この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-03-08 22:03:54

北海道内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

カボチャの畑を起こした。ほんとに乾いているよなあ。カボチャの苗の定植完了。 雨の予報を待ってから植えようかと思ったが土曜日まで苗は待ってくれません。

草にまみれた人参はげんきですかー!!!なんとか、大丈夫。草取り開始です。 草にまみれて跡形もなくなくなってしまったものもありました・・・パッと見、わかりませんね

遅蒔きの自然いも、タマネギ、果菜と大豆を、ここ数日で、たて続けに植え付けました。ジャガイモは3月過ぎるとサツマイモを超えてしまう、恐ろしい甘さになります。

秋まき小麦は春から、概ね、3回ほど追肥を行います。1回目は、起生期という雪が解けて小麦が目が覚ます時期に。2回目は、幼穂形成期という幼穂がつくられる時期に。

ホワイトアスパラガス、生育状況ですが、ビニールハウスをかけた中に、2重のパイプハウスを建てて、それに真っ白な遮光シートをかけるのです。

曇り空になってしまいました。目標の畑一枚はちゃんと達成できたので、二枚目の畑を出来るだけやってしまおう!と親方はロータリーがけと畝切りをしに畑へ行きました。

昨日の9/9(日)は第5回目の活動をおこないました。今回は、自主管理農園のジャガイモの収穫と、共同管理農園の野菜の収穫および畑の片付け作業です(^O^)/

日もかぼちゃの収穫〜・・・といいたいところですが今日はじゃが芋の収穫です まくら堀りを終え、後は畑が乾くのを待ってのハーベスターでの収穫です

昨日から無肥料・非化学肥料の玉ねぎの収穫が始まりました。 機械で拾っていく作業。 あまりの少なさに丸一日もかからずに終わってしまいました

「とにかくできる所から収穫していこう」 とうことでまずはじゃが芋の枕掘り なんとか掘り終え、「さあ次は玉ねぎ なんとか入れそうだね」と・・・

大変な干ばつとうとう暗渠から水を入れることに・・・作物を作るのには本当は自然の力の方がいいので雨を待っていたのですがさすがに・・・

生にんにくの販売時期が近づき、にんにくのためし掘りをしてがっかり(>_<)予想はしていましたが、思ったとおりの小さなにんにく…

自然農法の大豆畑。雑草対策として数回の除草・中耕が必要です。昔ながらのまんのうグワのほか、穴あきホーや『キツネグワ』など便利な除草・中耕器具が増えましたが。

家の近くにあるもう一つの畑にいきました  去年、小豆など、豆を中心に育てた場所です  先日、いつもお世話になっている方から、豆を蒔く機械を借りてきました

1週間ほど前に植えたナスの苗が少し夏バテ気味です。写真は植えたばかりの写真なんで元気ですが、明日あたりに水やりをしないといけないかもですね。

お天候は良く、思ったより風も少なくほんとうに田植え日和でした(^^) 6条植えです 満杯に苗を積んで出発します 帰って来る頃には空っぽになります

資材。手前左から鍬、スコップ、苦土石灰20Kg(粉状)、8−8−8化成肥料10Kg、前年の残り(ようりん等)、牛糞堆肥40L*5袋、奥は醗酵鶏糞15Kg*2。

準備していた簡易ぼかし肥を撒く作業に入りました。撒いてから4日間くらいは雨が降らないほうがよい・・・ということで、強風でしたが行動開始!!

今日は朝から畑スタッフが接木をしています!まず葉っぱの下の産毛のようなところをカミソリで削ぎます。 「台木」にカミソリで切り下げます。

札幌市内、近郊のびっくりドンキー18店舗で、稲を育てています。私たちの田んぼに植えたのと同じ苗(ななつぼし)を提供して、お店の外に展示しています。

稲刈り後すぐに肥料として.淵織楊の搾りかす∈鯒の稲わらの堆肥びっくりドンキーのビールの酵母エキスをまいて、田植え前と同じくらい水をはっています。

畑には朝からは機械での作業はできないと・・・とうちゃんの判断で朝にははあがっていたのできのう、残した「インカのめざめ」を選別機にかけ、選別しました。

かんちゃんはミニトマトの収穫作業から外れ、中富良野の農家ですいかの収穫作業をしています。スイカの収穫作業は腕力を使い、男手が必要ということでなったのでしょう。

トウモロコシも色んな系統が有りまして このサニーショコラは改良型スーパースイート種にse(専門用語)が組合さったもので 極めて甘い・・・

我が家でも少しづつ収穫を進めて参りましたが現在じゃが芋が残っている状態です 出来る時にせっせせっせと地道に掘り上げています

朝からトウモロコシの収穫☆に加えて、まだまだたくさん実をつけてくれる野菜の収穫☆ 今日はちょっと遅めの7時半スタート 午後1時をすぎてようやく終了

今日は急遽家族4人で南瓜の収穫!久しぶりに娘も時間が開いておりラッキー 「手伝ってね〜」 で、収穫していると結構いろんな形や色のかぼちゃがあってびっくり!

掘り上げた芋を手で一つ一つ拾います  あんなに少なかった芋がこんなに増えました ほんとうによかったです(^^) 出来たことに実はちょっとびっくりしています

両サイドは、トマトさんたち。 そして、真ん中に植えたこれ。勢いがすごくてサイドにあるトマトの収穫が困難になりました誘引もしない。脇芽もとらないと、こうなる。

カボチャも順調に成長しています。 定植時の5リットルと最近の雨が功をせいしたようだね。ニンニクの芽(茎)が伸びてきました。この一週間の伸びはすごい。

朝から少しニラを収穫☆ 自然と種を落として、毎年収穫できます そして、今までお義母さんが行っていた玉ねぎを、今年から主人中心で始めました。

5月も半ばになりブルーベリーの幼果も実り始めました。今年の5月は雨が少なく遅霜の被害もなく、順調に受粉し果実を実らせているようです。

予定通り、ジャガイモの植え付けをしました。例年ならビートのあとにイモ・・・という流れですが、今年はビートの作業がまだ始められないので先にジャガイモです。

野菜の苗も太陽を待ってましたーって感じでぐーんと背伸びしてる感じでした。そうそううちでも今年はたくさんの人に飲んでもらう為に規模拡大するホーリーバジル!

定植の準備はあらかた整っていました。まずは苗たちに弁当肥をあげます。定植、つまり移植してから大地に根を降ろすまでの間の栄養分を与えておきます。

適期作業/ジャガイモ定植 準備良し、芋積み込み、肥料満載. 切片に切り分けた芋を1つ1つならべます.芋を入れる升は右から左へドンドン送られます.

冬場、ハウスの中はこの通り...閑散としてます。夏はアスパラが生い茂り、手狭に感じますが、見ると広い広い ガランドウですが、やるべき事はいっぱい詰まってます。

東京から戻って二日後の夕方のこと。ダンナ様からSOSの電話が 何事かと思ったら、ハウス豚舎の豚が部屋の出入口を壊して廊下に出て歩き回っているとのこと

昨日と今日は年に一度のハードなお仕事、麦を刈り取った後の畑に残った麦稈を縛る作業です今年から牧草を止めた代わりに、この麦の殻が豚たちの敷き藁になるのです

幻の豆・黒千石の天日干しの様子です。今年は、長雨で乾燥させるのが大変でしたが、小さな畑で軽トラ1台分くらいの嵩がありました。

ハウスの片付けを本格的に始めました(^^) 今年は寒いのか暖かいのかよくわからない???何とハウスの中ではパセリが未だ元気になっておりました

こんな芋拾い専用の籠にてひとつづつ拾います いっぱいになると結構重たい・・・私だけ?拾った芋はパックに入れ、いっぱいになったら運びます 

スッパイ無農薬りんご『あかね』。十年くらい前、石灰と硫黄(どちらも天然鉱物。消毒・殺虫作用があります)を散布したきり、完全な無農薬栽培です。

真ん中の列は、手前から奥へ。ナス・カラーピーマン・加熱用のトマト(サンマルツァーノ) 極小だったカラーピーマンはどうだろう・・・

周辺は雨が降っても降らずがっかりしています でも、そんな中とうもろこしはすくすくすごく元気に育っています いちばん早いものが穂を付け受粉を始めているようです

播種作業が始まりました。「直播」とは直接播種の意味で地面に直接、種を播いていく栽培です。それに対し「移植栽培」では、苗を作りそれを、圃場に植えていく栽培です。

とこちらでご報告させて頂きました種を更新をハロウィン南瓜達は順調に芽が出て育っているのですが・・・ 自家採取した種達からの 芽が出てくれないんです〜

本日はビートの葉刈り作業 2回目を行いました ビニールハウスのビート苗上を動くこの物体は???バッテリー式芝刈り機をウインチで引っ張っているのです。

4月7日(日)未明より、吹き荒れた暴風雨で、当農園の小さなビニールハウス2棟が被害に遭いました。天井のビニールは吹っ飛び、一部パイプも変形しました。

アスパラハウスの様子は最初は収穫量が少ないので、手のろい私にちょうどいい収量だったのですが、徐々に収穫する量が増えてきております。

この器械は種を蒔く機械である。名前はアサバのミニマ人力播種機と言う。普通なら腰を曲げて種を蒔くのですがこれなら立ったまま、種まきのが出来ます。

ジャガイモの集荷日です。今回も、雨降りです。雨の日は、土場が痛みます、今年はそんなとしかも。 ジャガイモからの湯気と、紅葉です。

アスパラの収穫を終え立茎を始めてから一月が過ぎ、トマトの収穫予定までちょうど一月前という中間の日に当たります。アスパラは8月に入ると夏芽が出てきます。

定植した白いトウモロコシ『ピュアホワイト』の苗。今朝雨上がりの畑を見に行ってみると・・・カラスにイタズラされて根元から折られているものを発見 

今日はトマトの芽かき トマトは栄養生長(体つくり)と生殖生長(実つまり種つくり)を同時に行います。トマトは繁殖力が旺盛で油断すると栄養生長に傾き気味です。

天気良好!もってこいの収穫日和 午後からは風が出てちょっと難儀しました じゃが芋の収穫の時は土が舞うので風が出るとちょっと大変

ハウス内も賑やかになってきました。二つのハウスは4月上旬の暴風によりビニールが吹き飛ばされ、急きょ昨年使用したビニールを取り出して張ったハウスです。

もうお馴染みの光景になりましたかね 種籾(たねもみ)の芽だしをしているところです そして芽がちょろっと出てきたら、今度は乾かします これぜーんぶ種籾なんですよ 

大豆の脱穀作業をしました。 雨が続いている富良野は外作業がなかなか進みません! 豆の乾燥が悪いので 悩みましたが この二日間を逃すと今度は、いつできるか‥

豚舎も豚が出荷して数が少なくなっている場合、時々水飲み場の水が凍ってしまうので寒さが厳しい日の朝は要注意なのです

22日「なつのこま」の収穫が始まりました。ご覧の通り、赤系トマトらしく真っ赤に完熟したトマトが採れています。 収穫は手でもぎ取ります。

人参は鮮度が大切。今の時期は、気温が30度くらいまで上がっていますので、収穫する人も大変重労働ですが、人参にとっても暑さはつらいのです。

こちらは収穫1週間前の圃場風景です。この圃場は追肥のスタートライン(写真左下)が若干倒れるという完璧な仕上がりで収穫に望みました。

ブルトーザーによる転圧と土を除礫で土の団粒が壊れました。そのため土は固く固まり作物を作るための土をいかに蘇生するかの講習会でした。

雨続きだった日々も終わり昨日から畑作業ができるようになりました。防除に草取りに芋の培土にとやることは目白押しです。そんな今日。雨の予報なので朝早くから作業です。

変わりかぼちゃのご紹介です こんなラグビーボールのような形で、しかも色も緑っぽいグレー どんなかぼちゃだろう?? 

ごぼうを植えました。でも、そんなに生えなかったひとうね、全滅です。。。酸性土壌が悪いのかと思ってたけど、うっかり、ネキリムシにやられちゃったようです。

明日のフィルム張りのための準備。ねこの手以下の押しかけ遊び人は、押さえるとか引っ張る、運ぶなどの補助作業を担当。圃場長が一人汗をかきかき動いている感じ

3月に入り育苗ハウスの除雪やビニールかけなど徐々に作業が本格化して参りました。気温が低い日が多いので、ここ3年くらいの中では一番多く雪が残っているように思います。

じゃが芋の収穫が終わりました〜数々の皆様のお蔭で何とか拾い終えることが出来ました 感謝(^^)当時は本当にどうなることかと・・・

例の堆肥で作った苗を、慣行栽培と自然農法の圃場に移植。着果期をむかえました。雄花の開花や花粉の状態をみて、人工授粉するところが多いです。

「ビート」は、「甜菜」「砂糖大根」とも呼ばれ、砂糖の原料になる野菜です。実は、日本で生産される砂糖の約7割がこの「ビート」から作られているんです

用事があって各農場にお邪魔した 露地畑を覗いて行く 芋畑の奥に豆畑がある 金時豆の畑だ ちょうど花を付けていた、可憐に咲いてます

今日は6月5日定植用トマトの種蒔き。色が違うのはセル培土を替えたから・・・ 違いは顕著に現れると思う。微妙に足りない可能性があるので今年は地べたで追加育苗。

大フィーバー中な村上農場の現場。今日は、じゃがいも堀り班と、とうもろこし→かぼちゃ収穫班に分かれて、てんてこまってます。

十勝は、植物の生育促進月間のような気候 野菜達もグングン伸びています 体験用の畑で、十勝らしい作付けである輪作を感じて頂けるよう、津島さんが工夫して下さいました

北海道・森町名産のみやこかぼちゃ。ホクホクの高粉質と高い糖度が自慢の、おいしいかぼちゃです。みなさんのお手元に届くのは、丸くて色合いが美しい、『秀品』合格者。

先日の暴風雨にも何とか耐え、無事玉ねぎの育苗が進んでいます 先がちょっと枯れてきました これから暖かくなるしどんどん大きくなっていきます

花や実に光を当ててきれいなマンゴーをできるだけたくさんとるために、ミツバチの働きっぷりや音楽に励まされながら、根性で吊り続けます。

ところでアスパラはどうして春なのか質問受けます。寒い地方では春ですが、九州などは夏を除き、年中のところもありますが、ここ赤井川は春からです。

酪農を語り牛乳を語り、食や命の大切さを語って頑張りました。私たちは搾乳体験の後に、朝の搾りたての牛乳を飲んでいただくこともメニューに入れています。

おいも選別中です。こちらは重量選別機。お皿に1個づつ乗った芋が、3L,2L、L、LM、M、S、2Sのところにコロコロ落ちて分けられます。

昨日は我が家の小麦畑も刈り取ってもらいました〜が、このグズついた天気でまだまだ残ってます 地元の地域はもう2日間くらいで終わりそうだとか…

昨日から牧草の収穫作業の仕事に出ています。昨日の午後からときょう午前中で25haの牧草を収穫しサイレージにした。

雨も上がり、雨量は多かったものの、乾ききった畑に全て染み込んだ様なので〜馬鈴薯の防除は、とーちゃんに任せて、残りの品種を抜き取り開始〜

植えてほしい野菜たちがいっぱい順番待ちしています・・レタスを植えました。老化ぎみのレタスの苗ですが・・。無肥料・無農薬・不耕起でやってみます。

今年一番の植え付け作業はユリ根でした。ここぞというときは僕が幼き頃からお手伝いに来てくれるスケッターがいまして3時のおやつには昔話をしたりします。

字のごとく乾田直播とわ乾いた畑状態の田んぼに種をまくのです!品種は、ななつぼし。13日にスキガラ農機さんのVミゾ乾田直播の播種しました。

育雛箱で育ててきたヒヨコたちもそろそろ広いところへ放す時期になりました。切り草を敷いてコーナー部分にはヒヨコたちが集まりすぎないように湾曲した鉄板を設置。

昨日からビートの種まきが始まりました みんなが乗って来たケートラ、ホンダ率高過ぎ(笑)昨日と今日で約9町分のポットを作りました

こんな寒さと雪の中でも、仲間のハウスでは、依頼してあった野菜たちが徐々に芽を出し始め、ワクワクしています。さて、最近取り扱っているいろいろなカブたち。

我が家ではビートのほぼ半分を畑に貯蔵してありまして、そのビートを明日、明後日にかけて搬出する事になりました。先日のまとまった雪が貯蔵ビートを覆っています。

来年に向けてニンニクを植えたところです。今年は100個です。上の画像は播種前で、下の画像が播種後。週末ごとに天候が悪くて、やっと乾いたところで行った作業でした。

こちらは、大豆の根です。根粒菌(根についてる丸い奴)の数を見ると、肥料の過不足がわかると、昔ある専門家に教えてもらったのでチェックしました。

忙しくなってきました。やることがいっぱい‥‥。カボチャの整枝を。甘くてホクホクのかぼちゃになるように。スイートコーンの間引き、早くやらないと‥‥

外の仕事は濡れてしまうので午後からはこんなものを採ってました〜↓ これ・・・・トウモロコシの赤ちゃんです ベビーコーン

小麦はコンバインで刈って、トラックに積まれて、乾燥させるためにサブにやってきます。トラックごと重量計にのって、小麦を何キロ運んできたかはかります。

年越し前には終わらせないといけない作業にこの土日を費やしました。まずは、豆の脱穀です。 トラクターに脱穀機をセットして、脱穀開始。

今年から、自家採取をはじめるぞー!って決めて、少しずつですが、品目が増えています。伝説のトマトの種や固定種のナスの種やピーマンの種もちろん、ホーリーバジル!

収穫作業に精を出してました。でんぷん用のジャガイモ堀りを終わらせ、すぐにビート堀りを始め・・・。ハーベスターが入れるように畑のふちのビートを手作業で切って〜

小豆の収穫も無事終わり、次はビートの収穫です 1回目は無事終了 一昨日、昨日、本日と3日にまたがって製糖工場に出荷してくれました。引き続き大豆の収穫です。

トマト群、全17種類が収穫期を迎えています!これは何だったろう?房採りできそうだな〜黄色いのもあるでよ〜ミニや中玉にまぎれて大玉のトマトもある!

一気に作業再開となってます。昨日、やっと種子芋の植えつけが終わりました〜休む間もなくビートの植えつけ再開〜半端だった畑を仕上げて、次の畑に突入

いよいよ本格的に畑の作業が始まりました! まずは玉ねぎの苗作り!8〜10日の3日間播種、マット伏せ、水やりetcとにかくハウス内で苗作り開始で〜す♪

やっとブロッコリーを定植。今日植えたのは250株くらいかな?。たくさんプロッコリーできちゃうね、「もぎとり」に来園した方にもブロッコリー収穫楽しんでもらえそう

今年初のミニトマト苗の移植をしました。この苗は我が家で播種したものではなく、某種メーカーから取り寄せたものです。

はじめての卵を産みだしました。巣箱にも慣れてきたようです。成長具合によって、卵を産む子、まだ産まない子、がいますが、卵の数は、日に日に増えています。

紫花豆もだいぶ乾燥が進んだので、今年は竹を外した後に豆を畑に積んで乾燥させるという例年のステップを省略して、直接脱穀機にかけることになりました。

ただ今、アスパラたちは養生期間中。ハウスの中は大きく育った親茎たちでウッソウとしてます。大きく育てた親茎を維持して根っこに栄養を貯蔵する時期です。

9/23から始まった稲刈りの、最終日の模様です。本日は、田植えや種まきから参加の方や常連さんもちらほら。「ゆきひかり」の刈り取りに臨みます。

遅堀りの澱源イモに最後の防除しました 軽くハマリかけながら終わらせました 頑張って今月いっぱいは緑色の葉っぱと茎でいてください

ちょうど 北海道は じゃがいも かぼちゃ たまねぎ お米 など秋の作物の収穫が始まったばかりだが、この雨と高温でかなり作物の品質低下や収穫困難が予想される。

北海道の小麦の約9割は秋まき小麦です この時期に種をまいて雪が降る前に主茎葉数が5葉〜5.5葉の大きさになりそのまま雪の下で春を待ちます

扉を開けに行くと(扉が閉まらないように、縛ってあった紐を姉さんたちが舐めて、ほどいてしまう)、幼なじみの玄米ちゃんと黒豆ちゃんが、仲良く並んでいました。

7月末からようやくカラっとした天気が続きました。稲も穂がでだして麦も良い感じに乾き刈り時を迎えました。 今年の出来は平年並みくらいですかねぇ。

初物は『ヤングコーン』すでに駒そば亭では素揚げやランチの天ぷらなどに使われています。ピクルスに入れたり、炒め物にしたり、幅広く使えて便利でおいしい野菜です。

産直で販売しているトマトは流通時間がないので赤で収穫するからおいしいのだと思います。当農場のトマトはしっかり赤で収穫したいので実がやや固い品種で育てています。

10月3日(水)に大阪の高校生が芽室町へ農業体験に来ていました。人数はなんと80人!!すごい多いよね。今回この農業体験を受入したのはJAめむろ青年部。

入学定員40人を上回る50人が参加。新コースへの関心の高さがうかがえますね。体験入学では、じゃがいもの収穫体験やケーキのデコレーション体験なども。

さて村では22日に蒔いた小麦が発芽しました。 蒔いた列は14で、各距離は50mです。 来年の秋には新しい品種(ゆめちから)のパンが食べられるかな?

今日もだめかと思った。が、短時間でやみ、ホッとしたぜ。9時からあらためてトラクターでロータリーがけ。午前中に6列のマルチ張りまで終了した。

今シーズン初のクッキングトマトの収穫。作業開始前に、圃場長から今年のトマトの出来、収穫作業についての話を聞いて作業開始!!

暑さと虫にやられてるナス達。今夏、ナスの収穫ゼロです(T_T)ウリ科野菜とナスはホントに不調。。。うまく環境を作ってあげれていない感じです。

現在はジャガイモを収穫しております。今年は大雨がなく非常に芋が大きい!豊作です。こちらはメークイン。こちらはトウヤという品種です。おいしいですよー。

いよいよトマトジュースづくりが開始されました!今回使ったトマトは「ラブリーさくら」をどかんと100kg。ミニトマトだから量も多く見えますね〜。

だいぶ良い形になってきましたょ トマトは青色から白く色抜けし その後赤く成るんです 成り数もマアマアです 早く赤く成るのを待つだけ  美味しいトマト ・・・

昨日はジャガイモのポット苗の出荷でありました。230ケース11000ポットを出しました。予定より雨がはよーに降りだし、急遽、雨よけのハウスを作ったり、大変な1日でした。

畑の一部分に、水の生む場所があり、作物の生育障害、 除草、防除や収穫作業に支障をきたしていました。探ってみたところ、水源を発見いたしました。

雨がまとまって降るのですね・・・。いも植えがあと少しで終わるんですけど、雨が強くて畑が乾かず終われずじまいです。それでも、温度はあるのか稲が伸びまくりです。

キャベツの育苗、ニラの収穫も残っているし、ニラのハウスの後片付け、長いもの播種準備、水稲の播種準備などなど圃場以外にもやることだらけです。

今日は、ペーパーポットをセットする作業を紹介します。私はこの作業を二日間担当させてもらいました!はじめに、突起版に詰まった土をブラシや箸でこそげて落とします。

このまま春を迎えると雪がしまってきてその力でハウスが潰されてしまいます。そこで 少しずつ掘り出していきます。活躍するのはトラクターに付けた除雪機です。

え!?これがアスパラですか?金色に輝くアスパラ畑これをお見せしたくてひと夏の管理に励んできました。春から、ご案内しておりましたがおぼえてらっしゃいますか?

天気良し 風強 ・・・・・ で大豆の刈取りです 隣で耕作している S君が自前の大型コンバインで ・・・ 心配してましたが 豆もだいぶ乾燥してました

今年の人参はどういうわけか出来がヨカッタ♪と、言っても発芽させて適期に間引きと草取りすれば採れるんですけどね。人参は発芽しにくいので、発芽させれば8割完了!

9月10月、データ上は雨量3倍、降雨回数5倍だったとか、ぬかるみとの戦いのような稲刈りは初めての経験で。長靴を田に奪われてから、最後まで田植え靴を着用。

朝採りのため、収穫チームはAM5時から稼働。気温が高くなる前に収穫します。選果場のほうも、大きな水槽に氷を敷き詰めて準備しておきます。

今日はモンゴル研修生の日です  ん ! 人数 増えてる 一人の方が 諸用事で地元モンゴルに一時帰還してましたが元の研修に そして今日は通訳さん 二人です

台風が来る前にちょこっと刈ったけど、若干早かった感じでまだ青かったなー。 出来のほうは個人差があるけど、まあ平年並み?品質もよさげです。

できるところまで収穫を済ませてしまおうと、一服休憩も少なめにせっせと作業を進めていった結果、畑にあった“味平”は全て収穫して運んでくることができました

台風が去って畑を見回りに行きました。ビニールが飛んだりすることなく、無事だったハウス。でも、つる性の野菜の支柱は倒れているものもありこちらは、踏みとどまった支柱

初挑戦のスナップエンドウちゃんに白くて可愛いお花が咲きました お花が咲いたのでさっそく花言葉をチェック 必ず来る幸福  ほほぉ〜

ごぶさたです!いかがお過ごしですか?最近はジャガイモの収穫で大忙しです。今は早出しの時期なので、手で拾い上げています。

「北海こがね」 の花が満開になってきましたよ〜♪この品種はメーク系のじゃが芋で、相内農園の「じゃが芋甘納糖」の原料にもなりま〜す

稲の穂がでてきて、花がさいてます。今年は、順調ですね。↓白いのが花です。稲もちゃんと花が咲くんですよ。↓アスパラも少しずつ太いのが増えてきました。

ちょっと涼しい感じになってきましたね。 まさか、夏終わり?そんなことはないか!麦刈り順調に進んでます。半分以上は、終わりましたよ! でも、ダンプ戻ってきません!

アスパラへの発酵鶏ふん・炭化鶏ふん合計300袋の散布作業が終わりました。あと、化成肥料40袋を残すだけとなりました。

山本農産のごぼうはなかなかの人気野菜なので^^ 今年は昨年よりもかなり増えています^^V右端は春掘り用の2列。。残り6列は秋〜冬にかけて販売いたします^^

寒〜い一日でした とりあえず風がないので、精米にはうってつけの日和です。 稲刈りした直後に精米した米はとっくに無いし、寒いのを我慢して精米作業をすることに。

間作の播種とは別に、ばら蒔きでの小麦の播種を行いました。まずはロータリーで耕運。そこに先日消毒した種子と、肥料「BB082M」をブロードキャスタでばら蒔きします。

カボチャの収穫体験を行いました。大阪から来た成城高校の皆さん畑の中から見落とすことなくカボチャを見つけ、空中パスでカボチャを集めておりました。

自然の風、空気を感じて収穫祭を開催1列に並び芋のうねごとに手で掘り堀参加者の皆さんの笑顔が印象的 ミニトマトの収穫中です 皆の笑顔!

9月になって少し涼しくなり、さわやかなお天気の日曜日でした。今日は「畑の学校大豆組」のみなさんが枝豆を収穫しました。大きく育った大豆に驚いていました。

あなたのそばにいたいプロジェクト」「が始動しました。札幌や胆振管内から、そして市内の方。予想を超えて30名以上の方が参加してくれました。

参加者の皆様は元気いっぱい!田植えを頑張ってくれました。さて、田植えの前に田んぼに植える位置の印づけ。昔ながらの道具「コロ」の登場です

今現在のトマトの生育状況です。「アイコ」「イエローアイコ」「シシリアンルージュ」うーんどれをとっても今のところ違いが無いので面白くないですね(^_^;)

場所は大麻にある月田農場です。まずは前回みんなで植えたトウキビの苗が成長してるのを見学。1か月でこんなにも大きくなっているのですね。

小松菜、チンゲン菜、レタス等々をとって袋詰して道の駅に走って…施肥してマルチ敷いてミニトマト定植して誘引して…嵐が来てハウスが飛ばされそうになりぶるぶる…

畑の土がぬかるほど湿った状態で耕したり、苗や種を植えてしまうと作物の生育が阻害され、大きな減収につながってしまいます。

屋根をかけるためには、ハウスの裾のワイヤーが出るまできれいに雪をどけなくちゃいけません。機械で中と外の除雪をしたあとは、スコップを使って雪を削っていきます。

今のところ、葉っぱがある花(有葉花)が多くあります。放っておいても蕾が膨らんできますが、生育が遅れ気味なので、少しでも早まるように、葉っぱを切っています。

このあいだからハウスの中でハラダ氏が手がけているボカシ肥。発酵肥料です。野菜の味を向上させるためにはやはり肥料も考えなくてはと昨年から色々と試しています。

昨日今日で契約のツルノコ大豆の収穫が終わりました。なかなかの出来 エコファーマー基準契約基準があり有機肥料のみ農薬も限られた回数の中での栽培です。

先月末みんなで収穫した『だったん蕎』の脱穀作業をしました♪足踏み脱穀機  という素晴らしい農具を貸していただき凄いスピードで脱穀が完了しました♪

今年のリンゴは大変順調に育っていて、大きくなりそうです。心配なのが、育ってきたリンゴの実の重さで枝が折れること。つい先日、一か所折れているのが見つかりました。

とうもろこしって収穫できる期間が3,4日くらいしかないのです いわゆる収穫適期というやつです。その前だとまだ熟していないから甘みが少なく青臭く美味しくないです。

畑の草が、「ボーボのボーボー」になってきたので、予想外で、ボランティアさんもいないので、スタッフオンリーで、草取りをしていたら。。真っ黒になってしまいました!

本日、種馬鈴薯の肥大状況調査〜とうとうプレリッジ試験栽培のマチルダを調査発芽不良で抜き取りをし、欠株だらけなので10株連続の部分を探すのに苦労するとゆ〜

このトラックが毎日のように活躍するんです。今は水タンクを積んで、防除の畑に足りない分の水を運びます。これから秋には収穫した芋やらビートやら積んで暴走します

いちご狩りが終了すると同時に、ブロッコリーの収穫が始まり、そして、長ネギの草取り。ネギも元気に大きくなったけど、草もより一層でネギが負けそうです。

同じ品種を比べるという条件付きですが、一般的には、ネットが全体に回って、盛り上がっている方が、味、糖度が充実していると思われます。

秋まき小麦ちゃんの収穫も無事終了して田んぼのヘリ散布が再開してますよ〜ん 田んぼの稲ちゃんをよーく見てみると穂の上のほうに白い花が咲きはじめていましたぁ

メロンのあかちゃん、どんどん大きくなるなと思っていたらカボチャでした(笑)メロンの支柱にぶらさがっています〜。大きくなる前におろしてあげないと。

収穫のシーズン到来です。我が家はパン用強力粉「ゆめちから」からスタートです。いい色に色づきました☆小麦刈りはもちろんコンバインなる機械がやってくれます。

このメロン、キングメルティという品種です。この品種の大きな産地が無くなって、もう、20年近くなりますか…。いま、出回っている品種から見ると、作り方も難しい…。

今日もひたすら馬鈴薯の抜き取り作業〜(x_x;)v真ん中の色が変わって見えるのが、黒アザ病〜抜いてみると・・・この様に、変なイモの付き方をしています(x_x;)

今日は!外は暑い中、上士幌町農業技術研究センターなる施設で味噌作り♪もちろん大豆は村上農場産。音更大袖大豆です。

今日あたりから稲は次のステージ進もうとしています。分けつ開始!ですが、除草剤散布しています。草を退治した後程よい水にしてスクスク育てる環境にしてやるからさー。

昨日、知り合いの野菜農家さんにトマトの苗と交換でネギの苗もらっちゃいました そして、早速今日この苗を植えたんですがこの苗なんとも便利なんです!

戻ってきてからハウスの作物点検です。植えたばかりのほうれん草。様子はどうかなぁ〜・・・と。んんーーーー様子が変。ネズミに食べられて荒らされてるぅ〜

実をいっぱいとって木も疲れてるので、ちゃんと芽が出るか毎年不安になるのですが、今年も無事、木は新しい芽をワサワサと出してくれました。

昨日、にんじんの収穫にお邪魔してきましたよ。 にんじんがどんどん引っこ抜かれてまーーす。 私も機械に乗せてもらいました にんじんのにおいがしまーーーす

雪解け遅くその後も雨がちでずっと出来ずにいたが当農場にとっては重要な仕事。ジャガイモ植えも待っているし、いつまでも畑が乾くのを待ってはいられない。

毎年、秋に稲わらをロータリーですきこんでいる田んぼ。春もいつもはロータリーで耕してましたが、今年からは新品のパワーハローでやってます。

上の写真はパイプを挿す穴を見つける作業です。最初は中々上手くいかなかった長男ですが、あっと言う間に 一発で掘り当てることが出来ていました。

田んぼの準備を始めるのですが今年はさっぱり雪がとけませんよ!!田んぼの輪郭がうっすらと・・取り合えず育苗用のビニールハウスにビニールをかけて、育苗の準備です。

今朝の小麦畑の様子。先日の融雪剤散布のお陰もあり、昨年秋に蒔いた小麦が雪の間から顔を出し始めました。ビートの育苗ハウスでは、今年も順調に芽を出してくれました。

今日は、ハウスの修復作業続行です。残っていたビニール素材を覇がし、骨組みを再確認して作業を進めます。 育苗ハウスの中では・・・ トマトの双葉に異変が・・・。

トマト苗用の土を作りポットに詰める作業をしました。我が家では、毎年この苗用の土(床土と呼んでいます)がイマイチです。

【今日の作業】 作物:ニラ 作業:収穫作業、選別作業 収穫したニラは、この箱に5つ。これを日々、規定の長さまで伸びたニラを刈ります。

白菜はシートの下にこのように寒さを防ぐために身を寄せ合うペンギンのように立てた状態で置いています。立ち上がろうとしてエネルギーを消耗するらしいのです。

本日でビートの収穫が終わりました。本年度は作付面積が多く、疲れました〜これで今年の我が家の作付した作物は全て収穫を終えました

ハックルベリーファームのトウモロコシも順調に育っています 以前ブログでも紹介したトウモロコシの種まき 2粒ずつまいて、育った苗の良い方を残し、間引いて行きます

今日は堆肥散布した畑をスタブルカルチでかき混ぜてました 土と小麦殻と堆肥を混ぜます 上の写真は麦殻全量鋤き混みの畑。

たくさん富良野メロン収穫しています〜♪どんどん注文がきてるので、ガンガン発送しています♪今収穫しているメロンは、追熟するとちょうどお盆に食べ頃です。

毎年同じ時期に同じ作業をするので同じネタの繰り返しになりますが、芽かきが落ち着いてからは主にマンゴーの木の枝の誘引をしています。

今年はトマトハウスでは大玉、プチ、恒例の中玉を栽培しています。なんとなく、とっ散らかっているように見えますが、キノコの廃菌床や竹の皮などが目立つためです。

田植えも無事に終わりました。いつものごとく結構曲がってますが僕は全然気にしませんよ!田植えの反省会も無事に終わり皆さんありがとうございました。

春になると、コミュニティファームが始まるシーズンです。今年は、新たに「農体験プログラム」というコミュニティファームがスタートしました。

「トマト農家」とは呼ばれたくない。他にもいろいろ作ってんだ!てなわけで……今日は、その、いろいろを植えたりしてみたのでありました。これはメロン。

りんご品種「ブラムリーズシードリング」の剪定を始めました。今年は積雪が固くて融雪がなかなか進まず、この圃場は約1メートルの積雪があります。

台木とメロンを接ぎ木する作業です。“呼び接ぎ”という方法で、接ぎ木します。接ぎ木をすると、メロンの根がパワーアップしてすんごいおいしいメロンが収穫できるんです。

うちでこの時期に、まだミニトマトがあるのは珍しいんです。せっかくなので、たまに市場に出してます。ミックスにすると綺麗でしょう

昨日稲刈り終了。直播の圃場を 最後に刈ったのですが、ほぼ半倒伏で、刈り取りスピード上がらず・・・でも 籾は溜まったので良かった〜

最近、害虫のマルカイガラムシの幼虫が生まれてきていたので、収穫後剪定が終わったところで、化学合成農薬を散布しました。

私たちの育てている農作物は「じゃがいも」「小麦」「とうもろこし」「ビート」の4種類ですが、今年は「かぼちゃ」も少々作っています

大豆の根に付く根粒菌には、大気中の窒素を固定して栄養分として土の中に行き渡らせる働きがあります。これを何年か繰り返していると、根粒菌が付きにくくなるそうです。

久しぶりのおやせなイベント「フィールド アグリケーション」を行なった!!約40名の消費者の方たちにお集まりいただきテーマは「農業と旬の美味しい関係」。

雨が降り出す前にトラクターにカルチを取り付けて除草をしたの。  小豆の根や、木を極力傷つか無い用に気を使う作業だよね。

人参の畑を行ったり来たり、除草機2台をかわるがわる使って除草しました。1.1ヘクタールの畑。180mを60回くらい、機械を押しながら歩いて作業しました。

本州に比べると とっても過ごしやすく快適です 野菜たちもすくすく育ち、今食べ頃は、コールラヒ でも、スーパーにも売っていなくて馴染みのない野菜ですね

後日収穫体験の申し込み分のハロウィンカボチャを残して、全てのカボチャの収穫を終える事が出来ました♪ 収穫された、ハロウィン南瓜は1500個ほど。

野菜の花です。 昨年は作らなかった野菜です。私も今年初めてその花を見ました。どんなふうに成長してそれができてくるのかも知らないまま、作っているところです。

雨に叩かれて数日経った畑。このまま種蒔き出来んことはないけど草ボーボーになる事必至なのでもう一回ロータリー掛けとくことにしました。

そんなこんなで、前回の続きの作業をしました。トマトを天井に吊るすための線を張ります。エクセル線(エスター線)という、強化プラスティック線です。

大豆も刈り刈り!今年は雨が多くてぬかるので、キャタのコンバインで刈りますよ((+_+))大豆がしょぼいのもありますが・・・・・ユキシズカ来年やめよう(>_<)

私たちのイベントに参加してくれた女性が2日続けてジャガイモ掘りを手伝いに来てくれました。感謝!これでじゃがいも3分の1が終了、まだまだ先は長いぞ

タイトルの通り、カボチャの収穫第一段を終え、ふるさとファームのカボチャを少しずつ提供し始めました。ぜひ一度ご賞味ください。ETという品種の栗カボチャです。

このくらいで収穫すると店頭へ並ぶときに丁度赤くなるのです。各ハウスを見に行くと、新しく建てたハウスは病気も出ず大成功でした。

干してあった、ニンニクをカットしましょう。カットの様子は、昨年のブログを拝借。ニンニク根切り包丁を使って……こうやると……キレイになります。

先日、ふっくりんこを刈り取りました。今年は平年並みの収量でしょうかねーコンバインのオペレーターは父です。この時期はコンバインに乗る事はほぼありません。

台風による大雨で収穫が遅れていましたが、やっと本日から開始です〜ゴロゴロごろごろと出てきたよーこれはメークイン、煮物に適したジャガイモです。

マンゴーの花の時期が近づいてきています。マンゴーだけでなく、受粉用昆虫の世話にも時間をとられる時期です。 実は受粉にはミツバチだけでなくハエも使っています。

あまり水をあげないようにしているのですが……初期生育が遅いのはそのせいかも?……なんて思ったりしまして、今日、ほんのちょっとだけですが、苗に水をあげました。

まずは畑起こしから。この前に有機肥料(魚かす由来)を振り撒いています。種と土の入った育苗マットをトロッコで運んで、と。一枚一枚丁寧に並べて。

朝晩寒くなって来ました。農園では、まだトウキビが収穫できます。もちろん、農薬、化学肥料は使っておりません。味も実入りもいいです。

親子体験ツアーの受け入れをしました。とうもろこしやにんじんの収穫体験をして紙芝居を見て、ピザづくりをして石窯で焼いて楽しく過ごしていただきました。

ふる里ふれあい店の畑は午後の部。4時半のJRの時間まで畑で収穫です。生食とうきびをまるかじり!落花生は力いっぱい!!抜きました。お疲れ様〜♪

今回のトウキビは、久しぶりに「あまえんぼ」を ひと粒ひと粒がはっきりしていて甘く実に美味しい いつもの品種「恵味」とはまた違った味わいを楽しめ鱒

タネ取り用ズッキーニだ。現在長さ60センチ、最大直径15センチ。重さ不明。こいつもタネ取り用候補。とは言ったものの、収穫見逃しズッキーニは必ずあるのだ。

トマトが赤〜く色づいてきました!日に日に色が濃くなっていくので、ハウスをまわるのが楽しみです(^-^)こちらの品種はシンディースイート。中玉サイズのトマトです。

やったー!6月10日。メロンの初収穫ですっ!2月10日に種をまいて、苗を育て・・・きっかり4ヶ月で収穫でした。糖度は16〜17度!すんごい甘い!大きさもバッチリ。

枝豆が全部では無いですが種まきできたので、ようやく 畑らしくなってきました。苗は早くも、 トマトに小さい実ができていたり、 ピーマンには花が咲いてきています。

畑は、植え付けも無事終わり、順調に発芽。 アスパラも春の収穫は全て終わりました。 これからは草取りやら、防除やら管理作業ってやつです。 それにしても雨が降らない。

トマト、にょろにょろ伸びてますよ〜。水はたっぷり?それとも少なめがいいのかしら?教えてください〜。もうこんなんなってます。もう、トマトの香りがします!

畑作業も急ピッチで動き出しました。まずは早出しカボチャの定植。ハウスで芽を出した苗を畑に植え付ける作業です。機械は使えないので、ひたすら人力で行います。

この前まで23度とかだったからあまりに寒く久々に防寒作業衣を引っ張り出しての作業です。今日は朝からビートの頭狩りをしました。

いよいよ始まりました〜 ハウスの除雪 ・・・まずはイチゴのハウスからです  ハウスは全部で15棟有ります 天気次第ですが全部のハウスを終わらせるには ん〜!

さて。今日で我が家を含め3軒の農家さんのビートの播種が終了しました。約22.5ha分のビートです。 ビートたちはビニールシートの下でお休みです。

昨年のアスパラ収穫は、スーパーマーケットのマイかご?を使って収穫。不便はないんですが、かごがアスパラで一杯になると運ぶのが重たい〜。

「無加温ハウスでパセリは育つか!?」の実験中↓今のところ枯れないけど成長もしないです。かじってみると濃厚なパセリの香り、そして甘味!苦味やエグ味は全くしません!!

冬の牛舎仕事は、寒く、放牧できない分、仕事の量も多くなります。でも、去年までとは、大きな違いがあります。春に、パイプラインをつけ、随分仕事が楽になりました。

秋もすっかり深まってきました。アスパラも黄化が始まっています。この調子ですと11月中旬頃からアスパラの刈り取り・粉砕ができそうです。

我が家の大根を全部畑から抜いてきました。400本の大根。100本近くはたくあんになります。冬の一般的な野菜加工品です。さて。そんな農家さんが冬支度をしている間。

翌年アスパラを新たに植える場所に残った堆肥を配り散布しておきました。今年この土地にはひまわりを蒔きそのまま好き込み土作りをしています。

先日、野菜の注文にズッキーニ25本、今日も5圈舛舛腓辰般詰ですよね。台風12号ですっかり折れてしまい葉は飛ばされてしまいました。

朝もいで、倉庫のビニールシートに積み上げたとうきび。1本1本拭いて箱詰めします…。拭いても拭いても、山がなくならない…。宅急便の集荷の時間が来ちゃう〜。

今日新ハウスが完成しました!「大作農園所得倍増計画」は着々と進んでおります。今解体してるハウスを建てれば大作農園もいっぱしのハウス農家の仲間入りかな?

共同機械で収穫する畑の土壌サンプルを取ってます。小麦畑はまだべちゃべちゃ…何ヵ所も歩いて取りますが畑の枚数もたくさんありるし、距離は長いし…(*_*)

豆のホー除草が始まっています。アルバイトを雇い人海戦術でこなしていきます。畦1本1本、順番に豆の株の根本の雑草を「ホー」でそぎ抜いていく作業です。

シルバーを外してから4日目まだあまり変わらない感じですが全体が何となく揃ったかな?まだまだ思ったより寒いです もっとグッと暖かくなってくれるといいのに

3月に入っても晴れの日が少なく、当農園の野菜用の30坪の小さなビニールハウスも換気することが僅かしかありません。今年は、2月の中旬にハウスづくりをしました。

今日はオテントサマ全快 おかげで、トマトの苗たちも、たくさん日光浴が出来ました。今季の抽出児童(観察苗)、桃太郎なつみの「なっちゃん」です。

今年度2回目の鉢上げでした。朝、仕事始める時刻が遅かったから午前中に終わらなかった〜プラグ苗育苗ハウスはこれにて空っぽ!でも明後日また次の種蒔きですわ(汗)

先週ビニールをかけた育苗ハウス。だんだん雪が融けて来て、地面もちらほらと顔を出すようになってきました。今日からは、残りのハウスかけの準備スタートです。

野菜も少〜し成長してくれています。野菜を見ながら・・・・・やっぱり植える時期って大事なのね、と感じる今日。これは去年の年末に定植した小松菜。身長5

本日、今年の豆の脱穀作業が全て終了しました。10月末からほぼ11月いっぱい度重なる雨・雨・雨・で悩まされさらに12月に入るとこの地域の12月初旬とはおもえぬドカ雪!

かぼちゃの一次加工を始めました。品種は、ほっこりです。このかぼちゃは、収穫してからかなり日数が経っていますので、糖度も高くなってさらに美味しくなっています。

先日の雪で。ビートの山は雪の山となりました。で。このもうすぐ出荷のビートの山の雪を除雪せねばなりません。で。テントをはいでおいておかなきゃいけません。

マニュアスプレッダーという作業機を使い堆肥を(牛の寝藁に牛糞まみれになったものを 堆積し発酵させたもの)有機質肥料として畑に散布していきます。

片付け作業をしながらそれと同時進行で、来年の準備もしているのです。昨日の、育苗土作りもその1つなのですが 今日は、育苗ハウスにヒートパイプを設置しました。

5月に切り苗を植えたさつまいも、やっと収穫始めました。粘土の畑で夏は干ばつだったので、ちゃんと育つか不安でした。でも、小さめサイズながらちゃんと育ってました。

共同のビート堀が始まりました。5軒すべてのビートを掘り上げますからかなりの面積になります。しばらくはビート三昧です。合計13人でビート堀にかかわります。

もう、こんなに片付いてしまったハウスもあるけれど、他の5棟は、まだこんな感じ。トマトの木も元気に(?)しています。もう、実はほとんどないんだけどね……

今日から秋のカボチャ作業の第2弾、雪化粧の収穫作業が始まりました。道の駅への納品もお休みしてフルスピードで作業を開始

ロメインレタス。イタリア野菜ですね。いい感じに巻いてきました。他の3種類のレタスたち(ロロロッサ・ハンサムグリーン・ハンサムレッド)も大きくなってきましたよ。

昨日、今日と畑の学校のみなさんが稲刈りをしました。昨日がお米組1組で「うるち米」、今日は2組が「もち米」を収穫しました。

きたみらい管内の季節を感じながら、農業体験を通して農業や食に関心を持ってもらいたい!という企画が「きたみらい農業体験&見て歩きツアー」です!

トラクターの後は放棄地ではなく豆を植えたところ。豆の姿はいずこへーーーー今日の小芋は先日より少し大きめもありです。やったね

北海道産とうもろこしは好評出荷中ですが、同時進行でにんじんも収穫しています。にんじんの収穫は、ハーベスターという機械を使って行います。

写真は今日の「旅路」。この色合いと旅路の特徴であるグズベリーの様な縞模様。なんて美しいんだろう!!と写真を撮らずにはいられませんでした。

玉ねぎの雑草がものすごい茂り具合になってしまい、あわてて草取りしていますが、なかなかはかどらず苦戦しています。草取り前。

小麦刈りが始まりました!高温、そして風が吹き青空の下 順調に刈取りが進みます。さてさて気になる収量、品質ですが....まだまだ始まったばかりなので良くわかりません

「麦」の収穫が始まります 「麦」の収穫は個人で行うのではなく、地域の農家が共同で所有する「ハーベスター」を使い、皆で協力して行います。

無人ヘリコプターでの散布が本格的に始まりました 中々暑い日が続いておりますが、無事に1回目の散布を終えることが出来そうです

現在21時ですがまだ小麦かりをしている我が家です。今日の農協の麦乾の営業時間は23時までだそうです。それもここのところ天気が悪いのです。

変なナスでしょ?  パープルクララっていいます。白い線が入ってるけど……傷がついてるんじゃないんですよ。こういう模様なんです。

今シーズンの「早生こま」と「さとこま」・・・味見をしました。今年の実は、思ったよりも実が小ぶりです。すずなりにたくさん実ってはいるんだけど・・・。

さし苗用にとたくさんつけておいた苗箱を回収しにすべての田んぼを回ってきた。田植え靴はいて田んぼに入ったら、お風呂のようにぬるいお湯だった。

トマト畑のトマトたちは、一雨ごとに生長していく感じを強く見受けられるようになりました。久々に、ほっと一安心できた・・・と言うのが正直なところかもしれません。

かぼちゃね、6割くらい植えれた〜こっちん家は、セルポットで育苗します。セルポットは1枚に128個の種を撒くことができるの。

外に放り出された育苗ベンチ。今苗が入ってるハウスにも数日後トマトを定植するので、その分の苗を引越ししなければならない。

メロンの収穫は9月上旬まで続きます。中旬になる頃まで自宅でも食べることができます。2か月間食べていたものがなくなると口が寂しくなりもう少し食べたくなります。

ず〜っと曇りで低温の日が続いていました が、一昨日から青空が見えてくれました ビートの植えた畑の土を柔らかくする「中耕(ちゅうこう)」作業を行いました。

先日の日曜日は『とうもろこし』と『すいか』を植えました。まずはとうもろこしを植える畑の草取り前の一枚。春先に1回耕したのですが、すでにこの有様。

今年はここ浦臼町も天候が安定せず苦労してますが、マンゴー、順調に大きくなってます。完熟収穫まで、じっくりと、甘みやおいしさを増していきます。

6月12日、クッキングトマトの定植を終えました。昨日は、定植作業と並行して灌水作業も実施。今回で灌水3回目。 朝5時。朝日を浴び、冷たい風に吹かれる苗たち。

我が家の倉庫の隣のルピナスがきれいに咲いています。雨をもらった芋も元気です!そして。ビート。我が家で一番元気な畑のビートですが(笑)

昨夜仕上げの整地をした分は、芋蒔きを始める前に畝切りを終わらせたかったので〜明るくなる前から畝切り開始〜(~_~;)vロータリーで整地した分ピッタリに畝切り終了〜

イチゴが順調に花を咲かせてます 今のところ病気も無くスクスクと生育です ただ 全体的に草丈は短いかな 〜 (人間で言えば 短足ぎみ)

4月下旬に長ネギの苗を定植。ゴールデンウィークの後半は雨が降り、お出かけには、残念だったけれど、長ネギには、最高の(少し降り過ぎたけど)雨でした。

カボチャの苗用の紙ポットに土詰めの作業から。去年初めてこのやり方でカボチャの苗を作り、定植も楽だったので今回も同じ方法でやることになりました。

今日から、パートさんたちがアスパラの収穫出荷作業に加わり、朝から賑やかな畑です。 今シーズン初の収穫・・・1年ぶりの勘を戻すように徐々にスピードもアップ。

ちょっと早いけど、草が出てしまうので坊主知らずの土寄せをしました。4月末から収穫出来ればいいです。隣の春扇は定植の時に殺虫剤を忘れて、結構やられちゃいました。

凍ったホースごとパキパキと割れてしまいました〜暖かい日中の内に散水を終わらせなければ、苗の地温が下がってしまうので、とりあえず散水チューブで散水開始〜

スノーモービルに、何やらかわいげのある噴霧器をけん引します。大きな器の中に融雪材を一度に40kgいれてスタートです。

ビートセンターも4日目になりました。今日はとうちゃんが休みになっていたので、ビートポットの設置の方へ様子見がてら、写真を撮ってきてくれました〜

きのうはハウスの土が乾いたので、土を耕して黒マルチを張り スイートコンの種まき準備 左側には玉ネギの種を蒔いたんだよね

『にら』です。緑色の新芽がたくさん出てきました 早く大きくなぁ〜れ 山本農産今年度いちばん最初に食べる事ができる野菜は『にら』かもしれません

収穫は2か月ぶり。今年初めての収穫日 久々で少し緊張〜(笑)で、収穫してみたら私の想定とは違って採れる数が少ないです。少しだけですけど、嬉しかったなぁ〜!!

今日もなんだか寒い日でした、、、そんななか今日は秋に土に埋めた大根を掘り起こしました。雪が60センチくらいは積もっているでしょうか。雪を掘っていきます。

月末になって、ようやくボカシの散布を開始できました。去年の秋に仕込んでおいた堆肥、切り崩してみるとまだ醗酵が続いていて、触ると温かいです。

夏秋採りホワイトアスパラ用のハウス準備を実施しました。ハウス内に雪が20cm程度積もった時に籾殻被覆。70坪ハウスに7&#13221;のほどの籾殻を散布しました。

除雪の為にバケット付きを用意したんだけど、すごく除雪が「ヘタ」な私。来月に堆肥を運んでもらった時トラック出入りのために、畑側の通路の除雪は必須。

近くの酪農家さんから堆肥を運んでもらうので〜堆肥を置く土場を除雪〜家に帰ると、データ収集やらでメーカーに持って行かれていたトラクターがやっと戻って来ました

鳩山町で、もみ殻の搬入搬出と袋詰めに明け暮れています。畑に置かれたもみ殻入り袋もだいぶ増えました。今日は、仕事が終わった後に開墾予定の畑を見させてもらえました。

畑作業が終わると、何もしないわけではありません。やらなくてはいけないことがたくさん。 まず、機械の格納、雪の下になるので。格納庫に、収納  来年のための準備

から竿で脱穀した豆たちです!!この時にはまだからがたくさん混じっていたんです^^;ですが、この後唐箕をかけることでメチャメチャきれいに☆

今日は、畑に最後まで残してあった大根、にんじん、白菜、キャベツの収穫をしました。 写真は雪だらけですが、この下に大根他の野菜があります。

今年からたらの芽栽培を本格的にやります。水稲育苗ハウスを仕切り二重ナイロンをして水槽を作りマキストーブを設置冬の仕事の段取りをしています。

果てしないぞーなにがって、伝説の伝説の黒千石さんの、、、、豆の選別がぁ!お客さんに、おいしく届けたいので今、選別をしているのです。。。

今朝、7時半ころ、先輩シゲから電話がきて蕎麦の選別やるぞ〜と 早っ きのうは8時ころからやるべ〜〜〜と言ってたのに・・・で、俺は起きたばっかり

大豆の脱穀作業も順調に進み、60個あったニオウの山も残すところ、あと10個になりました。なにより脱穀作業より時間がかかるのは、機械の掃除です。

数日の収穫物はこちら!サツマイモウチのは小さいですが北海道でも栽培可能です!サツマイモと同じに見えなくもないですがニンジンですこちらは大きく育ってくれました!

今日、カシスを30本植えました。苗木は、以前からある大きな樹にポットを取り付け「取り木」したもの。順調に生育し、ポットの中は根がいっぱい!でした。

昨日も少しビート掘りしましたが 今日は真剣に2町掘る予定です。 ビートを収穫する機械は ニチノーの「660 TURBO ピタROWくん」 です。

【今日の作業】 作物:…垢い蘯鏤辧´長いも 作業:ー穫準備作業 ⊆穫準備作業長いも種子の支柱を片づけ、長いものネット、支柱の片づけ作業を。

収穫もひと段落したのでカラーピーマンの木を剪定をする事にしました。今までは手で剪定を行っていましたが、最後は植木を剪定する大きなハサミでバッサリ行きます。

朝露に濡れた林檎 美味しそうに色づきははじめました.現在の管理作業としては”葉摘み”してます。 果実に光を十分当たるようにして林檎の色付きを促進させます。

「赤いダイヤ」だったけ、小豆って? 今年は、なかなかいいかんじで育っていた。しかし、か弱い小豆は、春先の長雨に当たって濃い緑から 黄緑色に変化してしまった

ちなみに僕は稲刈りの収穫組合に所属してるんですがいつものごとく刈って刈って刈りまくるだけではなく今年は後輩君に操作を教えながらの稲刈りをしてます!

レンズ豆ちょっとだけ収穫しました。掃除だけして金時キットでやってみたら、コンバインでもやれそうです♪後ろには多少出てしまうけど、気になるほど出てない感じです。

トマトは今日も袋にいっぱい採れましたよ^^ご近所の方も自由に収穫することができ、「ここで採れたトマトは甘い!」と評判。

今年もかぼちゃの収穫期を向えた。今年の面積は昨年の倍以上の80a。帯広畜産大学の方たちにアルバイトをお願いして収穫した。カボチャの品種は「恋するマロン」ちゃん。

この絡まっている蔓たちを、一つの苗に対してメインが一本仕立てになるようにそれ以外の蔓を切りとり、絡まりをほどいていきます。

イチゴガアマクナール」撒きました。50a(5000)に2.500圈!道内のイチゴ狩り屋さんでここまで投入している農家さんは居ないでしょ(笑)

作業に追われたり、、と、ばたばたとあっという間にここ数週間がたってしまいました!ぶどうの成長はと言うと、以前の写真からは比べ物にならない程に成長しています

ご覧の写真はニンニクを干しているところ。全部で4種類のニンニクを全て採り終わって、ご覧のように乾燥させ食べる分と、来年に向けて植える分とを仕分けます。

今、初めて作ったかぼちゃの「コリンキー」レモン色で生で皮もタネも食べれるのが特色なんです。スライスしてサラダにしたり、浅漬も美味しいですよ〜。

今年度産から本格移行した小麦の新品種「きたほなみ」。小麦の収穫が始まる前に、畑を見てみたいと思って、音更まで行ってきた。

ピーマン整枝作業 当社のスタッフ、どさんこワイドに登場したS君です、ピーマン3日目ですが覚えが早く、ベテランの方に必死でついて行くのが見てわかります。

5月26日 株間10センチ、条間10センチで深さ1センチほどの穴に点播き。6月21日 とりあえず順調。虫の被害は思ったほどではなかった。

今日、種から育てたアスパラの苗を畑へ定植しました ですが今年は収穫できません。来年も少しの収穫、再来年から本格的に採れるという、ちょっと気の長い話です。

ハウスの中では、玉葱の育苗管理を引き続き行っています。1葉目が伸びてきました。ここまでくると、寒さにも強くなってきて、ぐんぐん伸びるようになります。

残って居る雪を片付け、ハウス内で苗を育てる、温床作りに入る事が出来たんですよ〜 この温床って何?って思う方は、電気毛布が入って居るベットを想像して下さいね〜

桃太郎エイト、夜のかお。まあ、なんとかプラグ苗らしくなってきた 前回の苗は発芽勢が良かったのを盾に超手抜き(観察不足)だったせいか、鉢上げ時に根鉢が甘く?

昨日、7棟すべてのハウスにビニールをかけ終わりました。写真は、ビニール(うちで使ってるのはPO)をかける作業の様子です。10人ほどの共同作業。

トマトの種まきです。農家は苗半作と言って苗つくりで収穫の50%が決まると言いますが当農場は 発芽半作です。今の一般農家は種をまかずに 苗買ってきます。

穏やかな天気の昨日、「良〜し、アスパラハウスに堆肥を撒くぞーーー」と頑張りました、私。機械ではなく、一輪車を使って運搬。

ルッコラの他に何かないかなぁ〜と、、なんか採れそう、と「スイスチャード」を試しどり。スイスチャードの中で大きめを探して収穫です

寒締ほうれん草は寒さにあててほうれん草の甘さを引き出すんです。寒さの中だから育たないよね。少し気温がプラスになって欲しいなぁ〜。

ビートの育苗用の土通しを昨日・今日で行いました。昨日は倉庫の中に土と肥料を混ぜる作業、今日はその土をふるいにかけてハウスの中に積み込む作業です。

収穫作業終了後、 天気が続かず、 なかなか片づけ物も進まなかったんだけど 数日前より 最後のジャガイモの箱詰めをしていたところ・・・ 本日最終出荷となりました〜

大豆を乾燥 ・・・今年はこの時期に この雨天気では ・・・ 少々乾燥する事が難しい 〜 〜 かも でもって ジェットヒーターを持ち込み乾燥を

思えば皆で杭を打ち、ネットを張り、種を蒔き、草を取り 収穫を・・・季節はあっと言う間です!! この一瞬、一瞬を楽しみながら過ごせた日々に感謝!

このところの寒さのせいか、一気にゴマの鞘(さや)が開き始めて「あれっ???ちょっと遅すぎたかも・・・」と思いながら刈り取りをしました。

毎日毎日晴れ間を狙って収穫作業が忙しい。ジャガイモはまだまだある。バターナッツ、収穫は25%アトランティックジャイアントはほぼ終了ゆきこ・・・100%終了

秋の気配と共に、ネギ達の収穫も始まってます(^^)v ネギ作りは、3年目なのですが、今年は3年目にしてまずまずの出来かなぁ〜♪って感じなんです。

池田町のブドウは天候に恵まれて順調に生育し徐々に実が色づいてきています。収穫体験を今年も下記の日程で開催いたします。日 時  平成24年10月8日(月)

春に撒いたグリーンベルトが成長しました!グリーンベルトは農作物と農作物の間に緑肥で壁を作り違う作物に隣の作物の農薬がかからないようにしようという取り組みです。

ちゃんと、スピーカーの方向を向いて伸びてるんですよね。それに、写真では分かりませんが、この周りのトマトの木って、枝振りや葉っぱの勢いが盛んなんです。

7月30日から始まった小麦刈り、まだまだ絶賛刈り取り中です 1日の雨以降モヤモヤした天気が続き、小麦の水分もセンター受け入れギリギリまで戻ってしまいました

田んぼには着実に秋の気配が迫ってきてますよ 我が家の田んぼにはもうすでに稲穂が出てきてます  遠くから見てもなんとなく黄金色っぽくなってきました!

小麦の刈り取りは、今、まさに最盛期!JAの乾燥調製施設には、町内の各地から刈り取られた小麦がダンプカーに載せられ運ばれてきます。

きのうエンバクを耕しに行った休耕田の半分に蕎麦を蒔いて順調に育って来てるんだけど・・・きのう行ってみて・・・えっ 隣の畑はイモ畑で収穫後、ソバを蒔いたんだな。

野菜たちもぐんぐん成長を続けます。とうもろこし。すこし前まで子供たちの背ほどだったのですが、あっという間に おっちゃんの背(170cm)も超してしまいました。

東から順にトヨシロ・メークイン・キタアカリがまいてあります。種芋を播くときには、畝の本数をチェックして、何列目の畝までどの品種、と印をつけていました。

ブロッコリーも始まるし。アスパラの夏芽に、今年、初めての麦があって。しそ、かぼちゃ、ビート。 ただでさえ夏は短いのに、あっという間に秋になるんだよなぁ。

ビートに中にも野良芋が出てました・・・(当然ですね〜) ビートの際に生えてる野良芋は堀りづらい 2haくらいあるこの畑・・・何日かかるかな

6月に入り、育苗していた野菜を畑に定植するシーズンがはじまっています。すっかり木々や草花も葉が生い茂り、草刈も間に合わない日々です(苦笑)。

初めてのロータリーカルチ作業に勤しんでおりました。 ピンボケしてますが、こんな感じで畝と畝の間を砕土していって、カルチによる中耕・除草をしやすくする作業。

雪踏みあんなに苦労したのに効果がなかったらどうしよう・・・などと考えていましたが・・・今のところ雪踏み作業した畑、大豆、小豆、ビート畑は野良イモは全くなし。

おととい、プレ・かんちゃんファームに再びミニトマトの苗を植えました。雨よけトンネルは、今度はちょっとした強風でも耐えられそうな構造にしました。

初夏を迎えたファームでは、定植したトマト、ズッキーニ、じゃがいも、豆などが元気よく育ってくれています。すくすく育っている様子が見られ、喜びと驚きの毎日です。

メロン畑の露地トンネルをつくっています。今日は冬に逆戻りしたように寒く、またまた雨もちらちら降ってきました。今年はなかなか気持ちよく晴れた日が来ないですね。

こんなに寒いんでしょうか?今朝も直売所用のベビーリーフを収穫してパックに詰める作業をハウスの中でしたんだけど寒くて、震えながら作業したよ

今日もブロッコリーの収穫に励む日。早く収穫してあげないと、大きすぎになるから頑張らんと。ホワイトアスパラは収穫時に私がバキバキと折ってしまったアスパラで〜す

今回、自家採取して、種まきをはじめてしました、、免疫力を高める作物はないかなって探していて発見した伝説の癒し系ハーブ『ホーリーバジル』こと『トゥルシー』です。

本日、種が入荷となりました。いつもの年だと水温を12度に設定して、10日間くらい水に浸けておくのですが、水温を少し落として管理しております。

地面はどろどろ長靴が放せません。 種芋の芽だしするハウスも1メ−トルくらい去年からの積雪があり除雪しましたが、気温上がらず、ビニルもまだ張ってません。

ツルが50cmほど伸びました。6節まで成長しましたね。この“生命力”というか、のびのびしたメロンの姿からつたわりますか?毎朝、「おはよう」。

種イモを貯蔵庫から出しました。そして車庫に並べて浴光催芽といって、光をあてて芽が出やすい状態にしておきます。 我が家は今年もでんぷん用ジャガイモのみ出荷です。

ビートに水やりを行いました。自動灌水機なので行ったり来たりと勝手に動いてくれます。一冊7リットルが目標です。770冊ですから5,000リットル以上灌水して終了

おお〜生命の神秘!!芽吹いてきましたよ〜!今日でだいたい8割強。通常、播種した個体の9割が畑で使える計算をするのですが、9割5分以上は確実によい子に育ちます

最大の山場、堆肥散布です。実に7tもの堆肥をアスパラの畝に散布します。トラクタでガサーっとすくって...ハウスの中に畝も畝間も関係なく均等にのせてゆきます。

助っ人の娘が帰ってきたのでビート苗作りを明日から始めようかな〜と本日午後から試運転をしてみました。機械も動いてくれたので、明日からは順調にイケそうです

写真は散水機の調整をする親方です。水平に、真っ直ぐに、左右対称の長さに、します。チェックポイントはたくさんあります。

きのうはしばらく天気が崩れるみたいなので自家用野菜のハウスのナイロン掛け 俺が遊びに行ってた間、親父がキレイに除雪

ニラの出荷で大忙しの一週間でした むかわで作っているニラは1つの株で3回収穫します。一番初めに刈ったニラが『1番ニラ』1番ニラが一番美味しいです

そんな極寒の北海道でも、この時期、レタスが収穫されています。現在、うちで取り扱っているのは、旭川産の水耕栽培のものと、札幌産の施設栽培のもの。

やっと、やっと、やっと〜・・・。アスパラハウスの作業完了しました ホッとした気持ちと、「やったぁ〜」と叫んでいる自分(笑)。

雪踏み作業をやってます。雪が多かったので作業が追いつきません(;´д`)そんな中、今回の雪が降った後一度もいじってない畑が…

「にお積み」等で天日したお豆達を「さや」から落とす作業が終了しました。私たちの農場は試験栽培が多いので、少量の部分ではこんな作業もあります。

一気に積もりましたね。地上部の野菜(今あるのはカリフラワー)はもうアウトでしょう。成長しきれなかった物もまだまだありましたので本当に申し訳なく思います。

今日もビート掘りをしています そして掘り終わりました って、言うか、終わっていました 今日は地元の地域の収穫感謝の集いでしたので話し合って僕が参加しました

こちらは、均平板を上げたロータリーをかけ、畑に残っている人参を表面に出してあるので〜何度か霜に当て、人参が腐りやすくなるまでおあずけ〜

豆落としをやりました〜 コンバインの口の所に刈り取り乾燥させた豆を放り込みます  後ろからゴミとなった殻が左下の部分から排出されます

やっと、当園のリンゴの主力「紅つがる」「つがる」の収穫が完了したところです。2週間前は、枝が折れそうなほどに沢山なっていた赤い実も無くなりました。

遅れたビートもいよいよ収穫の時を迎えました。砂糖の原料になりますビート。日甜に出荷されて、真っ白な砂糖やオリゴ糖に姿を変えます。

メロンの畑も片付いたので、やっといも拾いです。うちは面積がそんなにないので、デガーという機械で掘り上げて、手で拾っています。

ハスカップ園の下草刈りが、昨日で、残り4分の1の面積となった。 朝9時半から刈り払い機を動かし、草を集め、堆肥場所に運ぶ。

お米の収穫がやっと先週おわりました 多分、当麻では一番最後まで刈っていたのではないかと思われます(^_^;)写真はゆめぴりか北海道米の新しい品種です

トマトの収穫もだいぶ少なくなってきました だいぶ、さっぱりしちゃっってます ちょっと前に灰色かび病が蔓延しそうになって葉っぱをだいぶ落としました。

今日は久しぶりに晴れましたが、まだまだお日様が足りません。例年20日頃から収穫が始まる「つがる」もまだ青リンゴ状態。

今日は朝から快晴☆そろそろ収穫日和です。とはいっても玉ねぎや食用芋などは昨日の雨で畑が乾いていないので収穫できない状態

もうすぐ農繁期に入ります。9月の頭から、まずはごぼうの早生収穫。それから次々と豆収穫。台風が過ぎ去ってから、本当に忙しくなります…。

箱詰め出荷用のトウモロコシ「ゴールドラッシュ」です。先っちょにあるのが雄花で 花粉をいっぱい出してます。無事に育ってほしいな。 

週間予報ではまだまだ晴天予報だったが・・・。 久しぶりに今日は花壇や路地のナスやセロリーなどに水掛を行った。

初めての収穫作業でしたが、そこはHMのSPチームで難なくこなし本日の収穫は全て終了する事が出来、来週仕事依頼も受けました

コンバイン5台で刈りに来てくれました。あっという間に終わりました。きれいに刈ってくれました。とても嬉しかったです。又お願いしたいと思いました。

これは1回目播種のとうもろこしです 風当たりの強かった所が倒壊し、今は何もすることができません 天気が回復するのを待って真っすぐにしていきます

ズッキーニは南瓜の仲間なんだょ 知らなかっただろ ママズ・キッチンのスープカリーには ズッキーニが入るんです 珍しいでしょう 是非 食べに来てみて下さい!

ついに富良野メロン、初収穫です!ヤッホー!2月25日にメロンの種を蒔いて、ようやく収穫です。大きいし、糖度も16度ぐらいあって パーフェクト。もう、幸せです!

田植えが終わってすぐにまずは草刈をはじめました。 今年はあまり気温が高くないくせに草が元気で気づいたら伸び放題になってました(笑)そのわりに苗は元気ないっていう。

北海道では6月20日までが種播きのタイムリミットと言われているそうです。生育日数が約3カ月が多く、9月20日以降は、生育が止まると聞きました。

始めて草を放り込まれた若鶏はそれを食いものとは認識してなくて、超ビックリして遠巻きに見ております。草を放り込む度に「わあああああっ」「どどどどどどどっ」

23日本日には7割くらい顔をだしました。発芽が30%から40%を超えたら、立ち枯れ病防止の「タチガレン」をかけてあげます。元気な苗になるんだよー。

ハウス作りは、少しも進んで居ないけど、育苗ハウスの中ではポットの土詰め、苗の移植に野菜や花達の播種が少しづつ進んでいます。

玉ねぎの床ふせはおととい紹介したとおり機械が並べてくれます。その段取りは人が手でやるんですけどね。並べる機械=ならべーる

江面ファームの1シーズンは、ビート(甜菜)の苗をハウスで育てるところから始まります。 ビート(甜菜)とは、お砂糖の原料になる、大根のような作物です。

播種の次はマット伏せですハウスの中一面に敷き詰めていきます今では機械化されていますが我が家はまだ導入しておりません これが結構お高いんですよね〜

トマトの発芽が始まりした。サンチェリーピュア ミニトマトです。まずまず揃った発芽です。実はこの瞬間が農業やっていてうれしい瞬間です。小さくてかわいいですからねー

1月8日ころから始めてきたじゃがいもの選別の残りをやっと先日終わらせることができました。最後の選別は、紫いろのじゃがいも「シャドークイーン」でした。

今年最初の鉢上げしました。プラグ苗専用育苗ハウスからポット苗育苗ハウスへ移動。トレイ何枚だっけな?こんだけ。たっぷり潅水してから移植ですね〜

ハウスのビニールは1日にすべて剥がし終わりました〜ヽ(^o^)丿 これさえ終わっちまえばあとはどっちゃり雪が降ってももう心配無用です!

今日はハウスにナマワラを撒いた。数年ごとに入れてんだけど、何か効果ありか無しか?わからんけどね。これが稲ワラのミニロール。一見乾いてるように見えるけど

10月6日(土)〜8日(月・祝)にかけて、ジュース用のぶどう「キャンベル」を収穫しました。うちの奥さんは、家にこもって食事作りと片付けに徹してました。

今月の15日から稲刈りを始め、残り3.5町ぐらいです。 このクボタのコンバイン「SR75」、13年目で1080時間ほど使ってます。

JAながぬま青年部活動として、地元の中学生の農業体験を行いました。スイートコーンの畑で収穫体験です。収穫したスイートコーンの選別を行っているところです。

今回は、旬を迎えている野菜たちを収穫し、参加者のみなさんと一緒に収穫した野菜を簡単調理して収穫祭をおこないました

8月に入り、程よい間隔で雨も降るようになり、畑の野菜たちも元気を取り戻してきました。ハスカップの収穫はすべて終わり、ブルーベリーも5,6割収穫が終わりました。

月田農園さんをお借りして農業体験をしました。まずはビニールハウスにびっしりとなっているトマトの収穫!月田さんにとりかたのレクチャーをしていただき、収穫スタート。

植えっぱなしで手入れを出来ずにほおって置いたカボチャ畑に久々に言って見ました。このままでは雑草に埋もれてしまい大変なことに・・・

馬鈴薯の収穫作業のさなか、私はキャベツの移植作業。移植作業も今日の分を入れてあと3回。圃場も5日前の移植後半月前の移植キャベツは大きくなっていました。

アスパラ畑のモドキ取り作業に入る前に朝仕事を少し。 生食用のトマトの誘引、葉物野菜畑の整理と草とり、ピーマンやキュウリ、トマト、ツルムラサキ、エンサイの収穫。

予定通り、マンゴーが少しずつ落ち始めました。実は木にぶら下がったまま完熟し、色が紫から鮮やかな赤に変わってネットの中で自然に落果するので、これを収穫します。

日本で穀物と言えば米ですが、世界的には小麦になります。平地だろうが高地だろうが暑かろうが寒かろうが世界中の至る所で栽培可能だからです。

私も帰村して直ぐにトマト「なつのこま」定植です。「なつのこま」はきの実農園のトマトジュース用の品種です。パスタソースなど料理にも最適なトマトなのです。

農業改良普及センターの方たちがわが農場に通ってくれて 色々な指導をしてくれたの。そして肥料の試験をしてみる事になりました。 

いとこさんがお手伝いに来てくれて、私は播種機 いとこさんはリフトでハウス前までポットを運んでくれて、父ちゃんは、ナラベールさんでポットを並べる作業。

一刻も早くミツバチが到着することを願いましたが、急変する成育にミツバチの段取りが追いつけず、それでも急いでもらって本日、ようやくミツバチ達が到着しました。

5月2日なのですが、恒例のアスパラの殻焼きをしました。アスパラは収穫が終わった7月頃からどんどん成長して葉を広げ存分に光合成をして養分を根っこに溜め込みます。

午後の作業スタート。今日種まきするのは、しそ・にんじん・かぼちゃ・かぶに決定。 まずはしそ。青しそ・赤しそどちらも株間・条間20cmくらいで点蒔き。

明日の朝、ビニールハウスのビニールをかけようと思いましてすぐに作業できるように準備をしてきました。準備だけでも5,6時間かかるんだよ〜(~_~;)

ビニールハウスの中の雪も融け中の凍結もなくなったので昨年の茎をかたずけ、秋に通路に入れた堆肥を畝にあげたところ 次に、肥料を散布します

研修目的はニンジン収穫の栽培テクニック 昨年、私たちのニンジンは大失敗(T_T)それで、他ではどうやっているのだろうと学びに来たのです

育苗ハウスの中ではメロンが発芽しています。外作業に夢中になっていると育苗ハウスの状態を忘れそうで気を付けていなければなりません。

我が家にとってはいよいよ本格的な仕事始めの月です。昨年の11月中旬には畑での仕事は完了して、そこからは長い農閑期だった訳です。

わからない事ばかりのアスパラ。 最近は、伏せ込み栽培で冬でも収穫できるアスパラ栽培があちこちで行われているそうです。温泉の熱を利用した栽培方法など、工夫は様々。

冬になるとすっかり定期検診もサボり気味です。それでも、ほうれん草の生育のばらつきが気になったので、土をいじくったり、pHを測ってみたりしました。

ビニールがかかっているハウスは残り4棟。ハウスのビニールは来年も使用するので、できるだけ天気の良い日に、ビニールを乾かしてから回収したい。

冬になり、今シーズンの畑の仕事はなくなりましたが、来シーズンに向けて肥料の準備をこの時期に行います。畑作は規模が大きいので、その分肥料も半端じゃない量です。

おまめの収穫が始まりました。 緑の草みたいなのは雑草ではなくてこないだまいた麦です。地面のかなりしたから刈り取るので収穫の中では難易度は高いです!

夜な夜なやっていた雪化粧カボチャの出荷準備もいよいよ大詰め。倉庫に積んでいたダンボールの山を一気に出荷開始です。トラックに5段積みにされたダンボール達。

久々にいちごの顔を見てきました。定植してから2ヶ月近くなりました。天気が悪かったにもかかわらず、大きくなっていました。通路の草もすごいですが・・・(笑)

本日脱穀できました。手芒(「てぼう」とよみます)、金時、小豆(品種は大納言)、黒豆(品種は祝黒)、大豆(品種は鶴の子)、枝豆(品種は快豆黒頭巾、湯上り娘)。

年内収穫を目指し「小松菜」と「ホウレンソウ」の種をまき、早く育つ小松菜を今日畑に植えました〜。久しぶりの土の感触。好きなんですよね

ビニールハウスの天井に届く勢いです。 ハウス内が雑草だらけなのは見なかったことにしてください。最近涼しくなってきたのでオクラの時期もそろそろ終わりか・・・

今日は有機じゃがいも【十勝こがね】の残りを収穫しました。 十勝こがねは、煮崩れしにくいじゃがいもなので煮物や、カレーライスなどにぴったりです♪

やっと掘った。あの雨でまだ土はべたべただったが、もう乾くまで待てない。これで今年のイモの収穫は終了。さてしばらくやってない薪割りだけどそろそろ割って片づけないと

いよいよこの日は、待ちに待ったじゃがいもを掘る日です。ここのところの雨続きで、にんじんのように芋が腐れてないことを祈りつつ、家族全員で畑へ。

北海道神宮マーケットに「百姓のいえ」の卵と野菜を出店しました。天候にも恵まれて、沢山の方々にお買い求めいただきました。

畑作業しましたが、じゃがいものご注文を頂き、久しぶりに手作業で芋掘りしました。 畑作業を早めに切り上げ、もう一度冷水峠に上り、雲海の無い写真をとって来ました。

南瓜の花ですよ。 黄色い花で蜂が花粉集めに忙しそうでしたね  畑がカラカラだけど、花を咲かせて実も付けてるからエライわぁ。

昨日はコンバインの掃除をしてたんです  なぜ掃除が必要なのかというと稲もこの機械で刈るので中身をきれいにしておかないと麦が米に混じってしまう可能性があるからです

播種から丸2ヵ月、うねがふさがってきました。とりあえず草の心配はなくなりました(*^^*)鞘も徐々に増えはじめ、順調のもようです。

大豆の草取りをしました なかなか暑くて汗がたくさん出ました ダイエットには良いですね 大豆より大きくなっている草を見つけて採る作業をしました

昨日からラジコンヘリによる稲の防除が始まりました うちの農園の他にたくさんの農家さんの田んぼへ出張に行きます

定植から2週間 ピンとまっすぐな茎が出てきました。しっかりと根を張ってくれているようです。毎日、成長を楽しみに観察しております。

仕事の方は今日も小豆の野良イモ切り 風が当たらない畑なので、冬のあいだ雪が飛ばなくて凍結あまり入っていないらしく、野良イモが出てます

写真はトマトのアイコです。初めまして 色づきはじめました。なんか嬉しいんですよね〜。トマトか赤くなるって当たり前のことなんですけれど、、、

伸びる、伸びる、草が伸びる。ニワトリ用の草刈りはもちろんのこと、野菜畑も草刈り。ズッキーニ畑ニンニク畑ブルーベリー畑さすがに鶏もこんなに草は喰えない。

ここのところ登場回数が少なくなっていたスイートコーンのピュアホワイト。着実に生長して大きくなっていますよ。6月初めには雄花が咲いて花粉が飛び、受粉も終了。

4日前にトマトの育苗が始まりました。 本葉2枚ちょっとの小さな苗達です。 種まきからここまでの3週間ほど、 苗は共同育苗センターで育てられます。

グリーンアスパラガスの収穫に向けての作業が始まりました まずは肥料ふり  化成肥料です、UF入りとはゆっくり効く タイプのチッソが入っていること

複雑怪奇なハウスです。これ2棟の内張り交換にどんだけ時間を費やしただろう??? 数日後にはこれらのハウスを含め5棟に肥料を撒く作業が始まる。

秋の収穫時に「とりあえず刈り取っただけ」にしてあった、豆達。 トマト作業に忙しくて、サヤがついたまま茎ごと乾燥させてありました。

まだトマト残ってるけど・・・ これが赤くなるまでは待っていられない。 今日も1棟トマトを処分 官房長官が一人で抜いてたんだけど、たまにはこんな根っこが!

かなり成長に難儀しているきゅうりさん達。この時期にきゅうりを栽培したのは初めてなので、うこんな感じになっちゃうのと変わった形のきゅうり続々誕生にびっくり。

午後1時頃かな?予定のツアー客が大型バスでやってきました!去年も2回ほど協力させてもらいました。一通り説明して、皆さんにハウスへ入ってもらった。

先週末に蒔いた秋まき小麦の芽がでてきました〜 昨日あたりからなんとなく出てるような気がしたけど、今朝ははっきりと生えてました 後半の小麦はまだ蒔いてません

野菜アートを作るというイベントでした。まずは畑にいってジャガイモ掘り。インカの目覚めを収穫します。続いて色とりどりの野菜で顔をつくり、ポストカードを作ります。

トマト定植準備〜畝立て&マルチはりをしました。肥料をまいたり、トラクターで起こしたり、は済ませてあったので ハズバンにテーラーでさらに起こしてもらう。

ビートも元気!と言いたいところですけど、除草剤を4日前にかけたのでちょっと黒くなってます。今日の午前中は徒長防止剤を散布しました。

収穫シーズン!!L, 2Lサイズがチラホラとフライング萌芽し始めました!!例年、下佐幌の方が少しだけあったかいので、アスパラも上清水より1週間ほど早く萌芽します。

今日は促成トマト(2月〜3月初旬鉢上げ)の生育調査に行ってきました。たくさんの農家さんの圃場を堂々と見学出来るわけですから、いい勉強にもなります。

ごまの続きです。あとは土を取り除いて洗って乾燥して・・・という話でした。しかし、まだ小さなごみが残っていたため、ご近所にある機械をお借りして作業しました。

アスパラの粉砕作業を片付けました。すっかり黄色くなったアスパラですが、雪と風で横倒しになって幅広に展開してしまったので一畝を2度掛けする羽目になりました。

今年の大根は肌もきれいで素直に育ちました。虫食いもゼロ!(去年は暑さで急成長しスが入って捨てるのが多かった)大きくなったものから抜いて庭先に運ぶこと2週間。

ビートの収穫作業が始まりました。小春日和が続いています。圃場の土も乾き作業的には収穫機械にも無理のかからない好条件です。

毎日休みなくハウスの中で作業をしています。トマトの木を抜いたり、肥料をまいたり、ロータリーをかけたり……。今日は、二重ハウスのビニールを天井に巻き上げました。

金時豆の収穫作業を進めてます。うちは、1) ワドー式のビーンハーベスターで豆刈り 2) サカエ農機のビーンスレッシャで脱穀 3) 農協の乾燥施設に出荷

まずは先週末のブドウの様子。フムフム。良い感じで生育しているようです。もう間もなくでしょうか。次に先週末に獲れたスイカの様子。デカイでしょう?

今年はじゃがいもの出来が全道的にいいらしいです。なんでも、じゃがいもが大きくなる時期に雨が少なかったので、でんぷん質が多く良質なジャガイモが出来たとか。

スイカの摘心が行われました。摘心とは、良い実を得るために頂芽を摘みとることです。「親を切って子を伸ばす」という説明を受け、「スイカの親も俺らの親も皆一緒だな〜」

毎日眺めてたロマネスコ。収穫適期と判断して摘み取った、1個だけいったい種まきから何日たったろう?大きな地上部にたったこれ1個、専作農家は採算合うんだろうか?

露地栽培の準備もはじまっています。まず畝に肥料を撒いて耕運機で耕します。その後、畝をビニールシートで覆っていきます。

マンゴーの木に花芽っぽい膨らみがたくさん出てきてます。ハウス内はまだ寒いままなのに、多分ちょっとした光や空気の変化を感じて芽を出すこの不思議、素晴しさ!

北海道は厳しい冬ですが、マンゴーハウスの中にもそろそろ真冬が来ています。 暖房設定温度を下げ、ハウス内の最低温度は8度台になります。

ビートの山に掛けてあったシートを取ります。 まずはネットで雪を取り除きます。これが楽ちんでスコップは利用せず〜 中からビートの山が出てきました。

ハウスアスパラは化学肥料は一切使わず、全て有機肥料だけで育てています。来る芽吹きの季節を控え、今はビニルハウスの作業スペースでボカシ肥料を製作中です。

9月土日は『収穫体験』も行っております。来週は、『じゃがいも』の予定です。ゆにガーデンの『じゃがいも』は『とうや』という品種です

契約栽培している露地畑トウキビの花が咲いています ジャガイモ畑は、花が終わり土の中で芋が膨らみだしている事でしょう!

27日から麦刈りがはじまりました! 今年は大雪の影響で生育がまばら・・・一枚の畑でも進んでるところに青いところがあったりで刈取りのタイミングに気を使います。

とうとうビートの移植作業が終わりました。と言っても一枚の畑の枕畝を明日植えなければならないので、完全な完了ではありませんね(^^;

苗を畑に植える作業が順調に進んでいる。きゅうり、かぼちゃ、ズッキーニ、トマト、ナス、たまねぎなどを畑に定植(移植)していました。

鉢広げ段階での根が伸びてる様子。白ポットだと、こうやって根が見えるから、なんとなく安心する。先日発刊された現代農業にも色々書いたが、根は要!!

玉ねぎの種まきをしていました。こんな感じで種を撒きますが 1マスが小さく目が疲れます・・・アップにするとこんな感じ。

マンゴーの木には少しでも多く日を当ててあげて、どんどん光合成をして栄養をためてもらって、いい花や実をつける準備をしたいのです。

ビニールをかけたハウスの中は、まだ雪がもさもさです。この雪があるうちに、二重のビニールをかけてしまいたい。

アスパラガスをおいしく作るのに重要なのは土作りです。アスパラガスは堆肥を多く使いますので、毎年ハウス内にたっぷり施肥し、ハウス内に有機物として投入します。

掘り上げる作業は決して楽ではないのが長いも。でも、すっきり美人な長いもが掘りあがっています。傷をつけないように、慎重且つスピーディーに。

収穫間近の大豆畑にハズバンと入り雑草取り〜この雑草『カラスぶどう』があるとブルーベリーのような黒い実が機械の中でつぶれて大豆に色が付き値段が下がる。

この育雛箱の中をビニールの暖簾で運動場と温室に仕切ってるんですけど、朝4時過ぎに見に行ったら運動場の壁際でポツン、ポツンとヒヨコが固まっててビックリ。。。

トウモロコシ サニーショコラの収穫・発送で寺坂農園はてんやわんやですわ〜(^O^)寺坂農園の持ちうる経営資源をすべて投入して全力を挙げて収穫・発送しております♪

これが、『すずあかね』です。去年まで『すずあかね』と『夏実』という品種を栽培していましたが、今年からイチゴ生産者みんながこの品種に取り組みました。

本日もとかちマルシェに出店デス!!昨日は雨の中ありがとうございました!!やはり、街中での販売ではパプリカやミニトマトが売れるらしく完売でした

まずは恵みの雨。稲にはさほど影響無いように思うけど、実は適度な雨は必要・・・だと思う。雨の重さもあってか、昨日よりはかなり穂が垂れてきたように見える。

右から、発芽揃いのソバ・ 本日まいた人参・ 前回播いた人参・ じゃがいも・見えないけれどその左にトウキビ・かぼちゃ

トマトを定植する畑作りが始まったのです。まずは肥料を撒きます。トマトの生長にとって何が大切かをあれこれ考えて、 色んな種類のものを手で撒きます。

南瓜は、畑に直接種を蒔く「直播」での栽培がほとんどだと思いますが、私たちの農場ではこうしてハウスで芽を出させ、苗を作ってから畑に下ろす方法を取っています。

春採りアスパラガス3月初めの出荷のため、ハウスに内装二重骨組みを設置しました。現在、地面は20〜10cm程度の凍結が入り、ハウス内の雪もまだ完全に溶けていません。

昨日から人参の収穫作業が始まりました♪ この作業が始まると毎日機械に使われて止めない限り動き続けます  あたりまえか!!

今日も雨の朝です。稲刈りも無事に終わりひと安心です。今年は稲刈り前に雨ばかりだったんでこんなグチャグチャ田んぼが多くて大変でした。

「本長なす」という種類で、携帯の2倍くらいの長さです。中位のなすよりは、花の数が少ないようで、「うん、長い分少ないのか?」と思わせる品種です。

甜菜の播種の方法をご紹介します。 まず、江面ファームでは、専用の機械を使って、ペーパーポットに土を詰めていきます。 

マンゴーは冬の寒さで花芽分化し、春に花が咲き結実します。花芽分化に向けハウス温度をだいぶ下げてきてるので、木もお休みモードに入りました。

私はというと、サブソイラ作業をしています。後ろ半分のタイヤがキャタピラーになっているトラクターに、土に差し込む爪のようなものを後ろに付けて土中深く耕します。

刈り取り最後の大豆畑です。ここに予定では大豆を播かないつもりでしたが種屋さんにどうしてもと頼まれてしまい、播く時期がだいぶ遅くなりましたが播いた大豆です。

さて、今日は1棟のビニールをかけるぞ〜〜と張り切って家を出ました。 <かける前の準備>融雪剤をふって置きます。ビニールをかけてからだとビニールが汚れます。

本日、2日遅れでやっと一回目のビート集荷が来ました〜しかし、ビートを集積する土場が空かないので、ビート収穫はできず

昨日・今日となんとかビート掘れてよかった。 これで畑仕事はビート畑のプラウingもしは表層混和のみ。 若干、畑が湿気っぽいし、プラウingするのはちょっと気が引ける。

今週は秋の畑起こし週間・・・の予定でしたが、未だに畑を起こせる状態に出来ておらず 緑肥の縁回りをチョッパーかけたり、ついでに畑周りの雑草にチョッパーかけたり〜

大豆も絶好の収穫日和。じみ〜に、30年ぶりに作付だったらしい。オヤジ曰く、前に作ったのは手刈り&ニオ積みの時代だったとか。

我が家で 僅かな 面積のトウキビ(ゴールドラッシュ種)ですが3回に分けて 播種したので 出荷完了まで あと2日かかりそうです。

今のところ、まだ収穫に追われてないから、余裕があるのだけれど、超忙しくなったらどうなるだろう?ピーク時は、夜なべしてメロン磨いてるし。

3月に入りビートを入れるハウスをちょっとづつ準備してます。今年は雪が融けないのと、寒さが厳しいのでハウスの裾を2重にしてみました。

本日、貯蔵ビートの搬出日〜昼頃には輸送業者が来るので、慌ててシート剥がし〜先ずは、雪が溶けてシートに張り付いた氷を樹脂ハンマーで砕き〜

ほっとした気持ちでハウス内をぐるり。ふと目に留った、今月初めに勘違いして出てきたアスパラ。もちろん気温が低いのでしばれてしおれてましたけど・・・ね。

収穫の秋は食べ頃品種が揃う秋。直売場には数多くの種類が並んでいますが、これから収穫される品種もあります。当果樹園で発見して増殖したハックナインの枝変わり。

しそのはさがけが終わり、しその畑に麦まきの準備で堆肥ふりをしました。今年が栽培一年生の小麦。中古で安く手に入れたプランターがうまく動いてくれるかが心配なとこ…

ウチで飼っている北海地鶏2は肉用鶏として開発された鶏なので採卵用の鶏と違い2日に1個程度しかタマゴを産みません。

剪定は枝切りのことで、リンゴ栽培にとっては非常に重要な作業です。この作業の良し悪しによってリンゴの収穫量、今後の樹の成長具合が決まります。

8月に植えたとき、猛暑で水はかけましたが、根が付かず枯れてしまったいちごもたくさんあるけど元気ないちごの株はランナーが伸びほうだい

倉庫にはタイヤショベルとか諸々入っていましたが、そもそもはリンゴを保管するための倉庫なのです。車両は雨ざらしにして、収穫したりんごを優先して入れます。

故障も怪我も無く、無事にビートも終わることができました。よかったよかった。これで、石川農場では収穫するものはありません。

早い期間で作れる野菜はなにと考え、ベビーリーフがいいかも〜と、初めて育苗箱に種まき。野良猫ちゃんが、種をまいた育苗箱を踏んじゃったもんねー

大豆が刈り終わった跡は、間作小麦が残ります。この畑は、大豆畑から小麦畑へと変化しました。水はけの良い圃場を作る必要があるため、すぐさま心土破砕を行います。

ジャガイモを這いつくばって拾っています。今年中古で買ったポテトデガーはすこぶる調子が良くきれいにイモが出て来てくれる。人参に鹿の荒らした跡発見、入られた!

ピュアホワイトなんだか急速に出来上がってきたかも!!生育は個体差あるのでここまで出来ているのはまだ少ないですがこれは収穫を始めなければいけません!!

今年は春の干ばつで、イモもたいした事ないべ〜と思って余裕かましてました 試し掘りしてビックリ!!!  イモでかっ!と言う事で、こんなデモ機借りてみましたよ

順調に、立派に育ったピュアホワイト 昨日の夕方に収穫して味も甘くパーフェクトになったのを確認したので、今朝堂々と道の駅に持って行きました。

この花は トヨシロと言う 馬鈴薯の花です。この品種の馬鈴薯は カルビーのポテトチップになります。  花が白く この馬鈴薯の内部も白いです。

ブルーベリー園にてコガネ虫を捕り、ブラックベリー畑でカメムシの捕獲が続いています。そして午前中にブルーベリーやブラックベリーを摘み取り午後に発送します。

今日は、昼過ぎから雨の予報。そんなわけで、雨降る前に明日出荷分のキャベツの収穫を。ということで、2班に分かれての作業。無事、出荷も、収穫も雨前に終わりました。

穂が出てから1回目の防除しました ホントは明日ぐらいにやりたかったのですが、雨予報なので今日やってしまいました〜。

本来ならば、りんごの落果10日後とかの散布になるのでしょうけど雨が少ないので病害発生が鈍いし、前回の散布と間隔もあきましたので、次のステップの散布をしました。

草取りの作業をすることに。3週間前に定植したブロッコリー類の畑は、トンネルを外すとこんな状態でアカザなどの雑草ベビーがワンサカ生えていました

昼からは作物の灌水 やり始めたら数ヵ所、穴があいてる・・・いちいち補修パーツを取りに行くの面倒だし、今度からポケットに何個か持って歩かないとダメだね

しばらく雨マークないし大豆が心配です・・・乾燥し過ぎでなかなか土から芽が出てこないこの大豆には、いろいろと検討した結果、防除機で水をかけることにしました!

メロンの開花が進んでいます。開花しミツバチが飛び交配をすると花の房の部分が膨らみメロンの玉になってゆきます。ここまで膨らめば着花が確認され安心できます。

臭う野菜大好きなわたしです(*^.^*) 今日は野菜出荷後、今週販売できる野菜と、来週の野菜セットの内容チェックに畑を見物(*^.^*) ニンニクよ!早く大きくなれ〜♪

メロン(キングメルティ)が発芽しました。このメロン、生産者としては作り難いし、販売者からすると、すぐ黄色くなり、棚持ちがわるいため、今はあまり流通していません。

農家さんの中には冬期間、家の中に鉢植えっていうレベル以上にがっつり苗作りしてる人も多いんじゃないでしょうか?

このハウス、30mしかない、我が家では短いハウスです。 (他のトマトを作っているハウスは、85mもあるんですよ。)このハウスに、ビニールをかけました。

寒さが続く北海道北見市ですが、りんごの剪定作業を始めています。降り積もった雪を越えて(50cmくらいしかありません)ヨロヨロしながら畑を歩いています。

今日も相変わらずホウレンソウの収穫・・・トマトの準備大丈夫か?!?!3棟目のハウスが今日から本格的な収穫、で、まだ1棟残ってる・・・これ、糖度を計る道具。

ヤバそうなハウスに暖房入れて落雪を促し・・・ホウレンソウの植えてあるハウスは二重も開け・・・こうやって余分な灯油を消費しなければいけない情けない現実・・・

一棟目のハウス。ハウスサイドの二重カーテンをたくしあげ、マルチピンを抜いて、防草シートをたたむだけで・・・ぐったり 小物道具を使いすぎかも・・・・。

玉ねぎのハウスは別に春の播種前にかけてもいいのですが雪かきをしながらかけなければならないので秋にかける方がほとんどです。

今年の収穫が本日終了しました 最後のビートが午前中に堀終え・・・機械の泥を落として無事事故もなく終わることができました

今日は秋起こし最後の畑を起こしてました残り2反程になった時に遂に限界を越えてしまいました…一枚だけスリックに穴が空いてしまいました

メロンの収穫後ビニールを剥がし蒔いたえん麦の種が大きく成長しました。もういつ雪が降ってもらっても構いません。

ニンジンもそろそろ収穫かなあと、数本抜きましたが、成長も遅れているのも多くて、一列全部抜かず、大きさを確認しながら、良さそうなものだけ収穫しました。

トマトの木の葉っぱを全部刈り取ってしまいました。変な感じでしょ?収穫できるのも、あと20日くらいなんだけど……まだまだたくさん大きな実がなってるんです。

今年のメークインは 茎につながってこぼれる芋や粒径2〜3センチの芋のこぼれが多くて拾わなかったら 後作の小麦やビートに野良ばえの芋が生えて大変なことになりそう。

死ぬるほど暑い。朝五時よりスイートコーンの収穫。移植スイートコーンの量は残念ながらあまりない。というか、そもそもそんなに量がない。

アスパラの根っこは太くて、細いアスパラくらいの太さがありました それをフォークでさして荷台にのせ、外へ運び出す重労働な作業をしました

当地域の小麦の収穫が 終了しました。7月26日から始まり好天に恵まれ深夜までの操業もすることなく順調に刈り取りが進み30日午前中に全体の95%が刈り取りを終えました。

Dr.ピルシーの倒伏が進んで7割ほどが倒れてきた。昨年とほぼ同じ時期の倒伏揃いとなった。ここから約1週間後に根切り作業だ。

ようやくブロッコリーの収穫が落ち着いてきました。毎朝4時から始めて、10時、11時までかかってました今日は7時半終了!

ぼーーと何気なくアスパラの芽を見ていて思い出しました。芽が出始めたらホワイトアスパラ用のトンネルを張らねばならぬと

ビートの播種作業が終わりました。今回は1軒だけなので1日半で終了。いつもは4日半程度かかるのが1日半で終了。気分が乗る前に終了しちゃいました(笑)

育苗用のポットに土詰めを始めました。ハリーポッターならぬ、スピードポッターという道具を使いまして、一気に60個ずつのポットに土を詰めて行きます。

さあ新年の種蒔きの日。何蒔こうかなぁ〜なんて、心穏やかに種選び。寒い時期だから選ぶお野菜は葉物だけってところが、ちょっとね。

雪かきが終わりお昼から我が家の玉ねぎを選果すると美幌の玉ねぎ選果場から連絡があったので行ってまいりました。私には初選果場!

今は収穫に小麦まきにと農民っぽい生活を送っています。今日は朝から芋を掘って夕方からは小麦まきです。今度は「きたほなみ」というめん用の品種を撒いています。

ウィンディーヒルズファームでは、農作業体験の受け入れを実施しました。日頃の草取りや収穫などの農作業をいっしょに体験していただくものです。

午前中は芋掘り。親方が午後用事があったので、奥様と草抜きをしてました。暑いのでちゃっちゃと終わらせちゃおう!と始めたものの、意外に草がある…。

短時間でこのメロン、全部タワシで磨いて箱詰めします。タワシで磨かない人のほうが圧倒的に多いですが、磨くと、地肌に光沢が出て、ネットにも白みが増します。

先月末から急に温度と湿度が急上昇したからでしょうか。一気にきゅうりの病気が進んでしまいました。素人判断なので違うかもだけど、たぶん、べと病?

3本のホースを接続しての毎日の水やり。灌水設備をセットせねばと思いつつ、手つかずのまま今日に至るです・・。接続用のホース類を出したままで早一か月がすぎ・・・。

今日いちご狩りの予定のお客様。がっかりですね 昨日で完熟いちごは無くなりましたが、今朝畑に行ってみると、昨日の夕方より一層赤くなっていました

カボチャマルチの間をパワーハローをかけて頼んでいた、トレーラーのヒッチが出来上がったので引き取りに行き今日はあっちこっち走り回りました

芽が出てくると間引き作業がある。今日はダイコンの間引きを行った。「せっかくこの世に生きてきたのに・・・」と心の中でつぶやきながら、1本1本抜き捨てる。

6月4日にまいた蕎麦からもう芽が出ました!天気の良い、畑のよく乾いた日にまいたからですかね。それとも蕎麦ってこれくらいの早さで出てくるものなんでしょうか。

すでに10ha蒔き終わりましたがまだまだ畑うまりません 明日も蒔きたいけど畑乾き過ぎ 蒔いても芽がでるのか?除草剤も効くのか?

収穫を終えたブロッコリーとカリフラワー。あれだけ葉っぱさんが大きく繁り見事な実をつけにぎやかだったところが今は・・・。

玉ねぎ移植後、農作業の合間を縫い補植を行っております 移植の時抜けてしまった所を、見つけては一つ一つ入れて行きます

堆肥運びから始まって・堆肥散布・耕起・整地・・と  1ヶ月、ようやく種まきです。地温は十分に上がっています。でもまき始めたら、種がやたらに減る。

アスパラの出荷が始まりました。春の訪れとともに、注文もちらほら頂いてます。旬の野菜。お客さんに楽しみにしてもらえてるのは嬉しいこと。

ビートの育苗用の土です 買った土なのですが、出所が牧草畑をめくった土らしいので大王(エゾノギシギシ)の種が沢山入ってます…

指導農家Hさんが新しく借りた畑の一部を、管理することになりました。いろいろな品種のミニトマトを雨よけ栽培したり、保存できる野菜や豆を作ってみようと思います

春の準備が着々と行われています。ほんの少しだけですが、サラダ用の玉ねぎの種まきをしました後でもう一種類玉ねぎの種まきします。

昨日から農作業が始まりました。苗物の植え付けるためにビニールハウスの準備をしてます。一人では、なかなか作業が進まないので農作業ヘルパーさんをお願いしました。

少し早かったですが育苗ハウスを除雪しビニールを張りました。なかなか夫婦で暇な時が少なくどちらかが用事があって欠けると出来ないので済ませておきました。

玉葱の育苗ハウスからはじまり、アスパラ、メロンへと除雪、ハウスかけが進んでいきます。何で北海道でここまでして、作物作るの?って思いませんか。

朝一番のお仕事。それは育てている苗の確認なんです。今朝も「どのくらい育ているかなぁ〜」と期待しつつ育苗のハウスへ。で、私が見えたのはパックリ開いたビニール

今日は「きたあかり」を選別。男爵ばかりだったので、違う品種になると、テンションが上がります。と言いながらもベルトの故障により、ラインがひとつ止まりました

MJは、怖がりの育成牛です。人間に慣れず、近づくと、逃げようとします。しばらく前に、育成舎から親牛舎に移動していましたが、ずっとつないだ状態にしていました。

雨が多く、作業全体が半月程遅れてしまい、あわや霜害が!!というギリギリのところで作業完了となりました。ジャガイモ収穫の後は、矢継ぎ早に畑のリセット作業です。

10/29からビート収穫を始めました。初めての収穫作業・機械なんで、慣れなくて大変みたい。初めてなもので、収量も取れてるのか、取れてないのかよくわからないし。

冠水でバラバラになった玉葱を畝にまとめ、草取りしながらきれいに寄せて行きました いつ入れるかはわからないけど準備だけは万全に!

ネギの収穫が始まりました。風がものすごく、ネギが地際で折れ曲がり、手間のかかる作業になりましたが、明日から通常に戻り、本格的に始まります。

8月の末よりジャガイモの収穫始めました。品種はキタアカリ、とうやの2品種、隣り合わせに植えつけたのですがとうやの方が収量も大きさもそろっています。

3日間研究所で実験して(内容は定量的RT−PCR法によるジャガイモの解析です)、その後、小豆やビート畑の草刈り&草取りを終え、毎日トウモロコシの収穫作業でした。

着果した状態のままでは、ゴロゴロところがっているので、メロンを少し持ち上げて起こし、おしりを下にして、皿を敷きます。ネット(網目)がきれいに入ります。

エゾシカに部分ハゲを作られた小豆。白樺林にシルバーテープなんぞ付けて 小細工したが 効果があるのかないのか?

ブロッコリーの収穫開始。収穫をしてみたが、正品となるものが少ない。植えた時期あたりから全く雨がなかったから、肥料がすえず生育不良を起こしたとのこと。

ビート(てん菜=砂糖大根)は、ペーパーポットと言われる紙筒に種をまき、ハウスで45日ほど育苗したのちに、ちょうどGWごろの時期に移植します。

冬はマンゴーの花芽分化の大事な時期です。花芽分化に失敗すると、花芽ではなく葉芽になってしまい、実が成りません。

アスパラの枯れてしまった茎葉を刈り取り、焼却処分しました。アスパラは初夏から秋にかけて一部を収穫せずに残し、根っこに栄養を蓄えさせるための「親茎」とします。

堆肥が到着しました。大型トラックで4トン。もう露地畑の土も凍っているから畑のなかまでトラック入れてね〜ってお願いしたら、トラックが埋まってしまった

借りている片方のハウスに、北海道の日照不足を補うための電照がたくさんぶら下がっています。ナトリウムランプです。ハウスに来る業者さんや農家さんは皆驚きます。

年によっては この支柱が不要だったのでは?と思うほど雪の少ない年もありましたが保険のつもりで 毎年この重たい支柱を 設置してます。

雪が降る前にアスパラ畑へ ぼかし肥料の散布を済ませました。 こんなことする人はあまりいないせいか 何してるのと畑に降りてきてくれる 農家の方が見えました。

アスパラの畑に堆肥を撒布しました。暇のある今のうちに済ませておきたい仕事です。アルミスコップで堆肥の山を散らす仕事を 息を切らせながらこなさなければなりません。

8月に入りました。いよいよ秋冬野菜の種まきシーズン到来です。育苗が始まると、一泊でどこかに旅行に行くなんて出来ません。一泊どころか日帰りの旅行すら出来ません。

暖かくなってきました 今日の夜はむしろ暑いくらい となるとハウスものの野菜の定植も忙しくなるころなので遅ればせながら我が家もトマトの定植を行いました!

今年もはりきって行ってきました!“軽トラ観光 ちとせ市”お客様は途絶えることなくしかしその後小雨が降り出したころからは少しずつ野菜が売れていく状況が続きました。

札幌から中学生が農業体験でやってきました 青年部員の方々も受け入れ側として頑張ってました で、我が家はレンズ豆のは種作業をしてもらいました

一昨日で終わった田植え!笑いあり涙あり、とはいかずだんだんと殺伐としていく家族(笑)。私の役目は田植え機に乗って苗を継ぎ足す係。

ビートの苗が大きくなっているので今日は3回目の苗ずらしをしました。ついでに端っこやタイヤあとで刈れてなかった部分の葉っぱも切りました。

アスパラ茎の中間くらいをバリカンで刈り、ハウス外に運び出す〜・・・働きアリのごとく、刈っては運び刈っては運びを繰り返すぅ

ミツバチもあまり動かなくなったので、雪に埋もれてしまわないように、雪かきができる場所に4つの巣箱を移動してまとめました。

ハウスの中にまいてあるベビーリーフレタス じゃーん  カッターで切って30g計量して容器にいれるんです 25ケースほど直売所に持っていったよー

さてかぼちゃですが、一回目の時に残しておいたものがとっても立派な大きさになっていまして。バケツリレーのようにしてかぼちゃを渡していきます。

3月半ばから育苗するため、そろそろハウス内の準備をしなくては。 昨年秋に、この地面の下に往復16本の温水管が埋めてあります。 苗を土の下から温めるためです。

1月後半から雪は少なくなりました。ありがたいことです。日が射すことも多く、日中のハウス内の温度が上がるようになってきました。

お米の「色彩選別機」を使わせていただきました。何をしたかというと、黒くなったお米、緑の未熟米、日焼けしたお米、と良いお米を選別してくれる機械です。

マンゴー収穫後の秋は、来年の収穫に向けて急いでやりたいことがいっぱいあります。幼木の鉢上げ移植もその一つです。

朝のトマトは夏の香り。ものみな、それとばかりに成長し実をつけようとしています。かぼちゃなどフェンスを超えて海の波のように伸びて来ています。

調子の悪いまま(収量が上がらない・・・)アスパラさん 春にいっぱい成ってくれたからかなぁ。。。今のアスパラの様子は立茎栽培です。

マンゴーの花もすっかりなくなってしまったので、今週、受粉用のミツバチをハウスから外へ出しました。1か所も刺されずに、巣箱入替なども無事終了しました。

今日は一日土作りをしました まずは知り合いに堆肥をもらいに行き、 あとは手でまきます 堆肥を取りに行き、まき、取りに行きを9回繰り返しました(笑)

開花期以降の病害予防のため今年もICボルドーを散布しました。ボルドー液はポジティブリストの対象外で、JAS法有機栽培にも適合していて安全な農薬とされています。

台風の大雨の影響でプルーンの収穫開始が遅れていました。9月13日から、ようやく収穫が本格化します。10月上旬までプルーン狩りが楽しめます。

数日前より今年度のニンニク播種に向けた畑づくりを始めました。ニンニクは10年間程同じ畑で育てるので、畑は去年と同じ場所。

ようやく「かぼちゃ」の収穫が始まりました〜私たちの生産しているかぼちゃは「白寿」という白いかぼちゃがメインで、コロッケ等の加工用に出荷します。

バブルガムエンドが種付けできる状態に。ここまでチチカステナンゴを種付けすること5回も受胎ならず。気分一新、ロースタッドのアジュディミツオーを種付けして来ました。

9月収穫の人参の播種指定日が今日。このところ夕立が降って天候が落ち着かなかったので予定通りに作業が進まず、プランターもパラソイラーも後に倒れてしまいました。

発送作業と同時進行で、実はまだ収穫していない野菜もあります。それと、真っ暗な写真ですが、ブルーベリーとハスカップの冬囲い作業中の様子です。

前回クッキングトマトの収穫を終えトマトが色づくまでの間、ずっと後回しになっていたアスパラ畑のツル取り作業をしました。ツル取りって何???と思われるでしょう。

メロンの収獲中罠を仕掛けたハウスを覗いてみると入り口が塞がっていました。恐る恐る回り込み中を見てみると獣が1匹入っておりました。アライグマっぽくありません。

今年、ひそかに力を入れているのがメロンです。数を増やしたこともあって、手分けして管理してます。赤肉のルピアレッドはびんちゃんが青肉のパンナはボクがって具合にね。

今日はハウス芋を蒔きました。発根マルチ用の種芋使ったので、六月には収穫になります。とうや男爵きたあかりをまきました。

今日は朝一で頑張りました!!朝から風の無い時間にやらないとダメなので高所恐怖症ながらも脚立を使いへっぴり腰で無事交換完了いたしました!!

脱穀された豆のなかには豆殻や埃、がいっしょくたんに混ざっておりそれを、トーミという機械を使い風力で 吹き飛ばし分類し、篩いにかけ小粒を取り除いていきます。

長い稲刈りが、もうすぐ終わります 先日、後6町程 と書きましたが、モミ擦りしたり、雨が降って稲刈り中止になったりで、こんなに日がたってしまいました

今年のバートレット(通称パート)は、果体が小さく、少しでも樹にならして大きくなるのを待っていましたが、もうそろそろ限界に近づきました

人参の収穫が終わりました。あと1週間くらいで出荷も終わりです。残りはほうれん草だけ。よくよく暇になります。今年はもう少し面積増やしてもいいかも。

昨夜の雨で畑はまた少し水分多めの状態が続く。午前中は、イコル畑の収穫用のスチールコンテナの準備と、北もみじ2000のセレクタ用のコンテナ準備を行った。

昨年播種した麦が、雪の下に眠っています。 春先の融雪具合により、生育や管理が変わってしまうので、融雪材を散布し、融雪を促進させます。

リンゴ特有の病気、ガンのように木の皮を腐食し、どんどん増殖します。この病気、フラン病といいます。治療法としては患部を削り取るしかありません。

久しぶりの日差しです。3日ぶりでしょうか?仕事にも 力が入ります。品質に差が出る大事な作業の本培土です。芋に太陽の光が当らないように土をもっこりと寄せてます。

毎日毎日、寒すぎる旭川です。野菜を持って外を歩けば、みるみる凍ってきます。だってマイナス20度だもの。野菜の保冷庫がオアシスに感じます。

約32tの育苗用土と覆土500kgの準備が出来ました。 Laぱすとさんから質問もあったので、ビート育苗から移植にかけて私が考えているポイントを載せておきます。

今日は堆肥を畑に撒きました。畑の面積が5haあるんですが、もしこれを人力でやると半端なく時間が掛かる上、疲れます。と言うか死にます なので機械を使って撒きます。 

先月から収穫を終えた野菜たちの片づけをしています。 ピーマン。(露地)とても頑張りました。夏野菜なのに10月末まで収穫しました。

最後のさくらんぼまで細々と営業です。 今年は花時期の天候不順で成り具合が心配され、当果樹園発送用のコルト台の佐藤錦が不作となりました。

いちご畑の様子・・・とりあず、雪はすっかり融けいちごの顔が出てきました。でも最近の天気の悪さいちごがとても寒そうです。早くおふとんをかけてあげたいんだけど。

トマトって寒さで枯死すると独特のにおいがするんですよ〜うちでは枯れるまで収穫を続けるんで、このにおいが収穫終了の合図です。

今日も快晴の中、朝方はソイルをかけて、露が落ちれば稲刈り!そして本日、残りの2.3町刈って稲刈りがすべて終了しました!

まずは早生品種タマネギの端っこ畝の除草。とりあえず雑草の厳しい部分の除草を終えて、ジャガイモの野良が厳しい部分の除草をした。

この時期、トマトが割れる割れる どの農家さんも言ってる言葉なんですけど・・・。収穫したトマトと元々割れていてはじいたトマト、さてどっちが多いでしょう?

タマネギ畑の隣にジャガイモ畑があるのだが、タマネギ除草中にジャガイモの下の方の葉っぱが疫病らしき痕跡が見受けられた。

果樹園では剪定作業真っ最中 今作業している山沿いのりんご畑は多い所でいまだ積雪150cmオーバー春はまだ遠いです。増毛でも鹿がよく目撃されるようになりました。

一時中断していたごぼう選別も昨日の午後から作業再開。本日も朝から選別作業です。こちらはポリ袋にて出荷をしているごぼう倉庫内にはごぼうの香りが漂っています。

露地アスパラ用の堆肥。今日はその堆肥の散布を開始した。アスパラガスは定植前に大量の有機物散布をした畑に苗を植えるのが良いとされる。

朝からタマネギの本格播種作業。夫婦での作業は、お試し播種の時と同様、順調に作業は進んだ。少ない栽培面積にもかかわらず、5品種と多くの種類を栽培している。

タマネギ育苗ハウスのスソビニールの2重化の続きをした、作業途中だった1棟目の処理が終わり、これで少しはタマネギ苗の生育ばらつきが減ってくれればいいんだが。

最高気温が8度に満たない寒い一日。畑の土も乾かないのでタマネギ畑のロータリー処理は行わず、北見黄タマネギの補植を始めた。

カボチャの1回目の収穫を行った。ヘタの部分がコルク化したものを順次収穫。花が咲いた順番に実になっていくので、全てのカボチャが収穫時期にはならない。

タマネギ選別で使用したスチールコンテナを少し解体して倉庫周りの整理をした後、タマネギ育苗ハウスのハウスバンドの交換作業を開始した。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2017-03-23 08:03:16

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>