この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

夏休みの課題である農業体験にやってきました。初めてだという事なので、簡単な作業が良いと思ったので、日よけ用のクラフト傘はずしに挑戦してもらうことにしました。

桜桃屋うちだ園では、例年よりも一週間早くピオーネ狩りをオープンさせていただきました。まだ若干さっぱりした味ですが、十分おいしく召し上がっていただけますよ

ぶどうと言えば「黒ブドウ」ですね。巨峰を始め、ピオーネ・藤稔(ふじみのり) 食べ頃を迎えると、甘さが、違います。是非、畑で、味わって見てください。

日本で珍しい『ラ・フランス狩り』を山梨県で体験してみませんか? /べ放題&おせっかいな説明付き ラ・フランス以外の洋なしもご準備しております

里見農園は☆桃狩り(9月上旬まで可)☆ぶどう狩り☆両方楽しめる観光農園です。里見農園の桃狩りは9月10日頃まで出来ます

あすなろ園の巨峰狩り今年も無事開始しました!!2つのコースをご用意してますのでお好きな方をお選び下さい ●巨峰狩り食べ放題コース●巨峰狩りよくばりコース

小学生2人を含む1家で、初めて体験していただきました。一緒に 成蹊中学校の社会部の生徒3人と先生が引率して21日〜23日まで農作業体験をしていただいておりました。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:山梨県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

地産地消の農体験イベントたちばな農のあるまちづくり推進会議 連続農体験イベント2012育てて食べよう!マイベジタブル〜!の第1回目が開催されました。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:神奈川県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

今年の米作り体験は40名×2チームのご参加をいただいています。除草剤や化学肥料は一切使わない米作り。田植えも手作業でしたが、稲刈りも鎌で手刈りしてハザガケします。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:埼玉県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

稲刈り体験は、日帰りでの稲刈り体験(最低催行人数24名様)、ご宿泊での稲刈り体験(最低催行人数12名様)のいずれかをお選びいただけます。

昨年に引き続き、今年も稲刈り隊員を募集します!稲を手刈りし、おだ掛けして天日乾燥。昔ながらの方法で汗をかいたあとはおいしい新米で'さなぶり'です☆

遺伝子組前食品はいらのいキャンペーン大豆畑トラスト「みそみそ♪ハウスの会」次回のご案内をさせていただきます。日 時:9月29日(土)  午前10時〜

トランローグでは房総のワークショップにて、今年もWWOOF方式※1によって米づくりワークショップを開催しています。米作りを体験したい方、ぜひご参加ください。

農業実践教室では、今期から水曜コースを新設いたしました。水曜コースは、土曜コースと内容はほぼ同じです。 8月22日、水曜コース第1回目の講義を行いました。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:千葉県での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2012-08-25 10:08:54

農作業体験

本日は、農家と作る有機野菜講座、春夏コースの最終回でした!突然の雷雨でスタートは遅れましたが、無事に最後の収穫もできました!

枝豆の収穫祭〜とれたての枝豆とBBQ〜開催しました!天気は良好!日差しは強かったですが、風もあって収穫日和でした!畑についたら枝豆を根っこから引き抜きます。

今回のミッションは〜芦鷦錣泙後に囲った「鳥よけの除去」4粒で播いているので、2株に「間引き」D模、株元の「草取り」こ元の「土寄せ」以上、4項目でした。

今日は猛暑の中、稲の間にはえた雑草取り作業をしていただきました。大変な作業でしたが、皆さんのおかげでかなりの雑草を退治できたと思います。

せせらぎ農園で、みさわ保育園れんげ組親子の親睦会が行われました。普段お仕事で忙しい保護者同士が、親子で収穫体験をしながら交流を楽しんでいました。

ブドウ園は、連日開園しております。開園時間は、9時から17時までです。現在ティフブルーを中心に盛りを迎えて、まだまだ摘み取ってほしいと待っています。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:東京都での農作業体験|更新日時:2012-08-25 10:08:54

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ほぼ完成に近い時期。スカスカすっきり。今年は梅雨明けが例年より10日も遅れたので日照不足により、どの田も遅れている感じである。今後の天気次第。

稲刈りも、終了間際…♪と言っても…あと3反有りますが…甥っ子も、コンバイン乗って手伝いしてくれました♪減農薬栽培してますが、今年は、無農薬栽培にもチャレンジ!

今日もぶどう狩り出来ますか〜?と何組かお越しいただきました。1組の方。主人の先輩でした。親戚の子供さんを連れてこられていたので、ぶどう狩りを体験されました。

本日は、極早生みかんの摘果をしました。極早生みかん、簡単に言うと10月には食べれるみかんです。あまずっぱくて美味しくて、10月の暑さには丁度マッチするみかん。

つづら棚田の草刈り&電柵を設置して来ました♪僕らの稲は順調に育っています しかし、つづら棚田の半分以上は豪雨の被害を受け、個人で復旧させるには無理があります。

梅雨時期に悪天候のため実をつけることができなかったトマトが丁度収穫時期みたいで、早い話収穫量が激減してます 割れ果も多いしこのままでは売るものが無い!

10日畑に行ってふと思いついたので、サツマイモの試し掘りしてみました。去年も今頃掘っています。今年も日照りが良くないので、少々の不安があります。

明日以降、台風11号の影響で雨が降るとゆうことですので今日も、フクユタカの種蒔です 4日前に播いた種は、こんな感じ 土と水と太陽条件がそろえば、一気に芽吹く

第三圃場がちょっと大変な感じになっております。この画像はえん麦を植えた直後の画像ですが7月には全部倒れてました。

コンバインで強引に刈ると可動部に絡まって故障の原因になります。パイプなどを使って手作業で根元から起こしていくのですがキツイ作業ですね。

最高にいい状態だよと 「今しかないぜー」 そりゃ見に行かない手はないと! さっそく土ごと発酵とは。。。 自分の中の疑問を一つ解決するために視察へ行きました

コーヒーの花は、通常6〜7月で終わり、今は実を大きくする期間なのですが・・・先日から、季節はずれの花がポツポツと咲いています。

デラウェアといえば実がびっしり隙間なく詰まっているイメージがありますが、これをゆるくすることで実が大きくなり、甘みが強くなるそうです。今年初めての試みです。

古代米が実を着けてきた。絶対収穫してやるわい。雀対策に今日はネット貼り。18m×18mを二重にしてネットを貼る作業は、なかなか炎天下の中では大変な作業だ。

今日は、出荷少々。新しく着てくれたウーファーさんの迎えとオリエンテーション、田んぼに追肥、あぜ草刈り、レタスの植え付け、キャベツの種まき、といった感じでした。

ブルーベリーの収穫もピークを過ぎた。ホームベルはもうほとんど終わり、今はティフブルーの最盛期 今年はホームベルの実付きが今一つだが粒はちょっと大きめ^^

冠水被害のためストレスを受けていたアスパラ。本日はスリップス防除を兼ねて放線菌群、光合成細菌群、葉面散布用の有機液肥をシャトル君で実施。

ツルムラサキって最近の野菜だと思っていましたが、沖縄でも戦後の野菜不足には、アタイグァー(自家菜園)に、在来種が植えてあったそうです。

ここ数日で稲の穂が一気に出始めました。 この時期稲は沢山の水を必要とします。棚田の水は冷たい山水なので、温度管理も難しいです。

恒例の草刈などの、大熊綺麗作戦です。私たちは大熊農業公園構想があり、地区内を綺麗な農村風景にしようと取り組んでいます。

今年も私のナスはイマイチの出来です。。。愛情が足りないのかも(笑)ニジュウヤホシテントウに実も葉も食されてすっかりやる気がなくなってました。

いよいよサツマイモの収穫が始まります。今まで紹介したように我が農園のサツマイモ(紅はるかに限る)は畑で収穫してから約60日間の貯蔵(糖化)をおこない出荷します。

今まで買いに来てくれた人に無農薬やEM有機栽培を目指していることを公表したことなかったので「よろこび農園のポスター」を作ってみました。

野菜に水かけするけどジョウロやバケツで何往復しても、乾き切った畑には焼石に水の状態です。そこで、昨夜ホームセンターの閉店間際に滑り込み、ポンプを購入しました。

よ〜く見ると安納芋畑 雑草の勢いがすさまじく 雑草と一体化  秋にはおいしいおいしい 安納芋を食べるべく このくそ暑い中 オーナー達 汗をふきふき雑草と格闘・・・

少しだけ大根の種を蒔きました。ミニハウスが建ててある場所の一角を草刈して自然農法で種まきしましたが、この小さなスペースでも30本位は収穫できるので助かります。

イチゴの親苗を子苗と切り離し。子苗も予定通りの苗に仕上がってきてます。今年は雨除けのハウスと灌水設備を整えたかいあって、苗が良い感じに育ってくれています。

ハウス栽培で10号鉢植えの桂味(クワイミー)ライチが収穫期を迎えました。このハウス、ミツバチを入れていなかったのですが、自然受粉で数個とまってくれました。

昨日ワイン用に仕込んだキャンベルは1日経過して発酵が始まりました。度数が15度と低いので酵母を少し足しました。

稲穂が出てきました。昔から「出穂30日」と言われてます。穂が出始めてから30日くらいで稲刈りが出来ると言う意味合いですね。

そのまを縫うように、ふたりで桃の木の下で腰をかがめております。というのも、川中島白桃は大きめで、重いため、木がたわむほど垂れ下がっている

今朝も、葉ネギからスタート。なす、きゅうり、インゲンなどを採る。産直対応の後、田の畦草刈り。1箇所、刈り込んで午前は終わる。

今年はお盆休み返上で農薬散布作業してます ここ数日 天候不安定でなかなか作業が進みませんが 少しでも合間を見ながらチーム一丸で頑張ってます

カテゴリ:農業再生|テーマ:九州沖縄地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今、摘果作業をやっているデコポン園はどちらかというと、西側の斜面になっていて、夕日はあたりますが、朝一番の朝日はあたりません。

続いて、田んぼと果樹園です。こちらは不耕起直播の田んぼ。今年もそこそこいい感じです。 不耕起1本植えの「ミズホチカラ」。米粉用米。たくましいです!

佐々木農園では、8月2日から梨の収穫が始まっています^^今年も美味しい梨ができました☆そして、今年も同じく2日に東京からインターンシップ生がやって来ました!

みかんの様子です。だいぶ大きくなりました 試しに半分に切って中の様子を…中の袋が多いほうが美味しいみかんになります。温州みかんなら10個あれば〇だそうです。

ブルーベリーがそろそろ終盤を迎えています。5種類のサザンハイブッシュブルーベリーは、オザークブルー(7月末成熟期)をあと少し残すだけです。

晴れ間が戻ってきました。オクラは順調に生育しています。土寄せの残りを済ませ、 畝間に刈り草を敷きました。収穫の度に畝間を歩くのでどんどん土が締まってきます。

今朝も5時から仕事してました 間谷ハウスの分の種を蒔きました今回、蒔いた数は3100粒 種蒔きをしたら、同じ数の鉢を構えなくてはいけません

ピーマンの収穫が最盛期です。5アールで18コンテナぐらい取れています。今日は、すごく大きいピーマンを見つけました。18センチ有り、重量は90gを超えていました。

里芋を高知の業者さん経由で「大地を守る会」へ出荷することになっています。その担当の田中さんが、里芋の生育状況を見にきてくださいました。

田んぼは葉色がまだ薄青いです もちろん稲刈り時期は葉色で判断するのでなく、もみの色で決めます 農協の栽培歴ではモミの色が85%黄化した時が刈り取り適期だとか。

各病害虫の防除の為の農薬散布や摘果作業に追われてます!日中の作業は避けて、比較的気温が低い朝や夕方に園に行ってますョ。デコポンの摘果作業に行って来ました。

炎天下の中、定植しました野菜が心配で、翌日駆けつけました。おくらの成長も順調です。シカク豆もなり始めました。定植した野菜も根付いたのかな??

少しの夏の「一日干し」も終わり 秋冬作へ始動です〜 まず 育苗ハウスと第一部の播種(種まき)です。 播種したのは 20パレットほどです。

刈りながら思ったんやけど、37株と60株では全然違うなぁ〜。刈りよるときは慣行栽培も結構あるやんって思ったら案外、籾が少なかった。

突然ですが写真の茄子をじっくり観察して下さい!次に、いつも食べてるメジャーな茄子を思い出して下さい!色や形、大きさなど、どこが異なっているでしょうか?

今年最初の稲刈り作業をしました。暑い一日でしたが、スタッフと交代でコンバインに乗り頑張りました!!日曜日にはもみすり作業をして、新米が出来上がります。

マルシェ向け 作業の合間に園地をまわるところからはじまり、あれやこれやとしている間に発送の木曜にはバタバタと時間に追われて、ギリギリセーフで収穫・発送

「いちご育苗畑」で、苗の切り離し。ちなみに、これが作業前。ランナーが縦横無尽に伸び放題、絡み放題で、ごちゃごちゃと込み合ってるのが一目瞭然。

カテゴリ:農業再生|テーマ:四国地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

残り1群になっていた日本ミツバチ。その1群も逃去し、日本ミツバチの群は全ていなくなってしまいました。5年間続けていた日本ミツバチ養蜂もここで一旦終了です。

先日に引き続きキャベツの苗を植えていきました。苗が農協から届いてからここの気候に慣らすため、1週間ほど苗のまま管理していました。

田んぼに出て見た 雨が止んでから半日も経っている。もう穏やかな流れになっていた・・・きぬむすめの穂が半分以上出ていた 盂蘭盆が済めば出揃うだろう。

これまでにも何回か育てては失敗を繰り返していたひよこ豆。去年は温床で苗を仕立てて4月に定植したら寒さでやられたので、今年はトンネルの中に直まきしてみました。

幸水梨の袋のお尻部分を全部やぶりながらの収穫です。収穫したのが、120個ぐらい?熟している梨を確認しながらの作業になるので、ちょっと時間がかかります。

まず、いちごハウスの親株を片付けたあとの点滴チューブをストップして、プランターが少しでも痛まず長持ちするようにシルバーマルチをしました。

「第2回 ひろしまみなとマルシェ」に出店して参りました〜♪ 有意義な出店になりました。 とは言え、連絡を11日に頂いて、15日に出店を決めてからが大事でした!

本日の出荷は、枝豆、ワイルドトマト、中玉トマト、丸ズッキーニです。楽しみにしている枝豆の第一弾です!採りたてをお持ちしておりますので、塩ゆででどうぞ!

「除袋 = じょたい」と読みます。りんごは裏が黒く塗られた遮光袋の中で育ちます。収穫のちょっと前にこの袋を外して日光に当てるんです。

袋をとり中身を見てから再び袋を掛けているようです、収穫しようと思いは行ったような気がします、、、生産者ではありません素人の仕業のようです。

南瓜の最後の収穫をしました 圃場を片付けて秋冬野菜を作るための準備をしなければならないからです 余りにも若い南瓜は収穫しなかったがまあまあの南瓜は取り入れた

阿川果樹園のブドウはこれからが最盛期です 安芸クイーン食べごろになりました 藤稔もおいしくなりましたよ〜ゴルビーも食べごろになりました。

本日、梨の調査に行ってきました♪すくすくと、順調に・・・・行っていると思いきや・・・カラスに、梨を落とされていました・・・その数50個ほど・・汗

きゅうりもさすがに終わりかな 例年なら暑くなるとウリハムシとかがきてあっという間に終わるのだけどどうしてか 今年は徐々に徐々にダメになっていきました。

まずは、昨夜(8/16)、コシヒカリ玄米30kgを精米しました。今朝は、故障したと思われる色彩選別機の修理をしました。修理代金がお高いですが、故障では仕方ないです。

基肥は撒いてあるか?との問い合わせでした。きょうの集合は8時なので、作業開始と同時に播種作業が出来るように、2時間前に圃場へ行って準備をしていただいたのです。

初収穫で賑わせていました川岩農園のマンゴー栽培も、今シーズンの終わりを無事迎える事が出来ました。無謀ともとれる挑戦に関わって下さった全ての皆さんに感謝です!

6/11に田植して8/4に穂が出始めた この田んぼは昨年秋の稲刈直後に荒起、代かきをしてそのまま今年の田植まで水を入れた状態にしておいた

写真1枚目:段ボールを円状に切り取り ヒント:電柱にヘビが上り、停電を防ぐためじょうごを逆にした物を取り付けていました。これを基に段ボールで作ることにしました。

前回草刈した個所を耕運機を使って耕しました。最初からトラクタを使って耕しても良かったのですが、土がとても固くなっていたため耕運機で軽く前処理耕運しました。

今日は平生の田んぼの様子を見てきました。元気に大きくなっています。私は草取りに1回しか入らなかったけど、お師匠さんの方は2回入ったようです。

今年の自然栽培稲、無肥料、無農薬で栽培しています!例年は、チェーンやカルチをするのですが、今年は代かきを二回して田植えをしたままです。

昨日月曜はお誘いを受けて いちご農家の苗視察皆さんご高齢ですが さすが良い苗を作られています。「ゆめのか」育苗方法は違えども「さちのか」 「かおりの」

ものすごい量の雨が降りましたが、圃場は全く水没することなく全部しみ込んだ様子!!相当乾いていたのでしょう。夏の乾燥は半端れはありませんね!!

まくわうりが色付いていたんで収穫しました〜2個は割れてしまっていたんで、食べてみたらお盆前まで雨が降らなかったせいか、実が少し固かったです甘みもイマイチ。

稲、もち米の方は全体的に穂が出てきました すこ〜し遅くなりましたが(JAや県の指導に比べるとかなり遅い)、気持ちだけ少し追肥を行いました!ボカシ肥です。

今年の春に植えた枝豆のタネが余っていまして、ネットで、どうも8月に植えてもいけるようなことが書いてあったので、チャレンジしてみました。

成長の不十分なものや形の悪いものもあり、ぶどう狩りのお客様用を考慮すると1200房を販売した時点で瀬戸ジャイアンツと詰め合わせは完売を表示する予定です。

それなりの効果を期待できるチープな方法として冷蔵庫を使う「間欠冷蔵」をやってみよう!

8月も中旬に近づいてきました。ピオーネの色付きもさらに進行中。。。但し!これは割と良い方の房。全体的にはまだまだといった感じが多いです。

今日、挿し苗の日から天にずっとかけていた寒冷紗(遮:かんれいしゃ)を外しました。とにかく長〜い寒冷遮。その作業の骨の折れること!

冷蔵庫を使って、イチゴに秋を感じさせ、花を早く咲かせようとする処置が「間欠冷蔵」なのです。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山陽山陰地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

何ということだ!相生の3つの巣箱のうち2つがスズメバチにやられてしまったのである。これでみっちゃんミツバチが9群から7群に減ってしまった。

竹パウダー。魔法の粉と呼ばれています。河内長野のすだれ工場で出る竹の粉をいただいてきます。今までは産廃として処分していたそうです。なんてもったいない!

9月の植え付けに向けてラストスパートです。ええ苗に仕上げてかなあきません。それに並行して土壌の熱処理も。この熱処理を怠ると植え付け後に厄介な病気が出たりします。

今年、畑に仲間入りした野菜を1つ。「なりくらまくわ」です。滋賀県の伝統野菜だそうです。大きさは人間の握りこぶしよりもちょっと小さめでしょうか?

本日の現場実習はネギの収穫です 4月5日に播種しましたので収穫まで約4ヶ月間かかりました。青々と育っていますね。ネギの収穫の講習を熱心に聞いています

今年は牧草が少なくて困っているところで、お隣さんから、草地の草をいただけることになりました。家から少し離れた、休耕田です。

農園の看板の桃『愛知白桃』は、今年も二等品を山ほど出しました。先手先手で農園管理をしなければデリケートな桃を保護する事はできない難しさを 改めて痛感しています。

『ゴルビー』 の畑です。昨年は暑すぎたせいか、全く色まなかったが、今年は小ぶりな葉をたくさん育てる栽培にて、大きな粒で、しかも色味も良くなりました。

ミディトマト今年は、今まで一番トマトのできがいいです。黄色ズッキーニ 緑色もあります。丸ズッキーニも 柑橘系のいい香りのコリアンダー 白い清楚な花が咲きます。 

ジャガイモ、ニンジンの収穫が遅れているうちにもう8月。春作の跡地を整備して秋作のにんじん、インゲンなどを作付けをする時期になりました。猛暑に入ってもう大変!!

スイスイチャードです。真夏でもこいつは順調です。小松菜、ルッコロ、わさび菜も一緒に播種しましたがスイスチャード以外は全然ダメです

昨日今日と赤井川村では味覚まつりが行われました。 にんにくクラブで用意したにんにくは完売しました。ありがとうございます。

毎日古葉をとったり水やりをちゃんと手潅水でやったりと手間かけてます。だいぶ時間がかかる作業で社員や研修生ががんばってくれたおかげで今の状態を保てています。

じっとしていられないので かぼちゃの収穫に行きました。 ホクホク粉質の白皮かぼちゃ 雪化粧 と 甘龍 の2種類です。1個変なかぼちゃ(下の緑色)も出来ました。

2012年の【べっぴん】タマネギがもうなくなるかどうかの今、2013年の【べっぴん】たちがもうすでに始まってますってことで、タマネギのスペッシャル苗床を作製

いちじくの実が色づいてきました。美味しそう!いつも写真に撮っていたいちじくがなくなっていました。もう収穫してしまったのかな?

家に戻り、ブドウの出荷に走った。昨日より、多目に出したがそうはうまくいかないものだ。3分の2ほどの売れ行きであった。

そば畑は出来るだけ土の粒子を細かくした方が、発芽が良いようだ。畝を立てればいつでも種まきが出来る。そば用に使用できるのは全体の3分の2、約4アール程度か。   

採れたてはひと味ちがいますな。実るまでに2ヶ月ちょい, 収穫してから食べるまでに数十分,食べきった時間, 10分足らず。このエダマメ味, プライスネス。

おまつ農園では、野菜づくりの他に、田んぼ作戦も実施中です!!といっても、田んぼ作りは、皆様ご存知のとおり、もうずいぶんと前には始まっていて殆ど終盤ですが。

私が借りているわずかばかりの農地で植えていたなすびと万願寺が取れるようになってきました。自然農法の強みか?意外とスクスク育っております。

この2日程の雨でようやく丹波黒の花も開花しはじめたようです。毎年の事ながら小さな花なので、よ〜く目をこらさないと見えにくいです。

甘夏の周囲の草刈りが完了しました。それではこれが甘夏の様子です。まただんだんと大木になりつつあります。いったんしっかりと根付いてしまっている果樹は強いですね。

ナス生育は上々だ。大きな気象災害少なく品質も良いが・・・・豊作貧乏か?夏野菜は明らかに地方マーケットでも作りすぎ。気象が良すぎる・・

あまりにもカンカン照りで枯れそうなので、フルーツトマトに水やりしています。少しは持ち直したカナ?凜々子、次から次へと花が咲き、実が付き続けています〜♪

昼間は暑いので、日蔭で種取りを。干してあった大根の種を取ってます。茎からさやをとって、箱に入れて、木槌でさやを割っていきます。

うだうだしてるうちにあきたこまちの穂がアイガモに食われ始めました。一刻も早く田から出さなければならぬっ!しかし問題は引越し先・・・

稲がすくすくと順調に育っています。(たぶち農場前の田んぼです。)黒豆の畑ですが、ここは10月に皆さんの枝豆狩りを予定しているところです。(たぶち農場の横です。)

少し前からミニトマトの収穫が始まりました。未だ下段が色づき始めたばかりです。やっとこれから…という感じです。今日は約2kgの収穫でした。

連続で35度を記録している水なすのハウス内ですが、水なすたちはまだまだ元気です!ラストスパートの一ヶ月!くいの無い様に今日も良い水なすが実ってました。

ズッキーニの雄花です。朝はこんなふうに開いているので、この花粉をやっぱり開いている雌花の​柱頭につけてやるのが朝一番の日課になっています。

ゴーヤを収穫しそびれてほっておくとこんな色になってしまいます。↓オレンジ色に変身するんです。それをさらにほかっておくと爆発してしまいます

たんぼの稲穂も大きく成長しあと40〜50日で稲刈りが始まります。朝の散歩道で、鬼蜘蛛が稲穂に害虫が入らない様に、見張りをしていくれていました。

3枚の棚田の稲は順調に育っています。去年と違って2年目、場所によって野草が繁茂したところもあって、さすがにそこの生育はいまいちですが。

ダイナーの1本目は破棄したので,2本目で採種することに。2本目はバッチリ  写真右の1本は腐りがひどかったので,結局種も捨てた。

よーく見ると株もとに黄色いかわいい花を見つけました。花が咲き終わってからでは遅い!ということです。さっそく半分土に埋もれてるようなのも、採りました。

7月の初めに大雨が続いたかと思うとその後は天気続きで野菜たちはかわいそうな状態になっています  黒豆は藁を敷いたおかげでしょう元気に育っています

能勢は雨がなかなか降らないので畑がカラカラに乾いています。葉ものやゴーヤは雨が欲しそうに、しょんぼりしていますがトマトにピーマンは とっても元気。

最近はと言いますと水稲の畦草に除草剤を散布したり多用途米の中干しを行っています(°∀°)b 一人での作業なので作業の写真は無いですが溝切りを行いました

うちの畑には全体に傾斜がついています。写真のタカノツメ、写真上から下に向かって下り傾斜なのですが、明らかに下流個体の生育が優っています。

マスカットベリーAは黒いぶどうなのですが、気象や樹の状態などで赤で止まってしまうことがあります。特に昼と夜の温度差が大きくないと黒くなりません。

農園の植物たちもかなりの水不足で特に茄子がカチカチになってしまいました。茄子は水をはった露地で栽培するほどお水が必要な植物です。

朝、六時に家を出て畑に向かいました。本日、播種する「みやこ」かぼちやの準備のためです。その間に畑の真下にある、稲敷直売所へ「栗坊」「北あかり」を出荷しました。

玉田農園では、夏野菜を盆前に終わるのが毎年なんです それは、盆ゆっくりしてからの、夏野菜を片付けして、ハウスの中を土壌消毒して、すぐきを巻くからです

神垣農園の主役が交代すると夏本番です。西宮では、いつも立秋くらいです。変な話ですが。 今年はトマトが良く出来て、最後まで大玉で頑張ってました。

中耕除草も一通り終えすっかり豆らしくなったオーナー様の黒枝豆です。それにしても雨が一滴も降りません。私の記憶では7月22日以降全く降っていません。

冬野菜の準備が始まっています。まだやな…まだあかん…でしたがやっと人参の種降ろし。人間の都合ではなく自然や畑や野菜の時間の中での作業です。

今日も相変わらずブルーベリー収穫♪さすがにここ数日で果実が目に見えて減りましたが、まだ収穫できそうです。今日の収量は25kg前後。

黄金桃の試し採り。まだ、そんなに急いでとる必要はないかな?追熟でより甘くなりますよ! 川中島白桃の試し採り。

サツマイモの葉はアミアミになってきました。バジルは大きくなる前になくなりそうです。犯人は不明。まあ自然にいなくなるのを待ちます。

今日は野菜畑で、昨日からの続き、畑に堆肥を混ぜこむ作業をしました 昨日の写真に載せた堆肥の一山は軽く150センチはあるので、とても手作業じゃできません

今年(2012年)に挿した苗は一体いつ収穫出来るのでしょう。樹種にもよりますが最短で2015年と見ております。1本でカタログ値の実を20〜30個。

外国の種でズッキーニを栽培しています。右側の表面が黄色く完熟しています。カボチャのような生育をするバイオリンズッキーニ。

耕運機をトラックから降ろして秋ジャガの植え付け準備をします。有機石灰を撒いて、耕して溝を掘り鶏糞と過石を施して土で蓋をしました。

今まで、2回草取りをしていて、今日は、最後の草取りの日。 稲も、大きくなってるから、草もそんなに生えてないかなぁっと思ってたけど。

地元の中学生が職場体験に来てくれました。農業をしたかったそうです。梅干しのシソ漬け。落ち葉拾い。ニワトリの世話。草マルチと多岐にわたる、てくてく農園の作業。

干ばつ気味でしたが、いいお湿り。今年の秋冬の野菜は豊作になりそうです。二週間前に蒔いた早出し用の人参も芽が生え揃ってきました。

夏の定番「辛味大根」。冷たい蕎麦、うどんには、「辛味おろし」が欠かせない薬味です。今年の夏は雨が少ないので、「辛味大根」も水気不足で辛さ倍増 !!!

桃の収穫も後少しといった所です。 ここ数日はお盆のお供え用として箱詰めの桃を発送しております。あと数日、桃農家の夏が終わりそして休息がいただけそうです。

水を引いたり、土を盛ったり、水を回すところの量を調整したり・・・水が入るところはいつも草とってながれるようにしとかなあかんっていろいろ教えてもらいました

雨が降らんのです。畑がカラカラです。土曜までは、月・火曜が雨予報でしたので雨を期待して 人参を播種したのですが蓋を開ければ ・・・曇り止まり。

祇園豆といわれるのですが、正式名称は知りません。こっりへ来たときに、近所のおばさんからもらった種をつないでいきながら栽培してきました。

木はずいぶん大きくなりました。プラムは5個、プルーンは6個実りました。プラムは酸っぱくて道に1個落ちていたのですがカラスがまずくて捨てたのかも知れません。

1、シソ 一度植えてしまえば、そのまま放置しておくだけで、来年も同じ場所に育ちます(簡単?)。我が家では天ぷらやざるそば等で楽しんできます。

夏野菜の撤去作業をしました。プチトマト、中トマトが沢山収穫できたところです。ここで本当に沢山収穫できました。ここで万願寺(唐辛子)とピーマン収穫しました。

雨の中 植えたったった 京野菜じゃないけど秋野菜の主力「ブロッコリー」アブラナ科の野菜が畑に初登場です 「ブロッコリー」は価格が良いからね〜

にんじんの収穫をはじめました。前代未聞!の手作りテープでの播種からはじまり…本日の収穫に、感謝です。それにしても、夏草の勢いは、本当にすごいです。

毎日、害虫が来るのを防ぐため畔の草刈を熱中症に気をつけながらの作業です。今日は台風が近くなってきているせいか風がここちよかったです。

今年は3月19日に種まきをして育苗期間45日で田植えをした。田植えの段階で普通の20日苗とは倍以上の日数が経っている。

盆は市場も休場のため、これ以上尻腐れを出さない為カルシウムを葉面散布した。現代農業に載ってたセルカの上澄み液を溶媒とし、塩化カリウム1500倍希釈。

カテゴリ:農業再生|テーマ:関西地方の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今はなかなかいい感じでいろんな物が収穫できてます!トマトも赤いのあるし♪キュウリもナスもオクラもあります♪で、ブルーベリーも採ってもらえます!!!!!

ミニカボチャ 栗坊 特徴 甘くてホクホク、手のひらサイズの使いやすいミニカボチャです。果実は黒緑色、500〜600g、レンジで加熱しただけでおいしく食べられます。

播種から1週間、畑と自宅は結構時間がかかるので、間が空いてしまったがようやく確認できた。 今年も大失敗で、種を播けていない箇所が数か所出てしまった。

毎朝日本カボチャの受粉作業をしていますが、思うように着果してくれません 1株あたり5〜6個の予定でしたが、平均3〜4個位です

稲穂も垂れてきて、収穫適期が近づいてきました。最近では稲刈りの夢ばかり見てしまうほど、頭ん中は田んぼでイッパイになっています(^^;

むっちゃくちゃ暑い中現在、田畑の草刈りに追われてます。最近は便利な機械もあるので割と少ない人数でも仕事がはかどるので助かります。

雄踏農場では、さつま芋が順調に成長しています。9月中旬ころの収穫を予定しています。知久屋の店舗で焼き芋や大学芋に加工されて販売する予定です。

午前中にねぶかを植える場所をつくり、仕事があったので少し抜けました。午後からねぶかを植え、枝豆を収穫!枝豆は、実を取り、外した枝は畑に帰し肥料にします。

子供たちも無事退院して、やっとこ仕事に打ちこめています。今日は、中刈り園の整枝作業をしました。上の写真が作業前で、下が作業後の写真になります。

山の田んぼの黒もち米は昨年に比べると、だいぶよい生育をしています。除草はあまり念入りにやっていませんが、長年作付けているので土が良いみたい。

うちで栽培している大豆は、全部で5種類。赤大豆だけは、自家採種8年目になるのですが、他の大豆は、自家採種5年目と6年目。うちの畑で毎年、生を繋いでいます。

育ててる巨砲が少しずつ色付き始め、甘い香りが漂い始めました 甘い香りに誘われてハクビシンが来るので 今日から収穫が終わるまでブドウ園の番犬になってもらいます

どうもおかしいと思って畑を見ると、サツマイモが全部掘られていたそうだ。畑にはイノシシの通った後があった。進入路はウチの畑から。

今年もバターナッツかぼちゃの季節がやってきましたよ!! ひょうたん型の西洋かぼちゃで、中は こんな風にオレンジ色になっています(*^。^*)

お待たせ致しました。秋の大収穫祭 「第一弾 さつまいも掘り 収穫体験」を行います。品種 : ☆ 紅あずま 百 株☆ 鳴門金時 五十株

すでに芽がでているのが多かったアンデスレッド。9月10日頃に定植するため、車庫から外に出してみたら、芋に白い菌糸がまわっている。カビぢゃあないっすよ〜。

その年にちゃんと育って実らなければ、タネを取ることができないわけだから、長年採種を継続するのはけっこう難しいことだと私は思います。

暑い日が続き、この何日間は雨が全く降っていません白ネギは、水が少なくても、かなり大丈夫ですが、さすがに、ここ数日は、水不足が気になります。

ブドウ畑ではただいま巨峰がたわわに実っています。ところが!この写真で見た通り『何者かが』なにやらむしりとったあとが…

ブルーベリーの摘み取り作業は、早朝にします。朝5時には起床するつもりなんですが、これがなかなか辛い・・・。会社へは遅くとも7時半には出ないと・・

生姜も芽を出しました!大和芋は植えた芋全てが芽を出し、順調にツルを伸ばしています!昨年知人からもらったヤーコンも順調!高さ50センチ位まで伸びています!

今日は大豆の定植、第2弾。品種はフクユタカ。自分は種を畑に直接播かず、トレーに播種して発芽させ、生長してから定植しています。サツマイモの畝にも定植しました。

秋から冬に収穫する人参を今栽培準備しているのは、少々気の早いようですが、今が、太陽熱により除草のチャンスの時期です。

ホールアース自然学校では、子どもキャンプ真っ盛り!今年からキャンプでの食料自給率を上げるぞ、ということを目標に田畑をやっています。

植えて3年目の幼木茶園(約38a)の深耕作業。写真は、乗用型の深耕機。「うちの機械」 と、言いたいところですが農機具屋さんの実演機を借りての作業です。

おいしいお茶を作るために、夏場の三番茶の摘み取りはほとんど行いません。夏場の暑い時期にお茶の葉を刈ると、木を傷めるということで行っていません。

トマトの中のゼリー状の部分から種だけを取り出して、2〜3日発酵させて種の周りのゼリーがサラサラになったらザルで濾して乾かします。

暑い一日、トラクターに乗って畑を耕します。真ん中に見えるのが、先週トラクターで荒かきしたところ。今日、もう一回かけて大分草たちが分解されてきました。

ナスの株は人の背より大きい位まで成長するので、支柱を立てて縄やネットで支える必要があります。特にこれから九月辺りに台風でもあれば、その必然性は増します。

暑い日が続いています。畑の野菜たちは、台風のダメージから、ゆっくり回復しつつあります。ダメかと思っていた茄子も新芽が随分、伸びてきて何とかなりそうです。

転換から3年目、こんなにデカくなるとは驚きです。 他の品目に比べると、里芋は転換1年目からはっきり成果が出て、とても栽培しやすいと私は思います。

ラッカセイの畑もすっかりとキレイになりました。サツマイモも雑草のなかから出てきましたね。ナタマメなるものです・・・・どう栽培するのかは不明です。

うちのオクラ、一昨日あたりから、採れ始めました♪品種は、「島オクラ」。丸いサヤのオクラで、自家採種6年目となります。

今年からチーマ・ディ・ラーパ(イタリア菜花)をはじめます。 はっきり言います。 ブロッコリーじゃありません。 カリフラワーでもカリロマでもなく 菜の花です(爆)

午前中暫くほったらかしにしてあった「真ん中の畑」で作業。おみずは「裏の畑」でポチと作業。 田んぼに掛かりきりだったので、一部草ボウボウ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:静岡県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今年は去年よりシナの花つきがよくて、「大豊作か!?」ととても期待していたのですが、残念ながら、タイミング悪く何回か雨が降って、花がすぐ終わってしまいました。

ジャングル状態だったマイクロトマト。管理の仕方を聞いてみました。どうやら、支柱と輪っかが組合わさった、朝顔等で使う「あんどん」を使うと管理がしやすいらしい。

雨が降らなくてもパイプラインから水が頂けるので、こちらは心配無し。無肥料のイセヒカリ。どうなるかわかりませんが、分けつも順調。コシヒカリは苦戦中。

今月初めのトマトの様子です。今年は暖かい地方と時期がずれるように1、2段目は玉をしっかりすぐって8月下旬から9月に沢山出荷できるようにとやってみています。

昨年はえん麦栽培後刈取り鋤き込みで太陽熱消毒でしたが 今年はトウモロコシの跡地を使って白菜;大根の予定です。残渣除去し、ディーゼル耕運機で苦土石灰を入れて1回

小雨の中、野菜の収穫に行ったら、土がたっぷりと湿っている。まだ小さいニンジンやいんげん豆第2弾がグンと生長し出すだろうし、成長した野菜が生き返るであろう。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岐阜県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

家内が猿が来たのに気が付いて、ロケット花火で追っ払ったので今日は最小限の被害で済んだ しかし、3日〜4日は居座るんだろうなぁ〜

暑さの中では作業する気にもなれず、今年の収穫は諦めていたのですが、見るに見かねて摘果を始めた。今頃、摘果する訳ですから当然実も小さく、虫食い果も多いです。

排水溝を作る作業をしていました。田んぼの水が出て行く出口をスコップで大きく掘り トラクターにつけたこのアタッチメントが溝を掘っていってくれます。

イタリア野菜の古種を蒔いたのにごっつい発芽した。ちょっと嬉しい生産者です。『冷蔵庫保存!やるな。』発芽したんが8月23日です。2日で発芽。

日中、11時頃から16時頃までは暑くて、とても仕事にならない。 ちょっと動いては休まないとならないので、早朝と夕方に集中して作業をする、夏。

暑いハウスの中で耐えてる夏作ミディトマト達。葉っぱが上を向き・・・。暑すぎるんで遮光シートを設置した。写真ではわからんがこの違いは月とすっぽん。

5月の初旬に田植えをした早稲品種の華越前(ハナエチゼン)は、既に穂が出て、登熟期に入っています。稲刈りは、農楽舎の扱う品種で一番早い8月下旬です。

翌日の7/24に播種した白ゴマも発芽していました。猛暑日で雨がまったく降っていなくても、夜露や僅かな降雨で発芽するのですね

カテゴリ:農業再生|テーマ:福井県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

今日も〜ふるさと農園の〜様子〜in町内編!! これはふるさと農園の誇る”菜園指導員”谷川さんの畑です。とうもろこしが立派に成長している素晴らしい畑です!

東京カボチャの成長が一気にきました。どこまで広がっていくのカボチャさん?最初は全く大きくならず心配していましたが、最初は根を頑張って張っていたんですね。

一枚は農道側から見たところ。もう一枚は排水側から見たところです。農道側は、全く穂が出ていません。しかし、排水側にまわると、穂が出ています。

今年も早生の刈り取りが残暑厳しい中、始まりました。 品種はゆめみづほです。このお米は、うちの場合、備蓄米としてJAへ出荷します。

カテゴリ:農業再生|テーマ:石川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

最近に田んぼの様子です。 農薬薬不使用 有機肥料90%以上 35株植え 窒素分を控え、食味をUP 左が自分の田んぼ 比較してみました。 栽培方法が違います。

特別栽培米は、一般の圃場で栽培する慣行栽培に比べて、農薬の使用を60%以上減らして栽培するため、雑草対策はある程度人力に頼らざるを得ません。

最近トマトの種類が増えてきたと思いますが、その中でも一際目立つ『レッドゼブラ』と『グリーンゼブラ』縞模様がなんともおしゃれじゃないですか。

我が家の田んぼは、色が濃いですね。栽培方法が違うとこんなにも違ってきます。考え方も、目指すところも。稲の穂の様子です。美味しそう・・・・私だけですかね〜

昨年度の転作で麦を栽培した後、春に刈り取りを終えて、一度荒起こしをしてからこの夏まで放置してあったんです。何か栽培しているような感じに見えますが、全部雑草。 

この暑さにバテバテ気味ですが、今年の稲は、いたって元気な様子。我が家の田んぼの稲も、いっせいに出穂状態となり、穂が出そろった感じです。

ミルキークィーンは、8月1日には全体の40〜50%の株からの出穂を確認しました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:富山県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ついに雨が降ってくれました。コレで涼しくなるぞ と思いましたが期待した程降ってはくれませんでした カモには十分な水が田んぼに溜まってくれたので良かったです。

早稲の刈取り前にクサネムを抜いて回る。マメ科です。この種子が選別網の目をくぐって仕上げ米に混入するとお米が格下げ評価されます。

一番初めに刈り取る予定の、早稲品種のもち米「わたぼうし」の圃場を見てきました。約3週間前、8月1日時点の「わたぼうし」の圃場。まだ穂はまっすぐでした。

昨日、早朝より「モロヘイヤ」の収穫をしました。お天気は曇り、少し蒸してて虫(蚊)が私たちを狙って来てました。網をかぶっての作業です。

7月28日に種まきしたソバは、50cmくらいになりました。ソバの花が開花し始めました。チコリの棟が高くなってきました。もうすぐ花が咲くかもしれません。

こしいぶき・ゆきのせい・こがねもち。などが出穂しました。今までは葉っぱだけでしたので何となく稲らしくないのですが穂が出てくると稲っぽく見えます。

養液土耕トマト栽培研修会というのに出向いてきたのでその事を。養液土耕というのは簡単に言うと、土に植えた作物に水と肥料を混ぜたものをあげて育てるやり方。

いちごはすこぶる順調に生育しています。越後姫の重要病害は、うどんこ病という病気なのですが、この病気は暑さに弱く、夏は感染力がいちじるしく落ちます。

大源太農園には、エビガライチゴが自生しています。エビガライチゴを見に行ったら実が熟していました。さっそく収穫して、試しに直売所に出してみることにしました。

6月に入ってから植えたコシヒカリが出穂し始めています。朝晩涼しくなっているので美味しいお米になります。早めに穂が出た田んぼでは、新米の香りがしています。

除草剤を撒いたのですが田んぼによっては部分的に稗が。ドッサリあります。一人で取ってると暑さに負けそうになります。でも負けられない。

16日に除袋した「黄金桃」です 上面の日光の当たる部分が色づいて来ました あと一週間ほどで収穫になります 

海洋深層水を田んぼへ入れました。25キロドライブして、多田の 海洋深層水分水施設へ。 軽トラで山越えなので、 一度に300リットルが限界。この日、4往復しました。

「給水バルブ」の分解掃除を10カ所ほどしました 大区画圃場がほとんどの当社の田んぼは、入水も便利に「蛇口をひねる」如き装置がついてます

今年最後の草刈りが始まりました。まだまだ暑い季節ですが稲刈りの準備もありますのでこの時期になってしまいます。

今年は大雪の影響で春作業が遅れ、稲の生育も遅れると思われたが平年より早く穂が出てきそうです。このまま順調に進むと8月7日くらいに出穂期を迎えます。

先週待つに冬野菜の種蒔きを行いました。種は全て近くのホームセンターで購入。2日後には白菜が発芽。白菜は2種類の種を蒔きました。キャベツ。ブロッコリー 緑麗。

ミニトマト各種 もぉー野放し状態で、上段のほうなんてボーボーワサワサ。夕方収穫しにいくと、なにかしらのモノノケの類がでてきそうな状態(汗)

梨園の下では暑さから、ムク鳥達が羽根を休め、時々梨の果実をつついております。さぞかし喉も渇いているようです?ちがう、「この野郎!!大事な梨を喰うな!」ですね。

田植えから2ヶ月半、稲穂が出揃いました。今年は6月夜温が低く草丈が短い生育でしたが、7月・8月の好天候で盛り返し、だいぶ良い塩梅の育ち具合です。

トマトのコンパニオンプランツとして栽培しているバジルです(独特の匂いで虫をよせつけなくなるので食害を減らす事ができます)トマトと共に現在絶賛収穫真っ最中です

今日も新たに農業用ホースを購入し、朝から田んぼの中にホースを敷設して田んぼの乾いているところに水を回す。

当農園では昨日から、主力の幸水梨の収穫が始まりました。今年の作柄は、太陽の日差しをサンサンと浴びて、糖度は満点ですよ。

写真は最も早く植え付けを行ったネギ畑の8月上旬の様子です。管理機で高く土を掛けて白い部分を伸ばす仕上げ作業(止め土と言います)を行っている所です。

さて、本日精米チームは倉庫整理 これから秋に向けて大量の新米が入るようキレイにお掃除です…と聞こえはいいのですが、倉庫内はとっても暑いんです

キュウリをつるまきしていたら幼果を発見 あと10日くらいでしょうか。つるまき中はウォークマンとか聞いているんですけど、妖怪に悩まされます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:新潟県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

「支給するお米が少なくなってきたので支援いただきたい」旨の連絡をいただきましたので、福島県内の有機農家等から、平成23年度産米29袋お届けしてまいりました。

今年の野菜づくりは、春にちょっと事情があって出遅れましたが、夏になってみたらのびくんはなんだかんだで2人で食べるには十分すぎる量を収穫しています 

7月26日梅雨明け宣言以来、35度を超す猛暑が続いています。着色増進のため、反射シートを敷くのですがその前にあかつきの園地に灌水をしました。

今日の福島は、朝からじっとり。。。桃には最高の天気ですね!人間には熱中症対策が必要なようですが・・・畑部隊もビックな水筒持参で今日も元気に出発しました。

レタスです。前回お伝えしてから6日経ちました。現在の様子ですが、こんな感じです。全体的に白くなってますが、パーライトというものを覆土としてかけたんです^^

畑によって桃の成長具合も差があるのですが、成長が早い畑の『あかつき』はそろそろ(明日かあさってあたりから)収穫となりそうです。

日中がとても暑いので着色も進みます。2段目の収穫に入ったところも。午後イチの仕事が非常に暑くてキツいのでその時間帯に産直用のトマトを選別してました

今年はくず米も測定するとのことでくず米が100ベクレルを超えた場合でも当該地区の市町村単位で出荷が一時止になります。

昨日から、「暁星」の収穫が始まりました。例年よりも、収穫開始は少し遅いスタートですが、昨年と比べるとほぼ同じです。

秋そばの播種を行ってきました!昨日、一昨日と、畑の耕運を行っていました〜。そばの種を、ブロードキャスターという機械がついているトラクターで捲まきます。

本年度も掘り取り機をリースしてじゃがいもの収穫を始めました。 今期は7月上旬の大雨を除い天候にも恵めれ無農薬で収穫まで、もって来られました。

孫は果樹農家に嫁いだが、結論、酪農家も果樹農家も大変さは変わらんぞ。そんなわけで、収穫開始。1から10まで2人でやるのは初めてなので、あわあわ言いながら。

今日の作業は、人工授粉。オスメスがあるそうで、 一番高いとこにあるのがオス(雄穂)いわゆる、トウモロコシの実がつく、おヒゲ所が メス(雌穂)だそうです。

マクワウリの様子を見に行くと大きいのが、黄色く色付いていたので試しに1個収穫して見ました。熟す一週間程度前に収穫しないと大変なことになるのです。

こちらさんたちは、このお天気に少しバテ気味のようです。りんごです。カラカラのりんごさんたちの畑へ水分補給です。りんご畑の中も少し潤いました。

こがねもちの穂が出始めました。夕立以来、また雨が降らなくなりました。水の郷只見なので、今のところ、田んぼの水は大丈夫ですが、足りない地域はあるだろうな。

果樹園では毎日灌水の作業です。灌水施設のある園地は3巡しました。灌水施設のない園地は足元を流れる摺上川にポンプを下ろしつなぎポンプでスプリンクラーを回しました。

田んぼの草刈です。キャンプ場の仕事が休みの7月27日。朝夕に田んぼの草刈です。田んぼが3町歩(約3ha)くらいあるので、結構大変です。草刈だけでも大仕事です。

そんな中、もも「黄金桃」の収穫・出荷が始まりました袋をかけたまま収穫する桃で、栽培管理が難しく、製品率の低いあまりお金にならない桃です(笑)

この頃は秋・冬野菜の準備をしながら収穫の日々です。けっこう気合いれてマルチはりました!!!!はやくマルチを張る機械が欲しいです。

すっかり、草も生い茂ったトウモロコシ畑。 おヒゲが茶色になったら収穫期という、野菜作りの本を頼りに。 程よく茶色になったので、収穫してみました。

我が家の庭?には梅の木が2本ほどあります 春の開花の時期にかなりの梅の花が咲いていたので今年は沢山梅が実るのでは?と予想してました

ナスは水好きらしいのですが 雨が降ってくれません。梅雨には定植しなくちゃいけないんだなー と思いました。来年はもう少し段取りよくやろう 

無肥料の田んぼでの稲の生育です。肥料施肥した田んぼより生育に元気が感じられます。穂にも力が感じられます。除草剤だけでその他の農薬は使用していません。

ずっと、トラックと軽トラック三台で出荷してます。トマトが潤沢で市場価格が安い時は、スーパーの値段も下げて、いっぱい食べて貰いたいけど、高いままですね。

もも「あかつき」の収穫・発送がピークを迎えています 宅配便の伝票を貼っていると、本当に全国津々浦々に当園の桃が運ばれるのだなと実感します 嬉しい限りです!

カテゴリ:農業再生|テーマ:福島県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

草刈りは田んぼが優先なれば、ビニールハウス周囲などは後回しになり、その放置された様子は悲惨のひとこと。

今年の夏蕎麦は、あれよあれよと背が高く伸びて、刈り取り前に倒れてしまうのではないかとヒヤヒヤ 雨も少なく倒れることもなく、今年の夏蕎麦は出来が良さ気です。

枝豆も収穫しています  品種は「湯上がり娘」 休みの間にパンパンに実が入りました 3台の機械を使って収穫作業です 青空で良い天気なのですが、暑い中での作業でした

山形県村山市の伝承館を中心に様々なワークショップやマルシェが楽しめ、ガールズ農場の畑で収穫体験もできちゃうというなんとも盛りだくさんな1日

遅ればせながらの土寄せです。草をとったり、防除をしたり、肥料をまいたりしていたらなんだかんだと遅くなりました。昨年は、小菌核腐敗病がけっこうでまして・・・。

いけだの収穫後、箱詰めして、農協へ持って行きました。黄色い箱の方は、もも部会に入っている人しか購入できない箱で、共選箱と呼ばれています。

美しい滝の沢ゴールド!!割ってると…うっ!美しい!!マンゴーみたいですね。うっとり 味もかなり美味!!酸味と甘みがどちらもバランス良く、すばらしい品種です。

今日も桃です、桃桃桃もももも・・・桃は果物一つに対しての葉っぱの枚数が多い品種です。葉っぱが太陽から受けた光を光合成して甘い桃ができます。

今日は暑い中秋野菜の植え付けをしましたよ。滝の汗が止まりません。一方夏野菜は今が最盛期。枝豆は豊作で食べるのが追いつきません。

今日は7月上旬に倒した5・6号棟の定植を行いました!広くて時間、かかるんじゃないかと思っていた樋渡でしたが、なんのその。皆ですると1時間ちょっとで終わりました。

「なつおとめ」も順調に大きくなってきました。あと10日ほどで初もぎできるかな?これからラストスパートで一回り二周り実が大きくなるそうです。

4番目の枝豆の様子。(まだ1番目の枝豆も終わってませんけども)限りなく良好!!生育均等。雑草なし。管理者の顔が見たいです(笑)いま花が咲いてます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:山形県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

稲穂も実が入ってきて、頭を下げようとしておりますあきたこまちは、ほとんどが、出穂が終わっております。これからの時期が、重要です。

わずか1か月前、7月初めには丈が30〜40センチくらいで、ご覧のように分けつしていた、あきたこまちが1か月で穂を出してくれました。

穂揃期なので、まだ入水中のminapapaの田んぼ 今朝の条抜きコシヒカリ↓穂が8割くらい出揃った感じ  6条に1条空けたコシヒカリ↓こちらも8割くらい出揃った

去年結構いいお値段で売れた霜降りインゲン、今年もちょっと植えてみました。7/26に播種して、7/31くらいから発芽し始めてこんなに大きくなりました。

今回は数日間にわたり、水田の草取り作業を行いました。長靴は水田作業用の、膝くらいまで高さのあるものを履きます。

とまとのピクルス を作っているってことは とーぜん、トマトなる物を植えているわけで・・ 苗木を買ってとりあえず植えてみたのです。

今年植えたイチジクなどがあり、何かの拍子に傷ついたり折れたら お互い嫌だよなぁ、と思っていた。そこで3月に貰ってきた木を使って境界に柵を作ろうと考えていたのだ。

仕事は まだ柔らかい籾をねらっているすずめとの戦い 鳥は きらきら光るものと細い紐が怖くて近寄れないので田んぼのまわりに糸にきらきらテープを結びつけてきました。

また中古のハウス(間口3.5間×長さ14間)をゲットしました。今回も知人からなので寸志程度でほぼ無料でいただきました。

枝豆、トマトに気を取られてばかりもいられません。こうしている間に大豆畑の草が伸びてしまいました。 恐ろしいことに車のボンネットが隠れるくらいの長さに!

カテゴリ:農業再生|テーマ:秋田県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

井土浜の農地にクウシンサイ  エシャロットを植えました。他にバジルや西洋キャベツ(フィルダーグラウト)も定植。そして、リーキを本植え。

朝にはたけを耕うん機で耕して、タネを買いに行ったり、親戚の家を訪問したりの1日でした。 ↑オレンジ色の機械は、クボタの耕うん機(管理機ともいう)です。

混合機を廻しているうちに、オカラにEM溶液を混ぜ込み、魚粕を計量し、海藻とサンゴ粉を混ぜて分別して準備して置いてくれます。 

カテゴリ:農業再生|テーマ:宮城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

田はちょうど中干しの間、雨も降らず良い感じでひび割れてきましたので、1週間で再び水を入れ、これからの減数分裂期、出穂期に備えたいと思います。

赤皮ジャガイモのレッドムーンです。昨年は掘りあげるのが10月になってしまい、皮の色があせてしまったので、今年はできるだけ早く掘りあげようと頑張っています。

ズッキーニ・きゅうり・キャベツにオクラも見逃さないように・・トマトも収穫始まっています。トマトは広がり過ぎないように茎と支柱をヒモで結んでいます。

ハウスの中では11時から15時くらいはおおよそしごとになりません(>_<)こちらは梅雨明け直前に萎れさせてしまった花房。盆明けくらいの収穫に影響しますね。

一ヶ月足らずで収穫を迎える「さんさ」は陽光面が薄っすらと色付いて来ました。今年は雨が極端に少なく、玉伸びはいまいちですが、収穫までまだまだ大きくなって行きます。

カテゴリ:農業再生|テーマ:岩手県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

お盆休みに入る前に毎年恒例の「堆肥まき」をしてきました  今年も妹のASKAに手伝ってもらいました! そしてもう一回プラソイラーを今度は「横」にかけます

夏野菜で、かつ水分を沢山欲しがるナスが、なかなか成長してくれませんでしたが、株自体はまだ小さいものの、小さな実をつけるようになりました。

ようやく、収穫後の畑のお手入れに行ってきました  今回は「プラソイラー」君をかけました これは60cmくらい下にある硬い土の層に溝をいれるためです。

追肥作業も8割方終了。残りは、状態見ながら追肥します。なんやかんやで、早いところは、減数分裂期終盤。 割ってみると爆発寸前のところも。

昨日から青森県剪定師の県外研修で、岩手県と、秋田県の園地視察をしています。1日目は低樹高栽培のりんご園地で樹高2mにおさえていました。

30℃を超える暑さが続くと本当に嫌ですよね おかげで、野菜たちは成長の遅れをすっかり取り戻しつつあります。何日か見ない間に、かなり大きくなっていましたよ

つがりあんメロンはアーバンデリシャスの出荷終盤とハニーゴールデンの出荷初めの時期を迎えています暑さの影響が少し見られますが、良好の仕上がりとなっております

今年もニンニクの収穫の季節になった。うちのは、私の有機の師匠でもある北海道厚沢部町の須賀農場さんから分けていただいた北海道の在来ニンニク。

3つ並んだセロリ。左から太陽光、青色光、赤色光です!根を見ると太陽光より青が、さらに青より赤の方が長いことがわかります。

うちではまだ摘果作業が残っているので、汗をかきながら頑張ってます 今は「早生フジ」の見直しをしてます。やはり春の結実不良の影響でしょうね。

今日はメロンではなく、『つがりあん』シリーズの野菜「スナップエンドウ」さんをご紹介しますよ。 6月の初めに播種を行いまして、今日めでたく初収穫となりました。

そろそろ着色管理!と、行きたいところですが、残暑が厳しくまだまだリンゴの着色に適した温度に下がってない為、もうちょっと葉取り作業を我慢してみようと思います。

まずはCグループ!キュウリがいくつか生っていましたよ〜!これからたくさんできますようにそのほか、葉っぱの大群も撮影してみました(笑)

私の父(農園主)が、私の娘に「あみメロン」あるよ。と、栽培中のメロン畑へ。するとメロンの網模様が私の娘の名前は「あみ」。父がメロンにお絵かきしたようです

午後から雨が降る予定です。朝一で1か所のりんご園地の草刈りを終えてからの、カシス定植です。わい化園地の隅っこにカシスの苗20本植えました。早く大きくなあれ!

気温29度・・・・・・カシス収穫最終日!暑かった〜〜〜!!!カシスの実も、暑さで、つぶれてしまいます!!でも、この完熟がおいしいのです!!

乾直稲つがるロマンも、お盆の辺りからちらほら出穂し始め、只今、穂揃い期あたりか。 茎数、粒数はまずまずだと思うので、登熟がどれだけ進むかにかかってきます。

街路樹やら自宅の坪木やらが何者かによって葉っぱが丸坊主にされてしまう被害が青森県で多発しております。こいつの仕業『アメリカシロヒトリ』という毛虫なんです。

農園ではハウスのメロンも本格的に収穫されてきましたよ 御中元でもご注文もありましたのでただいま出荷もピッチで頑張っています 

昨日と今日にわたってちょっとした視察研修をしてきました。りんご試験場の実習生や営農大学校のりんご課程を卒業したメンバーで構成されている『園生会』。

今日もカンカン照りで30度超えのうだるような暑さ。熱中症にならないよう農作業も午前中で切り上げた。こんな日が続くと露地スイカの日焼けが心配になってくる。

もうすぐ着色管理が始まる、当農園のトップバッター「サンつがる」の様子を見に畑へ行ってみると陽光面がうっすらと色付き初めて来ましたよ〜

暑さの中、一人Hatakeにいました。盆前ギリギリまで実すぐりしてて、その後薪やら除草剤やら雑務的な仕事を終え、ようやくリンゴ栽培の後半戦スタートです。

最近は、直売所メインの出荷をしています!!毎日、市場も出荷してますが。野菜苗農家の強みを生かし、さまざまな野菜を直売所へ出荷しています!!

くり将軍カボチャは九重栗カボチャと違って果実がペタッとしているので箱詰めも楽です。それだけでも作業がグンとはかどります。

リンゴの薬かけも今回を終えたら、あと2回。夏場の薬かけは、いくら早朝といっても暑い。夏は何をやっても暑い。特に薬かけはカッパ着ないとならないので暑さ倍増。

カテゴリ:農業再生|テーマ:青森県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

札幌市内、近郊のびっくりドンキー18店舗で、稲を育てています。私たちの田んぼに植えたのと同じ苗(ななつぼし)を提供して、お店の外に展示しています。

昨日、にんじんの収穫にお邪魔してきましたよ。 にんじんがどんどん引っこ抜かれてまーーす。 私も機械に乗せてもらいました にんじんのにおいがしまーーーす

トマト群、全17種類が収穫期を迎えています!これは何だったろう?房採りできそうだな〜黄色いのもあるでよ〜ミニや中玉にまぎれて大玉のトマトもある!

今シーズン初のクッキングトマトの収穫。作業開始前に、圃場長から今年のトマトの出来、収穫作業についての話を聞いて作業開始!!

暑さと虫にやられてるナス達。今夏、ナスの収穫ゼロです(T_T)ウリ科野菜とナスはホントに不調。。。うまく環境を作ってあげれていない感じです。

現在はジャガイモを収穫しております。今年は大雨がなく非常に芋が大きい!豊作です。こちらはメークイン。こちらはトウヤという品種です。おいしいですよー。

酪農を語り牛乳を語り、食や命の大切さを語って頑張りました。私たちは搾乳体験の後に、朝の搾りたての牛乳を飲んでいただくこともメニューに入れています。

いよいよトマトジュースづくりが開始されました!今回使ったトマトは「ラブリーさくら」をどかんと100kg。ミニトマトだから量も多く見えますね〜。

昨日は我が家の小麦畑も刈り取ってもらいました〜が、このグズついた天気でまだまだ残ってます 地元の地域はもう2日間くらいで終わりそうだとか…

野菜の花です。 昨年は作らなかった野菜です。私も今年初めてその花を見ました。どんなふうに成長してそれができてくるのかも知らないまま、作っているところです。

北海道産とうもろこしは好評出荷中ですが、同時進行でにんじんも収穫しています。にんじんの収穫は、ハーベスターという機械を使って行います。

玉ねぎの雑草がものすごい茂り具合になってしまい、あわてて草取りしていますが、なかなかはかどらず苦戦しています。草取り前。

7月30日から始まった小麦刈り、まだまだ絶賛刈り取り中です 1日の雨以降モヤモヤした天気が続き、小麦の水分もセンター受け入れギリギリまで戻ってしまいました

小麦刈りが始まりました!高温、そして風が吹き青空の下 順調に刈取りが進みます。さてさて気になる収量、品質ですが....まだまだ始まったばかりなので良くわかりません

田んぼには着実に秋の気配が迫ってきてますよ 我が家の田んぼにはもうすでに稲穂が出てきてます  遠くから見てもなんとなく黄金色っぽくなってきました!

植えっぱなしで手入れを出来ずにほおって置いたカボチャ畑に久々に言って見ました。このままでは雑草に埋もれてしまい大変なことに・・・

無人ヘリコプターでの散布が本格的に始まりました 中々暑い日が続いておりますが、無事に1回目の散布を終えることが出来そうです

トラクターの後は放棄地ではなく豆を植えたところ。豆の姿はいずこへーーーー今日の小芋は先日より少し大きめもありです。やったね

春に撒いたグリーンベルトが成長しました!グリーンベルトは農作物と農作物の間に緑肥で壁を作り違う作物に隣の作物の農薬がかからないようにしようという取り組みです。

ちゃんと、スピーカーの方向を向いて伸びてるんですよね。それに、写真では分かりませんが、この周りのトマトの木って、枝振りや葉っぱの勢いが盛んなんです。

今回のトウキビは、久しぶりに「あまえんぼ」を ひと粒ひと粒がはっきりしていて甘く実に美味しい いつもの品種「恵味」とはまた違った味わいを楽しめ鱒

小麦の刈り取りは、今、まさに最盛期!JAの乾燥調製施設には、町内の各地から刈り取られた小麦がダンプカーに載せられ運ばれてきます。

タネ取り用ズッキーニだ。現在長さ60センチ、最大直径15センチ。重さ不明。こいつもタネ取り用候補。とは言ったものの、収穫見逃しズッキーニは必ずあるのだ。

馬鈴薯の収穫作業のさなか、私はキャベツの移植作業。移植作業も今日の分を入れてあと3回。圃場も5日前の移植後半月前の移植キャベツは大きくなっていました。

現在21時ですがまだ小麦かりをしている我が家です。今日の農協の麦乾の営業時間は23時までだそうです。それもここのところ天気が悪いのです。

今シーズンの「早生こま」と「さとこま」・・・味見をしました。今年の実は、思ったよりも実が小ぶりです。すずなりにたくさん実ってはいるんだけど・・・。

写真は今日の「旅路」。この色合いと旅路の特徴であるグズベリーの様な縞模様。なんて美しいんだろう!!と写真を撮らずにはいられませんでした。

きのうエンバクを耕しに行った休耕田の半分に蕎麦を蒔いて順調に育って来てるんだけど・・・きのう行ってみて・・・えっ 隣の畑はイモ畑で収穫後、ソバを蒔いたんだな。

野菜たちもぐんぐん成長を続けます。とうもろこし。すこし前まで子供たちの背ほどだったのですが、あっという間に おっちゃんの背(170cm)も超してしまいました。

アスパラ畑のモドキ取り作業に入る前に朝仕事を少し。 生食用のトマトの誘引、葉物野菜畑の整理と草とり、ピーマンやキュウリ、トマト、ツルムラサキ、エンサイの収穫。

野菜アートを作るというイベントでした。まずは畑にいってジャガイモ掘り。インカの目覚めを収穫します。続いて色とりどりの野菜で顔をつくり、ポストカードを作ります。

月田農園さんをお借りして農業体験をしました。まずはビニールハウスにびっしりとなっているトマトの収穫!月田さんにとりかたのレクチャーをしていただき、収穫スタート。

契約栽培している露地畑トウキビの花が咲いています ジャガイモ畑は、花が終わり土の中で芋が膨らみだしている事でしょう!

27日から麦刈りがはじまりました! 今年は大雪の影響で生育がまばら・・・一枚の畑でも進んでるところに青いところがあったりで刈取りのタイミングに気を使います。

変なナスでしょ?  パープルクララっていいます。白い線が入ってるけど……傷がついてるんじゃないんですよ。こういう模様なんです。

8月に入り、程よい間隔で雨も降るようになり、畑の野菜たちも元気を取り戻してきました。ハスカップの収穫はすべて終わり、ブルーベリーも5,6割収穫が終わりました。

「麦」の収穫が始まります 「麦」の収穫は個人で行うのではなく、地域の農家が共同で所有する「ハーベスター」を使い、皆で協力して行います。

我が家で 僅かな 面積のトウキビ(ゴールドラッシュ種)ですが3回に分けて 播種したので 出荷完了まで あと2日かかりそうです。

この花は トヨシロと言う 馬鈴薯の花です。この品種の馬鈴薯は カルビーのポテトチップになります。  花が白く この馬鈴薯の内部も白いです。

午前中は芋掘り。親方が午後用事があったので、奥様と草抜きをしてました。暑いのでちゃっちゃと終わらせちゃおう!と始めたものの、意外に草がある…。

ピュアホワイトなんだか急速に出来上がってきたかも!!生育は個体差あるのでここまで出来ているのはまだ少ないですがこれは収穫を始めなければいけません!!

順調に、立派に育ったピュアホワイト 昨日の夕方に収穫して味も甘くパーフェクトになったのを確認したので、今朝堂々と道の駅に持って行きました。

メロンの収獲中罠を仕掛けたハウスを覗いてみると入り口が塞がっていました。恐る恐る回り込み中を見てみると獣が1匹入っておりました。アライグマっぽくありません。

8月に入りました。いよいよ秋冬野菜の種まきシーズン到来です。育苗が始まると、一泊でどこかに旅行に行くなんて出来ません。一泊どころか日帰りの旅行すら出来ません。

今のところ、まだ収穫に追われてないから、余裕があるのだけれど、超忙しくなったらどうなるだろう?ピーク時は、夜なべしてメロン磨いてるし。

短時間でこのメロン、全部タワシで磨いて箱詰めします。タワシで磨かない人のほうが圧倒的に多いですが、磨くと、地肌に光沢が出て、ネットにも白みが増します。

先月末から急に温度と湿度が急上昇したからでしょうか。一気にきゅうりの病気が進んでしまいました。素人判断なので違うかもだけど、たぶん、べと病?

今年は春の干ばつで、イモもたいした事ないべ〜と思って余裕かましてました 試し掘りしてビックリ!!!  イモでかっ!と言う事で、こんなデモ機借りてみましたよ

朝のトマトは夏の香り。ものみな、それとばかりに成長し実をつけようとしています。かぼちゃなどフェンスを超えて海の波のように伸びて来ています。

調子の悪いまま(収量が上がらない・・・)アスパラさん 春にいっぱい成ってくれたからかなぁ。。。今のアスパラの様子は立茎栽培です。

最後のさくらんぼまで細々と営業です。 今年は花時期の天候不順で成り具合が心配され、当果樹園発送用のコルト台の佐藤錦が不作となりました。

カボチャの1回目の収穫を行った。ヘタの部分がコルク化したものを順次収穫。花が咲いた順番に実になっていくので、全てのカボチャが収穫時期にはならない。

カテゴリ:農業再生|テーマ:北海道のの農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

普通のナスより少し大きめのゼブラナス。リスターダデガンジア。ちょっとややこしい名前ですが、味はとっても美味!やわらかくクリーミーな肉質です。

山葡萄 × カベルネ・ソーヴィニヨンの掛け合わせで生まれた赤ワイン用品種のホープ !! 色良し、酸良し、生育良し!!!栽培する側としては三番目を特に推しますね

秋の種まき準備のため、除草と畑の手入れ、種の購入などです。人参はあまり発芽率がよくありません。雨がほとんど降っていないということが原因だと思います。

勤め先の農家でやっと桃の収穫がひと段落しました^^桃はデリケートなのではねだしが結構出ます。なのではねだしをコンテナ一つ分いただけたりします。

暑ければ暑いほど、実は甘くなります。ほとんどの早生種が熟し始めました。今年は快晴の日が少なかったのでちょっと遅めですが、なんとかこの週末に間に合いました。

欧州系ぶどうは形を整えて袋をかけて収穫を待ちます。袋を掛けることにより病害虫からブドウを守ります。ですから袋は掛けたら掛けっぱなしが一番いいのです。

すっかり枯れてしまったジャガイモの収穫です。メークイン。 雑草に覆われ、太く成長した草をえっさえっさと抜きながら、汗だくで2列しか収穫できませんでした。

桃の方も赤宝の収穫、出荷がほぼ終わり、2番手の桃「あかつき」「白鳳」がピンク色になってきました。7月26日にはじゃがいもも収穫しました。

トウモロコシ畑に、来ましたよ、今年も。 タヌキかハクビシンか・・・。  収穫期を間近に控えた株を根元から倒し、 きれいに食べてくれています。

5月25日の田植えでした。前年が1俵しか取れなかったという驚異的に悪かった田んぼですが今年は雑草取りに何度となく入り現在はのびやかに成長している感じです。

スィートとふじの通りはほぼ猿に食べ尽くされ実がなくなってしまいました…爆音機を仕掛け当初は効果もありましたが近くに民家もあるため朝と夜は止めています

ナスが順調に回復してきています。畝間への水の流し込みは週2回ペースで行っていて、どうにかモグラ・ネズミ被害はなくなりました。

今年も梨の幸水の収穫が本格的に始まりました!幸水の特徴はなんといっても水々しい果汁の多さにスッキリとした甘さ残暑厳しい喉の渇きをスイカに変わり潤してくれます♪

白菜の種をセルトレーに播きました。品種は、タキイの「黄ごころ75」です。毎日水やりをしていたところ、3〜4日で発芽し、日一日と大きくなってきました。

ブラックビート 着色先行型!!!!!今これだけ色づいてるのは素晴らしいですね。でかいし。栽培しやすく個人的にすんごい好き!!!!

種無し巨峰にトビ玉が出ました!ブドウの着色始まりです。これは樹に実らせる房の量を樹が適正内であると言ってくれたこと、これを見つけてほっと一安心。

収獲できる桃が、「川中島白桃」です。甘くジューシーでまさに晩夏の銘桃にふさわしい桃です。この旧盆明けに収獲できる桃には比較的各地の産地名前が付きます。

先日、害虫防止の対策をあれこれしたスウィートコーンは、5本中1本がカラスにやられ、2本は虫に食い荒らされた。

さて、そんな中で開始した袋掛けですが、こんな感じの房に紙の袋を掛けます。袋には上の方に針金が着いていて、1つずつキュッと締めてつけて行きます。

急遽写真を撮って掲載することにしました。当園の中で一番早いサニールージュ。全体的に色づいてきたけどまだまだ本調子じゃない?一応収穫は今月中なんですが。。。

きょうは、朝から田んぼの作業。がんも農場に追肥を施しました。週末、留守にしていましたが、またぐんぐんと稲は成長していますね。

遅がけに種まきしたトウモロコシ、順調に大きくなってきました ほんの少し、苗を作って植えた所は、成長も早くて… ヒゲも色が変わってきました。順調に大きくなってくれよ

我が町も『イノシカクン』??なる金網の設置を住民総出で述べ100人・日近く掛けて作業をしてました。私は借地ですが、お手伝いで作業に参加。ほ

肥料を作っています。米ぬか、発酵鶏糞、そば殻を混ぜて山積みして、水を加えて発酵させています。土作りの効果の他に、作物への栄養補給の効果も期待されます。

わが家の果樹園の山際に堆肥舎があります。化学肥料を使わない循環型農業をめざして堆肥舎を作ったのが昭和58年ですからもうすぐ30年です。

さんさの収穫がはじまりましたが、着色が送れています。同時につがるの収穫が始まりました。といっても本格的ではなく、色の付いたところから少しずつ収穫を始めます。

りんごは日に日に大きくなって、「サンつがる」が色づき始め、収穫までもうすぐです 今年は例年より大きい木がします収穫が楽しみです

初めての米作り、あと少しで稲刈りです なんとか、出来るものですね〜 ちょっとお米の様子を…… 籾を剥いてみたら、ちゃんとお米になっていました

一段落したので道の駅へ持って行く品目が減って寂しくなるなぁ・・・と思ったのもつかの間、待望のヤングコーンがちょうど採り頃になっているではありませんか

トマトなど実ったお野菜くらいしかニュースはありませんでしたが、冬野菜の準備が整い始めてきました。7月中旬に種まきした2つ、 ブロッコリーとキャベツです。

畑1三から五列目まで草取り・落葉敷き・雨除け降ろし完了 ようやく一通りの作業を終えることが出来た。 畑2の雨除け降ろしが未完にて、朝乃至夕方に引き続き行う。

例年この畑は 畝の長さを畑の奥行43m位で作付していたのだが、ブロッコリーの収穫時に、あまりに畝が長いので、今年は25mで区切った。 

ブルーベリー畑は二カ所あり、 アナグマ、タヌキの登場で穴だらけにされていたのですが 最近はネットを張って、破られ修理しの繰り返しで 目立たなくなってきました。

早く食べたいと待ち望んでいたトマトを収穫しました初収穫は2週間前の話ですが、4日に一度、ボチボチですけど2個ぐらいづつ収穫できるようになりました。

いよいよ畑に種を蒔きました。畑に浅い溝を作り、そこにバラバラと種を落としていきます。そして、薄く土をかぶせたら・・・その上に、籾がらを撒くんです。

本年のお米の出来はまずまずであきたこまちの出穂の出揃いは8/5、こしひかりは8/13でした。昨年より早い出穂ですが今後の登熟を見守りたいです。

ここ数日のぶどうの作業は、今更ですが、伸びすぎた枝を切り詰めたり、余分に付いている実を落としたりと、ちょっと地味めな作業。

山ぶどう園の山側の獣害対策金網に沿って、さるなしの雌木を植えつけていますが、一日に3本植えるのに汗だくで、このペースで行くしかない様子。

今日から、ジャガイモの掘り上げを始めました!この品種は、「北あかり」という品種です。甘みが強くてほくほくしていてとても美味しいのです!

今日、テレビ信州の取材が来まして、写真を撮っておけばよかったと後悔しております。かぼちゃも取材してもらったんですけど、かぼちゃはだいぶ樹勢が弱ってきました

富士見町の皆さん11人が視察に来られました。昭和50年代から栽培させているようで、色んな苦労をしてブルーベリーを育ててきたそうです。

ペポカボチャは本当はもっと後に熟すのだけど、日焼けでダメになりそうだったので、一部を早どりしました。しっかり追熟させてからタネを取り出す予定。

来る日も来る日も農作業に明け暮れました。房作り、摘房・摘粒、袋かけと房に施す作業はすべて終了し、雨よけのビニールも昨日最後の1枚を外し終えました。

プルーンの収穫が始まりました!!当園のトップバッターはこの品種「オパール」。プルーンらしからぬ色ですが、人気があります。

もうすぐ収穫が始まる桃にとっては、この暑さが美味しくなるためには必要なんです   収穫まで暑さに負けず桃を見守ります

プチ農家、念願のスイカが無事収穫できた。春先に買ったスイカの苗はたしか小玉スイカのはずだった。連日の暑さのせいか?しっかり大玉に近いサイズにまで成長した。

足跡がこうこうこういう形だ、と説明したところ、じんさんも兄さんも「熊の足跡に違ぇねぇ」と意見が揃った。理由は…熊は人間のげんこつのような形をしているとか。

ロザリオビアンコの粒抜き☆巨峰の様に色がつかないので、鳥の心配はないけど...仕事、間に合わずに、こんなになってしまった ハサミが入らない(´・_・`)

残りのジャガイモを掘り出し、終わったエンドウ、インゲン、トウモロコシなどの残りを片付け、管理機で耕耘し、肥料を施し、マルチをかけて床を作ります。

里芋の間に管理機を入れて作業ができるのも限界に近くなったので、管理機の逆転ロータリーを使って土寄せをしました。

ようやく小麦の収穫に取り掛かりました。畝間の草刈りをしておいたのですが、その後雨が続いたり、機械の都合がつかなかったりで、今日まで延期になっていました。

今年はアブラムシなどの害虫の被害が少なく出荷量が昨年以上である。嬉しいことである。世間話をしながら、猛暑のなかでの作業であるが楽しい。

24日の午後ははキャベツの苗を植える予定でしたが、急遽ブロッコリーの苗をいただき、マイ野菜ハウスの草取りとブロッコリー10本植えるだけで精一杯でした

カテゴリ:農業再生|テーマ:長野県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

オープンファームも後半戦に突入しました!今日は集中して畑での作業をしました。夏で勢いづいてきた野菜達と共に物凄い勢いで伸びる雑草を刈りました。

私のこだわり・・・ゴールドフィンガー ≪葡萄療法≫にこだわります オーストリア、イタリア、ドイツなどの保養所で行われている自然療法の中に葡萄療法があります

先週、洋なしのご注文を頂き今年度初・出荷しました〜☆とは言っても時期的には約1ヶ月早いのですがCMの写真撮影にご使用との事 美人さんに撮ってもらってね

4日の農場、本格的に着色が始まりました。この日は午前6時から作業開始。まずは房周りの除葉から。その後は、摘房・摘果です。一房80グラム前後が目安。

今年も巨峰の宅配が始まりました。畑のあちこちで甘い匂いがします。色が黒いもの、枝が木質化しているもの、甘い匂いを放っているものを選んで収穫しています。

稲(ひとめぼれ)は一応、出穂を迎えた感じです。早いところと遅いところの差が顕著。遅い部分は、苗のときの劣勢がそのまま回復できないでいます。

今年で3年目になります、今年の牛は生後1年くらい経ったホルスタインの牛2頭です。今年から NPOを立ち上げ、オーナー制にしております。

ピーマン畑 ピーマンで最近悩まされてるのが、葉がしおれ、そのまま枯れる病気↓何かカビのようなものが原因と思うのですが・・・。

本日はすもも「太陽」を持ってきて2回目です。毎週参加しているおかげで、「先週のがすごく美味しかったから、また来ました!」という声を複数の人から頂戴しました。

本日は、育成中、平地の畑、丘の上の畑、標高の低い(400m台)成熟の進んだ畑へ。 暑い日は続くのだが、適度の湿り具合もあり、着色も全体へ。

今日も暑い中曙大豆の写真を撮りに行ってきました。今日はとても天気がよく、しかも先週雨が降ってくれたおかげで50儷瓩成長しました。

本日でお盆休みも終わり、お久しぶりのBlog更新です。現在は一宮水密 川中島 ゆうぞら の三品種を同時に収穫しています。この三品種が終われば残る品種は二つ。

今の当園のぶとうの旬はブラックビート です!果肉は適度に締まり、多汁で、酸味・渋みはなくややあっさりした味だが、食べやすく大変美味しいです。

今日は共撰所でシャインマスカットの目合わせがありました。新品種の中で農協でも力を入れている注目のぶどうです。

夏の収穫 きゅうり・大根・いんげん・ニンジン・ゴーヤ・オクラ・カブ・えだまめ・モロヘイヤ・アスパラ もまだ頑張っています!

いよいよぶどうの出荷がはじまりました  今日で二日目です。今年は、ほどよく雨が降ってくれたので、乾燥が少なく、玉張りの良いぶどうに仕上がりました〜

農薬を散布する機械のパーツが壊れてしまいました。お盆の時期に重なってパーツは当分届きそうに無かったので、友人の丸山機工さんに頼んで1品物で作ってもらいました。

本日、暑い中農園の利用者さんが、畑の様子を見に来られていました。野菜にたっぷりのお水をあげ大きく育ったスイカやピーマンを持って帰られました

今日は出荷の後に白菜の鉢上げ作業。家から聞こえてくるJwaveに耳を傾けつつ白菜の苗をフォークですくって1本ずつポットへ移植した。

昨年の台風に比べれば、たいしたことはありません。しかし、農園のもぎ取り体験園で、高校生が袋かけ体験をした樹を見て、がっかり。見事に、根元から折れていました。

農園ほりうちは大勢のお客様にブルーベリー狩りに来ていただけました。お客様が全て帰られた夕方、4枚の畑をゆっくり見回りをして10日(金曜日)の閉園を決めました。

いよいよ私のヴィニヤードの「なでしこ」たちが黒光りしてきました。小粒で房型も美人さんのメルロー交配種の「やまとなでしこ第二号」は、もうほぼ真っ黒

ピオーネや巨峰のようなぶどうは不動の人気。『皮のまま食べれて種がない!』最近はこちらもかなりの人気。何種類かそんなぶどうがありますが、こちらは新品種。

写真は藤稔!食べられる品種が増えていきますのでそちらも合わせてご案内させていただきますね。8/25 種無し巨峰 種無し藤稔 種無しゴルビー 種無し黄玉 

今の当園のぶとうの旬はブラックビートです!あまり聞きなれない品種でしょうか?果肉は適度に締まり、多汁で、酸味・渋みはなくややあっさりした味だが、大変美味しいです

いよいよ大根播種の時期になりました。ジャガイモの後を700屬曚浜縦蠅靴討い泙后H酵鶏糞、石灰、化成肥料を播きトラクターで耕運しました。

本日、ハウス部ブドウ(ピオーネ)の初出荷となりました。 実際の収穫房数は、150房。 うち病気/虫の食害は 0!! やったね!^−^v でも、、、、 色が、がぁ〜

カテゴリ:農業再生|テーマ:山梨県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

トマトの鈴なりの秘訣はたっぷりの水と少しの肥料。そして、茎を太く、生育過多くらいに太くして体力をたくさんつけさせ花が咲き出したらいっぱい実を付けてもらう

初めて栽培しているラッカセイ。ここまでは恐らく順調です。花は依然として咲いていますが、良く見ると子房柄が沢山出ています。

午後から畑へGoGo。雨後のサトイモ。この水をちゅるっと。いきたいけど、いけない。酸性雨とか、ベクレルとか、なんとかシーベルトとか。気になっちゃう。

7月上旬に種を播いた大豆の津久井在来の2回目の土寄せをしました。1回目の土寄せが非常に重要なのが有機栽培の大豆作りです。

遅れて種まきしたモロヘイヤも大分、大きくなってきました。来週くらいには収穫できそうです。ツルムラサキもその名前のとおり、蔓が伸びてきました。

今日の午前中は永塚丘上圃場と鬼柳圃場でハンマーナイフ・・・もちろん草取りも・・・午後もやっぱり草取り・・・明日の宅配の準備も・・・

8月18日に蒔いたキャベツ3種・白菜2種・ブロコリー・カリフラワーの芽が出ました。それぞれ150株ほどできる予定です。

夏野菜の中でも、ウリ科のきゅうり、ズッキーニは採れ出すとわんさか!!ちょっとでも採り遅れれば、でっかくなっちゃうし、採るタイミングも大事。

仲間が2日もかけて丹念に雑草を抜いてくれたサトイモです。 これからは2回ほど土寄せをして、大きくなって秋の霜の降りそうなころに「収穫」。

今日はかかしの会の最後の草取りがありました。最後と言うのはこの後稲に穂が出てくるので田に入れなくなるからです。

まだまだ勢いのあるナスですが、日曜日に思い切って更新剪定に踏み切りました。まず6月の台風襲来前から畑にあった3株を剪定しました。

本格的に秋作の準備にかかる予定だ♪まずは畑を見て回る。入り口に、(たぶん)カラスに喰われたであろうとうもろこしが散らばっている(@_@;)

酷暑の中ではありますが、今日は先日お話をしたイチゴ施設の現場です。ハウスの骨組みのパイプは触れるとヤケドでもしそうな程に焼き付いていました。

市民農園では夏野菜が最盛期です。ミニトマトは収穫がピンキーに移ってきました。茄子は追加で定植した茄子が大きき実を付けました。

トマトの定植が終わりました。この時期は暑すぎて暑すぎてトマトは厳しいですね。暑いから遮光する→徒長する→収量がとれないこうなっちゃうんです。

8月15日(水)、みかん園の薬剤散布が、ようやく出来ました。みかん園は、この時期、一度は散布をしておきたかったのですが。なにろ今年は、快晴の日が続かない。

さて、昨日はようやく来年の種芋を作るために、芋苗を植えました。JAさがみ管内でも数少ない踏床温床で栽培した苗です。種芋用として650株ほど植えました。

ナスの剪定をしていたら、何やら会話が弾んでいるので作業を中断して覗いてみた。中山農園で2番目に若い女性・M原さんが買ったキュウリ用の用具に注目が集まっていた。

ミニトマトが3本植えられています。ここのところの雨不足、日照り続きの中、このミニトマトが奮闘しています。今日の様子です 真ん中辺りの赤いところをアップで。

網をはりましたので、防衛線を破られることはないだろうと 落花生は大量に作付けしたので、網を張るのも大変。でも今のところ生長も順調で、この秋の取入れが楽しみ。

8月は田んぼの作業は一段落である。周囲の草刈りをするくらいである。草取りも出来るだけ7月中に終わらせる。その意味でも、ヒエを出さないことは重要。

昨日、海老名農業アカデミーで、農業機械士=1人前のオペレータの資格と農耕車の免許を取得すべく、養成講習が始まっただ…

この日の新農園はお休みのはずだったが、まだ熟していないカボチャを残していたためその収穫とツルの撤去、サトイモなどの水遣りを中山農園終了後に行った。

カテゴリ:農業再生|テーマ:神奈川県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ハウス栽培をしていない僕にとって、強い台風の直撃は路地の作物の全滅を意味します。そうならないためにも作付の工夫や台風養生は重要です。

昨日は、「筑水」だけでしたが、今日は「愛甘水(あいかんすい)」も幾つかもげるようになりました。

今日の農園です。先日植えた「ブロッコリー」の苗が倒れていました。ヨトウムシかなんかですね。ザッと見ると、何本か倒れていました。

5月初旬からはじめたスイカ栽培を昨日で終了いたしました。次の野菜の植え付け作業があるので、少しでも畑のスペースが欲しいのです。

夏野菜が最盛期を迎えています。キュウリは葉が生い茂るので探すのに苦労します。しかも成長がとても早く、朝と昼の2回収穫します。

7/10(火)、大豆の定植を行いました。6/28に種まきした青糸在来種です。草取りにも精を出します。用水路に水が流れていないのはめずらしいです。

農業技術は、土壌分析して、適切な肥培設計をして病気にならない作物を育てる。病気や、害虫害を予測て防除をする。

全体的にしっかりと発芽しています。今のところ鳥の被害は見られません。ご覧のように今が「食べごろです」。大豆だけでなく、草たちも発芽。大豆は真ん中。

お野菜によっては、少し水枯れの様子が見られます スタッフにて勤務時は、散水を行っておりますが、お天気の状況により回復してもまた状態は繰り返す場合もあります。

最近は毎日「草むしり」に取り組んでいます。畑を片づけて順次、秋・冬の野菜の作付を進めていきます。草の生長も早く、雨が降ったりするとより一層伸びてしまいます 

カテゴリ:農業再生|テーマ:東京都の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

ピーマンは病気の進行がいっぷくしたようで株が大きくなってきて、ようやくまとまった量が収穫できそう。今年は意外と長持ちするかも??ちょっと期待。

写真は、えん麦の芽です えん麦は、キャベツ収穫後の畑に撒きます こうすることにより、輪作になり、連作障害の緩和になります。

親父が種苗やさんに行って種の注文をしてきました。撒くのはまだまだ先なのですが遅く買いに行くと なかったりするので早めに予約してきました。

播種した秋キュウリ。すくすく育ってます。 そして、今現在“接木” 作業中。施設農家(ビニールハウスで野菜を作る農家)である我が家。暑い今の時期は、収穫物がゼロ。

8/11ついに菅沼に猿の群れが現れました。西原の端、通称大崖の上です。今まで入られたことのないとうもろこし畑です。

秋に向けて種蒔きの準備やら夏野菜の手入れなどで、なかなかやることがあります。こちらブロッコリーの苗。一週間程で発芽しました。四季どりキャベツの苗です。

カテゴリ:農業再生|テーマ:群馬県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

昨日、かなり頑張って抜いていたごぼうですが水を根元に注ぐと なんとまあっ!するっと!抜けちゃいました!!しょうがもごぼうも葉付きのままマルシェに運びます!

花の付け根から子房柄がたくさん伸びてきました!この子房柄が土の中にもぐりその先端に実ができるのですが雑草があるとうまくもぐれないそうです

冬の田んぼの工事の後、同じように耕耘し、同じように田植えをしたのですが、ごらんのように、成長に違いが出てきました。左側が薄い色です。成長もよくありません。

午前中の写真だから、カラカラに乾いていますが、順調に生育中です。八つ頭も、まずまず、順調というところでしょうか。こちらは、ようやく出荷開始です。

今年も無事に8月22日から稲刈り開始致しました。検査の結果、放射性物質も検出されませんでした。毎日稲刈り、籾摺りです。

今月の中盤までは草が目立たなかった田んぼも、そろそろ機械除草が必要になってきた。暑さも厳しいので、朝夕に集中して作業を行う。

ユーカリ畑の大納言 8箇所の発芽不良がありましたが、ネキリムシの被害は全く無し!!こちらの畑では過去にも被害が無かったので、ネキリムシの類は居らず。

稲は、花を開き始めました。ささやかに・・・地味に・・・8月末には稲刈りが始まります。この時期、穏やかな天気が、良質のお米ができる最良の条件です。

プロとお付き合いしていると、野菜に対する考え方も変わるものです。品種選びや作り方、収穫サイズや食べ方の提案、こちらのレベルアップにもつながってきます。

毎週1回はトマトの葉かきをして葉の整理をしています。役目の終わった下葉はどんどんかいています。夕方になるとまた実があかるんで取り頃になっています。

小さいぶどう君たちにも傘をかけてあげました。病気で倒れたものもいて、あんまりついてないかな〜なんて思っていたら、それでも200ありました。

テグスを張って防御態勢を取りました。そこでその成果を確かめようと今日畑を見たら、残念なことにテグスのすぐ脇の実が食い荒らされていました。

様々な根菜がネズミにやられてきたわけですが、1条植えでウネを狭くしてマルチなしで(マルチを使用したらもう中がどうなってるのかわからへんから)まずモグラ穴探し。

午前中に草刈りをしながら田んぼの水揚げでした。午後からは倉庫の中の床に生コンを流し込みをしました。最初に出穂した田んぼは、穂が出揃いましたよ。

ハウスの側面の修理を開始しました。側面のビニールは張りっぱなしですが、ビニールを止めている金具が腐食して役に立たなくなりましたので、交換することにしました。

6月の台風でぽっきり逝かれた子供ピーマン。そんな子供ピーマンがこの度めでたく復活されました。こどもピーマンの木いくつかある木の中でひときわ小さい木があります。

このトンネルの下の土の中で、大和芋が育っているハズです。大和芋は粘りが強く、すりおろしたものを箸でつまめるほど。

5/30にオクサマが定植を手伝ったかぼちゃ畑凄いことになってるよ〜と言われたので行ってみた う〜む。『わけいっても、わけいっても青い山。。。』海だわね。。。

今日は、古代米(3号の南半分)と4号のミルキークイーンの一部が穂を出しているのに気がついた。去年より10日程度早いと思う。

ニンジンがいっぱい採れました 5〜10cmくらいのが30本ほどあと指くらいのが数本です 4月半ばに乾燥鶏糞を混ぜて畝立てして種まき草むしりを2回、間引き1回しました

今年も蕎麦の種まきの時期となりました。他の畑では、1か所だけ、緑肥がうまく育たないので、揚水ポンプを使い、散水をしました。初めての経験です。

8月8日に人参の種を播きました。べによし、紅粋、金美、パープルスティックの4品種です。一昨年、一度も雨が降らない8月を体験しました。

正解はいちじくでした 初の収穫体験です 珍しく・・・手差ししての作業です この木も12年ぐらいだけど収穫終われば次を伸ばしていくみたいです

雨の降らない日中は全力で稲刈りをし、稲が露に濡れている朝晩はめい一杯籾摺りをし、夜は人間が寝ている間(たまに起きる)に乾燥機がフル稼働。

9月は一切のイベントやらの出店を取りやめて 畑に専念する ハウスの苗が3分の2が全滅 キャベツ・ブロッコリーが今年はほとんどないかもしれない・・・

去年に引き続き秋のズッキーニ定植。大してとれませんが10月の端境期まで持てばラッキー。台風来たら一巻の終わりのこの作型。

稲の茎を裂いて中を見る。やっと、幼穂(ようすい)ができた。これは、つぼみのようなものか。これが、茎の脇からこぼれるように咲いて、やがて実を結ぶ。

甲州とうもろこしを作っています。スイートコーンのような強い甘さはまったくない。そのかわり風味があり、噛めば噛むほど味がでるとうもろこしです。

ジャガイモは病気にやられはしたものの、回りとくらべて酷くはなかった。ジャガイモはどうやら今年は散々な値がつけられてしまったようですね。みんな嘆いてました。

稲刈りが来月中旬あたりにやってきそうです。イロハ農園さんと分担してやらせてもらってる田んぼは竹を組んで天日干し乾燥します◎

現在、柏たなか農園の主力作物はスイカです。麦を刈り取った後に麦わらをそのまま残し、その上にスイカのつるを這わせるという栽培方法です。

今日の写真 さて これは何でしょうか? はい インゲンやきゅうりなどのつる性の野菜を作るときに ネットを張ってそれにつるを絡ませるやり方です

ポット苗は以前、土がサラサラな状態だったのですが、頻繁にかん水をしたので、土に湿り気が出てきた感じがします。暑くなっても、あまりしなっとしまくなってきました。

今日やっとジャガイモが掘りおわりました。本来六月中に掘り終えておくべきものが、何でこんなに遅くなったか。一番の理由は病気が多発したから。

にがうりの支柱をやっと昨日取り付けた。伸びきったツルは地面を這って‘どうしてくれる‘とばかりに伸びていた。心のなかでお詫びしつつキュウリネットを張り終えた。

カテゴリ:農業再生|テーマ:千葉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

小屋の内部に、ベランダから持ってきた小さな温室もどきを設置した。更に、畑に放置していた不織布などを小屋に内部に干すことにした。

今日は、大豆の草刈りです。大豆もだいぶ大きく育ってきましたが、それ以上の速さで先住民のチガヤが伸びてきます。実は播種してからこれで3度目の草刈りです。

昨日はカボチャ畑へ。しばらく放任してました。大きい草をとりながら、マットをカボチャの下にひきました。収穫も少し。少し置いてから出荷してみます

「米作り体験」に参加された方達の【除草剤や化学肥料を使っていない田んぼ】です。花は咲くのが当たり前、実が生るのは毎年のことなのかもしれません。

思い立ったニンジンの作付け。そのうちなんて思っていると他の作付けが始まってしまうので、お盆の最中ですが時間を工面して種まきを一気に済ませました。

NORAの稲穂は、1号地が五分ほど。三角田んぼは出ていません。一番遅く植えた3号地の稲の半分ほどは、穂がしっかりと付いています。

実験してみたのです。「収穫しないで土の中に残しておけば彼岸過ぎても新じゃがが食べられるよ」と。そして試しに昨日掘ってみました。

大豆と小豆を畑で育ててます。じゃがいもを収穫した後に種まきしました。品種は、丹波黒大豆、丹波大納言小豆、そして比企郡に古くから伝わる在来種の大豆です。

ミツバチたちはばててないかな?と内見です。幼虫も卵も蛹もあって、女王蜂はせっせと産卵活動、働き蜂たちは子供の世話をちゃんとしているようです。

今日は、恵みの雨が降ったのでホッと一息です。 しばらく雨が降らなかったので、畑の作物が干からびていましたが、この雨でようやく息を吹き返しています。

昨日はカボチャの収穫。重量野菜だけに、力仕事。汗だくの作業でした。先日、我が家でテンプラに。長男がガツガツ食べてたので、お味のほうは良いようです。

何と言っても、これ〜「蟠桃(ばんとう)」重さは、通常の桃の半分くらいで・・・扁平なペチャンコ型で珍しい果形をしているのが、特徴ですね!

いよいよ我が家のたんぼスタート ”ひとめぼれ”特別栽培減農薬 有機肥料で育てています 先日の最初の日には全くいなかった”シラサギ”が沢山集まってきます

白菜の種をまかなとだぁ。。。おととい(8月29日)に種まき!!左が白菜で! 右が山東菜!山東菜は9月にもう一度種まきだなぁ そうそう今朝すでに白菜が発芽してました(*^^)v

秩父農工科学高等学校から宇宙大豆「借金なし」の生育報告をいただきました。播種後7週目の様子を紹介します。ついに開花したそうです!

色づいたミニトマトは たったの一粒なんです。(笑)結構、実はつけているのですが・・・追肥をしたのですが、まだ足らないのですかね〜

カテゴリ:農業再生|テーマ:埼玉県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

これが、今年に種を蒔いた白菜の、郷秋90日という品種ですよ。味が良くて、11月頃から来年の2月頃まで収穫できる品種なんですね。

トウモロコシがカラスなどの鳥の被害を受けていたようなので防鳥糸を張ったのですが、それでも被害が減らないので他の動物を疑って防虫ネットを張り巡らせました。

種播きまくり、苗植えまくりのシーズンですが今年は雨が降らないので連日水やりもしまくり、です。植えた苗にはもちろん、ナスに、ピーマンに これから里芋にもやる予定。

今年はじめて試みたわがやの巨峰のジベレリンとフルメット処理。期待薄でしたがどうにか着色をはじめました。陽あたりが良いせいか葉の大きさが棚の所よりも大きい。

稲刈り体験の申し込みを開始してます 申し込みは、筑波農場HPのトップバナーより受付中です。また、今年もたくさんの参加者と汗を流したいと思いますみんな待ってるよ

この間はキャベツの4回目!だっけ?の定植をしました今回の苗は畑に直まきした苗です。すごい良い苗ができました 大谷さんもこんな良い苗初めてだなぁ〜と嬉しそう

現在の干し芋屋のお仕事は雑草の除去です。さすがに日中は暑すぎるので朝6時ごろから10時頃までやってまた3時頃から6時までっていう感じです。

農民にとって、干ばつ状態からやっと来た雨ほど嬉しいものはないかもしれない・・・天気予報なんか無かった頃はそりゃもう必死で祈りまくるよなあ・・・

4月下旬に種を蒔いた黄金マクワウリが着色してきました。目立つし、元気がでる美味しそうな色になりました。ウリも芯を止めたり、ブドウ栽培に近いところがあります。

今週は、最後のキャベツをドドンと播いたり、白菜の種まきも始まったりので、こうして妻がせっせと育苗用のトレイに土を詰めてくれています。

廃菌床をいただきに、朝から栃木県に在るキノコ工場へ。ブロック状になっている菌床を軽トラに一つひとつ余す所無く積み上げて、ジャガイモ収穫後の畑へ直行。

アイガモ隊もそろそろ田んぼでのお仕事は終了になりそうです。稲の穂が出てきて、お米の花が咲き始めたんですよー。穂が出たらあいがもは田んぼから出してしまうんです。

今日は涼しいので掃除始めました 今年は麦て使ったままです...汗 何時もは時間があるので麦は取り除いてますが 何もしてませんでした

茨城大学院生さんが田植えのお手伝いに来てくれました。T君はスローライフをテーマに卒論を作成するようで、我が家に昨年から取材で訪れています。

ミツバチ達も水を求めているようなので、水飲み場を数カ所作ってあげました。すると頻繁に、せわしなくミツバチ達は水を飲みに来るようになりまし。

7月も下旬となり、ハイブッシュ系からラビットアイ系のブルーベリーがメインになりつつあります。今年のラビットアイはとても甘く、実も大きめです。

この秋冬のキャベブロがかなり絶望的です。発芽・育苗もあまりうまくいかなかったうえに 根切り虫とヨトウ虫に入られ、ネットだけかけてるように見える場所もチラホラ。

天気予報のとおり朝からどんより!もうここの所、畑はカラカラだったのでずーっと待っていた秋冬の苗の畑への定植と、葉物野菜の種蒔きを一気にやりました!

有機栽培の米作りで、最大の難関は、除草だ。 ふつうは除草剤を播いて、一丁上がりというところだ。 これができないこのつらさ。

カテゴリ:農業再生|テーマ:茨城県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40

この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2009-10-13 16:10:40

農業再生

トウモロコシの撤去 収穫が終わり、茎や根等を撤去します。 左が撤去前の様子で、右はまず鳥害対策の黄色い糸を巻き取り撤去しているところです。

今日はハウス内の茄子の枝が伸びて実の付き方もやや少なくなった為、枝の切り戻しをして秋茄子収穫を目指すことにしました。

9月に始まる定植に向けて、畑の準備をしています。 いちごのうね作りです。 いちごは 少しばかり高いところに植えてあげないと、地面についちゃうんです

昨年の11月から収穫を続けていたトマトも大半が終了して、残すところあとひとハウスのみとなりました。植えてからですと、10ヵ月以上のロングラン。

そんなハウスの中ではトマトが全開!ご注文もいただけるようになり、今、一番の人気商品となりました! もうひとつのハウスでは、とうもろこし。

灌水の準備をしないといけないかな。。今日の収穫。スイカくんゲットしたけど、中身が心配。赤くなってると良いな〜。今更という気もしますが、液肥を葉面散布。

午前中は栃木農大で施設野菜の実習。新しいトマト君の播種を行いました。 トマト君は本当にたくさんの仲間がいますね〜。まずは49穴ポットに培養土を入れて冠水。

ニンジンの種は、水分がたっぷりないと発芽しないのです。種まきの時期は、7月20日前後。今年は、この2週間ほど、ほとんど雨が降っていないので、土がカラッカラ・・・

ゆっくりと種まきを待っていられないので、播種の前には数時間、種を水に浸して吸水させ、播種後には播き溝にもみ殻を薄く播いて地表を乾かさないようにしてみました。

カンカン照りが続いています。毎日せっせと水撒きしていますが、さすがにそろそろ一雨降ってくれないと、野菜の前に人間が干上がってしまいそうです。

わが畑では、夏は空芯菜を必ず植えています。今年は定植時に雨が少なくちょっと遅れ気味でしたが、ようやく収穫が始まりました。

カテゴリ:農業再生|テーマ:栃木県の農業/農園/農場/農家|更新日時:2009-10-13 16:10:40