この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

それぞれのお野菜さんの周りの草刈りを終えて、パチリ 唐芋さんは、つる返しをしました。自然生えエゴマさんは、移植エゴマさんより、随分元気です。

誘引という作業があります。ナスやピーマン、トマトなど高く伸びるのにどういう訳か自立できない野菜が倒れないように支柱にくくりつけます。

お世話絶対しなければ・・・まずはトマトハウスミニトマトはひもかけをしていなかったので自分の重みで倒れかけています。わき芽もドンドン伸びてジャングルです。

ミニトマトはしばらく迎さんに収穫をお願いしていたら、ドンドン茎やわき芽が伸びて大変な事に・・・わき芽を剪定しながら風通しの良いようにしてやりました。

通常出入りする我が田んぼの向かい側からの1枚で右奥にそれが見えている。背景の山々は高隈山だが、今度、田んぼと夕日を一緒に撮ってみようと思う。

無肥料にしては分けつ多すぎな感じ。ジャンボを考慮して苗の本数がやや多かったか。いい色している。スカスカでいい感じの日照と通風。 水をブカブカと掛け流し。

ビニールハウスの中は日中40度。溝を堀り硬盤層を砕き、チップをつめて、腐敗層にも空気を送り込みリーフレタスを作ったハウスです。

南田の農林22号。 低い所はジャンボにやられている。 水をギリギリまでヒタヒタにしているつもりの夕方の状態。やや水が少ない。 代掻きを急いだためヒエが残っている。

朝から野菜の収穫。オクラも随分収穫出来るようになりました。ざっと400gくらいかな。ミニトマトは初収穫です。初収穫は私のお口へ・・・今年の出来も上々のようです。

この辺りは美しい景観で原風景そのものですが、その狭さ形の悪さでトラクターなど機械作業の効率が悪く使い易い畑とは言えません。

今回は、「田の草への処し方」について。数年前から参加者数名の状態で続いてきたのですがここにきて参加者が十組を超えて程よい規模になってきました。

熊本市内在住のMさん。ジャガイモをコツコツと掘り続けてくださりました。全体の半分位は掘り上がりました。例年よりか早いペースで進んでいます。

午前中は、いつもの畑。バジルさん周りの草取りや、大根さんと思われる自然生え苗さんを移植。そのあとは、見回りですよ。

今日は、キュウリの支柱立て&ネット張りをしました。今年は、最初に植えたキュウリが失敗したため、今回は2回目に植えたキュウリにネットを張りました。

すっかり稲も大きくなってきました。梅雨らしい天気が続いて畑の作業が出来ないので、ここぞとばかりに田んぼの除草に勤しんでいます。

各田んぼでも排水口を下げて雨での水量を調整しているので、自然と浅水管理となっている。田植えの頃から比べると稲も随分としっかりしてきた。

あめんぼ号について最近よく問い合わせがあります あめんぼって何って あんまり草が取れないんだけどって なので、ちょっと勘所を詳しく書くことにします

早朝の作業が数日続き、先日の育苗ダイズも土中緑化用に半日太陽光に当てており、大きくなりすぎ摘心・断根時期が過ぎようとしていた。

自然の山になりそうな勢いのみかん畑 自然栽培でやっとりますが、自然すぎる感じになってます!そのため、レモンの苗を植えているのですが、探しながらの作業

先週からスタートした田んぼの中のヒエ取り作業。  ほぼ二週間かけて60アールの田んぼ全体をどうにか終えることができました。

水分がたりないのは畑も同じ。里芋の土寄せをしましたが土がカラッカラでした。空梅雨だったのと新月が過ぎたばかりなのでそもそも大地が乾燥していたんですね。

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

前の年も、カラスにやられてメタメタになりました。今年は大丈夫だろうと思って、佐川農園にいろんな種類のカボチャを5か所に分散して植え付けていました。

キウイは順調に育っていまして、今年も豊作が望めそうなので無肥料区をさらに増やしました。来春も美味しいキウイを提供できそうなので、期待していてください。

先日播種した大豆ですが順調に芽を出しています。去年、散々な目にあった鳩による食害の対策ですが今回はたくさんの経験者に聞いてみたところ色々教えていただきました。

こんなに暑くても、お野菜さんたちは元気に成長しております。まだトマトを定植し終えてませんが、早くも秋冬作の人参を播種する時期となってきました。

大豆は、【雨のあとすぐ種蒔き】あるいは【種蒔きのあとで雨】というのが理想的なので予定を変更し昨日と今日慌てて種蒔きしました。

畑のほうも夏らしくなってきました。 この少し前の季節はどこに野菜があるんだか?という感じでしたが、 この時期になると野菜が目立ち始めます。

茄子の定植です。 昨日までの雨で、圃場内も水が溜まっております。キュウリくんは、喜んでますね(^O^) 四種類の茄子に 青ジソをコンパニオンプランツしました。

農薬を使わない作物作りの最大の敵「ヨトウムシ」が畑のあちこちに出現し始めました。畑のあちこちに相当量の米ぬかをまき散らしました。

さて、にんにくの収穫は葉が7割枯れた頃がいいようです。近所の農家さんの収穫のようすを見つつ、できるだけ熟成させてから収穫します。

スイカとマクワウリは順調に育っています。 スイカはラグビーボール状の細長い黒スイカです。昨年はあまり採れませんでしたが、再度挑戦して植えてみました。

あと5〜6mで刈り上げれます。電動草刈機ですので、20分置きに充電の繰り返しで 充電完了までのあいだ、ズッキーニ劇場に運んで敷き詰める作業をしてます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日サトイモの土寄せをした 第一回は鍬で軽く土寄せしていた 二回目は管理機で土寄せして鍬で仕上げをした 土寄せする前に鶏糞や菜種かすを追肥した

野菜が不足気味でうちにも問い合わせが殺到!!まあ、この時期はレタスが終了期なので、端境期ではありますが、他が調子悪ければうちも悪いのが現状です。

昨日は、シカクマメやゴーヤー等、夏野菜の苗をたくさん定植しました。「ちょっとした苦味と食感がやみつきになる」 「切った断面が四角でかわいい」

トマトの昨日の姿です 何年も連作しています 下端の巻き上がりもなく病気は全く発生していません  これは徹底した土つくり(落ち葉など) 化学肥料ゼロ

自然畑では、夏野菜が勢いよく成長しております。この畑は、昨年トマトメインにしていましたが、今年はオクラと豆、唐辛子など、少し雰囲気を変えて変化をつけてみました。

6/3〜15に植え付けた苗もツルが延びてきたけどそれ以上に草の勢力が凄い 草の中に葉っぱが隠れると一気に成長が遅くなり草はますます領地を確立する

気がつくと梅雨があけ、35度の暑さ。原木椎茸のほだ木を、間伐材で作った台に並べる作業をしました。この作業はなかなか重労働で、既に腕が筋肉痛です。

先日に、育苗していた白ネギ・長ネギの苗を畑に植えました! 今年は全て固定種の品種です。 信州の松本一本葱、群馬の下仁田ネギと、葉姿の異なる2種類の品種。

これまでは「なるべく作業工程を減らす」「どうにか楽したい」という方針で直播にしてきましたが、今回はじめて「苗づくり」にトライしました。

自然栽培のスイカは舌がピリピリするような甘さはないので、あり得ないくらい美味しいので早く食べたいのですが、これではorz

いよいよ秋作のスタートです。まずは人参!!このタイミングでの作付け(11月収穫)は未だにうまく行ってませんので、今年はこの人参作に力を入れます。

5月の初めゴマを蒔いたが雑草とヨトウムシに食害され収穫が望めない状態になった そこでプラグトレーで苗をつくり別の圃場に それを植えた

ハウスに遮光ネットを張る・・・トマトを植えているところと、育苗ハウスに取り付けます。意外と面倒です。はい!いま!な感じで時間作ってやりました。

今朝も激しい豪雨がありました。この時期のレタス栽培は無理だなorz ということで、今時期はモロヘイヤ、エンサイ、ツルムラサキに葉物は託します。

正解は地表に現れた南瓜の根です 圃場一面にこのような白い根がはびこっています 土地の中の肥料分を全部吸い尽くして やろうとしているようです

通常は太陽熱消毒をし、土壌の菌などを死滅させなければならないのですが、今年は省きました!なんで?人出が足りないから〜

冬ネギの苗取りと植え付けを実施。植え付け品種は、1本ネギの『なべちゃんネギ』と京野菜の『九条太ネギ』の2種類。ネギ苗と箱の中はみかんの皮を乾燥したもの。

休耕している畑や花畑に捨てたニンニクがいつの間にか勝手に育っていた 当然のこと肥料もやらない草も取らないで放りっぱなしだった

場所を作って、育苗していた根深ネギを本植えしました。第一弾でだいたい150本くらいです。去年と違うところが、この時点での苗の大きさが全然違うことです。

雑草との戦いです。 定植して1カ月経ちましたが、完全に雑草の勢いが勝ってます。なので、このままだと生育できませんので、面倒ですが除草作業です。

ナスの成長も止まり、花も付かなくなりました。秋ナスを作るため今日、更新剪定をした。【更新剪定前】 勢いのある時は、果実も大きく花も次々に咲かせる。

今日の午前中はツルムラサキの定植や草むしりなどしていましたが土を触ってみたら草に覆いつくされているような畝もすごく乾燥していて圃場全体に潅水しました。

雨に合わせて何をするかというと、追肥(肥料をあげる)、雑草を刈る、剪定をしておく、ひもを張る、マルチがけの用意をする、をしていました。 

日本3大ネギをご存知ですか。私はその一角の地域に住んでいます。日本3大ネギとは、下仁田ネギ、博多万能ネギ、そして、地場の岩津ネギです。

5月8日に蒔いたゴマは雑草に襲われた上に発芽したゴマをヨトウムシが切って激減した  そこでプラグトレーにゴマを蒔いて苗を作った それを6月25日に別の畑に植えた

今日は三蒲のたんぼの除草作業。田植えをしてから10日後に元気に根が張るので、10日以降の除草が好ましいということだったので、今日から田の除草をはじめました。

7月も半ばを過ぎましたが、青枯れ病が発症していません!いつもなら7月中旬には発症しています。昨年は7月15日、3年前は7月8日、4年前は6月25日でした。

メイクイーン A圃場 現代農業に時期をずらして栽培できると書いてありましたので実験してみましたが、定植直後の梅雨末期の土砂降りで見事に冠水orz

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

無農薬コシヒカリの田んぼの雑草を取り除く作業です。<社長自ら陣頭指揮?に立っています>  <右手に持っているのが、雑草です  稲と見分けがつきにくい>

暑さと雨のおかげで百菜劇場の野菜たちが元気に成長しています。「今、何が採れるの?」と聞かれることが多いのですがとっさに答えられるのは数種類。

通常サイズのズッキーニの種を入手し損ねたので今年はミニズッキーニを育成中。花を咲かせるまで ↑ 。「ミニ」といえど株は小ぶりに収まる様子はなく。

生えている雑草の種類を分かる人が見れば明らかに酸性土壌になっているのがわかり、土作りをしていないのが露呈してしまいます。

1週間遅れで植えた無肥料自然栽培のササニシキの方が確実に元気一杯で生命力に溢れています。やはり土そのものエネルギーの影響は大きいですね。

画像左手前端、新種のサツマイモ、意外と早くツルが伸びてきたので急遽カットして8本定植!残り半分は、明日、自家増殖中のメリクロンべにはるかを定植予定

もう10年以上もズッキーニを作り続けているのに,直播き栽培は今年初めて。  直播きだと最初の収穫時期が遅くなってしまうので,ずっと育苗してきた。

タイガーメロン、播種の時、畝はガッチガチなコンクリートのような土でした 粘土層が乾燥して、スコップも刺さらないぐらい、ガッチガチ

ここの田んぼはとってもデンジャーな去年わんこに48羽さらわれた地域の最前線で昨日も別のアイガモ農家のかもが数十羽襲われています。

夕方は、黒豆、大豆を植えるウネにびっしり生えたヨモギ取りです。根っこを取らないといけないし、日にちがないのでこれは大変です

現時点でA,Bの田んぼには「稗」1本も生えていない。Cの田んぼには5〜6本ほど生えていたので今日、抜き取った。Dの田んぼはちょっと問題発生です。

本日、里芋の畝の土寄せをしました まず、草刈りをして、里芋の苗のまわりの敷き草にしている枯れ草を除きました。この時、わき芽も、すべて綺麗にカット!

昨日は里芋の土寄せ。3日間かけての大事業叫び  良い具合に育っております。あともう一度追肥して土寄せがしたいところだが・・・できるかな・・・

無肥料栽培3年目のササニシキがちょっと元気になってきました。無肥料でのササニシキ栽培は3年目で、自家採種は2年目です。

昨年の夏に虫にやられて腐ってしまったスイカをブラッドオレンジが植えてある株元に土の栄養になればと置いておいたんです。

私が経験則で感じているこのダイコンサルハムシの特徴は1.雑草を積んでいる場所や、堆肥などの有機物を畝表面に置いていたりするとその陰によく潜んでいます。

肉プルさんにもらったつる首かぼちゃとタイガーメロンの苗を植えてあります。ここは一昨年全くの無肥料で、小玉スイカが一応出来た場所。

みんなで田植え(手植え)してはや1ヶ月。。籾から育てたイセヒカリ。こんなに大きくなりました〜!水面が見えないほどの雑草。。今日はみんなで除草作業です。

一枚目写真左から順に|坐濃餾爐涼殃敢ぜた畝炭素資材の廃菌床混ぜた畝自然農の畝いまのところ、大差なしかな?ただオクラは、自然農のが一回り小さいです。

竹林に近い場所なので地下茎が株元まで侵入してきて イチジクの根っこまで切らざるを得なかったり...それでも毎年ちゃんと収穫できているのですから凄い生命力です。

こんな気候では、野菜作りが無理です。。。トマトですが、暑すぎて、花が実になりません。気温が37度以上だったけ?それ以上だと、受粉しても実がつかないんです。

今年は、安納芋 紅はるか 紅あずまの三種類です。去年は半分位虫に食べられましたが 自分達で食べたり友達にあげたりでやはり今年も農薬なしにこだわりました

5月1日に播種した緑肥:クロタラリア・・・黄色い花もポチポチと・・・そろそろすき込み時ですね・・・前回の西大友圃場のクロタラリアに比べて生育は良さそう

無事に発芽しております^^しかも双葉を越えて3枚目も出てきています。この写真は7/13のもの。タネを蒔いてから7/13に至るまで、毎日、朝と夕方に水遣りをしました。

6/18に定植した新種のサツマイモです。思いの外順調に生育し、ツルがよく伸びていたので、カットして別の場所でも栽培することにしました

暑さと共にピーマンの仲間が成長中です☆茎も葉もどんどん茂ってきたピーマンたち。ついでに周りの草も元気でジャングルになってきました(^-^;

「草は生える前に取る!」という無農薬栽培のお約束にならって、草が生えないための工夫をいろいろと試しているのですが、今年もやっぱり「い草」がひどいです。

「カボチャの座布団ひき」と言う作業をやりました。カボチャは、そのままにしておくと、地面にあたっている部分が、黄色くなってしまい、キレイな緑色に色づきません。

昨日から今朝にかけて急激に熟れてきました!ということで今年のブルーベリー初収穫です。やっとカゴに入れて収穫するくらい熟れた実が揃いましたねー。

しかしカラスはん、派手に暴れたらしく黒糸が複雑に切れており田長を持ってこなかったので裸足で田に入って繋いでいたら1時間後、とっても小さなヒルがいっぱーい!

勢いよく成長中のトマトたち☆元気そのもの♪株もかなりしっかりしてきました!そのトマトの間には、バジルや ラッカセイをコンパニオンプランツとして栽培しています(^.^)

トマト、たいして病気も出ず、高く伸びています。初めて栽培してみたオレンジ色のトマト。病気に強いと聞いたので、やってみましたが、食べる人の評価はこれからです。

稲の成長もものすごいので、田植えの記憶がおぼろになりつつありますが、楽しかった田植え体験会の写真を載せたいと思います。

6月中には済ませるつもりだった麦刈りが半分くらいしか進んでいません。雑草が蔓延ってきていて結構焦っています...そんな中、ニンニクが枯れてきていました。

ピーマンって、枝を切った方がいいんでしたっけ?購入苗を植え付けたらピーマンが混んでた。毎年「あっ、枝が混み合ってる」ってとこを適当に切ったりしてるんだけど。

連日の手取り除草作業を行っておりますが、稗の多い個所は株間にびっしりと生えているのでいちいち茎の節を確認して、稗のみを手で抜き取っている。

今朝、地這いエリアの秘密の調理用トマトに病気の株が二つ・・・昨日まではなんともなかったんですが、今朝いきなりしおれているところを見るとおそらく青枯病です。

約1ヶ月前に元肥を入れたニンジン用の畝ですが、6/29に種まきをしました。去年は、芽が出ては枯れて、の繰返しで結局、ニンジンはできなかったのです

今の時期、草刈りで刈った草を畝に敷き草として利用します。作物の根本までしっかりかぶせます。乱暴にすると枝が折れてしまうので、丁寧に行います。

ピーマンが大きくならない。後植えナスも心配。  やせ地でこのまま肥料を入れなければ,収穫もままならない。 作物の様子を見ながら臨機応変に対応していかなければ。

その水管理に廻っていた昨日、みずかがみの穂が、姿を出していました 極早生品種なので、びっくりすることではないと思うのですがやはり早いですね

休耕田で栽培している野菜が立派に育ってきました☆野菜が育ってきて畑っぽくなってきた休耕田。 勢いよく育ってますよ(^.^)

はじめは、つながる一本の畝を、たてるのに、時間がなく、、、面倒くさい気持ちも過ぎって、苗、ひとつひとつの、小山な畝にしました

これは、人参です。ニンジンは特に成長がゆっくりで、完全に草に埋もれてしまっています  もう少し我慢して大きくなったら、できるだけ草取りです 

サトイモ専用畝No2です^^畝間の除草(防草)シートを外したところです。ここは 畝間施肥でやってみて差が出るのかそうでないかを実験してみたいと思っています。

4回目の播きなおしナスの定植この時期のナス定植は初めての事なのでどの様にに成長するのか観察します。大豆を播種した後2日間続けて雨が降り恵の雨となりました。

虫にやられず,鳥につつかれず,病気にもならずに完熟大玉トマトができるかなと心配してきたが,ついに第1号の収穫となった。

あめんぼ号による除草作業3巡目終了しました 後は畦草切って畦際の草取りをして溝きりして中干しして雀を追い払って・・・稲刈りです

先日竹チップ2杯目15㎥、4.5トン、到着しました。今朝4時から一生懸命畑に撒いています。来週もう一杯くるのではやくこいつをやっつけてしまわなければ。

オクラが元気に成長中☆有機肥料を入れて耕していた時は、一気に株が大きくなっていた印象ですが、 耕さない自然栽培にしてからは、ゆっくり株が育っていく。

オクラの苗を、草と間違えて刈ってしまわないように、鎌で注意深く刈りました 草まみれの中から、力強く育った、オクラの苗が出てきました〜♪

オクラ、去年は背が小さくて、一株5個も収穫できなかったのですが、今回はなかなか良い成長っぷりではないかと思っています^^

今年のLOVE CAPSULEのテーマの一つに6次産業化の実現 白瓜を栽培、奈良漬けに加工、販売へが、あります そのために、畑は、瓜科の野菜だらけです。

毎年ずっと柿は苦難の連続でした。せっかく実がなってもカキノヘタムシにやられて早熟で落ちてしまったり、実をすべて鳥に突かれて穴だらけにされてしまったり...

先月中旬からはじめた菜種の刈取りやっと半分くらい進みました。なんたって役6000坪の面積があるんですから、なかなか進まないと言ったら・・・・

去年、途中でいなくなったこんにゃく芋がまた同じ所から出てきてくれました。今週の強風で、ちょっと斜めになっています。今年こそ、食べられるのかしら。

今年初めて栽培しているものをご紹介。一つ目はじゃがいもの”キタムラサキ”!じゃがいもなのに皮は紫色!おまけに断面も鮮やかな紫色!

今のところ作付面積がどうこう言える立場ではありませんので、とりあえず試しに植えてみた苗の様子を見に行って来ました。

我流の植え付けをした大玉トマトがやっと元気になりました。植え付けから約1ヶ月。途中で畑が水没したりして元気がなかったけど、ようやく勢いに乗って来ました。

田んぼには命が漲っています。生きようとする働きは、人だけじゃなく、命あるもの全てに共通なんですよね。ついこの間まで、雨が降らず、田んぼが干上がってました。

今日はハウスで万願寺とうがらしの収穫から。ここ最近少し寒かったせいか、ちょっと次は大人しい感じの実のなりよう、全部で40キロぐらいかなあ〜〜

ジャンボヘチマを作っおり、自家製のぼかし肥料で作っています。だいぶん大きくなりましたが、まだまだだそうです 大きくなると1メートル近くになるそうです

今年の有機無農薬米はコナギが大発生!!機械での除草をすることにした 除草機は「WADO産業」の機械を使用した 一度の6条の条間の草取りができる

4回目が終わったころです。 今年は藻による稲の倒伏を防ぎたいので4回で除草はやめました。チェーン除草はがん爪の除草に比べてかなり弱かったです。

無事にサヤができてきています^^ナスと混植している枝豆の一部は、 空サヤになっているものもあるけど、それ以外は、ちゃーんと膨らんできています。

日々刺激のある作業は1歩1歩と確実に進んでいます 今日はブドウの竜宝とピオーネの袋かけをしました 写真に写っている竜宝に試験的に青い袋を使いました

画像手前中央、キュウリがある畝、アライグマにやられたとうもろこしはすべて取り除き別の場所へ。いい感じで雨が降っているので野菜たちが生き生きしています

キュウリが本域で成長中です☆カブ自体も大きく成長して本格的な収穫期に入ってきた。 立派なキュウリがぶら下がってます♪こちらは今年初挑戦の半白キュウリ!

今年は,雨による裂果を防ごうと,カリーベルの苗を植えたときに,畝を覆うビニールの屋根をつけた。早くからの設置となった。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

早い梅雨明けとこのところの猛暑続きでピンチの野菜も続々。 トウモロコシ:アワノメイガとハクビシンは来たが,カラスの被害無し。収穫までたどり着いた。

7月上旬は、冬人参の年内どり用の種まきをするのですが、梅雨が明けるのが早く、雨も降らないのでなかなか種まきできませんでした。そこに来て、今夜の雨予報。

畝はあるので、植えたときの歩幅をお思い出して見当をつけて、大きい先の尖ったスコップを真っ直ぐサッと土に入れて、てこの様にグッと力を込めて土を掘り起こします。

長ネギの定植にやっと取り掛かりました。11月〜3月にかけて収穫の長ネギ、3月に種をまき初夏に定植します。朝から、耕運、畝立て。

さて、オクラが花を咲かせはじめました。今日は暑い中オクラ畑の通路の草刈りっす。 刈り取り前は、通路にエンバクと草でもじゃもじゃしてまふ。

サトイモの土寄せをしました。 管理機に培土板をつけて土寄せするのもありますが、ガテン系仕様になってしまったNewイチローにとっては、 鍬でガッツリと土寄せです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

玉葱を収穫してまだ1ヶ月足らず・・・ですが 玉葱マルチの穴から、赤紫蘇が生えてきた物だから 欲張りっ子の私は・・・赤紫蘇も収穫できるまで待ちました。

宿儺かぼちゃ系(?)の市販種「ごっちゃんかぼちゃ」を購入して 自宅裏畑はそれ専用にして蒔いている(4株混ざった・・・けど) 茂りすぎて 通路も無くなりそう

小玉スイカの「愛娘ひなた」 ミニログ裏での栽培ですが まず1個収穫してみた。 交配日・・・解りません・・・ 打音・・・聞き分け出来ません・・・

チェーンを田んぼの中で引きずり回し草を取る機械です。除草した田んぼ。かき回されるので、濁り、これだけでも、中まで日光が行かないので草の生長を数日は押さえます。

モロヘイヤを植え替えた畝。草だらけだったところを、ざっと草を取って植え替えた。ところが半分は特に迫られていないのでそのままになってしまうと、こんな風に。

写真はピンチ栽培のアロイトマトの苗です。昼間はハウス内は凄い暑さなのでトマトにとって過酷な条件で今回は手灌水を一度しました。

アイガモちゃん達を田んぼに放してもう一週間が過ぎました。 ご覧の通り、みんな仲良く田んぼの中を元気に泳ぎまわっています。

今年初めて挑戦中のアロイトマトのピンチ苗のその後です。ようやく脇芽から葉っぱが伸びてきてくれています。と、ここで問題が、、、。 

ピーマン。見るからに虫がついている。大きなフンもいっぱい。虫がついている木を見ると以前、葉っぱを整枝せずに、そのまま茂らせていた列がほとんど。

ジャガイモが掘り返されている。(涙)足跡から、かなり大きないのししです。そろそろ採り頃だと思っていたけれどまだ熟し方が足りなかったようで、全滅は免れた。

夏の暑さが半端無いです。 マルチ栽培だと、日中マルチの表面は素手では触れないほどになっています。 そんな上に転がっているかぼちゃ、スイカ、マクワウリ・・・

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ずーっとほっとらかしだった一番山際の田んぼ。今年は転作なので、一昨日初めての草刈をしました。春から1回も刈ってなかったらこんなになるのね・・・

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

複数年度では農林22号が一番成長が良い感じです。どちらが自然農法の田圃でしょう?確かにあぜは雑草がぼうぼうで通常は除草剤でからされます。

クサネムも一杯生えているのでクサネムも取りました。今のクサネムの鞘ができる前だったら、取って放置した畔に来年生えることもないでしょう!

最後の田んぼ3枚 草が無いと思っていたら意外と生えていた。これは予想外...あっと言う間に終わると予想していたのが 甘かった...。こんな時精神的にダメージを受ける。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

定植直後よりウリハ虫の被害にあい成長が危ぶまれましたが ねぎ、たまねぎの葉っぱのおまじないが効いたのか無事おおきくなりました

じぇじぇじぇーっ!金色の雨蛙が稲の葉にチョコンと乗っているではないですか。 人生で初めてお目にかかる金色カエル。

なかなか色がつかずやきもきさせられているパプリカですが本日とうとうオシリまで黄色くなってくれました!きれいな黄色のパプリカです!

はるもにあの田んぼはごくごく小さいのでアオムシの駆除方針はテデトールです☆おなじみ、手で取ーる、です 本日田んぼに入りテデトール決行

除草剤無使用の我が家の田んぼ。 強力な雑草のヒエもガンガン育ってます。 放っておくと稲の栄養が取られるので、ヒエは手作業で根っこから除草します。

まだまだ花が咲いている、はるもにあメイン畑のじゃがいもですが本日はメイン以外のところのじゃがいもを収穫いたしました

土手に育っているバターナッツカボチャたち無事実がつき始めました★なんたって土手ですから肥料なんて入ったことの無い場所ですのにみごとなつるではありませんか?

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

初夏の風物詩!?田んぼの草取り、7月15日で終わりました♪田植え後5日目(6月5日)に、竹ぼうき。その後、1週間ごとに4回。

小豆を初めて植えたのは二年前。 ・・・そして今年は大納言を植えようと言う事になりました。 パラッと種をあてがわれ、7月11日に植え付けをしました。

今年は農園スタッフ生活二年目のNちゃんのヤル気も上がっていて、去年は放ったらかしだったズッキーニがテコ入れされました。

先週の金曜日のこと。晴れの日が続いていたので、畑でジャガイモの収穫をしました。午前中に左側の二畝を終え、午後からは残る二畝を掘り起こします!

江たてとは、専用の農機を使い、水田に何本も深い溝を作ることです。「中干し(なかぼし)」のために、田んぼに溝を作ります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ハーブは、雑草に近く、質量も少ないため、検出段階で放射能が出やすいと言われていますが、今回、大畑で採れたバジルは、放射能は検出されず・・でした!

長年ミニトマトの研究をしてきたお師匠さんが編み出した、ミニトマトの側枝を伸ばしまくる(正しくは果房直下側枝を伸ばす)というやり方は、時に悲劇を生んじまうんだ

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日今日と田んぼの追肥をしています。昨日は午後余った時間で畔の草刈りをしようと刈り払い機のエンジンを掛けたら、なかなか回転が上がらずすぐにエンスト。

7月になってから、今度は雨続きで、なかなか収穫が出来ません。やっと昨日収穫しましたが、穫れたのは1.6kg。去年植えたのは2kgだったので大赤字です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

21箱戴いて庭一面に干しています。よい天気で儲けた気分で乾燥に励んでいます。  こんな天気が4日続くと仕上がりが良く肥料成分も申し分のないものになります。

出穂前の草刈りがやっと終わりました。  これからはもし畦畔に住みついたカメムシに刺激を与えないように、そっとして被害を少なくします。 

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

毎日朝と夕方、田んぼの水を見に行きます。足りないところには、夕方に水をかけ朝にとめる、ということを繰り返して、田んぼの水を保っています。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

葉っぱは穴だらけ。無肥料でも立派に育ってきたブロッコリー、もうすぐ収穫。でもこれ、F1種(一代雑種)なのが残念。初めての蕎麦栽培。3週間くらい前に播いた。

立派なステラ(ズッキーナ)を収穫した。もちろん無肥料・無農薬・固定種。花の部分も食べる花ズッキーニとして収穫するのに向いている品種。

除草剤を使わないと雑草だけでなく浮き草と藻が発生してくる。↓右が自然栽培(無除草剤)浮き草の有り無しで一目瞭然。

2年目の自然栽培米圃場(品種:つがるロマン) 移植後25日目の水稲の様子。写真で見ると欠株が多いことに今更気づいた。

中干し期間が終わり約3週間ぶりに用水路に水が来た。自然栽培米を作るうえでこの中干し期間の用水路の水停止は非常に困る。

自宅の隣にある畑の無肥料・無農薬ゾーンに植えていたキュウリが収穫時期になりました。初収穫ですし、無農薬のキュウリを食べるのも初めてです。

もう日が沈むところでしたが、今日は根が結構ついたマルバカイドウをゲットしたので、 自然栽培畑、目時薬師山へ行きました。

木村秋則先生の塾で水菜を植えたので、私も植えてみようと思いました。畑は、いつもの目時薬師山の自然栽培用畑。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

周辺は雨が降っても降らずがっかりしています でも、そんな中とうもろこしはすくすくすごく元気に育っています いちばん早いものが穂を付け受粉を始めているようです

真ん中の列は、手前から奥へ。ナス・カラーピーマン・加熱用のトマト(サンマルツァーノ) 極小だったカラーピーマンはどうだろう・・・

ごぼうを植えました。でも、そんなに生えなかったひとうね、全滅です。。。酸性土壌が悪いのかと思ってたけど、うっかり、ネキリムシにやられちゃったようです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

こちらとしては手伝いに来てもらえるのだから大歓迎です。早速、遅れ気味になっていたナスの整枝と誘引作業。ナスは初めて作るので、整枝のやり方がよく分からず。

朝晩2回のズッキーニ収穫の合間にこまごまと作業。トマトの芽かきや誘引。草刈り。ズッキーニやオクラの畝間除草。この時期の草の勢いはすごいです。

今週から少しずつ枝豆の収穫を始めました。ビールのお供には、やっぱりこれ!!ナスはコガネムシに葉をかじられながらも実をたくさんつけています。

酷暑も続いた。雨も夕立程度。出遅れているナス、ピーマンにはつらい日々だ。14日は曇りだったので灌水して干し草マルチを厚くした。

暑い日が続きます。そんな中、昨日今日とずっと草刈りをしていた気がします。周りの草の伸び方が半端ない…。今日はナスとピーマンの畝の草刈りをしました。

毎日通えないので、田んぼの入り口に、水を溜まりを作ってマコモを植えてみました。 水たまりの目的は、川から来る水を温めてから田んぼに引き込む温水たまりです。

梅雨が明けた。キュウリ、ズッキーニは少しずつだが本格的な収穫期に入り、ナス、カボチャもやっと本格的な成長期になってきた。

先週撒いた自然ボカシ(土着菌で造ったボカシ※造り方は拙著参照)を草マルチでサンドしておいたら、 早くも放線菌など目に見える菌糸で分解が始まっておりました。

今年の、うちの野菜たちの生育は今のところ順調で素直に生育しています。収穫まであと少し玉レタス これから収穫する玉レタス

大きな大根が採れました!長さは40センチくらい、太さは直径10センチはあるかも。肥料は一切与えなかったんだけど、土だけの力でここまで大きくなってくれました。

ほっておいた大根が干からびそうなので19日に全て収穫。最近、暑さと乾燥のためか、もぐら&野ねずみが暴れる。せっかく伸びたカボチャの茎もかじられ無残な姿。

今月は、夏野菜のお世話で、写真では分かりにくいですが、トウモロコシの茎に入り込む虫「アワノメイガ」について観察を通じて、対策を学びました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

毎日数時間はトマトの側枝剪定と誘引作業を行います。2,500株以上もあるので一通り終えるには10日は掛かります。

甲斐サマー(夏いちご)の摘葉をしてあげました。古い葉っぱを取り除いてあげることで風通しを良くし、株の中心であるクラウン部分に光が十分に当たるようになります。

森の中の開梱した田畑に、雑穀の苗とイセヒカリの苗を植えました。当初、水路に水を引く予定でしたが、水源を変更したので、次回以降に水を引くことになりそうです。

自然栽培桃 花嫁 植え付けて2回目の収穫。2本のうち1本は無袋。6月10日の無袋のはなよめ、ブログに載せた画像。この時すでに採り時だった??

畑では春の野菜の終わりが見え始め、夏の野菜の始まりが見え始めています。 出荷が始まりました。ズッキーニ。 今年もコジマ農場では緑と黄色の2色を作っています。

今年初挑戦の米ナス。レストラン向けで出荷をしています。まるくてとってもかわいいです。ピーマン。 肉厚で大きくてコジマ農場の人気の1品です。

無肥料 無農薬 自然栽培桃。10年以上肥料農薬を使用していない畑に4年前から少しずつ桃の樹も植え始め、今は6本。

無肥料無農薬で5年目の自然栽培葡萄 スチューベンなんだか数日であっという間に粒が大きくなってきました。こちらは6月10日の画像。そして6日後の今日。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

カボチャが次々に結実しています。 20個くらいがぶら下がっており、収穫も間もなくです。毎朝授粉することにしており、雄花を取って授粉することを日課にしています。

三尺ササゲが生長しています。 5月13日にタネまきしたものです。初めての栽培で分からないことも多いのですが、小さい実(ササゲ)が伸び始めました。

モロッコインゲンのの収穫が続いています。1回目の株はだいぶ衰えてきましたが、4月28日にタネまきした2回目が絶好調です。

今年の大豆の作付は2ヶ所の畑にしました。先日大豆の会のみなさんと蒔いた畑は終わりましたが、今日は2カ所目の畑の種蒔きを一先ず終えることができました。

田植はトラブル・夫婦喧嘩なく一週間前には終わりました。最後の田んぼで泥をきれいに落として田植機のお仕事終了。

昨日は、トマトの定植をした  もう苗が伸びてしまい、遅いらしいが時期をずらして収穫できるのではないかなと前向きに考えることにする。

7月10日に直播した大豆・・・ネットをべた掛けできなかったところはハトにやられてしまった・・・去年は大丈夫だったが・・・ネットがめくれていたところも・・・

トマトの茎おろしを始めました。収穫は依然として続いており、1本立ちで栽培しており、上へ上へとどんどん伸びて先端は届かないくらいになってしまっています。 

大豆の追い播きをしようかと思っていたけれど・・・高田田んぼに干し田のあと水を入れようと田んぼを確認したところ・・・あまりにも草がひどく・・・

6日の土曜日には梅雨明け・・・いきなりの高温・・・この急激な変化にトマトが適応ができなかったよう・・・ハウスも露地もトマトがぶよぶよになったものだらけ

昨年9月に秋ジャガイモを植えつけ、10月末にやっと発芽したので収穫はせずにそのままにしていたものが、3月に再度発芽して生長したものです。

ピーマンの草取りは終わり・・・トマトの草取りを始めたところでストップ・・・ミニトマトとトマトン間の通路も草だらけ・・・刈払い機で草を刈りそのまま敷き草に

玉葱をすべて収穫してみると意外とたくさん・・・置き場所が・・・このあとカボチャも・・・今年の冬に倉庫をもう一つ建てようか・・・建てなければ・・・

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

鞘がからっからに乾いた。鳥に突かれたのは、鞘の中で発芽し始めている 私と虫でタネの取り合い 大きめの鞘をチョイスしてタネの出来具合をチェック

小笠原でコメ作りの夢を描いて数年、再び美しい小金色の稲穂がこうべを垂れてきました!ネズミ対策には島ニンニクとの混植で対応して、なんとか今は大丈夫です。

トウモロコシの出荷を終了しました。栽培本数は約1500株でした。このうち、約300株程度を虫害で廃棄しました。害虫で最も多いのは、絹糸部分から入るアワノメイガです。

前回5月25日に播いたニンジン(左)と6月1日に播いたニンジン(右)品種は同じ「初あかね」なのに、発芽率が6月1日播きの方がいいです

6/6(木)、ニンニクの収穫をしました!今年の春は例年より寒かったせいか、ニンニクの芽が伸びずに茎の中で膨らんだ状態のものが続出しました。

またまたニンジンを播きました 「ベーターリッチ」が欲しかったけど、種苗店に置いていなかったので、「Dr.カロテン」を購入しました

小笠原での米作りを夢見て数年、ついに収穫することができました!ネズミやカワラヒワにやられることなく、少量ですがノコギリ鎌で刈って束ねると、感触もひとしおです。

この数年は田んぼのない小笠原で陸稲の栽培に挑戦しています。収穫間近にネズミの猛攻に負けるは、育成不良に敗れるわとなかなかうまくいっていないのが現実です。

カラルーはタネがこぼれるまで畑で育てれば、翌年のタネ蒔きは不要!と言うことがわかったので、来年からは Tuffなカラルーを栽培することにします

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

稲さんも順調に成長してくれている。耕起田んぼは今日で草取りがひと段落した。例年だったらまだ不耕起田んぼの田植えをしていて、草取りに入れないような状況だった。

7月に入ると秋冬野菜の作付けが始まります。田植えの後は草をいかに抑えるかが稲作の至上命令で、除草作業がとても大切気が抜けません。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

実は今年の玉葱は、去年までと品種が違います。 玉葱には極早生、早生、中晩生、晩生といろいろあります。 去年までは早生でしたが、今年は中晩生です。

たくさんの受講生の方がいらっしゃって、ジャガイモの収穫をしました。あら…、ずいぶん遅いなジャガイモの収穫が。と思った方、ワタクシも思いました。

スイカの収穫時期がやってまいりました。といっても大玉品種なのに全て小玉サイズなのは納得できないが、数採れればそれでもうれしいものです。

雨が降らないですね。生姜のように根が浅い作物にとってはかなり環境が悪いです。スプリンクラーを使っての水やりを少しずつやっています。

最盛期のきゅうりは株の勢いもあるので生るきゅうりの色、形、張り、つやなどもいい感じ!新鮮さのバロメーターでもあるいぼいぼもツンツンしていて触ると痛い位です。

田んぼの今この時期が一番好きどんどん分けつして開張していく稲たちは太く葉も厚く幅広なため、雑草かとみまがうばかりの力強さを見せています。

雨のやみ間に長ねぎの苗を植えました。3月初めに種を蒔いて育苗を開始した長ねぎ。マメな除草を心がけたおかげか昨年より苗が立派に育ってくれました^^

第4圃場の1回目のホワイトレディは、雌穂の絹糸が茶色くなってきたので試し採りしてみた。草丈は1.5メートルほどになり、茎も太く土壌養分は申し分ない感じです。

今回のジャガイモ栽培は、食用にするには危険なサイズばかりでした。肥料を入れたにもかかわらず、このサイズということは、もっと入れないとダメってことです。

第4圃場で育てているフルーツガーネットもいよいよ収穫開始となりました。土壌が良いのか品種が良いのか分かりませんが、脇芽が1〜2本しか出てきていません。

秋野菜の準備開始です。まずは7月20日前後に播種する、ニンジンとインゲン。それと晩生の大豆ももう蒔き時ですね。

今年も黒豆の定植時期がやってまいりました。6月中旬に播種するのが一般的ですが昨年は7月中旬でも成功したので少し遅らせています。

おなじみ八丈オクラです。恐ろしいことにマルチなし。まだまだ花も咲かない。ようやくつぼみが見え始めたくらいでもうしばらくかかりそう。

チンゲン菜の種取りをしました。先日のブログで紹介していたチンゲン菜も十分乾いたので、本日種取!まずはシートの上で、チンゲン菜の株を木の棒でバシバシたたきます。

今週から、秋冬野菜の仕込みを始めました。まずは人参の畝です。堆肥を混ぜ込み、種をバラマキし、乾燥しないように籾殻をまき足で踏みつけます。

ころ愛の採種もこれにて完結です。播種から採取まで9ヶ月かかりました。採種って時間がかかるし、長時間その場所を使えないし、本当に面倒ですね。

夏野菜たちが赤ちゃんから子ども〜少年くらいに。スクスク元気に育つ姿がうれしいうれしい。 生姜。発芽、成長にかなりバラつきあり   モロヘイヤ。まだ幼い姿。

おかげ様でウッドデッキを占拠していた小麦もようやく脱穀が終わりました。小型の掛矢(トンカチみたいなもの)を使った原始的な方法での脱穀は非常に時間がかかります。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

キャベツ・ブロッコリーの種を播きましたキャベツ☆去年は失敗して、ブロッコリーは1つも収穫できなかったので、今年はリベンジです!!

今月初めから、ビニールハウスで育てているミニトマトが色つき、収穫が始まりました。 赤・ピンク・オレンジ・黄・紫プラスαの計8品種を育ててます。

田植え後5週間目の葉齢の確認をしました。田植えの時には5枚目の葉に印しをつけたものが既に10枚目〜11枚目の葉となっていました。

ついに枝豆を収穫しました 見た目だけだと、収穫適期がよく分かりませんが・・・花が咲いてから30日なので収穫してみました

エッサホイサ堂の田んぼです。浮いているのは「コナギ。」近くの田圃です。草が無い。 大体同じ時期に田植えをします。条件は同じはずです。

手前から奥まで鎌一本で私の身長ほどに茂っている雑草を刈り取り。 草もある程度の大きさなら放っておくのですが、ここまで大きくなってしまうと芋が大きくなれません。

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

90%が水分、カッパが好きな緑の野菜。そう世界一、栄養がない・・いや低カロリーの野菜だと、ギネスブックにも載っていると。

田んぼの会 7月2回目草取りです。ここ最近涼しい日が続き、今日は寒いくらいです。6月からつづく草取り、今日で最後。仕上げのヒエ取りをしました。

最初はキャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、そして芽キャベツです。これらは3回くらいに分けて蒔く予定なのでちょっとずつ蒔いていきます。

ブルーベリーにもこの暑さは影響を与えています。特に大きな実に暑さの影響が出始めました。暑さで実が煮えてしまい、実がぶよぶよ状態。

メインでまいた所がちゃんと発芽してくれなくて…まく時期が遅かったんだろうな…まず麦をバインダーという、刈って、結束してくれる機械でガッシャンコします!

長ネギの植えつけへ。4月には苗をいったん仮植え。 【晴れの日も】  【雨の日も】除草して、もうダメかというギリギリになって、やっと掘り起こし。

バケツをひっくり返したような雨降りでしたが、毎年モロッコインゲンが獲れ始まる頃になると、こうしてどしゃ降りの雨が降って、そして翌朝は軽トラが畑にはまる

ジャガイモは春の遅霜でだいぶダメージを受けましたが、畑を3箇所に分散しておいたおかげでそこそこの収穫ができました。備えあれば憂いなしです。

ナスは3月に温床に種まきして5月に畑に定植したものが今採れていますが、夏を越えて秋まで収穫するために5月に種を蒔いて苗を作っていました。

  7月に入り、雨が降らない今のこの時期を見計らって小麦刈りをしています。 小麦は農林61号とハルユタカをつくっています。ハルユタカはパン用です。

育苗後はしばらく使う予定のないハウス。春先の突風ですでにボロボロです。そんなわけで今年はブルーシートで破れた屋根を覆うことに。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ゴーヤの支柱を立てました。いつものように合掌で組んだのですが、ちょっと間隔を空けすぎたので、中間地点に3点の太めの竹を追加して、地面に垂直に打ち込みました。

人参の種まきは、7月中に行われる。人参の種は水分が十分ないと発芽しないが、種まきの適期はちょうど梅雨があけて雨が降らなくなる乾燥期と重なることが多い。

今日はあじがった!(暑かった!)でも、インゲン豆が結構大きくなっており、支柱を急がなければいけなかったので・・・この日ばかりは相方の手を借りての作業。

5月5日に蒔いたピーマンはさすがにもう発芽しないんだろうなぁ・・・でも唐辛子も発芽してたからなぁ・・・もしかして、もしかするかもなぁ・・・

のらぼう菜を採種しました。作物がまだあまり収穫できない3月終わりから4月にかけて、春の食卓にグリーンを添えてくれたっけ。

今年はじゃがいもの貯蔵がうまくいっていない。6月のじゃがいもが若い頃は外皮が薄く、収穫時に外皮がむけやすく、傷がつきやすい。

玉ねぎを畑より全部いっせいに収穫。左の写真は土から掘り出されて並べられた玉ねぎ。 収穫された玉ねぎのほとんどは立派に太ってくれた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40