この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

メキシコーラの果実が樹の上で色づいてきました。先週からぽちぽちと収穫しています。今日は,追熟した果実を試食してみました。

コーヒー園もだいぶ成長し、ここの区画は平均で2mくらいになりました。これくらいになると、支柱がグラついてると、台風で簡単に倒されてしまいます。

9月21日、きゅうりの植え付けをしました。植え付け数量約1000本!天候も良く、毎日液肥をやったので順調に育っています。 今日は植え付けてから1週間。

ようやく、ひとめぼれの収穫が終わったのですが。。。 収穫直後に、大切な作業が残っています それは・・・これ 来年の種取りです 選別して使うのですよぉ〜

冷えた朝でしたが、雲一つない青空の今日は、稲刈りでした。ところで、刈り取り初めて早々に稲を結束出来ないトラブル発生! 妻は出来る限り遠く離れて居るべし。

午後から屋根掛けハウスのビニール被覆準備 ハウスバンドの点検交換と一気にハウスバンドを掛けるためガイドロープに結びです。地味な作業です。

本日はきれいな花を紹介します 真っ白できれいな花畑が広がってます 可愛くないですか?真っ白できれいですよね  こちらのお花「ソバの花」です

9月11日 定植分 台風15号の影響により1週間ほど降り続いた雨で随分、痛めつけられました。果たして出荷出来るまで育ってくれるでしょうか?

いよいよ吉村ファームの稲刈りが始まりました。先日の台風で稲が倒れ気味で少々心配でした。稲は大丈夫でしたがコンバインが一部壊れました。。。鷺も心配そう。。。

早生「ひとめぼれ」の収穫、籾摺り、袋詰めが終わり いよいよ、本命の「ヒノヒカリ」の稲刈り1週間前となりその準備として、水を落とします

さてミツバチの内検でまた女王蜂を見つけることができませんでした 働き蜂の数や蜜の量は増えているのでいるとは思いますがどんなに探しても見つからないのです

里芋1袋100円 大きさが不揃いだと煮る時間がばらばらになってめんどうなので、、だいたい同じくらいの大きさの芋達を一袋に詰めてます

数日前にタマネギの苗が届きました。消毒してから・・・植えました。今年は650本ほど。前回は1〜2月の乾燥が原因かあまり大きくならず出来がイマイチでした。

どれだけ注文に応えられるか未知数・・・と思いながら、今年の柿の直送を始めたわけですがふしぎに今も、柿園の柿はとだえる気配がなく、送り続けています

キャベツの定植がほぼ終わりました。キャベツは2ヶ所に植えました。一つはこちらのほ場で、畝幅160cm、株間45cmの千鳥2条植えです。

ここ沖縄では、青ぎりミカン(温州)が盛りになります。あの甘酸っぱい味にさわやかな香り。復帰前は、運動会ミカンと親しみを込めて呼ばれていました。

玉ねぎの苗。まだ芽が出たばかり。2ヶ月後には植えなおし。さらに6ヶ月ちょっとたってようやく収穫。はじめの一歩。これからがんばっておくんなし。

台風が過ぎ去って、涼しくなってきました。今日から、スターチス苗の定植が始まりました。10月初めまでに、45アールほど植えていきます。

風対策としてオオギバショウを植えてけど、一度大型トラクターで刈りこみ耕運するのでもったいないから鉢に戻した。

たくさんの方の協力を得て本日約5400本のトマトの苗を植え終わりました!苗が我がハウスにきて31日目、ありえない遅さです。。1段目の花はすでに満開!

うちの稲達ですが、元気にやっています。最近の雨で、近所の田んぼの稲が倒れたりしている所もあるようです。相変わらずうちの田んぼは、ヒエなどにやられています。

草が多いので一般的な田んぼとはちと雰囲気が違います。また、縦縞ができているのは6種類の稲を植え付けているためです。左側の黒っぽいところも稲なんですよ。

「イチゴの有機栽培」がとても難しいということもふまえて、紅ほっぺなど3品種を試験的に植えつけて、土との相性や生育状況をこれから観察しながら育てていきます。

9月22日、一回目のにんじん播種。 毎日水撒きしばらく暑い日が続いたので発芽できるか心配していたがポツポツ出始めて 一安心

少し落ち込んでましたが、里芋の豊作っぷりに復活!薩摩芋、生姜もいい感じに実ってます。夏野菜がほぼ終了して端境期ですが、根物やかぼちゃで凌げそう。

ほだ起こしはまだ2日目です。朝から土曜に持ち帰ったほだ木をほだ場に立てる作業があるので初日のようには捗りません。

小北農場では父が稲を刈り、旦那の剛くんが籾摺りをして、毎日夜遅くまで頑張っています!稲刈りは天気に左右される作業なんです。

〜たまねぎ〜種まきから12日が経ちました。早くも芽を出しています。つい先日までは赤ちゃんだったのにまるでよちよち歩きをしているようです。

雨が多かったんでなかなか畝たてまでこぎつけなかったんですが昨日ようやく植付♪リーフレタスです あちこち草がのびのびだったんでちょこちょこ草きりに入ってます

ミニトマト収穫開始〜そんなこんなで「道の駅竜北」への出荷もスタート。去年はアイコちゃんと調理用トマトシシリアンルージュ 今年は7種類のトマトに挑戦

今年で四年目の、期待のつゆひかり 元気に育ってます 何が期待かって色んなお茶に対応してるんですよむふふ……

朝から収穫の合間に、豊福の園地の草払いをやっと終らせ、ポンカン園へ移動。ポンカン園は昨年ほとんど実らなかったことも有り、豊作年となっています。

唐湊果樹園には「収穫の秋」の到来です。先月より極早生温州ミカン、大実銀杏を収穫・販売していますが、「カキ」の収穫も本格化しています。

夏野菜を植えていた畑の草刈りをしてきました。もちろん、皆さまをお出迎えするための準備です。草刈り機は、僕にしかできないため、久々の作業。

一枚目のキュウリが終わったので、畑の後片付けをしています。通路の防草マット下や、ネットに残った僅かなキュウリにはヨトウ蛾の芋虫がい〜っぱい

今日、畑に植えたのは、コスレタスとチマ・サンチュの苗。それとインゲンの種蒔き。敷き草マルチ、トンネルのネット張りまで一気にやっつけちゃいました。

最後のキャベツの定植をしています。見晴らしのいいこの場所はシャリクラという畑です。お天気がいい日は海と空の境目がわからないくらいきれいな青色が広がります。

カボスもちょっとずつ収穫していかないとみかんが忙しくなると、手をつけれない!ということで ちょっと曇ってはいますが、ひとりでカボスの収穫へ。

数日前に植えたきゅうりの苗に、上側から麻ヒモをくくりつける作業 きゅうりの苗の上側にあるワイヤーに麻ヒモをくくりつけて地面までひもの先を垂らすという単純作業

すっきりしないお天気が続いてますが〜、畑仕事は進みやすい天候 昨日はショウガ畑に行って、今年初の新ショウガを掘り起こしてみましたよ〜

北側に150cmスカイエイトの原反で巻き上げ用ビニールをつけた。約30分。 谷の隙間もふさいだ。去年のビニールを包んであったビニールを50×70cmぐらいに切って使用。

長崎県の恵まれた大地で育った、美味しいミカンいかがですか?特に鈴田地区は土壌と地形がミカン栽培に向いているということで、美味しいミカンが収穫されます。

今日は合鴨米の稲刈りをしました。 なかなか良い出来だと思います。 今日刈り取った稲は、明日掛け稲をします。 機械乾燥なら楽なのですが、やはりお米の風味が違います。

パプリカがやっと根を張ってシャキっと立ってくれるようになりました‐‐;とにかく暑かったですからね〜;日中、ダラ〜っとなってバテる寸前の日々でしたので。

大好きな冬野菜 白ネギ 去年 めっちゃ美味しかったので今年は 贅沢に食べたいと思い 2倍にして100本も植えたのに 梅雨の長雨にやられ半分にまで減ってしまいました

ぽんかんは今年はかなり実をつけています。そりゃあ、たくさん実がつけばうれしいんですけど、ただ、喜んでばかりはいられません。

田植えや稲刈りが遅れ、いもち病も発生したのであまり期待してなかった収穫量も終わってみれば例年以上でビックリ。

8月末にまいた白菜と大根の間引き菜が出始めました。それにつれて、夏の間セットの青物の中心でがんばっていたモロヘイヤとエンツァイに花が咲き種ができ始めました。

さて、卒論でサツマイモを使用しているのですがタイトルは「株間の違いにおけるサツマイモ収量および雑草発生」です。

稲はナナメに倒れています^^; コンバインで刈り取り、もみはタンクに貯まります。 そのもみは軽トラックの荷台に設置した入れ物に入れて 自宅の乾燥機まで運びます。

夏野菜が落ち着き、毎日の収穫が楽になり、また寂しくも・・・ブロッコリーとカリフラワーです。雨が降ってくれるといいのにな。

区画一面に広がり続けるカボチャ。ジャングル状態に〜まさに足の踏み場もない すぐに実がなるよ!、そういわれて 植えたことが遠い昔のことのように思えます。

やっと自生茶園の草取りまでこぎつけました。毎年、スズメ蜂の巣やら手が回らなかったりして草が被さったまま春を迎えていた「ほったらかし」にされてる茶園です。

青紫蘇、赤紫蘇の花穂が実り、収穫時期に入っています。紫蘇の実を塩漬けや醤油漬けにしてご飯にかけて食べると実のプチプチ感と香りが口中に拡がり美味しいです。

パッションフルーツハウスの 手動開閉装置取り付け作業開始 今までハウスの上部はビニールシートで覆われ 開閉は出来ない構造でしたが 手動で開閉出来るようにするらしい

最近吉井果樹園では、秋蒔きの種を植えました。ほうれん草、大根、そらまめ…などなど家庭用です。家庭用の野菜を植える時は義父は鍬で耕します。

種イモを植えたのが、確か9月15日でしたので、2週間くらいで発芽した事になります。気温が高かったので土中で腐りはしないかと心配していましたが、良かったです。

今日はじゃがいも畑へと芽が出揃ったとこから順に中耕培土 土寄せ、除草、酸素供給等々の目的があったりします 順調についでにブロッコリー畑も見に行ってみました。

この頃毎日の様にオクラを収穫しています。いつもの様にオクラを収穫していたらカマキリ君が私にびっくりして戦闘態勢になっていました。

本格的に秋冬野菜の作付けの時期がきました!今回は白菜、大根の播種(種まき)、秋ジャガイモの植え付け、ブロッコリーの定植をしました。

収穫開始しました(*゜▽゜)ノ美味しい里芋『赤芽大吉』と一般的な『石川早生』です。イベント用の作付けなので明後日のインザガーデン朝市に持っていきます

スティックセニョールが雨でやられて数本ぐったりしていたけど、影響もほとんどなく、一安心。種まきが例年より少し遅れてしまったけど、暑さが続くようだから大丈夫そう。

今日も、いつものように、オクラ、きゅうり、なす、ピーマン、べかな、葉ネギを採り、それに新しくみずなを採りました。これらを袋詰めして、産直へ。

キウイ畑にヘアリーベッチという草の種を植えました 他の雑草を寄せ付けない効果と、枯れて地面を敷き詰めるように覆うことで、草刈りの手間が楽になる

吉川農園の畑では、いま衣替えの時期で非常に忙しい日々が続いております。サツマイモはすでに1haの畑の芋を貯蔵し甘さを増すために糖化作業に入っています。

間もなくミカンの収穫が始まります。味の出来は良い出来で、酸味が抜けて美味しく出来上がりました。【酸っぱくて食べられない】は感じられないと思います。

イチゴ植え作業はこんな感じ。カメラは僕の目線 モグ太郎で開けた穴にパコッと入れて、後は手でちょと押さえます。この動作を一人3000〜4000回繰り返すだけ(笑)

今からはコカブの収穫です。と言っても、多くなり過ぎたコカブを間引いて、間引き菜として出荷するんですが、 かわいいでしょ!親指より少し大きいサイズです。

写真のりんご、真っ赤でおいしそうでしょ?品種名は、「紅玉(こうぎょく)」といって、アップルパイなどによく使われるりんごです。身が固く酸味があるのが特徴です

今日、らっきょうの植え付け無事終わりました。今年は作付規模を昨年の倍ほどに増やしましたが思っていたより、スムーズに終わりました。

夏野菜は今最後の実りを迎えてもの凄い勢いで実をつけています 子孫を残そうと必死です これはなんだか分かりますか? 甘長唐辛子シシトウやピーマンの仲間です

今日は草刈メインの仕事をしていました。無加温ハウス横の草刈は、ぎりぎりまで草刈機で刈って、ハウスに巻き上がっている草は鎌で刈ります。

現在のマンゴーですが、2号ハウスのマンゴーは、そろそろ芽を止めて、休眠時期に入らせるよう管理します。1号ハウスは、ほんの少し成長させて、その後休眠に入らせます。

午前中の野菜実習はネギ、ブロッコリー、ニンジンの追肥と防除、ナス、チンゲンサイ、オクラの収穫でした。今日は収穫したチンゲンサイ30袋を売店に出荷しました。

島大根が早速お目見えしておりました。実験だけど、ほぼ耕してない場所に植えたから、きっと頑張って根を伸ばすはず。期待してるぞ。

大根の芽しっかり出て来てます この大根の芽は・・・桜島大根。去年の職場の研修旅行で鹿児島にいった時に、桜島の売店で購入してました。

枝豆が 少しずつ膨らみはじめてそろそろ 食べ頃となったので、出荷しました。消毒もせず きれいな葉のまま育っていて背丈がかなり伸びて、実の付きがかなり良かった

種まきした菜花が大きくなりました。3cmぐらいです。 一反あたり、3000株まきました。発芽率90%なかなか優秀です。12月には、収穫できるとおもいます。

にんにくの種球、全部で5000粒用意しました!以前、市民農園で300〜400粒程度は作っていたのですが、一気に10倍以上への挑戦になります。

作業内容は、出荷(サツマイモ・キュウリ・オクラ)、間引き(ミズナ・チンゲンサイ)、BJ片付け・耕運、サツマイモ収穫。

画像は市場へ出荷する温州みかんをサイズ別に分けているところです。今日の午前中「なかもと」以下2名で収穫してきてもらったみかんを私が午後選別していました。

契約栽培の落花生ですが、今年は予定している出荷量に達する事は出来ないようです。脱粒作業と選別まで終わらないと確定ではありませんが、この段階でぜんぜんダメダメ。

さて、農作業も忙しくなってきました まずはレタス畑の溝上げの準備です ある程度、広い畑になるとまっすぐ管理機で進むのって至難の業人はまっすぐに進めないもの

博多早秋収穫中です( ̄▽ ̄;)巨峰の出荷が終わって、柿がピークを迎える前にと日程を設定していたはずが、早秋のピークになってしまった( ̄0 ̄;)

今日のお仕事。畑用1枚と田んぼ1枚を鋤いた。今回の畑用は、梯子なしでは上ることも下りることも出来ない。アルミ道板(?)というものだ。

ニンニクが発芽してきました ジャンボニンニクですが毎年、普通サイズのニンニクが仕上がります 今年は大きなものを選んで植えたんで少しは成果が見られるかしらん(*^_^*)

早生もかなり色落ち。これから本格的に着色。今年は夏場の降雨でサイズが1ランク上。小玉が少ない。木がしなりかなりきつそう。枝つりを再度しなければならないようだ。

この季節になると、イチゴが花を咲かせる準備を始めます。花が咲き始める前に、やらなきゃいけない仕事・・・それが、ビニール張りです。

稲刈りで暫く面倒を見ていなかった畑にいくつか種を蒔いた。赤たまサラダ(生食用赤玉葱)、日本ほうれん草、そして、のらぼう菜(Norabo-na)だ。

本日の収穫 なすび、ピーマン これから秋に向けての畑を肥料を入れて、トラクターで耕しました。これからここに島らっきょうとじゃがいもを植える予定です。

スイカの収穫を終えてしばらく放置していた城間の畑ですが秋のカボチャ植付けの準備を始めました。落花生と島唐辛子の畝は残して残りを耕耘。

パッションは露地でも十分栽培できるのですが、雨で泥が跳ねると疫病が入りやすくなるのでハウス栽培をしている農家が多いです。

太秋柿にはランクがあり、「特秀」「赤秀」「青秀」に分けられます。分けられる基準は、キズや条紋と呼ばれる細かな亀裂の範囲などから付けられます

今 うちの農園では、まだ小さいですが島バナナを3本ほど育て中です 島バナナは普通のバナナより大きさ的に劣りますが、味は甘くて香りもあってとてもお美味です

パセリの移植が終わり、成長を待つ段階になりました。これから寒くなるにかけて、グングン伸びていくと思います。次男と3男。いつも一緒に遊んでいます。

これからの品種をそろそろ確定しなくてはなりません。その際考慮しなければならないことは、無農薬栽培を前提とした場合に育てやすいことです。

先日の、集中豪雨で、田んぼ2反に土砂と、アスファルトが。。。。。今年、米を作った、田んぼ5反のうちの2反が、水害で使えなくなってしまいました。

本日は 農薬散布でした。しかし今回も、ノズル側の継手のパッキンがうまくいってなかったり、小さな穴から噴き出したり・・・結局、散布開始は9時半となりました

農業始めるまでは植物が実をつけるには受粉が必要だと思っていましたが花にホルモン剤を吹き付けると実が付きます。不思議です。

今日は個人の持ち込みの乾燥が入っていたので、うちが刈りに行くのはやめて、ビニールハウスの張替え部隊と籾摺り部隊に分かれて作業しました!!

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日はみんなで稲刈り。  田植えの時は大勢で賑やかにでしたが、今回は少数精鋭、アットホームな雰囲気の稲刈りとなりました。

本日は大根です。株間30cm 3粒ずつ蒔いてます。  他で手がいっぱいで草もつれにさせてしまった、キュウリ畑を見てみますと、 なんとか実っていました。

稲刈りがすべて終わりました〜今日は刈り取ったお米からどぶろくを仕込むまでをご紹介します まずはじめに、お米を乾燥機にかけて、もみすり機でお米を玄米にします

養鶏箱にひよこを放します。床はもみ殻です。数を読みながら一羽ずつ放しますが、その際にくちばしを容器の飲み水にちょっと浸けてやって水のありかを教えてやります。

今日は一日中仕事の予定です 午前中は北ハウスの枝決めです 実がなる枝を3つ残し、その上を4つ除けて行きます  ずーと同じ姿勢で作業をするので腰痛が出てきます

手前のサニーレタスは6日前に「あと10日か2週間ほどで定植適期か」と書いたのに、思いのほか生育後半が速く、やや若苗だけれど植えてしまった。

どんどん草刈りに励んでいる毎日…!ホットさせてくれるのは、先週より一回り大きくなった、ミッション種。 オリーブ果実の重さで、垂れ下がり…。

数日の間に農園の作業は一気に収穫モードに入りまして、毎日1000垓のみかんを収穫、選果をして箱詰め、夕方までの発送を済ませ、そしてまた箱詰め、夜トラックで配送

椎茸の栽培で使い終わった菌床を大量に頂きました 畑に入れるといいそうです 菌がいいみたいです。2往復したよ この木クズのブロックから椎茸が生えるそうです

通常の摘み取り体験は大雨による果実の品質低下の為、終了していますが「どうしてもジャム用に採りたい!」という方がここ最近よくご来園されてます。

遂にこの日がやってまいりました。 実が沢山つまって垂れている稲穂  いけ〜コンバイン〜いけ〜じぃ!! 簡単な様で綺麗に刈るのはなかなか難しいんです。

今年初めて四角豆植えてみました。 夏前の種まきで 順調に繁茂しました、今採りごろです。 実の断面がひだのついた四角形なのでこの名前だそうです。

購入した苗木の様子をレポートします。今は、秋の新芽が次々と出ています。苗木の養成場所には全体に暴風ネットを張っているおかげで、ほとんど害虫の被害がありません。

作業の合間に「柿を採ってくるように!」っと、指令が…。今年はあまり柿は生っていない様です。カラスの餌になってしまうともったいないので…。

バインダーで刈った稲を脱穀機で脱穀して、残ったワラを高級な軽トラでワラワラと運んだ。このワラは保存しておいて、来年の生姜栽培に使う。

我が家にハンマーモア君がきました お酒でお清め 末永く宜しくと「昭作畑」の名前を記入したよ 早速、バリバリ まだまだバリバリ 刈った草はこんな感じ。

キャベツもぼちぼちと生育中 まだまだまだ土壌の水分は抜けきらず。春夏作の野菜たちと違ってこの状態はかなり辛いはず・・・・・・

お米、にんにく、と終わったと思えば早くもしょうがの収穫がすぐそこに一年でも忙しい時期がやってきました。我が下村農園には大まかに数えて4つの圃場があります。

佐々木農園では30年近く前から毎年(やらなかった年も含め)農業体験を行っています。徳島大学さんと5年前くらいからのお付き合いになります。

昨日と一昨日の2日間で友達が稗が多くて稲刈りを諦めた田んぼに行き刈り取りしました。型は古くても有ると便利なバインダーこれが無ければ思い付かなかったけど。

昨日、施工した電気柵 雨上がりの畑をまわってきました。昨日撮れていなかった写真です。はれひめの苗木です。枝が伸びて大きくなってまいりました。

あまり一番にピンと来ないけど、秋は芋がよく穫れます。今日は、サツマイモの収穫をしました。 まだ食べてないのでアレですが、とても筋肉質な芋が掘れました

「いちご畑」で、葉かき・葉上げ。振り出しに戻って「あまおとめ」。約1週間前に、葉上げをしたと言っても、勝手に全ての葉っぱが紐の中に納まるわけもなく...。

菌をうえてもらったシイタケ木のこと。畑山温泉に持って来てもらったけど1年が経とうとするのに、生えてこない…ダメなんじゃないか…と話していたところでした。

台風で稲がなぎ倒されてしまったので、ちょっと心配なスタートでした、が心配は的中し、倒れた稲を刈っているうちに、無理がたたって古いバインダーが壊れてしまいました。

先日、ミエルスイートの初収穫をしました。昨年に比べると、少々 小ぶりでしたが、一般のご家庭や、量販店に最も好まれるサイズでした。

トラクターでまっすぐ耕す方法です 前回 菜の花の種まき準備に嫁さんがトラクターを運転したのですが車速が早すぎたからか 最後の方はゆがみまくってました

収穫まで2ヶ月近くあるので、まだまだ青いです。四国地方で古くから栽培されているユズの近縁種です。 (ユズよりもフルーティな味と強い芳香があると言われます)

秋野菜に堆肥の汁を発酵させて作った液肥を追肥としてかけました。化学肥料に比べて、何十倍も時間がかかりますが、美味しい野菜を作るためには、手間暇がかかります。

見て下さい!!!!先週、植え付けした畑に。。。芽が出ましたーーーーー\(^o^)/他の所もちょくちょく〜出てますよー

防除にスミチオン水溶剤を使用しますが、「加用OK」にはなってなかったんで、ICボルドー66D単体で使用し、後日スミチオン水溶液を散布することにしました。

枯れ枝をそのままにしておくと、困ったことになるので 注意して取り除くようにしているのですが、なかなか全ての樹を見まわって、 取り除くのは物理的に困難です。

9月は畑の作業が思うように出来ませんでした。19日に人参、23日に大根の種を蒔いたのですが、芽が元気に出てくれたのでよかった。人参の方には不織布をかけています。

今日は、イチゴ苗の植え付け作業です。昼食は近くの下野保育園に招待されました。保育園の畑に大豆を植えて、それを味噌にしています。

ニンニクの植え付け真っ最中やが。昨日3畝半、今日は助っ人のハルオさんのおかげで8畝半進んだ。あと3畝弱。明日一気に仕上げて芽出しの雨を迎えたい。

10月から11月くらいにかけては色んなモノが収穫時期になります。うちの畑では、メインはブンタンを作っていますが、一部、ミカンも作っているんです。

上半身だけ合羽をl着て作業をすることにした。まず、お盆明けにパレットに種蒔きして3cm位に伸びた白菜、キャベツ、ブロッコリーを地植えすることにした。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

13年ぶりの岡山直撃らしい 台風12号の中今年度、初収穫 ピオーネよりも若干熟すのが早いオーロ・ラブラック途中師匠も様子を見に来てくれ、なんとか出荷体制完了!

代かきが終わったのと稲刈前の様子 5枚の田んぼを乾燥機の都合で3回に分けて刈取った 初めは土も硬くなりコンバインの作業性は四手も良かった

今日でピオーネをすべて収穫し終わりました。最後のひと房を収穫し終えた瞬間「あ〜、終わった。」と感慨深いというよりは嬉しさ交じりのホッとした気持ちです。

コンバインも洗って掃除して格納 作業場にしていた車庫も片付けを終わった。久しく行っていない栗園などに・・・今は丁度丹波栗が落ちる 今年は野鼠が居ない?

秋晴れの日に刈入です これから精米に持って行きます ケアハウス周南温泉にお届けしました とってもきれいな新米です

上向きだったり極太の軸の先にゴンとついている果実は、一見、大きくきれいに見えますが、味は今一といったものになります。

帰ってきて早々、お茶の冬越し前の準備を始めました。お茶は平均気温18度を下回ると樹の活動を休み始めます。その時期が整枝といって枝を切る時期になります。

さて、本日の出荷は、ポポー、グリーンマスタード、ワイルドトマト、フランスズッキーニ、食用ほおずき(ストロベリートマト)、水菜のまびき菜、三葉です。

今日は、サラダや鍋物に大活躍の水菜を植えました。畑の畝に15cm間隔で深さ1cmほどの溝をつくり、できるだけ重ならないよう均一に種をまいていきました。

当園の蜜柑の収穫が始まりました!今日収穫したのは、極早生1型の崎久保と言われる品種です。極早生には1型と2型に分類され収穫時期が異なります。

そろそろ検鏡しないとなぁ・・ と思いながら忙しさで後回しやっと重い腰を上げました 腋花まで展開葉1枚、未展開葉2枚 腋花  第二花房まで 未展開葉3枚

無農薬レモン収穫中にイセリアカイガラムシの天敵ベダリアテントウ見つけました。証拠写真撮ろうとカメラ構えたら飛んでいってしまいました。

あゆみ農園今年二品種めのぶどうが新たに顔見せ名前は「昭平紅」皮ごと食べられコリコリ歯ごたえがあり美味しいとのこと来年はお客さんに食べてもらえそうです

8月の終りに人参を植え付け。種類は、「ジャンヌ・ドゥブス」(黄色人参) 「パープルへイズ」(紫人参) 「Drカロテン」(オレンジ)「金時人参」の4種類。

今年も露地栽培の舞茸がしっかり出てくれました。朝霧が発生するこの時期、一週間だけ発生してくれます。自然任せの栽培ですからとても美味しい舞茸が採れます。

無農薬米を刈り取りします。猪がついてしまい止まらないので刈ることにしました。今年は、コナギが生えてしまい収量も少なく淋しいものですが、食べる量があればです。

露地で作っていたものが、ダイコンサルハムシの餌食になり、全滅しました。今年はサンサンネットを種まき直後から掛けたのですが、隙間から入って、繁殖したみたいです。

10/6, 4:30pm, 晴れ「モチ」の籾すりをします。これでH23年度、稲刈り、籾すり、農協出荷は完了です。モチの玄米は40kg弱、水分は13.6%です。

一週間遅れてなんとかかも田の稲刈り始まりました。台風ですっかり傾いた稲もなんとかべっちゃり倒れず踏ん張っているお陰で意外と順調に刈り取りが進んでおります!

稲も全て刈取り、夏野菜もひとしきりおわりました。寒暖差が大きい吉和の朝はもう冬を感じます 今日はお米をくれたたんぼに翌年にむけた堆肥をいれてたがやしております。

連休の中日、サツマイモの収穫に行ってきました。今日は試し掘りということで、1株だけ収穫しましたが、立派なサツマイモができました。大満足です。

空がずいぶん高くなりました。昼間暖かく、気持ちイイ風が吹き、夜は、肌寒いほどの気温になる神石高原の秋。伊勢村農業塾の畑の野菜は元気です。

昨日までの雨は私にとってはうっとうしいものでしたが、畑の野菜たちにとっては良かったみたいで、人参もカリフラワーも目に見えて大きくなっていました。

極早生ミカンの出荷始めました 味?まだまだですね、お客さんにもそういう説明してます。が、この時期のピクニックや運動会にはあの甘酸っぱい味と香りは欠かせませんね

トマト作業はやや遅れ気味。現在咲いている花はもう収穫は不可能なんで、こんな感じで先っぽをちょん切って芯を止めます。トマトもかなり立派な緑のカーテンになるな。

白木圃場の除草作業行いました。黒まめ、黒あずき、畝間の草取り これは手作業ですが、仕事は大人数、割りと短時間で両圃場ともきれいになりました。

秋空の今日この頃皆さんどうお過ごしでしょう。金子家は、稲刈りを終えて藁まとめを頑張っています。…と思いきやこれです。軽トラはまって動けなくなっちゃったー

玉ねぎの種まきをしました。ちょっと遅くなったかな 育苗ゾーンにまきました。普通のと赤いの。 以前春じゃがの取り残しのイモを植えましたが、芽が出ていました

今日は、トウガンの種採りをしました!初めての種採り、実は既にとても失敗した感がありました。実の収穫時期を間違えた!?食べごろより7〜10日後に収穫・・・。

これから定植したり、蒔いたものはいい感じで育っているが、ハクサイ、キャベツ、ダイコン、カブのアブラナ科四天王がうまくいかなったことが、身体にこたえる。

毎年タマネギは9月20日に蒔きます。タマネギは適期に蒔かないと上手く育ちません。早く蒔くと苗が大きくなりすぎて春先にトウ立ちしてしまいます。

筋状に種まきをした大根が、間引きをする大きさ(約20属)になりました。 写真2枚目:大根と大根の間が空くよう間引きをしました。

秋採りキャベツの今の姿です 定植して丁度一か月になります品種はタキイの「初秋」です 古い品種ですが使い慣れているので専ら植えています

今年はピオーネの着色が悪かったので、原因の一つと考えられます根の状態を見ることにしました上の方に根がたくさんあるので乾燥して水分不足も考えられます。

かんぴょうの種取りを始めました。今年から始めましたが…想像してた以上に大変な作業です。野菜の栽培・出荷と種取り作業を同時進行しないといけないので大忙しです。

やっとこさ、全ての稲を干し終わりました。 約1週間かかりました。 よずくハデ13基。一般的なハデ1基。 あ〜疲れた。

ようやっと稲刈りが終りました。 稲刈りだけ。 明日は、干し。友人が手伝いに来てくれるようなので少しは楽かなあ。 朝、刈ろうとしたら機械のエンジンがかからず。

いのししが、踏み倒して、稲穂をシゴイて籾を喰いやがる。。。。その食べかすをあたりに撒き散らす。昨晩9時ごろから、見回りに行く。

今日、稲刈りした所は稲が好き勝手にアチコチと倒れているんで手間取らないように重なってる上の方から刈っていると、こんな風にトラ刈りになってしまいましたぁ〜(笑)

昨日防除をしてもらいました。「アカリタッチ」をウドンコ,ダニ対策に,「ニッソラン」をダニ対策に使いました。ダニが所々発生しています。

米袋からお米を少量ピックアップして、皿に取り、資格を持った検査員の方により、品質の良否、異物・被害粒の混入、水分など法律で定められた基準にて等級分けされます。

ワケギやラッキョウは植え付けた後に冠水してしまい、腐ってダメになるかと思いましたが、ワケギは何事もなかったかのように発芽。ラッキョウも、発芽しはじめました。

次の作物の準備を始めました そう・・タイトルにある「タマネギ」です 昨年は晩生(おくて)と呼ばれる品種を農業大学校の実習として生徒さん達と一緒に栽培しました

今日も収穫したんだけど…パックリ割れたトマトが多いこと多いこと 今日一日で300個以上はこれが理由で出荷出来なかったです。

新しいトマトハウスの定植を、昨日農作業ボランティアの皆さんにお手伝いいただき、無事に完了しました。少数精鋭でてきぱきと植えてくださいました。

このネギを種蒔きしたのが2月下旬で3月28日にはまだ発芽したばかりの様子が やはり種からだと、ものすごく手間だけど。。。量は確保できるからいいですね

こんな感じで霧の中、ブドウの収穫をしています。数十メートル先が霧で見えません。朝一で収穫したブドウはまるで冷蔵庫で冷やしたかのように冷え冷えです!

重さ100gくらいのミニりんご、夢おいらせ 一度、お客様方の反応を見てみたいなとかねがね思っておりました。そこで3コずつ袋詰めしてアスパル初出荷。

去年は芽は出たは出たけど、元気がなくていつの間にか枯れていったはつか大根たち。今年はどうかなぁ。大丈夫かなと思いながら種をまく。

ここのところ、ずっと収穫&出荷の日々が続いています。例年になく小房傾向が強く、こんなはずではなかったのに、というのが今の正直な感想です。

9月はピオーネだけを注文されたお客さんを主として出荷しました。ピオーネは熟すのを待って、1房づつ色付きを確認して収穫しています。

稲刈り完了しました カーリーがコンバイン、私が軽トラで籾運搬、リョウがオペレータ補助 サチが応援and運搬補助 園長は家でテレビ鑑賞と相変わらずの配置となりました

ネギで言うと2年同じ畑で作ったら畑を休めないと連作障害が出て収量が減ります。次の畑が必要になり土地改良区に畑がないか聞きにいきましたが、無いと言われました。

岡山県全体でブドウの発育が今ひとつで 粒が出なかった難しい年でした。 反面、それぞれの糖度は非常に良く上がりました。 糖度を測ると21.5度なんてのもざらで…

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

週末になると雨が降りますが、一雨ごとに大きく冬野菜たちは生長しています。 まだ少し暑くて鍋の時期ではないですが、野菜も気温もちょっとずつ近付いています。

里芋の現状です。赤い棒は1メートル有りますので成長具合を確認してください。台風とそれに伴う1週間の長雨で葉っぱが少なくなりました。

今年はしょうががよく育っています。奥ではボランティアさんがしょうがの収穫作業をしてくださっています。順次収穫&出荷、しょうが粉末の生産にも入っています。

最初の仕事は、スタックしている「パワーリフト」の救出作業です なんたって、籾すり作業のために必要な機械ですから・・・

トマトばおおきくなってきよったばい。4年間悩み続けた、この高所作業。ワイヤーまで210cm。届きそうでとどかない。とどかなさそうで、がんばったら届く。この高さ。

苗を植え終えました はい。全然足りないっと。半分そこそこしかできんかった。まー、あいたとこは別の作物でも植えるか――って思ってました

上の写真は 焼き芋にオススメの、ネットリ甘い安納芋 良い感じのものが収穫出来ているんやけど、まだ畝の半分が残っているので、明日また父ちゃんと2人で収穫です

おばあちゃんも「今年は長いこと採れるなぁ」と言ってますがなかま農園のトマトはまだまだ元気! 10月後半までの収穫を目指します。

本日は、滋賀県野洲市にある畑の様子をご紹介致します!!金時サツマイモの収穫 顔より大きいサツマイモが収穫できました(嬉)

津田家では、8月末からコシヒカリの収穫・・続けてキヌヒカリ・・秋の歌・・・羽二重もちと休む暇無く農作業にがんばっています!(^O~)

本日の黒枝豆です。去年は手前味噌ですが近隣農家と比較してもピカイチの出来でしたが。今年は「ウーン?」と言う感じです。背丈が低く莢付もまあまあです。

稲刈りが間近です。このところ朝晩が一気に冷え込んだせいか、10月22日の収穫予定日より早く実りそうです。でも予定通りに手刈しますよー。

植菌から二夏経過した原木を発生に備え、ほだ場に移し、採取しやすいように組み変えることをほだ降ろし(ほだ起こし)といいます。

無農薬・無肥料の田んぼを実施して8年目 田んぼだけじゃなく、お野菜も無農薬で栽培しておりまして・・・、こんな感じの所で作っています。

トマトも終盤です。あと一段〜二段獲ったら、今作は終了です。喉元過ぎればなんとやらで、異様に忙しかった今年の夏も、あっという間だったような気がするような。

露地きゅうりですがまだまだ、採れてまっせ 台風被害で痛めつけられましたが もうしばらくは、採れそうです。 霜があたれば、ダメになるはず!

山の中の畑が、異様な光景に・・ ほうれん草は、こんなにいらないっしょ  誰が食べるの  引くのも、洗いも、束ねるのも・・・大変ですから

てくてく農園初の稲刈りがありました。作業自体はものすごく順調に終わりました〜☆農薬を使わないお米ができるには長い時間がかかりました。

今日はヒノヒカリの稲刈りをした。 田んぼは全面が草で覆われた緑のジュウタンになっている。 小さなカエルをたくさん見かけるが、今年はクモをほとんど見かけない。

おっさんの玉ねぎさん種まきから8日目、ようやく芽がチラホラではじめました!!今のところ発芽率60%ってところでしょうか!?きっとこれから、もっと発芽するはず!! 

ゴーヤ、モロヘイヤ・青シソと取ってはみてもかさ張る物をザクザクと切って頂き、アスパラの隣の空いてるところに撒くことに 落花生の向こう側にエンドウを蒔く予定です

今日から容子さんの有機米の稲刈り。いなごを狙ってツバメが寄ってくる寄ってくる!台風の影響で一時はどうなるかと思ったけど大丈夫みたいです。

台風で根こそぎはぎ取られた自然薯の棚。苦労して地中に埋めた種イモ…。悲しいけど自然には勝てない。しかし生産者の責任でもある。

先日の10日に、もち米の田んぼにだけネットを張ってきました。去年は、出来かけのもち米の半分近くを、スズメに食べられてしまいました。

9/23はいよいよ待ちに待った稲刈りとなりました。雨風、イノシシにも負けず、これまで育ってきたイネも、収穫をいまかいまかと待ちわびていることでしょう!

今日は脱穀作業でした 天候にも恵まれ、暑い一日でした。今日は調子が良さそうです 籾がついている稲束をハーベスターくんに通すと籾だけになって袋に入っていきます!!!

6日に播種をした大根がようやく発芽しました 播種から5日目。ま、涼しくなってきてるし、こんなもんですか?もう1日早くても良いような気もしますが。。。

研修を終えて、明日香村で就農を決めてから早七ヶ月。鶏舎を建て、畑を耕し、田んぼに稲を植え、今 それぞれの実りを迎え、卵もついに今日 消費者のもとへいきます。

今年はお米がたくさんできたそうです。竹を結んでいる紐が切れてしまい、たくさん稲穂を掛けた架が崩れるというハプニングはありましたが、この田んぼは無事終わりました。

元気に育っていたジャガイモたち、急に一部の葉が巻きはじめ黄色くなってきた。様子を見ていると、次々と伝染している。普及センターで検査してもらうと、疫病だった。

出た出た!巨大な原木しいたけ 植菌してから、2年、長かった 大きなクヌギで、胴回りが50cmもシイタケも負けず、ジャンボでカゴ2杯分 山の神様に…感謝

最近青ねぎの出荷作業にはまっています。かなり楽しいです。まずねぎを収穫します。このときに気をつけて太目のねぎを選ぶとで作業時間は短縮されます。

今日は極早生みかんの収穫が始まりました ウチんとこは他の生産者さんと比べて遅くから収穫が始まるのです 青いうちから収穫するので、青切りみかんとも言われるのです

トマトな毎日になりました。直売所は毎日 昼からシャッターを開けています。お近くに来られる際は是非お越しください。トマトもきゅうりももちろんたくさんです

今日から麦の播種を始めています。播種の適期は11月からなんですが、ここ最近雨も多くて圃場の乾きがよくありませんでした。

我が家のネギが元気に育っております ネギは 「暑さに強く」 「乾燥に強く」 「虫に強く」そう栽培には無敵な野菜です でも唯一の点滴が湿害です

もうすぐ収穫時期がやってくるキウイフルーツを見に♪いつ見てもかわいい早く収穫したいなと思っていたらなんとその横に小学校以来のあけびを発見!!

農閑期なので農園でとれたものは、オクラ、なす、枝豆、落花生。でも取りたて美味しいですよね。農園の野菜は基本的には「自然栽培」農薬も肥料も使っていません。

今日は衣替えの日。この一ヶ月ばかり秋冬野菜の苗の定植をせっせと進めてきたが、ようやく予定していた数量の植え付けが終わろうとしている。

久しぶりに畑に行ってきました キンセンカとオレガノとポピー(昨年JAでもらった種)を蒔いてきました 水菜がずいぶん出ていましたが、ずいぶん虫に食われていました

今年の栗も終盤にさしかかりました。あと通日で終わる予定です。 このあとは黒豆の枝豆の収穫に入ります。 この枝豆はほっこりと甘く大変美味しい枝豆です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

倒れている稲が少なく刈りやすかったからか、ちびっこお百姓さんの独創的な稲刈りが行われました。刈りながら自分の「みち」をあちらこちらにつくっていくのです。

今日は姫ごのみの稲刈りです。姫ごのみは、今年初めて作る品種で、ミルキープリンセス、クイーンと同じ低アミロース米です。

稲刈り・乾燥作業はもうすぐ終わり。「米はまだか〜、米はまだか〜」という周囲のプレッシャーが高まる中、籾摺り(もみすり)作業を決行しました。

オクラは着果から50日位で褐色に熟します、種を取り出したら水洗いせず乾かします 種子は3日程天日で干し乾燥させます、他の野菜に比べ種採りが楽にできます

ホウレン草栽培が始まってほぼ1ヶ月になって来ました。現在の栽培で、先月の25日1回目の播種をしたホウレン草の生育については、早いものは草丈15儖幣紊砲覆辰突茲泙靴拭

密集していた白菜を間引いて植えなしておいた。今はしおれているが水をマメにあげれば大丈夫だというから行ったら水をかけてやってちょん!

これはマコモタケ。水を浄化するとも言われ、うちは田んぼの水口に植えています。実際に植えてあるものを見ることはなかなかないらしく「ナニコレ?」と良く聞かれる。

ならし=剪枝または整枝・・・でしょうか 秋ならし=秋整枝 が始まりました。来年新茶が出てくる土台作りですから、結構重要な作業になります。

お友達のリクエストで植えた爛▲團ス瓩虜。ネット一杯に葉が茂る筈が植え付けが遅れてこの状態、、、なんかしらついてるでしょうか??? 

さてさて、今日は、稲刈り。今年も稲刈りの開始となりました!私たち農園の稲刈りは、昔ながらの?稲刈り。稲を鎌で刈って、藁で縛ってと、全て手作業。

第1農園は、ハウスを除いて、ほぼ元の状態にもどりました。 第2農園2年前の夏に緑枝挿しをした苗ですが、台風で幹が割れてしまいました。

一昨日黒米の稲刈りが終わってから、ミルキープリンセスの稲刈りをしています。一番人気がある品種なので沢山作っていますので、稲刈りも3日掛かります。

今年も種を蒔くことにした 11月中旬の種まきは急な寒さが来て育たないことがあるし  10月中旬は育ちすぎて寒波にやられることが・・・蒔き時は意外と短い

コンバインが主流になった今では稲架掛け(はざかけ)の風景は、珍しくなってきましたがこの方法の稲ワラを牛の飼料用に集めてます。

この葉しょうが、一株なのか、二株が合わさったのかよくわかりませんが、とにかく驚くほど旺盛に茂りました。タネとして埋めたしょうがはほんの一かけだったのに。

稲刈りもなんとか終わり次はホウレンソウの準備です。まずは土づくりからです。しっかり発酵させた有機堆肥を畑にまきます。

8月下旬に畑に蒔いた人参の種、すくすく成長していますが…ご覧の通り雑草も一緒にすくすく成長しています。でも、雑草の中でも人参は、がんばって生えています。

畑の様子を見てきた。台風15号の被害で生育に遅れの出たタマネギの苗。種を多めにまいたので間引かなければと思っていたが、間引きの必要がない。

お茶は秋番の収穫は無理(茶葉が塩分を含んだ風で枯れたようになってしまった)茶園の周りの木の、葉っぱや 枝が折れて茶の木にどっさりと乗っているところもある

今日から、人生で二回目となる稲刈りをしています。今日は、鎌を使って、コンバインでは綺麗に刈れない所をザクザク収穫しました。腰は痛いし、足はパンパン。

収穫です!スイカ畑のスミに植えてあった落花生です!肥料はしましたが雑草を取ることもせず、ほったらかしでした!結果!一人で食べるには充分な量が収穫出来ました!

月曜日納入した菌床です。もう芽がついてきました。日曜日ぐらいには収穫も出来るでしょう。今年からは産直もあるため、頑張らなければなりません。

百姓にとって雨前は忙しいもので、種まきや植え付けをするにはもってこいです。我が農園も慌ててエシャレットの植え付けを済ませました。

イチゴの収穫が待ち遠しいながらも、順調な生育に楽しみも増してきています。そろそろイチゴのビニールハウスの天井にもビニールを張る時期になりました。

先月末より少しずつ収穫を始めていたのですが、何しろ台風の影響でビニールハウスが傷んで、復旧作業と同時進行のためなかなか思うようには…。

今日は、マイクロトマトの管理をしました★トマトも品種によって、育ち方が全然違います。マイクロトマトは、マイクロトマト独特の香り&木ぶり。

8月下旬から苗の栽培から始まったミニトマトも10月下旬からの収穫へと向っています。人の背丈ほどの成長した枝芽を選定しながら、伸ばしてゆく作業です。

転換から2年以上経過した今秋は、やっと小松菜の生き残る畝が出てきました。 それでもオンブバッタが葉を食べているので、販売には難しそうです。

気温がちょうど良く、体が動くようになりました。防除作業と除草作業と摘果作業のペースを上げるようにしました。切り捨てた摘果ミカンの山・・・まだまだ出るよ

私は自家用として、めげずに茗荷を育てている。9月27日に収穫を始めた。収穫量は前年並だが、一面に敷藁をした効果があり、品質はふっくら・ビンクで良好であった。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

幸水に続き、豊水もあと1週間で終わりです。陽光が日1日と赤く色づいていきます。食べごろは10月末ごろからでしょうか 一方、王林は青く、青くなっていきます。

今日は芋掘り会を開催しました と、いってもイベントらしいイベントでは全然ありませんが…そこにイモがあるそしてイモを掘るそんな感じです

めっきり寒くなりまして、TMTはもはや色づく気配がない状態にあります。なんで、ここはもう諦めて、こいつに期待。コールラビ。収穫時期、不明。

種蒔して約2カ月で花が咲き、3カ月弱で実が収穫可能となりました。収穫期間は、2か月程と長く10月いっぱい迄可能となりそうです。

タカの爪という唐辛子が収穫出来乾燥しています。種を除去し粉にします。辛そうに見えますが思ったほど辛くなく反対に甘みのある唐辛子です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

9時過ぎて、誰もが野良から帰宅する頃に、慣行田んぼに植えた白ネギの土寄せをしていると、オバサンが何処からともなく軽トラで来て教えてくれた

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

雨の日が多くトラクターで耕した土が乾かず玉葱の定植に向け畝作りに苦労しています。2列目までは2日前に終了、苦土石灰プラス石灰のみの畝にした。

もち米のはさ干し作業をお手伝いに行った時、稲穂に黒い玉のようなものが付いていました。稲麹という、昔は麹の種として実際に使われていたという麹菌だったのです

今日は冷たい雨模様。そんな中、りんごのクルクル作業です。 陽の当たっていた所と当たっていなかった所・・邪魔になっていた葉の跡までくっきり。

コシヒカリ稲刈り終了!昨日も調子よく快調に刈れました。初日の苦労はいったい何だったのか?!と思ってしまうほどの差。

パレットに積んである米を地主さんへ田んぼの面積に応じて配達します。数パレット用意してあり、前にあるのから順番に下ろして持って行きます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

この野菜たちはまさに台風の一番ひどい時に収穫してました 野菜を待ってくれている人がいるんだからと言い聞かせ、意を決してカッパを着込み収穫してきました。

いよいよ明日29日から、人気の「紅玉」の収穫が始まります。お菓子やジャムなどの加工に最適の品種で、加熱するとトロっと柔らかく、ふくよかな香りが漂います。

過ごしやすい気候になってきました。 そして、カブが芽を出してきました。 そして、今日の畑の作業は、草むしりです。スタッフが協力して、作業をしています。

定植から2週間ちょっと経った本日。苗は元気に育ち、当初30cmもない位の苗が、今は60cmを超える程に成長。途中、色々ありましたが、順調に育っています

ブロッコリーの蕾がどんどん大きくなってきています。ブロッコリー栽培は、有機栽培になると話は別ですが、結構簡単にできます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

稲刈り後の作業シリーズ、今日は「もみ殻散布」をご紹介。ちなみに、もみ殻ってのはこれです。米農家では稲刈りのシーズンになると、このもみ殻が大量に出ます。

やっと自分の任されている田んぼの稲刈りが終わりました。Before たわわに実った稲穂たち After 稲刈りが終わり、さっぱりした6畝の田んぼ

先日、お天気の良かった29日に最後のお仕事。「黄金もち」のハゼかけ米をおろしました。まずは 「つなぎ」作りから、藁を束ねる時に使うのです。

最近は稲刈りが終わり、豊水が終わり二十世紀が終わりましたいまはあきづきが最盛期にです。新高も始まりましたがまだ青めですね。

秋の旬、サツマイモを掘りました。今年は良く出来た方だと思います。良く太った、肌のキレイな芋が多く採れました。

稲刈りがほぼ終了しました。9月の終わり頃から、雨がちな天気になって、少しペースダウン。それでも例年並みの10月8日に終わりました。

稲刈りも終了してまして、畑作作業・産直さん出荷の再開。まず着手したのは、産直さんへの南瓜の仕分け↓集荷・かぼちゃ祭り売り場作り作業×5セット。

来年の準備も着々と進んでいます。その一つにヌカ(お米を削ったときに出る有機物)です。これを田んぼへ蒔いています、写真の様にかなり多めにまいていますよ

イチゴの高設栽培では、液体型の肥料を水に溶かし、ポンプで穴のあいたチューブに流してイチゴに肥料を与えるのですが、かならず問題になるのが、その排液です。

千俵以上の色彩選別作業も終わり、途中で止めた籾摺りも全て終わりました!今年はー、例年通り一言で表現できない年でした。品種によって、収量・等級がバラバラ!

今日と明日は、お天気が良さそうです。絶好の乾燥日和です。ネギを収穫して天日干しをしています。立派なネギができました。まるで下仁田ネギみたいになりました。(笑

順調にキャベツが採れています。中には重さが2キロ近くあるものもあり、もうちょっと早くに採り始めればよかったかなぁなんて思っています。

長男と二人で軽トラックと軽ワゴン車で加工米の運搬に勤しんだ。減反調整で私は50俵以上の魚沼産コシヒカリを、加工米(飼料用)として供出しなければならない。

成願寺の畑に大根の種植えました。元肥はヌカのみ。畝の中央に溝を切って入れました。昨年は20〜30センチクラスのかわいい大根ばかりでした。

溜まった米ぬかと籾殻それらを分解する肥料を田んぼに入れてトラクターでかき混ぜます  この辺は雪も降るし寒いのでそれらが土に還りにくいのです

ハウスでトマトの管理作業しておりました。暴風雨の中。でも、天候が悪い中においては、普段苦痛のハウスでの単純作業、結構好きでして、黙々と飽きもせず遂行できる。

”たわわ たわわ”の今日の梨畑です。新高とル レクチェ 袋がかかっているのはキズや汚れから保護するためです。来年実を付けるであろう新芽が頭を出していました。

調整作業(籾摺り)は残っていますが、お米の収穫作業は何とか一段落したところです。新米を楽しみに待って下さるお客様のために一日も早い出荷に心がけたいものです。

種を蒔いて数日で芽の出た時の喜びはそれはそれは感動です 間引き 虫対策 水やり 等々作業が続きます この芽の成長は逐次アップすることにしましょう

稲刈りも終わり来年の準備も着々と進んでいます。その一つにヌカ(お米を削ったときに出る有機物)です。これを田んぼへ蒔いています

土日は米トモ!の稲刈りで長岡にいました。2時間くらいで刈り終わり、刈った稲は、コンバインで脱穀し、籾を乾燥機に投入して本日の作業は終了となりました。

今年の稲刈りも無事終了しました。このあと稲は「乾燥」「籾スリ」の行程を経て玄米と呼ばれる状態になり、精米機にかけ白米に仕上げます。

今回お世話になったのは新潟市南区茨曽根のル レクチエ農家の中村和雄さんです。赤ワイン用のブドウ、カベルネソーヴィニヨンの収穫を行いました。

自分のことを「トマト屋」なんて言ってますが、農家って言っても作っている作物変わると結構別産業みたいなものです。とはいえ銀行員と坊さんほど離れちゃいません。

コンバインの清掃、乾燥機の清掃して機械内に残っていた籾を取り出し籾摺りをし、約20kgの玄米が取り出せました。(一粒も無駄にできないのが百姓ですよ。)

土耕栽培の場合、圃場に石灰を撒いてpH調整し、カルシウム分をいれますが、我が家の圃場はどこもpHが高いので石灰は使いません

丹精込めた(?)若葉ちゃんの小豆。よった物を計量すると1341gの小豆が収穫出来ました「100粒からド素人が栽培したには上出来」

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

うっすら見える赤い野菜な〜んだ!?(老化予防、コレステロール値を下げる野菜・・)  ピッチピチの二十日大根でした  葉も根も栄養満点!美肌も期待できます・・・

のびとN生は結局一日中、籾すり&米運びをしていました 下の写真のように、籾すり後の米をまずは小屋の中に仮置きします。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

小さい面積の田んぼだったので、「バインダー」と呼ばれる手押しの機械で刈っていったのですが、このバインダーくん、なかなかやりおるのです!

濡れた稲=籾はコンバインで上手く収量できないので作業は御法度のはずだが、稲刈り以外の全体の作業も遅れ気味なので父親の “ GO!” 指令に素直に従うのみ。

今日お店の目の前のラフランスを見に行ったら病気にかかった実がいくつか落ちていました。その写真がこれ!この茶色の斑紋が輪紋病っていう病気です。

今年は去年よりもつや姫、はえぬき共に高値で市場にて取引されるようです。生産者が報われるような社会になっていけばなぁって感じます。

平成23年度新米「さわのはな」の収穫をしてきました!!!写真は、まさに営業マンの残した刈り損じをじーちゃんが手で刈り、さらに息子が運んでくれているシーン。

稲刈りを始めました。今ではコンバインで一気に刈り取ってしまいますが、天日干しにしている田んぼもありました。地方によっていろいろな干し方があるようですね。

ついに、収穫の秋を迎えました 手塩にかけた稲っ子や、野菜たちが成長し、豊かな実りを与えてくれることは、もう何と言ったらいいのか、、、感無量です

本日、稲の最後の大仕事「稲刈り」が完了致しました。スタートから機械のトラブルもなく、順調に進んだ感じが致します。だけど、やる事は沢山あります。

これまで大きな問題もなく順調に成長していた紅大豆…。校内の樹木に大量発生したアメリカシロヒトリが、ネットをかいくぐって紅大豆の葉を食べているではないか。

いよいよ稲刈りスタートしました…って言っても本日10月5日ですので、内陸地方は7割は終わりました

細矢農園ではまもなくラフランスの収穫が始まろうとしています。このラフランス、、、  収穫後約2週間ほど気温2度の冷蔵庫に貯蔵されます。

今日はお米の精米や色彩選別(色選)をしました  こちらが色選をしているところ。こちらが精米。 それぞれの機械を使ってしています 

乾燥させた籾を籾すり機↑に入れると、玄米になります。この秤の上に米袋をセットしてレバーを下げると自動で風袋込みの31.825kgの玄米が出てきて止まります。

もみすりしました。ここら辺では"米ごせ"と言います。今日、あまり天気がよくないと思ったので、内業です。夕方には雨が降ってきました。

午前中から陽がさしてきたので、様子を見て午後から「つや姫」の刈り取り始めました!!トンボ達を横目に順調です!明日はいよいよ籾摺りをして出荷だ!

種まきをしたナタネが芽を出し始めました。遠くから見るとまだまだ分かりにくいですが…自分が入社して最初にした仕事はこのナタネ畑の石拾いでした。

本日より、収穫されたラ・フランスが少しずつですが入荷されてきました♪このラ・フランス達はこれから冷蔵庫でしばらくお休み。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ようやく 落ち着き コンバインの掃除もできました。 足回りは 水で洗って泥をおとしコンバインの中は 全部カバーをはずし コンプレッサーで ゴミを吹き出します。

森川家裏庭で拾った栗の皮むきをしました。 我が家の栗は“無農薬”“無化学肥料”“無関心”の三拍子揃ったすばらしい栗です。まぁ言っちゃえば植えただけです。

今回は2日間の日程で、稲刈り作業を行いました。手作業による草取りを行い、農薬・化学肥料を通常の水稲栽培の半分以下に抑えた、安心・安全なお米です。

今日もラ・フランスの収穫です。午前中は雨が降っていたので、カッパを着ての作業でした。でも・・・実が大きくて、収穫が楽しかったです。

コンバインで刈り取った稲を、トラックに積んだタンクに入れて自宅の倉庫まで運びます。タンクの量は大きい方で約1.7t!!

籾摺りした後に出る籾殻を詰めたフレコン。午後から早速暗渠をやりました。今週テスト期間中の2番目ですが、「手伝ってもいい」というので遠慮なく手伝ってもらうことに

結局昨日、残り2枚の田んぼ両方に手付けました。それぞれ、ダンプ1台ずつ外周を刈り、一部中割をしました。これが、最後の田んぼの刈り取りの図!

この畑の半分くらいネギ畑だったんですが、ここまで収穫が進みました♪ただ、隣の畑にはまだ丸々畑一枚分残っていますw真ん中にポツンと見えるのが運搬機です。

くさび米によるお米が、ありますね。とは、言っても一等米には、ゆっくりなるお米ですが、色彩選別機が、きれいに異物を弾いてくれます。

2週間の自然乾燥を経て、今日は稲の脱穀と籾すりを行いました。脱穀の機械を使って稲から穂を落とします。次にライスセンターにある機械を使って籾すりをしました。

さて、本日はイチゴの定植準備をしました。畝を立て、マルチをかけます。私たちが行ったのは、畝を立てる場所に印を付ける作業です。

10月から新学期が始まり、それとほぼ同時にイネの収穫・調整をおこないました。10/3に、学校祭で自主販売するために等級検査を行いました。

昨日刈り取ったトラ男用の新米あきたこまち  乾燥・籾摺りを終えつるつるの玄米なう  袋に詰め終え、あとはトラPの元へ出荷できれば一仕事終わる

今年は天気が悪い日が多くて長々とかかってしまいましたが、今日ようやく稲刈り最終日です。丸々1ヶ月かかってしまいました。

昨年まで使っていたコンバインは15シーズン使用しました。もう1シーズンと思いましたが、一部部品も製造中止になっているようなので、思い切って新車購入しました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

乾燥機から籾を出し樹脂袋に詰める作業と、コンバインの藁カッターの調整に手間取り、午前中刈れませんでした。藁が細かく裁断されると、稲刈り後うまく集められません。

帰宅したら、予約ご注文いただいたお客様への発送準備! 最高の出来の吉野まいたけ1220g!!本日は、お手伝さん達が誰もおらず一人で梱包作業となりました。

昨日刈り取った稲を 本日午前中籾摺りしました。品種は、ひとめぼれです。乳白米や腹白米など無く等級は1等間違い無しです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日で契約で卸しているトマトの出荷は終了です。(産直にはまだ数日出しますよ)あと、一ヶ月はとりたかったんですがね、葉かび病にやられたり、なんだりで…

今朝は冷え込みました。多分6〜7℃だったと思います。いよいよ秋本番。まずこたつを出そうと、秋晴れの空のもと、こたつ布団を干しました(だって寒いんですもの・笑)

ご心配いただいておりました台風15号の影響はほとんど無く、中生品種やふじの葉摘みを予定通り進めています。早生ふじや紅玉の収穫が間近になりました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ずーっと続いた雨も、ようやく落ち着き、今日もふじの葉取りです。皆さんこの長雨で、お疲れの様子ですが、今日も頑張って葉取りしました。

真っ赤なリンゴになるよう色付け作業を進めてます。ジョナゴールド 日照時間が少なくなっていく今の時期に上 日光がリンゴに沢山当たるように反射シートを敷いています。

今日のメロン産地は稲刈りもほぼ終了し、皆さんワラ上げ作業で大忙しでした。天気が良くないとできないので、皆さん急ピッチで運んでいました。

きちんと防除したつもりでしたが、穴があったようで(~o~) 炭そ病ってのをつけてしまいました。 拡大の可能性もあるので廃棄処分です。

アーバンの担当する地区にはまだメロンが残っています 前にも書いていましたが、年内最後に収穫になるハニーゴールデンです♪今日も生育状態を確認してきましたよ

今日は、料理にも最適な品種「紅玉」の収穫と、「ジョナゴールド」の収穫、王道の「ふじ」に手を加えておりました。

脱穀します。この機械に稲束をいれるえー結構楽しいー、とそのとき、ワラくずが舞い上がる。はたとマスクを忘れたことに気がついた!終了後の顔は、鼻の下まっくろ。

とにかく、トラクタへのローダーの脱着が時間がかかりすぎ…ちょっと歪んでるんですかね まあいいか 切り返し終了後 見栄はって大きめ

ノースビレッジ農園では、天候の影響もあり、去年よりもトマトの出荷が早く終わり、今年はもうトマトの出荷はおそらく終わりです。トマトさんありがとうございました。

収穫の秋です。春から、いや収穫を終えるや否や剪定からはじまる集大成のりんごたち。無事に木箱に納められるように頑張らねば!

青森のりんご農家ではサンふじの葉取り作業におわれております。作業中にこんなりんごを発見しましたので紹介します りんごの病気!?(さび果)

台風15号でペシャンコにつぶされたハウス そのハウスの中にチラっと赤く見えるトマトを見つけました。ハウスは壊れても中ではトマトが育っていました。

ジョナゴールドの収穫真っ只中です あの袋はいだ真っ白なりんごから真っ赤に色付いて美味しそうでしょ 明日は、袋を掛けずに作るサンジョナゴールドの収穫予定です。

ジョナゴールド&シナノスイートの葉取りをしました。午前中は長女が、午後は次女が作業を手伝ってくれました 二人とも大きくなったので、たくさん手伝ってくれました。

先月28日に蒔いた小麦。5畝しかないので種蒔きもあっという間でした。この小麦の芽が出た様子はキレイ! ただ今、麦踏みをどうやって行おうか思案中・・・

百姓の掟、その一、 「あせるな!」 を心の中で繰り返し 平静を保とうと努力中の私です  今日は植付準備の為に 種子消毒をしました

相変わらず忙しい日々が続いてます!畑ではいま、玉回し(ツル回し)作業を行ってます!陽光面が色ついてますが、くるっと回すと、枝の型や、葉っぱの型が残ってます!

さあ、この次は「世界一」と「サンジョナゴールド」が収穫になりますが、サンジョナゴールドの今ごろはこんな感じに育っています↓

もじゃおはトラクターの後ろで肉体を酷使しての作業!このマルチの幅が絶妙に長いんです 足がつりそうになります  今日、初めの一本!まっすぐにかけれますように!

醗酵鶏糞撒き終わり、次の作業は、クーンのシュレッダーで粉砕。稲ワラを、稲株を、叩く、潰す、ねじる、散らす、粉砕する。そんな感じでしょうか。

キャベツと言えば紫キャベツを知らない人って結構いらっしゃるのに驚きます。「黒いキャベツだっ!」って言われるのが新鮮(笑)

今日で「フジ」のツル回し作業もすべて終了しました 作業中に気になる物を見つけました。まるで和梨のような・・・これも「フジ」なんです。

りんごは袋をかけると色が抜けてこんなに真っ白に りんごはすっごいデリケートで日光で焼けやすいから袋をはがすタイミングをはかるのが大変

田んぼの秋打ちをしました。朝から夕方までずっとトラクター作業。キャビンなのでお気に入りの音楽を聴きながらのんびり作業で結構気楽です。

雨のせいで、朝はカッパが必要で。更には、かなり寒い朝。そんな津軽地方。今日は『有袋ふじ』のつる回し。午前中では終わらなかったが、午後も早々には終了。

「蔓回し作業」は りんごの蔓回しをして陽に当てる作業ですが、りんごの果実全体に赤く色づいてないと値段も安くなりますのでこれも大変な仕事です。

さまざまなエダマエを試験栽培してきた結果、うちのエダマメは青森在来の「毛豆」と、山形の「だだちゃ豆」の2品種にしぼられました。 現在、その毛豆のピーク!

朝からジョナ、北斗を収穫してこの2品種は収穫完了。やたかは、明日へ持ち越しました。今日日中好天でしたし、昨晩と今晩は温度が下がるので着色が進むのを期待します。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ジャガイモの集荷日です。今回も、雨降りです。雨の日は、土場が痛みます、今年はそんなとしかも。 ジャガイモからの湯気と、紅葉です。

うちでこの時期に、まだミニトマトがあるのは珍しいんです。せっかくなので、たまに市場に出してます。ミックスにすると綺麗でしょう

ただ今、アスパラたちは養生期間中。ハウスの中は大きく育った親茎たちでウッソウとしてます。大きく育てた親茎を維持して根っこに栄養を貯蔵する時期です。

昨日稲刈り終了。直播の圃場を 最後に刈ったのですが、ほぼ半倒伏で、刈り取りスピード上がらず・・・でも 籾は溜まったので良かった〜

9月10月、データ上は雨量3倍、降雨回数5倍だったとか、ぬかるみとの戦いのような稲刈りは初めての経験で。長靴を田に奪われてから、最後まで田植え靴を着用。

先日、ふっくりんこを刈り取りました。今年は平年並みの収量でしょうかねーコンバインのオペレーターは父です。この時期はコンバインに乗る事はほぼありません。

昨日から人参の収穫作業が始まりました♪ この作業が始まると毎日機械に使われて止めない限り動き続けます  あたりまえか!!

翌年アスパラを新たに植える場所に残った堆肥を配り散布しておきました。今年この土地にはひまわりを蒔きそのまま好き込み土作りをしています。

今日も雨の朝です。稲刈りも無事に終わりひと安心です。今年は稲刈り前に雨ばかりだったんでこんなグチャグチャ田んぼが多くて大変でした。

【今日の作業】 作物:…垢い蘯鏤辧´長いも 作業:ー穫準備作業 ⊆穫準備作業長いも種子の支柱を片づけ、長いものネット、支柱の片づけ作業を。

お米の収穫がやっと先週おわりました 多分、当麻では一番最後まで刈っていたのではないかと思われます(^_^;)写真はゆめぴりか北海道米の新しい品種です

収穫もひと段落したのでカラーピーマンの木を剪定をする事にしました。今までは手で剪定を行っていましたが、最後は植木を剪定する大きなハサミでバッサリ行きます。

刈り取り最後の大豆畑です。ここに予定では大豆を播かないつもりでしたが種屋さんにどうしてもと頼まれてしまい、播く時期がだいぶ遅くなりましたが播いた大豆です。

トマトの収穫もだいぶ少なくなってきました だいぶ、さっぱりしちゃっってます ちょっと前に灰色かび病が蔓延しそうになって葉っぱをだいぶ落としました。

長い稲刈りが、もうすぐ終わります 先日、後6町程 と書きましたが、モミ擦りしたり、雨が降って稲刈り中止になったりで、こんなに日がたってしまいました

トマトの木の葉っぱを全部刈り取ってしまいました。変な感じでしょ?収穫できるのも、あと20日くらいなんだけど……まだまだたくさん大きな実がなってるんです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ぶどう達への堆肥運び作業です。スコップで堆肥を入れ込むのは疲れるけれど金色ぶどう畑をくぐりぬけると本当に心癒されます。

長袖にジャケット着てのパトロールでした。今か今かと毎日気になる収穫間近のキャベツは今。一番大きなのはやはり定植時からのエースEddie君です。

本日の水輪ナチュラルファームはそば刈りをしました。今日は総勢20名が畑に出ました。約半分はお野菜の発送。残りはそば刈りです。

役場の担当者は、検査者がどこにいるかを調べてくれ、ある製粉業者さんで受けることができることを確認してくれ、その段取りをしてくれた。

今日は一日畑仕事が出来ました。玉ねぎの移植の続きをしたり、グリンピース類を蒔く準備を進めたり・・・今、畑では、小松菜がとても美味しそうに育っています。

さつまいも(紅あずま)試し掘りまずまずの出来、レストランの献立にたぬきのおばさんがどのように使うか!いちご苗の植え付け 「カレンベリー」と「宝幸」を100株ずつ

それにしても今年はメルロがたくさんなりました。たくさん穫れたということは収穫は本当に大変、この写真は何故か笑顔ですが。こんな感じで収穫は進んでいきました。

10月19日今日はラフランスの収穫をしました。食べ頃はへたの所が少し柔らかくなったら果肉の滑らかさと芳醇な香りと味が最高です。

赤実のアロニアです。 黒実は既に摘み取りジャムにしたのですが 赤身は昨日やっと摘み取りました。 1本だけ赤実ですから量は採れません。

農作業もサボったらサボった分だけ、もろに結果に表れる。草むしりを怠り、豆やサツマイモは育ちが悪かった。田んぼの稲にも影響。2反歩の下の大きい田はヒエが広がった。

稲専用のコンバインではなく汎用のコンバインで刈り取った田んぼでは30僂曚匹猟垢気如稲株が残っています。草刈り機で稲株を短く刈り上げました。

夕方試しに一枚耕耘してみると、非常にいい感じで打てた。一度天地返ししてあるので堅さはなく、適度に乾いているためかなり深くまで起こすことができた。

来春トマトを植える露地に小麦をまいてきました。つい先日までえん麦が生えていましたが、それを草刈機で刈り、今度は食べれる小麦・シラネを条まきしました。

うちの農場が取り組んでいる「炭素循環農法」の勉強会を行いました。はるばるブラジルから林さんという先生が来て下さり、いろいろと興味深い話を聞かせてくれました。

「シナノスイート」が収穫ピークを迎えます。甘く、果汁がたっぷりで非常にジューシー。長野県の果樹試験場で選抜育成された長野県オリジナルブランドです。

今りんごは中生種と呼ばれるなかての品種が美味しい時期です。← 真っ赤な小玉ちゃん、紅玉です。酸っぱいのが特徴ですが、お菓子作りには最適です。

これは通常の大きな株の白菜。キムチ向きの、水分の少ない品種も育てています。こちらは通常の半分〜3分の2程度の大きさのミニ白菜。

米の収穫も済み、あとは蕎麦の収穫である。こちらもコンバインで刈り取ってもらう予定で、種代と刈り取り代が回収できれば良いと考えている。

今日は仲間で今年最後の脱穀作業をしました。 「はざかけ」されて、おひさまの光とぬくもりを受けた「あきたこまち」たちがおいしそうに乾きました

私達農家もちょっとした科学の目をもって作物や土壌を見つめます。その一つが土壌分析です。今年は簡易な土壌分析キットを導入して見ました。

穂のぼの農園にお手伝いに来てくれた友人たちの多くもこの過酷な石堀りにご協力いただきました。みんなありがとう!そしてこの秋、ようやく畑になりました!!!

大豆が収穫時期になってきました。サヤが茶色に変化し、動かすと、中で豆がカラカラと音をたてるようになってきました。まさに、収穫時期です。

最初に葉摘みした園地の玉回しを行いました。この地区、去年のふじは全体的にかなり小さかったので、今年は期待しましたが、残念ながらまたしても小玉傾向のようです。

第11農園に唐松チップ敷き。ブルーベリー・ハスカップのポット苗の草取り作業。チップが足りなさそう。大型車4台分では第10・11農園はすべて敷く事ができないか。

忙しい。稲刈り後の田打ちや、精米をしてお客さんに発送したり、意外とてんてこまいですね笑 蕎麦の方も乾燥させなくてはいけないので、麻袋に広げて乾燥中。

今日、ニンジンを掘っていたら、突然白いニンジンが現れました。突然変異なのか、種に異種が混ざっていたのか、そのあたりの原因はわかりませんが、びっくりしました。

いやあ去年より大きく育ったな〜〜色づきも良いな〜〜「紅玉(こうぎょく)」という真っ赤なリンゴです。酸の効いた甘味、さわやかな芳香。

畑の片付けやらがはじまってなんとなくのんびりモードに突入するのですが…ここにきてレタスだけでなくキャベツまで値が上がり初めております

パラパラと雨が降ったり止んだり前栽畑のピーマンや福耳とうがらし、ししとう、甘長なんばんを片付けました。枝に生っているものを収穫したらこんなにありました。

野沢菜の一蕪漬けの収穫も始まっています。前回紹介した野沢菜の種、研究試験用の根こぶに強い品種改良されたAの野沢菜に、蕪の部分が軟化する病気が出てしまいました。

畑ゴ泥淵鵐丱鵑茲蟶里蠖圓しの収穫に入る。約8キロ採り甘ナンバンイ禄了。 畑い離淵垢盧里蠖圓しの収穫。 約14キロ。ハブキ4キロ 久しぶりの収穫。

いよいよフジの収穫がスタートします。 フジと言っても今回は有袋のフジでサンフジとは違い袋を掛けたものです。その目合わせがありました。 

長かったブドウの収穫がやっと終了しました。今年は暑さの残る中での収穫開始でしたが、収穫が終わってみるとブドウ畑にはとっくに秋が訪れていました。

10月8日(土)朝から収穫作業開始(約2週間前です)林檎を採る前に一仕事。主人は梨(豊水と20世紀)を収穫。私は茄子の収穫を・・・。

今日は周五郎さんの畑へ行き最初の大根収穫してきました♪見てください美味しそうですね♪ いい感じであ〜りませんか 大根立派ですことね

うちはまだまだ終わらず追い込まれています(笑)出荷作業は、収穫したぶどうを選果してパック詰めしていくのですが、中にはこんなぶどうもあります。

10月3日に植え付けたジャンボニンニクです。 なかなか芽が出てこないので 諦め気味でした。 でも、こうやって出てきました。

ワタクシ、基本、毎日巨峰の出荷しかしてません。朝食前に義母が収穫してきた巨峰を仕分けが済んだものから1日中パック詰め。

長野県果樹試験場で新品種”シナノホッペ(長果20)”の品種検討会がありました。ふじの少し前に収穫できる注目品種です!

当園では、ぶどうの房に袋掛けをした後、獣や鳥に食べられないように玉ねぎネットをかけます。このネットを縛るひもが2年で大体崩壊してきます。(笑)

「シナノゴールド」がだいぶ黄色くなって、甘くなってきましたよ「シナノゴールド」は甘さと酸味がとてもバランスよく、歯ごたえがよく、とてもジューシーで美味しいです!

リンゴの葉っぱ隋から中心を通っている主脈が赤くなってきました。側脈の方まで赤くなるほど葉としての役割も徐々に終えようとしています。

本日で稲刈り&籾摺りが終了〜稲刈り→ライスセンター→籾摺り→倉庫搬入が毎日続きましたが、明日からは逆に倉庫から必要分を出し精米所への毎日になるのかな?

さつまいもの試し掘りをしました☆パープルスイートロード、フルーツ黄金、安納いもの三種を掘りました☆すごい!!ざくざくとれて、ひとりで興奮!!でっかい!!

ズッキーニを秋作でチャレンジしてみたものの全然大きくならず。種袋の裏には、春からつくる時期しか記載されていなくて夏からつくるズッキーニは載ってないんです。

昨日に引き続き 玉回しです。私は 下の方の 葉っぱで摘み残しが ないか見て回りました。葉っぱが多すぎて リンゴに 太陽の光が入らない所は葉っぱを取ります。

半結球レタスに続いてコスレタスの定植も始まったが、ハウスに居つくヨトウ虫に食われた苗も多くなってきた。虫の活動が弱まる時期に栽培するほうが得策と思うが・・・

前栽畑の白菜が収穫どきになりました。キムチの漬物用に育てたミニ白菜なんですが、想像より大きいです。ちょっと種まきするの早かったなぁぁ、なんて思いました。

リンゴの周りの葉っぱを 一つ一つ日光の光が 当たるように とっていきます。  根気のいる作業になりますが 親戚の方 今日は三人 手伝いに 来てもらっています。

今年もいよいよ美味しいサンふじの季節がやってきます^^。引き続きサンふじの葉摘み&玉回し作業中です。終盤に入りもう少しで終わりそうです。

今日の夕方、白毛もちの脱穀をしました。 やり始めたのが遅かったので終った頃には薄暗くなっていました。機械やバインダー袋を運んだりしてたら真っ暗。

ブルーベリーの味を見てから、リンゴ園に行ってもらうつもりで、ブルーベリーの味を見てもらったところ、ブルーベリー狩りをしたいといって、ブルーベリー狩りをしました。

今週から りんごの葉摘み です はしごに上ったり下りたりちょっと筋肉痛・・・・。でもなんか楽しい♪♪ 今日も仕事をしながら何がこんなに楽しいんやろ??

玉ねぎの植え付けの季節がやってきました。  今年は約3500個程植え付けました。 耕運してマルチまでの作業は カンポおじさんと山の神で行いました

りんご、ふじにシルバーマルチを敷きました 上から下から陽を当ててもらったりんご、甘くておいしいりんごになること間違いなしだと思います。

リンゴの外袋もとれ内袋をはずす予定でしたが西洋梨の落下が目立ち急きょ、西洋梨の収穫に変更と言っても2,3日で終わりますが…

当園ではいよいよ信州のシナノ3兄弟 シナノゴールド収穫がはじまりました。格安にて発送中です。また ふじりんごの葉摘み作業開始です。

湯本農園のりんごシーズンは9月上旬‘つがる’から始まり、この週末で、適熟待ちで樹上に残しておいたつがるの収穫も終わり、次はシナノスイートの収穫を控えています。

エンダイブが食べごろです^^ どうやら、このエンダイブ、、、、広葉種だったようです。日本でなじみのエンダイブは葉がちぢれていて切れ込みが深いヤツ。

昨日と今日とでコムギのタネまきをしました。昨年より3日遅れました。霜降までには播きたかったけど、ギリギリでアウト(^_^;。

今日の冷え込みで、野菜に少しダメージが・・・(+o+)なので今日の午前中はビニール被せるための準備をしてました。キングと二人で弓さしたり、杭(ピン)を並べたりと。

今週からシナノスイートの収穫と書きましたが、その前に「紅玉(こうぎょく)」がありました。数少ない紅玉は明日中に収穫し、金曜からスイートを収穫します。

今年の方が早く種をまき、植えたはずだったのですが、同じ時期の昨年の写真の方が生育が進んでいてビックリです。

今日もキャベツの出荷を行いました。今朝は寒かったね。季節は進み冬が近づいてきた感じですね。今日の午後から堆肥の散布を始めました。

ほうれん草の収穫が本格化してき久々の忙しさでとても充実してます( ´ ▽ ` )ノオータムポエムの収穫も本格化してきました!

梨(20世紀、南水、あきづき)の収穫、発送、と、朝起きて夕暮れ時まで、梨ずくしの1か月でした。その間には、15号台風も来ました。

巨峰の葉っぱもだんだん黄色くなってきました。来年も美味しい巨峰をならしてもらえるように、堆肥をまきました。これから巨峰畑は静かに冬を待ちます。

やっとにんにくと葉玉ねぎの植え付けができた。イノシシにかき回されないように電気柵を張り巡らせ、電気柵ができないところは、黄色いコンテナを置くことにした。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ご無沙汰しています、マルミツ農園です。収穫が終わり気付けばすっかり秋になりました。朝夜は本格的に寒くなってきました、風邪には皆様気をつけましょう!

初挑戦のお米つくり。いよいよ稲刈り〜。8日、9日で実施。予定より一週間早めに。ほとんど肥料も入れていないに等しいが、なかなか良い出来って感じ。ありがたい。

知り合いの農家の方からよく野菜をいただきます。それを仔豚が食べること食べること!本当は母豚にあげようと思ったのに…

秋のにんじんの収穫が始まりました。作付面積はほんの700崢度です。品種は黒田五寸です。 間違いなくにんじんが出来ると思っていたのですが、予想通り良い出来です。

今日は朝イチで茄子の収穫です。茄子の値段が高いのでやる気が出ます・・・・でも収穫できるナスが少ないです。Bなので傷つきですが。こうやって箱詰めして出荷です。

畑では 2回も種が流れてしまった、ラディッシュがすくすくと でも、この日は収穫野菜がないので子供たちのテンションは下がり気味。。。

『身延の曙大豆産地フェア』第2週目がいよいよ明日開催されます 畑ではスタッフの方々があしたの準備をしていました。枝豆はおいしそうに膨らんでいます

小型のバインダーという刈り取りだけできる機械で刈り取った穂を、大体の量で束ねて、「うし」と呼ばれる柵を立て、それにどんどん掛けていきます。

この腐葉土のおかげかも知れませんが、白菜がすごいことになっています。すでに、膝丈をこえて成長中です。今年も、特大の白菜が収穫できそうです。

立派に育った聖護院青長節成胡瓜の雄姿です。一番美しい姿のものを種採りの候補として選び、ツルで完熟するまでじっくり待ちます。まな板の上の鯉ならぬ、胡瓜です。

この頃はぶどう品種も早生ものが多くて暑い真夏の収穫に汗することばかりなので、秋晴れ、秋風の中での二番果収穫は大変気持ち良いものでした。

畑の空き地に降ろして、もみ殻くん炭作りです。水はけを良くする土壌改良材でもあるし、たまねぎやにんにくのマルチに撒けば黒い炭が凍った霜を早く溶かす役割も。

収穫した洋なしのご報告が遅れておりました では、一気にご紹介!!まずはご存知洋なしの代表選手『ラ・フランス』以外にごつごつした球に近い形をしております 

予冷を10日以上十分に終えたラ・フランスを冷蔵庫から出庫しました。(まずは50コンテナ)これから、まだあと20日程度、常温管理して箱詰め作業を行います。

もう、茄子がそろそろ終わり。新しい芽がでてきてるが、実がならなくなってきた。9月10日に蒔いたソバがようやく花を咲かせました。

野菜たちも久しぶりの恵みの雨で元気に成長してくれるでしょう。 水菜・小松菜・からし菜・カブなどの野菜が育っています。野菜セットにはもうすぐ入る予定です。

今日は農作業の後、ピーマンの種を採取しました^^赤くなったピーマンを選び、種を取り出し、水に沈んだものだけを使います。

だいたい生え揃ったので、この後、およそ3cmおきに疎抜きます。そのあと、6cmおきに疎抜きます。もったいないようですが、そうしないと大きい人参はできません。

5日間、掘って・掘って・・・援農もしていただいて・・・何と90キロ強のお芋を収穫 1本の苗からこんなに・・・自然の恵みは、本当に凄い

収穫の秋をむかえました 今日の収穫物です。 ズッキーニ・生き残ったかぼちゃ・ピーマン・もろっこいんげん ミズナ・みょうが・アスパラガス・青とうがらし・春菊

今日の作業は『白菜定植』です。白菜の播種が遅くなってしまい、定植もこんな時期になってしまいましたが、ダメモトで白菜の定植を行いました♪

今年もがんばって果実を実らせてくれたぶどうと桃の樹へのお礼として、礼肥をしました。一気に撒ける様、このように先に袋を点々と置いておきます。

NHK-FMをブドウ達に昼も夜も聞かせておりました。そのせいか、立派な粒・房のブドウを出荷できました。まだピオーネ終わっていませんが。。

1週間ほど前まで台風による長雨に見舞われましたが、ブドウはいたって健全。実りの秋に感謝しつつ、ブドウを一房一房かごに入れていきます。

この春、(本人いわくヒラ社員の)父と、副社長の母が何百本と植えてくれた、そんな「むかわ金時」は、このような状態で植わっております(下の写真、左の列)。

天気のいい日にひたすら牛蒡を掘っております。根菜類はいい!掘り上げるまでどんなのが出てくるか分からないから、ちょっと宝物掘ってる感じで楽しいですな。

ホウレンソウの列ができました本当に可愛らしい 僕がこの畑で初めて栽培したのもホウレンソウでした その当時は今思うと何も分からず、栽培にも失敗

東京大学に株分けしたマコモの収穫指導に行ってきました。元肥が無かったようで生育不良の感じ。マコモもしっかり肥料がないと大きくならないようです。

少しだけ、こんな葉が出ています。ナス褐斑病 生育の後期に肥料切れになると発生しやすいそうです。後期ですので発生してもおかしくない状況ですね。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

いそいでくさかり&堆肥撒き&耕耘しないと秋冬の作付けに間に合いません 少々テンパリ気味ですが、これでトータルの広さも4反4畝

<本日の作業>作業 .薀妊ッシュ播種 先週と同じく手作業でラディッシュの種を蒔きます。工程 ’甜鏐造鬚弔韻襦深さが1cm位になるように溝をつける。

またの名を「スティックセニョール」とか「茎ブロッコリー」とか・・・天気のせいか、肥料が多すぎたせなのか、ニンジンなんかも思ったより早く収穫が始まっています。

教科書が無い農法なので昨年やらなかった事を今年は取り入れたりと…勉強と観察の毎日  昨年は稲は水辺の植物で土がガビガビに固まるからとモミガラは使わなかった

ワケギがごらんのように芽を伸ばし、収穫のときを迎えました。 順次刈り取って行けば、後から順次芽を再度伸ばしてくるそうなので春まで楽しめそうです。

すでに晩秋を迎えたかのよう。葉物野菜は食べ頃。大根はまだまだ。大豆は…すこしふくらんだのかな。来月には無事収穫できるでしょうか!?

ハウスの中では隠元の花が真っ盛り・・・徐々に小さな実もつきだし・・・8月25日播種・・・9月3日定植・・・ハウスインゲン・・・インゲンの可愛らしい白い花

台風15号の塩風でかなりの被害がありましたが、その後の追加の植え替え等で元気を取り戻し、やや成長が遅れていますが日増しに大きくなってきました。

元来、収穫したトマトはすべて選別作業後に荷造りしております。が、工程をより改善するために新たに最新の選果機を設置しました。

世の中は体育の日のようですが、かかしの会では稲刈り最終日です。元気よく刈り取りに向かいます。今日は人数が少なかったのですが何とか終わりました。

台風が来て秋野菜が壊滅状態に・・・。こんなに被害が大きい台風は記憶にあまりなく。。。結構、気落ちしていました。悲しい気持ちはすぐには復活しませんねー。

ユズの問題があります。当園には1本だけユズの小木があるのですが。ようやく果実がつくようになり出したのですが。ご覧の通り、せっかくついた果実が傷だらけです。

八月に種まきしたニンジンを間引いて出荷しています。今年は芽が良く出たので、良さそうです。本日、農業機械のメンテナンス編のDVDの取材は終わりました。

ミズナ以外の野菜も大きくなった。ここまで育てば後は虫害だけに注意しておけばいい。寒くなれば自然と虫が少なくなるのだが、今年は気温が高い日が多いので油断大敵だ。

この秋一番の冷え込み!ってことで、ちょっとボランティアの集まりも少く(って、私も遅刻してすみませんでした)落花生を全部収穫する予定が、一部どまりでした。

簡単なハズ?なんだけど毎年苦労しているネギを、播きました 冬用に。ブンケツするんでそんなに要らないハズ。これも冬用にね。ブンケツするんで(多分軽く?)。

そろそろ晩柑の袋掛けを始めました!毎年デコポンから始めます。防寒、防鳥被害を防ぐ為には欠かせない作業なんです

朝晩の間断性大きくなり、きのこの最盛期を迎えています。畑に植え込んだヒラタケも収穫を始めました。子供の手のひらサイズに育て収穫しています。

ニンニク。もう芽が出てた。ホウレンソウ。だよな?ホウレンソウの芽の形を忘れちゃったよ。えーと。これはなんだっけ。カブかな? コマツナかな?

午前中に畑に行ってきました。白菜の葉っぱ、もういいじゃないか?くらい立派にできています。美しく並んでいる、兄弟・・・素晴らしい。この立派なキャベツの葉っぱ、

ここの畑は、今日もしっとり湿っている。プランターの蕪は、発芽がまさに始まるところだ。きゅうりのあとに11日に播種した小松菜は、点々と、良好に発芽♪

台風でやられた野菜たちがどうにか復活しました(^-^)かなり難しい状況でしたがいろんな技術を駆使して?元気になりました(^^)v荒技もつかいましたが(;^_^A

昨日一日がかりで、脱穀をした。日曜日が予定だったのだが、土曜日に雨が降ってしまい、お米が濡れてしまった。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

午後は、NO.8ハウスの耕運・整地・種蒔き作業を行いました。このハウスから「すごい菜」に続き、今年初めて使う「SC8-007」(通称:ゼロゼロセブン)を蒔いてみました。

昨年までは 全て手堀だったんだけど、今年からは トラクター(人参堀用の刃)で 土を起してから引き抜くようにした。葉っぱと マルチを 除去して 機械を通す。

本日は、12月終りから来年の始めごろに収穫のホウレンソウを播きました ホントは、もっと早く播きたかったですが、年明けに挽回すべく頑張ります

防虫ネットをかけておきました しかし 土の中にヨトウムシなどの幼虫がいたようで3鉢すべての人参が消えてしまいました

先週の土曜日に今シーズン最後のキャベツとブロッコリーの植え付けを行いました。これで田倉農園の露地の畑には空きがなくなり満員御礼となりました。

赤かぶの葉がだいぶ大きくなりました♪密集しているところを少し間引きました。種をまいてからすぐに台風がやってきましたが、影響はほとんどありませんでした。

肥料やり。昨日、今日と、梨に肥料と石灰を、ブドウに石灰をやりました。石灰は、酸性に傾いた土壌を中和する働きがあります。

元麻布農園ではかぶの収穫が始まっています 種を撒いたのはえ〜っと9月9日に大越さんと一緒に種まきをした 1か月半ぐらいで出来た感じだな〜結構早いですよね?

夏〜秋の作付けもほぼ一段落しました。7月上旬に播いたトマトは定植も終わり、11月には収穫が始まりそうですが、何株かウィルス病が出ていて心配です。

サツマイモを掘りあげました。6/5に植え付けをし、十分日数を経てから学校給食用に掘り上げました。「ベニアズマ」という品種で、関東ではもっともメジャーな品種です。

大根 防虫ネットを長くすると風通しが悪くなり,アブラムシがつく事があります。見つけ次第早めに駆除しましょう。良く見るとまだ1本になっていない畑も有ります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

うずら豆がたくさんなりました。そろそろ枯れ葉が目立つようになってきました。さやも赤く色づいてきました。小松菜 チンゲン菜 かぶです。間引きして食べています。

「ニワラ(荷藁?)」というものがある。脱穀が終わったワラを田んぼや庭先に巧く積んだもの。ワラはこうしておくと雨が流れて、腐らずきれいに保存できる。

当園の栗が、残りわずかとなりました。写真の「晩赤(ばんせき)」が、たぶん今月の末まで少しずつ落ち続けて、今シーズンが終了します。

左から、ルージュ,ルフィ―,毎年作っている大玉,そして一番右が中玉トマト。 発芽から毎日見てきている私も、コイツら四つ子の区別は、 まったくつきません。

果樹園では現在、りんごの「あかぎ」と「秋映」が収穫を迎えています あかぎは群馬生まれの品種で大きさは小ぶりですが、くせが無く爽やかな甘味のあるりんごです

お彼岸を過ぎたころから秋らしい気候になりましたね。その頃は大根やこかぶなど秋冬野菜を種蒔きしました。と、時期を同じくして夏野菜の自家採取にも取り組んでます。

りんごのお尻まで赤くなるように、陽光にシルバーの反射シートを敷きました。手伝いの人に作業はしてもらうのですが、雨が降る前にやっと終わりました。

堆肥といういものについて私が菜園初心者だった頃とにかく意味不明なところが多かったんです。というのは袋に入っている成分が少ないうえに結構高い。

第1-1の長ねぎの収穫が終了しました。奥に見えるのは後口です。今年は1本1本が軽くて定数だと重さが足りず本数を余計に入れなくてはならないため箱数が多くなりません

マッスルしいたけ秋用の菌床から発生し始めました。秋用のマッスルしいたけは、自然と同じ気温の中で、じっくり育っていきます。旬のこの時期は、柄が太く、傘が厚い!!

せっせとニンニクを植えつけています。前回は、ほとんど収穫できず、無念のニンニクでしたが、やっぱり、ニンニクは料理に欠かせない!ということで、リベンジです。

今日は安納いも掘り第二弾。軽トラいっぱいの安納いも。前回に収穫したものを先日相棒ちゃんと試食したんですけどもいい感じに甘みがのって美味しかったです

さて、今日は 1.1haの畑を収穫していたのですが、キャベツも残りわずかになり、畦の近くを切っていたところ生命力に溢れているキャベツを発見しました

イチゴ植え 11日に全ハウス(26棟)植え終わりました …それから何してたかって!?来年の苗取り用を植えて、それでも苗が余ったから予備で苗取って植えてました

名前の由来がよくわからない、1個500gくらいととても大きいこの洋なしを今日収穫しました。この洋なしすぐ食べるというわけにはいかず、冷蔵庫での追熟が必要です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

本日は、大根の管理をやりました。あと小中学校の先生方も研究授業で、一緒になって授業を受けました。第3回目の大根の種蒔きをしました。大根さんに追肥もやりました。

1日目。6人でスタート。ぬかるみのたんぼ、なかなかスムーズに進まない。今日1日で終わるかな。結局65%くらい刈り取り、日没(1時間前だが)コールド。

昨日からいちごハウスにマルチを敷いています。 マルチを敷いた後です。いちごはもう花を咲かせて来ています。 花が咲いたからにはミツバチが必要ですね。

今年3回目の作付けのきゅうりが採れ始めました!3回目は台風の時期にぶつかるので強風から守るためと、保温のためにビニールハウスの中に植えておいたものです。

10月8日に夏ネギの種まき1回目を行いました。今日は2回目の準備。最初にトレイにセルをセットします。土入れ機に通します。これで準備完了です。

第6回目は、大きくなってきた葉物野菜の間引きをしつつ収穫しました。 今年はヨトウムシという虫が多く、虫よけネットを張っていても地中を這ってやってきます。

小麦の育成に、土づくりはもっとも大切な作業である。昨年は、牛堆肥業者のご厚意で、堆肥を、10アール当たり、250kg(50aだから、1250kg!)を散布した。

稲刈りです 今日は作業しやすい日和でした とにかく刈り取って、次から次へと縛り上げて片っ端から干しました 今日は、自分の影も入れてみました

近所の農家さんにコンバインを貸して頂いて脱穀しました!バリバリと音を立ててすごい勢いで脱穀されていきます 残った藁はまた再利用♪

一日屋外にいても辛くない日が続いています。この時季は、週末の野良作業がたのしみです。害虫対策は必要ですが、いつの間にかここまで大きくなってきている白菜。

左からニンジン、真ん中は去年のこぼれ種から勝手に発芽したエゴマそしてネギ 小松菜 元気に発芽中 にんじん今年はどうにか食べられそう。

草に生育に負けないように頑張ってほしいのが・・・加工用ほうれん草出揃いました 頑張って 次にブロッコリー去年に比べて今年は順調 追肥もしたからね

今日は、耕運機、ウネ立て、葉ネギの九条ネギの定植、育苗用の空豆播種、小豆収穫&選別、ゴボウの間引き、菜花播種をしました。

小糸在来の実が随分と膨らんできた今日この頃。そろそろ試食をしてみたいと思います。種蒔き87日後の小糸在来本当に虫がつかないわぁ。なんでやろなぁ?

大根は本葉5〜6枚になりました。寒くなったせいか虫も減り、順調に育っています。かぶも順調に発芽しました!この蕪は、出てきた双葉の葉脈も赤いんです!

いつも見る落花生とは見た目も少し違ような。網目模様ではなく、縦に深めに模様が入っています 割ってみると中には黒い落花生が!今年初挑戦の黒落花生。

深さ2m、幅80cm、長さ5mここには来年の種生姜の貯蔵。約300kg。塚田ユンボのおかげで昼過ぎで終了。にんにくに近すぎて、土が覆いかぶさってしまったよ。

ごぼうの葉っぱは作っていないとなかなか見る機会もないですよね私も 今回初めて作ってみて 知りました 腰くらいまで大きくなります 葉っぱも大きいですよ

今日は天気も良く仕事をするのには大変よかったです。この前刈り取った香り米を籾摺りして玄米にしました。どんな食味なのか初めて作ったお米なのでとても楽しみです。

パイプハウスにビニペットを追加する。タッピングビスで留めるのではなく、並行パイプジョイントを使った。雨が上がったら、ハウスの張替え作業開始。

青長大根は日の当たる地上部が緑色になり、地下部は白色です。食べ方はサラダや浅漬、おろしにするときれいな緑色になります。

今シーズン初の虫の洗礼です。昨日は一番の天敵ハダニを確認したので今日は防除をしました。それと朝、株を確認していると葉っぱを食べられている後を発見!

台風で被害に遭われた皆様には、お見舞い申し上げます。お陰様でyamadabiwaでは、大きな被害もなかったのですが、順調に育っていたそばが、ほぼ全滅の状態になりました。

勝浦スナップ。こんなに大きくなった。必要な摘花も済んで、側枝を伸ばしながら、12月には収穫となります。さて、季節の変わり目となってきました。

10月1日。ジャガイモを植えた。ちょっと遅かったかな?昨年は9月中旬だったから。品種は、今夏収穫した早生白。来年また植える種のために。それと食べるためも。

畑を見回ってみました。白菜にはダイコンサルハムシ、キスジミノハムシがいるので、できるだけ退治します。1本の白菜が、中心部の生長点がまるまる食べられていました。

土曜日はイモ類中心に収穫したが「収穫の秋、真っ盛り」、日曜日は他のもの、カブや小松菜、ブロッコリー、エダマメなどを収穫した。

ブドウの実もキチンと管理しきれず、それでも踏ん張って実をつけてくれました。胸張って「さあー!どうでっか?!」なんて言えたもんじゃございません。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

10月16日(日) 残っていた三角田んぼの稲刈りが終了。藁が腐らないよう今回は、藁塚も作りますます風情のある田んぼになりました

本日はそばの写真です。大きくなってきました。茎が赤くなるのは、秋まきの時だけです。寒くなるとアントシアンという物質が茎のところにできて赤くなります。

当農園のイチジク園では、桝井ドーフィン種とバナーネ種を栽培している。桝井ドーフィンは果実が赤い。 バナーネは青いまま熟すが、糖度は非常に高い。

刈り取っていただいた稲は、束に結んでから竹で組んだハザにかけます。23日午前中に組んだハザは長さ50メートル×3本。もちろん、5メートルくらいの竹を継ぎ足しています。

ニンニクの植え付けが完了しました。 去年収穫したニンニクを種として使いますが、 新たに新規種も購入しました 青森県産 ホワイト6片 10kg とても、高価です

8月23日行者ニンニクの畝たて&マルチ張りが終了。8月24日は ニンニク畑【A】【B】のマルチ張り頑張っちゃいました 穴あきマルチを張るのははじめて

秋晴れに恵まれた週末、実家の田圃の稲刈りが 無事に終わりました。10日程前に始まった稲刈りですが、台風の襲来や農業機械の故障等で日にちがかかってしまいました。

昨日はさつまいもを収穫しました。毎年出来がイマイチ、今年もイマイチです。でも、昨年よりは良さそう。少しですが、季節ものだし楽しみたいです。

始めてのことなのでどんな方法が良いかは分りませんが管理の良さで128セルトレーに種まき用の土を購入し一粒づつ撒きました。約1週間で9割の発芽が確認。

9月26日にスタッフが種まきして9日たった区画を見てみると…出てますこれは大根(ダイコン)です。他の蕪(カブ)、小松菜(コマツナ)、青梗菜(チンゲンサイ)

見てのとおりけっこう大きくなっています もう間引き菜を味噌汁にいれるのがちょうど良い感じに なのでこの日は小松菜さんは間引きを行い、土寄せをしてあげました

昨年品質低下と収量減収を見舞った”彩のかがやき”見た目はバッチリ 収量は昨年ほど悪くはありませんがそれでもイマイチな収量

ブロッコリーのシートが台風通過で剥がされ無残な姿です 白菜のシートも同様に剥がされてしまいました。 向こう側は大根です 傾斜したオクラの姿です。

ハザガケしてから10日が過ぎました。どのくらい乾燥してるのか気になるところです。中のほうのお米を一粒とって、噛んでみたら「ガリッ」という音が。

実際、既に本葉が育っている大根や葉物野菜には水やりをしていませんが、ほぼ問題なさそう。ターツァイだけちょっと怪しげだったので特別に水をやりました。

社会科見学に来てくれました。収穫できる果物の話をしました。梨の受粉作業がとっても大切な仕事ということから、形の悪い梨を切り、種の入り具合を見てみました。

自然栽培の田んぼが少し手が空くこの時期を利用して2000坪(6反)の、大麦畑の草刈りを・・・ 乗用、トラクターを使わずこの草払い機で根気良くやっていきます。

単棟ハウスビニール剥がした。一年張ってたビニールだと光線弱くなるからね。金曜から新しいビニールに張替えるけど明日、明後日の雨が若干心配。

ようやく稲刈りがはじまりました。今年はこの地域では、どこの農家も収穫が遅れています。今年ももち米を作りましたが、今年は「満月もち」という品種です。

文字だけですみませんが稲刈りの報告。先週の木曜日から稲刈りしました。今年は「あさむらさき」という黒米の一種と、「キヌヒカリ」を作りました。広さにして1反弱。

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

枝豆が最盛期だ。巷では時期外れだと言われそうだが、大豆として収穫する副産物として食せる、枝豆は今が旬だ。うちでは小糸在来という品種だ。

☆梨狩り☆新高(にいたか)ここ数日で大きくなりたっぷりとした水分を含んだ甘さです。新興(しんこう)シャクシャクしつつ酸味もある根強い人気の種類です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

15号が、さいのね畑に残した、爪あとのご紹介です。畑の傾斜に沿って、川ができてしまい、播種した種や、発芽した芽は流されてしまいました。

里芋、おまたせしました こがしファームの人気品里芋の収穫がスタートしました こがしファームのお野菜、お米、椎茸 はすべてエネルギー値の高い高波動栽培です

週末は二日間、大人17人で、稲刈りをしました。私たちの田んぼは機械が入れないぬかるむ田んぼで、足をとられたりと、奮闘しました。

苺の畝立てが終わり、いよいよ苗の定植になります。連結ポットに入った苗は根っこがギッシリ張っていて、いっぱい水分を吸収しそうです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40