この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

トウ立ちとは根が太らず、花が咲いてしまいます。低温に感応し、気温の不安定な春まきの際は、種のまき時期が数日ずれるだけで、トウがたったり、立たなかったり、、、

野菜の間の草取りに励みました。トンネルを外すと、何を植えたかわからないように、カボチャの芽や雑草がはびこっていました。ニンジンを植えたところなのですが・・・。

ネット張りは、ネットがグチャグチャにならないように広げることとネットを支えるための紐をキッチリと結ぶこととネットをパリッと張るということがポイントです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:市民参加型農園(市民農園/体験農園/農家民宿)|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

この時期には、卯の花が白く可憐な花をいっぱいに咲かせ、畑に彩りを添えています。この、素敵なロケーションの畑には、オクラ、キュウリ・ピーマンを植え付けました。

今年は、雨が多く、ジャガイモ栽培、収穫に本当に苦労しました。収穫終了も約10日ほど遅れてしまいました。農業は自然が相手、自然の前に悪戦苦闘の半年でした。

空芯菜は双葉が変わってるから発芽を見逃しません。いつも、なんとなく撒いた種は、雑草なんだか野菜なのか分からなくなったりします。。。変わりラディッシュ収穫。

アボカドの花が終わり,実がふくらんできました。ハウス栽培の様子です。露地栽培は花が終わったばかり,実のようすはまだわかりません。花はたくさんでした。

今日から泉4を刈る。北側の妻面の巻上げが遅かったので、奥の方のにらが伸びているため北側から刈ることに。まだ浜畑もちょっと残ってはいるが。

定植が混みあっています。(^^ゞ夏野菜がほぼ同時期の定植になりそうです。全部で300鉢以上です。このうち何株元気に育ってくれるか・・・地力と管理次第ですね。

小さな実が見えて来ました!雌しべの柱頭がありますが自然に落下して小さい果実が完成です。発芽からこれまでの流れをご覧頂きましたがお分かりになりましたでしょうか?

『鉢植えマンゴー』のオーナー受付が明日から始まります!数百本あるマンゴーの木の中から選んでいただき、その木に生るマンゴーはすべてあなたのものです☆

暑い乾燥した日が続くここ数日の農園環境で、植え付けている野菜の苗も悲鳴をあげているようだ。カボチャ(恵比寿)君も成長は芳しくない。

パッションの受粉で気になる点が出てきました。それは立花が増えてきていることです。立花とは俗称で、花の雄しべが午後になっても寝ない花を意味します。

チンブクダケの収穫をしています 例年に比べ全体的に収穫量が少ないです 毎年この時期は収穫が終わる時期でもありますが、今年は今のところまだ収穫できております

苗の方はとゆうと・・・不織布と寒冷紗を押し上げて苦しそうでしたので本日、一気に2枚ともはがしその後たっぷりと灌水しました 

オクラを播きました。使用した肥料はバーク堆肥・米糠・牡蠣殻石灰・オガクズです。畜産堆肥は使っておりません。一部には自家採取した種も播いてみました。

コーヒーは、枝の先端や、去年実をつけたところから新しい枝を出します。この春で新芽が吹き出し、あっという間に隙間を埋め、葉っぱの生い茂る木に戻りました。

牧草を刈り取り 混ぜて乾かして 筋状に寄せて ロールにして ラッピングして 保管します。 ロールにトラクタをバックでつけるんですけど、結構難しい。

天気も良くて作業日よりになりました。たった1週間で稲の姿変わるんですね。株間を広くとることで、シュッとスマートな立ち姿ではなく開帳型になります。

今時期はキャベツの収穫と今日から大根が始まりました キャベツはとにかく虫がすごいめっちゃ食欲旺盛だし蝶々は飛び回ってるしまさに虫との戦いです

島トウガラシもこの天気でドンドン色付き、収穫も結構大変。新たに苗作りをしようと種を取るのに完熟トウガラシを干して、カラカラにします。

5月の7日に青梅を収穫しました。剪定をしながら収穫します。梅は適期に剪定することによって、病気や虫の害を避けることが出来ます。

まだ全てのトマトの定植が済んでいません。 全て終わるのは来月初旬になるでしょう。 購入苗を植えた中ではアイコが一番成長が早いようで、いくつか実を付けています。

雨が止んで外に出ると夫が「玉ねぎが倒れとらん?」と一言。 「え??もしかして・・」と畑に降りて行くとまず目に入ったのはソラマメ。

絶好の農作業日和でした。朝の早い時間から稲の苗にたっぷり水をやります。 水やりをした後は苗の上を角材を引きながら歩き、苗を鍛えます。

田植え作業を行いました。作業当日は絶好の田植え日和の良い天候でした。田んぼの脇に苗を置きます。田植え機に苗をセットしてスタートし、1往復したら苗をセットします。

この日は、朝から野菜の収獲作業を少しした後、田んぼの周辺の草刈作業を進める。午後からも草刈を進め、3時頃から、田んぼの草取り作業をする。

今日の農トレの報告に移ります。ジャガイモを収穫しよー! ・・・と思ったのですが、まだまだ小さくて(2〜3)出来ませんでした。どうなる?!じゃがいも!

2012くまもと春のしいたけ祭りが行われました。会場に入ると焼き椎茸の香りが漂って、お客様をしいたけワールドへご案内します。焼き椎茸は無料の試食コーナーです。

お天気を気にしながらの整地作業に追われています。。。以前、深耕(24cm)した田んぼをまっ平らにしていく作業です ゴツゴツした・・・・大きなクレがゴロゴロ

苗の高さ10cm、多くはないが除草した。鳥よけ用ネットは取り除いても良かったが動物が入るかもしれないのでそのまま残した。

まず、苗床の準備。以前は、この箱の中に土から入れていたのですが、今はいいのができていて、土がシートになっています。

4Hクラブ活動に出席しました。…といっても、サツマイモの植え付けです。 屋久島でも焼酎の原料としてサツマイモが栽培されています。

最近の気温の上昇を受け、あまくさがすくすく成長中  以前からさらに大きくなってきました 大きい果実で、もう普通のみかんに近い果実もたまにあります

昨日見つけた何本かが合体した胡瓜 3本が合体しているように見えますが3本だけではなくジャジャーン4本が一つになっていました。

さて荒起こし開始15日から昨日21日はいよいよ最終日。残りの田んぼ約3.5haと畑約0.4haを完了させるべく眩しい朝日を浴びて早朝より出撃。

最近はもっぱら夫婦2人で、ぶどうの花穂を1枝1つにする作業に忙殺されております。1枝に2〜3つ花穂が付いているので、それをハサミでチョキチョキ・・・

2〜3カ月毎に産まれたてのヒヨコを育てていますが、15日目と80日目のヒヨコの写真をアップします。 カメラ目線のポーズをしてくれました。

毎日花が咲いている。あさってあたりから収穫かなぁ。 今日とれた4本のオクラ。草引きや堆肥まいたりした時に見つけたオクラ。ピッカピカ。初物は今夜いただこう。

インゲンを少しだけ作っているのですが、きれいな白い花が咲きました。 インゲンの花はかわいらしい白い花です。エンドウなどのマメ科の花と似ています。

かろじて田んぼの全体像が見えるうちに終了 ナイトレベラーは田んぼ全体が見えないのでどこまで土を引っ張ったかわからなくなるのでやりません

春腐れ病が大量発生中です・・・・まぁ、もともと無農薬なので自然のなりゆきに従うしかないのですが、今年はすごいな(笑)もうどうやっても止められません(ノω・、)

農作業は植付けで忙しい時期は、まだ野菜が出来ていません。特に草花がようやく芽吹く春は乏しく、冷涼な山間地は更に生育が遅れます。

今日は、みかんの木の摘果(摘蕾)をしました。今回作業するみかん畑は、移植をして2年目ですが、木がまだまだ弱いので今年も実をならせないで木に力を注ぎます。

今日で水田裏作は終了(^^♪…がしかし、最後の畑(田んぼ)は、オーマイガッ(TдT)な感じでした。ソウカ病多発してるじゃないか…

花穂(カスイ)の必要な部分のみを残す作業を花穂のセットと言う。この作業と同時に枝の先端を摘まねばならない。

本日は麦刈りとにんにく収穫。僕がブルックリン(バインダーの愛称です)を操っているところは撮れまんでしたので、刈った後はこんな感じ。。。

今日は朝から夕方まで一日中田植えをしました。お義兄さんも手伝ってくれたので、随分楽でした。と言うのも、この田んぼ、こちらの道から向うまで100mあります。

種まき後5日目きれいに芽が出てきています。カラスのいたずらもさほど目立ちません。ところどころ覆土した表土を持ち上げてますので、それを落としてやります。

やる気がある地元採用のパートの主婦さん達に農業を教えています 私の代わりになれる人材も必要なのでこれから数名の方に技術も指導します

只今オレンジライス農園では稲苗(いねなえ)の種まきや、苗を一枚一枚苗床に広げたりと大忙し。最初に蒔いた稲苗も出荷できるまで無事成長しました。

朝からけっこうな雨降りで、ビニールハウスの中、雨漏りしています。ハウスのビニールは、2年に1度、新しいものに張り替えます。今年は2年目で、なので昨年のお古。

いよいよ、田植えまで一ヶ月をきりました  この前までは、スタブルカルチって機械で深く耕していたので、乾きがいいです。この田圃を今度は、整地していきます

「ニンニクの収穫体験」を開催しました。参加料は500円で10株お持ち帰りいただけます。茎の太い物を選んで「よっこらしょ、どっこいしょ」と引っ張ればニンニクが登場!

午前中苗箱掃除。旦那と二人でしたせいか、残り全て終わった〜♪そして、午後からコンバインの試運転の予定が 麦の穂?や茎がまだ柔らかいということで、なしになった。

白ねぎの定植2回目を実施、今日は「ひっぱり君」でチェンポット6枚、明日が7枚を定植します。2列と3分の1でした。品種は2種類です。

4月29日から母屋裏庭で生育してきた苗は随分丈夫になったと思ってましたが、いざ田植えしてみると広い田んぼの中にあると弱々しい。

3日間、トラクターに乗り続けて、やっと除草、整地作業が終了。トラクターの振動とガタガタの畑でお尻が痛い。小さなトラクターだけど乗り始めると結構楽しい。

キウイの花に花粉付け作業。一定の気温の条件が揃った今だけに一気に行います。花粉は20gでなんとお値段15000円!大事に量を調節してスプレーでかけていきます。

小さな小さなネギの苗ですが5月8日に植えつけました。今年もよい品質のネギを生産し、四季犀館に出荷したいと思います。11月ですからまだ半年先です。

1つのハウスでまとめて育てた親苗をバラけさせてプレートにポット並べてとりあえず1ハウスだけだけど苗とり準備完了!あと3ハウス…4万本育てます きちー!!

ベジコ畑の東側を、3組のみなさんに、手伝ってもらっています。雑草ボーボー地区が減って、うれしい限りです。ファミリーの畑の看板が、かわいすぎて、おもわずパチリ。

体験農園が実施されました 小さな芽が出ていた野菜たちも、続々と花を咲かせています こちらの黄色い花は、キュウリの花です 上の白い花はピーマンの花です

マルチ部分のタマネギの収穫が終わりました。露地植えの玉ねぎが栄えるまで収穫は一時お休みとなります。とは言っても、仕事がなくて暇になったわけではありません

ズッキーニを定植しました。支柱は追々つけていきます。風対策に、ピーマンと同じ栽培方法をとってみようと思っています。

夜11:00頃に籾を出してゴザに広げておいた。種蒔きだけは人手がいる。本日は3人助っ人があり助かった。皆さんありがとう。8:30から6人でなんとか午前中に終了。

3月に定植した春白菜の収穫を迎えました。この白菜はキムチの原料として取引業者さんの工場に直接出荷します。農園スタッフも気合を入れて一生懸命です。

今日は鹿島の海童保育園でのお米の種まきです 3年前から毎年お邪魔しています 今まで作っていた田んぼが使えなくなり相談を受けたのが始まりです

2年目の今年、ラビットアイ系の緑がきれいで、ぐっと成長しそうな雰囲気です。 去年はサザンハイブッシュ系に、随分差をつけられました。

今日掘ったの長崎オリジナルの品種普賢丸! もちろんじゃがいもの植え付けはじゃがいも植え付け機ジャガールで植えました

オクラ大きくなっています。がしかし、アブラムシが発生しています(ToT)乳酸菌発酵液を作る際に使った糖蜜が原因だろうと思われます。

いよいよ田植えの準備が本格化。田んぼも何枚にも分かれていて段差があるので、何か所も落とし口の準備をしなければなりません。

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ミカンの花も満開が過ぎ、落ち始めました。いよいよ農薬散布の時期です!黒点病に訪花害虫、灰色かび病・カイヨウ・イセリヤ・ホコリダニ・アザミウマ等など…。

梅雨前に小麦が色づき刈取りを迎えました。ゆすら梅もたわわに実っています♪一つの麦畑はバインダーでゴンゴン刈りました。機械が刈って束にしてくれます。

きゅうりとゴーヤをはわすためのパイプでできた組み立て用の櫓を造った。昨年、風で倒れてしまったので今度はパイプ1本につき木製の杭2本でささえるよう頑丈にした。

先ずは、桃の摘果から始めました。始めましたと云っても出社前の30分くらいしか仕事が出来ませんが・・・・・先ずは、極早生の花嫁から

本日の、Bobさんの仕事の成果はコレッ。キュウリ18、ゴーヤ5、サンチュ12を植えつけました〜結構、時間が掛かるんですよッ。

土日は麦刈りばっかでした。周桑地区は4条刈りビックパワーコンバインが活躍し西条では5条6条の大型コンバインでバンバン麦刈りしてますね。

有機JAS調査の翌日。そうか病の防除をしました。散布したのは、ICボルドーです。今回は、昨年被害の大きかった畑のみ散布しました。今年出た若い葉の様子です。

順調に蕾をくけてくれているルッカ種…。反対側は、枯れた枝のように葉っぱがない状態なのです。昨年 こちら側に、いっぱいの実がなり、枝だけになってしまいました。

種は購入したものと、春に育てた水菜の収穫遅れで花がさいたものをそのまま育て種を取ったものの2種類です。種と一緒に種が入っていたさやまで一緒に播種してます。

キュウリのツルが伸びてきたなとか雑草でピーマンが負けそうやなとか思っていたんで、キュウリとニガウリのネット張りをしてトマトの支柱立てをして 畝の草取りをしました

ピーマンがこれからどんどん育ちますので支え用のネットを張る必要があります。まず、最初にしょうれん(穴をあけるための鉄の棒)支柱を立つ場所に穴をあけます。

本日は伏見甘長とうがらしと、バナナピーマンを定植しました。 植え床は茄子のベッドと同様、刈り草と落ち葉、春先まで生やした草をもとに土を作っています。

5月初めに種まきをしたごぼうが芽を出し始めました。12月頃には収穫できるかな?水田の草取り作業ともち米の種まきをしました。6月の20日頃田植えのよていです。

「いちご育苗畑」で、親苗の管理。足りてなかった「紅ほっぺ」の増殖をして、花芽を取って・・・特にする作業はありません。まぁ、一応、親苗の増殖は完了です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

茄子の育ちも勢いが出てきました。写真1枚目:節目ごとに脇芽が出ています。写真2枚目:下の方の脇芽は取り除き、上の主軸と脇芽2本を残し、三本仕立てにします。

今日は予告通り農林22号の種まきを行いました 天候も晴天に恵まれ、父・母・伯母と4人で種まきを行いました  合計12箱に撒き終わりました

苗作りをしていると、色々と発見があります。下の2枚の写真、この2つの違いは何でしょうか? これは、同じ品種の種を同じ土に蒔いたナスの苗です。

農作業のほうは、誘引と花穂の切り込みを連日行っています。切り込み前と切り込み後です。切込みを行うことで後に行う整形作業の労力を軽減します。

稲の苗作りを始めました、何軒もで共同で作業をしています。田舎ですから近所でそれぞれ助け合いながら作業をしてます。

播種から21日目の苗代、覆ってた不織布を除去した翌朝の様子 今年は苗代にビニールトンネルをやっていないせいなのか苗の育ちが遅くてまばらの様子

りんごの間引きがやっと終わって、この間から気になっていた ぶどうの棚付け 春から伸びてきた結果枝が70~80cm になってきました。

サイズ別に大・中・小にふるいを使用して選別し各サイズ別に、こうしん(中厚・ウス)・格外(ばれ・かけ)・どんこなどに選別しました。

しかし今時期は収穫量が増えるのは当然のこと、、葉っぱやランナーの成長も尋常ではありません。栽培管理が追い付かない状態ですね。

田植えをしました。機械で植えるので、6アール余りの田では1時間もかからないぐらいで済みます。後、隙間を田の中に入って手で補植しますが、あっという間に終わりました。

休耕田の草刈り作業を毎年していますが、ただ刈るだけでは維持管理が大変なのでワラビを植えることで作業を少なく出来ると思い植え付けてみました

ブドウの新梢が日に日に大きく育っていっています。新梢に花穂(かすい:ブドウの花芽)がたくさんついているのでいらない花を切り落とす摘穂(てきすい)の作業をしています。

苗盛が早いピュアホワイトの方を段取り変えて下手一番の畑に定植しました。 まずは、26日朝6時から 畝に紐を張り、メジャーで40cm間隔に穴をあけ・・

今日はイチゴを出荷後は3号ガラス室のブドウの潅水。2週間おきぐらいに潅水してますが、カラカラで、草も枯れてるとこがあります。

これまで何度か、病害虫対策についてUPしてまいりましたが、うちのハウス、鼠とテンの被害にも遭遇し、一応なんとか対応してまいりました^^;

子供のうちに、おじいちゃんおばあちゃんたちが守ってきた農業を肌で感じてもらいたい。という親たちの願いもあり数年前から田植え体験・稲刈り体験をやっています。

種のまま植える方法もあるのですがそのまま植えると鳥につつかれて発芽しないこともあるので私達は種から苗の状態まで育てて(育苗)植えることにしました

ランナーが伸びたい放だい,実をとってしまった花へいがついており,花房は2つのステージが存在しています。もちろん摘花も十分にはできていない。

イチゴが赤くなってきて食べごろ!で・・味は??甘さもあるのだが・・・ちょっとスッパイ!女房殿曰く「肥料のあげ過ぎかなぁ」あたっているかもしれない。

おばあさんが栽培している野菜が大きくなってきました。じゃがいもにきゅうり、まめにたまねぎ等々です。しかし今年も気候がおかしんじゃないかと感じています。

今年は早生みかんの花が70%だそうです。我が家の早生みかんも昨年たくさんなった畑は花が少ないです。こんなに少ないのは、近年の異常気象?手入れ不足?

昨日、17本苗が育ったので定植したつるなしいんげん豆 この種、去年の残りなんだけどアブラナ科同様、豆科も強いね〜全部とはいかなかったけど半分以上発芽しました

今日はチシャとキャベツの苗を植えました。 種から発芽させて、たくさんの苗が出来たので、 空いた畑に植えました。

不要な芽を落とします。発芽すると成長が早く、どんどん伸びます。1本の枝に1−3個の花を持っています。その花の中で先端が鋭くとがったものを1つだけ残します。

苗代(なわしろ)とは田植えのときに使う苗を育てる田んぼのこと。苗代作業とは苗を作るための作業のことで主に以下の2つがメインになります。

まろ田の今年が始まりました!今年のモミ播きは、思わぬ嫁のアクシデントでたったお一人様の寂しい行事となってしまいました。 今年もクン炭、大活躍です。

収穫が近づき青梅の予約始めました。 一年で一番忙しい季節が目の前です。 早ければ来月の上旬から収穫できると思います。

5月18日前後から瀬戸ジャイアンツがどんどん枝を伸ばしてきます。藤稔やピオーネより遅い品種なのに最初に作業に追われるのは瀬戸です。誘引と摘心作業中。

長期プログラムとは1つの作物の種まき・植え付けから収穫,さらには販売まで長期的に農業に携わろう!ということで今年から新たに始まった試みです.

あと、2列!!まだニンニク抜く作業が残ってます。奈半利イチ早くニンニク植えたのに、収穫は奈半利イチ最後になってしまいました。

最初に植えたトーモロコシの昨日の姿です 雑草も生えてきて 分けつが始まりました トマトの脇芽は取りますがトーモロコシの分けつ芽はそのまま大きくします

午後から、母親と弟が手伝いに来てくれ、ネギの草取りをしてくれました!ネギ類は最も草取り作業が必要な作物の一つ。

雨の多い4月とは一転し、晴れの多い5月となっている。おかげで、コシヒカリの苗丈も伸びすぎている。今週は、とうとう田植えがメインとなってきた。

シトシトと梅雨を思わす雨降り、追肥を施し、土寄せを済ました私の えだまめ には恵みの雨でした。白木農園の様子を見に行きました。小麦は穂が色付き始めています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

一般の参加者は子供も含め20名。スタッフと手伝いの地元の人たちを合わせると35名ほどでの田植えとなりました。朝一番はまず苗取り。それから品種ごとに植えていきます。

「田んぼの水路に白濁水が流れているので見に来てくれ」 塗料でも捨てたのかといぶかりながら水源を遡って行くと、 工業団地の排水路へと、・・・これは危ない

5月7日に孵卵器に入れたアイガモの卵。1週間経ちましたので第1回目の検卵をしました。検卵とは卵に光を当てて内部を透かし成長を確認することです。

左からA棟、B棟、C棟、D棟A棟よりも先に建てはじめたD棟(5.8×20m)は、現在もまだビニールは張れないままです。こうやって見ると、B・C棟(共に7.2m×51m)って大きい。

引き続き、よろしくお願いします!桃包み(袋かけ)本格化桃山白鳳の袋かけから、まずスタート!!約一月あまりで収穫になります。

スナップえんどうの実が成りはじめました。えんどう豆も、もうそろそろ。豆ごはんが楽しみです。夏野菜の定植も進んで畑がにぎやかになってきました。

しいたけの菌打ちをやっと、しました。お試し栽培なので、原木も50本ほど。しかも、ここには原木を置いておく場所もないので、ちょっと遠くの場所に置いてあります。

今年は15haの地元のお百姓さんから預かった田んぼに、4種類の稲の苗を植えています。ゴールデンウィーク後半から植え初めてようやく半分ほど植えました。

早い方は4月のGW前から植付を始められましたが、苗は順調に成長しております。トマト、ズッキーニは既に小さいですが実をつけてきました。

清々しい!!野菜も大きくなっていく時期ですねぇ。最近のことと言えば、太鼓亭ファームにプチトマトとカボチャを植えつけました!! 早く大きくなぁれ♪

枝豆前半の植え付け終了です。枝豆約400本・小豆約100本。苗を200本程度余らせてしまいました。前半、これ以上は無理です。植え付ける場所がありません。

早速茶摘みスタート!目標は30kg。茶畑はもう使用しなくなった茶畑をご厚意で使わせていただきました。 若葉を摘んで、腰袋に入れていきます。

じゃがいも、里芋、枝豆、西瓜今日は最高の畑日和、夏野菜の準備が進んでいます。じゃがいもは種イモ1個から5本も6本も芽がでます。

夏野菜の準備に毎日忙しくしております。3月に種まき、苗づくり 例年より多く種類増やし、今ちょうど定植作業しております。

予報ではこれから雨との事、作業は諦め雨読です。4月末の好日に田植え後、5週目を迎えてます。今では、しっかりと根を下し分げつ始めの時期を迎えてます。

自分とこの区画にいこ。こないだの植え付けから、ちょっと伸びたね。 サニーレタス&グリーンリーフ。三度豆が発芽してきた!左はゴーヤ。右はきゅうり。 成長が早い。

ブルーベリーは生育して果実も肥大してきていますので随時レポートしていきます。今日はサザンハイブッシュ系です。枝が横に広がるバルド。見事に実がついています。

最初の管理作業として、中耕、追肥をおこないました。ほぼじゃがいもの芽が出そろったと同時に、当然ながら草の芽もでそろってきますので、その除草と、追い肥です。

放置竹林に果敢に挑戦する男たちっ!!!というわけで、おなじみの竹林整備&竹チップ作り強化週間がはじまりました^^今回は6人〜7人体制での作業です。

新緑の過ごしやすい季節…とはいいますが、ビニールハウスの中は9時ごろにはサウナ状態です。生えている壬生菜もダラァ〜〜っとなります。。。

昨日から季節が逆戻りしたように肌寒い天気です。ジャガイモは冷涼な気候を好むのでちょうどいい気温なのかも知れません。芽が出てだいたい1ヶ月くらい。

ビニールハウスへ移動して苗を育てます。ここで育ったものが、田植え作業に使われます。今日は農村ボランテイアの西原君が手伝いをしてくれました。

多くの皆さんに農園にお越しいただきました。快晴の日もあれば、雷ゴロゴロの日もありました。うまく収穫できたとこもあれば、雑草にやられちゃったとこもあり。

ここ和歌山県有田市では、みかんの満開期も過ぎ、小さい蜜柑の果実が沢山見てきました。園地間・樹によってもバラつきはありますが、川岩農園でも沢山の花が咲きました。

今日のコシヒカリで今年最後の田植え 一町以上あるんでチョット急いでの仕事  軽トラを田んぼに置いて自転車で田植え機取りに帰ってバタバタです

袋かけ作業を始めた頃(10日前)に比べれば新しい新芽がビッシリ芽吹いて 若葉はどんどん葉を広げ 桃の木は茂り 桃は3cmほどの大きさまで生育しています。

周囲の畑にはすっかり水が入って田植えに準備万端といった感じです。みんな我先にと水を張るため、田植え時期がどんどん前進しているそうです。

ナス、万願寺トウガラシ、カボチャ。しっかりと耕すことで、土中にはたくさんの酸素が入ります。論理的には、耕せば耕すほど土は痩せてしまうということになります。

農作業は苗の植え付けとサニーレタスの収穫がメイン。ゴーヤーとキューり苗の植え付けを済ませて次に20日大根の収穫、食べ方は炊くよりもバターで炒めた方がおいしい。

出荷の種類が揃わない感じですが、これから夏野菜本番に向けて、良いもの採れるよう、収穫期間が延びるよう、ビニールハウスをもう1棟建てることになりました

今出荷している葉物野菜は、ほうれんそう、こまつな、こかぶ、日の菜、大阪しろな、わさび菜、ラディッシュ、サラダほうれんそう、葉大根、青ねぎ、菊菜です。

僕は朝からベビーリーフの種まき 最近皆さんに求められるベビーリーフ 多めに種まきしましたが多分不足するでしょう でもこれ以上は場所がありません

気になりだしたら、居ても立ってもいられなくなる性分だ。夜明けと共に、ブドウ園へ向かった。案の定、折角掘り下げた排水溝が機能していなかった。

昨年自家採取しておいた黒もちトウモロコシの種で、5月3日ポットにまいたものです。先週から芽が出始めています。

初春から初夏にかけて苗をつくり一度小タマネギの状態で収穫し晩夏に植えなおし冬に新タマネギを作り上げる「セットタマネギ」というものがあります

最近「夢農人マルシェ」「ガーデニングフェアー」等に苗を出荷しています うちの苗 ・失敗しない! ・曲がらない!! ・植付簡単!!!の3拍子そりゃぁ売れるわ

3月以来の防寒着を着ての作業は、前回に引き続き第二農園の耕うんです。午前中に全体の表層耕うんが終わり、午後の2時間くらいで写真のようになりました。

日に焼けたけど田植え日和 さぁ!6反5セ一日で植える予定です。我が家にとっては大きなイベントです。さて 田植え機には甥っ子が乗って綺麗に植えてくれました。

そろそろ麦も色づきだして 麦秋 となりますね。秋と書いてますが 今の時期の事なんですね。皆さんに蒔いてもらった ふぁんきー農園の麦畑も ざわわ〜♪ざわわ〜♪

まずは、畑土をほぐします。結構硬く悪戦苦闘!!鍬を持ち、「えっちら」「ほっちら」と励みます。開始早々汗だく。一通りほぐし終え、植え付けのための準備です。

いよいよ育苗用トレーに土入れです。フレコンからスコップでガバッと土を入れていきます。繰り返すこと数十回。これで400個。フレコン1体で400個出来ます。

昨日は、農業体験でした。ウネの修正、種まき、苗の定植、軽くスナックエンドウの収穫、とひと通りのポイントとなる作業をして頂くことができました。

鏡の様に光る水のはった田んぼに田植機を走らせる。田植機は他の農機具と比べると線が細いので、まるでアメンボ。途中、肥料が無くなったので急遽、農協へ買いに。

土曜、日曜に植えた苗がどうなったか見に行った。植える前の苗はかなりしおれていたり、細いものもあったので植えても枯れてしまうのが心配である。

ここ何日かが朝一からスナップえんどうの収穫です。豆と結婚したみたいに毎日顔を突き合わしています。 今年はいい感じで収穫できています。

今年も黒豆づくりの本番が始まりました。まずは谷上げから。どうです、素晴らしく真っ直ぐに出来上がっているでしょう。こんなにうまく出来上がったのは、久しぶりです。

甘酸っぱい、初夏の味です。今年は、さくらんぼの収穫が多くはなさそう、とのことです。お料理に出ても、さくらんぼ狩りはできないかもしれません。

トマト以外の野菜の栽培を自給用に始めたのですが、去年は散々でした。トマトと稲の世話にテンテコマイ、ついついこの畑に足が遠のいて気づいたら草がボーボー

今日は田植えの日。田植え班と草刈り班に分かれて作業開始。田植は昨年と同じ手押しの自動田植機を使用した。

苗が程良い背丈になったので、トンネルのシートを外しました。籾を蒔いたのは 5月4日でシートを外したのが5月17日です。品種は キヌヒカリです。(50枚)

ほうずきトマトです♪別名ストロベリートマトとも呼ばれているらしい(^^;)ヨーロッパが原産で、イタリアやフランスで食材としてフツーに使われているそう。

次は田植え機に乗って植えます この青い機械が人の手の代わりをしてしてくれます 上から降りてくる苗を少しだけ取って、下の土に植えてくれます

大きな田んぼになればなるほど枕地は無視できる程度になってくる。しかし小さい田んぼはそうはいかない2割も損失があればなんとかしないといけない。

先日畑に着くと、鹿が悠然と草を食べていた。車の窓を開けて「鹿がいるよー」畑にいたマーさんと息子に知らせた。車で近づいていっても逃げる気配なし。

3週間のど前にアスパラを播種したのですが、発芽がしないので、もう一度播種をしました バジルも発芽してないので、播種しました。 今回が初めてのチンゲンサイの播種。

ポーランドから、お客さまが茶畑訪問に来られました。まずは茶畑見学、そして茶摘の体験も。試飲会では、ほうじ茶、玄米茶の後、煎茶を実際に自分でいれてもらいました。

畑に出かける毎日が戻ってきましたヾ(@°▽°@)ノ本日は天候もよく、畑にはたくさんの利用者さんがいらっしゃいました農園では結構大きくなったズッキーニも見かけました

風が強い日に農薬散布すると、お隣の畑に飛散(ドリフト)し易いので。特にレモン畑の横は他の方の柿園地なので、気を使います。

自然農といえども、お野菜苗の定植時の水遣りは欠かせませんが、僕の場合は出来るだけその後の水遣りをしなくてもいいようにに合わせた植え付けを心がけています。

ニンニクがラストスパートに入りました。あえて雑草まみれの状態で栽培しております。日光を遮られない程度には刈っております。まずはジャンボニンニクです。

ジャガイモの芽かきと土寄せ、野菜が植えつけてある畝の中耕と畝間の草被覆を行いました。なんとか野菜たちが元気に育ってくれることを願いながら皆で作業をしました。

息子1(中1)が畑でお手伝い。スナップえんどうを収穫中。ぷっくぷくすぎ…。育ちすぎた豆は、中の豆だけ取り出して食べてもらうことにしよう。もう収穫時期は終了だー。

今日は小雨の朝でした。田んぼの段取りとしては、もう少しドカッと降って欲しいのですが、とりあえず田んぼに水がまわるようにしていきます。

花は咲くが結実しなかったリンゴの木、今年初めて2個だけ実を結んだ。植樹後4年目です。どんな味なのか楽しみだ。ブドウも順調です。

この日はナス760本、トマト130本を定植しました。今年から新たに借りた畑です。なかなか野菜が栽培できる圃場が見つからない中、何とか50a借りることができました。

じゃがいもの芽もではじめましたかぼちゃとキャベツは、あまり元気がありませんでした。先週播種の大根、芽がでていました。発芽に一週間かかりません。

これまでに勝手に生えてきた山の幸をフライングで出荷しましたが畑で作った野菜は「レタス」が初出荷です 京野菜じゃないけど、ま〜いっか

先週お米の種を播いた「ヒノヒカリ」発芽!生後5日。田植えは6月上旬から半ば予定。今年は田植えのイベントしまーす。もちろん手植え!みんな集まれ

息子が出てきたのは10時前くらいですが、それでも夕方4時半までみっちり刈ってもらったので、田んぼの法面(のりめん)と休耕田30アールを完了。

スナップエンドウが変わらず元気です☆いきいき育つスナップエンドウ♪草と上手に共存してくれています。肥料も農薬もいっさい施しておりませんが次々と莢を付けてます。

今年の春先の長引く寒波の影響を受けて凍傷を受け枯死寸前に近いオランダエンドウも株元からワキ芽が再発生し収穫にこぎつけることができました。

どこにでも居るネズミ。畑では根菜類の野菜をかじるし、精米室にも食糧を求めて迷い込むから農家にとっては迷惑な害獣でしかない。

新しい仲間「バナーネ」の苗木が、定植するまでに成長したのでいよいよ本田に定植しました。当農園スタンダードの種よりも3倍近く大きくなり、味も濃厚な品種です。

虫との闘いで、あまり葉物野菜はきれいな野菜が作れないのですが、我が農園で人気のあるレタス、カナリーノという品種を今年はこの時期に栽培しています!

田植えの時期が近づいてきた。今日から一週間籾種を水に浸けて置き、来週は籾撒きとなる。そして三週間後、来月の今時分に田植えとなる予定だ。

先日定植した『宮じいのメロン』の様子です(^^)硬くてゴロゴロした水はけのいい土なので、活着するまではハウス環境のチェックと水やりに気を遣いますv

イベントで田植えする田んぼの状態。ちょっと見えにくいですが緑色の、ちょろちょろ生えているのが草。コナギと呼ばれる草の一種です。

ブロックの間のこぼれ種から根付いたセロリが凄いです!大きくなりすぎて歩くのに邪魔なので、真ん中を剪定すると回りから余計に伸びる伸びる!

もち田植えとうるち補植終了。今年は水が冷たいのか、いつまでたっても苗がぴしっとしない。このままとろけて消えていくんじゃなかろうかと心配になる。

本日は田植えでした。品種は「日本晴」です。田植え機も8条植えなので小さい田んぼなどはスイスイ〜っと終わってしまいます。早いのなんのって(笑)

農園は,未だ自然水頼りなので,天気予報を注視しながら作業計画を組んでいる。  大豆の最終種蒔きをいつにするか,やはり天気予報をにらみながら決めることにしていた。

昨日はノーマ農園にさつまいもを植えてきました。3月に卒業したメンバーの「記念樹」ならぬ「記念芋」を兼ねて、新旧メンバー全員で農業体験です。

定植作業も佳境に入ってきました。夏野菜の苗も残すところ僅かです。今シーズンは研修生がたくさんいるので、僕自身はほとんど定植作業をしていません。

雨で水をたっぷり含んだ畑にロータリーの強行突破!!ほんとは溝までやりたかったんだけど結構、練っちゃってたから今日は土を動かして早く乾くのを祈る!!!

畑にある梅の樹の梅の実がこのように成長しています。 梅の実は栽培しておらずこの畑にあるほったらかしの1本と家の庭にあるもう1本のみです。

シェフがイタリアに行った時のお土産にと種をいただきました。その種を蒔いてできたのがこのタマネギです。早速シェフに届けました。

奥が九条葱です  残しておいた葱の上部を切り落として、苗にするんですね 太い葱の中に、緑の芽が伸びてきているので古い部分を開いて剥いてやるんです

信州園芸店オヤジさんのそば殻堆肥を新規開墾地に試す事にしました。基本的に無肥料でがモットーですが、最初だけ堆肥使います。 一袋分混ぜたところでへばりました。

昨年の反省を踏まえて、今年も同じ場所で直播を行いました。施肥量の調整が難しいのがこの機械の弱点。設定どおりに肥料が落ちてくれないんです!

苗代ハウスの水口付近の苗箱(きぬむすめ)もなんとか芽が揃ってきた。生え遅れているので若干苗丈は短いが。

ジャガイモの隣に今日はサツマイモのツルを50本。 今日は1年生と2年生だけで作業でしたが、校長先生、教頭先生、栄養の先生、もちろん担任の先生も。

5/10に父が草刈りに行った際にものすごい数のカラスが飛んでいたため見に行ったところ、壊滅に近い状況だったようです。

この2,3週間は、紀州うすいの収穫、出荷もしている。紀の輝きという品種を某農家さんから薦められたのでやっては見たが作るのは楽だが、品質は悪い。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

田んぼの水見回りのついでに 久しぶりに果樹類を見て歩いた。小さかった柿の蕾みも大きくなって 数もまずまず着いていた。そして咲き始めた花も・・・

4月27日現在の茶園の状況です。この畑は少し例年に比べ成長が遅いです今年も少し寒さに成長を阻害されている感じがします。

新芽生育日和カラっと晴れてグングン栄養分が新芽に引っ張られていきます 新芽を支えているツヤツヤピカピカの親葉が健全な茶の木の証拠 この親あってこの子あり!

昨日はきゅうり・奥武蔵地這いの定植を行いました 1日に種蒔くして本葉4枚目が出始めてます、ウリ科は成長が早いです

イチゴも最盛期です。朝8時頃からいつものようにイチゴ採りを開始、5日は外の気温が高かったですねえ、ハウスの中は灼熱、強烈な日差しでした。

霜や北風から苗を守ってくれたミニトンネル定植したナスとピーマンが大きくなったし霜も降りないとの予報なのでミニトンネルをはずすことにした

冬に引っ越したのに、ルバーブもすくすく育ってきました花芽切ってあげなきゃ。酸味のきいた香りのいいジャムがまちどおしいね  インカのめざめも一気に出てきましたよー

ゆのは富士山麓の朝霧高原まで車で20分位なので、堆肥を買いに牧場まで軽トラで行ってきました。軽トラの荷台に積んで畑の中を走れば散布が楽なのです。

今流行のアヒル口(カモだけど)、つぶらな瞳、そして統率のとれた動き。5月半ばには田植え後の田んぼを舞台に、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるでしょう。

寒さが強くて、トマトの一番花がなかなか咲かなかったので、遅くなりました。花の向きをそろえると、同じ方に実が成るのだそうです。

晴れの日は一日トラクターフル稼働です。田んぼの荒起こし 畔塗り 昔と違って機械が多くの仕事をこなしてくれます。最初に巻いたコシヒカリも大きくなってきました。

トマトの色がつくペースはいつもと変わらず。。。泣。だから朝1番の人が真っ赤なトマトをバケツ5杯買ってくれたら次の日とはその次にちょいと赤いのをベケツ1杯。

一昨年にトウモロコシを農作しましたが、無農薬だと害虫に勝てずに大敗した経験があるので、昨年は阻止したにもかかわらず・・・・少しだけトライすることにしました。

11月に苗の植え付け、除草、肥料やりなどをしてようやく5月収獲です たまねぎは葉っぱが倒れることで収穫期を教えてくれるんです「もうとってもいいよ」と。

今日はガッツリと夏野菜を定植する圃場づくりしました。すべて独学ですが、野菜と野菜の間の通路(条間)が約200センチになるように、管理機+培土板で耕うん。

お茶は、癒しであったり健康のためであったり色々に、そして四六時中飲んでもらいたいので、その味や香りをいつでも再現できるように、閉じ込める作業をしています。

イチゴの収穫も残り1か月を切りました。もうラストスパートです。来シーズンの苗の準備も同時に進めています。この苗から今年の秋に植え付ける苗を作ります。

 あれれ?ねぎ苗の色が回復して葉が伸びてきたぞ。窒素飢餓が終わったのか? 落ち葉鋤き込みから約ひと月たちました。

連休ということで手伝いの人も多く、お茶摘みの最盛期を迎えてきました。連休中、まずまずの天気ということで、お茶摘みもはかどると思います。

久々に早朝5時に畑に行って収穫してきました。スナップエンドウがこれだけとれました。まだまだ少ないので出荷できる量じゃないので朝飯で全部たべちゃいました。

ズッキーニの萎れて具合。周りの葉っぱが黄色くシオシオになってしまいました。コレを毟り取り、真ん中の新しいヤツらを育てようかと。水が足りなかったかな〜…

夕方に1時間一本勝負をしました。(笑)マルチを敷かなかった部分をワラを被しました。あと畝を一本作りマルチをし、かぼちゃ・白とうがんを植えました。

ハウスのトマトたちは9段目の収穫を超えてきた。目標はできるだけたくさんの段数を収穫するだったのだが、9段目や10段目になってくると実の着き方が少なくなって来る。

玉ねぎと最盛期をむかえた、キヌサヤエンドウは豊富にありますが、他の野菜は数が限られていて、野菜BOXの数だけ、そろえるのもなかなか大変です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

タマネギが育ってきてます!私も植えたのでうれしい。タマネギのそばに、けしが生えてた!!色がきれいでかわいいです。そしてエンドウが収穫期です。

リベンジ種まきの芽が出てきました!大玉も!甘っこも!ブラック・ホワイトチェリーも!来週、気温がグンとあがるみたいなので、今度こそは温度管理に気をつけます!

別畑2にSUN菜かぼちゃ(飛騨かぼちゃ)の植え付けをして来ました。 といってもまだ苗が足りなかったけれど・・・。 これが今の別畑2の状況です。

そろそろトマトの定植の時期です。ここのところ、またしても冷え込んでいまして、今植えたらトマトの生長がとまっちゃう!ってことで見合わせ中(・・・らしい)

ニンジンの失敗により別の畑に急遽約800屬離クラを播いたのだった よって、屋敷畑の自家食オクラは出荷用となるB品食べるからいいけど(^^;

有機無農薬栽培の畑の草が凄い勢いで攻勢に出てきました。担当だけでは防御できないのでシルバーの女性4名の助っ人を頼みました。

明日試験植えするので今日しか畑起こす日がない!朝8時〜10時まで苗管理して10時から畑に行き耕しました〜 まず2反耕しましたー

飯高の畑がやっと完成!もとは苗代場だったようで水持ちが良い田圃だったようだが畑だと逆に水捌けが悪く野菜の生育には向かない圃場

今日はトマトの畝たてをしました。自然栽培セミナーでのトマト作りに重要なのは畝を高くすること という事だったので40センチを目標にやりました。

日中は強風と乾燥、朝晩は強い冷え込み。定植したばかりの茄子には過酷な日々です。1日限りの処置なので、費用をかけずに新聞紙をかぶせてきました。

しょうがと里芋の植え付け。これはマルチ開け器中に炭をいれて、溶かして穴を開けます。ちゃんと火がついているとこんな感じで奇麗に開きます!里芋は360個ほど。

寒気の流れ込みにより、昨日から北西の風が強く、最後に定植したミラクルコーンは、大きくなったとはいえまだ幹も細く強風に負けそうです。

定植したものの、どれだけも成長してくれないし、全く変わらないものも出るのだ。 自宅前の畑は、納屋の水道栓からホースで水やりできるのだが、須賀前の畑は弱った。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ミディトマトの花は、雄蕊と雌蕊が花の中に存在します。花粉が雌蕊につく可能性があるが、マルハナバチを入れるか、ホルモン処理をしないと、果実になってくれません。

あいにくの雨でしたが、みなさんカッパを着て総勢50名ほどで田植えをしました。田んぼの中にはたくさんの”おたまじゃくし”田んぼにおたまじゃくしのプールを作ったり。

今年は引張り君を借用して、新車で購入したネギ専用管理機で植え溝を掘って定植しました そんな改良効果も在って、一日で11枚の定植を完了できました

不耕起冬期湛水の幻の御米の田んぼいよいよ代かきという名の耕海が始まりました。本当にたくさんの生き物だらけで トラクターで入るのがかわいそうなくらい(;_;)

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ふるさと農園の様子です!ジャガイモが芽を出していますね!たくさん植えてありますね!ズッキーニもあります!いやいや、こちらもたくさん植えてあります!

田植えが始まりました。今年も、夢ごこちから、植えました。田植え初日は寒く苗も植傷みする年が多いのですが、このように晴天で暑い田植え初日は初めて?です。

代掻き作業も順調に進んでおります。 水をはった水田はやはりキレイです。 畦に穴を開けるケラやネズミを退治する救世主登場!

ビニールハウスがないので簡易ハウスで育苗場所がなくなってきた… と思っていたところにお隣の農家さんがハウスを好きに使ってと貸してくれました。本当にありがたい。

インゲンのネットがおそらく狸だと思うが壊され苗の根元を掘られた。堆肥は使用しなかったのに・・午前中ボランティアでゴミひらいだったので午後だけの作業になった。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

苗も大きくなりました。今日は、ローラー掛けしました。山ちゃん製作のローラーです。結構重いです。何のために苗にローラー掛けと、ご批判もあるでしょうが・・・。

人気の特別栽培米 ミルキークイーン「海藻のちから」の田植をしました。昨年は売り出して11月中に完売し、反省から、栽培面積を昨年の2倍にしました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

おととい 肥料振りが終わりました。 シャカシャカの機械 トラクターにつける「フリッカー」というやつ 左右にシャカシャカ動くことで 肥料が振られていきます

本日は代かきの準備中心の仕事です。トラクター3台のうち、2台に代かき用の機械を装着しました!まず1台目。そして、2台目。装着して、点検を行いました。

4月23日、今日は土入れの日です。これは稲の種をまく床土および覆土です。機械に土を入れます。苗箱を機械に流していきます。

今日の最高気温26.0度!夏日!そんな中、リンゴ 桃、さくらんぼの花粉交配に大活躍してくれた蜜蜂さん達とお別れする日がやってきました

今日もりんごの一輪摘花作業を継続中です。ゴールデンウィークを終了した男性陣はくだものと同じように成長している畑の雑草に負けないように草刈り作業をしています。

ダッシュ村などで紹介された、ピンク農法。本当のピンク農法のビニールは手に入れられなかったので、トーカンさんのご協力により、ピンク色に近いものを展張してみました。

朝5時に目が覚めます。稲に逢いに行きます。東の雄国山から希望の光が射してきます。 朝日に一礼し感謝の言葉を申し上げます。ハウスの中の稲に声をかけます。

今年は肥料を入れずに深水・疎植で長期間育成を目標に作ります。機械で3方のクロをとってもらいました。さらにあぜシートも準備しています。

8時から田植えを開始しました。最初の頃は順調に苗を植え付けていきましたが、40アール目に入った時に、5条植えのうち一番左側の苗が欠株になり出しました。

リョウブが芽吹きました。救荒作物として昔は利用されていたらしいです。リョウブ飯。今度作ってみよう! ただし地元の方に聞いてみたら食べたことないそうです。

接ぎ木苗もなんとか接がったようです。。一応成功率90%で試算してるらしいけどギリギリか足りないぐらいかも(汗 寒い日となりましたがポットへの仮植を行いました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

本日をもって、一番茶収穫終了!やはりまずは達成感。収穫を終えた茶畑を眺めると・・・あー、なんとか今年もやり終えたなぁという気持ちになります。

さくらんぼが順調に肥大化しております!日に日に、さくらんぼの実が大きくなってきました!適度な雨もあり順調に生育中です。今年の収穫期は早まりそうな予感。

2回目のメロンの種まきをしています  ちなみに一回目に播いたものはこんなに大きくなってます まだ子葉が出ているところですが 種まきはパートさんにしてもらってます

りんごの花もほぼ満開状態です。ハチも盛んに花の蜜を集めに飛び回っています。今日は一日トラクター乗り。耕うん遅れぎみ。

徳良湖の畑でスイカ苗の定植体験をしました!息子の通う保育園の同じクラスのみんなに参加していただきました☆思う存分スイカの苗を植えてもらいました♪

ラフランスの花はこのようになっています。まもなく25日から摘果作業が始まります。この5つ付いた実の一番大きな実を1つだけ残してあとは切り落とします。

今年から育苗の作業軽減、農薬の軽減をはかるためにプール育苗を試みました。初めてのことで失敗してしまった部分も有りましたがなんとか育ってくれてます。

とまとの森では、定植ラッシュ間近ですよ!今日も畑を耕してきました。さといもとサトウキビが迫っております。先日仲間入りした管理機もマルチを張るため準備中です。

ガールズ農場では様々な品種のトマトを植えているのですが、先日の雨の日、どこにどの品種がどれくらいあるか一目でわかるように、看板をつくりました!

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

催芽処理をしました。30℃前後のお湯に浸けて、芽出しをしました。22日の深夜、1〜2mmくらい芽が出そろったところで、お湯から上げました。

播種した品種「はえぬき」の鉄コーティング直播の田んぼ山際と言う事もあり、日当たりが悪く生育も遅い場所なのだが、播種から18日目で、元気に1葉展開中です

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

この前の日曜日に定植した野菜たち。白菜が食われてしまいました(泣) 無農薬ですからね…耐えてほしい…クロキャベツやコールラビは順調。

県農業改良センターの藤井さんと稚苗と中苗の比較試験の田植えをしました。稚苗は220グラム播きと240グラム播きで坪60株・50株芽45株にそれぞれ植えました。 

今たけのこのボイルを作っています。昨日の東北村収穫分もあったので、今日は特別の特別な量でしたが、何しろ手がかかります。

午前中はノートラブルではなかったけど順調♪お客さんの田んぼを終わらせ、一応無代かき圃場へ!水中パワーハローをした田んぼですw

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ジャガイモの植え付けは、5月の頭にやる予定でしたが、GW後半から天気が悪く、雨が降ったり低温傾向が続いたので、のびのびになっていました

今日は大豆・かぼちゃ・冬瓜などの種蒔きをしました。この間、種まきしたオクラとズッキーニはきれいに芽が出てきました。

黒石園地の人工授粉、今日で全品種終了しました。ここ数年は受粉の頃に肌寒い日が多く、また、今年は雨が降ったりでミツバチの活動が鈍かったような気がします。

本日は、2012年のりんごの農薬散布について、ご報告。結論から言うと、長雨により、モニリア病が畑の一角に大発生し、緊急に農薬散布をすることになりました。

百姓仕事も本格化し始めバタバタの最近、田んぼの水が来るのか心配だけど、こればっかりは私一人ではどうにもならない・・・気分転換ってことでタラの芽採りに出かける。

先週も草取りや、苗を植える準備をしたり玉ねぎの周りの草取りなどをしました。伸びていたので安心しました。岩手は、まだ気温の差が激しいので、寒い日もあります

花摘みを何人かに手伝って頂いていますので、王林、一列は終了。今年は新植で、リンゴの木の本数が減った事もあり、中心花だけを残す方式で、花を摘み取っています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ハウス栽培のアムさんの開花が先週から始まり、着果が確認できるようになりました。 ミツバチも活躍してます メロンの赤ちゃんです

種籾から芽が出たら、苗代作りの開始です。苗箱に育苗マットを敷きます。この育苗マットは苗の生育に必要な肥料が含まれています。昔は人の手で土と肥料を撒いていました。

今年の豪雪でりんごの花の開花も遅れるのでは?と思っていましたが、ここのところの陽気で生育がグングン進み昨年よりも早く開花しそうです

野菜畑の準備をしました!そしたら、かわいいアスパラが、芽をだしてました!そして、行者にんにく!そしてカシス!やっと葉が出始めてきました(*^_^*)

先日の葉面散布に続き 「追肥」をしてきました 使ったのは「しき島9号」 配合9:6:6 結構有機的ないいにおいがしてます(笑) 今回は3人で頑張ってきました

先日購入してあった「金星」の苗木(1年木)10本を植えました。5本は低農薬園地、そして残り5本の無農薬園地分は、思うところあって、まとめて仮植えとしました。

毎年恒例の家族総出の種籾の播種フェス!!ビニールハウス倒壊から苦節17日間、今年はいろんな思いがこもった播種になりました。

今日もりんごの苗木を植えています。やっと今日で終了しました。こっちの端から向こうの端まで、約150mくらいあります。

今日はお天気がいい中、今年もいよいよ1回目の極甘ゆうかメロンを本日600本定植しました 一つずつ穴をあけたところに水と苗をポッと植えてやります

4月21日のトマトの様子です。実になってきてますよねー。収穫が楽しみですが・・・今の問題は これは、なんと「ハチのいたずら」なんだそうです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

適期作業/ジャガイモ定植 準備良し、芋積み込み、肥料満載. 切片に切り分けた芋を1つ1つならべます.芋を入れる升は右から左へドンドン送られます.

今年一番の植え付け作業はユリ根でした。ここぞというときは僕が幼き頃からお手伝いに来てくれるスケッターがいまして3時のおやつには昔話をしたりします。

小松菜、チンゲン菜、レタス等々をとって袋詰して道の駅に走って…施肥してマルチ敷いてミニトマト定植して誘引して…嵐が来てハウスが飛ばされそうになりぶるぶる…

字のごとく乾田直播とわ乾いた畑状態の田んぼに種をまくのです!品種は、ななつぼし。13日にスキガラ農機さんのVミゾ乾田直播の播種しました。

育雛箱で育ててきたヒヨコたちもそろそろ広いところへ放す時期になりました。切り草を敷いてコーナー部分にはヒヨコたちが集まりすぎないように湾曲した鉄板を設置。

一気に作業再開となってます。昨日、やっと種子芋の植えつけが終わりました〜休む間もなくビートの植えつけ再開〜半端だった畑を仕上げて、次の畑に突入

昨日はジャガイモのポット苗の出荷でありました。230ケース11000ポットを出しました。予定より雨がはよーに降りだし、急遽、雨よけのハウスを作ったり、大変な1日でした。

畑の一部分に、水の生む場所があり、作物の生育障害、 除草、防除や収穫作業に支障をきたしていました。探ってみたところ、水源を発見いたしました。

雨がまとまって降るのですね・・・。いも植えがあと少しで終わるんですけど、雨が強くて畑が乾かず終われずじまいです。それでも、温度はあるのか稲が伸びまくりです。

畑の土がぬかるほど湿った状態で耕したり、苗や種を植えてしまうと作物の生育が阻害され、大きな減収につながってしまいます。

雪解け遅くその後も雨がちでずっと出来ずにいたが当農場にとっては重要な仕事。ジャガイモ植えも待っているし、いつまでも畑が乾くのを待ってはいられない。

毎年、秋に稲わらをロータリーですきこんでいる田んぼ。春もいつもはロータリーで耕してましたが、今年からは新品のパワーハローでやってます。

春になると、コミュニティファームが始まるシーズンです。今年は、新たに「農体験プログラム」というコミュニティファームがスタートしました。

「トマト農家」とは呼ばれたくない。他にもいろいろ作ってんだ!てなわけで……今日は、その、いろいろを植えたりしてみたのでありました。これはメロン。

この前まで23度とかだったからあまりに寒く久々に防寒作業衣を引っ張り出しての作業です。今日は朝からビートの頭狩りをしました。

昨夜仕上げの整地をした分は、芋蒔きを始める前に畝切りを終わらせたかったので〜明るくなる前から畝切り開始〜(~_~;)vロータリーで整地した分ピッタリに畝切り終了〜

メロン畑の露地トンネルをつくっています。今日は冬に逆戻りしたように寒く、またまた雨もちらちら降ってきました。今年はなかなか気持ちよく晴れた日が来ないですね。

カボチャの苗用の紙ポットに土詰めの作業から。去年初めてこのやり方でカボチャの苗を作り、定植も楽だったので今回も同じ方法でやることになりました。

トマト、にょろにょろ伸びてますよ〜。水はたっぷり?それとも少なめがいいのかしら?教えてください〜。もうこんなんなってます。もう、トマトの香りがします!

畑作業も急ピッチで動き出しました。まずは早出しカボチャの定植。ハウスで芽を出した苗を畑に植え付ける作業です。機械は使えないので、ひたすら人力で行います。

農業改良普及センターの方たちがわが農場に通ってくれて 色々な指導をしてくれたの。そして肥料の試験をしてみる事になりました。 

イチゴが順調に花を咲かせてます 今のところ病気も無くスクスクと生育です ただ 全体的に草丈は短いかな 〜 (人間で言えば 短足ぎみ)

4月下旬に長ネギの苗を定植。ゴールデンウィークの後半は雨が降り、お出かけには、残念だったけれど、長ネギには、最高の(少し降り過ぎたけど)雨でした。

こんなに寒いんでしょうか?今朝も直売所用のベビーリーフを収穫してパックに詰める作業をハウスの中でしたんだけど寒くて、震えながら作業したよ

今日もブロッコリーの収穫に励む日。早く収穫してあげないと、大きすぎになるから頑張らんと。ホワイトアスパラは収穫時に私がバキバキと折ってしまったアスパラで〜す

今回、自家採取して、種まきをはじめてしました、、免疫力を高める作物はないかなって探していて発見した伝説の癒し系ハーブ『ホーリーバジル』こと『トゥルシー』です。

今日から、パートさんたちがアスパラの収穫出荷作業に加わり、朝から賑やかな畑です。 今シーズン初の収穫・・・1年ぶりの勘を戻すように徐々にスピードもアップ。

5月2日なのですが、恒例のアスパラの殻焼きをしました。アスパラは収穫が終わった7月頃からどんどん成長して葉を広げ存分に光合成をして養分を根っこに溜め込みます。

午後の作業スタート。今日種まきするのは、しそ・にんじん・かぼちゃ・かぶに決定。 まずはしそ。青しそ・赤しそどちらも株間・条間20cmくらいで点蒔き。

苗を畑に植える作業が順調に進んでいる。きゅうり、かぼちゃ、ズッキーニ、トマト、ナス、たまねぎなどを畑に定植(移植)していました。

いとこさんがお手伝いに来てくれて、私は播種機 いとこさんはリフトでハウス前までポットを運んでくれて、父ちゃんは、ナラベールさんでポットを並べる作業。

一刻も早くミツバチが到着することを願いましたが、急変する成育にミツバチの段取りが追いつけず、それでも急いでもらって本日、ようやくミツバチ達が到着しました。

とうとうビートの移植作業が終わりました。と言っても一枚の畑の枕畝を明日植えなければならないので、完全な完了ではありませんね(^^;

トマト定植準備〜畝立て&マルチはりをしました。肥料をまいたり、トラクターで起こしたり、は済ませてあったので ハズバンにテーラーでさらに起こしてもらう。

南瓜は、畑に直接種を蒔く「直播」での栽培がほとんどだと思いますが、私たちの農場ではこうしてハウスで芽を出させ、苗を作ってから畑に下ろす方法を取っています。

臭う野菜大好きなわたしです(*^.^*) 今日は野菜出荷後、今週販売できる野菜と、来週の野菜セットの内容チェックに畑を見物(*^.^*) ニンニクよ!早く大きくなれ〜♪

メロンの開花が進んでいます。開花しミツバチが飛び交配をすると花の房の部分が膨らみメロンの玉になってゆきます。ここまで膨らめば着花が確認され安心できます。

ビートの苗が大きくなっているので今日は3回目の苗ずらしをしました。ついでに端っこやタイヤあとで刈れてなかった部分の葉っぱも切りました。

玉ねぎ移植後、農作業の合間を縫い補植を行っております 移植の時抜けてしまった所を、見つけては一つ一つ入れて行きます

堆肥運びから始まって・堆肥散布・耕起・整地・・と  1ヶ月、ようやく種まきです。地温は十分に上がっています。でもまき始めたら、種がやたらに減る。

マンゴーの花もすっかりなくなってしまったので、今週、受粉用のミツバチをハウスから外へ出しました。1か所も刺されずに、巣箱入替なども無事終了しました。

最高気温が8度に満たない寒い一日。畑の土も乾かないのでタマネギ畑のロータリー処理は行わず、北見黄タマネギの補植を始めた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

黄金週間も明けて、きょうは田んぼの落とし口を塞ぐ作業の続き。きょう1日で、無事終わりました。さて、場面は変わってW氏の圃場。

ルバーブの花はとても可愛い花です。咲き始めはピンクですが、次第に色はなくなり白っぽくなります。花は株の大きさにもよりますが、一株からは10本程度の花を付けます。

田んぼはというと… 無事、水が貯まるようになり、近々代掻きの予定 それが終わると、田植えとなります 早くお米穫れないかな〜 と、秋を待ちきれない状態です

鉄コーティング種もみの直播稲作2年目スタートです。昨日から始まった直播稲作。これは乗用6条種まき機械。 雷やら急雨やらで昨日は進まなかったが今日は順調。

暖かい日差しに誘われるように、リンゴの花もほぼ満開^^。蕾の頃のほんのりとした紅色から、花が開くと白い花になります。これは「つがる」の花。

今年はもう随分前に菌を打ったしいたけが大豊作でした。原木しいたけを食べてしまうと、もうスーパーのしいたけなんて食べる気がしなくなるほどおいしいのです。

りんごの授粉用に植えた メイポール という品種のりんごの木なんです。と、言っても去年植え、今年も蕾のうちに採っていないんですが、来年は、蕾採れるかな 

全部で5畝分位になるネギ苗の定植を終えました。 主力は白ネギと下仁田ネギの交配種の鍋ちゃんネギです。出荷は霜が降りてからの11月から1月まで。

野に自生しているものに「ノビル」がある。正式には、「野蒜」で、「蒜」とは、ネギやにんにくなどユリ科の多年草の古名だそうである。

リーフとサニーとレタス!そろっておおきくなってきました(^^)今日はベタかけにしていた不織布を回収。収穫まであと一週間から十日くらい!忙しい日々が待ってます

わが家では予想通りりんごが満開となりました。三日からの連休後半はスタッフの方たちお休みにしたので私の弟やむこ殿に手伝ってもらい一つの畑だけ花付けしました

梨の花付け作業 昨日一昨日と2日かけて南水、豊水を天気もよくちょいちょい休憩をとりながら二度園内を回り終わらせて本日はやっと満開になった幸水の園へ

トマトの苗を大きいポットに入れ替えた際、その発芽率を計算してみました。まったく同じ条件で育ててきたので、これらの数字はそのトマトの特性を表していると思います。

ゴールデンウィークからのりんごの花の開花からおぐらやま農場の畑でも「りんごの花摘み」作業が続いています。こんなに可愛いりんごの花。

今日はご機嫌で、以前からのたった一本の無農薬の木に酢を散布してきました。希釈率:花芽が出始めてるので、悩んで70倍ほど。(幹や枝先と、希釈率を変える)

晴れたり曇ったりの変な天気でした(^^;)今日は露地で作業が出来そうだったのと、生育が進んでくれた為、露地巨峰の副芽取りの作業を開始しました。

なすと、とうもろこしと、モロッコインゲンの種を植えました。マメ科の種まきの方法は、現代農業に載っていた方法を今年も実践していこうと思います。

お米の苗は、蒔いた種の量などの問題はいろいろあったものの、まずまず順調な方かと思います。 いい感じだなと思っていたらこのところは勢いがなくなってきた感じです。

5月1日(火)林檎と花梨は未だ蕾でしたが、他の果樹は満開でした。 昨日はサクランボとスモモの花を紹介をしたので今日はプルーンと花梨をUPします。

赤実ハスカップです。 ウグイスカグラ(カズラではない)とも呼ばれ ウグイスが鳴くころに咲くからとかウグイスがカグラを踊っているように見えるからと言う説があります。

4月上旬までは寒さが続いたがその時はまだ芽は出ておらず、一気に暖かくなったのに合わせ芽が出て蕾も付いた。それ以来遅霜はないが、万一に備えて霜除けを考えた。

摘果作業しながら 来年の花粉を取るため受精していない花(受精したら花粉がなくて次のステップにいくそうです)を摘みます。エプロンのポッケに集めていきます。

昨日・今日と肥料撒き・耕耘が続いています。風もあるし、雨も振りそうなので肥料撒いたら確実に耕耘して肥料を畑に鋤きこみたいです。

この液体はジベレリンといって、植物ホルモンの一種で、ぶどうの幼い房にジベレリン処理するとその生育を促進するほか、処理したぶどうは種無しブドウになります。

巨峰たちの芽は、空に向かって元気いっぱい育っています。「ぶどう苗の植え付け」作業開始です。恒例の夫婦分担作業で、行います

ニンジンは発芽をそろえるのが難しく、去年はまばらにしか芽が出なかったが、今年は9割方そろいました。 保湿のために種の上にまいたモミガラがよかったのかも。

ヤーコンの品種適応試験の圃場で、地元の小学5年生が植え付け体験をしました。2クラスそれぞれ、鍬やスコップで畝を耕すことと、定植することを交互に行いました。

今年は私の管理畑で害虫の発生状況を調査する「トラップ調査」を行う事になりました。本日は第一回目の調査日。今後、5日置きに調査を行います。

18cmのCSポットから、下の写真の24cmのCSポットに植え替え(鉢増し)です。用土は、以前に作って置きました。植替えだけで、1日に60鉢がやっとです。

リンゴの花が満開を過ぎました。摘花開始です。出来るだけはやく着花(果)量を減らせるかが大切です。今シーズンに限らす、来年の樹の状態にも影響します。

田植用長靴を履いて、苗代の畦波を直しに行きました。そのついでに、蓮根田へ行って、水を抜きながら、トラクターの出入り口となる場所の蓮根を掘りあげてみました。

全ての出荷が終わりました。 ネギ苗に挑戦して3年目になりますが 、今季、やっと「ネギ苗を作っている」ということができる 作付量になりました。

風もなく穏やかな一日。ブルーベリーポット苗に施肥。終了後、第10・11・13農園の草取り作業。ブルーベリーの花をヒヨドリが食べに来ている。

これが我が家の特別農薬無使用による苗達です。籾まきの作業の時に通常、病害虫防除のために殺虫剤をまきますが我が家のこの苗達には入っておりません。。

この田んぼから田植えをするので、午後仕上げの代掻き[植代掻き]作業。きれいになったところで、水をたっぷり入れて準備OK。

出来る農作業と言えば テクテクと ビートの苗をかついで よわっち〜ビートの苗の代わりに元気な苗を植えかえる作業をしました。もうすぐ 10日になってしまいます。

「ふじ」の授粉作業をすすめています。1日中綿棒を持って小さな花を狙っていると神経が参ってきます。しかも効果がはっきりしないと来たもんだ。

大豆(極早生枝豆)とともに。奥には秋播きの小麦。ハウスの中にくるりと播きました。トマトが繁茂するころに収穫となればいいのですが…!!

耕し中の畑に登場した農文協の方。目標は、現代農業という農業雑誌を契約してもらう事だったりネットでの農業情報サイトをみてもらう事だったり。

立茎を始めて二週間、アスパラは人の背丈ほど大きくなりました。このアスパラに今日、消毒をしました。ハウスと新植の圃場の二か所。

実験では鉄コーティングした種もみを播種します、何故鉄コーティングか蒔いたときに重みで沈む、スズメに食べられなくなる等、7年間の積み重ねでこうなったようです。

通路の剪定枝片付けとトラクターを使った通路の草刈りができて農薬散布用の車両も通りやすくなって落ち着いて散布でしました。

Namiさんは土肥農園での研修へ行き、わたわたは、除草とカブやシュンギクなどの葉ものの播種。カボチャ予定地の畝たてをしました。

野菜、稲の苗を育てる大事な育苗期間。ただ、雨の予報が晴れに変わると大変に困るのだ。もう少し、しっかりしてくれ、というのが本音だ。

4月中旬からの温かさで茶の芽がずいぶん伸びてきました。そこでしぶかわ工房のおばちゃんの手を借りてお茶摘みの開始です。

3月に種まきしてビニールハウスの中で育ててきたセロリですが、何とか発芽して葉っぱが出てきました。去年は5月下旬ごろこんな感じだったので、今年は少し早目かも。

この「ひとみ5寸」、甘さは有名だが発芽し難いなどの理由から倦厭されがちで、種をみつけるのに苦労する。ニンジンは光を好み、播種を深くしてしまうと発芽しない。

やけに徒長ぎみの特徴をもつイエローミニ、一段目までも葉も伸びる伸びる。そんな伸びきった下葉と脇芽をかくことに。

ファームは山葡萄の栽培のみなので、メイン商品であるワインの上がりを待っている段階です。500mlボトルに400本弱の仕上がりで、ラベル貼り作業待ちです。

今年は春なって予想外に暖かいので椎茸もだいぶ育ちました。今シーズン初収穫です。これからどんどん取れそうです。そして今日からブルーベリーの挿し木も始めました。

雨よけ張り。ビニールハウスの屋根だけ版みたいなもので、雨よけを張ることにより保温効果が得られるとともに、水分コントロールをすることができます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

われわれがせっせと草取り。草を取りながら 何を思うかはひとそれぞれでしょうが、土を耕し 有機物を土中まで供給し 微生物を増やしてくれる草はありがたいものです。

袋掛けは…桃の実を害虫や雨風から守る為、一つ一つの実に手作業でつけていきます。1日に3000枚から5000枚かけます。これが桃にかける袋です。

今日は午前中に桃に潅水してごごから反射マルチをしきました。 コレを敷き詰めて光を反射させます。そうすることにより桃にしっかり日光浴をさせて色づかせます。

畑では雨の後の気温上昇で、野菜がどんどん大きくなっています。早く収穫しないと・・・・の毎日です。以前ご紹介したこちらの新しく借りた畑 。 とても良い畑です。

自然栽培4年目、やっと今年初の食酢散布をしました。(^_^;)林檎2本、葡萄、桃、梨 林檎もその他の物も実がしっかりして来たので500倍から始めた。

野草と野菜との関係を、最近は観察している。観察しているというよりも、昨年の後半より、この関係を知るために壮大な実験をしている。

夏野菜たちはご機嫌にスクスクと育っています。黄色い花はきゅうりの花です。炒めたり、揚げたり、茹でてサラダにしたり、とても重宝なエンドウ豆☟

まずは、ナスを植えるためにマルチに穴あけ。支柱もしっかり立てて・・・コトの大好きなナス。丸ナスは、はずせません 次は、レタス。

農薬は開花直前の農薬を一回スキップし、落花期の散布を行いました。せん孔細菌病やアブラムシなどの予防のため。今年は開花が遅く、4月後半に散布。

5月中旬からトマトの畝立て+苗の定植作業をしています。トマトは南米アンデスの高地が原産、雨が少なく昼夜の寒暖差があり、乾燥した気候を好む作物です。

新梢が元気よく伸び出しました。写真はいずれも20日の様子です。芽が出て葉が開くと、花穂が現れます。今月は芽かき、新梢の誘引が主な作業です。

防除は山梨県、JAの防除暦に従い実行しますが、開花前に実行、開花後は房を加工した後、すぐ袋かけ実施します。従い、房、粒に一切消毒液はかかりません。

桃、だんだん、大きくなってきました。現在、摘果(てつか)作業を行っております。この作業、だいたい3回ぐらいおこない1つの枝に適切な桃の数を定めます。

「ラ・フランスの袋かけ」が始まりました。昨年より2日早く取りかかることが出来ました。これまでの作業はイメージとして「捨てる」作業、ここからは「残す」作業。

籾播きから2週間。芽が出てここまで伸びるころには、根も同じくらい伸びていて、うっかり高温になって表面が乾いても、もう心配は要りません。

2日間、雨で新茶の摘採が出来ず、空模様と天気予報を見て、イライラするばかり。約2週間の1番茶時期に毎日思うことは、昨日よりも、今日のお茶の出来が良くなるコト。

昨年はキャベツの種1袋分を1畝にして植えました。丸まってきた初期に防虫ネットをはずしてしまったため、アオムシ獲りが日課でした。

今日は、田植えをしましたよ。一反歩弱の田んぼ一枚だけですから、始めれば、すぐに終わります。午後二時ごろにJAの田植機が登場、今年のニューフェイス「さなえ」

房づくりの作業(5/25ブログ)が まだ終わっていないのにもう 花が咲き始めました。さぁ 大変です! ジベレリン処理作業をする前に 房を作ってしまわなくては・・・。

早速昨日、トマトの苗を植えました。奥からレッドオーレ、フルティカ、ペペです。更に奥の方の畝にもトマト(桃太郎)が植わってるんですが、小さ過ぎて分かりません

いよいよ始まりました〜♪洋なしの実にひとつ、ひとつご挨拶!『今年も大きくて、美味しい実になってくださいね!』の思いを込めて袋の中に入って頂きます

今年も落花生を播種しました。前日、待望の夕立が来ましたので土が水分を含んでいる間に播種します。今年は2リットル入れました。播種底に水を入れました。

昨日までで、ピオーネの蔓伏せ作業が完了しました。昨日の午後から、巨峰の摘房&房作り作業を進めております。午後、ところにより雷雨という天気予報でした。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

市民農園も夏野菜の植え付けなど、忙しい時期のはじまりです。イチゴの花が咲いてます。今は1年中食べれますが、露地物は5月が旬ですね。

サツマイモ苗が大分芽を出し、大きくなってきました。しかし、暑い日がくると、水が足りないせいで萎れてしまいます。水やりは、ことの他大変です。

雨模様で苗の植え付けには絶好と言うことで、キュウリの苗を植えました。キュウリにはたくさんの品種がありますが、芝さん農園ではシャキットという品種にしています。

お米の種まきをしました。親戚のおじさんや蒲谷さんが来て下さり、4人で種まきしました。旧式の種まき機でいろいろな設定箇所があり、最初は時間がかかりました。

お休み3日目も気温は高く快適な環境での作業でした。まずはレタスです。定植後はあっという間に成長しました。直径30cmくらいになっています。

田んぼの色の違いに注目。一番上は耕さずにソバカスを蒔いたもの。中段はソバカスを撒いて耕したもの。下段は何も蒔かずに奥の方にある、堆肥の山を撒く予定。

初めてのハウス栽培の報告です。約15cm位に育ったトマトの苗を定植しました。養液は水だけです。後1週間くらいしたら、EC1.0位にしてみようかと思っています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

毎朝の収穫作業、今のところ休みはありません。野菜の生長は思いのほか早くて、雨が続いて収穫がお休みになると野菜が育ちすぎ、売り物にならないこともあります。

千葉の畑での作業のラストは、枝豆の苗づくり!!山木さんが用意してくださった、この品種を植えました。その名は、「ゆかた娘」。3cm間隔で種をおいていきます。

ロータリー付き大型耕運機を使ってその畑を耕運することにしました。トラクタと違って耕す幅が半分程度で、さらに速度が遅いのが難点です。

先週まいた枝豆の芽が出てきました!!やっぱり暖かいと芽が出るのも早いですね。今年も美味しい枝豆が食べられそうです♪♪

梨の実が、大きくなってきましたよ。少しずつ摘果始めています。 ブドウの枝もだいぶ伸びてきました。これは、伸びた枝を伸ばしたい方向に固定する、「誘引」作業。

初回の農園作業から1週間が過ぎ、野菜たちは順調に成長しています。トウモロコシの2粒の種は競争で芽を伸ばし始めています。

今、沖縄在来種の島らっきょが収穫最盛期を迎えています。気候に合い、作りやすく、無農薬・無化学肥料でも簡単に育ち、ネズミに嫌われている

バケツ稲の土作りです。昨年のうちにお米を育てた土を黒ビニール袋に入れて、半年弱休ませていましたが、これを開けて腐葉土とか堆肥と混ぜていきます。

いよいよ2012年の「なつはな畑」開きです。まずは 小さな三角の畑の畝づくりから。我が家は レトロなやり方で、苦土石灰をまいた後の土を鍬でおこして畝をつくります。

1月に種をまいて、温度をかけて成長を促し、接ぎ木を行い、ポットへ鉢上げして・・・水分や温度、換気と気を使い大切に育てて来たナス苗。

今年に入ってから、挑戦と失敗をしているレッドキドニービーンズをどうしても育てたくて、4月の初旬、30粒ほど畑に直播きしてみました。

何日か前に、換気の為、裾あげしたトンネル。例の竜巻の日に、強風を恐れて、裾をおろし、今日は、高温が怖くて、また裾をあげる。

小松菜が収穫できました。このところ雨が多かったため成長が早いのかしらん?すくすく育っている。それで、とても「ヘルシー」な小松菜を入れたスムージーを作ってみた。

皆さんの昨年植えた玉ネギが、俗に言う「ネギボウズ」です。トウ立ちしちゃってるのが、ありました。原因は、苗が大きすぎたり、水・肥料不足だったりします。

少量多品種で野菜を作っているので、畑に植えてある野菜を紹介します。 収穫をはじめたわさび菜です。株の数は7本ですが生長が早いので、長期間収穫できます。

春には、いろいろハーブを定植しないといけません。そのために現在、育苗しています。これも本当は既に終わっていないいけない作業なのですが^^;

NO.3ハウスの小松菜の調子を確認したところ、やはり育成不良の黄化病が発生していました。明日、明後日までに、窒素水溶液を散布して回復作業を行う予定です。

今年は米にも挑戦です。畝幅90センチ。ごんべえで、撒いてます。60センチで、十分ですが、作業性を考え広げました。はたして収穫はいかに。

ようやくナス、ピーマン、唐辛子などの定植をしました。苗そのものは1週間前から適期になっており、どうにかこうにか定植するタイミングを得たという感じでした。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

少しずつですが、今年もミニトマトの収穫が始まりました。 スタンダードなレッドその人気は横綱級。 レッドと人気を二分するイエロー西の横綱とはこの子のこと。

本日、「米作りをしよう〜田植え〜」が開催されました!先生の高椅さん。お米のお話をしてくれました。今回植えたのは、コシヒカリと黒米。

朝も早よからえーんやこーらぁ 田んぼに穴掘っていますハスの花栽培用 水深60〜70cmぐらいになるように穴掘りって結構大変です 小判でも出てこないかなー(笑)

桜もまだ満開のころズッキーニはすくすく大きくなっていました。 今年は1400本の苗を作りました。そして5月5日から定植 こつこつ植えて今日植え終わりました!

今朝、畑に向かうと なんか、異様な雰囲気獣のにおいがわかるのかな?なんて・・・いやいや よそ様の畑が いのししに食い荒らされていたすごいことになっている。

田植えの準備が始まりました。まずは土手の草刈り。次に川の上流から水を取り入れるパイプの設置です。パイプが埋め込まれていて、ようやく田んぼへ水が注ぎこまれます。

玉葱の葉がかなり伸びてきて結構倒れています。 葱坊主がたくさん出ています。葱坊主ができると芯ができて固くなります。どうしてできてしまうのかわかりません。

隣の畑と続いている所もあり多少勾配もついているので流されてこないよう溝も掘っておきました。とりあえずここには年明け収穫用の長ねぎを定植しようと思います。

品種は子ども達と植えたベニアズマに加え、早く火が通る「クイックスイート」、とにかく量がとれ、黄色い「アンノウイモ」、カンソウイモ用の品種、「タマユタカ」。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

アーティチョーク。GW突入と同時にらしくなってきました。イタリアの種を使っていますので、適当というか、何と言っていいのでしょうか、育つ品種もいろいろあります。

うるち米の田植えを長雨前に終了しました。後は、もち米を植えて終了です(20a以下です)田植え前日に、このように苗箱を田に運んでおき、田の水量をチェックします。

連休中にユンボを借りて、奥の田んぼを作りました。”たんぼのがっこ”用です。お隣のおじいちゃんからも、ダメだしは出ませんでした!

「なた豆」なんだけど、発芽したものは発芽した。だけど、4月上旬に蒔いて、時期が早かったのか、なかなか出てこないから、心配になって思わず掘り返してみたよ。

5月3日に無事田植えを終了しました。育苗をしてくれたイロハ農園さん。田植え機を貸してくれた地元の農家さんに感謝です!!

このところ天候が不順で田んぼの作業もままならない状態です。苗はかなり大きくなってしまい植えられるようになってしまいました。

田植えに向けた田んぼの準備最後の作業代掻きです!荒代を掻いて水を止めた田んぼに角材を引っ張りながら浅くロータリーをかけて地面を平らに平らにしていきます

yamadabiwaの今年初めてのびわ狩りを始めました。 もぎ取りより食べることに専念したい人用のスペースです。中央の黄色いかごに、こちらでもいだびわが入っています。

さて連休最終日、オークファームではキッザニア東京主催のイベントが行われました。 『農業にチャレンジ in Oak Village 』チャレンジするイベントは目白押し!!

田んぼの仕上げと田植え。いよいよ前半戦の締めくくりとなり、参加者は過去最高。種を蒔いた段階では寒すぎてどうなることかと思ったけれど、苗も無事に間に合った。

植えつけ・種まきいただいたオーナー様の畝にはもうサンチュとミニキャロットの芽が出てきました 作業は草取り、トマトの芽かき、あとは葉などに虫などいないか?チェック

ショウガを植えています。去年は5265のマルチでしたが、株間を狭めてもいいのでは!?と極端に5250にしてみました。去年の株間は32.5cm、今年は25cmです。

カミサンが夏野菜の定植を始めている。いつも書いているように、会所は寒いので肥料の袋などを使って、いわゆるアンドン仕立てにしていた。

通常の移植栽培の稲は青さを増してきた。トラクタや田植機のエンジン音も遠ざかり、水田地帯は美しい季節を迎える。これからは草刈機のエンジン音がやってくる。

昨年11月に種まきしたモチ麦、急に伸びてきました。1ヵ月前にはまだ缶コーヒーと背比べをしていたのが、すでに背丈は又の下あたり。この1週間で穂も出そろいました。

コナギが発芽していたので除草とすき込んだ緑肥のガス抜き、そして田植えのため植代を行った。トラクターに乗っていると田んぼから水を多く含んだ堆肥のような臭いがした。

山の畑に行くとアスパラとジャガイモが芽を出していました。今日は近所の方からいただいたビニールハウス用のパイプを繋げてハウスの骨格を作りました。

なすとピーマンとトマトの一部が植わりました。苗の本数は昨年よりも五割まし。果たして管理が行きとどくのか。しかし今年はニジュウヤホシテントウが多くてまいる。

畑の様子。 草がグングン伸びてくる時期になりました。去年一年ここにいて、改めて『わかる』みんなの成長力。一週間草取りしたら、最初の所が、元通り。ぞっとします。

先日、ミニトマトの花が咲きました。本業(西瓜など)が多忙を極めている昨今ではありますがそろそろ定植をしないといけません。というわけで定植を行いました。

暖かくなってくると途端に活気づく野の妖精たち。それでは一つずつ見ていきましょう。まずは、、、いつの間にかネギボウズ。↓何を考えてか、首をかしげている坊主。

この畑今は、小麦と空豆がすくすく育っている状況。草の生え方がとてもおとなしい。こんな楽な草取りは初めてだ。土の良さは、新米農家の私でも分かる。

前回まで葉玉ねぎで出荷していたのですが、花芽が出てきて葉全体が硬くなってきたので、葉を切って入れさせて頂きました。

野菜達が大きくなったので、ブログにて更新します。里芋の芽が出てきました。 こんなにいっぱい植えました。ジャガイモの芽とても大きくなてきて、2本仕立てにします。

今日は一人での作業の予定でしたが永沢さんがパック詰めに来てくれたの助かりました。収穫、パック詰め後は定期的な防除の日なので防除を行いました。

無双は本葉が数枚出てきたので、間引きを行いました。面倒なので一気に1株だけ残します。クローバーや雑草もカチカチの土壌では根付かない感じ。

キャベツ・ほうれん草の収穫も真っ最中ですが、ついに田んぼの季節がやって参りました。今年は何十町歩植えるのだろうか...まだまだ先が見えません。

ついに到着しました。緑なすなど、夏野菜の苗約2000株です。仲間の農家の分も一緒に届いたので、苗屋が開けそうなくらいの量が畑に並んでます。

オクラの苗書くのが遅くなってしまったのですが・・・発芽が成功しませんでした この時期からだと直播の方が良いみたいなので残念です

某企業さまの新入社員研修がザファームにて行われました 作業はすべてグループに分けて行われ、チームごとにアイディアや意見を出し合いながら、作業を進めていきます。

ズッキーニを定植です。苗は早く外へ出たいというような状態になっていたことと夕方から雨が降るという予想だったため植えてしまいました。今日は強風。

今日は午前中甘夏を収穫して、午後は袋かけの続きです。夕方、雨が降り始めるまでになんとか、「前山」と呼ばれているびわ山の袋かけを終わらせました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

一昨年まで自家用としてお茶を摘み取って、加工場に持ち込んでいましたが、せっかくお茶を作っても残ってしまうので、ここ数年はお茶加工の依頼をしていません。

養蜂部部長のハニーさんに見繕っていただいてミツバチを購入しちゃいました。そして、そのミツバチが、早速本日到着しました!

きゅーりは、ネギとともに根を絡ませて植えると病気が着きにくいということで、ネギと植える苗とネギが足りないので、きゅーりだけのものとに分けて植えた。

いつもよりもっと早起きで「田植え開始」です。お弁当も作ったし 前日には、なんと!伸びすぎた根っこを切りました。しっかりし過ぎてて、作業に支障をきたすんですよね。

今回奪いにきたズッキーニ苗 かなりでかくなっちゃってるー うまく移植できるかな(;´Д`Aもおトマトが実を付けてたお 雨ざらし上等!!

ブロッコリーが収穫中です。株が大きくならず心配しましたが、何とか収穫出来ました。カブも収穫中。甘くて美味しいです。こちらはラディッシュ。かわいい野菜。

5月1日、プレ・かんちゃんファームに雨よけハウスを設置して、ミニトマトを定植しました。種を50粒まいて無事定植できたのは42株でした。

田植えを来週にひかえた5月19日、20日連続で代掻きをしました。手押しの代掻き機を使ってのらんぼと三角田んぼを朝から晩までみんなで交代しながら黙々とやりました。

家の近所では、田植えに向けての準備が始まりました。トラクターを使っての肥料まきです。 トラクターの前面に取り付けたボックスに肥料を入れ、撒布します。

池田農園、スナップえんどう絹さやが最盛期を迎えております。池田農園のエコキッズ達が、収穫のお手伝いをしてくれました。…しばらくすると、どろだんご作りに…。

今日はPMに出荷用の早生の玉ねぎを収穫しました。体験農業の方はこちら。まだあまり倒伏してません。収穫のタイミングは、全体の7〜8割の茎・葉が倒伏した頃でしょうか。

種を蒔いて直ぐに不織布を掛けて発芽を促していましたが、本葉が出てきたので、不織布を外しました。あとは生長を待つばかり。

乾田直播の圃場も入水開始 雨がちの日はみんながあまりパイプラインを使用しませんので勢いが良いです 毎年この時期まで何もしないのに良く育ってくれるものです

キウイフルーツの雄花が咲き始めました。雨でも花は咲きます。雨具を着て、つぼみを摘みました。梨の時と同様に、花粉を集め交配の準備をします。

あと、2日もすれば、本格的な人参の収穫が始まります12月半ばごろから種まきをしていた人参、ようやく収穫といった感じです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

気温が上がっても、うちの野菜のほとんどは丸裸にはなりません。なぜなら防虫ネットで守りまくっているから。↑はキャベツ、ブロッコリーの畑。

今日は天気が良かったので長ネギの定植をしました。本来は長ネギは4月中に定植の予定でしたが忙しくて延び延びになってしまいました。

大慌てであちこち被覆をかけてまわって、てんやわんや。結局、霜はおりずに一安心でしたが、また今日はかけた被覆を片付けてまわるという、とんだひと仕事。

苗を植え付けしました。毎年苗にアブラムシがついて、潰しながら植えていましたが今年は全然いないんです!!しかもみんな大きめの苗で健康そのものです。

5月5日 こどもの日 そして立夏 きっぱりとした快晴 家族みんなで夏野菜の苗を定植する。キュウリ、ナス、ピーマン その翌日 5月6日 晴れ 一時 ヒョウ

には夏野菜の植え付け真っ最中です。子供の日に植えたナス。竜巻の日の大嵐をやり過ごし、畝間にリビングマルチの小麦を播いてサンサンネットで被覆。一安心。

今年もたくさんの参加者にお越し頂いて、田植え体験2012を開催しました天気に恵まれ田植え日和 私の挨拶と田植えの説明中です

苗達がうまく冬をこすことができたか心配でしたが、発芽して新梢をのばしています。先端部の最も旺盛なものを支柱に誘引します。

普通は移植してポリ鉢にしていくのをうちは根っこをそのまま伸ばして元気になってほしいということと、移植が面倒という理由でポットに播いたきり定植までは水やりだけ。

最近は直播にかなり興味があります...笑 今回は友達が鉄コーティングでヤンマーのRG8の直播の播機で試してみました

今年3回分蜂をした自宅群は、巣板が見えないほど蜂がおり勢いはよいですが、蜂をどかし巣を見ると巣の先端近くまで蜜を貯めているようです。

今年も定植の時期がやってきました。毎年、品質がよくなっているので、うれしいです。去年より耕作面積が広くなったんで、3月末から定植はじめてます。

冬に収穫し脱穀しておいた黒豆、今頃になって選別を始めました。すべて手選別なので、一人でやるとかなり根気のいる作業です。

ゴボウの芽が出てきました。今日は最後のゴボウの種蒔き。時期をずらさないと、1度に太くなりすぎてしまうのです。ネキリムシに食われるので芽が出てからが大事です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日は以前から準備をしていた、落花生の種蒔とサツマイモの苗の植付を行いました。*落花生の種蒔 左は今回蒔いた落花生の種で、右は準備をしていた場所です。

今年もりんごの花が可愛く咲いてくれました。白の花に淡いピンクの蕾。葉っぱも同時に展開するから爽やかなんですよね。やっぱりりんごの花が一番好きです。

絹さやに目をやると、とってもかわいい花が咲いている。早く食べたいな〜、なんて思いながら、うろうろ見回っていると・・・おっ!絹さや、なってるじゃ〜ん

今年の春作では、2月から4月の間に、小松菜などの葉物野菜を少しずつ、8回に分けて播種しました。8回戦で5勝3敗という戦績でした。

又イノシシに入られタケノコ、山百合をやられた。三日連続入られた後布で全部隠したためもう大丈夫と思っていたが、布をまくられた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40