この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

ぴたらファーム収穫祭2012「まじわりのわ」スタートです。Sabunyumaのパフォーマンス。アフリカ太鼓とダンスで会場が一挙に盛り上がります。

台風17号で稲が倒されてしまい、このままにして雨が降ると品質が落ちるので、稲刈りを当初の予定より1週間早め、全て手刈りにします。日時 10月12日(金),13(土)

横浜からNさんご家族が農体験に来てくれました。みんなで子育ての話や、田舎暮らしの話などをしながら、のんびり楽しくサツマイモの収穫です。

ぴたらファームでは10/6(土)〜10/8(日)でオープンファームを開催しました。今回のオープンファームはたわわに実った稲の収穫作業をメインに行ないました。

現在、甲斐路狩りを開催していますが、畑に到着して、試食が始まると、その甘さに大興奮 甘〜いの歓声が嬉しいですね

早生みかんが出回ってきましたが、畑のみかんはようやくここまで。数が少ない分、大きい実がなりました。もう、ひと月ぐらいかかりそう。

今年も無事お米の収穫ができることに心から感謝です♪田んぼクラブのメンバーは東京・千葉方面から、富士から、朝早く到着。何だか皆さん嬉しそう。。。

10月20日(土)に、中央市内の保育園児が稲刈りを体験しました。開会式では、田中市長にあいさつして頂きました。作業内容・行程の説明を受け、いよいよ稲刈り開始です。

収穫祭の詳しい内容が決まりました!ぴたらファーム収穫祭2012つながりの「わ」〜Tsunagari No "Wa"〜あなたが思い描く「わ」はなんですか?

イモ掘り日和に恵まれ、田無イモ掘り隊がサツマイモを掘りました。掘ったイモを倉庫に移し、お土産の袋詰め。みなさん10キロ袋にいっぱい詰めてお土産にしました。

曙大豆体験フェア初日には、最高の日です 飯富会場には、開園時に70名程のお客様に来ていただき、フェア初日のセレモニーにもお付き合いただきました。

10月13−14日、日野春校で「古代米の稲刈りとおもちつき」のプログラムが開催され、7組18名の参加者のもと実施されました。

『さつま芋の収穫体験イベント』を開催しております  同時に、マルサマルシェ Cooking Studioでは『スイートポテト作り』 を開催中です

今日は、春先からうちで職業訓練をしてきた障害者施設の方々とピオーネやゴルビーの収穫祭(?)をしました。集まったのは指導の方を含め12名。

畑に到着後、係員の説明を聞きながら試食をして頂き、収穫体験スタート翠峰×1房とベリA×1房を収穫して頂き、収穫したブドウは、持ち帰りができます。

昨日は↑当農園でこんなイベントがありました 土曜日なので保護者の皆さんも多く参加してくださいました 大きなお芋がたくさん採れましたよ。

今年の本当の十日夜(旧暦の10月10日)は11月23日です。野菜畑では今年一年の収穫に感謝して、少し早いですが、11月5日に十日夜(収穫祭)をします。

2012年10月14日(日)〜 21日(日)午前8時から午後5時の間 いつでもご都合のいい日にご参加ください。無農薬・無施肥の安全な田んぼで稲刈り・はざ掛けをします。

昨日のお泊まりの県外のお客様や、県内のお客様で賑わった連休初日の午前中。お昼過ぎ、ぱったりと客足が遠のきました。

自然と実りと皆様に感謝!★10月20日「ノッツ収穫祭」開催★杵と臼でつくお餅つき大会や昔の農具での脱穀体験、レクリエーションゲームなど、盛りだくさん!

カテゴリ:農作業体験|テーマ:山梨県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

下川井の休耕地で農業体験を実施しました。種芋を植える頃に芽吹いていなかったので、発芽するか心配だったじゃがいもの芽かきと土寄せ作業を手伝っていただきました。

台風が来る前の9月29日、新作の畑にて、農体験をしてきました。「育てて食べよう!マイベジタブル」という企画で、4回シリーズの第2弾でした。

脱穀の実習と来年の準備作業として藁の裁断や散布をしました。あっという間に袋詰めされるモミと取り外されていく、はざかけされた稲束を見て、驚かれたようでした。

本日12名の参加。津久井在来大豆と黒豆大豆をまいたが、今回の枝豆の収穫は黒豆が中心。黒豆は甘くて美味しいのである。

稲刈りのお知らせです 10/6土、10/7日 10時〜 都筑区大熊町田んぼ(有々畑、えんちゃん農場、みらくる農園) 共同田んぼ

まずは稲刈りです。「どこから刈ろうかなあ」「ぬかるんでいない所がいいなあ」「うまく刈り取れました!イエーイ!!」「おかーさん、どうやるのー?」

ついに稲刈りです!大勢の参加者が集まってくださいました。ありがとうございました!さあ、稲刈り開始!簡単な説明の後、鎌と紐を持ったら、後はおまかせです。

今日は小松菜「なかまち」という品種をシーダーテープを使って種まきする、という予定です。参加者は、親子9組。ご挨拶をして、さっそく体験農園の始まりです!!

今週末の20、21日と小田原ダイナシティウォークで秋の収穫祭が行われます!21日には私のお野菜講座があるとか、ないとか?気合い入ってますのでヨロシク!です!

総合学習“米つくり体験”最終章は 「稲刈り体験」です。^雋△蝓´△呂気け C穀 い箸Δ漾―臠屬法岼雋△蝓廣諭崑ね」⇒「はさがけ」体験

9月29日にいよいよ待ちに待った自然耕塾の稲刈りをしました。約4畝、120坪を正味約4時間で刈り上げて、干し上げました。皆さん、夢中で稲を刈って、汗をかいていました。

横浜市保土ヶ谷区で、土づくりから品種や鮮度にもこだわって野菜を生産している農家の農作業をお手伝いします。活動日:2012年11月17日(土)10:00〜16:00

8時30分に一度学校で道具を準備して、Kさんの田んぼへ出発!祝日なのでかもボラ内のお子さん達にもたくさん参加してもらいました!!

東京家政大の環境教育科のみなさんとは3年目のお付き合いになります。田植え、草取り、そして稲刈りにやってきます。約7畝田んぼで稲刈りとはざかけを体験しました。

昼過ぎには晴れ間も見えてきました。津久井在来大豆の枝豆は今が食べ頃!今日は枝豆の収穫体験と試食の会を行いました。

10月14日は、神奈川県の三浦でエネルギー農の体験会を開催します。体験内容はと言うと ・土地の精霊との対話(チャネリング)・野菜が喜ぶ接し方、育て方

最後の農業体験イベントです。この日のテーマは、麦。小麦の種をまき、今年の6月に収穫した小麦を石臼で挽き、ふるって粉にして、畑の野菜と一緒にいただきましょう。

今年も全ての洋なしを収穫しました!とは言っても最後はお客様に収穫して頂き心から感謝しております・山梨大学生初め、バレーボールサークルの12名様

カテゴリ:農作業体験|テーマ:神奈川県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

もう1チームの稲刈り体験を行いました。当日は「本当に天気は急変するの?」と思うくらいの良いお天気 スタッフを含めて40名を超える方々にお集まりいただきました。

新井宿フェスタでは、農産物収穫体験バスツアーを行います。 この機会に野菜がつくられている広大な畑で土に触れ、収穫体験を楽しんでみませんか。

H24年度 さつまいも掘り体験開催しました。マルチをかけたままままにしておいたせいか、芋ほりにはちょうど良い土の状態でした。

今日の主役たちは、熊谷農業高校から来ている若いみどりの戦士達です。農業体験で4日間霜里農場で勉強します。冬野菜の鉢上げをしたり、配達に行ったり、大忙しです。

観光芋掘りのシーズンが本格化してきました。今月いっぱい、尾崎ファームでは子供たちの賑やかな声が毎日響き渡ります。

只今、尾崎ファームには3人の実習生が来ています。実習期間は農協の新人職員(2名)が三日間。埼玉県農業大学校の生徒が二ヶ月半。

どんなキノコがあるのか、本当にわくわくした観察会になりました。40名の参加者がきのこの生態を知り、きのこを観察し、きのこを探しました。

11月23日(金)勤労感謝の日 恒例 第27回 見沼の新米を食べる会 第14回見沼田んぼ福祉農園 収穫祭

内容 『さつまいも収穫体験』 さつまいも収穫体験後、さつまいもおこわ+味噌汁でお昼にします。日時 10月 8日(月)  午前10時〜午後1時

広い畑に入り、皆さんが園長の話を聞いてもらいました。約120人、園長を囲む輪はそんなに大勢の皆さんがお越し頂いているようには見えません。

今週末 サツマイモの収穫を行います。10月6日(土)14:00〜自宅に集合。参加できない方は10月7日(日)14:00〜行いますので、そちらに参加してください。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:埼玉県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

大豆収穫の日が決まりました。この作業はたくさん人が必要です。お友達誘ってきてね 日 時:12月8日(土)  午前10時〜 

「稲刈り体験」「収穫した新米の試食」「里山の保全・再生」「田舎と都会の交流」を目的として、WWOOF(労働と食事の交換)方式で稲刈り体験と収穫祭を行いました。

10月の「田んぼと畑の自給教室」は「収穫祭」まずは、朝一番で根本さんがとってきてくれた「丹波黒大豆の枝豆」の鞘取りです。

葉物野菜の種まきをする一方、先に種を播いておいた葉物野菜の収穫もいたしました。 皆さんが、手で一粒一粒種を播いてくださった野菜たちは、順調に大きくなりました!

8月4日にまいた蕎麦の種、2ヶ月でこんなに立派になりました。そろそろ収穫ということで、前回の種まきに来て頂いたメンバーで収穫体験!!

自分たちで収穫した野菜は、美味しさも倍増 さといもの収穫は、3株1000円。11月頃まではできるんで、是非体験してみてください

午前中、佐倉の仲間で唐木さんのところでヨガして午後はサンバファームで農体験。今日は、畑見学と落花生・生姜収穫体験。生姜掘るだけでチヤホヤされんの!?

教室では、皆さんそれぞれがレタスの苗を定植できるよう、2回に分けてレタスを定植しています。 レタスの定植は、水曜コースの皆さんに先行してやっていただきました。

10月6日(土)より枝豆の収穫体験がスタートいたしました!真夏の太陽をいっぱい浴びて、秋の雨を受けたおいし〜い枝豆が、たんぼはうすの畑で日々成長しています。

本社から来年の内定者の方がファームに研修に来られました 午前中にさつまいも収獲 午後から人参の除草作業

船橋市車方町にある山田農場の畑で、約80種類の野菜の有機栽培を体験しましょう  有機農業のイロハから、本を読んでもわからない勘コツなど丁寧に指導します。

ニンニクの植え付けを皆さんにしていただきました。ニンニクは、りん片1個が1つの種になります。1つのりん片が「たった6倍」にしかなりません。

今回はワークショップ・体験系のレポートをしたいと思います まずは農作業体験ツアー 1回目、2回目合わせて14名の方々が参加してくださいました!

9月に行った古代米の刈り取りに引き続き、今度は、古代米の脱穀作業を行うこととしました。  来週の土曜日、27日 9時によもぎかん集合となります。

第1回「武井ねぎ収穫祭と13湯麺」日時 11月4日(日)営業時間 11時30分〜15時 メインイベント!「ねぎ堀り体験 ネギ詰め放題付き」 500円

大事なことですので、少しだけ虫食いがあったハクサイ畝を水曜コースの皆さんにじっくりと観察していただき、そして虫退治に挑戦していただきました。

9月に種を播いたものはぐぐーっと大きくなって、一株分の生育スペースが手狭になり、間引きを必要な頃合になってきました。こちらは「ベビーかぶ」とでも言いましょうか。

地元幼稚園と保育園の園児達に小松菜の収穫体験をして貰いました!うぐいすと共に400人程の子供達が一生懸命小松菜を収穫していましたよー。

実土里では田植えや稲刈りをはじめ、トウモロコシ、落花生、サツマイモなどの農業体験も実施。お気軽にお問合わせください。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:千葉県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

江東区の脱穀では、足踏み脱穀機を使いました。昔ながらの機械!稲から籾をとります。囲いを付けて、とれた籾や細かいワラが飛ばないようにしました。

いよいよ待ちに待った稲刈り体験の日を迎えました。小学校から田んぼへ移動です。「わくわくするなぁ〜!」1年生から6年生まで1列に並んで稲刈りをしました。

多くの方にこの稲刈りに参加していただきました。まず、樋渡ヘッドコーチのオリエンテーションの後、稲の束ね方を全員に伝授。

一週間前にHIWヘッドコーチが田から水を抜く落水という作業を行いました。てび刈り、てび付け、稲刈りの前に畔の雑草を刈ってから集めて片付けておきます。

白菜、カブ、大根、ラディッシュ、水菜、小松菜。冬が旬の野菜たち。今回のMerry Farming 屋上農園では「笑顔の冬野菜を育てよう!」を開催。

轟音とともに稲穂の脱穀をおこなう脱穀機をつかって、全ての稲を脱穀していただきました。 皆さんの田んぼから収穫したお米(籾付き)は約180kgになりました。

先週末の20日には、屋上の稲刈りが行われました 当社社員とその家族の他、屋上緑化の関係者や取材の方々など総勢100名以上の方が稲刈りに参加しました

東京都農住都市支援センター、恒例の「江戸東京野菜短訪ツアー」が今年も11月に実施される。亀戸ダイコンと伝統小松菜などの収穫体験をしてもらうという企画です。

予定していた7日日曜日は雨になってしまいまいたが、前後の二日間に皆さんご参加いただき、無事稲刈りを終えることが出来ました。

10月24日に今年育てた作物の収穫を行いました!さわやかな秋空のもと、メイドさんに萌え米、ショウガ、さつまいもの収穫と苺の苗植えをしていただきました。

Merry Farming 屋上農園「笑顔の冬野菜を育てよう!」開催日:2012年10月27日(土)13時〜15時 1.〈知る〉土を耕してMERRYな冬野菜の種をまこう/13:00〜

田の畔際にミニ水路を作ります。このミニ水路を「てび」と言います。てびを作るために田の上側の畔際にある、稲をぐるりと5株程度刈り取ります。

今日はお手入れのクラス。雨が降った後、また虫の活動が活発になるようで、野菜の種類にもよるのですが、虫に弱いお野菜には、虫食いのあとが広がっていました

昨日はキッズ土育のお手入れのクラス 9月に種まきをした野菜が順調に大きく育っているものの、見てみると、穴があいてしまっている野菜がちらほら

今回の秋野菜の保存方法をやっているところです。これから、霜が降ってからの話ですが、事前に知っていた方がイイと思うので、毎年最後の講習でやってます。

11月10日(土)「春野菜の定植をしよう!」 を開催します! 今回、遠藤農園の農業体験では来春収穫する野菜、「キャベツ」「タマネギ」の苗の定植を予定しています。

昨日、くにたち蜜源ガーデンで収穫祭を行いました。ガーデンで飲めや歌え…の前にしっかり作業をしました。さつまいも大豊作!さつまいもの葉の陰からカボチャを発見!

今日は、多分最多の90人の参加でした。盛り上がるハズです。 お子様用に用意した「ドロ遊び場」も一部、大変に盛り上がってました。

せたがや自然農実践倶楽部では秋の収穫祭・感謝祭を2012/11/18(日)に行います。恒例の収穫体験やお餅つきはもちろんのこと、今回はライブ・イベントも充実!

今回収穫の先生をつとめてくださったのは、あいよ農場のたまきさん!!子供達と家族の皆さんに、収穫のやり方をレクチャー まず最初の収穫ターゲットはこちら!

冬野菜の収穫やさつまいものツルを使ってクリスマスリース作りを楽しんだ後は収穫したてのお野菜で作った軽食でちょっぴり早いクリスマスを楽しんでいただきます♪

晴天の中の講習会でした。参加自由と行事で、人出が少ないと思いきや、意外と盛況でした。今回は、管理講習ということで、里芋を掘ったり、追肥の仕方をやりました。

畑の収穫&作業日和となった本日。まずは本日の主役、ピーナッツの収穫からです! 虫に食われることもなく青々した葉をした落花生の畑。

「ソラマメ」。スナップエンドウ等、沢山の種類がある「エンドウマメ」今回、遠藤農園では来年の初夏の収穫に向けてこの2種類の種まきを予定しています。

今週末は春に植え付けた さつまいも収穫の収穫体験を行ってます 午前中は ご近所さんがいらして掘り堀りしました

今回のミッションは、草取り、台風で倒れた大豆の補強、そして枝豆の収穫です。まず、みんなで畑に入り、草取りと補強。大人数での作業だったのでかなりスピーディー。

9時過ぎに田んぼへ到着した児童たちは、安全最優先にすることの注意と稲の刈り方を指導された後、さっそく田んぼの四方にちらばり、一斉に稲刈りを開始しました。

第5回イベント「タマネギの植え付けと幻の城南小松菜の収穫」を開催しました。また、雨が降りました(笑)雨乞いより確実なT's Farmのイベント

今年も「丘の上の収穫祭2012 in SCSK多摩センター」を開催します♪開催日は11月10日(土)、会場はSCSK多摩センターです。

都会で農業を体験できるプログラム ファーム・エンターテイメントat 遠藤農園10月13日(土)のファーム・エンターテイメントは「秋の実りを収穫しよう!」 を開催します!

土曜日のキッズ土育では、秋冬コースではじめての収穫を行いましたー収穫したのはコレ!このわさわさ茂っているのは………春菊!!!

「秋の収穫体験」してみませんか?●10月28日(日)10時 畑に集合●入園・体験料 300円(1人)●持ち物 敷物・軍手・ビニール袋・飲み物(弁当は自由)

どろんこになってしまいましたが、参加者の方も合羽を着ての芋掘り収穫体験。子どもたちは雨降りの中の畑を楽しんだようです。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:東京都での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

先日”椎茸ガードに塩”のことを書いたが、これは、有効なようだ。以前は、ナメクジに椎茸がかじられて破片しか残ってないことが度々あった。

今回は、コンバインで稲を刈った後の作業を紹介します そのヾチ腟,1昼夜乾燥させ、同時に藁や埃を飛ばします その¬眄△蟲,婆發簣里覆匹噺縞討鯀別します

我が家はようやく稲刈りが終わり、稲の「掛け干し」をしています。 稲刈りの時に最後の一手間をかけ、稲の刈り口にビニールをかぶせています。

今年の秋は晴天続きで、掛け干しでの籾の乾燥が順調に進みました。このハーベスター(脱穀機)に天日干ししてある稲を一束ずつ通していきます。

果実が色づいてくると、今年も始まりましたこの現象 それは・・コレ  イノシシ被害です 今年も始まりました・・ 本当に困った奴です

少しひんやりした朝でした。それでも、ほだ場の椎茸はこんなに大きくなっています。 昨日は採りかごに十数杯でしたが、今日は50枚差しの乾燥機が満杯になりました。

大根の間引きをしています。間引きをしながら思うことですが、「1粒ずつでも良いのでは!」と。 今年は、黒マルチに穴を開けて、大根の種を蒔きました。

さて、昨日とはうってかわって本日はまた収穫です。こちらも極早生みかんですね。品種は「大分早生」です。こちらも全部収穫してしまいます!

ありがたい新米の発送に追われつつ、古代米掛け干し作業をしております。いまは、緑米と赤米の紅吉兆が掛け干し完了。

いい天気が続いていて、柿園ワークが気分よいです 農薬微量でも、まったくかけないよりはマシとよくわかりましたが今年の柿もへたムシにやられ放題

収穫まであと一ヶ月くらいだろうと思っている「ジャガイモ」見たところで、別段・・・・ただ思うのは、ジャガイモのふかし芋を食べたい

カッパを着て、れんこん掘り開始。どんどん雨がひどく降って来ます。掘った泥が雨水を含んでドロドロになり、掘った場所に流れ込んできます。

白菜、キャベツ、ブロッコリーの冬の3大野菜の定植。お昼ご飯を食べてから、稲刈りで活躍したブルックリンの清掃、グリスアップをして格納庫に戻しました。

秋も深まり、だんだん畑も落ち着いてきた感じです。残す大仕事は、玉ねぎの植え付け、サツマイモや里芋の収穫、などなど。

収穫・出荷を迎える「あまくさオレンジ」も、随分と色づいてきました。収穫まであと1ヶ月ほど。黄色からオレンジ色へと最後のお色直し中です。

10日午前中、手植えのある2枚の田の脱穀をやった。ハーベスターを持ち込みビニールをはずしたりと前準備を終え、10時ごろから脱穀を開始

大根順調に育っています。(宮重総太)初期は殆どが虫食いがありどうなる事かと思いましたが何とか順調に生育中です。

鹿児島から 地鶏料理が食べたい〜♪農業体験がしたい〜♪と お泊りのお客様。栗拾い体験にレッツゴ〜♪ももくり家の栗は少ないから くり農家さんとこに行きましょか♪

6月17日に一本植えで田植えをしたゆっくり村の赤米田んぼ。結局苗が足りなかったので、半分は緑米が植わっています。来たる10月20日に稲刈り&食事会を実施します。

ここは永田農法専用の畑。 昨日の白菜や小松菜も永田農法なのですが、割と地力がある場所なので永田農法の基本に沿わない場所でも有ります。

今年から欲を出して雨よけのトマト栽培を始めました。それで、数年ぶりにビニールを張ったのでどうしても灌水施設が必要ですので、本日作業開始です。

なんとか収穫時期を迎え、城島町認定農業者役員有志は幾分ネットに絡んだたわわに実った『山田錦』を取り外し、収穫準備が整った。

今日は体験農園の遅れている園主の分のオクラとゴ―ヤを遂に撤収する事にしました。オクラの畝に植えていたモロヘイヤとエンサイも一緒に撤収です。

オリエンタルスターと同様、糖度の少ないシャインマスカットを放置していたのをカラスが4粒ほど食べ散らかしていた。

ジャンボインゲンですが、すっかり大きくなってくれまして。そろそろ収穫してもいい感じ(´▽`)ってことで採ってみたらばこれぐらいでした。

今日は収穫したサツマイモの選別 つるから切り離し役 選別役に別れて作業 先週末から月曜日にかけては大根の補植をしました

さて、栗のイガの中身なんですが、実の数はいくつ入っている というのが一般的な栗のイメージなんでしょうか??

通常通り農薬を使用して栽培している晩柑です。農薬は控えめに散布していますが、これは中でも綺麗な方です。こちらは、昨年から試験的に無農薬で栽培している晩柑です。

24年度産の梅干作業を開始しました  今年度は病気の発生も多く、日照量も少なめだった事から品質的にはやや不安が残る中での漬け込み作業でした

今回収穫するのは「紅三尺(べにさんじゃく)」という品種です。「三尺」と名前がついているとおり、かなり大きなブドウです。

雨が降らないというとは野菜の味が凝縮されます。涼しくもなっていますから、夏野菜がとてつもなくうまい!決して、私の作り方が良いとかじゃなくて、自然のおかげです。

夏の終わりごろにそっと植えておいたキュウリも育ちが悪い。そしてトマトはというとすっかり片付いてこのとおり。後はここにスナップエンドウを植えてターンエンドです。

「玄米選別機械」です。 玄米の状態なのに、中のお米の色や質を厳しくチェックする機械です。まずは、タンクから刈取って乾燥させたお米をもみすり機に入れます。

7日秋晴れの中でオーナーの方と地元の皆さんで稲刈りの体験をしました。皆さんで稲刈り体験しました。藁で結ぶのはなかなか難しい体験です。

泥だらけになって、幻の唐比れんこんを掘ってみませんか!水圧で掘る方法ではなく、泥を自分の手で、はねのけて掘りあげます。

三連休には、またまた東京の頼れる兄と、姪っ子ちゃんが、畑作業をしに来てくれました(*^o^*)ついに、キャベツの定植

そろそろ色づき始めた。20個ぐらいは生っている。すでに色づく前のものを5,6個収穫している。「柚子コショウ」をつくってみるとの友人。

「親はなくても子は育つ」的に健やかに育ってます。白菜が結球態勢に入ってます。この時期に虫退治の薬を一回散布しておきます。

自家育種しているサツマイモ。今回は2番のみ苗取りを行い、来年行われるMOA沖縄幼児学園の遠足の収穫体験用に植え付けます。

茶園の施肥、秋の整枝作業がようやく終わった。あ〜もうとにかく重労働。 そしてまた今年5回目の農繁期がやってくる。今度はサラダタマネギの定植。

いい感じになってきましたです。(三浦大根です)中々生育状態もいい方だと思います。老化葉、活動葉、伸長葉とバランスがいいように感じます。

父が稲を刈り始めているところです^^真ん中の写真は、9月のお米の様子です。稲穂も金色色に変わりはじめました。下の写真は、9月にスティックセニョールを植えました。

じゃが芋の芽かき、追肥、土寄せをしました。最後に乾燥防止も兼ねて堆肥をバケツ一杯被せました。大葉春菊、中葉春菊、チンゲン菜、赤カブ、ゴボウの種蒔きです。

畑の山芋ですが、葉っぱが黄色くなってきてボチボチかな?と思い、掘って見ました。 弦の根元を頼りにスコップをズコッと入れて掘り返しましたが、ん〜。

栄養の宝庫といわれ、デトックス効果もあるマコモダケの収穫を体験してみませんか?10月限定企画です。中華では高級食材として用いられるマコモダケ。

好天。北風が気持ちいい。乾いているので、10時頃から稲刈り。籾はさらさらしている。今週はずっといい天気のようだ。倒れていないのでサクサク刈れる。

ミニトマトの苗3種類は順調に育っています。風が強いので、ちょっと萎びていますが大丈夫です。苗の避難先を確保しておかないといけませんね!

有機の里 宜野座村で楽しく農業体験をはじめませんか?農体験ってどんな事をやっているのか気になりますよね?10月13日(土) 沖縄伝統野菜の値付け

本日もとうがらし畑のお片づけでした。今日は大きいハウスの中のとうがらしを全部片づけました。ここでも支柱縛っていた紐を切って 支柱を全部抜いてしまいます。

体験コースの皆さんが育てられている作物の報告です。まずは、大豆。枝豆が沢山実ってますね。 枝豆収穫は10/13(土)です。

秋の天芯農場では、トマトの手入れと並行して秋野菜はすくすく育ち、冬野菜の植え付け作業も順調に進んでいます。秋野菜の代表選手といえばサツマイモ

ショウガを一株掘ってみました。思っていたより、細いです。もう少し大きくなるかしら?里芋も一株。まあまあだけど、歓声が出るほどではありません。

今から畝立てをしようと思った矢先なのでがっくりorz作業は明日に順延!!まあ、雨が降る前に熊坂ヒルズは間に合ったので、播種しまくりました。

稲刈りまで、あと少し。黄金色がまぶしいです。よく育ったなあ、と毎日しみじみ眺めてます。虫除けネットの中のキャベツやブロッコリ。キャベツは、来週から出せそうです。

さつま芋掘り体験が始まりました 慎重に少しずつ掘っていき‥さつま芋ゲット〜自分で掘った芋は、買ってきた芋よりもきっと何倍も美味しいですよ

種をまいた秋野菜の双葉が食べられ、まったくです。 何で人間がまいた種の双葉は食べて、自然に生えた草の双葉は残るんでしょうかね。神草さんは本当に元気ですよね。

キャベツの苗を定植しました。予定では、畝幅1.6mに2条植えの予定でしたが、耕運した部分を測ると、1.6mではちょうどにならず、1.8m幅になってしましました。

定植2年目の若木ですが、文句なしに美味しかったのはオニールでフクベリー、ブライトウェル、パウダーブルーの順に美味しかったですね。

午後から、雲仙&天草の若手で行っている『半島を渡るこどもたち』プロジェクトの一環で農業体験をおこないました(^^♪

cafemomoが契約する田んぼでは、『昔ながらの、鎌で稲刈り&掛け干し』を実施します。ぜひぜひ一緒に体験してみませんか?体験は無料です。

9月いっぱいかかりましたが、約40000株のイチゴの定植が終わりました。植え付け終盤は思いもしなかった台風の雨でしたが、イチゴには恵みの雨になったようです。

昨日蕎麦の収穫途中でコンバインが故障(>_<)残りは朝早くから収穫予定でしたが、雨が降ったりやんだりで、ようやく収穫終了。

トータル100キロほど出荷できました。栗農家としては少ないほうだと思うのですけど、通販一年目の週末農家としては、十分満足できる数字だったと思います。

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

苦土石灰、無事散布終わりました。昨日朝、8時前からブロキャスで散布開始。約6時間で終わりました。今年の裸麦作付け面積は9町3反だったかな。

みかんのほうは気温がさがった分、どんどん色付いていっております。極早生みかんの収穫の様子です。今年も早生温州のお届けを始めました どうぞよろしくお願いします

無施肥無農薬で作ったお米を、遅れて今日刈り取り天日干しにしています。イノシシ除けの囲いの中で、よその田んぼに遅れを取りながらも何とか無事収穫できました。

明日から販売開始しようと予定していた極早生みかんですがまだ酸味が強いです。急ぐわけではありませんが、夏場にかん水していなかったので今更ですがやってみることに。

栗木谷オリーブ畑のルッカ種…。ルッカ種の実は、いい感じに熟れてきている樹が収穫をまっています。 これぐらいだと、まだあおいのですが…。

今日は、小松菜・水菜・カラフルファイブ・コーラルリーフ・パプリカを収穫〜調理・試食まで行い、みんなでおいしく頂きました!!

先週土曜日に稲刈りをしました 今回の稲刈りには、雨の中20人程来てくれて、無手無冠のスタッフ入れて、50人弱くらいでやりました

ブドウの草生栽培用の草の種を播種しました。4反(4000m2)分のライ麦20kg・ヘアリーベッチ8kg購入。

立て上げて2日すぎ、テープから外れるようになりました。雄花が咲いている節より下の脇芽をむしり、またテープに巻き付けます。

今日は急ではありますが、今週の土曜に行われる事になった稲刈り体験のお知らせです!!!下記の通り 決定いたしました 10月13日(土)  AM9:00

農家さんがお米を受け取りにきたので、軽トラックにお米を積み込みました。それから、孫を連れてサトイモの掘り取りにいきました。

10月20日の土曜日にもち米の稲刈り体験を予定しております。汚れてもよい服装で、カマ、手袋、タオルなど持参のうえ現地集合とします。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

研修先の仕事で今度は稲わら立てを行いました。稲わら立てとは稲を刈った後の田んぼに結束したわらが落ちているのでそれを括って立てる作業です。

午前中は霧のため露が付いているので昼から酒米を刈ります。この時期にコンバインが動いている田んぼは、もうウチぐらいになってきました。

本日、もち米(マンゲツモチ)の稲こぎです。まずは、水分計なるもので、米の水分を計ります。午後の稲こぎには、14%とバッチリの数値でした。

「うちの散布機は小さいので能率が上がらんのよねぇ」と冨さんに話したらトラクター後部の耕運部分を外してコンポキャスターをセットし わざわざざ届けてくれた

8月に注文を受けてたのですが、お気に入りのセキレイ(赤嶺)が赤くなるのが遅くて、やっと今日からセキレイの収穫を始めした。

ピオーネは終わりに向かっていますがまだ瀬戸ジャイアンツは収穫が続いてます。今年初めてのマスカットビオレですが収穫もすでに始まり少しずつですが、順次発送中です。

ダイコンとしては、今月下旬から収穫できそうです!できれば10月に入ってからダイコンの収穫を目指していましたが、最初に種を蒔いたものが失敗に終わりました

畑の端っこで、もみ殻を山積みにして堆肥を作っています。今年の6月にその堆肥の山の麓に冬瓜の苗を5株植え付けました。

このりんご、黄緑色をしていますがこれで食べられるんです、熟しています。陽に当たった面がほんのりと色付きますが、いたって地味な外観のりんご。

人参 比較的順調かな。3年目から密に蒔かず、粗に蒔いて間引きの回数を減らすこと。除草を早め早めに行うこと。の二つをポイントにやっています。

検査が無事終了し、合格でした。農作業の大きな区切りを迎えました。そのお米を農協から自宅へ運びます。農協ではフォークリフトでパレットを軽トラに載せてもらいます。

今日は平生の田んぼの稲刈りでした。 ここではお米作りを1から学ぶことが出来ました。 草がかなり生えていますが、草をよけながら今から稲刈り。

日程を決めて稲刈り体験ボランティアの募集と思っていましたが、自由にいらしていただくということにしました。日時 10月7日(日)〜10月12日(金) 

ほとんどの皆様が初めての体験とあり、とても楽しんでいただけたのではないかと思います。収穫後は、ご家庭でできる浅漬けの作り方講習会をしました。

夏 キュウリを作った後を耕して色んな野菜を植えたまるで試験場のようになってしまった ちなみに どんな野菜を植えているか 列記してみよう

今週の日曜日にアディオンとバイコラールで防除してもらいましたが,アブラムシがいくつかのポイントで拡がっているのを見つけました。

芋づるを植えてからこの場所は一度も手を入れなかったサツマイモです。草刈機で草刈りをしてから、サツマイモの株元を確かめながら掘ってみました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日は収穫した芋茎の皮をむきますが、素手でむくと手が灰汁で真っ黒になるので、ピーラーや手袋をしながら汚れずむける方法を探っています。

中学生の子供30人ほどによる稲刈りをしました。6月の中頃植え付けしたキヌヒカリの稲が、天候にも恵まれすくすくと大きくなり黄金色の穂をいっぱい付けていました。

露地栽培椎茸の温度特性のことにも触れました。前回の品種が最低気温14℃を下回ったら発生してくるもので、今回はそれよりも低く11℃を下回ったら発生が始まる品種です

父が作った穴あけ。一気に穴を開けることが可能に。その穴の中にピンセットでゴマ粒大の種を一粒ずつ。新しい方法で2年目、作業も順調に終わりました。

レタスの準備に追われつつある最近。タイトルの通り、この間の大雨の時にちょっと失敗しちゃいました。前日に定植の予定の畑を耕し、マルチの準備をしました。

脱穀をしました。 ホントは月曜日予定でしたが週末雨が降るみたいなので今日決行。格納庫より脱穀機の「菊池君」を出動させ田んぼへ。

当農園には珍しいパワー系、力丸君を連れてきました!これ、コンテナ6個詰めるので、120kgくらいは軽く動かせるんですねー。今日の収穫は、上から下から。

支柱だとか杭を打つのはこちら!電動杭打ち機!支柱だとか杭を直接打つと傷むし割れるし、手に豆が出来て・・体もボロボロ!(笑)それが、す〜いすい♪

午前中は小雨が降っていたので家の前にある育苗ハウスで作業しました さすがにビニールハウスで栽培する野菜は虫害もほとんど無く、どれも順調やなー

昨日の午前中に、19日刈り入れ分の籾摺り。午後から残った稲(約2反3畝)の刈り入れをライト点灯で完了 無理しても終わらせて良かったですね。

初めてなので、お母さんにご指導賜ります。「実ぃに袋をこう、かぶせるやろ・・・」「袋の横に針金入ってるから、それで留めて」やってみたら、出来ました!

さつま芋界の王道2トップ”紅アズマ””鳴門金時”あまーいイモ代表”安納芋””蜜芋”の4種類。ぱたけ、もたけにて結構な数の苗を6月3日に植付かれこれ4ヶ月。

冬越し野菜の登場です!ニンニクの植え付け完了しました☆はい!ニンニクです。スーパーで買ってきたやつではないです!種用のやつです。

清々しい好天に恵まれ、昨日「「鎌による稲刈り体験&古代米のおにぎり大会」開催。参加者は9家族でスタッフも入れ総勢31名。

先週、台風17号がくる前に我が家の「お米の収穫」が無事におわりました いい天気に収穫ができ、とっても奇麗な稲穂でした♪

年始に今年頑張る野菜を3つ掲げました。メロン・スイカ・それに枝豆。メロンは粘り切れず水切りまで到達出来ず。スイカは甘くない小玉を100個程度収穫。

丹波黒豆を種まきして、枝豆で収穫しようと計画中。1株にたっぷりとついてます。このままほっとくと緑色の枝豆は、冬前に黒豆になってしまいます。

今日は松蔭高校〜Blue Earth Projectの稲刈り体験でした。手刈り体験をしてもらいました。有機稲作ならではの天日干しの説明もさせていただきました。

とりあえず 休憩小屋で 種ニンニク 外して 外皮とろう これ 結構 手間なのよん 1.5kg 約 220粒・・・さすがに 指が ニンニク臭いかも・・・

普通の黄色い田んぼとはまるで景色がちがいます  右端の「神丹穂」穂が出るのは遅かったのに一番背が高くなって倒れそうなので紐で支えてもらってます。

台風すぎて静かな畑。収穫も最後の季節を迎えているナスの畝。?草むら(笑)草に守られて台風も乗り越えております。丸い賀茂ナス♪中長ナスも(^v^

来る10/14(日)は、おまたせしました”稲刈り大会”!鎌でサクっ、サクっと刈る手ごたえ!刈った稲は、しばって組んだ木にかけて干す“はざがけ”にしますよ〜。 

そろそろ10月も終わり、準備をしなくっちゃ・・ ブルーベリー畑に肥料を入れる段取りを  自宅近くの小屋より、ブルーベリー畑の野小屋へ運んできました

雨の天気予報なので、その前に軟弱野菜の播種をしてまいりました。軟弱野菜とは、小松菜やホウレンソウのことです。なんとなく、イメージで軟弱って感じでしょ(笑)

今年もこの日がやって来たのである。第3回となった芋掘り大会である。芋掘りマシーンで掘ることができない部分の芋は前日にみっちゃんとよっちゃんで掘っていた。

白菜蒔種11日目〜ですo(^▽^)o10/6 種まき11日目 そろそろ芽が揃ってきたので、少しずつ液肥を投入です。寒くなってきているので、ちょっと成長がおそいですね〜

これからポツポツ降ってくる感じだったので、急いで苗植えをした。。。白菜だけ。右手の奥の方に1ダースちょっと・・・ダースなんて言い方は最近聞かないね。

い強い風が吹いたのは短い時間でした。特に折れたりする事もなく無事でほっとしたところです。毎日少しずつ膨らんだ実が増えているようですが、試しに1株収穫しました。

トマトは7月13日に種を蒔き、セルトレイで育苗してきました。ただ、遮光なしの真夏の直射日光で育苗したせいか、芽を出したもののあまり大きくなりません。

子供たちと手分けしてサツマイモ全て掘りました。収穫時期粘りましたが、結局あまり大きくはなりませんでした。虫害も少なく、子供たちは喜んだので満足であります。

前回始まった新シリーズ。紫マンゴー君の成長録。前回からかなり成長し、一丁前にしっかりとした葉っぱを付けています。ハウス内に移動して来ました。

今日は「極早生ミカン」のJA出荷初日です!なので昨日収穫したミカンを朝から選別。それでは選別の様子などを。ばば〜ん!!ミカン選果機〜!!(↓)

先日の台風でマルチがパタパタぱたぱた 「レタス」がマルチに潜り込んでしまいましたが無事に救出したので特に被害はありませんでした

紫芋の収穫をしました。雑草に覆われていたので、芋がちゃんと出来ているか心配でしたが、思っていた以上に大きな芋がたくさん収穫できました。

完全に収穫も終わりかと思われたシカクマメ 今年ゆたかマンが作った野菜の中で 今の時点で間違いなく 量 金額共に 癸韻世茵屬茲がんばった!」 

隣の畑のおじさんが、試しに掘ってみたら、まだ細かったって言ってたけど・・・。ど〜しても、掘ってみたくなってしまったので、掘っちゃいました。

畑に行き、例の手抜き栽培であるハヤトウリ(多数つける洋ナシ形の果実の瓜)を、そろそろかなと思い見てみました。やや〜!すでに大きくなっているのも見受けられる。

今日も大豆の葉落とし。葉を落としたら、引きぬいて、根もとを紐で結んでいました。これから干して、脱穀して、根気強く選別して、やっと普段目にする大豆になります。

刈り終わった棚田BとCのコシヒカリは、ハウスの中で干していて、ソイヤユーザーに貸してもらった足踏み脱穀機でひたすら脱穀してます。

仕事も現在はバタバタと忙しく、切干大根の計画、干し場の増設、まこもの出荷も同時進行させながら、気がつけば梅の剪定も始まりました。

朝から「絹さや」の種を落としましたよ!前にマルチをしていたところに穴を開け虫に食べられないように薬をいれ、1つの穴に3つづついれます!

ツルムラサキ、エン菜、万願寺とうがらしの収穫。9時から根来の「ちぇりあ」さんで散髪。今日明日と取材がありますので!終わって山王東の畑にオクラの収穫、袋詰め。

脱穀終わりました〜!はじめてから、片付けおわるまで、5日間に及んだ脱穀作業(≧∇≦)倍に広げた田んぼでの、与えてもらった恵みは大豊作!

雨が降る前にチンゲンサイ、ターサイ、みず菜の定植。ポットからの苗とりは私がしましたが、畑に植えるのは結局ま〜さんがぜーんぶやっていました。

8月末から始めたサツマイモの収穫も、昨日ドタバタではありましたが無事終了しました。まだ最終分の納品量は確定してませんが、450kgくらいは出したと思います。

本日、いよいよ最後の稲刈りです!最後の田んぼはもち米、新羽二重糯です。もち米とうるち米を同じコンバインですると混入するので掃除が大変。

こうなったらトマトを栽培しつつ、ハウスを締め切って、ハウス内の温度を思いっきり上げて虫を殺してしまえっ!!という方法を思いつき、さっそくやってみました。

畑の土はガンガンに乾きまくりで、シャベルを入れてもなかなか先が入っていかないくらい。しかしサツマイモを掘るには良い条件。

昨年から周りで話題になっていたので、今年は我が家でも挑戦しているサツマイモの安納芋 掘ってみたら、なかなか大きな芋が出てきましたぁ

今週はお試し掘りした里芋。去年たっぷりと出来たものを種芋にして育てたもの。去年同様、しっかりと子イモ、孫イモ大きく成長。

今日は私は梅干しの日と定めました!という訳で、ひたすら梅干しを等級別に選別していきます。干しあがって、倉庫に置いてある梅干しの山です。

えぇ、昨日から農業研修ということで3名、弊社に来られました。そのうち2人は6月にも来て、田植えなどを体験してもらいました。研修2日目となる今日は、朝から籾摺り♪

稲刈り・脱穀体験を行いました。稲穂のたば3つ分(3束)がごはんのお茶碗1杯分になっている説明をして、一人3束ずつ刈っていただきました。

先日の台風17号の強風で、棚田のそばと大豆の苗が倒れていた。そばは倒れても起こしてやることが出来ない。このまま様子をみるしかない。

”初”淡路島自然農法研修会を行いました ねらい 安心安全な食生活を見直すため農業を見直し人間に健康をもたらす農作物を作りましょう。

白干し梅の選別は順調。梅には秋の肥料を与えている。一部では不要と言われていて、実際与えていない人が結構いる。だからといって収量が減ってるわけでもない。

真夏の豆といえばシカクマメです。熱帯地方の豆で、真夏にわさわさ茂ってくれるので緑のカーテンにもなるそうです。

次の作付に関する施肥はほぼ完了し、あとは1〜2回の切り返しと畝立てを10月末の作付までにできればいいので、今は芋掘りに注力しております。

稲の刈り入れ作業の真っ只中ですが、並行して農場の中では、玄米の出荷作業を行なっています。預かった田んぼから、稲の収穫を行なって、玄米の形にしてお返しします。

初めて実った。宝石の様なリンゴ収穫寸前、先日の強風に耐えきれず・・・・やはり・飛ばされた。朝露にぬれた草の上で発見。草の上に落ちたので、割れていなかった。

菜園に、石灰それにコシヒカリ収穫後の籾ガラ、基肥を投入し、管理機を引っ張り出し耕し畝を作り、早速大きく生長したキャベツ、ブロッコリー苗の 移植を済ませました。

今まで草だけ刈って耕せていない北5番と北7番。耕さないから草が生えるのが早い。今度こそ草刈りのあと耕して何か植える算段をしないといけない。

のらのわ耕舎では、「はざかけ」という、天日に干して乾燥する方法をとっています。この はざかけが、なかなかどうして。大変です。機械乾燥すればこの苦労がありません。

昨日から1日300束ほどの枝付調製をしています。これから約2週間の間休み無くピーク時の総勢11名のスタッフで出荷販売していきます。

サツマイモの試し堀です。3品種各2株ずつ掘ってみました。こちら ↑ 鳴門金時の畝。巨漢の影が浮かび上がっています。ややや。やや太り過ぎでしょうか?笑,

次郎柿の収穫・配達に大忙しです。でも、まだ柿が青いです。今年は着色が遅いです。全圃場を走り回り、赤い柿を探します。今日はコンテナ10杯くらい収穫できました。

アズキの葉っぱ、だんだん黄色くなって落ちてきました。 サヤも赤くなってきたのを採っていきます  1日、天日で干します 乾いたらサヤが開いて実がこぼれます

秋作用ピュアホワイトですが、害虫攻撃や台風に悩まされながらも、無事2回目の出荷を終えました。 台風はどんどん来ていますが、何とか乗り越えられています。

何があるかわからないしょう?実は人参が埋もれています。一番、ひどく草が生えている所です。人参の救出作戦です。ハサミで散髪です。

今日は農業体験の日、プロの農家の方にいろいろ教えてもらう まず山田錦の稲刈り体験、刈って、束ねて、干す 始めての体験

尼崎から5人家族のお客さんが来てくれました。まず畑を案内して葉っぱを見て何の野菜かを当てる野菜当てクイズをしました。

体験の方は、えんどう系のものを植える予定の畑で、ウネの整理。クワの使い方が少し難しかったようですが、慣れればぜんぜんOKの様子でした。

だだちゃ豆を収穫後すぐにいんげんの収穫に取り掛かりました。それではこれがいんげんの様子です。手前と奥の方とで生長に差が出てしまいました。

トンネル栽培の白菜を見回りします。昨日の昼、黒い虫(羽虫)が白菜の葉を食っていたのをほうきではたいて落としていたので今朝は黒い虫はあまりいませんでした。

サツマイモ 5本ほど、掘って来ました 2ヶ月位、保存してからのほうが甘くて美味しいそうです  今年初挑戦の安納芋です

田んぼで稲刈りを実施しました。毎年、体験学習として瀬田幼稚園園児と父兄にも協力して頂きながら午後3時ごろ終えることができました。

大根、ホウレンソウを蒔く。8月20日から約40日蒸し込みを行った透明ポリマルチを少しずつ除去しクレーターのような地面に播種しかし見事に生えてくれました。

軽くて雨に強い塩ビパイプを金槌で打ち付けて、虎ロープを張り、結束バンドで留める作業を春名さん、エッチさん、ま〜君、だいすけさんで行いました。

受講生の方々に、大和高原にある『田原』の茶畑や畑を見学、実際に農業体験をして頂きたいという思いから、種まき体験をカリキュラムに入れることにしました。

コナギをかき分けて刈るまきちゃん 今日は父も手伝ってくれているので稲刈りは2人に任せ、私は昨日乾燥機にかけていたあきたこまちを籾すりにいきます。

今日のブログは10日ぶりに畑の様子で、一部不調があるものの全体的には上手くいってますが、この台風でこの綺麗な野菜たちがどうなるか

先日稲刈りをしたお米の脱穀作業でした。同時に別の品種も稲刈りの時期がきたので、バインダーをだして刈ろうとしたらまた調子が悪く、修理にだすことに。

今朝,被害の様子を確認しようと収穫棟ハウスに入って驚いた。ハウス内が水びたしになって,かなりの範囲で畝が崩れていたのだ。

今日は家内と家内のお友達に冬の葉物野菜と大根周りの草刈りをしてもらいました。また、一緒に、青虫とりもしてもらいました。

現代農業という農業の本に遅まきとうもろこしという栽培方法が書いてあったので試してみました。8月に入ってから播種したやつがそろそろ出来上がります。

過日、稲刈り(ハザ架け)が無事終了しました 今年は呼びかけをほとんどしていなくて、少し心配したけど、当日は大人6人、子ども3人助っ人に来てくれて助かりました。

思えば、1年前の秋お輿から始まった「小島農園有機無農薬お米栽培」プロジェクト 有機の先生に来てもらい、レクチャーを受けたのが遠い昔のような。

サトイモの親芋を逆さ植えにすると収穫量が増えるという話を聞き,欲張り者は,早速試したわけだが…。もういいだろうと,2株目を掘った。  

今日は自然塾。大勢の参加でしたが、それでもお芋は全部掘りきれなかった。午前は、ひかり新世紀の脱穀といも掘り。午後は、黒米の脱穀といも掘り、そして臼すり。

今回の収穫祭は、「赤川自然に親しむ会」「鈴鹿山麓土づくりの会」との共催。神事を執り行い、豊作を感謝。稲刈りの前に、これまでのお米の成長を写真で振り返ります。

椎茸の他に、原木のなめこを栽培しております。主として、桜の木に植菌し、2年目の秋から収穫となります。で、それがそ、早いやつがまぁはい出とったというわけだがん。

初挑戦の玉ねぎの芽草木灰を施すと良いらしいが、どうやって作るのか不明。いろいろ調べてみます。11月には定植するための植えつけ床を準備しなくては。

夏野菜の片づけも残っていますし、秋野菜はまだ育たない。ニンジン、キャベツ、サニーレタス。ネットの中でもキャベツは虫害を受けました。

自然米を作るのを目標に、来期から水稲800屬鬘釘佑悩遒蹐Δ隼廚に堯⊆然農法研修会の土作りに「燻炭もみ」を作ってみました。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、みかんの黄色が見えるでしょうか?色のいいものから順番に少しずつ収穫を始めています。

今年もたまねぎの苗は、早生のソニックと晩生のあさひ3号です。ソニックは夏ごろまで保存が可能、あさひ3号は3月まで保存が可能です。

畝の修復が済んだので,本格的な株の管理作業をスタートしました。多すぎる葉を掻き取ったり,不要なランナー(匍匐茎)や腋芽を摘み取ったりする作業です。

サツマイモは,2,3回草を刈ってやれば,後は芋の葉が覆い,草に勝っていた。  なのに,今年は刈っても刈っても,草に勝てず,ツルの伸びが悪い。

約25年ぶりに『いも掘り』を開園しました。初日の今日は15人のご利用。みなさんぶどう狩りでお腹をいっぱいにした後いも畑に移動。

紅ほっぺを栽培予定です。紅ほっぺには電照は不要なので新設ハウスの章姫用に移設します。かなりめんどくさいですが、その都度脚立に登り電球を外していきます。

台風が過ぎ去った昨日、昼休みも取らず一日仕事でファーストトマト3温室分の定植をしました〜今回ばかりは、さすがに体に堪えました 今日はあちこちが筋肉痛です

稲刈りの段階になれば、大量のコシヒカリ、なにが大事かというと、刈り取り適期に刈り取れるかどうか。そこのところがうまくいったので、品質が均一できて良かったです。

朝摘んだ茶葉を手揉みして製茶していきました。炒って揉んで乾燥させて炒って揉んで乾燥させて…を繰り返しに繰り返して、つくりあげたお茶は格別!

畑でつまんで頂いた、いんげん、青じそ、モロヘイヤ、つるむらさき、空芯菜、バジル。味の濃さにびっくりされていましたが、これがアイアイのお野菜の大きな特徴です。

日時:10月28日、11月3日 兵庫県丹波市春日町にて黒枝豆やさつまいもの収穫体験祭を行います。実りの秋、野山に囲まれた自然の中で、収穫体験祭を楽しみませんか?

冬場の鶏さんたちの大事な食事となる牧草のイタリアンライグラスの種を蒔きました。あ〜種蒔いたのねって話なのですが、この種を蒔くまでがほんとに大変でした。

月29日に田んぼの学校の脱穀の回がありました この日したことは大きく二つ メインの脱穀作業 屋台の看板・t-shirt作り

秋晴れが戻った。園地に流れ着いた稲藁を、ブドウ樹の根元に敷いてやることにした。昨日は、イチジクの畝にマルチ代わりにかけてやった。

朝から万願寺とうがらしの収穫。気温がグッと下がったもの、まだまだ実ができてます。今年は剪定もあんまりしてないので、木も大き〜い。

キャベツの産地であります。 キャベツの他にも水ナス・玉ねぎと有名な野菜もありまして今のこの時期は大キャベツ畑を沢山見掛けます。

何もしなくても大きくなる、野菜って立派です。そんなたくましい野菜たち。にんじんだって、抜きたてはこんなに肌に細かい根をつけているんです。

キャベツの畑です。草にキャベツが隠れてしまっています。これではキャベツが大きくなれません。娘が手伝いに来てくれてキャベツが顔を出してくれました。

化成肥料の代わりに牛の発酵堆肥から土作りをしています。今週はいつも協力して頂いている庄司牧場さんに発酵堆肥を作るうえで必要なモミ殼をダンプで運んでいます。

クボタの営業さんからハーベスターをお借りしました。これは稲を刈って、束ねて、排出するという非常に高度な機械です。手狩りの何倍もの速さで一日で二枚目が終了。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

サツマイモ掘り&焼き芋プランが今年も登場!!nLfarmの畑で育った無農薬栽培のサツマイモを収穫してみませか?掘ったらすぐに焼き芋にしていただきます☆

農作業、秋の整枝作業が始まりました。ならし・・・とも言います茶園の農作業としては、今年最後の大仕事です。例年ですと9月の末から始めるのですがこの暑さ

ホウレン草の播種作業については、作業が進むうちに、今年の春の作業が頭の中に浮かび上がり、途中から作業Paceが倍速になりました。

日曜日に祖父母が畑を耕しに来てくれました。 倉庫跡地の空芯菜とゴーヤ支柱撤去、ブロッコリーや白菜などを植えました 株間に春菊もこっそり。

昨年は、台風の被害で大きなダメージを受けた雄踏農場の人参でしたが、今年は、担当者の努力が実りにつながりそうな感じがしています。

森光さんが鎌を使うので怪我をしないように扱いに注意すること、マムシがいるかもしれないので気を付けるようにと話され、稲の刈り方と束ね方を教えて下さいました。

水菜は直播きが基本ですが、害虫の多い秋は芽が出た直後にやられる可能性が あるのでポット蒔きして苗を育成 水菜の本葉が出たので定植することにした

ハクサイの定植、開始です。多少の変更はありましたが、10畝、約1000株を定植します。今日は7畝定植、明日には、完了の予定です。

気になってましたが、案の定ニンジンエリアが草ボーボーになりかけてました。で、畝間をホンダ耕運機で・・・・あとはMIWAさんにコツコツと草取りをしてもらいます

午前中はなんとか持ちそう・・・ ということで、予定通り「みんなで棚田づくり」 を開催しました まずは、「はさがけ用の竹の準備をやってみよう!」 です

コンバインに乗れば稲刈りと同時に脱穀出来るのですが、この方法だと十分乾燥されていないので、この後乾燥機に入れて機械で丁度いい乾燥具合に調整する必要があります。

日本一生産量が多いリンゴで、フルーツパークでの主力品種でもある‘ふじ’の収穫が始まりました 甘く果汁が多く、ちみつな果肉で歯触りもGOOD

今年は乾燥が早いです。豊コシヒカリが稲刈から4日後、今日のイセヒカリは刈取りから僅か3日で一部脱穀できそうです。

キャベツ苗を定植した畝の空いたところへ播いてから、きょうはどうかな?と私は期待と不安を胸に毎日観察しています。

台風が過ぎてからはずっといい天気。たっぷりの水やりでイチゴの苗たちはガッチリと地面に活着しました。活着とは植物がちゃんと根を張ることです。

タマネギは、苗をある程度の大きさに育ててから畑に定植します。自分は以前からタマネギも成功したことがない野菜です(汗)

今日は近くの製粉所の人のところに行ってモミガラをもらってきました。モミガラは精米所にどんどん溜まっていくのでこの時期いけばタダでもらえます。

オイスカ開発教育専門学校で開催されるイベントのPR。  来る11月17日(土)に、学校の畑の野菜を無料で収穫体験できる  楽しい行事です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

前の畑の奥と中畝の溝埋め・玉葱植付用の畝の草刈&軽く耕運==畝立て14時頃から玉葱植付始めーー17時終了・・・

大玉トマトのビニールハウス6棟のうち、早く植えた3棟分のトマトの収穫を終了しました。残りの遅植え3棟分のトマトの管理をしながら、早植え3棟分の片付けを開始しました。

10/6土曜日、田んぼオーナー制度2012 稲刈りイベントを行いました。50名を越えるご参加ありがとうございます。豊かに実った私達の田んぼ。

主人が8月に蒔いた人参。8月は雨も降り、太陽も出たので(人参は両方が好き)調子よく育っていました。夜が冷えるのと、またちょっと渇き気味で最近は少し停滞気味。

今年、試験的にやってみた里芋の放置栽培。栽培方法は、平地に溝を切って種芋を並べ土をかけて、さらにその上に畝を立ててマルチをかぶせて収穫までそのまま。

堀り残し分の10株くらいでこれだけ有りました。 紅はるかは肌も綺麗だし 芋の形もスラットしている感じ ゴツゴツした感じが無いですね(紅アズマと比較するとね)

今日はもう最悪な1日だった 2枚目の田んぼがドボドロで前にも後ろにも進まない最悪な田んぼです 空周りして進まず稲刈れずイライラ

復旧作業を始めました。今日で3日目。随分と元の姿に戻ってきました。ミニトマトのハウス。びろびろですが、とりあえずめくれていたビニールを元に戻しました。

ハウスは先日の台風前に屋根ビニールを外してあったのでそちらのハウスは方付けに入っていますが、根っこの伸びを見てみました。

岐阜に戻ると待っているのが、先発隊で帰ってきているミツバチの見回り。秋は天敵スズメバチがミツバチを襲う季節なのです。それから、柿の収穫も近づいてきました!

今年の黒千石豆は、全て定植で栽培。しかも、本葉が出て来た時点で全て摘心。その結果・・・元々たくさん実をつける黒千石ですが、去年より多い気がする!?

8/7定植のキャベツ収穫です。防虫ネットを外したらモンシロチョウの青虫ににちょっと食べられたけど立派に育ちました♪自家製鶏ふんは素晴らしい効果がある。

今日は、はと麦の脱穀作業及びゴミ取り作業を。手箕と足踏み脱穀機で!このはと麦は、油の力を借りずに育てました。ん〜手間ひまかけました。。

サツマイモの収穫で、うちの畑は肥え過ぎていることが判明。ツルボケが多かったからである。 サツマイモを作付けした箇所は昨年休耕し、一昨年はネギを栽培した場所だ

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

春作ミディトマト・夏作ミディトマト、そして今栽培してるイタリア野菜のハウスのビニールを1棟だけ捲った。やっぱ1人でやるとごっつい時間がかかる・・・。

一般的なコンバインでの稲刈りでは、稲の穂だけを刈り取っていき、 生の籾を乾燥機にいれて、熱風で保存が利く水分まで乾かしていく。

期待を込めて昨年暮れに植えた、キウイフルーツの雄木の早雄が突然枯れてしまった。暑い暑いこの夏を、やっと越したというのに今になって突然枯れるとは・・・

10月に成って女房は注意していたらしいですが、いきなりマコモダケが出現するのですね 気付いた時には既に一部が肥大化しており、10/6に初収穫をしました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

きれいになったライスセンターは、もう育苗センターとして準備が始まりました。 育苗用床土の赤土が、搬入されました。

昨日、無事に刈取りを終えました。1反の田んぼ、手刈りして藁で縛って、稲架掛けして・・・2人で5日くらい掛かりましたかね

稲刈りに続いてモミ摺りが全て終わりました。 モミ摺りはモミを玄米にする工程で、 画像で説明するとこんな感じ。 モミからモミガラを除くと玄米。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

葉や、茎が茶色に変色して、葉が枯れている症状が出ていたので、なんの病気かと思っていたら、害虫さんの影響だった。おかげで、早くも一つの苗が枯れて、処分した。

秋の収穫作業のしんがりは大豆です。アイリスファームでは、約3haの圃場に「エンレイ」という品種の大豆を栽培しています。

おーっ!朝一大麦と小麦の種籾入荷。稲刈り後は麦の播種ですよ。肥料も大量に入荷。秋作業のスケジュールも着々と。今日は西藤平蔵神社横の田んぼの稲刈り。

いよいよ平成25年の農作業準備に入り始めました。最初の大がかりな仕事は、転作田の作業。国の政策で行っている米の代わりに作る農作物が、わが家では小麦と大豆。

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今回はその蓮根を生み出すドロを味わって欲しいと企画した収穫体験。肝心の蓮根の収穫体験の様子。驚いたのがこちらの蓮根ソリ。

今日午後「NPO法人佐渡」の事務局長U氏が稲刈体験の素敵な女性3名をご案内下さいました・! 結構真剣に稲刈体験初めての人には鎌の使い方も大変の様です・?

サツマイモを掘りました。猛暑で葉が枯れかけていましたが9月になって急に育ってきました。今年作ったのは安納芋と小金千貫。

嬉しいことにここ数日、秋晴れが続いて農作業が進みます。昨日掘り上げた行者ニンニクの畝に化成肥料5kgと完熟牛糞を30kg入れて耕耘し直しました。

秋トマト本格出荷はじまりました。稲刈り終わってからの本格収穫、んー計算どおりナイス!です。今期は、ミニトマトアイコを中心にミニトマトのみの生産にしました。

味噌用大豆「十五夜豆」の脱穀をしています。作業所の前に大豆と脱穀機を運んできて、豆落としスタート!写っていないところにも大豆がたくさん置いてあります。

土作りは野菜栽培の基本です。 今年は田んぼだけでなく土壌の悪い所に蓮華をまく事にしました。 蓮華は土壌改善に最適 

スタートしたいちごの植えつけ作業、昨日ようやく終了しました。約1440本、思ったよりもたくさん植えられて、苗がなくなりそうでしたが、なんとか足りてよかったです。

班で1本鎌を持ち、1人ずつ順番に刈り取りをスタート。作業に慣れてきたところで、リーダー主導から子どもたち主導に切り替えながら刈り取っていきました。

9月末ごろから、20日間以上かかりましたが、刈り取りできました。稲刈り=最後の草取りか!?というくらい、バインダーで刈る前の準備として、草取りしました。

はざかけの乾燥出来上がりました。天日乾燥は長いですね〜それだけ美味しいのは言うまでもありませんが・・・見るからにカサカサになり水分が無くなった感じですね

時間が空いたので午後は田打ち。来年からお借りする田んぼを耕す。耕すといってもこの時期の目的は田んぼの稲わらの腐熟促進なので、とても浅く耕します。

今年も銀杏収穫の季節がやって参りました!!石井農園には裏山に銀杏畑がありまして、毎年秋になるとその実を集めて銀杏の販売を行っております。

ジャガイモ・枝豆とやってきた収穫体験も、残すところ2回。 9月30日はさつまいもの収穫体験を行いました。15組51名参加の大イベントです。

5月に植えた里芋(5畝)の内、1畝を試し掘りを行いました 鎌で里芋の茎を切り落としくわで掘り起こします イモのまわりは土がべっとりついているので重労働となります

稲を刈るのに、最近はコンバインですが、この機械は、ハンドルでコントロールしながら、稲を刈り取りしていく機械です。しかも、自動で束にしてくれるんですよ

柿の収穫の合間に収穫したりんごをこれまた柿の収穫の合間に選別です 今年最大の「凉香の季節」・・・675ぐらむ と、「シナノスィート」・・・595ぐらむです

ほぼ完了しました。ウチよりやはく定植した人もまだやってないけど、朝晩はもう寒いくらいだし、それに病害虫に対する防除も再開したいのでかなり早目ですが行ってます。

春から稲を大きくしてくれた田んぼにも休息がやってきました、そこで来年に向けて有機肥料の散布行っていますよ〜

ニンニクが安く売っていたので、それを種球としてニンニク栽培をしてみたいと思います。就農して以来、あれこれ多くの種類の野菜を栽培してきましたが、ニンニクは初めて。

遅れていた畦塗り作業に勤しむ。トラクターで軽くイナスつもりが、草がロータリーに巻きついて思うように進まない。今日一日で終らせるはずが明日も費やされそうだ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今年の稲刈りが終わりました!天候にもまずまず恵まれて、機械は終盤で故障したけど、乾燥機も途中で少々故障したけど、放射能検査もパスし、無事終わりました。

今日は露地にてダイコンの間引きをしました。ちょっと遅くなったせいか間引き菜がでかくなってました^^う〜んダイコンらしくなってきましたね。

ほおずりは平年はやや酸味が強い品種ですので酸っぱいのが苦手な人には敬遠されがちですが、最近は洋菓子屋さんに人気です。

福島県では、放射能に関する安全性をより確保するため、なんと、今年とれた福島県産の新米を、この30kg単位の袋で全部放射能検査する体制を整えました。

残りわずかな巨峰の収穫を・・・巨峰も終盤です。毎日、販売する分を収穫し、売店で販売しています。最後まで木で熟した巨峰。甘さもばっちりです。

今日は収穫の秋でも、一番のイベント(笑)稲刈りが行われましたと言っても、完全に委託なので、よせ刈りとテコ作業しかしませんが・・・(笑)

低温でゆっくり乾燥する。これも旨さの一つの要因と言われておりそのための設備をつくりました。ところがです。今年の秋は晴天続きで田んぼでもう17%まで乾いています。

今年は近所の方の田んぼの機械作業を請け負ったのですが 田んぼは乾燥させておいてくださいとお願いしたんですが行ってみると田植えが出来そうな状況でした

長芋と自然薯を堀り越しました。クレーバーパイプが高いため、発砲ウレタンのパイプを使ってやって見たのですが、結果は大失敗でした。

先日のblogで登場したリーフレタスの苗。かなり大きくなったので、定植しました^^今年はトレイの大きさを変更したので、ひとつひとつが大きいです♪

収穫したお米の放射能の検査を、今月の4日に申請していましたが、二週間以上経って今日やっと完了しました。検査結果は、全数とも放射能未検出のオーケーになりました。

「スターキング」その昔は大変な人気品種だったとよく聞きます。酸味がなくて香りの良いりんごです。密は・・・ごく稀に入っている程度。

めっきり寒くなり茄子の収穫も終わりになります。最近、風でのスレ果やダニの食害が有りますが実がしまり美味しくなっています。今年も科学農薬を使わず終了します。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

遅ればせながらの土寄せです。稲刈りと雨を理由に予定よりも2週間遅れました。もうちょっと根本にガッツリ寄せたかったのですが一回ではこれが限界。

山形は、昼夜の気温差も大きくなりサンふじも少しずつ色づきはじたので、さらに色付きを促すための摘葉作業が始まりました。王林は、もう少しで収穫を始める予定です。

アイコなんですって!まだ赤く熟していませんが、アイコという品種のトマトができてきました。そしてこちらはフルティカです。ようやくですがトマトができてきました。

午後から、長芋の収穫・・・育苗ハウスの中の長芋の収穫をしました。恐らく、ムカゴ(種)がこぼれて、芽が出て、成長したんでしょうけど。

雨で進まなかった今年の稲刈り。ようやく今日のコシヒカリで終了となりました。去年までは子守りがてら見ているだけでしたが、今年はいろいろと勉強しました。

稲刈りもいよいよ終盤…残すところ香り米のみとなりました!9/26に杭掛けをした彩米のベース「ミルキークイーン」当初青さが若干のころに収穫しましたが…まだ畑にいます

以前ブログで紹介したサツマイモですが、いろいろ地元の直売価格など調べてから家族やお客様と相談して価格が決まりました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

脱穀の日に合わせた訳ではありませんが、小学生達の稲刈り体験のため、1aほど田んぼを貸しました。ワイワイとにぎやかに、刈り取りしました。

昨日、籾摺りの予定をキャンセルして急遽最後の品種の刈り取りに着手しました。こまちやモチのように水分のバラツキも少なく乾燥はしやすいと思います。

出荷したコシヒカリの加工用米20袋、全て2等米 そうなると思ってたよ だって乾燥調整失敗して、乾燥機容量で10石程、もろに過乾燥で胴割れ発生!

本日は さ〜わやかな、にちよ〜 でありまして、 りんごの葉摘み作業などが とても気持ちよくできました〜^^ そして、先日もぎ残した「昂林」の収穫作業をしました。

今回は、葉大根の収穫作業を行いました。葉大根は、葉の部分のみを使う為の大根で、根の部分は小さくなります。運搬しやすいように、ある程度まとめて縄でしばります。

稲刈り後 すぐ始めた暗渠作業。田んぼ1メートルくらいの深さに掘って その中に管を入れて 籾殻を入れる。 これが 暗渠。16本やって 今年のノルマ終了。

昨日で長かった稲刈りもようやく終わった 稲刈りが終わってもまだ籾摺りが残ってるしそれにネギの収穫、ブドウの剪定、冬囲いとまだまだ忙しさから解放されない

稲刈りが終わり、籾すりを終えると我が家では、食味値を計ってもらいます。これは、全部の圃場の食味値を計ってもらい、データとして記録しておきます。

昨日は挿し木のブルーベリーを鉢上げした。 今年はどういうわけか生き残りが極端に少ない。 この夏の猛暑のせいか、 それとも挿し木を地面におかず、棚に並べたせいか。

稲刈りは続きます。ただ、あと少しです。今週中には終わるのではないでしょうか。稲刈りが終われば、一年の仕事はクライマックスに突入しますね。

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日は毎年恒例となったホテルメトロポリタン仙台さんとの稲刈り 前日まで雨降りだったので、地面はぬかるんで作業が大変

1週間お休みしていた稲刈り。晩生種のコシヒカリもすっかり登熟してきたし、本日早生種の米を出荷して作業場が空いたので今日から稲刈り後半戦開始と相成った。

今週末はイチジクの収穫2週目と、果樹にお礼肥えをしました。 ↑イチジクです。1週間で大きく膨らんだものを収穫していきます。

シルクスイートという新品種のサツマイモ。 プレオープンの試験生産なので、そこまでたくさんつくっていないのですが、たくさんの方に注文いただき、やや品薄状態です。

カキです。去年の今頃はもう黄色く色づいたカキが食べられたのですが、今年は猛暑が続いた影響でまだ夏の果実のままです。

秋の大収穫祭・稲刈りがやっと! や〜〜〜っと終了!最後まで調子の悪い機械との戦いだった今年。F1ドライバーのような気持ちです!っくぅ〜〜!

従弟からカメムシの被害ある玄米30キロ袋、80袋被害粒除去を頼まれました。カラー色選に掛けたら、出るわ出るわ玄米に黒い斑点の被害粒が驚くほど取れました。 

今日、1月から出荷するための菜っ葉の種をセルトレイにまきました。 雪菜やわさび菜、チンゲン菜、つぼみ菜、レタス、春菊、カブ、ほうれん草です。

今日はコンバインの泥落としが終わり、チェーン類にオイルスプレーをかけて格納しました。これが終わって一段落です。これから、藁収集が待っています。 

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

25日火曜日から稲刈りを始め、1日約2枚のペースで5日間。全9枚の稲刈りを土曜日に完了しました。上の小学生2人も学校から帰って少し手伝ってくれました。

手際の良い熟練者、おっかなびっくりで鎌を初めて使うお子さんetc・・・みんなが協力し合い、田んぼの稲はすべて刈り取られ、立派なほんにょが立ち並びました。

霜が降りました。寒いわけです・・。昨日、稲こき(脱穀)をしました。天気予報が、あまり良くないのでバタバタと慌しい作業でしたが何とか終りました〜。

10月16日の火曜日に、第1回目の脱穀を行いました。水分も16%台に下がってきており、冬〜春に出荷する分には十分でしょう。

それにしても、長いも掘りは大変です。少しスコップがあたれば傷ついてしまうし、ちょっと無理な力がかかると簡単に折れてしまうからです。

昨日、洋梨の収穫を完了しました!洋梨は、「追熟」(ついじゅく)といって、収穫後、10日から20日くらい寝かせておくと、果肉が軟らかくなり糖度が上がります。

稲の稲刈り作業を予定していましたが、長雨や台風などの影響で水田に水が溜まり稲も倒れてしまったので、部分的な稲刈り体験となりました。

午前中に野菜の収穫・調整・出荷をすませ、午後から稲刈りを始めました。まず、バインダーにガソリン入れてエンジンかけます。すぐにかかってほっとします。

稲刈りで活躍するのは、コンバインだけじゃありません!稲を刈った、その後に、こいつらが控えていますよ…この3機ならんだ乾燥機だって、稲刈りシーズンに大活躍します。

9月に入ってもなかなか気温が下がらなかったため 「ジョナゴールド」 の着色が進まずにまだ半分ほどしか収穫が終わっていません ^^;

秋晴れのもとサツマイモの収穫を始める。 まずは株から茎を切り取り、茎葉を取除く。早朝は露で白くなっていたが、晴れて急速に土が乾いてくる。最高の天気だ。

シルバーシートと云っても、老人の為の優先席ではありません ^^;りんごの木の下に、銀紙を敷いて、着色をより確実にするために実施します。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日からにんにく植えが始まりました。私は今日から参加です。場所は、高山という畑です。穴が開いた黒いシートを畝に張り、その穴1個に、にんにく1片を入れます。

【紅玉収穫&栗拾い】をしました。集合時間に雨が降り出しため、少し雨宿りをしてからの作業スタートです。午前中は会員さんと弘前大学農学生命科学部の学生さんが参加!

今年の「ひろさきふじ」は出来が良いのかも。収穫時にはあちこちで(各樹に1個ずつくらい)、蜂を見かけました。しかも大型の。

津軽ゴールドです こいつは厄介な品種でありまして(´・_・`)市場にしか出荷出来ない品種なのです。契約栽培とはまた違うんでしょうね。契約してないですし(笑)

“紅玉”“早生ふじ”“世界一”“トキ”などの中生種の収穫と、“サンふじ”の着色管理作業の毎日です。今日は、“アルプス乙女”と“おいらせ”を収穫しました。

りんごの産地、青森県津軽地方では、台風17号の進路を気にしながらの作業です。指導機関からは、収穫可能なりんごは、速やかに収穫するよにとの事。

紅玉の収穫を始めて4日経ちましたが、まだまだ残ってます 去年と違って今年はリンゴもぎのお手伝いさんの都合がなかなか付かず、かなり手間取っている状態です。

トキの収穫、ひろさきふじの収穫、サンふじの着色管理、、、、。作業的な事も忙しいのですが、それに加え夜も配送作業やら伝票処理やらで忙しくさせて頂いています!

にんにくやさんの最後の大仕事、「植付」してきましたよ!今年は男性陣が少しづつ違う仕事をしていきます、ステップアップですね。

今年も作付けした雪の下キャベツ「雪玉菜(ゆきたまな)」メロンの後作として、8月下旬に定植されました。 8月・9月の猛暑に負けることなく、グングン生長しています。

稲わらと稲株の腐食促進のため、醗酵鶏糞を散布しております。化成用のブロキャスで散布できる醗酵鶏糞と出会って、早、4年。コツコツ続けようと思います。

カシスの定食、いや定植にいい季節が来ました。同じ苗でも、今植えるのと、来年の春に植えるのでは来年の成長が全然違う。

前日に引き続き倉庫で選果。中生種の選果、2日目は『トキ』。今年の『トキ』は、台風が来るとの予報を受けて少し早目の収穫となってしまった。

自然栽培のミニトマトとメロンも今年最後の収穫となった。ミニトマトは少量ながらもう少し穫れそうな感じだったけど、ビニールハウスの中を片付けするために撤去した。

1週間前になりますが、台風17号の被害は無く、早生ふじは順調に赤く着色して、糖度も充分に上がりました。今後、中生種のトキは、熟したものから順次収穫をします。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

収穫作業に精を出してました。でんぷん用のジャガイモ堀りを終わらせ、すぐにビート堀りを始め・・・。ハーベスターが入れるように畑のふちのビートを手作業で切って〜

小豆の収穫も無事終わり、次はビートの収穫です 1回目は無事終了 一昨日、昨日、本日と3日にまたがって製糖工場に出荷してくれました。引き続き大豆の収穫です。

10月3日(水)に大阪の高校生が芽室町へ農業体験に来ていました。人数はなんと80人!!すごい多いよね。今回この農業体験を受入したのはJAめむろ青年部。

入学定員40人を上回る50人が参加。新コースへの関心の高さがうかがえますね。体験入学では、じゃがいもの収穫体験やケーキのデコレーション体験なども。

今日もだめかと思った。が、短時間でやみ、ホッとしたぜ。9時からあらためてトラクターでロータリーがけ。午前中に6列のマルチ張りまで終了した。

さて村では22日に蒔いた小麦が発芽しました。 蒔いた列は14で、各距離は50mです。 来年の秋には新しい品種(ゆめちから)のパンが食べられるかな?

おいも選別中です。こちらは重量選別機。お皿に1個づつ乗った芋が、3L,2L、L、LM、M、S、2Sのところにコロコロ落ちて分けられます。

実をいっぱいとって木も疲れてるので、ちゃんと芽が出るか毎年不安になるのですが、今年も無事、木は新しい芽をワサワサと出してくれました。

今日はハウスにナマワラを撒いた。数年ごとに入れてんだけど、何か効果ありか無しか?わからんけどね。これが稲ワラのミニロール。一見乾いてるように見えるけど

5月に切り苗を植えたさつまいも、やっと収穫始めました。粘土の畑で夏は干ばつだったので、ちゃんと育つか不安でした。でも、小さめサイズながらちゃんと育ってました。

もう、こんなに片付いてしまったハウスもあるけれど、他の5棟は、まだこんな感じ。トマトの木も元気に(?)しています。もう、実はほとんどないんだけどね……

午後1時頃かな?予定のツアー客が大型バスでやってきました!去年も2回ほど協力させてもらいました。一通り説明して、皆さんにハウスへ入ってもらった。

先週末に蒔いた秋まき小麦の芽がでてきました〜 昨日あたりからなんとなく出てるような気がしたけど、今朝ははっきりと生えてました 後半の小麦はまだ蒔いてません

朝晩寒くなって来ました。農園では、まだトウキビが収穫できます。もちろん、農薬、化学肥料は使っておりません。味も実入りもいいです。

共同のビート堀が始まりました。5軒すべてのビートを掘り上げますからかなりの面積になります。しばらくはビート三昧です。合計13人でビート堀にかかわります。

10月6日(土)〜8日(月・祝)にかけて、ジュース用のぶどう「キャンベル」を収穫しました。うちの奥さんは、家にこもって食事作りと片付けに徹してました。

毎日毎日晴れ間を狙って収穫作業が忙しい。ジャガイモはまだまだある。バターナッツ、収穫は25%アトランティックジャイアントはほぼ終了ゆきこ・・・100%終了

今日から秋のカボチャ作業の第2弾、雪化粧の収穫作業が始まりました。道の駅への納品もお休みしてフルスピードで作業を開始

このところの寒さのせいか、一気にゴマの鞘(さや)が開き始めて「あれっ???ちょっと遅すぎたかも・・・」と思いながら刈り取りをしました。

今月の15日から稲刈りを始め、残り3.5町ぐらいです。 このクボタのコンバイン「SR75」、13年目で1080時間ほど使ってます。

秋の気配と共に、ネギ達の収穫も始まってます(^^)v ネギ作りは、3年目なのですが、今年は3年目にしてまずまずの出来かなぁ〜♪って感じなんです。

早い期間で作れる野菜はなにと考え、ベビーリーフがいいかも〜と、初めて育苗箱に種まき。野良猫ちゃんが、種をまいた育苗箱を踏んじゃったもんねー

大豆が刈り終わった跡は、間作小麦が残ります。この畑は、大豆畑から小麦畑へと変化しました。水はけの良い圃場を作る必要があるため、すぐさま心土破砕を行います。

ジャガイモを這いつくばって拾っています。今年中古で買ったポテトデガーはすこぶる調子が良くきれいにイモが出て来てくれる。人参に鹿の荒らした跡発見、入られた!

今週は秋の畑起こし週間・・・の予定でしたが、未だに畑を起こせる状態に出来ておらず 緑肥の縁回りをチョッパーかけたり、ついでに畑周りの雑草にチョッパーかけたり〜

大豆も絶好の収穫日和。じみ〜に、30年ぶりに作付だったらしい。オヤジ曰く、前に作ったのは手刈り&ニオ積みの時代だったとか。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

稲刈り。あきたこまちは普通9月15日頃稲刈りだが、直播稲作なので一ヵ月遅れ。コンバインを運転しているのはうちの奥様。私は、運搬用のトラックのコンパネ制作中。

緑肥がいいらしい、ということで最近は夏野菜の片付けが終わった畑から、手当り次第緑肥用ライ麦を播いてます。来春、刈り取らずすきこんで緑肥にします。

ぶどう達への「肥料まき」を行いました。運搬車くんも、久しぶりに出動。一輪車くんも、出動です。数年前まで、一輪車だけでやっていたと思うとほんと、ギョッとします。

先ずは久々のズッキーさん登場 気温の低下とともに極端に取れなくなりましたがここで、あまり頑張っても産地が移っていく事は止められません

なかなか、でないな〜 忘れた頃にしか、水をやらなかったから、菌がダメになっちゃたかな〜と、心配しておりましたが、なんとか出てきました ヒラタケだけは…

今日は天気もよく、一昨日10月6日に稲刈りした白毛もち米のはざ掛け天日干しをしました。稲束を軽トラで回収して回り、はざの近くに持っていきます。

最終日は迷った挙句に刈取りを放棄せざるを得なかったというのが事実で、イノシシに入られたところ、畑の総面積の約半分を刈取りしないまま終了した。

むすび農園 収穫祭! in 松本 2012年11月11日(日)9時半〜16時頃 大地の恵みに感謝を込めて、松本に来てはじめての収穫祭を行います♪

赤いリンゴが白いりんごに見えますよね(+o+)葉っぱの跡がしっかり。葉摘みをすることで、全体に日光が当たり赤くなります。枝が当たっている所は白いままやん?

天気快晴。ということでタチアカネの脱穀作業です。いつものようにコンパネを立てかけ、これにソバ束を叩きつけて実を落とすというやり方です。

ホダ木に掛けていた寒冷紗をめくると思いがけずひらたけが出ている。これまで出る気配がないので気になっていた。

モロッコも陽のあたる片面が日焼け気味で…お疲れさんというところだ。 露地モロッコはもう一度か二度収穫せねばならないか… 畑1寒冷紗雨除け降ろしモロッコ収穫4kg

今日、、、、稲刈りがすべて終わりました、、、、。 最後の田んぼは小さな田んぼが3枚。そこをバインダーで刈り取りして、、、はざかけ、をしました^^

霜の降りる前にサトイモは収穫します。明日から冬型の気圧配置とか!霜の可能性もありますので掘り上げました。(葉、茎から凍り芋までダメになってしまうから)

先日水輪ナチュラルファームでは蕎麦を刈りました。大自然の中で、太陽の光を浴び、雨に打たれ風に吹かれても、今まですくすくと育ってきました。

カリンカ(ロシア語、日本語でガマズミ)のアップでこう見ると大きいのですが 5mm位の大きさです。エルダーベリー、サジー、ナツハゼと違って今年は豊作です。

シナノスイートとシナノゴールドをまだ食べたことがない皆さんにどうにか知って頂きたい!!と収穫の時期でもあるんで広報活動にも力が入ってしまいます

寒くなってくる前に、田んぼの残りの作業を片付けていかなくてはいけない。特に、田打ちは出来るだけ早くやって、藁を腐らせなければいけない。

関島さんのご指導のもと、皆で稲刈りの仕方を習います。一斉に刈りだしました!どんどん刈られて行きます。さすが、手作業とはいえ、人数がいると作業もはかどります。

今回は会員さん29名とお子様2名。これだけの人数。みなさん刈るよりも束ねるほうに苦戦でしたが1時間半ほどでハゼカケまで終了です。

今日は一日、穏やかな晴天に恵まれ、絶好の収穫日和!と言うことで、午前は、稲刈り。一年ぶりなので、動きを確認しながら、コシヒカリを一畝だけ刈りました。

今年初めて「ロマネスコ」なる野菜に挑戦しました。 しかしどういう原因なのかわからないけれど このような姿になってしまいました。

りんごの色が赤色からあずき色に変わり果面がべたつき始めた頃が良いのですが何といっても食べてみて確認するのが一番ですね!

中生種の出荷もピークを過ぎて、少し息がつけるようになりました。晩生種の代表格 ふじ が色づいてきました。葉摘み作業の真っ最中です。3〜4日はかかると思います。

先日、畑に2本だけあるラ・フランスの収穫をしました^^今年、剪定で 収穫量が減るかなって思ってましたが採ってみると咋年と同じくらいの量が収穫できました。

野沢菜発祥の里野沢温泉村で、土作りから野沢菜栽培・収穫・漬込みとこだわって美味しい野沢菜漬作りに奮闘しています。

お昼にパトロールして軍団の様子を観察してきました。我がキャベツ軍団はほとんど変わりなし。ブロッコリーの何本かは寒冷紗ネットを持ちあげつつある。

シナノスイートを収穫しました。一気に大半を採ってしまうつもりでいたけど、考えていたほどすすんでいなかったので、少ししか採れませんでした。

今日から脱穀をはじめました。天気がいいおかげで順調に進んでいます。今日は五枚のたんぼの内の二枚やりました。草の成長が旺盛で稲は少なく、おかげで早くすみました。

冬前の一仕事、玉ねぎの苗の定植が少しづつ始まりました。今回は早生の品種。ことしは草取りのポイントをはずさなかったので、苗がいい出来で一安心。

とても甘く万人から美味しいと思ってもらえるりんごです すでにシナノスイートのファンの方も、まだ食べたことのない人も今週がおすすめですよ

ぶどうの収穫最盛期!!りんごの葉摘み真っ最中!!ナガノパープル(ぶどうです)割れ続出!!最近頭を悩ましてくれるのはナガノパープル・・・。

今年は防除を定期的に行いましたので、害虫も病気もほとんど出ず大きく育ちました。豊産系の栽培品種ではありますが、最大250g以上の房ができました。

今日は朝から良い天気。雨が来る前にと大豆の脱穀をしました。写真はナカセンナリの6/1播きの区画。今年は6/1まきは木ボケ気味でした。

10月も前半を過ぎると玉ねぎの植え付作業になります。今年は12000本植える予定です。自家苗が7割で3割ほど不足するので購入します。

昨年はこの時期霜にやられて、ぼろぼろのキャベツを出荷してました。今年はまだ霜が強くないのと、品種を変更したことにより良い状態で出荷できています。

稲刈りがすんだところでしたが回りでは脱穀が盛んに行われ すると天気なうちに藁持っていって言う連絡が続々と 先日の脱穀が土日が最盛期藁集めに忙しい日々でした

サンジョベーゼの収穫を始めました。このへんの房はきれいなんですが、親子ぶどうになっている部分は子供が腐れ初めてきており、取るのがちょっと大変でした。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

来年の収穫に向けて、今、クローバーファームではにんにくを植えています。今年収穫したホワイト六片にんにく君を1つ1つバラバラにして・・・・おや。おやおや。

昨年、玉ねぎの苗を自分で作ったらいい苗だった反面、植えたのが早すぎて収穫は今年は適期に合わすのが大変なので、玉ねぎ苗は購入しました。

来年に向けて密かに活動は続くのだが・・それはヒミツ。 時間あれば、堆肥を撒き、草伸びていれば、刈る生活。今年は、ブドウ畑の落葉が遅いとの声、そうなのかも。

果実をくるくる回している姿に、よく「あれは果実を磨いているんですか?」と言われるようですが、病斑を丁寧に確認しているだけなんです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

将来の希望など、生産者の思いに直接ふれることができます。横浜で畑の作業を手伝いながら、じかに農にふれてみませんか!活動日:2012年10月20日(土)10:00〜

寒冷紗の中で栽培中のキャベツ。いろいろな種類がありますが、フランス原産の分が一番巨大化しています。 虫にボロボロにされた白菜ですが、何とか成長中。

秋なすは、相変わらず、小降りですが収穫できています。芽キャベツも、キャベツの赤ちゃんが出来ていました。人参もようやく、葉っぱが大きくなってきました。

我が養蜂場のある農園の食用菊が、今年も真っ黄色な花を咲かせ、収穫時期を迎えています。この食べられる菊「もってのほか」は欠かすことのできない旬の食材なのです。

0番の12月用の小松菜と蕪たちはしっかりしてきた。にんにくは旺盛に伸びる。ツルムラサキは、新芽の伸びがめっきり遅くなり黒い実のようなものをつけ始めた。

昨日本当は行うはずだった芋掘り。今日に延期になりました。仲町台もみのき保育室の2〜3歳児の子供たち13名と先生方4名でお芋掘りをしました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

玉葱の芽がだいぶのびてきました。今年初めて植えたらっきょうの芽も出揃いました。こちらはニンニクの芽です。幾つか芽が出ない所があります。

今年も、我が家ではじゃがいもを作りました!今年は、昨年に比べれば小ぶりですが、そうか病も少なく、肌つやの良い美味しそうなイモが採れました

第11と12の長ねぎの中耕と土寄せをしました。第12は定植後に病気などで成長が遅れ、後から定植した第11の方が追い越してしまった感じです…。

9月下旬から稲刈りをはじめ、すべての袋詰めが完了しました。休日は栗園をオープンしながら、平日に稲刈り、乾燥、籾摺り、袋詰めと一連の作業を4回繰り返しました。

作業が重なってきた。まだ済んでいないニンニクの植え付け、早く掘り出して追熟させたいサツマイモの収穫、そして稲刈りはヒエ取りもしていません。

今年も無事お米がとれた喜びをみなさんと分かち合い、おいしく楽しいひとときを過ごせればと思っております。日程  2012年11月3日(土)文化の日

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

黙々とやってたら、めちゃくちゃ早くなって、お父さんビックリしてました 力仕事は不得意だけど、細かい仕事なら役に立てそう!

キャベツが結球しつつあります。キャベツは害虫との戦いです。苗を定植してからはトンネル掛けにして、蝶がとまらないようにしました。

今日は一日とてもよい天気でしたね。こめ吉農園では、来年のために鶏ふん散布をはじめました。今年から導入したマニアスプレッタ―で散布しています。

籾摺りです 足踏み脱穀なので、結構ゴミが入ります 紫色の米なので、邪魔者が余計に目立ちます 籾摺り1回で、こんな感じ まだ、ずいぶん色々と混ざってます

昨日は地元の小学校の子ども達に、「発酵教室・大豆の種まきから始める味噌作り授業」の先生をしてきました。今回は枝豆の収穫体験です。

イモが長さ40センチ、径が3センチほどでまだまだ青森産のナガイモになるには程遠いな。でもV字シート1年目の頃と比べると、タコ足にならず綺麗な形になってきてはいます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

キャベツ畑、大きな草も取り終わり収穫待ち。巻き始めています。11月後半頃からの収穫でしょうか。こちらは大根。もう少しのようです。

出荷準備が整ったわけではありません。これは一昨日の日曜日(28日)に「げんきの市場」で出荷し、売れ残ってしまった野菜たちです。

花芽促進させた連棟ハウスでは花が咲き出しました。 先週末からミツバチにも働き出してもらってます。 11月末から収穫になるかな。

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日、つくばFCとオーナー制で栽培している田んぼの稲刈り体験を行いました 品種は「マンゲツモチ」を栽培年末に餅イベントを計画中とか・・・

上のは最後に播いている露地葉物の、ほうれん草です。だいじな種播きに追われるのも終わってくると、けっこう気が抜けてしまいます。

平うねにそのままで強風にもまれると、葉っぱが風車になって根元からちぎれちゃいます。  そこで写真のように土寄せして、強風から守ってやります。

迷った挙げ句刈り取り、おだ掛けを済ませた頃ダーッ!という雨と強風が吹き荒れこりゃあ、、、すべて倒されてしまっているかも……

主なトンネル群2か所。(ほかにも散在していますが)こうして出来あがってみると、我ながらよく張ったもんだなと。苗を植えるのは終了して、残るは葉物などの種まき。

最近は涼しくなってとても気持ちよく畑仕事ができています。写真は玉ねぎの草とりをしている所です。固定種に交配種も交えて色々な品種を作っています。

高松田んぼの脱穀でした!!この日は集合が早く、9時頃から脱穀を始められました♪先週刈り残したコシヒカリも今日やっちゃうか!という事で、大谷さんはバインダーで。

仕事も一段落してきて、最近は冬春用の葉物の種まきをひたすら・・・・虫の活動も一段落してきたようなので、防虫ネットの片付けを延々と・・・

今年もニンニクを植える時期になりました。生育期間の長いニンニクは穴あきマルチを使います。でも今回使ったマルチはいつも使っているものよりどうも多少穴が大きいです。

こちらは、少しづつ掘り始めたさつまいも。お日様を待って、一気に掘らなくちゃ〜!今年は、紅はるか、クイックスイート、パープルスイートロードの3品種です。

春に20本のサツマイモと3本のピーマンの苗を植えました。サツマイモのつるはのびて、以前は分離していたピーマンの周りを取り囲んでいます。

そよたんの脱穀も全て終わりました〜ハーベスター(脱穀する機械。写真のです!)がはまってトラクターで引っ張り出したの以外は順調に進み、1日で終わりました

毎年このくらいの時期になると、人参の葉っぱの上では、バタバタと病気で行き倒れた虫の姿を見かけるようになり、いよいよ秋も本番という気がします。

8月末に種まきして苗を作っていた白菜ですが畑に定植をしました。この苗は初期の育成に失敗して徒長してしまいひょろひょろになってしまいました。

軍兵六農園 でトマトジュースができました。名づけて「トマトジュース」。農薬・化学肥料・除草剤を一切使用していないトマトにお塩が加えてあります。

貴重な雨の合間をぬって、種まきなどを進めつつ、サツマイモも一気に掘り上げました。去年は不作でしたが、今年はまぁまぁ。

今年のソバはちょっと伸びすぎなのだそうで、見た目1m以上はありました。畑の奥のほうはイノシシに荒らされて倒れていて結局収穫できませんでした。

ブドウ棚を作成するとき考慮すべきことがいくつかあります。整枝法が短梢か長梢かによっても異なります。長梢から短梢に換えた場合の棚面と主枝の関係です。

7月から出荷が続いていた枝豆ですが、いよいよ終了になりそうです。たねまきは7月下旬と遅めなので樹は小さく育っていますが、虫食いが少なく枝付きで出荷できました。

ネギの収穫が終わりました。この畑は軟腐病や白絹病が多く出てしまったので、次の作付の前に石灰窒素を施しておきます。

セイタカアワダチソウの開花前に採蜜しようと、9月27、30日に1群ずつ重箱巣それぞれ1段ずつ蜜をもらいました。

5月31日にツルを定植した安納芋の試し掘りをしました。試し掘りといっても、定植後すでに120日近く経っていますので、もう本掘りをしてもいいくらいなのです。 

芋掘りは地味な作業ですが、毎日続く肉体労働なのでとってもきついです。霜がふる時期になる前に芋掘りを終わりにしなければならないので、追われています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

さて、「杉三反」の稲刈りで刈ってきた稲を「はざかけ」し乾燥させました。ここまでは僕がやりましたが、この後の作業は上田学園での補修授業?!として行いました。

今年から、ヤヤキタの定番野菜に加わった、『八丈島オクラ』。気がつけば、その幹は、こんな高さに(笑ゆうに3mはあるな 今日は、この島オクラの種とりをしました〜。

農場で今シーズン初の"とちおとめ"がとれました♪ 綺麗な色、形をしたいちごです。 昨年は11月3日に最初のいちごがとれ 今年の5月末までいちご狩りが行われました。

キュウリは昨日、少々出荷して最後です。老いて株の力がなくなってくると、曲がったもの、虫食いの実が増えて、花が咲いても実は、大きくならず、枯れていきます。

7月から9月まで、ナス、キュウリ、トマト、ピーマン、オクラなどの果菜類の夏野菜が次々と実をならしては収穫され、これらの作物が野菜セットの主力となってくれました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40