この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-09-22 03:09:36

岐阜県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

今年は去年よりシナの花つきがよくて、「大豊作か!?」ととても期待していたのですが、残念ながら、タイミング悪く何回か雨が降って、花がすぐ終わってしまいました。

今日は、2013年の初種まきです。サニーレタスと、赤色のサンチュ。去年の踏み込み温床につかった落ち葉と山土を混ぜた育苗土がどんな感じなのかのテストも兼ねて。

『むかご』を収穫しちゃいました。 むかごは、山芋のつるが垂れ下がると出来ちゃいます。 山では 蔓だけで伸びるのは不可能で 大概、何かしらにしがみついていますよね

美味しいトマトはこの写真左側のトマトの様にヘタの付近が緑色のグラデーションがあって この様にお尻の部分の星印が多ければ多いほど良いです。

玉葱を収穫してまだ1ヶ月足らず・・・ですが 玉葱マルチの穴から、赤紫蘇が生えてきた物だから 欲張りっ子の私は・・・赤紫蘇も収穫できるまで待ちました。

宿儺かぼちゃ系(?)の市販種「ごっちゃんかぼちゃ」を購入して 自宅裏畑はそれ専用にして蒔いている(4株混ざった・・・けど) 茂りすぎて 通路も無くなりそう

久しぶりに登場のトマトたち。実が赤くなりだす頃に雨が降ると、根から必要以上に水分を吸収しちゃって皮が裂けちゃうわけです。

9月の終わりから10月の上旬にかけて植え替えた白菜は、やはり遅かった。寒くなるのが早くて、巻きそうにはありません。

雨も上がって、ようやく芋掘り再開  安納芋6箱 これで安納芋は掘り終りました。 このあと、紅はるか1箱掘ったけれど 手持ちの箱が7箱だったので此処までで止め

11時から明後日の朝方までが葉っぱの時間になる。葉っぱの時間は、水を持つのでさつまいもなど長期に保存したい作物の収穫には適さない。

かぼちゃとゴーヤのハウスはジャングルみたいです。雨が降らなくなって9日目。ハウスの中は毎日50度にはなっていると思うので、さすがにしおれ始めた!!(焦!)

ミニログ裏の畑で サツマイモを植えた畝間から生えたかぼちゃ 昨年作った、白い坊ちゃんだろうけれど これが 良い感じに生っている!!

小玉スイカの「愛娘ひなた」 ミニログ裏での栽培ですが まず1個収穫してみた。 交配日・・・解りません・・・ 打音・・・聞き分け出来ません・・・

チェーンを田んぼの中で引きずり回し草を取る機械です。除草した田んぼ。かき回されるので、濁り、これだけでも、中まで日光が行かないので草の生長を数日は押さえます。

遅植え用アロイトマトの苗をピンチ2本仕立てにしています。本葉3枚で摘心し葉柄を残して葉を切るというものです。

ニンニクを収穫後、 2枚ほど皮を剥いて綺麗にし 根の部分を切って乾燥させていますが 茎を切った時に 左右の色の違い解りますか? 左は、芯の方が色が抜けていますよね

今日は高山市役所の関係者さんの視察がありました。私としてはとても嬉しいことですね^^雪国でもこんな変わった温泉栽培があると知っていただけますし^^

水がはけず、半ばぬかるみ状態で稲刈りしてます。今年も黄金色に染まってくれました。収量は去年よりは落ちましたね、きっと。もっと草取りがんばらなきゃ。

今年初挑戦の小豆 大豆の花は紫だけど、小豆は黄色なんですね〜かぼちゃも、今年は収穫できそうです アマランサス色とりどり今年こそは、きちんと収穫したい!

こんな風に隠れているトマトちゃんを収穫します。こんなくらいの色で。収穫台車にコンテナ4つつんで、おおまかにAB品とそれ以外をわけながらとっています。

サツマイモ、、ずいぶん根が出たので再度畑に植えました 畑の先生に伺ったところ 1か月遅れでとれるかどうかってとこだな との事でございました

12日、今朝は冷え込み5度で霜も降りました。今朝は、早速そら豆の苗に唯一ネットを掛けていない東采園の畝に不燃布を霜よけで掛けました。

主人が種を撒き、すくすく育った葉物ハウス。私が何度まいても、発芽しなかったので、芽が出て喜んでいたら、密に育ちすぎてひどいことに。

今日は葉っぱの日で、新月から日が浅く、ギリギリ今日まで、種まき適期。白菜と、キャベツの種を撒いたけれど種まきには自信が無い、、。

今年は、種球まで全部販売に回してしまったので 種球を全量購入で入れ替えします。 昨年までは、自家採種で3年目だったけれど・・・。

花がいっぱい咲いているけれど、もう今からの時間では、実にならないだろう。このぶら下がっているのは、もう少ししたら収穫。

干ばつを想定して 作付け量を減らした里芋です。 結果、干ばつがきつかったから、減らして正解? ホースで水遣りもしましたが、枯らさずに済んだ程度。

遠くの田んぼと比べて色が薄いです。私が思うに、緑の濃い田んぼは肥料が多い。肥料が多いと背が高くなり、実が沢山付いて重くなる。

とりあえずミニ白菜だけでも蒔いて置かねば!! 今年は、128穴セルで蒔いてみました。 (昨年は少なめの生産だから25穴セルの2粒蒔き) セルが見えない???

いのししにやられた!!熟したものは完食して種だけを残し、まだ未熟なものは、つぎつぎとかじりやがりました。地面に近いかぼちゃは、ほぼ全滅。

モロヘイヤを植え替えた畝。草だらけだったところを、ざっと草を取って植え替えた。ところが半分は特に迫られていないのでそのままになってしまうと、こんな風に。

写真はピンチ栽培のアロイトマトの苗です。昼間はハウス内は凄い暑さなのでトマトにとって過酷な条件で今回は手灌水を一度しました。

アイガモちゃん達を田んぼに放してもう一週間が過ぎました。 ご覧の通り、みんな仲良く田んぼの中を元気に泳ぎまわっています。

今年初めて挑戦中のアロイトマトのピンチ苗のその後です。ようやく脇芽から葉っぱが伸びてきてくれています。と、ここで問題が、、、。 

昨日、根菜の日で定植適期。さつまいもの苗を、たなか野菜畑さんに頼んで朝抜いてきてもらった苗を、午後から植えた。昨日暑かったので、今日はくったりの苗。

配置ミスで、エンドウの影になった蔓なしインゲン・・・ 初期は低温、その後水不足で育ち悪かった。 その横の蔓ありインゲンモロッコ、蔓ボケか??

定植して9日目のアロイトマト・普通植えです。 ようやく大きくなってきてくれています。いつもの年に比べてまだ少し小さめです。

冷涼地ではないのですが あえて今の時期に蒔いたり植えたりしてみた。 蒔いた物は、人参(夏蒔き鮮紅五寸) 夏場の天候次第 当たれば 9〜10月ごろに取れるかも??

1うね全部かぼちゃ〜〜〜 株間60cmで62株植わりました。 此処に植えた物は、「宿儺かぼちゃ」として売られている正規品からの種取りです

柿の摘蕾始まっています。柿は、大きな実を作るために、つぼみをとって数を減らします。柿のつぼみ↑今の時期は手で簡単にちぎれます。

小森養蜂場は日高へ採蜜にいってきました。親方は養蜂組合の会議にいってて親方抜きでの採蜜です。日高は馬が多くて走ってて楽しいです。

移虫(いちゅう)というのは、女王蜂をつくるための作業です。王台という巣房に産みつけられた虫は女王蜂になります。

今日も親方は板を切ってます。この板はミツバチの巣箱になります。O笹くんの養蜂場と、Yスケくんの養蜂場の分だそうです。

水はけが超悪い畑に播いた小豆たちが心配です。土寄せが済めばなんとかなると信じているのですが。今日は白菜の種まき2回目を。

今年も玉葱は2箇所に分けての栽培  自宅裏でも作るのですが、精々1000本  玉葱ばかり大量に作るわけには行かない

畑の準備の一環で、もみ殻を頂きに行ってきました。営濃さんが毎年、地区内営納事業所近くの畑筋にもみ殻を置いて貰え、どなたでも自由に持ち帰れる事が出来ます。

麦をまく時期は10月下旬から11月だったけれど、この数年、11月の頭に急に冷え込んで、芽が出た所で何度も凍って、ダメになることが増えていました。

玉葱苗 先日雨を貰って元気になってきましたね。 それでも・・・ 超極早生(春いちばん)=左手前 赤玉(赤玉の極み)=春いちばんの次 などは、かなり出来が悪い!

手持ちの水中ポンプ、 下の谷川から25mmのでは気が遠くなるから 40mmので揚げてみました。 イメージ 1ポンプの能力・・・ちょっと無理があるかな??

サツマイモを収穫中ですが 来年度用の種芋も今の時期に選んでおかなきゃ〜〜! 種芋には、200g〜300gサイズが良いとかでしたよね。

8月31日に種を撒いたたまねぎです。順調に発芽しましたが、問題はこのあと。ちゃんとした苗になるまでの2ヶ月間。今まではどーも、うまくいかない。

ズッキーニは6月3日から収穫しているので、もう3ヶ月目に入る。さすがにあと少しで終わりそうだけれど、今年は本当にがんばってくれた!

今年の田んぼは、足の怪我により荒起こししかやっていないけれど 代かき、田植えは完全委託・・・ 両親が面倒見ていて、 今日が刈り取りの日となりました。

ピーマン。見るからに虫がついている。大きなフンもいっぱい。虫がついている木を見ると以前、葉っぱを整枝せずに、そのまま茂らせていた列がほとんど。

トマトの芽が伸びていて芽かきをしたかったのですが雨の日が続いていて出来なかったので久しぶりの晴れで伸びていた芽かきをしました。 

本日の2回目収穫始めるか〜〜〜(早朝より出荷用野菜の収穫はしたからね) 残っていた梅も収穫 選別すれば、5キロは確保できるかな〜〜?

7日に雨が降って、元気になった露地野菜。水が好きなとうもろこしもいきいき♪かぼちゃは花を咲かせて、実をつけようとしていますが、問題がひとつ。

田んぼのカーブを話題にしてみます  この写真でいうとまず右に曲がり直線で左に曲がり右に曲がって直線にもどる 畦と苗の間隔が一緒だと綺麗に見えます

ヤーコンの苗場が昨日片付いたから、その続きに埋め込んである芽吹いた里芋を、今日、掘り起こした。  そして、そこをビッチュウで起こしてクワで畝立て。

ようやくここ最近の暖かさでぐっと大きくなってきてくれています。写真はアロイトマトと真黒ナスの苗ですが大きいものでアロイトマトは本葉6枚目です。 

ついに今年も北海道へ移動する日がやってきました。ハチの数が多いので、何回かにわけて移動します。人の手で一つづつするしかないので、積み込みの日は人手が必要。

やっぱりバナナの蕾を切っちゃいました^^なぜなら温泉ハウス内は30度と暑く蕾の周りに小さい虫が発生する・・・衛生の面も考え蕾の断髪をしましたよ^^

東采園では来年の春に、スイカを作る場所に成る所ですが、5月にスイカの苗植付けするまで全体が空いてしまいますので一部場所を有効利用目的で玉葱を作ります。

朝一の作業で、先日種蒔きしました、いっすん(一寸)そら豆の残り種をポットに蒔きました。すでに蒔きました種は、今朝の見廻りでは種の皮が割れてきました。

1ヶ月ほど前に試し掘りしましたが 掘っておいた安納芋は、芽が出て来ています〜(春は中々出ないのにね)

128穴セルに蒔いていた白菜「王将」 これも古種で、’05年6月発芽検査月の種で 2〜3粒蒔いておいたけれど これだけ出れば十分ですね・・・

ジャガイモが掘り返されている。(涙)足跡から、かなり大きないのししです。そろそろ採り頃だと思っていたけれどまだ熟し方が足りなかったようで、全滅は免れた。

寒かったのでトマトの鉢上げは待つことにしてナスなどの土詰めをし、今日も寒かったのですがトレーではこれ以上置きたくなかったので鉢上げをしました。

移虫からきっかり10日後、女王蜂が順調に育っている王台を女王蜂のいないミツバチの群(無王:むおう)にくっつけます。そうすると、新しいひとつの群になります。

左のおくらは、まわりをまくわうりで覆われていてまくわうりの葉っぱが茂ってからは1回も水もやれないし、何も出来ない。

夏の暑さが半端無いです。 マルチ栽培だと、日中マルチの表面は素手では触れないほどになっています。 そんな上に転がっているかぼちゃ、スイカ、マクワウリ・・・

カラスが2羽降りました。 でも、昨日対策したもんね〜防鳥ネットを張る時間が無いから とりあえず 防鳥糸(漁業組合からのお下がり=廃品)

かぼちゃやじゃがいもや、とうもろこしの畑を奥のほうから映しました。右手はにんにく。左側の手前に茂っているのは、菊芋。地下茎なので、増えて畑を占領しそうです。

今日アロイトマトの定植を始めました。まずは普通の植え方をするトマトを今日植えて、横植えをするものは今日葉をとり切り口を乾かして明日定植です。

今日は花粉作り。ミツバチの餌のことです。「花粉代用パテ」といって、その名の通り花粉の代わりになるエサです。

ようやく玉葱の苗床用地の石抜き作業が終わりました。段々深くなったので、このままでは間に合わないと思い 途中から反転し、 西側より15cmの深さで再スタート

先日種まきした玉ねぎの発芽確認 今年の玉ねぎは難しかったっと聞いたので、心配しましたが、無事発芽してくれました。手前の多きな葉は、かぼちゃかな??

昨年小松菜が咲き誇ったハウス。種だらけになって、それを菜種油用に採るかと思ったら 何かの種を撒いたようでぎっしりと発芽して、手がつけられません。

本日、麦の種蒔きをした ほんとは10月中に畝をたて筋蒔きをしたかったのだが忙しすぎて畝も作れず、オマケに春に収穫した麦は脱穀も出来なかった・・

主人が8月に蒔いた人参。8月は雨も降り、太陽も出たので(人参は両方が好き)調子よく育っていました。夜が冷えるのと、またちょっと渇き気味で最近は少し停滞気味。

大玉トマトの摘芯(てきしん)を始めました。摘芯とは樹の一番上の芽を摘み取ることです。今、早く植えた方の樹たちの天辺では10段目の花が満開状態です。

コシヒカリに穂肥を与える時期です。出穂(しゅっすい)が近づく時期に肥料を与えます。穂肥のタイミングは、出穂18日前です。

別畑2にSUN菜かぼちゃ(飛騨かぼちゃ)の植え付けをして来ました。 といってもまだ苗が足りなかったけれど・・・。 これが今の別畑2の状況です。

昨年の末より、新たにタラの芽の促成栽培を開始致しました。今回は、成育条件に関するデーター収集を主な目的とした試作となります。

早速、畑で年を越したニンジン達を収穫します ニンジンの収穫から袋詰めまでの一連の流れ、、、地表が凍っててコンテナ6杯収穫するのに2時間かかってしまいました

16日みんなで学校や会社をさぼり リンゴジュースの加工に飯田市まで行ってきました。朝6時半 まだ暗いうちからリンゴの積み込みをしました。100ケース余のリンゴ。

今日は、パラパラと雨が降る中、収穫をしました 収穫物の中でも、一際輝ぃてぃたのが、だいこん 赤・白・緑の3色だいこん 明日、ござらっせに初出荷です

昼間お日様の下は暖かいですが、朝はすっかり寒くなってきました。小森養蜂場の畑ではタマネギの苗を植えつけています。1週間くらい前、畑にマルチをはりました。

幸水に続き、豊水もあと1週間で終わりです。陽光が日1日と赤く色づいていきます。食べごろは10月末ごろからでしょうか 一方、王林は青く、青くなっていきます。

今日は、稲刈りから袋詰めまでご紹介 まずは、機械で刈れなぃ角っこの所を手刈りします 四隅を全部刈り終ゎったら、コンバインの登場

本日は、じゃがいもの収穫作業をしました。使われていなかった休耕田をみんなで開墾するところから始まり、種芋を植え約三ヶ月。いよいよ収穫作業です。

外にビニールをかけて、置いていた黒豆。主人は大丈夫、と言うけれど、雨が降ったりしたので、私は気が気でない。今日長男、次男がその脱穀に取り掛かった。

富有柿鋭意出荷中!!晴れた日は、午前中から収穫、14時すぎくらいから柿を選別して、梱包して、15時半くらいにくるヤマトさんに引き渡して、あまりは農協へ出荷。

籾殻くんたんを作ります。先日、ホームセンターで購入したくん炭器(上記写真)を使います。最初に新聞紙や小枝を燃やし、火が消えないうちにくん炭器をかぶせます。

前の畑の奥と中畝の溝埋め・玉葱植付用の畝の草刈&軽く耕運==畝立て14時頃から玉葱植付始めーー17時終了・・・

大玉トマトのビニールハウス6棟のうち、早く植えた3棟分のトマトの収穫を終了しました。残りの遅植え3棟分のトマトの管理をしながら、早植え3棟分の片付けを開始しました。

10/6土曜日、田んぼオーナー制度2012 稲刈りイベントを行いました。50名を越えるご参加ありがとうございます。豊かに実った私達の田んぼ。

ジャングル状態だったマイクロトマト。管理の仕方を聞いてみました。どうやら、支柱と輪っかが組合わさった、朝顔等で使う「あんどん」を使うと管理がしやすいらしい。

昼過ぎから風が強くなり夕方5時ころとんでもない風が吹き荒れた。トマトの苗床ハウスが心配で、何度も見に行きましたが、お陰さまでなんとか風に耐えることができました。

昨年苗屋さんで見つけて衝動買いしてしまった畑ワサビですが 家の前の用水で1年経過し なんとか生きながらえて居ます。

9月上旬に稲刈りをしたコシヒカリ。その後、切り株から新芽が伸びて、再び青々とした田んぼになっています。 そしてまた穂が出てきます。

今日は芋掘り会を開催しました と、いってもイベントらしいイベントでは全然ありませんが…そこにイモがあるそしてイモを掘るそんな感じです

4人の若者たちが梨狩りに訪れてくれました。じっくり選んだ後は、彼女の剥いてくれた梨を、おいしそうに食べてくれていました。

野菜の花が面白いのはちゃんとその野菜の味がするのが多いってとこですかね カラシ菜の花はカラシ菜の味がルッコラはルッコラの味がちゃんとします

個人的に売る用としてミニトマト・中玉トマトも作っています。こっちは農薬は一切使っていません!!定植してから約1カ月、一回だけしか水やりしていません。

収穫のため、8月から4時起床。夏とはいえ外はまだ暗い。やっとの思いで起き上がり、軽トラに乗り込みトマト畑に向かう。夏真っ盛りだけど、早朝の風はまだ涼しい。

今日は、台風の影響で雨が降っていましたので畑には行きませんでしたが先日からトウモロコシが収穫できるようになりまして、カラスも狙っているようです。

中まで赤いじゃが芋、ノーザンルビー ポテトサラダがおススメ。マヨネーズと合わせるとピンクになって見た目も素敵。味もおいしいですキタアカリ。

最後に定植したトマトたち。もう老化苗、徒長もいいとこだったので、なかなかうまく活着して育ってくれませんでした。それが、ようやく・・・育ってきました。

1匹の女王蜂が1つの群(1つの巣箱)を作っています。つまり、群を増やそうと思えば、女王蜂を増やせばいいわけです。どうやって増やすかというと。

12月7、8日の名取農場です。ネギ、白菜、大根、と順調に育っていました。 春菊は終わりに近づきつつ、少しなら収穫可能、他にほうれん草やチンゲンサイ、山東菜も。

フラワーネットを使うやり方でしたが、今年はさらに太陽に葉を広げて誘引出来ると思われる1本ずつの枝に誘引紐を巻きつけていく方法を一部試しています。

タマネギが育ってきてます!私も植えたのでうれしい。タマネギのそばに、けしが生えてた!!色がきれいでかわいいです。そしてエンドウが収穫期です。

ニンジンの失敗により別の畑に急遽約800屬離クラを播いたのだった よって、屋敷畑の自家食オクラは出荷用となるB品食べるからいいけど(^^;

リベンジ種まきの芽が出てきました!大玉も!甘っこも!ブラック・ホワイトチェリーも!来週、気温がグンとあがるみたいなので、今度こそは温度管理に気をつけます!

土は本当に重要。トマトの樹の一生(?)における8割は苗の生育状態で決まると言われていて、根の張り具合が悪いと、収穫量に大きく影響が出てきてしまうのです。

出荷作業が終わった後は、購入分の玉ねぎ苗を植え付け。今日で2000本ちょっとを植え終わりました。後は、直播き分が少し植え替えられそうなので、明日以降に。

めっきり寒くなりまして、TMTはもはや色づく気配がない状態にあります。なんで、ここはもう諦めて、こいつに期待。コールラビ。収穫時期、不明。

デジマという品種を2kg用意、28個を植えつけました。畝の上の草を刈り、だいたい株間30cm×条間50cmでスコップで植え穴を開けます。

ネギ育苗中です さぁ探してください!!!発芽しているのですよ!!!播種(種まき)から4日後の結果です さぁみんなスクスク大きくなれよ!!と灌水(水撒き)中です

そろそろトマトの定植の時期です。ここのところ、またしても冷え込んでいまして、今植えたらトマトの生長がとまっちゃう!ってことで見合わせ中(・・・らしい)

冬時期でも栽培可能だしとてもいいかなと思いました!使ってくれる所があればいいのですが 常に使ってくれる所あれば大量に作りたいんだけどなー

秋晴れに恵まれ御米の脱穀です。午前中は鴨狩りと鶏の餌作りで昼からの作業。嫁に手伝って貰いの作業でしたが足踏み脱穀機は自分ひとりで頑張りました

8/7定植のキャベツ収穫です。防虫ネットを外したらモンシロチョウの青虫ににちょっと食べられたけど立派に育ちました♪自家製鶏ふんは素晴らしい効果がある。

秋の農業体験は、もっとも人気のある農業体験です。本年は、機械による稲刈りと手作業による稲刈りの体験に加えて、古式農作業体験と米粉パン作り体験等を予定しています。

今日はお野菜BOXの出荷日。この時期は朝の10時くらいにならないと収穫ができません。。Lパックから、黒千石という小さな黒豆をお届けです。

今後の作業は萱を刻んでハウス内に播き、発酵促進と微生物を増やすために米ぬかやもみ殻のボカシを撒いて更に耕運して冬に突入する予定だ。

早生富有柿を収穫しては、出荷しております。今日は私もお手伝い。といっても箱作り。ダンボール箱を組み立てます。この箱は「2段」用。

右のコシヒカリは穂を垂らしていますが、左側のハッピーヒルはやっと華を咲かせたばかりハッピーの方が1週間ほど早く植えたのだけど早生と晩生でこんなに違います。

「白ナス」です。その種蒔きを3月9日に行い、新家(分家)の ビニールハウスの中に入れさせていただき、毎日の水やりなどの管理をしていただいています。

2月14日に、遅植えしてまだ玉が少ししか巻いていないキャベツに鳥害防止ネット(防虫ネットを代用)を掛けた。3月3日にエンドウの鳥害を発見した。

昨日頂いたブルーベリー苗を植えなきゃ〜〜〜と 思ってみても、大苗だからどうしよう・・・ 先日丸切りしておいたドラム缶を使うか

ようやく、エンドウを植え付けてみました。 今更?とか今時分???とか言われそうですよね・・・ ポットで作っていた苗が徒長しだしてきたので仕方ない。

9月2日に遅播きしたニンジンは予想外に12月中旬の積雪で地上部がしなびてしまいそこからの生長が遅くなってしまいました

柿畑では、正月早々から木の皮削りが始まっていました。柿の木の皮と幹の間には、虫が暖かい木の皮の中で冬を越そうと寝てらっしゃいます。

朝取り野菜を販売するのがモットーなのですが 冬季は、凍みていて朝の収穫はできないので 前日収穫になります。 なべちゃん葱は太そうな物だけ収穫しています。

今日は蜜巣の整理をしていました。蜜巣(みつす)というのは、文字通り、ハチミツが入った巣のことです。トラックに積まれているのは採蜜群から採った蜜巣です。

今年、試験的にやってみた里芋の放置栽培。栽培方法は、平地に溝を切って種芋を並べ土をかけて、さらにその上に畝を立ててマルチをかぶせて収穫までそのまま。

堀り残し分の10株くらいでこれだけ有りました。 紅はるかは肌も綺麗だし 芋の形もスラットしている感じ ゴツゴツした感じが無いですね(紅アズマと比較するとね)

今日も暑かったぁ。大豆の定植組の準備と秋野菜の準備、草刈りの1日。マルチは早めに剥がしましょう!(って毎年誓うのにどうして・・・)

今年のキュウリ 台風で被害が出たわけでは有りません どうやらベト病・・・ フリーダムは美味しいけれど病気に弱い 水不足が効いたようです・・・

梅雨の晴れ間に出勤前収穫!ニンニク60ヶ。80位植えた筈だが??まぁ我家の一年分くらいはあるので善しとする 玉葱についでニンニクも去年より大きくなっている

天気が落ち着いているうちに出来ることはしました。定植した樹を支柱に誘引して固定。受粉させるためにハウス内に放している蜂達も回収し、巣箱も避難させました。

去年の手帳をみてみるとちょうど去年の今頃にトマトの葉っぱにクロロシスが出て病気だと思い抜いていました。、今年も同じように出てきています。

有機無農薬栽培の畑の草が凄い勢いで攻勢に出てきました。担当だけでは防御できないのでシルバーの女性4名の助っ人を頼みました。

明日試験植えするので今日しか畑起こす日がない!朝8時〜10時まで苗管理して10時から畑に行き耕しました〜 まず2反耕しましたー

しょうがと里芋の植え付け。これはマルチ開け器中に炭をいれて、溶かして穴を開けます。ちゃんと火がついているとこんな感じで奇麗に開きます!里芋は360個ほど。

飯高の畑がやっと完成!もとは苗代場だったようで水持ちが良い田圃だったようだが畑だと逆に水捌けが悪く野菜の生育には向かない圃場

定植したものの、どれだけも成長してくれないし、全く変わらないものも出るのだ。 自宅前の畑は、納屋の水道栓からホースで水やりできるのだが、須賀前の畑は弱った。

今日はトマトの畝たてをしました。自然栽培セミナーでのトマト作りに重要なのは畝を高くすること という事だったので40センチを目標にやりました。

蔓なしの赤花エンドウ豆を蒔きました 蔓ありだと支柱を必要とし周辺の作物の日当たりが悪くなるのと、蔓なしは収穫期が集中するので豆が採り易いかなー?と思ったから

10月の下旬には急に寒くて、それからが暖かくとても、11月とは思えない気候です。でもりんごは赤く色づき蜜も入ったおいしいりんごに育ちました。

2度の霜の後に収穫ということですが 今年は霜が降りない・・・ なので 収穫しちゃいました。 3種類のメス木が植えてありますので 収穫も3種類

今日は春野菜の片付けを中心に、草刈り、ナスの芽かき、飲食店さま1件出荷、などなど。地元の有機仲間から頂いた、つるあり茶豆の種をまきました。

奥飛騨温泉郷にとまって、農家ごとに20人ぐらいの中学生が分散して農業体験をするという計画。我が家にも20人の女の子たちがやってきてトマト植えの体験をした。

種用大豆を選別するところから始まり、種まき、ハト避けのネットを張って・・・。ん〜、3畝だけでも結構時間がかかってしまいました。

育苗した味来7000の苗を定植する作業を開始しました。しかし一生懸命の育苗も、相変わらず発芽率が伴わないので、今年新な種まき法にチャレンジしてみました。

別畑2の玉葱、ニンニクをやらなきゃ〜 別畑2は、玉葱1000株、ニンニク1000株、、、だったのですが 玉葱は、殆どが消えちゃいました。

レタスとキャベツを蒔いたが なかなか発芽して来ない  温床もしていないから 無理だわ  2週間してようやく発芽の兆し 風で上に被せた物も飛んで行きそう

ミツバチの出荷が続いています。ハウスの花粉交配用のミツバチで、直接農家さんに行くのではなくて、問屋さんに出荷しています。(直接貸し出している場合もありますが)

ミニトマトをペール缶を使って栽培しているのですが 土は毎年使いまわししています。 ナス科ですから通常ですと連作障害がおきますよね。

人参が無くなったので、掘らなくちゃ。雪は凍ってはいなくて、がしがしと適度に固まっており、地面をならす道具で簡単にはがせた。これで作業は大きく違っている。

里芋の出来が悪くてあまり掘る気になれなかったのですが来週の寒気が来る前に、少しでも何とかしないとね〜 一株あたりの数は少なくて何株か掘ってこれだけ〜

マルチがけ深植えで草引きも土寄せも無し、追肥と水やりは茄子といっしょに潅水チューブで流し込み。 つまり定植から収穫まで実質作業無し。

ハウスは先日の台風前に屋根ビニールを外してあったのでそちらのハウスは方付けに入っていますが、根っこの伸びを見てみました。

今日はもう最悪な1日だった 2枚目の田んぼがドボドロで前にも後ろにも進まない最悪な田んぼです 空周りして進まず稲刈れずイライラ

岐阜に戻ると待っているのが、先発隊で帰ってきているミツバチの見回り。秋は天敵スズメバチがミツバチを襲う季節なのです。それから、柿の収穫も近づいてきました!

復旧作業を始めました。今日で3日目。随分と元の姿に戻ってきました。ミニトマトのハウス。びろびろですが、とりあえずめくれていたビニールを元に戻しました。

一昨日から、神奈川県の中学生が農業体験に久々野へ来ています。農家の方の指導で稲刈り。今は、コンバインでの稲刈りなので手で稲を刈る作業はほとんどありません。

最初に稲刈りをした田んぼ。稲が短くて、ちゃんとビニールを結べない。きちんとやる人は、紐で縛るんだけれど面倒くさがりの、主人も私も、それができない。

飛騨高山高校から2泊3日の体験学習に我が農園に来てくれました トマト取り、敵芯、椎茸ブロック、ジュース運び 、人生に少しでもプラスになってくれればと願ってます

雨が降らなくてもパイプラインから水が頂けるので、こちらは心配無し。無肥料のイセヒカリ。どうなるかわかりませんが、分けつも順調。コシヒカリは苦戦中。

明日雨の予報だったので、頑張って収穫しました。ちゃんと計量したわけではありませんが、たぶん30キロぐらい収穫。じゃが芋作り3年目にして大豊作です。

今年はもっとたくさん作れるようにしたいものですがこれも、天候とリンゴの木に任せるしかありません。せいぜい愛情をかけて手入れをすることにします。

モミ殻をフレコンに入れましたよ。せっせとwww10本でタイムアップ 明日は30本入れないと...プラスコップ大活躍!でも、チクチクとくしゃみが大変なのだ

昨日から作業はしていたのですが、近所の有機農家仲間でお米の種まきをしました。今年はコシヒカリとイセヒカリを栽培します〜発芽率チェックがてら人参除草。

何週間もほしっぱなしのマルチ、これまた今年は強風の日が何度かあり、ひどい有様です・・・。片付けるぞ!まずは、たぐなってまたぬれてしまったマルチを広げて干す。

これは去年の夏に張った透明マルチです  秋蒔きの時のようにうまくいくかはわかりませんが、マルチの下は太陽熱除草された状態で、これをはがしてニンジンを蒔きます

親方が畑にいました。草取りしてました。秋に植えたタマネギが育ってきた!食べれるようになるのもあとすこし!

ダブルの山形畝に植えてあるので 中央部は凹んでいて 其処に追肥と潅水チューブを入れて マルチを張ってから 株のあるところを切り開きます。

ゴトウモミジ達が卵を産み出したので急いで産卵箱を作ったのになかなか中では産んでくれず、地べたに産んで卵が汚れてしまう。。。

近所の人から、「家に使っていない製粉機があるから使ってみてください」と話がありました。蕎麦の製粉はいつも手回しの石臼でやっていて、結構時間がかかります。

ニンジンの収穫はようやく2/3終わりました 今回収穫の畝は、まえに農ボラに来ていただいた方に播いてもらったニンジンの畝です 立派なニンジンができました

イネ科の草がたっぷりと鋤き込まれていたところにエンドウの作付けのためにトラクターを入れました 今日はぽかぽか陽気で気持ちよかったー

利用しないドアなどは全て風が入らないようにビニールで囲います。ハウス内の温度を下げないために必要なことは、風を入れないことです。特に冬は風が冷たい。

今年も、サツマイモの受注〜〜〜 利用先は、地元小学校の収穫祭用・・・ 今年も猿にやられて収穫できなかったそうですからね。裏が山だからご訪問に預かっているようです。

種蒔して約2カ月で花が咲き、3カ月弱で実が収穫可能となりました。収穫期間は、2か月程と長く10月いっぱい迄可能となりそうです。

トマトの話に戻ろうって最初っからトマトの話なんてしとらんやん(笑)ちょっと前から収穫量がグンと減りました。もう1日おきに収穫しても、軽トラの荷台はまっ平です

今年もニンニク収穫を行いました 「収穫」 こんな感じで収穫〜これを実?から十センチくらいのところで切って乾燥します。

ようやくここ1週間くらい前から暑い日が続くようになって定植後に一向に大きくならなかったナスやキュウリ、オクラもぐっと大きくなってきてくれて一安心です。

昨年より試験的に緑肥を栽培しています。「露地畑」 草とニンニクとライムギが生えております「フレールモア」 今回使った機械はこれ・・・フレールモア(頂き物)

原木栽培の椎茸 春と秋に自然発生しますが この所の陽気で、春の分も目覚めたようです。 イメージ 1と言っても、 自家の分は少しだけ裏に置いてあるだけ。

はつか大根には、温度をあげるためにビニールをかけています。発芽して、かけておくと夜冷え込んだときに小さな芽が痛まないし水分も逃げないので、乾きません。

手前は人参。ずっと収穫していた人参は採り終えて、この畑は結構良い人参が残っているので生鮮野菜が少ないこの時期、少し採る事にしました。

今日は宅配を頼まれて、離れたハウスへ。5日ほど日にちがあいたので育っているかと思ったけれど寒かったので、余り成長していませんでした。

今年の黒千石豆は、全て定植で栽培。しかも、本葉が出て来た時点で全て摘心。その結果・・・元々たくさん実をつける黒千石ですが、去年より多い気がする!?

久しぶりの大人数での作業でした!午前中は出荷作業。これまた、いつもの倍のスピードだから、出荷作業がほぼ午前中で終了。人が増えるって素敵(笑)

日中は強風と乾燥、朝晩は強い冷え込み。定植したばかりの茄子には過酷な日々です。1日限りの処置なので、費用をかけずに新聞紙をかぶせてきました。

寒気の流れ込みにより、昨日から北西の風が強く、最後に定植したミラクルコーンは、大きくなったとはいえまだ幹も細く強風に負けそうです。

今年は本業が忙しいから、米・茄子・蕎麦以外は作らないつもりでしたが、母の「ジャガイモぐらい作ってよ」という言葉に折れて、本日種芋植え付け。

くん炭つくって、耕し始めました。昨年のとうもろこい畑を放置しておいたため、草ぼうぼう。ここまでにするのに、結構時間を使ってしまいました。

ロフトの上で育ててるんですが結構暖かいので育ちがいいみたいー  根っこが伸びてにんにくが上がってくるので上がってきたら土被せてます

柿の剪定はもう終盤です。昨日も今日もいい天気で親方が剪定してます。今年は親戚の梨農家さんに教わりながらの剪定だそうです。

実が100円玉くらいの大きさになったら、「摘果」という作業をします。一段につき、3個。これが大きめで良い形になる最適な個数。

この寒さで少し余裕が出来てしまったので天気を見計らっては種採りの毎日です。おかげで家の中は乾燥中の種や種採りを待つ種で溢れています。

刈り取り間近の「みのにしき」昨年、ナス畑でしたので残肥を見込んで元肥無し追肥少々で栽培しましたが、無事収穫期を迎えました。

自家採取した真黒ナスが春先の止まってしまっていた成長が嘘のように今は胸辺りまでの大きさの樹になりピカピカの素晴らしいナスをたわわに付けてくれています。

種の浸水などの準備をして種蒔きをしました。天気が荒れるとの事で迷ったのですが今日にしました。まずは夏野菜のナス、トマト、ピーマンなどとレタス類も播きました。

育苗ハウスを建てる家の裏は雪がとても少なくて、雪をよけるのが楽でした。床ビニールを敷き、防草シートを敷き、ハウスの骨組みを建てて屋根を張っていきます。

とりあえず生かしてただけって感じだったブラックベリー温室に植え替えました まだ新芽出てないのでちと分かりにくいですね 少しでも完熟させたい。と中に入れました

昨年は、腰痛で牛糞堆肥を入れれませんでした。 そのためか、野菜の出来もイマイチだった気がするので 今年こそは・・・と とりあえず一車分購入しました。

タカの爪という唐辛子が収穫出来乾燥しています。種を除去し粉にします。辛そうに見えますが思ったほど辛くなく反対に甘みのある唐辛子です。

100円玉じゃありません500円玉ですよ 比較で写ってるの 去年初めて入れてあまりに親株が高いのでとても売れない・・・・と今年収穫したのをすべて親にしました

人参播種! 畝作って5条穴あき透明マルチ、ポリトンネルはすでにしてあったので 今日は蒔くだけ!! 春の寒い時期に蒔いても塔立ちしにくい品種を選びます。

慣行農法では、狭い面積に高密度に田植えをし、たくさんの追肥をすることによって、 10aあたり約600kgもの収量が得られます。

寒くなってきていよいよ畑も終わりに近ついてきて、畑の片付けを始めています。この夏とても頑張ってくれた真黒ナスの根っこをみてみました。

今日は、はと麦の脱穀作業及びゴミ取り作業を。手箕と足踏み脱穀機で!このはと麦は、油の力を借りずに育てました。ん〜手間ひまかけました。。

サツマイモの収穫で、うちの畑は肥え過ぎていることが判明。ツルボケが多かったからである。 サツマイモを作付けした箇所は昨年休耕し、一昨年はネギを栽培した場所だ

ナスに半身萎凋病(はんしんいちょうびょう)が発生。主枝4本のうち1本のみが発病しても他の主枝は元気だったりする。

昨年はえん麦栽培後刈取り鋤き込みで太陽熱消毒でしたが 今年はトウモロコシの跡地を使って白菜;大根の予定です。残渣除去し、ディーゼル耕運機で苦土石灰を入れて1回

先の日曜日が雨で、 雨だとお客さんの出足も悪いだろうからと 枝豆の第2弾は全部収穫しなかった。 だけど 1週間後までは伸ばせませんね。 枝豆の旬は短いからね。

今年初めて栽培することにしたサツマイモ。 作付け場所は畑の西淵とし、1年間休耕した場所で肥沃だろうから、下ごしらえの施肥はせず、既に台形の畝をこしらえてある。

トウモロコシの植付を強行(?)しました。 透明マルチを使い 2条千鳥(P30、W45)で穴を開け 棒で深さ10cmの植え穴を掘り セル苗を落とし込みました。

わずかながら毎日降り続く積雪の中、野菜の収穫も終わろうとしている。畑にはまだ白かぶが残っているが葉や茎が雪の重みで折れたり埋もれていて収穫しにくくなっている。

今年収穫したニンニクと朝市村の仲間から購入した大玉ニンニク・ホームセンターで購入した大玉ニンニクの三種を植え付けた。

ただいま絶賛刈り取り中です!!奥に見えるのがコンバインです。コンバインは刈り取りと脱穀を一度にやってくれるスグレモノです。

須賀前の畑の白ナスを収穫し、今日は、自宅前の畑の紫ナスを収穫し、併せてピーマンも収穫。気休めにしかなりませんが、少なくとも擦れて傷が付くのを防げましょう。

去年にんにくを植えた2反7セの畑ともう1枚2反4セの畑を耕しましたー晴れがつずいていたので砂誇りが激しかった・・・真っ黒になりましたよ!

今朝最低地温は、昨夕の13度付近で、朝は14度くらいのままでした。 ハウスの地表付近の気温は−0.7度のようでしたから、なんとか電熱は効いているのかな?

容量44リットルのイタリア製ポットを使い ピートモスも、キューブが無いのでばらした物を購入。 『サンサイブルー』は株元からぶった切り・・・

茄子畑の撤収開始です。 えっ!まだ片付けてなかったの?って・・・ 収穫終了後に株元を切断して宙吊り状態にしておきましたが、一カ月以上経過して十分に乾燥しました。

「アンビシャス」幻のリンゴと呼ばれているようです(ほんとかよ?)最後の最後にやっと食べごろになったようです。しかし「豊楽園」には幼木が数本あるのみ。

直売もついに最終コーナー。「ふじ」の収穫を開始しました。「ふじ」には青空がよく似合います。と、今日は一転、朝から雨模様。今日はJAの農業祭。

今月初めのトマトの様子です。今年は暖かい地方と時期がずれるように1、2段目は玉をしっかりすぐって8月下旬から9月に沢山出荷できるようにとやってみています。

そろそろ夏野菜の出番がきそう・・・かな ツルムラサキ ムラサキシシトウ 辛くないタイプです 初めてまともに作るので味ドーなんでしょか 少し心配

本日、ようやく里芋を掘り切りました・・・。里芋は収穫次第、順次穴に埋めて貯蔵をしていますが、ここまで収穫が遅れるとどうなるかちょっと不安です。

まんま農場は田植えやその後片付けもようやく終わり、ホッとひと段落です。これからは田んぼの水管理や除草などを毎日繰り返していきます。

種蒔きしたホウレンソウが、すくすく成長し、本日第1回の収穫。ゴミゴミしている所で大きそうな株を根元で切り、引き抜き。隣の株と絡んで、ときに葉が千切れます。

そろそろ夏の豆ラッシュが始まりそーですインゲン・サクサク王子・黄色・ムラサキササゲ四角豆・なた豆はまだかかるかな・・・

小雨の中、野菜の収穫に行ったら、土がたっぷりと湿っている。まだ小さいニンジンやいんげん豆第2弾がグンと生長し出すだろうし、成長した野菜が生き返るであろう。

新土にしておいた所に本日11月16日第3弾の種蒔き。畝の平らな部分を鍬で軽く押さえて、より平らにし、蒔いた種が1箇所にかたまらないようにする。

新しい品種なので栽培に不安もありましたが、思いのほか順調に栽培出来たので、実際に収穫する時がすごく楽しみです。<日時>9月30日(日)・10月7日(日)

まずは、7月30日に、ヒエを絶滅させるべく、丁寧に草刈りをした。 しかし、その効果は全く見られない。再びヒエがあちこちに生えている。

須賀前の畑、438平方メートルのうち400平方メートルをうちで作付けし、ヤーコンが110屐▲哀薀献ラス40屐∋弔蠅野菜で250屬箸い辰燭箸海蹐任后

例年、種蒔きが遅れて失敗だったビタミン大根。  今シーズンは昨年9月17日に、おふくろが種蒔きしてくれて、けっこう太く大きく成育してくれました。

キャベツ栽培を始めて3年目。2年間の失敗を踏まえて、今年は、9月16日、10月2日、10月14日の3回に分け、苗を買ってきて10株程度ずつ定植した。

今年の作業に着手。11月に種蒔きした1畝約10メートルのエンドウが、ここのところの暖かさで随分生長しています。 今日3月4日、まずは垣根作り。

須賀前の畑。グラジオラスとヤーコンは連作とし、残りは東西約21メートル、南北約10メートルを通常の野菜の作付けに使っています。

例年、2月中旬にやっている樹木の剪定ですが、芽が膨らんでくるものもありますから、早いに越したことはないと、今年は1月中に何とかしようと考えました。

「これから牛糞持っていくよ」って電話。牧場にお願いしておいた牛糞が来ました。 来年、茄子を作る畑です。2tonダンプ2杯。これを除雪用具を使って全体に広げる。

菊菜(春菊)は鍋物に付き物で、小生の大好物である。でも、鍋物だけでは使い切れないから、味噌和えにしたり、ホウレンソウと混ぜて、おひたしにして食べている。

小生にネットを張ったらどうだと言う。そんな面倒なこと出来んと答えると、おふくろは、効果が期待できそうもない鳥脅しのテープを張ってくるという。好きにせえです。

1月中も生長するとは思ってもみませんでした。 ところが、昨日今日と大根を収穫したら、年末に収穫したときより、随分と太くなっています。

当地岐阜県岐南町の特産品、徳田ネギ。今年は豊作です。 7畝、総延長70メートルの作付けで、11月下旬から収穫を開始したのですが、まだ7割残っています。

トマト跡を起こし、よく乾いてきているし、明日は雨模様であるから、今朝、畝立てすることに。小型ビッチュウで軽く均し、苦土石灰を降り、有機肥料ペレットを適当に撒く。

白ナスは、芽や花に虫が入りやすいようで、その被害はたいてい8月になってからだが、念のため、初収穫した6月26日に、芽と花にスミチオン乳剤を噴霧しておいた。

今年も残すところあとわずか。本日、ヤーコンの3畝目を掘って、水洗いをし、籠に入れて作業終了。13株で33.5キロと、まずまずの収穫をみた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2017-09-21 21:09:47

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>