この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

そばは元気ですが草も元気です。。。(汗)早めに対処しておかないと大変なことに。。。こうやって機械で除草してそばの生育を助けます。

昨日からみかんの収穫を始めました。しかし、今日は朝から雨。午後は晴れ。いわゆる、わやく雨のせいで収穫中止。今後1週間の天気予報は雨・曇りばかり・・・。

もぎたてのグァバを使いほぼ原液にちかい状態のグァバジュースをボトルに詰めて提供しているんですが急ぎで欲しいとのこと大急ぎで、グァバをとりに畑に行ってきました。

今日は朝8時から愛野町中野地区の共同畑でジャガールの実演に行ってきました★今回は、従来型の植え付け機があったので、畝の高さや速さなど比べられたよ〜

先日、直播してた白菜と空心菜 結構、早く芽がでてくれたので一安心 空心菜は、ある程度・・・間引き完了 も少し、大きくなってから2回目の間引きをしようと思います

ここ最近は、イノシシの防除に右往左往しています 主なイノシシ対策 ・ネット張り作戦・夜間照明作戦・ラジオ作戦・かかし作戦・ヒトデ作戦・爆竹作戦

今日は朝から田んぼ、畑の草刈。10年前に買っていた自走草刈機を、小屋から引き出し働いてもらっています。草刈機よりも断然楽なんですね。

米は、稲刈りをしただけでは、含水率が高いため、乾燥機に入れる必要があります。これ1台で6反分のお米が入ります。約10時間乾燥します。

本日の収穫 ★金柑 ★グァバ そのままでもいいけど・・・ん〜金柑はジャムにしようかなぁ〜 私、トロピカルドリンクならだんとつ1位は「グァバ」なんですよね

今日はライチ(荔枝)の鉢植えをマンゴーハウスの一番奥に1棟1本で定植。計12本分をシートを切って、穴掘って、ココピートを混ぜて植え替え。

灰に負けずに極早生温州ミカンの収穫をしています。選果機で灰を落としたミカンは美しい光沢で、程よい酸味がありとてもおいしいですよ。

今日は朝からカボチャの消毒をしました。アブラムシ退治と、ウドン粉病等の予防が目的です そして午後からはじゃがいも植えました

午後から、みかんの発送等を済ませ、いざ豊福早生の園地に草払い!ここは、そこまで草が酷くないので、あと1日もあれば払い上げられそうだ!

しんどかったアゼ草刈終わりました。9月24・25日で最後のアゼ草刈終了!!後は従兄が一週間ごとの水充てで実りを待つだけ私は土日に田んぼを見回るだけ

見事、出穂しましたね。 他の田んぼと比べると、なんかやたら穂が長いですね。たくさん米がついているのですね。タイ米みたいに米が長いわけじゃないですよ 

稲刈り前の最終段階草刈りに日々精進しております 久しぶりの草刈りなので・・・体が思うように動かないのですが幾分、今日は風が心地いいのでなんとか頑張ってます

野菜は生育途中で収穫するものなんです。みんなが食べているゴーヤだってツルで完熟させるとこんなにも綺麗なオレンジ色に輝くのです。

今朝色んなズッキーニを収穫してきました ズッキーニはいつも紹介していますが これはなんでしょうか?バターナッツ南瓜のようですが違います 鹿ケ谷カボチャ京野菜です

牛さまのために、夫がトラクターで乾いた草をロールにしました。(刈ってある稲はまだ乾かしているところ。)ロールにしたものをビニールでラッピングして保存します。

こういう見事な果実を見るとうっとりします。黙ってても甘くなるのが分かるほど塩パインの幼果は実がパンパンに張り破裂しそうになります。

トラクターにて3回目の耕運、これで堆肥を土に鋤きこみます。堆肥をまんべんなく広げておかなくてはならないのにトラクターで広げられると思ってました・・・

スペインはバスク地方のトウガラシCorne De Chevre Pepper がようやくきれいに熟し始めました。20センチほどの長さです。 洗って 開いて、干しました。

白ネギに挑戦しています。試行錯誤を繰り返し、ようやく高品質のネギを出荷できるようになりました。そうは言っても天候次第、お天道様次第のところはかわりません。

上記の手法により、ファーマータナカのトマトは相当のストレスを受けて育てられていることになる。又、1株に6000個程の実を付けるため、相当の負担がかかることになる

朝8:00過ぎからイチゴ苗に灌水。その後にポンプの修理を昼ぐらいまでかかってやった。機械のことが分からず同業者の方に教えてもらいながらやった。

ブルーベリーも実が小さくなってきました。収量も少なくなってきたので、花ぷらす館への出荷は、今日が最後です。

ドラゴンフルーツの蕾です  一つの棘の所から 二つ蕾  双子かわいいけど 残念  摘蕾しましたが 他にもあった はい! 双子です あ〜今更摘花できない

遅くなりましたが、マンゴーも無事にご注文いただいた分はすべて発送しおわっていて、隊長の方は来年にむけて剪定作業をしております。

7月10日から収穫開始…無事、1万ネット終了です 収穫やめようかと思いましたが、台風で倒れることもなく、まだ収穫できそうなので1000ネット追加しました

今年「台切」といって地面から15cmのところでバッサリ落とし、茶樹の更新をはかる作業をした園なので、非常に非常に樹勢が強く生き生きした茶葉が風にゆれています。

今日の仕事は、マンゴーの周りに堆肥を入れる作業でした。20kの袋入りの堆肥を100個、一輪車で運び、マンゴーの木の周りにまく予定でした。ところが!!

朝晩も涼しくなって秋めいてまいりました 早稲のお米も刈り取り、今日からイチゴの定植が始まりました。昨年に比べ、お米の予約注文が増えました

混植栽培米『にこびより』の収穫が近づいてきました。  台風一過、朝夕の気温がぐっと下がりイネの登熟には  とても良い条件となっています。

田んぼにはいると。。。。。なんと ジャンボタニシが、襲ってくるかと思うほど水田で、うじゃうじゃといます。一瞬ひるんでしまいました。

今日は、朝、オクラ、きゅうりを採る。その後に、里芋掘り。そして、じゃがいもを植えつけました。秋じゃがです。少したくさんをめざしております。

今日中にオリーブ畑に肥料播きを済ませたいところです!オリーブの肥料まきは3月、6月、10月です 収穫した際は12月にお礼肥をすると次の年の実付きがいいみたいです

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日、3号棟のハウスの定植でした。朝7時半に黒ニャンコの宅急便屋さんに苗を取りに   行きました。ダンボールに入って送られて来ます。

最初に12日に種まきした貝割れ大根みたいな双葉を鉢に植えて行きます ←手前が今日植えた鉢奥が7日に撒いた鉢です 本格的な手入れは、このハウスからです

7月上旬に播いた大豆の生育が速く、ついにその茂った葉が畑を覆ってしまった。20日前はこんな感じだったのが、もう条間に管理機も入れない。もちろんその必要もない。

「いちご畑」で、苗の定植。なんとか、この日を迎えることができました。やっとって感じがするけど、育苗を始めたのは最近のような気も...。

早くも発芽しました。上段に植えた白蕎麦は、大量に発芽!!ここ数日、ハトがうろうろしてるので、ジローの羽でもまかなければ…。

自分で稲刈りをする人が減ったため業者が混み合っているようで、だいぶ以前に頼んだのに順番が回って来ません 再度督促して昨日、やっと稲刈りをしてもらいました

うちの畑では、オクラメインの畑が、脇の用水路が溢れて完全に水に浸かったが。木曜日に300株ほど植えたブロッコリーがほぼ全滅。

台風にも負けず、生き延びた野菜たち。からし菜各種、わさび菜、レッドスイスチャード、ハンサムレッドとハンサムグリーン、少しずつですが、育ってきてます。

ブルーベリの葉の方が色付き始めてます。サザンハイブッシュブルーベリーのニューハノーバーとオザークブルーの様子です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

きなり米。収穫も近づき、様子が気になるので見てみましたところジャーン!すっかり稲らしくなっていました!だいぶ穂先も垂れてきたので、ボチボチ収穫時でしょうか。

シュンギクの種を蒔いた。288穴の連結ポットに2粒ずつ落とした。今年は大葉品種、中葉品種、サラダ品種の3種類を蒔いた。

やっと稲刈りですぐちゃぐちゃに倒れた稲の刈り取りです思うようにコンバインを操作できませんイライラが頂点の一日でした明日は籾摺りです収量も品質もいま一つかな?

たぬきの畑の一角にあるブドウの木、3〜4年前に知り合いの方からいただいた苗を植えていたのですが、今年は袋かけもし、食べられるようになりました。

オイラは、畑の真ん中に立ってるグイメの枝を切った。近所の人達はやたら木を切れと言うが、何かもったいないような気がする。

沿道では黄金色に実った稲があちこちで倒伏していましたが、幸い私たちの蕎麦や大豆は大きな被害もなく、順調に生育していました。

今日は稲に追肥をしました。 といっても振る時期が遅かったんです(-。−;) ついつい後に後になってしまって 効くかどうかわかんないですがとにかく振ってきました

今日は出荷作業がひと段落した後ヒョウタンの収穫をしました。ヒョウタンの収穫期は八月下旬〜九月上旬。うちのは生育が遅れ気味だったので今ぐらいが適期かなと。

今年も、始まりました!秋作業のメインの稲刈りが。といっても、我が家のお米ではなく、ご近所さんに稲刈り&もみの乾燥調製を頼まれての作業。

稲・・・水の管理とヒエ切り 高温障害を防ぐため、出穂から25日位までは、水を入れておけばよいようです。野菜・・・秋野菜の種まきの時期(中頃を予定)です。

ズッキーニとスイカの跡地を片付けブロッコリーを植えることにしました。畑が狭いということはズボラを無理やりにでも几帳面な人に変えてしまうようです。

思ったほど風はたいしたことなくブドウ棚は無事でした。が、豪雨が激しかったので、ブドウ園のすぐそばの川が増水し、今まで見たことの無い水位になっていました

作業場浸水!!夜、慌てて撮影したので分かりにくいですが、ミニトマトのパッキング作業を行っている部屋が浸水しました。

今日 ご来園いただきましたお客さまありがとうございました!! ぶどう園の中は ミステリーとなっていて何があるかは 内緒(笑)

草刈を効率いい方法をHPで探したのですが愛媛県果樹農家の方が行っている”ナギナタガヤの栽培”を今年行ってみたいと思います

新高梨の収穫は、ほとんど”問答無用”みたいな形で、(当農園だと)斜面の上の方から順番にむしっていき、一週間ぐらい保管して出荷する。幸水、豊水はそうはいかない。

早ければ9月15日から「あきひめ」の定植が始まるので、目下定植の準備中。今日は定植後に使用する資材の発注をかけました。

種をガンガン蒔き始めました。 とりあえず今日は、・カブ(浮名かぶ、長カブマルトー、白盃)・九条ねぎ・モロッコいんげん

8月31日に古いトマトハウスの定植を、農作業ボランティアの皆さんにご協力いただき、おこないました。8時30分から開始し、11時過ぎには終わりました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

生田でも農繁期。昨日は刈り終わった田にそばの種をまく作業をしていましたよ。昨日のスタッフブログにその内容が載っています。

これ、手押し式の稲刈り機なんだ。よくちまたで見かけるコンバインは わらとコメ粒に分けるんですよね でもこれは 天日干しするおコメなので コンバインはNG

今日の作業は、まず昨日刈ったもみの、「もみすり」から始める。作業工程及び所要時間は、もみの乾燥に12時間、「もみすり」が2時間。

この台風の前の畑の様子です。春に定植したけれど全然生長しなくてもうだめか〜と思っていたキャベツ。8月になって巻はじめ、小さいけど硬い玉になっています。

大根の種播きしてきました 圃場に意気揚々と到着し様子を窺うと・・・・。あれ??? 畑が乾いてない 台風がもたらした、たっぷりの雨水が残っている感じです

つるありいんげんの種を蒔く(自家採取)この小さな畝の雑草をまず刈った。種を点蒔きするところだけ、鎌を差し込んで、土の中の根っこを切る。1儖未凌爾気房錣3粒まく。

農作物の被害状況です予想通り稲が倒れてしまいました 時期が遅い台風だったので稲は刈りにくいだけで味には影響がなく一安心しています 畑はやられてしまいました

台風の影響が心配されますが、ウチの畑のナスはたくさんできてます☆ようやく収穫できだした秋ナス♪強風にあおられながらプラプラしてます(^_^;)

自分が稲と向き合って必要な成分を必要な時期にあげてもらって、倒れずお米の粒多く作って頂いた時は感無量としかいいようがございません。

稲が実ってめでたく稲刈りに至りました。先週から刈った稲を乾かすための稲木を立てて手刈りで少しずつ刈っています。

柿(刀根早生)の収穫、明日から始めます。準備ができましたら、ネット販売もしたいと考えてます。試作のブドウ(イタリア)もなんとか自家用の分は採れております。

オクラの背が高くなって上を向いて収穫するようになってきました。残っていた冬瓜やかぼちゃも収穫が終わって小屋の中がぎっしり満員です。

丹波黒 枝豆の収穫が残す所1ヶ月です 茎がとても大きく、枝が多くでています、枝豆が鈴なりです コシヒカリ、もみが割れるぐらいに、ふくらとなっています

最近は部屋でこじんまりと栽培するだけだったので、なんだか久しぶりの収穫作業、楽しかったです。もう少しいい状態の時に収穫したかったですが、今回はこれで満足。

台風あけて小雨の中、稲刈り前の草刈り。高島に帰ると軽トラが変わっていました。遂に前の出っぱったヤツに! スバルの軽トラ!

ココが大きくなって実ができます。もっともっと大きくなってハブ茶の実ができるんですよ(^−^)刈り入れの時期は10月くらいでしょうか。

9月25日、棚田の稲刈りが実施されました。台風12号の被害が大きかった那智勝浦町ですが、幸い棚田は大きな被害もなく何とか稲刈りをすることができました。

米をハウス内で天日干しで乾燥していたのですが今日、水分が目指していた14.5%となり晴れて籾摺り(籾の皮を取り除き、玄米にする)が出来ることと相成りました

マスカットベリーAすべて収獲し終え、お礼肥えをあげました。今年は摘粒〜袋掛けの時期と収獲中の2回も台風に襲われました。

下の虫のせいでキャベツがやられました。根切り虫です。今、僕の畑では大発生中です。早く生長してくれることを祈るのみです。

朝8時から作業開始。オープンにできる所、外せる所は外しました。あまり外しまくるので後で組み立てられるかチト心配になりましたが、お昼過ぎの午後3時前に終了。

9月15日 キヌヒカリスタートです コシヒカリは中休み 適期刈り取りと言いながら期間が短いのが難点 何とか6時過ぎに約5反刈り取り終了しました

8月下旬に種を蒔いた3回目のきゅうりは、寒さで成長しません。2回目のモロッコ豆も実が付くのでしょうか。夏野菜を路地で秋口に収穫するはむつかしいものです。

夜警をしている小屋の室温=外気温なので寒いこと・・トレーナーを着こみながら昨晩の出来事を思い出す。ブログを書いていた22時頃、2回もイノシシが来た。

一段落ついている畑の状況ですが、本日は久しぶりの刈払機による除草作業をしてきました。夏から秋にかかり雑草の成長力も弱まりそれほど大変でもなくなりました。

ダイコンは何とか復活できるかなと思っていたが,復活の難しそうだったカブもがんばってきた。両方とも第2陣が芽を出し,台風の雨を利用して元気に追いかけている。

秋になりましたね 昨日、梅に肥料を与えました この9月、梅の木には、非常に大事な季節です どうしてかと言うと来年の貯蔵養分を蓄積する為に養分が必要なのです!

今日も すぐき間引き。 果てしなく間引き・・・でも もうちょっとで終わるかも?終わりが見えたら かなり気分的にちがうね?午後3時に 一面クリア♪

これから冬を迎えるにあたり絶対に必要になってくる大根の種を蒔きました〜・・・とその前に畑を整地して畝を立てる所からもちろん作業はスタートしましたよ〜

本日、今年初めて、機械を使って稲刈りを試みます。しかし、台風の影響や長雨の影響で、倒伏している稲がことのほか多くて、なかなか機械を田んぼで使えません

一人で刈って一人でもみを積み込んで、ライスセンターへも一人で行ってきました。朝10時前から始めて、4時前に終了。46袋約1250キロと思います。

3日 (と言っても累計2時間弱)でこんだけ(しか!?)草引きなう〜すっかり草に埋もれ 単なる雑草地帯にしか見えませんが雑草を排除すると 人参が出現!!

まきちゃんが本格的に畑に復帰します。第一弾!◆じゃがいもをうえるまずは植えるところをきれいにします。植える所は↓ココ。 すごいことになってます。

野菜たちの様子を確認するべく迂回路を通って畑へ直行 雨に叩かれて植えたての苗が倒れてるかもしれないなぁ、なんて心配しているとそれ以上の光景でした

さて、2番目に蒔いたT‐449。週末の雨で、流れかけてます そして、今晩からまた、雨の予報 もう、降らなくていいのに 今年の大根は少ないかも…

第1弾「ハクサイ」の葉が虫喰いにされた理由が分からずにいたが、今朝、ようやく原因者を見つけた。朝なのにせっせと葉を蝕んでいる。

真ん中のハウスのトマトの畝は、さすがに実がならなくなったのと秋野菜の準備したくて全部お掃除。引っこ抜きました!!耕うん機がじーーーーーっと構えてます。

さてさて、久しぶりの休日はハウスの手入れです。ハウスの谷には2年分の枯れ葉が溜まってるので,海譴鯀管取り除きます☆

9月15日の稲刈りです。いよいよ佳境に入りました。今日は、丹波たぶち農場の無農薬で育てた田んぼの稲刈りです。後ろのトラックがモミを入れるタンクを積んでいます。

こんな背の低い状態でこのままずっとレモンの樹を管理できたら・・・やがて年をとって脚立に登ったりできなくなった時でも簡単に収穫作業ができる。

6月に定植した「栗坊」は来週あたりから収穫が始まり、7月に定植した「栗坊」は蔓が2m近く伸びていますので、台風の風で被害が心配です。

8月末にするはずの「イチゴ苗」を苗床に移植する作業が、今日やっとできた。この作業は、晴天の日にすべきものなので、台風の雨のために1週間遅れてしまったのだ。

甚大な被害をもたらした台風は愛知県を通過していきました。幸いな事に研修圃場の被害はオクラとピーマンが数本折れた程度で大きな被害はありませんでした。

台風の爪あと!棚が破壊されてはいましたが、他のものは何とか無事の様子です。丈夫です。前回 収穫には早かった枝豆です。虫にもかなりやられていました。残念。

雨に叩かれた土はしっかり固く締まっているので、新芽を吹いたばかりの野菜が根を張る事ができません。中耕と呼ばれる作業をコツコツと。

水分を切ってから専用バケツに入れてボカシと混ぜ合わせて貯めて於き、一杯になったのでひとまず大きな容器に移し、腐葉土とボカシを入れてしばらく熟成させます。

先日の大洪水で倒壊したパイプハウスの解体作業に大先輩と友人が、休日返上でなんと12人も手伝いに駆けつけてくれました。

うちの乙女トマトが実り始めました。まだ一段目なので真っ白ですが、食べるのが楽しみです♪トマトは氣が強い(エネルギー旺盛な)ので、脇芽をどんどん出してきます。

うちの農園は山から滝のように落ちてくる水で全てが水没してしまいました。水害を避けるため、40儖幣紊砲靴討い觜眄Δ両紊両紊泙把世鵑任靴泙い泙靴拭

北3番の黒豆畑は水が溜まっていたが、排水のための溝を掘っていたので、水は引いていた。北2番の黒豆畑の支柱立ては、一本ずつ立てていたのでは、支柱が不足する。

今日の畑は大勢の方がお手伝いに来てくれ大賑わいでした ネクストステージ大阪LLPから研修、体験に来てくださいました。

農園MEGURUでは、今年からバジル(バジリコとも呼ばれる)をたくさん育てています。もちろん種まきから収穫まで無農薬です。

この日は冬野菜の種まきと夏野菜の片付けです。このように何がなにやらわからない区画をこのように^^ 耕運機、大活躍です。この日はなんと5人で作業。

夕方になってから500倍のソイヤと200倍の自家製トマトエキスを列当たり10リットル(如雨露1回分)を刈った株元に散布しました。

和歌山に大きな被害をもたらした台風の記憶も新しい本日、我が家では稲刈りを行いました。台風の風で倒れてしまった稲を起こしながら稲を刈っていきます。

強雨、台風通過したコシヒカリ田の様子です。適正肥糧の効果も有り、一定方向に倒れてます。此の程度ならコンバインで刈取り楽勝です。

このコンバインは古いです。平成2年にかったものです。 でもまだ140時間しかはしっていません。今は煙突で買った稲がでるのにね。

梅の畑は2つとも山の上にあるため、今回の水害では何の被害も受けてません。当たり前の姿のはずなんですが、泥をかぶってない畑を見るとホッとします。

心配なのは、黒豆のこと。早速黒豆畑へ出掛けてみました。どや、どや、どやこのさやの付き具合。あちらの枝にも、こちらのえだにも、見える、見えるさやの数。

今年で二年目を迎える『みょうが』野菜の雑誌に、柿の木の根元に植えると柿の実もみょうがも良く育つと書いてありましたので昨年植えてみました。

昨日は峠山村子供農園クラブの活動日でした 今回は『サツマイモ掘り&高嶺ルビー(赤いそばの花)種まき』でした まずはサツマイモ掘りから始めました。

今シーズンを振り返りますと、ハウスものぶどうは総じて良かったと思いますが、露地巨峰においては、生育遅れと粒の肥大の悪さに困ってしまいました。

我が農園では1反程度の作付けをやろうと思っているんですが、昨日苗床を作ってさっそく播種しましたぁ 苗床へは発酵鶏糞と木炭etc この辺の資材投入で始めます。

畑の丹波黒は少しづつ成長し、実が膨らみ始めています。倒れることなく成長しているようです。美味しい枝豆になるまで、もう少しお待ちくださいね。

大根の種まきをするために、1週間ほど前に畝立てしたんです。今回蒔いたのは、春にも育てた長かぶマルトー(フランス産)と宮重大根。

定植したときは、しおれていた苗も元気に育ってます。本葉も15枚ほどになっています。アミをめくって、アオムシがいないか点検です。

本日はマイペースに三浦大根とリーフレタス類の種蒔きを。←発芽率1%のにんじん。大きくはなっているが、何が悪かったのか(T_T) 

また台風が...もう全然作業ができません...明日から急ピッチで進めていかないと。そんな中、ナスにたくさん実がなりました。それではこれがナスの様子です。

台風の爪あとは、まだ続くのでした。これは、人参なのですが、雑草がいっぱい。本当は、雑草が生えないはずなのです。夏の熱い時に太陽熱処理と言う作業をします。

先日は遠く泉佐野から、障害福祉施設"ふふふ"の利用者さまとそのご父兄の皆さんにいらして頂きました。農業体験の機会として考えられて、との事でした。

11日より開始した稲刈りは結局13日までかかりました。機械も12日には直ったので快適に刈っていくことが出来ました。

野菜の被害を見に行きました 予想通りなすの木は斜めに倒れ、弱い風でも葉は横になびいています。(想定内ですが) 被害果です。葉や茎に擦れたなすは茶色くなります。

新米「こしひかり」農協への出荷完了!! 今年の収穫量は悪かった 6反4セの田に110袋でした。震災や台風の被災地の方のことを思えば収穫ができたことを喜びたいです。

種まきした、カブラと人参は順調に発芽し、雨もたっぷり降りました。わさび菜と小松菜を収穫しました。わさび菜は少し小さ目で取り、サラダにしました。

昨日、東京から帰りました。3日ぶりに畑に出ましたが、苗木が秋の成長期に入って新梢が元気よく伸びていて来年のデビューできそうです。

イノシシ被害がでまくっています。イノシシが入った田んぼは稲が倒されるだけでなく、ニオイがついてひどいときは田んぼ一枚まるまる収穫できなくなってしまいます。

台風で倒された第2イチジク畑を元通りにした・・今日も朝から、注文を受けたブドウの収穫をした。直売所への出荷は、取り止めることにした。

二日前(9/17)の午後、秋冬野菜第三弾と称し、根菜類・葉物類などの種まきを行った。その際、管理人は、大根なんかは2・3日あれば発芽するよといっていた。

紅ほっぺの苗不足を、あき姫でカバーする ため、あき姫はランナーの先端を止めずに、子苗をつけてます 定植時には、この子苗もつかって。

台風後の秋晴れ、稲刈り日和!!台風で稲が少し倒れましたが 稲刈りに問題無い程度で いよいよ天日干しが始まりました

朝から鵜川周辺の棚田の稲刈りも大忙しの様子です。店内には、秋のお野菜がいろいろ入荷しています。すだちや、ミョウガ。

この2週間程は茶園のメンテナンス作業を着々と行っていました〜!主な仕事は、夏の間に成長した草を除去する作業です!

秋じゃがの準備です。品種はにしゆたかです。本当は小さいものが欲しかったのですが、大きいものしか手に入らなかったので、カットしました。炭をつけて、明日植付けです。

カボチャが終わりかけなので、初挑戦の冬瓜は小さいまま収穫かと思っていましたが、この時期になって、まだ大きくなっています。

今日はゴーヤを収穫♪って。大量すぎ。。こんなに食べられないね。。お♪そうだ!食べてくれる人に持っていこう。そうしよう。

前もって土作りを終えた畝を、野菜の種類にあわせ耕します。大根やカブ等の根ものは耕した後、高く畝を立てます。特に大根は約30センチ位の高さを確保します。

先週は、一本畝を創ってジャガイモを植えた所で力つきたけど、今日は続きのもう一本♪昨日の雨で程よい軟らかさになった土。

ようやく稲刈りに終わりが見えてきました。去年に比べると一週間ほど遅れており、台風に二回も悩まされましたがなんとかなりました。やっと一息つけそうです。

10aの水田の稲穂をわずか1時間で刈ってしまいました。取り入れた籾はすぐトラックでライスセンターにて乾燥処理、玄米に脱穀だそうです。

9月27日に農園の見回りに行きました。玉ねぎの発芽です。お百姓さんにとって発芽を見るのが収穫の喜び以上にうれしいものです。「玉ねぎ君こんにちは」

通常の「籾殻」より「粉砕籾殻」の方が堆肥化しやすいですが「籾殻」の場合でも、雨ざらし+窒素成分(米糠とか)で発酵促進させればですよ

四角豆がそろそろ収穫です。家に持ち帰り、てんぷらで食べました。あまり、豆の味はしなかったですが、あっさりといただきましたよ。

午後から畑へ、ワイドネット(防虫)は飛ばずに無事でした その中の菜っ葉は悲惨なものです 風でなぎが押されしおれています 収穫はあきらめかな(;一_一)

堆肥撒いて、化成振って畝立てした後ハンドプランターでミニハクサイを3畝定植した。地面が代かきしてから固まってたのでタイタンで直接圃場に入り、撒いた。

順調にいけば、9月中旬から柿の出荷を予定しています。ぶんちゃ農園の柿は、種がなく、実が大きくて、とても美味しいです!サラダ用の柿もあります。

みょうがです。 夏の間、散々草に埋もれてたので、背丈は全然高くならず、一向に花芽は出る気配なし。 今年はもう無理なのかぁ。って諦めかけていたけれど・・・。

先日の台風でバジルがほとんどやられてしまったので、秋蒔きということで新たに種まき実行。左からメキャベツ、バジルと、ラベンダー、ローズマリー、カモミールです。

カボチャ畑をかたづけました。いる時だけ収穫していたかぼちゃなので、全体は分かりませんでした。いっぱいできてるなとは思っていたけれどもこんだけありました

稲刈り無事終了しました☆台風やら雨やら気を揉む日々でしたがなんとか完了!少々倒伏もしてたのですが師匠の流石のコンバインさばきとチームプレイで乗り切りました

震災の影響や台風12号のおかげですっかり収穫量が減った今年の日本列島のお米。心配が囁かれる中、つだっち農園の近江米こしひかりの収穫も始まりました。

京都上賀茂は雨になってまして、いつもの暑さが一気になくなりました 今朝はこないだ植えた野菜を見にきました 写真の上から紫キャベツ、セロリ、白菜、二十日大根です

どれだけ踏ん張ってどれだけのイチジクが熟し続けてくれるのか、とても心配です。毎朝毎晩、目が遠くなります。笑まぁ、気落ちもほどほどにということでがんばります。

「ピオーネ」収穫始めました。現在、ぶどう市場の大本命ピオーネです。大粒、甘さ、後味と三拍子そろった人気品種

やっと青空の広がった今日は伸びすぎたオレンジミニトマトを誘引により下げ、溜まっていた脇芽をかき午前が終わった。

室津の方から上がってくると、この田尻のそば花畑と畑のそば花畑を見ながらそばカフェに行けるんですね。花が咲くのが楽しみですね。

予定よりも稲刈りが遅れてしまいました。まずコシヒカリのできばえをご覧ください。減農薬、減化学肥料による特別栽培米ですが、稲穂の実の入りは決して悪くありません。

ブルーベリーの摘み取りに追われブログはすっかり夏休みになってしまいました。落ち着く間もなく次は稲の刈り取り、黄金色の稲穂が重そうに頭を垂れています。

今日も、ず〜〜〜っと摘果。そろそろ摘果から解放された今日この頃です(苦笑)でも今日は親戚の叔父さんに摘果を手伝ってもらったので、随分と捗りました。

ブルーベリーの挿木は春の休眠挿しより秋の緑枝挿しの方が断然発根確立が高いようです。感じとして休眠挿しで60%、緑枝挿しで80%。

本日は、「白菜」を100本あまり定植しました。普通の人よりは少し遅い定植でした。正月頃、収穫できればと思います。

昼から、ピーマン、イチジクの収穫、小松菜、ほうれん草への散水、ジャンボニンニクの定植と、あっという間に一日が過ぎていきます。

暑い日が続いていましたが昨日は少し涼しくなりました。田んぼの”わら”を片付けました。 茶畑に敷き藁にしたりします。雨が降る前にヒモで縛って小屋に入れます。

樽稲もそろそろ穂が出ます。最後の葉(止め葉)が伸びてきました。雨続きでデレッとなびいています。「しゃきっとせえ〜」

6・8/13の2日間で秋冬野菜の植付けを行いました。\作り 耕運機を使い個性豊かな畝を一つ一つ作っていきました。(牛糞と化成肥料をまいたよ) 

第1期のファーストトマトは8月上旬に定植をします が、この時期はとっても暑いですよね?なのでトマトの生長にもあまりよくありません。ちょっと気温が高いんですよね

もう秋作の時期というのに、うちはまだトマトやってます。なかなか育ちません。いくら自然農でも遅すぎる?蜘蛛ばかり大きくなります。

当ブログではあんまりスポットの当たらない、アスパラガスの近況報告で〜す(^^)/初夏に収穫したあとは夏の間中、こんな風に葉っぱを茂らせておきます

デリシャスファームでは、今年も美味しいいちじくが出来上がり、収獲が始まっています 今年で4年目になるいちじくの木です。木もどんどん大きく成長してきました

爽やかすぎる祝日に1人きり春菊の播種準備をしながらタイムトラベルしています。 春菊を播種して芽が出るまでは、土の乾燥と直射日光を避けるため寒冷紗をかけます!

台風15号は淡路島に結構な被害をもたらしましたが、ウチのブルーベリーの園はほぼ無事でした。…隣のレタスの苗は浸かってちょっと大変だったですケド。

台風が過ぎましたが、風はまだ残っていました。少し早めに学校に着き、キャベツ君を見に行きました。 マルチの下に潜ってしまったものがたくさんありましたが、元気。

夏のクソ暑い時期を過ぎると、夏野菜たちは最後のひと頑張りをしてくれて、毎年この時期にはシシトウやピーマンやナスなどがバーベキューのお供をしてくれる。

うちの園で もっとも割れやすい ネオマートやられました。ほぼ全滅。毎年割れるネオマート。おいしいので辛抱強く作ってきましたが、外では無理なのかも・・

四角豆が豊作中!もう一ヶ月以上収穫しているのに、豆の付く勢いがましてきてます。せっかくの季節の野菜なので野菜セットに入れています。

台風前に種を播いた小松菜などのナッパはあきらめて、トラクターで耕し直しました。トラクターで耕すと、トラクターが虫を掘り返すことがあるので、鳥達が寄ってきます。

お米はほとんど倒れてしまいましたが水に浸からないように雨の中たんぼの水を抜きに回ったので何とか被害はくい止めることができました。

台風で最高のタイミングでの稲刈りが出来なくて、昨日残っていた稲はやや実り過ぎの状態で刈り取りを終了した。村では最後の稲刈りと成ってしまった。

いちじく園がショウジョウバエを媒体とした酵母腐敗病に伝染してから1週間が過ぎた。果実をすべて摘果し予防した成果が出始め、今日は6パックを出荷することができた。

ビニールハウスの収穫風景です。キュウリの葉っぱ大きいでしょう…。右の写真は収穫直後に出る樹液です。この樹液はねばりがあって…粘着力もあります。

秋冬野菜を進めなくてはならない。気分一新である。毎年課題としているのが、「タマネギ」。一年通して食べられるように作りたいと言うのが、長年の希望である。

万願寺トウガラシ、ピーマン収穫。最近の雨が良かったのか、緑が濃くいい状態で収穫できました。万願寺トウガラシは、シンプルに焼いてポン酢で旬を味わいます。

今年はそろそろ収穫という時に 台風がやってきた。倒れた稲も出たが,何とか水に浸かるほどの倒状は免れ,稲刈りの運びとなった。

無農薬レモネーディアのビニールハウスが家から8分ほどのところにある。まるっきり簡易ハウスなので、被害が出る最右翼になる。

一番最初に借りた畑なので畝の設計が未熟です。まずは最初に雑草の防止と保温で・・・黒マルチをはりました。左半分をニンニクの植え付けにする予定です。

まるで絨毯をひきつめたようにきれいに倒れた稲を前に呆然と立ち尽くす姿に心が痛みます。全身から力が抜けていくようでした。大幅な収穫減は確実になりました。

数日前に購入済みのはくさいの苗を植え付けました。講師の後北(奥さん)さんに苗の植え付け方を教えてもらい、1畝終わったところでお昼休憩に。 

まいた種は「九条細ネギ」、「九条太ネギ」です。京都では葉ネギの方が一般的なので、土寄せはあまりしません。でもちょっとまくのが遅かったかな?

ところで、まーさんは、外からのダイコンサルハ虫の侵入を阻むべく、ダイコンの畦の横に畦シートを施しました。効果の程は・・・?

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

はやる気持ちを抑えて、まずは収穫です。ブルーベリー、そろそろ終わりです、10粒程度採れました。

今年初めてのミョウガといつものナスを出品しました。すでにナスは多くの方々が、ミョウガも3人の方々が陳列してありました。さてこの売れ行きはどうなる事か。

エコファーマー認定についての講習会があり、参加 持続可能な環境保全型の農業を目指すもの 要するに、省農薬・有機使用の地球にやさしい農業をすることなんですね

発芽したばかりのニンジンが倒れてしまったので土寄せすることにしました 土寄せする前にまず肥料です yasuは元肥は施用せずに芽が出たら肥料を蒔きます

まくわ瓜の収穫をしました、去年は2品種試しましたが自家採種してません まくわ瓜と言えばこの黄色いのが一般的で、この地域ではきんこ瓜と呼ばれています

ももちゃん農園の今はナス狩り、オクラ狩り、キュウリ狩り、いちじく狩り、、、そんな感じです。トマト狩りもできます。しかしピンクなトマトになってしまいます。

河口園の本日の茶園管理のお話。昨日から秋番の収穫を始めて、今日で二日目 今日は、バイトのでっち君が来てくれました。大助かりです。

蕎麦撒きを実行しました。このあたりでは9月初旬に蕎麦の種を撒くということで、時期を待っていましたが、台風直撃の前にやっちまおうということで、超特急な作業でした。

うちはにがうりのほかに早生のお米が倒れた。もともとぬかるむ田んぼで今年は出来が良かったため、穂がが重かったのだろう。

雨がふったりやんだり豪雨になったり忙しい空模様の中山の仕事は「草取り」こんな感じで、茶の木の間から草がにょきにょき生えてきます。

今回の巨大な台風は各地で本当に大きな爪跡をのこしました。海野農園では苗場の架台がひとつ崩れ落ちました(@_@;)わかりますでしょうか?

今日は、一人で『道の駅』にブドウ(巨峰)と里芋(赤柄)を出しに来ました。まだ、重い荷物は運べないのでスタッフの方々にお願いして出荷しています。

家のまわりの田んぼでも、稲刈りが始まりました。だんだん秋という感じになってきました。うちの子供は怖いものなしなのに、近所のこの案山子には少しびっくりします。

8月中旬に種を蒔いた野菜たち。狭いトレーから、とうとう大海原へと旅立ちます。今日は、レタサイ(ミニ白菜)と、スティックブロッコリーを畑に植え付けました。

先日から、枝豆も終わり葉ショウガも今日で終わりあっちこっち片付ける仕事をしています。稲刈りに使うコンバインの整備。稲刈りは来週の週末からの予定です。

今日は軒下で、冬野菜の仮植を。先日播種した、白菜とブロッコリーの仮植(発芽して、しばらくたった小さな苗を、ポットに移植)です。まずは、土の準備。

最初に植えたオクラです。背丈は、20cmくらい差があります。(最初の方が1mくらいです。)実の下の葉を、落としながら、収穫しています。

トマトの虫で悩んだり、下手に移植したことで、トマトの苗が、死にそうになったりしたところを工夫してみました。一つ目の問題は、先端の芽を食べられていたことです。

しげちゃん農園のキュウリ栽培です ちょっと特殊な栽培方法で挑戦中です キュウリを長年栽培している人に、たぶん無理じゃない!?と言われている栽培方法です

今日の午前中には25日に始めたハウス抑制栽倍の定植を一日空けてすべて行いました。午後からは畑の蔓落としなどをほぼ完了となりました。

昨日、絹さや今年初収穫しました。息子と二人で。途中やっぱり雨がザーザーッときましたね。カッパを着ているので、雨の中続行です。

今日、台風の被害でピーマンの株(支柱なし)が傾いているのを直していると、どうやら尻腐れ症から解放されたようで、元気な実をたくさん発見!!

三ヶ日では、大きな被害は無いようですが、うちの畑ではこんな状況です。木が倒れてみかんの木が下敷きになっています。

なかなかの大雨強風。社会人には日曜日しか休みはありませんのでがんばりましたよ。トマト・ピーマン・しし唐を引っこ抜きました

みかんの木の下にこの白いシートマルチを敷くと・・・太陽光を反射して葉の光合成を促進し、収穫期前の余分な雨の浸透を防ぎ、・・みかんをキレイに美味しくします!

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

水がはけず、半ばぬかるみ状態で稲刈りしてます。今年も黄金色に染まってくれました。収量は去年よりは落ちましたね、きっと。もっと草取りがんばらなきゃ。

デジマという品種を2kg用意、28個を植えつけました。畝の上の草を刈り、だいたい株間30cm×条間50cmでスコップで植え穴を開けます。

今日は、稲刈りから袋詰めまでご紹介 まずは、機械で刈れなぃ角っこの所を手刈りします 四隅を全部刈り終ゎったら、コンバインの登場

4人の若者たちが梨狩りに訪れてくれました。じっくり選んだ後は、彼女の剥いてくれた梨を、おいしそうに食べてくれていました。

実が100円玉くらいの大きさになったら、「摘果」という作業をします。一段につき、3個。これが大きめで良い形になる最適な個数。

この寒さで少し余裕が出来てしまったので天気を見計らっては種採りの毎日です。おかげで家の中は乾燥中の種や種採りを待つ種で溢れています。

右のコシヒカリは穂を垂らしていますが、左側のハッピーヒルはやっと華を咲かせたばかりハッピーの方が1週間ほど早く植えたのだけど早生と晩生でこんなに違います。

刈り取り間近の「みのにしき」昨年、ナス畑でしたので残肥を見込んで元肥無し追肥少々で栽培しましたが、無事収穫期を迎えました。

トマトの話に戻ろうって最初っからトマトの話なんてしとらんやん(笑)ちょっと前から収穫量がグンと減りました。もう1日おきに収穫しても、軽トラの荷台はまっ平です

去年にんにくを植えた2反7セの畑ともう1枚2反4セの畑を耕しましたー晴れがつずいていたので砂誇りが激しかった・・・真っ黒になりましたよ!

今年収穫したニンニクと朝市村の仲間から購入した大玉ニンニク・ホームセンターで購入した大玉ニンニクの三種を植え付けた。

100円玉じゃありません500円玉ですよ 比較で写ってるの 去年初めて入れてあまりに親株が高いのでとても売れない・・・・と今年収穫したのをすべて親にしました

ただいま絶賛刈り取り中です!!奥に見えるのがコンバインです。コンバインは刈り取りと脱穀を一度にやってくれるスグレモノです。

須賀前の畑の白ナスを収穫し、今日は、自宅前の畑の紫ナスを収穫し、併せてピーマンも収穫。気休めにしかなりませんが、少なくとも擦れて傷が付くのを防げましょう。

トマト跡を起こし、よく乾いてきているし、明日は雨模様であるから、今朝、畝立てすることに。小型ビッチュウで軽く均し、苦土石灰を降り、有機肥料ペレットを適当に撒く。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

8月末、田んぼの稲は黄金色になり、景色は秋になったようでした。穂がたれて、実が膨らみ、見ているとなんとも福与かな気持ちになる。ふと見るとカメムシもやってきた。

つがるが終わり、中生の千秋が色づいてきた今年は、干ばつで実が大きくならず全般的に小粒だ。千秋には虫食い果が多いようだ

UFOキャッチャーならぬ玄米キャッチャー。あのゲームセンターにあるUFOキャッチャーと同じ要領で玄米を吊り上げて 運びます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日は集落の親代わりである北原さんの稲刈りの手伝いでした。北原さんは昔ながらの米作りをずっと守ってきた方です。

昨晩からの雨で稲刈りは無理かと思われたのですが一転、曇り空で何とか天気ももちそうなので稲刈りを敢行しました!

8月末の稲刈りはさすがに暑かった 全身汗まみれ、パンツまでびしょびしょ(失礼!)でも稲刈りはやっぱ面白い。稲刈りの最初は田んぼの四隅を手刈りします。

大蔵大根を200本種まき。3日で発芽した、率は100%に近い・1ファームに葉野菜の種まきをした。春菊、チンゲンサイ、ほうれん草、小松菜。

台風に追われて仕事がはかどった! いや〜、 疲れた。 おかげさまで早生の刈り取りを全て終えることができました。

風で実が落ちたり、枝が折れたりするので、あらゆる野菜を籠いっぱいに収穫し、背の高い野菜(ミニトマト・オクラ等)をしっかり支えて来ました

稲刈りも中盤を迎えました。コシヒカリの刈り取りに入りました。 まずは、農薬を使わないコシヒカリからです。この写真は、無農薬、無施肥の圃場です。

運搬車にコンバインを載せてたら、父がいなくなりました。乾燥機へ送っていた籾が気になったみたいです。タンクの切り替えをしたと言ってました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

金屋本江アイリスファームは、育苗ビニールハウスの跡地を利用して、10年位前から玉葱の苗づくりを行っています。今年も、みんなで播種をしました。

朝の冷たさが感じる今日この頃JBFの夏野菜も終盤です。加熱向き(トマトソースなど)品種、サンマルツァーノです。支柱をたてない方法で栽培しています。

昨日稲刈りをしました 前に一人歩いてもらってネムの木があったら抜いて回ります マスクを着けて顔がはしかくなるのを防いでます(^〜^)

先月播種した大根『夏つかさ』のドアップ写真です。順調に成長しておりますが、周囲の雑草も成長して緑のジュータン状態です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

雲が空一面覆ってます。そんな中、モロヘイヤ収穫をしました。今日は、お母さんが会議で収穫作業のみでしたので 出荷作業はわたし一人で・・・。

ブドウの直売が終わってからキウイの直売がはじまるまでの2ヶ月間、当園は1年の中でもっとも暇になります。

季節は秋に突入していると言うのに!! 大平畑に野菜取りに! 秋茄子をことわざで!! その昔秋茄子はに食わすな・・それだけ秋の茄子は美味しい!!

台風対策のため、枝の補強をしないと重い神楽なんばんの実で枝が折れてしまいそうです。台風が近づいてくる前に早めに作業したいと思います。

今週から稲刈りをはじめました。今、稲刈りしているのは、わたぼうし(もち米)になります。その後、こしいぶき、コシヒカリの刈り取りになります。

何人かのメンバーの農場を皆で見学に行く企画なのですが、他の農家さんの田畑や作業場を見に行くのは毎回とても刺激的で面白いのです。

きのうは大正大学の学生が研修に来ていました。女子大生です 主に長畝生産組合で研修です。朝6時から桃の収穫に始まり、夕方5時までみっちり仕事してました。

間もなくH23年産「昔ながらの魚沼産コシヒカリ」の稲刈りが始まります。昨年以上に「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と、稲穂も長く良い感じで頭を垂れています。

白いゴーヤの種を8月12日に蒔いておいたら、もう10cmほどに成長してきた。そろそろプランターか鉢に移植し育てたい。10月下旬「白いゴーヤ」を収穫したいものだ。

毎日のように雨が降り蒸し暑い毎日が続いています。降雨量は少ないので、稲には影響ありません。稲穂もほぼ出揃い、順調に生育しています。

いつの間にか、畦の草が稲に覆いかぶさっている。稲刈りを前にして畦畔の草刈りを進めながら、田んぼの中のヒエとクサネムを取り除かなければならない。

右の僕の田圃、ここだけ田植え遅かったし、出穗も8月10日〜12日と他の田圃より一週間ほど遅れました。これ、どう見てもあと三週間以上は必要だよな。

畑の夏野菜のナスとピーマンとオクラはこれから。できれば9月いっぱいは収穫を続けたいところです。今年育てているナスは6種類で、写真はそのうちでも一般的な4種。

田んぼの稲穂も順調に実入りしています。毎朝の田んぼの様子を見ていると、今年はバッタ類がとても多く発生していますよ。

心配した台風の影響は最低限度ですみました。いよいよ新米の収穫直前って感じです、春から晴天に恵まれました。

コンパニオンプランツの実験をするにあたって、植え方をちどり植えにする事にしました。 ちどり植えとは、普通は平行して植えますが千鳥の足跡の様に交互に植える事です。

今は、いちごの苗の管理をしてます。朝は研修生と2人で水やり。午後から、葉かきしたり、ランナーとったり。葉かきは、この時期になると、少し控えめに。

農場のライスセンターで、乾燥(刈り取り後の籾は水分が多いので、保管時の品質低下を防ぐための行程)調整(籾をはがし玄米にして、米選の行程)を行っています。

里芋をいっぱい育てています。普通の農家の二倍ですね。耕作面積は。収穫量は、1.5倍位でしょうか? 今は、どんどん小芋の芽が出ています。

棚田でソバの播種を行ないました。晴天が続いたおかげ(続き過ぎの感じがしますが?)で土の乾燥も進み、精度の良い播種が出来ました。

私が稲刈りでしてることをご紹介します・籾運び・雑草など取る・刈り残し・落ち穂拾いどれも大事なことですが…私がよくやってることは…刈り残し・落ち穂拾い!!

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今年も沢山のぶどうが実りました。大和田自然自然流のぶどうです通常販売されてるぶどうの大きさの数倍は有るぶどうです。自然に任せこの大きさになりました。

最近いろいろ話題の稲藁ですが、田舎では様々な使い方があります。牛の餌や畑のマルチ替わり、堆肥の原料や正月の歳の神のおんべ。

今日はワインぶどうもぎの日でした 我が家はそんなに栽培面積は多い方ではないので今日1日で収穫を終わらせるという事で人を頼んで一気に収穫

ももの収穫も晩成種に入ってきました。昨日9月6日からゆうぞらの収穫を始めました。収穫前の生理落果も多かったですが残った果実の品質は良好です。

早いもので9月に突入しました。いよいよ稲刈りが始まります。T-Farmingの稲たちは、今どうなってるかというと…。ね、どれもイイ感じに色づいているでしょ。

稲は、放射能を思いの外吸収しませんでした。 感謝です。 今まで、会津のお米も放射能汚染が心配されていましたが 安全がこれからどんどん科学的に実証されてきます。

すとう農産では、お米をもみのまま保管して、こまめにもみすりをすることで新鮮なままお米を提供しています。今年最後のアイガモ米のもみすり作業に二人が参加。

午後から「スターキングデリシャス」というリンゴの収穫をしました。リンゴといえば「ふじ」ですがふじの歴史はアバウトに説明するとすごく浅い。

気候も朝晩かなり涼しくなりまして美味い米が出来るような気がします。今年の刈り取り時の注意に籾を土に接触させないいようにとの項目がありました。

沢庵用のダイコンの畝を4列とミニコン22を5列に種を蒔きました。残り2列は白菜にするつまりですが、足りないので、もう2列用意しました。

7月上旬播種の抑制いんげんの収穫が始まりました。自然農法育成の越谷インゲンです。丸平莢で良質肉厚で柔らかく、食味が良い、インゲンです。

今日の出荷は過去最高となりました!! 前回のピークからなかなか思うように採れない日が続いていたのでもどかしい気持ちで毎日収穫作業をしていました。

今、ぶどう「種無し巨峰」の収穫・出荷最盛期を迎えています 農協の共選場もぶどうでいっぱい 出荷に行くととなりの直売所駐車場に静岡県警のパトカーが・・・

ショックだったのはいわき一本太ねぎ。以前のプロジェクトマネージャーが何回も通ってまめに草引きしてくれてたからすっごく奇麗だったんです。なのに。。。

さて発芽率なのだが、全く芽が出ないポッドを数えたら能書き通りぴったり85%でした。能書き通りとはさすが。なにか公式みたいなのがあるのでしょうか。

『摘果』作業もサンふじの作業をもって終了となります。最後の王様『サンふじ』の摘果作業を進めています。この最終摘果で木に残るりんごが決まります。

幸水梨の収穫が始まりました。まだちょっと青めなのでもう少し完熟するまで待っていたいんですが・・・。気になりますよね??台風12号の進路。

しばらく学生さんたちの農業体験受け入れが続きます。まずは埼玉・自由の森学園の高校生。農業体験をしたいということで約1週間山都に滞在。

9月13日、被災地支援ぶどうを「カトリック塩釜教会」へ発送致しました。種なしぶどう3種類(ハニーブラック・ピオーネ・高尾)計4kgx3箱分をお送りしました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日も産直に野菜出して、さぁ田んぼでヒエ刈り! って思ったら、 草刈鎌ないってゆー… 全部トラックに乗ってまして〜 農メンそのトラックでどっか行ってしまった

現在のサトウキビの状況です!草丈は2mを超し、今も尚生長し続けています!また茎の太さもとても太く、充実しています!収穫が楽しみですね。

営業マンと一緒に食べてみました。食べたのは、ハネスイカです。シャリ感はもの凄く硬めでした!!ただ、終わりのスイカということもあり、全盛期ほどの甘味は期待できず。

台風12号の後、ラフランス畑に行って見ました。週末は仙台にいたので、ラフランスが心配で何度も電話をしたのですが実際にこの目で見ないといてもたってもいられません。

1か月ぶりにつや姫を見に来ましたが、外は空気がすっかり涼しくなっていて、清々しい気分です。つや姫の稲穂は実がしっかりついていて、稲刈りまであと少しという所です。

桃も収穫終え、ラ・フランスの支柱したり、りんごの葉っぱ取りしたりしてる。間も無くスモモ秋姫もがなくては。 平年より10日程早い。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

稲刈りが始まりました。朝露で稲がまだ濡れているので、その間にクボタの人から操作説明を受けていた父ちゃん&義父。私は田んぼの四隅を手刈り。

春先は日照不足と低温で生育は少し遅れていました。夏場は若干水不足になったものの、しっかりとした気温と追肥のおかげで生育は通常に戻った感じです。

早朝から草刈り開始!もう少しで1ヘクタールの田んぼも綺麗に刈り終えるところだったのに、少し刈り残した畦の草200メートルを残して、雨が本格的に降ってきた

ようやく・・・ようやく枝豆の収穫が完了しました!日数にして約25日程度かかりました。収量は600kg以上だと思います。

当農園で最初に収穫される品種は「さんさ」ちゃん。思わずちゃんをつけたくなります。かわいいでしょ!?葉摘みと玉回しの作業を終え、来月の収穫を待っています。

えっ、今さくらんぼどうかなってんの・・?と思われるかもしれませんが、確かに収穫後はなんにもなってませんが、ちゃんと来年の準備ができてるんですよ〜

今日も朝は枝豆の収穫です。品種は「サヤニシキ」粒が小さめです。この品種は明日で終了予定です。二日で完了なので、貴重です。昨日までの品種は「雪音」。

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

9月5日、手前1列は秋ナスです。実り始めました。紫の花も咲いています。その奥は枝豆で、そのまた奥にひまわりが左右の列で並んでいます。

台風15号は石巻にも大きな被害をもたらしました。僕の家は特に問題はありませんでしたが、昨日畑に行ってみると・・・そこには無残な姿が広がっていました。

9月に入っても昼間の暑さの厳しさを感じます。土曜日には、害虫防止用の消毒を行ないました。しかし青虫の幼虫を生む「モンシロ蝶」が、キャベツ畑を舞っていた

今週末は台風一過でおだやかな晴天に恵まれました。エダマメのもぎとり作業をしました。マメさやのもぎとりは機械ではむずかしいようです。

田んぼによっては稲の頭が垂れてきているところもチラホラ 田植えは遅くなったものの、例年通りの生育に追いつきつつあります。今年の新米は10月上旬頃かなぁ・・・。

今年は、トマトの実や茎を食べて、穴を開けるタバコガの幼虫が大発生しています。 毎年、少しは発生するのですが、今年は、10倍くらい居る感じです。

今年は田んぼが固いので!同時進行で作業している社長。コンバインで刈取りしているのにずかずかとやって来て…ワラの集草!!アオラレテマス

本日、またまた「ちぢみほうれん草」の種蒔きをしました。 そしてその様子を登米市のラジオ局「H@!FM」の方が取材にきました

もう9月も終わり。例年であればまだ稲を刈らないはずが、天候のおかげで田んぼがすすみ、急遽今週に前倒し。あたり一面、コンバインだらけの岩出山。

大した被害もなく、今日も無事に出荷することができました。今日はトマトがギリギリ出せましたが、今後は厳しそうです(やはり強い雨で割れまくりです・・・)。

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

葉物は草に埋もれてしまいましたね。1週間に1回しか行かないんで、雨が降るとバーと茂る。でも、ナスとキューりとトマトやピーマンは草があっても問題なく豊作です。

刈取りがスタートし、怒涛の秋!を迎えております!社員一丸となって、休み返上で突っ走っている今日この頃です…、が。本日は小雨。

ほとんど乾いているかと期待していったが、あに図らんや、却って水が湧き出したように増えている。表面はなんともないが、内部は腐り始めている。

この週末にとりくんでいたサイロ詰め(デントコーンの刈り取りとそれを牛の餌用にサイロに詰める作業)、本日無事終了しました。

稲刈り当日、スムーズに作業できるように準備に入ります。端の方は少し地面がぬかるんでいて足をとられる所もありますがちょっと中に入っていくと意外と乾いていました。

わざわざ一関まで行ったのは、「南部一郎(なんぶいちろう)」というカボチャを作っている畑を見に行くためでした。人の名前ではありませんよ カボチャの名前なんです。

我が家の田んぼも、黄金色の穂が頭をもたげ、刈り取りを待っています。 無肥料にして5回目の田んぼですが、今年もちゃんと実ってくれました。

らっきょうはにんにく 玉ねぎ とともにユリ科の作物で今植えても収穫は来年の7月になるので、気長に待っていなければなりません。

長靴に水が入ってしまうほどズブズブに濡れながら…やっておりました…が…今朝キュウリの収穫…ほとんど…ありません

深夜 0:00 頃はかなりの強風の音に、怯えきっており、今朝は薄暗い5時過ぎあたりに、園地を見回ったのですが、ほぼ落果は見られませんでした。

本年の散布を終了致しました。残念なお知らせですが、害虫発生のため、特別栽培(農薬が慣行栽培の半分)に取り組んできましたが、本年度は、達成できませんでした

今日は2回目の「鉄かぶと」の収穫。これは、かぼちゃの品種です。以前グリズファームでは色々な品種のかぼちゃを作っていて特に「えびす系」が当然のように多かったです。

たまねぎの芽が出てました!種まきから一週間で出揃いました(^∇^)写真だと わかりにくいですが・・・(^^;よーく見ると ほら 出てますでしょ?!

昨日のたまねぎの様子です。だいぶ伸びて10cm程度になっていました。そろそろ間引きをする予定です。T子ちゃんは一足早く作業を開始していて雑草取りをしていました!

自分が着手したコンバインの整備が完成を迎え、自社圃場の稲刈りへ どこか異常がないかチェックしながらなので、ドキドキです トラックも秋使用にチェンジ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

トリ小屋畑に植えた大根!葉っぱがいよいよ大根の形になってきました^^雨が降ったあとだったので葉っぱが水をはじいている様子はまさにピッチピチ

来年、カシスを植えるため、植えてない所に耕耘機をかけてもらってます。土が硬く、さすがの機械でも、一回ではちゃんと耕せませんでした。

つがるの葉とりを行いました。りんごも急にお日様に当たると日焼けしてしまいます・・・。気をつけながら、葉とりをしました。

「洋ナシ(ゼネラルレクラーク)」と「ラフランス」の状態を見てきました。順調に育っていました〜♪見かけはゴツゴツしていますが、味は あの美味でございます。

稲刈りしたあとの稲ワラ。短くカッティングするものの、春先までなかなか完熟させるのは、雪国青森にとっては至難の技です。

「サンつがる」が赤くなってきたから葉取り開始 りんごの周りの葉を丁寧に取るよ このとき芽も取らないように気をつけるのがポイント 来年、花や葉になる大切なもの

ちょっと酢ぱみはありますが、今年のりんごとしてこの暑い時期に人気があるようです。「つがる」が本格的に美味しくなるのは9月の中旬頃とのことです。

つがる収穫までは他のりんご構ってます。袋をかけた『ふじ』=有袋ふじの葉取り作業。我が園では、色の付き難い下枝のみ有袋。こんなやり方、他ではあんま見ないけど。

雨が降り続けて寒かったので畑の夏野菜たちも「寒いっ」と驚いているかも知れません お待たせしていた枝豆ですが、ようやく食べ応えのある粒にプックリふくらみました

特栽の農薬防除は8月20日に終え、80aの慣行田は26日に追加で防除を行いました。8月30日には現地確認も終えました。さて、9月に入り、アゼ草刈りを再開し始めています。

弘前のお米は、放射線セシウムなどの放射能の問題も無い安全なお米が育っております。あきたこまちを親に持つ「つがるロマン」という品種がこの地の主力品種なんですよ。

チームが栽培している昔懐かしい真っ黒なとうもろこしです。とはいっても昔を知らない生徒にとってはなんだか奇妙なものに見えるようです。

台風12号は青森県を大きく逸れ、強風によるりんご落果の被害も、当農園ではありませんでしたし周りでも殆どなかったようです。

ようやく未希ライフが赤くなってきました。他の早生種ももう少しといったところですが、台風12号が迫ってきましたね〜

りんごはこれから 収穫時期を迎えますがまだ、味も色もついておりませんので収穫してしまうわけにはいきません。風が弱く通過することを願うばかりです。

今の大根はシマシマ大根。生育初期の乾燥で発症するそうです。夏の大根は横縞がキツイことが多いです。コシコシとこすってキレイにして出荷するので、腕が疲れました。

カリフラワーが順調に育ってきました。夕べはかぜが強かったので木の葉がかぶさってますが(笑)紫キャベツはもう1週間ほどで収穫できそうです。

畑のパトロールしてきました ほうれん草ヤバイんじゃね〜大雨になって、土、固い…発芽も良くない…植えたばっかりですぐ、雨降ったほうれん草畑が2ヵ所、出来が悪い…

いよいよ、りんごの収穫が始まりました。きおうと言う品種です。色が黄色になって熟度が進んだものから収穫して行きます。美味しいよ。今年も良く出来ました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

22日「なつのこま」の収穫が始まりました。ご覧の通り、赤系トマトらしく真っ赤に完熟したトマトが採れています。 収穫は手でもぎ取ります。

畑には朝からは機械での作業はできないと・・・とうちゃんの判断で朝にははあがっていたのできのう、残した「インカのめざめ」を選別機にかけ、選別しました。

大フィーバー中な村上農場の現場。今日は、じゃがいも堀り班と、とうもろこし→かぼちゃ収穫班に分かれて、てんてこまってます。

かんちゃんはミニトマトの収穫作業から外れ、中富良野の農家ですいかの収穫作業をしています。スイカの収穫作業は腕力を使い、男手が必要ということでなったのでしょう。

今日はモンゴル研修生の日です  ん ! 人数 増えてる 一人の方が 諸用事で地元モンゴルに一時帰還してましたが元の研修に そして今日は通訳さん 二人です

台風が来る前にちょこっと刈ったけど、若干早かった感じでまだ青かったなー。 出来のほうは個人差があるけど、まあ平年並み?品質もよさげです。

タイトルの通り、カボチャの収穫第一段を終え、ふるさとファームのカボチャを少しずつ提供し始めました。ぜひ一度ご賞味ください。ETという品種の栗カボチャです。

今年のリンゴは大変順調に育っていて、大きくなりそうです。心配なのが、育ってきたリンゴの実の重さで枝が折れること。つい先日、一か所折れているのが見つかりました。

初挑戦のスナップエンドウちゃんに白くて可愛いお花が咲きました お花が咲いたのでさっそく花言葉をチェック 必ず来る幸福  ほほぉ〜

朝採りのため、収穫チームはAM5時から稼働。気温が高くなる前に収穫します。選果場のほうも、大きな水槽に氷を敷き詰めて準備しておきます。

遅堀りの澱源イモに最後の防除しました 軽くハマリかけながら終わらせました 頑張って今月いっぱいは緑色の葉っぱと茎でいてください

ちょうど 北海道は じゃがいも かぼちゃ たまねぎ お米 など秋の作物の収穫が始まったばかりだが、この雨と高温でかなり作物の品質低下や収穫困難が予想される。

北海道の小麦の約9割は秋まき小麦です この時期に種をまいて雪が降る前に主茎葉数が5葉〜5.5葉の大きさになりそのまま雪の下で春を待ちます

先月末みんなで収穫した『だったん蕎』の脱穀作業をしました♪足踏み脱穀機  という素晴らしい農具を貸していただき凄いスピードで脱穀が完了しました♪

台風が去って畑を見回りに行きました。ビニールが飛んだりすることなく、無事だったハウス。でも、つる性の野菜の支柱は倒れているものもありこちらは、踏みとどまった支柱

とうもろこしって収穫できる期間が3,4日くらいしかないのです いわゆる収穫適期というやつです。その前だとまだ熟していないから甘みが少なく青臭く美味しくないです。

最近、害虫のマルカイガラムシの幼虫が生まれてきていたので、収穫後剪定が終わったところで、化学合成農薬を散布しました。

9/23から始まった稲刈りの、最終日の模様です。本日は、田植えや種まきから参加の方や常連さんもちらほら。「ゆきひかり」の刈り取りに臨みます。

私たちのイベントに参加してくれた女性が2日続けてジャガイモ掘りを手伝いに来てくれました。感謝!これでじゃがいも3分の1が終了、まだまだ先は長いぞ

台風による大雨で収穫が遅れていましたが、やっと本日から開始です〜ゴロゴロごろごろと出てきたよーこれはメークイン、煮物に適したジャガイモです。

できるところまで収穫を済ませてしまおうと、一服休憩も少なめにせっせと作業を進めていった結果、畑にあった“味平”は全て収穫して運んでくることができました

もうすぐ農繁期に入ります。9月の頭から、まずはごぼうの早生収穫。それから次々と豆収穫。台風が過ぎ去ってから、本当に忙しくなります…。

金時豆の収穫作業を進めてます。うちは、1) ワドー式のビーンハーベスターで豆刈り 2) サカエ農機のビーンスレッシャで脱穀 3) 農協の乾燥施設に出荷

ちなみに僕は稲刈りの収穫組合に所属してるんですがいつものごとく刈って刈って刈りまくるだけではなく今年は後輩君に操作を教えながらの稲刈りをしてます!

ビニールハウスの天井に届く勢いです。 ハウス内が雑草だらけなのは見なかったことにしてください。最近涼しくなってきたのでオクラの時期もそろそろ終わりか・・・

今日は有機じゃがいも【十勝こがね】の残りを収穫しました。 十勝こがねは、煮崩れしにくいじゃがいもなので煮物や、カレーライスなどにぴったりです♪

やっと掘った。あの雨でまだ土はべたべただったが、もう乾くまで待てない。これで今年のイモの収穫は終了。さてしばらくやってない薪割りだけどそろそろ割って片づけないと

いよいよこの日は、待ちに待ったじゃがいもを掘る日です。ここのところの雨続きで、にんじんのように芋が腐れてないことを祈りつつ、家族全員で畑へ。

トマトは今日も袋にいっぱい採れましたよ^^ご近所の方も自由に収穫することができ、「ここで採れたトマトは甘い!」と評判。

今年もかぼちゃの収穫期を向えた。今年の面積は昨年の倍以上の80a。帯広畜産大学の方たちにアルバイトをお願いして収穫した。カボチャの品種は「恋するマロン」ちゃん。

北海道神宮マーケットに「百姓のいえ」の卵と野菜を出店しました。天候にも恵まれて、沢山の方々にお買い求めいただきました。

畑作業しましたが、じゃがいものご注文を頂き、久しぶりに手作業で芋掘りしました。 畑作業を早めに切り上げ、もう一度冷水峠に上り、雲海の無い写真をとって来ました。

この絡まっている蔓たちを、一つの苗に対してメインが一本仕立てになるようにそれ以外の蔓を切りとり、絡まりをほどいていきます。

朝露に濡れた林檎 美味しそうに色づきははじめました.現在の管理作業としては”葉摘み”してます。 果実に光を十分当たるようにして林檎の色付きを促進させます。

「赤いダイヤ」だったけ、小豆って? 今年は、なかなかいいかんじで育っていた。しかし、か弱い小豆は、春先の長雨に当たって濃い緑から 黄緑色に変化してしまった

先日、野菜の注文にズッキーニ25本、今日も5圈舛舛腓辰般詰ですよね。台風12号ですっかり折れてしまい葉は飛ばされてしまいました。

レンズ豆ちょっとだけ収穫しました。掃除だけして金時キットでやってみたら、コンバインでもやれそうです♪後ろには多少出てしまうけど、気になるほど出てない感じです。

今日は朝から快晴☆そろそろ収穫日和です。とはいっても玉ねぎや食用芋などは昨日の雨で畑が乾いていないので収穫できない状態

今日は久しぶりに晴れましたが、まだまだお日様が足りません。例年20日頃から収穫が始まる「つがる」もまだ青リンゴ状態。

この育雛箱の中をビニールの暖簾で運動場と温室に仕切ってるんですけど、朝4時過ぎに見に行ったら運動場の壁際でポツン、ポツンとヒヨコが固まっててビックリ。。。

朝もいで、倉庫のビニールシートに積み上げたとうきび。1本1本拭いて箱詰めします…。拭いても拭いても、山がなくならない…。宅急便の集荷の時間が来ちゃう〜。

これが、『すずあかね』です。去年まで『すずあかね』と『夏実』という品種を栽培していましたが、今年からイチゴ生産者みんながこの品種に取り組みました。

本日もとかちマルシェに出店デス!!昨日は雨の中ありがとうございました!!やはり、街中での販売ではパプリカやミニトマトが売れるらしく完売でした

トウモロコシ サニーショコラの収穫・発送で寺坂農園はてんやわんやですわ〜(^O^)寺坂農園の持ちうる経営資源をすべて投入して全力を挙げて収穫・発送しております♪

まずは先週末のブドウの様子。フムフム。良い感じで生育しているようです。もう間もなくでしょうか。次に先週末に獲れたスイカの様子。デカイでしょう?

ネギの収穫が始まりました。風がものすごく、ネギが地際で折れ曲がり、手間のかかる作業になりましたが、明日から通常に戻り、本格的に始まります。

さてかぼちゃですが、一回目の時に残しておいたものがとっても立派な大きさになっていまして。バケツリレーのようにしてかぼちゃを渡していきます。

今年のメークインは 茎につながってこぼれる芋や粒径2〜3センチの芋のこぼれが多くて拾わなかったら 後作の小麦やビートに野良ばえの芋が生えて大変なことになりそう。

台風の大雨の影響でプルーンの収穫開始が遅れていました。9月13日から、ようやく収穫が本格化します。10月上旬までプルーン狩りが楽しめます。

冠水でバラバラになった玉葱を畝にまとめ、草取りしながらきれいに寄せて行きました いつ入れるかはわからないけど準備だけは万全に!

ようやく「かぼちゃ」の収穫が始まりました〜私たちの生産しているかぼちゃは「白寿」という白いかぼちゃがメインで、コロッケ等の加工用に出荷します。

数日前より今年度のニンニク播種に向けた畑づくりを始めました。ニンニクは10年間程同じ畑で育てるので、畑は去年と同じ場所。

しそのはさがけが終わり、しその畑に麦まきの準備で堆肥ふりをしました。今年が栽培一年生の小麦。中古で安く手に入れたプランターがうまく動いてくれるかが心配なとこ…

3日間研究所で実験して(内容は定量的RT−PCR法によるジャガイモの解析です)、その後、小豆やビート畑の草刈り&草取りを終え、毎日トウモロコシの収穫作業でした。

8月の末よりジャガイモの収穫始めました。品種はキタアカリ、とうやの2品種、隣り合わせに植えつけたのですがとうやの方が収量も大きさもそろっています。

今年のバートレット(通称パート)は、果体が小さく、少しでも樹にならして大きくなるのを待っていましたが、もうそろそろ限界に近づきました

昨夜の雨で畑はまた少し水分多めの状態が続く。午前中は、イコル畑の収穫用のスチールコンテナの準備と、北もみじ2000のセレクタ用のコンテナ準備を行った。

今日も快晴の中、朝方はソイルをかけて、露が落ちれば稲刈り!そして本日、残りの2.3町刈って稲刈りがすべて終了しました!

この時期、トマトが割れる割れる どの農家さんも言ってる言葉なんですけど・・・。収穫したトマトと元々割れていてはじいたトマト、さてどっちが多いでしょう?

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日からミックス商品の出荷を始めました。上段左より、ジャスミン、ベニバラード、シナノスマイル、下段左より、ブラックビート、巨峰、ナガノパープル。

オガクズやウッドチップなどですべてのほ場を埋めて草刈りをやらなくても済むようにするのが自分の理想なんですね。 今回はその試験も含めてやってみました。

水輪ナチュラルファームのネギは他のネギとは一味も二味も違います。お味噌汁に入っているだけで、存在感があります。

本日、セロリの芽かきが終わりました。ハウスの中の仕事なので、あっついとそれだけで疲れてしまうのですが台風直後〜今日まで比較的涼しいお天気で助かりました〜!!

ハウスのぶどうはここ数日の雨で裂果が始まってしまい、その裂果した粒を落とす作業を行っていました。裂果した粒は1つずつ落としていきます。

昔から、乾きにくい田では、暗渠排水工事を施し、下層から水分を徐々に取り除く。暗渠排水溝があるとないとでは、田の乾き方がまったく違う。

2週間ほど経つブロッコリー、紫レタス、サンチュのコンパニオン集団達は今。ちびっこブロッコリーもこのところ首も座って成長してきた模様。ひょっとしていけるかも。

今年の稲の成長は、今のところとても順調です。写真は、あきたこまち。昨年大豆を作った田んぼで、無肥料・無農薬で育ててみましたが、こんなによく実っています。

野菜畑の片隅にあるミョウガの茂みをかき分けて覗いてみると、すでに花が咲いていました。こうなると夏ミョウガ(花ミョウガともいう)もそろそろ終わり。

コシヒカリの収量予測では、あまり芳しい結果はでなかったが、さて、今年初めて栽培した新品種[信交526号]のほうはどうかということで、今日籾数をチェックしてみた。

夏の味。ツルムラサキ。なんだかクセがあるのですが、栄養価の高さが夏の栄養補強にピッタリ!そして、ネバネバといえば、こちらも。

田んぼの草刈り。いつも、我が家は遅れがち、、、。田植えの時期が、まわりの方々より1ヵ月ちかく遅いのでまだ黄金色になってないんです。いつもモタモタ。

この涼しさがブドウの美味しさを深めてくれるということなので、期待に胸を膨らませているところではありますが、相変わらずカラスとの知恵比べの毎日を送っております。

思った以上に大きくなった大浦ごぼうの木。 おとといの様子ですが、天気がいいうちになんとかしておこうということで採種を始めました。

つがるの収穫、出荷をしました。昼と夜の気温の差があって、晴れた日には色付が良いので台風の後の晴れまで色がグッとつきました。

本日植えたのは、白菜。晩秋の11月に収穫予定のものです。種を、お盆の頃に蒔き、小さな苗として育て9月に入ったので、定植の運びとなりました。

収穫を間際に控えたプルーンの果実がパカパカ割れて、地面に落ちています。プルーンもトマトと同様に一定量以上の水を吸収すると皮が割れてしまう。

旦那ちゃん、中野市でぶどうの役員をしているので土曜日 全国放送 旅サラダ という番組で、今をときめく シャインマスカットの紹介を家の畑でしました

早朝、田んぼを見回りに行ったのですが、草につゆがついて、そこへ朝日が当たってちょうど霜がついた冬の景色のように見えました。

台風の前に、自然栽培の畑に行って来ました。畑に行くまでの草は伸び放題だが、木の周りは以前、草を刈ったり、踏み歩いたせいか、背の高さがあまりない。

晴れ間をみて、かぼちゃの収穫をしています。今年はかぼちゃの作付を去年の倍にした→かなり豊作! です。ウレシイ。

「つがる」の収穫を開始しました!市場出荷の場合は「色さえ付けばどんどん出してね」という感じですが、私たちは味を重視して一つ一つ成熟具合を確認しながらの収穫です。

今月は猛暑だったり、雨が続いたりと大変でしたが日を追うごと、果実が大きくなって行くのが実感できる月でした。いよいよ9月!これから収穫が続いてきます。

古代米は栄養素が豊富だそうですが、栽培してみると力強さを感じます。無農薬はもちろん無肥料栽培中ですが、強害の雑草と渡り合って、育つ野生の強さを感じますね。

ようやく晴れたので、昨日はハクサイ定植、今日はダイコンを播種しました。ハクサイはいつもの溝底定植です。ダイコンはカボチャ跡地に不耕起栽培。

冬瓜が徐々に大きくなっています。母親は遅い遅いと言っていますが、種まいて、植え付けた日が遅かったので、遅いに決まっています。

リンゴ園に行ってみたら異常事態勃発!あれま!シナノゴールドが幹からボッキリいってしまってます。支柱にくくりつけてあった紐が切れていたようです。

今日は新規のお客様がたくさんいらして下さいました。「また来週来ます」、「覚えたから、来年もよろしく」などとうれしい言葉をかけて下さる方もおられました。

今年初めてハウス栽培を試してみました。いつもは稲、加工トマト、ナス、胡瓜、南瓜などの育苗後、 ハウスを覆っていたビニールを全部外してしまいます。

どこの田んぼも稲穂が重たそうに首をもたげて、収穫を待つばかりです。金井かねちょう農園の田んぼも無事に実りを迎えてくれました。

雨が降り続いたので、アスパラの病気の予防のために、防除をする予定でした。が、風が少し強めにふいていたため断念その代り、ボサボサになった側枝の整理をしました。

まずは、掘り残しのじゃがいもを収穫。今年は、小粒が多かったけれど、豊作でした。風通しのよい納屋で乾燥させ、コンディションのよいものは、越冬じゃがいもに。

こちらは長野県産出のシナノスマイル。皮離れがよく、肉質はかため。大変おいしいぶどうです。苗木も沢山植えているのですが、まだまだ数は少ないです。

今年は、果菜類の出荷で忙しく、白菜用の圃場を準備することができませんでした。窮余の策として、種をトレイポットに蒔いてみました。

農協の初出荷は数日前でしたが、うちの初出荷は今日!初出荷にしては多めの400房強でしたパック詰めは去年と同じように、1パック1パック裏に名前シールを貼ります。

早生りんご つがる です。我が家のりんごの主要品種としてはトップバッターです。このところの晴天で赤く色づいてきて、一昨日から収穫が始まりました。

お客様は、広いブルーベリー園で、多くの品種を味わってくれました。お土産用のパックにも、400g以上を採り楽しんでくれました。

気持ちのいい青空☆*:.。. 今日から、種無し巨峰の収穫始めました(^^)春先きの低温、梅雨時の雨不足の影響か…粒が小さめ。

コンバインで刈取時に出るワラは束ねた状態や細かく刻んだ状態(全カット)が選べる。多くは刻んで出し、田圃の土が凍る前に鋤き込んで土壌改良する。

稲刈りの準備してきました(^^)今年も稲穂がいい色してます 台風にも負けないで倒れずにいます!これで収量が平年並みだったら言うこと無し!

たまに残っているブルーベリーをつまみながらの作業。ブルーベリーの樹たちは、今年のお役目を終え、来年の準備に入っている。花芽を形成をしています。

昨年は時期の遅れからサツマイモが思いのほか特大となって収穫にも苦労しました。今年の出来はどうなるかまだ分かりません!

「シャインマスカット」が今年初なりです。1本の木に4房〜6房程度しかつけることが出来ませんので、当園全体でも数十房しか今年は収穫出来ません。

さんさの収穫も終盤。そしてつがるの収穫がはじまりました。着色系の色の良いところから収穫開始です。昨年は異常な暑さのため、色が付かずとても苦労しました。

今は「サンつがる」を収穫しているのですが、「シナノドルチェ」と「秋映」が大分色づいてきました たつみ農園は9月17日からりんご狩りがオープンします!

ブドウ栽培だけでは無いと思いますが、剪定枝はぶどう園に置いて措いたり、腐らせたりしてはいけないのです。病気の菌は髭に留まって冬を越すらしく、髭の処理は大切です。

現在のはすみふぁーむのワイン畑、メルローの様子です。きれいに色付いてます〜シャルドネは↓こんな感じで そして1番収穫の早いピノはこんな↓感じになってます!!!

今の時期は7時過ぎまで種まき作業です。雨が降ると作業が出来なくなりますので、天気予報を見ながら計画的に14日までに種まきを終わらせます。

今日はレタスの出荷を行いました。とは言え、かなりの少量の出荷となってしまいました。今日は緑肥の種まきをしました。

一日中収穫してると脳内麻薬が出てきておかしくなってくる、これを収穫ハイと呼ぶ、ほかにも葉摘みハイとか玉回しハイとかある。

朝、夫がりんご園を回ってみて支柱がはずれたりんごの木がニ本倒れていると言うので二人で起こしました。ワイ化のりんごの木だったので簡単に起こせてよかったです。

「つがる」をちょっとずつ収穫中です。収穫適期の日数計算では来週10日が適期なんですが、だいぶん赤くなっているのもあるので、そういうのから、ちょっとずつ収穫。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

おかげ様で今年の桃、全て終了いたしました。今日、色付きが悪く最後まで残っていた桃を全て収穫しました。やっぱり、色が悪いし味もあまり良くないです...

じぃじばぁばと孫‖広◆嫁で、この日も農場で収穫作業をしていた長男の仕事場へ冷やかしにいきました。山間に位置する、増富地区と呼ばれるところの農場です。

大粒ぶどうが出そろいました! いろいろな甘さのブドウを食べ比べてみませんか? 美味しいジューシーなぶどうの試食販売してます。

6月に植えた稲は分げつを繰り返して大きな株になっています。そして8月になって穂も出ました。3枚ある田んぼ、それぞれ生育具合にも違いがあって面白いものです。

木小学校児童43人のみなさんと先生の思いが通じてか、体験中はお天気ももちこたえ、とうもろこしの収穫と箸作りを体験して頂くことが出来ました。

ナスが心配です ナスの支柱を立てるのがなかなかやっかいで、さぼってしまっていたためちょっとの風にもぷらぷらしてたのですが…今回の台風によりこの通り…

白菜は9月初旬の定植なので、気温が30℃を超えるときしなければなりません。曇りや雨の日があれば願ってもない定植日和となりますが、今年はダメでした。

先日の台風はひどく風が強く、雨もいっぱい降りました!!トウモロコシも“バッタバタ”倒れていました(゜o゜)農業って大変だぁ。自然に勝つことはできないね(^^)

同時期に植えた苗でも 出来の良いものと毎年 色づきが遅れるものがあります。他の枝がのびてくるのを待って間引きすることにしました。細い枝から 次々切り落とします。

手前の虫除けの白い布のトンネルは キャベツの苗を植えました。一面の草を 雨上がりの日に手で抜き取って 植えたのです。

昨日から来場してくれている大学生のお二人にネギの播種をお願いして。写真左は、先日播種をしていた玉ねぎの苗床。ちらほらと発芽している。

今年も収穫が始まりました。まず初めは種なし巨峰から 山梨県内でも勝沼・一宮はもうとっくに収穫していますが、うちのところは(北杜市長坂町)これからです。

早いもので9月もラストウィークとなりました。当園最終品種 「早生甲斐路」出荷もいよいよ、終盤となりました。「早生甲斐路」宅配も今月いっぱいです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

本日の作業としては、コスレタスの定植を行いました。コスレタスはシーザーサラダによく使われる、リーフレタスです。ロメインレタスとも呼ばれます。

現在、三浦半島で収穫を迎えている数少ない作物の中に冬瓜があります。 台風の影響を受ける前に冬瓜栽培をしている生産者は急ピッチで収穫作業を行っています。

この時期のみかん園の手入れですが。第一は、やはりカミキリムシの駆除が問題でした。昨年のカミキリムシ20匹の駆除に対して、今年はこれまでのところ、7匹と少ない。

あまりにも残暑が厳しく畑の草はぼうぼうです。秋野菜の種まきの時期が来ていますので、気が気では有りません。早朝5時起きし、毎日1時間草取りしました。

キャベツの後の2番の畝の土作り。石灰を入れ、堆肥を入れ、元肥を入れて深く耕す。といっても畝高から30cmくらい、ね。鍬体験2度目の森さんは、恐れずひるまず果敢に挑む。

草むしりをしました。朝早くと日中細切れに。夏、農家は草との戦いです。秋野菜も準備を始めています。今年は早いキャベツとブロッコリーを蒔きました。

秋だねぇ。遅くなったが、秋まき野菜のうねを準備する。近くの畑の耕運機の音を聞きながら。機械なんかに負けないぞ! メーテルゥー!なんていきがってみても無理。

すくなかぼちゃの畑は耕作放棄地を開墾したばかりだったのでやはり草まみれに 草の中からかぼちゃを探し、草は粉砕していきます

今日はトウモロコシの後片付けをしました。片づけた後には、ラッキョウ・ニンニクなどを植える予定です。今日は湿度が高くて蒸し暑くて大変でした。

市民農園の方はというと、かなり荒れ放題になってきました。元気なのは雑草だけです。そんな雑草に混じって、空芯菜はだいぶ葉が大きくなってきました。

急遽ジャガイモの植えつけ準備朝から急いでトラクターをかけ畝立て一部ぬかるんだ状態でもあったが強引に作業強硬・・・雨が降るまでフル回転で作業しよう

イチゴの子株を親株から切り離し移植しました。初夏に下の写真のようなランナーから出てきたら、子株のランナーを切らずにそのまま育てるのです。

キュウリ棚を撤去しました。今年は種から2株、苗で2株のキュウリを栽培しましたが、まずまずの出来でした。植え付けていたネギは脇に移植しました。

今日の新農園の農作業は次のとおり。・草刈・ジャンボニンニク予定地のビニル消毒・収穫:ハバネロ(初収穫)、唐辛子、クウシンサイ、パプリカ、バジル、青シソ

ポップコーンの種ってスィート系の半分以下、故にクリーンシーダーで播こうとすると(たしかC−4かな?)タネが多く入り株間が狭く・・・

今年のみかんは表年で豊作なんですが、結実後6月の高温で例年より生理落下が多かったみたいです。摘果も仕上げ摘果をするだけで、ちょうど良い具合ですね

11月からの対面販売や納品の為に昨日27日、定植しました。キャベツ、ブロッコリー、カラフルなカリフラワー、芽キャベツ、など8種類ほど植え付けしました。

台風上陸真近かで、苗をパパイヤのハウスに移しました。苗は日増しに。大きくなっています雨模様で畑に出られず来春のミツバチの養蜂箱を作りました。

先々週くらいの農業塾で塾生と一緒に、昨年蒔いた外国のネギと西谷ネギを交配出来るよう定植しました! この品種以外にも植える予定ですが、結果が出るのは2〜3年後です

暑い日が続いていて、キャベツとスティックセニョールの苗が しおれて倒れまくっている!「暑いのが原因なんじゃない?」と教えてもらい、 日除けをつけることにしました。

ゴボウの出荷を始めました。もう少し寒い時期の野菜だと思うかもしれませんが、3〜4月頃に播種したものは真夏に収穫ができます。

苗を植え付けて、終了。マルチ掛けとトンネル掛けをした。トンネルはやや早い時期なので、朝にトンネルをオープンし、夕方に軽くクローズをして低温と高温防止をやる。

エネルギー農法をしていると、自然と親になってきます。 それは、野菜の個性を輝かせ、波動を高める事を意識しているからです。 1つの生命として、野菜を育てています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

秋野菜の種まき時期の到来です。8/30(火)は、畑担当のHさんが育てたキャベツとレタスの苗を定植しました。キャベツとレタスを交互に定植してゆきます。

午後、四日前と同じ田んぼの草刈りをしました。前回は、中央畦と東畦を中心に草刈りしましたが、今回は残りの畦すべてを草刈りしました。

八月ももうすぐ終わり。百姓は、夏野菜をかたづけ、秋冬の準備をしなければなりません。 午前中は、庭のパンパスグラスを切って縁側で干しました。

雨が続いて畑に出ることが出来きませんでしたが、雨のおかげでまいた種たちは発芽し始めています。まずは「いんげんさん」次は「にんじんさん」。

夏植えの陸稲の苗にあまりが出たので、凪穂の畑に自分で植えてもらいました♪凪穂は田植えの経験はありますが、陸稲の畑植えははじめてです!

天気が読めなかったこの週末。秋葉原菜園でいろいろと作業がありました。強風踊る金曜日。農業新聞社さんのご好意で、バケツを屋内に移動させていただきました。

そして、次は冬野菜!ニンジン、ラディッシュボーヤ、などを植えています!早いものはもう芽が出てきてますね♪無事大きくなって欲しいものです(^o^)

さて、本日スタッフ区画に茎ブロッコリーと、ブロッコリーを植え付けました ブロッコリーの回りにクローバーも一緒に植えました

今年初めて赤大根(もみじ)をつるありインゲンの後蒔きました。既に1回間引きして1か所3本になっています。化成肥料を追肥して、土寄せをしました。

畑に大変目立つピンクのシートをかけてみました。これは光変換光合成促進農法(通称、光変換ピンク農法)といって、作物の生長を促す農法です。

雨続きで、畑もサボり気味。雑草がきになりつつ、今日は畑へ。ネギたちは順調。サトイモは、周り畑のものと比べて生育がイマイチ。肥料あげるタイミングがまずかったかな。

田倉農園では収穫期をずらすために2回に分けて種を播きます。今日はその2回目の白菜を播きました。今回も第1段同様にセルと言う容器に種を播きました。

ようやく 人参の間引きを開始した。通路にも、雑草が見えはじめてきたので、出来るだけ早めに終わらせて、追肥、 中耕(通路)、 と済ませたい所。

先日秋ジャガイモの定植作業を行いました。農園利用者の方に、お手伝いをしていただき、約1時間で作業は終了しました。

白マルチを張って穴をあけて潅水して、オルトランを二振りして、土を少しかぶせてキャベツの苗を植え付けて、条間を踏み踏みして、周りをスコップでザックザック。

秋冬に向けてアブラナ類の様子。寒冷紗(日よけ・虫よけ・寒さ対応等に使うネットのこと)のなかは、キャベツ、ロマネスコ、ブロッコリーの苗です。

台風後のワサビ田に行きました。水量がすごく増えていましたが、被害はありませんでした。昨年に植えたワサビが、いよいよ10月ぐらいから収穫できます。

木村農園の畑も夏野菜の撤去作業も終盤になっています。とは言ってもオクラ、ピーマン、寺島ナスはまだまだ収穫しています。オクラ!まだ元気な寺島ナス♪

写真は、サツマイモ二毛作に挑戦のジャガイモ葉玉ねぎ玉ねぎの畑ですサツマイモ、葉玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジンは年内に収穫予定

新たに色づいてきたブドウ2種類が、店頭に加わりました!ゴルビーは伊豆錦(黒色、巨峰の子)と、レッドクイーン(赤色、巨峰の孫の子・玄孫)の掛け合わせ。

上の写真は今年大発生の「輪紋病」にやられた秀玉梨です。目のようにみえるのが病斑。とぼけた顔してババンバ〜ン!と梨を傷モノにする憎っくき悪魔の顔。

野菜の種は、買うことが当たり前ですが、江戸東京野菜は自家採取が基本!これは人参の種の穂から種とごみを選別しているところです。大変な作業です。

完熟しているティフブルーをはじめ、両手に袋を下げて満足げに帰られるお客様をお見送りし、多くのお客様にご満足いただけたことを大変うれしく思います。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

家族の力を集結して傷みのひどい畑で、手間がかかりましたが、今季マックス切りました。キャベツもここにきて値が上がり始めましたから子供たちも喜び頑張ってくれました。

さて、果樹園では現在西洋なし「オーロラ」が販売になりました そして昨日は2番目の品種「マルゲリット・マリーラ」を収穫しました 

地表を割るようにして、ジャガイモの新芽がでてきています。こないだのゲリラ豪雨でやられたかと思っていましたが、ちゃんと顔を出してきました。すごい生命力。

去年は8月の半ばまでに春ねぎの定植を終わらせていましたが、思いのほか成長がよく5月出荷分まで残らなかったため、今年は9月定植分も播種しました。

白菜の生長が順調です。結構伸びてきたので間引きをしました。隣にあるのも白菜ですが、間引きして移植したため成長が少し遅れています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

種蒔き96日後の落花生畑ご覧の通り立派な落花生畑です。しかし、葉っぱは見事なもんですが肝心の実はどんなもんでしょうか?

アイコが沢山収穫できました〜 わ〜い、と思ってひとつづつ拭いていたら割れてるものが多くて半分以上は自家用です 仕方ないよね〜露地で雨避けしてないから

左側の慣行農法の田んぼは、刈り入れが終わってます。右側の私たちの田んぼは、一ヶ月遅く田植えしたのであと、10日くらいはお日様の恵みが必要です。

待ちに待った稲刈りシーズンです。磨いたコンバインが、嬉しそうに田んぼを走り回っております。やっぱりなんだかんだ言っても収穫時期は楽しいですよね!?

3・4時間目は、課題研究だったので僕は、野菜で内容は、籾クン炭の運搬でした。トマトの所作りでした。それで、トマトの苗移動でした。

8月23日から稲刈りが始まりました!最初は早稲のふさおとめです。横芝光町も放射能検査を行って、大丈夫でした!

9月初旬の畑の作物たちです。現在、稲刈り中のため、私の集落の畑地は留守状態です。落花生畑です。非常に良い生育状態!とまではいかなくとも、元気に育っています。

9月には入ると秋植え野菜の計画を考えたり、植付けや苗作りなど忙しくなります。第1弾としてニンニクに植付けを行いました。

秋の1日は春の3日とも1週間ともいわれます。だからと言って急ぎ過ぎてもいけないのですがとりあえず、アブラナ科の秋冬野菜の植え付けを急ぎました。

第3回目の教室では、ダイコンの種を播きました。ダイコンは、冬野菜の中でも、美味しいなあ〜としみじみと感じることのできる野菜です。

昨日は・・・肥料を撒いて・・・鎮圧ロータリーをして・・・今日の準備をしていました。何の準備かと言うと・・・そうブロッコリー今日は定植日なんです

直売主体の農家ではないので、直売向けの野菜は枝豆や試験栽培物以外は作っていないんだけど、ちょっとした収穫体験も企画しているのでトウモロコシを作付けしてみた。

サツマイモの保存適温は10℃から15℃で、本格的な冬になると外では腐ってくるので、この穴に藁などを敷いて、あとどうするかはまだ考え中です。

今日は吉原さんと袖ヶ浦房の駅農場に集合して房の緑なすの収穫からスタートです。注文分と新生、草刈房の駅販売分で80袋できました!!

先日、きれいに張ったマルチですが、小さな穴を開けておきます。雨が降って、種をまいた穴への流れ込みを軽減させる目的があります。

トマトときゅうりの生育状況です。 トマト:9月半ばくらいから収穫できそうかな。 きゅうり:早ければ9月半ばくらいに収穫できそうか。

森のようちえんはっぴーさんの稲刈り体験を実施しました。11家族のみなさんが参加してくれて、5月に田植えをした所の稲を刈取りました。

生落花生用として収穫スタートです。一週間遅かったか気がしますが、5畝だけなので今月中にはさばけるかと。播種が6月1日。二週間遅れたので実の付きがかなり少ない。

いよいよお米の収穫が始まりました。早生種の「ふさおとめ」である。コンバインがブルンブルンと音を立てて、通るとそれに驚いてカエルやバッタが飛び出して来る。

ここへ来ての台風襲来!!強風が吹くと、せっかく調子が良くなってきた野菜たちにダメージが!なすやピーマンなどの実物は、風が吹くと傷が付きやすいんです。

放っておくとどんどんつるが伸びて長ーくなる空芯菜またはエンサイともいわれています。油との相性が良くシャキシャキして食感が良いので好きな野菜です。 

房州びわの樹は夏に新しい芽を出します。普通のびわの葉は濃い緑色ですが、新芽は白っぽい色をしています。中央のイナゴもまだ若い感じの色ですね。

今日は田植え体験もした、栄光キッズカレッジの皆さんが稲刈り体験に来ました5月に皆で植えたお米の苗がすくすく育ち無事に稲を刈ることができました

午前中はびわの樹の剪定と葉の収穫、甘夏の樹の剪定と実の収穫です。「瑞穂」という品種のびわは枝が伸びやすいため、樹がすぐに大きくなります。

千葉県における蕎麦の播種時期は、8月中下旬、推奨品種は、信濃1号であるとか。小生、根っからのひねくれ者なのか、信州大粒、秋そばの2種を育ててきた。

今年は一応電気柵で保護されたエリア(第2農場)で作っているが、この間想定外のところからシカが侵入して、落花生の隣に植わっている大豆の葉を食べられた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

細い道を挟んで、梨畑が分かれています。写真右は、雪害のため棚は直しましたが、畑を上から包み込むようにネットがかかっていません。左の畑は防雹網をかけ直しました。

実は、野菜もあまりに日差しが強い日が続くと「日焼け」します!最初は、ほんの少しだけ白くなってしまい・・・ 気がつくと・・・こんなに黒くなり、腐ってしまいます!

今年のトウモロコシ研究内容は反射資材の利用によるアブラムシ防除の効果だったんですが幼稚な研究でごめんなさい(^O^)笑一応報告書!

今日は出荷日なので朝収穫。にんじんの間引きと、田んぼの除草、明日の出荷の出荷調整、白菜(黄ごころ85、90)をまいた。

夏も終盤になってきましたが、ひなたぼっこの畑では、まだまだ元気な夏野菜が活躍中です ひなたぼっこの朝採れ野菜をどうぞお楽しみくださいませ

秋冬物の野菜は春と違って植えるのが数日違うだけで出来が大きく変わってしまう。明日の午後からは全力で定植したい。

収穫出来るくらいの大きさに成長したっぽいので、早速収穫しました 枝豆は、採りたてが一番美味しいと聞いたので、摘み取る前にお湯を沸かしてから収穫しました

深い掘りだからこそ水があふれません 先人の結束力によって成し得た圃場の耕地整理 先人たちに感謝です 元々市内で最も高い場所にあることにもよります

8月は田んぼの水の管理や秋の枝豆や里芋のお世話、伸び続ける草の草刈り、ブルーベリーの収穫、ジャム作り、子供の夏休みの宿題・・・。忙しくしてました。

我が家には、「秋茗荷」があります。  根元から、にょきっと出てきます。その先から花が咲きます。食べているところは、花穂?つぼみ?。

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

あと、そろそろ収穫を急がなくてはならないものに「トウガラシ」があります。 一本でこれだけの収穫ができそうです。

カボチャのお尻のあたりが虫に食べられたりするんで、その前に一部を収穫してみました。今回収穫したカボチャは、こんな感じで、約14個ありましたね。

まだまだ暑い日が続いているので、「はくさい」の定植を躊躇していましたが、本職の農家さんの畑に定植が始まったので、わが菜園にも定植を行いました。

ハニービーナス、安芸クイーンそしてピオーネと無事収穫がおわりました。早めの薬剤散布をおこないましたので、大きな病害にあいませんでした。これは良かった点です。

キャベツ・ブロッコリーの苗を植え付けた畑。 防虫ネットをかけています。 7月から種をまき、苗を育てて、8月から植え付けています。

この骨組みが「おだあし」と呼ばれるもので〜す。檜と竹を使用して組み上げるんです。結構バランスを考えて作らなくてはならないので根気がいる仕事なんです。

春に田植えを手伝ってくれたユニオンファームの取引先のみなさんが稲刈りの手伝いに来てくれました 午前中は稲刈りあとの圃場の管理

この写真の作業風景は、たてた「畝」へ肥料を蒔き、土と肥料をかき回しながら「畝」を平らにしているところです。ちなみに「畝」は「うね」と読みます。

今日は枝豆祭り最終日でした。天候にも恵まれたくさんのお客さんに出会うことができました。一本のひもで平均5キロから6キロぐらいの莢の枝豆をとることができます。

7月中旬に種を蒔いてから大切に育ててきたニンジンが大きくなってきました。雑草を取り、間引きをしてから土寄せをします。

新しく蒔く小松菜のべたがけが足りなくなったので、そこそこ育ち始めてそろそろがっちり太陽の光を浴びせたいなというところを剥ぎとって使用。

その人参、 播種するとき 1ヶ所2粒まきにするか1粒にするかで揉めたんですが、私は2粒巻きを薦めたのですが、間引きする手間を考えて1粒蒔きにしました。

向かって右から、冬どりの色大根各種、青首大根、大カブ、赤カブ、今日植えた白菜君。太陽熱処理の畑はとっくに使い果たしているので、ここはじゃがいもの跡地。

7、8人の作業でドンドン骨組みが出来上がり ハウスって、パイプが、土に刺さっているだけなのかと思ったら、ちゃんと地中にパイプを這わせて、組み立てられています〜。

昨日で、冬大根は播き納めだったけど、こんな天気だと、何だかもう一回くらい播いておいたほうが良いのかもしれない、そんな気にさえさせられます。

10月の葉物類を播種して灌水しました。小松菜、水菜、カブ、チンゲン菜、からし菜、ルッコラ、ホウレンソウ、タアサイです。美味く育ってくれますように。

今日は月一のサツマイモの会。会員さんが子供たちと一緒に畑に遊びにきます。先月までの草取りが奏功してサツマの生育はいたって順調。

今年はピーマンがよく育ちました。カメムシやタバコガの被害もほとんど無く、ほとんどが完熟果である赤ピーマン(パプリカ)にまで生長してくれました。

今年の稲作は、田植えから刈り取りまでいろいろありました。春先は地震により水田に水を送るパイプラインが被害を受け、復旧作業のため田植えが遅れました。

近所の方に稲刈りを頼まれて、稲刈り作業をしています 場所は、史跡小田城を通り小学校の近くで道が狭いため、コンバインの機械を自走で移動

ニンジンは種を撒く時に、筋蒔きと言って、種をつらねて撒きます そのため、間引きをしないと、ニンジンが大きくなってくれません

販売開始が遅くなりますので、販売終了時期もあとにずれ込み、今年はお彼岸前後まで豊水が収穫できるかと思っております。(これも天候次第ではありますが)

テレビ放映の効果で枝豆が飛ぶように売れた。うれしい悲鳴なんだけど、とにかく仕事が追いつかない。出荷が終わったらすぐ追加用の枝豆の収穫、出荷準備。

収穫した籾はこのように、コンテナに移します。そして乾燥機に入れる。私が始める前は、籾を袋に入れて運び、そしてそれを乾燥機にあける作業がありました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

里芋を使う予定があり、また、生長具合を確認する為試し掘りをしてみました。尚、白菜苗の最終間引きも行ないましたので、それらの様子を紹介いたします。

本日、3反1枚稲刈完了です。乾燥機の関係で1枚から1.5枚しか刈れないんですよね。あと31枚刈り取りが残ってます。途方に暮れそうです。

今回は野菜の収穫と手入れをしました。今年初のなすの収穫 もちろんきゅうりも。味は昨年植えた品種の方がおいしい。秋きゅうりを植えたので、そっちはどうか楽しみだね

燦々としたお天気が続いたせいなのか、一時は、『もうおしまいなのか?』とか思っていたトマト類が、また採れだしたりなんかしたりして(笑

6月から7月にかけて畑より全部収穫する予定だったじゃがいもですが、他の作物の管理で忙しく、9月に入った今も、懸命に土の中から掘りとっています。

秋の農作業準備  稲も少しずつ実ってきたので 農機具の手入れと傷んだところの部品交換しました。 もみすり機の陽動部分のシャフト交換とベアリング交換

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40