この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-04-22 11:04:43

長野県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

この涼しさがブドウの美味しさを深めてくれるということなので、期待に胸を膨らませているところではありますが、相変わらずカラスとの知恵比べの毎日を送っております。

15日夜の豪雨で湿っている最終チャンスを逃さないため、18日松本一本ねぎの2回目の植え替えをジャガイモ跡地にする。

まずは朝5時からHappy village farmのトーショー西畑を耕耘。耕耘といっても3cm程度の深耕で表層で発芽したメヒシバやイチビなどを除草しました。

悩ませている、「腐らん病」 当農園でも、毎年増え続け、とても悩まされています。 色々な方法を試しましたが、一番効果があったのは、昔ながらの「泥まき」でした。

十日に種をまいたレタスが発芽しました。「もうそろそろかな」と思って、苗床にかけておいた新聞紙とポリフィルムを取り除いてみたら、レタスの青い芽が出てきていました。

冬支度等々をしてきました。大したことはしてませんが、まずは玉ねぎの植え付け。今年は大失敗だったので、なんとか今年は頑張りたいところ。

この時期は摘果という作業をしてます。最終的にはもう少し減らしますが収穫の11月末頃までにまだまだヒョウや、鳥、病気など被害があるので少しずつ落とします。

今度は仕上げ摘果といって、もう一度りんごの木を最初から見て回って、更に良い実を絞り込んで不要な実を落とす作業をやっています。

今回は、エダマメ「だだ茶豆」の自家採種を行いました。ダイズの脱穀の仕方もエダマメの自家採種の仕方と同様に出来ますので参考にしてみてください。

今年もとうとうやって来た初霜の朝。さすがにまだマイナス気温ではないが、温度計は1度と2度の間だ。27日に定植した第1弾タマネギも霜に震えているようだ。

先月の台風からちょうど1か月の16日、またも台風がやって来た。とにかく、やっと雨が降ったのだ。少々秋らしくなって水分を得た畑ではズッキーニが最後の成長期。

雨が全くなかったのに、ダイコンさんはニョキニョキ良く育っていました。 真上からのきれいなロゼット型、きれいです。

野菜の栽培だけでなく、自給できる農園づくりに関しても力を入れているため、ソバを始め、五穀、雑穀の栽培、調整なども体験学習できるように心がけております。

信州蕎麦といわれるように、標高が高く、お米や小麦が育たない厳しい風土でもよく育つソバは、長野県ではソールフードの一つであり、貴重な自給作物でした。

秋野菜の種まきをしたいとやきもきしていたのですが、ようやく晴れ間が続いて種播けました。播種機初おろしです!新品!!

今回扱ったテーマは、 夏野菜の復活のコツ、秋野菜の種まき、植え付けのコツでしたが、季節の移ろいをイメージしながら野菜のお世話できるかが大切だと伝えたつもりです。

今年のミニトマトはここまで好調です。大した病気にもならず4品種ともよく生長しています。この暑い時期はガの幼虫がトマトに登り食べられてしまうものもあります。

1回目から2回目へのズッキーニ畑の引き継ぎはうまくいったのですが、2回目から3回目が失敗してしまいました。原因は直播した種の発芽がそろわなかったこと。

ナスであれば、ナスの樹の中から病気もなく、育ちもよく、健康な樹を選び、自家採種する樹を選び、その中から実にピンクの毛糸で印をつけたりしました。

夏本番の暑さが戻ってきたようだが、雨と朝夕の涼しさのおかげで、なかなか花が咲かなかったインゲンにやっとさやが付き始めた。ゴーヤもやっと開花だ。

ズッキーニ第一弾畑の収穫が終盤になり、第三弾の収穫が始まりました。第二弾も採りつつ、これからは第三弾がメインになります。バトンタッチがうまくいきました。

ほっておいた大根が干からびそうなので19日に全て収穫。最近、暑さと乾燥のためか、もぐら&野ねずみが暴れる。せっかく伸びたカボチャの茎もかじられ無残な姿。

今週から少しずつ枝豆の収穫を始めました。ビールのお供には、やっぱりこれ!!ナスはコガネムシに葉をかじられながらも実をたくさんつけています。

酷暑も続いた。雨も夕立程度。出遅れているナス、ピーマンにはつらい日々だ。14日は曇りだったので灌水して干し草マルチを厚くした。

こちらとしては手伝いに来てもらえるのだから大歓迎です。早速、遅れ気味になっていたナスの整枝と誘引作業。ナスは初めて作るので、整枝のやり方がよく分からず。

今年の、うちの野菜たちの生育は今のところ順調で素直に生育しています。収穫まであと少し玉レタス これから収穫する玉レタス

朝晩2回のズッキーニ収穫の合間にこまごまと作業。トマトの芽かきや誘引。草刈り。ズッキーニやオクラの畝間除草。この時期の草の勢いはすごいです。

手押しの除草機で、田んぼの草を取る体験を通じて、 食べ物を育てることにかかわる、今は廃れた持続可能な昔の農業の体験、五感で土を感じてもらいました。

こんにゃく芋は、食べられる2〜3圓飽蕕弔泙任4年位かかります。つまり、寒さに弱いので、秋に掘り上げ冬保存し、初夏に植え直すことを4年繰り返します。

10日間ぐらいは、ず〜っと苗を畑に定植。ひたすら定植・定植・定植・定植………。 朝から晩まで終わりが見えない作業が続き、定植ノイローゼになるところでした(笑)

ズッキーニは雌花と雄花があって、雌花の方に実がつくのですが両方の花が咲かないと受粉できず、未受粉の実は尻腐れや曲ったものになってしまいます。

忙しい期間です。チンゲン菜、野沢菜、カブ、トマト などなど、続々と植えつけています。1万株は最低でも植えつけますので、そのような時は、助っ人をお願いしています。

途中苗を受け取り運ぶ。長ナス40が6P,甘ナンバン40が2P  1日置きたいところであるが、明日は青天とのことで、雨の中に数時間放置した後、1列のみ定植する。

ここ数日は、少し露地の芽かきを中心に作業を行っていました。今日は雨だったので、数日早い気もしますが、ハウスのわき芽取り(枝の夏季管理)を行いました。

9日、約7割の箱の苗が出芽しているのを見て、被覆を外した。箱によってばらつきがあったが、出芽した苗を覆いっぱなしにしておくと、蒸れるおそれがある。

リンゴもちょっと前までは花だったのに今ではすっかり実へと姿を変えて摘む作業も摘花から摘果になっています。一房ごと5人の兄弟でしたが 一人立ちの時が来ました。

2週間前の大雪はすっかり消えていました。例年どおり、畑開きの植え付けメニューはジャガイモと下仁田ネギ。ジャガイモは男爵、メークイーン、キタアカリの3品種。

畑2-5巻き上げ・高さ上げ:3ユニット終了残り3ユニット支柱の位置は変えずに行う。 午前中は、あまりにも冷たい北風が強く、疲労もあって挫けて寝る。

こぶしの花が咲くころ、じゃがいもの定植です。 以前は北海道の種イモを買っていたのだけれど、ここ数年は自家採種で育てています

4/6に128穴セルに播種したナスを鉢上げしました。ナスは老化苗になり難いので、しっかりセル内に根鉢が形成されてから鉢上げをします。

さて、そんな霜対策ですが、霜で芽が枯れてしまう恐れがあるので、念の為、芽かきをあまり行わないようにしてきました。芽かきとは、ぶどうの新芽から

アスパラガスの春の収穫も、終盤となってきました 一番はじめからアスパラを収穫しているハウス3棟は、春の収穫を終了としました ほら、1本も生えてない…

一昨日、そして今日と「信州大学教育学部you遊未来」の皆さんが農作業のお手伝いに来て下さいました!一昨日はヒエの刈り取り、そして今日は、稲刈りのお手伝いです。

黄金週間も明けて、きょうは田んぼの落とし口を塞ぐ作業の続き。きょう1日で、無事終わりました。さて、場面は変わってW氏の圃場。

まあこの時期は寒いですから、外の仕事は、昼間せいぜい3,4時間程度やれば十分ですね。本日の一業は、今年初めての製粉です。

藁切り機 これを人力で田んぼの中を引っ張りまわしてふう。。。チロが引っ張り、廣田父さんが藁きり機に藁を突っ込む いつもの二人のコンビネーションでサササっと

長袖にジャケット着てのパトロールでした。今か今かと毎日気になる収穫間近のキャベツは今。一番大きなのはやはり定植時からのエースEddie君です。

昨日からミックス商品の出荷を始めました。上段左より、ジャスミン、ベニバラード、シナノスマイル、下段左より、ブラックビート、巨峰、ナガノパープル。

昔から、乾きにくい田では、暗渠排水工事を施し、下層から水分を徐々に取り除く。暗渠排水溝があるとないとでは、田の乾き方がまったく違う。

枝豆 少し実が膨らんできています。 去年は実が大きくなる時期に全く雨がなく、収穫できませんでした。 今年は、ほどよく雨が降ってくれているので期待できます。

明日で、今週末の企画開催セミナーは終了いたします。水輪ナチュラルファームで採れたお野菜をふんだんに使ったお食事がお客さまに喜ばれていました。

桃も今が旬。すでに1つの品種はおわり、次のやつ。これは我が家の長老の管理です。 もうひとつあったキャベツ。これはコンパニオンから遠かったけど虫くいなし。

今年のソバの種まきを昨年と同じ26、27の両日でやり終えた。28日は一日中雨が降ったりやんだりだったので、結果としてはギリギリのセーフというところか。

草がしっかりとれればあとは無農薬でも本当に美味しいお米ができます。そこで、暁生さんが毎年研究。今年はチェーン除草というのをやっています。

今日はサツマイモを掘ってきました〜。もっさり広がるサツマイモの葉。 それの中をかき分けて掘ると・・・おー出た出た! きれいな色だなー。

先日、不耕起田んぼの稲刈りは大勢の方の協力もあり、無事に終了。しかし、まだ稲刈りは終わっちゃいない!そう、大きな田んぼの稲刈りはまさに今続行中。

ハクサイ順調に大きくなっています。カブだいぶおおきくなり、ボチボチ出荷してます。このカブは光が当たるとその部分が赤紫になりキレイなんです。

秋雨前線で雨が続く。おかげで直まきの大根、ニンジン、そして草たちが自由奔放に元気よく成長中。間引き、草の整理が続く日々だ。

春にうまく巻かなかったキャベツが、今頃美味しそうに仕上がってきました。まだ、自然菜園に移行して間もないこともあり、春先はまだまだもたついています。

24日、かなりの量の雨が降り、畑はしっかり水分補給できたようだ。ともない17日にまいたニンジンの芽がずいぶん大きくなってきた。

コンパニオンプランツと混植した場合と、そうでない場合を比較実験し、 検証しながらコンパニオンプランツの実際の効果や野菜の育ち方への影響を観察しております。

さて、今日はイモな一日でした。まずは草に埋もれかけていたサトイモを救出。 自分の住んでいる地区はサトイモを育ててる人はほとんどいない。

自然菜園では、タマネギが大きくなる肥沃で、育てやすいところはいいのですが、そうでない場合玉張りが小さくなることがよくあります。

今季最後のズッキーニの定植。芽だしだけした小さな苗を畑へ持っていくのですが、連日のこの暑さ。小さな苗にとってはまさに灼熱地獄です。

月日の経つの早いもので、 先月指先ほどの成り立てのミニとうがんも握りこぶし程度にまでに、トウモロコシにからみつきながら生長していました。

雨も週に1日位の割合で降るので何とか水分は足りている感じだ。8月4日、キタアカリの残りとダンシャクとメークイーンは枯れたものだけを少し掘る。

出荷が始まったトウモロコシ実が少し小さめのトウモロコシ。やっぱり追肥のタイミングって大切です。ずらし撒きしていますが一番いいタイミングだったのが3回目。

今月は、夏野菜のお世話で、写真では分かりにくいですが、トウモロコシの茎に入り込む虫「アワノメイガ」について観察を通じて、対策を学びました。

暑い日が続きます。そんな中、昨日今日とずっと草刈りをしていた気がします。周りの草の伸び方が半端ない…。今日はナスとピーマンの畝の草刈りをしました。

梅雨が明けた。キュウリ、ズッキーニは少しずつだが本格的な収穫期に入り、ナス、カボチャもやっと本格的な成長期になってきた。

ハウスの中のトマトの誘引作業をしました。トマトは支柱やヒモで支えてあげないと、だら〜っと茎が垂れちゃうのでこの作業は大事。

Azumino自給農スクール6月の自然稲作コース除草の一部をご紹介します。田んぼの除草後、作りたての畦(あぜ)に畦豆(=ダイズ)を播きました。

養生園の約1反(10a=1000屐砲糧は、元々田んぼ、今まで畑にしておりましたが、 今年からは、5ブロックの仕切り、1つは田んぼにして、後の4ブロックで菜園にしています。

一回目のインゲン定植しました。去年はアーチの外側にも通路を作ったのですが、今年は外側には通路を作らず、一本の畝を2列のアーチで共有してみました。

一般的な方法の田んぼもやっています。不耕起は耕さないのですが、もう一方の田んぼは耕して代かきもします。ただどちらも農薬、化学肥料を使わないというのは共通です。

28日でおよそ田植え作業が終了しました〜これは大きい方(3反歩)の圃場ですね、この田植え機では約60%ぐらいしか田植えができませんでした???

先週雪のあとのアスパラ長男は無事そうでしたが、 先ほど初物として収穫しようかと行ってみたところ、 やはり凍傷を負ってしまったようです。

早秋は単為結果性があるので受粉しなくても実がつくが生育の過程で落ちやすいので受粉樹から花粉をもらって人工授粉してやる。または近くに植えて自然にまかせる。

りんごの剪定、接ぎ木がやっと終わりましたのでぶどうの剪定を始めました。剪定が終わったナガノパープルぶどうはりんごと違って枝が平面なので剪定が簡単

今年は生育が早く約10日程進んでいるように感じます。株の芽が大きくなると株分けの時にごぼう根を切る為、水分供給が間に合わず芽(茎と葉)は枯れてしまいます。

葉物類3回目の種まきです。ホウレンソウ、チンゲン菜、京水菜です。 21日は、積んでいた枯れ草を空いている畑に敷きました。

田んぼはというと… 無事、水が貯まるようになり、近々代掻きの予定 それが終わると、田植えとなります 早くお米穫れないかな〜 と、秋を待ちきれない状態です

一回目の玉ねぎの中耕です。今、土を動かしておけば、これからは殆ど草ははえてこないので、マルチ無しでも手間は掛かりません。

今日は前回のブログで種についてお話いたしましたが今日は前回一般のお店で売っている種の問題点について書いた項目に出てきたF1の種についてお話したいと思います。

本日の水輪ナチュラルファームはそば刈りをしました。今日は総勢20名が畑に出ました。約半分はお野菜の発送。残りはそば刈りです。

オガクズやウッドチップなどですべてのほ場を埋めて草刈りをやらなくても済むようにするのが自分の理想なんですね。 今回はその試験も含めてやってみました。

水輪ナチュラルファームのネギは他のネギとは一味も二味も違います。お味噌汁に入っているだけで、存在感があります。

コシヒカリの収量予測では、あまり芳しい結果はでなかったが、さて、今年初めて栽培した新品種[信交526号]のほうはどうかということで、今日籾数をチェックしてみた。

夏の味。ツルムラサキ。なんだかクセがあるのですが、栄養価の高さが夏の栄養補強にピッタリ!そして、ネバネバといえば、こちらも。

さて、今日は「2番成り」を落とす作業をしました。「2番成り」というのは最初の開花の少し後に咲いた花が結実したものです。

ぶどうが形になってきました!今年からぶどう畑に屋根を掛けてハウス栽培をはじめましたので成長が速い速い。

先月末は、まだまだ茎の半分位は青かったのですが、ここのところは赤味と太さが増して来ました。下の画像は収穫前の株の様子です。

アスパラガスがピーク(?)を迎えたようです。3日で1回収穫のローテーションだったのですが、今日は1つの棟で朝、夕方と2回収穫のところも出てきました。

6月の半ば、牛たちが食べる牧草の収穫が始まったようです。 草を集めてかたまりにする機械がこちら。 綺麗に刈り取られている草を、見事に集めていきます。

カブが絶賛出荷中です。カブの品種はたくさんあって、白カブ、表面だけ赤く中は白いカブ、中まで真っ赤なカブ、きれいなうすピンクのあやめカブ、大きな聖護院カブ等々。

バランスが取れて野菜が育つ畑でなければ、質の良い堆肥を用いて、いったん土にテコ入れし、肥沃な土壌になるきっかけをつくって畑にしてから取り組み始めるのが無難です。

毎日のようにしていた稲刈りが終わりました!なかなか骨のある作業でした。 じゃ〜ん、はぜかけ無事終了〜。あとはじっくり乾燥させからモミを取り(脱穀)します。

9月26日に定植した赤ちゃんキャベツもなかなか大きくならず、白菜、カブ、大根もカラカラ大地でがんばっているのを見かね、昨日たっぷり灌水。

自然農では、自然の営みを活かして次々耕さない菜園に生命をつなげていきます。 今回も、終わりかけた夏野菜のトマトの根元にキャベツを植えていきました。

9/28に不耕起田んぼの稲刈りをしましたので、その報告です!これでもかって言うくらいの秋晴れの中、たくさん仲間が来てくれました^^

台風18号の中、朝からどしゃ降りの中で収穫作業をしていましたが、そのさなかにもオクラの樹が次々と寝てきてしまいました。

今年自家採種したタマネギや九条ネギのタネを播きました。 種まきのご報告の前に、タマネギの自家採種の続きをアップいたします。

毎日通えないので、田んぼの入り口に、水を溜まりを作ってマコモを植えてみました。 水たまりの目的は、川から来る水を温めてから田んぼに引き込む温水たまりです。

先週撒いた自然ボカシ(土着菌で造ったボカシ※造り方は拙著参照)を草マルチでサンドしておいたら、 早くも放線菌など目に見える菌糸で分解が始まっておりました。

大きな大根が採れました!長さは40センチくらい、太さは直径10センチはあるかも。肥料は一切与えなかったんだけど、土だけの力でここまで大きくなってくれました。

5月の干ばつですっかり見る影をなくしていたニンニクを23日に収穫。昨年にも増して小さいミニニンニクだ。同様5月初旬は大きくなりそうだったキャベツも不調。

家庭菜園用の畑を2年越しで自然菜園に移行中です。そのため、緑肥作物のエンバクは、種をつけてから敷くために今は至る所で、エンバクなどに紛れて野菜が育っています。

いままでの分まとめて降らしたような豪雨で泥はねもひどく、リバーグリーンやサニーレタスなどの葉っぱが泥しぶきで汚れてしまったほどです。

畑の土もようやく10センチ以上下まで湿ったのだ。やっと定植できたナスはひと安心かな。トマトの脇に定植したバジルもきっと根を伸ばしてくれるだろう。

今年もやってまいりました!合鴨農法用のアイガモのヒナが、内山農産に来ました!今年もアイガモは、千葉県の椎名人工孵化場さんから来てもらいました。

受粉も終わり、いよいよ摘花・摘果の作業となります。花のある今は摘花作業ですが、後数日で花も落下してしまい、次第に実となり大きくなってきます。

育苗ハウスでは、若緑の苗が次々と芽をだしています。踏み込んだ温床の自然の熱で、寒い夜でも凍らずに苗たちは、すくすくと育っていきます。

今日はまるで初夏のような暖かさであった。先月から保管してあったナメコ栽培用の原木(サクラ)に植菌を行った。大した本数ではないので小一時間で済んだ。

うね作りです。まず古いうねと溝にたまって残渣(枯れ草)をレーキという道具でかき集め、それを一輪車で軽トラックまで運搬して一気に捨てにいきます。

一番小さな8畝の田んぼの肥料蒔き&耕運を一気にやります〜これが月曜です、火曜日は朝一に連絡が入り 急遽1日でズッキーニ畑処理しなければいけなくなりました〜

種まきはわくわくする。いつもいつも種まきの時は「あーたのし」と思う。 本格的に春到来で、七草農場も種まきシーズン。もう春の豆類の芽がぐんぐん伸びてきた。

もう四月になりました。気温も氷点下になることはあまりなさそうなので、里芋専用ハウスの中の土深くに保存しておいた里芋を掘り出し芽出しを始めました。

収穫ボランティアを募集しています。  日程 9月 29日(土)、30日(日)品種はソーヴィニヨン・ブラン。 収穫の日程は、急遽変更になる場合もあります。

鉄コーティング種もみの直播稲作2年目スタートです。昨日から始まった直播稲作。これは乗用6条種まき機械。 雷やら急雨やらで昨日は進まなかったが今日は順調。

暖かい日差しに誘われるように、リンゴの花もほぼ満開^^。蕾の頃のほんのりとした紅色から、花が開くと白い花になります。これは「つがる」の花。

ルバーブの花はとても可愛い花です。咲き始めはピンクですが、次第に色はなくなり白っぽくなります。花は株の大きさにもよりますが、一株からは10本程度の花を付けます。

古代米は他の種類の籾と混ざらないように稲穂の状態で一年間保管しておいたものを使います。今年は初めて、稲穂のまま、催芽させました。

7月末に配苗したセルリーが、約3ヶ月の露地栽培でいよいよ出荷になります。病虫害に曝される期間が長いセルリーは、「栽培が難しい」といわれる作物のひとつです。

ぶどう達への堆肥運び作業です。スコップで堆肥を入れ込むのは疲れるけれど金色ぶどう畑をくぐりぬけると本当に心癒されます。

本日、セロリの芽かきが終わりました。ハウスの中の仕事なので、あっついとそれだけで疲れてしまうのですが台風直後〜今日まで比較的涼しいお天気で助かりました〜!!

野菜畑の片隅にあるミョウガの茂みをかき分けて覗いてみると、すでに花が咲いていました。こうなると夏ミョウガ(花ミョウガともいう)もそろそろ終わり。

今年の稲の成長は、今のところとても順調です。写真は、あきたこまち。昨年大豆を作った田んぼで、無肥料・無農薬で育ててみましたが、こんなによく実っています。

ハウスのぶどうはここ数日の雨で裂果が始まってしまい、その裂果した粒を落とす作業を行っていました。裂果した粒は1つずつ落としていきます。

取っても取っても伸びてくる雑草に、追いかけられるようなこの季節。もううんざり〜といいつつも、ジャングル状態だった野菜畑が少しずつスッキリ^^。

畑の野菜は、畝間灌水用の溝切りや、灌水ポンプの準備なども始めました。里芋は梅雨の間に伸びた草はどうにか片づけたのですが、早々に溝をきって水を流そうと思います。

先日から秋作のセロリをハウスに定植しています。そう、ここはセロリの産地でもあるのです!こちらは慣行栽培で、農協出荷しています。

葉が倒れ始めたので、昨日少し玉ねぎを収穫。晴れの日を選んで倒れたものを収穫していきます。収穫した半分は切玉で早期に出荷し、残り半分は吊り玉保存します。

見事に鶏舎手前の日影に集まる信濃地鶏。奥は日差しを浴びてかなり暑そうだ。今日から日除けシートを全面に設置に取り掛かります。

17日、2度の霜でダウンしたトウガラシ(タカノツメ)とジャガイモ(デジマ)を収穫。トウガラシはなかなかいい出来だが、成長不足のデジマは今年も小さい。

ほったらかしのカボチャフィールドの草刈りをして休作地をつくる。合わせて草ボウボウだったライ麦跡地を整理してこちらも草を伏せて休作地に。

一反で家族3〜4人分のプチ自給自足をテーマに、左側を畑(自然菜園)に、右を田んぼにし、どちらも無農薬栽培で自然に育つように育土しております。

ダイコンにも食べざかり、育ち盛りがあり、それに合わせて間引きながらノビノビ育ててあげることが大切です。 ネギさんたちもこんなに立派になりました。

25日追加でまいたニンジンと木曽の紫カブが連日の雨で発芽。いつもながら厚まきなので早めの間引きが必要だ。30日にまいた地大根と青首大根も3日目で全てが発芽。

はじめの2年間は作物を育てず、堆肥と緑肥作物によって自然に耕してもらい、土を団粒化してもらうことで、 養分持ちが良く水持ちと水はけが良い畑に改良していました。

玉ねぎの収穫が始まる6月下旬までの間に玉ねぎの代わりとして活躍するのが葉玉ねぎです。5月6月と何かと葉っぱものがメインになる有機宅配便では貴重な根菜類です。

まとまった量畑に残して厳冬期を迎えてしまいました。そのまま、冬を越して、一時、ネギとして食べられる期間はあったものの、勢いよくネギ坊主がでてきました。

今年も米作りが始まりました。水につけておき、芽出しした籾を苗箱に播いていく作業。一本植えなので、一マスに一粒。中には落ちなかったり、二粒落ちたり。

土の配合から始め、モミまき、苗代つくり、それから苗箱ならべと、原始的な方法でやっているので、お米の育苗作業は、結構力仕事の連続です。

週末の春の嵐の前に作った畝ですが雨でかなり叩かれてしまいました。それを見越して播種を嵐の後に行ったのでちょうどよかったです。

姪にねぎ堀を手伝ってもらいました。おじいちゃんも途中から参加。全部収穫できました。 昨年4月に定植したねぎ 本来ならば収穫は昨年の秋に終わっているはず。

アスパラも、順調に成長中。 暖かい日がつづいているので、トンネルを設置し損ねたハウス。先発部隊と、良い感じに差がついて、これからが収穫のピークとなりそうです。

今年も新米の季節がやってきました。約3週間じっくり天日で干していたお米。11月に入って少しずつ始めた「いねこき(脱穀)」も、昨日、すべて終了しました。

田んぼを爪でひっかいて乾燥を促進させます。 爪とは、トラクターの後ろの耕す部分を爪に取り替えて行います。うちのは1本もの。馬力が大きければ2本、3本となります。

役場の担当者は、検査者がどこにいるかを調べてくれ、ある製粉業者さんで受けることができることを確認してくれ、その段取りをしてくれた。

田んぼの草刈り。いつも、我が家は遅れがち、、、。田植えの時期が、まわりの方々より1ヵ月ちかく遅いのでまだ黄金色になってないんです。いつもモタモタ。

2週間ほど経つブロッコリー、紫レタス、サンチュのコンパニオン集団達は今。ちびっこブロッコリーもこのところ首も座って成長してきた模様。ひょっとしていけるかも。

どの畑も草がしっかり伸びたので、草取りに追われています。収穫野菜もキャベツなど春の野菜がほぼ終わり、ズッキーニ、キュウリなど徐々に夏の野菜に移ってきています。

スティックセニョールの収獲が始まった。「スティックセニョール」とは「茎ブロッコリー」のこと。サカタのタネの茎ブロッコリーの名称である。

5月の降水量が観測史上最低の箇所が全国中にあるようだ。松本も例に漏れない。ホウレンソウ、小松菜が大きくなってきたというのに虫攻撃にあって、とうも立ってきている。

徳利状のこの小さな実は西洋梨の「ラフランス」です。4月下旬から5月上旬に掛け白い花が咲き、授粉に後ここまで成長しました。

4月28日。まだ理想的な鳩胸状態(籾の先が1个らいぷくっと膨らんだ状態)になっていない籾も3割程度あったが、思い切って種まき作業を行った。

苗箱の底全面を土に密着させるために上から圧をかけます。水を入れて・・・今年は初めて保温材(中古を頂いたので)を表面に覆ってみました。

稲そのものの栽培の仕事としては、はじめにあたります。昨年の自分の田んぼで採れた籾を種籾にしています。種まきの支障になるもみの「ノギ」」を専用の機械でとります。

野沢菜を漬ける季節になりました きょうは一日、おばさんの指導のもとお菜漬けの体験  午前中は畑でお菜を刈って束ねる作業 すごくたくさん…

巨峰の袋がけ、ナイヤガラの袋がけ、ネットかけ、笠かけをお手伝いくださった上になんと5反のぶどう畑の無駄花とりをお一人できれ〜いにやってくださいました。

ジャガイモだとまず株元を人力で除草し、その後に通路を管理機という機械で耕しながら除草し、同時に土をジャガイモの株元に寄せていきます。

さあさあ、きょうはいよいよ小麦の刈り取りをW氏にお手伝いいただき、開始いたしました。小麦もいい感じで熟してきたようです。

中生種のりんごと桃の仕上げ摘果がやっと終わりました。山沿いのふじ1反も今日あら摘果が終わったので,あとはつがる1反とふじが3反を残すのみです。

家庭菜園で意外とわからないのが、収穫のタイミングと美味しく食べるポイントです。 今回は、ネギの掘り方や大根の収穫や美味しい見極め方など行いました。

キウイの葉もすっかり枯れてしまった。これ以上実を木につけておくメリットはなく、早朝気温も0度近くなって来たのでキウイの実が凍害を受ける前に収穫することにした。

今年は近所の干し柿を毎年作るお宅を観察。 その家で干し柿を干し出したのをサインに、うちも柿を収穫。 これならかびることもあるまい!!

市田柿作りが始まって10日が過ぎました。相変わらずの採って→剥いて→干すの作業です。柿のすだれも何通りもできると中々の迫力でしょ!

秋冬用の野菜の種播きや定植、畑の準備など必要最低限は水撒きをしながら進めています。それでも雨が降ってくれないと、畑に十分な水が足りません。

りんごの授粉用に植えた メイポール という品種のりんごの木なんです。と、言っても去年植え、今年も蕾のうちに採っていないんですが、来年は、蕾採れるかな 

リーフとサニーとレタス!そろっておおきくなってきました(^^)今日はベタかけにしていた不織布を回収。収穫まであと一週間から十日くらい!忙しい日々が待ってます

赤実ハスカップです。 ウグイスカグラ(カズラではない)とも呼ばれ ウグイスが鳴くころに咲くからとかウグイスがカグラを踊っているように見えるからと言う説があります。

3月2日から芽出しをしていたピーマンがやっと芽を切ったので、温床にまきました。全部の種が一斉に発芽してくれればいいのですが、半分くらいは未発芽の状態でした。

今日はルバーブの種蒔きを行いました。自宅前にあるビニールハウスは約6坪、昨日ビニールを張り種まき用の土を購入してきたので今日はルバーブの種蒔きをしました。

カモミールの展示圃は、北に浅間山を見渡し、東に佐久平の水田地帯にあります。どんな栽培法が冬越しに有利なのか、定植後2ヶ月半の生育で中間確認です。

伊那谷は朝、霜が降り、氷が張っています。朝の寒さはおひさまの日差しでどんどん和らぎ、古代米の脱穀日和のなりました。今年の収穫作業は今日で終わります。

ようやく晴れたので、昨日はハクサイ定植、今日はダイコンを播種しました。ハクサイはいつもの溝底定植です。ダイコンはカボチャ跡地に不耕起栽培。

今月は猛暑だったり、雨が続いたりと大変でしたが日を追うごと、果実が大きくなって行くのが実感できる月でした。いよいよ9月!これから収穫が続いてきます。

収穫を間際に控えたプルーンの果実がパカパカ割れて、地面に落ちています。プルーンもトマトと同様に一定量以上の水を吸収すると皮が割れてしまう。

写真は、畑に2本だけある洋梨です。(2本だけといっても、かなりの大木ですが)いつの間にか、こんなに大きくなりました 10月収穫の予定ですが今からこの大きさ!!

何を指導してくれたかというと、大豆の選別の仕方を教えてくれたのではありません。ここ、いのちの森で、皆が実習をしている意味と価値を教えてくれたのです。

今日は天気もよく、一昨日10月6日に稲刈りした白毛もち米のはざ掛け天日干しをしました。稲束を軽トラで回収して回り、はざの近くに持っていきます。

天気快晴。ということでタチアカネの脱穀作業です。いつものようにコンパネを立てかけ、これにソバ束を叩きつけて実を落とすというやり方です。

ぶどう達への「肥料まき」を行いました。運搬車くんも、久しぶりに出動。一輪車くんも、出動です。数年前まで、一輪車だけでやっていたと思うとほんと、ギョッとします。

桃の方も赤宝の収穫、出荷がほぼ終わり、2番手の桃「あかつき」「白鳳」がピンク色になってきました。7月26日にはじゃがいもも収穫しました。

勤め先の農家でやっと桃の収穫がひと段落しました^^桃はデリケートなのではねだしが結構出ます。なのではねだしをコンテナ一つ分いただけたりします。

先日、ブドウの摘粒がすべて終了!!いやはや!!梨も袋かけが終わったし、あとは細かな手入れをしながら、順調に熟してくれるのを待つのみ!

先日、巨峰畑では房の数を調整する「摘房」が終わり、次のステップに進みました。今まで多めに残しておいた房を、良い房だけ残してあとは全部切っていきます。

今年は風通しの良く、稲がゆったりと成長できるように一株の苗本数(1〜2本)と単位面積あたりの密度を抑えました。

今日は地元の大学生を受け入れての農業体験でした。本日、3日前に引き取りに行った合鴨10羽を一人1羽掌に包み込み、体温を感じてもらい、放鳥してもらいました。

春先に植えたキュウリが獲れはじめた。キュウリには、もちろん雄花・雌花がありハチが飛び回り活躍することもあるが「雌花」だけでも実が付く。

ゴールデンウィークからのりんごの花の開花からおぐらやま農場の畑でも「りんごの花摘み」作業が続いています。こんなに可愛いりんごの花。

今日はご機嫌で、以前からのたった一本の無農薬の木に酢を散布してきました。希釈率:花芽が出始めてるので、悩んで70倍ほど。(幹や枝先と、希釈率を変える)

トマトの苗を大きいポットに入れ替えた際、その発芽率を計算してみました。まったく同じ条件で育ててきたので、これらの数字はそのトマトの特性を表していると思います。

いよいよ、畝立ての時期がやってきた。春が来た!って感じ。 まずは畝が曲がらないようにヒモを張る。 このヒモの両サイド40センチくらいの所に肥料をまく。

開発中の籾殻灰と米ぬかだけを使った稲の育苗用培土は屋外で作っています。過湿は禁物。ですから、雪や雨など水分が入らぬよう、コンパネで蓋をしてあります。

第二農場はこんな感じです。 寒冷紗の中の連中も春先はちょと期待です。秋に実らなかった遅蒔きのキャベツ、ブロッコリーの横芽がどう転ぶか。

本日、だんな様は巨峰の剪定作業、終盤を迎えました。ここの巨峰畑は、傾斜地で棚が低いため何度も腰痛に悩まされながらも根気よく剪定し続けました。お疲れ様です。

だんな様は、巨峰の「剪定作業」が続きます。時には、ノコギリも登場します。剪定作業は、数あるぶどう作業の中で一番ぶどう達と向き合う作業です。

ビニールハウスのなかに、ラディッシュの種をまいたのですが、この寒さにもかかわらず、見事に発芽しました。品種は「サカタのたね」の「レッドチャイム」です。

色んな人と話してるとたまにりんごの蜜は注射するの?と聞かれることがあります。もちろん注射して蜜が入るのではなくりんご自身の現象です。

最近の畑作業は、主に苗木の畑の土作りをやっています。土作りはこのように行っています。まずは夫が苗木の脇に斜面の方向に重機で溝を掘って行きます。

脱穀機の爪の部分に稲束を挿しこむ。「サラサラサラー」。穂が扱かれて落ちるその快音たるや、収穫の至福を味あわせてくれる。 機械は速い速い!

夕方試しに一枚耕耘してみると、非常にいい感じで打てた。一度天地返ししてあるので堅さはなく、適度に乾いているためかなり深くまで起こすことができた。

うちの農場が取り組んでいる「炭素循環農法」の勉強会を行いました。はるばるブラジルから林さんという先生が来て下さり、いろいろと興味深い話を聞かせてくれました。

米の収穫も済み、あとは蕎麦の収穫である。こちらもコンバインで刈り取ってもらう予定で、種代と刈り取り代が回収できれば良いと考えている。

それにしても今年はメルロがたくさんなりました。たくさん穫れたということは収穫は本当に大変、この写真は何故か笑顔ですが。こんな感じで収穫は進んでいきました。

「シナノスイート」が収穫ピークを迎えます。甘く、果汁がたっぷりで非常にジューシー。長野県の果樹試験場で選抜育成された長野県オリジナルブランドです。

今りんごは中生種と呼ばれるなかての品種が美味しい時期です。← 真っ赤な小玉ちゃん、紅玉です。酸っぱいのが特徴ですが、お菓子作りには最適です。

赤実のアロニアです。 黒実は既に摘み取りジャムにしたのですが 赤身は昨日やっと摘み取りました。 1本だけ赤実ですから量は採れません。

リンゴ園に行ってみたら異常事態勃発!あれま!シナノゴールドが幹からボッキリいってしまってます。支柱にくくりつけてあった紐が切れていたようです。

つがるの収穫、出荷をしました。昼と夜の気温の差があって、晴れた日には色付が良いので台風の後の晴れまで色がグッとつきました。

「つがる」の収穫を開始しました!市場出荷の場合は「色さえ付けばどんどん出してね」という感じですが、私たちは味を重視して一つ一つ成熟具合を確認しながらの収穫です。

T社のイボ系キュウリ、右はS社のイボ無し系キュウリです。草勢の違いは、左イボ系はポット育苗中に暖地で売れ残った物を試したもので、初期生育に問題がありました。

色付き開始はかなり差がありますが、比較的樹勢が弱いのに色付きが早い木は 要注意なんです。今回 早い木を良くチョックしたら、太い根元に虫が入っていました。

わたわたファーム畑作業をしました。フランス白インゲンを収穫。白に紫の模様の入るキレイな莢です。マメにも同じような模様が入ります。適期に取ることができました。

いよいよ、桃の中生種の袋はずしのじきになりました。もう、スーパーでは他県産の桃や、県産早生種の桃が並んでいますが、この地域ではこれからが本番です。

月末報告「げつまとめ」・・まずは梨から〜 行ってみよ!!盆過ぎからは3兄弟の1番手 「幸水」の収穫始ります続いて桃「あかつき」

ニンニク全量収穫。今年は追肥や除草がまあまあうまくいって、過去最高の出来。まあ過去が悪すぎたので大したことはないんですが。

冬期湛水は水管理が肝です。我が家のある地区では冬場、幸い用水路に水が流れているところがあり、その用水路に面している田んぼで冬期湛水をしています。

ホウレン草も直売所に出そうかと思って、サカタの『まほろば』の種を3dl ほど播いたのですが、里芋やニンジンなどの出荷で手が回らなくて、そのままになっています。

稲刈り。あきたこまちは普通9月15日頃稲刈りだが、直播稲作なので一ヵ月遅れ。コンバインを運転しているのはうちの奥様。私は、運搬用のトラックのコンパネ制作中。

緑肥がいいらしい、ということで最近は夏野菜の片付けが終わった畑から、手当り次第緑肥用ライ麦を播いてます。来春、刈り取らずすきこんで緑肥にします。

最終日は迷った挙句に刈取りを放棄せざるを得なかったというのが事実で、イノシシに入られたところ、畑の総面積の約半分を刈取りしないまま終了した。

なかなか、でないな〜 忘れた頃にしか、水をやらなかったから、菌がダメになっちゃたかな〜と、心配しておりましたが、なんとか出てきました ヒラタケだけは…

むすび農園 収穫祭! in 松本 2012年11月11日(日)9時半〜16時頃 大地の恵みに感謝を込めて、松本に来てはじめての収穫祭を行います♪

今年も黄金色に輝く田んぼ。まだ日差しの暑い中始まった稲刈りは、そろそろ終わりに近づいてきました。もう9月も下旬。アッと言う間に時は過ぎ去って行きます。

今朝、巨峰を250房収穫したあとにワインぶどうの様子を見に行ってきました。サンジョベーゼ順調に行ってますね。糖度はまだ15度 10月中旬ぐらいの収穫かな?

野菜の収穫体験を僕の農場ですることになり先日、子どもたちが来ました。まずはオクラの収穫。大人の身長だと中腰で大変だけど、子どもの背の高さにはぴったり。

5月25日の田植えでした。前年が1俵しか取れなかったという驚異的に悪かった田んぼですが今年は雑草取りに何度となく入り現在はのびやかに成長している感じです。

暑ければ暑いほど、実は甘くなります。ほとんどの早生種が熟し始めました。今年は快晴の日が少なかったのでちょっと遅めですが、なんとかこの週末に間に合いました。

去年まで畑だった田んぼのヒエがすごいね。 種がたまりにたまっていたのでしょう。手で取る「テデトール」の他に「ハイツクバール」も最高に効果があります。

除草機を押した条間を見ると、クログワイは茶色に枯れているものもありました。でも、地下では球根と地下茎が生きていると思います。

ニンニクの花のつぼみはそのままにしておくと花のほうに栄養がいってニンニクが大きく育たないので、花が咲く前につぼみを摘み取ります。

引き続き 仕上げ摘果作業 切り落とした枝集め プラス 摘果した果実をカゴに入れて 集めます。  摘果したリンゴは 足で踏んでも 危ない かな。

5月2週目に遅霜がきてしまい、ジャガイモや直まきしたキュウリやズッキーニ、マクワウリなどの夏野菜が枯れてしまうというハプニングもありました。

この液体はジベレリンといって、植物ホルモンの一種で、ぶどうの幼い房にジベレリン処理するとその生育を促進するほか、処理したぶどうは種無しブドウになります。

5月1日(火)林檎と花梨は未だ蕾でしたが、他の果樹は満開でした。 昨日はサクランボとスモモの花を紹介をしたので今日はプルーンと花梨をUPします。

野に自生しているものに「ノビル」がある。正式には、「野蒜」で、「蒜」とは、ネギやにんにくなどユリ科の多年草の古名だそうである。

今年はもう随分前に菌を打ったしいたけが大豊作でした。原木しいたけを食べてしまうと、もうスーパーのしいたけなんて食べる気がしなくなるほどおいしいのです。

摘果作業しながら 来年の花粉を取るため受精していない花(受精したら花粉がなくて次のステップにいくそうです)を摘みます。エプロンのポッケに集めていきます。

梨の花付け作業 昨日一昨日と2日かけて南水、豊水を天気もよくちょいちょい休憩をとりながら二度園内を回り終わらせて本日はやっと満開になった幸水の園へ

今年はなかなか形も良く、大きめのものを見つけることができました。色々と種類を試したいと毎年考えているものの、今年もメークインと男爵です。

アスパラの収穫は、朝・夕と1日2回 伸びすぎてしまうと、アスパラのさきっぽがひらいたりしてしまうので、2回収穫にいっています

掘りあげるのおくれちゃったけど、、、香りのいい生姜がとれました^^生姜は新陳代謝を高め、血行がよくなるので、これからの季節、オススメです。

ようやく色がつき始めました。畑がブドウのいい香りでいっぱいになります。色がつき始めると鳥達がつつきにやってくるので、急いで袋を掛けます。

稲専用のコンバインではなく汎用のコンバインで刈り取った田んぼでは30僂曚匹猟垢気如稲株が残っています。草刈り機で稲株を短く刈り上げました。

今日は一日畑仕事が出来ました。玉ねぎの移植の続きをしたり、グリンピース類を蒔く準備を進めたり・・・今、畑では、小松菜がとても美味しそうに育っています。

さつまいも(紅あずま)試し掘りまずまずの出来、レストランの献立にたぬきのおばさんがどのように使うか!いちご苗の植え付け 「カレンベリー」と「宝幸」を100株ずつ

10月19日今日はラフランスの収穫をしました。食べ頃はへたの所が少し柔らかくなったら果肉の滑らかさと芳醇な香りと味が最高です。

今日は仲間で今年最後の脱穀作業をしました。 「はざかけ」されて、おひさまの光とぬくもりを受けた「あきたこまち」たちがおいしそうに乾きました

これは通常の大きな株の白菜。キムチ向きの、水分の少ない品種も育てています。こちらは通常の半分〜3分の2程度の大きさのミニ白菜。

今日は新規のお客様がたくさんいらして下さいました。「また来週来ます」、「覚えたから、来年もよろしく」などとうれしい言葉をかけて下さる方もおられました。

今年初めてハウス栽培を試してみました。いつもは稲、加工トマト、ナス、胡瓜、南瓜などの育苗後、 ハウスを覆っていたビニールを全部外してしまいます。

晴れ間をみて、かぼちゃの収穫をしています。今年はかぼちゃの作付を去年の倍にした→かなり豊作! です。ウレシイ。

こちらは長野県産出のシナノスマイル。皮離れがよく、肉質はかため。大変おいしいぶどうです。苗木も沢山植えているのですが、まだまだ数は少ないです。

この玉ネギ達を仕分けまくり!!大きい玉ネギとか、小さい玉ネギとか、傷があるかチェックしたりして仕分けました。今日は一日、仕分け作業を。

昨日、今日で一気に収穫。麦踏みなどの手入れが充分行き届かなかったこともあって、去年からは若干収量が落ちましたが、まずまずの出来。

やっと無農薬の畑に行けました。なんとか葉はもってるようですが、今年もやはり病気にやられてきました。昨年は、8月中に葉が全部落ちてしまって・・・。

一番量の多い露地の有核巨峰の摘粒が終わりました。やってもやっても先に巨峰の房があって、このまま、粒抜き続けなきゃいけないのか?と思うほど。

成長著しい次第でございます。そんなこんなで紅玉にうっすら着色が始まったという報告と併せて今年の紅玉のスケジュールを発表したいと思います。

近隣の方のお米が同じ銘柄と水を使っているのに味が違う 田んぼで気付いたことは土壌の状態です。自分の田んぼには少ない生き物が近隣の方の田んぼにはいるんです。

堆肥の積みあげを行いました。高さ2mくらいの大きい堆肥の山になりました。作物の苗を育てる上で、良質な堆肥は不可欠です。

いよいよ種まきです!トマトも昨年同様、2月の早播きと3月の通常播き両方行います。2月播きは収穫が早まる反面、寒い時期の育苗・定植になるため、保温対策が重要。

大手メーカーさんから、ぶどう苗木のウイルス検査をして頂けると聞き、サンプル苗木を取っていました。 場所はサンジョベーゼ園地 雪は、だいぶ融けてきました

冬期の必需品「丹波の黒豆」の豆取り出し作業にシフトしていきます。豆さやから豆を取り出す作業ですが、さやがしっかり乾燥してないと、なかなか落ちません!

2週間ほど前さかさまにして立て掛けた黒豆の大木ですが、 すっかり枯れ果てたのでこの寒い中実の取り出し作業をしました。 出来はいまいちでした。

ブルーベリー畑です。 ソーラーシステムの電気柵を設置しました。 今回新たに買ったものです。 真ん中から出入りできるように 門を東西に設置しました。

赤いリンゴが白いりんごに見えますよね(+o+)葉っぱの跡がしっかり。葉摘みをすることで、全体に日光が当たり赤くなります。枝が当たっている所は白いままやん?

先ずは久々のズッキーさん登場 気温の低下とともに極端に取れなくなりましたがここで、あまり頑張っても産地が移っていく事は止められません

稲刈りを後回しにして、まずはトクナガさんのところでリンゴ狩りの初体験です。雨合羽を着て頑張る子どもたちです。さっちゃんは、なぜかラ・フランスに夢中。。

真田園は、わんちゃんなどのペットも一緒にぶどう狩りを楽しめます!園内ではリードを付けていただければ一緒に楽しめます。

秋の種まき準備のため、除草と畑の手入れ、種の購入などです。人参はあまり発芽率がよくありません。雨がほとんど降っていないということが原因だと思います。

すっかり枯れてしまったジャガイモの収穫です。メークイン。 雑草に覆われ、太く成長した草をえっさえっさと抜きながら、汗だくで2列しか収穫できませんでした。

種なし巨峰終わって、朝は "黄玉"昼間は "長野パープル"粒がどんどん大きくなるので、早くしないと...これは粒ぬき前です。

荒廃農地だった田んぼの田植えをしました。約1反程の大きさの田んぼだったので 知り合いに声をかけ集まっってくれた皆さん埼玉から駆け付けた友人も1人有難いことです。

近所の農家から、8アールほどの田んぼを借り、コシヒカリを田植えしました。無農薬初年度で、冬期湛水もしていないので、ある程度の雑草は想定していました。

私にとって、仕事の楽しみは、普及している土づくり資材の効果を確認すること。肥料も土づくり資材も、そして消毒、殺虫剤に渡るまで、その効果は作物があらわすもの。

まず始まったのが房切り。この作業はぶどうの最初の房作り。大きくなった時にちょうどいいサイズになるように房の形を作ります。

全部で5畝分位になるネギ苗の定植を終えました。 主力は白ネギと下仁田ネギの交配種の鍋ちゃんネギです。出荷は霜が降りてからの11月から1月まで。

お米の苗は、蒔いた種の量などの問題はいろいろあったものの、まずまず順調な方かと思います。 いい感じだなと思っていたらこのところは勢いがなくなってきた感じです。

4月上旬までは寒さが続いたがその時はまだ芽は出ておらず、一気に暖かくなったのに合わせ芽が出て蕾も付いた。それ以来遅霜はないが、万一に備えて霜除けを考えた。

晴れたり曇ったりの変な天気でした(^^;)今日は露地で作業が出来そうだったのと、生育が進んでくれた為、露地巨峰の副芽取りの作業を開始しました。

わが家では予想通りりんごが満開となりました。三日からの連休後半はスタッフの方たちお休みにしたので私の弟やむこ殿に手伝ってもらい一つの畑だけ花付けしました

例年11月に入ると霜が来るので、急いでキウイと里芋を収穫するのですが、今年は初霜が15日(弱い霜が10月末にありましたが)だったので、ゆとりを持って収穫できました。

来春トマトを植える露地に小麦をまいてきました。つい先日までえん麦が生えていましたが、それを草刈機で刈り、今度は食べれる小麦・シラネを条まきしました。

農作業もサボったらサボった分だけ、もろに結果に表れる。草むしりを怠り、豆やサツマイモは育ちが悪かった。田んぼの稲にも影響。2反歩の下の大きい田はヒエが広がった。

冬瓜が徐々に大きくなっています。母親は遅い遅いと言っていますが、種まいて、植え付けた日が遅かったので、遅いに決まっています。

まずは、掘り残しのじゃがいもを収穫。今年は、小粒が多かったけれど、豊作でした。風通しのよい納屋で乾燥させ、コンディションのよいものは、越冬じゃがいもに。

早朝、田んぼを見回りに行ったのですが、草につゆがついて、そこへ朝日が当たってちょうど霜がついた冬の景色のように見えました。

本日植えたのは、白菜。晩秋の11月に収穫予定のものです。種を、お盆の頃に蒔き、小さな苗として育て9月に入ったので、定植の運びとなりました。

どこの田んぼも稲穂が重たそうに首をもたげて、収穫を待つばかりです。金井かねちょう農園の田んぼも無事に実りを迎えてくれました。

雨が降り続いたので、アスパラの病気の予防のために、防除をする予定でした。が、風が少し強めにふいていたため断念その代り、ボサボサになった側枝の整理をしました。

古代米は栄養素が豊富だそうですが、栽培してみると力強さを感じます。無農薬はもちろん無肥料栽培中ですが、強害の雑草と渡り合って、育つ野生の強さを感じますね。

雨が止んだスキに、畑の見回りに行ってきました。この畑は、ムギをつくったり、ジャガイモを育てたりアスパラをつくったり、カボチャ、タラの芽をつくっています。

あさひや農場のトウモロコシは最初は標高の低い(?)温暖な標高900mの畑で始まります。その次に2枚目の写真の標高1000mの畑にあがります。

おばあちゃんが仕上げの巨峰の房作りをしています。明日、地元の中学生が来て、この全ての巨峰に1枚1枚袋をかけてくれます。ほんとうに助かります。

ブルーベリーの収穫は腰に魚籠をふたつ提げてやっています。ブルーベリーを始めるまでは、我が家と魚籠なんて全く結びつかなかったけど今は自然に置いてあります。

桃ですがだいぶ大きくなり、袋かけをしました 袋は果実の果面をきれいにしたり、病気を防ぐために行います。どのくらい果実が成っているのかが分かりやすくなります。

ブルーベリーの下草刈り。おじさんの所には50本余りにブルーベリーの木があります。今年は、ブルーベリーも実がたくさんついているようです。

体調がいまいちではありますが、3月収穫開始を目指して、アスパラの作業を開始しました。この時期の作業が一番つらいかな。

最低気温がー5℃以下になる様になって来ました。今までの防寒対策は、上部が30cm角の巣箱に、40cm角のダンボールを被せただけでした。

「収穫終わった後ってなにしてるの??」 質問をいただきます。 「土づくり」「施設の補修」「撒きひげの除去」「農機具の整備・整理」などやることは多岐にわたります。

9月始めから今シーズンのぶどう狩りが始まりました!今年の夏は雨が本当に少なく、暑い日が続きました。その分、味も凝縮しとても美味しくなっていると思います!

トウモロコシ畑に、来ましたよ、今年も。 タヌキかハクビシンか・・・。  収穫期を間近に控えた株を根元から倒し、 きれいに食べてくれています。

欧州系ぶどうは形を整えて袋をかけて収穫を待ちます。袋を掛けることにより病害虫からブドウを守ります。ですから袋は掛けたら掛けっぱなしが一番いいのです。

ここ数日は毎日芽かきの作業を行っています。でも、流石に毎日芽かきだと飽きてしまうので、今日は途中で違う作業を行いました。それが接ぎ木です。

しっかり受粉したりんごの実はだいぶ大きくなってきましたよ。まだまだりんごの形には見えませんが大きいものはペットボトルの蓋くらいの大きさになってきました!

なすと、とうもろこしと、モロッコインゲンの種を植えました。マメ科の種まきの方法は、現代農業に載っていた方法を今年も実践していこうと思います。

まだこんなに小っちゃいけど……引っ越し先の準備も始めないとね。肥料をまいて……トラクタでロータリーをかけて……ベッドを作って……灌水チューブを配置して……

塾長の田んぼの見学です〜しっかり水が入っています。直列、70gで播種します、手前が種、奥が土です〜ハウス内でこのように積み上げてシートをかけます

稲・加工トマト・野菜などハウスで種を蒔いて育てます。 冬の間は雪の重みでハウスが壊れる(破ける)のを避けるため、一旦ビニールを外します。

来年のねぎ床にワラを敷く。 種は既にまいてあるので春までじっと寒さに耐えてもらいましょう。 マイナス10℃の中、じっと春を待つ。僕もあと数日で冬眠。

朝6時。ネギ畑。お試し程度の収穫。当然、野菜の収穫は早朝です。 寒い夜の間に、栄養素、うまみが体内にぎゅっと溜め込まれる。

午後一番で里芋を掘りました 株つには、小さな芋がコロコロと付いていました 親株 火を加えると灰色に変色しますが、味は小芋と変わりません

台風の前に、自然栽培の畑に行って来ました。畑に行くまでの草は伸び放題だが、木の周りは以前、草を刈ったり、踏み歩いたせいか、背の高さがあまりない。

雨模様の中加工トマトを収穫しました。いつもの年に比べると上出来らしいです!コンテナ19箱もありました。 8月2日、すでに赤くなったトマトが沢山ありました。

嫁のお父さん、お母さんの助けを借りて、アスパラの植え付け(2250株)が終了しました。やっと一息がつけます。

去年の秋植えたメイポールに実がついたので、摘果しました。こんなに小さいのに、割ってみると、こんなに赤い色で、かじってみるとすーーーっぱい。9月が楽しみです。

普通のナスより少し大きめのゼブラナス。リスターダデガンジア。ちょっとややこしい名前ですが、味はとっても美味!やわらかくクリーミーな肉質です。

山葡萄 × カベルネ・ソーヴィニヨンの掛け合わせで生まれた赤ワイン用品種のホープ !! 色良し、酸良し、生育良し!!!栽培する側としては三番目を特に推しますね

おぉっ! レタスが巻いてきましたね。これも外葉をいただきましょう。まだ小さい水菜とほうれん草も収穫して。やっと生サラダを毎日たべれる状況になってきました。

巨峰たちの芽は、空に向かって元気いっぱい育っています。「ぶどう苗の植え付け」作業開始です。恒例の夫婦分担作業で、行います

髭を取るのは、種まきには邪魔になるので取りますが、直播は特に直播機に引っ掛たり、条ごとの量を均等にする時に邪魔になるので絶対取らなければなりません。

リンゴ・モモ・梨を栽培している。一つの花の中に「雄花・雌花」があるが、モモを除き、「雄花の花粉」が同じ花の中の「雌花」に付いても「受精」が行なわれない。

ハウス栽培のアスパラもある程度数が取れるようになってきたので、出荷することにしました奥の5,6棟目中心ですが、2棟目もずいぶん萌芽してきました。

思った以上に大きくなった大浦ごぼうの木。 おとといの様子ですが、天気がいいうちになんとかしておこうということで採種を始めました。

ブドウの袋掛け、傘かけ すべて終わりましたぁ 突然雨が降ったり、暑さがきびしかったりで...後は、鳥対策 やっぱり、昔からの網を掛けるのが 1番効果ある気がする

もうすぐ桃の収穫がスタートします。 写真の品種は「川中島白鳳」、甘味が強くおいしい桃です。 お盆のころ店先に並ぶんじゃないかと思います。 

きょうも昨日の引き続きで田んぼの追肥でした。7:00から開始した作業は11:00過ぎには終了。午後からは、蕎麦の種まきをすることにしました。

金井農園はりんごの摘果を終え、巨峰の摘粒に移っています。アグリサポートさんにもお手伝い頂いて、巨峰の房を作っています。そんな中、次女は田んぼの草取り中です。

今日の畑にはシナノピッコロが植わっています。今年は問題なく育っています。つがるや他の品種に比べ、果実を多くならせても良いので、摘果がらくです。

【秋の雑穀収穫体験】日時:10月20日(土)13:00〜(信越本線牟礼駅集合)内容:雑穀収穫体験、おやき作り体験

昨日・今日と肥料撒き・耕耘が続いています。風もあるし、雨も振りそうなので肥料撒いたら確実に耕耘して肥料を畑に鋤きこみたいです。

サンふじが「旬」を迎えていますが黄色いりんご「シナノゴールド」もまだまだ美味しい季節です。甘さに加えて「程よい酸味」。甘酸バランスが、実によいりんごなのです。

天気は良かったのですが、朝は氷が張るほど寒かったので、温室に入ってみると、みかんが熟していました。食べてみると、酸っぱい!これはレモン、中の品種です。

昨日、とある知人と話していたら大石早生も「摘果はしたほうがいい」と、言われ急遽摘果することにしました。摘果と言ってもそんなに難しいものではありません。

おとといの様子です。 今年4年目の田んぼに積んであったわらを散らしてきました。 13年目田んぼの方は昨年の内に散らして耕してあります。

先週、Azumino自給農スクールでは、雨の中在来蕎麦の種まきを行いました。雨の中の播種しにくい中、蒔かれた蕎麦も1週間できれいに発芽しました。

暖かくなり株元の雑草も元気になってきました。自分たちで植え替えた大切なリンゴの木たち。雑草に負けてしまわないように、今年も幼木の株元の草引きをはじめました。

お客様は、広いブルーベリー園で、多くの品種を味わってくれました。お土産用のパックにも、400g以上を採り楽しんでくれました。

「シャインマスカット」が今年初なりです。1本の木に4房〜6房程度しかつけることが出来ませんので、当園全体でも数十房しか今年は収穫出来ません。

今年は、果菜類の出荷で忙しく、白菜用の圃場を準備することができませんでした。窮余の策として、種をトレイポットに蒔いてみました。

柿のはざおろしが終了しました。もう、柿のれんの姿はありません。 あとはおろしてある柿をもんで、粉が吹いてくれば本年度の柿作業は終了です。

今日は一日、穏やかな晴天に恵まれ、絶好の収穫日和!と言うことで、午前は、稲刈り。一年ぶりなので、動きを確認しながら、コシヒカリを一畝だけ刈りました。

モロッコも陽のあたる片面が日焼け気味で…お疲れさんというところだ。 露地モロッコはもう一度か二度収穫せねばならないか… 畑1寒冷紗雨除け降ろしモロッコ収穫4kg

シナノスイートとシナノゴールドをまだ食べたことがない皆さんにどうにか知って頂きたい!!と収穫の時期でもあるんで広報活動にも力が入ってしまいます

一段落したので道の駅へ持って行く品目が減って寂しくなるなぁ・・・と思ったのもつかの間、待望のヤングコーンがちょうど採り頃になっているではありませんか

先日、害虫防止の対策をあれこれしたスウィートコーンは、5本中1本がカラスにやられ、2本は虫に食い荒らされた。

「ピッテロビアンコ」という品種をうちも作り始めました!!その外観から別名レディーフィンガー(貴婦人の指、淑女の指)と呼ばれる皮ごと食べられる種なしブドウです。

扇風機はいらないエコな田舎町、村です。日課のお昼のパトロール、毎日たわいのない話題ですみません。第二農場のトマトは、実の付きがよろしいです。

今週は、気分を切り替えて、特集記事の準備に入りました。「農と食をつなぐ…健康に暮らすために」今年のシリーズ、8月と9月掲載、2本分の取材を同時進行します。

畑4 7列目ホルン定植 畑3 1〜2(半)草取り 植え床の草は殆ど枯れており、床脇の草を取る程度 畑より帰りて引き続き落葉堆肥を積み込む。

二手に分かれてサンふじの摘果と梨の南水の袋かけ 私はリンゴ園で摘果をしてますが、5月頃から合間をみては新わい化(高密植)栽培のリンゴの木に芽傷処理もしています。

「ふじ」の授粉作業をすすめています。1日中綿棒を持って小さな花を狙っていると神経が参ってきます。しかも効果がはっきりしないと来たもんだ。

立茎を始めて二週間、アスパラは人の背丈ほど大きくなりました。このアスパラに今日、消毒をしました。ハウスと新植の圃場の二か所。

畑に行くとりんごの木の周りにはしっかりともみがらやきのこの菌床の炭素資材がまかれてあります。冬の寒い中、しっかりと手をかけてくれていたのがわかります。

田んぼの肥料蒔き&種蒔きの予定が控えています 本日は種蒔き準備 およそ1400枚の苗箱を作ります 苗箱には土は使用せずマットを使います

12月のはじめに種をまいたラディッシュですが、ハウスの中にもうひとつトンネルを作って育てていたところ、結構大きな玉ができてきました。

ふじの葉摘み・玉回しが終わり、今やっているのはピンクレディーの玉回しなんですが、綺麗に色づき始めました 収穫まであとわずかなので、とっても楽しみです!!

最初に葉摘みした園地の玉回しを行いました。この地区、去年のふじは全体的にかなり小さかったので、今年は期待しましたが、残念ながらまたしても小玉傾向のようです。

今日は周五郎さんの畑へ行き最初の大根収穫してきました♪見てください美味しそうですね♪ いい感じであ〜りませんか 大根立派ですことね

10月3日に植え付けたジャンボニンニクです。 なかなか芽が出てこないので 諦め気味でした。 でも、こうやって出てきました。

本日で稲刈り&籾摺りが終了〜稲刈り→ライスセンター→籾摺り→倉庫搬入が毎日続きましたが、明日からは逆に倉庫から必要分を出し精米所への毎日になるのかな?

コンバインで刈取時に出るワラは束ねた状態や細かく刻んだ状態(全カット)が選べる。多くは刻んで出し、田圃の土が凍る前に鋤き込んで土壌改良する。

農協の初出荷は数日前でしたが、うちの初出荷は今日!初出荷にしては多めの400房強でしたパック詰めは去年と同じように、1パック1パック裏に名前シールを貼ります。

梨も本格的になります 今年は果樹全般に遅れ気味です 生育も芳しくいきませんが今月いっぱいを目どに幸水梨の収穫です!!

踏み込み温床とは、簡単に言うと「堆肥を作って、その発酵熱で野菜の苗を育てる苗床」です。 最近は有機農家でも電熱温床といって電熱線での温床が主流です。

アスパラの残っている茎や落ちた葉っぱには、病気の菌が残っているので、焼き尽くして病気の防止です。さらに雑草の種も焼けるので、少しは草対策にもなっているのかな?

楽しい雪中耕耘もついに今日でおしまいです(悲)。昼過ぎから、3年目を迎える特栽米の田ともう一枚、計4反[1200坪]の雪中耕耘。

一月早々の農作業として、レタスの種まきをやりました。セルトレーに一粒ずつ種を播いて、タップリ潅水し、保温のために新聞紙とポリフイルムで覆いをします。

午前中は晴れて暖かかったので、ブルーベリーの剪定です。  ここは第五期に植えたハイブッシュの木です。右側は第六期のラビットアイの通りです。 

今年もやっと市田柿(干し柿用の柿の品種名)を収穫しました^^ 市田柿(いちだがき)は南信州の特産品でブランド柿として有名です。

例年ならふじの収穫がはじまっていますが、今年は熟期が遅れていて来週からの収穫になります。ふじの高密植わい化栽培と新品種シナノホッペの検討会が開かれました。

本格的に柿の収穫をはじめました 思ったほど、朝霧も出ておらず、収穫日和か と、思っていたのですが、なかなか太陽が顔を見せてくれず、肌寒い中での作業です

霜の降りる前にサトイモは収穫します。明日から冬型の気圧配置とか!霜の可能性もありますので掘り上げました。(葉、茎から凍り芋までダメになってしまうから)

今年初めて「ロマネスコ」なる野菜に挑戦しました。 しかしどういう原因なのかわからないけれど このような姿になってしまいました。

りんごの色が赤色からあずき色に変わり果面がべたつき始めた頃が良いのですが何といっても食べてみて確認するのが一番ですね!

関島さんのご指導のもと、皆で稲刈りの仕方を習います。一斉に刈りだしました!どんどん刈られて行きます。さすが、手作業とはいえ、人数がいると作業もはかどります。

稲刈り準備のため、・収穫前のコンバインチェック・ワラ集め用の集草機チェック 稲刈り後に田んぼを耕せるように・・・トラクターのチェック・ロータリーのチェック

ナスが順調に回復してきています。畝間への水の流し込みは週2回ペースで行っていて、どうにかモグラ・ネズミ被害はなくなりました。

わが家の果樹園の山際に堆肥舎があります。化学肥料を使わない循環型農業をめざして堆肥舎を作ったのが昭和58年ですからもうすぐ30年です。

今年も梨の幸水の収穫が本格的に始まりました!幸水の特徴はなんといっても水々しい果汁の多さにスッキリとした甘さ残暑厳しい喉の渇きをスイカに変わり潤してくれます♪

初めての米作り、あと少しで稲刈りです なんとか、出来るものですね〜 ちょっとお米の様子を…… 籾を剥いてみたら、ちゃんとお米になっていました

ブラックビート 着色先行型!!!!!今これだけ色づいてるのは素晴らしいですね。でかいし。栽培しやすく個人的にすんごい好き!!!!

畑1三から五列目まで草取り・落葉敷き・雨除け降ろし完了 ようやく一通りの作業を終えることが出来た。 畑2の雨除け降ろしが未完にて、朝乃至夕方に引き続き行う。

例年この畑は 畝の長さを畑の奥行43m位で作付していたのだが、ブロッコリーの収穫時に、あまりに畝が長いので、今年は25mで区切った。 

スィートとふじの通りはほぼ猿に食べ尽くされ実がなくなってしまいました…爆音機を仕掛け当初は効果もありましたが近くに民家もあるため朝と夜は止めています

水を排水させるために道を作ります〜平均、縦横に4本の道を作りますこちらが水切り用「仮面ライダー」乗用式と手前に寝ているのが歩行式で、この2台でおこないました。

我がお畑ではイタリアン料理がいつでも出来るような素材栽培してますよ。これは日本系ですが、桃太郎! 奥を探ると直径3センチ程に実ってきました。

2回目の酢の散布(午前中、風少なし、気温高め、)倍率300〜500倍(もやもや巣のある幹は、100倍で水圧あげて洗い流す) 水鉄砲でもいいんじゃないか?

自分たちでさえも「今日の野菜セットはいいねえーー」と思わず言いたくなる時がある。今日の出荷はまさにそれ。今日の野菜セットは大当たり!?

3日目にして耕起完了した。初日8時間、二日目10時間、最終日7時間、合計25時間だった。今年は、耕起の方向を、坂に沿った方向でトラクターを運転した。

いよいよ6月。6月と言えば、ぶどうの作業が本格ピークを迎えます。怒涛の作業の連続になるのですが、今は、新しく出てきた枝を棚に留めています。

全ての出荷が終わりました。 ネギ苗に挑戦して3年目になりますが 、今季、やっと「ネギ苗を作っている」ということができる 作付量になりました。

ヤーコンの品種適応試験の圃場で、地元の小学5年生が植え付け体験をしました。2クラスそれぞれ、鍬やスコップで畝を耕すことと、定植することを交互に行いました。

18cmのCSポットから、下の写真の24cmのCSポットに植え替え(鉢増し)です。用土は、以前に作って置きました。植替えだけで、1日に60鉢がやっとです。

昨日は昼の晴れ間を縫って、3月に入ってから行う平行整枝の剪定に取り掛かりました。平行整枝では棚の上でHの文字を描くように幹を伸ばします。

本日は雪が降る中のファーム実習でした。縦の辺と横の辺の平行を取ったり、ビニールハウスのアーチを均等な高さにしてビニールを被せて留めていきます。

今月は、八ヶ岳山麓の育苗がはじまります。大産地ですから育苗も大量で、育苗に失敗すると、定植、収穫までの計画が大きく乱れます。

私たちにとってはちょうどいい大きさのハウスで、これがあれば米の育苗、秋冬の葉野菜にも余裕を持って仕事ができる、ということで頂くことに。

畑の方では、知り合いの農家さんからちっこいユンボを借りてきて、排水の改善をしています。こんな作業ができるのも畑に野菜のない今の時期だけです。

せん定交流会の2日目に参加しました。今日は新ワイ化樹の剪定です。まずは技術員さんから全県で推進されている新ワイ化栽培についての説明がありました。

野菜の収穫は今日ほぼ年内は終了にします。というより土が凍っていて難しくなります。ただ根菜類に関しては年越し、春収穫も念頭にあります。

霜が降りはじめるとブドウの樹たちの落葉は直に終わります。葉っぱが黄色く紅葉して霜の到来とともにきれいに落ちてくれると、安心して今シーズンを終えられます。

秋野菜が続々と収穫されています。   自家用の野菜は越冬の作業をします。 新鮮さを保ちながら、尚且つ凍りつかないように、 腐らないようにします。

今年で4年目。今年は350本のダイコンを調査し、うち100本を選んで次年度のタネとり用に移植しました。地上部の病気や虫喰いもなく、生育良好です。

この草ハウスの下の方にビニールがあるのですが、このビニールは(風でめくれないように)下の方が土の中に入っています。

藁と牛糞堆肥はブツブツ交換します。藁は牛の餌に。それを食べて育った牛の糞は籾殻等と醗酵させて堆肥にして藁を育成する田んぼへ。

野沢菜の一蕪漬けの収穫も始まっています。前回紹介した野沢菜の種、研究試験用の根こぶに強い品種改良されたAの野沢菜に、蕪の部分が軟化する病気が出てしまいました。

畑ゴ泥淵鵐丱鵑茲蟶里蠖圓しの収穫に入る。約8キロ採り甘ナンバンイ禄了。 畑い離淵垢盧里蠖圓しの収穫。 約14キロ。ハブキ4キロ 久しぶりの収穫。

今年もいよいよ美味しいサンふじの季節がやってきます^^。引き続きサンふじの葉摘み&玉回し作業中です。終盤に入りもう少しで終わりそうです。

いよいよフジの収穫がスタートします。 フジと言っても今回は有袋のフジでサンフジとは違い袋を掛けたものです。その目合わせがありました。 

第11農園に唐松チップ敷き。ブルーベリー・ハスカップのポット苗の草取り作業。チップが足りなさそう。大型車4台分では第10・11農園はすべて敷く事ができないか。

ワタクシ、基本、毎日巨峰の出荷しかしてません。朝食前に義母が収穫してきた巨峰を仕分けが済んだものから1日中パック詰め。

長野県果樹試験場で新品種”シナノホッペ(長果20)”の品種検討会がありました。ふじの少し前に収穫できる注目品種です!

当園では、ぶどうの房に袋掛けをした後、獣や鳥に食べられないように玉ねぎネットをかけます。このネットを縛るひもが2年で大体崩壊してきます。(笑)

「シナノゴールド」がだいぶ黄色くなって、甘くなってきましたよ「シナノゴールド」は甘さと酸味がとてもバランスよく、歯ごたえがよく、とてもジューシーで美味しいです!

リンゴの周りの葉っぱを 一つ一つ日光の光が 当たるように とっていきます。  根気のいる作業になりますが 親戚の方 今日は三人 手伝いに 来てもらっています。

旦那ちゃん、中野市でぶどうの役員をしているので土曜日 全国放送 旅サラダ という番組で、今をときめく シャインマスカットの紹介を家の畑でしました

たまに残っているブルーベリーをつまみながらの作業。ブルーベリーの樹たちは、今年のお役目を終え、来年の準備に入っている。花芽を形成をしています。

今日はレタスの出荷を行いました。とは言え、かなりの少量の出荷となってしまいました。今日は緑肥の種まきをしました。

一日中収穫してると脳内麻薬が出てきておかしくなってくる、これを収穫ハイと呼ぶ、ほかにも葉摘みハイとか玉回しハイとかある。

さんさの収穫も終盤。そしてつがるの収穫がはじまりました。着色系の色の良いところから収穫開始です。昨年は異常な暑さのため、色が付かずとても苦労しました。

気持ちのいい青空☆*:.。. 今日から、種無し巨峰の収穫始めました(^^)春先きの低温、梅雨時の雨不足の影響か…粒が小さめ。

現在のはすみふぁーむのワイン畑、メルローの様子です。きれいに色付いてます〜シャルドネは↓こんな感じで そして1番収穫の早いピノはこんな↓感じになってます!!!

かえる農園はいつものように少し出遅れたが、レタスとミニ白菜の播種を行った。前回の失敗を教訓に育苗に努める覚悟だ!

作り続ける野菜がある中で、何種類か新しいものが毎年加わる。今年はこの星オクラ。今年1番のお気に入り!!!!形がもう良すぎるでしょう!?

皆様から頂いた毛布、今日から使わせて頂いています。この毛布の下で、発芽を待つ種が眠っています。ネギ、玉ねぎ、小ネギ、赤玉ねぎです。 21℃に保たれています。

昨日で北畑の剪定も終わり、今日から通称:西畑で枝の芽傷入れを始めました。我が家の5ヶ所ある畑で市内西端に一枚だけある畑です。

三月に入ったので、玉葱に追肥をおこないました。まだマルチをやったままなので、マルチのうえから、パラパラまいただけですが、他にやりようもないので仕方ありません。

先日、無事に植え付けが済んだシナノスイートの新わい化栽培(高密植栽培)の園にて現状でフェザー(小枝)があるものには誘引をしておこうと作業しております。

今年初めて果樹園に行き初めて剪定に挑戦しました。いままで剪定は主人に任せて、私は主人が剪定した後、防腐剤を塗る係でした。

苗木を取り上げた園を整地し再び棚を張り直して、リンゴの新わい化栽培用の支柱を立てる作業をしました。棚の通りに沿って2.5mのアルミポールを立てていきます。

前日の大雪に負けずと、励んで剪定を行っていた、 当社の醸造用ぶどう「竜眼」の1次剪定が終わりました! 棚が倒れることなく無事に済んでよかったです

スタッフが信州ぷ組土の会主催の土壌診断合宿に参加するので、土壌検体を採取するのをお手伝いに行ってきたのです。採土するのは、来年から畑へ転換する予定の水田です。

ワインぶどうの剪定をやってました。午前中は曇っていましたが、風が無かったので剪定はやりやすかった。午後になると風が出てきて寒かった、カイロが無いと辛いです

やっとワラ巻きが終わりました♪前回の寒波が去り、その後晴れ間が続いてくれたため雪の中巻きました。すごい焦りましたよ〜。理由は・・・・これ・・・。

これから もっともっと寒くなり  朝はマイナス10度以上になる事もあるので リンゴが凍みないように囲います。 蜜入りの少ないリンゴがコンテナに入っています。

実際は抜いています。昨年は一度大まかに刈り取った後、残った部分を抜いていたのですが、二度手間になるので最初から抜いていこうということに。

ここは、第一期に植えた場所で、品種はチャンドラーです。一番高い枝は、2、5mを超えていましたが、収穫がしにくいので、2、0mに抑えています。

今日はハウスの中に穴掘ってきました  なぜ穴か? それわ、そう!長芋の種を作るため! 種作るのも大変ですね、、 今回作るのは再来年の種です

シナノゴールドは収穫を終えて,これから玉の大きさや傷の有無で選果をして,出荷先ごとに分けていきます。昨年にくらべて酸味が少なくて甘みが強いように感じます。

今日、、、、稲刈りがすべて終わりました、、、、。 最後の田んぼは小さな田んぼが3枚。そこをバインダーで刈り取りして、、、はざかけ、をしました^^

今日は草体が最も優勢なベニアズマを掘ってみた。写真は1本に出来た芋である。(スケール入れるの忘れた) 特に虫食いや腐れはないようだ。

さんさの収穫がはじまりましたが、着色が送れています。同時につがるの収穫が始まりました。といっても本格的ではなく、色の付いたところから少しずつ収穫を始めます。

りんごは日に日に大きくなって、「サンつがる」が色づき始め、収穫までもうすぐです 今年は例年より大きい木がします収穫が楽しみです

早く食べたいと待ち望んでいたトマトを収穫しました初収穫は2週間前の話ですが、4日に一度、ボチボチですけど2個ぐらいづつ収穫できるようになりました。

ブルーベリー畑は二カ所あり、 アナグマ、タヌキの登場で穴だらけにされていたのですが 最近はネットを張って、破られ修理しの繰り返しで 目立たなくなってきました。

さて、そんな中で開始した袋掛けですが、こんな感じの房に紙の袋を掛けます。袋には上の方に針金が着いていて、1つずつキュッと締めてつけて行きます。

急遽写真を撮って掲載することにしました。当園の中で一番早いサニールージュ。全体的に色づいてきたけどまだまだ本調子じゃない?一応収穫は今月中なんですが。。。

田んぼの草取りに挑戦です。この田んぼで採れたお米は、愛育園の皆さんにもお届けされます!子どもたち、自分たちが食べることになるお米作りに参加するのです!

本日より ブドウ初荷作り です(^O^)/ 巨峰のみですが(^。^)なかなか荷作りが進みませんでしたが、明日からは、ちゃんとできるかな(^。^)

6月最初に田植えをした苗たち。駆虫剤を使用していないので、苗のうちは毎年、イネミズゾウムシという甲虫に一杯葉っぱを食べられます。

昨年に引き続き「マドラウィング社の、マドラグアノ」を採用した。これはサンゴが主体の粒状リン酸肥料で、農水省が天然有機質リン酸肥料として認めている特殊肥料だ。

皆で小雨の振る中田んぼに素足や靴下、田靴で入り草取り開始。腰も痛いし、指も痛いし、首も痛いし・・・・ そんな中よく手伝っていただきました。

K・k信州自然食品センターの社長さんが、打ち合わせに来てくれました。瓶の大きさや、ラベルのデザインの見本を持ってきてくれました。

凍害で実が少なかったので摘果はやらなかったのですが、今年の柿は、実が鈴なりになっているので、摘果をすることにしました。良い柿を作るための重要な作業です。

うちの畑で、一か所だけですが、潅水できない畑があります。りんごの生育自体は順調ですが、できれば定期的に雨が降ってほしいな〜と思っています。

本日2枚目の田んぼにチェーンを引く  農薬なし田は全部で5枚。毎日一枚やって一週間でまた振り出しの田にもどる感じか。チェーンは一石四鳥。

梨やりんごの摘果で、脚立に昇ったり降りたり...。コツコツと地道に作業しています。実は順調に日に日に少しずつ大きくなっています^^。これはふじりんごの実。

今年の田植えは6月7日にやりました。子どもたちがとってもやりたがっていて、学校から保育園から帰ってきてから一緒にお手伝い。

さっさと桃の本摘果&袋かけをやってしまいます。桃の袋かけを早くやる弊害というのは、・生理落果がこれから起こることがある→袋かけが無駄になる。最終着果量が減る。

ぶどう達と向き合う日々を送っています。現在のぶどうの作業は、「誘引」作業です。テープナーを使い、新しく伸びてきた新梢をぶどう棚の棚線にひたすらとめていきます。

ほったらかしのイチゴがこのように成ってきました。 たくさんは採れないでしょうけどハウス物で無いイチゴが 楽しめます。

アスパラ畑の横に積んであったもみ殻堆肥をアスパラのうねにマルチング  1ハウス分しかなかったけれども、少しは草押さえ&乾燥防止になってくれるかな

これが我が家の特別農薬無使用による苗達です。籾まきの作業の時に通常、病害虫防除のために殺虫剤をまきますが我が家のこの苗達には入っておりません。。

この田んぼから田植えをするので、午後仕上げの代掻き[植代掻き]作業。きれいになったところで、水をたっぷり入れて準備OK。

4月にはいってすぐに、土蔵にストックしてあった我がコシヒカリ合計30袋[15俵]が、都会の米屋さん2軒のもとに出て行った。

ぶどうハウス。隠甘鐫罍甘錣この爆弾低気圧により爆破?!状態です。近所の人の応援・JAの方の応援など、総勢14,5人の手を借りなければならない状態でした

できたばかりの鶏小屋はねじれ、上にあがり、倉庫の前においてあったりんごを入れるコンテナは100メートル以上あちこちに飛んでいて朝から集めてまわりました。

種芋の細くなっている先端から芽と根が出る。パイプの開放部をその根の真下に来るように位置を決めておく。開放部にぶつかった根はパイプに沿って伸び新芋になる。

雨よけハウス(屋根だけビニールをかけた小さいハウス。保温はしていない。)でも、アスパラの芽が所々で見えてきました。春はすぐそこまで来ているようです。

この時期の恒例作業がネズミ対策。ワイ化の根は美味しいらしく、ネズミに食べられます。毎年この時期からの重要な作業になりつつあります。

ようやく春らしい日が出てきたので新しい苗木を植える時期になりました。まずおおまかな場所を決めて植え穴を掘ります。掘った穴に肥料を撒きます。

何とか3月中に剪定が終了し、畑の剪定枝と剥いた皮を回収しました。今年は木の生長も安定期に入って来たので、剪定枝の量も比較的少なかったです。

肥料搬入に続き、今日は種籾が届いた。昔は自家種を使うことが一般的だったが、最近は販売上のこともあり、一応正規圃場産の認定種を購入している。

新兵器をようやく設置できました。ただの小型ビニールハウスなのですが。 寒冷紗はいつも使っているのですが、ビニールハウスはどんなものかと今回試しに!

最近は毎日ぶどうの剪定をしています。ぶどうの木の使わない部分を切ったり誘引したりしています。この剪定作業。性に合ってるというか楽しくて新しい自分との出会いです。

妻はアスパラの刈り残した部分を抜く作業をしてもらいました。ビーバーなどで刈る場合、地面から10cm位離して刈り取ります。

粉剤の薬を撒き、トラクターで鋤き込むと、しばらくするとガス化する、そのガスでセンチュウを死滅へと追い込むわけだが、何匹か何百匹かが逃れて、また増え続ける。

今年の農業研修は、昨年のように里親さんについて一緒にやるのではなく、自分たちで実際に栽培して、出荷までやるという実践的なものになります

絶好の田打ち日和です(笑)。田の積雪は5造らいでしょうか。半凍土状態ですから、ゴロゴロといい具合に起こせるはずです。昼12時作業開始です。

28日現在の玉ねぎの状態です。今日になっても雪は余り解けず、半分根雪状態です。今年の冬は久しぶりの超低温で、葉は殆ど寒さで枯れた状態です。

今は種なし巨峰の剪定に取り掛かっています。種あり巨峰では軽く切れた種枝(今年、房を着ける新梢を初芽させる枝)も、太い種なし巨峰の種枝になると大変です。

未だ終わらない甲州畑の剪定作業。しかも昨日は最高気温がマイナスの真冬日。寒かった〜これが剪定終了後。甲州では珍しいスマートマヨーガー仕立てにしています。

本日も柿の剪定作業これが中々終わりません( ̄▽ ̄;)柿畑はまだまだあるんでピッチを上げないと…リンゴの剪定作業も待ってるし(-。-;)

木酢、竹酢など炭を作るときに煙と共に出る液体。モミガラも炭にする時にモミガラ酢が出てくる。 殺菌殺虫作用があるというのでホームセンターなどで売っている。

毎日ノコギリとハサミを使ってりんごの剪定作業をしています。使っているハサミは岡恒製の剪定ばさみです。自分にとってはとても使い易いですね。

本当は雪が降る前に寒冷紗は取り外すべきでしたが。。押しつぶされてほぼ倒壊寸前です。中にはまだブロッコリーと遅まきのキャベツがありまして。

雪が積もる前に冬越しの準備をしておかねばならないのであるがなかなかはかどらない。その冬越しの準備の一つで大事なものに「ねずみ対策」がある。

最後の最後まで作り続ける品目は、長ネギとジャガイモですね。この2つが近くの畑にあることが、最後まで自分が百姓であるとの証を感じさせるのでしょう。

畑へ行って、私が野沢菜を引っこ抜く。父がカブ(根っこ)を切って、ある程度そろえる。母が枯葉等を取って縛り、倉庫まで運んで重さを量って軽トラに載せる。

もみ殻くん炭を作る時期になりました。別に、1年中作ってもいいのですが、夏は暑いし、作業的にもちょっと間が開くので例年この時期になります。

今月は柿の収穫から皮むき、吊るし作業中旬からはサンふじの収穫とめいっぱいの忙しい月でした。とうとう園内には実っているものもなくなりました。

野沢菜の品種(タネの違いによる)による野沢菜の出来ぐあいの研究試験をしています。連

私達農家もちょっとした科学の目をもって作物や土壌を見つめます。その一つが土壌分析です。今年は簡易な土壌分析キットを導入して見ました。

ズッキーニを秋作でチャレンジしてみたものの全然大きくならず。種袋の裏には、春からつくる時期しか記載されていなくて夏からつくるズッキーニは載ってないんです。

穂のぼの農園にお手伝いに来てくれた友人たちの多くもこの過酷な石堀りにご協力いただきました。みんなありがとう!そしてこの秋、ようやく畑になりました!!!

長かったブドウの収穫がやっと終了しました。今年は暑さの残る中での収穫開始でしたが、収穫が終わってみるとブドウ畑にはとっくに秋が訪れていました。

昨日に引き続き 玉回しです。私は 下の方の 葉っぱで摘み残しが ないか見て回りました。葉っぱが多すぎて リンゴに 太陽の光が入らない所は葉っぱを取ります。

リンゴの葉っぱ隋から中心を通っている主脈が赤くなってきました。側脈の方まで赤くなるほど葉としての役割も徐々に終えようとしています。

忙しい。稲刈り後の田打ちや、精米をしてお客さんに発送したり、意外とてんてこまいですね笑 蕎麦の方も乾燥させなくてはいけないので、麻袋に広げて乾燥中。

いやあ去年より大きく育ったな〜〜色づきも良いな〜〜「紅玉(こうぎょく)」という真っ赤なリンゴです。酸の効いた甘味、さわやかな芳香。

パラパラと雨が降ったり止んだり前栽畑のピーマンや福耳とうがらし、ししとう、甘長なんばんを片付けました。枝に生っているものを収穫したらこんなにありました。

稲刈りの準備してきました(^^)今年も稲穂がいい色してます 台風にも負けないで倒れずにいます!これで収量が平年並みだったら言うこと無し!

今の時期は7時過ぎまで種まき作業です。雨が降ると作業が出来なくなりますので、天気予報を見ながら計画的に14日までに種まきを終わらせます。

早生りんご つがる です。我が家のりんごの主要品種としてはトップバッターです。このところの晴天で赤く色づいてきて、一昨日から収穫が始まりました。

今は「サンつがる」を収穫しているのですが、「シナノドルチェ」と「秋映」が大分色づいてきました たつみ農園は9月17日からりんご狩りがオープンします!

ブドウ栽培だけでは無いと思いますが、剪定枝はぶどう園に置いて措いたり、腐らせたりしてはいけないのです。病気の菌は髭に留まって冬を越すらしく、髭の処理は大切です。

蕎麦を蒔きました。州蕎麦になる種です。 面積約15aの減反の田んぼに8kgの種を蒔きました。 種をまいた後、熊手で土になじませました。

川中島白鳳の除袋が終了しました。と、言っても1本だけですけど 色が着いてないのは今日外したばかりだからです。(レンズのフィルムが剥がれてきたので映りが・・・

昨年植えた「サマークリスタル」の収穫をしました。収穫といっても20個くらいしか成っていませんし、初成りなので足が速い(過熟になる)のです。

セロリの苗を頂きましたのでマルチシートを張って植え付け作業を行いました。梅雨が明け照りつける太陽は厳しく朝6時からの作業も8時を過ぎると汗が流れ落ちてきました。

午後3時ころ。アスパラの畑に到着して車を降りたところです 今から、ハウスに行って、除草作業と、管理&収穫をしていくのですが…

梨の枝を誘引する作業をしています。ここ数日の、 春というか初夏をも思わせる暖かいお天気、 梨の芽を始め、リンゴに桃のくだものたちの芽が随分と膨らんできました。

2月の中旬頃から、コツコツと進めてきたリンゴの接ぎ木苗作業 今年も600本程接ぎましたかね  去年から比べれば数段接ぐスピードが早くこなせるようになりました。

アスパラが出てくるための準備に、水やりがあります。たっぷりと水をやって、温めてやることで、目を覚ましたアスパラが、やわらか〜〜〜く出てきてくれます。

今日の午前は、高山村のシャルドネ畑に行きました。雪も融けてます。それに、揚水が始まってます。穂木の先端からではなく、剪定した部分が濡れています

去年の今頃はもう、既にアスパラの加温を始めていました。今年はちょっと違う。寒い!というのもあるのですが、ちょっと段取り悪く今頃開始になりました。

昨年の温床の落ち葉がこんな風に。これで、苗をつくります。今年の踏込温床づくりに着手。秋に集めた落葉の上に、発酵を進めるチッソ分になる有機物を撒いて混ぜます。

さて、今日は、啓蟄。屋根のビニールを張り替えたアスパラ畑では……畝崩しの真っ最中。畝の上の土を通路に戻しています。

果樹園にて、梨の剪定をしてきました。 以前から主人がチェンソウ―やノコギリを使って太い枝は剪定していました。 この日は(1月26日)細かい所の剪定作業です。

張るビニールはコレ。 屏風のように折られているので、端っこを持って引っ張っていくと・・・ 伸ばすことができます。

初っぱなは二年間苗木圃場で養成したリンゴの苗木を取り上げる作業から 寒さで地面から10冂は凍りついてましたがバックホーで苗の周囲を掘り起こし苗木を取り上げます。

寒波がやって来て雪まじりの空、こんな時はハウスの片付け作業で体を温めることにする。 5m以上に伸びたオレンジミニトマトの樹が絡み片付けは大変である。

豆選別を紹介します。 これは大豆選別です。 私たちで収穫した大豆は定期コースでお届けしたり、スタッフ実習生で味噌にしてお客様にお届けしています。

雪が本格的に降り始めました。 これで、根雪になりますが、実習はまだまだ続きます。外作業は少なくなってきますが冬季の重要な実習として、豆選別があります。

ホクトさんから培地を畑に搬入  一部上場企業のホクトさんは軽トラ1台50円で培地を分けてくれます〜 天井からどっさり落ちてきます〜 畑到着〜手で下ろします

漬けものを漬けまくる季節がやってきました。 大根を200本以上漬けるので、掘って掘って掘りまくり、 洗いまくり、干しまくり、 漬けて漬けて漬けまくっています。

今年思いつきがあって、普通の大根の中では比較的耐寒性がある三浦大根なら適応していくかなっということで試していこうと思います。

りんご「ふじ」の収穫が終わりました。1月の剪定から始まるりんごの作業。りんごの中でも、最後のふじ収穫まででは11ヵ月かかります。

ホダ木に掛けていた寒冷紗をめくると思いがけずひらたけが出ている。これまで出る気配がないので気になっていた。

カリンカ(ロシア語、日本語でガマズミ)のアップでこう見ると大きいのですが 5mm位の大きさです。エルダーベリー、サジー、ナツハゼと違って今年は豊作です。

寒くなってくる前に、田んぼの残りの作業を片付けていかなくてはいけない。特に、田打ちは出来るだけ早くやって、藁を腐らせなければいけない。

今回は会員さん29名とお子様2名。これだけの人数。みなさん刈るよりも束ねるほうに苦戦でしたが1時間半ほどでハゼカケまで終了です。

さて秋も深くなってきましたが、9月8日に種まきした3種のお野菜はどうなったのか。水菜、からみ大根、サンチュですが。。こちらが水菜。

本日2枚目稲刈り。おととい、周りを刈って、ハザを組んであるので、スムーズに行く筈。さわやかな天気。ハザ掛けは午後です。飛び入りお手伝い、大歓迎。

柿も…… ここ最近の断続的に降っている雨で、ググッと大きくなってきました 日当たりが良く、早い木になっている柿は…… うっすらと色づいてきているものも。

今日は、昼からあずさ(早生ふじ)と紅玉の目揃会へ行ってきました。目揃会とは、収穫前にそれぞれの品種の出荷、選果基準の確認をする会です。

本格的なぶどう狩りオープンは9月中旬の予定ですが、昨日、今年初めてのお客様(K様ご家族)がお越しになりました。聞けば、シャインマスカットがご希望とか…

今日は、月に一度の『更級農業高校・農業実習日』曇空の中(暑くなくてよかった・・)畑に伝統野菜『戸隠大根』『王滝かぶら』『稲核菜』の種を蒔きました。

肥料を作っています。米ぬか、発酵鶏糞、そば殻を混ぜて山積みして、水を加えて発酵させています。土作りの効果の他に、作物への栄養補給の効果も期待されます。

白菜の種をセルトレーに播きました。品種は、タキイの「黄ごころ75」です。毎日水やりをしていたところ、3〜4日で発芽し、日一日と大きくなってきました。

トマトなど実ったお野菜くらいしかニュースはありませんでしたが、冬野菜の準備が整い始めてきました。7月中旬に種まきした2つ、 ブロッコリーとキャベツです。

種無し巨峰にトビ玉が出ました!ブドウの着色始まりです。これは樹に実らせる房の量を樹が適正内であると言ってくれたこと、これを見つけてほっと一安心。

収獲できる桃が、「川中島白桃」です。甘くジューシーでまさに晩夏の銘桃にふさわしい桃です。この旧盆明けに収獲できる桃には比較的各地の産地名前が付きます。

遅がけに種まきしたトウモロコシ、順調に大きくなってきました ほんの少し、苗を作って植えた所は、成長も早くて… ヒゲも色が変わってきました。順調に大きくなってくれよ

我が町も『イノシカクン』??なる金網の設置を住民総出で述べ100人・日近く掛けて作業をしてました。私は借地ですが、お手伝いで作業に参加。ほ

田んぼは、中干しの時期となり、我が田も昨日から水を抜き始めた。中干しすると根に酸素がまわり丈夫になって倒伏しにくい稲になるそうだ。

坂爪農園のくだものの第1弾スモモ「大石早生」の収獲が終わりました。ほんのりと酸っぱくて、もちろん甘みもあって甘酸バランスの取れたスモモです。

ぶどうの摘粒(ぶどうの粒を35粒〜40粒に揃える神業作業。笑)は、 お手伝いのみなさんにお願いして(なので摘粒の様子はアップできません・・・)僕は一回目の房落とし。

一人黙々と作業をするのですが、作物や植物たち、そして目に入る生き物たちとの対話をゆったりと楽しむことが出来ます。まずは、長ネギの土寄せです。

稲の葉がピーンとまっすぐになっているので引っ張ってみました〜やはり完全に根が活着しています。EM希釈液も投入しました。青みどろは当初より増えている気がします〜

遅れ遅れになっていた田植えもようやくすべて終了しました。苗を田んぼの苗代で育てていたので、その田んぼだけ少し遅くなってしまいました。

さて、ブルーベリーがただいま満開です。早い品種はすでに落花して実が膨らむ準備してます。更に早いのはカシス。もう膨らみ始めてます。

房きり作業です☆最後、ブドウの房になるのは先のほんのすこしの粒だけ 落とすのが ほとんどです♪先端の花が咲くまでに、終わらせないと実どまりが悪くなってしまいます

耕し中の畑に登場した農文協の方。目標は、現代農業という農業雑誌を契約してもらう事だったりネットでの農業情報サイトをみてもらう事だったり。

出来る農作業と言えば テクテクと ビートの苗をかついで よわっち〜ビートの苗の代わりに元気な苗を植えかえる作業をしました。もうすぐ 10日になってしまいます。

大豆(極早生枝豆)とともに。奥には秋播きの小麦。ハウスの中にくるりと播きました。トマトが繁茂するころに収穫となればいいのですが…!!

リンゴの花が満開を過ぎました。摘花開始です。出来るだけはやく着花(果)量を減らせるかが大切です。今シーズンに限らす、来年の樹の状態にも影響します。

ビートも葉っぱが大きくなってきています。子葉が蜂の巣ポットに収まらないほど大きく開いていました。ハウスの中の暖かい所と寒い所で育ち具合が結構違います。

ブルーベリーの花芽です。 品種によっては少〜し開き始めました。 この花芽一つからたくさんの花が咲きます。赤実ハスカップです。

心配していた茄子が、やっと発芽しました。トマトもポツポツと芽が出てきました。今年は寒さのためかかなり発芽に手間取っているように感じられます。

次の畝のブロッコリーの定植・・・風もなく穏やかで暖かい絶好の定植日和となった。育苗しているハウスの温度は30℃を超えている。

今日は第一農場へパトロール。この寒い中まだ元気な御達者お野菜をちょっと観察。せり科のパセリ、収穫しきれず1本残して置いたのがありました。

休暇もあけ、今年の一発目の仕事は「剪定」年が明ける前の12月にも剪定はしていましたが、12月と1月の違いは、何と言っても雪の中での作業!

冬のリンゴ畑に出かけます。我が家では、リンゴに梨・モモ・スモモとありますがリンゴの剪定を皮切りに春の息吹が感じる頃までに最後のスモモまで剪定を行ないます。

良い天気だったため 日が当たる道路はすぐに溶けて、ホッ 予定通り、アスパラの作業に やっとで、アスパラの片づけが終わったので、片づけの仕上げに入ります

朝4:20に信州を出発し、富士宮の木の花ファミリーに向かいました。富士の裾野、冬至ちょっと過ぎの夜明け。木の花ファミリーで自家採種しているニンジンの選抜作業です。

市田柿作りの作業をお見せしましょう 皮を剥き一ヶ月経った干し柿 ヘタについてるホゾの部分を切り落とし、タンニンのシミなどを取り除きます。

調査方法  下から照らす 利点  蜜入りが分かる けっこう面白い 難点  夜しかできない 蜜入りセンサーが欲しいなあと思うけど高くて買えない

リンゴの収穫が昨日終わったので、今日は早速、桃の苗木の植え付けにやってきました。苗は春植えと秋植えがありますが、うちでは秋に植えることが多いです。

堆肥ならし作業、終了しました('▽'*)ニパッ♪今日のメイン作業、肥料まき作業へと続きます。今年は、運搬車くんに大活躍してもらってます。準備開始!

朝氷が薄く張る。最低温度計の指針はマイナス3度。今までで一番の冷え込みか。これで完全に果菜は死んだと思い、畑の片付けに入る。 畑〜霄茲蝓Ε櫂蟯き上げ

うちはまだまだ終わらず追い込まれています(笑)出荷作業は、収穫したぶどうを選果してパック詰めしていくのですが、中にはこんなぶどうもあります。

半結球レタスに続いてコスレタスの定植も始まったが、ハウスに居つくヨトウ虫に食われた苗も多くなってきた。虫の活動が弱まる時期に栽培するほうが得策と思うが・・・

今日、ニンジンを掘っていたら、突然白いニンジンが現れました。突然変異なのか、種に異種が混ざっていたのか、そのあたりの原因はわかりませんが、びっくりしました。

前栽畑の白菜が収穫どきになりました。キムチの漬物用に育てたミニ白菜なんですが、想像より大きいです。ちょっと種まきするの早かったなぁぁ、なんて思いました。

畑の片付けやらがはじまってなんとなくのんびりモードに突入するのですが…ここにきてレタスだけでなくキャベツまで値が上がり初めております

さつまいもの試し掘りをしました☆パープルスイートロード、フルーツ黄金、安納いもの三種を掘りました☆すごい!!ざくざくとれて、ひとりで興奮!!でっかい!!

昨年は時期の遅れからサツマイモが思いのほか特大となって収穫にも苦労しました。今年の出来はどうなるかまだ分かりません!

プルーンがだいぶ色づいてきました。果肉も柔らかくなってきたので、あと少しです。平年より開花が遅かったので、熟期も遅れています。

今日もレタスの出荷を行いました。今日は暑かったですね。こんな日に限ってレタスの出荷が大忙し。時間いっぱいまで切ってました。

最近のわたくしにかせられた使命それは柿  秋に加工し市田柿と呼ばれる渋柿その木の整枝!なんのこっちゃって感じですが・・

この春予定していた苗木の定植が、桃・リンゴとも終わりました!雨が降る前に仕上げたいと思っていたので、予定通り。現在、雨が激しく降っております。

心地よい日曜日だったので、今シーズンに向けて初の種まきとあいなりました。まず、チシャ(レタス類)を2種 好物のサンチュと玉レタスです

始めに植えたブラックベリーに、キノコの培地のマルチをしています。一本当たり一輪車に4台ずつ敷きます。この前の車で持ってきてもらったのが、これで5台目です。

有機肥料+マルチ材が届きました。4トン車に十台お願いしましたが、3月中という事で全部入るか分かりません。かなりの量です。キノコを栽培した後の培地です。 

支柱立てまで済ませていたリンゴ新わい化栽培(高密植栽培)用の園にいよいよ二年間と一年間、それぞれ育成した苗木を植える作業をしました。

とにかく時間がかかって仕方がなかったのですが 今年は、スピードアップ  なかなかのペースですすんでおります 1年に1度の散髪 を終えた柿の木は、すっきり

剪定は、樹からいらない枝を取り、今年の収量から品質、作業性まで決まる、いわば今年のブドウ(果樹)栽培の基礎となる大切な作業になります。

我が農場の元気者もこれから新春に向けてたくましく成長しております。きょうのパトロールでは5メートル先からはっきり若葉がみえるほどに成長してました。

数日前から、だんな様が先行して ぶどうの木の「わら巻き作業」を開始しました。 そして、本日夫婦そろってわら巻きエクササイズ!

大根と蕪の収穫です。既にマイナス10度を下回ることもある凍みる季節となり、今頃大根なんぞ収穫している人は周囲にいませんねぇ。あたしだけだ〜。

今年は目標の収穫量1500kg(15kg・一本当たり)を確保できました。今年は最近ない良い年だったと言う話もありますから、努力だけではなかったかも?

最近この界隈に居座っている低気圧とやらのせいで、大作農園のハウスたちも悲鳴をあげはじめ…ついに昨日の晩から崩壊がはじまりました。

ことしの大根は、去年をさらに上回って、巨大になりました。あまりに大きいものばかりなので、大根漬け用の小さいものは、かえって貴重です。

キングデラウェア が食べごろになりました。「レッドパール」と「マスカット・オブ・アレキサンドリア」との交配種。レッドパールというのは、デラウェアの改良種です。

地面で夏をすごした、かぼちゃ収穫期です。自然農法センター育種のカンリー、ケイセブンに加え、昨年から、バターナッツを作付けしています。冬まで追熟した味は格別。

きょうは、朝から田んぼの作業。がんも農場に追肥を施しました。週末、留守にしていましたが、またぐんぐんと稲は成長していますね。

今年の初収穫がありました。ジャーン♪「すもも」でーす!!と言いましても畑の土手にちょこんと一本植えているだけなので売り物にはなるようなモノではないです…

ニンジンは発芽をそろえるのが難しく、去年はまばらにしか芽が出なかったが、今年は9割方そろいました。 保湿のために種の上にまいたモミガラがよかったのかも。

風もなく穏やかな一日。ブルーベリーポット苗に施肥。終了後、第10・11・13農園の草取り作業。ブルーベリーの花をヒヨドリが食べに来ている。

3年前から耕作している田んぼのU字溝 昨年の地震でまた継ぎ目にヒビが入り、脇にある畑に水が入ってしまいせっかくの野菜が水浸しになってしまったりしておりました。

ブドウ栽培は樹が目覚める前に終わらせる作業も済み、種枝をブドウ棚に留める棚付け作業に入りました。テープナーという器具を使って、棚に種枝を留めていきます。

寒さに弱い品種のブルーベリーを、温室の中で育てています。 自家用ですが、外の物より、一か月以上早く食べることができ、楽しみです。

ここ何日か、日中暖かくなる日が続いています。しかも、ちゃんと太陽が出て気温が高いので、こういう日が続くとアスパラのハウス内はもう春になっている可能性が。

最近、天気が良くない日は屋内で接ぎ木作業してます。先月に株本から採ったM9ナガノの発根した苗木こちらを台木にします!

柿の木の枝は…… こんなふうに、鮮やかな 茶色部分は、昨年育った部分 1年目の枝。この枝から伸びた枝に花がついて実がなります

そこで、室内でゆっくりネギの播種を行いました。昨年は培土を、ホームセンターで購入していたが、今年は農協を通じてニッテンネギ専用培土を購入しておいた。

畑には20cm雪が積もっていて歩きづらいので手前のブルーベリーの剪定をしました。チャンドラー・ネルソン・ブルークロップの3品種です。

マルチを張ることになった。この時期、寒い中にマルチを張ると温度が上がる春には、マルチが伸びてしまうため少しでも温度が上がる天気の良い日に行う。

それほどゆっくりでもない農閑期が終わり、今年のブドウ栽培が始まりました。昨日から始まった剪定作業ですが、枝を切り始めると剪定鋏の切れが悪いこと!

いつも忙しく働いている主人。本当に働き者です。 今日も果樹園で林檎の剪定をしているものと思いきや、(お昼の時間には早いのに)軽トラの音が。

野沢菜も霜に当たりました。これで、美味しくなりますよ。 7時40分頃には−1℃です。で、今日は、りんごの総採りの日でした 

大豆が収穫時期になってきました。サヤが茶色に変化し、動かすと、中で豆がカラカラと音をたてるようになってきました。まさに、収穫時期です。

10月8日(土)朝から収穫作業開始(約2週間前です)林檎を採る前に一仕事。主人は梨(豊水と20世紀)を収穫。私は茄子の収穫を・・・。

とにかく、タヌキに見つからないようにトウモロコシを隠します。トウモロコシの周囲にぐるっとシートを張って、動物からトウモロコシが見えないようにしました。

寒さでパトロールもさぼってましたが、案の定マメ科の輩はびくともしてません。11月に 種まきしたソラマメ、こちらもグリーンピース同様なんと芽をだしていました。

年を越すと1月8日着便の野菜からの出荷になります。 1月からの野菜はハウスのターツァイ、小松菜、ほうれんそうが葉物の中心になります。

ジャガイモの収穫に引き続き、先週はカブを収穫して箱詰めしました。白いカブ、紅白のカブ、そして赤カブ、合わせて約250kgを納屋に貯蔵しました。

先日水輪ナチュラルファームでは蕎麦を刈りました。大自然の中で、太陽の光を浴び、雨に打たれ風に吹かれても、今まですくすくと育ってきました。

今年は私の管理畑で害虫の発生状況を調査する「トラップ調査」を行う事になりました。本日は第一回目の調査日。今後、5日置きに調査を行います。

田植用長靴を履いて、苗代の畦波を直しに行きました。そのついでに、蓮根田へ行って、水を抜きながら、トラクターの出入り口となる場所の蓮根を掘りあげてみました。

育苗ハウスの方は、ずっと占領していたキャベツやレタス・ブロッコリーなどはほぼ畑に植えてしまい、代わって夏野菜のポットが並び始めました(写真はパセリ)。

ブロッコリーが大きくなる前に花を咲かせようとしている。つまりボトニングという現象。成長過程で低温を感知し衰えたところに春の陽気となり花を咲かせようとした訳だ。

葡萄の枝おろし。葡萄は敏感な植物で、剪定で切りすぎると実がうまくなりません。なので、切りたい枝も切らずに、棚から枝を下ろし少しずつ弱らしていきます。

この肥料を主にするつもりです。有機物を主にブルーベリーに有効な、微量要素が入っています。なんか、1kgの果実を収穫するのに、1kgの肥料を使っているような?

ハウスのコカブが駄目である。どう駄目かというと、綺麗な形になっていなく変形しているコカブがほとんど。収穫するまでは分かりにくく今日、引いてビックリだった。

昨日は、野沢温泉中1年生のみなさんと野沢菜の収穫から漬込みまで、お手伝いに行きました。残念ながら雨降りの中でしたが、まずは学校の横の畑で収穫です。

雨の合間に、アスパラの植え穴に生えた雑草を手で取り除いています。約2300株の草取りは、とっても根気のいる作業。

田植えが終わり 苗の様子です。不耕起の田んぼにはマツバイという芝に似た雑草がはえ、その間に苗が植わっているという無農薬ならでは?の風景が見られました。

研修農家でりんごの摘果でした。摘果は樹に半身を入れながらだったり、枝の中の空いた空間に体を潜らせたりと、かなり樹に密接した作業になります。

さて、さておぐらやま農場、今まさに農繁期です。りんごの最終摘果、桃の袋かけ、果樹園の草刈り、玉ねぎ・他にも事務作業、発送作業・・・・・

南水梨の袋かけが終わりました。梅雨の時期の袋かけは大変です。おいしい梨が順調に育ちますように。次の仕事はりんご畑の草刈りから入り、りんごの見直し摘果をします。

ウォシュタも果実が脹らんできました。花も咲いています。今年はどの位の収穫ができるか楽しみです。この農園日記をご覧で、ブルーベリー狩りに来た人は、試食OKです。

雨が降ったり晴れたりの開田高原です。だいぶ暖かくなってきました。最低気温も15、6度くらい。いつのまにかブルーベリーも順調に育ってきました。

本年のお米の出来はまずまずであきたこまちの出穂の出揃いは8/5、こしひかりは8/13でした。昨年より早い出穂ですが今後の登熟を見守りたいです。

野沢菜発祥の里野沢温泉村で、土作りから野沢菜栽培・収穫・漬込みとこだわって美味しい野沢菜漬作りに奮闘しています。

とても甘く万人から美味しいと思ってもらえるりんごです すでにシナノスイートのファンの方も、まだ食べたことのない人も今週がおすすめですよ

里芋の間に管理機を入れて作業ができるのも限界に近くなったので、管理機の逆転ロータリーを使って土寄せをしました。

あずものエコファーム産の有機凛々堆肥を畝部分に420kg/10a相当まき、表土5cmくらいに混和して畝を整形し、穴あきマルチを張りました。

新しい育苗用のパイプハウスを建てています。他でハウスを借用していたのですが そのハウスも解体して家庭菜園用の畑に地主さんがすることになり 移動をすることに

うちには栗がない!と言う事で、農協から栗の苗を購入しました。その名も「ぽろたん」かわいい^^栗の調理において最大の難関が渋皮向き。

玉ねぎ植えたんですがずっとしゃがんだままのため足が、、、、いっぱい植えてきましたよーだいたい6000本は植えました!

お昼にパトロールして軍団の様子を観察してきました。我がキャベツ軍団はほとんど変わりなし。ブロッコリーの何本かは寒冷紗ネットを持ちあげつつある。

シナノスイートを収穫しました。一気に大半を採ってしまうつもりでいたけど、考えていたほどすすんでいなかったので、少ししか採れませんでした。

今日から脱穀をはじめました。天気がいいおかげで順調に進んでいます。今日は五枚のたんぼの内の二枚やりました。草の成長が旺盛で稲は少なく、おかげで早くすみました。

冬前の一仕事、玉ねぎの苗の定植が少しづつ始まりました。今回は早生の品種。ことしは草取りのポイントをはずさなかったので、苗がいい出来で一安心。

中生種の出荷もピークを過ぎて、少し息がつけるようになりました。晩生種の代表格 ふじ が色づいてきました。葉摘み作業の真っ最中です。3〜4日はかかると思います。

今年は防除を定期的に行いましたので、害虫も病気もほとんど出ず大きく育ちました。豊産系の栽培品種ではありますが、最大250g以上の房ができました。

梨のリレーも二番手の豊水から三番手の南水へとバトンを繋ぐように切り替わって行くのですが豊水が終わらないうちになんと南水の収穫も始まってしまいました!?

本格的な収穫を前にして葉っぱが赤く変色して来る木が何本?あります。畑を廻って赤く変色を始めている木を見つけると、根元に大量に虫が入っているんです。

予定通り10日より雨よけぶどう出荷を始めました。美味しくもなっていますし房形も良いので手を掛けることが少なく順調に今のところは出荷できそうです。

いよいよ畑に種を蒔きました。畑に浅い溝を作り、そこにバラバラと種を落としていきます。そして、薄く土をかぶせたら・・・その上に、籾がらを撒くんです。

山ぶどう園の山側の獣害対策金網に沿って、さるなしの雌木を植えつけていますが、一日に3本植えるのに汗だくで、このペースで行くしかない様子。

今日、テレビ信州の取材が来まして、写真を撮っておけばよかったと後悔しております。かぼちゃも取材してもらったんですけど、かぼちゃはだいぶ樹勢が弱ってきました

富士見町の皆さん11人が視察に来られました。昭和50年代から栽培させているようで、色んな苦労をしてブルーベリーを育ててきたそうです。

来る日も来る日も農作業に明け暮れました。房作り、摘房・摘粒、袋かけと房に施す作業はすべて終了し、雨よけのビニールも昨日最後の1枚を外し終えました。

プルーンの収穫が始まりました!!当園のトップバッターはこの品種「オパール」。プルーンらしからぬ色ですが、人気があります。

もうすぐ収穫が始まる桃にとっては、この暑さが美味しくなるためには必要なんです   収穫まで暑さに負けず桃を見守ります

足跡がこうこうこういう形だ、と説明したところ、じんさんも兄さんも「熊の足跡に違ぇねぇ」と意見が揃った。理由は…熊は人間のげんこつのような形をしているとか。

プチ農家、念願のスイカが無事収穫できた。春先に買ったスイカの苗はたしか小玉スイカのはずだった。連日の暑さのせいか?しっかり大玉に近いサイズにまで成長した。

畑の隅に植えた小梅の樹から、実を初収穫。去年も小さな実が何個かついたんですが、何かに利用するほどの量ではなく、結局無駄にしてしまいました。

昨日、うちの農園で一番の成長株は「陽峰」だなんていいましたが、本当の成長株はこの子でした。そう、最終的に総重量500g以上になるピオーネ。

昨日開田高原に戻ってきました。今日になってやたら暑いです!暑いからか今日カシスが初収穫できました!まあ100g程度ですが。でも昨年よりも結構早いですね。

雨の日でもできる農作業の一つが田んぼ関係で、当初の予定より1週間ほど遅れましたが、田植えにこぎつけることができました。

これナガノパープルてぶどうですが4cmを超えて整形してくと収穫期にぱっかんぱっかん割れてしまう恐れがあるので大変!!!できるだけ3,5cmで整形!!

忙しいこの時期、今年もしっかり梅雨に入りましたね(ー_ー)!!天気のいい日は、露地の房切りを一生懸命して、雨が降れば、屋根のある抑制の房切りです。

玉ねぎを収穫しました。ネギ坊主ができた物がどのようになるか興味津津でした。ネギ坊主を若いうちに摘み取っておくと「問題ない」とする説、台無しになる。。という説。

さてこれがワイナリー前の畑の現在の様子。4月に苗植えをしてから大分芽がでてきました。柱の設置もほぼ終了したので、あとはワイアーをつけるだけです。

今年植えた品種は、「50秒ゆでれば食べられる」というのがウリの「ニムラサラダスナップ」。 試しにきっちり計ってゆでたら、ポリポリしてとても甘かった。

今日はHappy village farmの各畑の草刈りをしました。またちくまの畑へエイコーンスクワッシュ(ドングリ南瓜)を定植しました。

順調に収穫も進み、あと二週間ほどでレタスが終わります‼この春も技術的に得るものがとてもあった!目標はBOSSのスピードになる事だけど先はまだまだ。。。

リンゴの摘果もだいぶ進んできました。あと2,3日でふじが終わりそうです。とにかく摘果に集中していたらサクランボの事が横に寄っていました。

3月に種まきしてビニールハウスの中で育ててきたセロリですが、何とか発芽して葉っぱが出てきました。去年は5月下旬ごろこんな感じだったので、今年は少し早目かも。

この時期はあさひや農場の無加温ハウスは苗を育てるにはまだまだ寒すぎるし、何よりも他の農家の苗を見たり話を聞くのが貴重な時間であるからというのがあります。

三月に入って、野菜の種まき最盛期になりました。もう、一部芽が出てきましたよ。といっても、まだビニールハウスの中でのお話しです。

無限とも思われた巨峰の粗剪定が終わったので、次の畑に移動しました。この畑のブドウはワインになるブドウです。師匠が今年から借りて作ることになった畑です。

アスパラの選別機を作業場の隅から引っ張り出してきて、そうじをしました。人からもらったものなので年代物の選別機ですが、年々きれいになってきています。

雪があるうちに、米ぬかを散布します。いつ散布してもいいのですが、土に水分のあるときが、良く溶けて効率的です。機械で撒くので楽なんですが、油分がすごいです。

リンゴのせん定がやっと終わりました。次は枝の処理です。太い枝を抜いて、細い枝を通路に掻き出し粉砕の準備です。さすがわい性!!

春に咲くりんごの花芽。寒さが厳しい冬の間、静かに眠っています。。。また真っ赤な美味しい実を付けるためには、疲れたりんごの木にとって休息も必要なんですね。

気のせいか今年はとりわけ冬の寒さが厳く感じられます。でも、春の訪れも着実に進行しているんですよね。今日は、畑の隅に植えてある蕗の薹をとってきました。

2012年1月7日から本格的に剪定を開始しました。剪定は冬場に行う作業で、今年のぶどうの品質から作業性、病害虫防除まで影響する大切な作業だったりします。

新年となり、リンゴの作業も再開しました。冬の作業のメインは剪定です。写真は今年から正式に管理する事になった畑の ふじ です。

倉庫から50袋(1,500kg)の玄米を、Yさん宅近くのライスセンターまで運び込む。その後、17袋(510kg)ほどを、小諸の精米所に持ち込んで、パッキングしていく。

りんごを手作業で選果しながら箱詰め作業中です。新鮮なサンふじを一刻も早くお客様にお届けしたい!という思いで、ご注文をいただいた順番に続々と発送しています。

寒さの中、甘みを備えたコマツナやハクサイ、そしてカブを収穫。野菜はとにかく収穫後、早ければ早いほど甘く柔らかなまま食べることが出来る。特に葉物は端的だ!

最近いろんな品種も出てきてますが、やっぱりりんごの王様はフジですね。今年わが家はフジの着果が少なくて収獲量も大幅に落ち込みそうです。

普及センター主体のメンバーが、アスパラの株養成量調査のため、我がアスパラ圃場に来ました。下伊那地域内で、いくつかのアスパラ農家を選んで毎年行なう調査です。

野沢菜発祥の里野沢温泉村で、土作りから野沢菜栽培・収穫・漬込みとこだわって美味しい野沢菜漬作りに奮闘しています。

今週から りんごの葉摘み です はしごに上ったり下りたりちょっと筋肉痛・・・・。でもなんか楽しい♪♪ 今日も仕事をしながら何がこんなに楽しいんやろ??

玉ねぎの植え付けの季節がやってきました。  今年は約3500個程植え付けました。 耕運してマルチまでの作業は カンポおじさんと山の神で行いました

エンダイブが食べごろです^^ どうやら、このエンダイブ、、、、広葉種だったようです。日本でなじみのエンダイブは葉がちぢれていて切れ込みが深いヤツ。

リンゴの外袋もとれ内袋をはずす予定でしたが西洋梨の落下が目立ち急きょ、西洋梨の収穫に変更と言っても2,3日で終わりますが…

ブルーベリーの味を見てから、リンゴ園に行ってもらうつもりで、ブルーベリーの味を見てもらったところ、ブルーベリー狩りをしたいといって、ブルーベリー狩りをしました。

当園ではいよいよ信州のシナノ3兄弟 シナノゴールド収穫がはじまりました。格安にて発送中です。また ふじりんごの葉摘み作業開始です。

今日の冷え込みで、野菜に少しダメージが・・・(+o+)なので今日の午前中はビニール被せるための準備をしてました。キングと二人で弓さしたり、杭(ピン)を並べたりと。

湯本農園のりんごシーズンは9月上旬‘つがる’から始まり、この週末で、適熟待ちで樹上に残しておいたつがるの収穫も終わり、次はシナノスイートの収穫を控えています。

朝、夫がりんご園を回ってみて支柱がはずれたりんごの木がニ本倒れていると言うので二人で起こしました。ワイ化のりんごの木だったので簡単に起こせてよかったです。

「つがる」をちょっとずつ収穫中です。収穫適期の日数計算では来週10日が適期なんですが、だいぶん赤くなっているのもあるので、そういうのから、ちょっとずつ収穫。

しばらく防除をしてなかった 圃場:下1・2 の防除を行ないました。前回の防除から約一ヶ月空いています。やっぱり一ヶ月空いてしまうといろいろと不具合が出てきます。

毎日2から3時間田の草取りをし、昨日終わりました。ひえや雑草が土手から見ている時はあまり多く感じられませんでしたが、田へ入るとその多さににびっくりしました。

畑に入ってて、とても楽しい仕事があります。『わき芽かき』や『整枝』です。『わき芽かき』や『整枝』の意味が判らない人に判りやすく言うならば、『植物の散髪』です。

苺苗の畝へのマルチかけと枯れた苗の植え替えを行った。ネットなどの情報で寒さが峠を越した後、マルチを掛けるのが普通らしい。

昨日有機肥料を撒いた田、2枚[4反/1200坪]をまず耕耘。乾いているので実に快適に作業できました。9時開始で、1反20分、移動時間をいれても10時半に2枚終了。

ぶどうの作業が一段落した頃、待っているのがアスパラハウスの管理作業。その時期は7月後半から8月。その時期にビニールハウス内の作業・・・。熱死します・・・。

毎回、脱芒作業です〜 上が脱芒処理した物下は稲刈り後乾燥した物です。このモミを種として今年度使用するときに上の様に余分な物をなくす処理を脱芒と言う事です〜

いくらビニールハウスの中とは言え、夜中には温度もマイナス5度以下にはなっていると思いますが、レタスは寒さには強いもので、十日足らずで発芽しました。

今年の剪定は早く始めました。3割程度終了したので剪定枝を回収して持ち帰って来ましたが、利用方法が無いので燃やしてしまうしかないかな?

昨年の秋はホダ木のクルミの木に沢山のヒラタケが発生して秋の味覚を十分楽しむことが出来た。しかし同時に菌を打ったナメコは全くダメであった。

りんごの剪定、思ったように進まないですね〜。 明日から2ヶ月間はハウス作りや棚作りのため、 剪定をする時間も限られてくるのです。

「あかつき」の苗木と、今年かれてしまったプルーンの苗木の補植分を植えました。そして前回も含めて、植えたばかりの苗木のネズミ対策です。

午前中芋掘りしてきました  少し雨降ってましたが 午前中だけでも掘れてよかったです  午後は雨だったため ハウスで長芋の種つくりました  凄い芋の量!

今年度改植予定の畑に植わっている樹で、比較的状態の良い樹は、伐採せずに他の畑へ移植を行います。まだ若い樹ですが、根っこはしっかり張っています。

播種適期に乾燥が続いたため、発芽、初期成育がおくれた作型は、11月にはいって、パオパオを掛けて大事をとった。大根にこんな手間をかけて。

十一月に入ってすぐ、玉葱の苗の植え付けをおこないます。早すぎると抽苔しやすくなり、遅すぎると寒さで活着が悪くなるので、適期におこなう必要があります。

今回の強風でうちの畑でも収穫前のフジが被害を受けて、ポトポトと落ちてしまいました。ガッカリ・・・と、ばかりも言ってられないので片付け作業を進めています。

先日、畑に2本だけあるラ・フランスの収穫をしました^^今年、剪定で 収穫量が減るかなって思ってましたが採ってみると咋年と同じくらいの量が収穫できました。

今日は朝から籾摺り作業。昨日刈り取った70アール分の玄米袋詰めです。どきどきしますね。今年はどんな米か、どれくらい取れたかがはっきりするわけですからね。

シナノゴールドには「サビ」が多くでています。サビは一般に「開花時期の降霜」で発生するといわれていますが、今春は目立った冷え込みがなかったのに多発しています。

加工用トマトの収穫は9月9日(日)をもって、無事終了することが出来ました。8月の週末は収穫に追われました。お盆には目標数をクリアしましたが。

シナノピッコロの収穫が始まりました。天気もよく、リンゴの赤と空の青とのコントラストがきれいでした。小玉で丸かじりに適していますし、1回食べきりサイズです。

10月上旬まで梨狩り、りんご狩りセットで出来ますのでお得になっております。梨狩り品種は豊水、あきづき、二十世紀、林檎狩り品種は秋映、シナノドルチェになります

ここ数日のぶどうの作業は、今更ですが、伸びすぎた枝を切り詰めたり、余分に付いている実を落としたりと、ちょっと地味めな作業。

残りのジャガイモを掘り出し、終わったエンドウ、インゲン、トウモロコシなどの残りを片付け、管理機で耕耘し、肥料を施し、マルチをかけて床を作ります。

今日から、ジャガイモの掘り上げを始めました!この品種は、「北あかり」という品種です。甘みが強くてほくほくしていてとても美味しいのです!

ペポカボチャは本当はもっと後に熟すのだけど、日焼けでダメになりそうだったので、一部を早どりしました。しっかり追熟させてからタネを取り出す予定。

ロザリオビアンコの粒抜き☆巨峰の様に色がつかないので、鳥の心配はないけど...仕事、間に合わずに、こんなになってしまった ハサミが入らない(´・_・`)

先日東御市の3つのワイナリーなどで構成される東御ワインクラブのイベントとして市内外の将来ワイン造り、農業をやってみたい方向けに栽培醸造研修が行われました。

「ロマネスコ」を知っていますか。  写真のような野菜です。 今年、この野菜にアッタクすることは 以前に書きましたが、いよいよ植え付けです。

田んぼの除草作業を始めました。きのうとおとといで一応全部やりました。ちょこちょこ生えていた草がかなり浮いてきました。やっていて特に気になったのは稗です。

さて、今年の「かえる農園」では次のような苗も植えます。 オクラ、ニラ、セロリの苗たち!しかし、収穫まで辿り着くかどうかは、お天道さまのみぞ知る!

明日は3回目の農薬散布なので,今日中に園の風通しをよくしておこうと,突貫で草刈りをしました。1日で1km,りんごは列で植えてあるので10列一気に刈りたおしました。

ちいさなベリー園計画があります。そして、動き始めました。 かねてから農業収入の柱を模索していましたが、、、、4年間の農業修行で僕の方向性がみえてきました。

ひたすらリンゴの摘果作業をしていました。摘果作業は、いままでやっていた畑が終わったので別の畑に移動して、また始めました。

がんも農場も3年目で、畑2枚、田んぼ3枚と段々と大きくなってきました。この時期になると、草もだいぶ生い茂ってきまして、草刈りをしなくてはいけません。

昨年は、トマトの裂果が多くて、満足いく結果を残せなかったので、今年は裂果に強い『麗夏』『みそら64』を主体にリベンジをと意気込んでいます。

実験では鉄コーティングした種もみを播種します、何故鉄コーティングか蒔いたときに重みで沈む、スズメに食べられなくなる等、7年間の積み重ねでこうなったようです。

通路の剪定枝片付けとトラクターを使った通路の草刈りができて農薬散布用の車両も通りやすくなって落ち着いて散布でしました。

Namiさんは土肥農園での研修へ行き、わたわたは、除草とカブやシュンギクなどの葉ものの播種。カボチャ予定地の畝たてをしました。

野菜、稲の苗を育てる大事な育苗期間。ただ、雨の予報が晴れに変わると大変に困るのだ。もう少し、しっかりしてくれ、というのが本音だ。

今年は春なって予想外に暖かいので椎茸もだいぶ育ちました。今シーズン初収穫です。これからどんどん取れそうです。そして今日からブルーベリーの挿し木も始めました。

ファームは山葡萄の栽培のみなので、メイン商品であるワインの上がりを待っている段階です。500mlボトルに400本弱の仕上がりで、ラベル貼り作業待ちです。

我が農家の春一番の収穫?。。。 ネギ苗の季節がやってきました。 一昨年から本格的に始め3年目になりました。今季は調子に乗って昨年の2倍の作付をしました。

運搬車くんを迎え入れぶどう畑内を自由自在に移動できるようになったので同時に「高圧洗浄機」くんを迎え入れ、我が家も皮むき作業を、機械化することができました。

今日はアスパラガスを78株植え付けしました。既存のアスパラ畝と合わせて100株くらいになったかな。ここの畑では最終的に350株まで増やす予定です。

作業の半分くらい終わった頃に、突然SSのエンジンがストップしてしまいました。途中インパネの水温計の針が ”H” を指していたので嫌な予感がしていたのですが。

昨秋に掘り上げた「M9台木」に「ふじ」と「シナノスイート」を接ぎました。2年間育苗圃場で育成して、大苗として植えつける予定です。

リンゴの新わい化栽培で「祝」植えました!この祝、青リンゴで7月下旬から8月上旬に収穫できリンゴのトップバッターとも言える存在

叔父からキャベツの苗を作ってくれないかと頼まれたので、これを機に自分も今年は直売所にキャベツを出してみようかと思って、キャベツの種まきをおこないました。

つがる の古木と、定植5年目位の成木の剪定が終わりました。写真は成木の畑。昨日降った雪がまだ少し残っています。

順調に増えている、メイプルトリオのボス、ジャイアンの卵略して、ジャイらん 今日産んで、5個目となりました 卵を回収しようと、取りに行ってみると……

年明けから、りんご・ぶどうの棚作りや剪定と、悪天候だとか何か用事があるだとかでない限り、休み無くやっています。昨日は剪定の合間に、面白い仕事をしました。

悩んだ末、早生タマネギにトンネルを張ることにした。苦しい経済的な時期にも係わらずにハードなトンネル支柱を購入となった。

今年のりんごでりんごジュースができました。金井農園のりんごだけを加工工場にお願いして、搾ったジュースです。酸化防止のためにビタミンCを添加してあります。

12月に入ってから野沢菜を出荷しています。 日中も気温が上がらず寒いですが仕事はやる気満々です。配達を待っていてくれるお客様がいるおかげで寒さも気になりません。 

11月30日、今年もふじりんごの収穫を無事終えることができました。今年も常に畑に炭素資材を入れながらりんごの木をお世話していった1年でした。

昨日の午後から 私も 選果しながら箱作ったり しました!!  選果って 難しい・・・でも しっかり 覚えなくては 五歳の娘も お手伝いしてくれました!!

植替え準備でリンゴの樹を伐採中なのですが、そこへ植える苗木が届きました。苗木の品種は「シナノゴールド」、リンゴ3兄弟の一つです。本数は130本くらいです。

トマトの後作にビニールハウスのなかで育ててきた細ネギが生長著しく、もう収穫できるようになってきました。細ネギは、サカタのタネの「緑秀」という品種です。

晴れ。(久しぶりに太陽が出ました)苗木置き場の草取り。ババ達は、ブルーベリー収穫。試験的に栽培しているボーナスが、まだ良い実を付けている。

春へとなりつつある、最近ですが、畑の方でもその傾向が見られます! 新植作業や母株から台木を採取する作業などなど、暖かくなってきてからやる作業に入っていきました!

リンゴの樹に肥やしをくれます。どんな肥料をいつやったらよいのか、まだ試行錯誤中です。今までは、施肥は前年の冬前にやっていたのですが、今回は春にやってみました。

今年伸びる苗木の新梢を枝繋ぎした種なし巨峰の枝の上に乗っけて伸ばし、来年の剪定で乗っかられた巨峰の枝は切り落とされて3年後ぐらいで自然に切り替わります。

種なし巨峰の枝繋ぎが2/28にやっと完了しました。今年、芽を吹かせる種枝(芽が付いている枝)をあっちこっちから1列に寄せて2.4m間隔で12列並べました。

私の電熱温床は100Vの規格なので(大規模野菜農家は農電契約をして三相200Vでガンガン温度をかけて育苗します)余り温度は上がらず生育はゆっくりです。

本日も枝繋ぎ作業です。通常、剪定は寒いだけで身体にキツイ作業ではないのですが、棚上の枝を折らないように引き下ろす作業はケッコウ身体にきます。

剪定開始しました!まずは古木のふじの畑から。この畑はちょうど一年前から管理を始めたのですが、とにかく病気が酷かったので、昨年度はその処置に力を入れました。

当園に1本だけあるグラニースミスです。世界ではメジャーな品種です。ビートルズのアップル・レコードのシンボルマークに採用されたことでも知られています。

昨年の春にムカゴをまいて種芋を育てて、今年植え付けた長芋が大きく生長しました。 里芋の出荷がやっと一段落したので、今日長芋掘りをおこなってみました。

稲核菜(いねこきな)、知っていますか?? 稲核菜は、300余年前の江戸時代 野麦峠を超えて、持ち込まれた『飛騨の赤かぶ』 が原種とされている菜っ葉です。

ダイコンとカブは収穫中なので、ここの分だけ面積を計算してキーゼライトを撒かずに残しています。収穫後に改良予定。

ぶどうの収穫最盛期!!りんごの葉摘み真っ最中!!ナガノパープル(ぶどうです)割れ続出!!最近頭を悩ましてくれるのはナガノパープル・・・。

東京から、Kさんが体験ステイにお越しになりました。3.11以後、気づきがあって食べるものを自分で育てると言うことに興味を持たれて野風草に辿り着かれたようです。

この時期の畑は、それはもう元気ですね。インゲン、ジャガイモ、トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、っと夏レタスも出来てますね。

種採りをいろいろしています。だんだん作る野菜の中に占める割合も増えてきました!1番のお気に入りは小布施丸ナス。本当につやつやで丸くてきれいすぎてうっとりする。

今日の畑仕事が終わった夕方、たまには花畑や野菜を見に回らなくてはと思い、寄ってみるとスイカに成り花がついていました 明日あたり受粉かなぁ?

この「ひとみ5寸」、甘さは有名だが発芽し難いなどの理由から倦厭されがちで、種をみつけるのに苦労する。ニンジンは光を好み、播種を深くしてしまうと発芽しない。

今日はマルチ張りを行いました。畑は乾きませんでしたが、昨日よりはマシ。限界ギリギリでの作業となりました。なんとか1週間の定植分だけは作業出来ました。

第9農園のジャージー・デュークの剪定。朝方どしゃ降りが10時頃には雨が上がりブルーベリー剪定が出来ました。最高気温も18度。今年一番の暖かさ。

朝は収穫・・・半結球レタスが70玉ほどを袋詰め、カブを90株ほど洗い、くくりと葉タマネギ。気が付けばハウスは30℃を突破・・・慌ててサイドを開けて温度調整。

晴れ。剪定日和。第9農園のスパルタン剪定。この品種は剪定が楽な品種。余計な枝が出ないのでハサミを入れる数が少なく済みます。

祖父母のセロリ、一回目の植え付けです。どういう作業かというと…本葉が出たばかりのセロリを、温床に3センチ幅くらいに植えつけていきます。

きょうは、朝から精米に行って来ました。この時期、精米所に行くと、日が入らないようになっているので、ものすごく冷え込みます。

北信で急遽「セルリー」の播種が行われました。この地域は、秋作の栽培にシフトしていましたが、今年は春作の栽培希望があり、年末の播種作業になりました。

本腰を入れてせん定がはじまりました。まずは紅玉から。他品種に比べて枝が細かく、絡まったように伸びています。解きほぐすように枝を整理していきます。

最初の農作業は、レタスの種まきです。レタスは寒さに強く、真冬の寒さでも、ハウスの中なら立派に発芽します。種は、タキイの「シスコ」と「バークレー」です。

今日は一人で畑に。作業内容.圈璽泪鵝▲屮蹈奪灰蝓次…蛭遶▲圈璽泪鵝▲ブ、ニンジン、ミズナ、コマツナ 収穫いやー、まさに選手交代。

例年なら既にしまいこんである大根や白菜もまだ露地です。暖かすぎてどんどん出来る野菜に出荷も忙しく、また貯蔵するには暖かすぎた為です。

りんごの収穫も一段落。もう少し完熟するのを待ちたいりんごを残すのみです。家族、親戚、アグリサポートさん、総出での収穫。一年で一番楽しい仕事の一つです。

蕎麦の実の収穫となりました。nano花隊のコンバインをお借りして、順調に刈り取りが出来ました。収穫量は不作だった昨年より、なんと2倍位はありそう。

今日の夕方、白毛もちの脱穀をしました。 やり始めたのが遅かったので終った頃には薄暗くなっていました。機械やバインダー袋を運んだりしてたら真っ暗。

昨日と今日とでコムギのタネまきをしました。昨年より3日遅れました。霜降までには播きたかったけど、ギリギリでアウト(^_^;。

りんご、ふじにシルバーマルチを敷きました 上から下から陽を当ててもらったりんご、甘くておいしいりんごになること間違いなしだと思います。

やはり種を蒔いてから発芽までは日数のかかるものであり、その間も温度やら水分、そして発芽直後まで襲ってくるネズミの食害を気にしなければなりません。

種蒔始めです。 ずらっと育苗箱が並んでるけどあさひや農場の第1弾は手前の11枚だけ。最初はこれだけです。 今後順次巻いていきます。

冬の終わり頃から春にかけての時期は、気温・地温ともに低いので、ハウスでもなかなか生育がゆっくりで揃いにくいのですが、冬でもハウスなら緑肥エンバクは結構育ちます。

昨年から栽培している味美菜。コマツナとチンゲンサイとの掛け合わせの「つけ菜」である。みずみずしく柔らかい野菜もボチボチ出来上がってきた。

寒波がくる時期、ミニトマトがいつまで収穫できるかハラハラしてしまう。春のミニトマトまでの4月まで他の野菜の収穫が始まる。

玉ねぎを植えました 山の上の畑。 今年の夏には、じゃがいもを植えていた畑です。 景色がよくて、作業中も何度も山を見ました。 この畑だけで、5000本植えました。

ようやくトマトの栽培が少し見えてきたように思います。今年は 遅かったのですが、9月に入っても実割れのしたトマトは少なくて、安定した収量が確保出来ています。

直売所へブルーベリー苗を補充しました。ポット苗にアシナガバチが巣を作っていたので、ピンセットで捕まえました。今年は、アシナガバチが多いです。

4月中旬からの温かさで茶の芽がずいぶん伸びてきました。そこでしぶかわ工房のおばちゃんの手を借りてお茶摘みの開始です。

やけに徒長ぎみの特徴をもつイエローミニ、一段目までも葉も伸びる伸びる。そんな伸びきった下葉と脇芽をかくことに。

強風で飛んでしまったハウスのビニール、とりあえず修復。「農家レストランたぬき」の文字はそのうちに・・・ そして種まき 夏もの野菜の種まきです。

今までは剪定だけしていればよかったのに,枝の後片付けや,肥料まき,苗木の植え付けと少しずつ春の仕事も増えていきます。

古い皮には病気やカイガラムシなどの害虫の卵がくっついていることが多いので、第一回の防除の前に薬がかかりやすいように削ってやるといいのです。

まだまだ寒い日が続いていますが、日差しはかなり延びて、ハウスの中は25度ぐらいになる日もあります。レタスの種も、ほとんど発芽して順調に生育しています。

イチゴの手入れです。外気と違って、ハウスの中はチョット汗ばむ位...1株を大きくする為、わき芽をかきます

木材チップが何台(一台で往復)か届きました。このチップは、松本市の間伐材などを、ログハウス材や土木工事用の材・杭材に加工し残った材をチップにしたものです。

今年の3月に植えたりんごの樹、台木はM.9台です。春先の凍害が心配です。特に水が上がりはじめた3〜4月に極端な低温に遭うと樹液が凍り樹が枯れてしまします。

ふじのジュースができあがりました!!今日の出来高1100本。昨年とほぼ同じ量を加工して1割多く出来ました。今年のリンゴの方が水分が多いんでしょうね。

引き続き第10農園のブルーチップ剪定。気温は4度あるが、風があり寒く感じる。今日は来園者なし。もう少しでブルーチップが終わる。次はチャンドラーだ。

梅雨の真っ只中、ぐずついたお天気が続きますが、りんごちゃん、順調に大きくなってます。フジの実も、こんなに大きくなりました もう、3センチぐらいになってます

梅雨のこの時期、雨の日は草刈とハウスでの作業となります。昨日も畑の土がぬかっており、草刈を3時間ほど行いました。

中若木も終わり、残る若木と30年生の老木に掛かりました。棚上に広がる枝を一列に枝繋ぎするのは、新しい品種のシャインマスカットに切り替えるためです。

元々田んぼだったところを緑肥作物をブレンドして1年半育ててから、 畝立てして、通路に緑肥mixを播いたので、ようやく自然菜園らしくなってきました。

11月29日にふじの収穫がやっと終わりました!今年は、熟度はいいものの地色の抜けが進まず・・・産地全体で収穫の遅れが目立ちました。

日時 10月7日(日) 午前9時 回は、日本人の主食である「お米」を収穫体験してみましょう!稲を刈り、稲架(はざ)に?かけて乾燥させるまでの体験をしてみますよ(^^)

ようやく小麦の収穫に取り掛かりました。畝間の草刈りをしておいたのですが、その後雨が続いたり、機械の都合がつかなかったりで、今日まで延期になっていました。

今年はアブラムシなどの害虫の被害が少なく出荷量が昨年以上である。嬉しいことである。世間話をしながら、猛暑のなかでの作業であるが楽しい。

24日の午後ははキャベツの苗を植える予定でしたが、急遽ブロッコリーの苗をいただき、マイ野菜ハウスの草取りとブロッコリー10本植えるだけで精一杯でした

11月もいよいよ半ば。 今月の月末から収穫予定のサンふじも かなり蜜が乗ってきた。 サンふじと同様のロングランの 人気のりんごが「王林」である。

今日は朝から良い天気。雨が来る前にと大豆の脱穀をしました。写真はナカセンナリの6/1播きの区画。今年は6/1まきは木ボケ気味でした。

ハウス内の冷床(無加温)育苗だから、夜間は0度くらいまでは下がっているが、地温はそこまでは下がらないので、キャベツはそのくらいで十分に発芽する。

アスパラ株の保温のため、ハウスをビニールで囲いました。暖房で加温しているのではないので経済的かな?これから、水をやって、さらに小トンネルをかけます。

今年でいうと、「ふじ」の場合、小ぶりでミツ入りは上々、酸味はやや強め、尻サビが多く、ツル割れは少なくて青味果が多い。着色のよいものと悪いものの差が極端

そろそろ西洋梨「ル・レクチェ」の発送始りました右往左往の毎日ですがもう少し早送りもスピードアップに…今年の西洋梨はどうも表皮が粗く 固めの感じです

研修地のリンゴは、今週いっぱいで『ふじ』の収穫を終えれば、1年のサイクルは一区切りです。研修地のほうは12月から、来年に向けた剪定作業となります。

今日から、リンゴ「ふじ」の収穫が始まりました 始まったばかりですが今年は昨年に比べたら玉伸びもよく味も濃厚に仕上がっている感じです!

ほうれん草の収穫が本格化してき久々の忙しさでとても充実してます( ´ ▽ ` )ノオータムポエムの収穫も本格化してきました!

今年の方が早く種をまき、植えたはずだったのですが、同じ時期の昨年の写真の方が生育が進んでいてビックリです。

梨(20世紀、南水、あきづき)の収穫、発送、と、朝起きて夕暮れ時まで、梨ずくしの1か月でした。その間には、15号台風も来ました。

巨峰の葉っぱもだんだん黄色くなってきました。来年も美味しい巨峰をならしてもらえるように、堆肥をまきました。これから巨峰畑は静かに冬を待ちます。

収穫、仕込みがはじまります。非常に小さなワイナリーで、人手もあまりないため、今シーズンも収穫、仕込みを手伝っていただけるボランティアを募集いたします。

八峰村の水田がいよいよ稲刈りのときを迎えます。今回は飯舘村の皆さんをお迎えしての実施。開催日は9/28(金)〜29(土)の2日間。

レタスの出荷第一シーズンが終了しました!レタスって暑さに弱い野菜なので本当の夏場に出荷するように栽培するには相当な努力と農薬が必要になってしまうんですって

今日もレタスの出荷を行いました。今日もいつもよりはLL多めの出荷。L狙いの我が家の栽培形態の中では大きめに推移してますね。

雨よけ張り。ビニールハウスの屋根だけ版みたいなもので、雨よけを張ることにより保温効果が得られるとともに、水分コントロールをすることができます。

越冬キャベツもそろそろ冬眠から覚め始めてくるけれど、先手必勝その後継キャベツの作付けもそろそろ準備をしなきゃ。と近くのJAに種をGetしてきました。

昨年から寒い時期の発芽促進として発泡スチロールを使用している。今年は早いうちからブロッコリーを発芽さして畑のハウスに運んでいる。

先日、玉ねぎに追肥をした。この寒さのなかで玉ねぎは大きくなっていないが元気に生きていた。定植したときより小さくなっているようでもある。

今、ハウスの中では、余ったタマネギ苗を植え直しして育てています。ハウスの中は、以外と乾燥しやすく、5日に一度は日中に水をあげています。

今週からシナノスイートの収穫と書きましたが、その前に「紅玉(こうぎょく)」がありました。数少ない紅玉は明日中に収穫し、金曜からスイートを収穫します。

今日もキャベツの出荷を行いました。今朝は寒かったね。季節は進み冬が近づいてきた感じですね。今日の午後から堆肥の散布を始めました。

今年も直売所横の芝生広場(八ヶ岳中央農業実践大学校)をイベント会場として、第13回八ヶ岳まるごと収穫祭が開催されます。開催日:2012年10月20日(土)21日(日)

収穫の終わりを迎えたものもあります。ぷてぃ・べるじぇで一番栽培面積の広い種あり巨峰も、成熟の早い雨よけの下はすべて採り尽くし、露地エリアに突入しました。

大豆にも早くできる早生と遅くできる晩生がありまして昨年は晩生の「麹いらず」という大豆を作ったところ登熟が間に合わずほとんど大豆の収穫が出来ませんでした。

ビニールハウスの中の野菜の苗が成長してきた。エンドウは露地に定植した。キャベツ、レタスをそろそろ定植したい。畑に緑が少し少し増える。春を実感する。

オレンジミニトマトの収穫量も日に日に少なくなっている。少量を収穫するより、早く片付けて次の作物を植えた方が良いか決断が必要となる。

本日、 降ったり止んだりの日々で、種まきを合間で行っております。 田んぼの半分を自給用の自然菜園に移行中です。

10月も前半を過ぎると玉ねぎの植え付作業になります。今年は12000本植える予定です。自家苗が7割で3割ほど不足するので購入します。

もうりんごの時期は終わりに近づいてます。 おかげさまで信州 飯綱町 ヤマウラ農園のりんごも残りあと僅かとなりました。

ニンニクは玉ねぎと植え付け時期が同じで、収穫時期も殆ど変わらないので、同じ畑に作付したほうが管理作業が楽なのでいつもそうしています。

雨が続くようになってきた。定植したナスやキュウリは元気がでてきたが、雑草も一気に伸び出した。ニンニクは草に覆われる前に早く収穫しなければ。

昨年はこの時期霜にやられて、ぼろぼろのキャベツを出荷してました。今年はまだ霜が強くないのと、品種を変更したことにより良い状態で出荷できています。

サンジョベーゼの収穫を始めました。このへんの房はきれいなんですが、親子ぶどうになっている部分は子供が腐れ初めてきており、取るのがちょっと大変でした。

稲刈りがすんだところでしたが回りでは脱穀が盛んに行われ すると天気なうちに藁持っていって言う連絡が続々と 先日の脱穀が土日が最盛期藁集めに忙しい日々でした

やっとにんにくと葉玉ねぎの植え付けができた。イノシシにかき回されないように電気柵を張り巡らせ、電気柵ができないところは、黄色いコンテナを置くことにした。

今日はマルチ張り。ここ10年ほど行っている、越年マルチです。例年のスタート時にマルチを張るのが、天候により難しい時があります。

タマネギの収穫時期を知らせるサイン=葉が倒れる があったので雨も降りそうだし定例の朝の畑の作物の見回りの際、収穫してしまった。

今年は露地アスパラの新規畑に移動着手を予定している。アスパラ苗の確保からスタートだが、播種は自前で行い、さらに鉢上げし育苗して大きくなった苗を新しい畑に植える。

梨狩り今シーズン第一号のお客様は、名古屋から可愛らしい女の子二人組です。幸水梨と南月梨の二種類が食べられます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2017-04-18 01:04:53

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>