この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日、田植えが終了しました 今年は12haくらいを6日で終了です 例年なら25日くらいまでかかりますが、今年はスタートが早く昨日、23日に終了です

ジャンボニンニク〜吉野ガーリックを試し掘りしました まぁまぁの太さに成長しています ホントはあと2週間置いておいて6月の中旬に収獲したいと思ってます

ぶどうの粒が大きくなり、見るたびに変化していて感動します。 昨日は雨前にと先日畑周りの草刈りして放置していたガサガサ状態の枯れ草をぶどうの根域内に投入しました。

ニンニク収穫です。今年は、気温が高めだったためか、少し早めの収穫にもかかわらず、ちょっと遅かったような感じがしました。全体的に、大きいのが出来ました。

南田に農林22号。 昨日、しろかいて本日は田植え。 少々乱暴ではあるが、週末農業なんでいたしかたない。 友人助っ人ありがたい。この南田には豊コシ。

電線のつなぎこみやネット破損個所の修理など放飼準備をどうにか終えることができ、昨日の午前中、ついにアイガモちゃん達を60アールの広い田んぼへ出しました。

ハウスに定植したレモングラスは、こんなに大きくなりました。草丈は、約90cmとなり分げつも進み8本程の新しい茎を増やしています。

お次は小麦 コンテナに4箱分 種用と自家消費のパン用(←焼けるかな?) 赤じゃがも〜 量がすくないので種芋用ちょこちょこ収穫できてます。

田んぼも10日目となり根も落ち着いた頃となった。畦の草刈を刈払機にロープカッターを付けて一枚はやったが、飛び散りが激しいので残りは元の回転刃に戻して刈った。

田植え前だと言うのに麦刈りして刈り終わると、この後にモアでわらを裁断してスタブルカルチで表層だけすき込んでハーフソイラで排水対策をしたくなります

園主の区画のじゃが芋を少し掘ってみました。昨年から、畑に堆肥やボカシ肥料をかなり入れ続けたので土が良く生って来ました。

さて、写真は、直播後2週間目の様子です。発芽してから適度の雨でご覧のように一気に出そろってきました。 ただし、気になる雑草の方も発芽しています。

芋畑です。芋さしして、2週間後見に行きました。おいおい、芋の葉っぱが見えないやん!このところの梅雨の雨であっという間に大きく成長してしまった様です。

猿の気配がなくなり遠くで爆竹の音が聞こえてきたので、そちらに向かっただろうと思っていたら、僅かの隙にトウモロコシ、ミニトマトをやられていた。

今年も草生栽培でミニトマトを栽培しました。今回は基肥なし、追肥は4月に1回だけ行いました。6月まで収穫を行い、先週栽培を終了いたしました。

田んぼに水を入れ、代掻きをしています。土と水をよくかき混ぜることで、泥をつくります。泥によて、水持ちがよくなったり、草の種を埋め込んだりできます。

5月7日の時の水稲育種試験の様子です。今回は小さい方で、初めて個体選抜を行った系統を植え付けました。200個体入っています。

日曜日、最後の田植えが終了しました。今年は約1町5反ほどの田植えでした。田植え機はどうにか最後まで働いてくれました。

ニンニクを全量とジャガイモをひと畝収穫しました。ニンニクは2年目のホワイト六片です。ニンニク1キロの種が2年目で2コンテナ収穫することが出来ました。

生姜が発芽してある程度伸びてきたので廃菌床を撒いて土を薄く寄せました。量が足りなかったので、とりあえず株まわりだけに撒きました。

乾田直播田ではついに入水を開始しました。入水までの田んぼは、いわゆる陸稲状態。この状態から用水路から田んぼの中に水を入れると、ご覧の通り、水稲に変身!

農作業を「動」とすると、梅仕事は「静」。農作業が忙しい時期だから、色んな面でバランスをとろうとして、梅仕事をしたくなるのかもしれません。

雨降りの予定だったのでおととい枝豆とサラダほうれん草の種蒔きとさつま芋の苗を定植しましたが,予報が変わってしまい朝晩せっせと水やりの日々を送ってます!!

枝豆の葉っぱが虫に食べられてるのを発見 もちろん農薬は使わないので今年もコンパニオンプランツ いそいで苗をスタンバイさせていたバジルを株の間に定植しました

昨年、9月末川のそばの畑に種蒔きした、玉ねぎさんたち 8か月で、こ〜〜〜んなに大きくなりました 阿蘇の大自然、土の中の微生物さんのおかげです

これはなんと大根の種なんですね〜。ちなみに赤い二十日大根なので、こんな感じで赤い色が薄く付いています。これも実は食べれます。

抗酸化作用物質が多く含まれている、野菜のひとつがカボチャ カボチャの中でも、とくに「坊っちゃんカボチャ」には多いのです。

田んぼの代かき時期は雨の方が良いので、毎年思いますが6月中旬に梅雨入りだったら良いのになぁ…と。なんて都合良くいきませんね…。

6月7日の金曜日、いよいよかわいいアイガモちゃんたちが無事届きました。 今年から合志市の原田孵化場さんから入れることになりました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

左手は作業が済んでおり、この1列がこれから、という図。この里芋は「移植」式で、草との競争で一歩先んじるというねらいはここまでのところ成功している。

昨日からの恵みの雨で一息つくことができました。さてヤマモモですが近いうちに収穫してみるつもりです。がしかし、干ばつのせいか、味気ない感じがします。

自然栽培のプラムを収穫しました。 こんなに赤くなっているのは、そのほとんどが先に鳥に味見されてしまっていて、突っつかれず に残っていた希少なプラムです。

家の建っている佐川農園の東畑では、建物を建てている合間に苗を植えていたタマネギが自分でもびっくりするほど立派に出来ていた。

自然農法のまんがら農園ですが、その自然そのものがバランスを崩してきている時代。崩れをバランスするような手助けをしながら、農作業を楽しみたいと思っています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日は新しく借りた耕作放棄地の開墾へ・・・3反ほどの長らく耕作放棄された土地は、想像以上に笹の根とかやの根が多く、鍬やスコップもたたないほどの硬さでした。

田んぼにも水がたくさん溜まり、農業用水路にもたくさんの水が流れています。 今日のメイン作業は、ミニトマトの定植祭り! 例年より遅れること約2カ月。

今年は約11町の米の栽培なのだが、田植えが、ゆっくり植えて1日1町程度それに合わせて、代かきも1日で1町いける。

今日は12月に採る予定の玉葱づくりのご紹介。いわゆるセット栽培というやり方で栽培する玉葱で12月ころにしては珍しいフレッシュな新玉葱としてたべられるもの。

これはF1のトマトを種どりして、3年目つまりF3です。今年、来年まで採ったら5世代だから岡本畑トマト(大)が完成か! 先は長い・・・ 

30度以下で生育するトマトはかなり青枯れして消えてしまってます。 今年は黒マルチを使用しましたが、裏目に出た模様です。

今後一週間は降らないようなのでレタスはピンチ? 暑さに弱いズッキーニも危なくなりそうorz代わりにインゲン豆やキュウリは良く育つ?

ズッキーニが最盛期を迎えつつあります。 昨日あたりから人工授粉する数がかなり増えていますので、週後半ぐらいからそこそこ収穫できそうです。

これが自然の状態で育った稲の姿です。エネルギッシュでしょう。色もとってもきれい。根っこが苗箱の下の地中に伸びていますので、元気に育ちます。

畑に残っていた残りのタマネギ、中生〜晩生品種の収穫を始めています! 今年は全て固定種を育ててみました〜 掘り取ったタマネギは、半日程度天日干し。

ツルムラサキ K圃場 就農後初めての栽培です。どのように生育するのか全く分かりませんが、つるむらさきは夏の三大葉物野菜らしいです。

枝豆(品種たんくろう)が開花してきました 葉柄の付け根に白い小さい花を付けています 開花時に肥料不足をおこすと一粒莢が多くなります

カボチャ、伸び伸びと育っています!カボチャのツル先を同じ方向に向ける「ツル返し」を行いました。ツル先の方向を決める事で、ツルがその方向に伸張していきます。

再び明日ジャガイモを植える予定です。(晴れは明日まで) 今時期に植えてもジャガイモは育つという情報がありましたので、検証します。

南瓜が こんなに大きくなりました 蔓が絡まらないように竹ひごで誘引しています 雑草が見えないのは火炎放射器で焼いているからです 除草剤は使っていません

法人のアキロマンの田植えが始まり、同時にヒノヒカリの本代も始まった。ヒノヒカリの1回目の面積は、2町7反程度である。今年は、全ての田の工程表で管理している。

今日は定植以来スパルタ栽培で自立させ続けているナスたちについに支柱を作ってあげることにしました。後雨が続いたりナンダカンダで今日になってしまいました

先日、周防大島にお越しいただいたお客様 濱中さんと金戸さんに大豆をまいてもらったのですが、1週間も経たずにバリバリと発芽していました。

ズッキーニは水没したせいか、一部の株にうどん粉病が発生orz まあ、カビの一種なので、悪玉菌を寄せ付けない効果がある

中心はやはり管理作業です。追肥だったり、伸びてきているものの管理だったり、除草だったりです。 その中でも除草!

さて、紫タマネギを収穫しました。タマネギの栽培は課題の一つで、今年収穫したものもまだ小さいですが、甘みと香り十分なタマネギとなりました。

今日は午前中に玉ネギの収穫をして隣の畝のニンニクも収穫してこちらは束ねて納屋の軒先で乾燥させます ニンニクは玉ネギと較べて出来が悪かった〜

まずは、コンニャク畑の開墾法人には、加工部があるのだが、折角何かやろうと思っても、原材料を他所から調達しないといけない。

田植えをしました 品種は「コシヒカリ」です 近所の方とは20日は遅れています 私がこんなに遅く田植えをするのは気温が下がった10月中旬に稲刈りをするためです

イチゴの子苗を取るための親株です 品種は「宝交早生」で長年作っています 色んな品種のイチゴを作ってみましたが作りやすくて美味しいので作り続けています

台風が近づいているようでこの辺りは明日から雨の予報となっています。 ひと雨来る前に・・・ 少し遅くなりましたが きゅうり の種をおろしました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

5月の頭に畑に種降ろしをした4品種のうち1品種(青梅ブレンド米)の田植え。鹿の侵入により遅れていた田植え、やっと初日。  

品種は,野口種苗で購入した固定種の”世界一トマト”。 定植後,一時は23本中6本も枯れそうになったので心配したが,その後順調に育っている。今のところ…。

いろいろな野菜が取れ始めました。右側の紫色の野菜は 『 紅くるり 』 という赤ダイコンです。冬ぜんぜんできなかったのですが、なんとか春のリベンジ成功か^^

収穫出荷も含めると1年近くのお付き合いになる秋冬土モノ野菜達を、立て続けにご紹介。今年は、里芋・大浦ゴボウ・生姜の土モノ3兄弟?で、3〜4反ほど。

今日は菜の花(ナタネ)の採種圃場で採種。採種とかいたけど、まだ採種は出来なくて、鞘のついたナタネを刈払機で刈って、ブルーシートの上に積み上げました。

今年初のヤングコーン収穫の備忘録です。3/12に種蒔き し、4/2に定植したタキイ種苗とうもろこしランチャー82第1陣目 です。

こないだ花が咲きはじめたと思ったら…(まだ咲いてる花もあります)早い品種はもう幼果が大きくなってきています。

オカヒジキは,3回蒔いて3回とも発芽しなかったので,発芽試験をしてみたところやはり発芽しなかった。ネットでT農園から購入したので,メールで問い合わせ中。

キュウリは、実が成り始めてからの生長が早い。3日くらいで食べられる大きさに。有機肥料だからかな、去年よりキュウリの味が広がり美味しいです。

とうもろこしのアワノメイガ対策です。教えていただいた方法 です。とうもろこしの実にネットをかぶせる方法です( ̄ー ̄)フフフ

ポテトデガーですが、調整ミスで浅く掘ったためにかなり芋を切ってしまって、すぐ上のは2度目の堀取り作業のものです。昨年の半分くらいの収穫になりました。

にんにくの球が二段だった。太ってる球の上に、もうひとつ球。ナニコレーーーー。品種は、遠州極早生。※今年はなぜか、にんにくの芽が出なかった 

カボチャといっても実はいろんな品種がありますが、国産カボチャは市場には非常に少ないようです。スーパーで見るカボチャはほとんどが輸入カボチャです。

春野菜スタートの一番手じゃがいもを収穫。今年はこの天気のおかげなのか、せいなのか例年よりも早くに葉が枯れ収穫目安に。

またまたハウスでエンサイや葉物の種まき。ついでに万願寺とうがらしの手入れ。とりあえずこれで4棟のハウスは何かしら野菜が入りました。

収穫期を終え、ネギ坊主を付けている越津ネギ。 初めて栽培したおネギでしたが、葉も白根も食べることのできる品種で重宝しました♪

雨が少ないので、いつもなら芽がででいる里芋や生姜など成長不足ですがミニトマトやトウモロコシは、元気です。たくさん実がつき重たそう 数えると約50個ついていた

本日より小麦の刈り取りをスタートしました 写真のとおり、小麦のスタートと同時にヤンマーさんに6条刈り(AG6114)の実演機を持ち込んで頂きました

撒くときは1個ずつなんで大変さも薄れますが収穫時にはそこに鈴なりにぶら下がって芋ができあがるわけですから単位も軽〜くtという単位になってしまいます。

ジャガイモ収穫しました☆ジャガイモがすくすく育った草むら(笑)適度に草刈してこんな感じです。しっかり成熟して収穫期を迎えたジャガイモ。カラカラに枯れてます。

今日は春じゃがいもの試し掘り。……自家採種じゃがいも全滅…この春じゃがいもでプチ端境期をなんとか乗り切ろうと思っていたのに…種いも以外何もなし。

今日は2013年の田植え初日。25aの圃場にあきたこまちを植えます。ここに植えます。 冬季湛水でトロトロ層が発達 それ以上にケッコー藻だらけ!

堆肥や落ち葉などを運んで入れるのは、棚田であるこの畑では重労働。ここは緑肥を生やして有機物の補給と、窒素の固定をしようと目論んでいます。

順調すぎて収穫作業を想像してウンザリな ジャガイモ でも美味いんだよな〜 ジャガイモ 先週の雨前後で挿したサツマイモの蔓 労せず根付いてくれたようです。

毎日、夏のような暑さで畑がカラカラになってきました。雨はまだかしら・・ハーブ畑ではニゲラの花が咲いてきて。ブルーベリーも実がふくらんできました。

当地方では、梅の収穫が始まるや、その期間中は週末も何もありません。ひたすら梅採り、もしくは梅を拾っての漬け込み作業の日々が続きます。

この時期の淡路島といえばそう、玉ねぎですね。今日からつり玉の作業に入りました。引いた玉ねぎを束に縛って、小屋にかけて乾燥・熟成させます。

大葉種まきしました☆枯れた大葉。 昨年枯れ落ちたものをそのまま保存しておりましたが、これを種まきしてみます(^.^)

画像手前、ピーマンがいよいよ本格収穫期に入りました!画像中央奥、四季成りイチゴあまごこちも、植え替えた影響で実がほとんどできていませんが、1個だけ収穫^^

田全体が手作業で均平にし、そして、水が早く浸かるように溝きりをし、すぐに入水です有機農業で活きる年の差夫婦のブログ 代掻きせずに、水を掛け流し続けました

今年のタマネギの収穫がすべて終わりました。6月13日に晩生品種も取り入れ完了して長かった?タマネギシーズンが終了です。晴天が続いたので予定スケジュール通り。

丸一日水田を除草してました。といっても私は手取り除草で、和同産業の水田動力除草機は後継者の息子どのがやってくれました。

今回は田植え時に米ぬかを大量に投入するところを紹介します。<米ヌカです>この日のために半年前から精米時に発生するヌカを大切に保管してきました。

溝堀の土を運んでようやく畝を立て終えた休耕田。チガヤの類の強い草がまだまだ多く生えてくるので、スコップを差し込んで根ごと切ってから引き抜く作業を続けています。

今年は仲間とお米の自然農栽培。ニコニコ昨年は慣行栽培してた場所だからね。しろかきからスタートです。赤峰さん風の栽培方法になりますね。

ちっちゃな、可愛い稲の田植えが終わりました。植え終わって、うわぁ〜小さ過ぎて、手押しの田植え機では、全部植えられないよぉ〜。

種籾の播種作業たね 手で蒔いていると、結構ムラが出来るので、工夫してみました まずは目の粗い苗箱の底を用意し、培養土にフタをするように置き、種籾を蒔きます

4枚の水田の周囲と3枚の畑の回りの草刈りをしました。・・・といっても写真のような巨大な斜面もあるのでなかなか時間がかかりました。

大きく育った苗の定植を実施しました  5月25日の満月から6月9日の新月に向かっては定植に適した時期ですので今週末が最後のチャンスでした。

桐の木にキウイが登っています。これ、どうなるんだろうね。これが畑のキウイの花。開花の時期に養蜂家がミツバチの巣箱をそばの空き地に並べ、蜂が飛び回っています。

みかんが開花していました。それではまずは甘夏の様子です。3月の収穫の時に撮影した写真と比較してあまり木の大きさが変わっていません。

この畑は今年碧南で自然栽培をやっている棚宗サラダ農園からかりたも圃場で3年以上農薬も肥料も入れていないのでこれぞ本当に自然栽培なんです。

トマトのアブラムシも、雨が洗い流してくれて。少しずつ色付いてきました。今日の黒豆の苗たちです。11日火曜日に種まきの分。植えてあげたい大きさになってきました。

黄金色に輝く麦畑...見事な光景になりました。周囲の農家の人たちも気になるようで聞かれます。「肥料にするのか?」と聞かれるので「そうです」と答えています。

採り忘れたスナップえんどう。中のお豆が大きくなって、ぱんぱんに膨らんで背中のチャックが閉まらない人みたいになっています。

ひたすら仕上げの代かきです。家の周辺の田んぼとは違って、残りの田んぼは水が抜けやすい&水量が少なめの地域(今年は特に)なので、念入りに代かきをします。

夏野菜の準備やお手入れ、そして収穫もそろそろスタートでバタバタです(^-^;ブログ更新間に合っていないものをまとめて紹介させてもらいます。

田植え直後に米ぬかをふって、一時的な酸欠状態をつくり、雑草の生育を抑えようとしたのですが、その効果があまりなく、例年通りの生えっぷりです。

夏野菜が待ち遠しい畑ですが、秋冬野菜にむけた土づくりもはじまっています。先週、「セスバニア」という緑肥の種をまきました。

今年も田植え無事終了です。 4月ごろは稲の苗用の床土をまだ作っていました。わらと米ぬかと土を10か月間発酵させて作ります。

畑に直播きした丸オクラの種。今年は順調に発芽してここまで大きくなりました。もうオクラの葉っぱの形してますね。。

田圃の柵周りの笹を刈ってとりあえず通路を造りたいって感じで この田圃の横の柵です。この柵の裏側は、崖があり、すぐしたが川になってます

すっかり梅雨らしい天候の淡路島です。ブルーベリー農園はいま急ピッチで開園準備を進めています。草引きに…伸びすぎたり混み合ったりしてる枝の整理に…

普段は落ち葉などを食べて分解し,微生物のえさを作っていくれているダンゴムシ。今年は大発生のもよう。困ったことに,大事に育てている野菜の葉に手を出している。

今週頭の17日に小麦を収穫して、ほんっまに良かった〜翌々日から雨続きなんです うちでは小麦は2反程度なのですが、コンバインは中古の2条刈りなんです

への字稲作では出穂45日前頃に窒素肥料をあげるようです。穂が出る45日前って一体いつなんだ?ということで、今年は昨年の出穂時期から逆算しました。

定植後ほぼ放任と言う自然に近い環境で育てているので、雨が降らなきゃ体内の水分を保持しようと、ナス自身が表皮を分厚くして自分を守っているのだろう。

夏野菜が少しずつ、採れはじめました。水不足なのに瑞々しいところを見るとすごいなぁってちょっと感動します。ゴミ捨て場から芽を出した赤玉ねぎは花を咲かせました。

畑はどんどんと様子を変えて、茄子はトンネルをはずされ、支柱が立ち、吊り紐が張られました。唐辛子も、来週中には同じようになります。

ニンニクの葉がすっかり枯れている。  収穫時だ。  ニンニクの種(球)は,時々知人からの補充はあるものの,ずっと自家採種で繋いでいる。  今年も4種類

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

町内で早生の品種を作る人は4月の末から植え始めますが、うちの田んぼは、まわりの人も早生の品種は作らないので、皆6月に入って植え始めます。

西瓜、里芋、さつま芋もまだこれから畑に植え付けです。オクラはやっと種蒔きに取りかかりました。 更に、じゃがいもの収穫もあるので、多忙を極めます。

雨の予報にも関わらず、日が射して来たので、ジャガイモの収穫をしました。 植えていたのは、シャドークイーン、ワセシロ、インカの目覚め、とうやの4種類。

耕作放棄地での梅栽培。想像以上の出来にびっくり。虫食い、傷、斑点の梅もあるけれど、想定をはるかに上回る量の「きれいな梅」にテンションもあがります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

かぼちゃやじゃがいもや、とうもろこしの畑を奥のほうから映しました。右手はにんにく。左側の手前に茂っているのは、菊芋。地下茎なので、増えて畑を占領しそうです。

7日に雨が降って、元気になった露地野菜。水が好きなとうもろこしもいきいき♪かぼちゃは花を咲かせて、実をつけようとしていますが、問題がひとつ。

配置ミスで、エンドウの影になった蔓なしインゲン・・・ 初期は低温、その後水不足で育ち悪かった。 その横の蔓ありインゲンモロッコ、蔓ボケか??

トマトの芽が伸びていて芽かきをしたかったのですが雨の日が続いていて出来なかったので久しぶりの晴れで伸びていた芽かきをしました。 

本日の2回目収穫始めるか〜〜〜(早朝より出荷用野菜の収穫はしたからね) 残っていた梅も収穫 選別すれば、5キロは確保できるかな〜〜?

定植して9日目のアロイトマト・普通植えです。 ようやく大きくなってきてくれています。いつもの年に比べてまだ少し小さめです。

ニンニクを収穫後、 2枚ほど皮を剥いて綺麗にし 根の部分を切って乾燥させていますが 茎を切った時に 左右の色の違い解りますか? 左は、芯の方が色が抜けていますよね

今日アロイトマトの定植を始めました。まずは普通の植え方をするトマトを今日植えて、横植えをするものは今日葉をとり切り口を乾かして明日定植です。

カラスが2羽降りました。 でも、昨日対策したもんね〜防鳥ネットを張る時間が無いから とりあえず 防鳥糸(漁業組合からのお下がり=廃品)

昨日、根菜の日で定植適期。さつまいもの苗を、たなか野菜畑さんに頼んで朝抜いてきてもらった苗を、午後から植えた。昨日暑かったので、今日はくったりの苗。

冷涼地ではないのですが あえて今の時期に蒔いたり植えたりしてみた。 蒔いた物は、人参(夏蒔き鮮紅五寸) 夏場の天候次第 当たれば 9〜10月ごろに取れるかも??

遅植え用アロイトマトの苗をピンチ2本仕立てにしています。本葉3枚で摘心し葉柄を残して葉を切るというものです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

4月半ばに蒔いたにんじん、葉っぱは大きくなってきたけど、根っこは1センチにもならず(^_^.)1ヶ月遅れの5月9日に蒔いたのは、やっと芽がでたとこ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日、急遽田植えをしました。水の関係で1枚しかできませんでしたが、夕方から始めた田植えも、なんとか一人で終えることができホッとしています(^^)

先週は、早朝と土曜日の午前中の2回除草に入りました。が、しかし!コナギの成長が早すぎで、全く追いつきません。イネとイネの間は、見渡す限りコナギだらけ!!

今年、この田圃で、昨年からですが、繁殖した野草がこれです。これは球根で増えます。無駄な努力ですが、先週から少しづつ手で取っています。

最後の田んぼの田植えです。試験品種のため苗も短く、最後の圃場となりました。ようやく たばこの長さを超えたので田植えを行いました。

耕さない田んぼの田植え準備はこんな感じです。6月2日〜雋△螻始 ∩雋△蠍紂⊃綟れ 6月3日E朕△─‐魴錣良いなら 田んぼが翌日、田植えが済んでいます

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

除草剤無使用。有機栽培で米作りをしている我が家。今回行った作業も除草作業なのですが、使用する農機具が超年期物。

はるもにあの畑では、種取りも目標のひとつでして出来るものは自家採種、を目指しております といっても畑の広さから言ってアブラナ関係はまず難しいかな・・・

本日は昨日の続き、メイン畑の様子をお伝えします  上真ん中部分の続き 真ん中がなす、ごぼう、ごぼうの奥にししとう 左端 黒い遮光シートの畝は 金時草

先日ひょんなことからやぐらねぎというねぎの存在を知りました 初めて聞いた名前、はじめて見た生き物!ふつーのねぎのてっぺんに、ちいさい球根?が何個かついている

畑は雨が降らないためか定植した苗のほとんどはあまり生長してません種降ろしして芽が出てきた子達も小さいまま今はじっと我慢ですね・・・

今週も先週に引き続き、晴れ。晴れ。晴れ。 多くの方は、大変嬉しいことかも知れませんが、農家の一人としましては、畑の土や作物を見るたびに不安が・・・。

二週間前の草取りはブロッコリー・キャベツ畑。あのときも晴天で、最後は汗ばんでいた気がする。じゃがいもの土寄せもしたからか。

結局この日は、直接歩いての手押し除草となりました。いやはや、疲れること疲れること。この日の田んぼは、比較的小さいとは言え、4往復もすると息が上がるー。

畑ではカモミールが満開で本日は新月・・・乾燥させるものを摘むのにいい日です☆アブラムシを一緒に入れてしまわないように気をつけながら沢山摘んできました

最初は直播で育てる予定だったのですがメイン畑のかもしか対策などで忙しくなり草の管理が出来るか不安だったので苗を育てて定植作戦にしたのです

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

田んぼデビューが間近にせまった24日の午前中。おじいちゃんが見守るなか、アイガモを田んぼに迎え入れる準備をしました。ネットで周りを囲んだ合鴨農法の田んぼ。

昨日で田植えも全て終了して今日は久しぶりの恵みの雨となりました。しとしと降りの雨の中、有機栽培コシヒカリ圃場をぐるりとネットで囲んでいきます。

有機栽培の田んぼで、除草作業(ゴロ押し)をしました。田植えの一週間後、生えてきている雑草を、竹ボウキ除草機を使って除草します。

早くしなきゃと思いつつ出来なかった『遮光幕』を、全員出勤でやっと可能になりました。 ハウスのあっちとこっちでひっぱり、幕を張ります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

トマトもメロンもどんどん成長して、誘引をどしどししていかないと、トマトの側枝が下に垂れ下がったりして折れかねない状況です。

ラディッシュが出荷できようになりました。無農薬・無化学肥料で栽培したことはもちろん、畑は、1年かけて、放射能が入っていない土を、従来の畑に3m程覆土しました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日のブログのテーマになっている、「シズイ」などの草が他の田んぼにうつらないように、除草機を洗車しながら作業しています。

おとといで、除草機の一回目が終わりました。疲れました(笑)。今日は、来年の種もみの準備になる、苗の1本植えをしました。

長方形だったり、正方形の田んぼばかりではないので、考えながらやっているようです。それにしても、田植え機がない時代は、とてつもなく大変だったと推測します。

これが、除草機をかけながら、前に進んでいる状態です。そして、ここから違う列にうつる時には、持ち上げます。これが、除草機の作業で大変な場面です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

来る度に緑が増えています。木、ツル、笹で覆われていましたので、雑草の数が少なかったです。そのためか10年放置していても、土壌は結構硬いです。

2013年の田植え、終わりました・・・! 先週土曜日の午前中、無事に終了。ちょっとずつちょっとずつ植えていった今年。疲れました(笑)。

5月7日に野口種苗さんより入手した自然栽培ササニシキの種籾を播種して6月6日現在の苗↓時期はずれに撒いた種だがいい感じ育っているい。

ビニール袋を被せないと乾燥して、枯れてしまうようです。 ビニール袋を被せるっていうのはなんか面倒というかつまんない?のでペッドボトルをかぶせてみました。

開拓中の自然農法の畑に、野菜を植えました。 メインの仕事の合間に開拓作業をしているので、前回この畑に来た時は、畝を半分まで作って終わってしまいました。

目時薬師山(自然栽培畑)にマルバカイドウを植えていますが、 根が無い状態のものを植えると根が付くまでに時間がかかるし、水やりをしたりと管理が大変です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

カボチャの畑を起こした。ほんとに乾いているよなあ。カボチャの苗の定植完了。 雨の予報を待ってから植えようかと思ったが土曜日まで苗は待ってくれません。

1週間ほど前に植えたナスの苗が少し夏バテ気味です。写真は植えたばかりの写真なんで元気ですが、明日あたりに水やりをしないといけないかもですね。

家の近くにあるもう一つの畑にいきました  去年、小豆など、豆を中心に育てた場所です  先日、いつもお世話になっている方から、豆を蒔く機械を借りてきました

朝から少しニラを収穫☆ 自然と種を落として、毎年収穫できます そして、今までお義母さんが行っていた玉ねぎを、今年から主人中心で始めました。

カボチャも順調に成長しています。 定植時の5リットルと最近の雨が功をせいしたようだね。ニンニクの芽(茎)が伸びてきました。この一週間の伸びはすごい。

自然農法の大豆畑。雑草対策として数回の除草・中耕が必要です。昔ながらのまんのうグワのほか、穴あきホーや『キツネグワ』など便利な除草・中耕器具が増えましたが。

お天候は良く、思ったより風も少なくほんとうに田植え日和でした(^^) 6条植えです 満杯に苗を積んで出発します 帰って来る頃には空っぽになります

例の堆肥で作った苗を、慣行栽培と自然農法の圃場に移植。着果期をむかえました。雄花の開花や花粉の状態をみて、人工授粉するところが多いです。

遅蒔きの自然いも、タマネギ、果菜と大豆を、ここ数日で、たて続けに植え付けました。ジャガイモは3月過ぎるとサツマイモを超えてしまう、恐ろしい甘さになります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

10日間ぐらいは、ず〜っと苗を畑に定植。ひたすら定植・定植・定植・定植………。 朝から晩まで終わりが見えない作業が続き、定植ノイローゼになるところでした(笑)

忙しい期間です。チンゲン菜、野沢菜、カブ、トマト などなど、続々と植えつけています。1万株は最低でも植えつけますので、そのような時は、助っ人をお願いしています。

一般的な方法の田んぼもやっています。不耕起は耕さないのですが、もう一方の田んぼは耕して代かきもします。ただどちらも農薬、化学肥料を使わないというのは共通です。

途中苗を受け取り運ぶ。長ナス40が6P,甘ナンバン40が2P  1日置きたいところであるが、明日は青天とのことで、雨の中に数時間放置した後、1列のみ定植する。

28日でおよそ田植え作業が終了しました〜これは大きい方(3反歩)の圃場ですね、この田植え機では約60%ぐらいしか田植えができませんでした???

受粉も終わり、いよいよ摘花・摘果の作業となります。花のある今は摘花作業ですが、後数日で花も落下してしまい、次第に実となり大きくなってきます。

手押しの除草機で、田んぼの草を取る体験を通じて、 食べ物を育てることにかかわる、今は廃れた持続可能な昔の農業の体験、五感で土を感じてもらいました。

Azumino自給農スクール6月の自然稲作コース除草の一部をご紹介します。田んぼの除草後、作りたての畦(あぜ)に畦豆(=ダイズ)を播きました。

ズッキーニは雌花と雄花があって、雌花の方に実がつくのですが両方の花が咲かないと受粉できず、未受粉の実は尻腐れや曲ったものになってしまいます。

一回目のインゲン定植しました。去年はアーチの外側にも通路を作ったのですが、今年は外側には通路を作らず、一本の畝を2列のアーチで共有してみました。

まとまった量畑に残して厳冬期を迎えてしまいました。そのまま、冬を越して、一時、ネギとして食べられる期間はあったものの、勢いよくネギ坊主がでてきました。

5月の干ばつですっかり見る影をなくしていたニンニクを23日に収穫。昨年にも増して小さいミニニンニクだ。同様5月初旬は大きくなりそうだったキャベツも不調。

ハウスの中のトマトの誘引作業をしました。トマトは支柱やヒモで支えてあげないと、だら〜っと茎が垂れちゃうのでこの作業は大事。

こんにゃく芋は、食べられる2〜3圓飽蕕弔泙任4年位かかります。つまり、寒さに弱いので、秋に掘り上げ冬保存し、初夏に植え直すことを4年繰り返します。

養生園の約1反(10a=1000屐砲糧は、元々田んぼ、今まで畑にしておりましたが、 今年からは、5ブロックの仕切り、1つは田んぼにして、後の4ブロックで菜園にしています。

5月の降水量が観測史上最低の箇所が全国中にあるようだ。松本も例に漏れない。ホウレンソウ、小松菜が大きくなってきたというのに虫攻撃にあって、とうも立ってきている。

まずは朝5時からHappy village farmのトーショー西畑を耕耘。耕耘といっても3cm程度の深耕で表層で発芽したメヒシバやイチビなどを除草しました。

リンゴもちょっと前までは花だったのに今ではすっかり実へと姿を変えて摘む作業も摘花から摘果になっています。一房ごと5人の兄弟でしたが 一人立ちの時が来ました。

いままでの分まとめて降らしたような豪雨で泥はねもひどく、リバーグリーンやサニーレタスなどの葉っぱが泥しぶきで汚れてしまったほどです。

畑の土もようやく10センチ以上下まで湿ったのだ。やっと定植できたナスはひと安心かな。トマトの脇に定植したバジルもきっと根を伸ばしてくれるだろう。

今年もやってまいりました!合鴨農法用のアイガモのヒナが、内山農産に来ました!今年もアイガモは、千葉県の椎名人工孵化場さんから来てもらいました。

徳利状のこの小さな実は西洋梨の「ラフランス」です。4月下旬から5月上旬に掛け白い花が咲き、授粉に後ここまで成長しました。

ここ数日は、少し露地の芽かきを中心に作業を行っていました。今日は雨だったので、数日早い気もしますが、ハウスのわき芽取り(枝の夏季管理)を行いました。

9日、約7割の箱の苗が出芽しているのを見て、被覆を外した。箱によってばらつきがあったが、出芽した苗を覆いっぱなしにしておくと、蒸れるおそれがある。

家庭菜園用の畑を2年越しで自然菜園に移行中です。そのため、緑肥作物のエンバクは、種をつけてから敷くために今は至る所で、エンバクなどに紛れて野菜が育っています。

玉ねぎの収穫が始まる6月下旬までの間に玉ねぎの代わりとして活躍するのが葉玉ねぎです。5月6月と何かと葉っぱものがメインになる有機宅配便では貴重な根菜類です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今年もゴマが始まります。生育過程でこちらが元気を頂く作物です。今年の黒ゴマは4軒で。1軒1通り。4軒目は今日はお休み。そういえば去年も4軒。

回りはすでにお田植えを終えた田んぼが多くなっています。雨上がりだから山がきれい。小麦の収穫が終わって、お田植えまでにしなければならない作業は目白押しです。

5月20日からトマト苗の定植を行い、27日に2,500株すべての苗の定植を終えました。畝立て作業が滞らなかったおかげで、今年は5月中に定植を終えることができました。

東京から農業ビジネススクールのお仲間達が、畑の開墾のために再来場してくれました。そこで大豆を植える予定の畑の除草作業をお願いしました。

乾燥が続いているせいか、気がつけば種の入ったカブが畑でカラカラになっていました。 早速、干す作業を省いてすぐに種を採り出しました。

かぼちゃはたくましく育ってます やっぱりマルチパワー凄い マルチしてあるところは雨が降らなくてもとりあえず順調です

前回、ラ・フランス終了しました。と宣言しましたが、実はまだ植え付け3年目の園が残っていました(5/25)。こちらの園、今年初結実して収穫出来そうです。

ここにきてほとんどの品種が花が咲き毎日房作り作業に追われております。昨日はブラックビートの房作りを行いました。本日のブラビさんはこんな様子です。

先週土曜日(6/1)の田植えから5日が経ちました。そろそろ稲の根もしっかり張った頃なので、今日は第一回目のチェーン除草を行いました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

出荷のあと午後からネギの除草と植えつけ その前に排水いのために溝掘りも 全体にトラクターをかけたあと、ネギと人参、秋ジャガの予定地にさらにトラクター・・・

畑は全然湿りません。毎日パサパサの土ぼこりの中で仕事をしています。こんな時は種採り用に干していたサヤがよく乾きます。

午後から蓮正寺圃場でトラクターをかけたあと緑肥:ソルゴーを播種・・・鬼柳圃場では人参・ネギ・ジャガイモの植えつけ準備

タマネギを収穫しました。とても小さなタマネギです。一番大きくてこんなものです。毎年タマネギはほとんどダメです。でも、来年はちょっと期待しています。

今日高田田んぼの代搔きの前に植えつけ・・・もち米:喜寿餅・・・欠株が多いのは苗が大きすぎて引っ掛かりささらないよう・・・葉先をきるべきだったかな

この日照りで順調に育っているのが、スイカとキュウリです。スイカは直径10センチは超えたものも出来ています。今年も懲りずに露地這わせでメロンに挑戦です。

枝豆とインゲン、コーンが生育してきたので、間引きを行った。〇淨Δ魯泪襯舛劼鳩蠅烹恩弔困椎甜錣靴燭、生育の良い方を選んで1本に間引いていく。

トウモロコシをやっと収穫できました。品種はゴールドラッシュ、3月20日にタネまきし、3ヶ月ちょっとでの収穫になりました。

この時期雨が降れば田んぼで田の草取り・・・雨があがれば畑で草刈り・・・その合間をぬってすっかり遅れてしまったゴーヤの植えつけ

みかんの花は、その年によって、開花の時に多少の差があります。 開花は進んで、5月4日には4分咲きといったところ、あと少しすると満開か…、と思っていました。

キュウリもだいぶ大きくなってきました・・・脇芽も・・・葉5節まで脇芽を取り除きます・・・5節より上で勢いのある芽を左右に1本ずつ脇芽を伸ばし3本仕立てに・・・

田んぼに水が入り、代かきがはじまりました。20130601081326もともと2枚だった田んぼの畦を取り、1枚にしました。田んぼは一枚づつ土の高さが違います。

田んぼ環境の再生から始まった今年の自然耕塾も種もみの選別、種まき、田植えとこなして、今、稲の苗は順調に成長し、株分かれを進めつつあります。

今日播くのはミニカボチャの栗ぼうととうもろこしゴールドラッシュ。早速1番の絹さや(サヤエンドウ)の畝に、播種の準備だ。まずは水を撒いて土を湿らせる。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

雨の日は、家の中でやれることをやる!今回で4代目となるホウレンソウ(次郎丸)の自家採種です。毎年、ホウレンソウの採種では、痛い痛い目に遭っています。

市販されている、ニンジンのタネのほとんどは種子消毒されている。なので、いくら無農薬で育てたくても、完全なる無農薬栽培とは言い難くなってしまう。

カラスがめっきり減っていた。そのことに油断していたのが悪いのか、またしてもやられてしまいました。画像4ひと月前に植えた生姜もこの通り。

毎年、鳩ポッポが電線の上から狙っている、ラッカセイも無事に発芽しました。念のため、釣り糸を張り巡らしておいてよかったです。

のらぼう菜を片付けました。のらぼう菜はアプラナ科の野菜ですが、小松菜等の軟弱ものよりも、キャベツ・ブロッコリー等の根に似ています。

今日、出荷先の青果主任から、「ジョウさんのズッキーニ、凄く良いよ」と言われました。嬉しいと思いました。一時期は、収穫量が下がっていました。

玉ねぎの収穫をしました。全体の7割が倒れてきたら収穫時期の目安と聞いていたので、7割かどうかはわからないが結構倒れてるので一気に勝負をかけました。

今のところ雨がほとんど降らないし、乾燥させるにはお日柄もよろしかったので、収穫をしました!引っこ抜いたら、ジャガイモの畝に並べて、しばし乾燥させて…

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

長い長い時間をかけ、本日予定通り田植えが終了した。不耕起の自然農を始めてから、こんなに早く終わった年はなかった。

写真は今年から栽培している奥武蔵地這胡瓜の受粉作業です。交雑を防ぐために花が開く前にクリップで閉じておきます。 勢いある今のうちから種取りのための作業です。。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

第4圃場のフルーツガーネットが急激に伸びてきました。脇芽伸び放題、主枝グニャグニャで結局ブッシュが出来上がってしまう。

前回の記事で大きくなってきた黒部スイカを紹介しましたが、あっけなく枯れた。朽ち果てた黒部スイカ ここまで大きくなった後どんな理由で朽ちるのか全く分かりません。

現在、3つの畑で3種のスーパースイート種を栽培しております。収穫をしたい!!と思ってはいるんですが、アワノの最盛期に突入したのでどうなるでしょうか。

4〜5月の低温で全てが台無しになってしまいました。ダイコンに続きハクサイも全部苔立ちするとは思ってなくて、これ見たときショックでしたよ。

第2圃場に定植したタヒチと第4圃場の黒部スイカは、5月初旬の低温でちょっとやばかったですが今は復活してツルが伸びてきました。

今年もナスで土壌診断を行うべく、無施肥株と施肥株で比較を行ってきました。結論から言うと、ユーカリ畑の土壌は全然ダメ。

よそと比べて1か月は遅れを取っている畑の作業。苗だけはあれこれたくさん仕立てたけれど、かんじんの植え付ける場所の準備ができていない

4月23日に種イモを植えたサトイモの芽がでてきました。品種は「土垂れ」です。イモの種類によって違いますが、「土垂れ」は、親イモは食べず子イモを食べます。

2月下旬に定植したエクシードを収穫しました。でも1個だけ。白矢印が結球不良とカビにやられました。今回収穫したのがオレンジ矢印のもの。

去年の失敗を糧に、今年はミニトマトのソバージュ(野生)栽培にトライしてみます。ソバージュ栽培(露地栽培)の準備を開始しますパイプは大体2m間隔です。

急いでニンニク収穫。今年は2条植えだったからか、マルチが飛ばなかったからか、追肥のタイミングがよかったのか、大きいです。

梅雨のシーズンは自家採種のシーズンでもあります。こちらは、大根の種。鳥に随分かじられていましたが、半分くらいは採種できそうです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

水をきる トマトはストレスで甘くなる えひめA-1を使うと野菜は甘くなる 水をきるとトマトは小さくなる えひめならトマトは普通サイズ?

泥で固める「くろつけ」や中を平らにする「代かき」ということをします。除草剤しない田んぼの草はすぐ出て来ますので、直前に代かきすることで草を抑えているのです。

スイカがいつの間にかツルを伸ばしていました。そろそろ、巻きひげを引っかけるネットのようなものを設置しないと風にあおられてしまいそうです。

田植えが終わってまだ2週間の田んぼで「草取り」が行われました。草取りというと、普通は畑の草刈りをイメージするかと思います。

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ここのところなかなか土が乾かないですね。さすがに野菜の葉っぱはどれも水吸い気味。葉物野菜はどうしてもちょっと水っぽくなってしまいますが。

じゃがいもの収穫が始まりました。 今年は黒マルチの平うね栽培で行っています。(昨年度の現代農業に何度も掲載され、かなりお勧めしていました)。

畑に残っていた晩生の玉ねぎの収穫をしました。この畑の玉ねぎは何を作っても良くできないこの畑のご多分に漏れずあまり出来が良くないです。

玉ねぎやニンニク・・。年間を通して食べられるように、たくさん作りました。なので、収穫も大変です。 葉の部分と、根っこを切り落として、吊り下げて保存します。

それはブロッコリーの突然変異したものとして登場し、ホワイトアスパラ、セロリと並ぶ『洋菜の三白』とも呼ばれています。

ニンジンは2月まきの分がそろそろ終わります。収穫の間に雑草にのみこまれていくので、探しながらの収穫です。石など障害物をよけてすすむので、二股などになります。

夏の気配がちらほらと。ピーマンはこのくらい。夏野菜のトマト・きゅうりが少しづつ採れてきて、個人的な好みもあって今年も気合を入れてる枝豆ももう一息!

今年は雨が少ないためか、害虫の毛虫やカメムシの発生が少ないようです。ラズベリーは収穫が始まり、ブルーベリーもたくさんではありませんが収穫できるようです。

自然農の畑で最も育ちやすい大豆・小豆の種まきを説明。天敵のキジ対策として、実習畑ではネットを張りました。

田植え完了。今までコシヒカリでしたが、今年はアースデイマーケットに出店されている福田農園さんからササニシキの種モミを入手して植えました!あと黒米も少し。

2週間前から始めた田植えがだいぶ終わりに近づきました。 田んぼは3枚有って全部で1反半くらいなのですが全て手植えなので時間がかかります。

いつも雨の合間をぬって、大慌てで掘り出す野菜も、これだけカラカラに乾いてくれているうえに、しばらく降りそうにもないので、収穫にはもってこいです。

きゅうりの様子です。植え付け当初はじわじわとほとんど大きくなりませんでしたが、ここ数日の暖かさで一気に大きくなってきました。

じゃがいもの花が咲き始めました。この紫色の花の品種はタワラムラサキ、皮がムラサキで中身は薄い黄色、病気に非常に強いと言われています。

ブルーベリーが色付き始めてきました。まずは子供たちの味見が始まります。味見が終わると少しづつ宅配に入れていきます。

玉ねぎの茎を子供たちがハサミで切り、コンテナに詰めていきます。 地力の高いこの畑では、肥料を使用しなくても様々な野菜が安定して収穫できます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

大手種苗会社が新しく開発している交配種の品種ではなく、農家が古くから採種してきた固定種の大根を栽培してみました。首が青くならずに白いのが特徴です。

サトイモ、サツマイモ、長ネギの定植が遅れてしまっている。特にサトイモはこれだけ遅れてしまってちゃんと収穫できるのか、心配だ。

6月14日白ごま、黒ごまの種を蒔きました。6月7日におばあちゃんの畑にも蒔いたのですが、種が余っていたので、こちらの畑にも蒔くことにしました。

今年の夏は、より低炭素な野菜を目指し、ナス畑にて、農業用ポリエチレンフィルム(農ポリ)によるマルチングを廃止しました!

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40