この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

7月17日、肝付町立岸良小学校と岸良中学校で宇宙大豆「フクユタカ」第2世代の播種が行われました。「はやぶさ」が打ち上げられた場所でもあります。

今年、二本や三本だてにしたオクラの収穫が出来始めました。本当に実が柔らかいです。近くのオクラの農家も三本立てでした。

カボスの摘果は相変わらず、していってますが甘とうがらしも、実がどんどんなっているので出荷準備をしていきます。今年のはホント見た目がピーマンですね、大きいぞー。

梅雨で痛んだ野菜を片付けたりと大忙しです。そんな中、豪雨の中で蒔き直したイタリヤンインゲンが発芽?でいいのかとりあえず芽を出しました。

前日に周りを機械で植えておいて、田植え体験してもらう所を空けていて、当日赤米を田植え体験開始〜アレレ???あっという間に植えちゃった

大雨の被害がやっと回復してきてこれから収穫というところです 世界の様々な国の茄子がありますが外国茄子は別モノと思って頂いた方が良いかと思います

桃の下に敷いてあるシートを外しました あかつきの収穫をもくもくといたしました 去年のあかつきとは、ずいぶん違う 小さいのです

4月に蒔いた人参がトウ立ちを始めてしまいました。5月の雨量が極端に少なく、人参にストレスがかかり子孫を残そうと、花をつける準備をはじめたようです。

里道が土砂崩れを起こし土砂が水路を埋めて田圃に流れ込んでしまいましたのでこのままでは、苗に影響がでてしまいます

私も日々日焼け防止に必死なのだがどうやらマンゴーも日焼けをするらしい・・・そこで日焼け防止の帽子?をマンゴーにかぶせて対応・・・

今日はかぼちゃの出荷日だったんで、とりあえず磨き&選別が済んだ分を50ケース程出荷してきました^^;そして更に残りのかぼちゃ磨き&選別。

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

「いちご育苗畑」で、受け苗。遂に、育苗スタート、受け苗を始めました。親苗増殖で、少し前まで、親苗用のポットに受けてはいたけど、やっぱり勝手が違います。

ブルーベリー狩り、ちょっとオープン遅れておりまーす!ごめんなさい!8月入ったらしっかり完熟に、あまーくなる品種も多くなるかと思います。しばしお待ちくださーい!

さて 田植えから10週目にさしかかりました田んぼの様子です。吉田の田んぼ(右)雑草鋤き込み田隣もおなじコシヒカリを植えていますが品種が違うように見えます。

6月10日にはジャガイモの収穫をしました。明日から暫く雨が続くというので、この日を外してしまえばイモが巨大化してしまいますからねッ。

つなぐキッチンとは農場と台所で、農作物を「育てる」・「収穫する」・「調理する」を通じて、ヒト・モノ・地域を繋ぐ食農体験プログラム企画チーム。

去年から減農薬を目指し、今年は除草剤も20%〜50%少なくしました。ただ難防除雑草のクログワイがある為 中期除草剤も半量使っています

結局、被害は10本にも及びました。この間から、チョコチョコやられてたんですが、一晩でコレだけの被害は初めてですゥゥゥ。

大分遅れましたが、ようやく白ネギの定植です。草に埋もれかけの苗 植えつけ予定の畝にはできるだけ草を生やしておきました。草を生やすのは育土の基本。

オリーブの樹たちを見ていく…。「夏ばてしていないかと…!」今年伸びている元気な新しい芽…。 よ〜く見ないとわからないのですが、14時前後に夏ばての新芽…。

今日も雨 雨は雨の作業って!小さなハウスですが トマトが生育中ですトマトの品種は 小玉「アイコ」3花房が付き始めました〜作業は 誘引です 

圃場2の茄子群です (50m x 4畝)  ソルゴーの中に茄子で 恒例の草生栽培です  周りから見れば ソルゴー(緑肥)としか見えません!

2年間やりましたが、みかんの樹の下にマルチを敷く、そして撤去する仕事はたいへんです。たいへんというのは「しんどい」ということが大半をしめます。

ラビットアイ系のブライトウェルの収穫の最盛期を迎えています。ブライトウェルは1本の木から今年は5kg以上の収穫を予定しています。

先日、イノシシ除けの電気柵を設置して来ました。お隣の園との共同作業なので、色々大変でしたが無事終了!今回は、お隣さんが先に設置した電気柵を我が園に延長。

オヤジと相方のコラボでした!!緑肥にしてた畑が、相方ダウン中にまた緑肥(草ボーボー)になってました!!相方がモア吉で草を粉砕し、オヤジがトラクターで耕す。

当園は元が田圃だったため、1区画ごとに段差があります。橋をかけるか、通路を付けるかどうか考えたんですが、できる限り削って段差を緩和してみました。

この夏休みを利用しました、親子で出来る農作業体験を実施しました。今日が、その初日です。久しぶりに、上の圃場(ダッシュ村のメイン圃場)に足を運びました。

21日〜23日まで間谷ハウスの収穫でした・・・早朝5時から仕事です今回のメロンは少し小さく一つのコンテナ(カゴ)に9個〜11個入ってます

先週のれんこん↓↓ 今日のれんこん↓↓ この田んぼは最後から2番目に収穫した田んぼなんですがやはりまだまだ葉の出具合はイマヒトツ…。

道端の田んぼで見掛ける、稲の茎や水路の壁に付いたピンク色の物体。田んぼに撒いた肥料や農薬が固まったもの…ではなく、実は稲を食べる天敵ジャンボタニシの卵塊です。

今日はナスのコンパニオンプランツを植えてから大本命のエゴマの播種をしました。さてそのコンパニオンプランツとは・・・この生姜です。

キャベツに引き続きブロッコリーの種も蒔きました。翌日には土に色がついて、3日目にはちょっと背が高くなり。写真は4日目です。小さいけれど一人前な双葉になっています。

今日は、水田に草が生えないようにおまじないをしてきました。分りますか?無事に、稲も根付いていますよ。早速、大豆も芽をだしました。

はるみは生理落果をあまりしないようでギッシリ実がついている樹もあります。昨年の実のなり具合が影響しているみたいで、全体的には今年の果実は少な目。

ブドウは来年収穫できるようにするため、8月いっぱいまでに主枝2m延ばすよう、毎日心をこめて栽培中です(^−^)その中でスチューベンは元気がいいです。

2012年露地ピーマンの初出荷です。午前5時から収穫しました。収穫時は、雨でしたのでエビラで乾燥させました。重量は1つ25グラムぐらいでしょうか。

オリーブの樹の周りに生えたたくさんの草…!今年2回目の草取り開始です…♪雨のあとは、抜きやすく快適に作業が進みます。

うちのコシヒカリもようやく穂が出ました♪4〜5日待って穂が3割ぐらいでたらカメムシの防除に入ります。ここで丸山のハイクリブームが役に立つ♪

今期は50本ほど数種類の新たな苗木を定植しました。 前から気になっていた新品種“津の輝”も少し導入しました。 3年前に品種登録されたばかりのニューフェースなんです。

雨の中さつまいもの植え付け作業でした。 今回は地元の小学校、幼稚園、地元農業者イベントでの植え付けです。ご覧のように天気ワルワルです。

小雨が降る日は剪定枝の焼却がメイン。黒点病の発生を防ぐために大切な作業です。そして天気が良くなると農薬を散布!

一週間前に種をまいた黒豆の芽がでてきました。これからの管理は、除草をしながら来月頃土寄せ作業があります。8月頃には花が付きます。

「いちご育苗畑」で、農薬散布。週に1度の定期的な炭疽病の予防です。今回は、他に問題なさそうなんで、殺菌のみで。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

先日収穫したライ麦を脱穀する作業を行いました。場所は、昨年もお世話になった櫟田原のおばあちゃんのところです。

雑草が幅を利かせて成長してくるようになりました。作物を収穫するときに雑草があると虫やら引き連れてくるのでブッチブチビッリビリ雑草を抜いたり刈ったり。

今朝は朝食前にブドウの管理。朝食後ブルーベリーを収獲して直売所に出荷。 ブルーベリーは早生品種が終盤で、晩生品種が少し色づき始めました。

スイートコーンはホボ全滅ですが、ピュアホワイトの方は少し収穫できそうなので、昨日は狸、カラス対策を。 畝の草取り草刈をしてグルリを網で囲いました。

昨日から苺ランナーの切り離しが始まりました。先ずは「あきひめ」 育苗ハウスに遮光ネット掛けてるけど 暑い 汗が噴出します。 切り離した苗は 本圃で底面育苗

鹿沼土で栽培していたトマトもうあきません。病気なのか、2本とも葉っぱが枯れだして全部で6本で実験してきましたが、この2本は、途中棄権させる事にしました。

11日(月)13時30分から小麦の刈り取り作業を行いました。“何を好んで日中の暑い時に”という意見もあったようですが,さすが,担当者の判断は間違っていませんでした。

1週間は雨マーク!晴れ間を活用し、小麦の収穫をした。コンバインで一気に刈り取りしたのだが、いざ、今まであった小麦が無くなると、少し寂しげな感じもする。

今年収穫し、天日干ししていたビール麦とライ麦。棒で叩いて脱穀しました。ビール麦では麦茶を作ってみようと思います。

雨が降っていますが、作業場内での作業のため問題なしです。が、蒸し暑い!収穫したままの姿です。だいぶ乾燥が進んでいます。

瀬戸ジャイアンツの副梢処理も一通り終わり棚下が適度な木漏れ日で良い感じになりました。そして本日は藤稔の軸切りを行いました。

雨になる前にと、近所の若い人と二人で小麦の収穫をした。草払い機で刈った後、紐で結わえてハウスの骨組みに干した。

木金の2日間で何とか麦刈り、草刈りを終え、しかもまろ田の奥を囲っていた、畦波シートを撤去して新たに畦を作り直して今年の田植えを迎える事が出来たんです。

我が家では今までイチジクの挿し木といえば畑の空いたスペースに適当に挿していましたが、今年はポットに挿して苗木を育ててみました。

現在、ぶどうの袋かけ作業の真っ最中です  毎年、大人気のゴールドフィンガーもよく太ってきました!お盆くらいには食べごろを迎えます。

ブドウの枝を捻枝→誘引→ブドウの花を切り込んで小さくする→枝の先端を摘心→ブドウの花が満開になりジベレリン処理(種を抜く作業)ようやくここまで来ました!

ぶどうの作業も梨の作業もいよいよ大詰めです。だいぶん大きくなりました。これから袋をかけます。袋をかければ、作業ひとだんらくです。スモモがたわわに実っています。

梅雨が明けたので不要になった雨避けのビニールを外しました。安芸クイーンの着色が始まりました。わかりにくいけど、うっすらと赤みを帯びています。

手前の葉っぱは自然任せで生えたゴボウ、良く似ているけど右下の長い大きな葉っぱはワサビ、見た目は原野の様子だが私からみれば共生、混植の立派な畑です

背が伸びていないんですが、立派なきゅうりが4本採れました。ネットを張ったためカラスの被害は今のところありません。

収穫したブルーベリーです 収穫時期となって連日のようにこの収穫です 鳥の襲来に備えて防鳥ネットは張りました 鳥には食べられません

ラストスパートがかかってから大分長かったですがようやくゴールが見えてきました。瀬戸ジャイアンツの仕上げの粒間引きと袋かけが明日には終了できそうです。

今日は気になっていたキュウリの様子を確認。 父ちゃんの畑ではもうバンバン採れているのに、 私のほうは出遅れています。 下草を少し刈りました。

カボチャの収穫が始まりました!今回は、ミニサイズのカボチャを収穫!少し寝かせた後、秋くらいまでの野菜セットに入る予定のものです。

炎天下で草刈りです。作業初めの15分が大変にしんどいです。汗が吹き出して、作業服はびしょ濡れになります。綺麗に仕上がった光景を見ると、達成感があります。

今日午後からブドウのホルモン処理を行いました。 昨日ホルモン処理作業中に虫にやられている枝を発見、クビアカスカシバの幼虫です

どうもありがとうございました!ようやく収穫できましたし、しかも園主の目の前でポトリ!マンゴー栽培農家でも、なかなかお目にかかれないらしい完熟落果の瞬間。

露地のトウモロコシが全滅し、意気消沈したところで梅雨明けが発表された。意気消沈のわしに追い打ちをかける様なエンジン全開の太陽そして、雨。

今日久しぶりに妻が野菜を作っている畑に行った なに?キュウリが捨ててある。何で捨てた? 妻の答えは 大きくなり過ぎた それに二人では食べ切れないと・・・

7月14日にミョウガの横に種まきした「つるありインゲン」が芽を出していた。インゲンは、五年は間を空けないといけないので、蒔く場所がだんだんなくなってきた。

今年の田植えは、5月19日です。それから、あっという間に追肥の時期を迎えました。先週の日曜日の7月1日に追肥しました。現在の稲の様子

今日は、夕方には雨も上がっていたので予定通り島オクラの植え付けをしました。種採りすぎたので土地が許す限り追加蒔きを随時しています

今年の当園のマンゴーは開花時期がばらついたので、収穫時期もバラつきそうです。一番開花が早かった果実が、完熟まで約一カ月のサイン、濃い紫色に変色してきました。

現在のぶどうの様子です。今年も去年と同様、花のばらつきが目立ちこれより大きいのや小さいのもありますが、平均するとこんな感じです。

この昆虫(蛾)は、トウモロコシの若い葉っぱに産卵し、ふ化した後に雄花に移動し、後に雌花から入って実を食い荒らす。とんでもない許しがたい虫だ。

我が農園の定番品種、プラム型のミニトマト。イエローアイコ!サイズはもう十分。あとは熟して着色を待つばかり(^-^)/皮は固めで味の濃いジューシーさが特徴です。

遠くからハウスの寒冷紗が剥げているのが見えた。ごく一部だったが、キュウリの病気のこともあるし、日照が足りていない状況を打破すべく寒冷紗をすべて剥がす。

今日はピオーネの防除をしました、葉にべト病が散見早い方が良いと思い天気不安定なれどICボルドー+スミチオン水和剤を散布しました。

昨日は天気が良かったのでブドウに液肥を葉面散布しました。もみ酢とえひめai、乳酸菌などなど。効果はわかりませんが、とりあえず継続中。

国山地山沿いに在している千代田町(現在は北広島町)に I ターンして自然農法に取り組み7年目農薬や科学肥料は一切使用しない自然農法です

農園で栽培している品種はリスボン、国産レモンの代表品種として広島・岡山の瀬戸内海沿岸で幅広く栽培されている、あれと同じです。

瀬戸ジャイアンツの粒間引き2回目を終え袋を掛けました。  粒間引きには合計5人の応援をお願いし、雨天で合羽を着て作業してもらいました。

一昨日、昨日と目が回る忙しさでした。 木曜日の早朝から黒豆を植える予定だったので、水曜日に黒豆を水に入れて浮き上がる不良豆を取り除いていたんです。

トウモロコシを7回に分けて植えています 最初のトウモロコシが開花してきました 従って収穫は7月上旬になります トウモロコシの美味しい期間は数日です

今日は午前中に田んぼの草取り。半分くらいまで終わりました〜午後からは山の畑を耕耘機で起こしてみました。 ↑後ろがモチ米田んぼデス。

梅雨が明けた途端、日差しが強いですね。今は大豆の中耕に追われています。この圃場に入った直後、夕立に降られ作業は中断。

度々夕立があったようで、圃場は充分湿って発芽の条件は揃ったようで、「黒まめ」は順調に発芽しておりますが、「大豆」は殆ど芽が出ておりません。

祝島の人たちと大豆の植え付けをしてきました〜 約4反、大豆を植え付けました大豆が鳥に食べられないように、ワラを敷き、鳥よけの糸を張りました。

梅雨も明けて、いっきに猛暑の到来です。昨日は、大豆の培土をしました。トラクターに乗っていても、暑くて大変でした。でも大豆の生育も、まずまず順調です。

写真1枚目:ミョウガ草取り作業をしました。写真2枚目:ミョウガの花 草取り作業をしていると根っこにミョウガの花が咲いていました。

蓬莱柿(ほうらいし)と読んで柿ではなくてイチジクです 総合点では蓬莱柿 とにかく甘くて風味がイチジクのなかではトップクラスで作り易く家庭果樹には最適です

今日は自然農の田植えの講習会でした。 昨日とうって変わっていい天気で、気持ちよく作業が出来ました。 4月の終わりに種おろしをした苗を田んぼに植えました。

ようやく人参の種まきが出来ました。7月頭から夏蒔きの人参の種まきが始まるのですが、7月上旬から中頃まで雨が多くて、さすがに畑を用意できませんでした。

職場体験に来てくれた中学生クン達など総勢17名で挿し苗を行いました。約6000〜7000ほどは苗を切っていたのですが,夕方5時頃までかかってしまいました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

やっと色んできたよ奇跡のトマト。何より奇跡なのは入ったばかりの社員2人が稲とイチゴ作業の合間に手をかけて作った自然栽培ミニトマトだからです。

2年前から自然栽培でオクラ作ってました。その前は自然栽培稲作だったので今年は無肥料3年目の畑になります。この奥のオクラ畑には去年自家採取した種をまきました。

雨とこの暖かさでイネ科の雑草がものすごい勢いで伸びて来てキュウリが風前の灯状態・・・さっそく除草隊を総動員して盛大に除草大会を行い・・・すっきりしました

昨日、ハロウィンカボチャと赤い坊ちゃんカボチャが着果したとご報告しましたが、同僚の人にもらった栗かぼちゃもどうやら着果してくれたようです

さて、6月から新しく畑を借りられることとなり、高校生と職員数名で畑作業もしておりますが、最近は高校生に葉物野菜の種もまいてもらっています

「青空塾」今日はジャガイモを収穫しました!!。今年の3月から「青空塾」の塾生となったご夫婦です。形は大小いびつ?ですが、うれしい大量?収穫(25キロ)です。

オクラがここ数日で急成長中です☆これ4、5日まえの画像です。例年に比べるとまだまだ小さいのですが、力強く成長してます!そしてここ数日で結構大きくなってきた

田植えイベントの生育更新は2週間ぶりとなりました。水を抜いて干していた田んぼもそろそろ入水の時です。2週間前の様子です。

新品種のミニトマト 『プチぷよ』 です。サクランボのようなかわいらしさ。口に入れたとき誰もが「あ〜!」と声を上げるその斬新な食感。

終了したミラクルコーンを、チッパーで10cm程に砕いて、トラクターで土に鋤き込んでいる所です。トラクターを動かしていると、どこからともなくツバメが集まって来ました。

トウモロコシは久しぶりのチャレンジです 雌穂も出て受粉の時期です 上手く受粉出来たかな、心配です この後は中に入り込む虫とカラスが敵です

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

野菜の成長はすべて同じで忙しくなったら全てがバタバタで。。。うーーん むずかしい。。。でもなるべくある物はよういできるようにがんばります!!!

お惣菜や食品を製造販売している知久屋の自社農園では、化学合成農薬を使用しない、有機肥料栽培で野菜を育てています。

2番茶から少し耕作面積を減らします。大体4反(約1200坪)の耕作をやめますこの平らの部分です、斜面ではありません

畑の中はあいにくの草に覆われた状態で、遠目からみると、草むらのようです。まずはニンニクの収穫。半日天日干し。今年は小さいですね。場所が悪かったかな。

昨年、友人からもらって蒔いた六条大麦が収穫時(6月中旬)。機械で刈取り⇒脱穀⇒風選でゴミを飛ばした後、ホットプレートで試し炒り。

エダマメの収穫です!!台風4号の塩害により、約90%はダメです。今日は暑かったですね。本来ならば、枝付きで出すようにしたかったですが選別しながらで大変でした。

今年は虫がつきません!!元気な桃の木になってくれたのかな。摘果していないので小粒ですが、かぶりつくのにちょうどいい大きさ、じゅるじゅるしながら、食べています。

ここの畑には柚子が植わっています実が落ちて種から芽が出てきました。今年は引っこ抜かないで大きくしてみよう。楽しみ。

ミカンの剪定に今日は頼もしい助っ人が現れました。小型のチェーンソーと「遊」の子供達です。おなじみ「遊」の子供たち、今回は小学生と中学生たちです。

二番茶の真っ最中。軽トラも、お茶刈り仕様になってます。お茶っぱを運ぶために、コンテナを載せてます。しっかり、送風もしますよ!軽トラでもコンテナをつけれます。

田んぼのはしっこに備え付けてある小さな小屋の中にいた合鴨の雛達を、田んぼに放してみました。田んぼを囲った網の穴を補修し、上にはからすよけをしました。

トマトの誘引・剪定などの管理は、以前にトマトハウスでのバイトの経験があるので多少はわかるのですが、ナスの剪定などの管理ははじめてなので、参考にしています。

ニンジンやプリンスメロンがはぜたり病気になったり そんな中、調子がいいのは葉ネギ 家庭では食べきれなくなったので朝市に出荷することにした

とうもろこしも、すべて倒れてしまいましたかぼちゃとゴーヤの苗に張ってあった網も倒れてしまいました。狢翩4号甕鷭I余召鯆眠瓩靴泙靴拭

植えてきましたサツマイモの苗・・・・カインズで「あんのう芋の苗20本 980円です。 それから先日蒔いた夏大根の種 夏場のせいか成長が早いですね〜。

一夜明けて恐る恐る畑に行きました。トマトの雨よけビニルが支柱ごと破壊されてました。ビニルを剥がしておくべきでした 前日、補強しましたが、全く意味なし。

台風から10日経ちました、ナスに新しい芽が出てきて実も付きました ナスとピーマンは何とかなりそうです、摘果して生育を促します

安価なチップソーに戻したら「まるで切れないじゃん」と驚き岩間式を再び通販で購入。いまはもう従来タイプのチップソーは使う気がしなくなりました。

始めてイチゴを栽培やってみた 特別な栽培はしていないのに…今まで食べた事のない甘いイチゴが採れた 研修中だったスペランカー君もこの甘さには驚いた様子だった

普段から苗場と呼んでいますが、いわゆる育苗(いくびょう)ハウスのことです。苗を育てる専用のビニールハウスで、イチゴの収穫はしない場所です。

大塚露地,遼迷Δ某靴靴借りた畑の耕耘です。先月まで、いっぱい木があった土地なので耕すと、木の根や大きな石がゴロゴロ出てきます。

柑橘グループのみんなでタイペックを敷きました。タイペックというのは、白い紙で出来たシートです。元々は住宅の壁の中に使われていた物です。

田植えを終えて、10日ほど。植えたばかりは、弱々しかった苗も、“さや”からの水に育まれ、田んぼの土を掴んで、見違えるようにたくましく。

可愛い黄色い花が咲きます。毎朝、収穫に行きますが、ついつい採って終わりにしてしまいます。今朝は、きみえちゃんに“うらをとめて”と言われちゃいました。

二番茶の摘み取りは終わったのですが、その後、均し(ならし)の作業をしていました。茶園の表面を綺麗にそろえることで、次のお茶(秋冬番茶)が綺麗に出るようになります。

別宅への道沿線田園地帯では、草取り作業が最盛期?となっている。稲作にとっては、一番厄介で大変な作業であり、特に稲に似た野稗が、要注意である。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

小森養蜂場は日高へ採蜜にいってきました。親方は養蜂組合の会議にいってて親方抜きでの採蜜です。日高は馬が多くて走ってて楽しいです。

フラワーネットを使うやり方でしたが、今年はさらに太陽に葉を広げて誘引出来ると思われる1本ずつの枝に誘引紐を巻きつけていく方法を一部試しています。

コシヒカリに穂肥を与える時期です。出穂(しゅっすい)が近づく時期に肥料を与えます。穂肥のタイミングは、出穂18日前です。

明日雨の予報だったので、頑張って収穫しました。ちゃんと計量したわけではありませんが、たぶん30キロぐらい収穫。じゃが芋作り3年目にして大豊作です。

今日も暑かったぁ。大豆の定植組の準備と秋野菜の準備、草刈りの1日。マルチは早めに剥がしましょう!(って毎年誓うのにどうして・・・)

先の日曜日が雨で、 雨だとお客さんの出足も悪いだろうからと 枝豆の第2弾は全部収穫しなかった。 だけど 1週間後までは伸ばせませんね。 枝豆の旬は短いからね。

そろそろ夏野菜の出番がきそう・・・かな ツルムラサキ ムラサキシシトウ 辛くないタイプです 初めてまともに作るので味ドーなんでしょか 少し心配

白ナスは、芽や花に虫が入りやすいようで、その被害はたいてい8月になってからだが、念のため、初収穫した6月26日に、芽と花にスミチオン乳剤を噴霧しておいた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

夏作ミディトマトの果実が赤らみ始めてきた。潅水量ごっつい控えめ・肥料あまり無し。しかし育ってる?赤らみ始めたんで糖度検査を・・・。各花房の最初の1つをとった。

桃の白鳳が少し色づいてきたので、この三連休にネットを張らねばと思っていたら、前日の金曜日に猿の襲撃の不意打ちを喰らってしまいました。

金時草を取りにハウスへと向かった。10羽分だけという事で、初めて一人での収穫作業である。ハウスの中は、サウナにも負けない熱気を帯びているではないか。

誰の「やる気スイッチ」が入ったのか、2回目の除草に、入りました。無農薬なので、田んぼで泥まみれになっても、気分的にも、かなり、爽快です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

アイコ(ミニトマト)はもう2メートルを超えたので芯を止めた。大玉トマトは(サンロード)最初の苗は1.5メートルあとの苗でも1.3メートルは超えている

じゃがいも、玉ねぎの収穫が終わり夏野菜の時期がやってきたというところでしょうか? BBQの頃には何が収穫できるでしょうか?

稲に生育転換してもらいます。 生育転換とは、 植物が株や葉っぱを大きくしたり増やしたりする栄養成長から、 花や実をつけてもらう生殖成長へ移行すること。

きょうは、溝きり(ネキカキ)をしました。(この写真は、スタッフのT君です。)この作業は、以前は歩行型の機械でしたが、数年前から乗用の溝きり機を導入しました。

今日も除草剤の散布です。でも、乗用管理機のブームスプレヤーじゃなく、動力噴霧機を使います。5日ぶりになるのかな?動力噴霧機を使うの。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ハトムギの生育は順調です。品種は「あきしずく」。作付面積は4haで、1枚約30a(3反)の圃場で14枚です。対策した病害虫の一つは、葉枯病です。

最近の田です。35株植えですが、隙間が埋まってきました。今朝は、早朝から草刈です。しばらく出来なかったので稲も伸びますが、負けじと草も伸びるのです。

今年度最初の収穫の『ピュアホワイト』出勤時間1時間早まりました。それまでに圃場の水管理33枚・・・。本日より市場及びあぐりっち様へ出荷しております。

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日は6月30日のジャガイモ掘りとあわせて行われる「さつまいもオーナー」の畝を作りました。ロープで間隔を測りながら畝の幅を決め土を寄せていきます。

当園のキウイフルーツは、交配が終わってからたっぷりの日差しを浴びて、順調に育っています。こちらは畑のキウイ。単1電池比べると、まだまだ小さいですね。

稲が青々と茂ってきた7月上旬。まだコシヒカリの幼穂形成期前ではありますが、石井農園ではこのころ直売用のコシヒカリへの穂肥を与えます。

5月8日に定植したフルーツほおずきが大きくなりました。鈴なりに実がついています。すでに私の身長を超えるものもありますが、まだ収穫に至りません。

植え付け後5〜6年が経ったアロニアの木に追肥しました。アロニアの木(白い矢印)の周辺にトンプンを撒いて、軽く土をかぶせていきました。

早くもピュアホワイトの雌花が出て来ました。収穫は雌花が出てから20日後くらいなので7月25日頃には収穫出来るかも知れません。

今日からネクタリンの収穫が始まりました  品種は「ミスかよ」ちょっと酸味がありますが、スウィートネクタリンよりもおいしいという方も大勢います

田植え後、約1ヶ月経ち稲もこんな感じで分けつを繰り返し大きくなってきました。3本〜5本程度で植えた苗も今では20本〜25本程度になっています

4月15日にダンシャクの種イモ10kgを植え付け 5月13日発芽を確認し、土寄せ 5月下旬と6月中旬に追肥&土寄せ その結果へぎ7個分のジャガイモが収穫出来ました

予察調査です。タモを振るのも、見る場所も決められたルールがあるんです!稲に大敵な、虫や病気の発生を予測するためにぃー調査  調査

無農薬・・・JAS有機の大豆。やっぱり雑草との戦いですね。先日、家族総出でやっと1回目が完了しました。ヘトヘトになりました。でもホットしました。

夏らしい、あっつ〜いお天気が続いています。 いよいよ、田んぼに入るのに、足の踏み場を探すのが たいへんなくらいな、稲のサイズになってきました。

どうにか追肥は終ったが、草刈りと溝きりが残っている。この暑さを待っていたかのように草は元気に伸び、大雪の影響で地下水が湧き出て田んぼがぬかるんでいる。

市民農園へ行ってびっくり、ズッキーニが1週間の間に、あっという間に巨大化していました。写真の左側のズッキーニで、わかりにくいのですが、30cmくらいありました。

7月30日、目標茎数8割から渠切り作業です。乗る渠切り機で水田を走ります。排水を助けて根が水を求めて更に伸長したり、出穗期に素早く灌水して米を太らせます。

昨日行った、マルチじゃがいもを掘ったときの様子を少し紹介。葉茎が黄色くなってきたので引っこ抜いて、マルチをはがしました。

ルッコラ(の原生種)のセルバチコ 一昨年から栽培を始めました 4月に種を撒き、6月中旬〜下旬が収穫期(葉の長さが15〜20cmが収穫サイズ)です

これはなにかと言いますと、畑の地下水位を把握する為の道具であります。地下水位の高さってのは、野菜を育てる上で非常に重要です。

いろんな質問をされたけど、ちょっと悩みました(;^_^Aでも、さくらんぼを採っているときの彼らはとても楽しそうで、そんなことはどうでもいいことなんだと・・・・。

朝日池総合農場で行われている作業、大豆の中耕の紹介です。「作物と作物の間に生えてくる雑草を土を被せたり、抜いたりしてなくす作業のこと」です。

無農薬は何と言っても草取り。雑草との折り合いが鍵です。稲の方が雑草に負けます。紙マルチの田んぼですが、紙の合わせ目から草がニョキニョキ。

田植えから約1ヶ月が経過しました。苗がだいぶ大きくなり、草丈約30cmくらいです。あと3日後には、田んぼの水を抜いて「中干し」をはじめます。

肝心のナスですが、今年植えたのは「十全」「紫水」「美男」の3品種。いずれも三千世界の烏も黙る、その艶やかな黒紫に鳥肌が立つようなおいしさ。

先日撤去した空豆には油虫がびっしり付いていたし、ナスの裏にだって・・・ と思っていたら、トマトにアブラムシと訳の分からない虫がついていました

中古の田んぼの除草機あめんぼ5条を進められたのですが、何と10万円以上でどう?と聞き諦めることに。ただお試しにと借りたあめんぼは中々の優れものでした。

今回はその一つで、玉ねぎを作ってもらおうと、全農から収穫機械のデモンストレーションをやってもらった。玉ねぎは収穫後の貯蔵もきき、学校給食などでの需要もある。

トウモロコシが大きくなりました。自然の甘さを感じながら食べました。 トウモロコシの粒になっていましたが、茹でて食べたらまだ実が固まっていませんでした。

先日採苗したイチゴ苗、だいぶ起き上がってきたので引っ越しました。引っ越し先はこちら!!このハウス内は黄色いです。と言うのもこれを張ったから!

稲作は今、丈夫な稲作りに取り組んでいます。中干しと言って、水を無くし、少しひび割れも入るぐらいに田を干し、丈夫な稲に育てます。

この時期かろうじて涼しいのは朝と晩・・・っと言うことで肥料散布は朝と晩にしています。エンジンの力で風を起こして肥料を遠くまで飛ばすことが出来るんです。

採苗から一ヶ月経過したイチゴ苗のうち、これはずっと遮光・遮熱のハウス内にいるヤツ。肥料も入れてからこっち、数日に一枚程度の速度で新しい葉が出てきています。

天気がよすぎると暑くてハウスの中には入れないので、雨のときを見計らい、いちごの高設ベッドを設置する前の下準備として、地面を平らにならす作業をやっています。

有機農法、皆様ご存じでしょうか?有機農業の中にはこのJAS認定を受けた農産物と認定は受けていないものの2種類あります

今日は早朝から「やよい FIELD STAFF」の圃場巡回と生き物調査しました  雑草を抑えてたのは、やっぱり「紙マルチ」ですね〜

今日からの枝豆シールを作成してないのに気づき作りました。 本格的に、早生枝豆出荷はじめます。茶豆風味早生枝豆 ”おつな姫”。

赤しそ・玉ねぎ祭り終了。現在ジャガイモ祭とそ・し・て・枝豆祭り(現在、湯上り娘)のピーク中!起床が早くなり  ついにこの週末、子の刻(泣)

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

本日は、先日まきましたサンリッチパインの様子をお伝えします!寒冷紗がかかっている方が前回まいた方ですね(って当たり前か)芽が出始めてきていました☆

本日やっと桃のお便りが完成し発送致しました。 やっと皆様へお届けすることが出来ます。畑では林檎のて摘蕾作業に入りました。

終わりを迎えたさくらんぼハウスはビニールあげの作業が始まっています。ハウスの上での作業は何の障害もなく、日陰にもならないため、太陽が直に照り付けます。

トマトもだいぶ大きくなり赤く色づくのを待つだけです収穫作業をしてくれる人を探しているのだけれどもなかなかね〜

この田んぼには、のびくんの手が持っているこの雑草がけっこうたくさん。ホタルイという名前。まっすぐ直下に伸びる、いかにも健康そうな真っ白な根。立派だなあ。

『自分で野菜を収穫して、新鮮なやさいを買おう!!』は、無事に開催することが出来ました。参加していただいた方々には喜んでいただけたようで本当によかったです。

今日はスイカの蔓の伸び方があまりに遅いので株間に追肥をしました。小さな実を付ける時期なのですが、花が咲くようになったのに蔓の伸び方がイマイチなのです。

このさくらんぼの品種名は「月山錦」お客様の中でも我々農家の中でも「黄色いさくらんぼ」で定着しているんですけどね。このさくらんぼも酸味がなくて濃厚な甘み。

7月6日、福島県は薄曇りながら暑いです。今日から、二本松農園では、にんじんの種まきを始めました。向こうに見えるのが、すくすく育っているキュウリ畑。

もも「あかつき」収穫前、最後の摘果を始めました 収穫二週間前位になると果実肥大がピークをむかえ果実の大小や核障害果がはっきり分かるようになります

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

雨と高温の為、一気におがり(成長)ました。夏野菜たち(ハイ!草も一緒にびっくりする程おがりました。)野菜、順次収穫始めています。浅漬け用瓜「白はぐら瓜」

きゅうりの収穫の真っ最中です。ガールズ農場の父、菜穂子さんのお父さんがつくっているきゅうり「ブルームきゅうり」昔ながらのきゅうりです。

気温24度と涼しい一日でした  こんな日はハウス内での作業がはかどりますね  今、メロンの作業が毎日入ってきています  最初に植えた分のメロンが玉も出来てきました

房採りトマト初出荷です。一度に全ての房が色づく訳ではなく3玉や2玉の房を組み合わせて出荷します!これがなかなか大変な作業で組み合わせが難しいです。

デラウェア収穫まで約3週間。キレイな色がつきまじめました。今年も無農薬です\(^o^)/色がついてきたら傘紙をかけます。鳥につつかれないようにです!

トラックの室内から地面が確認出来るようになりました。ぬかるんだ畑で動けなくなっても、ここから足を出して踏ん張れば1人で脱出できるかもしれません!!

この芽はサクランボの赤い実が成っている時にすでにできています。それゆえサクランボを収穫する時にはこの芽を傷つけないように気を付けて収穫しています。

一昨年の秋、減反していた田んぼに桃を植えました。まだ小さい苗木ばかりですが、堆肥まきに行ったら、実をつけている木もあって感激!

さくらんぼの作業も全く同じである。収穫作業、商品化にする詰め作業、お客様への案内誘導。。。。。。と適材適所で個性を生かして取り組んでいる。

もぉ2、3日経ってからでも良さそうですが、本降りの雨でジャガイモが腐ってしまう前に収穫しました。('∇';)今日、収穫したのは『きたあかり』という品種です。

贈答用のサクランボです。贈答用と言うと、綺麗に並べられた物を想像する方が多いと思いますが、うちでは全てバラ詰めです。

ほぼ平年並の収穫時期になってます。 収穫始めの時は干魃の影響で小ぶりだったが雨も充分で玉伸びだいぶしてきた。 今日は暑い。予想気温山形市35℃とか。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

夕方田んぼの見回り 一度溝切りしたけど、繋げず、水も落とさず、自然減水中 日中は30度近くにもなり、夜は20度以下と、気温差の激しい毎日です

新たに入れた50石の山本の遠赤乾燥機 スロワーの配管がまだで、今、山本製作所の方も来て、色々と配管の取り回しを試行錯誤してるのだけれど…うまくいかない

梅もだいぶ色がついてきました。 木の上で熟した梅も欲しいという人も中にはいるので これからちょうどいい感じでしょう。 今日の袋詰めした梅はイオンの産直コーナーへ。

大変、大変、暑いです。田んぼの雑草も伸び放題・・・手取りでは追いつけず、除草機を出すことにしました。エンジン付きの除草機。

まずは収穫したさくらんぼを 赤い宝石は丁寧に・・車からおろして・・ 選果機に移動し、1個ずつキズがないか確認しキズね〜かみね〜とな・・流していきます。

2日目は産地見学でした。 1か所目、2か所目は植栽2〜4年目の我が家と同じくらいの圃場でした。 1か所目 惣行ブルーベリーの会協同経営園でした。

たんぼの稲も草も成長しています。稲の成長に邪魔な草を取り除かなくてはなりません。田んぼに入って、一本一本、抜いていきます。

6月20日頃に豆類(黒豆・大豆・小豆・枝豆等々・・)の種を播きました。(種まきから約10日後)恵みの雨を受けながら約一ヶ月経過し、順調に育ってます

グリンピースの実が付いてきました。こちらも友人が自家採種した種をもらって、種まきをして育ったものです。もう少し大きくなったら、実を採って食べてみるつもりです。

大麦の収穫と大豆の播種までを予定していましたが、台風の接近に伴い、午後から雨が降ると判断して、午前中から大麦の収穫のみを行いました。

13キロほど収穫しました。まだはっきりした収量は出してませんが去年よりだいぶ採れてそうです。そこで・・・ 贈答用初出荷♪

前回の土寄せより10日が経過しました。本来ならば20日くらいで土寄せするのですが、何故かネギが傾いてきました

朝イチ、横手の畑へモミガラを取りに行き、 山内へ運んでおく。畑へ向かう道すがら、 今朝は鳥海山が驚くほど鮮明に見える。 早苗がそよぐ田んぼに浮かんでいるよう。

おこめはまだフタオビコヤガも発生してなく順調ですね(^^)他の水田より丈が短いようですが、倒れにくい稲になりそうです。

H23年産のお米 最後の籾すり。籾殻が付いている状態で保存していたお米を玄米にする作業です。この作業 とてもチクチクし暑い時期には汗でくっついて更にチクチク

前回(7/9)に引き続き、ネギの調査をしてきました。全長:74cm 根〜分岐点まで:27cm 軟白:14cm 太さ:1.2cm やっぱりちょっと曲がってます

田んぼの草取りをしました。手でかます取り方です。(かますは秋田弁かな??)昔の人は機械もゴム手袋もなく、素手でかまして草取りをしたため、爪がなくなったそうです。

今日から枝豆の収穫開始です。品種は「グリーン75」。 今シーズンからは枝豆の収穫機を導入しました。マルチの上を走らせるだけなので便利。

今回も水田用の長靴に履き替えて、田んぼの中を歩いてきました 今回は中干し中だったので、水が少なく、普段より歩きやすかったと思います。

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日で田んぼの溝切り終了しました!秋にわらを梱包するので欠かせない作業なんです。昨年までは溝切りライダー。あまりにもシンドイので乗用にチェンジ!

宮城県農業大学校に2日間行きました。農業用のハイスピードトラクターの研修のためです。宮城県農業高校が津波で被災して、この山奥に引っ越して来ていました。

地域の方々の協力を得ながら小斎っこ学習田の田植えが全校生徒40名で行われました! 例年のことながら、裸足で田んぼに入る子供たちからは 悲鳴に似た楽しそうな声

現地ほ場を巡回し,生産者とともに現在の大豆の生育状況を確認しました。あわせて,当普及センターからは栽培管理についての資料を情報提供しました。

写真は、先週のものですが里いもちゃんがすくすくそだっております。里いもちゃんの向こうは、紅はるかちゃん糖度が高くておいしい!

カメムシ被害米の除去のためにカラー色選を入れました。  斑点米をエァーで弾き飛ばすためのエァーコンプレッサーの囲いを作って貰いました。

5月中旬に田植えをしてはや1.5ヶ月が経過。6月に台風襲来があったものの稲のほうは無事に生育している。今、2回目の畦畔の草刈りをしているところである。

月曜日にトマトとパプリカを植えました。苗の段階で実が付き始めかなり老化していましたが、ようやく植えられて、苗ものびのびしている感じです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日より、ついにミニトマトを出荷開始いたしました!ただでさえ甘い品種ですが、ふじむら農園のミニトマトはびっくりするくらい甘いんです!

コンパニオンプランツのバジルの本葉が大きくなってきたので、ミニトマトの株間に植えました。 あと畝(うね)の前後にマリーゴールドの花を植えました。

収穫段数は5段目。3,4,5段と一気に駆け上がりました。獲れないとこのまま獲れないのでは?と不安になり、獲れすぎるといつ獲れなくなってしまうのか?と心配になります^^;

この時期には研修会がよく行われますが、岩手有機農研でも 7月15日(日曜日)、雨の中でしたが、現地見学会として2件の農家を訪ねる会合がありました。

形になってきました。赤くなってくるのはあと、1週間くらいでしょうか・・・キュウリも取れ始めてきました。キャベツも収穫できるようになりました。

オクラハウスへは毎朝5時、駆け足で向かいます。駆け足なのは朝は大抵忙しいから、です。それで寝ぼけ眼でオクラをとっていると、朝陽がパーッと差し込んできます。

ピースのメカ達がこんなに数珠繋ぎ状態で1圃場グループに集結してるというのはレアなシチュエーションだったということを言いたいわけで・・・

相変わらず仕上げ摘果の日々ですが、そろそろ枝を吊り上げてやらなければならないような雰囲気です。一頃に比べると、日もだいぶ短くなって来ましたね。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

「はるさんのレタスおいしいわぁ」と嬉しいお言葉をいただいたので、今回の味はどうか気になっていましたが・・・柔らかく甘味のあるシャキシャキレタスに育ちました。

アムさんは日増しに出荷量が増え、中旬にはピークを迎えます 産地ではハウス栽培の収穫期、トンネル栽培は肥大期に入っており もう少しまとまった雨がほしいところです

とっておいたトウモロコシの実が1本だけあったので、それと、2010年のものよりもさらに古い種を1本分私に託してくださった・・・と言う訳なんです。

りんご農家にとって一番大切なことは何か?僕は『自分の理想とするりんごを毎年安定した収穫量を確保すること』だと思います。

午前中は観光農園でお客様を気持ちよく迎える為の草取りと芝刈りをし、午後からは畑に出掛けて最後の苺の収穫と加工をしました。

父(農園主)が育てているメロンです。たしか品種は「タカミメロン」だいぶ大きくなっていますが、収穫はまだ先のようです。おすそ分けをいただくのが楽しみです

白神アグリサービスさんにお邪魔しました。フラン病を治す薬を渡すついでに、どうかブルーベリーを見せて欲しいとお願いしたら、視察の方を快く引き受けてくださいました。

今年のさくらんぼは不作のうえ実割れがあり最悪の年となりましたが毎年jyujyu園のさくらんぼを楽しみにしていてくれる方達の為にさくらんぼの作業を頑張っています。

今日は、りんご園地へキーゼライト(硫酸苦土)を散布!まあ、塩分を抜いた塩?みたいな感じの物です。地下1000mから掘り出した、天然の硫酸苦土です。

7月も5日経ってしまった。去年であれば、『ふじ』の袋掛けしてんだが今年はまだです。各園地ごと終わらせての移動なんで、それぞれの園地が行くたび久し振りです。

りんごは‘カラマツ、カラマツ’とこちらの地域では騒がれています。カラマツとは実にならない=りんごが実をつけないという、農家にとってはダメージの大きい被害です。

今、畑では「仕上げ摘果」という作業です!とりあえずは、全部の園地を一回りしましたが、これからは更に厳選して、成らせる実を選抜していくという作業です。

連日、摘果作業に励んでいます。勝手に手が動いていく、園地を歩いていても、ついつい、気付くと実を選っています。寝てても夢の中で摘果しています(笑)。

田んぼの第2回目草刈りもほとんど終了し、次は、ここ数年恒例の共同用水と排水の草刈りです。

昨日の大雨で、大根の畝のマルチを押さえてる土が流されてしまいました。ウチの畑は傾斜が結構あって、かなりの勢いで雨水が流れたようです。

畑地雑草のアカザがたくさん繁殖しています。これはチームが第3農場に借りた実験圃場。しかしアカザを栽培しているのではありません。実はジャガイモなんです!

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

干してあった、ニンニクをカットしましょう。カットの様子は、昨年のブログを拝借。ニンニク根切り包丁を使って……こうやると……キレイになります。

今年はトマトハウスでは大玉、プチ、恒例の中玉を栽培しています。なんとなく、とっ散らかっているように見えますが、キノコの廃菌床や竹の皮などが目立つためです。

東から順にトヨシロ・メークイン・キタアカリがまいてあります。種芋を播くときには、畝の本数をチェックして、何列目の畝までどの品種、と印をつけていました。

ブロッコリーも始まるし。アスパラの夏芽に、今年、初めての麦があって。しそ、かぼちゃ、ビート。 ただでさえ夏は短いのに、あっという間に秋になるんだよなぁ。

トマト畑のトマトたちは、一雨ごとに生長していく感じを強く見受けられるようになりました。久々に、ほっと一安心できた・・・と言うのが正直なところかもしれません。

トマトが赤〜く色づいてきました!日に日に色が濃くなっていくので、ハウスをまわるのが楽しみです(^-^)こちらの品種はシンディースイート。中玉サイズのトマトです。

予定通り、マンゴーが少しずつ落ち始めました。実は木にぶら下がったまま完熟し、色が紫から鮮やかな赤に変わってネットの中で自然に落果するので、これを収穫します。

さし苗用にとたくさんつけておいた苗箱を回収しにすべての田んぼを回ってきた。田植え靴はいて田んぼに入ったら、お風呂のようにぬるいお湯だった。

ブルーベリー園にてコガネ虫を捕り、ブラックベリー畑でカメムシの捕獲が続いています。そして午前中にブルーベリーやブラックベリーを摘み取り午後に発送します。

3本のホースを接続しての毎日の水やり。灌水設備をセットせねばと思いつつ、手つかずのまま今日に至るです・・。接続用のホース類を出したままで早一か月がすぎ・・・。

今日は、昼過ぎから雨の予報。そんなわけで、雨降る前に明日出荷分のキャベツの収穫を。ということで、2班に分かれての作業。無事、出荷も、収穫も雨前に終わりました。

まずは早生品種タマネギの端っこ畝の除草。とりあえず雑草の厳しい部分の除草を終えて、ジャガイモの野良が厳しい部分の除草をした。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

先日、巨峰畑では房の数を調整する「摘房」が終わり、次のステップに進みました。今まで多めに残しておいた房を、良い房だけ残してあとは全部切っていきます。

除草機を押した条間を見ると、クログワイは茶色に枯れているものもありました。でも、地下では球根と地下茎が生きていると思います。

ニンニクの花のつぼみはそのままにしておくと花のほうに栄養がいってニンニクが大きく育たないので、花が咲く前につぼみを摘み取ります。

引き続き 仕上げ摘果作業 切り落とした枝集め プラス 摘果した果実をカゴに入れて 集めます。  摘果したリンゴは 足で踏んでも 危ない かな。

先日、ブドウの摘粒がすべて終了!!いやはや!!梨も袋かけが終わったし、あとは細かな手入れをしながら、順調に熟してくれるのを待つのみ!

去年まで畑だった田んぼのヒエがすごいね。 種がたまりにたまっていたのでしょう。手で取る「テデトール」の他に「ハイツクバール」も最高に効果があります。

種なし巨峰終わって、朝は "黄玉"昼間は "長野パープル"粒がどんどん大きくなるので、早くしないと...これは粒ぬき前です。

田んぼの草取りに挑戦です。この田んぼで採れたお米は、愛育園の皆さんにもお届けされます!子どもたち、自分たちが食べることになるお米作りに参加するのです!

田んぼは、中干しの時期となり、我が田も昨日から水を抜き始めた。中干しすると根に酸素がまわり丈夫になって倒伏しにくい稲になるそうだ。

水を排水させるために道を作ります〜平均、縦横に4本の道を作りますこちらが水切り用「仮面ライダー」乗用式と手前に寝ているのが歩行式で、この2台でおこないました。

凍害で実が少なかったので摘果はやらなかったのですが、今年の柿は、実が鈴なりになっているので、摘果をすることにしました。良い柿を作るための重要な作業です。

今年の初収穫がありました。ジャーン♪「すもも」でーす!!と言いましても畑の土手にちょこんと一本植えているだけなので売り物にはなるようなモノではないです…

「ピッテロビアンコ」という品種をうちも作り始めました!!その外観から別名レディーフィンガー(貴婦人の指、淑女の指)と呼ばれる皮ごと食べられる種なしブドウです。

本日より ブドウ初荷作り です(^O^)/ 巨峰のみですが(^。^)なかなか荷作りが進みませんでしたが、明日からは、ちゃんとできるかな(^。^)

扇風機はいらないエコな田舎町、村です。日課のお昼のパトロール、毎日たわいのない話題ですみません。第二農場のトマトは、実の付きがよろしいです。

6月最初に田植えをした苗たち。駆虫剤を使用していないので、苗のうちは毎年、イネミズゾウムシという甲虫に一杯葉っぱを食べられます。

坂爪農園のくだものの第1弾スモモ「大石早生」の収獲が終わりました。ほんのりと酸っぱくて、もちろん甘みもあって甘酸バランスの取れたスモモです。

K・k信州自然食品センターの社長さんが、打ち合わせに来てくれました。瓶の大きさや、ラベルのデザインの見本を持ってきてくれました。

うちの畑で、一か所だけですが、潅水できない畑があります。りんごの生育自体は順調ですが、できれば定期的に雨が降ってほしいな〜と思っています。

今週は、気分を切り替えて、特集記事の準備に入りました。「農と食をつなぐ…健康に暮らすために」今年のシリーズ、8月と9月掲載、2本分の取材を同時進行します。

昨年に引き続き「マドラウィング社の、マドラグアノ」を採用した。これはサンゴが主体の粒状リン酸肥料で、農水省が天然有機質リン酸肥料として認めている特殊肥料だ。

ぶどうの摘粒(ぶどうの粒を35粒〜40粒に揃える神業作業。笑)は、 お手伝いのみなさんにお願いして(なので摘粒の様子はアップできません・・・)僕は一回目の房落とし。

さて、さておぐらやま農場、今まさに農繁期です。りんごの最終摘果、桃の袋かけ、果樹園の草刈り、玉ねぎ・他にも事務作業、発送作業・・・・・

畑の隅に植えた小梅の樹から、実を初収穫。去年も小さな実が何個かついたんですが、何かに利用するほどの量ではなく、結局無駄にしてしまいました。

種採りをいろいろしています。だんだん作る野菜の中に占める割合も増えてきました!1番のお気に入りは小布施丸ナス。本当につやつやで丸くてきれいすぎてうっとりする。

昨日開田高原に戻ってきました。今日になってやたら暑いです!暑いからか今日カシスが初収穫できました!まあ100g程度ですが。でも昨年よりも結構早いですね。

この時期の畑は、それはもう元気ですね。インゲン、ジャガイモ、トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、っと夏レタスも出来てますね。

先日東御市の3つのワイナリーなどで構成される東御ワインクラブのイベントとして市内外の将来ワイン造り、農業をやってみたい方向けに栽培醸造研修が行われました。

「ロマネスコ」を知っていますか。  写真のような野菜です。 今年、この野菜にアッタクすることは 以前に書きましたが、いよいよ植え付けです。

昨日、うちの農園で一番の成長株は「陽峰」だなんていいましたが、本当の成長株はこの子でした。そう、最終的に総重量500g以上になるピオーネ。

皆で小雨の振る中田んぼに素足や靴下、田靴で入り草取り開始。腰も痛いし、指も痛いし、首も痛いし・・・・ そんな中よく手伝っていただきました。

レタスの出荷第一シーズンが終了しました!レタスって暑さに弱い野菜なので本当の夏場に出荷するように栽培するには相当な努力と農薬が必要になってしまうんですって

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

一つ目は、日本ベアフット・ランニング協会が主催をする裸足キャンプというイベント。農場見学、農場の野菜ランチ、農作業体験を楽しんでもらいました。

先月末に全ての洋なしに袋かけが完了しました ひとりでやり遂げましたがやっぱりご近所農家さんの中でダントツびり!

ぶどう棚がうまり、草も結構伸びてきました。ここまで枝が伸びると、棚下は日陰なので農作業は快適になります。暑い日は暑いけど、3時過ぎに吹き始める風が心地いい。

先週の日曜日は5年目になる大豆レボリューションの種まきの日。例年より枠を増やしたので、参加者も多くなり、面積がさらに広がりました!

久しぶりに雨もあがったので、タマネギの収穫をしました。こんなふうに倒伏してから、10日ほど経ちました。午前中から、せっせと抜いて、車庫に運んで、並べました

さくらんぼの品種も次々と変わり、いよいよ、大物の登場、昨日から店頭に佐藤錦・紅秀峰(べにしゅうほう)が堂々と登場しました。

一週間ほど前にぴたらファームへやって来た子ガモたち。ゲージの中でしばらく育て、今回のイベントでいよいよ田んぼに子ガモ達を放鳥します。

なすの収穫です!!でもその前に残った桃を収穫して八百屋さんに送りました!!残りは僕が食べる分しか残ってません!! ナスを重さ・傷などで仕分けして箱詰めします。

午前中に降っていた雨は、午後からのお田植え時にはすっかり上がって晴れ間さえあり、絶好のお田植え日和に・・・。

暖かい気候を好む作物は確かに黒マルチを使うよりも生育が良いようです。下の写真は有機のとうもろこしですが、透明マルチ(左)と黒マルチ(右)では明らかな違い!

今日は朝一で桃の消毒です。 シンクイとはいぼしの消毒です。そして、それが終わるとキャベツにプレバゾンの消毒です。展着剤も使います。

一番初めにに収穫する品種"ちよひめ"にシルバー(反射マルチ)を敷きました。これを敷く事で日光を反射させ桃の着色を向上させる事が出来ます。

今年は買ってきた種を蒔いたので、ちゃんと出来るはずと内心ドキドキしながら育ててます。妹の義父から頂いたトマト(フルティカ)がここまで大きくなりました。

タマネギです。前回の日記で、「人力でなんとかなる量」と書いた覚えがありますが、それにしても結構多いです。ほぼじぃじとばぁばで獲りきりました。お疲れさまでした。

現在、イネ科の野草が最盛期^^。夏至を過ぎてから、このイネ科の野草が勢力を増大させたように思う。すっかり野草の勢力図は塗り替えられている。

袋かけ終り、快晴の日を待ってました。 ボルドー液を、葉っぱに撒き、実をつけたブドウの樹、枝、葉、実を、出来るだけ長持ちさせるのが、ブドウ成熟のポイント。

7月にもう色づいて美味しい品種なので嬉しいです。9月の収穫のプルーン<プレジデント>はとびきり美味しいですが、これはこれでプルーンの美味しさが詰まっています。

大豆はと言いますと・・・ かわゆすーーーーぅ♪♪1週間でこの成長ぶりwwこれからもっとたのしみだね!!先週、職員と役員さんで網取りと草とりをしました。

今日は、デリシャス農園初出荷朝、学校へ行く前に長ぐつはいて、畑へとっても慎重に収穫していました。上手にとれて、ホッと・・・なかなか、さまになってきました。

トマトの収穫がいよいよ本格的になってきました。昨日が出荷休みだったせいもあるけれど、ひえぇぇぇ〜と悲鳴が上がります。収穫量はコンテナ26個分でした

最終の消毒を終え 葡萄の色が 変わってきましたので今度は 風通しが良いように 一つ一つを 傘(ビニ-ルでできたもの)に 替えました。

今日は去年から新しく導入したサイズ2kgの箱を作りました!2kgの箱はマルミツ農園オリジナル段ボールです。印刷は自分達でやっています。

コジマ農場では4種類のじゃがいもを育てています。その中のひとつ、「アンデスレッド」です。我が家では1番人気の品種です!! 名前の通り赤い皮のじゃがいもです。

昨日、時期遅れのじゃがいもの収穫を雑草が生い茂る中でやったせいか、今日は身体の節々が油切れしたかのように鈍く痛いです

野菜畑の黒ゴマは味が濃厚なのが特徴。今年は4人で1通りづつです。道路端に数年使ったビニールマルチを張るのは、ちと恥ずかしいが、そんなこと言ってられない。

10日ほど前に雨除けビニールを張りました。 トマトの様子はこんな感じ。昨年と比べて生育が遅れています。5,6月の低温と、苗の仕上がりが影響しているようです。

今日もデラウェアの収獲でしたこの後は、大房が控えております。大分、色も全体に濃くなりましたょv(^o^)v玉張りも良好です。

農園のテーマ「ありのまま・自然体」ありのまま・自然体の野菜を作るには、やっぱり種もありのまま・自然体。ほのぼの農園で、使っている種は、固定種・在来種です。

春に種を播いたかぼちゃくん 種まきは、我が家のおチビさんが担当!ちょうど春休み中だったので、お手伝いです その後、すくすく成長して、本日ようやく収穫

稲の苗は90箱作り、今年は10箱ほど余りました(なぜ、だろう?!)例年、余分にはつくるものの、今年は苗間のすき間がやや広かったかな??

葡萄を 種なしにするめの 最初のジベ作業を行ってから 二週間ほどたちました。葡萄の粒が 成長してきましたのでここで もう一度 ジベ作業です。

6月末から桃の実を楽しみ、我が家の二番手の ヒカワ白鳳が収穫時です  まだ少し早いかナ?でも、先ずは 神津島の神様と北海道の◎さんへ・・・

巨峰よりかなり小粒ですが、柔らかい甘さのブドウです。いつもは、すぐに袋かけをしてしまい・・写真を取れなかったのですが色の入り方がわかる写真だと思います。 

amクマ、牧丘奥の畑上段+その上の無核化1回目。これで全部終了。 早、袋かけして、やれやれの畑から、これからだぞッっていう畑まで。。

7月21日、メルローの摘房(Green Picking)を行いました。メルローは1新梢当たり2〜3房の果房がなりますが、これを2房に整えました。

約1ヵ月の前、5月14日の様子。それぞれ左から右へ。しっかり摘果したはずですが。6月14日、1ヵ月経つと。まだまだ左のようにびっしりと。

6月15日からピオーネの粒の間引きを始めました。  1回目のジベレリン処理後4日目からの作業で粒の小さい房は間引けないのでそのままにしています。

おばあちゃん先生が「余白を立体的に」と言っていたな。桃の実が平面的に並ばないように、余白を見ながら立体的な配置になるように摘果しながら袋を掛けていきます。

枯れ上がった株が見受けられます。枯れた株を引き抜いてみました。今年も豊作のようで安心しました。畝の隅の方に穴が開けられ、ジャガイモを掘った跡がありました。

雨が降り始めてからの播種となり、その後も雨が降って、発芽が心配でした。以前、雨が降りすぎて発芽できなかったことがあったので、心配でしたがもう大丈夫。

今日はちょっと夏らしくない気候でしたが、いよいよ山梨で生まれ育った「浅間白桃」の出番ですね。今までの主力品種の白鳳から白桃系の品種に替わっていきます。

9日は翌週にシャルドネ約900本の植樹を控え、畝づくり、マルチ敷きの作業に追われました。25列の作業を予定時間内に終えることができました。

朝方、8時ころまで雨が残りましたが、その後、天気は回復しました。ちよひめ桃が着色し始めたので、朝、反射マルチ(通称:シルバー)を敷きました。

今日の作業は桃の袋かけでした。桃がだいぶ大きくなり表面の毛がチクチクします。暑いし、チクチクするし・・・夕方にはドッと疲れています

やれやれ。今年はシカがすごい。収穫期をむかえたサニーレタス全滅に続き小麦全滅。収穫一週間前の小麦の穂を見事に食いやがった。穂を食われるのは初めて。

去年夏収穫したシワシワたねいもを植えた結果は、ダンシャクはそこそこいける。多少子いもが多いが、肥料を多めにすればいい芋ができそうだ。

今年は、ジャガイモの様子が変ですよ。先日収穫したジャガイモたちが、次々と、腐っていきます。私の所だけの話ではなく、地域全体にわたってのことなのです

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

7月25日、清見の夏枝です。一口に「夏枝の発芽」といっても、みかんの種類によっても、同じ種類でも木の置かれた条件によっても、新しい芽は、その出方が違ってきます。

先週末に残りのジャガイモの収穫を行いました。まずは『シンシア』。フランス原産の品種。、見た目はたまご型のきれいな形。

6月19日の台風4号の被害で曲がってしまった雨よけトマトの・・・パイプ・・・梅雨のこの時期に一番必要とする雨よけ・・・ようやく友人から道具を借りて補修することに

まず安心したのは、カミキリムシの動きです。前回は2か所の羽化穴が出来ていたのですが、今回はなし。前回の成木の根周りの草取り作業、その結果のほどが確認できます。

農園も夏真っ盛りと言ったところで、急ぐ様にトマトが色づいていき忙しくすごしています。夏場は、気温が高すぎてほんとは栽培には不向きな時期です。

7月10日に播種した1回目の大豆・・・本葉も広がり・・・でも草だらけ・・・このままでは・・・畑の場所によって草の種類が全然違う・・・

夏野菜が採れる時期なのですが、ナスとピーマンは思ったように育っていません。トマトは何とか成育が追いついてきた感じです。

なお湿った畑の底のほうで、音にはならない音のような、声にはならない声の様な、命の祭りのような無音が響き交わしているようだ。

田植えをした矢先にもう雑草が芽を出しています。これはイネとイネの間を中耕除草しています。が、この機械のせいなのか、虫にやられて抜けちゃうのか・・・。

ブルーベリーがヒヨドリに狙われ始めて、ネットを張りました。ネットの穴から上手に口ばしを入れて実を一粒くわえて飛んでいきましたが、鉢植えの向きを変えて対抗です。

畑にデジカメを持って出かけたのでナス畑のご紹介です。 今年は、防草シートを敷き詰めて、草対策ばっちりです。 あとは虫対策で葉っぱを広げるそうです。

昨年の夏から計画していた日本ミツバチの飼育に向け、分蜂するミツバチの捕獲に知人宅に出向きました。2群あるうちの一群は、3回分蜂し捕獲したとのこと。

今年はキュウリをたくさん作っているけれども、時期をずらして栽培するのを計画しました。品目は、キュウリと枝豆。しかも、キュウリは地這いキュウリに挑戦です。

気温は30℃、湿度は63%とまさに日本の真夏の陽気となりました。さて、メロンの出荷もピークを迎え始め、メロン栽培農家のお宅ではその出荷作業に大忙しの今日でした。

トマト狩りが大盛況の為、急いでトマトを播種しました。毎日暖かいので3日で発芽、とまとってこんなに発芽が早かったかなあ?

今日のメインはやっぱり^ジャガイモ掘りだ〜全部の株を掘り起こし、みんなでいもを取り出してゆく。次第にみんな無口になる

ゴマの花が咲いたよ。なんだかかわいい。ゴマの花を見たことがある人って、あんまりいないと思う。バジルも花が咲いたよ。今年はバジル失敗。

雨がぽつぽつ。サツマイモ。順調、順調。雑草を抜いてさっぱり。エダマメ。おおっ。来週あたり食えるな。ビール買っておこう。プレモル。

2週間前に収穫を終えたタマネギ。その後雑草天国になっていましたが、この土日で大掃除。マルチを剥がし、雑草を取って新たな畝の準備に入ります。

もぐのヤダヤダのヤダマメの季節 虫食いしていない、形良くぷっくりとしたものをもぐ なかなか良い感じ 今日は4カゴ洗って乾かして、ネットに詰める

欠ノ上田んぼでは田植え後1カ月になる。川岸が崩れた以外、稲の生育という事では順調である。太い色の濃い葉が出始めて、分ゲツも日々増えて行くという状態である。

昨夜はかなり風が吹いて心配したんですが、去年ほどの被害も無く一安心です。バレンシアの収穫前の台風なんて記憶に無いくらいです。

ようやく収穫が始まったばかりですが、第二温室のトマトを摘芯しました 6段目の花までは残して、成長点を切りました

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

明日は「とうもろこし」「ズッキーニ」「ひまわり」と合わせて、『枝豆』の出荷を開始します〜☆今年も茶豆風味の「湯あがり娘」という品種です。

今年もモロヘイヤを育ててます。ざる蕎麦を食べる時、モロヘイヤを湯がいて刻んで叩いてねばりを出して汁に入れていただくのが、最近のお気に入りの食べ方なんです!

みさわ保育園のみなさんと一緒にじゃがいも収穫祭を行いました。最後は掘りの残しがないように、メンバーが丁寧に確認してくれました。

未明には雨が降ったらしく路面は濡れていた。作業中も雨が降ったり止んだり。でも、無事サツマイモの定植が終わり、ビニールハウスの解体もほぼ終了。

水海道スターファーム自慢の茄子 ボランティアさんが3年ほど前に植えた1本の苗木何茄子か品種が不明 なので、通称笠木茄子 とにかく、デカくてうまい

写真は、「モロヘイヤ」です。農園の共同スペースのモロヘイヤももう収穫O.Kな大きさに育ちました。もう、収穫してもイイですよ。

先月苗を植え付けた陸稲(もち)畑の雑草がだいぶ伸びてきました。このまま放置しておくとさらに伸びて、より草取りが困難になります。

今日も小雨の降る中の収穫お疲れさまでした。 メインで収穫する野菜も少しずつ変わってきて、今日はピーマン・インゲンやミニトマトが主役でした。

畑に来る時は必ず長袖のシャツを着用しましょう。特に小さいお子さんは蚊に食われたり、とうもろこしの葉などで切ったりします。

我が畑のとうもろこしです。 大きいもので150cmくらいまで伸びたでしょうか。やっと花をつけました。他の畑のものに比べ茎の丈が高く、太いです。

雨がたくさん降ってくれるおかげで、野菜もぐぐっと成長してました!そして、早速きゅうりの収穫スタート!みんなこぞって下の方から探してます。この風景が、可愛らしい。

毎年6月7月は忙しい。6月7月以外も忙しいんですが、特に忙しいのはこの2ヶ月。理由はトマトの出荷のピークだからです。

先日はあともう少しかな〜って思っていたら一気に実が詰まったようだった。ついでにヤングコーンも採ってきた。こちらはちょっと大きくなりすぎかも。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

急遽、孫が来て夕方から畑に収穫に。昨年はスイカがスイカ泥にやられてしまったので、今年はまだ小さいスイカ(直径20cm位)だが収穫させることにした。

キャベツの値段がすごいことになっています。Mサイズのキャベツ 10ケ入りが  62円 段ボール代が120円ほどするので出荷すればするほど・・・赤字です。

ナスの支柱立てがやっとこさ完了。台風で横倒しになったナスもなんとか収穫に至る↓去年は花付きがあまり良くなかったけど今年はなんとなく花が多いように感じる。

秋まきの下仁田ネギの本植終了してます やはり思った以上に廃棄になるものが多かったですが、春まきのものとの成長の差は凄いので今後が楽しみです

ハウスやトンネルなどの施設を利用せず,戸外で野菜や花などを自然の状態で栽培する「露地栽培」。わが家の栽培法でもあります。

稲に肥料をあげる予定です 去年はぬかとクン炭そして美味しい水のみ肥料買う金もない(笑)今年は二面ある田んぼのうち一面に化成肥料を入れてみようと思っています

今年、大学時代の友人のススメでコールラビを栽培しました。なんかキャベツの原種であるケールの変わり種らしく、見た目からカブキャベツとも呼ばれてるみたいです

収穫を終えたトマトは、ハウスを閉め切って蒸し込みます。分かっちゃいるけど、中に入ってみたくなる。 そこは、 62℃ の世界 呼吸をした瞬間、痛み出す粘膜。

連日猛暑が続いています。野菜たちも日中はぐったりしています。収穫は早朝に。いんげんが最盛期です。つるなしいんげんがいっせいに実をつけだしてできてきました。

これは中継ぎのつばさくんです。この天気で先発のきゅうりがアップアップの状態になってしまいました。今年は中継ぎ陣が調子がよさそうなのですかさず継投です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

台風で結構野菜がやられましたが、ゴーヤ、インゲンはアウト!!ナスやトマトはスタートへ戻ると言った感じで、あとの作物は何とかセーフかな。

台風4号のときは風除け用のソルゴーが小さすぎたけど、やっとナスの背丈に追い付いてきました。定植の一か月前にはまいておくのもありですね。

先月収穫して乾燥していたにんにくを編み込みました!編み方は・・・こんな感じでひとつひとつ編んでいき手頃な大きさになったら茎の部分のみ三つ編みにします

あと2週間弱で「とうもろこし祭り」です。今現在の、とうもろこし、枝豆、トマトの様子です。とうもころこしは調子良く育っています。

初物ブルーベリーです。 品種は早生のスパルタンです。 アップで撮っているので巨大ですが大きさは百円玉を上回るぐらいでしょうか。

トウモロコシのひげがちょっと黒くなっているなあ、と先週から思っていたが、今日先端部をさわると実が詰まっていそうなものがあったので、2本穫ってみた。

ひとりじめBonBonこんな感じの西瓜を出荷しております。小玉西瓜にブログシールと品種のシールと直売所の値札シール、計3枚を貼るのでかなりごてごてした感じになります

収穫準備とは・・・これじゃがいもの畑です 以前の様な緑色はなく枯れ始めています。この状態で、残ったじゃがいもの地上茎を刈っていきます

すべてのびわの収穫が終了したyamadabiwaですが、来年の収穫に向けて始動しました。何かというとハウスのビニールはずしです。

徐々に夏野菜の収穫期を向かえております。まずはジャガイモの収穫です。 ちなみに、ジャガイモが収穫期に入った事をどのように見分けるかご存知ですか?

夏野菜がどんどんできてきました。中でも毎日たくさん採れるのがきゅうりです。今日は保育園がお休みの息子と一緒に収穫作業。

ハンマーナイフモアという自走式の草刈り機を走らせました。そのあと、びわの苗木周辺のツユクサを引っこ抜いてハウスの外に運び出しました。

本日でイチゴの収穫は終了です。今年は寒くて思うように収穫数が伸びませんでしたが結果的には去年の2割減ぐらいでおさえることができたのでまずまず上出来だと思います。

暑い一日となった。日々、太陽に鍛えられている。一日にどれほどの汗をかいているのだろう。 コシヒカリの幼穂もふさおとめの後を追いかけて順調に大きくなっている。

6月の台風の影響でピーマンの支柱が曲がっているそう、曲がってるの、倒れているんじゃなくて。風ってそんなに強いの??そりゃ、きゅうりパイプも倒壊するわね。

夕方から大豆と黒豆の種まきをしました 今日もお昼寝…とはいかなかったのでベビーカーに乗せて畑に行ったけど、ぐずりだしたので今日はおんぶで種まき

6月の台風で、擦れてしまい収穫初期はキズが多かったいんげん。その後に実をつけたものが、ようやく順調に収穫が始まりました。

ピオーネのその後の様子若干ベト病の症状が出てます。防除済み前回は130センチに届きそうだったけども、ここにきて150センチくらいまで来ました。

関東でこの7月に白菜がある というのはなかなかなもの なので 持って行ったら これ売れるだろうな・・と 思ったわけですが 実は 一個も売れませんでした

昨年は今の時期に失敗した枝豆。今年は今のところ順調に見えます。枝豆は栽培簡単そうで意外と難しいです。虫は付きやすいし豆が大きくならないこともあります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

約二カ月、中学生達が夏野菜の管理をしたり、畑を観察したりしてきました。本日は最終の収穫。食材の一つ、ナス。

大雨で開催が危ぶまれた「大豆プロジェクト」種まき。皆さん蒔いたところが、まんべんなく!キレイに発芽しました 可愛くって間引きするなんて涙ものですね

植えた2回目のきゅうり ここまで大きくなりました♪色が黄緑なのは夕日の光です ちょっと今回は間隔を狭くしすぎたかなと思ったけどまぁなんとかやりくりします

今日は、ジャガイモを収穫しました。 ジャガイモは2〜3日晴天が続いた後に収穫しないと、貯蔵した時に腐り易く、梅雨の晴れ間を選ばなければなりません。

涼しさを利用して草刈りをしていました。体には優しい天気でした。長ネギ、草から救出。その他の場所も一気に草退治しました。そんな中、とうもろこしにカブトムシが。

梅雨明けまでもう少し、という感じもしてきました。長雨で気になってくるのがみかんの病気です。先週の週末から晴れ間が続いたので防除をしました。

今日は2週間ぶりの田んぼ部の活動日。トラスト田の稲は抜群の生育状況です。2週間前に草を一度とっているので、今回は草もずいぶん楽でした。

梨の収獲始めまで、もう少しです。「今年も宜しくお願いします」と、お客様をお迎えするため、あちこち片付けをしています。

久しくブログ更新が滞っていた間にも畑のミニトマトは順調に育ち実を付けました。トマトの幹と同系色の実のため観辛いですがミニトマトの形をしてますよ。(笑)

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ブラックベリーが収穫できるようになってきました!ただ、やはり放射性物質が心配ですので検査機関に検査を依頼し昨日、結果がでました!↓3検体 検査へ提出前

絹さや、スナップエンドウ、グリーンピースのタネを莢から出しています。エンドウは、収穫しないでそのままにしておくと勝手に完熟してタネになります。

今日の仕事は、ジャガイモ堀りと、かぼちゃの収穫!ジャガイモは、今年は病気が入ったのか、まともに収穫できたのは「ワセシロ」と「メークイン」だけ。

今朝は、2日ぶりに我が家の畑の見回りをしてきました。キャベツが原の戦いの様子はどうなったでしょうね。(笑)こんな感じで、青虫君にかなり食べられてますね。

秋冬の作付も始まる7月、暑さに負けず突き進むのみ、です。ぼちぼちと終わりの気配が漂いはじめたズッキーニに代わって、ナスが少しずつ獲れ始めました。

随分暑かったので夕方ブドウ畑の様子を見に行きました。まだビニールで覆われているのですが、そこにかなりの数のコガネムシが襲来していました。

昨日はジャガイモを一気に掘りました。友人・知人・ご近所さんが援農に駆けつけてくれて、キタアカリ・とうや・シンシアが終了。

まずイモの数が少なく大きさも小ぶりです。まだ全てを堀り終わってはいませんが豊作の時の2割くらいの気がします。本当に種芋くらいしか採れない株もあります。

レンコンの田んぼが増えたので、なかなか畑もいけなくなり、もっぱら(いけるとき)週末畑農業なので、ちと作業がおくれぎみなんです。

昨日皆さんに見学して頂いた畑はこのとおり抜いてしまいました。とりあえず半分終わったかな。ちょっとタマバエの被害が目立ってきました。

去る6/24と7/8は草取り最終戦でした。ここで負けると痛いのできっちり!あとは9月の稲刈りまでよゆーの畦草刈りだけで済ませたいですからね。まずは、雑草の見本を。

豪雨の七夕も過ぎ、晴天が続きます。ナスの枝がまた折れましたが、台風よりマシです。ナスの葉の色も濃くなり、花も咲き、これからたくさん実をつけてくれる予感。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

トウモロコシの収穫  トウモロコシの育っている様子です。 一時は台風の影響で倒れてしまいましたが、持ち直し大きく育ちました。

連日、ナス畑で、ニジュウヤホシテントウの退治作業に追われているうちに・・・田んぼが、草だらけ(泣嗚呼、この草、どうしよう・・・。手で取るしかないよなぁ。

エダマメが収穫できるようになったので、出荷を始めました。トマトも収穫しているので、朝の収穫がてんやわんやです。

昨年度ネギを栽培していた畑にトラクターを入れて耕し、トウモロコシを植えました。しかし、トウモロコシの間から、あちらこちらにネギの新芽が顔をのぞかせています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40