この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

台風もくるし、イノシシも来る・・・ということで道具一式そろえて、田んぼに出発です。田んぼのまわりに電気柵の杭をトンテンカンテンっと打っていきます。

今日の玖珠町は梅雨の晴れ間が広がり、暑い一日でした。棚田では全ての田植えが終わり、静かな棚田に戻りました。水路の水の音だけが聞こえます。

梅雨前線が南下したため雨は小康状態でした。最近降り続く雨でシイタケ菌がよく伸びているようです。今年植菌した木に菌糸紋(きんしもん)が出てきましたよ。

予定通り芋の苗植えを実施しました。芋畑は、水浸しです。道具は、火バサミを使い、これで苗をはさんで差し込んでいきます。

さて「遠い畑」のハウスの中で初物が収穫できそうです。 ピーマン、ナス、キュウリ、今夜の食卓は賑やかになるでしょう。 いずれも永田農法の野菜です。

昨日貰った新種マンゴーの穂木を高枝接木。このマンゴーは未だ名前が付いてなく、マンゴー3号が今の名前。非常に甘く、受粉も自家受粉でも行けるらしい。

やはり日照不足でちょっと細め。 昨晩は振ったけどたいした雨ではなかったのに何故か浜畑の3ハウス目に浸水。 調べてみると上の田んぼにモグラの穴が開いている。

今日は田のあぜ草を刈り取る予定であったが余りの大雨。しかしながら百姓さんは予定どうり朝のアスパラの収穫、出荷して本日の業務開始。

今日は、ナスやピーマンなどの支柱ひも張り、誘引。人参やオクラの草取り。昨日刈ったあぜ草燃やし。明日の出荷用意、などなど。夏至も近くなりました。

午後からはトマトの「麗夏」の芽欠き誘引日照不足に陥りやすい梅雨時期の野菜達出来るだけ日が当たるように少し小さめの芽も取り除きます。

屋久島では不可能と思われるリンゴですが、この実だけは、ぐんぐん大きくなっています。現在まだまだ青い実ですが、大きさはテニスボール大になりました。

指宿市でアボカドプロジェクトを進めています。昨日,植え付けに行ってきました。耕作放棄地をアボカドで再生しようと,昨年から植え付けを進め,2年目に入りました。

やみそうにない雨 にため息が …ふーっ 「このまま降り止まないと足止めを食うだろうぁ」 大粒で美味しいマンゴーを安定供給し全力で走り続けなければならない

招かざる客 グチョル(台風4号)が 急接近しそうです・・・ こんなに沢山収穫できたのに・・・ これからもこれ以上に収穫できるはずなのに・・・

シャドークイーンは中晩成、ということで、まだ花が咲いていましたが…掘ってみると「これはサツマイモ?」と言いたくなる程に大きな芋が!

早速 JAと直売所に行って来ました。 登録証のカードを貰いに行くのですが、ついでに収穫したえんどうを 何とか販売したくて陳列をお願いしに行きました。

もうすぐ収穫の始まるオレンジライス農園のハウスみかんが完着(みかん全体に色が着くこと)になりました。 さ〜これで収穫!!ではないんですね〜。

畑のお手入れも・・・がんばるのだ 大葉が少し大きくなりつつあるので 間引きです  夏には欠かせない食材なので大切に育てなきゃね 地這キュウリも間引き

今年も作ってます。パプリカ栽培。ここからが勝負のパプリカ(カラーピーマン)。パプリカは実がなって色づくまでの期間が長い。ピーマンの2、3倍。

上の2枚は草丈の低いコナギが主で、田面1cmで削いで上部を切り離して発芽を抑制する作戦に出ます。田車と併用して勢いに対抗です。

らっきょうの収穫で忙しい、今日は梅雨らしく雨の日でしたが雨の中甘藷植え付け60アール 今年は4.6haの作付予定でしたが、およそ4.2haあまり植え付け完了

機械が植えれなかった所は、手で植えていきます。苗を持って歩くの、意外と重労働です 棚田の田んぼです。しかも・・・ 湧き水のお水で作っています〜  

今年は実験がいっぱいあります 好調が続くかはわかりませんがじっけんその1はうまくいってます 摘果数をへらし、常識やぶりにたくさん実をならすこれが じっけん1

白菜作りましたがアブラムシとヨトウムシに大分やられてしまいました 白菜は冬の食べ物やはり皆さん冬の食べ物との認識が強く産直にも出してみましたが売れませんでした

ようやく袋掛けを始めたのですが、ふと気づくとあちらこちらにぽつぽつと実が落ちています。(もっと早く袋掛けを始めておけばよかったと後悔しても後の祭り。)

ミニトマトです。定植する時の幼苗は、半身萎ちょう病か疫病の様な状態でしたが葉をもぎ取り椰子状態にして横植え方式で定植したらとても元気に成長してます。

先日、初収穫もあったので昨日から、マンゴーに袋をつけてます 台風対策の白いネットとマンゴー袋夫婦二人では、なかなか進みません

気がつけば、畑のポタジェコーナーに小山が2つ。レモンバームとフェンネル。普段はかわいらしいイメージのハーブたちも、畑で育つとどれも巨大化します。。

ゴーヤの苗をたくさん作っています。その数1100本 来月植え付けして9月から収穫開始、12月まで続きます。冬でもゴーヤの消費がかなりあるのでここ数年栽培してるんですよ。

小さなBB園の、サザンハイブッシュ系オニールが食べごろになってきていて今朝2回目の収穫。 収穫といってもたったの150gですが。

梅雨らしい天気が続く中、天の恵みとはこのこと、絶好のイベント日和となり、100人あまりの田んぼの仲間が集まり、生き物調査や田植えを存分に楽しみました。

「初麦刈り」初めて撒いた【チクゴイズミ】と言う品種を刈り刈り ウチは代々農林61号なんですがこの1枚だけチクゴイズミです。左が農林61号、右がチクゴイズミです

ここからハウスみかんは栽培環境が一気に変わります どう変わるのか?それは、外気に当てて管理していきます すなわち、今まで行った加温状態を停止してあげます

梅雨の前にタマネギの収穫をと思ったが全部を収穫できず赤タマネギの一部が残っていた。6月のはじめには青々してい赤タマネギ

パッションフルーツの棚。私の肩くらいの高さ。 落ちたパッションを拾うときはこの棚の中に潜り込んでよっこらしょっととしゃがんで拾って歩く。

苗床も草で覆われるようになった。種芋は、「紅はるか」「なると金時」「黄金千貫」「赤いも??」の4種類ほどを植えて苗を取ってきたが、まだまだ伸びてきそうだ。

雷も伴うかなりの豪雨となりました。今日の夕方、雨が止んでいる隙に畑に行ってみると・・・あちゃ〜〜〜、サツマイモ畑が雨水でえぐられている。

梅の収穫と出荷が無事終了しました。今年はうちを含めどこも収穫量が極端に少なかったらしく、例年直売所の棚に出来る緑の山の時期がきてもガランとしてましたね。

別府大学夢米棚田プロジェクトチームの皆さんに棚田の田植えをしていただきました。先日籾まきをして立派に育った苗。目安となるロープに沿ってこの苗を植えていきます。

野菜種子を播きました。秋キャベツとサニーレタスの種子それぞれ3トレーずつ真夏の栽培となりそうですが、うまく育つかハウス横の「ひまわり」が大きくなりました

福岡ですが、夏日が続いています。イチゴのあとに種まきした緑肥植物・ソルゴーの様子です。私のテキトウな種まき&水やりにもかかわらずちゃんと発芽してくれました。

まず5月から準備しておいた苗を農トレの田んぼまで運びました。これが意外と重くて、、、でもここで持ち前のパワーを発揮してくれました、清水君!

水稲の元肥を散布したいが、濡れるのでできない。そこで、先日、元肥を鋤きこんだ圃場は、連日の雨で、代掻きに手ごろ。そこで、トラクターで代掻きへ。

ジャガイモを試し掘りしました。ろくに鍬も使えないくせに、ワイルドに振り下ろし、出てきたほとんどが、真っ二つ トマトはただいまこんな感じ。これからが長い。

自家製の農薬散布をしている。(ドクダミ・ヨモギ・ニンニク・唐辛子を漬け込んだストチュウ―米酢・木酢/竹酢・リンゴ酢+糖蜜―です。これに重曹を加えました。)

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

アグリピアで研修生向けの研修が2回開催されました病害虫について、農薬についてなどの座学と、圃場見学。私も知らないことばかりでとても勉強になっています。

こども達に美味しい麦茶を飲ませたい思いで畑の片隅で、ちょっとだけ栽培しました。はだか麦(麦茶になる品種です)昨年11月に種まきしました。

水路掃除が終了してからは、トマトの屋根かけを行いました。トマトは、屋根をかけていないと直接雨があたったりしてトマト自身が割れたりします。

間谷ハウスの花が今日で終了 今日の花には青い毛糸を付けてます 午後からは摘芯した時に残ってた芽を除けて巻き付けました 

イネがだんだんと大きくなってきたので水深を深めにして一回の入水量を増やすようにします。落ち口は可能な限りオーバーフロー型にしてありますので堰板を追加しました。

昨年の苗木には黒いマルチを敷きました。地面の乾燥を防いで、さらに草が生えないので一石二鳥です。その準備で、黒いビニールのマルチが飛ばないように重石をつくります。

サザンハイブッシュ系のオニール、フロリダスターを収穫しました。まだ少し色かつきだしたところなので、慎重に熟れ具合を確認しながらだったので時間がかかりました。

5月のぶどうはこんなに小さい 小さな粒粒まず花が咲いてそれからおなじみのぶどうの実が見えてくる まだ小さくて軽いので、房は空をむいてます

玉ねぎ収穫 にんにく収穫 トマト、ピーマン、なす、きゅうり定植 じゃがいもの掘起し 夏葉物の種まき・・・そんな中きゅうりを定植(苗から畑へ移植)しました

みかんの園地のナギナタガヤです。とこどころから厄介な夏草が伸びてきています。ナギナタガヤが無ければ、この夏草で埋もれてしまうところです。

今日から天日干しのほうじ茶に取り掛かっています。蒸して揉捻した後、2日間天日干しにします。仕上げは大釜で香ばしく炒りあげます。

2番茶の収穫に向けて毎日せっせと仕事してます 重労働が多いので弟に手伝ってもらいながら 暖かくなってきてますけど、ジメジメしてないぶん仕事はやりやすいですね!!

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日はレタスがたくさんとれました。落ち葉をたっぷり入れた畝にビニールマルチをして植え付けただけで、肥料は一切入ってないのですが結構いいレタスができました。

モミジガサは根が着いてくれたかもしれません。念のため完熟牛糞を撒きました。上手く根付いて増えてくれるとうれしいのですが。

秋吉の田を見に行きました。大雨で真っ先に水没すると、噂に聞いた光景を初めて見ました。ポンプで水を入れる程に、水不足で苦労した事が、嘘の様な光景です。

梅雨時期の晴れの日。ミツバチの巣箱がいっぱいになってきたので、一番上の一段をとりました。初めてのハチミツとりの作業でした。

先日の強風で、楽しみにしているトウモロコシや枝豆がなぎ倒されてたので今回は、雨の中カッパまで着て野菜を守りに行きました。

雨がなく土がカチカチに固くなっていて心配したのですが、やっと芽が出ました!万歳です!植えてすぐに、いのししに掘り起こされ、あちこちに転がってしまいました。

田んぼに有機質肥料を散布しました!緑肥として栽培していた、ナタネ・クローバー・レンゲの育ちが予定程ではなく、不足する有機物量分として田んぼに入れました。

急遽午後からはじめました。ジベレリンの2回目は水滴が長く残るとジベ焼けが心配で、できれば晴天の日の午前中がいいそうです。

現在の麗夏の玉は1段目がピンポン玉大くらい。作業的には脇芽をちぎっては捨てちぎっては捨てという感じ。他の農家さんはハウス外に捨てますがうちは通路にポイ捨てです。

ヒエに飲み込まれるんじゃないかと思いながらの除草でしたが、終わってみれば昨年より早く田植えから一ヶ月ちょっとで終わりました。

ジャガイモの下葉が黄色くなり収穫時期を迎えました。天気予報によれば、明日は雨模様で今日収穫をすることにしました。

イチゴを詰める作業小屋の中は夕方の5時をすぎても34℃。収穫量は一昨日に比べるとかなり戻ってうれしかったのですが,暑さについていけず,ブログもお休みしました。

毎回この時期、5月末にミツバチを返却したくらいからシーズンの終わりが見えると、とてつもなく寂しい気持ちになります。

去年、我がぶどう園では遅くまで残していた房にバンプ病がそこそこ発生したので今年は対策として色々な菌を試してみることにしました。その中の一つが「えひめAI」

4〜5月と春作のメインの時期が終り、ちょっとほっとしたところで、すぐに夏作が始まります。夏作主に7〜8月に種を蒔くものですね。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

朝は梅の選別をして。すっかり手つきも農家っぽくなってきました。JAさんに出荷に行き。ここでもしっかり重いコンテナを運んでもらっちゃいました(>_<)。

まだ田植えしてないです。今年はいつもより遅めを狙ってます。塩水選、60度のお湯で温湯消毒して水につけて6日目で芽が出てきた。

桃太郎がウチのハウスでも採れるようになりました 大玉なので『 おおおおおっ!』 という感じですが、味は中玉のシンディのほうがずっとバランスがいい感じがします

田植えから3週間。植えた苗の緑色が濃くなり、まっすぐに伸びているのを見て成長を感じる時期です 田んぼのなかには、藻が自然発生して草を抑えてくれています。

当菜園はスパルタ農法(永田農法)に則って栽培してるんですが、その農法を世に知らしめたのが(?)「水に沈むトマト」です。

車検上がりのトラックを獣害対策用に整えて畑へ出動!!。今日の作業目的は収穫と来週あたりに接近するらしい台風に夏野菜が耐える様に支柱へ誘引しないといけません。

6月3日にみっちゃんと私と嫁の3人で黒大豆の種蒔きをした。あれから10日経った。芽は出ていると聞いているが私は見ていないのである。

A棟のトマトはスクスクと育っています。第1花房には実が着き↓第2花房もほとんどの苗で花が咲きました↓だけど、第1花房の実はけっこう奇形やダメなものも多いです。

来週には黒豆の定植をするそうなので、それまでに収穫を終え畑をお返ししなくてはいけません。まもなく梅雨入り。最後の晴れ間を利用して収穫に行って来ました。

無理をしてタマネギの収獲を済ませて置いて大正解。 南3番の畝立てをした。大豆を植える予定にしている。その後、南4番(昨年そばを植えたところ)を掘り起こしをした。

前回はジャガイモだけ食べてそそくさと立ち去っていましたが2回目の今回は落ち着いて畑を散策する余裕ができた模様 カボチャ畑が一面ほじくりかえされてました

植菌後、椎茸菌の確実な活着のためビニールで包んでおく仮伏せという状態から、今度は展開し菌を回す本伏せという状態に移行する作業を行いました

昨日から降り出した雨が、まだまだ勢いよく降ってます。風も強く吹いて、ところどころエダマメが倒れています。被害が大きくならないことを祈るばかりですが…

マンゴーのフルーティーな良い香りがします。いかにもおいしそうな香りです。これ本当においしいんです。杏の【紅浅間】が完熟しました。

「カボチャ」たちと雑草どもによって綺麗なグリーン色になりました  圃場の左半分が定植48日目の「えびすカボチャ」です 

ちょっと窮屈そうな人参関係 ↑ 。 ある程度の距離が必要なときもあるのが人参社会。思い切って距離をとってみれば ↑ 。身の回りが軽く, 楽になった様子。

先週の土曜日に田植えをしました。手作業で植えますと凄く時間がかかりまた収穫の時にも手でやらないといけないようになるので機械を使うとコスト面も少なくなります。

前年10月の種まきから収穫までに2年にわたるごぼうで、伝統京野菜の一つです。苗ごぼうを6月に植えなおして11〜12月に収穫する手間のかかった高級ごぼうです。

野菜ゾーンは種蒔き前に草刈りをしたので生えてはいるもののまだ丈は低いです。この大量の雑草を夏の間に刈り続けます。抜かずに地際で刈って地面に敷く。

これ、わかりますか? トマトのハウスの写真、通路に枝がはみ出ています。誘引が遅れていて…、 みやもと農園では、ハウス毎に主たる管理者を決めています。

ミニトマトを栽培し、赤糖房と言う商品名で出荷しています 出荷も残り僅かとなりましたが、品質の良いミニトマトを、消費者の皆さんに、お届けしたいと思います。

さてさて・・『べっぴん』たまねぎのシーズンが始まりました。今年は苗の時期から心配が絶えませんでしたが、終わってみれば非常に良い出来に仕上がりました。

急いで畑にばら蒔きした麦の収穫を行いました。 少しの面積ですがやはり手刈りは大変です。 持ち帰り足ふみ脱穀機にかけてハウスに乾燥させようと思います。

峠山に黄色く輝いていた菜の花の種の収穫をしました 菜の花は、根がとてもしっかり太く、抜くのも大変なんですが、この収穫作業もかなりキツイものです

梅雨と言いながらもシトシトではなくザーッと降ることが多いように感じます。山芋のつるを添わした竹竿も、しずくの重みでこんなに。右隣の畝はホウレンソウ。

インゲンの収穫が始まりました。今日は大豆の苗を植えたのですよ〜!わーい。棒で穴をあけて、苗を入れて、ちょっと引く(根っこがちょっと真っ直ぐになるのかな)。

5月は、ほとんど田植えがあったわけで果樹の作業はほとんどしてなかったわけですが今回はアーリーのGA処理(ジベレリン)の2回目です。

移植から29日目の夏野菜、随分と生長しました。 きゅーりの初生りは、3cm程になってます。今期、冬野菜の終了後に肥料を入れ耕起した成果が確実に出ています。

かなり無理して畑地有効利用しました。谷間には水分もっとも必要とする里芋植えました。多品種栽培と少ロット生産主体の生産体制。

相変わらずの残業 南小梅は小梅と違いポテ(取り籠)で手もぎにより収穫です。サイズ獲りなんで、わっかを使ってこれより小さいサイズの梅は獲らないようにします

鳥除けに掛けていたパオパオを防鳥ネットに替えて風通し爽やかになった、今週の黒豆です。6.13水曜日に種まきした苗は・・良い感じに発芽しています。

不揃いだが、籾殻&マルチのやり方でキタアカリがとれた・・昨日の溝切りが、思いの外体にきていた。午前中は、竜宝の粗摘粒に励んだ。

万願寺とうがらしも収穫がだんだん最盛期に向いつつ、ハウスにいる時間がだんだん長くなってきました。となりのハウスのトマトはジャングル状態。

最近、自然栽培を実践したい若者に向けて、農園の一部を開放しました。耕起からスタートして、収穫、種採りと実際に汗を流して取り組んでもらいます。

今年のソーラー育苗についてダイジェスト版(?)で振り返りたいと思います。昨年との違いは、今年は反射シートを大きなものにしたところです。

今日の主な作業は、トマトの雨合羽取り付けとカボチャのトンネル仕立てを完成させることだ。午後に自動車代理店にも行くためあまり時間がない。

サラダが大きくなりました(MIsにルッコラばかりだと文句を言われました)よ〜く見ると、葉っぱに細かい穴が空いています 虫?

樹木の養分を無駄に浪費する徒長枝は剪定の対象となりますが今年は雨も少なく 気温も低いので 桃の生育が悪く 徒長枝も少ないので とても心配です。

丹波黒がまずまず順調に発芽し始めました。例年より種子が小粒気味かな?と言いつつ順次まいていますが、今のところは9割程揃って出ているのでわりといい方です。

やっと夏野菜ができはじめたと思っていたら,突然台風の上陸予報。しかも,進路は,またまた直撃コースになってきている。ズッキーニは,ナスは,ピーマンはと心配が…。

まったく手入れをしていませんので表皮はかなり汚いのですが・・・(皮を剥くと綺麗ですし結構甘いんですよ〜)そんなビワの実が色づいています。

昨日10日の日曜日に、午後から山口さんとトマトの苗の、植え付けをしましたが、すべて終わらなかったので、今日11日の午前中に続きをしてきました。

今日は黒豆の種まきですいよいよ始まります。暑い夏の作業は大変ですが10月に美味しい枝豆が届けられるのを楽しみに頑張ります。

本日の苗の植え付けイベント1日目の様子です。昨日から降り続いた雨が通路にたまりぬかるみの中での定植体験でした。 ぬかるみに足を取られお疲れの様子です。

なかなか、頻繁に様子を見に行かないので、見るたびに、トマトが生長してるのがわかります。 わき芽取りや、誘引という作業が溜まってるのも、わかります・・・。

マスクメロンの直売が始まって今日で3日目。あっという間に直売所はメロンに切り替わりました!そしてマスクメロンの収穫もしています

今日はブドウのお仕事。摘粒(てきりゅう)作業です。一週間前の房です。こんなに小さかった粒が、ジベレリン処理と雨でドンドン大粒になってきました。

防草シートの代わりにマルチを設置。 これで雑草の成長も抑制できるうえ、マルチの上に芋のツルが伸びてくるので成長が期待できます。

先日育苗した早生枝豆の苗。本には「本葉部分(指の上から2本に分かれてる先)が3cmほどになったら定植しましょう」と書いてましたが。余裕で5cmは越えてるネ!

今年のミラクルコーンの出来が気になっていたので、まだ未成熟ですが1本もいで糖度を測ってみました。結果は、写真の如く17.1%とまずまずの値でした。

今朝の畑の様子。サツマイモは雑草に覆われ始めました。枝豆はもう花を付けました。そろそろカメムシ軍団の襲撃があるかもしれません。

オクラ苗植え付けております☆まずは草刈りからスタート!良い感じの草むらになってます(笑)草を綺麗に刈り取って横においときます。

きゅうりなんですが、根元が黄色の花でいっぱいです パッと見ても黄色くて、分かるくらいです 節成りきゅうりと四葉きゅうりを植えていますが、両方ともこの状態です

5月に田植えをして以降、はじめての草刈り作業をした。これから稲刈りまで何度草刈りをしなくてはいけないのか。特に夏はこたえる。

6月でホトンドの近隣イチゴ農家さんが終了していらっしゃるのに、いまさら収量が上がってきているうち・・・。直売は今週一杯ぐらいまで続けさせて頂きます。

台風が接近!?急いで、ミニトマト・ナス・万願寺トウガラシ・シシトウ の誘引をしました。強風でポッキリ折れてしまわないようにしっかりとくくらないとね!

じゃがいもがやられた!全滅だ。そろそろ収穫時期だった… 去年の秋はさつまいもが収穫時期直前に,猪にやられ全滅した。

昨年より遅れてた1回目の追肥作業がようやく出来た。昨年の施肥作業のトラクターのセッティングでやるとたいした量が散布出来なかった。

雨のせいで土はかなりぬかるんでましたがさつま芋の植え付け時期はギリギリかと思いお客様には、ご無理をお願いし、植付け作業となりました。

柿の摘蕾〜摘花〜摘果今年は天気周りがよく、来る日も来る日も柿間引き。甘柿も、渋柿も、おかげさまで たっくさーんついています。

種から芽が出てきました。篠山地方では、畑に直接、種を播くのではなく、育てた苗を畑に植え付けるやり方が主流です。苗はハウスで育てます。

ニンニクの収穫をしました。6月上旬に葉が黄色く枯れ始めた頃が収穫時です。毎年収穫時が遅くなって玉が割れてしまうので、今年はそうならないように注意しました。

ハウス小玉スイカの出荷が始まった。今日の出荷量はまだ40玉ほどと少ないけど、来週からは隔日で200玉ほどの出荷量になる。

そろそろレタスの生育には厳しい気温となってきていますね(・・;)そろそろ巻きのもあまいものでも収穫していかないといけません(`・ω・´)ゞ

いちご収穫のオフシーズンに入り,来シーズンに向けた準備を着々と進めております。 育苗圃の草刈りと清掃はあらかたカタがつきました。

畑では、黒豆の苗がだいぶ大きくなってきました。 明日には移植をしようかなとも考えていますが。 横には、こんな可愛らしいものが。そうです、キュウリのこどもです。

前線と台風の影響で、当分続くようですね。この時期に、長雨直前のこのタイミングがよかったのかどうかわかりませんが、大豆(オオツル)を種まきしました。

このトマト、今のところ順調である。定植後、6日経過、定植の時に水やりをしたきり、潅水してないが、トマトは萎れる様子がない。

ようやく、ブルーベリーたちの根っこの周りに生えている草を刈りました。手で刈るのです。ぼうぼうと生い茂った草たち。カラスノエンドウ、ヤブカラシは厄介。

9月ごろの収穫を狙っている青葱の播種を終えました。野菜が収穫しにくい夏場に出荷できる品目が一つでも増えることはこれからに繋がると思っています。

夕方、畑のようすを見に行きました。種から育てた苗ががんばってる、と思うと感動です↓トマト、黄色い小さい花が3つ。この背丈で花がついても実になるのかな?

アーティチョークが大きくなっています。ここに植えてから3年目でしょうか。153cmの私をすっかり超えて写真を撮るのに脚立が必要です。

今年は田植え後5〜7日後に除草剤を散布し、その効果は中々良く、雑草の発生はだいぶ抑えられています。そんな圃場に歩行型除草機を入れて草を倒していきました。

45名も来てくれましたので、2列に分かれて横一列に並んで2交代をしながら、1時間ほどで500屬療弔鬚Δ┐弔韻靴泙靴拭

ビワの早生品種「長崎早生」が完熟し始めたので、てっちゃんが樹の上部から脚立に登り、午前中の気温の低い時間に収穫を開始しました。

玉ねぎの収穫♪全部は収穫せずに、注文毎に収穫するんですが、、、。↑なかなか立派な玉ねぎの出来上がりです☆

トマト栽培には支柱が付きものですね。でも、100本以上になると、これが結構大変な作業です。なんとか支柱なしで栽培できんもんか、と挑戦中です。

昼間の作業がしんどくなってきました。今日はいもほりです。ずらりと並ぶジャガイモの列。...と言っても2列だけですが。これをどんどん掘っていきます。

毎日、夜は翌日の豆の出荷作業をやっています。シーラーはお兄ちゃんが手伝ってくれました。おかげで今日は早く終われました。豆が終わると今年からなすを始めます。

ミニトマトが絶好調!今までで、一番勢いがありとても元気に育っています。 なんとか皆さまにお届けしたいのですが、台風がやってきています。

田植え、無事終わりました〜苗取りも本番も、雨も降らず賑やかに植えることができました。毎年いろんな人が手伝いに来てくれてありがたい限りです。

白桃の様子は、只今実の中で種ができる時期なので、少し前みたいに一雨ごとに実が大きくなることは無いです。収穫が始まる4〜5日前まで、ゆっくりと育って行くでしょう。

ハウスデラウェアの残っていた袋かけをやり、あとの時間で、「副芽かき」をしました!この作業をしないと、ぶどうに充分光が当たらず、美味しいぶどうになりません!

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

100年程経つ在来が我が家にはまだ残っています。お茶っ葉の色がまだらで、黄色い葉、赤い葉、緑の薄い葉、丸っこい葉、いろいろ混ざっているのが分ります。

ヒヨコが80匹きました 9月末にはタマゴを産んでくれると思います 今回はヒヨコのクチバシを加工してもらいました 今回はクチバシをカットしてもらいました

一粒万倍日の5/31にトマトの種まきをしてみる。何度かの愉快な失敗経験と利用方法から、お百姓さんは種まきにはセルトレイを利用している。

今日は北遠の農場にオクラの苗を定植しに行きました。まず畝の上に雑草が生えていたため、除草をしました。こんな感じにきれいになったところで、苗を定植します。

今日紹介するのは、マルチムギ。夏野菜の通路に播きました。マルチムギは食べる麦ではなく、緑肥として使われる麦で、葉っぱがマルチのように通路を覆うみたいです。

朝5時に起きて、キャベツ畑にいます。生姜が大きくなる前に、採れるように植えていたキャベツが大きくなりました。今日から、朝どりで南部じまん市に出荷します。

施設のチームは、新たにミニトマトを定植し、夏の収穫を目指しています。夏の野菜で最近よく耳にするズッキーニを定植しています。

夏野菜を定植して約1ヶ月経ちました、それほど成長していません 浜松は5月の平均気温が20℃以下なので、暑くならないと大きくなってくれません

空豆は栽培期間が長く、収穫時期も短い、百姓泣かせな作物ですが、「空豆楽しみ!」という女性陣の声も多く、どうせやるならとこまめに管理作業を行ってきました。

さて、そんな麦束をはざにかけながら、横にあるブドウの木を見ると、小さな房に、これまた、小さな、小さな、花が咲いていました。白い軸の細かいのが、おしべかな?

畑作りも遅れているので、せっせとキノコの菌床をまきます。これをまくのはそんなに大変ではないのだけれど、これをトラックに載せる作業が大変。

山のように取れていたエンドウ類もだんだん枯れ始めて、ほとんど終わりかけています。本当に収穫のピークが短いので、この時期のありがたい味覚です。

みょうがは半日陰を好むらしいので山桜の根元に植え付けてあります。 まだ収穫したことがなく、これっていつどうやって収穫するんだろう?

今日はやる事が一杯。朝早く起きて、先ずは田圃の見回り。その後、田んぼのジャガイモを試し掘り。帰って玄米の選別、結構いな量を抱えています。

今日を逃すと、田植えが何時になるか分からなくなってしまいそうだったので少し無理してがんばりました。家のトラクター、後ろのタイヤが、タイヤじゃないんです?

GWからずっと田んぼの作業をしているような気がします。ホールアース主催のイベントでの手植え体験、教育旅行の田植え体験などが1か月の間にポチポチ続きます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ついに今年も北海道へ移動する日がやってきました。ハチの数が多いので、何回かにわけて移動します。人の手で一つづつするしかないので、積み込みの日は人手が必要。

ネギ育苗中です さぁ探してください!!!発芽しているのですよ!!!播種(種まき)から4日後の結果です さぁみんなスクスク大きくなれよ!!と灌水(水撒き)中です

久しぶりの大人数での作業でした!午前中は出荷作業。これまた、いつもの倍のスピードだから、出荷作業がほぼ午前中で終了。人が増えるって素敵(笑)

天気が落ち着いているうちに出来ることはしました。定植した樹を支柱に誘引して固定。受粉させるためにハウス内に放している蜂達も回収し、巣箱も避難させました。

今年のキュウリ 台風で被害が出たわけでは有りません どうやらベト病・・・ フリーダムは美味しいけれど病気に弱い 水不足が効いたようです・・・

今年はもっとたくさん作れるようにしたいものですがこれも、天候とリンゴの木に任せるしかありません。せいぜい愛情をかけて手入れをすることにします。

梅雨の晴れ間に出勤前収穫!ニンニク60ヶ。80位植えた筈だが??まぁ我家の一年分くらいはあるので善しとする 玉葱についでニンニクも去年より大きくなっている

去年の手帳をみてみるとちょうど去年の今頃にトマトの葉っぱにクロロシスが出て病気だと思い抜いていました。、今年も同じように出てきています。

今年初めて栽培することにしたサツマイモ。 作付け場所は畑の西淵とし、1年間休耕した場所で肥沃だろうから、下ごしらえの施肥はせず、既に台形の畝をこしらえてある。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

先日、りんごの接ぎ木枝が折れ、残った枝を紐で吊って補強したところですが、補強の仕方がまずかったと見えて、またしても折れてしまいました。

畑の野菜苗たちはぐっと我慢しているようだけど、苗代の苗は元気に、ぐんぐんと育っています!4枚目の葉っぱも開いて、もう田植えができそうなほど。

定植して4週間たちました。毎朝観察してますがまだ葉露がでる。1段目の花房。開花中ですが2花しかない・・・。2段目の花房。もうすぐ開花しそうです。

JAS年次調査が終了して、やっと田植が出来ると、大腿の肉離れで左足が少し痛む状態ですが、親戚の歩行型田植機を借用して羽二重糯の田植を開始しました。

今週から大麦の刈り取りが始まりました。この大麦を使って、ビールを大量に造ります(冗談)本当は、麦茶や麦とろ蕎麦に生まれ変わります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日は黒モチの田植えをしました。写真ではわかりにくいですが、根元がうすい紫色です。今年も無肥料で育苗してみましたのですが、やはり大きくなりませんね。

今回植えるのはコシヒカリともち米の2種類。慣れない@のとメンバーの田植えでしたが田んぼらしくなったのではないでしょうか。

麦刈週間です。 実った麦は金色で綺麗ですが、 よーく見ると雑草がたくさん生えています (^ ^; 似たような色なので少し分かりにくいですが…

ズラーっと見ていくとジャガイモで花を付けているものがチラホラ見られましたね!玉ねぎも大きく育ち、もう収穫しても良さそうなものも見られました!

今日はナスの剪定からはじめた。昨日の無風状態の暑さでキャベツと青梗菜の芽を出した2葉が枯れた。初夏に向けて葉野菜は難しい。

田植えがようやく終わりました。田ならしをしては田植えをし、また田ならしをして植えるという繰り返し。大きなトラブルもなくサクサクと植えることができました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

中耕除草機 出動 結構古いので、修理して使ってっますが、問題ありません。 最近は、なれたもので、片手ですいすい、今年は、特に草の多い部分に限定しています。

アルギット里芋、少しづつ芽がではじめました。これからは芽だしと虫、モグラ対策。ピュアホワイトも順調に成長。近所に黄色いトウモロコシが作られてない事を願ってます。

各圃場管理者が集まり、LAいなばのハトムギ指導の高田指導員とアイリスファーム指導担当の西村指導員に来て頂き説明を受けました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

春から良い苗を作るために頑張って来ましたが全ては良い苗を植える為!いよいよ田植えが始まりました。約10日間かかりますね日の出から・日没まで・・・

ゴーヤの苗を市民に配布するためのボランティア栽培を我が家のハウスで育苗中。ポットを眺めたり、土を掘り返して種の具合をみたり、やっと出てきてくれた。 

わたしが、せっせとしてるのは、 草取り。 田んぼの土を発酵してできた土なのですが、 その熱でも、残った草の種がけっこうあり、 せっせと草取りしています。

さぁ、今年もこの時期がやってきました  「あきしろふゆみずたんぼ」の除草作業です 昨年作成した、幅3mの「竹ぼうき除草機」の活躍に期待

赤紫米とう品種、こちらの苗を植えていきます まず手植えに使う道具のご紹介をさせえていただきます こちらは『わく』と呼ばれる田んぼに印を付ける昔ながらの道具です。

1〜2時間、たんぼの畦草刈りをしただけで、とりあえずは明けても暮れても柿の摘蕾です  今年は蕾の数がものすごく多いんです だからなかなか作業が進みません

昨日(5月27日)日曜日、田植えを行いました。今年は雪解けが遅く、また天候も不安定だったので田植えが遅くなるかも・・・と思いましたが、ほぼ平年並みで行われました。

東京を中心に関東から20名以上が参加しての田植え体験でした お約束の泥んこになる人は無くて皆さん本気の田植え作業で終わらないと思った田植えも無事完了

やっと落ち着いてきて、サブ的な作物にも着手中。どんどん植えまっせ!南瓜各種。本年も規模縮小しながらも開催します。一人南瓜まつり!規模増大した里芋。

近々 始まるメロンの交配のための下準備  寒冷紗(虫避けネット)張り 着果節位の雌花確認時に雄花のみだっりするんで・・・ こうして雌花が付いていてくれれば おK

残しておいてくれた学校田の田植えをスタートさせました。 こっちは切り株もないので、やり易かったせいもあるでしょうが手つきも良くなっていました。

予報で雨って出てたけど、まさか夕立で来るとは思ってもいませんでした。乾燥していた畑にとっては、恵みの雨だったと思います。

トラクターの爪がだいぶ減っていて、いよいよ交換時期なので、ネットで安いところを探して注文していました。それが今日届いたので、さっそく交換作業。

一週間遅れての作業になりましたが順調と云うか、遅れて作業始めたので仕方ないですかねー。平箱苗の稚苗グループは田植えを始めだしましたので気分的に焦りそうです。

今あぐらってで一番元気なモロッコインゲン。毎日どんどん伸びるので、昨年の竹を利用して、支柱を立ててきました。

二ヶ月前の暴風によりビニールを破かれ、数日冷たい風に晒された越後姫の親株・・・・その後は順調に回復し、今はこうなりました。

いちごの収穫、5月のなかばくらいで終えて、なんでも植えられるような真っさらな状態にするつもりでいましたが、注文が入ったので、なかなかやめられずにいました。

春から良い苗を作るために頑張って来ましたが全ては良い苗を植える為!いよいよ田植えが始まりました。約10日間かかりますね日の出から・日没まで・・・

月日が経つのは早いモノで、もうじき田植えから一ヶ月が経とうとしております。稲達もしっかりと田んぼに根付き、新しい葉っぱを伸ばしてきました。

昨日は 昼間は用事があったので 夕がた5時〜7時まで スイカ畑で作業 今日は 午前中 スイカ畑で 一人作業^^;

田んぼに関しては現在、毎朝の水の掛かり具合の見回りがメインとなっております 暖かくなって稲も活着し伸びてきたところで、アイツも伸びてきました

5月13日に田植えした田んぼの苗がホケてきました。「ホケる」しっかり肥料を吸い上げ、緑も濃くなり茎数が増え始めました。順調に生育しています。

鴨除草は「囲い」が生命線です。しっかり囲いをして外敵から鴨を守ります。カラス、キツネ、タヌキ、イタチ、果ては犬。獣には電気牧柵でシャッタウト!

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

まだ少し早いのですが、思い切ってナスの定植をしました。成長が遅く、やきもきしましたが、何とか定植することが出来ました。

生木葉の直売所毎週やってますよ〜!さて、今週はでちゃいます ズッキーニ!!ハウスものなんですけど、夏野菜始まったなぁって感じでうれしいです。うまそう。

さくらんぼが色付き始めたので・・・昨日はサクランボ収穫前の大仕事???太陽の光を一斉に取り込めるようにジルバーのシートを畑いっぱいに敷き詰めました。

ジャガイモの花です  マルチを外して土寄せをします  マルチを外すと子イモが見えました  子イモがお日様にあたって緑色にならない様、土寄せをします

さくらんぼ「佐藤錦」収穫前の最後の作業摘葉が始まりました いよいよ、さくらんぼ「佐藤錦」の収穫・出荷シーズンに入ります!

私の桃園では摘果作業の真っ最中です。 摘蕾(てきらい)・・・・蕾を摘む作業を4月に実施して、その後満開日が4月28日でしたので満開後44日が経過しました。

今日はアイガモを田んぼに放す日です。生まれて二週齢を過ぎたところで、晴れた温かい日を選んで放鳥します。エサくんせ〜と鳴きながら、カモたちが寄ってきます。

植えられた田んぼや、植えられた時の天候、田んぼのその後の水管理などで自分の根を出して自立するまで時間がいろいろです。

玉ねぎは必要な野菜の一つです。やっぱり基本ですよね。あとジャガイモ、ニンジンと。玉ねぎが収穫できない、という事態は何としても避けねば、と思っています。

お電話をたくさんいただくようになりました。今週、来週の土日がさくらんぼ狩りのピークになりそうです。さくらんぼちゃんたちも日に日に色づいてきています。

他の所では、すっかり花も出ているジャガイモですが、僕自身のエンジンが寒い春先にかからず5月半ばに植えたジャガイモ。この辺りでは、春の彼岸頃に植える方が多い。

本日で定植終了です。全20棟、約7000本植え終わりました。みんなだいぶ疲れきってます…本当にお疲れさまでした 種から起こしたズッキーニも先日畑に植えました

ジャガイモタワーです。これはウチの宇宙人の嫁がやりたいと騒いでいたものなんですよ なんと種イモ数個で一家族分のイモが出来る しかもほんの少しの土地で

本年度、農園で取り組んでいる一つにトマトの自根苗を使って25〜30cMの密植栽培で3〜4段の収穫を目標とした作型に取り組んでいます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

午前中は枝豆植え、午後からは排水対策をしてました。枝豆は日照りにはそこそこ耐えますが、水には弱いです。水浸しの状態が数日続くと、大打撃です。

昨日の田植えは1.5haの予定で松岡地区にて8条機を操る。最近の5haはWCS=牛の飼料米なので気楽に前進あるのみ!

スイートコーンが大きくなってきました。 もう少しで人の背を越しそうです  そして2回目に植え付けをところのマルチを剥がしました  その後に中耕・培土も。

今日もサクランボ新梢切り作業。もくもくとこなすミッキー(主人)我園では、葉摘み作業より優先しています。こんなに新梢を落とします。

ただいま五十嵐農園の桃3、4センチです!もう硬核期に入り、いじれなくなるので一気に最終摘果です!なかにはこんな忘れられた桃の実も…

実も2Lサイズほどに成長したものもあり、ひと粒いただいてみましたが、佐藤錦特有の、甘さの中に酸味がちょっときいた甘酸っぱい果汁が弾けて美味しい!

サクランボのハウスの中はビニールがかかっているので雨は落ちてきませんが何となく土は湿っています。山形も梅雨の季節になりました。

紅さやかは摘蕾の効果もあり、例年にないくらい肥大しています。品種の特性上、糖度こそ少ないものの、酸味が強く、さくらんぼらしいさくらんぼに育ってくれたと思います。

6月も半ばに入ってきており、もう少しでさくらんぼの季節となりました。今年は天候に恵まれているからなのか、昨年よりも発送時期が早くなりそうです。

じゃがいも、かぼちゃ、キュウリ、ナス、ピーマン、トマト…などなど、たくさんの種類の野菜がすこ〜しずつ植えられた、カラフルで楽しい畑です

最近ネギの定植で房採りトマトのハウスに行ってませんでしたが、来てビックリもっさもっさです これでは大変だと急きょ下葉と芽かきを実施

今日も支柱立てやトマトの管理を行いました。昨年の夏定植したトマトですが、よく数えてみたら現在20段目の収穫でした。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

4月15日に播種した自家種苗を何とか定植まで持ち込めました♪細いよ 種苗センターから引き取った苗から比べるとちょっと・・・まぁ、原因は分かってるんですけどねw

最初は減農薬から始めまています。これから約3週間ハードですが、秋に美味しいお米が実ってくれることを願い丹精込めて植えて行きます。

雨にあたると 割れて痛み虫がついたりします。 そうすると他のさくらんぼに悪影響を及ぼすので 今のうちにすべての実をとってしまわないといけないのです。

昨日今日と田植え機を操縦させていただきました。田植えは農家の腕の見せ所。植えた稲が曲がっていると、農家さんたちに鼻で笑われるという屈辱が待っています。

オオムギの圃場に設置した試験区で草丈・SPAD値の測定をしました。オオムギの成長は本当に早い!おかげで2週間前よりも測定が大変でした・・・・

あきたこまちの苗が敷き詰められていたハウスにもあっという間に ばあちゃんが野菜の苗を植えました。今日は スイカの苗を植えると言って 朝仕事にでかけていきました。

まずはブルーベリー。 果樹試験場でブルーベリーの剪定を指導していただいた時に、 挿し木用の枝を分けてもらえるようお願いしていたのだ。

我が家は今日から田植えです。この前、羽後町に田植えに行きましたが、2日目に田植え機がまったく動かなくなり、エンジンがかからないいんです。

今日代掻きをしました。まずは、機械で田んぼを平らにならします。そのあと、まだデコボコになっている部分を「とんぼ」を使い手作業でならしていきます。

5月は終わり。梅雨の季節が近づいてまいりました。梅雨の後は野菜に病気が発生しやすいので注意が必要です。 さて、田植えは続いています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ゴーヤのネットを立て直し、来る台風5号に備えて、トウモロコシには支柱を立てました。雄花の花粉がはらはらと… おいおい花嫁はまだ準備中だよ?

今日は秋冬作のミニトマトの種まきが始まりました。今まさに春夏作のミニトマトを連日収穫してる最中なのに、もう次の段取りか〜という感じでなんだか信じられません

植付をお手伝いしてもらったトマトも、順調に大きくなっています!右と左では植え付け時期を変えているので、成長度の違いが一目でわかりますね

台風に備えて、昨日は一足早く玉ねぎの収穫が行われました。今日とは違って、とっても暑い!! 土の上に転がっているように見えますね ちゃんと根が張っているんですよ。

6/9、6/10の1泊2日で、宮城大の宮原ゼミの人達が農業体験に来ました。今回はローズマリーの挿し木をしてもらいました。今回の目標は1万本。

本当はもう2,3日後がベストなんだろうけど試し刈りしました。白鳥に食べられたりしたので生育バラバラしょうがない。同時進行でシュレッター。

6月になり、一年も折り返し地点になりました デリシャストマトも収穫時期が終盤になりましたが、先日の好天のおかげもあり…こんなに収穫できました

先日、ネットで注文しておいた西洋野菜の種が届きました。夏野菜を今からタネから育てるのは時期外れなのですが、実験のために、少しやってみました。

関係機関も加えた話し合いの中から,遊休農地を活用した地域特産物の振興へ向けた第一歩として,きびを栽培することになり,集落住民総出で播種作業を行いました。

田植えの始まりです♪♪田植え機はグレードアップしても相変わらず運転手が下手くそなんでグニャグニャ曲がって植わってますがもうキニシナ〜イ!

先日土曜日、島とうがらしの苗を仕入れに行ったものの1株しか購入できなかった一件があり、どうしても手に入れたいと言う事で、苗の仕入れに行ってきたのです

畑に行ったら、一個だけナスが大きくなっていました。早速収穫しました。 うーん、良い形♪元々トウモロコシ用に作った畝(うね)でできました。

去年の余った種もみを粉砕してEMボカシの材料にします。  種もみは60℃の温湯で消毒してありますので、農薬一切ありませんので安心です。 

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日から今朝まで雨。総雨量は100mmでした。茄子の畝間には溜まり水は全く無く、水はけ良好です。雑草ゼロ、汚れゼロの土足禁止状態をキープしています。

うすら寒かったですが、昼前にようやく日が差してきて、暑くなってきています。畑ではレタスが少しずつ大きくなっています。サニーレタスと玉レタスを栽培しています。

本日は、バジルのタネを蒔きました!このバジルのタネは、盛岡市三つ割にある産直:小さな野菜畑 の小島進さまから頂きました。

今日は息子も居なかったので畑に出ます 雨なのでハウス内でチマチマ作業草取りやら米ヌカ追肥に土寄せナドハーブ類が大きくなってきたのでハウスの中縁に沿って移植

「にたきこま」という品種のトマト(クッキングトマト)の定植が完了 なかなか今年は低温が長引き苗の育ちが遅く・・・少し遅めの定植となりました。

草刈りやりんどう株仕立て(芽かき)作業などまず脇に置いても、初期のチェーン除草だけはすませました。1枚の田で縦引き・横引きと2回。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ご挨拶して園地散策開始です さくらんぼ園に入り、これは何の樹でしょうか?解る人〜っ!と質問すると、予想通りの答えはーい、「りんごの樹〜!」と返ってきました。

ベルトコンベアによる流れ作業で、1日約1,200枚の苗箱に種蒔きします。その後、30℃のスチーム加温器で2昼夜ほど芽出しをしてから、ハウスに並べます。

田んぼは、斉藤氏がコツコツとリンゴ畑の隅にこしらえたもので、水は裏の川からポンプで汲み上げたものです。10時過ぎ、豊作を祈る儀式!をして、作業開始。

花がいっぱいいっぱい咲いたのに天候が悪くてハチも受粉活動をして くれずりんごが思うように実になってくれず今年も昨年同様 りんごの数量は少ないかも知れませんね。

今の作業ですが、こんな感じで「王林」の摘果作業してます。今はとにかく早く摘果する事を心がけてるんですが。5月中旬から始めた「王林」の摘果・・・まだ終わってません

りんごの作業の今は摘果作業といって、この実5つついているものを真ん中の太くて丈夫そうな中心果一つだけ残してほか4つをとっていく作業をしています。

今日ハニーゴールデンの定植を行いました 今回もホームビレンス先生がお手本をみせ実際に生徒の皆さんも定植していきました。

りんごの生育ステージは5月20日に落花日を迎えました。平年より1日遅れです。雪解けが遅かった春ですが、りんごの生育は平年並みにまで回復してきました。

弘前にはホッカイコガネ3キロ シンシア3キロ メークイン5キロ キタアカリ8キロ 男爵17キロ 大鰐が男爵20キロ合計56キロの種芋を植えることが出来ました。

本日、畑の様子を見てきました!いつもは畑全体を撮影しているのですが今回は作物ごとの様子を取ってきましたよ〜まずはレタスです。

今年は剪定の遅れ、田んぼの仕事の関係で作るのが、そして植え付けるのが遅れてしまった自家製んぽ苗木たちがようやく芽が出揃いました♪

先日24日に田植えをした田んぼに、一発除草剤「トップガンジャンボ」を投げ込んできました。10aにこれ1袋を投入します。

今回、りんご農家を辞めるオーナーさんから、頼まれてりんごの木伐採に・・・家では、薪に使うため仕事引き受けしましたが・・・莫大なりんご木の伐採!!

北海道の中学生の男の子4人が我が家にファームステイに来ました とっても素直な男の子たちで、単純作業を繰り返しのりんごの摘果作業も飽きずに最後までやってくれました

小玉スイカ苗の残り半分を定植。雷雨の予報が出ていたので急いで定植した。植えているうちにだんだんと要領も良くなるもので120本/1hまでペースアップできた。

春の雨が少ないおかげで、摘果作業中の現在もほぼ皆無といっていい状況。4回目の薬剤散布は、落花10日とか落花15日くらいが目安。

稲の播種から約3週間。今年は播種時、床土の湿気が強かったせいか、播種の早い、遅いに関わらず、湿り気が強い圃場から芽が出てきた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

この器械は種を蒔く機械である。名前はアサバのミニマ人力播種機と言う。普通なら腰を曲げて種を蒔くのですがこれなら立ったまま、種まきのが出来ます。

昨日から牧草の収穫作業の仕事に出ています。昨日の午後からときょう午前中で25haの牧草を収穫しサイレージにした。

あなたのそばにいたいプロジェクト」「が始動しました。札幌や胆振管内から、そして市内の方。予想を超えて30名以上の方が参加してくれました。

雨も上がり、雨量は多かったものの、乾ききった畑に全て染み込んだ様なので〜馬鈴薯の防除は、とーちゃんに任せて、残りの品種を抜き取り開始〜

田植えも無事に終わりました。いつものごとく結構曲がってますが僕は全然気にしませんよ!田植えの反省会も無事に終わり皆さんありがとうございました。

参加者の皆様は元気いっぱい!田植えを頑張ってくれました。さて、田植えの前に田んぼに植える位置の印づけ。昔ながらの道具「コロ」の登場です

植えてほしい野菜たちがいっぱい順番待ちしています・・レタスを植えました。老化ぎみのレタスの苗ですが・・。無肥料・無農薬・不耕起でやってみます。

だいぶ良い形になってきましたょ トマトは青色から白く色抜けし その後赤く成るんです 成り数もマアマアです 早く赤く成るのを待つだけ  美味しいトマト ・・・

雨に叩かれて数日経った畑。このまま種蒔き出来んことはないけど草ボーボーになる事必至なのでもう一回ロータリー掛けとくことにしました。

今現在のトマトの生育状況です。「アイコ」「イエローアイコ」「シシリアンルージュ」うーんどれをとっても今のところ違いが無いので面白くないですね(^_^;)

場所は大麻にある月田農場です。まずは前回みんなで植えたトウキビの苗が成長してるのを見学。1か月でこんなにも大きくなっているのですね。

ビートに中にも野良芋が出てました・・・(当然ですね〜) ビートの際に生えてる野良芋は堀りづらい 2haくらいあるこの畑・・・何日かかるかな

外に放り出された育苗ベンチ。今苗が入ってるハウスにも数日後トマトを定植するので、その分の苗を引越ししなければならない。

メロンの収穫は9月上旬まで続きます。中旬になる頃まで自宅でも食べることができます。2か月間食べていたものがなくなると口が寂しくなりもう少し食べたくなります。

おととい、プレ・かんちゃんファームに再びミニトマトの苗を植えました。雨よけトンネルは、今度はちょっとした強風でも耐えられそうな構造にしました。

枝豆が全部では無いですが種まきできたので、ようやく 畑らしくなってきました。苗は早くも、 トマトに小さい実ができていたり、 ピーマンには花が咲いてきています。

初夏を迎えたファームでは、定植したトマト、ズッキーニ、じゃがいも、豆などが元気よく育ってくれています。すくすく育っている様子が見られ、喜びと驚きの毎日です。

6月12日、クッキングトマトの定植を終えました。昨日は、定植作業と並行して灌水作業も実施。今回で灌水3回目。 朝5時。朝日を浴び、冷たい風に吹かれる苗たち。

我が家の倉庫の隣のルピナスがきれいに咲いています。雨をもらった芋も元気です!そして。ビート。我が家で一番元気な畑のビートですが(笑)

かぼちゃね、6割くらい植えれた〜こっちん家は、セルポットで育苗します。セルポットは1枚に128個の種を撒くことができるの。

6月に入り、育苗していた野菜を畑に定植するシーズンがはじまっています。すっかり木々や草花も葉が生い茂り、草刈も間に合わない日々です(苦笑)。

初めてのロータリーカルチ作業に勤しんでおりました。 ピンボケしてますが、こんな感じで畝と畝の間を砕土していって、カルチによる中耕・除草をしやすくする作業。

雪踏みあんなに苦労したのに効果がなかったらどうしよう・・・などと考えていましたが・・・今のところ雪踏み作業した畑、大豆、小豆、ビート畑は野良イモは全くなし。

やったー!6月10日。メロンの初収穫ですっ!2月10日に種をまいて、苗を育て・・・きっかり4ヶ月で収穫でした。糖度は16〜17度!すんごい甘い!大きさもバッチリ。

ず〜っと曇りで低温の日が続いていました が、一昨日から青空が見えてくれました ビートの植えた畑の土を柔らかくする「中耕(ちゅうこう)」作業を行いました。

日本で穀物と言えば米ですが、世界的には小麦になります。平地だろうが高地だろうが暑かろうが寒かろうが世界中の至る所で栽培可能だからです。

私も帰村して直ぐにトマト「なつのこま」定植です。「なつのこま」はきの実農園のトマトジュース用の品種です。パスタソースなど料理にも最適なトマトなのです。

先日の日曜日は『とうもろこし』と『すいか』を植えました。まずはとうもろこしを植える畑の草取り前の一枚。春先に1回耕したのですが、すでにこの有様。

畑は、植え付けも無事終わり、順調に発芽。 アスパラも春の収穫は全て終わりました。 これからは草取りやら、防除やら管理作業ってやつです。 それにしても雨が降らない。

今年はここ浦臼町も天候が安定せず苦労してますが、マンゴー、順調に大きくなってます。完熟収穫まで、じっくりと、甘みやおいしさを増していきます。

今年、ひそかに力を入れているのがメロンです。数を増やしたこともあって、手分けして管理してます。赤肉のルピアレッドはびんちゃんが青肉のパンナはボクがって具合にね。

今年もはりきって行ってきました!“軽トラ観光 ちとせ市”お客様は途絶えることなくしかしその後小雨が降り出したころからは少しずつ野菜が売れていく状況が続きました。

今日いちご狩りの予定のお客様。がっかりですね 昨日で完熟いちごは無くなりましたが、今朝畑に行ってみると、昨日の夕方より一層赤くなっていました

芽が出てくると間引き作業がある。今日はダイコンの間引きを行った。「せっかくこの世に生きてきたのに・・・」と心の中でつぶやきながら、1本1本抜き捨てる。

しばらく雨マークないし大豆が心配です・・・乾燥し過ぎでなかなか土から芽が出てこないこの大豆には、いろいろと検討した結果、防除機で水をかけることにしました!

すでに10ha蒔き終わりましたがまだまだ畑うまりません 明日も蒔きたいけど畑乾き過ぎ 蒔いても芽がでるのか?除草剤も効くのか?

穂が出てから1回目の防除しました ホントは明日ぐらいにやりたかったのですが、雨予報なので今日やってしまいました〜。

暖かくなってきました 今日の夜はむしろ暑いくらい となるとハウスものの野菜の定植も忙しくなるころなので遅ればせながら我が家もトマトの定植を行いました!

本来ならば、りんごの落果10日後とかの散布になるのでしょうけど雨が少ないので病害発生が鈍いし、前回の散布と間隔もあきましたので、次のステップの散布をしました。

一昨日で終わった田植え!笑いあり涙あり、とはいかずだんだんと殺伐としていく家族(笑)。私の役目は田植え機に乗って苗を継ぎ足す係。

カボチャマルチの間をパワーハローをかけて頼んでいた、トレーラーのヒッチが出来上がったので引き取りに行き今日はあっちこっち走り回りました

草取りの作業をすることに。3週間前に定植したブロッコリー類の畑は、トンネルを外すとこんな状態でアカザなどの雑草ベビーがワンサカ生えていました

昼からは作物の灌水 やり始めたら数ヵ所、穴があいてる・・・いちいち補修パーツを取りに行くの面倒だし、今度からポケットに何個か持って歩かないとダメだね

収穫を終えたブロッコリーとカリフラワー。あれだけ葉っぱさんが大きく繁り見事な実をつけにぎやかだったところが今は・・・。

札幌から中学生が農業体験でやってきました 青年部員の方々も受け入れ側として頑張ってました で、我が家はレンズ豆のは種作業をしてもらいました

6月4日にまいた蕎麦からもう芽が出ました!天気の良い、畑のよく乾いた日にまいたからですかね。それとも蕎麦ってこれくらいの早さで出てくるものなんでしょうか。

リンゴ特有の病気、ガンのように木の皮を腐食し、どんどん増殖します。この病気、フラン病といいます。治療法としては患部を削り取るしかありません。

久しぶりの日差しです。3日ぶりでしょうか?仕事にも 力が入ります。品質に差が出る大事な作業の本培土です。芋に太陽の光が当らないように土をもっこりと寄せてます。

露地アスパラ用の堆肥。今日はその堆肥の散布を開始した。アスパラガスは定植前に大量の有機物散布をした畑に苗を植えるのが良いとされる。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

近所の農家から、8アールほどの田んぼを借り、コシヒカリを田植えしました。無農薬初年度で、冬期湛水もしていないので、ある程度の雑草は想定していました。

ここ数日は毎日芽かきの作業を行っています。でも、流石に毎日芽かきだと飽きてしまうので、今日は途中で違う作業を行いました。それが接ぎ木です。

荒廃農地だった田んぼの田植えをしました。約1反程の大きさの田んぼだったので 知り合いに声をかけ集まっってくれた皆さん埼玉から駆け付けた友人も1人有難いことです。

しっかり受粉したりんごの実はだいぶ大きくなってきましたよ。まだまだりんごの形には見えませんが大きいものはペットボトルの蓋くらいの大きさになってきました!

春先に植えたキュウリが獲れはじめた。キュウリには、もちろん雄花・雌花がありハチが飛び回り活躍することもあるが「雌花」だけでも実が付く。

おぉっ! レタスが巻いてきましたね。これも外葉をいただきましょう。まだ小さい水菜とほうれん草も収穫して。やっと生サラダを毎日たべれる状況になってきました。

まず始まったのが房切り。この作業はぶどうの最初の房作り。大きくなった時にちょうどいいサイズになるように房の形を作ります。

今年は風通しの良く、稲がゆったりと成長できるように一株の苗本数(1〜2本)と単位面積あたりの密度を抑えました。

今日は地元の大学生を受け入れての農業体験でした。本日、3日前に引き取りに行った合鴨10羽を一人1羽掌に包み込み、体温を感じてもらい、放鳥してもらいました。

私にとって、仕事の楽しみは、普及している土づくり資材の効果を確認すること。肥料も土づくり資材も、そして消毒、殺虫剤に渡るまで、その効果は作物があらわすもの。

5月2週目に遅霜がきてしまい、ジャガイモや直まきしたキュウリやズッキーニ、マクワウリなどの夏野菜が枯れてしまうというハプニングもありました。

今年の田植えは6月7日にやりました。子どもたちがとってもやりたがっていて、学校から保育園から帰ってきてから一緒にお手伝い。

畑4 7列目ホルン定植 畑3 1〜2(半)草取り 植え床の草は殆ど枯れており、床脇の草を取る程度 畑より帰りて引き続き落葉堆肥を積み込む。

一人黙々と作業をするのですが、作物や植物たち、そして目に入る生き物たちとの対話をゆったりと楽しむことが出来ます。まずは、長ネギの土寄せです。

梨やりんごの摘果で、脚立に昇ったり降りたり...。コツコツと地道に作業しています。実は順調に日に日に少しずつ大きくなっています^^。これはふじりんごの実。

さっさと桃の本摘果&袋かけをやってしまいます。桃の袋かけを早くやる弊害というのは、・生理落果がこれから起こることがある→袋かけが無駄になる。最終着果量が減る。

ぶどう達と向き合う日々を送っています。現在のぶどうの作業は、「誘引」作業です。テープナーを使い、新しく伸びてきた新梢をぶどう棚の棚線にひたすらとめていきます。

自分たちでさえも「今日の野菜セットはいいねえーー」と思わず言いたくなる時がある。今日の出荷はまさにそれ。今日の野菜セットは大当たり!?

3日目にして耕起完了した。初日8時間、二日目10時間、最終日7時間、合計25時間だった。今年は、耕起の方向を、坂に沿った方向でトラクターを運転した。

ほったらかしのイチゴがこのように成ってきました。 たくさんは採れないでしょうけどハウス物で無いイチゴが 楽しめます。

房きり作業です☆最後、ブドウの房になるのは先のほんのすこしの粒だけ 落とすのが ほとんどです♪先端の花が咲くまでに、終わらせないと実どまりが悪くなってしまいます

アスパラ畑の横に積んであったもみ殻堆肥をアスパラのうねにマルチング  1ハウス分しかなかったけれども、少しは草押さえ&乾燥防止になってくれるかな

我がお畑ではイタリアン料理がいつでも出来るような素材栽培してますよ。これは日本系ですが、桃太郎! 奥を探ると直径3センチ程に実ってきました。

稲の葉がピーンとまっすぐになっているので引っ張ってみました〜やはり完全に根が活着しています。EM希釈液も投入しました。青みどろは当初より増えている気がします〜

2回目の酢の散布(午前中、風少なし、気温高め、)倍率300〜500倍(もやもや巣のある幹は、100倍で水圧あげて洗い流す) 水鉄砲でもいいんじゃないか?

本日2枚目の田んぼにチェーンを引く  農薬なし田は全部で5枚。毎日一枚やって一週間でまた振り出しの田にもどる感じか。チェーンは一石四鳥。

遅れ遅れになっていた田植えもようやくすべて終了しました。苗を田んぼの苗代で育てていたので、その田んぼだけ少し遅くなってしまいました。

二手に分かれてサンふじの摘果と梨の南水の袋かけ 私はリンゴ園で摘果をしてますが、5月頃から合間をみては新わい化(高密植)栽培のリンゴの木に芽傷処理もしています。

いよいよ6月。6月と言えば、ぶどうの作業が本格ピークを迎えます。怒涛の作業の連続になるのですが、今は、新しく出てきた枝を棚に留めています。

さて、ブルーベリーがただいま満開です。早い品種はすでに落花して実が膨らむ準備してます。更に早いのはカシス。もう膨らみ始めてます。

雨の日でもできる農作業の一つが田んぼ関係で、当初の予定より1週間ほど遅れましたが、田植えにこぎつけることができました。

忙しいこの時期、今年もしっかり梅雨に入りましたね(ー_ー)!!天気のいい日は、露地の房切りを一生懸命して、雨が降れば、屋根のある抑制の房切りです。

玉ねぎを収穫しました。ネギ坊主ができた物がどのようになるか興味津津でした。ネギ坊主を若いうちに摘み取っておくと「問題ない」とする説、台無しになる。。という説。

今日の畑仕事が終わった夕方、たまには花畑や野菜を見に回らなくてはと思い、寄ってみるとスイカに成り花がついていました 明日あたり受粉かなぁ?

順調に収穫も進み、あと二週間ほどでレタスが終わります&#8252;この春も技術的に得るものがとてもあった!目標はBOSSのスピードになる事だけど先はまだまだ。。。

ひたすらリンゴの摘果作業をしていました。摘果作業は、いままでやっていた畑が終わったので別の畑に移動して、また始めました。

がんも農場も3年目で、畑2枚、田んぼ3枚と段々と大きくなってきました。この時期になると、草もだいぶ生い茂ってきまして、草刈りをしなくてはいけません。

田んぼの除草作業を始めました。きのうとおとといで一応全部やりました。ちょこちょこ生えていた草がかなり浮いてきました。やっていて特に気になったのは稗です。

これナガノパープルてぶどうですが4cmを超えて整形してくと収穫期にぱっかんぱっかん割れてしまう恐れがあるので大変!!!できるだけ3,5cmで整形!!

さてこれがワイナリー前の畑の現在の様子。4月に苗植えをしてから大分芽がでてきました。柱の設置もほぼ終了したので、あとはワイアーをつけるだけです。

今年植えた品種は、「50秒ゆでれば食べられる」というのがウリの「ニムラサラダスナップ」。 試しにきっちり計ってゆでたら、ポリポリしてとても甘かった。

明日は3回目の農薬散布なので,今日中に園の風通しをよくしておこうと,突貫で草刈りをしました。1日で1km,りんごは列で植えてあるので10列一気に刈りたおしました。

リンゴの摘果もだいぶ進んできました。あと2,3日でふじが終わりそうです。とにかく摘果に集中していたらサクランボの事が横に寄っていました。

ちいさなベリー園計画があります。そして、動き始めました。 かねてから農業収入の柱を模索していましたが、、、、4年間の農業修行で僕の方向性がみえてきました。

さて、今年の「かえる農園」では次のような苗も植えます。 オクラ、ニラ、セロリの苗たち!しかし、収穫まで辿り着くかどうかは、お天道さまのみぞ知る!

直売所へブルーベリー苗を補充しました。ポット苗にアシナガバチが巣を作っていたので、ピンセットで捕まえました。今年は、アシナガバチが多いです。

今日はHappy village farmの各畑の草刈りをしました。またちくまの畑へエイコーンスクワッシュ(ドングリ南瓜)を定植しました。

昨年は、トマトの裂果が多くて、満足いく結果を残せなかったので、今年は裂果に強い『麗夏』『みそら64』を主体にリベンジをと意気込んでいます。

今日もレタスの出荷を行いました。今日もいつもよりはLL多めの出荷。L狙いの我が家の栽培形態の中では大きめに推移してますね。

大豆にも早くできる早生と遅くできる晩生がありまして昨年は晩生の「麹いらず」という大豆を作ったところ登熟が間に合わずほとんど大豆の収穫が出来ませんでした。

タマネギの収穫時期を知らせるサイン=葉が倒れる があったので雨も降りそうだし定例の朝の畑の作物の見回りの際、収穫してしまった。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

9月に入ると「ゼネラル・レクラーク」「バラード」「アレキサンドリアン・デュイヤール」「ラ・フランス」「シルバーベル」「ル・レクチェ」など続々と収穫が始まります

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日は、早朝スナップエンドウ、ソラマメ、イチゴの収穫、そののち職場にグリーンシェード用の網の設置(70メートルほど)で午前中は終わってしまいました。

我が農園の空豆を収穫してきました。昨冬の厳しい寒さで苗が傷んでしまい、成長が止まり病気やアブラムシ被害にあい収穫量は激減しましたが。

5月23日に播種したとうもろこしゴールドラッシュがきれいに発芽している(^^♪アップで。まだ雑草と間違えそうなものもあるが、大きいものはすでに10cmに近い。

水耕トマトの収穫が始まっています。中畑こだわり農園の水耕2段ベットに植えられてあるトマトの苗は、下に垂れ下がって成長していきます。

待ちに待った甘夏の季節です。甘夏は、果実とつぼみが同時に見れるという不思議さをもっています。いろいろな柑橘の種類の中でも、一番遅く果実が収穫されます。

ハウストマトの誘引・芽かき・摘果も遅れ遅れではあるが・・・なんとか作業しています・・・気温もだんだんと上昇してきました・・・敷き草を急がねば・・・

キャベツ生育の遅れの影響で、夏野菜も遅れてしまうのでは…と懸念していましたが、比較的温暖な陽気が続いている三浦半島でその遅れも挽回してきたようです。

近所のホームセンターで春始めに苗を購入して植えたキャベツの現在です。始めは鳥に食べられないようにネットを被せたりしましたが、結構育ってきました。

予想外に天気が良かった日曜日の畑にて、ニンジンの収穫開始です。冬のビニールトンネルで種蒔きから始まり、試し掘りもした上で満を持しての収穫です。

先週の日曜日、やっと夏野菜を植えられました。たくさんの方が援農に来ていただきました。昨年よりも10日遅かったですが植えられて良かったです。

先日、30日に「サカタの種」の野菜担当社員の方が圃場を見に来ていただきました。今年の生育状況などを見て色々とお話しさせて頂きました。

今日は庭のプラムの木の剪定をしました。剪定途中のプラムの木です。左側は剪定済み、右側は未剪定です。最終的にはこうなりました。ずいぶんすっきりしましたね。

ジャガイモはまだ収穫するには早いが、一足先に庭のプランターに植えたジャガイモが黄色くなった。掘り起こしてみたら少し小さかったが、地植えじゃないから仕方がない。

昨日は3時ごろ終了した。15人だった。メンバーの中に田植えを始めてやるという人が、かなりいた。一人の方は、その昔、田植えをやっていたという方だった。

昨日はかぼちゃを定植しました 私も少しは手伝ったのです と、言っても前から定植してあったのですが、風が強くて何本かダメになっちゃった所の植え替えです

ジャガイモ。なんだか元気ない...葉の色が薄いし、一部枯れはじめている。連作障害かなぁ。毎年作っているからなぁ。来年からしばらくやめてみるかなぁ。

子ども達がずらっと並び、その反対側にかもボラの方がサツマイモの苗をもって… 5,6人の子ども達に、一人のボランティアさんがついて説明しながら苗を植えました。

一房で40個ほど、ちょっと大きめのミニトマトがゴロゴロと付いています。ちょっと木に負担かけすぎかなあ〜?すべて、自作の湿気中根パイプ水耕です。

清掃後に、ベランダでポットに種まきして大きくなってきたズッキーニを定植しました。キュウリも大分、花が咲いてきました。

とうがらしと名前が付いていますが、辛くありません。(ときどき辛いものもあります)炒め物や、煮びたし、バーベキュー、揚げ物などなんでもOKです。

来週あたり収穫できるかなあと、キタアカリのジャガイモ畑を観察していると、なにやら、ミニトマトのような形をしたものを発見。これは、もしやジャガイモの実か?

今日は網干メロンちゃんの種まきをしました 瓜のようなメロンちゃんで、美味しいみたいです  今回、初蒔きなんですよね

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

降雹による被害です。↓芽が出て葉を広げ始めたサトイモです。降雹によって葉がバラバラ、穴だらけに・・・。↓莢が付き、膨らみ始めたエダマメです。

自家採種用の次郎丸(ホウレンソウ)まだ若干ナマっぽい部分もあるけど、イイ感じ茶褐色になった株は刈り取りました。これを束ねてしばらく干します。

今日の作業は、トウモロコシ・かぶの間引き草むしりミニトマトの誘引用ひも張り大きくなった小松菜の収穫キュウリの収穫&争奪ジャンケンでした。

ブドウの房作りもようやく終わり、休む間もなく梨の摘果。ピンポン玉より少し小さいくらいでしょうか。より大きく育ってもらうために、適当な数に減らしていきます。

夏野菜がますます成長しています。まずはミニトマト。かわいいです。これは、3回に分けてまいたうちの3回目の枝豆たちです。だいぶ大きくなって来ました。

トマトの時期がやってきます。(麗夏)2月の種蒔きから、ようやくここまで。(SUN GOLD)今年も色々な種類に挑戦。大玉は少なめにして、ミニやミディアムトマトを多目に栽培。

先日、陸稲(もち)を一か所だけ種をまいた畑がありました。この畑、しばらくぶりに出かけてみると、雑草ばかりで陸稲がどこに芽生えているのか全くわかりません。

今日は曇りで作業もし易い日でしたねぇ。NO.7ハウスにて市場出荷の小松菜を収穫し、NO.5ハウスにて学校給食向けの小松菜の収穫作業を行いました。

もう真夏かのような日差しの中、キッズ土育の収穫クラスを開催しました。よーい、ドン!で、誰が1番取れるか競争。ということで、みんな必死にいんげん探し!

春キャベツの収穫が始まっています。春の低温傾向の影響で、予想よりも遅い収穫となりました。大きく巻き始めたかな〜と思ったら、一気にガンガン大きくなっています。

トウモロコシの成長が勢いづいてきました。今日は、畝の中や通路に生えた草抜き。まだ土寄せをする時期ではありませんでしたので、ていねいに草を抜いていきました。

延期したサツマイモの定植を、みさわ児童館幼児親子約80名と一緒に行いました。みさわ保育園児も途中から一緒に参加しました。こちらではメンバーが生ごみ投入作業中。

畑でとった「キュウリ」です。今日、農園でも聞かれましたが、この傷は先日の「雹(ひょう)」の被害です。中には、傷のところで折れ曲がったモノもけっこうありました。

木曜日(6月7日)にもうこんなに大きなきゅうりが収穫できました。写真は3本ですがこのほかに7本全部で10本、これで初収穫から50本以上になります。

穂の根元はマルチを突き破るほど新しい根が張っている!マルチに空けた穴が小さかった。そのうち穴を大きくすればいいかな〜と思っていて、すっかり忘れていた・・・。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

キャベツに本葉がでてきました。5月27日播種、5月31日発芽、本葉が出るまで時間かかりましたが、21本定植しました。時期としては梅雨なので枯れる心配はないとおもいます。

元菜の花畑なんで刈っても刈っても出てくるんですよね。ネギを追い越しつつあるんで早く草取りがんばねばなりません。。

何とか修理と思ったのですが、昭和のトラクターですから、部品がなくて・・・・アタッチメントが合わなくて・・・・なんだかんだで、ようやく直りました。

第5に播種してあった長ねぎの苗取りをしました。隣には春出荷予定だったの長ねぎがあったのですが坊主でまくりであえなく廃棄となりました

ズッキーニ収穫真っ最中 まだ収穫が始まったばかりですが、今日は追肥をしてみました。朝採って、夕方行くともうとれる物があるくらい成長が早いですね。

おそらくウサギ害。定植後まもなく食べたと思われます!毎年、ウサギ、シカ、イノシシにやられている部分なのですが、今年のやられ様はハンパないです

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ブドウの花一つで実が一つです。食べる時のブドウと同じで房なりで花が咲きます。花を拡大します。左側の丸いのはまだ蕾です。右側のが咲いた状態です。

印旛村の古い農家「夢農楽」柴海君のお宅での田植えです。一度は訪ねて見たいと常ずね思っていましたが・・・仲間のOさん・Hさんも連れ立って出かけました。

大鎌でススキを刈ったあと、剪定バサミで根っこを切り、足で踏みつけて並べるのだが、やはりどうしてもレベル差があるが、どんどん進める。

メインダイニングでマネージャーを務める酒井さんが、今日は農園の助っ人です。 スーツに足袋でかなりミスマッチですがオークファームでは全然OK。

やそはちは除草作業。特にやることに変化は無いが、来るメンバーは毎回違う。慣れてきた人が何名かいれば、それだけ作業もスムーズになってゆく。 

夏本番にむけて準備は出来た!といったところかな。一応、草刈りをやったのだけども、全部やってるヒマがなくて、畑の半分だけを刈り込んだところでもうタイムアップだね。

本日は、葉っぱ類の野菜が大きく成りました。これはカボチャの赤ちゃんです。 少し大きくなってきました。 カボチャが大きくなってきました!!

摘果したひとりじめBonBon前評判通り黒っぽいですね。収穫する頃には写真のような黒皮の小玉西瓜になる予定です。

5月29日から春ネギから夏ネギへ切り替わりました。 GREENGIFTはほぼ周年ネギを出荷しているので、季節ごとに適した品種を使っています。

今年実験的に栽培しているイタリアの玉ねぎ「トロペア」。栽培をすすめてくれたグラナータさんのシェフの味確認も終了して、いよいよ自らが食す時がきました。

天気がよかったので、フリー区画の種まき・定植・ネットハリ・草刈り・緑肥まき・草取り・花摘み用種まき・ハーブガーデン管理・有機資材の消毒・脇芽かき・結束などなど

小麦の収穫が近づいてきた。水分計で図ると、農林61号、キヌノナミ、ユメシホウ、ミナミノカオリの順で、水分が多いが、いずれも収穫の目安である30%を切っている。

教室のトマトは、樹勢(読んで字のごとく、樹の勢いのこと)が少し強すぎる傾向にあったので、できるだけ樹勢を抑える調整をしてきました。

今年は友達から種をもらったこのシマシマズッキーニと自分で購入した黄色ズッキーニの2種です。ウネにひびが入ってたから水が欲しいかな。

今日は、6月の5日最初に植えた苗がちょうど一ヶ月になります。どのくらい大きくなったのか皆さんにお披露目です。右の苗がそうです。

黒いビニールはマルチといい、これで土を覆うことによって草の発生を大きく抑えたり野菜達の生育が良くなったりというような効果があります。

アップにすると葉色がムラムラ タキイの情報を見ていると、カル、マグ、鉄、マンガン欠乏のどれかっぽいけど、どれなのかさっぱり分からん。

ショウガの芽出し、サトイモ草取り、ミニカボチャ除草、ズッキーニ収穫 少しずつやりました。通常の生活で畑と接する機会は全くない人は多いですよね。

落とし穴に落とされたようになっているなすを発見!根本をモグラに掘られてその穴からねずみに根っこを食われた模様!!すっかり根っこがなくなっていました…。

今週は露地びわの収穫が始まりました。  そして、今年は道の駅枇杷倶楽部に協力して頂き、露地びわの食べ放題のイベントを企画いたしました。

万願寺トウガラシが、花を咲かせました。実は、酒のつまみに最適です^^。今年お初のソラマメ、沢山収穫できました。皮を剥くと、新鮮です^^。茹でで食べます。

昨日の定植したさつまいもの苗の本数約8000本 6月に入ると苗の入荷量も多くなってきて慌てちゃいます 苗が入荷すると何よりも優先させないといけないから

この時期、5月末から6月にかけては1年で一番天気に悩まされます。柏たなか農園の主力作物であるモチ麦を収穫する時期だからです。

甘夏の収穫をしました。ついでに、びわの色を見てみたら、思ったよりよほど色づいています。1週間後くらいから収穫が始められそうです。

なかなか出来ずにいたトラクタ(EF650)のエンジンオイル交換をする。春作業だけで200時間ほど使用している。オイルは真っ黒だった。

豆の日々に飽きる時もあるのですが、「どうした?どうした!?」と、収穫中にやにやするほど、元気がよくていかにも美味しそうで、ほれぼれする野菜に出会う時があります。

5月20日、子供たちの田植え。たんぼは、やつの奥、昔たんぼだったところを借りて、連休中に畦をつくりなおし、子供サイズに仕上げました。

一番てまえが山田農場もち米、次が山田農場うるち米、次からが他の農場です。歴然たる差。こちらのうるちなど植えたかどうかわからないほどです。

パック詰めです。まだいい実がとれています。約40パックほど収穫です。午後からは長柄のハウスへ行ってプラグトレイをイチゴの親株の下に入れていく作業をしました。

田植えも終わり、夏野菜を植え付けているところですが、農薬、化学肥料、除草剤を使わない米づくりについて書こうと思います。

ブルーベリーの摘み取りももうすぐです。後、二週間ぐらいで色鮮やかな爽やかなブルーベリーのグラデーションが畑いっぱいに広がります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

まずは苗床の苗取りからはじめます、なんていっているうちに、雨は弱まってきて。結局この日は最後までほとんど雨に降られずに作業できました。

今年はジャガイモが元気に青々と育っています。 良いジャガイモを育てるコツは茎と葉を大きく成長させることだそうです。ジャガイモの花は、よく見るとなかなか綺麗です。

二条大麦・・・無肥料、無農薬の自然栽培で行い残念ながら大失敗に終わり、今年はリベンジでした。10月、土壌改良の為有機堆肥(完熟牛糞、木炭チップなど)入れ。

雨の日も無駄には出来ない 掘り上げた生にんにくのカビ対策!!早めに根っこをカットしちゃう。。。発芽しなかったにんにくの穴に植えた玉ねぎも収穫(^_^.)

キャベツの収穫専用の包丁を購入してしまいました 良く考えてある形なんです。キャベツの外葉を避けようと、包丁を差し込むと、スパッと切れて、収穫終了♪

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

玉ネギがバタバタと倒れ出したので(収穫のサイン)、今日は残っていたものを一気に収穫しました。去年は大豊作でしたが、今年もなかなか良い出来です。

宅配セットのような、旬だけ、の野菜を基本に過ごしていると「初物」の歓喜というのはより大きいわけで。毎年作っていても、最初の収穫物を味わうのはやっぱり格別。

この暑さでキュウリの蔓がどんどん伸びてきています。自分の力でネットに絡み付いて、まっすぐ伸びてくれるとよいのですが、こちらの思うようには伸びてくれません。

玉ねぎは葉がパタッと倒れたら、ニンニクは葉が枯れてきたら収穫をします。この判断が結構難しくて、早すぎても遅すぎても割れたり傷んだり、まだ未成熟だったりします。

今朝の畑から。夏野菜の様子です。きゅうり、5月の気温変化が激しくてなかなか本気付いてこなかったけど、ここへきてようやく。来週あたりから収穫始めかな。

枝豆達はしっかり育っていました!農薬もラスト1回ですみそうです!(むしろいらないかも・・静電気ノズルのお陰で1回減らす事が出来ました。

ジャガイモの収穫をして、調整作業中です こちらは、シンシアという品種ジャガイモですその他、男爵やキタアカリも収穫

ズッキーニの季節がやってまいりました〜!!いよいよ夏だ〜!という気がしてきます。ワクワク。緑のズッキーニが中心ですが、たまに黄色のズッキーニもあります。

友達が使うデモ機の下見に行きました 家は茨城営業所 今日は栃木営業所に行きました 友達のとこはヤンマーGC980が2台で小麦にはGC698も使います

ブルーベリーの実が熟し始めたので、急ぎ今年2回目の草刈を始めました。長靴を履かないと入っていけないほどの草です。

我が家では、キュウリを栽培してますが、このところキュウリが沢山収穫出来るようになってきましたよ。これは、生まれたばかりの、まだまだ赤ちゃんキュウリですね。

今は豊水の摘果をしています。枝にたくさん実っている梨の実の中からいちばんいい形であったり虫や病気がついていなかったり大きいものを選りすぐる作業です。

保育園から帰ってきた子供たちは、ブルーベリーの水やりを手伝ってくれます。晴れが続いたときは2〜3日おきに水をあげています。

冬にわが家のクリの剪定をしたのですが、結果母枝が細いのであまり期待していなかったのです。真剣にクリの枝を見ると「しまった、クリオオアブラムシがビッシリ」。

ミニトマト「アイコ」まずは家族4人分、厳選した4個収穫して味見。うん、あまーーい 今年も、大玉、中玉、ミニ。それぞれ、レッドとイエローを作りました。

田植えから2週間がたち、ぽつぽつと雑草が見えてきました。草取りまつりの始まりです。田車という田んぼ専用の除草マシーンを使用します。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

明日から、田植えです。今日は、田んぼを "しろかき" しちょるです。しろかき用の「ハロー」と呼ばれるものにつけかえ、水を張ったたんぼの中を、ぐるぐるぐる(笑

掘りましたよ。まずはタマネギ、赤タマネギです。葉がくたっと横に倒れてきたら、収穫のサインです。今年は猩猩赤という品種にしました。ぶりっと大きいです。

緑肥は花咲じいさんみたいに種をばらまくので、どうするのかと思って、種屋さんに質問したら、「トラクタで踏んでください」という回答をもらいました。

五月ももうあとわずか。農園では、夏トマトの準備が始まっています。苗をポットに植え込んだのは五月の上旬。土を詰めたポットに苗を植え込みました。

バイオ・ダイナミック農法とは、天体のリズムによる農事歴、天象に従って農作業を行うことです。今日は根菜類の種を蒔く日とか、収穫日、いろいろあります。

花合わせを最初の頃に行ったかぼちゃです。大きさはもう収穫できるサイズになりました。そろそろ皿しきをはじめます。

今日はトウモロコシが育ち、風雨の影響で傾いた所がでた為補強の実施と、カキ菜の収穫が終わり乱雑となってきた為、撤去し整理することにしました。

128穴トレイに 【野菜用育苗土+稲の育苗土+バーミュキライト】 1粒撒き オクラは 光好性発芽(光を好む発芽)なので タネのうえに覆土を多くしません

ズッキーニの株もとに、畑に定植した後すぐに、たっぷりともみ殻を播いておきました。狙い通り、雑草が生えず、ズッキーニが気持ち良さそうに生育しています。

お蔭? 「玉ネギ」の抜き取りは、比較的楽にできました。 抜くのは簡単でしたが・・逆に足元は、グチャッと踏ん張れず少々やりにくかったです!

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40