この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ソバは強いから、過酷な環境でもしっかりでてくれるし。でも、この一年間で楽勝野菜ほど失敗が続いているので今回は慎重に取り組むことを決意して望むことに。。。

種まき、種まきとハウスに行ったらすごい水たまり昨夜も相当降ったんでしょうね。ホウレンソウ・スナックエンドウ、どんどん種を蒔いていきますよ

さて、わが農園のアイガモ田はアイガモ君たちが居なくなって随分と寂しくなりましたが、写真の通りでっかいヒエが逞しく育っています。

今年初めて作ってみた、四角豆夏の間、花は咲くけど実が着きませんでした。それでも葉っぱはどんどん大きくなっているので、そのうち実が着くだろうと待ちます。

いよいよ今週から稲刈り。 友人に手伝ってもらって車2台で20km田主丸へ。コンバインは知り合いのモータースから安く借たキャリアカーで運ぶ。

秋まき用の種を幾つかまいている。今回は主に葉物を作ってみることにした。大根は別として猿にやられないようなのを選んだ。

わけぎは梅雨前に収穫した鱗茎(根球)を9月に植えつけるとそれが分球していきます。前回のブログのソバ同様に楽勝野菜のひとつ。

種蒔きはもっぱら私の仕事に。はじめ苗用の土がうまく作れなくて農協のお店で訊いてみたら「技術?部で訊いてみたら教えてくんしゃるよ〜」と。

夏から秋の様相となりました。キャベツや白菜の植え付け、大根やカブ、ほうれん草などの種まき、追肥用のぼかし作り、などに励んでいます。

8月5日の稲の苗箱の写真です。発芽は個体差があって、2週間以上違います。ヤマバトが苗箱を荒らすので対策を行いました。

将来の独立を目指して、自宅の阿蘇市一宮町でレモングラスの試験栽培を行いました。刈り取り前の成長したレモングラスです。

今や全国のトマト農家の頭を悩ませているウイルス病 ( 黄化葉巻病 )!目に見えるか見えない位の虫が媒介します。

風にしては稲の倒れ方がおかしい。肥料が多くて穂の重みで倒れたり、根の張りが弱くて倒れる場合とちょっと違うようだ。どうもイノシシが畔から中に入ったようである。

秋雨前線の影響なんでしょうか・・・なかなか百姓が出来ません。種だけは蒔いておきましょう。今日は、正月に欠かせないカツオ菜と、かき菜。

雨は本当〜にありがたいのです・・・。が、畑が乾いているうちに大豆の土寄せと元肥まきと耕耘を終わらせておきたかった身としては、素直に喜べずにいます。(^_^; 

一度も畦草刈などしていなかったので、周囲の草が大変な状況になっていたが隣接の田が1枚で高低差があるので、なんとかOK。

稲刈りが順調に進んでいます。コンバインの操作も様になっていますが、運転席は窮屈みたいです。ダミアンが乗るコンバインはまるでおもちゃみたいでもあります。

秋じゃがの種です。すべて半分に切ってありました。ばあちゃんの仕業です。秋じゃがは切って植えると、腐れやすいといいます。

チップとしいたけ廃菌床を使って生き物がより快適に過ごせるスペースを作っています。良いのか、悪いのかわからないけど、後に答えが返って来るでしょう。

初夏に収穫して乾燥してしまえば脱穀をするものですが優先順位の高い仕事が続いて脱穀している場合ではなく干しっぱなしになっていました。(^▽^;)

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

激しい雨のために、畝立ての仕上げ作業を三日前に中断したままのキャベツ、白菜畑 期待の大根劇場の公演は延期になりそうです。

佐川農園でクリの収穫をしました。今年は昨年に比べて実は少ないようですが、すでにイノシシが食い荒らしていて、これからはイノシシとの競争になります。

長ネギ(白ネギ)の土寄せ、定期的にコツコツと行っています! 今回は、株元を中心に肥料を与え、肥料を土と混和してからの土寄せを行いました。

今年は全部で11種類のお米をしています。その一部をご紹介しますね。  最も目を引くのが赤米の「神丹穂」。食べるだけでなく(というより?)見て楽しめます。

お野菜さんたちに支柱を付けてあげる作業からスタートです。実験トマトの元気な枝を挿し木にしていたのが、根付いてくれたようです。欠き芽でなくても根付くんだね(^<^)

太っており、細長いだけの「まだまだ」の芋ではないから、この先置いておいても縦に太る伸びしろは小さいだろうということで、何株か掘って野菜セットに入れた。

今年度からの自家採種を目指して栽培していた「チシャ」の種を全て採りました! 結実したチシャの実 実の中にはとても小さな種が入っています

劇場の端っこの畝は、種が足りなくなったので、白菜を定植してます。 不織布が足りないのと、もういいかなあと思ったので裸で置いてます(^_^;)

日課の水遣りからスタートしました。ハウス内の万願寺アマトウさんが、大きくなってます。本場の万願寺さんは、よしんさんより頂きました種から栽培し始めました。

ハウスの中はまだ40度を超える日もありますから、土をビニールで覆って、蒸し焼き状態にして、害虫や病原菌を一網打尽にします。

今日は、午後からバイトですので午前のみの作業です。 ご覧のように、溝には水がイッパイ残っており、足が埋まって歩くのも一苦労(^_^;)

佐川農園は秋冬野菜の植え付け準備をしていますので、畑には大したものは植わっていません。それでも、相当の雨が降ったようで、雨で流された畝もありました。

台風15号も低気圧に変わり、一安心しました。大根劇場も水浸し  つい最近までの水不足が嘘のようです。今度は、水が有り過ぎ・・・うまい具合にはイカンですね

今までは春ジャガに失敗することは殆んどなく、その代わり秋ジャガには見放されていたのか、ここ数年間秋ジャガは成功したためしがありません。

すぐ外のレッドチェリーミニが色づき始めたのを 虫の餌になる前に収穫。完熟の真っ赤を収穫したいのですが、その頃にはどこかから穴が・・・

稲刈りどころじゃなく、どうすべきかと考えていたところに台風がやって来るというので、先月29日、急遽、Tさんに頼んでコンバインで刈ってもらいました。

キャベツやブロッコリーは12月に入っても、ハウスの中で育苗すれば、植え付けることも出来ますが、ハクサイはそういう訳にはいきません。

竹林で落ち葉を集め 刈り草とともに、株元にたっぷり敷きました。敷き草には、ワラビや笹、茅、ツユクサ、タデ、蔓、などなどいろんな草が。

雨も降らず、心配で毎日毎日見に行っていたアボカド苗木たちですがまずは植えて3週間ほど経った頃でしょうか、メキシコーラという品種の苗木が新芽を出してくれました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

露地の作業が落ち着いて、ハウスの作業も始まっています。ハウスは当然日中暑いので、9月だからと焦って植え付けすると、虫が一斉に寄ってきてえらい目にあいます。

本日砂漠のような畝に京野菜の聖護院カブを播種しました。夕方に一回耕運機で畝表面を耕運してから播種しました。(乾かないように夕方)

今日は準備もあるので、15時から水撒きして流そうかな〜とやり始めたら、水撒きだけでまあ大変! 2時間以上かかったよ。ちゃんとやってたらとても終わらない

3時間の作業で、大根500個、白菜250株の作付け灌水が面倒(用水路まで何回も水汲み) 休みはなしです。(腰を痛めないように、背筋を伸ばしてずっとスクワット状態)

モミスリ機と計量選別機の二台で運転していたけど今年からは、五台の機械を順に通して仕上げる カメムシ食害で黒い点が出来ると他所に頼んで色彩選別をやってもらっていた

秋の一番大事な仕事が始まりました!今年も、大きく分けて、極早生、中生、晩生の3タイプの種を蒔きます。 今年の2〜3倍量の、たくさんの種を蒔きます!

朝一から白菜に寒冷紗をかぶせて、出荷作業をして午後から耕運です。 圃場はだいぶ乾いてますので、明日あたり畝立てを開始しようと思います。

現在定植作業が続いてますが、日中は暑いので15時ぐらいから定植作業開始!! 丁寧に植えますのでレタス類は1日300株程度が限界

セルトレーにこれまで蒔いたものを追加で数枚蒔いて、水菜を今季初めて、セルトレーと露地に直蒔きをしました。

来週中には始める予定でしたが、今日は『とりあえず、やってみっか〜』ちゅーことで定植START(笑)秋らしい穏やかな気候で作業も気持ち良かったです

せっかく晴れたのですが、明日からまた雨マークorz今日は人参予定地を耕運しましたが、大雨の影響でかなりベチャベチャ!!

それにしても、乾燥が強烈orz人参は絶望的かもしれません!!まあ、それでも悪あがきで、あまりやりたくないのですが、ジョウロで灌水しました。

昨日 二十日大根を蒔いた  この場所はサラダミズナを植える予定だった  ところがまだミズナの苗が小さい  そこで二十日大根に変更

今年は2反の田んぼをバインダーで刈りましたが、水の深かった4畝ほどの部分は手刈りしました。夏の暑さがぶり返した炎天下での作業は、思いのほか体にこたえました。

刈取り適期となったのでそれに合わせて稲刈りスタート、我が家としては早い時期  稲の具合はバッチリだけど田んぼの土がベッチョリでコンバインの腹をこすりながらの作業

平成25年産コシヒカリの籾すりをした。ちょっと収穫が早かったので、青い米が多かったのと、高温障害の米が目立った。

土曜日から稲刈りを始めました。今年は1枚分、田んぼが増えたのですが、仲間の助けもあり、土曜日に増えた分の7畝が無事にはざかけ終わりました。

自然畑の大豆。枝豆にするととっても美味しい大豆です。実がつき始めていて、稲の脱穀の頃が食べ時!私たちが1年で最も楽しみにしている作物の一つです。

向こう一週間雨マークなので、冬人参の作付けが難しくなりそう。なんせ、まだ圃場の耕運が出来てませんので、最悪一回の耕運で播種

3日前に大根、山東菜、白菜を播種して寒冷紗をかけました。で、本日発芽!! 寒冷紗をかけたので、強烈な雨が降っても苗は無傷で大丈夫だとは思いますが、どうだろう?

左の畝にはキャベツの種を右の畝には小松菜とほうれん草の種を播きました。小松菜とほうれん草は似てますが、種が全然違うんですね。

今日大根の種を蒔いたので写真を撮ってみた。これは、私のやり方であり、それは違うと言う方も居るとは思うのであしからず。まず、マルチに穴をあける。

台風からの強烈な乾いた風が一日ふきつけました。風速は10mを超え、で太陽光線がきつかったため、昨日とりあえず張ったマルチは見事に剥がされましたorz

今週で、法人のコシヒカリは全て刈り取りが終了した。慣行栽培区の倒伏は、ある程度予想出来ていたが、有機肥料の栽培区が倒伏していたのは驚きである。

今日は秋じゃがいもを植え付けました。川砂に入れて、水をかけておくと、芽だけでなく根が出てきます。秋は生育期間が短いので、これをすると成長が早いです。

植えて3年目 初めて花が十数個咲きました  そのうち数個の実を付けました 全く放任(無農薬)ですからカキヘタムシがついたのでしょう

夜明けと同時に畑に出た  そして用意していた圃場に人参を蒔いた  ことしは例年よりかなり多めに蒔いた 25mの畝に3条蒔き4畝あるから300m蒔いたことになる

夕方には種まきも出来ました。 今日は露地で直蒔きでカブ・小松菜を17mくらい。ハウスでも作るので、少しづつです。づらしながら蒔いていきます。

南瓜を植えていた畑の一番隅っこに一条にコンニャクを植えている今年は一株も枯れることなく育った 例年 満足にできたことはなかった

秋馬鈴薯の種子イモを切って風乾させた後 湿らせたピートモスの中に埋めました 8日目にこのように芽が出てきました

ハクサイを定植すると何本かはヨトウムシに切られたり枯死するものが出来 欠株ができます そこへ残しておいた苗を植えると大きく生育の差が出てきます

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

手前の富有はまだ青いです。ほんのりと色が付き始めようとしている感じです。富有の収穫期は11月なのでまだまだ先ですね。

まずは今回定植する畝の準備。ミニトマト跡地を2分割してうちの左側の畝です。この畝と、同じく分割した画像に映っていない右の畝の2本にキャベツを定植します。

バケツ稲のササニシキとコシヒカリを収穫しました。1本植えでどこまで増えるのかを実験していました 品種による違い、徒長苗と老化苗による生育の違いを見てみました。

玉葱の種まきの季節がやってきたなァ。去年は忙しかったこともあり、玉葱の種まき時期が遅れ(9/30実施)、結果として、ちょいと小ぶりの玉葱の収穫になりました。

成熟期を迎えたミニカボチャ 葉がだんだん黄色く枯れてきました。 収穫できるカボチャがゴロゴロしてるはずですよ♪

植え付けに一週間を要しました。 最初に植えた苗は根が活着したことで新たな葉が展開してきました。 肥料を吸って艶々です。

9/14に1回目のタネを蒔きました。 大根の生長って早いねー。もう、ここまで大きくなりました。 間引いて2本立てにしたよ。9/18に2回目の種まきをしました。

すっかりうっかりソバをまくのを忘れておりました。本当は昨年の9月に蒔く予定だったのですが・・・厳重に保管し過ぎた為にどこに行ったか解らなくなったのです。

防虫ネットの一部がめくれたりしてましたけど、一番心配していた先週土曜日にどっちゃり種を蒔いた畝の土がほとんど流れていなくて何よりでした。

秋雨前線の通過からチャンスは必ず来ると、待ちに待った秋晴れの続く今週秋播き野菜の播種時期が来ました。種を用意 干しておいた大根と人参 種をほぐしていきます

晩生の京都旭、ついに出穂。一番大きな40aの田んぼのアイガモもお引越し時期です。先日脱走鴨を出してしまいましたが、今回は40aの田んぼ。

うっすらと霧雨までありましたが徐々にお日様が!やっと快晴です。まずは収穫&発送作業。そして万願寺とうがらしもいよいよ終盤になってきました。

ブロッコリーの秋栽培 第2陣目の準備と定植の備忘録です。 右の畝は前日に撤去したミニトマト跡地です。このエリアに今回畝を増やすため、分割します。

畝の作ってある箇所の通路に水の溜まる程の雨がやっと降った。  農園は徐々に夏野菜を片付け,秋冬野菜に変わっていこうとしている。

緑肥のクロタラリア、倒して鋤き込みます  よく枯らしてから、2〜3回 トラクターで耕します  その後に種粕をいれて耕し⇒ 2ヶ月後くらいに播種

ようやく白菜の準備に取りかかりました。今年はダイコンサルハムシの姿もほとんど見かけないので直播きすることにしました。

今年は4種類の枝豆を作っています。肴豆 ↓ 新潟県の伝統品種。実は僕はまだ食べたことがないのですがめちゃくちゃおいしいらしい。

去年はホソヘリカメムシ大発生で,まともな大豆はわずかばかり。  今年は,いつもの黄大豆に加えて,赤大豆,黒大豆を蒔いた。

今日は早朝6時から、ほうれん草、ミニハクサイ、大根の播種をしていました。まぁ、久しぶりの生産、しかも一人なので時間が掛かること、、、。とにかく大変です。

最終形態のミニカボチャの畝 すでに葉は枯れてきて、ほのかに存在を感じる程度。 残りのカボチャをすべて収穫して、次の作付のために綺麗にすることに

本日は黒田五寸ニンジンの種を蒔きました。これもかなり遅れていますので尻の細いニンジンになりそうです。でも、毎年とても甘いのが収穫できるので大好きな品種です。

透明マルチを外しました。大雨のせいか、ちょっと水分が多かったです。この作業をすると畝の表面が微妙に固まっていますのでその表面を備中鍬でほぐします。

山の畑は3日前に仮設のネットを張ってからイノシシの侵入はとまっています。(また数日したら新たな侵入路を作って入ってくるかもだけど)

うちも台風前に種を蒔いたので大雨で「種が流れてね〜かな〜」と不安に思っていましたが、傾斜地の畑にも関わらずそれほど流土もなく無事に発芽。

白菜は,去年初めて無施肥でも大きな白菜が採れたが,今年は直播きも育苗も虫に食べられ生き残りが難しそう。おまけに台風の直撃にもさらされ,ちょっとあきらめ気味。

9月あたまのゲリラ豪雨、先週の台風豪雨前にタイミングよく植えられた秋じゃが。少し水に浸かりましたが、無事発芽はじめてます。

大きな被害というのは近くではなかったようです。ウチの農園もブルーベリーの葉っぱが風でちぎれた程度。鉢植えは5つほど倒れてたので、さっそく支柱で補強しました。

台風で稲はだいぶこけてしまいましたが、大きな被害はなさそう。少しでも早く稲刈りができるように排水対策、鍬で水が外に出ていくように筋をつけたりしていきます。

猛烈な雨と風にさらされた野菜たちが,必死に耐えた跡がうかがえた。  葉の繁ったオクラ,ナス,ピーマンは,みんな横倒し  再生を願いながら,1本1本起こしていく。

右側が根菜用のスペースで左側がそれ以外用のスペースです。右の方は徹底して雑草がタネをつける前に取り除いてきましたので、雑草があまり生えていません。

待ちに待った稲刈りです。今日もう一度田んぼをひとしきり巡回して一番乾いていて、コンバインが回りやすそうな田んぼを選ぶ。

竹粉を写真,里茲Δ某兇蠅けてから、刈草とともに20僂らいの深さに混ぜ混むと、写真△里茲Δ法E擇肪殃瓦まざっているのがみえるでしょうか。

2013年極早生たまねぎマッハの種蒔きの作業記録の詳細です。透明マルチを開放した状態です。このままでは表面がやや硬くなって「ザッハトルテ」のようになっています^^

根っこが10僂らいにまでのびたとき、さすがに定植しようということで、竹粉とともに、畑に行ってもらいました。写真の周りの黄色いのは、籾殻と竹粉でーす☆

前回のみかんに引き続き今回は梨です。とりあえずまずは愛宕の様子です。夏に入ってからグングンと生長しまして3mを超えているかと思われます。

こちらは黒豆の花。ピンクっっぽいですね。↓こちらは「彩り大豆」の花。彩り大豆はうすーい緑がかっている大豆ですが花は白。

昨年の稲刈りは天候に恵まれませんでしたが今年は・・・まずは道路脇の1列だけ田植えしてくれた近所のチビッコ達に、自分達が植えた稲を刈ってもらいます。

夏野菜も、いよいよ終盤。 冬に備えて、今日はつぼみなを育てるための下地作りに励んだ。・有機石灰・バーク堆肥・牛糞・すこやかファーム

8月前半テントウムシダマシに食害され、あまり収穫できませんでした。しかし最近はどこかに行ってしまったらしく、美味しいナスがまた収穫でき始めてます。

石川農機さんが出動してくれたのですが試し刈りの時点で草が多くコンバインがひっかかって詰まってしまいました。草多くて刈れんがや!と言いかえっていかれました。

まず、キャベツ2畝と、ブロッコリー1畝に日よけとして掛けていた黒寒冷紗を取り外し!!いつもはもっと長くつけているんですがね・・・。

グランドペチカは秋ジャガOK種とは  その外見から「デストロイヤー」と名付けられたグランドペチカ。今年2月種苗店で見つけ,おもしろそうなので植えてみた。

とりあえずイノシシの侵入は今のところ収まっているようなので数日前からワケギとニンニクを植えつける準備をしていました。

稲刈り後コンバインを掃除した際に下部の掃除口の蓋が開いていたぁ!田んぼを半周したところで虫の知らせかどうかわからんがコンバインのタンクの中を覗いてみた。

長ネギの植え替えに失敗してしまった。 植え替えたものの、暑さにヤラれてなのか、 見事に枯れてしまって・・・。Jesus、更なる試練はいらないぜ。ってのが本音だ。

暑くなると虫の被害がひどくなるナス(+o+)今年の暑い夏も例年通り被害が多かった。そこで、収穫の期待できない一番暑い季節にはバッサリと枝葉を刈り取ってしまいます!

今回の実習は冬野菜の種まきと夏野菜の種取り。百菜劇場では出来るだけ固定種の種を選ぶことにしていますが、キャベツやブロッコリーなどはF1のものも。。。

整地しなおした地這いキュウリの畝が全面掘られてる (収穫はすでにあきらめてるんですが)埋めなおしたばかりのかぼちゃたちも、また全株根っこを放り出されてるぞ

今朝も収穫からスタート。先日の台風で支柱がやられて、ちょっと苦しそうだった四角豆が復活してくれてました。カゴ一杯の大豊作!ありがたい。

早朝6時から作業を開始。植付場所の半分に苦土石灰を散布、今日畝を立てる場所に鶏糞を施肥した後に管理機で耕耘をしました。

今日は草刈りと種まきをやろうと畑に来ると、おお!実の付かないトマトに実が付いた!やったー!と思ったら、虫に食われてました。

前作終了後、草を生やしていた畑。草を起点に生命の循環はスタートします。 草が生えないと不耕起での自然栽培はできない。

8/27にジャガイモデジマ を定植しています^^ 大きいものでもうこの程度生長しています。しかし・・・発芽していない芋や、芽が出てすぐというものが約1〜2割あります。

まずは畑の点検にまわってみました。やっぱり地這いキュウリは何度埋め戻してもアカンか 他にも、あちこちイノシシが掘りまくってます・・・・

ハウスの中ではや〜っと小松菜やみず菜など葉物たちが芽を出しました。そして、いよいよ新米の乾燥が終わり、もみすり作業。

株もとから草を刈って種まきの準備です。秋冬野菜種まき 耕運機を使って深く耕すことはせず、 地中に入った草の根をそのまま残し自然分解させ土を良い状態に保ちます。

大雨が降る前にサツマイモの収穫をしました。品種はベニアズマで、収穫後すぐに食べても美味しい品種です。このベニアヅマは苗を採る為に7株程植えていました。

グレンタンクのコンバインで稲刈りこの10年でこういうタイプのコンバインが増えました。ザーッと刈って、ザーッと積んで、ザーッと乾燥機に放り込めます。

夏の間は、あまりの暑さに実付が悪く、軽く選定して今に至っています。 秋に入って気候が涼しくなり、ここ最近の雨でなんとか復活してくれそうな兆しが。

サツマイモがモサモサしてきました^^雨のおかげでサトイモの水やりをしなくてよくなったことは助かっているのですが、他の野菜にはね〜・・・・降りすぎです^^

7時半にはコンプレッサーとエアードライヤーの電源を入れてから色彩選別機の電源を入れて暖機運転を30分行いました。〜なので作業開始は午前8時からでした。

無肥料ササニシキも田植え後12週間。稲刈り目前です。台風が去り、田んぼの土が固まったら稲刈りをしようと思います。

冷静になって考えたのですが、草刈りを終えた この状態から植え付けまでに1:刈った草を集める2:集めた草を処分する3:全体を耕耘する4:畝立て、施肥をする

この野菜も、今年はじめて栽培に挑戦の、イタリア野菜の『ラディッキョ』畝の草刈りをして、畝の上を軽く耕し、管理機で溝きりをしました

この場所は、キャベツ畝の欠株の部分に白菜の余り苗の補植!画像中央手前、分割した畝の部分に畝間の土を盛りました。

いまだに旺盛に茂る丸ズッキーニ 脇芽がたくさん伸びてあちこちで茂ってる感じ さすがに実付は悪くなってきましたが、 気づけばちょこちょこと収穫できたりしています。

4日間行ったコシヒカリ種籾の天日干しは4日間、晴天が続いたので今日で終了です。カラカラに乾いたので米袋に入れて土蔵の米庫に入れて冬まで保管しておきます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

栽培しようか迷った、ニンジンの種まき、ジャガイモの植えつけが終わり、 10月初旬に植えつけを予定しているニンニクの畝づくりをしてます。

急にすとんと涼しくなって、ようやく秋という感じです。台風でビクともせずのシカクマメ。最後の品種に辿り着いた枝豆、落花生と合わせて秋は豆の季節でもあります。

先日、ハクサイの種をまきました。 本来は9月上旬に播種なのですけど、、、どこまで育つのかわかりませんが、たぶん自家消費で鍋行きでしょうかね〜〜

秋ジャガ植えました。秋ジャガと言っても収穫は12月。種ジャガの植え溝を、トラクターの尾輪の跡を使って見た。一石二丁。品種はレッドムーン。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

美味しいトマトはこの写真左側のトマトの様にヘタの付近が緑色のグラデーションがあって この様にお尻の部分の星印が多ければ多いほど良いです。

ズッキーニは6月3日から収穫しているので、もう3ヶ月目に入る。さすがにあと少しで終わりそうだけれど、今年は本当にがんばってくれた!

花がいっぱい咲いているけれど、もう今からの時間では、実にならないだろう。このぶら下がっているのは、もう少ししたら収穫。

1ヶ月ほど前に試し掘りしましたが 掘っておいた安納芋は、芽が出て来ています〜(春は中々出ないのにね)

干ばつを想定して 作付け量を減らした里芋です。 結果、干ばつがきつかったから、減らして正解? ホースで水遣りもしましたが、枯らさずに済んだ程度。

8月31日に種を撒いたたまねぎです。順調に発芽しましたが、問題はこのあと。ちゃんとした苗になるまでの2ヶ月間。今まではどーも、うまくいかない。

遠くの田んぼと比べて色が薄いです。私が思うに、緑の濃い田んぼは肥料が多い。肥料が多いと背が高くなり、実が沢山付いて重くなる。

11時から明後日の朝方までが葉っぱの時間になる。葉っぱの時間は、水を持つのでさつまいもなど長期に保存したい作物の収穫には適さない。

今年は、種球まで全部販売に回してしまったので 種球を全量購入で入れ替えします。 昨年までは、自家採種で3年目だったけれど・・・。

左のおくらは、まわりをまくわうりで覆われていてまくわうりの葉っぱが茂ってからは1回も水もやれないし、何も出来ない。

128穴セルに蒔いていた白菜「王将」 これも古種で、’05年6月発芽検査月の種で 2〜3粒蒔いておいたけれど これだけ出れば十分ですね・・・

今年の田んぼは、足の怪我により荒起こししかやっていないけれど 代かき、田植えは完全委託・・・ 両親が面倒見ていて、 今日が刈り取りの日となりました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ことしは大根の成長が良さそうです。先日すぐり菜を収穫しました。こんな感じで茂っています。これは全てこぼれた種で生えてきた大根です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

はるもにあの田んぼでは稲刈りが行われました半年前は想像もしていなかった嬉しい収穫・・・ありがたい、ありがたい

雨の中畑に出て収穫するものも・・・ない!ということで雨に当たらずできる作業・・・そうですスプラウトと化している苗たちの間引き作業です

さて畑では虫との競争を繰り広げている白菜やカブや大根たち今のところぎりぎり野菜が勝っていますが油断は出来ません

ちょっと倒れ気味ではありますが、コシヒカリ根性でがんばってくれました。農薬無使用の2.5反田です。これが一番美味しくなって欲しいのですが?

はるもにあのメイン畑ではパプリカがだいぶ傷んでしまったようです  実が傷ついたのか腐り始めてしまってました あと、ズッキーニ!

今年度の父管轄田んぼの稲刈りが無事終了いたしました 4月の育苗開始から約半年 今年は寒さの春、猛暑の夏、そして長雨の秋と天候に振り回された米つくりでした

今年の刈り取りを開始!コンバインで刈り取った稲は、コンバインのタンクにため込んだ後、乾燥機へ運び込むための軽トラに積み替えます。

わが畑の非常勤職員、モグラ君がまたもや勝手に耕してしまったようです「わが畑は耕さない畑じゃ!!」と何度いっても聞かないヤツラ・・・

わが畑はとても小さいのでアブラナ科に関しては種とりをほぼあきらめております アブラナ科に関しては思い切って(?)F1種も導入★

稲刈り後の、機械整備もほどほどに、田んぼに肥料等散布し、耕起しなければなりません。なかなか、ゆっくり休めない、次から次とやる事だらけ・・・・。

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

キャベツとブロッコリーの苗植えを行ないました。キャベツとブロッコリーの苗植え種から蒔いて育てたキャベツの苗。ブロッコリーと合わせて、その数1500〜1600本!

さてこのお天気をずーっと待っていた私と種たち大根、かぶ、そしてたまねぎ 張り切っていきますよ〜まず大根4種類

上の画像(私の田んぼ)は慣行農法(肥料・農薬使用)の田んぼに比べて、少し穂の数が少なく雑草がちょっと多いかな程度で見栄えは遜色ないレベルだ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日から稲刈り始めました。予想していた通り、かなり土が軟らかいです。ドロドロになりながらの刈り取り作業となりました。

今期初、畑らしく見えてきたかな? わさわさと葉っぱが生えているところは、大根でございます。わさわさの奥の畝は、伸びすぎたラディッシュの葉っぱです。

今年春、サステナブルを目指す畑では、壊滅的な発芽不良、再種まき、連日の水遣り、しかしながら、努力は報われず、99%は壊滅。落胆しておりました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

きゅうりは二葉の状態ですが、ほとんど水分(頭上からのミスト)のみで育ってるため、根がしっかりしてるのと、養土がヤシの繊維のため、軽いです。

今日から稲刈りを始めました。  家の近くに栽培していたひとめぼれを刈りました。  約90アール乾燥機2基に詰め込み低温で乾燥しています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

草をとるのを、草引き、といいます(うちでは)。普通に言いますかね。人参の芽が出てきたところで、草をとってやらないと、人参が草に負けてしまいます。

菊池家では、自家用にいくつか野菜を育てています。一応、無肥料・無農薬でチャレンジしているのですが、たくさんは採れないし、芽が出ないこともしばしば。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日は急遽家族4人で南瓜の収穫!久しぶりに娘も時間が開いておりラッキー 「手伝ってね〜」 で、収穫していると結構いろんな形や色のかぼちゃがあってびっくり!

日もかぼちゃの収穫〜・・・といいたいところですが今日はじゃが芋の収穫です まくら堀りを終え、後は畑が乾くのを待ってのハーベスターでの収穫です

昨日から無肥料・非化学肥料の玉ねぎの収穫が始まりました。 機械で拾っていく作業。 あまりの少なさに丸一日もかからずに終わってしまいました

スッパイ無農薬りんご『あかね』。十年くらい前、石灰と硫黄(どちらも天然鉱物。消毒・殺虫作用があります)を散布したきり、完全な無農薬栽培です。

天気良好!もってこいの収穫日和 午後からは風が出てちょっと難儀しました じゃが芋の収穫の時は土が舞うので風が出るとちょっと大変

変わりかぼちゃのご紹介です こんなラグビーボールのような形で、しかも色も緑っぽいグレー どんなかぼちゃだろう?? 

朝からトウモロコシの収穫☆に加えて、まだまだたくさん実をつけてくれる野菜の収穫☆ 今日はちょっと遅めの7時半スタート 午後1時をすぎてようやく終了

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

秋雨前線で雨が続く。おかげで直まきの大根、ニンジン、そして草たちが自由奔放に元気よく成長中。間引き、草の整理が続く日々だ。

25日追加でまいたニンジンと木曽の紫カブが連日の雨で発芽。いつもながら厚まきなので早めの間引きが必要だ。30日にまいた地大根と青首大根も3日目で全てが発芽。

ハクサイ順調に大きくなっています。カブだいぶおおきくなり、ボチボチ出荷してます。このカブは光が当たるとその部分が赤紫になりキレイなんです。

ダイコンにも食べざかり、育ち盛りがあり、それに合わせて間引きながらノビノビ育ててあげることが大切です。 ネギさんたちもこんなに立派になりました。

秋野菜の種まきをしたいとやきもきしていたのですが、ようやく晴れ間が続いて種播けました。播種機初おろしです!新品!!

春にうまく巻かなかったキャベツが、今頃美味しそうに仕上がってきました。まだ、自然菜園に移行して間もないこともあり、春先はまだまだもたついています。

今年自家採種したタマネギや九条ネギのタネを播きました。 種まきのご報告の前に、タマネギの自家採種の続きをアップいたします。

9/28に不耕起田んぼの稲刈りをしましたので、その報告です!これでもかって言うくらいの秋晴れの中、たくさん仲間が来てくれました^^

一反で家族3〜4人分のプチ自給自足をテーマに、左側を畑(自然菜園)に、右を田んぼにし、どちらも無農薬栽培で自然に育つように育土しております。

台風18号の中、朝からどしゃ降りの中で収穫作業をしていましたが、そのさなかにもオクラの樹が次々と寝てきてしまいました。

本日、 降ったり止んだりの日々で、種まきを合間で行っております。 田んぼの半分を自給用の自然菜園に移行中です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

松木農園のうさぎちゃんから送って頂いて我が家の自然栽培りんごの枝に接ぎ木して、今年初めて花が咲き沢山の実が着きました。

無肥料 無農薬5年目 自然栽培スチューベン今年も無事収穫する事ができました。もちろん種を取り除く農薬ジベレリンも不使用ですので種ありです。

収穫真っ最中のいちじく。いちじくの最大の敵は野鳥。畑に行くと数十羽が完熟のいちじくから飛び立ちます。完熟寸前に収穫することで半分ぐらいは克服。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

これまでの雨で一部傾きかけていた永塚田んぼのお米・・・限りなく100%に近く倒れるだろうとあきらめていたが・・・全体的にやや傾いてはいるけれど問題はなさそう

秋ジャガは8月末に植えると収量があがると聞いていたが・・・遅くても9月5日には・・・5日は極早生の玉葱の種を播く予定日でも・・・

里芋はまだかという声もあり・・・試しに掘ってみようか・・・その前に畝間に稲藁を敷きたい・・・前半は生育も良かった里芋・・・後半は失速気味

昨日の台風直後に比べて少しずつ起きてきたかな・・・少々打ちのめされても上を向いてお日様に向かって伸びていくんですね・・・植物の生命力!

伸びに伸びたあちこちの田畑の草刈りを急がねば・・・先ずは高田圃場、田島圃場と・・・最近はあまり行かないので大変なことになっているだろう

今年は左側1/3はカボチャ、中央1/3は大根や葉物等々+カボチャ、右側1/3は現在はナスとソルゴーを砕いたあと・・・ここの1反分から土を採取

前回は花が咲いたところまでお知らせしました。その後、背の高い草がどんどん伸びてしまって・・・畑の上半分は大丈夫ですが、下半分は大変なことになってしまいました。

現在秋冬野菜の行育苗中 ぼちぼち植えつけも 初めの一歩はレタスかr トウモロコシの虫取りも・・・これからトラクター・・・手前の方は低くまだまだ湿り気が・・・

左側は夏みの早生三号・・・株間25僉 ̄βΔ呂△犬焚欺・・・ミニ大根・株間15僉,箸發3粒まき・・・間引き大根、葉大根が待ちどうしい・・・

無事トラクター完了!明日は芽キャベツと茎ブロッコリーの定植を ただ今見たら雨の予報だけれど・・・9月2日に定植した隣りのレタスは少しは大きくなっているかな・・・

9月になると順次玉葱の種まき・・・苗作りは苦手だったけれど・・・数年前にトレーを使って育苗を始めた・・・

黒胡麻の実が、ふくらみました。黒豆も、莢がだんだん大きくなって。中にお豆の存在が、分かるようになりました。今朝は大きな蜘蛛が餌を捕えているのに遭遇しました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

私は、畑でエンマコオロギの動きを見ているうち、「ひょっとして、ネットを張れば、こいつは下からは入ってこれない?」と気付きました。

さてさてTokyo farm 秋作のスタートです!今日は種をたーくさん播きました!畝の周りにマメ科植物の種を播き、根粒菌による窒素固定効果をねらいます。

一部パオパオがはがれた。全体の1割弱だと思う。南風によって、資材は北側にめくれていた。 今回の台風は東→南と風向きが変わりました。

朝、地主さんに「大根の畝間が広いね。120cmで良い」と言われました。溝切りの幅・深さを修正するべきだと分かりました。

ニュースでは八王子の最大瞬間風速34mと言っていましたね。嵐が去ってから、おそるおそる畑に行ってみました。まず目に飛び込んできたのはシカクマメのネット倒壊。

去年大好評だったローゼルがいよいよ実りだしてきました。 ローゼルというのは食用ハイビスカスの品種で、開花後肥大した紅いガクの部分を使用します。

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

大根の種まきが終わりました。ふ〜〜、、22時30分までかかってしまった。。種まきした大根は宮重総太大根と亀戸大根です。

今年はかぶを4品種種まきしました。 一回目を8月後半に蒔き、その後の秋雨や台風の影響なのか、みやまこかぶと松ヶ崎浮菜かぶは発芽不良でした。

去年の台風と比べると風はさほどでもなく、被害は8月に蒔いた小松菜のみでした。トンネル被膜が風によりめくられ、若い小松菜たちは地面に這いつくばっていました。

分けつネギの秋の植え替えの時期です。今回植え替える場所は、菜園と竹やぶの堺にしました。掘った溝に分けつネギを1&#12316;2本程度に株分けして並べ・・・。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ここの畑のピーマンはカメムシの襲撃によって株が弱っており、かと言って次々と襲来してくるカメムシをどうする事も出来ず、完全に諦めていました。

3反の畑は主力にしようと、今の秋冬の作付から本格的にスタート。それまではすべて緑肥。伸びに伸びてくれて、3m以上ののっぽさんが畑を埋め尽くしておりました。

台風18号が接近する14日に稲刈りをしました。自前で機械を持っていないので、近所の方に作業委託しました。今年は順調に育ち、1反7表半の収穫でした。

えー、堆肥と何が違うのー?堆肥が畑や作物にとって白いごはんならば、ぼかしは肉や魚のようなもの。窒素成分が高いんですね。速効性の肥料でございます。

稲が倒れているってことは実がたくさん付いて稲穂が重くなったってことで豊作を期待したんですがお世話になっている農家さんに聞くとそうではないみたい。

自作苗のデキが酷すぎる。キャベツは特に暑いと発芽率が悪く、また発芽しても茎がとろける症状が出て、何度もまき直しの繰り返し。

白菜は苗を育ててから畑に移植するときの活着が弱く、根を切ってしまうとダメ。そこで練床(ねりどこ)というものを作って、そこに種を蒔きます。

ニンニクの植付けシーズンですね。1株くらい放置しておくと、植付け時期を教えてくれます。何年も同じところでやっていると残っている事が多く、意外と重宝しますね。

台風18号の唯一の被害がユーカリ畑のダイコンでした。今年のダイコン栽培は不運続きでモチベーションが下がってしまいます。

キャベツ冬藍 8/17 と 8/25播種分の定植。140cm幅のベッドに4条 株間50cm だったり、3条だったりと苗の数に合わせて栽植密度を変えてしまいました。

この時期の育苗って本当に難しい。暑過ぎて発芽しないし、発芽しては茎がとろけるの繰り返しで5回ほど種まきを繰り返しやっとここまで育てました。

左:2.3キロ 右3.6キロ 今年のタヒチは何故か3キロ程度のものしかできなかった。2つの畑で同じだから育て方に問題あり?ですね。

タキイの栽培適期表を見ると8月上旬に種まきとあるので、1ヶ月遅れていて、収穫時期はもっとずれ込んで12月くらいになりそうです。

春のダイコンが不作だったので、今秋のダイコンは4つの畑に小分けして栽培していきます。時間の都合で第4圃場は区画すら作れておらず、ちょっと焦り中。

8月にはいると分厚く敷いた敷き藁を突き抜けてエノコロやメヒシバが凄い勢いで覆い尽くしたため、雑草を刈ったり抜いたりする時にツルを動かしたのです。

過去最低の数字に陥り、深く反省して今年は初心に戻って田んぼに力を入れてきました。そのかいあって久々に草も少なくて米の粒も大きい見事な田んぼとなりました。

キャベツに続きブロッコリーをユーカリ畑に定植してきました。早生のピクセルが控えているので、時期ずらし用に緑嶺を購入。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ニンジンは今日で105日にんじん 収穫の目安は110日ですが、割れているものもあったので収穫してしまいました 品種は「愛華」「向陽2号」「初あかね」

この時期を逃したら花芽誘引できません。剪定優先。つい強剪定気味になります。復活した西の園の自根スパルタン。枯死寸前までいきましたが水やりで生き返りました。

キャベツの品種は「初秋」と「新藍」です 「初秋」は55日で収穫できる極早生品種です。定植から収穫までの期間が短いので、初期生育をよくすることが大切

畑には有機肥料を使っていますが、育苗期はどうしようかなっとずっと肥料をあげずに苗を育てていました でもレタスがうまく育たないということもあったりして・・・

台風直撃のため延期したハクサイの定植、ようやくできました 本葉が6枚・・・植え遅れてる感があります 2号ポットで作っていた苗は老化苗気味

定植してすぐにネットをしたにもかかわらず、なぜかキャベツ・ブロッコリーが色んな虫の被害にあってます 一体どこから入ってくるんだろう

最近ナスにかさぶたがある果実が多く発生しています この原因はおそらく風で果実が揺らされて、傷ができたことによるもの そして、つやなし果も大量発生中

畑も適度に湿った状態だったので、ダイコンの種まきをしました 畑は1ヶ月前に堆肥を入れて耕うんし、1週間前に元肥を入れていたので準備万端です(・∀・)

佐藤錦とシンクロ接ぎ木?したナポレオンです。今年の暑さで、一時枯れる寸前までいったナポレオン。なんとか新芽を出すまで復活してくれました。

全てを種から作っていますから、「どの野菜をどのくらい作るか」の相談は2人でします。その後で、主人はせっせと次から次へ、種蒔き作業。

5月25日に播いたニンジンを今さらですが間引きました 本当は本葉が2〜3枚の頃と5〜6枚の頃の2回間引くといいのですが、なんか思い切って間引けないんですよね 

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

9月に入ったので秋冬物の葉物の種まきを開始しました。もう少し早くてもいいのですが虫や高温の害が心配なので今の時期にしました。

今日の植え替え準備作業は、ピートモスが3袋入手できたので前日に硫黄と籾殻を混ぜたところにその3袋を敷き均し再度耕転。

台風がやってくるとかで、直撃に備えてハウスの撤退準備です。稲刈りも、種まきも、果樹も野菜も、もう大変な騒ぎであります。

品種により土壌が合わないのか生育不良が起きてしまいます。水田の土壌のような畑なので、おそらく排水不良が原因なのでしょう。

人参が順調に育っているのですが、除草と間引きと土寄せをしました。 種は3回蒔いたのですが、左から7月20日、8月1日、8月10日蒔きです。

昨日、米(コシヒカリ)の収穫が終わりました。収穫といってもコンバイン等がないので、刈り取り、乾燥籾摺り作業は委託しています。

最近は定植もしています!こちらは畑に直まきして育てたキャベツの苗をとってまた違う畑へ定植!この辺りは自然に囲まれて虫も多いので、防虫ネットは必須です〜

ブルーベリーは、多くのお客様に支えられて今期の終了が近づきました。天候の影響で去年よりも早い終了となりそうです。

夏野菜にはもう少し暑さは必要で、急に涼しくなって一時元気をなくしかけたナスも、また沢山実をつけてくれています。

白菜は8月中旬から末にかけて種まきをして育苗していました。毎日水をやらないとならないので結構手間がかかるのですが、やっと手を離れて安心しました。

8月の中旬に種まきした白菜の苗が大きくなってきたので畑に定植しました。 今年の白菜の苗は比較的にいい出来です。育苗頑張りました。

今日はキャベツとブロッコリーの除草をしました。この畑は太陽熱ビニールを掛けていたので雑草は生えないはずですが、特定のつる性の雑草が関係なく生えてきます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今年のサトイモ(ドダレ)は、絶好調です!私の背丈を越えてきましたよ。まだまだいきそうです。60メートル畝、5列。かなりの収量が期待できます。

夏真っ盛りには、刈り払い機で草を刈っても3日もするとすぐに元に戻っていたり・・・先日刈った後の草を見ると、それほどの勢いもなくなって茶色い残骸が目立ちます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40