…こんな感じ  倍近く太って来ました。料理に使いたい気持ちは山々だけど、今回はここから自家採種することが第一の目標です。

先日、やっと「トマト苗の鉢上げ作業」が終わりました。例年なら2月上旬にはこの「トマトの鉢上げ」作業を行っているんですが・・・。ホント押せ押せの状態

午前中は、父がNO.9ハウス水撒き作業、NO.2ハウス窒素水溶液散布実施。私は、午前・午後と小松菜の収穫作業を行いました。本日は、トータル270束の小松菜を収穫しました。

「カメムシ」大量発生の可能性が大との事です。カメムシ大発生は前年度飛散した、杉花粉に比例し、今年は6年前に大発生した年と同じ条件に近いそうです。

今日は、午前中は小松菜収穫。午後は両親に小松菜収穫を任せ、私はNO.2ハウスにて耕運・整地・種蒔き作業を実施しました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

春の田起こしトラクターのエンジンかけてみました 40年前のトラクターにもかかわらずドドドドドとエンジン一発でかかります 音も静かでメカノイズ等ほとんどありません

昨年の秋に蒔いた小松菜が大きくなりすぎてそのままにしておいたものが、御湿りもよく晴天も続いたせいか、芯(花芽)が出てきました。

ニンニクの草取りやって、肥料をやって、春にむけて栄養補給!相当調子よさそうです!今年初めての作付なのですが、プロの指導をうけた甲斐あって、バッチリです。

じゃがいもを蒔きました。去年自家用含めて7品種栽培して、今年は彦星という長崎の1品種に絞りました。選んだ理由は収量は少なかったのですが、おいしかったから。

今年のミニトマトですが、昨年同様、8種類育ててます。しかし、昨年大コケしたマイクロトマトは、戦力外通告。それに代わって、昨年発売されたばかりの新品種を導入♪

りんご畑を桃畑にしようと改植中。大型のユンボーをレンタルしたため、雨が降っていても作業しなければならず泥だらけでびしょびしょになりながらりんごの樹を抜きました。

レタスの苗がちょうど植えごろです♪苗の様子って、葉っぱの部分だけ見ているんじゃだめなんです。根っこがすごく重要なんです。

イチゴの手入れをしてるんですが 担当者朝からハウスサイドの雪かきです(雨の中っ)←じゃないと、晴れて温度が上がってもサイドのビニールが上げられないの

ハウス育苗している魁ピーマンと久留米長ナス7日目の写真です。右が魁ピーマン。左のセルトレイの久留米長ナスは自家採取した種でしたがほぼ発芽しました。

2/25に蒔いたやつが、順調に育っています 今年の発芽率は、まあまあといったところ。今後、バカ苗がどんだけ出るかで定植計画にズレが出てきます。

今朝は晴れていたので、レタスの苗を置いている育苗ハウスに行ったらなんと9時で35度!!防寒用に苗にかぶせてあるビニールをはぐと、中からは熱気がむわっと!!

17日、恒例の地元中央小学校学童クラブを受け入れてのじゃがいも植え会があった。雨のため子ども集まらず、わずか5名の参加。

相変わらず細かい作業で中断しながらも長ねぎの出荷をしています。他の地域の市場や近くのJAさんは2月前半から結構いい感じの価格で推移していたようです

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

水稲鉄コーティング直播栽培に30aだけ試験的に挑戦する。これは鉄粉と焼石膏をコーティングした種子を直接田んぼに播くことで、(株)クボタが開発した技術である。

開講に向けて準備も本格化してきました。6日は柏駅の近くの飲食店「SHIN」の若い皆さんに野菜の種まき、発酵肥料の切り返しなどを手伝ってもらいました。

3月8日に播種した出芽苗を育苗ハウスに並べる作業(苗出し)。およそ6,300枚の育苗箱が無事にハウスに並んだ。白いシートを掛けて温度管理をする。

豆に本格的に取りかからないとそろそろまずい・・・・と、今日から急に焦り始めました。ほぼ1週間降り続いた雨で、草も豆も急生長

今日は、苗床の整備をみんなでしました。まずはトラクターで耕起しその後高低差をなくすためにトラクターの後ろについているロータリーの整地板で均平を取ります。

じゃがいもの種イモ落としをしました。 耕した畑に溝をつくり、そこに種イモを置いて行きます。土を被せた時に種イモが動かないようにあらかじめ土に少し埋めます。

今年はおからを乾燥させているのですが生憎の天候でなかなか乾いてくれません。乾燥開始6日目のおからこんだけ長い間広げておけば流石に乾いたっしょ?

1日畑仕事でした。畑に直接ネギの種をまきました。黒くなっている土がまいたところです。こいつをゴロゴロ押して転がして、種が落ちていくしくみです。

遅れている露地ビワの袋かけが始まりましたが、びわの生育が相変わらず遅れています 同じ木でもこのような実(?)もあり、このような状態では袋はかけられません。

何かと作業が遅れ、厄介な気候である。晴れ間を縫って、とても強い冬型で北風がヒューヒュー吹き続ける中、2日間で、遅れ気味だったジャガイモの植えつけを終えた。

ソラマメの2−3割は霜で枯れてしまいました。このように籾を蒔いて霜対策をしました。冬を越えたソラマメは、このように少しづつ生長してきています。

1月下旬から浸種を始めたたねもみ、2月下旬に水からあげて、ただいま乾燥中。このあと、消毒してまた乾燥して4月1日にたねまきします。

本来の農作業だが、まずジャガイモの植え付け準備を行う。まず今週は再度耕耘して畝立てをやって,いつでも植えられる状態にする予定。

先週植付けたキャベツとブロッコリーに非常事態発生。鳥につつかれて、ほぼ壊滅しています。無残な姿になったキャベツ苗

ちょっと周りの農家さんより早いのですが、じゃがいもを植えつけました。毎回思うことですが、このジャガイモが成長してたくさん増えるのが信じられません。

寒さから守るため野菜達に布をかぶせています。この布は他にも虫から守るため、布に水分を吸収させるため等にも使い途があります。

玉レタス、サニーレタス、ロメインレタス海仲間の唐木さんに来てもらいがっつり手伝ってもらいました。おかげで5時間で終了。トンネル4本分だから2800株。

2月21、22日。春人参の種まきを行った。3〜4日前、程よく降った雨のおかげで土もしっとり。マルチ、種まき、支柱、トンネルかけと。

本当に本当に寒くて土に触っていると手の感覚がなくなるくらいだったけどがんばってキャベブロレタス700ほど定植してトンネルを張り終えた。

人参の枯れた葉っぱにまぎれて新しい芽が伸び始めています。農園の人参は「ひとみ」なのでやわらかく甘いのが特徴ですがそろそろ終わりになってきました。

ここの所曇りが多くハチがあまり働きませんでした。今日は巣箱のエサもなくなってしまったのか朝の段階で気温も16度ぐらいなのに働いていました。

第2圃場で栽培中のハクサイ達。でも少しずつ結球がほどけてきているようなので、少しずつ収穫していきます。見た目は良さげですが、触るとスカスカ ほどけてきている株

何が堪えるかって・・・フルマラソン後の・・・元肥施肥 春人参の播種の準備の為の元肥です。これを撒きます 普段なら何とも思わないんですけどね

先日種蒔きをしたブロッコリー。良い感じで発芽してきました。ブロッコリーの発芽上の3列がスティックセニョール。下の4列がパープルイタリヤン。

堆肥をすき込んでおいた畑に区画の杭を打ち、雨に備えての溝切りを整備。 さて「じゃがいも植え」に向けて、じゃがいもの土壌のPHを測りまして PH6〜7アルカリ性です。

オクサマのリクエストで作ってもらった「かつお菜」かつお節がいらないくらいダシが出るから「かつお菜」と、言われているらしいけど。九州ではポピュラーな葉野菜です

収穫が増えてきました。今日は今シーズン最大の80パック収穫です。草刈房の駅にもたくさん並べてあとは少なかったり、納品のない房の駅に随時納品をしています。

だれもおれのじゃまをするなー!と叫ぶもホウレンソウは無視して伸びてくるのでトラクターを降りてしぶしぶ収穫。しぶしぶ収穫したらホウレンソウに失礼か。

2月20日 ジャガイモの植え付けをしました。男爵20kg、アンデス赤10kg、ベニアカリとインカのめざめ、ひとみを少量。

なんとか「春一番」が吹いてくる前に補強をしっかりしておきたいところ!ぐるっと周りを囲った柵に、ブドウの棚と連結させて、横方向の補強を実行中。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

春を告げる野菜、三つ葉の収穫がスタート!! 現在は水耕栽培(糸三つ葉)が主流となり、1年を通じて食べることができますが、やっぱり旬が一番。

今年度「無農薬米作り」のスタート。まずは、水稲種子籾消毒が来週行われます。4kgごとに網の袋に入れています。これで3反分。消毒といっても薬剤は使いません。

今年も、実は 植えてあります!去年散々、だったはず???の「かぼちゃ」が・・・。 なぜ、また今年もカボチャを作ろうと思ったのか?は、父の心の中だけしかわからず。

妻が作ってくれた土から芽が出てくるイメージで作った この袋に入れて発芽を待ちます。芽が出たらすかさず、先日お伝えした踏み込み温床に移します!!

新しく借りた畑なので、どこで以前にジャガイモやナス科の作物が植えられていたのかは、判らないので、とりあえず南側に畝を作って植えることとする。

今日は、ジャガイモの植え付けをしました。我が家は、昔から梅の花が咲く時期を目安にしています。ジャガイモの植え付けは例年に比べて3週間ほど遅れました。

今日はとりあえずメークインを5kg分。鍬でサクを切り(溝を掘り)、30cm感覚で芋の間には米ぬかと油粕を入れ、それらの上から稲わらを軽くかぶせます。

毎日苗をみていると、どのくらい大きくなったかがよくわからないのですが、写真で見ると明らかですね。茎も太くなり、こんな感じでだいぶ混雑してきました。

さやえんどうの実が随分と膨らんできました!結構、充実してきています。 中の実が透けてみえているのもあります。 そして3月13日に播いた種が昨日、発芽しました。

先日蒔いたニンジンにトンネル。ほうれん草に掛かっていたものをそのまま移動。汗ダクダク作業となりました。その後はポロネキの種まき。

ハウス内は比較的温度は上がる。 換気を開ける時間も早くなりました。 日が出てれば9時過ぎれば20℃後半に直ぐ届く。そんな時はイチゴの花はピント立って天へ向く感じ。

例年にない寒い冬でしたので生育が心配されましたが、大丈夫だったようです。ビニールで覆われているのは、キヌサヤです。強風のため潰れてしまいました。

乾田直播では圃場選びが大切です 大きさも効率を向上させるには大切な要素ではあります 雨が降っても2〜3日で圃場にトラクターなどでも入っていけてしまう事なんです

ほうれん草は、今回から松伏での収穫が始まりました。播種(種まき)直後から不織布を掛けて栽培しました。播種以来、不織布を外したのは今日が初めてです。

農薬も化学肥料も使わずに苗を育てています。慣行農法ではこの段階で土に農薬と化学肥料を混ぜてあります が 上原農場ではこの時期に液体状の有機肥料を散布します。

午後からはハウスの片付け。大方の野菜を抜いて撤去。あと春菊が少し。最後収穫して撤去します。来月にはトマトを植える予定です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

木の里農園女性部が踏み込み温床を仕込みました。父ちゃんが去年の温床を解体して、去年の夏の育苗棚を解体して、温床枠を作り、わら枠を作っておきました。

溝の底に30センチ間隔で種芋を置いていき、その間に堆肥をいれます。堆肥は全体にも薄く入れていますが芋の近くにも入れました。

我が家の畑の白菜君で、植えつけるのが遅くて結球しなかったのがあります。春になって温かくなると花を咲かせますので、蕾のうちにオヒタシにして食べようと思ってました。

露地キャベツとレタス。中のキャベツ苗はこんなかんじ。気温上がってきませんね。植えるそばからまた種を播くので育苗ハウスは常にいっぱいです。ネギ。ピーマン。

今日のテーマは黒豆磨き。ファームランドさいとうでは黒豆も栽培しています。メインでは黒豆味噌にしますが、黒豆そのままでも販売しています。

今日から収穫が始まった三陸つぼみ菜です。例年は2月中旬頃から採れ始めますが、今年は寒さの影響で生育が1〜2週間ほど遅れていました。

露地のホウレン草は周囲の栗林の枯れ葉で埋まりそうになっていますが(笑)。なんとか採れてくれていて有り難い限り!

まずジャガイモ(ワセシロ)を植えて・・(去年は、もうこの時期に全部植え終わっていたのに。。焦るなぁ)20センチ間隔の2条植え。時間も場所も超節約なやり方。

先週の暖かさとは打って変わって、また肌寒い天気に逆戻り。雨の週末は、ナスやピーマン、ブロッコリーなどの他、トウモロコシ(1番手)の種まきを。

今年の温床設置と同時に始まった育苗で一番初めに蒔いたキャベツ・ブロッコリー・カリフラワー・レタスなどの合計1000株程度の定植がやっと終わりました。

2ヵ月ぶりということもあり、やはり六本木マルシェでの再会や出会いは、畑に閉じこもりがちの生活の中で、本当に貴重なことなんだと改めて思いました。

冬のホウレンソウの収穫もいよいよ最後になり、大分伸びてきた草の中での収穫となりました。作っている品種は固定種の豊葉と次郎丸。

日本ミツバチ達も盛んに花粉を集め始めました。巣箱の中に冷たい風が入らないよう、出入口を狭くしてありましたが、そろそろ広くしてあげようと紙を取り払いました。

今年の菜園の作付始めました。まず、第一弾 イチゴの畝の場所移動です。菜園の一番北側ですが、一日中日の当たる良い場所に植え替えました。

1回目の植え付けがひと段落しました。50メートルにレタス類とミニ白菜を合計1000株ほど。ひと段落したので、今日は畑に残っていたゴボウ君を全部掘り上げました。

1月下旬のレタス、キャベツから始まり、ブロッコリー、ナス、ピーマン、トマトと種まきをしました。そろそろレタスは植えられるぐらいの大きさに。

ヒヨコを取りに行き、夕方帰宅。鶏小屋の中に、ひよこ用に1畳程のしつらえがある。4ぶんの1が寝室残りが運動場だ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

日経新聞の撮影が終わっていませんでした この野菜の収穫のシーンを撮る為 遠い所を運んでくださいました。 どういうふうに 新聞に載るのかとっても楽しみです

春も近づき、気温もグンとあがってきた今日この頃。ヤヤキタ、夏の陣、始まります^^;まずは、ナスとピーマン類、略して、ナスピーの種蒔きから。

今日は白菜の収穫が終わりになり、片付けて次の野菜栽培に向け畑の準備をしました。 また、先日種蒔をしたゴボウが、発芽しましたので紹介します。

先週トマトの種をまきましたが、まだ芽は出ません。トマトの発芽適温は20℃から30℃なので、石油ストーブを使って保温しています。

先日の雪で、見事に崩壊してしまったトンネル。「やっと発芽した小松菜だけど、もうダメだろうな・・・」と、半ば諦めたまま、結局3日程放置。

ラスト3回となった、栃木農大・未来塾2011受講日。今回はJAグリーン栃木の見学に行って来ました!まずは、肥料製造部門の見学。 こちらはBB肥料の倉庫です。

種イモのてっぺんには、出てきたばかりの白くてかわいらしい芽がいくつも集まっています。「頂芽」と呼ばれる部分で、ここからたくさんの芽が生育します。

雨が降ったり、空気に触れる事で畑の土は酸化します。野菜達のほとんどが酸性の土を嫌うので、石灰を土に混ぜ合わせてアルカリの土に変えます。

地元の営農組合の参加者に、耕作できなくなった方が。そのため私に30数アールを請け負いして欲しいとの依頼があり、受けることにしました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40