この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-07-13 13:07:06

四国地方の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

昨日からキウイフルーツの収穫を始めています。 キウイの収穫は、鋏を使わず手でもいでいくだけなので、みかんより数倍早く収穫できます。

さて、昨日のレシピの結果どうなってたでしょうか? 居ない(・о・)虫イネオカシイ・・・(゚o゚;;全部で10箇所のトラップを仕掛けていたのにゲットしたのは、これだけ

農業やってつくづく大変だと思っていたのが、畑の畝作り。耕すのも大変ですが、これは小さな管理機でもできますが、問題は畝を作ること。

黒、白、赤などの粒の?トウモロコシです。食べてみますと粉っぽかったです。全体的に未熟果が多くて、トウモロコシって難かしいんだなあと思いました。

こんなに暑くても、お野菜さんたちは元気に成長しております。まだトマトを定植し終えてませんが、早くも秋冬作の人参を播種する時期となってきました。

キウイは順調に育っていまして、今年も豊作が望めそうなので無肥料区をさらに増やしました。来春も美味しいキウイを提供できそうなので、期待していてください。

茄子の定植です。 昨日までの雨で、圃場内も水が溜まっております。キュウリくんは、喜んでますね(^O^) 四種類の茄子に 青ジソをコンパニオンプランツしました。

自然栽培のプラムを収穫しました。 こんなに赤くなっているのは、そのほとんどが先に鳥に味見されてしまっていて、突っつかれず に残っていた希少なプラムです。

ミカンの花も満開が過ぎ、落ち始めました。いよいよ農薬散布の時期です!黒点病に訪花害虫、灰色かび病・カイヨウ・イセリヤ・ホコリダニ・アザミウマ等など…。

寒くなりましたが、この子たちの季節です。宮重くんも太ってきました^^ 虫の猛威に耐え、生き残った白菜くんたちも巻いてらしくなってきました。

セット玉葱というのは、春に播いた玉葱が小さく結球したのをいったん掘り上げて干しておき、その「ミニミニ玉葱」みたいなのを8月頃に植え、12月頃に収穫するもの。

虫たちがいつまでたっても落ち着かない状況が続きます。農業仲間に聞いても虫が異常発生して大変だそうです。ハウス内のミニ白菜、ご覧の通り・・・

まだ芽がでたばかりのホーレンソウなどの露地野菜が、相当のダメージを受けることが予想されたので、山南農園の育苗ハウスに急きょ種を蒔きまくりました。

粉砕機を修理して頂いたのですが、残念なことにエンジンが焼き付いて修理するか最悪の場合、エンジンを新しく買い換えないといけなくなりそうです。

激しい雨のために、畝立ての仕上げ作業を三日前に中断したままのキャベツ、白菜畑 期待の大根劇場の公演は延期になりそうです。

大根畑も 水浸しで二、三日は入れそうにありません。不織布を被せようと思ってましたが、突っ込んだ足が抜けなくて前に進みませんので断念しました(;_;)

この秋冬向けの初めての人参を播いた。 例年、7月中に一度播き、8月上旬、下旬と播いていくのだけれど、今年はじっと我慢で今日まで来た。

秋ナスに備えてナスの切り戻しも終わったので、ほとんどヨトウ虫のため絶滅寸前であったヒユナとクウシンサイも切り戻しました。

スイカが地球儀にされたので、あちこち畑の野菜を見回りました。すると、しっかりとシカクマメの葉にヨトウムシ(夜盗虫)がタマゴを産み付けているではありませんか。

エゴマの定植ができるように植え溝をきりました。雨が降ったりしたら土が硬くなるので再度しなくてはいけないのですが一度しておけば畝間が分かるので早いんですよね!

昨日は、別のルートから圃場に侵入してるヤツの獣道に赤と青のチューブの発酵LEDを設置しました。この崖を下って侵入してます。

小麦の種を蒔きました。小野農園さんに分けてもらった農林61号の種。栽培法は自然栽培。農薬はもちろん肥料も使わないのでがんばって根を伸ばしてくれることでしょう。

今日もチップ作りに精を出してます!昨日、頂きました酵素を圃場に散布しました。土壌菌の活性化なるかな?!午後からは、ハウストマトに散布です。

ハウス内でも朝露がイッパイで、水遣りしないトマトくんには貴重な水資源となってることでしょう。 これはゴールデンクイーン!色付くのが、遅いです。

野菜セットに入っている枝豆も、そろそろ終盤。 本来は12月に「大豆」として収穫する種類のものを、9月末頃から11月初旬あたりまで早どりし、「枝豆」で出荷している。

昨日から本格的に始めました 枝豆さんの収穫です。草村にしてた割に、実が多く入ってて、普段は辛口の親戚の伯父さんも褒めてくれました(^。^)

佐川農園でクリの収穫をしました。今年は昨年に比べて実は少ないようですが、すでにイノシシが食い荒らしていて、これからはイノシシとの競争になります。

長ネギ(白ネギ)の土寄せ、定期的にコツコツと行っています! 今回は、株元を中心に肥料を与え、肥料を土と混和してからの土寄せを行いました。

今年は全部で11種類のお米をしています。その一部をご紹介しますね。  最も目を引くのが赤米の「神丹穂」。食べるだけでなく(というより?)見て楽しめます。

お野菜さんたちに支柱を付けてあげる作業からスタートです。実験トマトの元気な枝を挿し木にしていたのが、根付いてくれたようです。欠き芽でなくても根付くんだね(^<^)

太っており、細長いだけの「まだまだ」の芋ではないから、この先置いておいても縦に太る伸びしろは小さいだろうということで、何株か掘って野菜セットに入れた。

今年度からの自家採種を目指して栽培していた「チシャ」の種を全て採りました! 結実したチシャの実 実の中にはとても小さな種が入っています

みかんの木の葉はよれよれになっているしもう限界!、充分な水はやれないけど、軽トラにタンクを積んで散水しなきゃしょうがないかなと思っていた矢先の雨でした。

茄子畑の茄子くんたちもいつもは黄色っぽいのですが、青々として嬉しんでしょうね(^ム^)お野菜さんたちの元気な姿に、こちらまで嬉しくなってきます(^^♪

午前中は、ポンプで水遣りと収穫を終えて、出荷して来ました。午後からは、昨日畝立てしました圃場の畝の整地作業です。 明日からの満月の播種に備えました。

ハウス内もちょっぴり気温が下がりました。ここ数日の水やりは、延長ホースを付けまして池から ポンプで 溝へ水を流し込む方法にしました。

育苗ハウスでは、キャベツ・ブロッコリー・ハクサイのポットでの育苗をやっています。ところが、この猛暑、育苗ハウスは朝8時の時点で、温度計は振り切れる有様です。

この前黒トマトとフルーツトマトの写真をUPしました。そして1週間後見たら、黒トマトは熟しすぎて、腐っていました。1週間前がちょうど食べごろでした。

最近は、ハウス内の作業が中心になってます。昨夜の雨で、湿度200%?のチョ〜蒸し暑い一日でした。よりによってこんな日に、ハウス内で秋作の畝立て作業をやってます

暑い中、畑ではもう秋・冬野菜の準備です。キャベツとブロッコリーの種蒔きをしました。種は育苗のセルに一粒ずつ蒔きます。土は専用の種蒔き培土をつかいます。

前の年も、カラスにやられてメタメタになりました。今年は大丈夫だろうと思って、佐川農園にいろんな種類のカボチャを5か所に分散して植え付けていました。

スイカとマクワウリは順調に育っています。 スイカはラグビーボール状の細長い黒スイカです。昨年はあまり採れませんでしたが、再度挑戦して植えてみました。

昨日からの恵みの雨で一息つくことができました。さてヤマモモですが近いうちに収穫してみるつもりです。がしかし、干ばつのせいか、味気ない感じがします。

家の建っている佐川農園の東畑では、建物を建てている合間に苗を植えていたタマネギが自分でもびっくりするほど立派に出来ていた。

22日に開花した記事を書きましたが、あれから6日で実がついています。あと数日で出荷出来るサイズになるはず トンネル栽培はとりあえず成功です。

以前は我が家でも栽培していましたが、今は他の品種に切り替えていて、やっぱり「大三島」の名がつくものはほしいと思い、復活の準備です。

ズッキーニ、イタリアン料理でよく使われる野菜です。ど根性農園OPEN以来、毎年植えてます。1年目は大成功でした。 調子に乗って2年目は15株植えたんです。

今年は12種類のお米に育ってもらう予定。がっちりした苗に育ってもらうため、畑苗代でやっています。 10日前に蒔いたお米が順調に発芽しています。

成功率の良くなかったトマトを今年も性懲りもなく植え付けました。昨年は山南農園に植え付けて良くなかったので、佐川農園のハウスの中に60本ほど植え付けました。

それでまあサトイモだけでも自分で植えようと思ってやってみました。ここは新しく借りた畑 2回ほどトラクターで耕転してありますサラダを出動させ畝立てをしました。

甘平の新芽です。ここから花が咲いて、あの甘〜い果実の第一歩です。 今年は夏秋の裂果を減らしたいところですどうしたものか。

山の神オリーブ畑…。新しく植えた、オリーブたちの周りの草取りをかねて耕耘する。支柱の右に新しく植えた苗…、左は、鹿の食害にあった苗…。

先週半ば、裾玉を残しておいた清見を収穫。着色が悪く一番最後にしてたんですが、さすがに熟れてました!でも、薄生り(実が少ない)木は、もう落果が始まってました。

ビワの袋掛けをしている方を見かけました。ビワも袋掛けすると良いようです。実際、園芸店にビワ用の袋が売っていました。私も袋掛けに挑戦してみることにしました。

今だに清見タンゴールの収穫に追われています。出会った方々に「もう、清見とったかぁ〜?」って、言われ始めました 確かに当園は清見タンゴールの量が多いんです!

里芋を植えてから早くも10日になりました。高知県四万十町は、3日に1日の雨が降っていますので今日まで圃場に入ることができませんでした。

ヘイオーツはえん麦の一種なんやけど、いろんな機能を持つマルチプレイヤーなんや。線虫や様々な病気を抑止し、もちろん緑肥として粗大有機物の供給にもなる。

シイタケの榾木は人工榾場と、憩いの森の中に分散して本伏せしました。しばらくの間は、これらの榾木を移動させることはありませんが、いずれその必要が出てきます。

クヌギが原木として使えるには15年は必要だと言われていたのですが、条件が良かったのか10年余りで原木とした使えるものが出来てきました。

ヨトウムシに全滅させられた山南農園でうなだれていても仕方がないので、台風の大雨の被害が無いかと心配しながら妻のドーリさんと、佐川農園に行きました。

見事に全滅させられたハクサイ。この秋には命をかけて大事に育てていたのに悔しい思いもあるが、あまりにもの出来事に、思わず笑ってしまいます。

草刈のおじさんがイッパイ剪定枝・刈草を持って来てくれましたが、濡れてます。チッパーの中で詰まってしまったらいけないので、乾くまで待つ事にしてます。

虫、捕獲作戦が功を奏したのか?白菜が再生してきてます(^<^)葉がレース状でしたが、芯が残っていましたので、そのままにして虫を駆除してますとご覧のよう

気温も下がってきたので、「憩いの森」からシイタケの榾木を降ろしてきて、水槽に浸けました。浸水は一昼夜です。水槽からあげたら発生ハウスに取り込んで並べます。

ホーレンソウやコマツナなどの種を蒔きまくっています。今日はタマネギ、赤タマネギ、小かぶ、レタスなどの種を蒔きました。

赤大根くんの不織布を外しました。 これで、日光をイッパイ浴びて、右肩上がりな成長曲線を描くでしょう!虫喰いも多少あるでしょうが・・・

劇場の端っこの畝は、種が足りなくなったので、白菜を定植してます。 不織布が足りないのと、もういいかなあと思ったので裸で置いてます(^_^;)

日課の水遣りからスタートしました。ハウス内の万願寺アマトウさんが、大きくなってます。本場の万願寺さんは、よしんさんより頂きました種から栽培し始めました。

ハウスの中はまだ40度を超える日もありますから、土をビニールで覆って、蒸し焼き状態にして、害虫や病原菌を一網打尽にします。

今日は、午後からバイトですので午前のみの作業です。 ご覧のように、溝には水がイッパイ残っており、足が埋まって歩くのも一苦労(^_^;)

佐川農園は秋冬野菜の植え付け準備をしていますので、畑には大したものは植わっていません。それでも、相当の雨が降ったようで、雨で流された畝もありました。

台風15号も低気圧に変わり、一安心しました。大根劇場も水浸し  つい最近までの水不足が嘘のようです。今度は、水が有り過ぎ・・・うまい具合にはイカンですね

今までは春ジャガに失敗することは殆んどなく、その代わり秋ジャガには見放されていたのか、ここ数年間秋ジャガは成功したためしがありません。

慣行栽培は、もう刈る時期ですが無農薬栽培は今からが登熟。田植えから10週間。穂が出揃いました。しっかりしてきましたよ〜。

乾燥に強い大豆ですがさすがに水不足で小さいのは枯れつつあるので畝間に水を流してやりました。こう雨が降らないとなると限界近しです。

すでに適期を終えているズッキーニですが、遅れて植え付けた苗はこの炎天下でも順調に育っています。雨がほとんど降らないので、毎日の水やりが大変です。

ハウス内は、40度超えのサウナ!お陰様で、ハウスから外へ出ると、外気が涼しく感じます(~_~;)一日に二回は、水やりのためにハウス内に入りますんで、慣れて来ました。

加工食品作りもライフワークなのでこれがまた手間がかかるのですが市販のものでは納得いかないので手間ひまかけて作っています。梅ももちろん自然栽培のものです。

先日播種した大豆ですが順調に芽を出しています。去年、散々な目にあった鳩による食害の対策ですが今回はたくさんの経験者に聞いてみたところ色々教えていただきました。

大豆は、【雨のあとすぐ種蒔き】あるいは【種蒔きのあとで雨】というのが理想的なので予定を変更し昨日と今日慌てて種蒔きしました。

農薬を使わない作物作りの最大の敵「ヨトウムシ」が畑のあちこちに出現し始めました。畑のあちこちに相当量の米ぬかをまき散らしました。

あと5〜6mで刈り上げれます。電動草刈機ですので、20分置きに充電の繰り返しで 充電完了までのあいだ、ズッキーニ劇場に運んで敷き詰める作業をしてます。

山風呂オリーブ畑の圃場癸韻法▲潺奪轡腑鷦錣猟蠖△任后帖 上の段の石垣から2.5辰里箸海蹐法■横躊岾屬之廚辰匿△┐訃貊蠅魴茲瓩討います。

一ヶ月以上にもわたってニンニクにかかりっきりやったんやけど、火曜日水曜日で全部抜いてしもうて乾燥室に放り込んだ。

大分目立ってきました。畝幅1.5メートル、株間1メートルです。今日は白ネギの苗を地床に移植しました。不耕起畝に土寄せ後、約一か月透明マルチを張っていました。

4月の13、14日に早期米のコシヒカリを植えました。3町7反9セ。PZ73なら一日で3町ぐらい植えれます。土曜日、出張やったんで日曜日に植えたのは8反ほどでした。

ビニール張りが済んだので冬場にせっせと集めたカヤを砕いて圃場にばら撒いています。使う道具はこれ!カッター(チッパー・粉砕機とも言います)です。

3月20から4日間かけて種蒔きしたオクラですが最終の種蒔きした分も全部生え揃いました。そろそろトンネルに穴を開けてオクラを寒さに馴らして行かないといけない。

1号棟:交配後45日目 14.3僉2号棟:27日に収穫終了。害虫が外に出ないように蒸し込み中 3号棟:植え換え準備の最終段階。4月2日に定植予定。

発芽後、さっそく草取り・土寄せマルチの穴の脇から顔を出す草を取りました。大根の生育は透明の方が良好で、草は黒マルチの方が生えています。

トウモロコシの種蒔きをしました  明日は雨の予報なので、種蒔きにはジャストタイミングっす  去年は苗を育てて畑に移植したんですけど、強風に煽られて傾く始末

出荷の日の恵みさんたちをご覧ください。  まずは「たけのこ」。本格的にはじまりました。代表的な春の恵み。ちょっと手間がかかるけどおいしいです!

不知火とネーブルの収穫をしていました。最近ずっと雨が多いので、天気の良い日を狙って収穫しました。まずは不知火の畑へ不知火は「デコポン」の名前の方が有名ですね。

稲刈りがすべて終わりました〜今日は刈り取ったお米からどぶろくを仕込むまでをご紹介します まずはじめに、お米を乾燥機にかけて、もみすり機でお米を玄米にします

今日はみんなで稲刈り。  田植えの時は大勢で賑やかにでしたが、今回は少数精鋭、アットホームな雰囲気の稲刈りとなりました。

今日は、晴天の中夏野菜の片づけをしてきました。鳥などの外敵を防ぐために、設置していたネットを外しました。ただ、トマトの箇所については、次回に持ち越しです。

上田エリア。小さい田が8枚。みんなで植えた古代米。元気に成長中です。そして自給用のお米。手前が不耕起直播の松山三井。奥右半分が同じく不耕起直播のハッピーヒル。

農薬の散布をしました。今回は、ボルドーという薬の散布をしました。この薬はそうか病という病気などに効果があります。

農作業の方は早生の玉ねぎの植え付けが完了。空豆が発芽してきていて、今日はエンドウの種を蒔きました。いよいよ少し農作業が楽になるころ。少しホッとしています。

本格的にチップ作り再開しました。快調です。途中、太い枝を誤って放り込みまして、エンジンが白煙を吐くトラブルがありましたが、何とかイッパイ作れました。

相変わらず、電動は20分しか持ちませんが、今日はエンジンの刈払い機も途中で止まりまして故障したために電動と変わらない位でした。明日、修理してもらいます。

家の隣の自然栽培畑で栽培している大豆。土の中がどういう状況になっているのかどうにもわからなくなり、どう対処したものか思案しているこの頃なんです。

クリも終わって、イノシシも一息ついたと思われ、暑さも峠を越えて仕事もやりやすくなってきました。あらゆる野菜の種を蒔き、野菜の新芽が畑を覆うようになってきました。

一時は台風の風・大雨で壊滅状態だったオクラが、ここに来て復活し、どんどん花を咲かせています。倒れたのが刺激になって良かったのかびっくりするほどの復活ぶりです。

すぐ外のレッドチェリーミニが色づき始めたのを 虫の餌になる前に収穫。完熟の真っ赤を収穫したいのですが、その頃にはどこかから穴が・・・

稲刈りどころじゃなく、どうすべきかと考えていたところに台風がやって来るというので、先月29日、急遽、Tさんに頼んでコンバインで刈ってもらいました。

最近は、秋作の大根畝作りを急ピッチで作業してます。 スイカ畑の一本道を右に草刈りと管理機でロデオしながら、開墾しました。

畑のほうも夏らしくなってきました。 この少し前の季節はどこに野菜があるんだか?という感じでしたが、 この時期になると野菜が目立ち始めます。

松前町と西条市ははだか麦の名産地。うちも水曜日あたりからちらほら刈り取りを始めて本日3時をもちまして無事麦刈り終了です。

落花生の種蒔きです。 他の種は先月末に蒔き終わっているのですが、落花生の種をど根性農園の倉庫に置き忘れていまして・・・。

畑を見廻ってますと 種取り用のタケノコくんと空豆さんが折れていました。残ってるので何とかしないといけません。 スナック遠藤くんの支柱もバラバラ事件です

アグリピアで研修生向けの研修が2回開催されました病害虫について、農薬についてなどの座学と、圃場見学。私も知らないことばかりでとても勉強になっています。

今日はしっとり雨なので、トンネルを全開にしています。このところ曇りや雨が多いので、苗土の水分は乾き気味にしています。

今年のお茶のお世話も大体終わったということで1年間の沢渡の茶畑風景を振り返ってみたいと思います これは秋葉祭り当日、2月11日に撮った雪化粧の茶畑〜

養鶏箱にひよこを放します。床はもみ殻です。数を読みながら一羽ずつ放しますが、その際にくちばしを容器の飲み水にちょっと浸けてやって水のありかを教えてやります。

種蒔き、ネット掛けした畝の通路には米ぬかと、モミガラを蒔いて、その上から納豆水を掛けて野菜を育てながら同時に土づくりをしています。

キャベツやブロッコリーは12月に入っても、ハウスの中で育苗すれば、植え付けることも出来ますが、ハクサイはそういう訳にはいきません。

今年の人参畑ではモグラやほかの獣が旺盛で、芽が出ても枯れたり、ほじられたりでまばらになっています。1、2週間たっても抜けているところを播き直しました。

天気が続くので野菜畑乾いているので、アスパラガス、ふとネギ、ニンジンなどに灌水。 堆肥の切り返し。水田の水いれなどをしました。

さて、にんにくの収穫は葉が7割枯れた頃がいいようです。近所の農家さんの収穫のようすを見つつ、できるだけ熟成させてから収穫します。

日中、気温がかなり上がった18日木曜日、陽が陰るのを待ってズッキーニの定植を始めました。それまでは、大根の草取り、里芋(白芽芋)の定植を済ませました。

皆さん生姜の畑を見たことが有りますか?。高知県在住なら見慣れた景色ですが。高知県は生姜栽培面積全国1番です。大きさ(茎の高さ)は、約120cmぐらいです。

「いちご育苗畑」で、受け苗。遂に、育苗スタート、受け苗を始めました。親苗増殖で、少し前まで、親苗用のポットに受けてはいたけど、やっぱり勝手が違います。

本日は大根です。株間30cm 3粒ずつ蒔いてます。  他で手がいっぱいで草もつれにさせてしまった、キュウリ畑を見てみますと、 なんとか実っていました。

甘さとスッキリした酸味のバランスが良く、甘酸っぱさがたまらない『温室グリーンハウスみかん』です。このようにおしりのところがほんのり黄色くなったらいい感じです。

今日はみかんの畑の草刈りをしました。 サボっていた訳ではないのですよ。ガマンしてガマンして。 ようやく今年1回目の草刈りです。ボウボウで大変なことになってました。

竹林で落ち葉を集め 刈り草とともに、株元にたっぷり敷きました。敷き草には、ワラビや笹、茅、ツユクサ、タデ、蔓、などなどいろんな草が。

雨も降らず、心配で毎日毎日見に行っていたアボカド苗木たちですがまずは植えて3週間ほど経った頃でしょうか、メキシコーラという品種の苗木が新芽を出してくれました。

さて、昨日から本格的に秋植えのトウモロコシ用の畑作りを開始しました!!元々はエダマメが植わっていたスペースで土が硬いッヽ(`Д´)ノ

自然農法のまんがら農園ですが、その自然そのものがバランスを崩してきている時代。崩れをバランスするような手助けをしながら、農作業を楽しみたいと思っています。

植え付けからほぼ半年、ようやく収穫を迎えました。ショウガにとってはその雨が良かったようで、かなり期待できそうです。

別の場所でまた1ヶ所、栗林を見つけたので、計5箇所から、青いうちに落果している果実を拾って帰り、実験室で解剖してみました。

ショウガとサトイモの植えつけを朝から始めました。 植えつけを済ませてから堆肥を振りかけました。その後で灌水をしました。

今期一番の玉葱、まずは極早生を2列植え付け。苗は自分で立てられず種苗店で購入。畑を縮小・集中しているのと、初秋の猛暑などなどで手が回らず、悔しいけれど。

左手は作業が済んでおり、この1列がこれから、という図。この里芋は「移植」式で、草との競争で一歩先んじるというねらいはここまでのところ成功している。

今日も、栗木谷オリーブ畑で、たくさんの方々に…、手伝っていただき収穫です。 収穫のあとは、先々週末に収穫したオリーブたちの見回りです。

四四八個(一四×三二穴)の区切られた播種穴がある育苗箱(大きさ三〇×六〇cm)で育苗する方式で、一穴に一〜三粒まきします。

本日の野菜セットの材料から、主に根菜類を並べて。ご覧のとおり、胸を張って「これがうちの根菜類です」と言えるような状態でないものばかり。

秋の定植ですが、予備用の苗を少し小さめの鉢に植えて終了となりました。今年は、予備用の苗を30本程度をビニールハウスで管理をする予定です。

ラヒの収穫も終盤となっています。今日、収穫途中にラヒの味見をしたところ、とても甘かったので糖度計で糖度を測ってみたところ、13~15度、どれも高糖度の値でした。

今日は、夏野菜(かぼちゃ・枝豆・大根)の収穫を終えた圃場で、次の作物の定植準備を行った。かぼちゃのツル除けから、マルチを4人で剥いで行きました。

昨日の場所の畑、以外にもあった。今度は、沢山のカボチャが、吊り下がっていた。沢山のカボチャ。 拡大してみると。 一本のツルに、7個ぐらいなっている。

収穫の終わった春雷ですが、次のオクラ栽培の準備があるため日曜日に鋤き込むつもりが急に仕事になり 昨日の夕方に鋤き込みました。

外からは簡単げぇ〜に作業してるけど中では必死なんよ!!トラクターを真っ直ぐ走らすのと深耕の調整とか。めちゃ疲れます。天気続きそうやけん来週には終わるぜ!!

みかんのほうは気温がさがった分、どんどん色付いていっております。極早生みかんの収穫の様子です。今年も早生温州のお届けを始めました どうぞよろしくお願いします

栗木谷オリーブ畑のルッカ種…。ルッカ種の実は、いい感じに熟れてきている樹が収穫をまっています。 これぐらいだと、まだあおいのですが…。

今日は、小松菜・水菜・カラフルファイブ・コーラルリーフ・パプリカを収穫〜調理・試食まで行い、みんなでおいしく頂きました!!

今、摘果作業をやっているデコポン園はどちらかというと、西側の斜面になっていて、夕日はあたりますが、朝一番の朝日はあたりません。

続いて、田んぼと果樹園です。こちらは不耕起直播の田んぼ。今年もそこそこいい感じです。 不耕起1本植えの「ミズホチカラ」。米粉用米。たくましいです!

佐々木農園では、8月2日から梨の収穫が始まっています^^今年も美味しい梨ができました☆そして、今年も同じく2日に東京からインターンシップ生がやって来ました!

水路掃除が終了してからは、トマトの屋根かけを行いました。トマトは、屋根をかけていないと直接雨があたったりしてトマト自身が割れたりします。

今回の農作業は草引き、トマト、ナス苗の植え付け、鳴門金時サツマイモの苗植えです。ついで先週畝を作りトマトやナスを植えた畝にとりかかる。

弟がはるばる沢渡まで手伝いに来てくれてました。今日は何をしてたかというと化粧ならしです茶園の表面の所々にピコッて出ている葉っぱを刈り揃える作業です。

先週、雨上がりの日に石灰を撒きました。柑橘収穫後、土壌改良の為に毎年行う作業です!酸性が強くなると作物に良くないそうです。

ポンカンの収穫をしていました。畑の近くに道がないので、運搬車で道に停めてあるトラックまで運び出します。この運搬車、調子いいんですが実はかなり年季入ってます。

種蒔きしてから二ヶ月半あまり…遂にアイスプラントが出荷可能な状態になりました 本当は12月に収穫予定でしたが、塩水をあげてから急激に育ち、今日の収穫に至りました

11月に入って気温も下がり、近所の畑でもみかんを収穫するハサミの音があちこちから聞こえるようになってきました。大久保みかん農園でも早生温州の収穫が始まりました。

今日は一日中仕事の予定です 午前中は北ハウスの枝決めです 実がなる枝を3つ残し、その上を4つ除けて行きます  ずーと同じ姿勢で作業をするので腰痛が出てきます

手前のサニーレタスは6日前に「あと10日か2週間ほどで定植適期か」と書いたのに、思いのほか生育後半が速く、やや若苗だけれど植えてしまった。

昨日、3号棟のハウスの定植でした。朝7時半に黒ニャンコの宅急便屋さんに苗を取りに   行きました。ダンボールに入って送られて来ます。

稲刈りですがオオジの残り少しと今川の田んぼ 1.8反を全部刈り取りしました。刈り遅れてしまったような気がして稲穂は1次枝梗が穂首近くまで黄化しています。

いよいよハロウィンかぼちゃの収穫時期が近付いてきました  予定では9月頃に収穫予定だったのですが定植してからあれよあれよという間に蔓が伸び…

アイコ真っ赤でプラム型をしています。フルーティで甘い!育苗用のハウスで少しですが、育てています。日照時間が少なかったけど、やっと色付きはじめ 良い感じ!

只今、我が家では清見タンゴールの収穫真っ盛り!が、八朔を取り残していることが気になって仕方がない…。なんせ、自分が一番好きな柑橘が八朔なんですョ

花蕾を食べる「ナバナ」・「オータムポエム」・「コウサイダイ」などは、花が咲いて終わりになってきました。現在農園では「ハクサイナバナ」が主流となっています。

さて、キウイの剪定をはじめています。 昨年伸びに伸びた枝を整理していきます。 昨年実がなった枝はもう実がつかないので切っておきます。

連休前からいよいよデコポンの収穫が始まりました!!今年も本当によく生ってますョ〜。先ずは、イノシシの被害が心配される園から収穫です。

家族3人で収穫しているので 一度にたくさんの量は取れません。 なので、ある程度の量が収穫できるまでは こうして取り置きしておいて、まとめて撰果します。

ブルーベリーが色付いてきましたが、見頃までもう少し。 種類によって紅葉の度合いが違います。ニューハノーバーとオザークブルーはもう見頃に近い状態です。

ブロッコリーの出荷が始まったがー。今年は稲の跡に作らない畑にいつもより10日早め、8月末から定植を開始したんやが。そしたら収穫は20日早く始まった。

無施肥無農薬で作ったお米を、遅れて今日刈り取り天日干しにしています。イノシシ除けの囲いの中で、よその田んぼに遅れを取りながらも何とか無事収穫できました。

明日から販売開始しようと予定していた極早生みかんですがまだ酸味が強いです。急ぐわけではありませんが、夏場にかん水していなかったので今更ですがやってみることに。

苦土石灰、無事散布終わりました。昨日朝、8時前からブロキャスで散布開始。約6時間で終わりました。今年の裸麦作付け面積は9町3反だったかな。

朝一番ではるみの園地をまわって、多すぎる果実の枝や、形の悪い果実を中心に間引いてきました。週一でかん水をしてきたところですが、先日の雨で少し間をおいています。

みかんの様子です。だいぶ大きくなりました 試しに半分に切って中の様子を…中の袋が多いほうが美味しいみかんになります。温州みかんなら10個あれば〇だそうです。

ブルーベリー狩り、ちょっとオープン遅れておりまーす!ごめんなさい!8月入ったらしっかり完熟に、あまーくなる品種も多くなるかと思います。しばしお待ちくださーい!

さて 田植えから10週目にさしかかりました田んぼの様子です。吉田の田んぼ(右)雑草鋤き込み田隣もおなじコシヒカリを植えていますが品種が違うように見えます。

こども達に美味しい麦茶を飲ませたい思いで畑の片隅で、ちょっとだけ栽培しました。はだか麦(麦茶になる品種です)昨年11月に種まきしました。

イネがだんだんと大きくなってきたので水深を深めにして一回の入水量を増やすようにします。落ち口は可能な限りオーバーフロー型にしてありますので堰板を追加しました。

去年、師匠のA氏より藁は乾燥や雑草から木を守ってくれるしその下には多くの微生物が発生し土を活性化してくれる万能選手と教えてもらいました

今日はとても爽やかな畑仕事日和でした。予定していた圃場A(幅1.5メートル、長さ10メートルの畝が6つ)の耕運も済んでほっと一息ついています。

今日は一昨日の稲の苗箱を稲専用の苗床へ据え付け作業をしました 作業場に置いてあった苗箱をトラックに積み込みます トラックから一輪車に乗せ替え、苗床まで運びます

この園は自分の家で食べる柑橘の栽培をしている園。今はポンカンとデコポンをメインに栽培しています!4a程の小さな柑橘園です…。

今日は間谷ハウスの玉吊りです 垂れ下がってる枝を探し、手前に持ってきて吊り上げていきます この時に実に触りそうな葉っぱを奥へ寄せていきます

今、柑橘農家の方、特に中晩柑を生産されている方は大忙しでしょう!!うちの様な小規模農家でもてんてこまいです

遅ればせながら、我が家も柚子の収穫を始めました 今日の収穫 日が暮れるのが早いので今日はこの辺で…明日も高枝切りばさみを駆使して収穫します

大豆を収穫した。2品種あって、それぞれ軽トラに1杯ずつ。枝豆でずいぶん採ったから、大豆としての収穫は昨年よりかなり少なくなった。

何を植えるのかと思っていたら正体はコレ、玉ねぎ苗でした↓僕がほうれん草の間の土を耕して帰ってきた頃には、婆ちゃんは玉ねぎ植の作業を終えていました。

7月上旬に播いた大豆の生育が速く、ついにその茂った葉が畑を覆ってしまった。20日前はこんな感じだったのが、もう条間に管理機も入れない。もちろんその必要もない。

浜オリーブ倉庫の鉢植えアザパ種。「しまった〜!」うっかりしていました。 鉢の中の水分がなくなり、果実がシボシボに…。 今日、たっぷりと水をあげました。

毎日、ピーマンの収穫に追われておりますが、そろそろ自家用のジャガイモを植える必要がありますので、18時30分過ぎからのジャガイモの植え付け準備をしました。

東側の菜園で栽培している五角オクラが、今は毎日収穫出来ています。これまでにかなりの数になります。草丈は1.5mぐらいになっています。

今日は、デイの仕事を仕事を早めに切り上げ、水稲直播の水田へ。6月23日に播いて、丁度1ヶ月。順調に生育しております!!

がんばっていたオリーブの樹が強風で何本か倒れていた。5月29日の台風2号の時と比べ風は強かったが、被害は最小限の様に感じた。

ショウガの除草作業と大豆の種まきをしました。大豆の種まきが少し残りましたが明日には終わる予定です。有機無農薬で栽培することしか、考えられないように思います。

本日は、朝5時から7時30分までピーマンを収穫してから現地研修会に行ってきました。今年からピーマン栽培始めた、私には勉強することばかりです。

工房の畑にあるやじろべえのようなもの。おじいちゃん特製の「もぐらおどし」です。そしてマゴはというと、夏野菜出荷に向けてポスターを作成しました。

アンデス、男爵、出島の三種類のじゃがいもの種イモの植えつけがおわりました。 今後の作業は、除草、芽かぎ、土寄せなどをして6月中頃収穫ができるおうになります。

中手の花菜(花かざり)は蕾の数が多く そして大きいです。次々と出てくるので収穫が間に合いません。蕾が黄色くなった時点で商品価値がなくなってしまいます。

栗木谷オリーブ畑、圃場Gで3本育てている、コロネイキ種…。ほとんどの実が濃い紫色に熟しています。収穫量の予想は、約1圈帖

ブルーベリーがそろそろ終盤を迎えています。5種類のサザンハイブッシュブルーベリーは、オザークブルー(7月末成熟期)をあと少し残すだけです。

6月10日にはジャガイモの収穫をしました。明日から暫く雨が続くというので、この日を外してしまえばイモが巨大化してしまいますからねッ。

つなぐキッチンとは農場と台所で、農作物を「育てる」・「収穫する」・「調理する」を通じて、ヒト・モノ・地域を繋ぐ食農体験プログラム企画チーム。

間谷ハウスの花が今日で終了 今日の花には青い毛糸を付けてます 午後からは摘芯した時に残ってた芽を除けて巻き付けました 

本日の、Bobさんの仕事の成果はコレッ。キュウリ18、ゴーヤ5、サンチュ12を植えつけました〜結構、時間が掛かるんですよッ。

朝から茶畑の見回りをしてきました。 まず「宙」の採れる小倉山の畑、今日は草取りをしながらかや肥えを広げて敷き詰める作業をしてもらっています。

美味しく、安全なお米つくりの為に温湯消毒に行ってきました。消毒と言っても薬剤を使用するわけでは有りません。60度のお湯で殺菌するのです。

じゃがいもを植え付けました うちで種に取ってある品種は、きたあかり(上の写真)・男爵、それと名前は知らんが、この地区で代々育てられている品種。

ジャガイモの植付時期を迎えます。昨年は、3月下旬になってしまいました。今年こそ、ねらい目の2月末に植えつけるべく、早くから準備を進めてきました。

散布したのは「マシン油」という薬剤です。マシン油はカイガラムシやハダニに効果があります。マシン油を散布すると散布した場所に透明の膜ができます。

今日は間谷ハウスで葉っぱ寄せをしてます の写真のようにメロンに触ってる葉っぱを寄せています ここのハウスは今日で花が咲いて16日目 サイズは10.2Cm 

年明けすぐに天草の出荷があり、選果作業におわれまして!無事に出荷も済み、ホッとしたのもつかの間・・・。今度はデコポンの収穫。

今週末は木成りで残しておいた『無農薬みかん』がなんとか生き残っていましたので明日・明後日収穫してお持ちします。鳥と雪にやられて少量ですが…。

土づくりの基本となる刈り草を集めました。できることなら、10月中には終えておきたい仕事ですが、秋は秋で仕込みが忙しいため、この時期になっても残ってしまいます。

小松菜・チンゲン菜はピークを過ぎ、ダイコン・白菜が絶好調になってきました。2日前の帰り際に 『これ、植えときー』 と、レタスの苗をいただきました。

椎茸の栽培で使い終わった菌床を大量に頂きました 畑に入れるといいそうです 菌がいいみたいです。2往復したよ この木クズのブロックから椎茸が生えるそうです

カボチャを、食べて、ばっかりでは、いかんので、植えることにしました。ポット植えにします。必要なもの。ポット箱、新聞紙、ビニール(肥料袋を広げて使う)、育苗箱。

いちじく狩りオープンは9月入って2週目かなと思います。いちじくばっかりは その年の気候、その週の天候、その日のお天気によって収穫状況がかわってくる

だいぶ立派な苗に仕上がってきてます(・∀・)でも、ホントのところ、病気との闘いで、頭を悩ませてます^^;ホント、何年作っても難しいですねぇ。。

マスクメロンの下にスイカシートを敷きこんだところ。こうしないとメロンの下側がくさってしまい食べられなくなります。なすびも大きくなったので、一緒に収穫。

さて、7月に入った農園ではスモモがなっております これがおいしいのなんの うまひっっ うまひっっ とひたすら食べてしまいます

栗木谷オリーブ畑の見回りへ…。雨が降り…一回り大きくなったような気がするルッカ種。木の根元には、いっぱいの花びらがおちている。

以前から構想にあった竹ぼうきを使った、 「竹ぼうき除草器」を作ることにしました。下は完成画像。 こうやって、田んぼの中を歩いて回ります。

追肥を続けてる菜の花ですが最近は思ったように色が上がってこない。問題は肥料のやり方だと思う。嫁さんが尿素をやってたんだけど かたまりで点々とやってたみたい

先週土曜日に稲刈りをしました 今回の稲刈りには、雨の中20人程来てくれて、無手無冠のスタッフ入れて、50人弱くらいでやりました

去年から減農薬を目指し、今年は除草剤も20%〜50%少なくしました。ただ難防除雑草のクログワイがある為 中期除草剤も半量使っています

結局、被害は10本にも及びました。この間から、チョコチョコやられてたんですが、一晩でコレだけの被害は初めてですゥゥゥ。

きゅうりとゴーヤをはわすためのパイプでできた組み立て用の櫓を造った。昨年、風で倒れてしまったので今度はパイプ1本につき木製の杭2本でささえるよう頑丈にした。

先ずは、桃の摘果から始めました。始めましたと云っても出社前の30分くらいしか仕事が出来ませんが・・・・・先ずは、極早生の花嫁から

今年2回目の草刈です。前回はヘアリーベッチ中心の刈り取りでしたが、今回はライ麦主体の刈り取りです。カリ取り高は前回と同様に6cm程度のちょっと高刈り。

トタンで屋根を拵えようか、ビニールで安く仕上げるか、いろいろ考えましたが、実際に屋根を拵えるほどはスペースがないので簡易のトンネルにすることにしました。

愛媛の伝統野菜のひとつ、庄大根。地元の農家さんの自家採種の種なので、色も形も様々。味があってよろしい!大根の味のほうはもう一声欲しい感じ。来年の課題です。

雨量も多めですので野菜たちも元気になってきました。玉ねぎですが追肥の効果よりも雨の影響でしょうね 葉色が濃く 大きくなったような気がします。

最近は雨の日が多く 雨量も多かったせいか菜の花は葉色がかなり良くなってきて花も本格的に咲き始めました。

ようやく大津みかんの収穫を終えることができたので今日はいよかんの収穫です。栽培面積は広くないので1日作業で完了できます。

間谷ハウスの収穫が始まりました 仕事内容は収穫中はいつも同じです 旦那が選別したメロンを紙で包んでいきます 変な所が几帳面な私メロンもきちんと並べたいです 

いく農園のある中山間地は棚田が主で、畑にしている土地でも、上から水が常に染み出し、畑作がやりづらい土地が沢山あります。

どんどん草刈りに励んでいる毎日…!ホットさせてくれるのは、先週より一回り大きくなった、ミッション種。 オリーブ果実の重さで、垂れ下がり…。

ラビットアイ系の7品種を栽培しています そのうち オースチン ブライトウェル から食べ頃を迎えます  今年も大粒実っています

今日は、真っ黒に熟れたオリーブを収穫していきました。10月に熟れた実を収穫し、レシピどおりにつくってみましたが、この時期の熟れた実とのでき方では、どう違うのか…?

晴れ間が戻ってきました。オクラは順調に生育しています。土寄せの残りを済ませ、 畝間に刈り草を敷きました。収穫の度に畝間を歩くのでどんどん土が締まってきます。

梅雨前に小麦が色づき刈取りを迎えました。ゆすら梅もたわわに実っています♪一つの麦畑はバインダーでゴンゴン刈りました。機械が刈って束にしてくれます。

昨年の不作を一気に挽回するような、大大大豊作! Myタケノコ・スポットはあっちもこっちも、どこもかしこも、いたるところ…、とんでもないことになってます。

数日の間に農園の作業は一気に収穫モードに入りまして、毎日1000垓のみかんを収穫、選果をして箱詰め、夕方までの発送を済ませ、そしてまた箱詰め、夜トラックで配送

5月は、双子がそろって入院を繰り返しましたそのため、アスパラガスの立茎作業・摘芯作業とが7月中旬までずれ込みました。

いい感じでスタートしたシカクマメ君でしたが、さぁ〜てどうなっているでしょうか!?結構6月はかなり雨が降ってくれたもんですから根腐れがでんか心配でしたが^^;

大分遅れましたが、ようやく白ネギの定植です。草に埋もれかけの苗 植えつけ予定の畝にはできるだけ草を生やしておきました。草を生やすのは育土の基本。

栗木谷オリーブ畑に3本のレモンの木があります。夏の終わりから秋にかけ、レモンを収穫する予定でした。しかし…。オリーブ果実の収穫が忙しく…。

最初に12日に種まきした貝割れ大根みたいな双葉を鉢に植えて行きます ←手前が今日植えた鉢奥が7日に撒いた鉢です 本格的な手入れは、このハウスからです

6月27日(月)、予定どおり久万高原トマトの出荷が始まりました。初日は49ケース、翌日は200ケースの出荷があったそうです。

うちの人参は育っているでしょうか。いざ畑へ!お歳暮用に、寒風吹きすさぶ中、初収穫です!立派に太ってくれました。色も充分にのっています。こちらは金時にんじん

スイスチャード (ふだん草とも)  カラフルな色合の小松菜の様な見た目です。 味は ほうれん草のような風味で 炒め物 煮物とかいけます。

尿素の葉面散布 日曜日にやってから3日目ですが早くも効果が出てきました 嫁さんが言うには次の日から色が濃くなってきたらしい。期待 以上にすごい効果です。

1月3日エメラルドメロンの初出荷があり、検査当番でした。時間前についたら、検査が途中で止まらないようにレールの最上流部にメロンを集めておきます。

オリーブの樹たちを見ていく…。「夏ばてしていないかと…!」今年伸びている元気な新しい芽…。 よ〜く見ないとわからないのですが、14時前後に夏ばての新芽…。

今日も雨 雨は雨の作業って!小さなハウスですが トマトが生育中ですトマトの品種は 小玉「アイコ」3花房が付き始めました〜作業は 誘引です 

5月のぶどうはこんなに小さい 小さな粒粒まず花が咲いてそれからおなじみのぶどうの実が見えてくる まだ小さくて軽いので、房は空をむいてます

何年も前から山茶を飴にしたいと考え続けていました。お茶は薬ではないのでその薬効をうたうことはできないのですが、身体に良い素晴らしい成分が多く含まれています。

カンキツは強〜い冷気に長時間さらされると凍結したりして味が悪くなってしまいます。なのでこの時期、天気予報とにらめっこなのです。

シカの被害が大きい、山の神オリーブ畑と常楽坊オリーブ畑!悩み、いろいろ考えています。山の神オリーブ畑から、シカ入園禁止ネットを張っていく準備です。

セルトレイにキャベツとブロッコリィを何枚かずつ。いま種を播くキャベツ類は秋播き冬越しのものに次いで時間のかかる作型で、定植は3月、収穫は5月末から6月頃の予定。

「いちご畑」で、苗の定植。なんとか、この日を迎えることができました。やっとって感じがするけど、育苗を始めたのは最近のような気も...。

今日は、ボロボロになった、ビニールハウスの天井の巻上げパイプを全部、新品にしました(・∀・)タニカンキット104を使用。巻き上がりは遅いが、力は軽い。

農園主松原さんより、なた豆の花の色についてお聞きしました。なた豆の「豆」の部分、「種子」の部分になりますが、白とエンジの2種類あり、株毎に豆の色が異なります。

午後は、玉ねぎの荷造りと皮剥きをしました。玉ねぎの外の薄皮を剥ぎ、大きさや形状によって3種類に分別していきます。

里芋(白芽)の植え付け。面積は31アール(長さ80メートル、幅39メートルの長方形のほ場)次の様なほ場をトラクターで3回耕作して、できる限り土を細かくし。

ブドウの休眠期・萌芽前の病害虫防除を行いました。 今年初めての防除で、ベンレート水和剤に石灰硫黄合剤を混用して使用。

暖かい中、作業は清見タンゴールの収穫の真っ最中です!今年の出来は・・・・・・、秋口まではいい状態だったんですが、どういうわけか黒点病が…。

先日植えたジャガイモの畝に黒マルチを掛けました。手で除草すればよいようなものですがオクラの栽培を始めるとまた忙しくなる見込みですからね

今日やか圃場入れんおもとったけど、暗渠がえらい効いとるようで、畝のあいだの水が引いてました。部分的には水が残ってたけどそこはごり押しでやったよ。

先日、デコポンの出荷がやっと終わりました。選果は自分の担当ではないんですが、大変苦労したようです…。そう!今年はヤケ果が多く、精品率が悪い

生育が旺盛で登熟の悪い枝・萌芽率が悪い品種・発芽の不揃いを起こす品種・基部近くの萌芽不良を起こしやすいもの等では催芽剤処理を行うのが有効である。

今日は、暖かく春がもうそこまできているような快適なオリーブ畑。オリーブ畑を見渡すと、樹の色の違いがわかる…。ルッカ種20本のうち、1本は、ネバディロブランコ種。

ジャガイモの準備に取り掛からないと、月末の植え付けに間に合いませんからねぇ。耕運機を掛けておかないと、土が湿ったら1週間は手出し出来なくなっちゃう。

デコポンの収穫を少し残したまま、サンフルーツの収穫を開始。というのもJAへの出荷がある為、どうしても用意しておく必要があり…。

相変わらずデコポンの収穫と清見の袋かけ!周囲の園に比べると、かなり遅れてきました。毎年の事なんですが、デコポンの収穫の時、よく手袋が破けるんですョ〜!

キウイの接木時期は樹液が完全にストップする1月がベストなんです。 じゃぁ1月のいつやるのか? “今でしょう!” と言うことで今日やりました。

季節はまだまだ冬真っ最中ですが 今日はハウスでナス2種の播種。 農作業は半年先を見据えて動かないと 育つもんも育ちません。

こっちも柿の剪定をしようと張り切って佐川農園に行きました。 農園には40本ほどの柿の木があるのですが、大体柿の木の選定方法などよくわかりません。

竹材店さんの工場内のチップを全て頂きましたので、みやたつさんと朝一で、伐採現場に頂きに行きました。車で40分の距離でしたが、取りに行ける範囲でした。

除草剤の影響か桑畑がなくなったせいか野生のキンカントマトはほとんど見かけなくなりましたが、青人草の荘でありついて今年はしっかりと自然生えし増えてくれています。

今日はにんにく畑のマルチ張り。 まだまだ植えてない種がわんさかあるよぅ…。 マルチを張った翌日は、招かれざるお客様が、新品マルチをボッコボコにやぶいてマス。

緑肥用菜の花ですがどうも発芽率が良くないようで、種が落ちてないのかそれとも種まき後の大雨で種が死んでしまったのかいずれにしても生えてきてないところがあります。

立て上げて2日すぎ、テープから外れるようになりました。雄花が咲いている節より下の脇芽をむしり、またテープに巻き付けます。

圃場には入れないので、今年から新たに作ることになった、圃場の出入口の土木作業です。クローラ関係の車両が入りやすいように砂利でスロープを作ります。

サツマイモ(鳴門金時)あんのういもの葉が枯れてきたので、早いですが、試し掘りをしました。1畝全部掘って、早めの出荷をしようと思っていたら、がっかりでした。

今朝も5時から仕事してました 間谷ハウスの分の種を蒔きました今回、蒔いた数は3100粒 種蒔きをしたら、同じ数の鉢を構えなくてはいけません

圃場2の茄子群です (50m x 4畝)  ソルゴーの中に茄子で 恒例の草生栽培です  周りから見れば ソルゴー(緑肥)としか見えません!

2年間やりましたが、みかんの樹の下にマルチを敷く、そして撤去する仕事はたいへんです。たいへんというのは「しんどい」ということが大半をしめます。

ラビットアイ系のブライトウェルの収穫の最盛期を迎えています。ブライトウェルは1本の木から今年は5kg以上の収穫を予定しています。

先日、イノシシ除けの電気柵を設置して来ました。お隣の園との共同作業なので、色々大変でしたが無事終了!今回は、お隣さんが先に設置した電気柵を我が園に延長。

オヤジと相方のコラボでした!!緑肥にしてた畑が、相方ダウン中にまた緑肥(草ボーボー)になってました!!相方がモア吉で草を粉砕し、オヤジがトラクターで耕す。

当園は元が田圃だったため、1区画ごとに段差があります。橋をかけるか、通路を付けるかどうか考えたんですが、できる限り削って段差を緩和してみました。

種は購入したものと、春に育てた水菜の収穫遅れで花がさいたものをそのまま育て種を取ったものの2種類です。種と一緒に種が入っていたさやまで一緒に播種してます。

ブルーベリー施肥1日目。1樹当り200g(約320?)、肥料を与えました。1日目は体力的に5時間作業するので精一杯でした。808本中624本(77%)終了。

さて、最近雨や雪が多いなあ。というわけで暖かくなる時期なのも加えて今注意すべきなのはニンニクの病害なんやけど、一部のニンニクがちょっと困った感じ。

まもなく3番花の収穫が本格化してきそうです。果形がとても綺麗です。気温はまだまだ低いですが、陽射しからだいぶ春を感じられるようになってきました。

奥側のレベルを高くしているので、写真の手前に土のうに沿って水が流れるとよいのですが、これから土を移動しながら微調整があればやってみます。

今日の午前中は間谷ハウスで3本の枝を2本にする作業 午後は北ハウスで摘果 2本の枝からキレイに育ちそうな実を選んでいきます

昨秋最後、10月中旬に播いた大根。2月頃に採るなら?と種屋さんで尋ねたら、「10月20日までに播いて」と渡されたのがこの大根の種。

ジャガイモの収穫をしました。愛媛のような温暖な地域は、秋植えのジャガイモが12月にかけて収穫できます。なので、春植えと、年に、2回の新じゃがが楽しめます。

我が家の大玉トマトの収穫もはじまりました。ミニとまとからはじまったんですが、大玉の「まっちゃんとまと」もスタートです。

丹精込めて作ったみかんも、規格外になって、整品とならないもの(あくまでも、農協の基準ですが)が出てしまいます。非常に、大きかったり、小さかったり・・・

今はお漬物屋さんから頼まれている干大根用の大根栽培と農協に出荷用のほうれん草栽培をしています。雨ニモマケズほうれん草が元気に発芽中です。

昨日、施工した電気柵 雨上がりの畑をまわってきました。昨日撮れていなかった写真です。はれひめの苗木です。枝が伸びて大きくなってまいりました。

あまり一番にピンと来ないけど、秋は芋がよく穫れます。今日は、サツマイモの収穫をしました。 まだ食べてないのでアレですが、とても筋肉質な芋が掘れました

我が家にハンマーモア君がきました お酒でお清め 末永く宜しくと「昭作畑」の名前を記入したよ 早速、バリバリ まだまだバリバリ 刈った草はこんな感じ。

ラヒの収穫作業が予定より長くなっています。20日ごろには終了予定でしたが、本日も10kgほど収穫しました。10kg前後なので市場への出荷は終了しています。

台風が来た 雨より風が凄まじかった  ハウスの扉が吹き飛ばされた ハウスのトウモロコシは倒れ、それでも何とか収穫、出荷しました。

先週末にじゃがいもの収穫をしました。本来ならばもつと早くいなければいけなかったのに予定が延び延びになってしまいまして、ようやくです。

新しい葉が生えてこず、ボウズ状態の田んぼ ↑ほんまだったら、ボウズ状態のところからこんな槍みたいな葉っぱ「立葉」がどんどん出てこんとアカンのですが…。

4月10日からスタートして早期、短期と作付けしていき品種はコシヒカリ、あきたこまち、ヒノヒカリと。総面積12.5ha。うち、メーカーの技術部の試験植えが2ha。

雑草対策にもみ殻を入れた畝 雑草の生えぐわいは少ないですが籾殻が飛ばないように米ぬかをたっぷりとかけましたけどやっぱり飛んでしまって薄くなってるからでしょう

日曜日に尿素の葉面散布をしました。尿素の希釈倍率ですが、500倍がちょうどよいとの事で100リットルに200グラムです。

<柑橘類> 12月に寒肥をやったんですけど、葉っぱの色艶が悪いです。 気になるので、化成肥料を追肥しました。新緑の頃には元気な枝葉を期待してるぞォー。

これがウチの堆肥。 落ち葉と米ヌカのみで作ってます。 蕎麦屋のカエシじゃありませんが一度に全部使う事もなく2004年から作り足しているのでイイ堆肥になってます。

次はオクラの栽培に初挑戦です今度も農協の営農指導員のアドバイスで進めていきます。2枚の田んぼに作付予定 0.6反と0.4反 小さい田んぼです。

朝一で、ジャガの定植のために、ホームセンターに行きました。 春野菜の苗も入荷してました。よく見ると四株がくっついてる鉢になっているじゃないですか?

2〜3日前に買ってきた種芋です。今年は、男爵・メークイン・アンデス赤を植えつけます。 秋にも、また植えるんですけどね。みなさん、知ってます? ジャガイモのへそ。

前に肥料をやり過ぎて 葉が赤くなってしまった田んぼですが最近の雨でだいぶ回復してきました。まだ葉が赤いのが見えますが 株の中の方は葉色が青々としてます

デコポンなんですが・・・・、今年はヤケ果がとっても多く、すでに腐りがではじめているものが(水腐れって事も考えられますが、イマイチ原因が特定できません…。)

移植といっても 百姓用語の移植です。この枯れた木の場所に新しい木を移植します。この木も一昨年までは現役でしたが元にカミキリが入ったのでしょうか?

ブルーベリーの冬季剪定開始です。 今回は1.込み入りそうな枝の切除 2.弱った枝の切除 3.下向きの枝を出来る限り切除 4.株元から出ている枝を5〜6本以内にする

今日は、早生みかんの畑で作業してました。みかんの樹が大きくなってとなりの木とぶつかるようになってきました。

出荷中の里芋。小さいし全体量も少ない。これで約7kg、およそ3mほど(約10株)掘ったもので、親芋を除く小芋、孫芋のほぼすべて(かなり小さいものは捨てた)。

12月から収穫を始めていた早生品種の菜の花(春雷)ですが脇芽がどんどん出てきてこれも採ってしまうと そのすぐ横から花芽が出てました。

昨年の春、植えたばかりの浜オリーブ畑。樹の周りを管理機で走り、草取りと耕耘していきました。草の多さや土の軟らかさなど、状況にあわせて1〜3回まわります。

冬の畑は寂しいねー。 特に白菜は寂しそうだよォー  一方、こちらは元気そのもの  季節を先取る「菜の花」だよッ。 もう蕾みを付け出しました。

1m四方の入れ物(100kg近くある)を車から引っ張り出して、昨日の続きをしました。通路にも入れて畑の半分くらいは埋め尽くしました。

自給用の田んぼの稲わらを畑に巡らせることにしました。自給用の田んぼにはまんがら一家特製下肥 (食にはかなり気をつけているので高品質!?)を完熟させて巡らせる。

おいしそうなみかんだと、手もはかどります。ボコボコでまだ青いみかんだと、ん〜と思いながらも摘まないといけないので、仕方なくチョッキン!って感じです。

先週、天気のいい日にはるみの収穫をしました。いや、してもらいました!近くに住む妹家族が手伝いに来てくれまして…粗取りをしてくれてました!

午前:野菜セットの荷作り。薫が配達とフジグラン西条の出荷。僕は畑に出てじゃが芋の収穫を1コンテナほど、セット用の野菜の追加収穫。

冬越し豆類の作付け進んでおります。そら豆 定植しました。 品種:三連 です。冬は小さく育って 春に大きく育て!上には籾殻を敷き詰めました、保湿と雑草防除!

ウチの干し柿用の柿で一番人気の大和柿を収穫。 昔からあった山の柿と比べると二周りくらい大きく 病害虫の被害も少なくて仕上がりもキレイ。

格闘すること10分。でか!!今年初の大物です。3kgはあるかな。こいつのせいでカバー3箇所とボルト数本飛ばしました。ボルトやかねじきれたし。

佐々木農園いちごハウスのビニールはりを行いました。佐々木農園では、毎年全5棟張り替えます。天候予報が雨ということで家族総出で急ピッチの作業。

白菜がどんどん巻いてきている。しかし。ご覧の通り虫害がかなり目立つ。この畑のはダメかもしれない。昨年と同じくダイコンサルハムシ。

ブドウの草生栽培用の草の種を播種しました。4反(4000m2)分のライ麦20kg・ヘアリーベッチ8kg購入。

ピーマンの収穫が最盛期です。5アールで18コンテナぐらい取れています。今日は、すごく大きいピーマンを見つけました。18センチ有り、重量は90gを超えていました。

里芋を高知の業者さん経由で「大地を守る会」へ出荷することになっています。その担当の田中さんが、里芋の生育状況を見にきてくださいました。

この夏休みを利用しました、親子で出来る農作業体験を実施しました。今日が、その初日です。久しぶりに、上の圃場(ダッシュ村のメイン圃場)に足を運びました。

21日〜23日まで間谷ハウスの収穫でした・・・早朝5時から仕事です今回のメロンは少し小さく一つのコンテナ(カゴ)に9個〜11個入ってます

先週のれんこん↓↓ 今日のれんこん↓↓ この田んぼは最後から2番目に収穫した田んぼなんですがやはりまだまだ葉の出具合はイマヒトツ…。

道端の田んぼで見掛ける、稲の茎や水路の壁に付いたピンク色の物体。田んぼに撒いた肥料や農薬が固まったもの…ではなく、実は稲を食べる天敵ジャンボタニシの卵塊です。

玉ねぎ収穫 にんにく収穫 トマト、ピーマン、なす、きゅうり定植 じゃがいもの掘起し 夏葉物の種まき・・・そんな中きゅうりを定植(苗から畑へ移植)しました

昨年の苗木には黒いマルチを敷きました。地面の乾燥を防いで、さらに草が生えないので一石二鳥です。その準備で、黒いビニールのマルチが飛ばないように重石をつくります。

サザンハイブッシュ系のオニール、フロリダスターを収穫しました。まだ少し色かつきだしたところなので、慎重に熟れ具合を確認しながらだったので時間がかかりました。

土日は麦刈りばっかでした。周桑地区は4条刈りビックパワーコンバインが活躍し西条では5条6条の大型コンバインでバンバン麦刈りしてますね。

有機JAS調査の翌日。そうか病の防除をしました。散布したのは、ICボルドーです。今回は、昨年被害の大きかった畑のみ散布しました。今年出た若い葉の様子です。

畑も春仕様になり、元気いっぱいです。下の写真) 今出荷中です、ー大根  12月植えの農園自慢の春大根です「春らんまん」ですほうれん草 旬は短いですね〜

1番茶の手摘みが沢渡地区で始まりました(*^▽^*)僕の茶畑はまだ芽が伸びてないこともあるし最近雨が続いたせいでゼンマイが成長しすぎて大変なことになってます

少し目が伸びた位が一番効果があります。今回の防除は、ICボルドーという薬剤の散布です。ボルドーは殺菌剤で、散布するとボルドーの銅イオンが効果を発揮します。

オリーブの樹 1本ずつ全体を見ながら…。昨年 実がなって葉っぱがついていない枝を間引き剪定していき、中の方にある枯れ枝も剪っていきます。

ここに来て大玉が落果し始めました!色々原因はあると思いますが、雨量が多かったのもその一つかと…。そうそう!黒点病も多くなってます

午前中の行程は圃場での記念撮影、椎茸の原木切り、ジャガイモの植え付け、水菜、サニーレタスの収穫、玉ねぎの除草皆、いい笑顔で記念撮影を終えました。

有機比率の高い肥料は、微生物に分解されてからじゃないと効果が出ないので、化成肥料と比べて、2週間とか1カ月とか、効果がでるまで時間がかかるそうです。

今週初め、果実収穫後にするイセリア・カイガラムシ等の防除をしました。デコポン・はるみ・天草・伊予柑・ポンカン園で実施!

「オリーブの剪定枝で堆肥を作ろう…!」 そう決めた。頭の中でいろいろ想像し考え、教えてもらいながら…まとまってきた。場所は決定した

予定は、開墾と、前回作ったテーブルの設置でしたが、開墾場所に、野いばらが多く開墾に時間がかかりました。でも、広場の開墾は、めでたく!終了しました。

ブルーベリーは枝の中に、シュートとサッカーがあります。シュートは地上部の茎からほぼ垂直に伸びてくる枝、サッカーは根から出てくるほぼ垂直に伸びる枝のことです。

麦は成長中〜2月中旬にはたぶん節が上がりだすんで最後の溝の補修です。今回はホイルトラクタでやってみました。早く整備がすんだんでね。

今年は昨年に比べ糖度が高くて酸味も低いので早めに収穫することにします。でも最大の理由は寒波で果実がダメになるのを防ぐためです。

11月に、ブログ「てっぱん!みかん」を始め、試験的に開始した、通販コーナー、みかんの写真もないし、それぞれのみかんの説明も満足にできずじまいのまま、スタート。。

まず最初にレンタルハウスに植える苗の移植作業 1月5日に種蒔きした苗ですまだ小さい貝割れ大根みたいですが春にはエメラルドメロンが出来る予定です

今日は小春日和…♪療養中のカラマタ種に水やりの絶好な日☆ POTに入れて育てているので、根が凍ってしまうのが心配、でも、根を乾かしてしまうのもだめなのです。

南柑20号の方は今も出荷中です。収穫前の雨や気温が高かったせいで、味が悪くなるのを心配しておりましたが、無事に美味しいみかんを収穫できました。

植えるのがかなり遅くて心配してたニンニクですがわずか10日で発芽しました。中国産 芽止め処理をしてるかもしれないと思ってましたがなんとかうまく行きそうです。

今日で出荷4日目。本格的な出荷が始まってます。半年間ずっと世話してきて、ようやく報われる感じです(・∀・)これから6月まで毎日収穫、出荷。

通常の摘み取り体験は大雨による果実の品質低下の為、終了していますが「どうしてもジャム用に採りたい!」という方がここ最近よくご来園されてます。

今年初めて四角豆植えてみました。 夏前の種まきで 順調に繁茂しました、今採りごろです。 実の断面がひだのついた四角形なのでこの名前だそうです。

トラクターでまっすぐ耕す方法です 前回 菜の花の種まき準備に嫁さんがトラクターを運転したのですが車速が早すぎたからか 最後の方はゆがみまくってました

遂にこの日がやってまいりました。 実が沢山つまって垂れている稲穂  いけ〜コンバイン〜いけ〜じぃ!! 簡単な様で綺麗に刈るのはなかなか難しいんです。

購入した苗木の様子をレポートします。今は、秋の新芽が次々と出ています。苗木の養成場所には全体に暴風ネットを張っているおかげで、ほとんど害虫の被害がありません。

台風にも負けず、生き延びた野菜たち。からし菜各種、わさび菜、レッドスイスチャード、ハンサムレッドとハンサムグリーン、少しずつですが、育ってきてます。

うちの畑では、オクラメインの畑が、脇の用水路が溢れて完全に水に浸かったが。木曜日に300株ほど植えたブロッコリーがほぼ全滅。

今日はエゴマの定植をしました。16日から始めたのですが今日で3日目です。今日は昼からの作業で6筋の定植が完了です。

さて、紅まどんなですがお盆前に比べるとずいぶん大きくそして重くなってきました。地面につきそうなので紐で吊ってあげることにします。

うちの畑でも、キュウリが終わりに近づいてきました。小さくて曲がったものが多くなりました。俗にいう、いじけたキュウリです。今年のキュウリ栽培はこれで終了かな〜。

今年の収穫量は、例年よりも少なめです。やはり、労働人口の減少による作業不足で、イグサやシバ、ヒエが繁茂して、結構収量が減りましたね。

台風通過から2日が経ちました。。。今朝、田んぼを見て回ると、折れなかった葉が立ちあがってきたのか少し昨日からだと変わった気がします。

今日は田んぼの除草をしました。最初はものすごく弱々しく、枯れるんじゃないかと不安だった苗達もだんだんとたくましくなってきました。

自分が思っていたよりも色や形が悪い気が 色は本来もっと鮮やかな感じの紅色のはずですが、日に焼けた赤色ですし、形も細長いのや、変に偏った形のものもありました。

一番、水はけの悪い所を選んで、里芋を埋めました。 石川早生里芋です。隣の畝には カラフルファイブと小松菜・レタス・とニラも播種しました。

ビニールトンネル全開 ロラロッサレタスが可愛らしいですしかし・・・成長が止まってるかのように、二、三週間前よりあまり変化ありません。 

ようやく春めいてきて、佐々木農園2013年シーズンもぼちぼち開始。育苗ハウスは先日の暖かい日に準備しておいたので、今日は種まきの第一弾です。

この春一番手のキャベツを定植した。128穴のセルトレイ6枚ぶん。 植える畑は昨年の茄子・ピーマンの跡と決まっていて、ちょっと狭い。

これはウドの株なんですよッ。もう、芽が動き始めてますよッ。4月中旬から5月初旬には新芽が20〜30センチに育ちます。

今年のにんにくは種10キロ分の作付けです。不耕起栽培の場合、草が生えないように、土がふかふかになるようにと敷き草を厚くするのはかえってよくないようです。

午前中出荷作業に行き、昼からは紅まどんな園にGO! 今日から剪定を開始します。 全部の品種の中でこの紅まどんなをトップバッターにします。

竹チップ作りもしないといけませんが、急ピッチで春作のタンジュン農畑の畝作りもしないといけません。来週には、ジャガ芋を定植しますので 予定してますが、この状態

先週から清見タンゴールの収穫にはいりました!といっても、サンフルーツの収穫が残ってるんですけどね 先ずは海抜の低い園から開始しました。

竹チップを入れ始めて、そろそろ一ヶ月になります。最初に入れた畝がどうなってるのか観察しました。最初は こんな感じの粘土質でした。

今年は何もかも不調の野菜作り 種まきや苗の植え付けが遅れたのが原因 玉ねぎも大幅に遅れて植えたのでここ数年で一番出来が悪い

今年は全体的にまだ酸味が残りますが、園地の外周は比較的酸味が和らいでいるので、こちらから収穫していくことにします。

先月27日、やっと清見の袋かけが終わりました毎年のことですが、期限ギリギリでした。清見にかける袋も2種類ありまして…、本来なら「油紙」のような袋・・・

昨日、あまりリングが進んでなかったので「この玉のネット発生は11僂阿蕕い砲覆襪里任」 と予想しましたが、、、肩のリングが出始めました。

竹の支柱を杭に針金で結んでいき、ネットを張る。鹿が入ってこないようにするための柵を、コツコツ作っていく…。

もみがらの堆肥をしようするので、天気が続くと田んぼが乾きすぎます。 ほうれんそう、そらまめ、コカブ、マンバ、キャベツ、ブロッコリ、ナバナなどにみずをかけました。

夏野菜の代表格である、ナスとピーマンの種を蒔きました。 種はセルに蒔きます。ナスやピーマンは発芽にかなりの日数がかかりますが、大きくなるとポットに移植します。

EM培養液の様子を見に行きました。作成から二週間が経ち、少し変化しました。少しは菌も活動しているようでホッとしました(^-^)

今日は、『ゆこう』を収穫。天気は晴れ。気温も冬にしては暖かく感じる。数えたら、71個。まだまだ、収穫量が少ない。どうしたら、多収量になるんだろう。

2年前に接木した“ブラッドオレンジ”が 初結果しました。 ブラッドオレンジはイタリア原産のオレンジで、.汽鵐ネロ▲織蹈奪貝モロの 3つの有名な品種があります。

まあ今年の里芋 大きな子芋孫イモが出来ていました。日曜日に再度収穫しましたが、1株でこんなにあります。親イモは残しても3株でバケツ一杯になってしまいました。

お手伝いをしているうちに、両親に紅まどんなをちぎってきてもらいました。 昨年より全体的に果実のサイズが大きくて、収穫量もUPしているように感じています。

植え付けから1ヶ月近く発芽せず、とても心配したジャガイモの圃場です。だいぶふさふさとしてきました。だれも圃場にはいらないので、畝道までふさふさ!!

約2週間におよぶ早生みかんの収穫が完了しました。 ここ3年間で一番糖度が高く仕上がりました。今日の試食ではもう寝かさなくても酸味が和らいでいるようです。

35日目。13.55僉ここ3日は1日の肥大量が5个任后だらだらとネットを発生さすと収穫した時にネットが不揃いになりやすいですが、そんな事はかまっていられません。

ほとんどの園が防風垣の手入れを終わりデコポンの袋かけ作業へ!我が園では防風垣の手入れと袋かけ作業の同時進行になってます

風が強いと、除草剤は散布できないし。 で、鍬の出番な訳です。 三角鍬を使って畝の表土を削りつつ、草を取ってやります。 そして、表土を削る=中耕ともなる。

タイトルにもあるように、昨年は黒点病に悩まされたんですよねェ〜。原因は夏前の雨量が多かったのが影響したようです…。ただ、雨量の調整など出来るはずもないです

4月11日に植えたショウガですが発芽が悪く半分以下でしたまだ大きくなりそうですが周りの草がものすごく 撤収しました。

愛媛県立農業大学校、農産園芸課のH24年度先進農家体験学習の後期日程が終了しました。ついこないだ、来たばかりかと思ったのにあっという間に10日経ちました。

田んぼは葉色がまだ薄青いです もちろん稲刈り時期は葉色で判断するのでなく、もみの色で決めます 農協の栽培歴ではモミの色が85%黄化した時が刈り取り適期だとか。

今日はナスのコンパニオンプランツを植えてから大本命のエゴマの播種をしました。さてそのコンパニオンプランツとは・・・この生姜です。

キャベツに引き続きブロッコリーの種も蒔きました。翌日には土に色がついて、3日目にはちょっと背が高くなり。写真は4日目です。小さいけれど一人前な双葉になっています。

今日は、水田に草が生えないようにおまじないをしてきました。分りますか?無事に、稲も根付いていますよ。早速、大豆も芽をだしました。

はるみは生理落果をあまりしないようでギッシリ実がついている樹もあります。昨年の実のなり具合が影響しているみたいで、全体的には今年の果実は少な目。

みかんの園地のナギナタガヤです。とこどころから厄介な夏草が伸びてきています。ナギナタガヤが無ければ、この夏草で埋もれてしまうところです。

順調に蕾をくけてくれているルッカ種…。反対側は、枯れた枝のように葉っぱがない状態なのです。昨年 こちら側に、いっぱいの実がなり、枝だけになってしまいました。

本日は伏見甘長とうがらしと、バナナピーマンを定植しました。 植え床は茄子のベッドと同様、刈り草と落ち葉、春先まで生やした草をもとに土を作っています。

ピーマンがこれからどんどん育ちますので支え用のネットを張る必要があります。まず、最初にしょうれん(穴をあけるための鉄の棒)支柱を立つ場所に穴をあけます。

キュウリのツルが伸びてきたなとか雑草でピーマンが負けそうやなとか思っていたんで、キュウリとニガウリのネット張りをしてトマトの支柱立てをして 畝の草取りをしました

植えつけ直後は腫れものを触るように慎重に水管理をしたいのに思い通りにはいかないものです。特に疎埴で植えているので 田んぼ全体としては見る影もなし

サザンハイブッシュ系のミスティーの様子をレポートします。受粉もほぼ終わり少しづつ果実が肥大し始めています。収穫は昨年と同じ時期の6月第1週ぐらいになりそうです。

4月分の田植え。約4町歩。すべてコシヒカリ。収穫はお盆頃かな。4月14日と15日の午前中に終了。PZ73のデビューです。37株で植えたため。苗が余る。

インカのヒトミを掘ってたよ。まだ小さいですがジャガコいました!!収穫はまだまだ先ですが美味しく頂きました!!感触は栗のような、少しねばっとしてるような。

冬の間、産卵を休んでいた鶏も一斉に生み出しました。同じようにエサをヤっても玉子の数が増えるのだから喜ぶべきですが、あんまり嬉しくないです・・・。

昨年よりも仕事がかなり遅れております。なんで遅れているかというと、温州みかんが豊作で収穫を1月中旬まで行っていたことが一番大きいと思います。

病害虫防除を行いました。今回はブドウの晩腐病・黒とう病の予防に「ベンレート水和剤」を、カイガラムシ類・ハダニ類の防除に「石灰硫黄合剤」を混用して使用しました。

畑に菜の花が姿を見せ始めた。これはチンゲン菜で、まだ「花」にはなっていないけれど、この写真を撮ったあと摘んで帰った。今晩のおかずになる予定。

南ハウスの枝先と実の周りの要らない物を除けました 1の○の雄花に 2の○の実の上の小さい芽 3の○はアンテナの先になるので切ります

枝決め作業です 正常に育ってたら残してただろうという枝ですが旦那のお気に召さないようで、下の方の枝2本を除けて3本の枝を残し、上の方の枝(芽)を3つ除けました

白菜(今日がこの冬最終)、水菜(かなり傷んできているから値引き)、リーフレタスの赤と緑(これも残りわずか)、袋に入っているのが里芋と人参、蕪は葉つき。

1月3日に雑草ごと耕した我が家の耕作放棄地ですが細い道しかなく トラクターの出入りがしにくい為なるべく放任栽培できる作物を考えています。

年が開けて今日がはじめての収獲&出荷。市場は先に開くきんブロッコリーを採った。 4日ぶりの収獲なのにあんまり大きくなってない。なんとて低温と旱魃。

今週は、このクリスマス寒波が来る前にポンカンと伊予柑の収穫で大変でした 雪が積もると柑橘に及ぼす影響が大きいのでそれまでに収穫を!まずはポンカンから…。

写真を見て右にある畝には「晩成こがね」という普通種のタマネギを定植してまして、左の畝には「甲高赤玉葱」というレッドオニオンを定植しました!

予報がハズレて無事に収穫が出来ましたョ 早朝、朝日が照りつけているはるみ園に到着。まだ青い実もありますが、ほとんど採り頃になってました!

ブドウの冬季剪定を行いました。ブドウの新短梢栽培では、主枝を残して副梢はすべてせん除します。メルファーぶたがみでは去年苗木を植え、現在で丸1年になります。

『ゆこう』果実の収穫。昨年、植えた『ゆこう』。(畑名、荷掛)その『ゆこう』に、果実が、今年、成った。収穫した『ゆこう』果実。

先日の11月3日、文化の日に、稲木の脱穀を終え、本日、籾すりをして、一年目の自然栽培の玄米となりました。収量は28袋の14俵、田んぼは3反なので反収4,7俵です。

実はニンニクの定植は多分初めてっていうでっていうw うわらば(´。д゚`)まぁ何とかなりましたけどね!ただ、普通のニンニクとはチョッと違いますけど・・・

大根もだいぶ大きくなってきたので、隣へ感染する前に収穫することになりました。で、どのくらいなのかみるために抜いた大根です。

キャベツもぼちぼちと生育中 まだまだまだ土壌の水分は抜けきらず。春夏作の野菜たちと違ってこの状態はかなり辛いはず・・・・・・

お米、にんにく、と終わったと思えば早くもしょうがの収穫がすぐそこに一年でも忙しい時期がやってきました。我が下村農園には大まかに数えて4つの圃場があります。

佐々木農園では30年近く前から毎年(やらなかった年も含め)農業体験を行っています。徳島大学さんと5年前くらいからのお付き合いになります。

昨日と一昨日の2日間で友達が稗が多くて稲刈りを諦めた田んぼに行き刈り取りしました。型は古くても有ると便利なバインダーこれが無ければ思い付かなかったけど。

自分で稲刈りをする人が減ったため業者が混み合っているようで、だいぶ以前に頼んだのに順番が回って来ません 再度督促して昨日、やっと稲刈りをしてもらいました

白ネギの生育状況をブログで紹介したのは、かなり前ですがあれから、少しずつ成長してくれています 定植が遅かったので、ある程度育つ前に夏に突入……

とうもろこしが5本だけ収穫できました。あとは全滅。昨年はすべて全滅だったので、1歩前進です。なすびとトマトもまだまだ出来てきています。

清見タンゴールの摘果を一通り終わらす事が出来ました…。まだポンカンやサンフルーツ、伊予柑等は後回しになってますが

7月9日の記事で収穫量予測を計算してみたけど実際には茎数 粒数ももう少し少ないようです。そして登熟率ですが 坪14万粒以上になると60%まで落ちるそうです。

17日にTICO公募合宿の一環として参加者の皆さんと播いた大豆が、台風の暴風雨に流されもせず、ちゃんと芽を出しました。なんだかパワーを感じる「芽」です

見にくいですが、主木が枯れていて、台木から、トゲのある木が生えてきている。そんな、『ゆこう』を掘り出して、今年購入した苗木に植え替えをした。

ここ4日間は、生姜に、わら(稲の株を天日干しした物)を田んぼ全面に広げていました(後日写真掲載予定)。ピーマンの続きです。

現在の作業は、不知火(デコポン)・ネーブルオレンジの収穫をしています。他にも、苗木を植える準備をしてます。

畑の方ですが 2月5日に過リン酸石灰を追肥した玉ねぎは調子が良くなってきました。034.jpg葉色が濃くなって茎も幾分太くなった気がします。

ケール (青汁用)です。 9月に定植して 11月下旬より収穫しております。直径50cmにもなる葉を外側から採って行きます。今年はやられました

明日は本降りの雨のようなので、紅まどんな、甘平、はれひめの春の準備をしてきました。 春の肥料の前に、石灰をふっておきます。

順次、草取りを進めている玉葱の畑。 あちこちの畑にあれこれの品種を少しずつ植えてあり、ここは早生と赤玉葱。すでに玉は膨らみ始めている。

葉色も1日でずいぶん濃くなったので、この天葉の張りなら少し換気するだけで順調に推移すると見立てましたが、一部生ハゲだったり、縦じわが出ている玉が見られます。

1週間前に少し葉色が薄くなって過リン酸石灰を試しに1畝だけやりましたがその2日後に尿素を反当7kg程度他の畝にもやりました。

30日目(13.15僉砲ら収穫までに1.2僂阿蕕と鄲腓気擦燭い里任垢、後12〜14日、どうでしょう?なにぶん1年で最も日照時間が短い季節ですから。

今年はニンニクの面積増やしてしかも全部にマルチを張っりょるきん、マルチ張りの作業がなかなか終わらん。かれこれ一週間もこれにかかりきりなんやが。

今季最終の玉葱植え付け。 何度も書いているようにこの秋冬は畑の準備が後手後手に回り、玉葱を植える場所もそのつど急いで整えて。

忙しくてずっとほったらかしになってたもう1か所の畑里芋は雑草の中に埋もれてました。それでも株もとを見ると 大きな親イモが出来てます。

今日は急ではありますが、今週の土曜に行われる事になった稲刈り体験のお知らせです!!!下記の通り 決定いたしました 10月13日(土)  AM9:00

ブロッコリーの定植が最盛期やが。8月の末に植えだして、やっと半分の山を越えた。なんとか予定とそんなに違わずに植わっりょる。

各病害虫の防除の為の農薬散布や摘果作業に追われてます!日中の作業は避けて、比較的気温が低い朝や夕方に園に行ってますョ。デコポンの摘果作業に行って来ました。

ブドウは来年収穫できるようにするため、8月いっぱいまでに主枝2m延ばすよう、毎日心をこめて栽培中です(^−^)その中でスチューベンは元気がいいです。

2012年露地ピーマンの初出荷です。午前5時から収穫しました。収穫時は、雨でしたのでエビラで乾燥させました。重量は1つ25グラムぐらいでしょうか。

まだ、風は強いですが晴れて良い天気になりました  この春真っ盛りの天気では、れんこんの成長も盛んです。あっという間にビニールにつくぐらいに伸びています。

杭は、ハウスで使っていた鉄のパイプを再利用しているので、太い杭と、細い杭が混ざってしまいますが、オリーブの苗が植わると気にならなくなってしまいます。

雨の日は当然、作業ができるわけがありません!なので、そんな日は倉庫での作業になります。今は、残りの清見タンゴールの処理です。

苗土はこちらの有機園芸培土を使いました。昨年は5月にすべて畑に直播にしました。なぜ苗立てが必要なのかがそれではっきりしたので、今年から苗立てをします。

この辺では麦踏みやなくて麦しゃぎって言うんや 鎮圧ローラは2000mm。ほんとは2500mmとかが欲しかったんやけどこれしかなかったしあまりに広いと鎮圧効果なくなるし。

ハサミは、細い枝用と太い枝用の2本、それとハサミの消毒のアルコール液です。この消毒液が剪定では重要になります。1本ごとにハサミの消毒をします。

明日の出荷のために朝から選別作業です。出荷は早生みかんのほうです。前にも使った写真ですが大きさごとに選別しつつ、形や傷も考慮して選んでいきます。

今、私が密かに楽しみにしているのは、レモンの木です。野球ボールを少し楕円形にした感じの大きなレモンがたわわになっています。

作業の合間に「柿を採ってくるように!」っと、指令が…。今年はあまり柿は生っていない様です。カラスの餌になってしまうともったいないので…。

先日、ミエルスイートの初収穫をしました。昨年に比べると、少々 小ぶりでしたが、一般のご家庭や、量販店に最も好まれるサイズでした。

4月の暴風で、ビニールハウスがびりびりに破れました。多くの方たちの支援で、新しくビニールハウスの修理ができる事になりました。

今日は来シーズンはとても収穫ができない今年の春に植えた紅まどんなの園地で整地の作業です。先日運んできた土を根元のまわりにばらまきます。

農薬や化学肥料を使わず、露地栽培にこだわって作ってきたホウレンソウです。ここのところの暖かさと雨で、大器晩成とでもいいましょうか、ぐんぐん伸びてまいりました。

おかげで11月4日に発芽。直播する人間はやっぱりこの瞬間が一番感動するんじゃないかな。将来は稲も、、、直播かな?!

今週こちらは天気が悪く収穫も思うようにすすみませんでしたが昨日の午後からようやく収穫を再開して、ご注文いただいたみかんは本日までにほぼ発送完了しています

菌をうえてもらったシイタケ木のこと。畑山温泉に持って来てもらったけど1年が経とうとするのに、生えてこない…ダメなんじゃないか…と話していたところでした。

早くも発芽しました。上段に植えた白蕎麦は、大量に発芽!!ここ数日、ハトがうろうろしてるので、ジローの羽でもまかなければ…。

私達の圃場は、農薬を出来るだけ使わないようにしているため、毎日ハウスの中は、にぎやかです。食物連鎖で言うならば、まずは、ミミズです。

本格的な農作業が始まりました。夜明け前にほ場(田んぼ)に行って夜明けと共に作業開始です。(高知県四万十町の本日の夜明けは、午前6時40分です)。

ホントはもっと前にやっておきたかったこの袋がけ作業ですが、逆に年内にこれをやる暇があるということは、みかんが不作の時なので複雑な気落ちですね。

強い霜が降りたら、生姜がダメになってしまう。まだ総面積の10%ぐらいしか収穫していないのに、序盤から休みまくって大丈夫なのだろうか。

9月4日 カリフラワーを播種(72穴セルトレイ×6)9月7日発芽確認 9月8日 春キャベツを播種(72穴セルトレイ×3)白菜を播種(72穴セルトレイ×6)

やる気に満ち溢れているのだけれど、頻繁に雨が降るせいで、この時期にやらなければならない「生姜を植える作業」が、どうにも思うように進まない。

就農1年目は、休耕地をお借りして「はれひめ」「中生みかん」を合計375本植えました。今年は225本植えるのですが品種は「紅まどんな」「西南のひかり」という2品種です。

「いちご畑」で、葉かき。灰色かび病対策の荒療治の続きです。が、捗りません。葉っぱが茂り過ぎで手間取るのもあるけど、今日は予想外のことが多く...。

午後からは「甘平(かんぺい)」と「せとか」のハウスへ行きました。 「甘平(かんぺい)」も「せとか」も柑橘の品種の名前です。

ビニール袋を広げたコンテナに収穫したキウイを入れ、CSパック(鮮度保持剤)なるものを投入し(けっして怪しいものではない)、袋を閉じて2℃前後の冷蔵庫で保管します。

「いちご畑」で、葉かき・葉上げ。振り出しに戻って「あまおとめ」。約1週間前に、葉上げをしたと言っても、勝手に全ての葉っぱが紐の中に納まるわけもなく...。

台風で稲がなぎ倒されてしまったので、ちょっと心配なスタートでした、が心配は的中し、倒れた稲を刈っているうちに、無理がたたって古いバインダーが壊れてしまいました。

バインダーで刈った稲を脱穀機で脱穀して、残ったワラを高級な軽トラでワラワラと運んだ。このワラは保存しておいて、来年の生姜栽培に使う。

朝から水稲の防除作業です。2月に導入した丸山製作所のハイクリブーム。水田作業は初です 試運転のため6反だけしました。思った以上にうまくいった

しかしまあこれだけのニンニクをシートの下から引っ張り出してやるのは大変やが。2日掛かってようやく1/3くらい終わった。風がないのが幸い。

久しぶりにみかんの様子を↓↓早生みかんです。まだ直径3cmくらいでしょうか。これから4〜5カ月後に収穫です。

種まきをしようと昨夜水に浸けていた種もみを お風呂の残り湯に浸かって貰いました。今朝 確認した時点では まだ発芽の兆しなし でも予定通り 種まきに進みます

オリーブの樹の周りに生えたたくさんの草…!今年2回目の草取り開始です…♪雨のあとは、抜きやすく快適に作業が進みます。

2番茶の収穫に向けて毎日せっせと仕事してます 重労働が多いので弟に手伝ってもらいながら 暖かくなってきてますけど、ジメジメしてないぶん仕事はやりやすいですね!!

今日は、イチゴ苗の植え付け作業です。昼食は近くの下野保育園に招待されました。保育園の畑に大豆を植えて、それを味噌にしています。

ブルーベリの葉の方が色付き始めてます。サザンハイブッシュブルーベリーのニューハノーバーとオザークブルーの様子です。

昨年末から現在まで、山南農園のレタスが、今までにないほどの出来栄えで、ビックリしています。これがこのシーズン3回目の収穫期となったレタスです。

1月8日にポットに種を蒔いていたズッキーニはその後順調に発芽し、苗がポットで大きくなってきたので、山南農園のハウスの中に植え付けました。

絹莢(きぬさや)豌豆とスナック豌豆を植えた。 就農以来ずっと直播でやってきたが、今期は初めての移植式。豌豆類は生育期間が長いから草の対策に困る。

圃場2のパン小麦 冬の間 作付けがない場所は麦麦〜 です。収穫しなければ 春に土にすき込み大量の有機物投入っと!

竹チップの発酵具合は、どうなってるのでしょうか?変わり無く、もう少し様子を見てみます。不織布の中は、温かいのか汗してるように、イッパイ水滴が付いてました。

不織布のトンネルでかろうじて育っています。12月中旬に種まきした「フレンチ・ブレックファースト」かっこいい名前ですが はつか大根(ラデッシュ)です!

まず畝を作って、その上に油粕などをパラパラと適当に撒いていきます。 次に先のとがった三角のホーを使って、畝の中央に深さ10程度の溝を掘ります

ブドウの休眠中の病害虫防除を行いました。べと病・さび病等の防除にICボルドー66Dの50倍を、ブドウトラカミキリの防除にスミチオン水溶剤の1000倍を散布。

礼肥の準備です。800個に対して100gずつ入れるため、全部で80kg。油かすと骨粉が1対1なので、油かすが67kg・骨粉が13kg必要になります。

炎天下の中、定植しました野菜が心配で、翌日駆けつけました。おくらの成長も順調です。シカク豆もなり始めました。定植した野菜も根付いたのかな??

少しの夏の「一日干し」も終わり 秋冬作へ始動です〜 まず 育苗ハウスと第一部の播種(種まき)です。 播種したのは 20パレットほどです。

刈りながら思ったんやけど、37株と60株では全然違うなぁ〜。刈りよるときは慣行栽培も結構あるやんって思ったら案外、籾が少なかった。

今日から天日干しのほうじ茶に取り掛かっています。蒸して揉捻した後、2日間天日干しにします。仕上げは大釜で香ばしく炒りあげます。

今シーズンはブルーベリー狩りのモニターツアーを計画しています。あまり広くはないのですが、少しでも快適にブルーベリー狩りを楽しんでもらいたく準備をしています。

毎朝、出荷場では農家から運び込まれたメロンの検査をしてます 最近は14軒の農家が持ち回りで1日2軒の生産者が出てきて農協職員と一緒に外観などの検査をします

ホットキャップというものを初めて使ってみた。キャップの中はズッキーニ。72穴のセルトレイで育苗したものを120cm間隔で植え付け、ホットキャップを被せた。

今日でブライトウェルの剪定作業が終了しまた。ブライトウェルは、食味、収量、生育もよく、とても栽培しやすい品種です。

9月は畑の作業が思うように出来ませんでした。19日に人参、23日に大根の種を蒔いたのですが、芽が元気に出てくれたのでよかった。人参の方には不織布をかけています。

火曜日の早期米の出荷に間に合わすために稲刈り爆走中です 平日は父ちゃんが仕事からもんてちょこちょこ刈りしよったんでコンバインがこんなことに

一番最初にチップを入れた畑の半分の畝を三角ホーで軽く混ぜました。 チップを少し返してみますと、白い糸状菌が発生しておりました。

この畑も春になる頃までには、不織布をとってチップ畑に変えて行こう。 ニンニクくんと玉葱くん畑です。 所々に、霜焼けした玉葱くんが植わっております。

ハクサイの苗を700本ほど植え付けました。 今収穫中ですが、その内半分は虫でボロボロになり、それでも数植えたので、十分収穫できるものもたくさんあります。

背の高い樹はこれで最後になります。樹に登ったり三脚に登ったりとなかなか前に進まない収穫でもあります。 寒い日でしたが作業をはじめるとすぐにポカポカです。

毎日収穫々々がメインになってます。そんな中 春に向けトンネルのだいこんの状況ですー12月播きしたものです 冬は来た風がきつく 丈夫なトンネルが必要です。

12月に入ってコレも始まりました。 ミカンの撰果。 これまでは注文のあった分だけ撰果してましたが いよいよ、お歳暮の需要に合わせて本格的な出荷が始まります。

突然ですが写真の茄子をじっくり観察して下さい!次に、いつも食べてるメジャーな茄子を思い出して下さい!色や形、大きさなど、どこが異なっているでしょうか?

うちのコシヒカリもようやく穂が出ました♪4〜5日待って穂が3割ぐらいでたらカメムシの防除に入ります。ここで丸山のハイクリブームが役に立つ♪

今期は50本ほど数種類の新たな苗木を定植しました。 前から気になっていた新品種“津の輝”も少し導入しました。 3年前に品種登録されたばかりのニューフェースなんです。

雨の中さつまいもの植え付け作業でした。 今回は地元の小学校、幼稚園、地元農業者イベントでの植え付けです。ご覧のように天気ワルワルです。

5月初めに種まきをしたごぼうが芽を出し始めました。12月頃には収穫できるかな?水田の草取り作業ともち米の種まきをしました。6月の20日頃田植えのよていです。

今日は一宮白桃と川中島白桃の受粉作業をしました 棒の先の毛ばたきに、花粉をつけて、桃の花にチョンチョンと花粉をつける作業です。

栗木谷オリーブ畑で定植の準備…!オリーブの苗を配った後は、管理機で耕耘すると、土はふかふかです。石を取り除き…、いよいよ定植の準備は完了しました。

雨が多いと心配されるのが、大味になってしまうこと!が、当園は急斜面の段々畑で栽培している為、例年は水不足気味なんです。そう!今年は実に美味しいんです

色は白いけどな。今年は去年播いた種の残りと、今年買った違う種屋さんの種を両方播いたんやけど、今年買ったほうが先にふくれた。

昨年末に色々有り年を越して1月の収穫となりました。里芋は、雪が積もって雪溶け水が里芋に当たると腐りますので、下記の写真の様にビニールで覆って年を越しました。

一ヶ月ぶりくらいの雨なのでありがたいのですが、収穫待ちのいよかんにはあまりよろしくない様です。今日はポンカンの集荷作業をしています。

まだ1月なんですが、3月には夏野菜の育苗が始まるので、いろいろと準備をしています。昨日、各品種の資料をまとめてみました。

「いちご育苗畑」で、花芽もぎ、農薬散布。暇なうちに、親苗の世話でもしとこうかなぁって。雨避けハウスのお陰で、中途半端に温度が上がってるんで、一応、念のため。

「いちご育苗畑」で、花もぎ、追肥。3連休真っ只中ですが、『いちご狩り』は臨時休園中。肝心のいちごがありませんからぁ。お正月の予約も入り始めたけど、大丈夫か?

遅れに遅れていた、さつまいもの収穫作業です、 …やっと出来る。昨年の反省を踏まえ、肥料を控えめにしたのが良かったのか…、予想以上の収量!

やっとこさ今日サツマイモの収穫をしました。今年は10株の七福白芋を植えたのですが、収穫量はこんなもんかなぁ〜というぐらいです。逆に調子悪かったのが紅い芋の方。

枯れ枝をそのままにしておくと、困ったことになるので 注意して取り除くようにしているのですが、なかなか全ての樹を見まわって、 取り除くのは物理的に困難です。

10月から11月くらいにかけては色んなモノが収穫時期になります。うちの畑では、メインはブンタンを作っていますが、一部、ミカンも作っているんです。

収穫まで2ヶ月近くあるので、まだまだ青いです。四国地方で古くから栽培されているユズの近縁種です。 (ユズよりもフルーティな味と強い芳香があると言われます)

梅雨の晴れ間は貴重なので、黒点病にペンコゼウとダニのカネマイトで防除をやってきました。少しでも涼しいほうがよいので朝早めに園地に向かいます。

オクラの種まきをしました。6センチのポットに4個ずつ蒔きます。  種を蒔くオクラは2種類で、普通の六角オクラと、丸オクラ(島オクラ)です。

今年は寒い日が多かったので、なかなか発芽しなかったエンドウ豆。数か所は発芽しなかった箇所はありましたが、ここに来て揃って発芽・成長してきました。

この前記事にしたNT酵素ですが予定通り出荷用菜の花の圃場に散布することにしました。その前に動噴の吐出量が少ないのが気になってホースを交換してみました。

午前中、ディスクロータリ1町ほどやってあとは8反5セかな。残りは暗渠の工事してるんで終わり次第、鶏糞と美土里散布してからディスクだな。

山南農園で仕事をしていたら、農協の有線放送で「はっさくの受けこみを行います・・・」などと放送していました。 そこで、とりあえず収穫してみることにしました。

追跡していた玉は、14.5僂砲覆蠅泙靴拭70コンテナ、550玉ぐらい作業場に取り込みました。等階級分けはさとみの担当ですが、後の作業は家族やスタッフ達に任せます。

今日は鶏糞散布やら土改剤の引き取りやらあと何やったっけ!?砂利入れたり。圃場の進入口を整備してました。奥の圃場を今年から作ることに。

今週に入り市内の直販所に作物を出荷し始めました。人参をとにかく作りすぎているよね〜って感じでしたので、とにかく人参を販売するべくがんばっています。

農家さんがお米を受け取りにきたので、軽トラックにお米を積み込みました。それから、孫を連れてサトイモの掘り取りにいきました。

小雨が降る日は剪定枝の焼却がメイン。黒点病の発生を防ぐために大切な作業です。そして天気が良くなると農薬を散布!

「いちご畑」で、摘花、葉かき。また、ひととおり終わって、振り出しに戻ってきました。入り口付近の「紅ほっぺ」です。相変わらず、赤いのが見えませんねぇ。

ジャガイモの収穫をしたくても、できないんです1回目は順調だったんだけど、草引きを怠ってジャガイモちゃん消えていきました・・・。

8月播きの人参がようやくこれくらいの大きさに。今日明日出荷の野菜セット用に80本ほど抜き、戻って計ったら約10kg。例年なら50本もあれば十分この量に足りるのに。

収穫期を迎えたので、少し色づいてきました。 (ジャバラは少し色づいて緑の残る状態で収穫します)・栽培量が少なく希少なカンキツです。

最近は、トマトが終盤で、最終収穫が終わったハウスから、もう片付けにはいっています(^-^)/だからトマトが終わったからといって、なかなか暇にならない

ニンニクの植え付け真っ最中やが。昨日3畝半、今日は助っ人のハルオさんのおかげで8畝半進んだ。あと3畝弱。明日一気に仕上げて芽出しの雨を迎えたい。

見て下さい!!!!先週、植え付けした畑に。。。芽が出ましたーーーーー\(^o^)/他の所もちょくちょく〜出てますよー

防除にスミチオン水溶剤を使用しますが、「加用OK」にはなってなかったんで、ICボルドー66D単体で使用し、後日スミチオン水溶液を散布することにしました。

ナスがなり始めました…初収穫ながら秋ナスです(笑)先週は地元に帰省していたので、一週間、畑を見てなかったので作物の生長にもびっくりしています

農家レストランをしていますが、昔ながらの農家で、フルーツトマトの栽培にも力を入れています フルーツトマトの定植の第二弾を2日間かけてしました

久しぶりの畑です。父が栗坊の垣を作ってくれていました。杏の木に竹を渡して、空中栽培できるようになっています。一体、いつの間に!ありがとう、父さん。

ホーレンソウは9月から5月ころまで、場所を変えて農園内のあちこちに分散して蒔いています。今のような寒い時季には、種まき後ビニールを直接かけておきます。

今月の10日頃に植え付け予定の田んぼの準備をしました。月曜日頃雨なので、少し早めデスガ畝立てをしました。

たねまきをしました。白菜、マンバ、ホウレンソウ、ゴボウなどの種をまきました。来週には、大根、カブ、ミズナ、コマツナなどの種をまく予定です。

この秋冬どりのキャベツ。8月中旬からの雨続きで何もかもが遅れていて、だけれどこのキャベツはそもそも育苗そのものを例年より遅らせたから、雨のせいではない。

今年最初の稲刈り作業をしました。暑い一日でしたが、スタッフと交代でコンバインに乗り頑張りました!!日曜日にはもみすり作業をして、新米が出来上がります。

一週間前に種をまいた黒豆の芽がでてきました。これからの管理は、除草をしながら来月頃土寄せ作業があります。8月頃には花が付きます。

「いちご育苗畑」で、親苗の管理。足りてなかった「紅ほっぺ」の増殖をして、花芽を取って・・・特にする作業はありません。まぁ、一応、親苗の増殖は完了です。

例年ならこの時期まだ仕事していないのですが今年は、昨年末に仕事が終わりませんでしたので。仕事内容は、昨年11月半ばまで収穫していた、ピーマンの後始末です。

僕もみかんたちの寒さ対策を。みかんって一般的にはマイナス3度以下が2,3時間続くと中身が凍結してしまったり いろいろとあぶないって言われてます。

元木農園の体験農業として、もち米の田植えにはじまり、稲刈りなどをやりました。今年の体験農業の締め切りとしまして、うすをち使って杵でもちつきをしました。

畑にシャワーを浴びに行って来ました。 な〜んて。。。天恵緑汁などを散布してきたのです。 農薬まくのと違ってとっても爽やかで気持ち良かったですよ♪

こんな風にハウスの中にもう一つハウスがあるような感じです。 これはサニーコートっていう内張りのカーテン資材なのですが中に空気の層があって保温効果が抜群です。

さて、今日から本格的にはるみの収穫です。 黒いサンテという布で果実を保護していたのでそれを取りながらの作業になります。

ここ3日間はキウイ一色だったように思います。午前、午後とあわせて2トンほど出荷しています。朝一番は、農協のキウイの出荷作業にも行ってきました。

定植を目の前にして炭疽病が多くみられるようになってきました。炭疽病ってのは、葉や茎に黒い病斑がついて次第に広がり、枯れてしまう病気。

ヒノヒカリは順調に生育し、10月中旬には刈り取り時期を迎える予定です。つきましては、第2回親子農業体験(稲刈り)を開催しますので、参加者を募集します。

種いもにする、さといもを掘り出してより分けて埋めもどしました。今年は、種イモの腐りも少なく、きれいに芽が出てきておりました。

おがげさまで昨年より3日遅れで本日7本収穫しましたが、去年の2月15日の写真と比べてもアスパラガスは全然無いです…。

ハウスの中は北風もしのげるし、たまに顔を出す太陽のおかげで、それなりに暖かい。さすがに、蜜蜂が飛ぶほどではないけど、それでも十分。

いちごの品種紹介を作ってみました。って、『いちご狩り』開園前に作っとけって。毎年、内容は適当なんですが、今年は偏見たっぷり、完全に個人的な意見です。

今日は、茎ブロッコリーの圃場の写真を撮りました。契約先の大阪にある八百屋さんで生産者の写真(圃場をバックにして)を展示しているためです。

「いちご育苗畑」で、定植前の苗整理。連休も終わって、定植再開です。今日も苗の整理担当です。一番乗りの「あまおとめ」は午前中に終わって、続いて「あきひめ」です。

マルシェ向け 作業の合間に園地をまわるところからはじまり、あれやこれやとしている間に発送の木曜にはバタバタと時間に追われて、ギリギリセーフで収穫・発送

「いちご畑」で、葉かき、花出し。なんですが、相変わらず捗りません。なんといっても、春休み真っ只中ですからぁ。『いちご狩り』は、今日も大盛況。さすがは春休みっ。

「いちご畑」で、週末の後片付け。いちごを食べ尽くされた果梗や、食べ掛けでプランタの中に捨ててあるいちごを探しながら、取り除いて...。

「いちご畑」で、葉かき、摘花。作業中、葉上げに紐に絡まった花を発見。このまま放置すると、折れること間違いなし。ってことで、救出を試みようと...。パキッ!

太陽は分厚い雲に隠れ、いくらハウスと言っても肌寒い、『いちご狩り』日和には程遠い日曜日。ただ、それなりにいちごはあるんですよねぇ。

「あかねっ娘」の摘花です。こんなに大きな花まで間引いてしまいますよぉ。ちなみに、これで7果。普通、10以上残すんで、かなり少ないです。

秋野菜に堆肥の汁を発酵させて作った液肥を追肥としてかけました。化学肥料に比べて、何十倍も時間がかかりますが、美味しい野菜を作るためには、手間暇がかかります。

「いちご育苗畑」で、苗の切り離し。ちなみに、これが作業前。ランナーが縦横無尽に伸び放題、絡み放題で、ごちゃごちゃと込み合ってるのが一目瞭然。

さくら農園もいつか鶏を飼いたいな〜と思っているのです。思いもかけない量の野菜クズが出ますし、米の自家精米をしているので、外皮や糠なども出ます。

今日は朝から春肥を農家さんに配布するお手伝いに行ってきました。20キロの重さの肥え袋をたくさん運んで腕が腰が骨が曲がりそうです^^

今日はゼンマイ畑でゼンマイをたんと採ってやりました。母上と2人でしたが、母上の方がはるかに採るのがうまいのでした。午後はタラの葉とタラの木を採りました。

「いちご育苗畑」で、農薬散布。週に1度の定期的な炭疽病の予防です。今回は、他に問題なさそうなんで、殺菌のみで。

久々の晴天で、お客様のご要望の大根・人参を収穫し、雨を受けて太ったブロッコリーを収穫したり、いただいた菜の花を植えたりしました。

れんこんは、土からでてきたとき、れんこんの節に根っこのような細い毛のようなものが沢山ついています。ということで、剃らせて頂きます。

上半身だけ合羽をl着て作業をすることにした。まず、お盆明けにパレットに種蒔きして3cm位に伸びた白菜、キャベツ、ブロッコリーを地植えすることにした。

午前中サトイモを掘り取り、午後からコンテナに詰め込んで倉庫まで持ち帰りました。今日でサトイモは全部掘り取りました。販売に応じてサトイモをきれいに仕上げます。

野菜が売り切れたようなので、朝から収穫をして準備をしました。 今は、秋野菜の旬なので、野菜の種類が多くなってきたので、準備に半日ほどかかりました。

こちら愛媛西宇和。我が家はイヨカンの収穫・選別・出荷の真っ最中ですが、同じ地区ではデコポンの収穫も始まっています。

10月20日の土曜日にもち米の稲刈り体験を予定しております。汚れてもよい服装で、カマ、手袋、タオルなど持参のうえ現地集合とします。

畑の作業は10月8日に播種した人参とかぶ 12月30日に播種した水菜とターサイへざぶざぶと散水です。カブも12月の中ごろからさほど大きくはなっていません。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2017-07-20 12:07:51

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>