この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

当初、小麦の刈り取りとブリ縄の体験を予定していたのですが、予定を変え、旧増富中学校で農業、林業に関連したアクティビティを行うことになりました。

脱穀の日を迎えることができました♪苗床作りから育てたお米です。嬉しいですね〜♪足踏み脱穀機 手と足の違う動きを同時に行うので慣れるまで意外と難しいようです。

次は畑に移動して大豆の土寄せを体験してもらいました。土寄せとは、大豆の苗の列と列の間を耕し、土を苗の根本に寄せてあげる作業です。

一番大きい最初からあるのを切って、その木から株分けして3本増やして、今期のイチジクは終わり、あとは来年早々の剪定作業。

天気よし気持ちがよい秋晴れの中、最終日の「ぶどう狩り」を開催しました。本日は、休憩所の高〜い場所の「ぶどう狩り」を開催しました。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:山梨県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

秋の大事な行事で、盛り上がった 〜完で記念写真、雨模様なのでハウスの中でポーズ ∨菁収穫祭では、野菜の神様に収穫した野菜とお酒を奉納して、豊作を感謝する。

前日28日に畑で干してあった稲を学校に運び、29日当日は早くから宮里さんとボランティアさんたちで脱穀のための準備を開始。

収穫祭の時はいつも10時頃に集合するのだが、今回は何故か9時に集合。前回紹介したホウレンソウと小松菜の播種をするためだ。手馴れた作業のため1時間も掛からない。

秋晴れの下、保育園児たちが植えたサツマイモが大きく育ち、今日は芋ほり作業にやってきました。引っ張っても、抜けない子。丁寧に掘り出す子。

久しぶりの「NORAの野良仕事」は小澤和義さんの畑で玉ねぎ苗の定植の予定です。 日 時:11月17日(土)内 容:本日の野良仕事 (玉ねぎ収獲の予定)

秋晴れの下、収穫祭を実施。賛否両論ある「アイガモを収穫祭でいただく」ことにしましたが、半数近くの7羽を市内の蕎麦屋さんの池に引き取ってもらいました。

先日20数名のご参加ではなまる農園芋ほり大会が開催されました!なるべくたくさんの子供に収穫の喜びを体験してもらうべく企画しました!

霜月になり、冷え込む日が続くようになってきました。5月20日の農体験会で植えたやまといも。今はツルも葉もすっかり枯れて、地中で収穫の時を待っています。

えんどう豆の種まきは、キヌサヤとスナックエンドウの2種類。14人の子供たちが、指で土に穴をあけて、そこに丁寧に種を埋めていきました。

【農に関わる活動】〜横浜の農業!野菜生産農家で農業体験〜横浜で畑の作業を手伝いながら、じかに農にふれてみませんか!活動日:2012年12月15日(土)10:00〜16:00

カテゴリ:農作業体験|テーマ:神奈川県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

充実した体験ツアーとなりました。 これは山岡さんちの畑の「大根」です。 実も葉も立派な大根なので、袋に葉っぱが入らず仕方なく切って入れました。

奇跡のように収穫祭開始1時間前に雨が上がった。 何時ものように先ずは同じ釜の新米を食べ農園の野菜が一杯入った豚汁を食べる事から祭は始まる。

朝、事務局長の教え子の明学生達とガールスカウト達が里芋と八頭の収穫作業を行っていた。来年、留学する日本人高校生達、留学経験者も収穫祭・芋煮会に集まってきた。

11月23日は見沼田んぼ福祉農園収穫祭、雨予報のが出ていますが、ハウスを使えば、14年間で培った農園の力を発揮すれば何とかなるので雨天でも収穫祭を行います。

大豆の収穫祭、無事に終了しました (´∀`)大豆を抜いて抜いて、逆さにしてまとめます。少人数でも楽しい雰囲気で、体を動かすと温かくなって、ちょうど良い気候。

『皆の家』の芋掘りを先日行いました。皆最初は蔓取りで四苦八苦。でも最後は皆笑顔で楽しそうでした。今回は突然変異の白いサツマイモが結構出てきました。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:埼玉県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

さつま芋収穫応援の開演でした 収穫応援の方々が来たらすぐに作業をして頂けるようにさつま芋を掘りおこして="収穫コンテナを設置して 体制作りに走り回ってました

本日は、中小学校との合流会を開催しました。!!(野菜班)中小学校の子供達と大根を収穫をしました。ぐっちゃんの指導のもと野菜フレンド達が中小の子の手伝い中

ダイコンの収穫が始まりました! まずは青首ダイコンの収穫です。 去年は台風被害と同時に虫害も少し出たのですが、今年はほとんど虫害被害もありません。

和食にも洋食にも中華にも合う玉ねぎ。 教室でも人気が高いです。土曜コースのみなさんにも玉ねぎ苗を定植していただきました。

この寒い時期にこそ、種まきしたり苗を植えたりする野菜があります。 その一つがソラマメです。 頭をチョコンと出して種を播いていただきました。

収穫祭は天気にも恵まれ最高に楽しい一日となりました。自分たちが当たり前のように食べている野菜の味や農作業も畑と接点が少ない人たちにとってはとても新鮮なこと。

10月の終りに 4団体の生産者法人からなる「ちば風土の会」での収穫祭 「フェスタ・オルガニカ2012」に生産者として参加させていただきました。

畑に植わっているサツマイモとラッカセイを土ごとそっくりリアカーに載せてもらい来場者に「イモ掘り」、「ラッカセイ掘り」のようなことをしてもらいました。

小学校5年生が、サトウキビの収穫体験学習の為に、ぬく森くらぶにきました 授業で、サトウキビから砂糖が取れることや、サトウキビの栽培などについて学習をした学年

17日土曜日、【nico×MYFARMER 農業体験プログラム】第2弾!収穫ツアーに行ってきました! 9月にみんなが蒔いた種!どうなっているかな?

自分たちの植えた野菜を収穫に行こう!翌日のこどもマルシェで販売をする準備もがんばろう!収穫&準備を終えたら…お昼ごはんは青空の下でおにぎり&豚汁。

野菜の種が発芽するには、土の温度が「発芽適温」の温度帯にハマっていなければなりません。多少ずれていてもOKですが、大きく外すと発芽しません。

先週日曜日、11組36名の参加者の皆さんと、畑作業のしめくくり!大豆収穫&さつまいも掘りを行いました 大豆は実入りが良く、脱粒もほとんどなく、 大満足の出来栄え

今日は中学校の職場体験学習でした。びわの花もぎをしてもらいました。根気のいる単純作業を続けるということは 大変だったと思うのですが、よくやってくれていました。

12月2日(日) 10時から 落花生ほりや古代米のモミすり、米粉ピザ を自家製ピザ釜で焼いて皆さんと一緒に1年を振り返り、野菜の収穫祭と心の収穫祭を行いたいと思います。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:千葉県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

今回は昨年に続いて、京橋をスタートして、亀戸大根の故郷へ、そして亀戸大根の収穫、江戸川名産の小松菜の収穫とゆかりの地を訪ねて・・・。と云うツアーだ。

今回のテーマは「秋の種まき、調理実習で使う野菜を育てよう!」 と云うもので、来年、2月18日調理実習のメニューに加えるサラダの材料を栽培しようと云うもの。

イベントも籾摺りでフィナーレの日を迎えました。この作業では粉塵が多く出るので、防塵マスクを着用します。今日の主役は電動籾摺り機:ミニダップというマシンです。

前野町五丁目農園からは、何年かぶりに203番の区画からブロッコリーが出品されました。ブロッコリーは全部の畑からはたった一品のみで、大変良かったと思います。

土に触れてココロもカラダも健康に!第1回:ベランダでできる野菜栽培と近くでできる農業体験◯ 日程:2012年12月1日(土)

11月29日小学生約90名による農業体験が行われました。これは、9月13日に自分たちで種を播いた大根と種イモを植え付けたジャガイモの収穫を行ったものです。

大越さんの有機野菜講座、収穫に引き続き、畑のお手入れについての講義です さて、大越さんが手に持っているものは、何かといいますと。木酢液(もくさくえき)

ファーム・エンターテイメントは【冬の味覚「大根」を収穫しよう!】 を開催します。今年、9月中旬に種を蒔いた大根が順調に成長し、収穫の時期を迎えます!

江戸東京野菜・冬の大イベントの1つ「第6回練馬大根引っこ抜き競技大会」で1辰發△訛膾を引き抜いて、汗を流してもらう企画を提案した。抜いた大根はお土産だ。

10/30(火)に京橋築地小学校 5年生(63名)が稲刈りを行いました 小田農園長から鎌の使い方・稲刈りの仕方について説明がありました。さぁ、いよいよ稲刈り開始です

11月3日八王子農業塾1期生2期生による秋の収穫祭が開催され、研修生の『自慢の一品』『圃場立毛』の審査が行われ、それぞれ優秀な研修生が表彰されました。

昨日、監修をおこなう小学校の畑にてサツマイモ堀り! 暖かい陽光に包まれ1年生が授業で芋掘りを体験。 放置花壇だった場所を今季より畑に…。

遠藤農園では、来春収穫予定の「キャベツ」と「タマネギ」の定植をしました!まず始めは、キャベツから定植です!間隔をあけてキャベツを定植していきました。

さぁ、早速収穫スタート 何を収穫したかと言うと…ちっちゃな大根 まだ、これから大きくなる大根ですが、隣同士が近い大根だと大きくなりにくいので間引きをします。

キッズ土育の秋の遠足で、農家さんの畑に来ました。畑でご家族で何か掘っていますね スコップで里芋を掘り出したら、親芋につながっている子芋を取り外していきます。

10/30(火)、サツマイモ収穫祭!みさわ児童館とみさわ保育園と共催で芋掘りと焼き芋を行いした。 朝9時前から焼き芋の準備に忙しいみさわ児童館関係者と農園メンバー。

畑に着いたら、まず初めに本日のメイン「大根」の収穫からです! 参加者のみなさんはお持ち帰りいただく分収穫しました!大根の種類は6種類。

今日は市内の小学3年生が「農家の暮らし」を見学にきました。1人でも味方は多い方がイイと思うので、子供の頃から農業への理解を深めてもらいたいと思います。

10月20日東京スカイツリーのふもと、「らぽっぽおいも畑」にて待ちに待った収穫祭が行われました 初めての屋上農園のおいも掘りで大きくなっているか内心ドキドキ

毎年、上石神井の尾崎農園さんにご協力いただいて、練馬大根収穫体験をさせていただいています。【日時】2012年11月24日(土)10時から

スポカル広場で、二番穂の稲刈りを行いました。 授業で先に体験済みの5年生が「お手本」を見せてくれました。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:東京都での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

土中緑化と摘心・断根した後、移植した黒大豆、葉は落ちて豆の莢をふるとカラカラと乾いた音がするようになったり、はじけたのもあったので、すべて収穫した。

10月18日、19日に、小松菜の種を蒔きました。今日まで、およそ1か月が経過しているのですが、その葉は害虫に食べられていません。少し不思議な気がします。  

定植シーズンも多少落ち着いてきたので 農園見学の方をお迎えする時間も採れてきました  そこで「これなんですかぁ〜?」 と、良く聞かれる野菜がこの子

起こし木(にく丸の新木)に出ていた椎茸が急に大きくなり、早いものはもう採れ出しました。朝の気温が10℃を超えると椎茸の生育が著しく早くなります。

先シーズンはイチゴの花が咲くこの秋に農薬を使いました。ヨトウ に花をモリモリ食べられしまい、効果的な対処ができなかったため使いました。

今日は島らっきょう植え付け第一節?最終。 まずは植え付け用のらっきょうをきれいに散髪。 長い茎を切り、根も短くチョキチョキ。

獣たちは寒くなる前に体力をつけようと農作物を狙ってやってきます。近くのばぁちゃんの畑のさつま芋は2度に渡って被害を受けて全滅!

平原のそば畑は収穫を迎えました。心配された天気も大丈夫で一安心。手で刈るので人数が多いとはかどります。この日は助っ人が何人か集まってくれたので大助かり!

今日もパッションフルーツの接木作業をしました。今日は15本です。試行錯誤した結果、硬化して中が空洞になった茎を使うようになりました。

赤蕪と同じ日に蒔いた、アスパラ菜が初収穫出来ました☆今年初めて栽培しましたが、菜の花より早く収穫時期になりました。

しいたけ・みかんと忙しくなってきました。 しいたけの収穫量は増えてきて、その上にみかんの収穫の準備も始まっています。 すでに時間がいくらあっても足りない状態。

【ミズ菜】土作りでは有機肥料と、泡盛のもろみ粕を畑に散布します。 土壌にいる微生物が有機物を分解して肥料の吸収を助けます。

デカハウスのトマトもついにグロッキーとなりましたが、イチゴはまだ元気です。この時期のイチゴって物凄く美味しいんです。春に食べるものとは別物ですよ。

サツマイモは湿気と低温に弱くちゃんとした場所に保管しないと冬越し出来ず腐ってしまう。そこでちゃんとした保管場所をと作り始めた。

この時期、虫除けネットをはずして、冬野菜の畑のがとてもきれいな姿です。そろそろ、霜よけ布をべたべたかぶせていきますので、見た目は再びいまいちになります。

今日の仕事はいつものように野菜の収穫です。普段なら視界に入らないシシトウがなぜが美味しく見えたので辛くないか確認しながら収穫です。

畑に行く前に「今日は何をしよう」と決めておかないと、すぐに真っ暗になります。 今日はブロッコリーを初収穫するつもりで行きました

ブルーベリー植え付け予定地の整地作業を 行なってもらいました。 だいたいの下草、竹、ツル性植物を刈っているので ユンボも投入し一気に仕上げにかかりました。

この1週間はサラダタマネギの定植で大忙しでした。きのうようやく5反終了。約12万本手植えですよ。首、肩、腰が軋んでおりまする。(☆。☆)もう油切れですわ。

今日も冷えました。ハウスは5℃以下。 夜はハウスを閉めるようにしたので朝方は湿気があるようになった。 今日は出荷後に1ハウス返す。

先週末に脱穀を計画しました。そこで以前から課題となっていた、脱穀機(ハーベスター)の燃料フィルターの交換とタンクの整備をバタバタと終えました。

くまわりファームでは、今年から路地野菜の栽培に取り組んでいますが、キャベツ、白菜、従来から取り組み採算も取れるようになった白ネギと、圃場は賑やかになりました。

ミニトマト・イタリアントマト六月の豪雨で、全滅したトマト…リベンジしたくて…というより、トマトの生育の様子の研究をしたくて、ハウスで挑戦中です(*^o^*)

この日は、「天草育組」の芋掘り作業となりました。まだ少し、土に水分が多いですが、明日から雨のため、収穫する事になりました。今回の参加者は3名・・・

そろそろ大豆の収穫です 今年はカルチが効いてるみたいで大豆が、見えます でも、カルチをかける時に草が気になってた所はやっぱり草が多いこれは来年の宿題です

よろこび農園は、今年の作付予定をこなして、今は、 畑全体が野菜でうまっています。 あとは、水掛けや支柱を立てたり・・・・・、 害虫の見回りをしたりします。

アボカドの「モンロー」が1個落果していました。 なり口が少し黒くなっていましたので,完熟落果ではなく,早期落果のようです。追熟して試食してみました。

今年の取れたしょうがを、来年の種に使うために保存しましょう。 我社の裏山にあるしょうがの保存に為の縦穴です。 約3mの深さで、来年の種しょうがとして保存しますよ。

以前安納芋が植えられていた場所 なんやらシートが張ってある 何か植えたみたい これはフル(にんにく)かな 別の場所にもお野菜が・・・これもフルかな・・・

本日は極早生みかんの収穫でした。 この時期はもう「早生みかん」の季節ですが、 えんどうさんちは、完熟の極早生みかん(山川)があります。

収穫全然無く、まいっていたのですが、ようやく小松菜が取れ始めました。そんな小松菜、やはりあちこち虫に食べられています。そのなかでも厄介なのが、かたつむり。

かぼすは一般にはグリーンな内に収穫され、8月には出荷されます。私は樹上で黄色く熟すまで収穫しません。流通の常識を無視します。

4月に9欠片植え付けた「生姜」結局6株しか育ちませんでした。残りの3株は地中で種生姜が腐ってて発芽しませんでた。栽培期間約7ヶ月を経てようやく収穫です。

9月25日に畑にバラっと撒いた種が すくすくと育ちました。 やや細めだけど、25センチぐらいあるのでもう定植していいそうです(By師匠)

午後より、田んぼを耕して、畑2枚鋤いた。 ひとつ、苦手な畑。 梯子をかけて上らないといけない。 まあ上るほうは大丈夫だったけど  降りるのはダメ。

農園の育苗ハウスは、蜂さんたちの蜜源のための花の苗と、イチゴ栽培しています!収穫を終えた親株から伸びたランナーから、数を増やしていく予定です!

7:30から籾摺り「豊コシ」10:00から古代黒米の収穫。1週間早くても良かった感じ。いつもどおりの1俵程度。午後から、8月中旬に蒔いたカボチャを収穫。

露地インゲンの種まき。潅水チューブ張ってマルチ張る。風が強いので焦らずゆっくりと。風に吹かれたマルチはすぐに剥がれてしまうのでしっかり土をかけていく。

この一ヶ月の流れをダイジェストでどうぞ〜。種植え準備です。台風前に定植してあったのは、2棟あるハウスの内、片方だけ。

最後に残っていた緑米の田んぼ。機械を入れるため、四隅と足場の緩いところを手刈りしていたのですが、勢い余って、機械刈りもしちゃいました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

皆さん生姜の畑を見たことが有りますか?。高知県在住なら見慣れた景色ですが。高知県は生姜栽培面積全国1番です。大きさ(茎の高さ)は、約120cmぐらいです。

植え付けからほぼ半年、ようやく収穫を迎えました。ショウガにとってはその雨が良かったようで、かなり期待できそうです。

今日も、栗木谷オリーブ畑で、たくさんの方々に…、手伝っていただき収穫です。 収穫のあとは、先々週末に収穫したオリーブたちの見回りです。

ブロッコリーの出荷が始まったがー。今年は稲の跡に作らない畑にいつもより10日早め、8月末から定植を開始したんやが。そしたら収穫は20日早く始まった。

今日は、真っ黒に熟れたオリーブを収穫していきました。10月に熟れた実を収穫し、レシピどおりにつくってみましたが、この時期の熟れた実とのでき方では、どう違うのか…?

強い霜が降りたら、生姜がダメになってしまう。まだ総面積の10%ぐらいしか収穫していないのに、序盤から休みまくって大丈夫なのだろうか。

忙しくてずっとほったらかしになってたもう1か所の畑里芋は雑草の中に埋もれてました。それでも株もとを見ると 大きな親イモが出来てます。

約2週間におよぶ早生みかんの収穫が完了しました。 ここ3年間で一番糖度が高く仕上がりました。今日の試食ではもう寝かさなくても酸味が和らいでいるようです。

緑肥用菜の花ですがどうも発芽率が良くないようで、種が落ちてないのかそれとも種まき後の大雨で種が死んでしまったのかいずれにしても生えてきてないところがあります。

冬越し豆類の作付け進んでおります。そら豆 定植しました。 品種:三連 です。冬は小さく育って 春に大きく育て!上には籾殻を敷き詰めました、保湿と雑草防除!

4月の暴風で、ビニールハウスがびりびりに破れました。多くの方たちの支援で、新しくビニールハウスの修理ができる事になりました。

風が強いと、除草剤は散布できないし。 で、鍬の出番な訳です。 三角鍬を使って畝の表土を削りつつ、草を取ってやります。 そして、表土を削る=中耕ともなる。

佐々木農園いちごハウスのビニールはりを行いました。佐々木農園では、毎年全5棟張り替えます。天候予報が雨ということで家族総出で急ピッチの作業。

白菜がどんどん巻いてきている。しかし。ご覧の通り虫害がかなり目立つ。この畑のはダメかもしれない。昨年と同じくダイコンサルハムシ。

除草剤の影響か桑畑がなくなったせいか野生のキンカントマトはほとんど見かけなくなりましたが、青人草の荘でありついて今年はしっかりと自然生えし増えてくれています。

35日目。13.55僉ここ3日は1日の肥大量が5个任后だらだらとネットを発生さすと収穫した時にネットが不揃いになりやすいですが、そんな事はかまっていられません。

ウチの干し柿用の柿で一番人気の大和柿を収穫。 昔からあった山の柿と比べると二周りくらい大きく 病害虫の被害も少なくて仕上がりもキレイ。

格闘すること10分。でか!!今年初の大物です。3kgはあるかな。こいつのせいでカバー3箇所とボルト数本飛ばしました。ボルトやかねじきれたし。

タイトルにもあるように、昨年は黒点病に悩まされたんですよねェ〜。原因は夏前の雨量が多かったのが影響したようです…。ただ、雨量の調整など出来るはずもないです

ほとんどの園が防風垣の手入れを終わりデコポンの袋かけ作業へ!我が園では防風垣の手入れと袋かけ作業の同時進行になってます

今日はにんにく畑のマルチ張り。 まだまだ植えてない種がわんさかあるよぅ…。 マルチを張った翌日は、招かれざるお客様が、新品マルチをボッコボコにやぶいてマス。

今月の10日頃に植え付け予定の田んぼの準備をしました。月曜日頃雨なので、少し早めデスガ畝立てをしました。

今週に入り市内の直販所に作物を出荷し始めました。人参をとにかく作りすぎているよね〜って感じでしたので、とにかく人参を販売するべくがんばっています。

ブドウの休眠中の病害虫防除を行いました。べと病・さび病等の防除にICボルドー66Dの50倍を、ブドウトラカミキリの防除にスミチオン水溶剤の1000倍を散布。

今日は、茎ブロッコリーの圃場の写真を撮りました。契約先の大阪にある八百屋さんで生産者の写真(圃場をバックにして)を展示しているためです。

ここ3日間はキウイ一色だったように思います。午前、午後とあわせて2トンほど出荷しています。朝一番は、農協のキウイの出荷作業にも行ってきました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

美味しい根菜が盛りだくさんです。今年から登場の日野菜かぶ。いわゆる丸いかぶではなく、人参のような長いかぶです。あっさりとしていて、淡白で甘味があります。

さてイチゴの様子ですが(あきひめは他のベンチより7日ほど先に受けた右端だけ花満開です)(直受け紅ほっぺはまだ開花が2割程度)

小雨が降って、そこそこ温かく、椎茸の成長には良いお天気です。今朝は、コシヒカリ・エコ100白米の色彩選別をしています。

写真1枚目:収穫したキウイ 1箱目 写真2枚目:収穫したキウイ 2箱目 植えているキウイは3本ですが沢山の実を付け収穫をしました。

今朝はブドウを少し収穫して風ぐるま市場に出荷。シャイン、セキレイ、紅鳩です。シャインのバラけた房は粒を切ってパックにしました。あとは、ず〜とイチゴの管理。

春から伸びた枝の先端・・・・ブルーベリーのことです。枝の先端の数枚の葉の付け根がぷっくりと膨らんでいます。ブルーベリーの花芽 です。

こぼれ種から生えた、フランスのカブ。こぼれ種からのカブは、どれも生育旺盛で、カブの形もよいです。今年はここから種をとりたいです。

そろそろ椎茸(しいたけ)が生える季節です。すでに小さな椎茸が生えています。亡くなる前に父親が、しいたけ菌を植え付けていたほだ木を積み重ねていました。

いよいよ!秋とうもろこし第2弾が実ってまいりましたッ。し、しかしながら…。なぜでしょう、なぜかしら。なぜなにどうして…ケモノさんは食べ頃が分かるんだろう…?

出荷のため朝から収穫しましたが、冷たくて手が痛いorz 去年も前日および10時以降に収穫していたよなぁ〜 ということで、早朝の収穫はこの時期は無理です。

ソウメンウリ、カボチャはまだ花を咲かせようとしています。 小さい実もついているので引き上げずにそのままに。 ニラが絶好調です。

今朝もブドウとイチジクを収獲し直売所へ出荷。イチジクはホワイトゼノアがわりととれました。 あとは、ほとんど一日中イチゴのハウスにいました。

さつま芋の収穫がようやく今日、すべて終わった。 例年、勤労感謝の日の辺りが目標。今年は雨が多く、湿った土に悩まされながらも、なんとか目標通りに終わった。

得意分野での作業が始まりました。“小麦班”は,全員で畑の地ならし,Seさんによる溝切り,続いて播種,土寄せ,締めくくりは,Hiさん,Suさんによる防草剤の散布。

追肥をして土寄せ後はグングン育ちます  福王寺ホウレンソウと言う名の古くからこの土地にある種類のホウレンソウで、大事に栽培が伝承されてきたものだそうです

農業用廃プラ資材の回収作業のボランティアに行ってきました。メインはブドウの雨避けビニールですが黒大豆のマルチシートやビニールハウスの被覆資材などもあります。

去年は、7畝程大豆を作ってみたが、今年は、試験栽培と種の量の絡みから、4畝程の栽培となった。四国4号という品種で、知り合いの農家さんから種を頂いた。

今日は白木農園の作業日でした。季候も良く,蕎麦・大豆は程よく乾燥。参集した18人が二手に分かれての作業。蕎麦は,JA広島市・白木支店の作業棟。

今年はダメだろうとあきらめていた富富が、1ヵ月遅れで、ポツポツですが、収穫できる大きさに育ってきはじめました。

昨日掘ったコンニャク芋です 左の芋は600gあります 角のようになっているのは小さな芽(種になる小さな芽)です 切り取って種イモにします

欲しかったミキサーが農園にやってきました! いただき物ではありませんが、持ち主さんがほとんど使う機会が無いので、 農園内で保管させていただくことになりました。

あと黒大豆の収穫をすれば良いのですが!雨が、よく降って困っています。莢の中のマメは、多少柔らかくなっていますが、膨れていないので乾いたたら刈れると思います。

稲刈りが終了してから植付けたキャベツですが。。。遠目からでも大きくなったのがわかるようになりました(*´∀`)これがこんな感じに。。。巻・い・て・き・た!!!

柱周りやブドウの木の根元、ワイヤー付近など。従来の刈り刃だと、勢いあまって痛めてしまうのでこういう細かいところは、プラスチック製の刃に付け替えて刈ってます。

昨日 秋馬鈴薯を掘った 病気は全く出なくて順調に育った 基肥に有機肥料を少し入れただけで追肥はしなかった そのことが病気を防いだのだろう 

昨日の夕方からサイドを閉め,炭酸ガス発生装置を朝6時〜7時まで動かし始めました.         今朝ハウスの炭酸ガス濃度は1380ppmでした.

昨日、ハトムギの刈り取りをしました。今日も残った刈り取りをします。天気も良さそうなので、順調に終わりそうです!収量も思った以上に有りそうです!

小豆は作っていても貴重な豆です。これからたくさん莢から出すんだけどちゃんと採れたことが嬉しいです。しかし大納言、かなりの大粒だわ。

若木の土作りが終了したので成木土作りを始めました。成木は若木と違い、葉っぱが多いので、土作りの前に落ちている葉っぱを拾わなくてはなりません。

草は土の保水性を高めたり害虫の天敵の隠れ場所になったり有益な面もあるとは思うのですけど、、害も色々あります。土中の養分を作物から奪ってしまう!

畝が一本200mほどです。この畑は何度か登場している、我が農園の茶畑の中で数少ない優等生です 何が優等生かと言うと、芽の動きが早いので一番茶の収穫が早いです。

だいぶ遅くなっていますが麦の播種が最終番となっています。 やっと最後の圃場になりました。天気も良いし調子よく作業も進んでいます。

雨が無くすこしは畑が乾いてきたので、肥料散布、耕転して玉ねぎマルチを掛けて玉ねぎ植えです。苗の抜き取り後母が植えてくれました(助かります)535本でした。

枯れた古株の手前に根づいたばかりの幼木・・・・いちじくのダルマティーです。いちじくの新旧 世代交代 の図式と、そういうことになります。

当時の目標では卒業時に成園2反、新植園3反という内容で考えていました。 現在の新植園は2反9畝、成園は8畝ですので足りません。

点検から帰ってきたコンバインをブイブイいわしてます。今の所コンバインはよっちゃん以外は乗らないので一人で1日7反(たん)の面積を刈り取ります。

今日の早朝まで雨野良仕事が進みません 雨が上がって晴れ間ものぞいてきたんで畑に行ってみたら、落花生が枯れてしまっていたんで急遽、落花生の収穫をしました〜

7月に収穫したブロッコリーの茎はそのままの状態で残しておき、夏に刈草を株元に敷きつめたそのうち脇芽が出て大きくなり11月中旬になるとテニスボールの大きさになった

ついに,ついに!色づきはじめました♪ ほ〜んのり赤く染まった白イチゴ.これが明日にはもっと赤くなり・・・もうついにイチゴのシーズン突入です.

みっちり働きました。メインは玉ねぎです。月曜・火曜で60mやっていたので、残りの60mをやりました。プラス先に終わっていた60m分の竹チップも撒きました。

ブドウの元肥作業が済んだので今度は老木の伐採&切り株掘りです。主枝や亜主枝の伐採作業はチェーンソー使ってすぐに済みますが、ここからが本番!

瀬戸ジャイアンツ 10月中旬で販売を終了しました。最後まで脱粒が無く、粒に張りがありました。 一部の房に渇班が現れたり、水が回りかけたりしました。

選果場も16日で終了しました。 片付けをするとポロポロ緑色のトマトが残ってます。 そんな緑色の実を収穫して、直売所に持って行きました。

ピオーネは約1000房が、瀬戸ジャイアンツは170房がぶどう狩りの試食、自家食、成長不良、病気、動物に  よる食害でそれぞれ無くなりました。

サツマイモ掘りスタート!他有機農園で農業研修中の環境教育スペシャリストI氏、東京から来てくれた祖母、母親も手伝ってくれました〜

昼間の荷造りはハウス内が暑くなるので無理ですが、これから寒くなれば寒くなるほど日中の育苗ハウス内での荷造りが快適になってきます。

今日は朝、晴れていたんで畑の土をみてみたらやっぱり水気が多くて、こりゃ耕すのにはダメだ〜と思い黒豆の収穫をしました〜 こんな風に葉っぱが枯れたら収穫時期デス

太くて立派なネギでしょ!^^ これは2年もの! 種から育てあげ厳しい冬を一回乗り越えて。。。 ネギ坊主実らせて新芽出て。。。 またさらに太くなって新登場

石ころ拾いをして、キヌサヤの種をもう1畝まきました。 まだまだこの繰り返しは続きます。 先日、苗床用にと開墾した井戸近くのスペースに、ソラマメをまきました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

お野菜も、冬支度です。小さい葉ものや霜に弱いカリフラワーにもパオパオをかぶせました。ほうれんそうを収穫していたら、刈った根元から良い香りがしました。

今日で全部の畑のみかんを収穫してしまいます!!みかんも最終時期なので、今まで取り残したものも全部採っていきます。

桃の木は、落葉時期となり、元肥の施肥、苗木の植え込み、除草など剪定前の管理を行っています。 来年も「よかった」と言ってもらえるよう努力してまいります。

発送作業や柿の収穫のあと、田んぼの草刈と溝あげ。溝あげは、泥土が溝に落ちているので鍬であげていきます。とりあえず田んぼ1枚だけ完成。

自然栽培3年目の畑です。 チンゲンサイがいい感じです。 葉ものだけど虫食い少ないです。 10月初めに種まいて不織布をかけておいただけです。

毎年ほぼ同じ作業を行っています。桃の品質の向上を目指しながら、作業能率とコストの削減が出来る様に、気が付けば改善をしています。

現在、旬のお野菜は。小カブラ、小松菜、ほうれん草、春菊、キクナ、ハクサイ、ネギ、柚子、里芋、海老芋。。。などです^^

ほうれん草などは既に食べつくしてしまい、二度目の種蒔きを済ませてますが、秋も深まってからの種まきは、一週間の遅れが収穫時には3週間ほど遅れるような気がします。

今シーズン最後の大豆の収獲。最後の作業は棚田の約2アール分。稲木もネットもないので、刈り取った大豆は作業小屋の中にシートを引いて保管することにした。

去年はカラスによる被害といえば,落花生が少し掘られた程度だった。  今年は,大事な空豆を掘って食べられ,キャベツにも2回目の被害が出た。

稲を米にするには、ヾ△辰騰乾燥させてC穀してい發潦未鮗茲辰騰ジ縞討呂修里泙泙世白米にするなら精米という作業があります。

昨日、秋冬野菜を見に行って来ました! キャベツ。段々巻いて大きくなってきました! ブロッコリー。まだまだ小さい! カリフラワー。赤ちゃんやね!

初めて『山ほうれん草』というのを育ててみました。よく調べると、山ほうれん草って、山に生えてるものでもなんでもなくふだん草の仲間なんですね。

2週続けて生憎の空模様となってしまいましたが、事前に収穫しておいたものを、足踏み脱穀&先週脱穀したものを、唐箕にかけて、粗選別。

ブロッコリー達が順調に成育中☆大きく葉を広げるブロッコリー♪葉はところどころアオムシにかじられたりしておりますが、特に大きな問題なくゆっくり育っています。

ダイコンとカブの間引き作業をしました。 がんばって成長している野菜たちを抜くのは心苦しいですが… 間引きをしないと丈夫で健康な野菜にならないとのこと。

今日は黒小豆の収穫を。パートのさっちゃんと一緒に始めましたが。結構な量がありまんねん。取りごろのをちぎっていくのですが、時間がかかる。。。とほほ。

梅干作業と製品化はは暮れまで続きます。 ビニールハウスで干すようになり、各農園で作業は年間通じて恒常的になりました。今年の梅は不作でしたが、品質は上出来です。

寒い寒いと言っている割に元気な里芋です。こちらは、昨年の取りこぼしが伸びたもの…毎年、掘り上げずに畑に放置しています。

本葉技研工業より発芽, カブ誕生の瞬間。 『スーパーカブ100』 大ヒットにより工場はフル稼働。強風でうねりがちなエンジンを, オーバーヘッドカブシャフト式へ改良。

さてこの地域(愛知県豊橋市)で次郎柿を出荷するときは10キロ箱でだします。この箱は31玉入っていて、豊橋の次郎柿としては市場でもかなり高値で取引されています。

今月25日の活動日は、「そばの実の収穫」予定でしたが、実のほうが良い具合に収穫の時を迎えてしまったので、一足先に、有志の方達と収穫をしました。

なにわ伝統野菜「大阪しろな」です  満を持して「ベタガケ」を除去しました 順調にきています 「有孔ポリフィルム」は高価なので 新規就農1年目の僕には買えませ〜ん

谷やんが二日連続でがんばってくれたおかげで、玉ねぎ終了!すごく長い畝でした。長時間、この体勢(中腰って言うんだっけ?)でいるのはけっこう大変かもしれませんね。

今日午後から雨との予報だったので、中晩生の泉州黄タマネギの定植と、田んぼに干してあったワラを集めて運んで保管作業をした。

昨日と違って、絶好の「収穫日和」(笑)明後日がレモンの荷受け日となってりますので、それに向けてレモンを収穫することにしました!!

未だ、農繁期の真っ最中ですが、先日、寒さで腐ってしまう前にと、サツマイモ掘りを一気に行いました   まずは、大鎌で蔓を刈り

雨の日はカッパを着てふじりんごの収穫をひび行っています。収穫したふじりんごをその場で選果。大きさ、色、キズの有無で選別します。雪が降る前に全部収穫するぞ〜〜!

僕は、アントシアンを多く出したかったので10月4日播種(左畝)10月11日播種(右畝)に行いました。ちなみに畝幅120傳款鬚燃間10僉

今日はかぶを収穫しました。かぶは穴空きマルチシート一穴に二株ずつ育てます。↓ある程度大きくなったら一株収穫してもう一株を大きく育てます。

太根挿しとは長さ30cm程のオリーブ枝を29cm埋め込んで増やす方法の事です。と、大体の栽培本に掲載されてます。師匠もそのように。

早生ミカンの発送作業を始めました。収穫したミカンはコンテナに薄く延ばして風を通しておきます。「予措」といって、こうすることで表皮がしまり保存性が高まります。

うちの向かいの畑ではもうとっくに大豆の収穫は終わっているのですが、うちではずっと後回しにしてきました。次の作業のために場所を空けるためにやっと収穫しました。

早朝から、長々手がけてきた休耕地の整備作業に、終止符を打ってやろうとコシヒカリの里  へ勝負に出向いて来ました。

雨降り前の木曜日に、やっと玉ねぎの苗を定植 その隣では大豆が熟してきました この大豆でまた味噌を作ります。手作りの味噌はおいしい〜癖になってます。

10月15日に稲刈りをし、約三週間はざかけをしていた田んぼの脱穀をしました。ここ数日の快晴のおかげで水分も大分落ちて来たので、脱穀をしました。

10日から始めた葉っぱ落しです  お正月用の黒豆ですから、12月中の出荷の為、人の手で葉っぱを落とし、乾燥、脱穀、手選りまで大変です。

11月に入ったので、玉ねぎの植え付けを開始しました。まずは、極早生の玉ねぎから。今年の玉ねぎの苗は、今までにないくらい順調。やっぱり草が生えないってスゴイ。

当園の畑地にも、何本か柿の木があるのですが、甘い木の実は、カラスがこぞって食べています。 それにしても、皮だけをうまく残して食べるものです。

冬前仕事まだまだ続きます。これも遅れ気味の豆類種まき。そらまめの種が届くのを待ってたら種屋さんの発注ミスで遅くなった

ハウスのトマトが順調に育っています。今のところ病気なし^^一番早く大きくなっているミニトマトの誘引を始めました。まだちっこい苗はこんな感じです。

土は乾くことなく湿氣たまま。氣温も低いのでさらに乾かない。そんな環境の中土の中を確認すると「生姜」の種生姜が腐りはじめていた。

早生玉ねぎ苗の定植が終了しました。と言っても、僕が定植したのは本数は研修生の見本でやったほんの数十本だけで、残りは全て研修生がやりました。

白菜&キャベツ 今年は苗の植え付けも早く、 イノシシの襲来も今のところ大丈夫なので おいしい白菜ができるかもと収穫を楽しみにしています

今日は麦のタネ播きnい行ってきました!!!!今年は圃場が近いので、高校生に種をまいてもらうことに。初めて鍬を使うのか、慣れない手つきでなかなか進まない

今日は出荷がなかったので、一日中玉ねぎの植付けでした。 そしてやりました。植付け終了です  何本植付けたんでしょうか?たぶん8000本ぐらい。

おじさんが、菜花を間引いて持ってきてくれました 30本もあれば足りると聞かれ 充分すぎると答えたのに まさか2列に、この間隔で植えるなんて・・・

だいぶ寒くなってきたここ淡路。ピーマン系も店じまいになりました。最後に収穫した【グリーンベリル】少し期間をおいていたんで、立派に育ってます。

ちょっと寝坊して畑にきました。これはトンネル栽培白菜です。ネット表面に黒い虫(ハムシ)が見当たらないし風通しを良くしないと軟腐病になるのでネットを外します。

万木カブ(すぐきも?)がラディッシュサイズのまま(-_-;)確か同じ菜園でバターナッツを植えたら やっぱり小さいサイズになったっけ

ふじの葉摘み作業(3巡め)が足踏み状態の日々が続いています。収穫直前まで、とにかく時間が許す限り作業を行います。ふじの収穫は今週末くらいから開始予定です。

温室では寒さに向けて冬支度をしました! 温室の中に内張り用ビニールを張りました。 これでトマト達は温室のガラスと、今回張ったビニールとで 暖かい環境でいられます

青大豆の葉っぱが落ちてサヤも茶色に乾いてきました。 刈り取って陰干しでサヤが弾けるまで乾燥します。 40株ぐらいなんだけど、なかなか作業もすすみません。

参加している農事組合法人さんよりの依頼で今日は岡山県へ ブルーベリーの植え方指導に行ってきました〜。 「指導」なんてエラそうなもんではないですけどね

オークリーフレタスとからし菜でサラダはいかがですか?寒いからサラダなんてと思いますが美味しいですよ。ラディッシュも赤く丸くなってきました。

リンゴも暖地で何とかしたい。桜桃も暖地で何とかしたい。 但し桜桃はリンゴよりはるかに強敵です。 今年も完敗でした。夏過ぎには葉っぱが無く丸坊主で降参状態。

僕はというと、いつもながらトマトオンリー。まもなく冬が来るというのに、まだなんとかかろうじて収穫しています。レッドオーレ(左)とシシリアンルージュ(右)

10月末にイチゴの苗を定植しました〜。収穫は5月にはいってからなので、まだ半年近くありますね。今年は200株近く定植したので、うまく育ってほしいなーと。

稲刈りの後の株からまた生えた稲のひこばえがことを何故かひつじとよんでます。ちなみに麦まきのため明日からほんの43ヘクタールほど耕す予定です。

今年はじめて米の食味をしてみました。品種は「きぬむすめ」で掛け稲で作りました。10月14日に稲こきをした米です。食味の数値が下記のようになりました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

夫は忙しいので私一人でデコポンの袋掛けを開始しました。雨の日もカッパを着て豆摘みです。3日に一度位の間隔で採ります。

静岡の果物といえばこ・れミカンの収穫も真っ最中。収穫している品種は、清水市(現在の静岡市清水区)でカラタチと‘宮川早生’を掛け合わせた‘興津早生’です。

十一月九日(金)は、一日かけて入野の田んぼの会の脱穀をしました。 十月中に稲刈りして、はざに干して十日余り、天日干ししました。

ぼちぼち大豆を刈り取らねば・・・と思って覗いた大豆畑の様子。見事にぜーんぶ食べられていました。シカよけのネットは、わずか一週間足らずであちこち穴だらけ。

これはポンカンとネーブルですが、おじいちゃんによると、この木はもうそろそろ寿命だということなので、思い切って伐採することにしました。

ホウレンソウの播種 4回目です。8畝16条4回の合計は、28畝56条です。30,000粒の種が最後の5mでなくなりました。種の必要量が確認できました。

最近は、だいぶ夜間が冷え込むようになり、冬に向かっていることを肌で感じますね。 冬に向かい、野菜はどんどん美味しくなります。

ミカンの収穫も真っ最中。 収穫している品種は‘宮川早生’と‘青島温州’ ‘宮川早生’は育てやすくて豊産性と農家思いのミカンで、早生ミカンの主力品種の一つです

普通は有機栽培と言いますが うちのは勇気栽培です 今までと違った美味しいクレソンを作れば必ず売れるハズだと確信していたので 勇気を出して数年前に栽培を始めました

秋整枝は、来年の新茶摘採に向けて樹の形を整えるための作業。10月上旬に秋芽だけを刈り落とし10月中旬から、茶園を順番に整枝と、整枝作業をしています。

うちの畑で本年最後の作付として、玉ねぎ苗を定植しました。今年は、私はほどほどに状況をとらえて、小規模に200本だけ、玉ねぎ苗を植えました。

いよいよ師走に突入です。こうなってくると畑の方も仕舞い支度。サツマ芋掘りも人参芋が残っているので早く掘り上げなくては。

10月末、城さんの紹介で南榛原開発蠅気鵑ら剪定チップをゲットしました。 でっかいダンプに大漁の剪定チップがのっています。畑に入れると菌のエサとなります。

サトイモは、今は亡き農業仲間から分けてもらって育てている品種です。無施肥無防除で育てているというのもあるのですが、ほとんど虫食いがありません。

少し前に、今年も大豆の収穫が終了し、以降、刈った大豆を軒下に広げて干していたのですが、カラカラに乾いたので、先日から、いよいよ、脱穀を始めました。

現在の育苗管理ハウス内の栽培管理作物は、タマネギとホウレン草の2作物ですが、今週末には、サニーレタス及びリーフレタスの種蒔きも始まります。

今週に入り完全に出遅れていた【章姫】が出蕾ラッシュ  ハウスによっては8割近くまで出蕾が確認できました フライングで出蕾数株はすでに果(花)房も伸びきっています

そら豆の種まきをする季節になり、春に採種したタネの袋を、ゾウムシがわんわん出てるだろうなと恐る恐る開けたら、あれ?いないじゃん。

茶園も冬の準備を進めています。茶園の成長も終わり、来年の春に向けてゆっくりと休む時期になります。そのため、今の時期に、茶園をきれいに刈り込んで起きます。

人参の間引きをしています。人参の間隔が窮屈になってきたので空いてやるのです。でも、作業は遅れていて人参はちょっとしたサイズに。

マルチング作業。農業用語で、いわゆる土壌被覆。秋も深まるこの時期の仕事です。当園のイチゴの場合、苗の根本から畝全体を薄い黒のビニール材で覆います。

今Seasonの秋まき栽培については、移植栽培については、足踏み状態の時期(3回ほど発芽不良・・・)もあったものの、直播については、生育順調でここまで来ています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

富有柿鋭意出荷中!!晴れた日は、午前中から収穫、14時すぎくらいから柿を選別して、梱包して、15時半くらいにくるヤマトさんに引き渡して、あまりは農協へ出荷。

本日、麦の種蒔きをした ほんとは10月中に畝をたて筋蒔きをしたかったのだが忙しすぎて畝も作れず、オマケに春に収穫した麦は脱穀も出来なかった・・

籾殻くんたんを作ります。先日、ホームセンターで購入したくん炭器(上記写真)を使います。最初に新聞紙や小枝を燃やし、火が消えないうちにくん炭器をかぶせます。

里芋の出来が悪くてあまり掘る気になれなかったのですが来週の寒気が来る前に、少しでも何とかしないとね〜 一株あたりの数は少なくて何株か掘ってこれだけ〜

マルチがけ深植えで草引きも土寄せも無し、追肥と水やりは茄子といっしょに潅水チューブで流し込み。 つまり定植から収穫まで実質作業無し。

寒くなってきていよいよ畑も終わりに近ついてきて、畑の片付けを始めています。この夏とても頑張ってくれた真黒ナスの根っこをみてみました。

慣行農法では、狭い面積に高密度に田植えをし、たくさんの追肥をすることによって、 10aあたり約600kgもの収量が得られます。

直売もついに最終コーナー。「ふじ」の収穫を開始しました。「ふじ」には青空がよく似合います。と、今日は一転、朝から雨模様。今日はJAの農業祭。

新土にしておいた所に本日11月16日第3弾の種蒔き。畝の平らな部分を鍬で軽く押さえて、より平らにし、蒔いた種が1箇所にかたまらないようにする。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

半月近く(実質組立日数は8日間)かかって納屋のハウスが完成した(^_^)/~\庵郎邏箸蓮∋びたハウス骨組みを解体して、耕作してあった畝の整地から着手した。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日もふるさと農園の様子です! これは大量に芽が出ていますね! なんの芽か分かりません!すべて大根に見えます!(^^;) ほうれん草っぽいですね。

本日も1日、 収穫作業でした。 本日の収穫量、 約300kgでした。 葉がだいぶ落ちて、雨が降っていると、蜘蛛たちが、りんごのお尻の凹んだ部分に雨宿りしています。

自然栽培に移行する畑の土づくりも兼ねて小麦を蒔きました。小麦の機械はないので手作業で全て作業です。収穫後のことはどうしようかな…

秋に収穫した稲の切り株から、 再び出てきた稲穂。 穂の部分はなかなか立派ですが、 背丈がとても低い。 お正月の飾りに使えそうですね。

みやまこかぶの種採り母本を選抜しました。来年は無肥料・自然栽培を経験し、この土地に適応したみやまこかぶになってくれているはずです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

この天気を逃さず、節子ママたちが大根を収穫しました。漬け物用の大根です。その数1000本以上。午後に写真を撮りに行ってきました。

ハザの稲をおろして、コンバインに一束ずつ入れていきます。 千歯こきだったら、1ヶ月くらいはかかりそうな量が、 どんどん脱穀されていって、 すごい〜〜〜!!!!

ヤーコンの収穫をしました 知らないウチに母親が畑の隅っこで栽培していました  地上に出ている葉&茎を切り倒し イモを掘ると同様に折らない様、気を付けて掘ります

昨日まで収穫した「ふじ」の選別作業です  このコンテナの向こう側にはまーくんがいて、その向こうには収穫したリンゴが積まれています

時雨れ気味になり、加えて収穫物も冷たい雨風で傷み、キャベツはアラレに降られてボロボロと、まともな物は少なくなり、あとの作業は片付けを残すのみ。

種を渡され植えてみたラッカセイ定植してから脇目もくれずチラ見もせず他の野菜栽培にいそしんだ結果↓気付くとお一人でご立派になられておりました。

長ネギを出荷する際には、根を切り、葉を切り、外皮を剥きます。その「葉を切る」工程において、全国のネギ農家の皆様は何を使って葉を切っておりますか?普通の包丁? 

先週、本当に久しぶりに野菜の様子を見に行きました。 今年の白菜はまたまたスケルトン。 茶綿は大きな実をつけて、はじける寸前。 レタスはすっかりとうがたち…

冬を目前に… 収穫の終わった野菜を片付けたり、里芋やこんにゃく芋を掘りあげたり、白菜を縛ったり…、気になっていた作業をすることができました。

11月も終わろうかというのに未だに越後姫はこんな感じ・・・・花びらの落ちた頂果房がチラホラ見られる程度でここから収穫にこぎ着けるには少なくとも6週間は必要です。

このところ急激に気温が下がってきたせいか、柿もかなり色づいてきて、一気に収穫最盛期突入です あられが降ってきて わずかに黒っぽく変色した部分が2カ所あります

里芋を掘りました。今年も出来は上々です。夏の猛暑の時に水をあげたのが良かったようです。大きな里芋を掘り起こしました。 

8月下旬に再播種を行なったソバ(少し青い感じがしますが)の収穫をもって今年度の収穫作業は完全に終了、これでようやく肩の荷がおります。

今日から11月がスタートです。今年も残り二ヶ月となりました。今月はルレクチエの選別に、新興梨の出荷、ぶどうの剪定とまだまだ忙しい日々が待っております。

大根と白菜を収穫しました。今年最後の取り入れです。 大根は、約50Km離れた姉夫婦の家に行き、大根漬になって、正月前に帰って来ます。

水田の整地作業を行ないました。高い箇所をスコップで削り、低い箇所へ運搬します。湿田など極悪条件では手作業(スコップ)プラス運搬機という最強の体系で行ないます。

一畝体験のカブと大根が大きくなってきました。  なんで、土の上に出てくるとか?と言うと根は土の中に入り込むので、白い部分は根っこではないと言う事です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今年度産の福島県産新米は、11月2日まで、700万袋以上(1袋はお米30kgです)の全袋検査を行い、基準の100ベクレル/kgを超えたのはわずか7袋。

私のりんご園ではふじの着色の管理も終了してあとは気温が下がり、それとともに登熟して完熟品となるのを待つのみとなっています。

ごんぼ掘りまずはごぼうの葉っぱを鎌で切ります。そしたらごぼうを切らないように繊細かつ大胆に掘り進む!!大根やニンジンとは違うのでいきなり引き抜こうとしても無理。

当園のりんご「サンふじ」が、福島県が実施している放射性物質の検査対象に選ばれ、今日の朝刊で検査結果が公表されました

11月6日に秋作ミディトマトの残渣片付けをしたハウスに次作の元肥入れ!早すぎる?がやってまう! ちょびっとだけ潅水して、チューブを横にやり、元肥入れ開始です。

もう少ししたら植える苗順調に育っております^^本当は直播なんですが今回は数も少ないので苗を育ててみました。これはナバナです。収穫予定は3月予定です。

秋の収穫、思い浮かべるのはやっぱりサツマイモですね。「the 秋の収穫」という感じです。サツマイモは手で掘ります。スコップなどを使うと、芋を痛めてしまいます。

11月に入り、ストックもレタスも順調です。 レタスは、球レタスの方はかなり大きくなっており、12月に出荷かなぁと思っていたんですが、もう出荷できそうな感じです。

雨の日が入ったとはいえ 四隅や手刈り部分の脱穀に 4日もかかりましたが 本日やっとこさ稲刈りが終わりました。 もちろんこの地区では最後だと思います。

「サンふじ」収穫が始まりました。まだ青めの実もチラホラ。今年は例年より遅めの収穫作業です。予約を頂いているものは20日以降順次発送いたします。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

午前中は黒大豆の刈り取り。黒豆も大豆もコンバインを頼むほどの面積じゃないので、草刈り機で刈り倒して、ビニールハウスで一時保管です。

今日は寒中野菜部会の「寒中ねぎ®巡廻指導」に行ってきました。会員の方々の圃場をずらっといきます。順調な生育に市場の担当者も安心したみたいです。

朝8時裏の畑に行ってみると一面真っ白に霜が下りています。 キャベツも葉っぱの表面に白い霜がついています。 解けて水滴になっている部分もあります。

サンふじの本格的収穫始まりました! いよいよ中生品種のりんごからバトンタッチ。コンテナにどんどんもいで入れていきます。

富士りんご初もぎです!こちらの写真は、28玉、32玉。林檎は昨年と比べてどうかといいますと、非常に爽やかな感じがします。蜜入りもいいです。

柿の収穫をしました。収入を得る手段になっていないので、仕事の優先順位がかなり下位のため、間引き作業が遅くなったので、小ぶりな柿が目立ちます。

なんと5Lサイズの特大ラ・フランスも入荷しておりましたよ!収穫後はガリガリと硬く、甘くもない洋梨は、追熟させるため、まずは冷蔵庫にて2週間程ねかせられます。

注文していた、育苗ハウスのビニールですが、思ったよりも早く届きました。今日は天気も良く、風もほとんど無かったので、補修に取り掛かりました。

朝早くから本社のお助け部隊さんが駆けつけてくだり、里芋の根っことり、選別を行いました。凄いいいペースで進み、二つある山のうち、残り約一つとなりました♪

そろそろ収穫しないといけない枝豆の種用を引っこ抜いてきました。写真右側に残してある枝豆(正式には大豆と呼びます。大豆の未熟な時期を枝豆と呼びます)を収穫。

本日の昼より、予定を前倒ししてサンふじの収穫が始まりました。今年の糖度はいかほどか!?ってなわけで早速チェック!

晴れ、雨、雪ときて、今日はまた晴れました。午前中は野菜畑の作業。ニンジンはかなり不揃い。夏〜秋の猛暑と雨不足の影響ですかね。同じくねずみ大根も出来はいまいち。

収穫が終わった畑は果物がなく少しさびしい半面、すこしゆったりとした時間が流れています。樹はもう来年に向けて花芽を作っていますので、僕たちはそのお手伝い。

当園は見た目よりも、味本位で栽培することを重視しています。りんごの外観を良くすることも重要ですが、それよりもコクのある食味や風味が大切だと考えているからです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

11月ですが、合間を見て「じゃがいも」を掘りおこして収穫しています。じゃがいも畑 じゃがいもを掘る機械 掘り起こしていきます 拾い集めます(人力)

いぶりがっこ用の大根を編みました。寒い、冷たい、暗い、作業小屋の中、ただひたすら、編む。いぶすと大根はかなり縮んでしまうので、しっかり、編まないといけません。

今年もジュースを作ってもらおう!とジュース工場へ行ってきました。いつもは12月に入らないと受け付けてくれないんですが、先日連絡したらもう受け付けているとのこと。

カキの収穫も終わったので冬囲いをスタート。 まずは山から採ってきて仮植えしたコハゼから。 支柱を打ち、パレットを合掌にして固定。

今年の外仕事はほぼ終わったけど 毎日雨で なかなか冬支度ができません  昨日 午前中 雨が降らなかったので チャンスとばかりに 田んぼに向かいました。

大根の収穫作業を行いました。大きく太い大根が沢山収穫できました。収量が多かった為、作業が終了したのは予定より遅くなる程でした。

minapapaの米作りではおなじみ、明渠掘り 約3ヘクタールに明渠を掘りました!特栽米コシヒカリの圃場を中心にやりました 低い部分は、連日の雨で水が貯まりました!

11/1、JA秋田おばこの青年部と青雲塾の人たちと一緒に秋田県能代市で行われた種苗交換会に行ってきました。秋田県で毎年秋に開催されている農業イベント。

引き続き籾摺りです。モミのタンクはAとBがあるのですが、Bが終了済み。あと半分ですね。写真がフレコン。1000粗ります。フォークリフトでトラックに積み込みです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

播種は散播で9/11こんな感じ↓こんなので芽が出るのか?考えてるよりやってみる。自分の目で確認すれば色んな事見えてくるだろうしw そして本日遅れて刈り取り決行

朝から快晴で風も無く、玉ねぎを植えるコンディションとしては最高の日でした。 苗は、約1万本あるので、シルバー人材センターに3人ほど応援をお願いしました。

さてさて、デリシャスファームでは、ついに最後の鹿島台農場の定植作業をしています。定植とはポットで育てた苗を畑に植える作業です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今朝は霜で外は真っ白。氷点下3℃まで下がりました。これはまずいと思い、まだ掘りあげていなかった里芋を収穫しました。 無肥料で育てましたが、小さいし少ないです。

現在ふじむら農園は寒干し大根用の大根を収穫していて、 大根の収穫というのは、とても大変なんですね!中腰の体勢のまま、ひたすら大根を抜く!

ピースの刈取作業も、水稲から大豆へと移り変わっていますが刈終えた水稲圃場では来年に向けての作業が行われています。「溝堀」も、そのひとつです。

近所の果樹園では『ふじ』の収穫がさかんですが、ふれあい果樹園では収穫を見合わせています。 いま少し蜜を入れてから収穫したいと、月曜日まで延期したのでした。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

メロンも栽培されている大鰐町で自然薯の収穫が始まったのでご紹介いたします  自然薯は純粋な日本原産種です。自然薯は粘りが非常に強く、特有の風味があります。

現地へ到着...毛豆、見事にまっ茶色です。さやを開けると緑の丸い大豆がちゃんと居る。素人目にも大豆の収穫タイミング...が、鋏を忘れてる。

この写真は収穫前の雪化粧ですが、既に皮が白いですよね。そう、その名の通り皮が白いのがこのかぼちゃの特徴です。

お休みの日は、直売所には りんごをお買い求めに来て下さるお客様がいっぱい!テント販売のころは、県内、県外からも 葉とらずりんごを楽しみに来てくださいます。

稲刈り後の田んぼに残る稲ワラだけど、県の指導では稲刈り後早期に田んぼに鋤込むことになっている。腐熟が進みやすいかららしい。

今日は畑の様子を見に行ってきました!こちらはBグループのホウレンソウです。近寄ってみた写真がこちら↓葉っぱの形がホウレンソウに近いですよね。

「花巻支会」で、りんご一箱品評会が行われました。 品評会とは基本的に、りんごの色、形、大きさの揃い具合で評価し、基本的に32個一口で審査されます。

今日は私もゴボウの収穫に参加しました。収穫機で掘り出す様子を動画の4倍速でご覧ください 実際はかなりゆっくりに感じるスピードで掘っています。

最後の品種の『サンふじ』の玉回しも明日の午前中で終えられそうです。今年は1週間ほど遅れをとっている我が家ですが、この玉回し作業では色んな観察ができます。

サンふじ(無袋ふじ)の収穫が本日より始まりました!!今日一日でりんご5個は食べました。つまみ食い。糖度を計ったりするよりも、自分で食べてみたほうが間違いがない。

樹上で完熟したりんごは全部、箱に収まりました。収穫適期のこの3週間は殆ど降雨が続き、作業がはかどらず、降雪の前に終らせるのに苦労しました。

まもなくお借りしている農園も閉園します。その撤収作業と、心の片隅にひっそりとしまいこんでいたためにちょっと忘れていた「にんじん」を収穫するためです。

今日は人参の収穫作業でした。小川原湖農園の畑ではないのですが、助っ人参加です。私は選別作業しかしたことがないので、機械の後ろで作業するのは初めてです。

今日は、午前中ジュース用のりんごをいつもお願いしている加工場へ持って行きました。『ジョナ』『王林』『ふじ』その他少々、合わせて180箱。

昨日から、カシス苗木の植え変えの為の準備してました!!昨日と今日とで200本苗木を、植え変えの為の準備をしました!!腕はパンパン!!足腰は、痛い!!

畑の冬仕度をしなければ〜 まだ一本状の苗木を、肥料の入っていた袋で覆って支柱に縛っておきます〜 雪の重みで、折れないように!

最近はミニ白菜の収穫真っ盛りで2日に1回100ヶくらいずつ収穫しているような ミニ白菜は今年初めて植えた野菜です。

りんごで、東北復興の応援をしよう!と「りんご樹オーナー制度」があります。今日は、りんごの樹のオーナーさんがりんごの樹に会いに来てくれました

今年からビニールハウスの天幕をはがすことにした。というのも、1月から2月にかけてのビニールハウスまわりの雪切りや春先の暴風で倒壊した経緯があるためである。

畑1反歩(1000)の樹、およそ100本ほどを伐採するという苦渋の決断をしたのです。ここ4日間、雨の中、吹雪の中この樹の枝を切り払い、枝を片付けてしまいました

りんごの収穫シーズンに入りました【有袋ふじ】から収穫します。【有袋ふじ】とはふじに袋をかけて栽培しました。収穫して、そのまま冷蔵庫に保存します。

袋を掛けて栽培した「ふじ」を収穫してます。この「ふじ」は、来年の春からの出荷となるので、CA貯蔵といって、りんご専用の冷蔵庫に保管しておきます。(^^)

今日は白いかぼちゃの夢味、ラグビーボールみたいな冬至、スタンダードな栗えびすです とにかく収穫が遅れ、どうするべと思っていましたが、ようやく収穫

『王林』も、まだわい化園地の約250箱が収穫を待つ状況。しかし、農協出荷用の昨日まで収穫したリンゴたちも放っとけない。今日は収穫した『王林』の選果。

無事収穫完了したことの報告を。16日(金)に親戚の応援を得て大収穫。その後18日、19日と一人で収穫して、今年の収穫作業が完了しました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

大豆の脱穀作業をしました。 雨が続いている富良野は外作業がなかなか進みません! 豆の乾燥が悪いので 悩みましたが この二日間を逃すと今度は、いつできるか‥

今年から、自家採取をはじめるぞー!って決めて、少しずつですが、品目が増えています。伝説のトマトの種や固定種のナスの種やピーマンの種もちろん、ホーリーバジル!

毎年同じ時期に同じ作業をするので同じネタの繰り返しになりますが、芽かきが落ち着いてからは主にマンゴーの木の枝の誘引をしています。

大豆を乾燥 ・・・今年はこの時期に この雨天気では ・・・ 少々乾燥する事が難しい 〜 〜 かも でもって ジェットヒーターを持ち込み乾燥を

マニュアスプレッダーという作業機を使い堆肥を(牛の寝藁に牛糞まみれになったものを 堆積し発酵させたもの)有機質肥料として畑に散布していきます。

思えば皆で杭を打ち、ネットを張り、種を蒔き、草を取り 収穫を・・・季節はあっと言う間です!! この一瞬、一瞬を楽しみながら過ごせた日々に感謝!

片付け作業をしながらそれと同時進行で、来年の準備もしているのです。昨日の、育苗土作りもその1つなのですが 今日は、育苗ハウスにヒートパイプを設置しました。

収穫作業終了後、 天気が続かず、 なかなか片づけ物も進まなかったんだけど 数日前より 最後のジャガイモの箱詰めをしていたところ・・・ 本日最終出荷となりました〜

ハウスのビニールは1日にすべて剥がし終わりました〜ヽ(^o^)丿 これさえ終わっちまえばあとはどっちゃり雪が降ってももう心配無用です!

かなり成長に難儀しているきゅうりさん達。この時期にきゅうりを栽培したのは初めてなので、うこんな感じになっちゃうのと変わった形のきゅうり続々誕生にびっくり。

まだトマト残ってるけど・・・ これが赤くなるまでは待っていられない。 今日も1棟トマトを処分 官房長官が一人で抜いてたんだけど、たまにはこんな根っこが!

本日、2日遅れでやっと一回目のビート集荷が来ました〜しかし、ビートを集積する土場が空かないので、ビート収穫はできず

昨日・今日となんとかビート掘れてよかった。 これで畑仕事はビート畑のプラウingもしは表層混和のみ。 若干、畑が湿気っぽいし、プラウingするのはちょっと気が引ける。

8月に植えたとき、猛暑で水はかけましたが、根が付かず枯れてしまったいちごもたくさんあるけど元気ないちごの株はランナーが伸びほうだい

倉庫にはタイヤショベルとか諸々入っていましたが、そもそもはリンゴを保管するための倉庫なのです。車両は雨ざらしにして、収穫したりんごを優先して入れます。

故障も怪我も無く、無事にビートも終わることができました。よかったよかった。これで、石川農場では収穫するものはありません。

アスパラの畑に堆肥を撒布しました。暇のある今のうちに済ませておきたい仕事です。アルミスコップで堆肥の山を散らす仕事を 息を切らせながらこなさなければなりません。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

キウイの葉もすっかり枯れてしまった。これ以上実を木につけておくメリットはなく、早朝気温も0度近くなって来たのでキウイの実が凍害を受ける前に収穫することにした。

市田柿作りが始まって10日が過ぎました。相変わらずの採って→剥いて→干すの作業です。柿のすだれも何通りもできると中々の迫力でしょ!

今年は近所の干し柿を毎年作るお宅を観察。 その家で干し柿を干し出したのをサインに、うちも柿を収穫。 これならかびることもあるまい!!

ブルーベリー畑です。 ソーラーシステムの電気柵を設置しました。 今回新たに買ったものです。 真ん中から出入りできるように 門を東西に設置しました。

今年もやっと市田柿(干し柿用の柿の品種名)を収穫しました^^ 市田柿(いちだがき)は南信州の特産品でブランド柿として有名です。

例年ならふじの収穫がはじまっていますが、今年は熟期が遅れていて来週からの収穫になります。ふじの高密植わい化栽培と新品種シナノホッペの検討会が開かれました。

本格的に柿の収穫をはじめました 思ったほど、朝霧も出ておらず、収穫日和か と、思っていたのですが、なかなか太陽が顔を見せてくれず、肌寒い中での作業です

シナノゴールドは収穫を終えて,これから玉の大きさや傷の有無で選果をして,出荷先ごとに分けていきます。昨年にくらべて酸味が少なくて甘みが強いように感じます。

うちには栗がない!と言う事で、農協から栗の苗を購入しました。その名も「ぽろたん」かわいい^^栗の調理において最大の難関が渋皮向き。

十一月に入ってすぐ、玉葱の苗の植え付けをおこないます。早すぎると抽苔しやすくなり、遅すぎると寒さで活着が悪くなるので、適期におこなう必要があります。

今回の強風でうちの畑でも収穫前のフジが被害を受けて、ポトポトと落ちてしまいました。ガッカリ・・・と、ばかりも言ってられないので片付け作業を進めています。

玉ねぎ植えたんですがずっとしゃがんだままのため足が、、、、いっぱい植えてきましたよーだいたい6000本は植えました!

新しい育苗用のパイプハウスを建てています。他でハウスを借用していたのですが そのハウスも解体して家庭菜園用の畑に地主さんがすることになり 移動をすることに

ダイコンとカブは収穫中なので、ここの分だけ面積を計算してキーゼライトを撒かずに残しています。収穫後に改良予定。

11月もいよいよ半ば。 今月の月末から収穫予定のサンふじも かなり蜜が乗ってきた。 サンふじと同様のロングランの 人気のりんごが「王林」である。

今日はマルチ張り。ここ10年ほど行っている、越年マルチです。例年のスタート時にマルチを張るのが、天候により難しい時があります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

蕎麦組合にお任せの蕎麦の刈取です。いつかな〜と思っていたら、刈取をしていました。立ち会うこともなく、蕎麦畑を順々に蕎麦仕様のコンバインで刈取ってくれます。

午前中、富士吉田にあるJAクレイン吉田支店のコイン精米所にもみ殻をいただきに行ってきました。コンバイン袋に30袋いただいてきました。

今年は玉ねぎの大不作で、被害甚大でした。原因は土が火山灰土で軽くて、玉ネギ栽培には向かないということに結論しました。今年は昨年の三分の一の700本だけにしました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ミツバチの内検を行いました。現在6群、群勢はそれぞれ違いますが、秋の黄色スズメバチ、オオスズメバチの姿も少なくなり、何とか無事に現在に至っています。

20番の南側の、秋の第1期の蕪を終わらせた。8月25日に、秋作の第1弾で種播きしたのだった。2か月ちょっとで、早くもこのものたちは1世代を終える。

朝7時前に畑入り。先週確保した極早生タマネギの植え付けを行いました。 約50本、初めてマルチなしで植え付けました。果たしてどうなるでしょうか。

10/25(木)、ショウガを収穫しました。9月始めには新ショウガを金山寺味噌で食べて楽しみ、葉が黄色くなってきた今頃はすり下ろしショウガとして楽しめます。

これはマルチの穴に種を蒔く機械です。今日初めて使ってみたけど、なかなかコツが解らず手で蒔くより時間かかったかも。

カラスに備えてネットを掛けてあります。 カラスは防げたようです。 掘ってみると なってはいますが良い出来とは言えないようです。 ここには来年用の豆を蒔きます。

大蒜の植えつけ玉葱のマルチ張り・・・の予定が・・・13時過ぎには雨が降りだし・・・急遽もち米の籾すりを早めに・・・

今日5日、最後のピーマンの収穫のついでに、埋め込んだ胡桃の原木の、不織布をめくると、見事にヒラタケが顔を出していました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

天候も安定し、順調に乾燥した稲をすべて脱穀しました。かなり年代物の千代田の脱穀機ですが、現役でバリバリと働きます。

先日まで稲が実っていた田んぼを、今度は次の植物を植える畑にする準備です しまっている土を手作業で少しずつほぐし、一つ一つの根株をスコップで取り除きます

下の写真は、先週、芋掘りをして耕耘機をかけたあとです。   そこに野良坊とタマネギを移植し、小松菜とほうれん草の種まきをしました。

まずは種まきです。 収穫と種まきは子供たちが大好きな作業なので、手伝ってもらいます。 先住民たちの農歴に習って、土の上に育つ野菜は満月の3日前に種を蒔きます。

春菊(しゅんぎく)が大きくなってきました。種まきから5日目で発芽、 只今15日が経過しました。冬はやっぱりお鍋に入れて楽しみたい ですよね。

父親から農業をバトンタッチし、今では少しは野菜らしいものを作れるようになりました。 東京の手狭な畑、季節に応じた野菜を作るのはそれなりの苦労があります。

今日はNO.7ハウスの小松菜の収穫を開始しました。 朝から寒さを感じながらの収穫作業です。 明日も引き続き、NO.7ハウスの小松菜の収穫作業を行います。

収穫→乾燥→脱穀→籾すり→精米たくさんの行程を経ておいしいご飯になるのです。ということで、秋葉原菜園のお米もこの行程を通ります。

玉ねぎの苗を植えました。 植え穴は14。実は1ヶ月ほど前に種を蒔いたのですが、発芽したのは14個中、たったの2つ。

NPOメインの作物の玉葱の準備を行いました。お疲れさまでした。事前に堆肥等散布、耕運した畑に化成肥料、石灰を散布、耕運、マルチ張りを行いました。       

こちらは、スイスチャードというお野菜です ホウレンソウなどと同じ緑黄色野菜で、生活習慣病の予防にも良いとされています

早くも大豆がこぼれ始めてきました。こぼれている箇所は限定的で、まだ収穫開始!というわけにはいきませんが、こぼれてるのを見ると気持ちが焦ります。

今日は、朝からNO.9ハウスへ小松菜の収穫作業を行いました。ここの所寒くなったせいか小松菜の成長もゆっくりとなり、もう少し株も太り丈も伸びて欲しい感じです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

写真は9月初旬に種まきした松島新二号白菜です。8月末に蒔いたものは天候不順で発芽しなかったりして失敗してしまいました。

我が家の田んぼにもようやくバリカン、、、もとい コンバインが入りました。フサフサの大地もしだいにモヒカンになり、最後はスキンヘッドと化して今年も無事 終了。

金曜日に吉岡第1の空いてるスペースに2桁・吉岡第2の端に1桁種まきをしました。この後べた掛けしてトンネル支柱・寒冷紗・農ビで完了ですが、写真はなしです

今年最後の種まき。スナップエンドウ↓11月7〜8日播種。マルチ長さは400 → 300mに縮小。支柱の設置や片付けの手間がだんだん負担になってきたので、減らすことにした。

乾燥イモにするため栽培した農林5号掘っています 知人の手伝いとこっこの協力で?大きなサツマイモがごろごろ初めてにしてはまあまあかな?

マッスルしいたけリポート参りマッスル!! ポコポコと出てまいりましたね^^ドンドン大きくなってもらいましょう♪ 近づくとこんな感じです

先日播種した吉岡第1の長ねぎのトンネルは播種してすぐは寒冷紗だけでしたが、朝晩の冷え込みも厳しくなってきたのでユーラックをかけて冬支度しました。

朝晩めっきり寒くなってきました。畑仕事もつらくなってきました。下仁田ネギのネギ掘りが始まっていますがまだまだこれから12月のお歳暮を控えてこれからが本番です。

9月に定植したタイニーシュシュ 予定より3週間ほど遅く収穫しました!横に生長していましたが、葉数は同じくらいで、背丈はむしろ15センチのが高くなっていました

自然農黒米の様子。まずまずの生育になった。黒米は早稲なので早めに植えて正解だった。去年は鳥さんに大分食べられたが、今年は糸を密に張ったらほぼ防ぎきれた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

2012年の秋冬大根は7種類作っています。「冬自慢」「赤丸大根」「紅心大根」「紅化粧」「ビタミン大根」「紅くるり」「ミラノ大根」

農園にある柚子が太陽をいっぱい浴びて色づきました!最近、日が暮れてくると鶏のおすぎが登ってしまうあの木です。

つい先日11月3日遅まきながらイタリアングラスの播種をしました。種はこんな感じなんですよ。長細い軽い種です。これを動力散布機に入れて播きました。

ショウガの冬越しに挑戦します。まずはショウガを全部掘ります。掘ったら葉の部分を切り落とします。ショウガを冬越しさせるための穴を掘ります。

冬は太陽が低くなるので野菜達は南の方を向く。畑の通路は北側にあるのでそっぽを向かれたような感じになるので野菜達を眺めるためだけに南側に移動したりしてます。

イチゴはかなり順調です。ミツバチたちにもしっかり働いてもらって株も良い状態を保って出荷に向けての準備をしていきます。

9月に植えた芽キャベツとカリフラワー。虫よけのため防虫ネットのトンネル内で育てていましたが、大きくなり、だいぶキツキツだったので取り外しました

写真のハクサイをご覧ください。もう少し経てば収穫できます。品種はトーホク交配の「京都3号郷愁」(きょうしゅう)です。8月20日ごろ播種しました。

今週は春にみなさんに召し上がっていただきたく「春のレタスのような柔らか春キャベツ」と「菜花」を植える支度に追われました・・・

第2圃場のキャベツは何故か明暗くっきりです。春波 不耕起の区画にも彩音を4株植付けていて同様です。冬藍(左)と彩音(右)ほぼ喰われてない。

しんとり菜というのは、江戸東京野菜。白菜の仲間の伝統的な品種です。「屋上開発研究会」でやっている丸の内農園で余った種を分けてもらい、今日蒔いてみました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

稲刈りから3週間!!田んぼで天日干しした稲・・・脱穀機、ハーベスターにかけ脱穀していきます♪お日様をいっぱい浴びて良い感じ、良い感じ☆

苺の植替え作業をしました。我家の苺畑は雑草もランナーも伸び放題です。 教科書通り、8月にランナーを切り離して苗を作り、10月に定植するなんてとても出来ません。

今日も玉ねぎの植え付けです。こちらの畑7割終了しました。でも苗は後3倍あります。という訳で他の畑にもマルチを敷き始めました。こんな機械で敷きます。

以前、ブログでもご案内した2012年度の除草剤を使わない、化学肥料一切使用しない「米作り体験」。今年は2チーム編成で、それぞれ定員40名。

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

水菜の定植作業をしています。(11日の作業)水菜の定植する場所を作っています。 よい土にするため竹粉をまいているところです。

葉色が美しいことで有名な丹麗を見に行くと、周囲の柿の 葉と比較すればあざやかです。紅葉はイマイチの感じでしたが、 珍しく実をつけていました(写真トップ)。

人参がいっぱい〜!!キラキラ輝いてます☆急激に育ってしまったのか、大きめニンジン・割れ人参が多く、中には小さな空洞があるものも…。

1年に一度の大勝負、玉ねぎ。 今回の苗は、3年目にして、やっと満足できる出来になりました 今年は・・焼き鳥の串くらいには成長しましたよん!

霜がようやく降りはじめ6月から収穫していたピーマンもそろそろお終いです。強い霜が来る前に片づけがてら枝を折りながら最後の収穫をしています。

4日、初霜がおりました。夏野菜の最終走者、ピーマンの芽も萎れて。低温に弱い雑草も傷んで、枯れはじめます。いきものの気配もすこし静まって「冬」のはじまりです。

天気が悪くて畑仕事ができないのでハウスに干しておいた小豆を脱穀しました。 よく乾燥させた小豆のサヤをバインダー袋の中に入れてその上から足で踏みます。

今日の剪定はラビットアイ系のノビリスという品種です。この品種はラビットアイでも大きめの実を付けてくれるので、お客様に喜ばれます。

小麦の播種準備で、排水性を向上させるため、明渠を掘ってますが溝掘機で出来ない角をつないでます  パワーショベルで、一ヶ所ずつ丁寧に作業中

放射能の検査のサンプルを頼まれまして早めに刈りました スターの3.5トンも大豆コンバインにはピッタリで場所も取らないので邪魔にならなくなりました..笑

市場に出荷するネギは1度冷蔵庫に入れて1日保冷して次の日に出荷します。ネギがしまるし、良いとの事。エンドユーザーまでたどり着くには3日くらいかかるのかな?

しょうがは霜に数回あたると痛みが入ってしまうため、急いで全部を堀り上げました。 最近の傾向として感じるのは、初霜が早くきて、2番目の霜が遅くなっています。

今日は小麦の種播きを。黒穂病という病気の予防で、種は湯温消毒をします。(55℃・5分間でほぼ抑えることができるそうです)

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

11月の種まきといえば、まずは絹さやエンドウ。収穫は、寒い冬を乗り越えて5月中旬頃からになります。大好きな野菜、ついついたくさん蒔いてしまいます。

*里芋畑の様子 背の高かった葉がしおれ、全体的に小さくなった感じがします。*里芋の掘り上げ 茎の株元を包丁で切り取り、スコップを使って掘り上げています。

ちょっと寒かろう・・・って事で、あるお野菜に、お布団をかぶせてあげました^^; (お布団=不織布で〜す)そのお野菜とは・・・ロメインレタス〜♪

今日知人とやっている田んぼの稲刈りがすべて終了しました。実は、お米の水分量がまだ17から19%程度あり、必要な15から16%程度になっていません。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40