この主題テーマのブログのくちこみ情報を投稿!
更新日時 : 2017-04-08 04:04:32

千葉県での農作業体験告知で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

「稲刈り体験」「収穫した新米の試食」「里山の保全・再生」「田舎と都会の交流」を目的として、WWOOF(労働と食事の交換)方式で稲刈り体験と収穫祭を行いました。

初夏の5月は気温も地温も上がっており、ちょうど苗や種を播くタイミング 今日は、早速「実践」ということで、共同利用の畑にみんなでレッツゴー

「大豆の種蒔き・野菜収穫・採れたて野菜で昼食」開催日時 第1回 6月23日(日)第2回 9月下旬  枝豆収穫  第3回 10月上旬 収穫祭

ずーっとポリフィルムで覆って保温していたのですが、外気温25度超えの日が続くと、フィルムに接している葉の部分が今度は熱さで焼けてしまいます。

きっとネットを食い破ったり、すごい穴を掘ってきたり・・・荒々しい方法でやってくるんでしょうね。 で。防鳥ネット張り。

気持ちが入っている参加者が多いためか、はたまた雨で少しナチュラルハイということもあってか、みなさんレインコートを着ながら、楽しそうに田植えをしていました

5月4日(土)GW後半戦!!天気は雲一つない青空!!秋葉原に構える日本農業新聞社屋上にて、リコリタメンバーが集結!!「土づくり会」を開催いたしました

もち麦の「麦刈り体験」は6月2日(日)と8日(土)に開催することにしました。皆様にお集まりいただき、モチ麦の麦刈りを体験していただこうという企画です。

きゅうりは、つるをネットに絡ませて大きくしていくのですが、今年は風への抵抗力が強い「きゅうりパイプ」という資材を使って 栽培することにいたしました。

なかなかできなかったカブの種まき。今回は、いつも通りの「手で1粒1粒播く」という作業に加えて、「播種機」という種まき専用の道具を使っていただきました。

大豆収穫の日が決まりました。この作業はたくさん人が必要です。お友達誘ってきてね 日 時:12月8日(土)  午前10時〜 

トマトたち、「苗時代」にかなりスバルタで育てましたが、できるだけスルスルっと背丈が伸びないよう、ストレスフルに育てようとしています。

自由参加科目として昨日、サツマイモの植え付け講座を開催しました。サツマイモは広い面積を必要とするので、1区画約30屬梁慮廓星爐任麓茲蠑紊欧砲い作物です。

ジャガイモとソラマメの収穫体験 とりたてを食べよう&お家にお持ち帰り 次回のために、枝豆とブロッコリーの種まきとさつまいもの苗植えをします。

キヌサヤに続いて畑では、次々に芽吹きが訪れています。先週木曜日に水曜コースのMさん、Kさんに種を播いていただいたカブたちが発芽を始めています。

第3回目の講義日、トマトの定植を行いました。トマトの定植は、ハウスの中にワラを敷きつめて・・・トマトの生育によい環境を整えてから行いました。

今年も大豆畑トラスト活動にご参加いただきありがとうございます。いよいよ脱穀です。新年にお会いましよう!!★日 時:2013年1月12日(土)  

今年で5回目の収穫祭!毎年何かしらの趣向を凝らしているのですが、今年は生姜部ツイッターのフォロワーさんを収穫にお誘いしてみよう、ということになりました!

大鷲山の開墾作業と、皆様に植えていただいた「小糸在来(※)」という在来種の大豆を枝豆の状態で収穫し、バーベキューとともに皆様に味わっていただきます。

「田んぼと畑の自給教室」を開催しました 今月は多くのみなさんが待ち望んだ「稲刈り」です そして、2日間でなんと100人を超すみなさまにご参加頂きました

今年は、匝瑳市役所や匝瑳の農業振興会とコラボして開催します。手刈りによる稲刈り、コンバインによる機械を使った稲刈りどちらも体験できるようにし ます。

「お土産付き! トウモロコシ&人参収穫体験ツアー」の詳細がきまりましたので、お知らせ致します。【日程】  2013年7月13日(土)

10月の「田んぼと畑の自給教室」は「収穫祭」まずは、朝一番で根本さんがとってきてくれた「丹波黒大豆の枝豆」の鞘取りです。

本日は、中小学校との合流会を開催しました。!!(野菜班)中小学校の子供達と大根を収穫をしました。ぐっちゃんの指導のもと野菜フレンド達が中小の子の手伝い中

葉物野菜の種まきをする一方、先に種を播いておいた葉物野菜の収穫もいたしました。 皆さんが、手で一粒一粒種を播いてくださった野菜たちは、順調に大きくなりました!

教室では苗の定植を次々に行っていました。 無農薬で害虫がたくさんいる秋にアブラナ科野菜(キャベツやハクサイ等)を育てるためには、虫よけネットが必須です。

今年も最後の農体験イベント「やまといも収穫祭」を開催しました 農家さん宅での挨拶の後、先ほどの田んぼのあぜ道をとおってやまといもの畑へ移動です。

作業”数”は少ないのですが、それぞれ時間がかかる作業で、分刻みで予定を立てていました。 まずは収穫。 レタス収穫5分!残り時間あと3分です!ってな感じです。

自分たちで収穫した野菜は、美味しさも倍増 さといもの収穫は、3株1000円。11月頃まではできるんで、是非体験してみてください

午前中、佐倉の仲間で唐木さんのところでヨガして午後はサンバファームで農体験。今日は、畑見学と落花生・生姜収穫体験。生姜掘るだけでチヤホヤされんの!?

22日は曇り空の中…nico初めてのバスツアー!農業体験プログラムの第1弾として!今村さんの畑へニンジンとカブの種まきに行ってきました。

有機農業といえども、畑の手入れ&土づくりなしに野菜をただ作るだけですと、畑はだんだん傷んできます。農業実践教室は、土づくりを行っています。

「田んぼと畑の自給教室」でみんなで植えた苗も、収穫が間近に迫ってきました 田んぼ作業で田植えと同等、あるいはそれ以上に大きなイベント「稲刈り」をやります

稲刈り体験は、日帰りでの稲刈り体験(最低催行人数24名様)、ご宿泊での稲刈り体験(最低催行人数12名様)のいずれかをお選びいただけます。

さつま芋収穫応援の開演でした 収穫応援の方々が来たらすぐに作業をして頂けるようにさつま芋を掘りおこして="収穫コンテナを設置して 体制作りに走り回ってました

8月4日にまいた蕎麦の種、2ヶ月でこんなに立派になりました。そろそろ収穫ということで、前回の種まきに来て頂いたメンバーで収穫体験!!

参加者二名を千葉に連れてきたのは三日目の深夜。四日目からこちらで作業する参加者は二人。増田くんとあかねさん。 午前中は、田んぼの草取りを三人で行う。

9.23(日・祝)mecc田んぼチャレンジ いよいよ収穫!〜稲刈り体験〜 今年も、成田、印旛沼の田んぼを借りて、お米づくりにチャレンジしています!

お昼と思いきや、プロパンガスが切れるというトラブルが発生 そこで、午後に予定していた丹波黒大豆の脱穀を急遽、間に入れました

9月9日、かもまい稲刈り2012、総勢46名(うち子ども9名)の皆さんが参加してくれました。班に分かれてかるーく自己紹介。そして藁で縄を編むところから。

真っ白に蕎麦の花が満開です。8月に種まきをして2カ月。あっという間に刈り取りの季節です。今回は竹にかけて乾燥させる「はざがけ」までします。

稲刈りをしているのではありません…「草刈り」です。チェリーのたんぼは、「自然農法」で行なっています。農薬をなるべく使わないで、自然に稲を育てる方法です。

田植え体験は農家を育てるプログラムではありません(別プログラムで行っています)。 ですので、田んぼに集合・田んぼで解散はしていません。

10月の終りに 4団体の生産者法人からなる「ちば風土の会」での収穫祭 「フェスタ・オルガニカ2012」に生産者として参加させていただきました。

9月に行った古代米の刈り取りに引き続き、今度は、古代米の脱穀作業を行うこととしました。  来週の土曜日、27日 9時によもぎかん集合となります。

10月6日(土)より枝豆の収穫体験がスタートいたしました!真夏の太陽をいっぱい浴びて、秋の雨を受けたおいし〜い枝豆が、たんぼはうすの畑で日々成長しています。

水曜コースも第2回目には土曜コースと同様にトウモロコシの種まきをしました。マルチシートに植穴をあけると、中からモワッと温かい空気が出てきました。

さて、お昼ご飯後は、「実践」の時間です。まず、前回作った種蒔きしたトマトの様子見。前回から2週間たっているのですが、ようやく小さな芽が出ている状態でした。

堆肥って何?肥料って何?ってことを全然理解しないまま振ると、それは単なる労働になってしまうので、作業をしていただく前にざっと堆肥と肥料についてご説明しました。

午後は「トマトの種蒔き」です 今の時期はまだ寒いのでハウスで育苗します。苗を育てるところに軽く水を撒いて湿らせます。そこに培養土を入れたトレーを置きます。

ダイコンの収穫が始まりました! まずは青首ダイコンの収穫です。 去年は台風被害と同時に虫害も少し出たのですが、今年はほとんど虫害被害もありません。

収穫祭は天気にも恵まれ最高に楽しい一日となりました。自分たちが当たり前のように食べている野菜の味や農作業も畑と接点が少ない人たちにとってはとても新鮮なこと。

自分たちの植えた野菜を収穫に行こう!翌日のこどもマルシェで販売をする準備もがんばろう!収穫&準備を終えたら…お昼ごはんは青空の下でおにぎり&豚汁。

大事なことですので、少しだけ虫食いがあったハクサイ畝を水曜コースの皆さんにじっくりと観察していただき、そして虫退治に挑戦していただきました。

教室では、皆さんそれぞれがレタスの苗を定植できるよう、2回に分けてレタスを定植しています。 レタスの定植は、水曜コースの皆さんに先行してやっていただきました。

トウモロコシの種まきです。 強敵アワノメイガの幼虫がたくさん出てくる時期よりも前のタイミングで収穫できるよう栽培するのが、無農薬栽培での大きなコツです。

9、10日に開催した第1回講習会の課題はまず畝立てでした。一つの区画約30屬涼罎膨垢橘3m×70cmの畝を7本作ります。

先週の第二回講座はボカシ造りとレタスキャベツの種まきでした。次回は夏野菜種まきとジャガイモ準備を予定しています。まだ空きがありますので参加者募集中です。

無事に農業インターンシップを終了する事が出来ました 少しでも長い時間、作業経験したいと言う運営側からの要望もあり、通常より1時間早くファームも始動しました

作業は ヤーコン掘り・・・いつものスタッフに 初めての参加者数名 ほとんどの人が ヤーコンを見るのは初めて 説明しながらみんなでワイワイ掘り上げます

和食にも洋食にも中華にも合う玉ねぎ。 教室でも人気が高いです。土曜コースのみなさんにも玉ねぎ苗を定植していただきました。

畑に植わっているサツマイモとラッカセイを土ごとそっくりリアカーに載せてもらい来場者に「イモ掘り」、「ラッカセイ掘り」のようなことをしてもらいました。

船橋市車方町にある山田農場の畑で、約80種類の野菜の有機栽培を体験しましょう  有機農業のイロハから、本を読んでもわからない勘コツなど丁寧に指導します。

第1回「武井ねぎ収穫祭と13湯麺」日時 11月4日(日)営業時間 11時30分〜15時 メインイベント!「ねぎ堀り体験 ネギ詰め放題付き」 500円

本社から来年の内定者の方がファームに研修に来られました 午前中にさつまいも収獲 午後から人参の除草作業

9月に種を播いたものはぐぐーっと大きくなって、一株分の生育スペースが手狭になり、間引きを必要な頃合になってきました。こちらは「ベビーかぶ」とでも言いましょうか。

ちばユニバーサル農業フェスタを今年も開催いたします! 日時2012年10月20日(土)昨年の様子は…農作物の販売だけではなく、農作業の体験ができるコーナーもありました

今回もたぶん40名ほどの老若男女が集まりました。今回は草取り。一回管理機という機械で除草してあったのですが、とりきれない草をみんなで手でとりました。

よもぎかんでは、恒例の秋の収穫祭を企画しました。9月は、2日間を予定しております。まずは、9月22日土曜日 落花生のおおまさりの収穫です。

昨年に引き続き、今年も稲刈り隊員を募集します!稲を手刈りし、おだ掛けして天日乾燥。昔ながらの方法で汗をかいたあとはおいしい新米で'さなぶり'です☆

「農ガキ」〜畑作業と里山遊び〜小松菜の種まきと枝豆の豆まき第1回:4/20(土)〜21(日)対象 小学1〜6年生・幼児(年中〜年長) 40名

17日土曜日、【nico×MYFARMER 農業体験プログラム】第2弾!収穫ツアーに行ってきました! 9月にみんなが蒔いた種!どうなっているかな?

この寒い時期にこそ、種まきしたり苗を植えたりする野菜があります。 その一つがソラマメです。 頭をチョコンと出して種を播いていただきました。

ニンニクの植え付けを皆さんにしていただきました。ニンニクは、りん片1個が1つの種になります。1つのりん片が「たった6倍」にしかなりません。

今回はワークショップ・体験系のレポートをしたいと思います まずは農作業体験ツアー 1回目、2回目合わせて14名の方々が参加してくださいました!

【谷津田のお米作り】〜収穫祭〜◆日程 10月13日(土) / 14日(日)※各日日帰り◆内容・am/ お米の脱穀から籾摺りまでの体験他 & 新米でおにぎり作り  

秋冬野菜の種まきシーズンが続いています。土曜コースの皆さんに、ハクサイの種まき、ダイコンの種まき、カブの種まき、シュンギクの種まきをやっていただきました。

2012年9月8日(土)4月22日から始まった農業体験プロジェクト 第2回“家族でやろう!美味しいお米づくり”が、ついに最終回(収穫式)を迎えました・・・

1回目の講義では、「自分苗」の種を播いていただきました。さて、苗作り。教室では、お持ち帰り用に小さなポットで各自苗を育てていただいております。

午後は昼食後、ダイコンの収穫だ 第2農園で遅れて9月26日に種まきし 子ども達各自が管理してきたダイコンが、ようやく収穫出来るまでになった

小学校5年生が、サトウキビの収穫体験学習の為に、ぬく森くらぶにきました 授業で、サトウキビから砂糖が取れることや、サトウキビの栽培などについて学習をした学年

昨日は本社からインターンシップのプログラムの一つとしてファーム業務(生産部門)の研修を行いました 午前中は体験としてさつまいもの収穫体験です

遺伝子組前食品はいらのいキャンペーン大豆畑トラスト「みそみそ♪ハウスの会」次回のご案内をさせていただきます。日 時:9月29日(土)  午前10時〜

地元幼稚園と保育園の園児達に小松菜の収穫体験をして貰いました!うぐいすと共に400人程の子供達が一生懸命小松菜を収穫していましたよー。

今年は、古代米の種まきから収穫・脱穀までを一緒に体験しませんか?まずは、第一弾として、古代枚の種まきを企画しました。 日時は、平成25年3月30日(土)

先週日曜日、11組36名の参加者の皆さんと、畑作業のしめくくり!大豆収穫&さつまいも掘りを行いました 大豆は実入りが良く、脱粒もほとんどなく、 大満足の出来栄え

トランローグでは房総のワークショップにて、今年もWWOOF方式※1によって米づくりワークショップを開催しています。米作りを体験したい方、ぜひご参加ください。

初回は、ジャガイモの植え付けから。ジャガイモは7品種植え付けをします。まずは、ジャガイモの特徴や植える時期等についてざざっと座学で説明した後、実践です。

野菜の種が発芽するには、土の温度が「発芽適温」の温度帯にハマっていなければなりません。多少ずれていてもOKですが、大きく外すと発芽しません。

安房の農家の畑で、この3連休中に落花生の収穫体験を行い、100人を超える方に参加いただきました。塩ゆでの落花生、美味しいですね。

YHの家庭菜園で『さつまいもと落花生の収穫祭』を催します。当日は、収穫したさつまいもや落花生、その他の野菜でお昼ご飯をみんなで作り、旬の味を楽しみましょう!

第13期土曜コース&ハーベストクラブの合同収穫祭を行いました。 お天気はあいにくの小雨・・・。 休憩スペース脇にテントをいっぱい建てての収穫祭となりました。

今回は、ブロッコリーと白菜を収穫予定 9月に植えた白菜の苗が大きくなりますように!日時11/10(土)ー11/11(日)

MYFARMER×nicoのプログラムのすごいところは単なる農業体験じゃないところ!!!11月には収穫もして!実際にそれをお客様に買ってもらいます!

季節は秋になり、そう、枝切りの季節です 今年も下記の日程で、枝切り体験を行いますので、ぜひぜひご参加くださいね 開催日時  10月27日(土)

今期、レタスでは、日本ではあまり一般的ではない、アーミッシュが伝統的に食べているレタスや、どー見てもレタスには見えない品種など代わり種も栽培します。

農業実践教室では、今期から水曜コースを新設いたしました。水曜コースは、土曜コースと内容はほぼ同じです。 8月22日、水曜コース第1回目の講義を行いました。

【畑ツアーの詳細です!!!】お土産付き! 「里芋&旬のお野菜収穫ツアー」〜里芋でいも煮会!この季節だけのゆで落花生を堪能〜【日程】 2012年11月11日(日)

野菜づくりなど農業技術に関心のある市民の方を対象として農業体験講座「スナックエンドウの種まき」を開催する。日 時   2012年10月20日(土)

MY FARMERかかりつけ農家、千葉の今村さんの畑に種植えに行きます!!野菜のことをもっと知りたい! その答えは農家さんにあり。第1弾は ≪9月22日土曜日≫

今日は中学校の職場体験学習でした。びわの花もぎをしてもらいました。根気のいる単純作業を続けるということは 大変だったと思うのですが、よくやってくれていました。

12月2日(日) 10時から 落花生ほりや古代米のモミすり、米粉ピザ を自家製ピザ釜で焼いて皆さんと一緒に1年を振り返り、野菜の収穫祭と心の収穫祭を行いたいと思います。

実土里では田植えや稲刈りをはじめ、トウモロコシ、落花生、サツマイモなどの農業体験も実施。お気軽にお問合わせください。

カテゴリ:農作業体験|テーマ:千葉県での農作業体験|更新日時:2017-04-18 23:04:55

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>